「権威主義」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 権威主義とは

2018-10-17

anond:20181017090728

だって日陰に居た方がいいじゃん。フェミ権威主義ネトウヨPTAの類からワーワー言われるリスクもないし。

萌え絵社会的承認されるべき」だとちっとも思わん。お言葉を返すようだけど老害オタクオタク界隈の表現の自由を守ってきたんですけどね。新参者市民権を声高に叫んでんじゃないよ。

日陰に押し込められてるのを「表現の自由が守られてる」とは言わない。

「守ってきた」んじゃない、引きこもってただけ。だからちょっと叩かれたらすぐ日和る。情けない。

anond:20181017090231

だって日陰に居た方がいいじゃん。フェミ権威主義ネトウヨPTAの類からワーワー言われるリスクもないし。「萌え絵社会的承認されるべき」だとちっとも思わん。お言葉を返すようだけど老害オタクオタク界隈の表現の自由を守ってきたんですけどね。新参者市民権を声高に叫んでんじゃないよ。

2018-10-14

片山さつき荻上チキマウント

あれって高学歴権威主義ダメなとこを凝縮した感じ。

財務省とかああいプライドが高くて万能感持った無能が多いんだろうな。

ちなみにわたしはむかし学内たまたま道案内した見ず知らずのオッサンエール大学PhDマウントされたのはいい思い出。

anond:20181014063216

世の中の大半は情論で回ってるだろ。死刑で重犯罪が急減するという定量的統計データはないけどなくならないし、ある水準のイジメがだめなことに定量的統計データはないけど駄目だってことになってるし。

そういうところに気づかず、自分らに都合よく"論理的議論"を出し入れする側に「脱常識社会学」とか読ませてやりたいわな。

神を非理性だーと喚きながら、理性を信仰対象にしてる自覚ないんですねwwwって煽っても、権威主義で「匿名の言うことは」と聞きやしない連中だから、まぁ何言っても無意味だろうけどな

2018-10-12

ごくごく個人的な、キズナアイが巻き込まれ騒動のまとめ

キズナアイの件、だんだん疲れてきたので自分見解をまとめることにする。

文章化しておかないと区切りがつかなくて永遠に頭の中グルグルしそうなので。


論点は二つあった。

  1. キズナアイの格好はNHKに出せないくら性的かどうか
  2. ジェンダーロールの再生産になっていないか



1. キズナアイの格好はNHKに出せないくら性的かどうか

1. は個人的には問題ない。というか、フェミニストから批判してはいけない部分だと思ってる。




2. ジェンダーロールの再生産になっていないか

2. が今回の主戦場

年代階級普段二次元表現VR界隈に触れているかによって感覚が違っているようだとは感じた。

批判側の意見としては、男性講師役・女性が生徒役という枠組みが旧来のジェンダーロールを再現しており、女性を萎縮させるとのこと。

世の中が完全に男女平等になっていれば、たった一つの例に目くじら立てないが現実はそうなっていないという意見を見た。


なんとなく納得できそうなところと、でもなーというところとあり、未だに整理できていない。

このくらいのことで、本当に女性は萎縮してしまうのか?と思ってしまうが、それは自分があまり抑圧を受けずに育ってきたからかもしれないし。

公的性格が強い媒体ではポリコレに則って多様性配慮した表現をするべきだ、という理屈はある程度納得できなくはないんだけど、

などなど疑問点や不安な点がいっぱいある。

そもそもそういう表現公的場所から狩ろうとすることは、長い目で見るとポリコレに反する表現絶滅させることに繋がるんじゃないか?という懸念が拭えないわけで。

ポリコレに反するから隠す。存在自体が許せないのではない、悪ではないが場所をわきまえてやれ」

これが、容易に

「隠されるものは悪いもの。悪いものは細々と裏で楽しむべき→悪いものはなくなるべき」

に変わっていくんではないか?大多数の人は「存在自体が悪い訳ではない」と思ってくれるのか?

多様性配慮した表現も大好きだけど、多様性クソ食らえ!な表現も大好きなんだよ。

男性向けも女性向けも、エロも非エロも。

でも、社会の大多数に認められにくいのって後者じゃん?

ポリコレ絶対を突き詰めていく先に、多様性クソ食らえ表現が狩られる未来しか見えないんだよな。

そこまで社会の理性を信じることができない。だから怖い。

本当は楽観的でありたいんだけれども。


規制しろとは言ってない、ゾーニングだ、という人がいる。

でも、ゾーニング規制だし、ゾーニングのやり方によっては容易に表現の場が失われてしまうこともある。

からゾーニングって簡単にすることができない。


個人的理想としては、ある表現をなくして目立たなくするのではなく、自分がいいと思う表現をどんどん作ったり推したりしてそれらの存在感を上げていく方向が建設的でいいと思う。

子どもができたら「これは良くないから見るな!」って言うより、「こっちにはこういうのもあるよ」って接したい。

その上で、親が眉を顰めるようなものに触れてしまうのも当然だしそれは成長の一部だと思う。

親が全部管理なんてできやしねぇしするべきでもないし。

全部ひっくるめて子ども当人人生で、自分自分がよいと思うものを選び取れるようになってほしい。

結局は私も根拠のないお気持ちでこう主張するわけですがね。


そして今回、一番衝撃だったこと。アカデミックフェミニズム側がジェンダーロールの再生産を非常に問題視しているという点。今更なんですが。

今回、1.の論点重要視してるかどうかでフェミニズム側は分かれていたように思う。前述したようにこれをフェミニスト自称する人が問題視するのはどうかと思うので、ここでだいぶフェミニスト側を分類できた。しかし、性的だとはしない/もしくは問題視しない人々でも共通していたのは、あれが旧来のジェンダーロールの再生産であり若い女性を萎縮させる、ということだった。個人的に、アカデミックフェミニストの中で信頼がおけると思っていた人も、ここは強く問題視しているようでかなり衝撃を受けた。

かつて自分が被ってきた女性差別を生々しく思い出して重ねてしまう傾向が一定年代以上の人や女性差別が酷かった業界の人には多いということなのかもしれないが、それ以上にフェミニズムの中で長らく重要視された観点っぽい。そこまで確固たる共通見解となっていたというのが驚きというか。それを各種表現にここまで簡単に当てはめることに躊躇がないんだな、と。

個人的にはうなずける部分もあるが、女性差別のみを特に重要視して男性に対するジェンダー的な抑圧を無視する傾向がある気がするし、私が育ってきた中では幸運にもひどい女性差別を受けては来なかったこと、そして自分ジェンダーロールの再生産になりそうな作品もそうでない作品も両方楽しんで育ってきたことなどから、そこまで切迫感を持つことができない。私とそういう人たちとの間に断絶がある。

女性差別って私が想像する以上に酷いものがまだまだあると思うし解消に向けて動くべきだし動きたいんだけど、私は上記理由からこの方向の活動にはどうしても同意できないな…。この方向で頑張ることによって、そういう酷い女性差別改善していくとは思えない。


おまけ1 VR界隈について

ちなみにVtuberVR界隈に対しては、既存ジェンダー観でははかれない技術革新がもたらした今までとは違うジェンダー観が存在すると思っている。キズナアイも見た目は女性だがAIという設定で性別はない。ガワと中の人性別が違うなんてざらにあるし、自分が望めばなりたい性別セクシュアリティになれる・それを当たり前のように受け入れてもらえるという土壌がすごくいいと思っている。

まりVtuber界隈詳しくなくて今回初めていろいろ調べてみた程度なのであまり語れないんだけど。バ美肉とかは、すごい革新的すぎて興味持っている。みんなもっとチャレンジしてジェンダーの壁を軽率に越えるべき。

参考:おじさんを美少女化したテクノロジー 先端心理学が語る「VR世界

https://withnews.jp/article/f0180401000qq000000000000000W00g10701qq000017020A



おまけ2 社会学等の研究成果評価システムについて

1~2の派生で、千田氏の炎上から社会学などの研究成果評価システムにまで話が発展したのは大変興味深かった。

というあたりか。それぞれの分野に合ったシステムがあって、外野から簡単に口出せるものではないと思うが、若手の方々がより良い方向を目指して試行錯誤されているらしい、ということは分かった感じ。

参考:社会学では査読論文より著書を重視する文化でそれで学術クオリティが保たれるシステムもあるらしい?という話。

https://togetter.com/li/1274988

2018-10-10

anond:20181009213503

理系権威主義もそれはそれでいろいろ問題なんだが、文系権威の源泉を全否定しちゃって大丈夫か?

あなたは立派な学者で関連する全ての論文を実際読んで検証して自分の頭で考えて答えを出すのかもしれないが、一般国民はそんな暇も知識もないわけ。

今まで知識のない人たちには「論文にこう書かれています」ってのがありがたいことで一つの知識の蓄積だと思われてたけど、それが極端な話言えばそこらへんのブログ新聞に書かれているレベル記事信憑性が同じって疑われてるところまできてるわけ。一部のアホっぽい(主に政治的な)社会学者連中のせいで。もちろん学会内ではあの先生が書いたからとか、読んで検証したけどあの論文は実際いいよって評判も聞くことができるんだろうけど、素人がそこに入ってくのは難しいよね。一人目に聞いた人がいい人とも限らんし。


大部分の学者ちゃんとやってると私は思ってるよ。でもその知識アカデミアに入らない国民には理解しようもないし、還元されようもないなら、あいつら何かよくわかんないけどサボってんじゃないかとか、税金かける価値ほんとにある?とか言われてても擁護しようがないじゃん。今まではちゃん論文書いてるしって言えたけど、その論文、実は査読なしの書きっぱなしでコネがあれば好き勝手文章載せられちゃいますってバラしちゃったじゃん(一部の分野だけかもしれないけど)。個別に読んで評価しろっていわれたって文系論文読んだことないし、指標もないからどれ読めばいいかすらわからんってなる。それが査読論文があれば互いにいろいろやり取りして論文の質を高める工夫をしてるらしいよって話になる。英語論文があれば、仲間内の人じゃない人からも読まれたり評価したりされてるらしいよってなる。つまり論文権威を信頼の道具にしろってこと。


要は文系の一部のアカデミアは今権威が疑われてるんだよ。信頼を勝ち得るには無知理系同族文系偏見持ってるのが多くて申し訳ない気持ちもあるけれど)を批判したり、あるいは陰謀論者だ反知性主義だとか批判してもどうしようもないわけ。ただでさえ理系文系大学予算削って理系にまわすのに大賛成なんだし、あいつら信用できないって噂が広まるのは好都合。そこを「間違っているとは限らない」っていくら論理的説明したって「間違ってない可能性があるだけの研究?なら本屋に溢れてるしその執筆の手伝いに国家予算付けるほどお人好しにならなくていいよね」って言われるだけでしょ。理系に比する信頼を勝ち取る手段の一つが査読であり英語だし、それができなければ〇〇論文誌の論文は毎年学会で全部ちゃん議論してます(その結果もまとめてあるのが理想)って表明するとか(日本語できる人でいいんだが)外国学者もっとポスト招聘してうちの学会オープンですってアピールするとか面倒臭くても何か工夫をしないといけないと思う。


いろいろ書いたけどあくま予算権威が欲しいならね。研究費は元々少なめだとは思うけど、さらに削られたり給与もこれから理系に比べて少なく設定されるようになってもいいし、信頼度新聞マスコミレベルで構わない(関係ないが自分最近マスコミ悪く言われすぎだと思う)というならそのまま何も変わらなくていいと思う。

2018-10-09

anond:20181008215814

metamix 英語論文なぞいらん日本語で事足りるって話はまあいいけど、理系なら学部生ですらやらされることを文系だと教授クラスでもやらなくていいんだーフーンみたいな感想

お互いの分野で必須タスクが違うだけだろ……英語以外の外国語を読まなくていい理系はずいぶん楽ですね,って言われたらどう思うよ? 私は修論書くにあたって複数ヨーロッパ言語読んだし,東洋史だと修士でも複数の現地語+複数ヨーロッパ言語を読むのが当然みたいな分野もあるけど,理系英語だけ読んでりゃいいんだっけ? ふーん.

kyuuzyuu9yen じゃあ文系論文妥当性はどうやって担保しているのかと。仲間内でも議論はしているのか?

dot 学術言語は一理あるとも思うけど、査読有りが理系ローカルルールという言説には面食らう。記述言語査読有り無しも最終的には学術論文としての品質をどう担保するのかというところに帰結すると思うんだ。

slimebeth この問題英語査読不要理系絶対と思うなみたいな捨て台詞をいろんな人が吐いてくのに「では代わりにどういう制度方法論で研究の質を担保してるのか」を未だに誰も一言も言わないの底知れぬ闇感すごい…

本当に疑問なんだけど,こういう主張するひとたちって「まあ最近文系査読重要になってきているし,若手は査読つき業績を増やしたがっているけれど,査読がつかないかダメとは限らない,ってだけの話.当たり前だけどダメダメ論文は後発の研究によってちゃん批判されるか鼻にもかけられず無視される」っていう箇所が読めてないの? 査読つき雑誌はある,査読つきの業績は重要であるしか査読がないからといってダメであることを意味しない,ってそんなに難しい話かね.

ていうかこういうひとたち,普段査読通った論文なら無批判に盲信してるんですか? 論文批判的・懐疑的に読まれ瑕疵があれば後発の研究によって批判されたり乗り越えられたり無視されたりするものだ……というのは文理を問わぬ学問常識だと思っていたのだが,「査読がないとどうやって研究の質を担保するの?」などと吐かす一部の理系はどうやら査読を通ってさえいればアッサリと先行研究を信じてしまうらしい.どっちが権威主義なんだか.

reuteri ペレルマン査読されてないが多くの人から批判的にチェックされるでしょ?そのチェックの有無が科学にとって重要で、「学界の権威が言っているから正しい」という世界科学ではないのですよ。日本語については同意

藁人形叩かれても困るんですよねぇ.

theta 日本には日本のXX学、米国には米国のXX学、印度には印度ののXX学があって相互互換性が無いのなら、それは普遍性のある学問なのかなという疑問がある。

こういうレベル説明から始めなきゃいけないの本当に馬鹿げてると思うんだけど,日本西欧研究なら西欧諸言語の先行研究は当然追いかけているし,英語圏の日本研究者は日本語の先行研究読んでますよ.ドイツ人ドイツ研究者と日本人のドイツ史学者は同じ学問従事していて,同じ問題意識を共有している.ただ,日本西洋史研究日本歴史学という別の文脈の中にも置かれていて,そちらから影響を受けて「日本西洋史研究独自の色を出すこともあるし,アメリカでは日本研究者と東南アジア研究者が共同プロジェクト独自問題意識を深めているかもしれない.そういう意味で各国の研究には多かれ少なかれその国の事情に根ざした独自性があるわけ.そして,時には「本国」以外での研究潮流が「本国」での研究に影響を及ぼすことだってある(たとえば前世紀末から今世紀初頭にかけてのアメリカソ連研究典型的かな).日本中国学はフランス台湾中国学と微妙に違っているかもしれないけれど,それでも同じ中国学なんだ.

kingate だとして。最先端は何処よ?学術研究論文最先端批評貰う必要があるんじゃねぇの?ローカル内容でも批評貰わんと正否は出ないでしょ、総論として。で、あの学者モドキはその総論に後ろ足で砂掛けたの。

分野によるとしか言いようがないし,別に最先端複数あってもいいんじゃないかと思わなくもないが.たとえば私が研究対象にしている地域については間違いなく英語でのショボい研究蓄積なんかよりも現地語での研究最先端だけど,私は現地での最先端研究フォローしているし,現地人の使っていない資料とかも使って彼らと勝負しているつもりでいるよ(現地人だからこそ盲点になってる資料みたいなのがあるんだよなぁ).

iyochoo 国内アカデミアを重視するか、世界アカデミアを重視するか。両方の言語で書いてくれると助かる人が多いです。

世界アカデミア」なんて幻想で,各国別のアカデミアが併存してるんだよなぁ.もちろんそれらの間に橋を架ける必要はあるけれど.

(……)恐らく査読文化のないという文系の分野では、被参照数によって論文の質を予測するというように思うのですが、被参照数というのは流行研究をしている事で他の研究者が参照しやす環境がないと伸びにくい物です。ニッチな分野の研究をしているが、優れた研究であるのに査読も行われず、誰も参照してないという論文があるとして、研究を行う者はその論文を如何にして見つけて評価するのでしょう?文系研究者は、研究を開始するまでに、かなり無駄調査時間必要とするのだろうなという事を想像しますね。(……)

anond:20181009154937

ぶっぶー.ぜーんぜん違います.ろくな知識もないひとがテキトー想像しても頓珍漢な答えに辿り着くだけなんですよねぇ.

そもそも査読はあるし重要だが,査読がなくても良い論文であれば評価対象たりうる,という話を少なくとも私はしていたわけで,それを「査読文化がない」と要約されても困惑するわけですが,まあ全ての論文査読を受けているわけではないという状況を「査読文化がない」と書いているのだろうと好意的解釈するとして.

当たり前ですが文系でも「レベルの高い査読誌」「査読はないがレベルの高い雑誌」「レベルの低い査読誌」「無査読紀要」ではチェックの優先順位論文の重みは違います.当たり前ですね? 査読はしていないけれど,その分野では定評がありよく読まれ雑誌,というもの存在し,たとえばそのへんの査読をつけた院生向け紀要とかよりも圧倒的に読まれる,というような状況がある中で,査読がないからといって無価値扱いするのは不当だ,という話を私はしていたわけです.

なので,ニッチだけど優れた研究をしている人は,よく読まれ媒体論文投稿すればよろしい.というか人文系研究対象って,研究水準の深化に伴ってどんどんニッチになっていく傾向があったりしますしー.

そもそも文系の多くでは被引用数を重視する文化はあまりありませーん.理由ひとつとして「正確な被引用数を測定するのが困難」というのが挙げられます.著書も業績になり得る上に各国が自国語で研究する世界において,外国語も含めた紙の本での被引用数なんて管理しきれないのでー.私も自分論文の被引用数なんて知りません.外国語で書いたやつは3ヶ国語くらいで引用されて,日本語のやつも紙の本に1回引用されたかな? でも他にも引用されてるかもしれないので,これは最低限の数字っすね.周りで被引用数なんて気にしてる人見たことないなぁ(私に指摘されて初めて自分論文他人の著書に引用されてることに気づいた先輩とかいたっけ).そもそも引用されてむっちゃdisられてても1回引用カウントするわけですよね? それ本当に論文の質の指標になるんですか?

(……)一方で世界社会学者は、インパクトファクターの高い査読付き国際学術誌に投稿している様ですね。アメリカだと、テニュアになるためには当たり前の様に要求される実績の一つですし、それが世界標準でしょう。(……)

それはアメリカ社会学者自国語で論文を書いているだけでは……?

というか,日本語圏の社会学者でも英文学術誌に投稿してる人はいますし,英文学術誌に投稿してる非英語圏の学者でも,それとは別に母国語論文書いてたりしますし.英語以外の言語での論文が載ってる社会学学術誌,探すとあちこちにありましたよー.

韓国語http://www.ksa21.or.kr/kjs/

中国語(簡体字)> http://sociology.cssn.cn/xskw/shxyj/

中国語(繁体字)> http://tsa.sinica.edu.tw/publish_01-1.php

ロシア語http://www.isras.ru/Sociologicalmagazine.html

フランス語> https://journals.openedition.org/sociologie/index.html

ポーランド語https://www.ceeol.com/search/journal-detail?id=240

リトアニア語> https://www.ceeol.com/search/journal-detail?id=1027

カタルーニャ語https://www.raco.cat/index.php/RevistaSociologia/index

ところで日本社会学会は和文雑誌の『社会学評論』以外にもちゃん英文学術誌持ってるんですよねー> https://onlinelibrary.wiley.com/journal/14756781

いやほんと,テキトー知識でよその学問分野に軽々しく口を出して,正しいこと言ってるならともかくめっちゃ的外れとか,生きてて恥ずかしくないんですかね?

death6coin “ぶっぶー.ぜーんぜん違います.ろくな知識もないひとがテキトー想像しても頓珍漢な答えに辿り着くだけなんですよねぇ.”攻撃的ですねぇ

理系研究事情査読制度を知りもせず「理系研究権威主義だ! 定説にとらわれて思考が硬直している!」とかわめく連中に,これまで理系のひとはどんな目線を向けてきたっけ? 冷ややかな目線を向けて嘲笑ってきたよね.もちろんそれはまったくもって正しいよ.理系事情を知りもしないのに思い込み的外れ批判をするのは愚かな行為であり嘲笑に値する.文系に向けて似たようなことをわめく連中にも同様の態度を取らせてもらうというだけ.

zu2 琉球歴史琉球語でかける日はいつか。文化侵略ってこういうものだよな

これは本当にそう.最近だと三元社なんかが琉球諸語・日本語対訳出版物を出していたりするけど,言語復興運動家の著書とか学術誌のコラムまりで,琉球諸語で書かれた学術論文は残念ながら見たことがない.琉球諸語は最近書記法の整備とか色々進んでいるから,今後はそういう方向に期待したいよね.もちろん琉球諸語で書かれた論文査読できるひとはそう多くないと思うけれど,査読なしで論文を発表することも許されているという文系事情積極的活用して中身のしっかりした琉球諸語論文を発表していくひとが出てきたらいいなと思う.

quick_past だったら方言で書いてもいいし、絶滅言語で書いても良いのでは。

それに対しては2つの論点から応答したい.1点目に,「日本語過去の豊かな蓄積を持ち,現在も多くの学術論文生産し続けている言語である」という前提条件を忘れてもらっては困るということ.日本について研究している学者日本語論文を書くわけで,この点が方言とは違う(大阪弁研究する者のほぼ全てが標準語論文を書いているし,山形弁で書かれたヨーロッパ史の高度な研究は現段階では存在しない).

第2に.もちろん書いていいです.少数民族独自民族として生き残っていこうとするには何らかの形で文章語を持つことが(必要ではないが)望ましく,実際にヨーロッパでは人口数万人の少数民族でも自分たちの言語で書かれた学術誌を持っている場合もある(もちろんその場合,当該言語や当該言語で書かれた文学,当該民族歴史といった限られたテーマについての論文を書くので精一杯だったりするのだが.ちなみにそういう少数民族学術誌に少数言語論文を載せてる日本研究者もいる).それに,言語方言とのあいだに本質的な違いはなく,たまたま政治権力を持ち規範が整備された言語変種が「言語」とされ,「言語」と見做されなかった地域的変種が「方言」と見做されているだけ,というのが社会言語学常識であり,実際に気仙沼方言方言ではなく独自の「ケセン語」だと主張して聖書翻訳したお医者さんなんかもいる.上で書いたように,宮古語日本語バイリンガルコラムを載せている学術誌もある(コラムまりで,論文ではないけど).なのでたとえば,鹿児島大学薩摩弁を公用語にした紀要出版されてもよいと思うし,もしその紀要に優れた論文が次々に掲載されたとしたら先行研究を読むために薩摩弁を学ぶひとも出てくるかもしれない.そしてそれは,悪いことでは決してない.

abll 「過小評価しすぎ」は重言。「過小評価している」か「軽く評価しすぎ」が正しい。

きゃーお恥ずかしい.ご指摘ありがとうございます.訂正しました.

はてブ本質文系差別

https://anond.hatelabo.jp/20181008004041

よくリベラル寄りの雰囲気を指摘されるけれども

文系差別気質がよりその本質だと思う。

文系権威主義には異常なほど嫌悪感を剥き出しにするくせに

理系権威にはすさまじく迎合するというダブルスタンダードが醜い

anond:20181009051334

残念ながら出版することは誰でもできるんだ、金さえあれば。

論文の内容の正しさはどうやって保証されてるの?

出版すること自体が業績になるなら、金持ち妄言論文だって言って出版したらそれも業績になっちゃうんだけどいいの?

それがだめなら出版たから業績ってカウントの仕方がそもそも問題だってことになるよね?

たとえば適当査読誌をでっち上げ査読してますと謳って実質無査読論文を垂れ流すことは同じく金があれば誰でもできますが、そうやって出来上がったもの研究者コミュニティにおいて信用を得られるか、というとまた別の問題

著者がこれまでアカデミックキャリアを積んでこなかった人だったりしたら、「あっ……(察し)」となって黙殺ルート一直線でしょうね。アカデミックキャリアを持つ人が書いたダメな本だったら、どこかの書評フルボッコにされた後になかったこ認定かな。学術誌って書評欄ありますよね? あそこ見るといいですよ。雑誌によるけど、権威のある雑誌だったらあれが足りないこれが欠けてる○○語も読めねえのかとか言いたい放題してます。もちろん後発の論文や本の中で批判されまくることもあるでしょうね。当たり前ですけど先行研究批判ちゃんとやるわけで。

出版だって、長年良質な学術書を出版してきた、ある分野での定評のある出版社、みたいなやつがあるわけですよ(cf. anond:20180828185404)。日本語圏でも英語圏でもそうです。そういうとこは慣れた編集さんがきちんとチェックするし、まあたまに事故ることはあります基本的に変なもの学術であるかのように装って出したりはしないわけで。あと最近科研費出版助成とかもあるんで、あんまりにもダメ研究助成されないし、単著出版に際して査読を科す出版社さんも出てきてますね。

まー、こういう評価の仕方は数量化しにくいですねえ。権威主義とか職人芸とか言われても仕方ないかもしれない。

ただ、こんな当たり前のことを説明しなければいけないのかと若干徒労感があるのですが、文系にも研究の出来不出来による評価軸というものはあり、また信頼性を重み付けしようというインセンティブ存在するわけですよ。

査読論文なら盲目的に信奉する理系の人なんていないでしょ? それと同じですよ。単著からって無条件でありがたがったりはしない。だいたい単著ほどのボリュームのものを書く以上はどこかに土台となるような論文(群)が存在し、それは何らかの形で人目にさらされていることが多いわけで(もちろんなんの予兆もなしに単著出しちゃう化物がいないわけじゃないですけど。あとはドイツとか特殊事情がある国もあるので、まあ……)、信頼に値する業績を挙げてきた著者なら「おっ! ついにアイツが単著を出すのか!」「あの研究ようやく本になったのか!」みたいに迎えられるでしょうし、怪しい著者はその段階でお察しな扱いを受けるんじゃないですか。実際に出来上がったものの出来は、それまでの研究の出来からある程度予想つくのはわかっていただけますよね。

もしもこれが日本だけの慣行なら、あるいは社会学だけの話なら、ガラパゴス非難されても仕方ないかもしれない。けれど実際には、アカデミック単著を業績にカウントするのは英語圏ロシア語圏も同じです。フランス語だろうがドイツ語だろうが韓国語だろうが、単著学術的論集の1章は立派な研究業績。私の本棚には英仏独語で出た外国人の著書が並んでますが、どれもそれぞれの国で研究業績として立派に通用しています。私は社会学だけじゃなく歴史学文化人類学政治学学術書も読んだことがありますが、どれもちゃん研究業績として扱われていますし、内容もまっとうな研究でしたよ(ハズレがないとは言いませんが)。

文系出版したがりになんの問題もないかというとそれは違って、文系の中でも色々議論はあります。そしてその議論は非「文系」にも開かれているべきでしょう。ただ、そもそも論として、このへんの文系事情をろくに知らない人が自分野のローカルルールを振りかざして口を出してるのはほんとムカつきますね。文系研究書を1冊でも読んだことがあるのかと。外国語文系論文を手に取ったことがあるのかと。文系論文を読みもせず、英語やその他の言語での学術書を触ったこともない人たちに、文系慣行ジャッジする資格なんてあるはずがない。

追記

id:yuimoke ふむ。文系論文質的担保について。

論文じゃなくて著書の話です。ちゃんと読んで……

id:n314 えっと、内容の正しさの保証は、つまりどういうこと?著書、どこかの書評定評のある出版社、編集さん、出版助成査読、土台の論文群、過去の業績、これらから総合的に判断するということかな?

自分で読んで判断しましょうよ……理系だって査読を通ったんだから正しいに違いない! なんて思わず批判検討するっしょ? それともそういうプロセスをサボって無批判論文の内容を受け売りしてたひとたちが文系慣行ケチつけてるってことなんですか?

id:uturi 文系学問では査読するのは出版社ってこと? そういう文化なのか。

文系基準でも出版社の編集によるチェックは査読とは呼ばないです(査読をする出版社もあります。たとえば→https://twitter.com/saisenreiha/status/1049653174045270021)。一度もそのプロセス査読とは呼んでいないでしょ? 頼むからきちんと読んでください……

id:napsucks でも批判的な観点でチェックされてるかは疑問かな。堂々と立派なところから本出してた旧石器捏造みたいな例だってあるし。

そんなこと言ったら理系査読だって小保方晴子黄禹錫ヘンドリック・シェーンを見抜けなかったんだから、たいした意味ないんじゃないの? って話になりませんか。この3人、NatureScienceに堂々と載ってたんですが。

id:junmk2 金だけで動く会社から出版専門家からフルボッコにされても、そんな情報一般人アクセスしないので、論文があります単著があります権威は十分通用する。「まともな」専門家形式的には変わらない。

たとえばJournal of Nutritional and Environmental Medicineみたいに?(cf. http://d.hatena.ne.jp/NATROM/20150220#p1

id:himakao この出版不況の中、論文の中身まで編集がしっかりチェックする余裕があるようにはとても思えないんだけど、文系研究者論文本って界隈で質が高いと評価されるとそんなに売れるもんなのか?

売れるわけないでしょ(涙)……とだけ言うのはアレなので補足すると、もちろんこれは本の内容によります現代思想とか戦国時代とか、一般読書家にもファンが多いテーマならひょっとしたらワンチャンあるかもしれませんが、マニアック文化人類学研究とかだったらまあまず売れないです。だから出版助成もらうわけですけど。著者にも金銭負担が生じることは結構あると思いますよ。

id:Dragoonriders なるほど。徒労感はあろうかと思われるけど、畑が違えば、みんなよく知らないんですよ。

徒労感があるのは、文系評価基準を知らない人が多いことに対してじゃなくて、文系の中にも研究の出来不出来があり論文や著書の信頼性を重み付けするメカニズムはある……という至極当然のことに思い至らない人が多いことに対してです。査読が重視されないならあらゆる研究フラットということになりその中で優良な研究を見分ける作業時間を取られるのだから効率だ! みたいな論を立ててる人とかね。人間社会なんだから何らかの形で評価システムが生まれてくる、ってことくらい、別に具体的な事情を知らなくてもちょっと想像力があればわかりそうなもんだけどなぁ。

id:hisawooo その「お前らはよく調べて論文読んでからじゃないとジャッジしちゃいけないけど俺たちは見た目だけで判断して良い」という奢りはどっからくるの?

ちょっとこのブコメで堪忍袋の緒が切れた。

あのなー! 俺はキズナアイ服装なんて公共の場に出して全然オッケーな露出度だと思ってるわ! 特設サイトだけじゃなくてNHKの夜のニュースに出てても批判せんわ! ラノベの表紙におっぱいを強調したチャンネーがいて何が悪いって思ってるわ! 社会学全体や文系全般を叩くやつがいたか反論してるだけ!

もうほんとふざけんな。どっち側もクソすぎて付き合ってられねえわ。

anond:20181009002959

査読は質を担保する仕組みの1つとして有用だが、なかったからといって即座にダメというわけではない、という話。

だって当たり前だけど査読で落とされたことはあるし、査読重要な指摘を何度もされてきたから、査読重要性くらいは理解してますよ。

ただ、査読はついてないけど面白い研究重要研究というのはあるし、それを査読がついてないという点だけで批判されると困惑する。

だいたい査読がついてたってサラミ論文とかあるわけじゃん。査読つきサラミ論文と、査読はないけど面白独創性の高い論文、どちらが高く評価されるべきかといえば私は後者だと思うんだけど、どう? もちろん査読つきで良質な論文が一番いいけど、査読つきゴミ論文と無査読で良質な論文だったら、後者の方がよくない?

論文学術手続きに従って検討され精査されるべきだ。それは学問として当然。そのための仕組みのひとつとして査読というのは有用だ。そこにも異論はない。

でも、査読がついてないかゴミ、無価値、というのはおかしい。そういう話です。

(ていうか日頃は文系のこと権威主義とか何とかいうくせに自分らのほうがよっぽど権威主義、というか形式主義だよな。論文読んで出来不出来を判断する頭もないのかね)

あと、投稿オープン学術誌って(一昔前は知らんけど、今は)たいてい査読つきだと思うよ文系でも。査読がないやつって、出版社が発売するのでそもそも一般投稿を受け付けてないやつとか(当然定評のある研究者のところにオファーが来るし編集がチェックする。私には来たことないけど)、会議シンポジウムの論集とか(ふつう信頼できる研究者を集めて論集を作るよな)、紀要とか(当然紀要紀要として扱われますよね。しか最近紀要査読つきのが増えたなー)、じゃない? もちろんそれらの事前チェックが査読代替になると言うつもりはないけど、査読なしの媒体ってある程度限られてると思うんだよなー。

2018-10-07

経済的にも文化的にも成長が限界に達しているのではないか

経済的にも文化的にも成長が限界に達しているのではないか

そんな気がする。

成長していてパイが増えている時代なら少しの歪みも問題ないと思えるだろう。

明日にはもっと良いものが出てくるから我慢しようと考える。

多少、胸が出ていて自分には不快表現明日には違う何かが生まれるとかいうように。

夢を見ることができるから見て見ぬふりをできるのだ。

ただ、現代というのはそうではないのだ。

ありとあらゆるもの一定ラインに達して飽和している。

限界なのだ

から人々はパイを如何に分けるかでも揉めるものだ。

これは世界中で起きている。

移民の話もそうだろう。

移民だって受け入れれば、自分も良いことが起きると思っていたのだろうと。

しかし、パイはもう限られていると見えてきた。

そうなると追い出しなども起きるのだ。

最近萌えキャラの話もそうだろう。

自分たちにも良い表現が出てくることはないということを悟り萌えキャラ問題になったりするのだ。

さらに、若者権威主義というのもそういうところからきているだろう。

最近父親から起業の本が送られてくる。

ただ、もう資本主義やらそういった経済体制限界がきているのではないか

2018-10-04

ネットを見てるととんでもない考えを持った人が余りにも多くて全部は処理しきれないから結局

自分が詳しくないことについてはこの人の言うことを聞いておけば問題ないみたいな一種権威主義になった方が楽だな。

ネット発達障害者を観察してて見つけた三大フシギ

多数派賛同を得たがる(論理性よりも多数派に支持されるかどうかにこだわる)

権威主義者(自分よりすこし有名くらいのネット有名人にはガンガン噛みつく割に、地位名誉がある人の言葉は調べもせずすぐ鵜呑みにする)

あとひとつは?

anond:20181004093512

例えが両方論理でも根拠でもないただの権威主義ワロタ

そっか増田には神学は難しくてわかんないか

anond:20181004093242

例えば増田民って「聖書(or聖クルアーンorタルムードor...etc)にそう書いてあるから」とか

バチカンがそう言ったから(or高位のウラマーがそうファトワーを出したからor高位のレビが...etc)」みたいな論理根拠絶対に認めないよね

例えが両方論理でも根拠でもないただの権威主義ワロタ

2018-10-01

[]2018年9月30日日曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
0016824986148.745.5
0173648188.851
02363603100.173.5
03242739114.187.5
04182475137.588.5
0591242138.052
0614131493.968.5
071074974.949.5
0830203367.846
091161090594.055
101301226894.462
111881787395.149
121191123394.449
131261154291.642.5
1490684776.137.5
15135819260.737
161371209788.347
1718021514119.540
1816723608141.437
1914215264107.545.5
2018420396110.846.5
2113420725154.756.5
2215416464106.951
2313516157119.739
1日2519270707107.547

頻出名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

人(253), 自分(195), 増田(129), 今(118), 話(106), 人間(81), 男(80), 問題(79), 相手(77), 社会(76), 女(74), 意味(73), 日本(73), 前(63), 台風(61), 好き(60), 仕事(60), LGBT(58), 必要(57), 気(56), 感じ(56), あと(55), 子供(55), 関係(51), 言葉(50), 普通(50), 理由(47), 最近(47), 存在(46), 女性(45), 他(44), 理解(43), 発言(42), ネット(42), ー(42), 時間(41), バカ(40), 頭(40), 結局(40), 金(39), 他人(39), 世界(39), 時代(39), しない(38), 自然(37), 勝手(36), 場合(35), 誰か(35), 会社(35), 最初(35), 子育て(35), 目(35), 全く(34), 全部(34), 差別(34), 今日(34), 内容(34), 気持ち(33), 性的(33), 説明(33), ゲーム(33), オタク(33), じゃなくて(32), 事実(32), 人生(32), 主張(32), 無理(32), しよう(32), お金(31), 逆(31), 結果(31), 一番(31), 手(31), 昔(31), 根拠(31), 時点(30), 批判(29), 正直(29), 自体(29), 日本人(29), 消費(28), 簡単(28), 家(28), ダメ(28), レベル(27), 嫌(27), 子(27), 現実(27), 全て(26), 横(26), 当たり前(26), 本人(26), 一人(26), 先(25), 作品(25), 会話(25), 名前(25), 環境(25), 状態(25), コスト(24), 明日(24), 周り(24), 地獄(24), ただ(24), 顔(24), 力(24), 心(24), 育児(24), 人たち(24), 親(24), 別(24), 否定(24), 生活(24)

頻出固有名詞 ()内の数字単語が含まれ記事

増田(129), 日本(73), LGBT(58), じゃなくて(32), いない(23), 可能性(21), 東京(21), マジで(20), 沖縄(20), アメリカ(19), お気持ち(19), なんだろう(18), インド(17), 資本主義(16), 個人的(16), KKO(16), 精神的(15), 代理母(15), ぶっちゃけ(14), ツイッター(13), Google(13), スマホ(13), ツイート(13), ジプレキサ(13), ネトウヨ(12), SNS(12), 元増田(12), カス(12), 人身売買(12), いいんじゃない(12), フェミ(11), わからん(11), マコ(11), 何度(11), 2018年(11), 脳内(11), キモ(11), 社会的(11), クオリア(11), ゾーニング(10), ブログ(10), 一緒に(10), ブクマ(10), 涙(10), 発達障害(9), なんの(9), 統合失調症(9), 基本的(9), 依存症(9), あいつら(9), アプリ(9), トラバ(9), ラノベ(9), 普通に(9), アレ(8), 凶悪犯罪(8), 自殺率(8), …。(8), ニート(8), 路上寝(8), n/(8), ディキヤーフージー(8), 1位(8), 児童虐待(8), 杉田(8), 仏(8), 被害者(8), 少年犯罪(8), ブクマカ(8), twitter(8), 表現規制(8), DV(8), 先進国(8), イスラム(8), 愚行権(7), 互助会(7), 笑(7), 韓国(7), 何回(7), 低能先生(7), ip(7), 自民党(7), 自分たち(7), リアル(7), 人間関係(7), 生産性(7), 10年(7), はてブ(7), 障害者(7), ヤバい(7), オールインエンタテインメント(7), Twitter(7), ブコメ(7), 喫煙者(7), 20代(7), ???(7), ent(7), yahoo(6), 具体的(6), 生活保護(6), イギリス(6), キモい(6), なのか(6), いつまでも(6), 1人(6), 大阪(6), OK(6), 権威主義(6), はてな民(6), いいね(6), 娘(6), 就労困難者(6), ありません(6), ネット上(6), 北海道(6), NHK(6), ガチ(6), 学生時代(6), 納税者(6), リベサヨ(6), 社会(6), PC(6), 自分自身(6), 悪いこと(6), 新宿(6), 差別主義(6)

投稿警察もどき日中に再投稿された本文の先頭20文字 ()内の数字投稿された回数

沖縄実態 沖縄自殺率は全国で突出(6), こんにちは (2), そうだなぁ (2), パンティー (2), クソさむ (2), テスト (2), 他人迷惑をかける時点で愚行権とか関(2), この映画面白いんけ? (2), 止まっているようだけど (2), お薬増やしときますねー (2), 鏡 (2), おまんまん (2), 頭の悪い奴対策だろう。 (2)

頻出トラックバック先(簡易)

核家族化が原因で子育てワンオペハードモードになるって言うのなら /20180929122613(16), ■ /20180930084336(13), ■高齢処女ディルドで自力処女した話 /20180929132837(12), ■今からTSUTAYA行くからオススメ映画教えて /20180930214345(12), ■はてなブログがまったくホッテントリにいない /20180930011759(9), ■数字的にすごく思えるけど実は足りてないもの /20180930022000(8), ■アプリタクシーを呼んだら /20180927184434(8), ■anond20180929122613 /20180930064149(8), ■上座トイレを使う若手 /20180929213139(7), ■休職した新人ぼやき /20180930204429(7), ■俺にはお前の前世が見える。 /20180930134615(6), ■麻雀得点計算マジでワケわからん /20180930081205(5), ■二次創作感想を送るのをやめようと思う。 /20180930173903(5), ■性別により他人に関する信頼感が違いすぎる /20180930230532(5), ■毒を飲む → 解毒薬で治す というのを一度やってみたい /20180929142453(5), ■大学教員の主人が過労死しそうです助けてください /20180930233835(5), ■今度こそ、増田でも絶対わかる囲碁入門#1「基本ルール」 /20180929165823(5), ■自称精神病に寛容な母 /20180929235422(5), ■休日を充実させる趣味教えて /20180930143718(5), ■ /20180930200533(5), ■世界的に有名な日本文系学者 /20180930222429(5), ■人付き合い苦手なのはこっちかも /20180930125249(5), ■人間主人公人外相棒共闘する作品 /20180930151149(5), ■anond20180930114319 /20180930120313(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

5659726(3663)

2018-09-30

anond:20180930224750

ソ連シンパアサド政権シンパ権威主義ってのもなんか違う気がするが、とりあえず●翼は最低限の教養があって初めて成立するもんだったと思う。

バカバカだ。

若者権威主義

若い人間権威主義になっているというのはよく言われる。

偏差値大学色物学部を歩いているとわかる気がする。

というのもファッションというのを見ていると自己表現的ではないのだ。

どこか性的魅力やらを出したい なにかに媚びたいという感じを出していたり無難を目指したいという感じだろうか。

なにか大きなテンプレートを欲していて、そこに属していたいと感じるのだろうか。

偏差値大学故に安定がどこまでも見込めない。

そのなかで如何に権力に媚びて生きるかというのが一つの目標になるのだろうか。

大学四年生になって就職先も進学先もない自分も何か不安になっている。

一つ裏付けとして、親の小金があるからどうにかなるという気持ちになる。

ただ、なにもないと権力に媚びようと必死になるのかもしれない。

これは資本主義社会の末期なのかもしれない。

ある種フロンティアが無くなって中で大資本などに気に入られないと生きていけない世界になっている。

そうした現れなのではないか

anond:20180930110628

Q3にここで答えてる。

anond:20180930094815

Q3. インド所得税納税者は1〜1.5%程度である。残念ながら人の売り買いがこっそりあったりする圧倒格差社会であるしか代理母代理出産禁止した。なぜだと思う?

代理母代理出産人身売買から


anond:20180930095401

そしてQ3は外れ、先進国でも代理母存在する

LGBT汚染された先進国よりもインドのほうに良識が残ってたってことだろ。悲しいことに


anond:20180930100352

あくま代理母人身売買だというなら先進国人身売買を認めているっていうしゅちょうでよろしいか

認めてるという事実を指摘してる。

寧ろなぜ「人身売買ではない」と言えるんですかね?


anond:20180930104356

まりアメリカでは人身売買国家が認めているという主張でいいね

アメリカには代理母がいる

しつこい権威主義者だな。

アメリカ代理母を認めてる=人身売買を認めてる。

どんな権威をお前が持ち出してこようが、「代理母人身売買」という根拠をお前が出さない限り返す答えは同じ。




以後、お前は逃走した。

anond:20180930104101

托卵された卵に親鳥が気づけば破壊するが?

カッコウの雛が一番最初にする事は元からあった卵を巣から落として叩き割る事だぜ

で?育成コストがなくても子供を産むことは自然界でも行われてることに変わりはないね

まりアメリカでは人身売買国家が認めているという主張でいいね

アメリカには代理母がいる

しつこい権威主義者だな。

アメリカ代理母を認めてる=人身売買を認めてる。

どんな権威をお前が持ち出してこようが、「代理母人身売買」という根拠をお前が出さない限り返す答えは同じ。

2018-09-27

かって2chに貼ってあった「学生の内に必読すべき書」に表れる書物至上主義

現実にあの量の本を読破している人物がいるわけが無いというのが笑いどころなのだ

たまに、本気でそうであるべきだと思っているイかれた奴をみる。

そもそも書物に縁の無い層は、そんな考えすらないか

件の人物はある程度の読書家で自己顕示欲権威主義に塗れた人物だと勝手に想定する。

安直かもしれないが、いわゆる人文の教授ですら、自分の専攻分野の大家の本を読破しているか?というそもそもの疑問がある。

本当に読んだかどうか確かめる術はないし、読んでいたとしても記憶は減衰していく。

すると、ある話題について話すとき互いの緩い確認作業くらいしかないわけで、それで済むのであれば

本を丸々読まなくても概略であったり、抜粋で済むわけだ。

そのような大家ですらその有様なのだから一般読書諸君は如何だろうか。スノッブを効かせざるを得ないのではないか

私はそれでいいと思う。古来よりそうなのだ

本だけ読んで人とも交わらず孤独死ぬのならば、全部読んだ方がいいかもしれない。

進学先も就職先もない中でラノベを書こうとする

進学先も就職先もない。

親が小金持ちで、自分の体が弱い、そして精神的にいろいろとあって大学4年生を迎えてしまった。

結局今では諸般の事情で無給インターンをやっている。

就職するべきなのか。

ただ、自分が通っているのが低偏差値大学色物学部故に行きたいところに進学というのも難しい。

浪人して偏差値が高いところの経済かに行けたら良かったのだろうか。

いや、自分の知能では何時までも行けないだろう。

こんな思考グルグルしている。

どうすればいいのか。

権威主義反動が来るのを狙って、反体制ラノベでも書こうかと考えたが一瞬で自分には何もないことに気づく。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん