「乱入」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 乱入とは

2018-05-29

anond:20180529103937

そりゃお前が百合属性あるというだけだろ

大多数のAV見てる男はそんなの無いわけで(だからレズ物でも男乱入するわけだし)

2018-05-27

入学した高校風習が異常すぎる

僕が入学した高校は、この地域では有数の進学校で、100年余りの伝統で知られている…というのが僕が聞いた前評判だった。

ところが、入学した途端に奇妙で恐ろしい風習さらされ、ひどく困惑している。

入学式の翌日、体育館で全学年がそろった歓迎会のようなものが開かれた。伝統であるゆえか、歓迎会に限らず、どんな集まりでも校歌斉唱する。

当然僕は、入学したばかりだから校歌歌詞など覚えているはずもなく、なんとか上級生が歌うのについていこうとした。しかし、上級男子の一部が、無駄に声を張り上げて歌うため、うまくついていくことができなかった。(今思うと、一年生が歌を聞き取れないように、わざとそうしていたのではないかと思う)

なぜそこまで声を張り上げるのか腑に落ちないまま、会は終りを迎え、二・三年生は退場し、なぜか一年生だけが体育館に残された。

生徒会役員自己紹介が終わった直後、閉じていた体育館の扉が突然激しく開いた。見ると、腕を組んだ上級生が二十人ほど中に入ってくる。上級生たちは、一年生を囲むと、いきなり口々に怒鳴り始めた。僕は状況がうまく理解できないのと、もとから小心者であるのとで、動悸が止まらなかった。

僕も恐怖のあまり興奮気味だったので、詳しくは覚えていないが、簡単にいうと、「なぜ歓迎会とき校歌を歌っていなかったのか」というようなことを怒鳴り声で言われたのだった。そんなことをいわれても、まだ入学から24時間も立っていないのに…と思いつつ、僕は恐怖でおののいていた。とにかくひたすら怖かった。

5分ほどその状態が続いて、ようやく上級生は去っていった。

それから約一週間たち、ようやく少し学校生活になれてきたある日のことである。その日は、朝から、「今日はあの人たちが来る」と話題になっていた。僕は昼休みになると、急いで昼食をかきこみ、「あの人たち」の到着を待った。

「あの人たち」は、突然教室乱入してきた。そして、一週間前の体育館と同じように、集団で僕たちに怒鳴り散らした。そして、僕たちのうち何人かを指名して、「なぜこの学校に来たのか」と質問してきた。当てられた人は、震えつつも、「伝統に憧れたから」とか「進学校から」といったことを答えるのだが、そのたびに、上級生たちは集団で責め立てたり、机を押し倒したりする。(あとから聞いた話によると、このときは、何を答えても責められるそうだ)僕はその異常な光景に恐れおののいた。しばらくして、「放課後に全員揃って屋上に来るように」と僕たちに伝えて、彼らは教室を出ていった。

僕は、怒りが抑えられなかった。なぜこんな不条理がまかり通っているのか。なぜ先生は誰も止めないのか。そんな気分で、いっそのこと上級生の命令無視してさっさと帰ろうかとも思ったが、そんな雰囲気ではなかったので、結局みんなと一緒に屋上に行くことになった。

屋上に続く階段の前で整列して、一同震えながら待っていると、上級生が来て、入れと指図された。僕たちは階段を登り、屋上に並ばさせられた。

しばらく僕たちを責め立てたあと、ひたすら校歌を歌わされ続けた。声が大きい人は座らせられるだが、あまり声の大きくない僕はずっと座らせられなかったので、涙ながらに歌い続けた。こんなことをされるために入学したわけではなかったのに。僕は一体何をしているんだろう。そんな思いで、延々と泣きつつ歌い続けた。

炎天下の中、それが一時間ほど続いて、ようやく終わった。上級生たちは、態度を一変させ、カジュアルな態度で、みんなを集め、「お疲れさまでした」といって、自己紹介を始めた。それが終わると、ようやく帰された。

僕はもはや放心状態で、そのまま家に帰った。

今でも頻繁にこう思う。なぜあんなことをさせられなければならなかったのだろう? あれになんの意味があったのだろう? これは伝統を笠に着た「いじめ」ではないか? と。

また、こんなことも思う。例えばクレーマー気質金持ちの親が保護者の中にいて、自分の子供がされたことに腹を立て、学校を訴えたりしたらどうなるか…と。この風習にはなんの正当性も、教育的意義もないから、もしかすると裁判で負けるかもしれない。そうなったときに、学校責任を取れるのか? コンプライアンス意識がまったくないのではないか

僕の入った高校は「国際人育成」のようなことをスローガンに掲げている。後輩や部下を怒鳴り散らすような人が、世界通用するだろうか? 僕は運動部ではないので、この種の「いじめ」はもうないが、一部の運動部では学校施設の利用を新入部員だけに禁じたり、あるいは怒鳴り散らしたりといった「いじめ」が行われていると聞く。(皆が「いじめ」と認識しているわけではないが、僕はそう思うのだ) そのように後輩をいじめることになれた人は、社会人になっても、後輩をいじめることに抵抗を感じないのではないか。僕の高校では、皆忙しすぎて、いじめをする精神的余裕もないと聞くが、学校体制の中にいじめが組み込まれているのなら、同じことだろう。学校が、いじめをする人材の育成場所になっているように思えるのだ。

2018-05-26

b:id:oooooo4150 さんにおくる「喧嘩商売喧嘩稼業のススメ」

こんちゃかわー!

喧嘩商売喧嘩稼業が大好きだからb:id:oooooo4150 さんにオススメする増田を書くぜ!

まず初めに、喧嘩商売喧嘩稼業は必ず喧嘩商売から喧嘩稼業と続けて読んでください。

ほんのり繋がってるとか、世界観が同じとかそういうのじゃ一切なくて、普通に続き物なので。

ハンターハンターグリードアイランド編とキメラアント編とか、ワンピースの〇〇島編と△△島編みたいな? とかでもなくて、本当にただただ続いているので、喧嘩商売から読んでね。

(作者が長期休載して巻数リセットされただけなんで、キリもよくもないですしね)


それじゃあ、俺のオススメポイントを紹介するぜ!

「理知的

この漫画は「喧嘩商売」「喧嘩稼業」というだけあって、喧嘩を題材にしています

しかし、いわゆる戦闘狂で、いわゆる感情的で、いわゆるバカキャラクタは、ほとんど存在しません。

どのキャラクタも、それぞれ戦う理由があり、そしてその理由のために最善を尽くします。

この思考面白い

もっとも描かれている喧嘩の回数が多く、もっとも理知的なのが主人公の十兵衛なのですが、この十兵衛はとにかく考えるキャラです。

特にこの漫画理屈面白いのが「ルールの破り方」です。

だいたい、この漫画で対戦のルールや決まりが公開されたとき、それは破られるのですが、

「こんな抜け道が!」とか「その手があったか!」と膝を打つことしかりです。

ただここで、強調しておきたいのが、いわゆるカイジとかライアーゲームみたいな「ルールの穴を突かせるためのルール」ではないことが、この漫画面白みでもあります

まりルールシンプルなんです、シンプルというか、当たり前と言ってもいいかもしれません。

ここでそのルールを紹介すると、それを破ることを示唆してしまうのでアレですが

「参加できるのは、参加者だけ」とか

試合前に襲っちゃいけない」とか

武器ダメ」とか

こういう、破りようがないルールを、彼らは色々な理屈を立てて裏工作します。

複雑なルールを複雑な理屈で破るのではなく、シンプルルールシンプル理屈で破る、これが醍醐味なのです!

「群集劇」

最初の方は、十兵衛という高校生がメインのお話が続くのですが、

ところどころに「最強の格闘技はまだ決まっていない」という結びの文の、別のキャラクタが主役の短編が挿入されます

これが通称「最格エピソード」と呼ばれるものです。

短編といっても、起承転結がどれもちゃんとしていて、物語として成立しているものほとんどです。

さらに、この最格エピソードはそれぞれが少しづつ繋がっており、少しづつ本編にもこの最格のキャラクタたちが登場します。

これが、それはもう複雑に絡み合っています

今連載で描かれている大きな流れの中では、名前があってバックボーンがそれなりに描かれているキャラが三十四人。(わかってる人向けにいうと(16×2)+(1×2)ってことね)

リタイアしたキャラや出番が少ないキャラも当然いるけど、この漫画リタイアたからって登場しなくなるわけじゃないのが面白いところだったりもします。

さらさらに、どうも裏で暗躍していると話だけに登場する人物が何人もいる上に、前々から伏線が張られている「あいつどっかで乱入してくんじゃね?」なジョーカーキャラもいて、先を読むのはなかなかに複雑な状況です。

そして、主人公と誰かだけでなく、その最格エピソードで登場したキャラクタ同士が戦う展開もあります

サブキャラ対サブキャラ勝敗が予想できないか燃えるってのは、漫画あるあるですが、

喧嘩稼業場合、そこに「どっちも勝ってほしい!」という気持ちも乗っかるのが見所です。

家族愛

群集劇、と書きましたが、例外はあれど、かなり多くのキャラクタ共通するのが「家族愛」にまつわるストーリーです。

父と子が多いですが、奥さんの話もあれば、お祖父ちゃんとの話もあります

これがね、もうね、泣けるんですよ。

ほんともう、特に凝った仕掛けがあるわけじゃなく、あらすじだけでも泣ける辛くて悲しくて、それでいて鼓舞されるような、家族の話がたくさんあります

これはもう何を話してもネタバレになるので、そういうの好き! となるなら、是非とも書いましょう。

最後

バーチャルネット匿名ダイアリー投稿者増田入江文学応援しています

2018-05-25

日大大塚学長会見に女性乱入もの申しに来た」退席

まんさん笑

司会から質疑応答スムーズに行われるよう、ご協力お願いいたします。

発言に対しまして挙手、会社名、質問者名前を名乗ってお願いします」と依頼がある中、

女性が「そんなまどろっこしいこと、やってられないのよ! いいんだよ!」と叫んだ。

さらに「もの申しに来たのよ! みんな聞きなさい!」などと絶叫し、退席させられた。

2018-04-29

わたしペットなんか飼ってない

ペット中心の生活にする、こっちに迷惑はかけないって勝手約束して勝手に迎えたくせに朝帰り三昧、連日外泊三昧‬

わたし虐待女なんだって

ちょっと昼寝してるうちに室温上がってペットが暑そうにしてたのはわたしが悪いんだって

死ねって言われた

‪じゃあ外で遊び歩くのやめておまえがずっと見ててやればいい

ペットのためならなんでもするんでしょ‬

虐待するかもしれない妹になんて任せられないでしょ

できない?なら金に物言わせてどうにかしてよそういうの得意でしょ

ペットホテルにでも入れたら安心だよ 金で安心買っちゃおうよ‬ 違う?

家族人件費浮かそうとすんな‬

‪眠たいとこエサやりに起こされて、粗相私物どんどんダメにされて、春夏秋冬24時間から晩までずっとずっとずっとペット最優先で気を遣わされて‬

‪飼うのに賛成なんかしてない

飼ってしまえば命を粗末になんか扱えないし強制的にどうにかなると思ったんだろうけどなるかよ‬

あの日から1年、心の休まる日もなにも気にせずひとりでのびのび眠れる休日わたしが足を伸ばせる寝床すらもなくなった‬

動物の面倒なんか見たくないって思ってなにが悪い

家出までして反抗したのに親も動物を愛せない方がおかしいって顔してくる、愛するのと人生の一部捧げて世話するのは全然違うのに、どうしてわからないの

わたし動物の面倒を見ない人生を選んだんだ‬

なのに突然強制で押しつけられたんだ

意思表示しても通じないあんた達なんか動物以下だ

勝手わたし人生ペット乱入させてきたくせに‬責任まで求めるな

わたしペットなんか飼ってない

2018-04-25

2018春アニメ1話ほぼ全部観たか感想書く その1

 遅田だけど、A「〇〇面白いよね」→B「△△観てないの?」みたいなやり取りが嫌になったので色々観てみた。地上波アニメを観ないので、配信を待ってたら遅くなってしまった。まだ観ていない作品もあるけれど、ウマ娘の4話が配信されてたのを見て心が折れたので途中送信。それっぽく並べてあるけど、作品の優劣は付けてない。容赦して。

 

2018春アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その2

2018春アニメ1話ほぼ全部観たから感想書く その3

視聴継続~様子見(上の作品ほどモチベ高め)

ひそねとまそたん

 ネトフリ限定航空自衛隊のおしごとアニメ自衛隊等、軍隊の色んなお仕事を描く場合、「GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」みたいに架空戦争を描くのがセオリーというか、一番手っ取り早い気がするのだけれど、本作は日常業務を割とメインに描いている点で珍しい気がする。そのための「ドラゴンの世話係」というモチーフはすごく好き。

 何よりこの作品が良いのは、メインで描かれているのが「様々な事件航空自衛隊解決していく姿」とかではなく「そういった様々な業務をこなしていく中でもみくちゃにされる主人公の、心の機微」なところ。1話で既に胸がいっぱい。

 全体的にテンポが良い&笑ったり泣いたり出来る内容なので、「宇宙よりも遠い場所」が好きな人はツボかも。円盤買おうか検討中

ヒナまつり

 かっこいい大人を描くアニメ。ある日主人公の前に超能力を持った少女が現れて云々というモチーフはとても好き。特に特殊能力を持った子供と、精神的な支えになってくれる保護者大人)」という関係を描く作品がツボなのでもっと観たい。「アリスと蔵六」とか。

 とにかくギャグシリアスバランスが秀逸。「シリアスなシーンっぽいけどBGMギャグ」とか「イイハナシダッタナーと思わせといてツッコミで落とす」とか。特に及川啓監督作品この美術部には問題がある!」にも共通しているツッコミの良さが健在で嬉しい。

 公式ラジオによると「アイッター!」はアフレコ現場のノリで思いついたらしく、本作に限らずのびのびと声優が演技している作品は観ていて楽しい。「この美術部には問題がある!」でもアドリブをどんどん採用していくスタイルだったそうなので、本作もすごく楽しみ。

 なお監督は今期「ウマ娘プリティダービー」も兼任しているらしいのだけれど、控えめに言って命燃やし過ぎじゃないだろうか。

ウマ娘 プリティダービー

 P.A Worksによる競馬場擬人化アニメ田舎から上京した主人公が、ウマ娘の頂点を目指すスポ根モノ。でもライバルもみんなおんなじ学校にいたり、しかも割と仲がいいというのがすごく今っぽくて好き。でも実際そういうもんだよね。

 とにかくレースのシーンが非常に良く出来ている。草薙の背景美術によるリアル競馬場キャラクター同士の会話が聞こえないくらいうるさい歓声、ウマ娘の走るフォームやめちゃくちゃ重い足音、アツイ実況と落ち着いた解説、他の子に追い抜かれるときの「むりー!」とかすごく秀逸なセリフだし、そもそもレースシーンの尺とか(アニメの尺で1~2分。わざとかな)。競馬を好きになりそう。

 あと競馬小ネタが満載の作品になっている、らしい。私みたいに競馬初心者ニコニコ動画等外部記憶を利用しながら観ると10倍位面白いのでおすすめ

メガロボクス

 50周年につきリライトされたあしたのジョースラムからボクシングで成り上がっていく主人公を描く作品。各所で有名なイラストレータ監督を務めているらしく、キャラの造形にすごく味があって良い。それにスタジオ風雅の背景はドンピシャ過ぎる。

 いくつも映えるシーンがあるんだけれど、その度に主人公ライバルジョーや力石にしか見えないところがとても良く出来てる。

 アウトサイダー主人公を描く作品ヒップホップミュージックはよく合ってる。個人的に大好きなジャンル音楽なのでそれだけでもツボなのに、加えて音楽を引き立てるような演出もあったりして最高すぎる。音楽担当するmabanuaの楽曲google musicとかで聴けるのでみんな検索してみてね。

 私は原作未読なのだけれど、当時もボクサーと呼ばれる人たちは本作みたいなアウトサイダーだったのだろうか。今ではオリンピック種目にもなってるくらいメジャー競技なので、そういう「ボクシングクリーンイメージ」と距離を置くために、メガロボクスというモチーフを作ったのかも。

ヲタクに恋は難しい

 アマプラ限定2010年代ヲタクを描く日常アニメ最近観たオタク恋愛作品は「ネト充のススメ」と「3D彼女 リアルガール」だけれど、前者はトレンディドラマ後者少女漫画テイストな感じ。対して本作はもっと、有り物としてのオタクを描くことがメインになっていて、よくツイッターとかで流れてくる「オタク相方に持つ(自身オタクの)漫画家さんが、実際にあった面白いことを漫画にしてみました」的なものに近いかも。かつ、これまでのアニメ作品の中でも特に(私の知る限りの)リアルオタク像に近く、オタク=不健全な人みたいなイメージではなく「ほとんどのオタクは(多少不健全であっても)割とマトモに生きているんだよ」という描き方がされている。私はオタクではないのだけれど、とてもわかりみが深い。

 個人的に一番好きなシーンは「職場で昼休憩の時間になり、おもむろにイヤホンを取り出し、カロリーメイトを加えながらSwitchモンハンを始める主人公(男)」。なおクレジットちゃんモンハン名前がある。間違いなくモンハンプレイしていて笑った。

 驚いたのは「出ねえじゃねえかよ紅玉よお!物欲センサー発動してんじゃねえよ!(リオレウス狩りながら)」というくだりがノイタミナ枠で流れたこと。すっかり市民権を得たんだなぁ、としじみ。

 公式ラジオでも言っていたけれど、ネットスラング発音がすごく難しそう。正解がないだけに、「なんか違う」って思う人は多いんだろうか。

ラストピリオド– 終わりなき螺旋物語

 かわいいコメディソシャゲ原作なのに、自らを容赦なくネタにしていくスタイル監督は多くのラブコメ作品を作った人なので、コメディ要素が非常に良く出来ててとても面白いし、女の子がみんなかわいい

 特にソシャゲ要素のネタ化が秀逸で、一度でもソシャゲをやったことある人なら刺さると思う。老若男女誰でも?気軽に楽しめる感じがある意味ラストピリオドらしさなのかも(やったことないけど)。

宇宙戦艦 ティラミス

 ロボットアニメを題材にした、宇宙戦艦乗りの日々を描くギャグアニメ。「いつ戦闘になるかわからない中逃げ場所もなく、毎日同じ兵士たちと衣食住を続けてたらストレス絶対おかしくなる人出てくるよね」を体現したような主人公悲喜こもごもを丁寧に描いている。何が良いって、短いアニメなのに作画がめちゃくちゃしっかりしているので、色々ヤバイことになってる主人公を見ていると脳裏に他作品主人公の姿がチラつくこと。マジで実際ありそう。それにしても主人公の狂いっぷりが最高すぎる。

ゴールデンカムイ

 FOD限定アイヌ舞台にしたモンスターハンターみたいなゆるキャン制作は「虐殺器官」「刻刻」のジェノスタジオで、元請けは本作が3つ目。なんでハード作品ばっかなんだろ。

 物語の縦軸は悪人を倒し、素材を剥ぎ取って集める事だけれど、乱入してくるイビルジョーみたいなヒグマのほうが怖い。登別にある(´(ェ)`)牧場行ったことあるけどヒグマはめちゃくちゃ怖い。アレと対峙する主人公フィジカルは、モンスターハンター世界で最強の生物ことハンターのそれである

 一方ゆるキャン要素がとても良い。風景のロングショットの多さや焚き火が何度も登場する感じとか。そういう雰囲気を大切にしてる作品

 音響が良いので、自然音(焚き火の音とか)も戦闘音(爆発音とか、銃のリロードをして排出された薬莢が岩の上に落ちて転がる音とか)もとても雰囲気が出ていて痺れる。

 音楽は全体的にストリングスでまとまっていて、映画みたい。サントラ買おうかな。

 アイヌ語監修、アイヌ設定監修がおり、アイヌ文化について丁寧に描かれているのが印象的だった。なによりアイヌの人→アイヌの人ではなくアイヌの人→アイヌじゃない人の構図でアイヌの話をするので、細かい説明付きでとてもわかり易い。

 OPMAN WITH A MISSIONなのは流石に草。絶対顔で選んだだろ!

あまんちゅ!~あどばんす~

 2期。1期のときと変わって監督佐山聖子総監督は引き続き佐藤順一)、脚本赤尾でこ福田裕子に。やさしいせかい部活モノ。私は他校との競争がメインの部活よりも「その生徒にとって、一生モノ楽しい思い出や趣味、居場所作り」がメインの部活のほうが好き(必ずしも両者が対立するわけではないけれど)で、本作は後者

 以前「高校時代一生懸命部活に打ち込んでいたのに、高校卒業したあともその分野を続けてる人がほとんどいない」みたいなニュースブラック部活問題話題になったけれど、本作のダイビング部であったり、ゆるキャンの野クル(部活じゃないけど)みたいなのは部活という在り方に対する一つの答えなのかも知れないなぁ、と思った。何より先生が良い人で、悩む主人公を導いてあげる役目を負っているのが好き。

 背景美術雰囲気、なんか変わった?と思ったらスタジオカノンJ.C.STAFF美術部に変更してた。どちらも非常に綺麗。

 物語の縦軸は「てこの成長」なので、1期を見ていないとピンとこないと思う。

LOST SONG

 ネトフリ限定ミュージカルアニメそもそもディズニー作品以外にミュージカル風のアニメを見たことがないので、すごく新鮮。ストーリー自体王道で、「不思議な力を持つ主人公」「ギークちょっと頼りない兄弟」「正義感の強い騎士」「悪い王子」「心の優しいお姫様」等キャラクターの描き方もわかりやすい。そういうベクトル作品なのがネトフリらしさなのかも。

 抑圧に対する開放の象徴として「歌」があるストーリーがとても良いし、「歌っちゃいけないと言われてるけど、つい歌っちゃう主人公」と「国民から好かれているから歌ってるんだけど、その歌を政治の道具にされているお姫様」という対比も良いなぁと思った。お姫様中の人田村ゆかりなのもハマリ役すぎるし。クラシック基調とした音楽めっちゃ良い。

 背景美術はでほぎゃらりー。この会社ドワンゴカラーとポノックが立ち上げた会社なのだけれど、クオリティがめちゃくちゃ凄い。森の中のシーンとかジブリ男鹿和雄が描いた森みたい。まだまだ歴史の浅い会社なのでうまくいくと良いな。

鹿楓堂 よついろ日和

 甘味処日常アニメメインキャスト達の低音成分が凄い(そういうディレクションなのかも)のに、やさしいせかい+飯テロ+スイーツテロも相まって非常に強烈な癒し系アニメ。和な雰囲気も良いし、1話完結になってる点も観やすくて良い。

多田くんは恋をしない

 雰囲気の良い日常アニメ高校生+カメラ+青春といえば「Just Because!」が思い浮かぶけれど、本作は日常のウェイトが大きい作品タイトルから「お、恋愛モノかな?」という先入観で観ると肩透かしを食うかも。タイトルを意訳すると「A子ちゃんはB男くんが気になってて、でもB男くんはC子ちゃんにゾッコンで、D子ちゃんはE男くんが好きで、F男くんはG子ちゃんが好き。でも多田くんは恋をしない」みたいな感じ。

 日常恋愛バランスは「のうりん」とか「日常」とか「月刊少女野崎くん」くらい?日常コメディがメインの脚本になっている印象。かといってボケツッコミで落としていくわけでもなく、ゆる~い感じがとても良い。各話サブタイトルの「まぁ、間違っちゃいない」「それ、好きだなぁ」あたりが本作のゆるさをうまく表している。3話における喫茶店のシーンの雰囲気が、音楽も相まって本当に良すぎて辛い。

ニル・アドミラリの天秤

 オトメイト原作大正浪漫譚。華族出身ツグミは、ある日弟のヒタキが稀モノの起こした事件に巻き込まれしまい、これをキッカケにツグミアウラが見えるようになる。そんな彼女の前に帝国図書情報資産管理局、通称フクロウが現れ、稀モノの調査協力を依頼される…というストーリー

 大正時代テーマになっていて、主人公の格好、お屋敷内装、装飾品、小物、街並み、イケメンたちの衣装等、細部までこだわりを感じる。私は大正時代建築が大好きなので、本作の雰囲気ドンピシャすぎる。色彩もすごく綺麗だし。やることが本集めなのも良いよね。

重神機パンドーラ

 ネトフリのみ。マクロスでおなじみ河森正治による新規IPクレジット重慶市があるので、実質中国ご当地アニメ

 まず主人公の設定が良い。主人公は新しいエネルギー研究をしている量子物理学研究者で、ひょんなことからその新エネルギー施設事故世界が軽く滅んじゃって、その影響で世界中の動植物機械化してしまい、そいつらによって人類が滅びそうになっているので、人類を救うために日夜研究している、みたいな。主人公ギークっていうのも珍しいけど、動機とか哲学が独特。特に2話が象徴的で、主人公の持つ正義の危うさが描かれているのがツボだった。

 世界観はフォールアウトに近いかも知れない。上記事故風景はウェイストランドみたいだし、フォールアウトにおけるミュータントやグールがこっちの機械生物に相当する。フォールアウトが人vs人の世界とすると、こっちは人vs自然。とても良い。

 あとロボデザインが好み。手書きではなく、3DCGの味を出したデザインなのだけれど、微妙に人型じゃないところとかアーマード・コアっぽくて好き(主人公機は人型だけれど、2話の作中で「クソの役にも立たない」と酷評を受ける)。

 本作のクレジット重慶市があったので、そのうち中国でも放送されるんかなぁ?とか思っていたのだけれど、公式ラジオによると、本作はアフレコ日本スタジオと並行して中国スタジオでも行っていて、オンタイムでそれぞれの地域言語放送しているらしい。「いつの日か、日本アニメ字幕じゃなくて現地語でアフレコされた上で日本と同じタイミング放送される作品とか出てきたりするんだろうなぁ」と思っていた矢先だったので、そういう意味でとても興味深い作品

魔法少女 俺

 今期随一の萌アニメ。萌アニメと言えばいろんな属性を持つ多くのキャラクター達が出てきて、自分推しを見つけるのが楽しいのだけれど、本作は主人公可能な限り多くの属性付与を行うという手法をとっているのが斬新。3話まで観た限りでも主人公は”女子高生カワイイアイドル、歌がうまい(?)、ダンスが得意(?)、食いしん坊、魔法少女イケメン、パーフェクトボディー、強い(物理)、百合BLNTRetc”と幅広い属性を持っているので、理論ストライクじゃない人はいないはず。CV.大橋彩香CV.石川界人)も非常にハマリ役で好き。原作者の担当するEDめっちゃ綺麗だし。

2018-04-14

ロボティクスノーツDaSHでやってほしいこと

・昴の活躍シーン。

昴好きなんだよ!

できれば、外伝キャラ達もちょっとだけ出てきて絡んだりしてくれたらもう言うことなし。

・みさ姉無双

いや、原作ってようするにみさ姉無双だろ? と言われれば、そんあ味わいもあったような気がしなくもないんだけど

洗脳から解放されることでより一層スペック向上しそうだから、ロボ部全員と正々堂々戦った上で、全員を得意分野でボコるぐらいしてほしい。

・フラウと愛理百合

二人とも性欲強そうだからすぐヌチョヌチョしそう

ラボメンに真帆とかがりがいることを匂わせる記述

真帆はまあ大丈夫だろうけど、かがりはシュタゲ世界線でどうなってるかが一切明かされてないのが大問題だけど

からこそ、かがりもラボメンとして一緒にいることを、ダル一言でも言えば、シュタインズゲート世界線も所詮ゆりと紅莉栖以外の誰かに犠牲押し付けてる感が薄まってとても良いと思う。

・久野里乱入

科学ADVシリーズジョーカーポジションになれそうだから、こういう方向性活躍してほしい。

2018-04-13

ポリコレとか政治的にはどうでも良くて、ただその作品女性搾取性的とは限らない)されるシーンがあるかどうかを知りたい。

こっちは個人的趣味嗜好でそれを見たくないだけだ。

そういう要素が入ってると萎えるんだよ単純に。

実際は入ってる作品だらけなのでそんな事言ってたら何も楽しめないから、そうではないものも手を出すし

他が良い作品であればそれなりに楽しめるけど、でも「この女性の扱いの酷ささえ無ければもっと面白いのになあ」な気分になる。

それが、一部腐女子が男女恋愛要素は一切入れるなとか、一部百合オタが百合に男乱入させる作者は氏ねと言ってるのと大して変わらん要望ってのは重々承知だ。

けどそんなピンポイントな点に着目した批評はまず無いので

とりあえず西洋からの輸入モノでレーティング低いものだとポリコレ配慮してあってそういう描写いか安心、って状況になってる。

でも日本のはそういう安心感がないので博打するしかない。

つーかそもそもポリコレってそういう目的のものだと思うんだけど。

大勢の人相手に売りたい作品が、多くの人の地雷になりそうな要素は最初から取っ払ってるから安心安全に楽しめます、っつーのをアピールするという。

地雷踏んでもいいからそういう配慮はいらん、って人向けにはそういうのがあるわけだし。

2018-04-07

せっかくホンダワークス乱入してきたのにポールとれず

高橋巧がワークスと絡んでいい成績残せた記憶がない

2018-04-05

土俵女性が上がって揉めてるけどさ

大奥力士が突如乱入して相撲とりはじめたらハァ?ってなるだろ?やめさせるだろ?

土俵女人禁制に思ったこ

銭湯の女湯に男性救護者が来るのはいいと思うの。

銭湯の女湯になまはげ乱入するのはダメだと思うの。

2018-04-04

双子

彼女きょうだいがいるのは聞いてたが、まさか双子の妹とはね。

来週から二人とも大学2年生、付き合って半年春休み最後彼女実家に呼ばれて、紹介するから家族でご飯食べようってなったわけよ。ちょっと早い気がして焦ったけどうまく断れず、仕方なしに訪問した。


彼女の両親にビビり倒しながら会って、思ったより好印象でひと安心して、それじゃ夕食にしましょう、ってすき焼きを囲んでるときに、ほんとはもう一人妹がいるんですけどねえ、ウチは双子なのよ、って言われて知った。双子の妹がいるのか、そりゃ見てみたいなと思って聞いたら友人と外で晩ごはん食べてもうすぐ帰ってくるらしい。詳しく聞くと1浪でこの前地元大学合格したとのこと。同い年の1個下ってやつか。

夕食が終わってお義父さんの晩酌に付き合ってると、例の妹が帰ってきた。顔見てびっくり、めちゃくちゃ似てるわ。双子ってのもピンキリで、瓜二つから全然似てないのまで色々だが、こりゃ相当そっくりな部類だな。顔も髪型も初対面じゃ見分けつかないくらい似てる、身長も160ないくらいでほぼ同じ、しぐさもなんとなく似てて、感動すら覚えたね。愛する彼女と同じ顔の女の子がこの世にいるってのは何とも不思議なもんだ。

酒のおかげでお義父さんと打ち解け、今日は泊まっていきなさいなんて言われたから、ご厚意に甘えてその夜は泊まらせていただいた。彼女実家に泊まるってなかなかスリリングというかなんというか。彼女が小さい頃から入ってる風呂に浸かり、彼女が小さい頃から使ってる部屋の床に布団を敷いてもらって、失礼だがちょっと興奮したなあ。

そうして部屋でドキドキしてると彼女が入ってきて、親は寝たから眠くなるまで何かして遊ぼ、って言うから二人でベッドに腰掛けWiiやってたら、ねーちゃんここー?って双子ちゃん乱入してきた。妹はデリカシーがないのか知らんが彼女を挟んで俺の横に腰掛けてきた。同じ顔の女の子二人が俺と一緒にベッドに座ってる。なんだこの状況。

妹は総じてデリカシーがなく、グイグイいくよー!下ネタオールオッケーイェーイ!みたいな明るい女の子で、こいつが春から大学生になったらヤリサーの仲間入りを果たさないだろうかと心配になるタイプだった。そんな妹の、俺を見ての第一声はこれだ。

「ねーちゃんたち、もうエッチした?」

あのなあと思って彼女を見ると、彼女はそういう下ネタオッケー明朗快活ガールではないから、当然困り顔をしていたわけだが、俺は彼女のそういう表情、彼女実家彼女の部屋という空間、そして彼女と同じ顔をした女の子が明るい笑顔で「エッチは?エッチは?」と朗らかに聞いてくるシチュエーション、それらが合わさって何かのネジが外れてしまった。


「もちろんしてるよ、こんな風にね」そう言って彼女の腰を抱き寄せ突然キス。まあ嘘ではない。隣で姉が急にキスされた妹ちゃんは焦って、あ、え…なんて言ってる。お前が聞いたんだろ。そんなエロ漫画テンプレみたいな反応されてこっちも火がついちゃって、そのまま背中を撫でたり髪を梳いたりほっぺたを愛撫したり、前戯を始めてやった。双子の妹の目の前で。


ここから先は生々しいので書かないが、顔がそっくりなこの双子は、胸の大きさも形もそっくりだったし、感度も声もおんなじだったよ。

2018-04-03

anond:20180403100359

優勝っていうか乱入してトーナメントをぶち壊しにしてなかった?

2018-04-02

anond:20180402181825

プリクラが向きだしだった頃、彼女プリクラ撮影していたら男が乱入してきたことがある。

まり頭がおかしい男が乱入している。

逮捕OK

2018-03-30

anond:20180330155333

A→B→C→D→Eってメソッドの流れ作ってるのに

途中だけ使われたり乱入されたり、グチャグチャにされることがある

メソッド呼び出しの流れに、作成者意図した順番があって、途中だけ呼ばれるとぐちゃぐちゃになるって、グローバル変数状態管理してる系のクソプログラム臭いがするんだが…

プログラム)一連の処理の流れをパッケージ化したい

言語に関わらず

リファクタすると細切れなメソッドになると思うんだが

メソッドAはメソッドBからしか呼ばれたくない」みたいなことってあると思うんだ

一人で開発してればそういうのは覚えてりゃ良いんだけど

複数人で開発してると、せっかくいい感じにリファクタしてA→B→C→D→Eってメソッドの流れ作ってるのに

途中だけ使われたり乱入されたり、グチャグチャにされることがある

から、A〜Eをセットにしたり、入り口と出口をコントロールしたいんだよね

 

名前をつけるとしたらModal methodsって言う感じ

今は大体Modelessすぎる

 

もちろんクラスにして〜とかオブジェクト指向的に〜とか関数型言語で〜っていう話になりそうなのは分かるんだが

もっとシンプルコントロールできて良いと思う

けどそういう思想未だ見たことがない、大体みな構造的な方法を取ってる

それじゃリファクタ意味無いし変更するのも大変じゃん?

 

あ、inputが◯◯であることを保証するとか制限するみたいなの、何かあった気が

でもどう足掻いてもめんどいんだよな

面倒臭すぎてうわー!って1メソッドに詰めることもたまにある

anond:20180330011958

ニコ生保育園乱入して俺ロリコンと叫んで警察呼ばれた経緯を実況したバカがいたな

見てるのも同類からただのジョークなのに警察呼ぶ方がおかしいの大合唱

おかしいのはお前らだろと

あいう事例が頻発してるんだろうな

2018-03-24

詩織愛海の「らぶ!」」第29回放送 結城乱入回書き起こし

詩織「この番組は海を愛する…… 瀬名詩織と」

晴「社会人失格棟方愛海と、サッカー大好き結城晴が」

詩織「新たな愛を見つけるラブ発見型新感覚ラブリーラジオです」

晴「この番組は磯端交流提供でお送ります

詩織愛海ちゃんと前のお仕事で一緒だった晴ちゃんがついてきて…… ブースにまで入ってきたんだけど…… どうしたの?」

晴「しんじらんねー!」

愛海「誤解なんだよお…… 本当にただただ誤解なんだよお……」

詩織「……まあ。普段の…… 行いが悪いのは確かね……」

晴「お前なにしてたか言えよ。正直に言えよ」

愛海「ほんとに…… 誤解なんです…… 何もしてません……」

晴「いえっつうの」

愛海「もおおおおお!!!楽屋仕事してただけだよ!!! 何してたっていうのさ!!!!!」

晴「嘘つけ!!! 逆ギレかよ!」

詩織「……いいか説明しなさいよ」

愛海「だから楽屋で! ノートパソコンで! 資料映像見てただけだって!!!!!」

詩織「……普通じゃない振り付け覚えたりでしょ。晴ちゃんも見るでしょ」

晴「雫とくるみと里美がきわどい服装体操してるやつだぞ! なんの参考にすんだよ!!!!」

愛海「推薦文! 帯の推薦文書お仕事なの!!! お山の伝道師棟方愛海推薦なの!!!

晴「じゃあ周りに散らばった湿ったティッシュ!!!! なんなんだよ!!! 俺らのライブ楽屋!!! 乳をぷるんぷるんさせた映像見ながら!!! なにしてたんだよ!」

愛海花粉症なの!!!! 鼻かんだだけで何もしてないか!!!!」

詩織「……この話。晴ちゃんの方がどうかしてない?」

晴「はあ? なんでだよ! 楽屋でこんなことする方がどうかしてるだろ!」

詩織「……いや、しないでしょ」

晴「だろお!」

詩織「そうじゃなくて…… そういう行為をしたと勘違いしないでしょ……

きわどい映像ティッシュを見ただけで…… すぐそれって…… 思春期にも程があるわよ……」

晴「……え?」

愛海「そうだよ!」

晴「いやいやいやいやいやいや! だ、だって、女のエロい格好の映像見てティッシュ使って、明らかだろ! 兄貴とか毎日してるんだぞ!!!

詩織「……」

愛海「……」

晴「……あれ?」

詩織「……恥ずかしい子」

愛海ドン引き

晴「……だ、だって

詩織「……そもそもなによ。なにと勘違いたか言って見なさいよ……」

晴「い、いや、だから、その……」

愛海「いえいえー!」

晴「その…… なんだ…… あ、あそこを……」

詩織「にやにや」

愛海「にやにや」

晴「くそ!!! くそ!!! てめえら!!!

詩織「……というわけで、ゲストが来てるのでコーナーを一緒にやりましょう」

晴「もういい! 帰る!」

愛海「まあ、してたんだけどね」

晴「はああああああああああ?????!?!?!?!?

愛海「う、嘘だって

詩織「……そりゃねえ」

2018-03-16

anond:20180316205051

今となっては既に古典扱いされてる「Lの世界」では

婚約者女性寝取られて落ち込んで逃避行した男に対して

それを発見した警察官(男)が

エロビデオでは女同士がセックスしているところに男が乱入して満足を得る描写があるけど、あれは虚構だ。

 女同士でセックスしてる連中は女同士で十分にオルガスムスに達している。俺たちはお呼びじゃないんだ」

というセリフを言っていたんだよな。

日本でそういうセリフを言うキャラが出てくるのはあと20年位待てばいいかな…(遠い目

2018-03-15

百合だと思う

増田百合が好きな女です。

百合or百合じゃない、とか、男向けor女向け、とかで言い争ってるのか。

個人的には、男性向け?って言われてる(らしい)、性的欲望が丸出しの、そういう百合別に百合だと思うんだけど。

とりあえず女×女だったら百合なのは百合でしょ。

ただ、好きか嫌いか問題で。

増田も、いわゆる男性オカズにされる為の百合とか乱入前提の百合は好きじゃない。

きじゃないけど、そういう百合もあっていいと思う。

百合じゃない」「男性向け」って否定したりカテゴライズするより、「私は好きじゃない」って言う方が楽になると思うんだけどな。

私はBLカップリング女体化に、百合ってタグつけてるのは好きじゃないです!!!

2018-03-05

anond:20180305160810

SAOファンが集まって和気藹々と感想を述べあっているところに乱入した増田が「おまえらの言うキリトって理想自分ことなんだろ!?」って言いはじめたら精神異常者だと思うよ。

2018-02-28

私の把握している伊達さんのこと

伊達朱里紗さんの問題とされていることをできうる限り私情を抜いて纏めます

伊達さんのTwitterを辿ればでてくるものから派生することをあげていきますが、炎上した原因(きっかけ)については発言がないため、伝聞が多目に入ります。(あくまで伝聞のため詳細は参加されていた方のレポを確認してください。調べればすぐ見つかると思います。)■3/1→かなり実際の内容と齟齬があったみたいなので追記しました。追記は「」で表しています

また、問題についてはある程度知ってるものとし細かいことの説明は省略しています。「私が纏めたのはほんの氷山の一角です。sideMの界隈付近で燻っていたものくらいしか纏めていません」

読みにくいとは思いますが、自分用に纏めたものを、改編しただけなのでご容赦ください。

アイドルマスターsideM関連

(全てTwitterを辿ればソースがあります

①2ndライブ関係者として参加(2017.2)

事務所イベント出演者写真をとりそれを自分Twitterへアップ

問題点いくら関係者でも通路写真スタッフさんの迷惑ではないか写真がどうみても人の通る通路で撮られたものだった)

「自らがセンターに写り出演してるキャストさんを見切れるように撮影していた」

②自らが主演として声を当てた作品の作者様にsideMキャラクターリクエストし描いてもらい、Twitterへアップ

問題点→作者と仲良くても、同事務所共演者が出ていても、関係ない作品キャラクターリクエストするのはどうなのか(描いてもらったキャラクター共演者キャラクターではない)

個人的にお願いするのは自由だが、お仕事のことも呟くTwitterに載せるのはよくない

3rdライブ幕張公演での発言及びに行動(2018.2.3~2.5)

■3/4情熱提供頂きましたのでかなり改稿しました。

(前日にBeitネイル写真アップ)

[一日目]

プロポーズされたな?????

「鷹城ピエールみのりありさです」(同事務所声優へのリプライ

などの発言Twitterに残す。

「また、Twitter上にて関係者席でUOをパルログ持ちで炊いている姿の目撃情報複数散見される」(ソーススクショ魚拓のまとめ後程つけます。現状では検索かけていただければ見つかるかと)

[二日目]

一般です→十分後→すみませんライビュのことも一般って言っていいと思ってましたライビュです

はぁ~~sideM生きる糧

などの発言Twitterに残す。

問題点→「ファン公言しているのに関係者席に二年連続で入り、挙げ句に目立つような行動をするのはどうなのかと一部で反感を買うような行動をしてしまった。」

発言好意的に見られている場合もあったが、仕事用のTwitterで呟くのはどうなのという指摘もあった。

炎上した原因のWITHお渡し会イベント

基本的に伝聞を纏めたものです)

関係者のいる位置でお渡し会一部の様子を見ている様子が目撃される

②お渡し会2部の寸劇時に同じく一般参加者の後ろで、関係者として見ていたが突然の乱入。『ゆめにてないよ』と「二回」声をあげ「伊達朱里紗であることをアピールし」変装を解き、登壇しようとした。「登壇は関係者にとめられた」

その際兄役の声優さんが『なんでいるんだよ』と返す。他の二人のキャスト発言せず。「身バレ後の伊達さんは、けらけら笑っていてうるさかった」

結局登壇はしなかったが、現場参加者によると、その後のお渡し会イベント「に参加しようとしていたが関係者に止められたため、衝立の後ろでお渡し会」を見ていたとのこと。

公式からは②の伊達さんの行動についてサプライズなどの言及はなし。

WITHの声優のうち、Twitterをやっている二名が②のことについて少々触れてはいるが伊達さんのTwitter沈黙している。(RTいいねの動きはあるため浮上はしている)

問題点自分が主演のシリーズイベント関係者として見学するのは間違ったことではないが、無理やりトークに介入しイベント段取りを崩してしまうことはまずい

介入するのであったなら運営に話を通しておくべきだった

プロ声優としてイベントに参加することは給料が発生するため、一般参加に紛れるのはよいけど登壇しようとするのはよくない

見学するにしても、マナー自体が悪かった」

以上です。

まだまだ憶測の域にあるもの(多数のイベントでの関係者席目撃情報など)や感情的に思うところはたくさんあるのですが、長くなるのと真偽がはっきりしていないので省きます

全部まとめるとプロ意識が低「くモラルがない」ということが一番問題視されているのではないかと私は解釈しています

まりにこの一連の流れを知らずに発言している人が多いので、とりあえず増田に書いたけどまた曲解されそう。

乱文失礼しました。

■追記3/1

個人意見なので読まなくてよいです。)

ここに書いたことは伊達さんのTwitterから出てきたこからあくまでも私の観点で行動としておかしいと思ったことのみなります

また、WITHのお渡し会のことを炎上した原因と表現しておりましたが、それ以前から燻る程度には燃えていたので正確には炎上したきっかけでした。

燃えている原因は様々なことが複合した結果なので、正直このまとめだけでは分かりにくいと思います

そして、私情をいくら除こうと、総評としてはどうしても主観が入ってしまます

私の書いてることも片寄ってるので、炎上の原因に納得のいかない方は、詳細をアフィ以外で調べ直してみることをお勧めします。

特にお渡し会のことについては、現場にいたわけではないので明らかに説明不足です。

現場に参加された方のレポを読んでください。

私のまとめ方も下手なので間違った印象与えてしまっている可能性は十分にあります

■3/5

歪められた事実が広まってしまっていることに憂慮し筆をとったのですが、初めは勢いで書いたため、まとめとして不足している点も多くあるかと思います

どこかこの記事に誤りがありましたら、コメントなどでお気軽にご指摘下さい。

問題収束しましたら削除するつもりではありますが、それまではまとめの更新を考えています

2018-02-27

anond:20180227154555

「WITHのイベント伊達朱里紗一般参加して炎上

「WITHのイベント一般参加した伊達朱里紗トーク中に声を出して炎上

「WITHのイベント一般参加した伊達朱里紗トーク乱入して炎上

ぜんぜん印象が違うんだけど、じゃあ実際はどうだったのって誰も説明してないんだよね。

で、元増田みたいにイベントに参加してもいない人が伝聞情報だけでキレてたりする。

しかも「ファンに自慢したいだけだろう」「男性声優迷惑していたに決まっている」みたいな忖度しまくりで。

おっそろしいわ。

伊達さんが燃えている

わかりにくかったらごめんなさいと先に謝っておきます

あとプリパラはにわかなんで、ファンの皆さんも認識間違いがあったらごめんなさい。

ちなみに私はWITHのキャストファンというわけでも、伊達さんのファンというわけでもありません。当方完璧外野の女オタなので戯れ言だと思って読んでいただいて構いません。

長文です。

伊達さんというのは伊達朱里紗さんのこと。

アニメプリパラ」内で男性3人組アイドルグループWITHの声を担当するキャストトーク&お渡し会に伊達さんが参加して騒ぎになっている。

詳細は省くが、私はこの一連の流れを見て伊達さんに対し、「うわあ、それは駄目だな」と嫌悪を感じた側だ。

WITHのことやキャストさんについてそれぞれお名前を知っている程度でしかない私でも、伊達さんについても特にファンというわけではないけどどちらかというと好意的な印象を持っていたにもかかわらず、ドン引きしたのだ。

しか掲示板ツイッターを見ていると現状、賛否分かれている。

女オタVS女オタを叩きたい人みたいな構図になっているのを見かけて、女オタとして個人的にはむっとしたんだけど、一方で「女オタが伊達さんの行動になぜ怒り狂っているのか理解できない(説明して欲しい)」という方がいるのを知った。

不思議現象だなと思った。

もちろん、女オタでも別にいいじゃんと思っている方もいらっしゃるし、反対に男オタでもそれは駄目だろうと感じている人もいるんだけど、女だからこそ感じる嫌悪感もあったりするのかなという気もした。

そこで野次馬しか過ぎない女オタの私だけど「これは駄目だな」と思った部分を分解していきたいなと思う。

見当違いなところもあるだろうし、やっぱり理解できないと思う点もあると思う。実際にお渡し会に参加して不快に思われた方の代弁になるとも思わない。

ただそういうふうに考える人もいるんだな、と参考程度にしていただければ幸いです。

全部個人的意見なのでご了承下さい。

さて、この騒動に対する意見に、客席にいた同作品主人公を演じる伊達さんが、舞台上のキャストに絡むことについて「別に参加したっていいだろう」「これだから女オタは」とか「嫉妬乙」というのを見かける。

だが問題本質は「女性声優一般参加男性声優イベントに参加したこと」ではなく、「客席にいた伊達さん(一般参加?)が、舞台上の演者に声を発して絡んだこと」だろう。

こう書くとまた嫉妬って言われるのかもしれない。

でも嫉妬ではないと思う。

私は登壇したキャストをそこまで知っているわけではないし、いわゆるガチ恋勢でもない。

そんな私でも、伊達さんの行動にはかなりもやっとする。

何故か。

理解できないからだ。

伊達さんが一般参加をしたのか、それとも関係者待遇で参加されたのかはわからないけど、どちらにしても声を出すまでは顔を隠していたようだし、その後イベント出演者として参加するという様子もなかったようだからお仕事ではなくプライベートだったのだろう。

公式からもそういった発言はないようだし、参加者さんも伊達さんがお仕事としてサプライズで参加されたと認識している方が多いわけではないようなので、以後、伊達さんが完全プライベートイベントに行っていたという認識が前提になっています

そんな伊達さんが何故、客席に混ざっていたのに突然あえてわざわざ自分存在を主張するべく壇上のキャストに対し声をかけたのか。

もちろん、彼女にも言い分があると思う。

個人的にWITHというグループが好きで、一ファンとして参加したかったのかもしれない。

あるいは共演者として、仲間の雄姿を応援したい気持ちがあったのかもしれない。

だけど、一ファンであったのなら何故声をかけたのだろう。一ファンのままその場にいたらいいのではないか

共演者として応援したい気持ちがあったのだとしても、それならばこっそり見るなり楽屋挨拶すればいい話である

意地の悪い見方だけど、もし自分が主演だから少しでもイベントを盛り上げれればと思って派手なことをしたのだとすれば、それは壇上にいるキャストのことをなめすぎだし、彼らのために集まったお客さんたちに対してもかなり失礼な行動だと思う。

まり伊達さんの行動に、好意的理由が見いだせないのだ。

結果、レポを読んで私が行き着いた理由は「彼女自己顕示欲による行動」というのしか残らなかった。

伊達さんと同性だから余計に感じるのかもしれないけれど、女特有計算高さであったり意地汚さ、「私をちやほやして欲しい」という狡猾な狙いが垣間見えたような気がして、ドン引きしたのだ。(これが、人によっては「マウントを取られた」という表現になるんだと思う)

もちろん人前に立つ仕事役者さんにとって、自己顕示欲大事素養ひとつだと思う。

でも、ファンの中でそれを出す必要なくない?と思ってしまう。

本当に何がしたかったんだろう。

登壇しているキャスト作品応援していたら、同じ客席から主演の声優が出てきて、壇上のキャストに絡み始めた。

お客さんは「え? なんで!?」と思っただろう。

伊達さんの登場を喜んだお客さんがいたというのはわかる。

そういう人たちは自分の中で「え? なんで!?」の理由自分の中で見つけられて、うまく処理できた方々だろう。

だがこの「え? なんで!?」が引っかかったままの人は、たまったものではない。

「いや、主役なのはわかるけどなんでいるの?」「何でこの人はこのままいるの、壇上に行かなくていいの?」「結局何だったの?」

いろいろ考えてしまうと思う。

せっかく楽しんでいたところで、つまづいたのだ。楽しむことに集中していた気持ちが中断された形である

例えばこれが、主催者側によるサプライズ演出だったら、「なるほどそういう演出だったのかー」で片付けられる。

けれど違ったのじゃないだろうか。

伊達さんの謎の乱入のあと、ひといじりあったのかもしれないが、伊達さんが登場した理由はよくわからないままイベントは進んでいく。

「え? なんで!?」という気持ちをうまく片付けられないまま、お客さんはその後のイベントに参加する。

果たしてその状態で十分に(お客さん自身が期待していたほど)楽しめたのだろうか。

たまにテレビ映画を見ていると、ものすごく盛り上がっていい場面でCMに入ることがある。

何でよりにもよってそんなところでCM入れたんだ、と嫌な気持ちになる。例えるならそんな気持ちかも知れないと私は思った。

本来ならば勢いに乗って100楽しめるところを、伊達さんの登場が理解できないままもやもやとして、70までしか楽しめなかったと感じた人がいたんじゃないだろうか。

伊達さんの乱入はほんの数秒だったのかもしれない。

騒ぎになっているほど、進行を邪魔したわけでもないかもしれない。

でもそれまで楽しんでいた人たちの気持ちを遮ったのだ。しかも、よくわからない自分勝手自己顕示欲で(意地の悪い言い方だけど)。

ライブしかり、舞台しかり、ファンが集まるイベントというものにはルールというものが明示されている。

派手なオタ芸をしないとか、人の視界を遮らないとか、そういうやつだ。

イベントの種類やジャンルが違っても、それらのすべての大前提として皆が根底に持っているであろうルールは、「楽しんでいる他のファン邪魔しない」ということだ。

伊達さんは楽しんでいる一部のファン邪魔をした。物理的にはそれほど邪魔でも何でもなかったのかもしれないけど、楽しんでいる気持ちを遮ったのだ。

一般人の行動でも駄目だと思う。

それが、壇上の彼らと同じ立場でもある声優さんの行動なのが、何よりも腹立たしい。

申し訳ないけど許しがたいと感じるんだけど、所属事務所さんはどう思っているのかな。

っていうか、やっぱりそもそも事務所に無断でやった行動なら駄目すぎじゃないんだろうか。

イベントで呼ばれるキャストというのは当然理由があるし、呼ばれないのにもまた、理由があると思う。

好き嫌いではなく、イベント趣旨目的に応じて、最大値を発揮するための編成って感じで。

スケジュールが空いていたとしても呼ばない人っていると思う。それなのに乱入したのって、お客さんだけじゃなく、そのイベントを考えている人、作品、すべてに対する冒涜なんじゃないかと思うんだけど。

伊達さんは別に嫌いじゃなかった。こういう女オタの友達いる、っていう感覚同族意識みたいなものもあった。

今回、私は伊達さんの行動で直接的に不快気持ちにさせられたわけではない。

けれどもし彼女が私の好きな作品に出演することがあったら、ステージイベントなどがあったりしたら、今の段階では好意的な目で見られない気がする。

彼女の一挙手一投足に「ちやほやして欲しい欲」や女としてのずるさを探す見方になってしまうことは、確かだ。

2018-02-18

anond:20180218115940

差別構造にならざるえないのを我慢して助け合ってる最中にお前のようなクズ乱入して「差別などない」と叫んだらブチ切れるに決まってるだろ。

世間にどれだけ差別構造があるのか理解してないクズなんだよ、お前は。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん