「採集」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 採集とは

2019-06-19

オスとメスの身体能力が同等程度の動物って何がおる?

例えば日本競馬最高峰である日本ダービーは過去86回開催されているが、

牝馬が優勝したケースは86回のうちたったの3度しかない

もっと最近勝ったのがご存知ウオッカであるがもう12年も前の話だ)

ウマというのは完全にオスの方が身体能力が高い、厳然たる現実があるわけだ

人間に至ってはさらに差が大きく、男女混合で行われる競技は俺の知る限りない

ボートレース競馬など「人間以外」の要素が入ってくれば戦える余地はあるだろうが

ほぼ人間の体を使う競技では圧倒的な筋力差があって試合が成立しないであろう

フィジカルコンタクトのある競技ならなおさら

虎やライオンヒグマといった「強い肉食動物」でも体のサイズはオスの方が大きくなる傾向がある

同じ種の動物であれば大きい=強いがだいたい成り立つであろう

俺の直感というかイメージでいうと、メスが身体的優位な動物地球上でカマキリしかいないのではないか

そしてオスメス同等という動物ゼロではないか?

ちなみに俺は男女差別がしたいのではない

身体能力が高い=えらい

とは全く思っていないからだ

人類狩猟採集民の生活をする必要はもはやなく、強いとか速いとかいうのは趣味領域である

そこは誤解なきよう

「偉いとかはないけど、でもオスは身体能力という面でメスよりはるかに上だよね」

という話である

例えば長与千種吉田沙保里がどれだけ強いと言っても、

強豪柔道部所属する無名男子高校生には手も足も出ないであろう

なんならちょっと鍛えてる土方のおっさんにも勝てないであろう

運動習慣のない引きこもりオタク男性になら確かに余裕で勝てるだろうが、そんなくらいであ

2019-05-29

菜食主義神様のいたずら

菜食主義神様人間にだけ効く、遅効性で致死性が高く人間の体内に蓄積する未発見の毒素を動物の肉にこっそり発生させる。

数年後に肉を食べたことのある人間が同時にすべて死ぬ

世界人口が激減して人類居住する領域が縮小し、自然が戻って野生動物が増える。

残った菜食主義人類家畜をすべて手放し農耕によって食糧をまかなうことになるが、動物攻撃することができないため田畑を荒らす野生動物を追い払うことができない。そのため農耕を捨てて自生する植物採集シフトする。

やがて食糧となる植物を求めて移住を繰り返すようになる。人口は少ないままで維持される。

動物を殺さずに植物のみを食べる人類は長い年月の中で植物を食べることに特化した消化器官と、捕食者を傷つけずに逃げるための感覚器官と運動器官、防御のための固くて厚い皮膚と毛皮を発達させる。

進化した草食人類は足が速い猿のような姿になっていた。

2019-05-23

ヴィーガンの倫理

安心してちょうだい元増田ちゃんあなたは死ななくていいわ。誤解なのよ。

あなたがどういう道筋でその“正しいヴィーガン”にたどり着いたのかはわからないけれど、私の知る範囲で(倫理的)ヴィーガンの主張のなかにその結論肯定するものは無いわ。早まらないで。

功利主義に基づく倫理的ヴィーガン観点からあなたの誤解についてお答えするわ。

飼育屠殺動物を苦しめるから畜肉を食すべきではない わかる

功利主義的には「苦痛の総量を減らす、または苦痛快楽の収支がプラス(快楽苦痛を上回る)になる」のが倫理的に良いことなのね。最大多数の最大幸福

細かく言えば「苦痛快楽」とは別の指標を用いた功利主義もあるけれど、動物倫理場合はもっぱらこれ。

したがって、畜産において“飼育屠殺による動物苦痛”が、人類の得る利益(快楽または苦痛の低減)を上回る場合、“畜肉を食すべきではない”と判断できるわ。

逆に、動物苦痛人類利益に比して十分に小さい場合、それは倫理的に許容されうるわ。

同様の理由たまご乳製品も食すべきではない わかる

同上

ただし、たまご乳製品はそれ自身苦痛を感じる能力を持たないため、畜肉と比べると倫理的ハードルは低いわ。

例えばジャイナ教非暴力重要教義の一つなので必然的菜食主義だけれど、苦痛を与えずに絞った乳は飲むわ(ラクト・ベジタリアン)。

同様の理由動物を利用する衣料品医薬品使用するべきではない わかる

同上

衣料品場合動物を苦しめずに済む代替品が豊富にあるならば、あえて動物性の衣服を着るのは倫理的肯定しがたいわね。

医薬品場合、主に動物実験に関する問題ね。この領域動物倫理的にかなりホットよ。

功利主義的な動物倫理においては、動物実験は必ずしも否定されないのよね。まあ論者にもよるけど。

動物実験における動物苦痛と、完成した医薬品による人間苦痛の低減。これの比較後者が十分に大きければ正当化され得るってわけ。

意思に反して命を奪ってはいけないので狩猟された肉や魚も食すべきではない わかる

もたらされる苦痛や死が“意思に反して”いるかどうかは、功利主義的には必ずしも重要ではないわ。

意思に反”することで、苦痛がより増えるのであれば考慮に値するといった程度かしら。

そして“命を奪う”ことそのもの倫理的評価は同上。

例えば、糧を得る唯一の方法狩猟であり、それをしなければ(人が)死んでしま場合狩猟による動物殺害倫理的正当化され得るわ。

同様の理由採集することによって植物の命を奪う野菜も食すべきではない わかる

植物は(少なくとも痛みが神経系によって発生するという生物学的知見を踏まえれば)苦痛を感じないため、功利主義的には道徳的考慮対象ではないのよ。

ちなみに、倫理的考慮対象となる立場を「道徳的地位(Moral standing)」と言うわ。

「何が道徳的地位を持つのか」というテーマは分野や論者によって異なっているわ。功利主義場合、「苦痛を感じる能力を持つ」ことが道徳的地位を持つ条件ね。

厳密に言えば動物でも苦痛を感じない、例えば海綿動物(きわめて原始的動物群。神経を持たない)、も功利主義的には道徳的地位を持たないと言えるのね。

また、道徳的地位は持つ/持たないの2択ではなく、強弱も存在しているわ。功利主義なら苦痛を感じる能力の程度ね。

例えばエビ1匹を殺すより、ヒト1人を殺した方が倫理的に悪いと判断できるわけ。

これは個々の人間にも適用でき、健常な成人を殺すより新生児や重度の知的障碍者を殺す方が倫理的に悪くない(もちろん両方悪いが、比較すればそうなる)。

功利主義者がリベラリスト(の一部)、特に障碍者支援者などから嫌われるのことが多いはこれが理由ね。

落ちた果実採集することによって本来その栄養を得るはずだった生物の命を奪うことになるので食すべきではない わかる

同上

命を奪うかどうかにこだわってるようだけれど、功利主義的に重要なのは苦痛よ。死は苦痛の一形態たり得る資格を持つというだけ。

功利主義安楽死だって肯定できるのよ。状況によるけれど。

自然破壊につながる水道水ミネラルウォーターを飲むべきではない わかる

地下水の利用は自然破壊につながるので湧き水は飲むべきではない わかる

川の水や雨水を利用するのは生態系に影響を与えるので飲むべきではない わかる

んー?ここら辺は倫理的ヴィーガンよりも環境主義ヴィーガンの主張に似てるかしら。

でも環境主義ヴィーガン場合畜産養殖(の一部)による環境負荷を語ることが多いから、ヴィーガンの主張としてはあまり見ないわねこれ。

水資源の利用による環境破壊はあるにせよ、この書き方だと曖昧過ぎるのよねえ。元増田ちゃんもうちょっと具体的にお願い。

なお、功利主義的に答えるなら、その営為で発生する苦痛人間快楽(または苦痛の低減)を上回らない限りOKってことになるわ。

酸素を吸収し二酸化炭素排出するのは生態系に影響を与えるので呼吸すべきではない わかる

地球温暖化寄与している二酸化炭素化石燃料などの地下資源由来で、地上で吸って吐いてした分はほぼ無関係よ。

陸上炭素循環は(長期的に見れば)収支が釣り合っていたのだけれど、地下に封印されていた(炭素循環の外側にいた)分の炭素放出されたことで、プラスに傾いちゃったわけ。

家計で言うなら年収200万円(手取り)で年間支出が200万のご家庭に、月々1万円の副収入が加わって年12万円の余裕ができましたって話よ。呼吸は年収に含まれ支出炭素固定(主として光合成による)で、化石燃料副収入

ちなみに、畜産による温室効果ガス放出(主としてメタン)への寄与はけっこうな割合(確かCO2換算で全体の約14~18%くらい)。あなたが牛ならゲップをやめるのは倫理的かもしれない。

全部わかる

人間らしい、正しい、善なる気持ちを持っていればわかるはずだ

あら?もしかして倫理学の方だった?功利主義は結果主義の一分野なので“気持ち”なんてほとんど関係ないもの

倫理主義は、雑に言うと「動機が善ならば善」というもので、良かれと思ってやれば善であるっていう素朴な倫理なのよね。

最近見直しが進んでるって話だけど、あまり勉強してないから詳しくないのよ。この分野。

呼吸し、水を飲み、命ある動植物自然から奪い、貪る者は悪魔

みんな死のう

死なない者は悪魔

功利主義からはまず導かれない結論なので、やっぱり徳倫理主義なのかしら。

でも、良かれと思って“呼吸し、水を飲み、命ある動植物自然から奪い、貪る”なら、徳倫理主義的には善なのよね。

ここまでは功利主義観点から答えてきたけれど、やっぱり本人の倫理的観点考慮しなきゃ片手落ちよね。

でも困った。元増田ちゃんがどんな倫理的基盤でヴィーガンになったのか、わからないわ。

最初の方の考えは倫理的ヴィーガンに対するよくある誤解またはジャイナ教当たりの非暴力主義Plant thoを混ぜこぜにした感じ。中盤は環境主義っぽいけど問題視する部分がズレてるし不明瞭、後半はさっきも言ったけど徳倫理学っぽいけどなんか違う。

うーん、ネットからいろんな主張(誤解や曲解を含む)を集めてきてパッチワークした感じなのかしら。

ヴィーガンへのバッシング目的で書かれたなら「藁人形乙」で済むけれど、真剣に悩んでいるなら誠意ある回答が必要よねえ。


けっきょく“正しいヴィーガン”が何なのかはわからなかったけど、変な結論から脱却するための私的おすすめ方法を3つほど挙げてみたわ。

良ければ死ぬ前に試してみてちょうだい。チャオ!

(1) ヴィーガン辞めちゃう

辛いならヴィーガンなんてやめちゃっていいと思うの。割に合わないわ。もし心苦しいなら減肉食主義(Reducetarian)くらいから始めてみたら?

私も環境主義観点(スパイスとして功利主義も一振り)からSemi-vegetarianやってるけど、あまり縛り無いから楽よ?

ヴィーガンから偽善だなんだ言われるかもしれないけど、まあいいじゃない。自分が納得すればいいのよ。

(2) 勉強する

ヴィーガンやるなとは言わないけれど、何かしらの倫理的または論理的支柱がないと厳しいと思うの。

元増田ちゃんの考えを見るに、あまり一貫した基盤を持っていなさそうだし、環境問題についても詳しくなさそう。体系立てて学ばないと混乱して変な結論にたどり着いちゃうものよ。

いろんな視点、論者ごとに調べてみて、自分に合う立場のものを探してみるといいわ。まずは模倣からよ。

おすすめピーター・シンガー。「すごいなあ。ぼくにはとてもできない」ってなるわ。

(3) 食生活ヴィーガン(Dietary vegan)になっちゃ

食事だけヴィーガン健康目的が多い。一番気楽なタイプヴィーガン動物倫理とかうっちゃってる(またはつまみ食い)。毛皮のコートも着ちゃうかも。時たまニセ科学に両足突っ込んでるから注意。

やめたいときにやめられるし、始めたいときに始められる。亜種として一時的ヴィーガン(Part-time vegan)なんかもあるわ。

ちょっと一週間くらいヴィーガンになるかー」とかできちゃう。「それヴィーガンなの?」という気持ちに蓋ができるならおすすめ

ヴィーガンが壊す食文化

動物人間ご飯でした。過去数千年も人間狩猟採集で生きていました。

狩で仕留めたマンモスを食べて氷河期を生き抜き、山でシカイノシシを食べて生き抜きました。私たち祖先はヤギや豚や牛や羊や鶏を、長い長い長い年月をかけて家畜しました。家畜化なんて一朝一夕一世代で出来ることではありません。祖父から父へ、父から子へ、飼育ノウハウを受け継ぎながら、家畜を食べる肉食文化を発展させました。

色々な国で色々な食文化が発展してきました。それは日本のように仏教によって禁止されながらも、こっそりと楽しまれたり、文明開化とともに最先端料理として食べられたり、ヨーロッパのようにソーセージベーコン干し肉なんかにして長期保存できるようにされたり、焼いたり蒸したり揚げたりして、美味しく食べれるように工夫されたりしてきました。イヌイットのように生食する民族も、沢山の香辛料スパイシーに食べる民族もいます食文化は、宗教やその土地気候と密に絡み合いながら発展してきました。

文化人間が長い歴史の中で作り上げた叡智の結晶です。衣、食、住の1つである、生き物にとって欠かせない「食」の文化は何にも劣らない人類史の大切な要素です。文化人類学的な価値を持つものです。

生物学的にも人間動物を食べるのには意味があります日本人だけが海苔を消化できるように進化したことは有名ですが、お肉も同じです。人間が肉を美味しく食べて、消化して、エネルギーとして利用できるのも、人間が長い間肉を食べ続けて、そのように進化たから美味しくお肉が食べられるのです。お肉を食べるのは人間が生態です。人間は雑食なのですから

連綿と続くこの歴史の中で、動物可哀想だという考えを持ち、肉食をやめることもまた文化です。人類がそのように方向転換し得る可能性を持つこともまた大切なことです。

しかし、それを望まぬ人に強要すること、人間全体から食文化を奪うことは文化破壊です。畜産家や肉屋やコックさんから仕事を奪う権利は誰にもありません。

食文化生活根付いて始めて意味がありますレシピの本だけあっても仕方がありません。肉を食べないということは今まで育んできた肉食文化永久に手放してしまうことになります日本和食文化遺産であるように、世界の肉食文化和食よりもうんと重要文化です。ヴィーガンの肉を食べない「食」が尊重されるべきように、私たち雑食の食文化尊重されるべきです。

そうして考えると「動物はあなたのごはんじゃない」というスローガンはあまり暴力的文化否定ではありませんか。

2019-05-22

正しいヴィーガンだけど正しいか死ぬことにした

飼育屠殺動物を苦しめるから畜肉を食すべきではない わかる

同様の理由たまご乳製品も食すべきではない わかる

同様の理由動物を利用する衣料品医薬品使用するべきではない わかる

意思に反して命を奪ってはいけないので狩猟された肉や魚も食すべきではない わかる

同様の理由採集することによって植物の命を奪う野菜も食すべきではない わかる

落ちた果実採集することによって本来その栄養を得るはずだった生物の命を奪うことになるので食すべきではない わかる

自然破壊につながる水道水ミネラルウォーターを飲むべきではない わかる

地下水の利用は自然破壊につながるので湧き水は飲むべきではない わかる

川の水や雨水を利用するのは生態系に影響を与えるので飲むべきではない わかる

酸素を吸収し二酸化炭素排出するのは生態系に影響を与えるので呼吸すべきではない わかる

全部わかる

人間らしい、正しい、善なる気持ちを持っていればわかるはずだ

呼吸し、水を飲み、命ある動植物自然から奪い、貪る者は悪魔

みんな死のう

死なない者は悪魔

2019-05-02

anond:20190502013100

生涯未婚率が高い今は、そんな重圧避けようと思えばいくらでも避けられるんだから現代問題にするのは違和感武士たる者、日本男児たる者なんていう時代とっくの昔に終わってる。

今はシングルマザーでもやってける様に社会保障あるし、昔と違って女でも母親でも働けるし、近代よりはよっぽど良くなってるのに、なぜ狩猟採集時代と比べる?

男のジェンダーロールのプレッシャーとはもう捉えられない。

2019-04-15

anond:20190414163658

俺たち現代人って歴史上稀に見るクズで甘えん坊のフリーライダーなんだよね。

すべての文明の礎には出産がある。

俺たちはその文明恩恵だけは腹いっぱい享受して、個人主義だのなんだの言って子を作らない。

個人主義のスジを通すなら、無人島採集生活を送って30歳前に死ぬべき。

スマホパソコンは持ってっちゃダメだぞ。

2019-03-27

不食への進化は、

肉食→ベジタリアンヴィーガンブリサリアン→不食、と進みます

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

***国際ベジタリアン連合日本ベジタリアン協会定義***

ラクト・オボ・ベジタリアン

 乳卵菜食、乳製品と卵は食べる。

ラクト・ベジタリアン

乳菜食者、屠畜して胃の消化液を使うチーズは、食べ無い。

オボ・ベジタリアン

卵菜食者、卵は食べる。夢精卵に限り摂る人もいる。

ヴィーガン

 純粋菜食者、完全菜食主義者

 乳製品蜂蜜なども一切摂らず、皮製品なども避ける。

ダイエタリーヴィーガン

 菜食主義者であるが、食用以外の動物の利用を、気にしていない。

 日本人の菜食者は、そう言える。

ピュアベジタリアン

 西洋では、ヴィーガンと同じ様に使われる。

オリエンタルベジタリアン仏教系の菜食主義者

 菜食主義であるが、五葷ニンニクラッキョウネギタマネギ) を、摂らない。食用以外の動物の利用を必ずしも避けようとしない。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他にも、紛らわしい言葉として、紹介されています

*フルータリアン:果食主義者果物常食者。

ヴィーガンとの違いは、採集しても、植物本体を殺さない物を食べる。

リンゴは食べる。ニンジンは食べない。

ノンミートイーター

 牛・豚・鶏、非肉食者。卵・乳製品魚介類は食べる。

ホワイトベジタリアン

 レッドミート(牛、豚、羊などの獣肉)を避け、

 ホワイトミート鳥肉魚介類)だけを摂る。

セミベジタリアン

 世間一般の人より少ない肉を食べる。 

 フレキシタリアンとも呼ばれる。

ペスクタリアン、ペスコ・ベジタリアン

 フィッシュベジタリアンとも呼ばれ、工業的に作られた

 食品を避ける点がベジタリアンと違う。

 野菜や魚は天然のものを食べ、卵や乳製品近代畜産

 なければ食べる。

マクロビオティック

 有機栽培地産地消などがテーマに含まれており、

 他とは根本的な発想がやや異なる。

ブルサリアン:

 水を中心とした液体を摂取するだけで生活している人々。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

人の自由意思が、一番難解ですね。

https://blogs.yahoo.co.jp/a111miyabi/65124820.html

2019-01-30

anond:20190130015055

先ほど申し上げたとおり、私は生物学を学んだ人間です。

生物学といっても幅広いですが、生態よりと申し上げます

 

文体からKKOごっこしてる増田やろ?って思ってるけどな

KKOごっこ意味はわかりかねます

アカウントを取ったのは昨日で、それ以前にハテラボに書き込みしたことはありません。

たまたま離婚相談について回答した折りにこちらが関連に上がってきたので見たまでです。

生物云々言ったら、母系社会で狩りも育児もメスがやるのが多数派だぞ?

生物についてほとんど何もご存じないのに適当なことを言うのはやめませんか?

 

生物繁殖形態はその生き物の生存戦略と密接に絡んでいます

まず先に申し上げた通り、「他の生き物がこうしているか人間もこうするべき」と、発言者に都合の良い部分だけつまむのは「自然主義の誤謬」といいまして論理上の誤りです。

 

そもそも「狩り」をするのは捕食動物に限られ辞典で生き物の多数派ではありえませんし…。

「狩りをするのがメスだけ」なのは

プライドを持っているライオンのオスだけ」です。プライドを持たない場合はオスは自分で狩りをしています。メスより成功率が低いので死亡率も高いんですけどね。

 

>なお人間女性主権母系社会を貫いてる部族もあるけどマジョリティーかな?

部族という言葉からわかる通り、現代社会では極めて少数派です。

 

人間場合狩猟採集生活から農耕牧畜生活へ移行したことで富の蓄積が可能になったため、

闘争適応した男性が台頭し男系社会へ移行していったとみられます

日本だって跡取りといえば通常は男子ですし、結婚男性が嫁をとるものでしょう。天皇家だって女性天皇を認めるかどうかで今揺れているではありませんか。 

ちなみに富の蓄積が不可能狩猟採集生活においては、現在よりも男女平等だったのではないかと考えられています

2019-01-20

男性不都合な真実に気づいてしまった

「なぜ男女がきっちり半々生まれるのか」

 

これを冷静に考えていただきたい

 

単に「子孫を増やすため」なら

男女比を3対7くらいにしてもいいんじゃないか(女は出産育児でどうしても時間を取られるが、男は年中発情できるので

男の数は絞れる また、出産時の死亡率を鑑みても 女性を増やし、出産の機会を増やすのは至極合理的だろう)

と考えた時、おそらく狩猟採集していた時代

狩猟や他部族との戦争において、男性の死亡率が高かったと言う仮定に行きつく

 

男性の死亡率が高い故、単に産めよ増やせよ精神で女の割合を上げるわけにもいか

一夫多妻本来ならデフォの、ハーレム型の動物であるにも関わらず

男女半々の出生率になり、狩猟あるいは戦争時における男性の死亡率を念頭に置いて、

遺伝子労働力を確保していたのだ

  

しかし、現代はどうだろう?

現代食糧確保で命を落とすことも、

たいした戦争も無く、往々にして「男余り」の時代である

 

本来なら狩猟戦争時に淘汰されるべき未熟な労働力である男も

一部の優秀な男のおこぼれに与っている

 

男性個人の知能において、優秀な人間無能人間で大きく差が出るという

対して女性は均一であるという研究結果がある

 

まり現代本来危険仕事で淘汰されるべき

無能な男」が無駄に生きながらえている社会なのだ

その結果、社会にあらゆるひずみが生まれしまっている

これは生物学的には非合理的状態なのではないだろうか? と

2018-12-26

anond:20181226162418

狩猟採集時代には女は家で帰りを待っていたという説

そもそもそんな説あったの?

食料確保が生き延びる上での最重要課題時代に女が家で待ってるとかあり得ないだろ餓死するわって事くらい誰でも想像つくと思うんだが

男が狩猟で採ってくるものより女が採集したものから得るカロリーの方が高い、って説は

最近(と言っても10年前くらいには聞いたような気はする)のものらしいけど

anond:20181226144808

狩猟採集時代には女は家で帰りを待っていたという説は今では否定されていて、狩猟カロリーを集められない男の代わりに女が採集で養っていたというのが今の定説らしいね

2018-12-21

メガネがある時代に生まれてよかった

話はすこし変わるけど、

やっぱり、狩猟採集より農耕だよね。

アマゾンとかの先住民が何万年狩猟採集してきてまだあのような状態なんだから、やっぱり農耕して宇宙まで行かないとね。

2018-12-05

税に富の再配分の効果はあるのか?

富を一度集め、再配分するという仕組みが族長制、官僚制を生んだわけで。

そんなこといったら狩猟採集世界に戻るしかないんだけど。

2018-11-28

anond:20181128070452

マンモス追っかけて倒して皆で焼肉パーティみたいな漫画表現を信じてるのか

実際の狩猟採集時代人間の主な栄養源は採集した植物で、大きな動物は滅多に捕れなかった、ってのが定説だぞ

普通想像力あれば餓死が死亡理由トップなんだから食えるものは何でも食ってただろうし

一番採りやすものは動かない植物だし

狩の道具などろくに発達してない世界で大きな動物バンバン捕れるわけないであろうことくらい想像つくだろ

2018-11-16

ちゃんとした数学確率される前に

個人的な才能で三角関数とか微積とか考えついてた人間とかっておるんかね

いうて狩猟採集時代と今の人間知能指数のものは対して変わらんだろ

極端に頭のいいやつはその時代からいただろうし記録に残ってないだけで考えてたやつはいたんじゃないんか?

2018-10-22

anond:20181022022547

農業従事する動物解放しろ!牛にスキを引かせるな!ハチから搾取するな!受粉労働から、三つの採集から解放しろテントウムシをアリマ殺害労働から解放しろ

農産物に虫がついたからって殺すな!農作物を食べるということは大量の虫を殺すということだ!この虫殺し!

2018-10-19

野球サッカーとか相手に向かって球を投げたり蹴ったりするスポーツは色々あるのに

相手に向かって弓矢を射るスポーツってほとんどないのはなんで?ウィリアム・テルのあれくらいしかないじゃん、しかもあれは個人プレーだし。

歴史的には球技用のボールなんかよりも弓矢のほうが狩猟採集社会時代からあるし遥かに古いと思うんだけど、なんで弓矢で団体戦をやるという発想にならなかったんだろう。

2018-08-26

anond:20180826020837

進化論なら、狩猟採集時代まで遡ると子育ては女だけが親族で協力してしていたし食料も主に女が集めた木の実だったらしいとか。

男は遊びで狩りや戦争セックスをしていただけの存在だったらしいので、よほど教育しなければ子育てなどやらない生き物なのでは。

2018-08-19

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドなんだけど

災害(侵略ではない)で国が滅んでから100年以上経ってて、ボコブリンたちは各地に散らばって狩猟採集っぽい生活をしている。それでリンクボコブリンたちの拠点を襲撃して物資を奪ってゲリラ戦を行うわけだけど、物語中の世代ボコブリンたちは悪いことしてないので、リンク大義はないように見える。

あとゼルダが直属の上司でもないのに偉そうだしリンク嫉妬した挙句パワハラしてくるので嫌い。

2018-07-29

anond:20180729174952

狩猟採集生活をやめてから人間の野生が失われて弱くなったわけだし、まず農耕と畜産禁止するべきだと思う。

2018-07-19

「泣いて済んだら警察いらない」

「困ったときに何時でも気軽に[文明]に立ち寄れる生活を[野生]とは呼ばない」。

[野生]の動物は、体調が悪い時に薬を飲んだり病院に通ったりは「不可能」。

文明国家の内部で狩猟採集生活を行う「自意識けが自給自足」気取りのバカに告ぐ。

それはガキが地面の白線の上を歩きながら「この白線の外に出たら死亡」と

自分勝手な、自分にだけ通用する、しかも後からいくらでも変更可能で、変更しても

からペナルティを課されない、俺様ルールの『俺様ゲーム』を楽しんでるのと同じだと気付け。

真性のバカなのは百も承知だけど気付いてくれ。まわりが迷惑する。

2018-07-13

ジュラシックパーク恐竜たちの出自についての考察

先日ジュラシックパークの最新作が全国公開された。

クリス=プラット演じる主人公活躍する新生ジュラシックパーク第二弾とも言える作品だ。

前作よりもよりホラー寄りに回帰したりラプトルとの交流が見られたりとにかく面白いので是非見て欲しい。

ちなみに僕はまだ見ていない。

前置きはさておき、ジュラシックパーク恐竜たちは一体何者かという僕独自考察をここに記しておこうと思う。

結論からいうと彼らは恐竜ではなく恐竜のようにデザインされた何かである

以降はその根拠について記述しようと思う。

そもそもジュラシックパークの”恐竜たち”はどうやって作られたのか?


ジュラシックパークファンなら勿論知っている情報だと思うがおさらいをしてみよう。

恐竜が生きていた時代には現代の蚊はすでに生息していた。

そして、その蚊たちは現代と同じように動物の血を吸っていた。

蚊が木で休んだ際に樹液に絡め取られ、恐竜の血を体内に含んだまま長い時間をかけ「琥珀」になった。

現代になり琥珀の中に閉じ込められた恐竜の血から取り出されたDNAを元に恐竜たちが生まれた。

これが定説というかジュラシックパーク第1作目で作中アニメで語られている内容だ。

かに説得力があり、当時子供だった僕はそのサイエンティックな内容に釘付けになり、よりストーリーに惹きつけられた。

しかし、これは無闇に説得力があると考えていい内容だろうか?

最新の学説での否定


このような記事がある。

恐竜DNAから復元することは不可能?(オーストラリア研究

http://karapaia.com/archives/52104981.html

まり物質は必ず劣化するものであり、恐竜DNAも例に漏れはいないということだ。

ただし、作中ではそれを予見してか、「不足しているDNAカエルのもので補っている」とも語られている。

これにより、一見して最新の学説へのアンサーとしては成り立っているように見える。

どうしてだか、僕はここに違和感を感じている。

なぜカエルなのか。なぜ進化の経路上として爬虫類鳥類よりも遠い両生類DNAを使うのか。

ヘンリー・ウー博士

パークの恐竜たちを語る上でこの人は外せない。

氏は新旧パーク双方に勤務し、実際に作中にも登場している。

いわば恐竜たちの生みの親であるパーク研究所の遺伝主任である

作中で語れられている氏の実績を大雑把に下記の通りまとめてみた。



僕が気になるのは最後の項目「恐竜のリデザイン」だ。


先に仮説を述べておくと、

インドミナスに限らず、パークの恐竜たちは全て「リデザイン」されたのではないのだろうか。

まり、形状的に模倣はされているが、必ずしも遺伝子として合致あるいは類似しているものではない。

ウー博士により作られた全く新しい生物たちである

作中のヴェロキラプトルという存在



作中のヴェロキラプトルは実際の世界ヴェロキラプトルとは違うというのは割と有名な話だとは思う。

実際のヴェロキラプトルは鶏ほどの大きさで主に小動物昆虫を餌にし、大きくてもせいぜい小型の角竜を襲うことができていたのではないかと言われる。

実際にはデイノニクスと呼ばれる馬ほどの大きさの肉食恐竜ヴェロキラプトル名前と足についている「大きな鉤爪」だけ借りて登場している。

演出のためだと言われればそれまでだが、

これは「リデザインされた恐竜に名付けた結果」と想像している。

あれだけ一作目から科学考察が作中でされているのに、そこだけ演出のために実際の世界と違えるというのは個人的には違和感だ。

冒頭アラン博士化石採集所の場面



土中にエコーを打ち込んだ後、その結果をモニターで見る場面。

一緒にモニターに現れるスケール確認できると思う。スケールには単位が表示されていないので正確には分からないが

あの同時に現れたスケールは「実際のラプトルと同じスケール」だと示唆する製作からメッセージなのではないかと考えている。

また、博士が持っているラプトルの爪は「デイノニクス」の爪としては小さすぎる気がする。

まりアラン博士はパークのラプトルラプトルとしては認識していない

少なくとも作中に出てきたパーク監視員ロバート確認するまでは認識していなかったと思う。

学者全般に言えることだと思うが、学者は全てが解明されているという前提で研究をしているものはいない。

常に新しい情報で自らをアップデートしていくため、パークでラプトルのものを見せつけられたら

パーク内で生まれラプトルは大きな個体のもの存在すると捉えるのは自然なことだと感じる。

ましてや、欠損部分をカバーしていると事前に聞いているので多少の差異覚悟しているとは思う。

ラプトルの特徴である大きな鉤爪も有しているし。

アランはきっと「我々が思っているよりラプトル整体はずっと大きかった」と思ったのではないか

羽毛恐竜


ジュラシックパーク一作目が公開された当初から、羽毛恐竜存在はほぼ定説となっていた。

それらを作中に取り入れなかった理由として単に「一般恐竜イメージが損なわれる」というものではない気がする。

どちらかというと、パークの経営的な判断として、よりイメージに近い「恐竜」を生み出して欲しいというオーダーがウー博士にされた結果、

羽毛のない恐竜になったというのが個人的スッキリ腑に落ちるところである

その極たる例としては、前述した「インドミナスレックス」が当てはまる。

あれは作中でも経営から「より恐ろしい恐竜」を依頼されたため、その通り作ったと氏自身が語っている。

モササウルス存在

(まあこれは恐竜ではないが)

作中のモササウルスだが、ものすごく巨大な生き物として描かれている。

少なく見積もっても30m以上はある。

実際に発掘されたモササウルスは18mが最大だそうだ。

水中に生息しているモササウルスの血を吸えるのか?

これも非常に疑問に思う。

原生のクジラなどと同じく極度に海中に特化した外形のため、モササウルスはその巨体故に陸上が近いと座礁してしまう。

そのため、陸に近い、蚊が発生する真水のある環境近くに接近し、蚊に吸血されてしまうとは考えづらい。

仮にされたとしてもその頻度は非常にレアなのではないだろうか。

まとめ


以上、記憶の片隅にでも残しておいてくれたら嬉しい考察である

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん