「朦朧」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 朦朧とは

2022-06-24

anond:20220624185830

その一年全然予算決めなかったり、麻生おろしの内紛とか中川朦朧会見とかばっかやってて何かやってる感じは全然なかったんだけどな。そりゃ奪われるで

2022-06-23

人生がよくわからなくなってしまった話4ラスト

anond:20220622173518の続き

完全に続きものなのでこれだけ読んでも

よくわからないと思う

めちゃくちゃ長くなってしまった。スマ

出生について

なんだかんだで自殺しようとした私が死ぬ前に

亡き父のことを知ろうとしたらまさかのご存命という事実が判明。

電話口で教師にどういうことが問うも薬の服用で呂律が回らず、仕事から電話を切られてしまった。

ただ教師はこの時母に子供から父親について知っていることを話さなければ死ぬ」と脅されたと連絡しており、風邪から復帰し仕事に出ていた

母が急いで帰宅した、らしい。

というのもこの電話最中から大量に飲んだ薬と出血の影響で意識朦朧として、そのまま気絶してしまった。

病院には連れて行かずに、母が何か処置をしていたのをうっすらと覚えている。

いつもなら罵詈雑言が飛んできそうだが、

母は泣きながらただひたすらごめんなさいと謝っていた。

あんなに怖かった人がひどく小さくみえた。

なんだか、自分が少しも予想していないことになってしまったなとうっすらと回復する意識の中

そう思っていた。

回復した後、母はぽつりぽつりと

私の出生について話し出した。

父は存命で既婚者だったこと。母は父と出会い結婚をするがこの時、すでに父の家庭には子供がいて、腹違い兄弟がいるらしいこと。

母が既婚者だと気付いたのは、父に任せた婚姻届の提出が実は出されておらず、私の出生届けを提出した際に受理されなかったこから判明したらしい。

父は離婚して母と一緒になると口約束をしたが相手の妻が離婚に応じず話が長引き母の気が

おかしくなったタイミングで縁を切ったらしい。これは私が幼稚園に通っている頃の話らしかった。

なのでこの時期の母を知っている一部の人はこの事情を知っていて、私に可哀想可哀想だと言っていた。

今は離婚し父は一人暮らしらしいが相手の妻とその子供は我々親子を憎んでいるらしい。

そして母は父に騙されたことをきっかけに

他人を信用できなくなったこと、嘘に人一倍嫌悪感を覚えたこと、私の顔が父に似ていることから

あの人のようになってはいけないと父は亡くなったと嘘をつき、厳しく育ててきたと言った。

幼少期、イベント勝手に参加したことに怒ったのは当時、父家族が私を連れ去ろうとしているのではないかと常に不安だったかららしい。

全ての話を聞いてなんというか、なんじゃそりゃ、と思った。

これまで私が原因で怒られて来たと思ってたこと全部、私が原因じゃなかったってこと?

納得できなかった。

フニャフニャ期、突入

これまで私はその自己さゆえ、何度も何度も母を怒らせてきた。

自己であるという母の評価的外れではなく、私自身もそう思っている。

自分中心に全てを考えるし行動する。他人は私の次に考慮する。

から、悪いことも当然、私に原因があるものだと思っていた。心当たりがない暴力でさえ。

しかし出生の真実を知り、思いのほか自分蚊帳の外というか、いや当事者ではあるのだが

これまでの暴力ってもしかして八つ当たりだったんじゃね?とか父と揉めてた時のストレスで余裕がない母が私にキツく接してただけじゃね?とか色々思ってしまうようになった。

曲がりなりにも私にとって母は常に正しい存在で、白黒つけるのが難しいこの世の中でハッキリと物事を分けるその生き方は正しいものだと思っていた。

自分にはできてなくても、母は絶対にできていると思っていた。

から正しい存在から暴力教育であり指導で、親から子への愛情なのだと思っていた。

それがこんな背景があると知った今では、

母の存在気持ち悪くなってしまった。

現在実家を抜け友人宅に転がり込んでいる。

本当に運よく、そしてありがたいことに友に恵まれ事情を話して居候させてもらっている。

大学ももうずっと休学している。

でも、研究する気は起きない。

私という人間は生まれるべきじゃなかったと思う日々が続いている。

でも何故か自殺しようとは思わなくなった。

でも、生きて活動する気力は無くなってしまった。

今の私は猿なんだろうか、それとも人の家庭を壊した子供なんだろうか、

まれたことが罪なら、どう償えばいいのか。

人生がよくわからなくなってしまった。

母とはもう何年も話してない。話せない。気持ち悪い存在になってしまたから。

父は知らない。興味がないから。

これから私はどうしたらいいのだろう。

おわり

読んでくれてありがとう

2022-06-21

今年に入って「日本人の死亡数」が激増している

栄養失調だよ

自治体院内死亡数統計を取っていないか

入院して栄養失調にさせられ朦朧となり認知症扱いされて

常用薬を処方されずに高血圧栄養失調で死んで

死亡診断書の死因は誤嚥肺炎ということだよ

県知事通報したけど死亡退院統計は取らないと回答が来た

県死に値する

2022-06-18

http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1850.html?sp

屋根犬」事故死。これは美談ではない!(追記あり

311 2016/03/1122:49 2 -

1c9b9e90.jpg

122.jpg

覚えてますか?

2011年3月11日大津波の中

屋根犬20110402午後5時

漂流22日目に保護された「屋根犬」のこと。

o0333050011141395513.jpg

2011年4月1日付の拙ブログでも書いたことがあります

311 pet rescue Part2(追記あり) 」

⇒ http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1145.html

保護されてすぐ、4月4日に飼い主さんと喜びの再会を果たし、

「バン」という2歳の女の子だということもわかり、

5年経った今でも幸せ暮らしていると思ってました。

・・・

宮城

ありがとう心の支え 津波漂流犬」天国

河北新報 2015年11月02日 月曜日

http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151102_13013.html

1昨年の2014年1月、亡くなってました。

それも事故で…

津波から生還の時2歳だったから、

亡くなった時は5歳にもなっていない頃。

死ぬには若すぎる!

これから書くことで

もし気分を悪くしたらごめんなさい。

でも私はこの記事を読んでしまたことを悔いました。

読むんじゃなかった。

だって

嫌なんだもん、この記事

美談にしちゃいかんだろ!

img_2.jpg

1343-1cb3e0a7-a1d2-47bf-b0d7-2a779fcf220e.jpg

屋根犬」として当時、全国波で毎日報道され続けた、この子

※【動画海上ガレキ漂流奇跡生還犬:「飼い主と再会できたバンちゃん

https://youtu.be/ZZaMbI1WVSY @YouTubeさんから

o0384021611145490330.jpg

神様から守られて飼い主の元へ帰ってきたのに

※【動画】3週間漂流犬飼い主と再会。 https://youtu.be/YxZQBU_-Mi4 @YouTubeさんから

再会の時、最上級愛情を示していたバン

なのに、そのバンが無残な最期を迎えたというのにまるで他人事のような言い草

お前のせいでバンは死んだんだよ!

お前が適切な飼い方してないから!!

この犬は飼い主から殺されたようなものですよ。

外で放し飼いしてたんでしょ?

たとえ復興事業車両が昼夜構わずひっきりなしに通る道沿いにお宅があるとしても

リードなしの放し飼いでなきゃこんな事故には遭わないものね。

この飼い主には二度と動物は飼ってほしくない(もう次の子飼い始めたようですが)。

せめて今度こそ、行政主導で講習か何か強制的に受けてもらって、適切な飼養方法をしっかり学んでいただいた上で、次の犬を飼っていただきたかったですね。

でなきゃまた同じ間違いを繰り返すだけじゃないですか。

こんな飼い主じゃ、バンあんな不幸な亡くなり方したのに

その後たった1年で飼われることになった柴犬だってバンと同じ目に遭わせてしま危険性大ですよ。

たとえ寂しかろうと(該当記事はすでに消えてたけど、新しい犬を飼った理由は寂しかたから!)

バンあんなひどい目に遭わせておいてよくもまぁたった1年で別の犬を飼おうと思えるね。

それもその柴犬ペットショップで買った1歳弱のまだ子犬らしい!

東日本大震災で助かった奇跡の「漂流犬」亡くなっていた 

「民家の屋上」で救助された3年後に事故ネット上で哀悼の声

http://www.j-cast.com/2015/11/02249623.html @jcast_newsさんから

やっぱり放し飼い!!

たとえ震災時に奇跡的に助かったのは鎖に繋いでなかったからだとしても、今度は震災前のような穏やかな自然たっぷり平穏な頃と違って、復興のためお宅の前を大型車両がひっきりなしに通る環境に変化してるんだからさ、ちょっと考えたら以前と同じ飼い方したら、バンにとってどんな危険なことが起きるかわかりそうなもんでしょ?

折角神様から助けてもらった命なのに

奇跡的に助かった命なのに

あんなに再会を喜んでたのに

せめて生体販売から買った柴犬の子犬が、

バンの分までしっかり長生きして、ご長寿で、天寿を全うできますようにと祈ります

検索かけて関連記事を読み漁り、詳細が明らかになるにつれ、この飼い主に益々怒りがこみあげてくる!

全く懲りてないよ、この飼い主!

なのになんで美談に仕立て上げられちゃうの?

どうすればこれが美談になるの?

この国がこんなだから殺処分はなくならないし、

この国に成熟した動物愛護精神は育たないと思います

今日は、今日だけは静かに穏やかな心で祈り気持ちでいたかったのに…

あぁ…気分悪い!

※別の参照記事

訃報】未曾有の大災害 東日本大震災を生き抜いた『漂流犬・バンちゃん復興事業関連の車両にはねられ・・・・(涙)【事故】 - 『徒然と』・・・道楽 http://blog.livedoor.jp/dourakukousuke/archives/1094278.html

種は違えどうちにも同じ名前の猫がいるんでね

他人事とは思えなくって。

からね、あまりに悲しい最期だったから私、バンのためにお話を書きました。

だってこのままじゃ、あまりバンが可愛そう過ぎる!!

バンに捧ぐ」

バンはね、本当はね津波に呑まれてあの時もう死んでたの。

だけど、死ぬ間際、朦朧とした意識の中で必死神様にお願いをしたの。

神様、お願いです。このまま死にたくない。もう一度だけ飼い主に会わせてください。」

神様バンを可哀そうだと思し召し、願いを聞き届けてくれました。

一つ条件付きで。

バン、お前はすでに死んでおる。だから長くこの地上にはおられぬぞ。

そして、この世を去ったものが再度死ぬのだから、それなりの別れ方をせねばならぬ。

今より辛く苦しい思いをせねばならぬがそれでも良いか?」

バン神様からの条件を飲みました。

そして再び期限付きの命をもらってあのがれきの上に立ち、助けを待ったのです。

からこそ私たち首をかしげ奇跡と呼ぶほど傷一つなく、あんなに元気だったのですよ。

そのあとのことは報道で伝えられた通り。

バンは飼い主夫婦とともに幸せ暮らしを取り戻しました。

が、その幸せは長くは続かなかった。

もちろんそれは神様との約束通り。

飼い主は無意識のうちにバン震災前と同じ放し飼いしました。

バンを取り巻く環境が以前と全く違い、

どんなに家の前を昼夜問わず大型車の往来が激しくても。

それは神様が彼らにさせたこと。

バン、時は満ちた。別れの時だ。」

バンは夜中、飼い主夫婦が眠りについたのを確認し、

柵を超え道路に出て、

近づいてくる車の前に身を投げ出しました。

これもまた神様との約束通り。

津波に呑まれて息絶えたときよりも苦痛を伴う最期

でもバン幸せでした。

だって願いが叶ってもう一度、愛する飼い主と再会し、共に暮らせたんですもの

それがどんなに短い間であっても。

再び巡り会って3年も暮せなかったけど。

この歳月は「おまけ」でしかなかったけど。

でもバン幸せでした。

こんなつらい最期でも、バン幸せでした。

今もバン虹の橋のたもとで幸せそう。

飼い主とまた再会するまで

バンはいい子で待ってます

candle01.jpg

バン、安らかに

2022-05-09

狂人のふりしてた人間だけど無事凶人になったわ

数年前にここで釣り増田投稿してた

真剣テーマをあえて茶化したり極端に振れたりすることでブクマカを釣って遊んでた

当時は引きこもり承認欲求に飢えてたんだろうな

でも自分ではバランス感覚を失っていないつもりだった

俺はあえてピエロを演じてるだけだと

それから数年の月日が経ち、今では底辺SESになった

社会の酷さや厳しさに日々直面しながら、来る給料日の為に心を削り命に火を灯す日々だ

仕事が終わると毎回頭が真っ白で意識朦朧とする

自主学習をする気力なんてどこにもない

それでも上司から資格の取得を迫られ、油断すると心因性吐き気に苛まれ

昔の様に誰かを茶化す気なんて微塵も起きない

今の俺は完全に大脳が狂ってしまった凶人だよ

2022-05-06

適当目標生み出してゆるく生きてる

学生時代からいつ死んでもいいと思っていて、

2年くらい前にコロナ禍の異様な空気に便乗して死のうとしてた。

最後にやったことないことをやろうということで、

私は20代半ばにして処女だった私はマッチングアプリ出会った人とワンナイトをした。

痛いだけで別に気持ちよくなかった。

自分マグロだし相手別に上手くないしでこんなもんかあ…って悟って

一回やれたか目的果たしていたのだけど、

相手タイプだのなんだの甘い言葉をかけられ、

特に断る理由がなかったからズルズル会って関係を続けてた。

お酒飲んで朦朧としながらしたことがあった。

次の日の朝「実は昨日避妊してない…」と謝罪された。

うわああああああああああああああああああ

相手妊娠したら困るだろうし、避妊ちゃんとはするでしょ…って自分と同じ価値観が当たり前だと思ってた。

急いでアフピルを処方してもらって服用した。

白状しなかったら、元々生理不順なのもあって気付かなかったかもしれない。

そのまま数ヶ月過ぎてたらどうなってたんだ一体…と今思っても背筋が凍る。

アフピル飲めばいい、おろせばいい、施設に出せばいい

実際に産む当事者じゃないからそんな軽く考えているのだろう

でも、私のタイプ容姿性格社会的地位、諸々何かを持っていたら喜んでその遺伝子を遺したくて産んでたかも。

産まないにしても「産んでもよかったな〜」くらいは思えた。

でも今回の相手の子供は何があっても産みたくない。

子供なんていらない!」じゃなくて「お前の子供なんていらねえ!」ってのが正しい。

相手は私のことを大切に扱っていないし、私も相手のことを1mmも好きじゃないということが分かったので

ズルズル続けていたものを断ち切った。

一連の流れを話した友人や、この日記を見た人に私は

糞男に関わったバカ女」だと思われているだろう。

自分でもそう思っている。

そう思ったまま死ねない。

まあ、事故などで死んだら死んだでかまわない程度の執着ではある。

スマート人間だと自認して死ぬのが目標で、しばらく達成できそうにないので、もう少しだけ生きる。

でも、もし達成できたらまたちょうどよく目標を見つけてどうにか生きるのだろう。

2022-04-16

バッセン騙し討ちを喰らった話

グローブを買ったけどキャッチボール相手がおらず、とりあえずバッセンで試してみようとなった土曜の昼

新しめの設備があるところで、入ったゲージには低速(100km)、中速(120km)、高速(130km)、変化球の4種類があった(ベイの今永が投げてくれた)

4回分のカードを買っていたので、とりあえず中速から試そうと思い開始

いきなり正面に座ると怖いので1球様子見、思ったより速かったがまぁ大丈夫、と座り2球目から捕球した

乾いたいい音が出る素晴らしいグローブだと感激、だがまだ新品だから弾くな、などと考えていたらあっという間に終了

そういえば先日の試合バッティングからきしだったと思い、好奇心変化球選択して開始

遅い上に全然曲がらないな、と思いつつそんなもんかと思いながら2回分打ち込み、そこそこ打てたなと満足

最後キャッチングをして帰ろう、今回はちゃんと芯で取りたいからと低速を選択、中速が取れたからと安心して初球から正面に座った

今永がシュッと腕を振り下ろし、よっしゃとグローブを前に出したところ、ベースの手前でボールがククッと沈み、「えっ」となったが体は反応せず

股間にある右側のボールジャストミートした

まさか40にもなってこんな体験をするとは思っていなかったが、なんというか、「殺してくれ・・・」と思うくらいの痛み

言葉では表現できないが、なんかもう本当に辛かった

今永の変化球は本当に鋭い曲がりで、ストレートと同じ感じできて突如ククッと落ちる、しかもさっきまで打ってた球より球速もあり、こんなすごい変化球スライダー?)は初めてだった

客は私だけだったので、他人に「キャッチングし損ねて股間ボールをぶつけ、悶え苦しむ中年おっさん」の姿を晒さずに済んだことは幸いだった

朦朧としつつも店員に気づかれたくなくて、10球目くらいに立ち上がり、鋭く曲がるスライダーヘロヘロになりながらカットするおっさんを演じた

演じながら低速と変化球ボタンあべこべになっているんだと思ったが、とにかく恥ずかしくて終わった直後に退店した

その後コンビニのベンチで休んだがなかなか収まらず、結局2時間くらいはなんとも言えない鈍痛が消えなかった

今となってはバッセン店員ボタンあべこべだと教えるべきだったか、などと思うが、あの時は本当にもう逃げることしか考えられなかった

私は250円を払って股間の痛みを買ったのでかと思うと腹が立つが、バッセンキャッチングだし不注意もあったので割り切ろうと思う

ちゃんとしたキャッチャー経験者ならサイン違いでも今永のスライダー股間に当てることもないだろうとも思うし

そして、消えない鈍痛の中苦しみながら1番考えたことはなぜか、珍プレー好プレー股間ボールが当たった選手審判効果音をつけてみんなで笑う番組だった

笑い事じゃねえぞ

何が言いたいかというと、バッセンキャッチングなどしなくてもいいよう友達を作ることが大事

2022-04-06

ハンターハンターのサブはすごい

ゲンスルーの連れのサブというキャラ

キルアに倒され意識朦朧とする中答え合わせしてたのすごい。

2022-03-13

動物園「肉食より草食獣のほうが事故起きる」なぜ

シマウマの蹴りは肉食獣を撃退することもある(写真:Dziewul/PIXTA

動物園飼育されている動物は野生より安全と思われがちですが、飼育員や獣医などはつねに危険と隣り合わせです。また、旭山動物園園長小菅正夫氏は、「動物園事故初心者ベテランが起こすことが多い」「肉食獣より草食獣のほうが事故は起きやすい」と言います。いったいなぜでしょうか。

獣医でもあり、『角川の集める図鑑GET!  危険生物』の哺乳類鳥類部分を担当した小菅氏が、国内外でヒヤリとした自身体験談を語ります

写真コンゴで遭遇したゴリラ

■一生のうちでいちばん長く感じた2~3分

 動物園で働いていた間、さまざまな動物危険な側面を目の当たりにしました。特に自分獣医だったので、動物たちを診療する際に、ひやりとすることが多かったです。動物園獣医はもちろん、大きくて力の強い、肉食獣だって診なくてはなりません。

 自分旭山動物園に入ってすぐ、ホッキョクグマ治療することになりました。もちろん檻に入る前に、麻酔を打ちます麻酔が効いて倒れて、もう大丈夫だなと確認をとって中に入ったのですが、治療を終えようとした頃、なんと眠ったはずのクマが起き上がるではないですか!  突然のことですごく慌てました。

 「やばい!」と思い、いちばん安全なところはどこかと思って、そうだクマ背中に乗ってしまえば、抱きつかれないと思い、そっと背中にしがみつきました。クマ朦朧としていて、体をゆっくりと左右に揺らしていました。2歳の若いホッキョクグマだったのですが、当時の自分が乗れるくらいの大きさはあったんです。

 クマ背中必死にしがみつきながら、外にいる人に「追加の麻酔薬をとってきてくれ!」と叫びました。動物園使用する麻酔薬は、最初から液体ではなくて、動物の大きさに合わせてその都度溶かさなくてはなりません。実際は2~3分だったと思うのですが、クマ背中で待つその時間の長いこと……。一生のうちでいちばん長く感じた2~3分でした。

https://toyokeizai.net/articles/-/535063

2022-03-08

anond:20220307185236

>私はこの文書を、知己のFSB職員2人(現職または前職)に見せた。2人とも、これは間違いなく同僚が書いたものだと判断した。結論のすべてには同意しなかったが、それはまた別の話だ。

徹夜意識朦朧FSB内部告発者の結論:側近を遠ざけるくらい臆病なプーチンは、自身破滅する核戦争ボタンは押さないだろう。

フル稼働で忙しいであろうFSB現職:同意しない。

この中では一番客観的に見れるであろうFSB元職:同意しない。

文書出所信憑性を信用するならば、同僚に多数決否定された結論破滅的な帰結も考えなければね。

https://anond.hatelabo.jp/20220308224925

2022-02-12

君の居場所 僕の居場所

vtuberは夢を与えてくれた

この僕に夢を……そして生きる意味

ただいまぁ……あまり広くない部屋に力無き声が響く

壁を見れば推しタペストリーが僕を出迎えてくれた

部屋一面には推しが広がる空間

僕だけの唯一の空間

誰にも邪魔されない空間はそこにあった

大型のTVに電源を付けその時を待つ

「早く来ないかなぁ……」

待つ時間幸せだった

口癖になりつつあるがそれも良い

そして待ちに待った声が脳を貫く

「こんるしー!」

ー来た!!待ってたよー

こんるしーと僕も返す

一人の部屋に響き渡る幸せな声と時間

幸せだった

普段誰にも見向きされなくても家に帰ればこんなにも満たされるのだから

配信開始から2時間経過した位だろうか

僕に取っての終わりが始まりを告げた

画面左上に表示されたボイスチャット

名前は四年前から疑惑のあった人だった

コメントは今から帰るねー

みーちゃん

点と点が線となり

疑いようも無い事実

刃物を胸に突き刺されたようだ

その痛みが響けば響くほど

僕の居場所を狭くしていく

終の住処だった居場所が形を無くし消えていく

僕の居場所が……

推し幸せを願うのも……

それは出来なかった

夢を見させてくれるなら最後まで夢を見させてくれたかった

それが例え叶わない夢だとしても

僕は台所に行き

包丁を箱から取り出す

一応無いだろうけど手料理を振る舞って……等と浮かれて新品のまま今日この日まで使われて居なかったのだが

最初最後か……」

節約して買ったグッズの数々

少ないながらも勇気を出して配信スバチャした日にありがとう!と言われた時

仕事が上手くいかなくて全てがどうでもなり僕には誰も頼るものがいない時にふと現れたのがるしあだったんだ……

それも今は全てが懐かしい

リアルでは過ごせなかったけどそんな短い間に夢を見させて貰ったこ

「っ………騙すなら騙しとう……せよっ」

声にもならない慟哭が部屋に響く

仕事人間関係が辛く

SNSをとうして伝えたら

一緒に生きようねと…

今では思えば思う程の生き地獄

推し幸せを願うのが推しならそんな……もう辞めよう」

何を言っても何を叫ぼうとも届かない

スパ等でほのめかす事も出来るがそれはヤメた

彼女には幸せになって欲しいけれど

僕の胸に大きな穴は埋めきれないか

震える手で新品の包丁を手に取り脇腹を突き刺す

彼女を守る為にと鍛えてきた身体は無惨にもその凶気によって失われていく

命の灯火が失わせまいと鼓動打つ中 苦しみで更に3度4度僕の身体を突き刺す

真っ赤な鮮血が推しを真っ赤に染めて僕の身体はふらふらと向かうべき場所へ逝く

ありもしない幻想を抱きながらベットへ突っ伏すと横にはいつも抱きながら寝ていた物が

身体から流れる血で真っ赤に染まっていた

意識朦朧とする中

最後に言いたい事を吐露する

「る…ネクロマンサー……来世は……あるならそっちにうまれ……後…かのじょがしあわ……せで……」

僕は死んだ

自分自身の手によって

僕に届くはずの無い指輪

永遠を誓ったエンゲージリングは闇の中に消えた

……………

力が欲しいか

謎の声に僕は目を覚ました

2022-02-10

嫌いな旦那にいやいや抱かれる妻がキモい

SNS旦那からだを求めてくるからマグロでやってやったとか愚痴ってる女が気持ち悪い。女の中では「自分は悪くない。誘ってる旦那100%悪い」と思ってるだろうけど

売春婦みたいに好きでもない男と寝ても金ももらえないのに

日常生活で嫌いな男のちんこまんこに挿入させて少なくともそれを自分選択したくせに旦那キモいキモいいう女がキモい

自分でいやいやまんこうんこ入れてるのと同じ不潔な行為じゃん

旦那強姦されてとか睡眠薬を盛られて意識朦朧としている間に性交されてとかならかわいそうだなーと思うけど自分意思で抱かれるなんてきもい

旦那に金を渡して「これで若くてきれいなネーチャン抱いてきな」って言え

2022-01-29

発達障害の人の手続き支援とか無い?

書類を書くことはできるが、何をやったらいいか順序立てられなくてパニックになる。

目をそらしていたがいよいよヤバくて、どのみち月曜まで何もできないのに眠れない。

落ち着かせる方法は構築してきたのに、どれも効かない。実際に落ち着いている場合ではないから正常なのだが、今は解決してやれない。

月曜になればできるからと言い聞かせても血の気は引いたまま。このまま眠れず朦朧としていては外にも出られない。

各窓口での相談ではなく、やることを整理するのを手伝ってもらえるサービスは無いだろうか。

他の人はどうしているんだろう…

2022-01-24

人生に勝てない

朝が起きられない

幼少期から自分で思い通りに起きられたためしがない

起こしてもらっては意識朦朧としたまま通学し

一人暮らしときは起きられなくて中退した

寝つきも異常に悪いので薬をもらっている

薬を飲まなければ朝方まで眠れず2時間くらいしか眠れない

薬を飲むと12時間くらい眠ってしま

働きたいのに朝が起きられないので仕事の探し方がわからない

から時間パートから始めたらいいのかな

2022-01-04

anond:20220104004027

意味不明ってマジか

マジなのか

頭打って朦朧としている時に増田やっちゃっただけだよな?

2022-01-03

膀胱炎死ぬから市販薬で誤魔化さずに病院に行け

2021夏、世間コロナ医療崩壊の真っただ中、私はコロナとは全く関係ない理由で死にかけて入院した。

半年経って当時の日記を発掘したので、正月休みで暇な今せっかくなので当時の日記日記増田に供養する。


20代学生女性

経緯を言うと、膀胱炎放置していたために、血中に細菌侵入し、敗血症性ショックになり、生死の境をさまよったのである

コロナワクチン接種とタイミングが重なってしまったため、副反応だと思って放置してしまい、大分大変なことになってしまいました。

本当に処置が一歩遅かったら私は死んでいた。


膀胱炎放置しておくと危ない病気らしい。全然知らなかった。

膀胱炎は、大腸菌などの細菌尿道から膀胱感染することで起こる。女性に多い病気で、自覚症状は排尿時の痛み、残尿感、頻尿、尿の白濁、陰部のかゆみなど。

おしっこをがまんしすぎたり、疲れて抵抗力が弱まったり、不衛生な陰部の環境だったりなどで発症する。

そして膀胱炎は放っておくと菌が尿管から腎臓に上がり、腎盂腎炎を発症する。すると発熱下腹部の痛みが起こる。

さら放置すると血中から大腸菌が全身を回り、全身の臓器が機能不全を起こし、血圧が低下し、ショック症状を起こす。これが敗血症性ショックである

インターネット情報を参考なので間違っているかも)

膀胱炎は放っておくと死ぬので放置せずすぐに病院に行け、は界隈の常識らしいですね。私知りませんでした。

今回身をもって実感しました。

膀胱炎放置しちゃだめ、ぜったい。


以下詳細な日記である

20代学生女性

8/13 (金)

膀胱炎自覚症状。一般的に言われる自覚症状のオンパレードで、これは明らかに膀胱炎ですな、といった感じ。

3年前くらいにも一度膀胱炎にかかっており、その時は病院抗生物質をもらったらすぐに治った。

もう一回くらいかかったことがあるような気がする。その時は市販薬で治ったはず。いつかは覚えていない。

この時期友人の家に入り浸りまくっていたので、まあそのへんとかで疲れがたまって不衛生になっていたのかな…、そういえば恥ずかしくてあんまりトイレ借りて無かったな・・・、と考える。

という訳で市販薬(腎仙散)を飲み始める。病院に行ってもよかったのだが、前述のとおり友人の家に入り浸っていたので、出先で病院を予約するのが面倒で、「市販薬で治るでしょ」とごまかしていた。

この後も友人の家に入り浸る生活。8/15と8/19しか実家に帰っていない。それも終電近くに洗濯物を取りに帰っただけである

8/19 (木)

まりにも薬か効かないのでボーコレンに変更する。まだ少し効く

8/20 (金)

夕方コロナワクチンファイザー、一回目)を打つ。

発熱はなし。

思い返せばこの日の夜下腹部痛があり、今思えば腎臓が痛かったのかもしれない。

腎盂腎炎になると逆におしっこが出なくなるので、排尿時の痛みはあったが、排尿の頻度が下がったのでこのあたりから膀胱炎のことを忘れはじめ、薬を飲むのを忘れ始める。

8/21 (土)

日中は37°C台前半。ロキソニンを飲んで寝る日中を過ごす。

23時頃、直前まで何も無かったのだが、突如猛烈な寒気に襲われ、体が勝手にガタガタ震え出し、熱を測ると41.7°Cを記録。人間ってこんな体温出せるんだな。

ポカリロキソニンを飲んでどうにか落ち着く。無理やり寝る。

8/22 (日)

翌日になると熱は37.4°Cまで下がっている。友人のワクチン接種に付き合う。

帰りがけあたりから熱が上がっている感覚がする。帰って熱を測ると38.8°C。

最大で40°C台まで上がった。

ただ薬を飲むと熱が37°C台に下がった。

8/23(月)

この日から頭痛嘔吐の症状が出てきて一気にしんどさが上がる。

頭を動かすたびにガンガンとなる頭痛がするので起き上がりたくないし水も飲みたくない。

水を飲んでも胃液を吐いてしまう。水分補給が出来ないのがしんどい

薬を飲むとこれらの症状がマシになるが、2-3時間しか効かないし、6時間空けて飲まなければいけないので薬が効いてない時間地獄

熱は薬を飲んでも下がらずにずっと40°C台、最大で41.3°Cまで上がった。

インターネットを参考に薬をバファリンルナiに変えたら効きが上がった。薬が効くと熱は38°C台まで下がった。しかしこれも2-3時間しか効かない。

薬が切れた途端猛烈な寒気に叩き起こされ、震えが止まらなくなり、熱が上昇する。

「なぜ私だけこんなつらい目に合わなければならないのだ…!」との思いが募る。

そろそろ、「ただの副反応じゃないんじゃ…?」と思い市の副反応相談センター相談したところ、「明日になっても熱が下がらなかったら医療機関へ」とのことだったのでもう一晩様子を見る。

8/24(火)

症状は昨日と変わらない。副反応相談センターにもう一度相談したところ、市の医療機関を紹介してくれる番号を教えてもらう。しかし今は横浜実家でなく世田谷の友人の家にいるので使えない。

#7119でもいいですよと言われたので、そちらに電話をかける。深呼吸をしなさいと言われる。

友人が最寄りの発熱患者可の病院を探してくれる。家から50 mの距離だが歩ける気がしなかったのでタクシーを呼んでもらう。

病院では栄養剤の点滴をしてもらい、コロナに効く解熱剤(カロナール)を頂く。

今思えばこの医者はヤブだったのでは?発熱が4日も続いているのにPCR検査もしないし、その他検査もしないし、点滴と薬だけ貰って「様子見て」と言われた。

もし血液検査をしてくれていたら、きっと白血球の数値とかがおかしかっただろうから、原因も分かったろうに、、、

ただこちらも、「そういえば膀胱炎でした」と言い忘れたし、もうそんなのすっかり忘れていたし、さすがに医者もそれを聞いたら尿検査血液検査くらいはやってくれたと思うので、言えればよかった。

あとワクチン接種でめちゃくちゃ忙しそうだったしね。初診の外来患者なんて後回しよね。

吐き止め成分も一緒に点滴してもらった。しかし帰ってポカリ一口飲んだらそっこーで吐いた。嘔吐RTA。吐いたら2時間は飲み食いしないでと言われていたが、しんどすぎてそのまま薬を飲んだ。

カロナールはよく効いた。熱は37°C台まで下がった。これも2-3時間しか効かないが。一緒に処方された吐き止め薬ドンペリドンの眠気誘発効果も高く、薬が効いている間は快適に眠れた。

薬が効いていない間は相変わらず40°C台の発熱頭痛嘔吐

薬が効いている間しかまともに飲み食いが出来ないし、薬が効いている間は強烈に眠いのでまともに飲み食いできないので、要はまともに飲み食いできず、それがしんどかった。

おかゆを買ってきてくれたが、一口食べてギブアップした。ゼリーはすこし食べられたような…?

夜9時、あまりにもしんどさが天元突破したので実家に帰る決断をする。一人で他人シングルベッド占領していたのが申し訳なかったのもある。友人に布団で寝て欲しかった…

親に電話して洗いざらい話す。「なぜもっと早く連絡してくれなかったのだ」と親にめちゃくちゃ怒られる。

タクシー8000円)で帰りたかったがなんとタクシー発熱患者を乗せられないらしい。

しょうがないので翌日始発の電車に乗って帰ろうという話になる。

別にコロナじゃなかったからいいけれど、もしコロナだったら電車移動よりまだタクシーの方がウイルスを広げる可能性が低いのだけど、このへんどうにかなりませんかね、えらい人)

私はこの後薬を飲んで寝てから記憶が無い。次の記憶は木曜か金曜の病院のベッドの上である。以後は伝聞。


8/25(水)

午前2時頃、シャワーから上がった友人は私の奇行を目にする。

友人のカバンを持ち、友人の靴を履いて、家の扉をガチャガチャして「あれ…?開かないなぁ」とつぶやいていた。

これは薬のオーバードーズによる奇行だと思った彼は、とりあえず私を引きはがした。

すると私は白目を剥いて倒れた。レギュラー西川のようだったそう。

これは死んだわ、と思った友人は、ひとまず#7119に相談

すると「それは救急車呼んだ方がいいですね。こちらで救急車を手配します」と言われた。

ほどなくして救急隊がやってきて、私を救急車に連れていく。友人はよく分からなかったそうだが、救急隊曰く当時の私は痙攣していたらしい。

救急車に運ばれ、受け入れ先の病院を探す。しか医療崩壊ど真ん中の時期だし、夜中だし、高熱なのでコロナ疑いだし、意識不明から救急病院でなくてはならないし、で受け入れ先が全然見つからない。結局1時間半くらい各所に交渉したそうである

熱は42°C、血圧60、意識不明重体の私の横で受け入れ先の病院が見つからない中ひたすら待つ友人…。不安だったろうよ…。ごめんね…。

最終的に、最初に断られた病院に無理やり病床を開けてもらったらしく(他の人を一般病棟に無理やり移したらしい)、そこで受け入れてもらうことになった。コロナの為病院には同居家族以外の侵入不可だそうで、友人はその場で救急車から追い出された。申し訳ない…。

病院到着が午前4時。両親がタクシー病院にかけつける。コロナ疑いなので、両親も別室に隔離され、沢山の同意書にサインをさせられる。

点滴をする同意書、点滴のために喉に管を通す同意書、けいれんを抑えるために麻酔を打つ同意書、けいれんがひどくなった時に体を縛り付ける同意書、などなど。

最初医者も原因が分からず、とりあえず白血球の数値が異常に高いことが分かったので、適当抗生剤を打っていたらしい。

培養検査の結果、とある種類の大腸菌が原因だということがわかり、おそらく膀胱炎悪化し、腎盂腎炎になり、血中にも大腸菌侵入して、臓器が機能不全を起こした、敗血症性ショックだろうということが分かった。

原因が分かってしまえばあとは早いので、それ用の抗生物質を点滴し、あとは回復を待つのである

PCR検査も陰性だと判明し、コロナではないと分かった。


8/26(木)

私は意識を取り戻し、「スマホが欲しい」と言ったそうだが、何一つ覚えていない。けいれんを抑えるために麻酔を打っていたそうだし、意識朦朧だったのではないだろうか。金曜日あたりまでの記憶は私は曖昧である主治医と1回話したはずなのだがうっっっっすらとしか覚えていない。

そのまま2週間くらい入院ですね、と言われる。コロナの為面会謝絶で、必要ものは母に届けてもらい受付経由で受け取る。

面会謝絶なのは意外とよかった。病室が静か。

両手と首に点滴が通っているので、私はひたすら気をつけの姿勢で寝ることしかできない。暇。うつ伏せで寝られないのがストレス

あと食欲が全くわかず病院食が食べられない。「これだけは飲んで」と言われた栄養飲料(そんなに美味しくない)と、たまに出るフルーツくらいしか食べられない。なので栄養剤の点滴も外せない。

とはいえ意識は取り戻したので近いうちに一般病棟への移動が決まる。

8/27(金)

この日から元気にLINEをしている。この日か翌日に一般病棟に移った気がする。

8/28(土)

この日あたりから食欲を取り戻し、病院食が完食できるようになる。

8/29(日)

8/30(月)

食事が完食できているようなので、と栄養剤の点滴が外される。これで点滴が朝晩3時間つの抗生剤だけになり、夜うつ伏せで寝られるようになる。超ハッピー

8/31(火)

抗生剤だけなら飲み薬にして退院しよっか、とのことで急遽翌日の退院が決まる。急いで両親各所に連絡する。

9/1(水)

退院。声はカッスカスで、支えが無いとまっすぐ歩けない。10日くらい臥せっていると筋力その他が大分落ちるのだなと理解した。

その後自宅療養して大分普通に戻りました。

私が入院していた間、私が死ぬんじゃないか、と毎日家の中はお通夜状態だったらしく、大分迷惑をかけてしまった。非常に申し訳ない。


以上当時の日記になります

あのまま友人が朝まで様子を見る決断をしていたら私は本当に死んでいた。そしたら原因にワクチンは全く関係ないがワクチン副反応で死んだ人扱いされただろう。

繰り返すが、今回得た教訓は、膀胱炎市販薬で誤魔化さずに、病院抗生物質を貰うべきだということである

それから2021年の医療崩壊はやはりひどかったですね。治療にあたってくれた医療関係者方、そして各所でたゆまぬ努力を続けてくださっている各医療関係者様方に感謝します。

2021年冬は少し落ち着いていましたが、冬休みにかけてじわじわ感染者が増えてきていますね。また当時のような惨状になると医療機関がまた悲鳴を上げてしまます。我々は基本的感染対策を怠らず、淡々と過ごしたいですね。

あとそれから友人に本当に感謝。私の看病をしてくれ、救急車を呼んでくれ、救急車でも意識のない私に声をかけてくれていたらしい。本当にありがとうあなたは私の命の恩人です。もし我々の縁が切れることがあったとしても、その事実は変わらず、私は一生あなた感謝して生きていきます

それから家族にも本当に感謝。だいぶ心労をかけてしまいました。楽しく労働することで恩返しするね!

ちなみに、「あん経験をしたんだからちょっとくらい失敗しても「死ぬよりまし」とか思えるようになりなよ」と友人によく言われる。

さなことでくよくよする生活は変わらないままである

かに今日記を読み返して、「本当に死ななくてよかった」との思いを新たにしました。生きていることに感謝ですね。明日から新学期なので頑張らねば!


以上です。皆様も体にはお気をつけて、、、。

市販薬安易に頼らず病院に行った方が結局早いし安いことが多いですよ、、、。

2022-01-01

誰か私をボコボコにしてくれ 頼むから

以下、一般マゾ独り言です、下品ワードが飛び交っています。吐き出したかったので書きました。

不快気持ちになった人がいたらごめんね。

私は 顔のいい男にボコボコに殴られたり、蹴られたり、踏みつけられたりするのがめちゃくちゃ好きで好きで堪らなくて、

歴代彼氏にはよく殴ったり切ったり首を絞めたりしてもらっていた。

単純に誰でもいいかボコられたい、という話であればこんな悶々としないんだろうけど、私はエゴマゾなので、

かなーり相手を選んでしまう節がある。

絶対条件は顔のいい男であるということ。

色白で、筋肉が付きすぎておらず、細身。

これが私の条件だ。

ともなると全然いない。

私がまだ23歳で、あんまりにも年の離れた人は嫌だという我儘を付け加えると、

ほんとに全然いないし、そもそもに探し方がわからなかった。

男性マゾは、SMクラブ女王様にやってもらえるけど、女の子はそうもいかない。

そもそも私は異性に本気でボコされたいのだ。

SMバーや、ハプバーにも行ったりしたけど好みの人はいなくて、悩みに悩んだ結果、

女性風俗に行った。

好みの男性がいたからこの人しかいない!と思って、秒で予約した。

こういう時 ちゃんと金持ってて良かったと思った。(あ、風俗嬢ではないです)

呼んだのは、なんか、歌舞伎町トー横に屯してたり、メンチカしてそうな男の子にした。顔がメンヘラっぽくていいなと思った。通ずるなにかを感じてしまったな。

カウンセリングの時にボコボコにして欲しいって伝えたら 「いいよぉ~~~」と言われたので笑ってしまった。

ODしてるんか?ってくらい変な喋り方で泣いちゃった。

一緒にお風呂に入った後、さっそくボコって貰った。

髪の毛を掴まれたまま、ラブホのベッドに叩きつけられた。

興奮と嬉しさからふふ、と笑ってしまったら

「何笑ってんの」と冷たく言い放たれて、腹部を容赦なく踏みつけられたり、殴られたりした。

お腹じんじん痛くて気持ちよくて、最高に興奮してるところでマウントとられて首を絞められて、これ以上ない程の幸福を感じた。

首絞めされてる間も膝やもう片方の手で殴ったり蹴ったりしてもらって、

あぁもう酸欠で落ちちゃう、ってところでキスされた

あんまりキスきじゃないけど、これは脳みそが蕩けてたせいもあって、人生の中でいちばん気持ちいいキスだったと思う。

その後もボコボコにされたりなんだりして、もうズタボロになって荒い呼吸を繰り返してたら、突然ちんぽ挿入された。

※当たり前だが、女性風俗は本番禁止である

急速に脳みそが冷やされていく。

「え、ちょっとまって、」と制止しようとしたら、そいつは もうニタァ、という表現が適切としか言いようがない笑みを浮かべた後、黙れと言わんばかり私の口を手のひらでオモクソ塞いだまま、犯してきた。

最初はクソほど抵抗してたんだけど、圧倒的な体格差だし、動かせるのは足しかない。

どうにも抜け出せないし、喋れないし、もう諦めた。

ただ、めちゃくちゃムカついたのは最後ザーメン顔にぶっかけられたことです。

人に暴行を働くのって疲れるだろうし、こんな異常性癖に付き合わせてしまった手前、まんこくらい差し出して然るべきなのかもしれないが、さすがに無断でぶっかけるのは違うと私は思う。

終わったあとはたくさんハグキスしてくれたり一緒にゴロゴロしたりして、飴と鞭を実感した。でもやっぱり終始冷たくされたいし嘲笑われたいしゴミみたいに扱われたいし、恐怖で私を支配して欲しい....。甘いのは違うんだよなぁ。

ホテル出て、駅まで手を繋いで歩いたけど、

手よりも髪の毛を引っ張って歩いて欲しい派なので、微塵もキュンと出来なかった

この後このお兄さんを2回呼んだけど、結局そのどの回も無断で犯されたので、今年からはどうするか悩んでいる。

あとなんか私の好きって言ってたブランドのものをもらってしまって逆にめちゃくちゃ気まずくなって、LINE既読無視してたら

ますます鬼連絡きて怖くて開いてない。

LINEの通知音がなると心臓痛くなる。

2人目は、ハーフっぽくて童顔で、V系とかメンチカ系に居そうなお兄さんにした。

こちらのお兄さんは身長も高いし、細身の割に体もがっしりしてて、いいボコりをしてくれそうだ。

カウンセリングの時に、「ボコボコにされたい」って言ったら、普通にOKしてくれて、

1人目の時同様、一緒にお風呂に入った後、

ボコボコにしてもらう、はずだった。

なんか、催眠術かけられた。

???と思うでしょ?私もね、思った。

でも私はめちゃくちゃ催眠に掛かりやすい体質らしく、あっという間にかかった挙句、脳イキ地獄に落とされ、意識朦朧としていた。事実、この間のことは何一つ覚えていない。

意識がはっきりとしてきた頃にはまたもや犯されていた。ビビっちゃった。

もうおわかりかと思うが暴行要素は一切ない。

上にも書いたが、この日のことは、あんまり記憶が無い。

そいつのちんぽがクソでかくて子宮口がオモクソ潰されて ギィン!!って痛くて絶叫した記憶はある。帰ってる時も生理痛?みたいな痛みに襲われていた。

物証として、ベッドに普通に精液入ったコンドーム落ちてたので間違いない。

というか、いつの間にか裸だったしその人。

いつ脱いだ?!私が脳イキ キメすぎて失神してる間??それとも酸欠で落ちた瞬間.....???

ボコボコにして欲しいって言うから子宮ボコボコにしちゃった」ってニコニコしながらいわれて

「そういうことじゃねンだわ」と思ったけど、

子宮ボコボコにする、という言葉の響きエロいなと思って2割くらい許してしまった(は?)

あとその人手がおっきくて首絞めがいい感じに決まるのと、クソほど犯しながら紐みたいなやつで首絞めてくれたのが好感度高かったです。

罵りワードも私好みのキショキショヤンデレ風味だったし、子宮を抉られるような鈍痛と、恐怖と若干の興奮で泣きじゃくる私を押さえつけて犯しながら「着床しろ」って囁いてきたのがポイント高かったです。

顔も好みだし、催眠術できるの普通にすごいし、脳イキも気持ちよかったけどやっぱりsexが入ってしまうと、別の世界になってしまう気がします。

そんなわけで私のボコられ体験は1度幕を閉じたわけだが、未だに正解が見つからないままでいる。

どちらかというと、以前都内にあるSMクラブ女王様時間いっぱいボコられ続けた時の方が完成度・満足度ともに高かった。

でもやっぱり男の人に殴られたいと思ってしまう。

実際、女王様と1人目の人を比べると、圧倒的にお兄さんの方が力が強かった。あんなにモンエナしか飲んでなさそうな体型なのに。

あと多分声フェチ?みたいな部分もあるので、殴られてる時に女性の声が入ってきてしまうと冷めてしまう。

男性サンドバッグにされたいのだ。sex抜きで。

めんどくさい自覚はある。

顔のいい男はたくさんいても、なかなか理想ボコリストには出会えなくてつらい。

欲を言えば、カッティングや、スカリフィケーションと焼印と根性焼きもして欲しい。でもここまで来るとしてくれる人がほんとにいない。

こないだもようやく顔のいいサド出会えたので有頂天になってたら

電気首輪を〇〇ちゃんわたし)につけて家に軟禁して肉オナホにしたい。』という性癖の人だったので、

さようならした。

ボコボコは出来ないそうだ。

なんでだよ....

私には居場所がない。ひとりぼっちだ。苦しい。

気持ち悪い存在だという自覚もある、だからこそこんな私を〇して欲しいと、罰してほしいと思う。

ますます気持ちけが昂っていってしまう。

私はどうしたらいいんだろうか。

もう自傷行為タトゥーピアッシング、スカリフィケーション程度の痛みでは、つまらないし、オナニーにすらならなくなってしまった。

そもそも彫り師さんも ピアッサーさんも、皆お仕事真摯にやってくれてるのに、

変態要素を出すのって失礼だなとおもって、

最近施術中に邪な考えをしないよう、読経をしている(????)

ちなみに、SMパートナー探す掲示板に書き込んだらネカマ扱いされた上に、

sex目的オッサンとか、自分のことをイケメンだと自称するオッサン(よくわからん角度で取られた自撮り付き)とか、サディストではなく ただ単に女嫌いこじらせたチー牛みたいなやつしかいなくて地獄だった。

まだtinderで捕まえた カスバンドマンホストの方がマシでした。

あと、こういうことを話すと、家庭環境などを心配されるんだけど、

しろめちゃくちゃ大切に愛されて育ちました。裕福な家庭で、何不自由なく育ててもらって、今もめちゃくちゃ仲良しだ。

学生時代普通にいじめとかなく平和に楽しく過ごしてきた。

からこそなんでこうなってしまったのかは分からない。

私はマゾなので何を言われても構わないが、大切な家族に言われると悲しくなるので書いておく。

今年はいボコリストに巡り会えますように。

そして、変態の同士たちも、ノーマル性癖な人も、らみんなに幸あれと思います

2021-12-31

世界一好きな男に不幸になってもらいたい

 大晦日にこんな意味不明来年の運気が下がりそうな話はどんな場所を選んでも言えないけど、もういい加減しんどいので増田なら誰かがそんな人もいるのか程度に笑ってくれるかもと思って全て本音で書いてみる。タイトルの通り、なんともひどい話だと思う。それでも興味があれば、いろいろな人がいるなという感じで見てもらえればと思う。増田を見るのは好きだけど、初めて投稿するので何か不手際があったら申し訳ない。

 長くなってしまったが本題に入る。自分は若手芸能人のリアコ(ガチ恋と言ったりもするが、芸能人等に本気で恋してる人のこと)なんだけど、その人に世界に羽ばたいてもらいたい、夢を全て叶えてほしい、と思う反面、なかなかうまくいかずに飛躍できずにいる姿を見るとホッとする。アンチに対して疑問はあるものの、ふとアンチコメが目に入ると安心する。芸能人にリアコの時点で理解に苦しむ人もいるだろうに、さらにややこしいことこの上ない。

 タイトルの通りだけど、正確に言うと不幸になってもらいたいわけじゃなく、積極的大成功を収めてもらいたいわけじゃない、という感じ。とにかく今は、推しが意外とブレイクをしないので、なんとか精神を保って応援(もはや応援なのかわからないけど頑張れという気持ちはある)している。最近は、この前始まったらしい何かの撮影情報公開が怖い。主演映画なんてやろうものなら、鬱になってしまう。周りが、情報解禁楽しみ!と言っていて、そうやって純粋に楽しめたらなと羨ましい。

 その意味不明感情は、どういうわけで来るものなのか、自分で考えてみるんだけど、多分、リアコだから、と言うのが答えな気がする。え、リアコなら幸せを願うものじゃないの?と思うかもしれないが、リアコだから相手がどんどん遠くの存在になるのがつらいのだと思う。

 ただ、やっぱり一般的なリアコは幸せを願っているものなのだろうか?話を聞くと、どうやら自分のリアコのタイプは、巷のリアコとは異なるところがいくつかあるっぽい。

いや、自分みたいなタイプもいるのかもしれないが今のところ聞いたことない。自分もこのタイプだ!と言う人がいたらむしろ色々話してみたいので、書いておく。

 私のリアコのタイプは、"結婚かそれ以外か"。結婚されれば一巻の終わり、結婚以外ならなんら問題ない。婚姻届名前を書いたもん勝ち。私のゴールもここ。うっかり婚姻届サインして入籍してくれないかな〜と思う。(だからなのか、不思議な話だけど付き合う妄想とかはしない)

そんなんだから同担拒否気持ちは全くない。現場で誰かがファンサをもらってても構わない。だって結婚関係ないし。まぁファンサされて結婚なんてことになるならそれは困るけど(そんなことはない)。

 イベントに全通したいという気持ちもない。別に全通しても結婚できるわけじゃないから。グッズ等にもお金ほとんど使わない。むしろファンサもらっても舞台に通っても雑誌を買っても何しても、それはファンである、ということをより一層突きつけられる、という感覚が強い。それはきつい。もちろんファンとしてはお金落とした方がいいとは思いつつ。

 というか、世界一好きだからこそ、全くそコンテンツに触れたくないというのもある。感情が振り回されすぎてしんどい。リアコが、イベントに全通しないと気が済まない、自分の知らない推しがいるのが嫌だ、と言ってるのをみてタフネスと思った。

 SNSアカウントブロックしてるし、ミューワードに入れてる。でもやっぱり好きな男だから、ふとした時に見に行っちゃって、それで病む。今もTikTokファンの女が作ったキュンとするシーン集みたいなの見て意識朦朧とした。世界一好きな男が「俺のことだけ見てろよ」て画面越しに言ってくる。あなたは私のことを見てないのになぁと、本気で落ち込むから救えない。でも、そんな自傷行為がやめられない。どこかで心を痛めつけまくって、ふとふっきれるんじゃないかという感覚があるからかもしれない。今のところ傷を抉られるだけだけど、そのうち屈強なリアコハートになるのだろうか。

 好きすぎるのに、向こうは自分のことを全く知らないというのは、つらい。この、どうしようもない感。やっぱりイベントに行けるリアコはすごいなと思う。それでも、自分10回くらいは行ったことあるけど、肉眼で確認できるところに存在してるぶん、実際こんなに距離があるんだなと実感して、毎回私ここで何してるんだろうと思ってしまう始末。

 芸能人に恋してると言うより、たまたま好きになった男が芸能人だったから困る。だいぶ話が逸れてしまったが、結局、手に入りそうもない男が、さらに手に入らなくなってしまうことが嫌で現状のままから遠くに行って欲しくないということなのだろうか。もはや結婚が遠のく云々は抜きにして、とにかく遠くに行ってほしくないという感覚に違い気がする。やっぱり違う世界人間だなと実感したくない。そもそも、付き合って手を繋いだり、ハグをしたいという気持ちはそこまで考えたことがなく、ただひたすらに結婚したいというのも、対等にありたいという気持ちの表れなのかもしれない。同じ土俵に立ちたい、世界一好きな男と同じところにいたい。ここでふと、自分は、世界一好きな男自身になりたいんじゃないかと思った。推し成功が喜べないのも、自分の現状との開きがつらいからなのかもしれない。なんとなく合点がいった気がするけど、そんなややこしいことがあるか……。

 ところで最後まで読んでくれた人はいるのだろうか?思いついたまま書いた文を読んでくださって、ありがとうございます

いつか、世界一好きな男の名前の隣に自分名前を書いた時、昔こんな増田書いたなと懐かしめるよう日々頑張ります

2021-12-28

anond:20211227221030

朝イチに楽しみを用意しておくのがおすすめ

個人的には、目が覚めたと同時に布団の中でWeb漫画巡回している。それが習慣になると、とりあえず意識朦朧としながらも勝手に手が動き出すし、マンガを読んでいると目が覚めてくる。好きなマンガ更新される日には特に効果的。

あとは好きな飲み物を起きてすぐ飲む習慣をつける。トイレで起きて、寒くて布団に戻りたくなるけど、飲み物を飲む必要があるので何とか戻らなかったり。

2021-12-08

子宮頸がんワクチン

子宮頸がんワクチンの積極推奨が来年4月から再開される。このワクチンは、接種後に全身に強い痛みを感じる副作用が多く見られた故、1997年から2005年の間、積極推奨が一時的ストップされていた。

安全性有効性が確認されている、という事から積極推奨を再開するそうだ。

ということで、積極推奨されていない中このワクチンを打った私の体験談を書こうと思う。娘さんの接種を悩んでいる方に届く事を願って。


結論から言って、私はとても稀な副作用に見舞われる事になった。接種を受けた周囲の子は接種部にちょっと痛みが続いた程度で(これは筋肉注射なので当たり前である)、私と同じ副作用が出た子には会ったことがない。

持病などはないが、昔から一家でお世話になっている病院がある。そこで子宮頸がんワクチンの話をしたところ、扱っていないと言われた為、仕方なく家から一番近いクリニックで予約をした。2013年3月半ばだったと思う。

子宮頸がんワクチンは、計3回摂取する事になる。例えばサーバリックスなら、中学1年生になる年に1回目の接種を行い、その1か月後に2回目の摂取を受け、その6か月後に3回目の接種をする。

かくいう私も、3回しっかり受けた。1回目、2回目は副作用なし。それで安心しきっていた事もあるのだろう。

3回目を受ける日、クリニックに到着後、受付時に体温を計かる。どんなワクチンでもそうだが、熱があるとワクチンを打てないからだ。

その日、体温が37.1だった。

から10分ほどの距離を歩いてクリニックに向かった事と、私の体温はいつでも36.7度近くであるという事から、そこまで熱があるとはいえなかった。しかも、2回もうって副作用がなかったのだ。クリニック側と少し話し合いをして、10分ほど様子を見てから再度熱を計り、そこで決める事になった。

10分後に計った体温は、36.9だった。これならば打てるとなり、私は3回目の摂取を受けた。

摂取を受けたその日は一日中安静にしていた事もあり、何事もなかった。

しかし、問題は次の日の朝だ。

一階から起こしてくる母の声がかすかに聞こえるが、目が開かない。体も重い。熱い。頭もひどく痛かった。

動きにくい体を無理矢理起こして立ち上がると、強い目眩を感じて床に倒れ込んだ。音で気付いてくれた父と母が部屋へすぐに来てくれた。

体温計で熱を計ると、39度近くあった。目眩もすごく、黒い粒みたいなものがいくつも視界を漂っていて、歩く事もままならなかった。

父に抱えられて車に乗せられ、ワクチンを打ったクリニックに向かう。クリニックに着いた頃には、何故か体温が急速に上がり、私は春先だというのに汗だくになっていた。

処置室にそのまま運ばれ、脇、首、足首に氷の入った袋を当てられる。冷たくて気持ちが良かったが、熱はそのままどんどん上がっていく。下がる様子がないのを見た医師が、市営の大きな病院紹介状を書いてくれた。

目眩で体を動かせないので、また抱えながら車に乗せられて、すぐ病院に向かった。病院に着いてからは、連絡が行っていたらしく用意してもらった車椅子に乗せられた。

熱は41度を超えていた。人は42度が10時間続くと命が保たないらしく、本来内科にかかるところを、待合が誰もいないからと小児内科で見てくれることになった。

正直病院に連れて行かれる前からずっと意識朦朧としていたが、車椅子に抑えられて採血される時だけは意識がはっきりした事を覚えている。嫌だったんだと思う。

そのまま採血を受け、検査をする間に解熱剤を入れた点滴を受けた。人生初の高熱&採血に思いっきダメージをくらった私は、車椅子に座りながら、点滴が終わるまでの3時間弱、ぐっすり眠った。

点滴をはずすからと起こされたとき、驚いた。目眩も黒い粒もなければ、体はややだるいが熱くない。体温は37度弱まで下がっていた。

血液検査の結果は、特に異常なしとの事。ワクチンとの因果関係も見られないと言われた。

まりにも熱が高かったので後遺症が残る可能性があるから、気になったらまた来てくれと言われたが、その後は今に至るまで何もない。

以上が、稀にある副作用の一例だ。もしあのまま点滴で熱が下がらなかったら、多分死んでいたと思う。

これから子宮頸がんワクチンを打とうと思っている人、娘に打たせるか悩んでいる人は、一度よく考えてみる事をおすすめする。

これは稀な例だから自分は/自分の娘は大丈夫に決まっていると思うだろうか。そうだろう。私も、自分がこうなるまでは大丈夫だと思っていた。

ここに書いた話は病院に付き添ってくれた父と母の話を元にしている。正直この日は、クリニックに連れて行かれてから熱が下がるまでの間、採血をされた時以外の記憶ほとんどないのだ(意識朦朧としていたから当たり前)。

それでも、死んじゃうのかと思った、と本気で心配していた父の、熱が下がった私を見て号泣していた母の顔だけは、鮮明に覚えている。

2021-11-25

昨日の夕飯思い出して笑ってる

寝不足意識朦朧とするなかレンチン解凍したブロッコリーレモン汁だけかけて食ってた。

2021-11-14

短期入院体験

3泊4日の超短期入院をしてきたのでその記録。

  • 症状

腫物の切除。神経通ってる部分に繋がってるかもというので要全身麻酔短期入院となった。

日程決めるのが大変。1週間前にはPCR検査。手術日の前日から入院しなくてはならない。

書類多い。費用現金払いだと要保証人クレジットカード払いだと保証人不要。5000円で保証会社契約するのもある。

賃貸住宅家賃保証会社は増えているけど、入院費にも導入されてるのかと驚き。

  • 手術前日

全身麻酔説明。気管を確保するので管を通すので「あー」とかで喉奥見られる。骨の形を見てるのか「アイーンみたいにしてください」がツボに入って笑ってしまう。麻酔科医は真剣

16時までにシャワーを浴びる。手術当日、翌日は浴びれない。

前日21時以降は水、お茶のみ。当日6時以降は水もダメ

  • 手術

手術前にT字帯という紙のふんどしみたいのをつける。付け方がわからないのでググる。あってよかったインターネット

8時に手術室へ。手術室は病室と違って、冷たくて無機的な部屋のつくり。

手術用のストレッチャーに乗せられ移動。動きながら天井を見るって不思議気持ち。もう自力では何もできない場所に来ている。そのまま手術台へ。

医師あいさつ。上から顔を覗かれるのも最近なかったな。甘い酸素を吸い込み、「眠くなりますよ〜」で記憶がない。

「◯◯さん、終わりましたよ」名前を呼ばれて目覚める。夢を見ていた気がする。予定より30分延長したらしい。うまく処置できたらしい。気管の確保もできたらしい。ちょっと朦朧としている。

そのまま病室へ戻る。

  • 術後

自分の後の人の手術が長引いて、同じ日に手術した同室の人は夕方スタートとなっていた。新しい患者入院してきていた。

点滴?の管をいっぱいつけられている。指先で酸素測るやつ、足にエコノミー症候群防止するやつ、いろいろついている。ひたすらうなされながら寝ていた。微熱が続いて、麻酔の影響か吐き気がする。

一度だけ胃液のようなものを専用の容器に吐いてしまう。二日酔いしかいたことないのに。すごく辛くて心細い。

同室の患者が夜に戻ってきて、自分の比ではない辛さのようだった。自分も出ていたのかもだけど、夜は呻き声がすごかった。

看護師にはトイレに行きたくなったらナースコールをと言われる。「今日、水一滴も飲んでないんで出ませんよ(キリッ)」って返したら、「点滴打ってるからますよ……」「えっ!」ってなった。その説明を呻いてる彼にもして去っていく。常識

夜中に点滴の管がついたまま、付き添ってもらいトイレへ。

  • 手術の次の日

きのうは何も食べなかった。朝食を貪るように食べる。なぜだかエヴァ食事シーンを思い出していた。

朝は給食みたい。パン牛乳チーズジャムスープフルーツ栄養バランス

病院食は味がとにかく薄い。わー卵焼きだ→味うっす、ネギだー→味うっす。普段塩分摂りすぎなのか。まー好き嫌いないので全部食べる。

食べたら寝るを繰り返した一日。点滴ついてると動きづらいのもあるし、病室って眠くなるようにできてる気もする。

微熱続く。汗めっちゃかいて、そのあと急に寒くなって。温度調整が難しい。

スマホを触っては寝る。点滴の針が刺さってて、文字が打ちにくい。Wi-Fiがないので、7ギガあったのに退院時には2ギガになってた。

手術を甘く見ていたので、仕事パソコン、読みたい本数冊持ち込んだけど、メールは数通返したのみ。本は寝るために読んでた感じ。そういう作業をする場所、できる場所ではない。

4人部屋で3人入室。なんていうか、いきなり共同生活を強いられる感じが落ち着かない。シャワートイレ、洗面台……。他人配慮しながら使う。プライベート空間のありがたみをめっちゃ感じる。

一方で医師看護師献身的姿勢には感謝しかない。数値異常だと駆けつけるし、夜中に点滴とかチェックしてくれるし。自分がそういうことをできない人間というのもあるけど、本当にすごい仕事だと思う。

最後の夜だけ寝付けなかった。天井を眺めてミスチルを聴いた。「365日」「口笛」「Sign」……。桜井さんの声が沁みる。病室のミスチルはいいぞ。

荷物をまとめて、今日タクシーで帰る。

帰宅して2日ぶりにシャンプーした。超気持ちいい!

すごく丁寧な対応をしてもらったけど、できることならもう行きたくない、かな。

健康普通に暮らせることの大切さがわかったよ。

2021-10-24

母親が死んだ日のこと

昨年秋の夕方5時、仕事中に突然姉から電話がかかってきた。

「お母さんが1週間前から具合が悪くて、今朝電話したら床で寝てるらしい。さっき電話したけど繋がらない。明日の朝救急車を呼ぼうとお兄ちゃんとお昼に話しした」

姉は結婚地元を離れており、私は実家から歩いて5分のアパート暮らしていたので何か知っているのではと

電話をかけたらしい。

が、私は母親が具合が悪いことすら知らなかった。

私は基本的LINEとか電話の類が嫌いだし、当時仕事パンク状態で参っており、会社アパートを往復する以外は何も出来ないような生活を送っていて、

休みも歩いてすぐの実家に帰る気力もなかった。

それ以前にそもそも母親のことが好きじゃなかったので接触を避けていた部分がある。

母親と同居している兄にも連絡を取っているが携帯は繋がらないし、勤務先の番号も知らないと。

母親電話をしたところやはり繋がらない。

おそらく急を要する状況だ。なんで姉と兄が今日じゃなくて明日救急車を呼ぼうなんて言ってお互い納得したんだろう?と思いつつ、

2人とも私と色んな部分が合わない事はこれまでの人生で散々あったのは分かってる、それはいいか自分が出来ることをしようと思った。

私は会議キャンセルし、実家救急車を呼び、電車で1時間かけて搬送先の病院にに向かった。

救急から電話朦朧としているが意識はあるとのことだった。

隣町の搬送先の病院検査したところ、発熱があるためコロナ危険もありその病院で受け入れられないので、発熱外来のある大きな病院に行ってくれと言われ、救急車に母と一緒に乗り、そこに向かった。

久しぶりに会った母は全く意識が無かった。

9時すぎぐらいに発熱外来のある病院に到着し、母にコロナの恐れがあり、私も接触してる可能性あるので発熱外来専用のプレハブ小屋隔離され、待っていてくれと言われた。

私はテンパって会社を出たためコートを忘れており、二十畳ぐらいあるプレハブで、部屋にいるのが私ひとりで暖房を全開にしても寒くてしょうがなく、スマホバッテリーも切れてしまい、パイプ椅子にへたり込みながらつまらないテレビを見ていた。

11時ぐらいに兄がやって来たが、「頭痛いから帰っていい?」と言われた。

私も上司取引からストレスで色んなところが具合悪いんだけどと思いつつ、兄と同じ空間で息を吸うのもイヤだったのでいいよと言って返した。

夜の3時、ようやく医師から母親の状況が敗血症性ショックで相当まずい状況、コロナが原因か他の病気が原因かわからないということを告げられ、すぐ集中治療室うつすと言われた。

頭がぼーっとなり、誰かに話をしなきゃと思ったが、スマホバッテリーが切れていたので出来なかった。

なぜかよくわからないがプレハブからICU家族用控室に移動していいよと言われ移動した。

ICUの控室はテレビはないがソファーフカフカパイプ椅子とは雲泥の差だった。暖房もしっかり効いて快適だった。

朝になりとりあえず一旦帰っていいですよと言われて少し眠った。

10時すぎ兄から電話が来て病院から電話が来たので一緒に来てほしいと言われた。

タクシー病院に向かい、一緒に医師から死亡した旨を伝えられた。

姉はどうしても抜けられない仕事があり病院に来るのが昼以降になるとのことだった。

11時頃、PCR検査の結果が出てコロナ陰性だと分かったので母親と面会できることになった。

ただ寝てるだけにしか見えず、死んでいるのが信じられなかった。

ずっと母親のことは好きで無かったし、今もそれは変わらないんだけど、こんなに泣いたのは生まれて初めてというぐらい泣いた。

2021-10-18

anond:20211018220136

唐突自分語り申し訳ないが

自分人生で虚しいと考えている時は

漠然と苦しい時だったような。

昔 服薬で自殺を図ったことがあって、

幸か不幸か、未遂で終わったんだけど

胃がとにかく苦しくて、信じられない量の胃液を吐いた。

吐いていた時は、自殺を決行する前の1番苦しい時では無かった。

だけど胃が焼けるように熱くて、オーバードーズした薬の味が気持ち悪くて苦しかった。

そういう朦朧とした意識の中で、自分人生の虚しさを1番濃厚に考えていたから、

ここまで長文自分語りしていて申し訳ないけど、

あんまりむりしないでね。じぶんだいじ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん