「ボランティア」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ボランティアとは

2018-01-20

貧困解決する為にどんなアイディアを持っていますか?

世界最貧国では税金徴収もままならない為、貧困解決する為に社会福祉資金を投入するということができません

その為、そこで活躍するボランティアの人たちは如何にあるもの貧困解決手段するかに取り組んでいます

例えば豊かとは言えない土地自給自足生活をする村の人たちには、自分たち食事の為に農業をするのではなく

市場価値のある作物を育て1番高く売れる時期に売り、そこで得られたお金生活することを支援しま

これだけでその村の貧困解決されました

もし、今の日本政府社会福祉の拡充が難しい、あるいはそれをしないとした場合

我々が現状動かせるものだけで貧困解決する為にはどんな手段があると思いますか?

日本で暮らす人たちが一人残らず豊かに暮らせる為に私たちが一市民として自分たちで出来ることは何でしょうか?

賢い皆さんのお知恵を拝借したいと思いこちらに書き込ませて頂きました。

非健常家庭育ちと学生ボランティア

家を脱出して学生をやっている。

子ども貧困対策でよく行われている学習ボランティアとか居場所作りとかの重要性は痛いほど理解している。

そして自分も何かできないかボランティア募集のページをよく見ている。

しかし応募できない。怖いのだ。

はたして非健常家庭で育った自分が、子どもたちのよきお兄さんお姉さんとして関われるのか?

健常家庭で育ち、健全精神を持った健常人でなければ子どもたちにかえって悪影響を及ぼすのではないか

非健常家庭で育つ子どものことはとてもよく理解できるけど、子どもたちと交流して健常に育つ支援ができる気は全くしない。

お兄さんお姉さんとして直接寄り添うことは諦めて、がっぽり稼いであしながおじさんとなることが自分にできることなのかなと最近は思う。

2018-01-19

小学校司書をしています

小学生10歳までに読みたい名作シリーズの本が読みたくて図書室に行ったら先生に断られた』→その理由あなた11歳だからダメ

https://togetter.com/li/1191269


ざっくりと説明

学校司書学校司書をしている人。基本司書資格を持っている人が採用になります必須ではないので持っていなくても場合によっては採用になります。配属先は選べないので公共図書館で勤務したかったのに小学校に配属になってこんなはずじゃなかったという思いをしている人もいるか

司書教諭教員かつ司書教諭資格を持っている人。学校司書サポート役だったり、他の先生学校司書の橋渡し役等をしてくれる先生、のはずですが担任を持っていたりすると忙しくて図書館業務全然関われないという場合も……

その他、地域によっては司書資格も何もないボランティアの方が司書の代わりをしているという話を聞きます

ツイート元の方の言う学校司書がどれに該当するかによって話が少し変わってきそうです


発端のツイートのように、「この本は借りてはいけない」

または「この本は購入しない」「この本は戸棚の中や倉庫に隠す」というのはウチの学校や他の学校でもあります

フェイクのためどれが自校でどれが他校の話かは伏せさせてもらいます

また、それらのルールについては司書意思の他に「司書教諭の命で仕方なく実行している」「学校方針」「前々々々任の司書が決めたルールで、変える機会がなくずっと続いている」などさまざまなケースがあります

図鑑百科事典は貸し出し禁止。これらの本は授業で使う機会が定期的にあり、いざという時図書館にないと困るから。また、飛び出す絵本など貸し出ししたら即ボロボロ破壊されそうな本も貸し出し禁止。禁帯出マークの赤いシールを貼って見分けられるようにしている。

・本は3冊借りることができるが、かいけつゾロリのみ例外で1冊までしか借りられない。子どもたちには「ゾロリはとても人気だから、1人が1冊までなのよ」と説明しているが本当は「字が大きくて漫画じみて幼稚な内容のゾロリはあまり借りて欲しくないから」。ゾロリを一斉に廃棄処分にして0冊にした学校

強制ではないが、高学年はあまりゾロリは借りないようにすること。6年生にもなってゾロリばかり読んでいるなんて恥ずかしいから。低学年向けの絵本や○○のひみつシリーズもなるべく借りてほしくない

あさのあつこNo.6教科書に紹介されているのだが、だんだんBL描写が激しくなっていくので購入するのは1巻のみ。公共図書館から取り寄せたいという時だけ対応する(自校の図書館にない本を公共図書館リクエストして配達してもらうというシステムがある)

公共図書館から取り寄せてほしいとリクエストがあった本でも、漫画ノベライズ版、オカルト本などこれはちょっと……というものは「こういうのは駄目よ」「近場の公共図書館になくて……(嘘)」などと言って諦めてもらう

・保健体育系の本は、性器などの写真がモロに載っていてそれを見て騒ぐ子がいるので普段は戸棚の中に隠していて、勉強必要になった時だけ出す。何回注意してもやめない、もし一人が注意を受け入れて騒ぐのをやめても別の子が騒いでまたその子を何回も注意して……と大変疲れるので隠した方が早いし楽

・「表紙がキラキラしててかっこいい!」「表紙にドラゴンが載っててかっけー!」などの理由で、漢字どころかカタカナもまともに読めないような小さい子が、挿絵もルビもない重厚ファンタジー小説を借りようとすることがあるが「借りても全然読めないでしょ」と説得して貸し出しをやめさせる


思い出せないだけでもっとあるかもしれませんがこんな感じです

低学年向けに購入した新しい本を高学年が いの一番にごっそり借りていくと、うーん……とは思いますが口には出さないですね

あと、1年生から6年生まで各学年向けの本を並べたコーナーを作っています自分の学年じゃない本を借りてもOKです

今回、ツイート主の親戚の子が年齢を理由に貸し出しを禁止された本は

赤毛のアン」「西遊記」など児童書としてはド定番作品ばかりで

学研出版している「10歳までに読みたい世界名作名探偵シャーロック・ホームズ」は11歳になったら借りちゃ駄目だけど

講談社が出してる青い鳥文庫の「新装名探偵ホームズ」はOK!みたいな感じになってるんでしょうか

大なり小なりどこもローカルルールがあると思うので「誰でもどんな本を好きなだけ借りられるようにするべき!反対するなら教育委員会に言いつけるぞ!!」という流れになるのはちょっと困りますがさすがに今回は理不尽すぎるので炎上もやむなし

とか書いてる間に追記を読みましたがそんなギチギチにルールのある図書館なのに他の先生が把握してないって色んな意味問題ですね

私の周りだと司書立場が弱すぎて先生たちにNOと言えなくて……という悩みは山ほど出てくるんですが司書独裁国家築いてるパターンとは


関係ないですがオオカミ王ロボ小学生の時から大好きなので元ツイの子が無事に借りられることを願っています。ロボはイケメン

2018-01-18

anond:20180118223542

地域イベントに出てみるとかどうかな

あとはボランティア系のNPOを回ってみるとか

2018-01-17

anond:20180117102939

ちょっと違う、ヨハネ福音書最後では

イエスの私を愛(アガペー)していますか?との質問に対して

ペテロが私があなたを愛(フィレオー)している事をあなたは知っています

と回答しているから愛の主体が神だけって事にはならない

フィレオーは親愛とも解説されるされる愛

その変化形としてフィラデルフィア兄弟愛)がある

結婚式で誓う愛もこのフィレオーだと思っていい

アガペーは正確には見返りを求めない無条件の親切行為の事だね

ボランティア精神なんかはそれに該当するだろう

発言読み違えてたのでちょい修正

2018-01-16

anond:20180115192216

まわりの奴らもほとんどおんなじようなもんだよ。そらほんとになんかある奴もいるとは思うけどさ、6割くらいはそんなもんだよ。

正直ボランティアとかマジでどうでもいいよ。個人的には面接ボランティアという単語が出た瞬間からシラケるよ。ボランティアはやめろ。

やってることはどっこいでも言い方とか捉え方が違う奴はいるよ。

塾講師だって、つらい大変だって思ってやってる奴ら多いと思うけど、増田さらっとできちゃってたんだろ。そういうとこに増田の強みがあるんでない?

子どもと親が頑張るんだろみたいな考え方も、ある意味仕事の切り分けがよくできててストレス耐性高そうだなとか思った。

なんとなく読んだ感じだと、増田は細々した作業的な仕事をあまりストレスなくさらっとこなすタイプな気がする。

そういうのブツブツ文句いいながらクソみたいなクオリティしか処理できないやつばっかだぞ。

ガクチカの答え方でいうと、

塾講師アルバイトをx年間続けてます。とは言っても、塾で頑張るのは生徒さんで、私はそれをアシストする役だと思ってます。中にはモチベーションが落ちやすい生徒さんもいたりして、そういう子には○○な感じで接するようにしてました云々。

大学入学以来、○○を作るサークルに在籍しています学園祭では販売もしており3日間でx個が完売するくらいには売れます利益を出すために作っているわけではないので云々。

とか。そんなんで良いと思うよ

anond:20180116103326

内申点のため」に学校役職やったらどうでもいいボランティアしたり先生に媚びたり自分意見しまって大人しくしてたり、ほんとつまらない。

こんなシステムから内申点に響くぞ?」とか言って脅す教師が出てくる。

教師一人の印象で人生決められてたまるか。

真に悪なのは内申点制度のものの方。

2018-01-15

本気で何かに取り組んだことある

ない。なくてもそう困らないだろうが、困っているので書いている。

就活である

学生時代に力を入れたこと、すなわちガクチカを3つは用意しとく必要がある。たいていはバイトサークル学業

もうこの1年ずっと悩んで、延々と悩み、悩んでる間に何かに取り組めればよかったのだろうけど、まあそんなことはなく、そして今死にそうになっている。

適当に嘘でも書ければいいのだが、やったことがないのだから全く想像出来ないし、就活サイトに載ってるのはやれ部活大会だであまりに現状と離れておりどうしようもない。

ほんとやばくて、支離滅裂なのは分かってるけど、なんかもう、なんでもいいから、増田に助けてほしい。助けてください。



バイト

塾講やってる。嘘。やってた。都合が悪いので続けてる体で行く。

塾講ってさあ、どこに本気出すの?ないし努力するの?

教材は塾が用意してるし、誰がどのテキストを使うかは塾長の指示だった。

教材作ったことにしてもいいけど、もし「見せて」なんて言われたら詰むので、そこは諦める。

ぶっちゃけ本気を出すのは生徒の方だ。

いかに本気を出させるか?勉強モチベをキープさせるか?なんて問うことは出来るけど、んなもん、こっちの知らんこっちゃない。

それは親と学校仕事だ。

塾はあくま勉強の補助(うちはそういう塾だった)で、せいぜい週に一回会うぐらいのバイト子供にしてやれることなんて何もない。

そいつの成績が上がろうが志望校に受かろうが、結局そいつがちゃんとやったってだけで、こっちには何の影響もないんだよ……

困った。


サークル

ゆるい物作り系に入ってる。もうこの時点で詰んだ気がする。詰んでる。でも体育会系とかなんか人多いとことか無理して入ったら、きっと私のことだ、辞めてただろう。しゃあない。

大会とかない。これと言った仕事もない。

学祭で作ったもの売ったりとかはしてた。あ、これアピール行けるっぽくない?

でも何をどうアピールするんだ。そりゃ作ったからには売るだろ。

別に売上の目標とかないし、そもそも売るためじゃなくてなんとなくの集まりだし。

一応合宿もあったけど、日程決めて宿を取るくらいしか仕事はない。

ちょっと前ならその日程決めだって大変だっただろうけど、今はラインカレンダーに丸付けたらおしまいだ。

困った。


学業

言うまでもない。

いやまあ、GPAは4超えてるし、成績は悪くはないと思うが、特別良いとも思わない。周りのGPAもそんなもんだし。普通

レポートは言われた資料読んだり美術館行ったりでちょろちょろって書けばよかったし、試験は一晩か二晩徹夜すれば成績来るような授業ばっかり取ってた。

なので「じゃあこれ知ってる?」なんて突っ込まれたりしたら一巻の終わりである

あ、ゼミグループ論文があったけど、まあそれは苦労したけど……

苦労は苦労でも、フリーライダーが多かったとかリーダーと連絡がつかなくなったとか、アピールしたらまずい苦労である

困った。




とりあえず思いつくだけのガクチカを挙げてみたけど、なんというか、ダメである

いやほんとどうすればいいんだろう。

からボランティアでも行く?どの?何のために?手遅れである

なんで今さらこんな困ってるかって、週末に模擬面接があるからだ。

短期インターンエントリーだったら何となくそれっぽいこと書けばよかったけど、流石に模擬面接でそれはやや困る。いやかなり。

人事の方も「とりあえずガクチカ深堀りする」って言ってたし。

まあ最悪上手く答えられなくても、本面接ときにちゃんと出来てればいいのだろうけど、それでもやっぱりある程度ちゃんとしておきたい。

私は御行に入りたいが、御行は私でなくてもいいのだ。

企業が「こいつなら雇ってやろう」と考える何らかの基準があって、それを満たしてるかはかるためのガクチカなのだ

からこんなんじゃどこにも入れない。それは困る。

私には趣味があって、それにお金がかかるので、お金が欲しい!!!働いてでも!!!

御行の収益やすので雇ってください、と言っても雇われないだろう。

だってこんなガクチカじゃ、到底売上に貢献出来るような人材には見えないし。

しっちゃかめっちゃかだし、どうしろってんだとしか言えないだろうけど、とにかく助けてください。

2018-01-13

EUモロッコ間で締結の漁業協定は……

EUモロッコは、1996年に提携合意を、2006年に漁業クタにおける協力合意(以下「漁業協定」という)を、そして2012年に農産物・加工農産物及び水産物・加工水産物に関する自由化協定を締結した。2016年12月21日に当司法裁判所は、欧州委員会に対しポリサリオ戦線が提起した訴訟における判決への控訴において、EUモロッコ間で締結された提携合意協定西サハラには適用されていないと判断した。しかし、この事件は同漁業協定に関するものではなく、それゆえ当裁判所判決において、その協定については何ら有効性の判断を行わなかった。

UKにおいて、西サハラキャンペーン(WSC)は、西サハラの人々の権利認定サポート目的とする独立ボランティア組織である。WSCは、高等法院(英国及びウェールズ)の女王座部(行政裁判所)にて、EUモロッコ間で締結した漁業協定と、同協定を首肯し施行する規則類は、同協定規則類が西サハラ地域水域適用される限りにおいて無効であると訴えている。WSCはそれゆえ、UK当局が同協定を履行すること、とりわけ西サハラ産品をモロッコ王国の産品と認めて特恵関税待遇を与えることを違法行為だとみなしている。さらに、WSCはUK当局西サハラ近海漁業ライセンスを発行する権限を有していることについても争っている(同協定で、EU漁船特定の条件の下でモロッコの漁場内で漁獲してよいと定めているため)。

高等法院は当裁判所に対し、まず、西サハラキャンペーンEU規則類の有効性について国際法を遵守していないとして争うことができるか、次に、EU法のもとで同漁業協定有効なのか、について確認を求めている。EUが締結した国際協定とその施行規則類の有効性の審査のための仮決定的手続のもとで請求が行われているのは、これが初めてである

 今日、メルキオール・ウォスレ法務官は、彼の見解のなかで、当裁判所は「EUが締結した国際合意適法性査定する裁判管轄を有しており、WSCのような団体は同漁業協定適法性を争うことができ、そして、同漁業協定西サハラ地域水域適用対象とするために無効である」と回答すべきである旨を主張している。EUが締結した国際合意適法審査する枠組みのなかで、国際法上のルール準拠することが自然人法人に開かれているかについて当法務官は、そのルールが無前提かつ充分明確であり、その性格と主要なロジック申し立てられた法の適法審査を妨げていないのであれば、EUが拘束されている国際法上のルール依拠して法的な手続きを行うことが可能でなければならない……と、みなしている。

 当法務官は、WSCの依拠する以下の国際法上の3規範に関して、こうした条件を満たしていると考えている。それは:(1)自己決定権、(2)天然資源にかかる永久主権原則~それが西サハラ人民利益のために当該資源の利用を要すかぎりにおいて~、そして(3)占領地域天然資源の利用にかかる国際合意の締結に適用される国際人道法のルールである。当法務官は、これらの規範EU締結国際合意適法審査の枠組みのなかにあり、これらに依拠することは可能である……と結論している。

 そして当法務官は、同漁業協定とこれを首肯し施行する規則類が、これらの3規範に適合しているか審査している。

 まず当法務官は、西サハラの人々が国連総会の設けた条件で自己決定権行使することすら、かくも永くの間、機会を奪われている……と、述べている。西サハラ併合によってモロッコ王国統合されたが、この地域の人々が自由意思表示をしたことによるものではなかった。モロッコ領土への西サハラ一方的統合と、当該地域にかかるモロッコ統治権主張を根拠として、モロッコが同漁業協定を締結して以来、西サハラの人々はその天然資源自由処分していない。それが、自己決定権によって求められているにもかかわらずである。したがって、申立ての規則類によって定められ行われる西サハラ近海でのEUによる漁獲は、西サハラ人民自己決定権尊重するものではない。

 モロッコによる西サハラ統治権の主張は西サハラ人民自己決定権を損なったことによるものであるから西サハラ人民自己決定権モロッコによる侵害の結果である違法な状況を是認せずその維持に援助を与えないようにする義務を、EUは怠っていた……と結論する。この理由のため、西サハラ地域とその近海への適用に限って、同漁業協定とそれを首肯し施行する規則類は、欧州連合に対し外事につき人権保護国際法を厳格に遵守しなければならないと要求する欧州連合条約の定めに適合していない。

 当法務官は、西サハラにおけるモロッコデファクト施政勢力もしくは占領勢力としての地位は、同漁業協定の締結を正当化できないと考えている。第一に、「デファクト施政勢力」の考え方は国際法存在していない。第二に、モロッコ西サハラ占領勢力であるが、同漁業協定の締結のされ方が、占領地域適用される国際合意占領勢力による締結に適用される国際人道法のルールに適合していない。

 次に同法務官は、同漁業協定により提供された漁獲のほとんどが西サハラ近海限定的関係している(これらの海域で得られた漁獲は、同漁業協定で定められた漁業文脈で行われた総漁獲量の91.5%付近にのぼる)と認定する。同漁業協定に従ってモロッコ王国へ支払われた財政的貢献は、ほとんど西サハラ人民利益のためだけに使うべき…ということになる。当法務官の見解では、同漁業協定西サハラ人民利益のための漁獲となるために必要な法的セーフガードを含んでいない。この意味において、天然資源に係る永久主権原則占領地域天然資源の利用にかかる国際合意の締結に適用される国際人道法のルール、そして最後に、これらの原則ルール違反した結果である違法状態是認せずその維持のために援助を与えないEU義務を、同漁業協定及び他の申立ての規則類は遵守していない。

 これらの理由全てにより当法務官は、同漁業協定無効である結論する。

anond:20180113115708

面白いことする奴が金で動いて何が悪い

オモシロボランティア強制するアンチアフィ系の奴って

ナチュラルブラック企業思考だって自覚持って欲しい

自分面白いことやりゃいいのにやらないし

2018-01-10

ホームセンターとある店舗事情

売り上げは1日あたり300万~600万程度の店舗

従業員総数は100人程度。社員10人程度。残りの従業員の平均時給は900円台で過半数最低賃金そのまま。

扱ってる商品サービスは実に幅広く、部門数は30程度あり、部門担当者部門数と同程度の人数しかいないが基本的パート

残りの従業員の大半はレジ

まず部門担当者は大抵の部門が1人しかいない。部門担当者は他の部門在庫をどう管理しているかとか把握してる時間があるわけがない。

店の営業時間12時間×7日間として担当者が出勤している時間はそのうちの約半分であり、労働時間の半分以上は接客であるため、担当者を呼べと言われても呼べる確率は25%にも満たないし、相手残業押し付ける構図なので呼ぶ気にもなれない。

商品レジを通過する量と、商品が荷受から売り場にならぶ量は同じである

レジ人員と売り場従業員の人数が同程度であれば当然売り場従業員接客等してる暇などない。誰が売り場に品出しするんですか。

4時間ずっとレジ待機列が途切れないのであれば問題であるが、少しレジに波が押し寄せた程度で売り場従業員レジに使われたりすれば、結果レジが暇する時間が増える一方で売り場従業員絶望的に残業時間が増え続ける。

一人の客が少し早く帰りたいだけのために売り場従業員作業を中断させるな。客はお前一人ではない。

結果他の客含め多大なる迷惑を生むだけだと理解してるまともな人間達が損をするだけだ。暴れたいなら他の店を探し出して暴れてください。

売り上げに対して使える人件費は比例しており、レジが一か所にしかない店舗であればまだいいがレジ分散している店舗であればレジが暇する時間が増える分だけ売り場従業員サービス残業時間が増え、また売り場の質が非常に悪くなり現状維持が困難でたくさんの悪循環を生む。

降ってくる仕事の速度が速く、例えば配達受注から受注した従業員側の作業完了まで2時間経過しちゃうようなことが日常である

住所等を書いてもらい客だけ帰ったあと配達業者への引き継ぎ作業完了させる間に木材切ったりレジに呼ばれたりが続いて2時間後にやっと接客が途切れるような状態である

とにかく店内放送での接客要求が鬱陶しい。対応できる従業員存在しないことくらい客側でも分かるだろう。

無駄に暴れる客がいる一方で、必要なのに従業員に話しかけるのをためらってしまう人もいる。(私が全体幸福自己犠牲主義ゆえに躊躇ってしまう)

従業員ドラえもんではない。

客の頭の中にある妄想イメージを適切に言語化してもらわないと一切伝わらないし、そんな妄想に付き合うのなんて他の客に迷惑をかけるだけのボランティア従業員しかない。

客という立場で暴れる客が多く、暴れられるくらいなら時間無駄なので終わらせるためにサービスすることが多い。

それはそれでよくないが、恥知らずのやつに人間として教育してあげる時間的余裕などない。

携帯ショップでも病院でもなんでもいいけど、順番を待つなんて当たり前に存在すると思うのだけど

なぜかホームセンターの客層は待つという概念を知らないやつが多くてレジ等で暴れるやつが多い。

百貨店並みに利益の高い商品を扱っているのであれば従業員数に余裕があるのかもしれないが、薄利多売のホームセンター接客してる余裕のある従業員など存在しない。

コンビニスーパーでそんなに従業員に話しかますか?なんでホームセンター従業員には話しかけるんだ?それに対応できる人員など用意されてないんだが。

ダラダラ人間の前でよく動いても損するだけ

BBQみたいな場で会がスムーズに進行するようにと自ら行動すると、感謝されるどころか何あいつ張り切ってんのと嘲笑されるよね。正確には嘲笑してくる人間一定数いるよね。だからそういう人間ばかりの場でボランティア精神発揮して行動しても何もいいことない。むしろ気分が悪くなるだけ。そういうとき自分も一緒にダラダラする。

相手が一緒に動くことを楽しんでくれたり、動いたことに相応に感謝してくれるときのみ自ら動く。結局は相手性質の見極めが大事

文句言うわりには行動しない人間に散々嫌な思いさせられて、最近ようやくこのことに気付いた。

2018-01-09

anond:20180109001953

とある海外のScanlationチームと話したことがあって、その時いろいろ聞いたので書いておく

彼らは分業しており、スキャン(紙メディアから場合)、クリーンアップ、TL(翻訳)、Typesetting(文字入れ)などをボランティアでやっている

広告収入は取らず、サーバー代は年間で$100くらいなので自腹でやっているという

なぜScanlationするのか?その作品が素晴らしいからだという

素晴らしい作品なのだから海外にも届けたい、ただそれだけだと

当然だが海外にあっては現地法人ライセンスされなければ違法でも何でもない

その上で、彼らは明言している:

"この作品ライセンスされれば、ただちにサイトから消去する"

そして、電子書籍やBookwalkerのリンクを貼って、ここから買って作者をサポートしてくれとも言っている(アフィリンクも無くだ)

実際、海外のScanlation大手を見てまわっても、ライセンスされた作品は大抵「この作品は◯◯◯.incにライセンスされたので買って読んでね」と書いてある

彼らはフリーライダー業界を滅ぼすなんてことは百も承知で、正規ルートさえ提供されればかならずそっちに流れる

手段提供ができないことによる機会損失は計り知れないだろう

先細りでしかない国内事情をいつまで優先していくつもりなのか

はれのひ事件

福岡店のマネジャーは、ボランティアでよくやったと賞賛されているが、

実は、つくば店のマネージャーも同じように頑張ったんだと思う。

 「はれのひ」の福岡市中央区店舗では8日午前から独自顧客への着付け作業に当たった。

店舗責任者女性取材に対し「社長とは今年に入って連絡が取れていないが、

新成人の予約が入っており、スタッフと話し合って対応しようということになった。

お嬢さんたちを泣かせるわけにはいかないと思った」と話した。

一方、茨城県つくば市店舗はこの日、開業時刻になってもスタッフが出勤しなかった。

ただ同店は前日7日までは通常通りに営業、周辺自治体の多くが7日に成人式を開催したため、目立った混乱はなかったという。

2018-01-07

それでも、なんだかんだ成人式って行ったほうがよくない?という話

副題:イケてない人間成人式をどう迎えたらよいのか?

大学の同期が成人式をむかえる前に書こうと思っていたが、結局こんな時間になってしまった。

この時間になって成人式ねーうん・・・みたいに思ってネット見てる人間が見ればそれでいいや。

成人式に行かない人って、いったいどんな理由があるんでしょうかね」というのは、改めて考えてみるとこれがいまいちよく分からない。

あるいは自分がなんだかんだ言って結局行った方の人だからなのかもしれないが、行くのを結局決めたのは前日の夜になって「ああやっぱ行こうかな、一応準備だけしておいて寝坊したらあきらめるか」といった具合でいたら当日きっちり目が覚めたので、ええホントに行くの俺?みたいな思いを抱きながら行ったという有様だったので、その辺のところ行くまではかなり割れていたのだが、実際行った後になってああやっぱ行ってよかったなとなるような強い価値観の変化があったので、そのあたりのことがいまいちよく思い出せないし、結局行かない側の人ではなくなったので、行かない側の人としての物言いをしなくなったからだと思う。

というのも、その成人式人生三回目のセンター試験の一週間前だったし。

その頃の自分に何があったかというと、まあなんだかよくわからないことになっていた。少し本題とずれるので、結論だけ見たい人は読み飛ばして構わない。

単にシンプル物言いで表したり表されたりしたくないだけなのかもしれないが、一年目も二年目も、センター利用で受かった大学にそれぞれ親に入学金と半期の学費それから半期の休学費用をハタかせておきながら大学受験をおかわりしていたかである

結局一度目はもっと高いランク大学に行きてえと抜かす自己肯定感の欠如と、それでいて自分の有様をよくわかっていないが生きる上では大切な若者特有の貴重な熱意を、18,9年生きててそれだけしか身に付けなかったんかとばかりの崇高な偏差値という単線指標に振り向けて、それさえ達成できればこれまでも中高大と一度たりと第一志望というものに受かったことのない過去自分の救済になると信じて突っ走ったものの、大元問題が何一つ解決されてないがゆえに何一つ解決するはずもなく、終盤完全に行動の伴わない支離滅裂メンヘラという訳の分からない人になりながら本試は全て落とし、所属するが故の苦い部分から解放されもはや生きてるだけで自己肯定感補填できる依存先と化していた元の大学と、唯一受かった1ランク上の、しか受験が終わった後になってどうやら自分本来大学でやりたいと思っていたものと違うらしいということが分かった大学のどちらにすればいいか迷っていると口にし親父を激怒させて終わった。

二度目のほうはもはや凄惨と言う他はなく、元の問題、つまり自己肯定感の欠如であるとか偏差値以外の指標を実のところ持ち合わせておらず、大学受験というそういうことの最後の振り分けが終わった後でじゃあ自分が何をすればいいのかがわからない、自分に好きなことややりたいことがあるんだかないんだかわからない、ましてそいつを新しく見つけ出すこともできちゃいないし、前の大学の専門や多分野性は楽しかったし、自分のやりたいことのような気もしていたがそいつ自分でかなぐり捨ててしまった。そうこうしているうちに時間は過ぎ、周囲にいる一つ年下の人間はめいめいにそれを見出したり、あるいはそうでなくても仲間を見出していく。新しい人間を迎えるムードチャネルは閉じていき、ただ一人、コミュニケーションに長けているわけでもなく、まして19になって未だ携帯電話さえ持ったことのない現代人にあるまじき自分人間関係からも完全に弾かれたまま過ぎゆくただ時間に溺れ流されていた。前期の単位は夏前に再受験が決まって期末を受ける必要もなくなっていた前の大学のさえ下回り、初めてのバイトもクビになり、夏が終わるころには高校のころ深刻であった鬱状態が完全に再発状態となり、対人恐怖に加えて社会恐怖に陥り、狭いキャンパスの狭い学科で知っている人間と会うのも、知らない人間がそれぞれ彼らなりの為すべきことや適応見出しているさまを目にするのも耐えられず、大学は来てもまともに講義に出ることもなく普段人の来ない大学非常階段で横になりながら、人の話し声や足音におびえ、ただ一日中耐えぬ眠気と抗うつ薬副作用からくる体調不良でくたばっていた。

そのような状況を見かねてか、というより、自身家族学生相談室もお手上げ状態と化しており、少時に発達障害でかかっていた大学病院心理士やら全落ちした中学受験時代予備校先生にまで話に乗ってもらい、しまいに温情で元の大学に戻るなり、また別のところに入りなおすなり、リセットの機会を与えてもらったというのが11月、という有様であった。

というような具合だったので、高校を出てから二年間の間で、自分人生高校を出るまでは同期で同い年の(自分の周囲にいた)人間が辿っていたそれからは大いに逸脱していた。

二度目の大学の同い年の同期とも、ましてや歳の違う同期からも逸れていた。少なくとも、当時の自身にとってはそうだった。

もとは転勤族で住んでいる地元にそれほど愛着があるわけでもなく、昔から付き合いのある人間もいない。親類ですら、精神物理的に最も長い付き合いがあり、肉親としての付き合いらしさを覚えはじめていた爺さんは最初大学受験の途中で突然死した。ましてや住んでいるところの人間など、地理的なり関係性的になり分断が続いたので、初めて親しいらしき人間関係が三年を超えたのは、電車で一時間高校を出てからのことである

↑以上読み飛ばし

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

↓読み飛ばし

そんなわけで当時の自分は、血縁地縁または精神的な人間関係という側面において、また学年や同期など社会的地位としての側面において、そして以前より自分が持っていたイメージ(と現状との乖離)という三つの面において、一般的な「20歳」という存在から離れていた。(すくなくとも、当時はそう自覚していた)

はい成人式ハガキというものは、本人のそうした事情自意識とは全く関係なく、ただいつ生まれてどこに住んでいたかということ以外何一つ問わず、だれの元にも届くものである

ハガキが届いた時点で、すでに自分人生が同年代の多くの人間が歩んでいるのと同じような人生など望むべくもないと思ってはいても(事実そうだとしても)、である

これは生まれ20年の1月を迎えるまでの経緯がどんなに平凡であろうが特殊であろうがおそらく同じことだが、成人式というものは、義務教育を終えた人間に来る、「ただ同じ年(度)に生まれたというだけで世間から全く同じ扱いを受ける」最後の機会だろう。ひょっとしたら最後ではないかもしれないが、少なくとも当分同い年というくくりではこれほどの等しさと無差別性を持った体験をする機会はないだろう。たとえ義務教育をどっかでドロップアウトしようが、義務教育後に社会に出ようが、小中高のどっから私立なり特殊学び舎に通っていようが、あるいはそういうことのなかろうがである

分かりやすいので義務教育を例にとってはいるが、それ以外であっても人間この国で20年も生きていれば意識しようがしまいがなんがしか本人なりの本人しか持たない(あるいは似たような人しか持たない)部分というものが出てくるものだし、そんなことはないと思っていてもそう思えること自体がそうである

これは多分行く前はあんまり分かりにくいことだと思うが、ともかく成人式というのはそういうもの可視化してくれるこの上ない機会だと思うんすよね。

自分が変わっていようが、あるいは変わっていなかろうが、それがどう変わっていて、どう変わっていないのか。会場に集まった普段どこに住んでたんだみたいな70年代珍走団の生き残りみたいな連中やら、無数にいるスーツトレンチコート羽織った黒い大群やら、量産型みたいな晴れ着の女やら、(ときキンキラキンの)紋付袴決めた男達やら、そこにいる連中すべてがまぎれもなく自分と同い年という光景は、少なくとも成人式以外にあるまいと。自分が前日にやっぱ行ってみようかなってなったのは、そういう風な光景って実際どんななんでしょってのを見てみたかったのが一つある。これ考えても実際に見てみないと絶対からないぞと。少なくとも、行ったことは何かの話のタネになるが、行かなかったら何にもならない。あとでやっぱ行けばよかった、がシミのように残ると思った。

成人式ハガキをなくしたのならなくしたと言えば現地で何とかなるし、着ていくものがないならまぁ少しでもちゃんとしてそうな格好をしていけばよいだろうし、そういう成人式だってあってもよいだろう。別に地元友達がいなかろうが、それはそれで自分にとっての成人式はそういうもので、そっから見える光景というものがあるだろう。ひょっとしたら、意外な出会いというものがあるかもしれない。俺の場合は誰一人知り合いとすれ違うこともなかったが、それはそれで面白かった。久しぶりにでも会いたくないやつがいたとしても、そいつと会うのはその日が最後だ。遅刻したって別に会場に入れてくれないということはないし、まあ既に終わってても贈答品くらいは貰えるだろう。

いずれにしても、成人式に行くことによっぽどの、それこそ生命危機が伴いでもしない限り、積極的に行かない理由をひりだすことはないんじゃないか

仮に生命危機があっても相手少年法適用外だ。別に贈答品目当てだってよかろう。地方によっては金券まであるらしいし。ぶっちゃけ、ほかの自治体のでも潜ってる人はいるし、そういう手もあるだろう。

成人式という上に述べたような場で何が起こるか、あるいは自分にとっての成人式がどういう場で、どういう体験をしたかってのは、これまでの自分を同じ年齢の違う人間という物差しで照らし合わせて改めて見直すことができるいい機会になりうると思うし、あるいはこれから自分がどうするかを決める上で一つの観点を得られる機会となることもあるだろう。

俺の成人式の話をすると、その日の朝は普段より早く起きて、普段予備校に行く格好のまま家を出て、最寄り駅のトイレカバンに忍ばせたスーツと革靴(最初大学入学祝い)に着替えて行った。

贈答品は会場に一番近いマクドナルドクーポンなのは事前情報で知っていたので、特に期待はない(要らねえけどなんかムカついたから二枚使った)。

日本で最も規模のでかい成人式ひとつなので、夥しい人間がいた。その中で明らかに事前の期待を裏切ってよかったこと・面白かったことが3つと、クソだったことについて書いて終わろう。

まず前座で良かった点、開式の国歌市歌斉唱。これは完全に盲点だった。いや、人生であれだけの人数で国歌市歌斉唱するという機会は以前もなく、おそらく今後もそうないだろう。規模は地元によって変わるところなので一般化はできないが、大勢国歌だとか市歌だとかをまともに歌ってみるというのは、歌というもの(または斉唱)が持つ効果について体感することができたし、本人の政治的スタンスによって様々に見方があるものだと思う。

クソだったのは、少しは面白い話するかとほんのちょっぴり期待していた林文子(市長)が死ぬほどつまらない話しかしなかったこと。マジで役に立たねえ話しねえ。1行で要約すると

携帯電話が普及して直接コミュニケーションをとれる機会が私たち世代より減ったと思うので密接な人間関係を築けるよう頑張りしょう。」

いやもっと役に立つ話しろとは期待が高すぎたかもしれんがせめてなんかそれについて掘り下げた話はできないのかよなんだそのお手本みたいなお年寄りのお手本トーク・・・というもの。これはこれで、ある種の貴重な機会かもしれない。毎年使いまわしてる可能性があるから横浜市民は要チェックだ。

輪をかけてクソだったのがその次の新成人スピーチ。まあ新成人代表なんぞに選ばれてスピーチを打つやつはまず間違いなく模範的成人みたいなやつかそれに類するものだと思っていたのだが(それ以前のスポーツ選手みたいなのの紹介とかもそうで)、そいつの語り口が聞いていて気に食わなかった。正直後のインパクトで話してた内容をあまり詳しく覚えてないのだが、まあ今はボランティアかいろいろやってます系の大学生自分人生を語るというものだったんだが、その途中で(当人人生実態としてどうであれ)妙に「こいつスピーチの話術として落としをやっているな?」というところがなんか聞いていてイラついてくるのである。「いじめられもしました」の言い方が湿っぽいんだよなんか。でもお前いい人に囲まれててよかったねいい人生だねと市長スピーチに続いて半ば来たことを後悔し始めたのだが、ここからがとてもよかった。

乱入である

これは行く前と行った後で最も価値観が変わったこである。かねてから成人式乱入というものはまぁおよそまともなものではないと思っていたが、しかしその場ばかり、その場の自分にとっては違った。

むかし怪獣特撮怪獣が町を破壊するシーンで喝采があがったとかいう話が少し分かった気がした。

成人式というのは、その主役は新成人である。そこにいる、会場に座っている全ての人間が主役である。彼らの社会的日向日陰此方彼方近郊遠方、全てを問わずしかし彼らのものであり、選ばれた新成人と、一世一代の晴れ舞台乱入を試み壇上へ駆け上がった名も知らぬ煌びやかな和装姿の彼と、私と、あるいはすれ違うこともないがしかしそこにいるはずの知人どもとの間に、いったい何の違いがあるというのか。誰が彼と彼らと分かちうる権利を持ちうるのかと。成人式とは、生きてきたこと、為してきたことの如何を問わず万人がそこにいる場ではないのかと。

ひとり私は拍手し、心の中で喝采をした。壱萬の大群と自ら選んだわけでもない代表者という構図の中に包まれていた会場を破戒し、否、そうではない、と示した彼の姿に。

そのように見出した彼の姿に心打たれ、ある種の感謝と、自らの肯定を覚えたからだ。彼の行動によって、万人の場としての当市成人式は成立をなしえたのだから

最後に。これは来ていちばんよかったと思えた光景なのだが、式が終わって駅に行くまでが死ぬほど混んでいたので見物感覚で大回りして駅の空いてるほうに向かっている途中、まあいかにもあまり中学休み時間窓際で話してそうな感じのイケていなさそうな感じの風貌のダウンジャケットの男二人が、しかし久しぶりに会ったと思わしき感じで、いかにも久しぶりにやるその頃の二人のやり取りという感じで楽しげに歩いている、その光景を後ろから見ているときだった。

こういう成人式も、あるのだと思った。

2018-01-06

anond:20180106023119

大学の人に色々あって

大学の人と色々あって?大学の色々な人と会って?

数学の話(センターレベルの超基礎)をしてみたら、

微妙に引っかかるけど、いいや…

数学ほんとにわからないちんぷんかんぷんと言われた。

なんでそんな人に数学の話をしたの。

自分出身大学センターIAで8割以上取る人ばっかだったから、数IA知識がついていることが当たり前のような気がしていた。

ボランティア経験というか対人スキルが足りないね

>確かに数学知識はよく人生で役に立たないだろうと議論されている。

どこからかに?上の人だれも役に立たないって言ってないよ。

それはあなたが思ってることではないか

数学を通して学ぶ論理的思考などのスキルが役に立つのだろうし

いや普通に社会仕事で役に立つよ数学

>それぞれの教科で学んだことが繋がっていくあの感動を味わうことができないのってちょっとつまんないなって思ったり…。

数学以外は学んでるから、その大学に行けてるのだし、味わうことはできるのではないか数学に拘りすぎでは。

>まぁそんな感動なくたって人生いきてけるしそれなりに感動できることもあるんですけどね。

突然の人生論!謎の自己完結

まぁ若いのだろうからゆっくり悩んでください。明後日には忘れてるよ。

anond:20180105224147

頭がいいからなんとなく医学部に行くんじゃなくて、一番コストパフォーマンスがいいか勉強のできる奴は医学部に行くんだよ

今の時代東大法学部に行ったって将来は約束されなくて、そんな中、医学部だけは努力にみあった将来が約束されてるから

恨み言いうなら、コミュ力とか部活バイトボランティア経験を重視して勉学を軽視する日本社会に言ってくれ

2018-01-03

日々成長

気がつくと英語接客でテンパらなくなってた。

最初は緊張して、必死感がウケる

とまで同僚に言われてたけど

今はスムーズ

英語力がどうこうでなく、慣れの

問題

移住してきたばかりの京都

観光案内なんて無理だったけど

ネットがあれば何とか。

あとは間を持たすための雑談も。

聞いてくるゲストは遠慮なし。

何軒も聞いてくる。

でも、一番困るのは、どこでもいい、なんだけど。

候補出してくれる方がずっとありが

たいんだよね。

でも、これがしたくて京都まできた、と思いたい。

地元大好きだけどさ。

日本世界繋げたい。

特技は接客英会話

それだけ。

流されてここに来たけど、きっと

正解だと信じたい。

何がしたいのかなんて分からない。

目標は完全に見失った。

あんだけ身を削るよに勉強してきて

ホテルスタッフかぁ、、と思う。

世界一周通訳ボランティア

したのに、移住までしたのに。

ホテルスタッフなら地元でできた

なとか。

英語以外に何か見つけろとみんないう。

取り憑かれたように執着して

結果コレ。

今の仕事自体はいやじゃない。

けど、ここまで10年やってきた

こと思うと。

それだけやってきて、英語喋れない

認定されてるのを思うと。

自信が欲しい。

一緒に通訳やったメンツ

合わす顔がない。

私の通訳が良かったと言ってくれた

乗客申し訳ない。

何より自分が情けない。

英語はただの道具。

気づくのに10年かかった。

それでも尚、コンプレックス

もうあんなに勉強したくない。

だけどこのままじゃ私は

過去に潰されそう。

やってる内に上達すると言われる

けど、もっと他のことにも

目を向けろと言われるけど。

まだ囚われてる。

ただ、今出来ることをやるだけ。

きっとどこかで道は拓ける。

2018-01-02

anond:20180102152826

男女交際ボランティアじゃねえんだよダボハゼ

個人利益を追求するのは当たり前だスットコドッコイ

2017-12-29

anond:20171229223223

嫌ですよ

ボランティアなんてブラック労働じゃないですか

お客様感謝があれば給料なんて……ってワタミでも時給は出ます

お金が出るならやってもいいですね

お金貰って感謝もされるなんて最高です

しろボランティアなんてなくして全部お金発生させたほうが経済にも良いはずですよ

anond:20171229105158

>んなボランティア精神結婚してる奴なんか男でもいねーよ。

その通り、だから元増田最初から言っているよ。男が女を養う以上は、女は家事育児だけではなく、容姿若さが求められると。

ブス女が男に養われることくらい、難しい話は無いよね。

だって男を養うことになった場合は、男に容姿若さを求めていいんだよ?

anond:20171229105015

最近増田に定期的に出て来てるけど。

女が男を養えー!ってのが。

じゃあお前は女に何ができるんだよ、と突っ込むと

何も出来ない、でも強者弱者を養うのは社会的義務とか言い出すんだよな。

んなボランティア精神結婚してる奴なんか男でもいねーよ。

2017-12-28

死にたいが止まった

中学校で虐められた後、高校大学社会人

毎日毎日死にたいと思っていた。

朝起きて、学校行きたくない死にたい

会社行きたくない死にたい

メールを送るのが億劫だ。死にたい

仕事でポカをやってしまった。死にたい

上司が嫌な奴だ。死にたい

布団から出たくない。死にたい

休日布団の中でスマホ見て終わってしまった。死にたい

電車が満員だ。死にたい

会社の帰りが遅かった。死にたい

月曜だ。死にたい


風呂に入ると、死にたい死にたいと言いながらシャンプーをして、

朝ぼーっとしてるときも、トイレに入ってる時も、

ほぼ毎日死にたいなあと口にしてた。

もちろん死ぬ勇気なんかない。

死にたい」と呟くことは、

もはや心に焼き付いたシミのようなもの

一生取れないんだろうと半ば諦めていた。

それでも、平凡な毎日は変わらず送れる程度には器用で、

サラリーマンを15年勤めた。

その間、鬱病になりかけて退職した職場もあったけど、

まあ何とか自殺せずに逃げ切ることもできた。

直近の職場はとても雰囲気がよく、

時間も定時でほぼ帰れて、会社の同僚と飲みに行くという、

自分にしてはとても珍しいこともやった。

すごく恵まれ職場でも、

俺は毎日あいも変わらず「死にたい死にたい」と言い続けていた。

もちろんブラック職場で働いている時と比べたら

死にたい」を言う回数はだいぶ減ったけど。

昨年、貯めた貯金を使って独立した。

それまで全くの趣味であった、未経験な業種で開業した。

当然、開業してすぐの頃はお客は全く来なかった。

でも、貯金を全部使い切るまでは続けようと思った。

どうせ世の中は売り手市場だし、前職は人手不足常態化してる業界

再就職は多分できるだろうという思いもあった。

仕事発注がなければ、自社ホームページを作ったり、

昔の同僚や友人と独立の報告に(あわよくば仕事につながればと思い)

ご飯を食べに行ったりしてた。

公的起業家セミナーに出てみたり、

営業資料的な物を作ってみたり、

利益がほぼ出ないボランティアのような仕事経験と思って受けさせてもらった。

そうこうしてるうちに半年もした頃、

運が良いことに仕事がポツポツと入り始め、

何とかサラリーマンのころの8割くらいには稼げるようになった。

ふと、気づいたら「死にたい」と全く口にしなくなっていた。

自分死にたいと言ってた時と比べてみると、

仕事が好きな事なので作業自体面白い。受注できればその分だけお金が入る。

ミスをすると仕事がなくなるので、ミスが劇的に減った。

布団から出たくない日はでなくてもよい。夜に頑張る。

満員電車は乗らなくてよい。嫌な同僚も上司とも会わなくてよい。

面倒な飲み会はなくなった。やりたくない仕事は受けなくてもよい。

微細なメールのやり取りや電話はもう必要ない。



思い起こしてみると、自分ストレスの大半が

「やらされている」事に起因してるんだと気づいた。

もちろん仕事が減って食えなくなる怖さはあるけれども。

毎日の「死にたい」が止まったら、びっくりするくらい心が軽くなった。


俺は、ただのラッキー人間生存者バイアスかもしれないし、

単純に今の生活が向いてただけかなとも思う。

でも、小さくても自分仕事を作り、それを商い、生活する。

そういう生き方ができると「死にたい」が消えるんだと実感した。

もし、毎日死にたい」を連呼している人がいたら、

「やらされている」状況を変えてみるのも良いかもしれない。

死にたい」が止まった世界はとっても彩りが鮮やかだから

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん