「権威主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 権威主義とは

2021-06-10

anond:20210610154044

拝金主義権威主義だったり年功序列は今の若手社長も引き継いでるだろ

引き継がれないということは「新しい概念に淘汰された」ってことなんだよ

2021-06-05

SF」という、進歩的な題材のはずがむしろずば抜けて保守的なオヂサン層が住み着いてしまった哀れなジャンル

まったくの皮肉だよな

 

SFっつったらさ

ワープ! ロボット! 宇宙旅行! とかで少なくとも

人類労働から解放されたり、技術革新希望に満ちた前向きなジャンルだと思うじゃん?

でも現実ロボット支配されたり、1984みたいなディストピアものばかりで

リベラルどころかバリバリ冷笑系保守オヂサンが住み着いちゃったわけよ

 

冷戦期に勃興したジャンルだけあって、共産主義と聞くとギャオンギャオンしちゃうような

コテコテネトウヨも大好きだよねーこのジャンル

要はさ、「ガンダムみたいなロボットを作れる技術があっても、永遠に人類戦争から脱却できない」

っつう冷笑マインドが染みついちゃったんよ

 

例えば最近スターウォーズ三部作大炎上もそうで

本来ならあれだけの文化発展具合なら、銀河帝国よりも

みんな労働から解放されて平和に生きてる~とかの方がまだ分かるじゃん

全部ドロイドにでもやらせてりゃいいじゃん

でも作品はずっと人間同士で「抑圧との戦い」をしてる ハムスター車輪みたいにさ

そんでポリコレに媚びようものならオヂサン方が顔真っ赤にして(あ、真っ青の方がいいかな? イデオロギー的に・・・

ギャオンギャオンするわけだ

 

 

そんで、オレが言いたいのはよぉ

SF文壇ものの見事に衰退したのも、彼らのような排外的保守オヂサン方を

排除できなかったのが一番大きいと思うんだ

 

彼らがSFを食い物にして、権威主義を構築して、天皇のようにふんぞり返って

女や若者を賞レースから追い出してれば

そらこんなクソみたいに未来の無いジャンル誰がやるかよ! とはなるよね

SFに「平和」「平等」というアスペクトを持ちだすのを嫌がるから

SFは常に宇宙プライベートライアンみたいな状態にさせられてる

宇宙あたしンちがあったっていいやんけ

 

 

その結果、資本主義国家ではSFボロボロに廃れて、スターウォーズみたいな

スペースオペラ(笑)の名を借りたまがい物だらけになり

「三体」みたいなハードSFが、こともあろうオヂサン方の嫌っていた共産主義国家からまれたってのも

なんちゅうか、SF短編集みたいなアイロニーを感じてしまうよ ぼくは

2021-06-04

anond:20210604024310

なとろむちゃんは長い医師会にまかれたままで権威主義発言をくりかえすつまらない医者自称)だよ

観察したかぎり内容を精査しないでとりあえず見慣れないものdisるタイプブロガーであることは確かだね

もしつっこまれたら内科医なんてなんでももちまれから忙しくて感染症専門医みたいな勉強できないとでもいうんだろう

 

政府はよくやっていたというのに賛成する

マスクだのテレワークだの補償金だのなんでももちまれて忙しいのにワクチンだけは確保できててよくやった

補償金降りてない人丁寧にひろえ

2021-06-01

男性女性コンテンツ攻撃手法の違い

男性女性に人気のコンテンツ攻撃するときは、晒し揶揄が中心になる。

女性作者が女性読者向けにコンテンツを作ってヨシヨシしあうばかりのぬるいコミュニティが作られているところに男性侵入し、

そういうコンテンツを全く良いと思わないどころかキモいと感じるであろう男性が多いコミュニティに貼り付けて笑いものにし、

笑いものにされている様子が女性作者に伝わって作者がショックを受けたとかで鍵垢にしたり、

pixiv掲載されていた作品が非公開になったりして終了(女性作家は平均的女性よりも非常に傷つきやすい人が多い)。

それが男性流の異性作家コンテンツ攻撃手法

 

女性男性に人気のコンテンツ攻撃するときは、倫理攻撃が中心になる。

男性のような笑いものスタイルではなく、「差別である」「犯罪助長する」のような正義で殴るのが女性流。

男性作家は、作品女性集団に寄ってたかって揶揄されても、全く傷つかない。

男性作家の繊細な心が傷ついて鍵垢に…非公開に…ということが起こる可能性は全くないので、

「そのコンテンツ邪悪である」と認定して殴るのが女性流の異性作家コンテンツ攻撃手法となる。

男性作家は笑いものにされても全然平気な図太い人が多いため、ゴールは表現法規制させて強引に潰すというものになる。

 

男性作家女性作家の間には、読者からネガティブな反応に対する精神的耐性に大きな差がある。

女性作家ちょっと侮辱されればズタボロに傷ついて勝手に潰れて、自主的作品ネット上で非公開にしてくれる。

非常に弱いから強権的な方法をとらなくても自滅・自粛してくれるのである

その点、男性作家侮辱ぐらいで作品を非公開にしたりはしない。

嘲笑されても嫌悪されても「反応だ」程度の感想しか持たないのが男性作家

「このような作品を公開するのは違法であり、刑事罰対象になる」等、権力による圧力が加わらないと男性の行動が制限されることはない。

結果、女性流のコンテンツ攻撃手法のほうが権威主義的で表現の自由弾圧的なものになる。

 

女性作家が図太くなり、揶揄されたくらいで作品を非公開にしなくなれば、

女性向けコンテンツを罰したい匿名男性たちは「女性流」の強権的な手法採用するようになる可能性がある。

しかし傷つきやすさには性ホルモンの働きによる性差があるので、これから女性作家は異様に傷つきやすいままで、

アンチちょっと晒し侮辱すれば簡単に倒せるという状態は変わらないと思われる。

女性作家メンタルが弱く、簡単に倒されてしまうから男性権威主義的で表現の自由弾圧的な手法を取らずとも、

性向けの不快コンテンツを目にしないメディア生活を堪能できるのである

2021-05-28

実際フォントをえらんでWEBデザインしてる現場から

https://note.com/arisan_designer/n/n77e068511f5c

こちら、フォント歴史の話が珍しくホッテントリまで上がってたんで、まあちょっと嬉しくなったんで。


まあフォントはみんな好きなんで、いろいろブコメつくんだけど、まあ「知ってても何の役に立つんだ」「海外仕事するとき以外無用知識」的な「半端にイキってんじゃねーよ」的コメとか「読みづらい文字死すべし」的「デザイン理論原理主義」、「小林章さんが全て言い尽くしてる」っていう「有識者権威主義」はたまた「〇〇が好きなフォントです!」的「無邪気なフォントLOVER」がそれぞれワイワイいって、「で、どうすりゃいいんだ」ってなかなか意見が出んよね。


まあわっしもそんなに決定版的回答出せるほどの絶対的知識ないんだけど、現場で選んでるときの一例だせれば「ほーん」てなるかなって。


記事歴史的な背景知ってるときに、有効な例っていくつかあって

時代性や保守性、革新性などを表現するとき

和文フォントと欧文フォントを混植するとき

なんかは役に立つよなと。


時代性的なことで、有名な例としてスターウォーズポスターフォントとしてTrajanが採用されてたりするんだけど、あれは見た目がトラッドでかっこいい以上に、スターウォーズ年代記英雄譚、言ったら「サーガ」だから背景的にもバチっとハマってるってのがある。


Trajanは碑文から発見された文字インスパイアされて作られた文字なんで、言ったら最古のグループフォント(まあそこをイメージして作られたんだけど)で、伝説にはピッタリよねと。


あと、Frutigerなんかはシャルル・ド・ゴール空港サイン書体として開発されたっていう経緯があったりして、デザイナーアドリアン・フルティガーの作ったフォントシステマチックラインナップ展開を考えた作りで、近代性・工業性を表現できる書体かなって思う。

まあでも同じ人が作ったやつでデザイナーがより好きなのはAvenirかなー、円形とか直線とか、かなりジオトリックなエレメントを持ちつつ、ちゃん人間が描いた字として読みやすいから、意味と画面の平面構成的美しさがバーンと同時に目と頭にくるんだよね。

太さのラインナップが豊富で単純に使いやすいってのもある。


和文欧文混植の話は、厳密に000年だから、みたく同時代性に合わせるってより、それぞれのなかで相対的な「トラッドモダン」のポジションを持ってるものを組み合わせた方がしっくり来るよと。


たとえばA1明朝で、A1についてる英文だともうちょっとニュアンスが足らんよなー、もっと優雅さをだして落ち着きと伝統性出したいよね、なんか欧文フォント組み合わせたいってなったときA1明朝ってのは、リュウミンなんかよりより伝統ムードを強調して作られた書体なんで、時代性として相対的に古いと理解できる。

で、欧文はなにがマッチングするかと言うとローマンの中でも古いやつの決定版のGaramondなんかは合う。


ここら辺は頭で「時代性があう」からだけじゃなく、エレメントとして、和文場合漢字とかなの大きさの差や、「ふところ」なんていわれる「田」みたいなエレメントの狭さと、欧文のベースライン・ミーンライン間の幅と、アセンダー・ディセンダーライン比率を見て、これが大きければ、要はクルっと丸まった部分とシュッと縦に伸びてる部分が差が大きい、「ふところ」の狭い和文フォントと似てるね、ってなって、「あいつら上手くいきそうじゃない?」ってなるわけ。


あと、和文伝統的なもの意識したフォントは、縦組みに使いやすくなってるので、はらいの方向が斜めだったりして、こう言う斜めのながれは、欧文ではOの字の一番細い部分を縦に結んだ線が垂直か斜めかに対応している。

斜めになってるローマン体は相対的に古く、伝統的で、ここも合わせるときに見所かなー。


まあ地べたはいながら文字探してる現場WEBデザイナーが考えてることの一部はこんなとこっすな。

あとはWebフォントなー、最新のフォントがどんどん出るから、チェックしとかんとなー、以上!

anond:20210528082958

ていうか、場の管理者無能なんだよな

学校は多少なりとも生徒にストレス強制する場所なんだが、クラス管理者担任教師)が無能だと生徒のストレスコントロールできなくていじめという形で発散させる連中が出てくる

日教組民主的教育の推進方針元凶なんだが、非組合員でも権威主義的なクラス運営を悪いことだと思っているリベラル教師は、悪意のある低民度の生徒に舐められる

2021-05-21

anond:20210521122540

はいはい自分以外は全部差別主義

自分のことをわかってくれないのは能力主義

自分反論するのは権威主義

それでいいんだよね?

anond:20210521114908

目的社会運動なんだから権威主義になるのは当然だろ

権威主義がおじさん臭いと思うのは、「おじさんが権威を持っている」という現状を反映した発想で、そういった発想を打破しようとしてるのがフェミニズムなんだぜ

権威主義が「オバサン臭い」ってなったらある意味フェミニズム勝利なのかもしれんな

anond:20210521113547

なんだ単なる権威主義マウント

やってることおじさんと同じだな

寄り添うことが出来ない点もそっくり

anond:20210516225443

科学リテラシーって要するに権威主義って認識であってる?

からその認識は間違ってる。「権威主義」と「科学リテラシー」は真逆。同じにはならない。「人」を重視するのではなく「科学」==実証主義を重視する考えなので。

権威主義」がある種の科学リテラシーの一部に見られる可能性があるのは正しい。

が、「権威主義」が「科学リテラシー」に取って代わられることはない。逆は真でも偽でもない。

怪しいウイルス退治法を自らの持ってる知識技術だけで完全に論破できるか?

「偉い人が批判たかトンデモ」以外の判断基準が我々にあるのか?

からという理由で諦めて、「偉人が言ったから全肯定」が「権威主義」。

科学リテラシーは違う。自分の持ってるだけの知識技術でできるだけ追求する「姿勢」が科学リテラシー

「偉い人」が言ってただけだが、科学リテラシーに照らして、ある程度合致したなら、「とりあえず」否定しない。

完全に間違ってれば、「とりあえず」否定しておく。そもそも絶対結論は得られないという覚悟科学リテラシーの内。

判断基準はあるし、持つことが出来る。少なくとも、私はその程度の勉強はしてるし、知識もある。

なんで「他人勉強してない」ことが前提なわけ?それはあなたが諦めただけ。他人敷衍する理由はない。

権威主義を使わずに信用に値する専門家を見つけるの辛くない?


別に辛くない。自分理解できるまである程度は真偽をはっきりさせるから

物事を判定する際に「権威主義」を使う必要はない。

そもそも科学リテラシーとは最初から物事完璧理解することじゃない。

システムとしての科学個人が身につける科学リテラシーは別だと思うんだけど

科学というのは哲学含むんだよ。科学システムだけじゃない。科学哲学は切っても切り離せないものだ。

科学リテラシーは、科学の土台としているので、どうしても定義を含まざる得ない。

一般人には実験再現も物的証拠検証も無理だし

から科学リテラシーは「態度」も含む。検証できないからという理由だけですべて投げ出すのは「科学」ではない。

一般人には科学リテラシー必要ないし我々にもありません」って主張なら分かるんだけど

もしかして科学というのを実験器具と同じものだと思ってないか?全く間違ってる。

実験を重視するが、科学実験器具のものじゃない。

ある実験をしてある結果が出る、ことだけを「科学」と呼んでるならそれ自体間違ってる。

科学哲学を学べ、とは言わないが、

存在自体知らない人が「科学リテラシー」は「権威主義」と一緒だなどと言えるのは「ああ知恵が足りないんだな」としか思えない。

2021-05-19

anond:20210518201532

しろ権威主義デフォオタク朝日か愉快目的の奴叩いてる印象だけど

 

オタクくんはウヨからもスケゴにされてしまうのか 

まあ普段から厄介が出るたびに身内をスケゴしまくってるオタクなんて同情する気にもなれんが

[]2021年5月18日火曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0010914551133.557
018310345124.643
02345286155.576
03394085104.746
0463524683.368
0580493161.646
06193223169.649
07609865164.449.5
0877742996.526
091911452976.139
101941421173.343.5
111861666289.645
121661591795.937
13135817360.533
141991374269.134
151671415584.838
161761528586.836.5
171921534779.936.5
1812613863110.041
1914217051120.130
201751382079.033
21134904867.523.5
229412778135.944
2312019235160.354.5
1日296127877794.139

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

SQLインジェクション(8), 新安(4), 保法(4), 水からの伝言(4), ひろみちゅ(22), セックル(3), 高木先生(3), 徳丸(4), カイドウ(4), usagi(5), ガザ地区(3), ベーシックインカム(25), 接種(53), 予約(64), 文法(11), 飼う(11), 所得税(11), 番号(20), ひろゆき(12), 処女(26), ワクチン(93), 学術(16), 権威(13), システム(96), 共産党(17), 大規模(15), ウマ娘(24), マスコミ(22), 弱者男性(72), IT(36), 科学(19), 救わ(20), 政府(60)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■みんなやってるけど公には言わないグレーな行為 /20210518100156(75), ■葬式シーンで雨が降ってるとムカつく病 /20210517205623(25), ■マジでいいところまで書いてて死んでしまった作家 /20210518144014(20), ■中国韓国との競争に敗れ衰退が続く日本造船業について /20210518071533(18), ■ワクチン予約のクソシステムについての私見 /20210517201151(16), ■5大、終わらせる気がなさそうなダラダラ漫画 /20210518111230(16), ■彼女実家家族がドカタであることが判明してショックだった /20210518195105(14), ■母がハマってきたもの最近トレンド /20210518063647(14), ■まじめな話、男のどのくらいが処女厨なん? /20210518112052(13), ■弱者男性に1番厳しい属性ってフェミ男性なんだな /20210517201726(13), ■科学リテラシーって要するに権威主義って認識であってる? /20210516225443(11), ■本当の「弱者男性の丁寧な生活」 /20210517213621(11), ■スピリチュアルにハマる母についての考察 /20210518113034(11), ■疲れたから聞いてくれ /20210518140340(9), ■ワクチン予約のシステム納期ありきのクソプロジェクトあるあるすぎ /20210517234543(9), ■結局なぜ満員電車で大規模感染が引き起こされなかったのかの答えは出ていない /20210517170136(9), ■出先上司増田くん平成まれから円周率は3なんでしょ」 /20210518105636(9), ■有明アリーナ電通に1/5の価格譲渡される件のカラクリ /20210517222926(9), ■孫子巧遅より拙速なんていってない /20210518113524(8), ■anond20210518160647 /20210518161458(8)

2021-05-18

anond:20210516225443

まさに「リテラシー」の話ですが「科学リテラシー」ってそもそも何でしょう。

増田の指摘はとても重要問題提起ですが、「科学リテラシー」と「権威主義」という言葉

指す内容がそもそも一体何なのかという所を整理する必要があります

権威主義的(?)自己紹介ですいませんが、私はこの辺を専門にしている人間です)

◆「科学リテラシー」は「真実判別する力」ではない

「著名でない人が提案した手法から」「偉い人が否定してるから」でしか判別できないよな?

大前提として、科学リテラシーがあるかどうかは、”真実判別できたか”で決まるものではありません。

「何が真実かを正しく判別できる人」が「科学リテラシーのある人」というわけではないのです。

科学リテラシーにも色々定義がありますが、とりあえずWikipediaを見ますと (科学リテラシー - Wikipedia)、

個人としての意思決定市民的・文化的問題への参与経済生産性向上に必要な、科学概念手法に対する知識理解

というややこしい説明が出てきます。(一応アメリカ国立教育統計センター定義です)

先に言い訳しますが、ネットリテラシーなど「リテラシー」と名の付く言葉って、

ことごとく定義が大変難しく、「大体こんなもの」的な定義しかできないことをご了承ください。

とりあえず、”真実判別できる力”のような単純なものではないという点だけおさえていただければまずはOKです。

科学リテラシーとは、若干雑に咀嚼すると「科学とは」というもの理解した上で、

個人的、社会的場面で思考判断・行動などを可能にする能力のまとまりです。

ですから、「エライ先生達が言ってるから正しい!」は、まったく「科学リテラシー」ではありません。

  ※ちなみに、これに「異論は認めない」がつくと「権威主義」になるのだと思います

   あと、そもそも本来の「権威主義」はかなり限定的意味言葉です。

一般的に、エライ先生達が言ってることはなぜ正しいとみなされるのか」という背景を理解していること、

科学世界におけるエライ人がなぜエライのかを理解し納得した上で、”正しい”かどうかを

自分なりに判断しようとする姿勢こそが、「科学リテラシー」のある姿です。

ブコメのように「専門の異なる複数専門家クロスチェックしてとりあえずは間違いなさそうだと思われる」という姿勢はまさにそうですよね。

ですから、そういう専門性に対する信頼を持つ一方で、それを100%妄信するのも誤りです。

エライ先生も万能ではないから、間違うこともある、このエライ先生発言も、当面信じる程度に留めよう。

そもそもこのエライ先生はどういう根拠でこう言ったのだろうか」ですとか、

エライ先生の中には、時には利益に踊らされて根拠のないことを言う人だっている、

研究業績が少なくとも”エライ”ともてはやされる人も時にはいる、ではこの「エライ先生」はどうだろうか?」

など、「エライ先生」の、そして科学科学業界限界ちゃんと踏まえた上で、

冷静に情報を受け取れること、こういう力も科学リテラシーの一部です。

また、例えば「エライ先生」の発言裏付けるような情報を探したり、あるいは発言を覆すような

情報が出た時にもちゃん咀嚼できる力、それも科学リテラシーの一部です。

ですから増田

権威主義を使わずに信用に値する専門家を見つけるの辛くない?

博士取ってれば誰でもいいってわけではないんでしょ?

健康食品宣伝だって複数大学先生コメント出てきたりするよ

などは、まさしく科学リテラシーを持った姿勢の一つだと思いますよ。どの世界もそうですが、

リテラシーを持てば持つほど、簡単には断定できない問題も多いことに気づくものです。

そしてその上で、皆で「何が正しいか、それに基づいて我々はどうすべきか」を

建設的に話し合うことができる力も科学リテラシーには含まれます

◆「専門家を信じる」は「権威への盲従」ではない

もう一点だけ、別の増田 (https://anond.hatelabo.jp/20210517174206)が、

彼らが専門の訓練を受けて、種々の精査を学会で受けてると信じてるから

でもこれってそういった権威基本的に盲従してるだけなので、自分権威主義者だと思ってる。

とおっしゃっています。とても謙虚姿勢だと思いますが、

これは「盲従」とみなさなくてもよいと思います。これは「理解に基づく信頼」です (他にも言及している人がいますが)。

ある事象に対する専門家コメントと、ド素人コメントがあった時、

専門家から絶対に正しい!」と言い張ったら、確かにそれは「盲従」です。

「最終的に素人の方が意見が正しかった」という可能だって全然ありますからね。

ですが、専門家素人意見を全く同列に扱うのも、また非効率です。

素人個人的な経験や思い付きから言った発言と(若干失礼な言い方ですいません)、

専門家が、様々な科学的知見・理解をもと発した発言とでは、”現時点では専門家の方が信頼度が高いだろう”と

暫定的判断することは、効率的かつ極めて妥当判断です。それを「盲従」とは呼ばないと思います

(そしてそれはあくまでも「現時点で信頼度が高い」というものであり「絶対正しい」ではありません)

で、話がややこしくなるのはこの「現時点で信頼度が高い」という言説が、外野には思いの外受け入れられにくいということ、

そして、「理解に基づく信頼」と「権威への盲従」の間には、判別しにくいグレーゾーンも確かにあるという2点だと思います

この辺のややこしさを踏まえずに、安易に「科学リテラシーが低い!」と他者批判してしまう人が多いので、

科学リテラシー尊重権威主義」という誤解や嫌悪感が生まれるのではないでしょうか。

こうした誤解や嫌悪感を生まないためには「科学リテラシー」という言葉肯定的に使おうとする人たちにも、

適切な言葉遣いが求められるところだと思います

 ◆

科学リテラシーという言葉には、専門家を適度に信頼しつつ (疑うことも忘れずに)、一人一人の市民良識をもって話し合い、

一つ一つ合意を得ながら社会を構築していける、そんな姿を思い描いている部分があるんですよね。

もちろんこれは理想論です。ですが、そういう理想まですから視野に入れた科学リテラシーという言葉が、

科学リテラシーがある・ない”で、分断をあおるような使い方をされるのはとても皮肉なことです。

長くなりましたが、「科学リテラシー」とは、「専門家意見に盲従して判断すること」ではありません。

権威主義的態度はむしろ科学リテラシーの対極のはずなんです、本来は。

スピリチュアル団体にハマっている父について

anond:20210518113034

父が定年後に気功スピリチュアル団体にハマって、

団体研修を受けてテスト合格して階級を上げるために年間30万円くらい使っているようだ。

テンプレだけど、その団体にハマってからワクチンも標準医療否定し、製薬会社陰謀を唱えて薬の服用を拒否するようになった。

母は呆れ7:怒り3って感じで傍観していて、自分は何かの症状が出たら普通に病院に行くと言っていた。

実家家庭内別居のようになっているようだ。

 

父は定年とはいえ完全な無職ではなく、再雇用になっている。

定年前は権威のある職に就いていて所得も高いほうだったのが、

再雇用になってから年収が激減し権威も無くなってしまったようだ。

このご時世で再雇用先があるだけ境遇感謝すべきだと私は思うのだが、父にとってはそうではないみたいだ。

「すごい人の夫」や「優秀な子のママ」ではあるのだが、本人そのものにはこれといって特徴がなく、誰か別の人間との関係の上でしかそのアイデンティティを見出せない。

この部分を読んで、なぜか父を連想した。

権威主義者なのに自分権威がないと、スピや新興宗教などの団体にハマるのでは?

自分権威がない権威主義者が、配偶者子供権威を求めがちで、

権威ある配偶者子供を得られても自分には権威がないせいで充たされずスピる末路になっているのでは。

 

父は「優秀な人の凡人家族」ではなく、自身権威を持っていたが、加齢により権威を失った。

失った権威を埋め合わせるように、スピ団体は昇格システム提供している。

指定された内容を覚えれば昇格できるという、一本道でシンプル権威を得られるシステムになっている。

これが権威主義者に刺さるのでは。

母は元々権威を持っておらず、持ってないことによるストレスを感じていない様子だ。

母は権威主義ではないから、欲しいものが得られていないストレスを感じずに済んでいるのでは。

 

母の思想初期仏教的な、欲望や執着を無くしていくものだ。

若いころには周りの人と自分を比べて悩んだり自意識過剰になったり、無駄な買い物をしたりもしていたらしいが、

中年期を経て欲望や執着を無くすのが一番快適であるという結論に達したようだ。

でも母は「20代でこの心境になっていたら多分結婚していない」と言っていた。

私の存在は、当時の人々が社会的にかけられていた「嫁き遅れると人生終わり」という同調圧力によって誕生した可能性がある。

(まあ私は産まれないなら産まれないで、別に良かったのだが……)

個人の快適さはおそらく初期仏教に鍵があるが、若者が早々にここに辿り着くと少子化は加速するだろう。

 

そして父のように再雇用になっても欲望と執着が止まらない強欲タイプは、どこかに権威を求めて狂っていく。

元同僚の女性に、占い・スピ好きが居たのだが、彼女恋愛リアリティショーやブランド物も好きで、ギラギラしていた。

迷いや悩みの感情がいやに強烈だったり、強欲がギラついた人ほど、占い・スピに行くように見える。

寂しさが異常であったり、影響力、支配力への執着にも見える。

人のことが気になりすぎるのかずっとインスタを見ていた。精神的に壊れる率も結構高いように見える。

占い・スピ好きの女性は、女性らしさを誇っている女性というか、動物的な「雌」性が高かった。価値観ファッションも。

父も、母が中性的で痩せていて乾燥しているのに比べると、歳の割にギラギラ感があり「雄」性が高いように見える。

腕時計や車が好きであるというと分かってもらいやすいだろうか。

なんというか、そういう雌性や雄性の強さのようなものが、

人間を奇妙な集金コミュニティに引っかかりやすくする弱さなのではないか最近思う。

権威主義」と「信頼」を分けるべき

anond:20210516225443

言っていることは概ね同感。だけど、「権威主義」と「信頼」は明確に分けるべきだと思う。

権威主義とは、「東大先生医師会会長なんだから言っていることは正しいに違いない」とか、権威のあるブランド名前を信じて従うべきという態度。だから権威を素朴に信じている権威主義者は、不祥事や失敗などで一度「裏切られた」という経験すると一挙に陰謀論者に転落する。

信頼とは、「ウィルスとその感染対策については専門家現場の人たちより分かるようになることは絶対に無理なんで……」など、自分知的能力について徹底的に謙虚になる態度のこと。そして科学である以上は専門家も時には間違えることを知っているが、素人自分よりは間違いが少ないのだろうから任せようという態度。だからたとえ専門家が間違えた判断をしても、陰謀論に転落するようなことは絶対にない。

「信頼できる専門家」の判断は難しいが、「現場を背負っている、あるいは経験がある」「陰謀論的なことを絶対に口にしない」「政局の話とは絡めない」などが基準だと思う。

anond:20210516225443

権威主義と言うより何か別の社会的現象じゃないか

特定の分野では権威ある学者メディアかに叩かれて、はてなーがそれに便乗することもあり得るから

anond:20210518104829

直前の文を書いた者です、ありがとう。雑な文章だったけど言いたいことを理解してくれて、補足として良いこと書いてくれてうごく嬉しい。

>| 前提となる「絶対確実」なところは まんま知識量だから、これが少ないのは中学校高校勉強をサボった自業自得。だが手遅れじゃない、いまからでも取り戻せる。

デジタル格差ってのが話題になったことがあるが、科学知識格差もかなり人生を左右するぞ。

あと判断Yes/Noの2択じゃない、濃淡のあるグレーであって、逆に真っ白・真っ黒ってのはありえないぞ。全てを疑うんだ。そこからリテラシーは育つんだ。 |<

権威主義を受容すれば、これも凄く良いこと言ってるんだよな。前提となる知識を多く仕入れれば、それだけ物事がどの程度正しいかを推測出来るようになる。(無理なものも多いが)

正しいというのもAll-or-Nothingではなくて、やはり度合いというものがある。

無理やり自分相手を極論に押し込めて勢い強く主張するってことを俺たちはやりがちだが、双方の良い部分を拾い上げて自分のものにしていきたいよな。

ワクチン接種予約システムの件、システムとしてのセキュリティ仕様問題視する意見については、情報漏洩が起きない限りはという留保付き(逆に言えば現状は漏洩事案ではなく、そもそもマイページの内容は「暴露されたとしてそれがどうなんだ?」と言っている)とはいえひろみちゅから否定されてて笑える。(権威主義)

ブクマカの今後の対応が問われる。

anond:20210518103818

そうなんだよな。

この話題って、 

科学権威主義宗教的しか信じられてないから信じるに値しない」

みたいなこと言っちゃう間違いと、

科学は一切が実証的であり完全に客観的宗教権威の要素は微塵もない」

みたいなこと言っちゃう間違いの、

双方がぶつかり合うところがあって、両方が一部正しくて一部違うんだけどな~~というもやもやがある。

 

お前みたいな説明でどうにかもやもやを乗り越えていきたいわ。

 

anond:20210518014919

それって「『絶対確実なものから論理を積み重ねていく」ことで「科学リテラシー権威主義的側面を持っている」ことを否定しようとしているってことでOK

・本当に「絶対確実なもの」は「絶対に確実なもの」としていいのか?

 増田が例に出したウイルスについて考えてみる。

 ウイルス分子量は数百万~数千万で、その大きさは細菌より遥かに小さいというのは、現代では一般によく知られている。

 しかし、それが明らかになったのはX線結晶解析や電子顕微鏡の登場を待たねばならなかった。

 ここで疑問なのは権威主義的に無批判ウイルスの大きさを「絶対確実なもの」としていないかということだ。

 正直、増田が「ウイルスは同一のサブユニットから構成されるために対称性観点からその形状は正十二面体か正二十面体であり、X線結晶解析や電子顕微鏡によってその大きさを 確認した」なんて到底思えないんだわ。

 ウイルスの大きさは当時の科学者によって批判され論考された末に定まったものなのだろうが、権威主義的でないならばその批判プロセスをなぞって再検証する必要がある。

 その批判に使われた考えや技術も当然再批判する必要があり、帰納的に疑うべきものの数が増え続けるために、権威主義的側面によって仮説検証コストを下げることは必須であり合理的

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん