「アニソン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アニソンとは

2018-08-14

恋愛してから歌の趣味が変わった

これまで音楽趣味アニソン特に電波ソングとElectro Swingと言うどちらも歌詞があってないようなジャンルだった。

リズムや音そのものを重視して聴いてた。

でも恋愛してから音楽聴くとき歌詞重視で聞くようになった。薄っぺらいとしか思えなかった西野カナときめくようになった。チープとしか思えなかった歌詞が心に沁みるようになった。

2018-07-27

動画って

有害だと思うんだけどさ、

僕の場合は実物のファクターに思えて仕方がないんです。例えば猫が実在人物じみるというかあれか。

それで、きっかけで音楽pvを見ているんです。やばくありません?

最近はあの……アニソンタイアップを……ですね。

anond:20180727000939

もし寺山修司以前に、この文言をつかった元ネタがあったなら

ちょっとわかんないです、すみません

カラオケアニソンで探すと出てきますよ。

2018-07-23

世の中には猫ソングほど犬ソングは多くないのか?

自分ウォークマンにはJ-POPボカロアニソン童謡洋楽懐メロと様々なジャンルの曲を入れているが、ある日いつものように聴いていてふと気付いた。

ソングに比べて犬ソングのなんと少ないことか。

試しに書き出してみた。

ソング

・Everybody Wants To Be A Cat(Disney)

嗚呼、素晴らしきニャン生(Nem)

・或る化け猫恋物語(Nem)

黒猫女子(すこっぷ)

黒猫ダンス(横山だいすけ小野あつこ)

黒猫タンゴ(皆川おさむ)

・こねこねんね(今井ゆうぞうはいだしょうこ)

・こねこパン屋さん(神崎ゆう子)

・前夜祭の黒猫(mayuko)

地球ネコ(今井ゆうぞうはいだしょうこ)

・ドラネコロックンロール(坂田おさむ)

ねこねこしゃんしゃん(ふうかワンワン・うーたん)

・ノラネコ(otetsu)

・ぼくの目は猫の目(忌野清志郎)

迷子猫奴(mayuko)

・まねきネコネコ(杉田あきひろつのだりょうこ)

・夢猫の子守唄(西村知美)

かたや犬ソング

ペス、いっしょにきもちよくなろうね(牢獄P)

・おさんぽクンクン(横山だいすけ三谷たくみ)

これだけだ。

特に狙ったわけではない。やはり猫の方が歌にしやすいのだろうか?

2018-07-22

anond:20180722004506

歌だね

アンパンマンマーチみたいなものだよ

ただのアニソンなのに、ニーチェがどうのこうのウンチク垂れてるだけの話

2018-07-19

anond:20180719194813

増田職種はなんなんだろ? Web系に転職できるような職種だったらWeb系入るのが早い

サーバーサイドエンジニアの人、あんまりチャラい女子きじゃない感じの人が多い。でも、技術オタク趣味に対して理解を示したら、むちゃくちゃちょろい印象。(あっさり陥落している事例をよく見る)

から、同じ会社技術っぽい話する機会があれば、どうにかなりそうな気がする。

もし、全然そっち方面職種じゃなかったらエンジニアがやってるアニソンとかテクノ系クラブイベントおすすめ

技術よくわからないのに勉強会とか行くのは、一部薦める人いるけど、すごいヘイト買うことがあるからおすすめしない

2018-07-08

anond:20180706120331

ブクマのみなさんが挙げてくださった曲を、リリース年の年代別に集計しました〜。

年代頻度
〜1969■■■
1970〜1974■■■
1975〜1979■■■■■■■■
1980〜1984■■■■■
1985〜1989■■■■■■■■■
1990〜1994■■■■■■■■■
1995〜1999■■■■■■■■■■■■■■■
2000〜2004■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
2005〜2009■■■■■■
2010〜2014■■■■■■■
2015〜■■■■■■

※気力が続いた100コメ分のうち、調査できたものだけ。

キリンジthe pillowsには複数票集まってたから、もしかしたら全体でそれぞれ10票ずつぐらいあるかも。

曲のかぶりはあまりなくて、気づいた中だと『鳥の詩』が目立つ感じだけどたぶん全体で3票とかしかなかった〜。かぶらないようにしてるの?

ていうか! みんなアニソンばっかり挙げすぎ!! 体感で半分弱あるよ! どんだけアニソンすきなの!! べつにいいけど!!

トップブコメアニソンだったじゃんわかってるんだぞ!!

アイドルソングは見た中では1つもなかったよ。80年代アイドルAKBとかもないし、もちろんジャニーズLDHもなし。

あと! 10年代よりも90年代のほうが倍ぐらい人気ってどういうこと!!

みなさんほんとマジで最近音楽も聴いてあげてね〜!!!

あーあと、はてなのみなさん、ふだんは「オレ音しか聴いてねえし歌詞とか聴いてるやついんの??」てきなスタンスのくせに、なんだかんだで歌詞ブクマがもりあがっちゃうとこ大好きです。

じゃおやすみ! 今週もがんばりましょう!

初めてアニメショップにいってBGM聞いてたら衝撃受けた

男の声優キャラソンでさ

なんかいわゆる「美少年」系じゃなくて

それよりもちょっとマッチョイメージキャラが歌ってたんだが

作り声+歌唱用の声という合いの子で発生するから

なんか声のかすれたジャイアンみたいな声でキャラソン歌ってんのな

 

これ聞いて感動できんのか?

作りもの感半端なさすぎだろって思った

女も萌え声で歌ってるアニソン聞くと

同じような感情つのだろうか

2018-06-27

荒んだ増田へ アニソン3大・物欲ソングは?

「手に入れろ DRAGONBALL

「欲しいよ欲しいよドクロストン」

あと何?

アニソンに合わせて腰を振る

そんなYouTuberで人気になれるのか

2018-06-26

アニソンデイズの見逃し放送見始めたんだけど、今週分の永井真理子めっちゃかわいい

初めて永井真理子を見たけどめっちゃ驚いた

若杉

森高に負けないくらいかわいい

今見ても結婚したいと思えるレベル

2018-06-23

世間一般女性オタクを毛嫌いしているのか

結論からマジレスすると最近若い子はそうでもないみたいだ。家庭教師塾講師やっている知人から女子中高生の間でラブライブとかけもフレとかがそこそこ流行ってる、話題になっている的な話も割と聞くし、ゲーセンではウェイなカップル太鼓maimaiボカロ曲アニソンやってたり女子高生が鞄にアニメキャララバスト等をつけている光景は今や珍しくもない。結局自分彼氏や周囲の男性がその方面趣味を持っていても要はそいつ次第ということなのだろう。或いはそういった趣味を持っている男性と近くにいる内に自ずと自分も慣れてくる、若しくはそもそも本人がその趣味を持っているというというのが実情っぽい。「自分モテないのを趣味のせいにするな」的なこと言ってる女性もいる位だし(身も蓋もない言い方だけど結局それが一番の心理かも)。

ただ、問題はそれよりももう1~2,3世代の上の人達、少々アレな言い方になるが所謂年増の熟女おばさん世代というか特に比較的若めの主婦層、若奥様辺りが割とオタク蔑視残ってるっぽい。というのも多分そのくらいの世代人達って丁度一昔前のオタク叩きが酷かったころ正にオタクをそういう風に見ていた若い一般女性だった人達、「オタクきんもーっ☆」とか言ってたような若い娘さんだった人たちだと思う。こういう話https://togetter.com/li/1077471とか聞くぐらいだし。あと未だにオタク叩いてるテレビワイドショーを恐らくもっとも見ているであろう層だからというのも、主婦になると亭主と息子以外の男性と接する機会が減るからというのもあるだろうな。

それよりもさらに上のおばちゃん世代になってくるとそもそも世事に疎くてオタクがどうとかその辺りの話自体詳しくない、よくわかってない人が多くなってくる感じか。

佐藤英敏レッドドルフィンズ

子供の頃初めて聞いたCDレッドドルフィンズだった。

90年代初期のアイドルグループで、そんな人たちのCDをどこから入手したのかまったく不明なんだけど、今でも全部そらで歌える感じで体に染み付いている。

大人になってCDを買い直して聴いてみると、当時のアイドルという感じのクオリティで、ローラースケートジャンプしてるジャケット写真がかっこいいアルバムインストからまり、よく意味のわからないアダルト雰囲気歌詞ナンパ雰囲気を醸し出してる。今聞くと結構音痴なんだけども、初めて聴いたバイアスはあるにせよ、めちゃくちゃ曲がかっこいいと感じる。

気になっているのは楽曲提供者というか作曲家自分も今では暇を見つけては適当な曲を趣味で書いたりしながら暮らしいるから、どんな人が曲を書いているのかがとても気になるようになったんだけど、ファーストアルバム範囲だと佐藤英敏井上ヨシマサ、柳瀬通男という作曲に、大木雄司、岩崎文紀というアレンジャーがついていて、楽曲制作の分担はよくわからないけど、関わる作曲家はとにかくこの5人。特に数が多いのは佐藤英敏で、この人の作品はどの曲も好きだ(アルバムの曲全部好きなのだから当然なんだけども)。メロディーがしっかりしているので、歌詞も音の数がきっちりしている。だからいつまでも頭に残っている。PVなんか観たことないけど、曲からは画が観える。音楽的難解さがあまりないので、シンプルにノリながら聴ける。90年代は爆発的に音楽が売れた時期だから比例してヒット曲も多い時期という気がするけども、知られていない曲もちゃん90年代っぽいかっこよさを持っていて遜色ないんだとわかる。

佐藤英敏レッドドルフィンズの数年後に残酷な天使のテーゼ作曲していて、他にもアニメ関係声優関係楽曲をたくさん提供しているようだ。ニコニコ動画佐藤英敏マイナーな曲をあつめましたみたいな動画があったけど、レッドドルフィンズはなく、全部アニソンだった。他のメンバーもググってみると結構名曲を世に出している人たちで、作曲家っていう仕事がそういうものなのかもしれないけど、アニソン率がだいぶ高い。井上ヨシマサだけは、アイドルへの提供曲が多い。どちらかといえばオタクという雰囲気大人になった自分を作っている要素として、佐藤英敏レッドドルフィンズ楽曲結構大きいのだと思う。アイドル曲なのでアニソンのような特徴はあまりないんだけど、何か根底にあるものが同じなんだろう。その根底とは要するに作曲家なんだなって、今は思っている。井上ヨシマサAKB周りの曲が多いけどもレオパレスCMの曲が自分は一番しっくりくる。柳瀬通男はパトレイバー大木雄司は週間賃貸岩崎文紀はChoo Choo Trainを書いたけども、ジェイデッカーをやってることを強調したい。意識していなかったし知らなかったけども、全員他の場所でもちゃん自分が知っている曲を書いていた。

こういう日記増田に書こうと思ったきっかけは、レッドドルフィンズに関する情報ネット上にほとんどないことに気づいたからだ。文字情報は少なく、ウィキペディアには最低限の情報記載されているだけで、あとはアマゾン商品説明くらい。錚々たる製作陣(特に記載していないけど作詞も)による楽曲は、たとえばYouTubeのようなサイトで、たとえ権利に目をつぶったとしても聴くことができないので、誰かに教えたいと思ったらCDを貸さないといけない。しかしまあそれは面倒な感じである。ただ、アマゾンで300円くらいで中古CDが売られているので、ポチって聴いてもらえたら嬉しいかもしれない。

音楽をディグって聴くとき、軸はいろいろあると思うけど、作曲者で探して聴いていくというのは結構あると思う。佐藤英敏という人に関しては、作曲者名での動画があるくらいなのだから、そういう聴き方をする人が少なくないんだろう。彼の曲は林原めぐみの歌が多いみたいだけど、レッドドルフィンズも聴いてみませんか。音痴といったけども、大丈夫インストの曲もあるのだから

自分の方はこの後、リーダーがやっているインディーズバンド音源を聴いてみようと思う。作詞作曲ギターボーカルとやっているらしい。

2018-06-20

アニソンバンド演奏するとかっこいい

アニソンバンド演奏するとかっこいい。

例えば、プリキュアとかな

anond:20180620125955

逆だな。アニメというものは見たいと思ったことはないが、アニソンで好きな曲は多いな。

アニメから知ることはないから、soundcloudmixから知るのだが。

アニメは好きだけどアニソンはそれほど好きでもないというか

接触機会は多いからそれなりに聞くけどそのアニメが好きにならない限り積極的には買わないという感じ

そういうアニオタは多いのだろうか

2018-06-12

アニソン

基本的音楽は知っていれば知っているほど周辺の remix も聞けて良い。元の曲を知らないのに remix を聞くことはあまりない。

曲をいっぱい知るにはたくさんゲームをしたり、アニメを見る必要がある。

音楽を知ることを大義名分にしてこういう活動をするのも悪くない。

2018-06-08

10年越しにSOUL'd OUTにドハマりした話

日本人グループが歌ってるHIPHOP曲ってのは微妙なのばかりだと思ってたけどこのグループは尖りすぎててすごい。

キャッチーメロディーと流暢なラップ意味不明歌詞が見事に合体していて中毒性がヤバイ

さながらアニソンでいう電波ソングに近い。

COZMIC TRAVELからドハマリしたんだけどこの曲はめっちゃキャッチー

クリストファーコロンブス唐突に出てくる歌詞意味不明さは置いといてめっちゃノレるメロディーから入り口としておすすめしたい。

https://youtu.be/ZZIur_FcAOw

2018-06-05

恋愛の歌が巷で流行るわけ

みんな恋愛してるからだったのか。

俺はオタクだったかアニソン電波ソングばかりで巷で流行恋愛の歌の良さがちっともわからなかったんだが。

それは俺が恋愛したことがなかったからだ。

だが、今俺は恋愛をしてる。

YUICHERRY共感西野カナトリセツに感涙している。

ちな♀。

恋愛サイコー

アニクラは変わった。

村人Aは、友達を作るのが苦手だ。

人と繋がることが苦手だ。

というか、人と別に仲良くしたいと思うことがあまりない。

しかし、アニメアニソンが好きで、同じ感性を持っている人が集まるところには興味がある。アニソンDJという文化に興味がある。オタ芸コスプレを楽しみたい。濃いつながりはいらないが、自分オタクである事を知ってほしい気持ちはある。

そんな気持ちを満たせていたのがアニクラだった。

客としても演者としても、良い意味でも悪い意味でも、少し前のアニクラは何でもない村人Aがその数時間はさまざまな欲求がみたせる場所だったように思う。

しかし、アニクラは変わった。

人口が増えることで、求められるもの多様化し、スタイルが変わった。

類似イベントではDJをまわし合い、客もまわし合う。

DJの女はDJはじめがちだし、客も軽率DJはじめる。

本当にアニソンが好きなやつ、DJうまいやつよりも、酒をバラまくから客を持ってるようなやつの方が名前をよく見る。

ちょっとDJが論をつぶやけば炎上してtwitterで物申すマンが登場する。

どこもかしこも身内臭が漂って空気が悪い。

名のある大型イベントでさえ、仲良い者同士が集まって夢を見てるだけのよう。

人の集まる場所なんてのは、職場だろうと、趣味の場だろうと、結局はコミュ力高くてお友達多い選手権なのか。

村人Aの気持ちは満たされることがなくなり、疎外感を覚え行き場がなくなった。

2018-06-03

Mステは頑張ってる

まずなんといっても金曜日20時台で30年続く大長寿番組だ。(ミュージックフェアのほうがはるか長寿だけどあちらは若干の懐メロ感もあるので別枠とする、時間帯も夕方だし)

はるか昔には夜のヒットスタジオベストテントップテン、などの人気音楽番組歌番組があったのに、時代の流れとともにそれらはあっさりと終わっていった。音楽番組は深い時間帯の物になり細々とやっているのが現状だと思う。

そんな中でMステは30年続いてるのだ。小沢健二が久しぶりにMステに出た時、「30年前から、今もまだこのような音楽番組があってくれたことが嬉しいです」みたいな事を言っていた。

続けられる理由はいくつか考えられる。ひとつジャニーズ枠があること。毎週必ずなんらかのジャニーズグループが出るのでこれはもう約束事になってる。お披露目としての意味も出るのでジャニーズMステ関係はなにかしらの太いパイプになってるはずだ。それとよくわからない街中インタビューダンス推しまくる最近企画傾向、これらはやはり若者に見てもらう番組でありたいという意思だろう。音楽番組は油断するとすぐに懐メロ番組になってしまう。続けるにはなんらかの若返りをはからないといけないのだ。

それらが番組を続けさせるための努力だとしたら、音楽番組としての使命というのもMステは捨てていないと思う。海外アーティストを呼ぶ、バンドには生演奏をさせる、セットも手を抜かない、これからという売り出し中のアーティスト積極的に出す、こういった特徴に音楽番組としてのポリシーを感じる。

かに昔に比べれば謎のランキングダンス企画が増えた。これはもう時代として仕方ない。だってオリコンランキングとかやってもアニソンとかが上位で出演者はどんなリアクションすればいいかからないだろう。

俺はもう、Mステがあってくれるだけでありがたい。最近だとあいみょんみたいな新人ちゃんフューチャーしてくれたり、チャットモンチー最期の出演をフォローしてくれたり、そういうのが、金曜20時に流れてくれる事がほんとにありがたい。

かつての音楽番組の華やかさみたいなものスタジオきれいなセットを組んでたくさんのカメラワークで見せてくれる、これを今も高いレベルで見せてくれるMステは本当に頑張ってると思う。ジャニーズ全然いいよ、ダンスもいいよ、素晴らしいアーティスト達が輝ける舞台を用意してくれる、紅白ほどじゃないが贔屓のアーティストが出た時に「緊張します」と言ってるのを聞いて一緒にハラハラちゃう。そういうMステが生き残ってくれてることが本当に嬉しい。

からみんな、Mステ見て。youtubeもいいけど、音楽配信もいいけど、茶の間Mステはとてもいいものだよ。

2018-05-31

anond:20180531181617

告白すると、最近残酷な天使のテーゼ」を聴くたびに、こっ恥ずかしい気分になる。

こんなのが良くアニソントップを飾っているものだ。

これ、名曲か??

あと、某脚本家が、「私は引きこもりだったのにあんな名作を書くことができました!」ってわざわざ本まで出して、それがドラマ化されるという。

そうだね、そりゃ書けるよね、そしてあんな内容になるよね。

要はそれが、今のアニメの現状なのだろう。

簡単に言うと、「厨二病」の病巣なのだ

2018-05-22

何年か前にニュースになってたアニソン好きは低収入みたいのを彷彿とさせるバカだな

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん