「バンザイ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: バンザイとは

2019-06-15

売国先生って元天皇画像アイコンに使ってるのってあれいいの?

別に天皇バンザイとかそういうアレじゃないけど、単に気持ち悪いんであの顔でいろいろブコメするのやめてほしいんだけど

2019-06-13

中国研究環境バンザイっていつも言ってるやつなんか言えや

共産党がこうやって庶民弾圧してくださるから天才がのびのび研究が出来るとかよ

2019-06-04

anond:20190604164711

自分を信じるしかない。

バンザイして、うーあぁ!って叫ぶと少しすっきりするぞ。

2019-06-03

[] #74-7「ガクドー」

週末のオヤツの時間

その日に手渡されるのは菓子ではなく小銭。

まり、各々で自由に買ってこいってことだ。

素晴らしき自主性の尊重放任主義バンザイといったところか。

もちろん大した額ではないから、買えるものは少ない。

それでも俺たちは普段とは違う「自分意志でモノを買う」という行為一種の楽しみを覚えたし、駄菓子下品フレーバーに舌鼓を打った。

からこそ発生する“課題”もあったが。


俺たちは小銭を貰うと、足早に最寄の駄菓子屋へ向かう。

学童所の近くにある公園を抜け、その向かいちょっと進めばあるというアクセスの良さだ。

「さて、どうしたもんか……」

「冷やかしなら商売邪魔から、どっかいってくんな」

「そう急かすなよオバチャン」

その菓子屋はオバチャンが一人で切り盛りしていた。

俺たちは週末にそこを利用しては、彼女のせわしない声を聞くことになる。

「どれ選んだって、どうせ後で『ああすればよかった』って思うんだから、ズバッと選べばいいじゃないか

オバチャンの圧力は凄かったが、店内で焼かれるタコ焼きの音、そしてソース香り独自の魅力があった。

俺たちはタコ焼きを買うにしろ買わないにしろ、その辺りに漂う独特な“駄菓子屋っぽさ”を好んだ。


「やはりアメ玉……アメ玉でいいのか、本当に?」

そんなオバチャンを尻目に、俺はいつも何を買うかで悩んでいた。

先ほども言ったが、使える額は少ない。

本当に少ないんだよ。

それ故、「如何にコストパフォーマンスを上げるか」は、学校課題よりも大事テーマであった。

このあたりは学童でそれぞれ性格が出る。

「ああ、くそ……噛み砕いちまった。油断すると、どうしてもやっちまう」

例えば、俺の場合は基本アメ玉。

時には違うものを選ぼうとするが、結局はそこに終着することが多い。

長く口の中に残る菓子の方が得だと思っているからだ。

から如何に噛み砕かず、口の中に含み続けるかはちょっとした戦いだった。

兄貴、またそのアメなの? アメにしたって、もっと他にあるじゃん。パチパチするヤツとか」

「あれは量が少ないだろ」

弟の買う駄菓子バラエティ重視。

占いつきや、見た目にも面白い、遊び心のあるものを選ぶ。

「あ、見てよアニキ。『金運』に花丸!」

「こんなの食ってる時点で、金運なんてないと思うがな」


学童仲間だったタイナイは飲料系を好む。

「うーん、ちょっと暑くなってきたし、チューチューにしようかな」

「お前、寒い時もそれじゃん」

「違うよ、今日食べるのは黄色いチューチューだから

「それ、そこまで重要な違いか?」

特に『チューチュー』という、棒状の柔らかい容器に入った飲み物をよく買っていた。

駄菓子屋では凍らせて売っており、食べる時は二つに割り切って食べる。

俺も食べたことがあるが、本当に凍らせただけって感じのチャチな味だった。

それでも冷たいってだけで、ちょっとした贅沢感を得られたものである

(#74-8へ続く)

2019-05-05

先進国特権返せ

排外主義排外主義うるさいんだよ。緊縮やめたらどう?インフレになるって言うけど、中東ミサイル送り込んで原油価格を無理矢理にでも下げればいいだろ。軍拡費用中国関税で払わせる。tppはなし。epaはなし。ギリシャに緊縮させんのやめて団結したらどう。先進国みんなでにくいムスリム共を空爆すればいいんじゃね。なんであいつら野蛮人とおんなじ生活水準じゃないといけないんだよ。消費税なんてしらねーし。消費税中間層減税やれ。予算削減もとりあえず全部凍結しろ移民?しらねーし。人手不足ていうなら東南アジアの国にもの作らせろ。国内労働者補助金じゃぶじゃぶで。アフリカとか中南米もう一回負債地獄にすれば原油価格下がるんじゃね。世界的に食糧不足って言うなら新興国通貨暴落させて新興国中間層購買力(需要を減らせば)いいってことだろ。ロバート・ルービンみたいなおっさん必要だよ。先進国は組もう。北アイルランド問題brexitトランプ中国ムスリムのせいにしていっしょに爆撃すれば解決さ。韓国とか興味ないし関税でもかければ?通貨高と関税の組み合わせで収奪せよ。先進国中間層、団結せよ。ファシズムバンザイ。そしてナショナリズムは役に立たん。

2019-05-01

天皇制論議すら起きない

天皇陛下バンザイ!令和バンザイ

令和で盛り上がらないと非国民かのような空気気持ち悪い今日この頃ですが、こうした機会に天皇制廃止議論が盛り上がらない、いやできないのは恐ろしいですね。

天皇制明仁さんや徳仁さん、その家族たちに対する著しい人権侵害ですよ?

それを令和バンザイ天皇陛下ありがとう!などと喜ぶのは非人道的な行いと言う他ないでしょう。

一刻も早く天皇制廃止すべきです。

右翼のさ、女性天皇を「認める」かどうか云々って頭が高くね?

天皇バンザイ!な人たち、天皇が膝ついて被災者と向き合ったら権威がーと怒ったりさ、頭が高すぎて意味わからん

2019-04-17

みんなの筋肉体操 (まとめ)

スクワット

 腹筋

 プッシュアップ

背筋

2019-04-14

anond:20190414232204

というかさあ、野党の反対っていちいち浅ましいんだよ

なんたら法案みたいなのには「あれでもこれでも逮捕危険だ!」とか必死で反対する、まあこれはよくわかるんだ

でもその後で「自称被害者告発があるんだからとにかくさっさと社会的にぶち殺せ」みたいなmetooムーブメントが来たと思ったら、なんとそっちには諸手を挙げてバンザイちゃうでしょ?

結局危険性なんざ最初からどうでもよくて、生殺与奪の権限が自分にないから反対してるだけ、

別に強い信念があってのことじゃなく、ただ単に賛成したら敵が得するからとりあえず後付けの理屈こねて反対してるだけってのが簡単に透けて見えちゃう

そういうとこが卑しいんだって

(ちなみにこれ逆もまた然りだぞ、両方反対だからな)

2019-04-13

[]移動都市モータル・エンジン

『移動都市モータル・エンジン』(以下、移動都市と省略)を見てきたので感想。いつものごとくネタバレ気にしてないのでネタバレ嫌な人は回避推奨。あらすじ解説とかもやる気ないので見た人向けですぞ

総評

120点ヤッター!バンザイ!。点数の基準は「上映時間映画料金を払ったコストに対して満足であるなら100点」。大満足なんではあるが、この大満足は極めて個人的感情であり、しかタイミングによるところが大きい(後述)。なんで皆様におすすめできるか? オールタイムズベスト的な価値があるか? といえばおそらくない。見なくて良い。

しかし一方で今じゃないと書けない評価もあると思うので、この記事はその辺について触れたいと思う。

ファンタスティックCGアクション映画

当方は「パンフとか購入するくらいならもう一本別の映画見るわ教」の人間なので詳しいセールス文句は知らないのだけれど、スタッフ的には『ロード・オブ・ザ・リング』のスタッフ結集!とのことで、ほうなるほどと思って足を運んだ。どうでもいいけど、この映画日本での広報に失敗してない?

んでもって内容なのだけれど、想像した以上にCGが良かった。「CGが良い」っていろんな方向性があるんだけど、一昔前の重要課題だった「嘘くさくない」とか「合成に違和感がない」みたいな部分は今やもうすでに解決済みであって、現在では「どれくらい見たことがないすごい景色を見せてくれるか?」ってとこが焦点だとおもう。

その点において『移動都市』は素晴らしかった。超巨大戦車じみた土台の上に一個の都市ロンドンが乗っかって、スチームパンクともレトロフューチャーとも言える鉄量にまかせてゴンゴンガンガン進みながら、その中には宮殿大英博物館もあってゴシック生活もあるってあたりが、もう、きゅんとくる。世界観荒唐無稽さを、CGによる映像美と迫力で押し切るという、いわば「嘘の芸術である映画センス・オブ・ワンダーが花開いていた。その点は二重丸。

アクションも、チェイス市街戦空中戦、焼け落ちる基地から脱出、潜入、銃撃戦と各種取りそろえそれぞれにレベルが高く、十分以上に楽しめる。

一方で脚本は、まあ、悪くもないんだけど、そこまで良くもない。割りとありきたりな復讐劇で世界観CGによる大美術アクションに全ふりしたような映画ではあった。

登場人物も、主人公スター・ショウ(母親殺害された件をきっかけとする復讐者)とトム・ナッツワーシー(ヘスター好意を抱き所属するロンドンを裏切って協力する史学者&飛行機乗り)は、内面的にも平坦でそこまで感情移入するってほどでもない感じ。

二人をお助けする女性賞金稼ぎアナファンのほうが汎アジアキャラ的なドラマをもっていて好感度高かったほど。

だいたいしめて90点くらいで、レイトショーで割引で見ると満足な映画というのが評価だろうか。

そんなんじゃねえよFuck!傑作なんだよ!!

しかし!上記のような説明ではこの映画を120点評価した理由が全くわからないだろう。ここではそこを解説したい。

そもそも『移動都市』の世界観は、現在文明大戦争でほぼ滅んだアフターホロコースト地球である大量破壊兵器メデューサ欧州は完全に壊滅して、泥炭じみたぬかるむ湿地の広がる大荒野になってしまっている。そこではもはや土地根付いた生産をすることは不可能であり、都市は「移動都市国家」としてそれぞれが巨大陸兵器になりつつ、荒野をさまよって、より小さな移動都市を鹵獲して、食料や燃料や労働力(そこの市民)を略奪して暮らしているのだった。

今回映画『移動都市』の主役都市とも言えるロンドンは、その中でもかなり大きなものであり、旧時代文明研究をして工業力を維持しつつ、小都市を略奪して巨大化しているっぽい。

ロンドンはどうやら物語開幕直前にドーバー海峡を渡ったようで、欧州東部の小都市国家郡にたいする略奪旅行にでる。わーお!プレデタージャーニー!これを市長は「都市淘汰論」とかうそぶいて正当化する(ダーウィニズム! キタコレ)。

この時点で映画開始から10分もたってない。すごいよロンドンめっちゃゲスじゃないですか。

移動略奪都市ロンドンは「移動派」を名乗っていて、一方で、ユーラシア大陸当方には「反移動派」がいて、これは旧来の都市運営のように普通に地面に都市を作って周辺で農耕しているらしい。映画後半になるとそっちにもカメラが行くんだけど、緑豊かな自然復興している。

東へ向かうには要所となる渓谷があり、そこに東部の「反移動派」たちは「盾の壁」なるものを築いていて移動略奪都市侵入を拒んでいる。この「盾の壁」と移動略奪都市ロンドン大戦争が映画クライマックスだ。

物語中では明言してない(してるわけがない)んだけど、この「移動派」の移動略奪都市ロンドンって、もう、完全に植民地主義なわけですよ。

巨大な鉄の破砕口で逃げ惑う小移動都市を捕捉してバリバリ噛み砕き、そこの住民たちを「強制移住」させて「ロンドンへようこそ!あなた達には住居と仕事提供されます!」とか放送しちゃってるけれど、そういうひとたちは都市最下層の労働者タコ部屋みたいなところに押し込んで働かせている。

そういう小移動都市を奪って「燃料一ヶ月分の足しになるか」とか市長は言い放つし、ロンドン公園テラス(周辺の荒野が見える)では、ロンドン上級市民が鈴なりになって、(おそらく東欧貧乏な)小移動都市に銛を打ち込んで串刺しにして鹵獲するシーンとかで「うぉおおお!!ロンドン最高!!」「やれー!やっちまえーー!!」「貧乏人を奴隷しろ!」とか大歓喜なんですよ。

もう、このシーンだけで興奮してしまう。

まじか。スタッフまじでこの映画作ってんのか? っていうか原作小説からこれかよ。パンクだな。

しかもそのうえ「反移動主義者どもは盾の壁などをつくって我々を干上がらせるつもりだ!けしからん!奴らの土地を奪うぞ!!決戦だ!!」「うぉおおお!ロンドンロンドン!!」とか言い始める。

これだよ。これこそが大英帝国だよ! 大英博物館はそうやって鹵獲した貧乏都市に残されていた旧時代文明異物を収集して飾っておくとか説明されて、「わかってるよこの作者ぁ!?」ってなるなった。

んでまあ、そうやってね。植民地最高!労働力移民(白目)でOK!上層部では光降り注ぐ庭園ヴィクトリアンなライフスタイルで下層はスチームパンク労働者身分が違うからろくな会話もできません。みたいなロンドンが、最終的にはコテンパンに負けるんですけどね。

原作フィリップリーヴはイギリス出身なんだけど、自虐っていうかシニカルな笑いが凄まじいな。まさにこのシニカルかつブラックな笑いがこの映画の加点理由であって、だめな人には全くダメだし、歴史的な経緯がわからないと小芝居に意味が無いとも言えるし、そういう意味では難しい映画かもしれない。でも、めっちゃパンク

まあそういう感じでゲスダメダメさを楽しむ映画ではあるんでが、日本場合さらボーナスがあって、それはイギリスがただ今絶賛ブレグジットに関するgdgdの真っ最中であって、過去自分がやった鬼畜所業再確認だってことですよね(欧米での公開は去年なのでそこまでタイミングドンピシャじゃなかった)。

イギリス人「だってイギリスイギリスのものなのに政治の中枢がEU本国側にあるなんていやでしょ?」

ガンジーせやな自分頭悪いやろ?」

みたいなことを思い出しながら『移動都市』を鑑賞のは最高に贅沢だと思うのですわ。メイちゃん首相だんだん顔が怖くなってきたし。『移動都市』みたいにEUぶらり旅で離脱できるとええな。

2019-04-08

引き篭もりにならなくなる方法

個人的経験から

昔、ニ年程無職だったんだけど、引き篭もりから即立ち直った。

理由簡単で「家に財産がないから」

うちの家は貧乏無理心中一歩手前だったんだけど、それでもなんとか生活してきて、自分も成人して働くようになった。

働いていくうちに上司嫌がらせや同僚の嫌がらせに耐えられなって、そのうち人と話すのが怖くなって、毎日会社に行くのが苦痛になって、気づいたら家の外に出るだけで吐くようなくらいだった。

医者から鬱病と診断された。

それからずっと無職毎日外を眺めたり部屋に閉じこもってネットして過ごしてた。

そんな感じだったんだけど、毎日食っていくのに一生懸命働いてる親が居て、「俺は何やってんのかな…」と感じたんだよね。

で、人と話すのも恐怖を感じてた自分だったけど、なんとかしどろもどろになっても求人募集に応募した。

面接で現状について説明して、精神状態説明して、多分だめだろな…と思ったら、最初ゆっくり仕事していこうかって採用してもらった。

その後は、やっぱり辛い事もあったけど会社ブラックじゃないし、たまに意地悪な人もいるけど、この程度で辞めるなんて出来ない(家に金を入れたいから)ので耐えた。

今はもうそんなに人は怖くなくなってきた。

採用してくれた会社のおかげも大きくあるけど、一番は親に寄生できない所だと思う。

世間の引き篭もりは、とにかく生保か親の資産を食いつぶしてる。

それは金がもらえるという甘えがあるから

自分生保はもらえると思うけど、その前に人間恐怖症だったか手続きすら怖くてできなかった。

親に寄生も出来ないし、生保手続きも出来ない。結果的に追い込まれたか求人に応募できた。

金があったら、たぶん無理だった。

親が健在でも金のない所にたかる事なんて出来ない。

引き篭もった事に関しては今は恥じてる。

あんまり嬉しくはないけど、貧乏だと言うことが自分が立ち上がる良いきっかけになった。

貧乏って嫌だけど、人って逃げてるだけじゃなんも解決しないし、どっかで立ち直るきっかけ作らないと人生の大半を無駄に浪費するし、そんな人生を過ごして社会にツバ吐いて不満を愚痴ってるだけになるから、こういう立ち直り方もありだと思う。

ホント、こればかりは貧乏バンザイだった。

まあ…生活は厳しいけどね…。

2019-03-31

産休育休復帰しないおばさんバンザイ

経験40代おじさん?死んどけ

なんでなのか…女は働ける期間が短くても保険バカみたいな使い方しても褒められて

ただ働きたいだけのおじさんは虐げられる

もし、俺が何もかも失って自暴自棄になったらお前らを道連れにしてやるから

覚えておけよ

2019-03-11

金のないやつはこれから起こる大震災を機に死ぬだろう

一回が津波に浸かって使い物にならない家でも半壊判定で仮設住宅つかえず。自分でなんとかしろよーって放り出される。当然ナマポも無理だろうね。こんな人が東日本大震災のあとたくさん出てきた。中には自殺する人も。これから南海首都直下、そしてもう一度東北で大きな地震が予見されてるが、まあ金のないやつは津波から逃れても死ぬだろう。自己責任社会バンザイだね。

2019-02-23

今日寿司を食べに行った話。🍣

昨日、寿司を食べに行くと言ったが、予定通り食べに行ったぜ!

お値段:ランチセットで税込み1080円。

寿司 :https://imgur.com/q0ZeGQp

セット:https://imgur.com/SO4WZDY

まず手始めにサーモンから食べた。

醤油に浸し、口の中に運び──

舌には醤油サーモンが融合した完璧

味わいが広がった。

次にタコ。食感がたまらなくよかった。

なんだか普通にジューシーな肉を食べて

いるような錯覚があった。

そしてかんぴょう巻きを食べたあとに

ちょっと一息。

ここまでの流れで既に脳みそがとろけて

しまいそうなくらい味覚の絶頂があった。

そのタイミングでちょうどランチセットの

あら汁等が来た。

このあら汁がまた逸品で、口の中がとても爽やかになり

もう俺は最高の時間を生きていると思った。

そしてついに、まぐろに手を出した。

ウメエエエエエエエエエ!!!!)

このまぐろ結構分厚いが、簡単に噛みきれてそして

舌には、これこそまぐろだという味が染みわたった。

年度末の仕事で辛くてもう駄目だと思っていたが

この瞬間全て、どうでもよくなった。

まぐろ。これを食べた時に、脳内

V6愛なんだが流れてきた。自然と流れてきた。

これが、愛なのか。

まぐろにより、俺は満たされた。そしてそこからゆっくり

じっくりと。食べていき。

満腹になった。

あああああああああああああああああああああああああ。

もうな!この幸福が1080円とかな!すげえよ!

俺の人生1080円で満たされるのな!

今日ランチは最高だったよ!マジで

最高に美味しかった!

やっぱり寿司は最高だ!🍣

店を出た時、ありがとうございましたーと言われたが

いやこちらこそ感謝したいと思った。

あ、食べ終わったときごちそうさまでしたって言ったからな!

そんで、外に出た時に輝く太陽を見て

ウルフルズバンザイ~好きでよかった~ を歌いだしたくなった。

そんなんで寿司から少し離れたところで

「イェーイ! 寿司を好きで良かった~このままずっとずっと死ぬまでハッピー!」

ってちょっと歌ってしまったら、後ろから自転車に乗った親子がきて、一瞬後ろを

振り向きながら去っていった。

少し恥ずかしくなったが、

まぁ美味しかったし今日は最高だったってことだ🍣

寿司🍣 バンザイ

「私は非モテとか変なのばかりに好かれる」というのは一種バイアス

この層のバンザイ突撃を食らう数、絶対数としては実はモテてる女もそう変わらない印象がある。

しかし、それ以上にちゃんとしてたりしてなかったりする有象無象の男から好意を寄せられているため、全体の割合として低い。

そして数をこなしている分、彼女らは一歩二歩早く拒絶のメッセージを送る技量があるため、外からはそうみえないのだ。

(拒絶のメッセージが遅いのはあなたが悪いのではない、非モテ馬鹿なのだ


翻ってモテない女性場合、こういう定期的に突撃してくる非モテで100%のため、どうして私はこういう人たちにモテるのだろう、というところから分析を開始しがちだ。

しかしそれは罠である

女性は60キロより軽くて人間性がまともな限り変なのが突撃し続けてくるので、そこを考えるだけ馬鹿であり、その中で待ちの姿勢を学んでしまうとすべてが後手後手にまわってしまう。

あなた特別に変なのに好かれるのではない。

まともな男自分から仕掛けるリスクを負うほどの存在ではないだけなのだ

ただ、受け身姿勢のまま何も変わらず打算でなく愛されたいというのは、あなた方の軽蔑する「ありのまま自分を受け入れてくれるかも」マンの鏡写しでしかないよとは

腹立ってきたなんでこんなやつらに馬鹿にされなきゃいけないんだ

2019-02-19

フランス法改正で「父、母」→「親1、親2」になるって

もはや人類は、性別を根絶する方向にいくようだな。混浴バンザイ

2019-02-18

anond:20190218174028

米兵が再度ガマに入ってきて「デテキナサイ、コロシマセン」と降伏を呼び掛け、食べ物を置いていった。その間,18歳の少女が母の手にかかり死亡し、看護婦の知花※※らのように毒薬注射して「自決」した人々もいた。

 横たわる死体。そこへ再び入ってきた米兵…。ガマの中の混乱は極限に達した。ひもじさの余り米兵の持ってきた食べ物を口にする者もいたが、毒が入っているか絶対食べるなと応じない者もいた。アメリカーに撃たれて楽に死のうとガマを出た人もいた.

 そして毛布などに,ついに火がつけられた。前日は止めたが、もうそれを止めることはできなかった。奥にいた人たちは死を覚悟して、自決していった。煙に包まれる中、「天皇陛下バンザイ」を叫んでのことだった。避難民約140人のうち83人が「集団自決」という形で亡くなった。チビチリガマでの一大惨事真相が明らかになったのは,戦後38年たってからであった。全犠牲者の約6割が18歳以下の子どもたちであった。(→チビチリガマ犠牲者名簿)

http://torikai.starfree.jp/1945/kerama.html

2019-02-14

ダウンロード違法化拡大でも萎縮する必要はない

安倍晋三バンザイと叫べば逮捕されることはないかである

実際、神武以来の2680年に及ぶ日本国歴史において、安倍晋三バンザイと叫んで逮捕された人は一人もいないのであるファクトチェックしてみなさい。間違いないから。

安倍晋三万歳

2019-02-06

ゴムつけてって言うの面倒くさい

元彼と付き合っていたのは、「彼氏が居る」というステータスにこだわっていた時期だった。

元彼は、ゴムをつけるのがあまりきじゃないようだった。

バンザイ!って感じの人。

さぁ挿入ってときゴムを全く用意しようとしない。

私がゴムを準備して袋を開けつつ

ゴムつけよ」って言うと「生でいいじゃん」と言う。

子ども出来るよ」って言うと「面倒見るよ」と目をキョロつかせながら言う。

「ほんとうに良いの?」って言うと「最悪、お前がピル飲めば良いだろ」と言い出す。

その押し問答の末「ゴムつけりゃ良いんだろ!!」と言って私につけさせる。

最終的に「お前がゴムつけろっていうからなえた!」とその後ずっとずっと不機嫌になって面倒くさかった。

彼氏持ち」のステータスにこだわり、「20半ばで次を見つけられるか」と気力を出すのに時間がかかった。

転職しようとするのと一緒だよね。

そんな男と別れて3年。相談に乗ってくれた男友達結婚します。

避妊ちゃんとしてくれるし、私の体調を心配してくれるし、

風邪引いたら看病してくれる出来る男性です!幸せ!別れて良かった!!!

2019-01-31

anond:20190131103843

逆に保守自民規制にやたらキンキン言う割に、ああい突き上げにはバンザイちゃう方もそれはそれでヤバいから、なんともいえない

2019-01-29

彼女いびきがうるさくて寝れない

今日職場飲み会でたらふく飲んできたらしく、いつもよりいびきが5倍くらいうるさい。

寝れない。

しかしこの子は、「一次会で帰ってくるから」と言って一次会で帰ってきた試しがないな。

結婚指輪サイズ内緒で測ろうと思ってリングゲージってのを買ってあったんだけど、俺は寝れないし、彼女爆睡して起きる気配ないし、ちょうどいいやと思って彼女の薬指のサイズ測った。

結構ゲージをぐいぐい薬指に押し込んだりしたんだけど、全然起きないな。

一回ガバッと手を引っ込めたから、さすがに起きたかと思ったけど、今度はバンザイの格好で寝始めたわ。さすがに笑った。

測りやすい格好にしてくれてありがとう

てかサイズ14号だったんだけど。俺と指の太さ同じじゃん。そうだよなー、痩せる努力してないもんなー。ま、いいんだけど。

あ、ちなみに糸とペンで測るって方法もあるけど、あまりオススメはしないな。それも暇だからやってみたけど、的外れサイズが出ちゃったから。酒でむくんでるだろうから、本当は13号くらいかな。

ああ、もう寝よう寝よう。今度から耳栓用意しとかなきゃ。

2019-01-27

ぼっちで初サークル参加した記録

当該ジャンル創作したことがなくTwitterの繋がりもない=ジャンル者に認知されてない完全なぼっち状態で、人生初のサークル参加した

二次創作小説一種。極薄のコピー本カップリングなし。無配なし。同作品サークル片手以下。知名度こそあれどXX年前に発表された作品。改めて整理するとなかなかの役満っぷり。

そんな感じのイベントレポート

ちなみに「結論:すげー楽しかった」なので恨み節を聞きたい人のご期待にはこたえられないよ。

2018年10月

とある出来事きっかけでサークル参加を決意する。それまでは本を作ることに興味はあってもサークル参加は眼中になかった。むしろやりたくなかった。

11月

申し込み完了。前述の通りの役満で申し込み時点から売れる気がしない。でもそのジャンル・題材が書きたいんだからしょうがない。

サークルカットは文字のみ。作品名と中心キャラと傾向(シリアス)と小説オンリーとだけ。この時点では同作品サークルが他に参加するとは思ってなかったので、オンリーワンもありえるなーと思ってた。

申し込んだ直後からジャンルわず本にしたいネタが浮かんで止まらなくなる。この現象って私だけか?

12月中旬

リアル事情が落ち着いたので原稿時間をゲットできるようになる……が、全く書かない。印刷所をちょっと調べた程度。なーにやってんだ???

1月上旬

オンデマンドを諦める。残された期間からして小説部分が10ページに及ぶかどうかも微妙だなと思い、内容の軌道修正。 表紙(自前デザイン)だけは完成。

本以外の必要物資ぽちる。ポスタースタンドとか。

イベント二日前

妥協を何重にも重ねて脱稿20時過ぎにキンコーズ(22時閉店)へ走る。これも間に合わなかったらセブンネットプリントになるところだった。

ほかほかのコピ本を片手にお品書き作成頒布一種でお品書きとは……て思ったけどピクシブ見たらお仲間がちらほらいたので安心した。

ちなみに、ピクシブに上げたお品書きには非公開ブクマひとつついた。心の励みになる。

イベント前日

東京へ。スカイツリーの展示(キングダムハーツ3大好評発売中よろしくね!!)を見て満喫した夜、上京してる家族の部屋で敷布にミシンをかける。その際ミシンの針を折る大ポカをやらかすもどうにか完成。

あとネットプリントA3の卓上ポスターを刷った。デザインは表紙の上に本文中の台詞とスペースナンバーサークル名を配置しただけ。あらすじすらない暴挙

イベント当日

出掛ける直前に値札(手書き)を作る。ポスターにあらすじを書いてないので値札に添えておいた。

一般入場50分前に会場到着。本一種A3ポスターしかないのですぐ設営完了。両隣も向かい側も頒布物いっぱいあるサークルですごかった(こなみかん

開場後12時近くまで足を止める人すらいなかった。左右はちょくちょく人が来たり友人と思わしき人とお喋りしたりで楽しそうだった。普通に羨ましかった。その間は持参したプロットノート次回作メモしたりスマホ漫画読んだりしてた。寒くなかったけどケツは痛かった。

これは全部持ち帰りも有り得るなーと思ってたら、颯爽と現れたお姉さんが一言「一部ください」と。迷う素振りもスペースナンバー確認する素振りもなくて(たぶん)、この人ブクマしてくれた人かなって思った……のはお姉さんがスペースを去った後。

まりに急で心の準備をする暇もなくて、立ち上がるのも忘れた上に真顔で対応した。ぴったりでお金を受け取って本を手渡して、やりとりは30秒もなかった。まじで一瞬だった。でも、とにかく一部減った。

その後頼んでおいた売り子(ちなみにその子サークル経験はない)が到着して買い物へ。別ホールにも足を運んだので少なくとも50分は席外してた。帰ってきたら、コインケースに100円玉が増えてる。三人買っていったとのこと。私の時より多いじゃねえか……。

「うろうろしてから買っていった人と、ポスターガン見してから買っていった人と、あと男の人が珍しいですねーって声かけて買ってくれたけど、いやあ売り子なんであんまりわかんないですって返事したよ」

はああああああ私が応対したかったあああああ。ていうか台詞だけのポスターでも効果あるものだ……と言えるのだろうか。

そういえば売り子札?を用意しなかったか執筆者勘違いされた可能性大。まあ作り手の顔なんてそんな覚えてないでしょ。

少し早い時間だけどそのまま撤収作業搬入も搬出も自力なので特に変わったことはせず。強いて言うなら片隣のサークル撤収済みだったので作業がしやすかった。その後は売り子に付き合って銀座化粧品買いに行った。ゲットした薄い本をつめたキャリーを引いて。

以上。

以下おまけの感想とか。

このレポートハイライトは、見てわかる通り、自分の手で自分が作った本を売った場面。スペースに端座していた時間に対して、本当に一瞬だった頒布。その時は思わず事務的対応したけど、あとからあとから実感がわいてきた。

自分が作ったものを求めてくれた人がこの世界存在してるって、なんて心地だろう。

嬉しいは嬉しい。が、わーい!ってバンザイする気分じゃなくて、思わずため息をついてしまうような、けれど感動とは全く異なる、なんとも形容し得ない感覚。ただひとつ「参加してよかった」とだけは明言できる。

それと、言ってなかったけど、今回の一番の目的は「サークル参加経験値を得ること」。個人サークルがやらなきゃいけないこと……スケジュール管理原稿作成、スペース設営、離席、撤収etc. これをどんな形であれ経験して次回に繋げようと、申し込み時から目的にしてた。

から、たとえ一冊も捌けなかったとしても、この本を次のイベント頒布しただろうし、すぐに次の原稿作成に移っただろう。落ち込むには違いないけど。

ちなみに、その次回参加予定のジャンル(今回とは異なる)は、マイナーではあるが、私自身がそれなりにジャンル者に認知されてて最低頒布数は読めている。こういう経験絶対できない。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん