「サンフランシスコ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: サンフランシスコとは

2017-12-08

anond:20171206204129

単純に軍事力問題

日の丸制服きた柔道ムキムキ隊員が拳銃を握りしめてSF議会反論すればそれが通る

サンフランシスコを射程に収める国産トマホーク自衛隊が所有していないなから慰安婦像が立つん

北朝鮮サンフランシスコみたいなまともじゃない国にはまともじゃない方法で応えるべき

経済制裁も考えたほうが良い

2017-11-30

https://anond.hatelabo.jp/20171129195200

韓国系市民団体が何をやろうが、それは韓国政府責任ではない。

ましてアメリカで起こっていることは、韓国政府コントロールすることができない。


もし韓国政府が関与して、それでアメリカ慰安婦像が作られたならばダメだと思うが……。

話題サンフランシスコ慰安婦像は、あくま市民団体が進めてきたことじゃないの?


あと、慰霊や追悼、記憶継承のための記念事業は、必ずしも「むし返し」を目的としていない。

それならそれで韓国政府は、「むし返すつもりはない」と明言してほしい。それをやらない韓国政府には、俺も不信感を持っている。

2017-11-29

anond:20171129210524

ホロコースト記念館って知らないから調べたけど市営じゃなくて民間じゃん。

慰安婦像は元々サンフランシスコにあったもので、それが市に寄贈されて受け入れられたか大阪市問題視したんでしょ

なるほど。

かに自分事実誤認があった

 

ただ、その理屈だと、「(民間では無く)公的に認める」ということがそれだけ大きな意味を持つ(なぜならば、(この場合サンフランシスコ市の)公式見解になるから)ということなのでは?

逆に言えば、占領アメリカは、「ホロコースト記念館公的に作れ」とは言ってこなかったわけだけど(そこまで傲慢では無かった?)

anond:20171129205233

ホロコースト記念館って知らないから調べたけど市営じゃなくて民間じゃん。

慰安婦像は元々サンフランシスコにあったもので、それが市に寄贈されて受け入れられたか大阪市問題視したんでしょ

http://b.hatena.ne.jp/entry/350380854/comment/brain-owner

なぜにサンフランシスコで?という感が拭えないんだけど。建てる事自体が内向きな政治的アピールに見えるんだけど、中国系以外の市民税金で建てるなよとはならんのか?

brain-ownerbrain-ownerのコメント2017/11/28 21:20

なかなか素晴らしい。該当記事には無いが関連記事を追っており、文字が読めるなら、"像と碑文、そして最低20年間のメンテナンス費用"までが寄贈されてる事くらいは分かるはずなんだが。はてブ民は文字すら読めない様になってきてるのか。はたまた偶然にもこの記事ではじめてサンフランシスコの件を知ったのか。なわきゃねえわな

2017-11-28

anond:20171128081211

サンフランシスコでは、中国系アメリカ人が21.4%だそうだ

 

アメリカ国内の主導権争いはますます内戦化するだろうが、

中国人ユダヤ人が相容れると思えない(テリトリーが別れているから)

 

中国人世界支配してしまったら、多分、世界は秩序を保てなくなるなるからユダヤ人が何らかの手を打つだろう

日本としては、そちらに賭けた方がいいのかもね

サンフランシスコ慰安婦像設置、日本自称保守界隈と産経新聞が進める「歴史戦」のせいだった

http://buzzap.jp/news/20171127-sf-comfort-women-statue/

 

よく分からんが、では「日本人は黙っていろ、発言するな」という話なのかな?

今まで黙っていたから、好き放題やられた訳だが

アメリカ保証する「不可逆性」だって韓国の行動を見ると怪しいのでは?

 

個人的には、問題本質は「キチッと意思表示するかどうか」だと思う

(もちろん、例外もあるが、今回はそれ以前の問題だと思う)

 

要するにマスコミは「大衆コントロールしようとしている」訳だろ?この記事のように

もちろん、ネットがない時代は完全にコントロールされていて、日本国民がほぼ全員、ボンヤリ状態(=ボンクラ)だった

から、話にならなかった

 

「勝ち負け」はその次の問題だと思う、次はキチンと作戦を立てて事に当たれば良いだろう

 

それこそ、「子孫になんと説明すれば良いのか?」という話になる

「我々日本人は口を半開きにして、なされるままに韓国人中国人蹂躙されていた」と説明すればいいのかな?

まあ、リベラル人達は「その通りです」と言うんだろうけど

2017-11-26

anond:20171126164300

文句があるんなら韓国とかサンフランシスコに行って慰安婦像撤去運動すればいいのに

なぜか慰安婦問題右翼国内国民相手に主張するだけだ

本当は強制連行あったと思っていて外国にはとても通せないと思ってんだろ

慰安婦ネタ自民党にとって国内でのみ機能する左翼国民弾圧ツールであって外国に対するカードじゃない

2017-11-25

実家保守老人

年末までもうちょっとあるが、あした実家帰省する。

両親は70手前。母は専業主婦、父も数年前にリタイアし、2人で田舎移住して悠々自適の老後ライフを送っている。

親子関係はまずまず良好といえる。

だが一つ問題がある。

両親、特に父がいわゆる「保守老人」なのだ

テレビでそれ絡みのニュース流れると、口癖のように「(チィ!)また朝鮮/中国だろう!」と宣う。

産経新聞は全てにおいて正しくて、曽野綾子氏は素晴らしい人で、安倍首相はもちろんヒーローであるLGBT権利など言語道断であるそれから日本製品品質は未だに世界最高である就職祝いに買ってくれた本が、某明治天皇の玄孫が書いたやつだったのには閉口したな…(すぐ売った)

常日頃から喚いていたりするわけではなく、ネットに入り浸ってヘイトを撒き散らしたりはしていないのが救いではあるが…

これは今に始まったことではなく、20年くらい前、俺が小学生だった頃に確立したスタイルだ。

学生運動小馬鹿にしつつもビートルズフォークミュージックに傾倒した父母はしばらく平均的な「ややリベラル」だったのだが、あるとき産経新聞出会って「真実」を知り「開眼」したらしい。近年の「ネットde真実」に比べれば年季の入った御仁である

その頃幼かった俺も、一緒に暮らしていればそれなりに染まってくる。高校生くらいが一番ひどかった。ゴー宣布教をした、と言えば察してもらえるだろうか…思い出したくないのでこれ以上は書かない。

俺は大学進学とともに親元を離れ(過干渉から逃れるため)色々な人と交流し、徐々に毒が抜けていった。ネトウヨ化することはなかった。幸いなことに、染まり切る素質がもともとなかったのだ。しかしそんな中でも父はブレず、今に至るという感じだ。

先述の通り、きっかけがなければそういう話にはならない。だが、サンフランシスコ慰安婦像問題タイムリーに噴出してしまった。食事中にNHKニュースで流れたり…するだろうな…。

そんな家に帰る。妻と息子を連れて。

息子はまだ人語を解さない年齢だが、あと数年もすれば…じいじの言ったことを素直に受け入れてしまうかもしれない。あるいは先生やお父さん(俺)の言ってることと違う!となり、話がこじれやしないか

今まで、俺は強く反論することはなかった。反応せず適当にやり過ごしたり、一部同意/一部反対といった軽い意思表示のみ。今まではこれでしのいでいたが、いまは子供がいる。

俺は父親として何ができるだろうか。今さら宗旨替えなどできないだろ、怒らせたくない、言いたいこと言わせといてやろう、と向き合ってこなかったツケがいま回ってきている。

2017-11-24

anond:20171124084512

多民族国家都市からだよ。韓国系中国系ももっと言えば日本系もいる。アメリカ人になっても民族的ルーツの教訓を表明するのは、普遍的なか価値があると考えられてる。んで、サンフランシスコ日本の歴史認識よりも、韓国中国市民団体認識を優先したと。それだけのこと。

慰安婦像

なんで韓国から遠く離れたサンフランシスコで全会一致で設置賛成になったの?日本インディアン虐殺を忘れないための象を建てましょうって言っても賛成になるとは思えないんだけど。

2017-10-24

アメリカリベラル自分の周りを助けたらなんで次は自分の国の人を助けるんじゃなく世界に向かっちゃうの?

普通なら、自分の周り→自国世界の順によくしていこうとするじゃん

サンフランシスコかにいる奴は自分の周り→世界自国の貧民ガン無視なのなんなんだろうね

2017-09-21

anond:20170921085605

日本単独でハメられる感じ。

南朝鮮は戦う気なぞないことはふるまいから明白だし、米軍より自衛隊日本人前線に送られるんだぜ。安倍さんが「日米韓で協力して」とか話すたびに、おいおい本気で思っているのかよ、と不審になる。尤もそう言わざるをえないのだろうが。

アメリカでは、サンフランシスコだっけ「慰安婦の日」なる排日記念日も決まったと昨日のニュース生粋アメリカ人というより、東アジア政府工作アメリカ行政メディア民衆世論が乗っ取られて久しい。連中の工作アメリカの国や社会自体も弱体化させられた。

そんなことを考えつつ、猪木氏に望みを託している私がいる。孤立するのがむしろ日本国にならぬよう。

2017-09-04

今日、第二次朝鮮戦争の休戦協定が結ばれた。

開戦のきっかけは些細なものだった。

板門店の警備兵が南側亡命しようとした。彼を北朝鮮側一隊が連れ戻そうとし、そのまま銃撃戦となった。

この事件きっかけに、これまで居丈高姿勢を取り続けていたトランプ金正恩両者の応酬がもはや常軌を逸したものとなり、

次に発生した局地的な砲撃戦が開戦の合図となった。

この戦争で核は四回使用された。



アメリカはこの戦いで覇権国の地位から転落した。

西海岸復興と戦力再編のためにかかった費用天文学的数字で、焦土となった統一朝鮮勢力下に収めたものの完全に持て余している。

韓国文字通り火の海になった。火砲によりソウル消滅釜山仁川といった主要地域も壊滅的な被害を受けた。

統一朝鮮負担には各国から援助も出ているが、民族悲劇再現されてしまった。

日本放射性物質によるテロの標的になった。直接の死者2,000人。佐世保福岡横須賀東京は人が住めない土地になり、

大阪京都経済行政を分離する方向で調整が進められている。住む場所を追われるなど、影響を受けた人数は1000万人を超える。

韓国北朝鮮難民受け入れもあり、債務国に転落した。

債権を大量放出した影響でアメリカ経済を致命的に悪化させ、同盟を維持できないほど関係が冷え込んだ。

ロシアは核攻撃の影響でウラジオストク周辺が汚染された。

アメリカ補償を求めているが、交渉の進展はない。

中国東北部が核汚染され、大量の難民流入もあり財政的に破綻した。

アメリカが後退したいま第二列島線への進出を狙っているが、肝心の軍を維持できなくなりつつある。

人民解放軍による難民虐殺の噂も出ているが、共産党の強権でなんとか政権を維持している。

国際体制第一次世界大戦後のヴェルサイユ体制のようになった。

不安定で、いつ崩壊してもおかしくない危うい均衡を保っている。

真の勝者など誰もいない。

2017-09-02

岡田斗司夫メルマガ面白かった件について

さて、今回はそんなアメリカの「原爆日本に落とす計画」に関してのTシャツです。

https://goo.gl/3Sa7Vk

 

すみません、もう後ろの方で、ちらちら見えてるからわかるよね。

これね、サンフランシスコお土産店で、僕が初めてアメリカに行った時に買ったんだけどね。

 

酷いよね。

MADE IN USA TESTED IN JAPAN」って書いてあるんだ。

アメリカ製造され、日本テストされたっていう。

これね、サンフランシスコフィッシャーマンズワーフっていうところのお土産屋で買ったんだけどね。

 

僕の父親師範学校を出て、学校先生になった。

師範学校から学徒動員にもひっかからず、このまま戦争に行かずに済むのかと思ってたら、

最後最後の年に徴兵されて、広島の方の兵学校に行かされたんだ。20歳くらいだった。兵学校は、

原爆が落ちるような都心部でなくて山の田舎の方だったから、何とかギリギリ助かったという人間なんだよ。

 

こんな経験をしてる人って、僕だけでなくてすごく多かったんだよね。

僕と同じクラスの子でも、家族の誰かが戦死したり、身体障害者になってたりというのが当たり前だった。

 

から、生まれて初めてアメリカに行って、サンフランシスコっていうすごく明るい街の明るいお土産物屋で、

こういうTシャツを堂々と売っているのを見てめちゃくちゃビックリした。

なんかね、ブラックジョークというにしては(笑)ちょっと酷いなと思ってたんだけどね。

 

これ着る機会あるかどうかわかんないなぁと思いながらも、一応買ってみたんだよ。

 

一応買ってみて、SF大会とかに持って行ってみた。

さすがに着るのが怖いから、「こういうTシャツ持ってるんだ」って話したら、やっぱ真面目な人はね、

「やめろよ」とか言うんだよ。

 

でも、当時、1970年代後半のSF業界というのは、本当にあらゆる価値を相対化することが正しいという

すごく大きな流れがあった。

 

例えばね。堀晃さんっていうSF作家がいて、この人、書くものハードSFなんだけど人格は本当に

デタラメという人なんだ。

かんべむさしさんと一緒に2大ちゃらんぽらん大阪SF作家だったんだよね。

ただし、かんべむさしさんの方は書くものちゃらんぽらんなんだけど、人格は大真面目なんだけど(笑)

 

で、人格ちゃらんぽらん堀晃さんは大喜びして、「それどこで売ってるの?」って、欲しがってくれたんだ。

でも、人格はまじめなかんべむさしさんには「そんなもの絶対に着るな!っていうふうに言われてしまった。

 

小松左京さんはどちらかというと喜んでくれた。

 

ということで、当時のSF界でも作家ごとに反応が違ってたんだよなぁ。

 

なぜこんなにSF作家の反応を覚えているのかっていうと、20歳くらいの僕にしてみれば、SF作家というのが、

第2第3の父親とか兄貴替わりみたいなもんだったんだよ。

その人たちがどう感じているのかというのを自分価値観にしようとしていたんだよね。

 

今言いながら、めちゃめちゃ恥ずかしいんだけどさ(笑)

小松左京先生が喜ぶから、俺も喜ばなきゃいけないとかさ。

かんべむさしさんが怒っているから、やっぱりいけないのかなとか。

そんなふうに、もうホントに、ワナビー君の恥ずかしい奴だったんだ。

 

筒井康隆さんにはすごい冷たい目で、「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」というような感じで

見られてしまったんだよね。

 

で、この間、捨てられないTシャツコーナー用に、「Tシャツどんなのがあるかな?」って掘り返したら、

これが出てきたわけ。

やっぱりその頃から30年以上たった今だから、それぞれの人の意見がわかるなぁ。

 

怒る人の意見もわかる。

そういうのは笑っていいかもしれないけど、人前で笑うもんではないっていう人の意見も分かる。

あと、堀晃さんの「いやそんなもんをTシャツにして売っているっていうアメリカ人感性面白いじゃん。」

というのもわかる。

 

なんかねぇ、いろんな人の意見がわかるようになったなぁって。

 

でも、逆にわかんなくなったのが、筒井康隆さんの「原爆とき過激ぶるな!ガキめ!」

「なんでお前、人のことをそんなに言えるんだよ!」(笑)って。

今に至るまでの筒井康隆人生(笑)、「お前そこで怒っちゃいけないんじゃないかな」って思いました。

 

という思い出のあるTシャツでした。

同じSFファンポール・アレンによって、今朝、インディアナポリス号が発見されたと報道されたのも

不思議な偶然だなぁとしみじみ思います

---------------------------

このメール転載歓迎です。ただし、下記のメールマガジン出所である旨、必ず、URLを明記してください。

http://www.mag2.com/m/0001148694.html

 

岡田斗司夫という時点で読むに値しない」という人もいるだろうし、別に読みたい人だけ読めばいいと思うのだが、

個人的には、今朝のメルマガ結構面白かった

 

日本の大半のウヨク愛国主義)とサヨク相対主義)は皆インチキだよな」というか

 

上記の引用で「アメリカ憎し」の感情に飲み込まれたら、またそれも違うと思う

サイコパス相手に憎しみの感情だけを抱いても意味が無い

実力行使しないとサイコパスにとっては意味を持たない

それにサイコパス側面がアメリカの全てとは言えない、感情に流される側面というのも存在するのが現実

 

宮崎駿アメリカを嫌う理由も分からなくはないし、「この世界の片隅に」がアメリカで上映された意義というのも

非常にあったと思うし(米国人が例え理解出来なくても)、反対に、日本に対する拘束具としての平和憲法に甘えて

自立しようとせずに、こういう目に遭わせたアメリカ自身に守られている立場に甘んじる日本というのも確かにある

 

あれだな、アメリカで講演する日本人が、上記のTシャツを着ていったら、どういう反応をするか?という社会実験

見たい気分はあるな

https://anond.hatelabo.jp/20170901162023

ミスドのさ、「サンフランシスコチャイナタウン飲茶」っていうのと一緒だよ。

本格中華ではなくチャイナタウンです、

それも飯が不味いサンフランシスコチャイナタウンですから味に関しては嘘は申し上げておりません、みたいな。

2017-08-28

2018年期待のゲームメモ

Metro Exodus

Metroシリーズの新作。オープンワールドになったらしい。レジスタンスみたいな感じでマップが広いだけで目的地は一つみたいになりそうな予感。多分製品版ではグラフィックいっきに落とすと思う。てか地下行けよ。

Days Gone

またゾンビオープンワールド。白豚どもはどんだけゾンビ好きなんだよ...

あのゾンビの数はきっとE3マジックだけど、それでも面白そう

The Crew2

アメリカ全土を渡れるという触れ込みのドライブゲー。でもデフォルメしすぎでこんなのアメリカじゃない状態の前作からどう進化したのか。飛行機推してるようだから、あのデフォルメマップは健在な予感。サンフランシスコジャパンタウンがちゃんと作られたなら買う

GTA6

いつもの時代錯誤ボタン連打ダッシュは見直されたんでしょうか。されてないでしょうねえ。日本の忌まわしき文化である課金商法DLC商法をふんだんに取り入れてるので、買っても満足できる体験ができるとは約束できない

アサシンクリードオリジンズ

いつもの。デズモンド死んだところで終わらせるべきだった。

そういえば今月末にFF15無料DLCアサシンクリードコラボしたやつが出るらしいっすよ。そろそろ現実世界のほうでビル登りとかさせろ。シリーズを重ねる毎に現実世界パートがないがしろにされていく本作だが、正直一番興味あるのそっちだからね。エジプトとかどうでもいい。

取り急ぎ。

2017-08-20

明日旅行行くんすけどね、全然クワクしないんだ。国内旅行から。俺本当はサンフランシスコいきたかったの。金も充分あるし。

でも俺の周りにそれだけ金があるやつも、時間を作れるヤツもいない。で、流れで国内旅行に決まった。

せめてコミケならまだ目的らしきものもあるんだがどこに行くと思う?

福井県だよ。どこだよ。若狭湾かよ。リアス式海岸かよ。何しに行くんだよ。

最初話半分に聞いてて、てっきり福島県に行くのかと思ってた。あー原発の今を見に行くとかそんな感じ?

ホテル代がえらく安いのもそういうことかーと思ってたのによく見ると、福...井???

目的はなんか街回るとかいうすっごくふわっとした旅。どの街に行くんだよ。松本市かいうとこに泊まるらしいけどだからどこだよそこ。しかも1泊。車で行くから一日のうちのほぼ全部運転。あっちにつく頃には日が暮れてる。次の日も宿は午前中までだからすぐ出ていかないと行けない。1体何を見に行くんだよ。

はーうんちうんちうんち

2017-07-17

ポリアモリーの名を借りた自己愛

わけあってシリコンバレーに住んでいるのだが

とある趣味の集まりに行ったらメンバーエンジニアの男だらけだった

(というか、ここらへんではオタク臭いところに行けばだいたいエンジニアしかいないのだが)

そこで出会ったGoogleエンジニア(30代くらいの白人からしかけられて少し世間話をしたのだが

こっちの顔をじーーーーーーーーーっと見てくるわりに

目が合ってるようで合ってないし

口元は笑ってるのに目に表情がなくてなんか爬虫類みたいでキモいなと思いつつ

表面上は控えめで所作も整ってて紳士的に見えるのでプログラミングの話をできればいいなと思ってフェイスブックを交換した

しかし後にフェイスブックチャットサンフランシスコSM祭りの話をふられた

SMに興味はあるかと聞かれたので「SMは怖い」と言ったら「ときには恐怖を感じることも必要だよ」と言われ

変態かな?と思い始めたところで

「僕、ポリアモラス(複数恋愛主義者)なんだよね。君を口説きたいんだけど食事に行かない?」と誘われて全てが腑に落ちた

あの目はロックオンしてる目だったんだな

ポリアモリーの人がみんなそうではないのかもしれないけどこの人は自己愛でほぼ確定

自己愛ターゲットにされやすい体質なので本能でわかる

とぼけて「ポリアモリーってセフレとは違うの?」と聞いたら「僕はパートナー真剣に愛することもできるよ」とき

その「愛する」の定義利他的な人とは違うんですよね、わかります

アメリカに来てから自己愛と会わないことがない・・・

2017-07-13

超高速交通「ハイパーループ」、全システム試験成功 実現へ前進 - サンフランシスコ

http://www.afpbb.com/articles/-/3135565

日の丸新幹線オワコン。「世界から羨望の眼差し!」とのぼせていたら、海外輸出は結局台湾だけ(しか車両だけ)?他国を甘く見ていたツケは大きいナ。

2017-04-21

スラム街ってどうやってできたの?

今の日本スラム街といえば、あいりん地区が思い浮かぶが、別に隔離されたわけでもなんでもなく、日雇い労働の案内所をそこに集合させたらスラムが集まって定住したってことだよね?

アメリカならサンフランシスコダウンタウンらへんがそうかなって感じだけど、あっちも同じ理由ってことはないだろ?元は普通の街だったろうに、一体なぜこれらはスラムが定住したのか。

2017-02-25

Google翻訳オープンソースプロジェクトに使うのはダメなのか?

免責: これは法律専門家によるアドバイスではありません。この情報にしたがって行動した結果に対して責任を負うことはできません。

最近プログラマの間で

Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェア(OSS)の翻訳に突っ込んではいけませんという話」

http://blog.goo.ne.jp/ikunya/e/37e5a52e10ab26fcbd4f7ff867e9eace

が、話題になってますね。

Ubuntu翻訳プロジェクトで発生したトラブルの話です。

この話では、「もちろん、利用規約的に問題なければWeb翻訳の結果をOSS翻訳に突っ込んでも*ライセンス的には*問題ありません。」という追記がされてます

ですが、プログラマの間で単にWeb翻訳OSSに使ってはいけないんだという認識が広まってるように見えます個人的には、この認識が広まってしまうのはいやだなと感じたのでこの文を書いています

どういう話かというと、自分個人で開発しているオープンソースソフトウェア(OSS)のドキュメントの日英訳をするにあたってGoogle翻訳を利用するか検討して権利まわりの情報をしらべた結果、これは白に近いグレーだろうという判断したので下訳に使ったという話です。(日英両方についてのドキュメント自体も、オープンソースライセンスで公開しています)

注意書き

念のため言っておきますが、これは元記事問題になっている人を擁護するようなものではありません。翻訳コミュニティの人たちが自分たちのものにグレーなものを入れたくないと思うのは当然でしょうし、権利問題以外にも翻訳クオリティやその他の問題行動の話もあります

コミュニティ思想にそぐわない人が、そのコミュニティの中で作業していくのは難しいでしょう。

Google翻訳利用規約について

もとの記事のとおり、Excite翻訳利用規約には私的利用を超えた利用についての禁止が明記されています。こういった明確に禁止されているものについての話はここではしません。

ここでは、Google翻訳に焦点を当てた話をします。Google翻訳利用規約はどうか?というと、Google利用規約については翻訳結果の利用についての記載がありません。

https://www.google.com/intl/ja/policies/terms/

記載がないということは、使用してよいのか?使用してはいけないのか?いったいどちらなのでしょうか?

GPLコンパイラの例

機械翻訳権利問題と似た構造の話に、GPLGNU一般公衆ライセンス)で許諾されたコンパイラによってコンパイルした結果の利用があります

GPLの本文には、GPLプログラムの出力結果自体GPLのものを含む場合にのみその出力結果にGPL適用されることについての記述がありますが、GPLのものを含まない出力結果についてどういう許諾がされているか記載はありません。

これについては、コンパイラによるコンパイル結果に対して、コンパイラ著作者はなんら権利を持たないと考えるのが一般的です。

GNU自体もそういう見解を持っています

https://www.gnu.org/licenses/gpl-faq.ja.html#GPLOutput

著作権法は人々があなたプログラムとかれらのデータを使って作った出力結果の利用に関して、あなたに何の発言権も与えていません。

コンパイラ機械翻訳ツールとの違いが、対象が人工の言語であるか、自然言語かので違いしかないと考えるならば、Google翻訳の結果をOSSに利用することも問題ないということになります

ウィキメディア財団見解

ウィキメディア財団法務チームは、Google翻訳した文書ウィキペディア内での利用についての見解を公開しています

https://meta.wikimedia.org/wiki/Wikilegal/Copyright_for_Google_Translations

これはアメリカ法律に基づく話ですが、CC-BY-SA 3.0やそれに類似するライセンスコンテンツGoogle翻訳翻訳してウィキペディア使用してもGoogle著作権侵害する可能性はとても低い(very unlikely)と結論づけています

要点をまとめると以下の通りです。

ウィキメディア財団見解には含まれていませんがアメリカ法律でいえば、さらにもう一つ「フェアユース」にあたるのではという話があります。これはGoogle自体がよく知っている話かもしれません。

Oracle vs GoogleJava API訴訟

これはAndroidAPIJavaAPIが流用されていることについて、OracleGoogle訴訟したものです。

これについて、Java APIについての著作権が認められたものの、Androidでの使用は「フェアユース」に該当するとGoogleは主張し、カリフォルニア州サンフランシスコ地裁では著作権使用料支払いの対象にはならないという判決が下っています

(この裁判自体はまだ続いているようです)

フェアユース」というのは、アメリカ著作権法上の概念で、以下の4要素を判断指針として考えて公正な利用と認められれば、著作権侵害とはしないと考えるものです。

Google翻訳結果のOSSでの利用をこれに当てはめると

ということになり、4つの要素どれをとっても、フェアユースであると認めることに対して有利に働きます。これは、AndroidJava APIの流用と比べても、さらにフェアな利用であるように見えます

さて、ここまではアメリカ法律での話でした。

(ちなみにGoogle利用規約には、「カリフォルニア州抵触法を除き、本規約または本サービスに起因するまたは関連するいかなる紛争に関しても、アメリカ合衆国カリフォルニア州法律適用されます。」と書かれています)

文化庁見解

今度は日本法律に基づく話です。

著作権情報センターサイトに、 コンピュータ創作物についての文化庁報告書記載されています

http://www.cric.or.jp/db/report/h5_11_2/h5_11_2_main.html

この報告書は、機械翻訳ユーザー機械翻訳システム使用するために行う原文の編集や出力の編集創作的寄与となりうることを認めている一方で、機械翻訳開発者翻訳物の著作者になるということについては否定的です。

なお、原文解析等のプログラム作成者及び汎用的な辞書データベース作成者は、一般的翻訳物の作成の精度、正確度等を高めることに寄与することとなるが、特定翻訳物の作成自体にかかわっているわけではないので、その著作者とはなり得ないと考えられる。

これは平成5年とかなり昔に書かれた報告書であり、それから機械翻訳技術は大幅に進歩しましたが、創造個性表現を目指して作られているもので無い機械翻訳であれば、やはり翻訳の結果の利用について問題がないようにみえます

これにしたがえば、単純に文章をそのまま機械翻訳に投げ入れた出力結果は、原文の著作者著作物機械翻訳に投げ入れる前や後に十分な編集をしていれば、加えてその編集した人間二次著作物になるということになりそうです。

白に近いグレー

これまで、どうしてGoogle翻訳の結果をOSSに使うことが白に近いと言っているか説明してきました。

では、どうしてグレーなのかというと、新しい種類の権利問題なので判例がないからです。実際に訴えられたら負けました、ということもまったくありえない話ではないでしょう。

グレーなものを作ることの良し悪し

だいたい、ここまでが話したいことの半分です。ここからはグレーなものの良し悪しの話をします。

著作権などの権利問題についてグレーなことをやっているOSSというのはそれほど珍しいわけではありません。

有名なところでいうと、Monoが思いつきますAndroidDalvikJavaAPIを真似したものであるのと同じように、MonoMicrosoft.NETフレームワークを真似しています。つまりMonoについても訴訟リスクはあっただろうということです。

しかし、OracleGoogle対立したのとは対照的な道をMonoはたどります

2016年Monoプロジェクト運営していたXamarin社は、そのMicrosoft自身によって買収されました。権利的にグレーだったMonoMicrosoft公認プロジェクトになったというわけです。

権利的にグレーだからといって、プロジェクトとして失敗に終わるわけではありません。

Ubuntu日本語化プロジェクトでの良し悪し

すこし元の記事に話をもどします。冒頭にも書いた通り、Ubuntu日本語化プロジェクトに対してWeb翻訳の結果を突っ込むという行為は、批判されるべきだと思っています

まずは質の問題です。現在Google翻訳などは、UI翻訳に向いていません。UIほとんどは、意味合い文脈依存する単語や短文です。UI翻訳は、実際にその機能を動かしながら、動作にあった訳語を割り当てていくべきです。

Google翻訳などを使って一括で、訳語を割り当てても良いUI翻訳はできません。

UIにとっての良い訳については、元記事のいくやさんがとても良い話を書いています: https://github.com/ikunya/howtotranslatelibo/blob/master/howtotranslatelibo.md#ふさわしい翻訳の考え方 )

次に、白に近かろうがリスクのあるものを入れることになるということです。Ubuntu日本語化ローカライズであれば、すでに多くのユーザー使用しているでしょうし、そういうものについてリスクのあるものを後から入れることになります

そういったことを独断で黙ってやるというのは、歓迎されたものではありません。少なくとも、コミュニティに対して事前に方針を聞いたりすべきだったでしょう。

まりクオリティが低い上にリスクのあることを黙ってやったわけで、もちろん批判されるべきでしょう。

自分場合

はいえ、OSSには個々の事情があります。次は自分場合の話をしてみます

まずは質の話です。

自分プロジェクト場合Google翻訳を使ったのはドキュメントです。日本語で書いたドキュメントをあたらしいGoogle翻訳に入れてみたところ、そこそこのクオリティ翻訳が出力されており、自分ゼロから翻訳するよりも、原文を翻訳やす修正したり結果に対して修正を加えていったほうが質と速さの両面でよいと判断したので、Google翻訳使用しました。

次にリスクの話です。

OSS企業権利問題訴訟されるということはめったにありません。OSS公益性の高いものなので、むやみに訴えれば社会からの反感を買いますし、ほとんどの場合は訴えても大した金になりません。

訴えられるとすれば、そのOSSが十分に儲かっている場合です。もしOSS大金が儲かったらGoogleから訴えられてしまう!どうしよう!と考えるのは、宝くじに当たったら強盗におそわれてしまう!どうしよう!と考えるのに似ています

まず宝くじは当たらないですし、宝くじが当たったらそのお金対策を行えば良いだけの話です。

実際Linuxでは、特許周りの対策としてOpen Invention Network(OIN)を設立していますLinuxなどソフトウェアに対して特許を主張しないことに同意した企業から特許を買収して、そういった企業に対してロイヤルティー・フリーで許諾を行っている会社です。

これによって、Linux関連のソフトウェアに対して訴訟をしてきた、いわゆる「パテント・トロール」に対して訴訟をやり返すなどの対抗手段を得ているわけです。

別の視点でのリスク

それにOSSにまた別の角度のリスクがあります

権利問題訴訟されたことによって失敗に終わったOSSというのはほとんどありません。多くのOSSは、作者が飽きたり、面倒な作業うんざりしたり、誰にも使われなかったり、競合に勝てなかったりしたことで、フェードアウトしていきます

そういったこともまた、OSSリスクなわけです。

結局のところ、自分場合Google翻訳をつかったところで、Googleにも、自分にも、ユーザーにも、世間にも不利益はなく、むしろドキュメントの質は上がって、Google翻訳改善するためのデータを得られます

わずかなリスクを避けるために、時間を割いた上、質を落とすというのはくだらないですし、そんなことに時間を使うくらいならコードを書いていたいものです。

Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェアで使うべきか、そうではないか

結局、Web翻訳の結果をオープンソースソフトウェアで使うべきか、そうではないか?というのは個別の話でしかなく、ひとまとめにWeb翻訳の結果をオープンソースソフトウェア翻訳にいれてはいけないとか、使うべきとかそう簡単には言えません。

質が悪いしリスクがあるのであれば単純に禁止で済む話ですが、機械翻訳が向上して、質が良いがリスクのある例が増えると話はさらにややこしくなります

OSS翻訳者コミュニティ機械翻訳の利用についてそのプロジェクトで使って良いか方針を定めてやっていくしかなく、後からコミュニティに入っていくような人が機械翻訳を使いたい場合コミュニティ方針確認した上でやっていくしかないんだろうなあと思うところです。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん