「少子化対策」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 少子化対策とは

2020-05-30

anond:20200530205147

少子化を防ぐには、若い人間がきちんとほぼ全員家庭を持てるようにするべきであって、それは高い労働需要賃金が上がってる状況を作らないとならんのだが。

今の少子化新自由主義元のデフレ格差拡大で、家庭を持てない人間が急増したからという側面もある。先進国の中でも特に日本韓国少子化はひどい。

経済を上げるには財政出動必要で、経常赤字こそが財政破綻を招くことを考えると、基礎・萌芽研究も望ましい。まあまず景気を上げるにはほかの少子化対策への支出でも何でもいいが。

保育園増やしまくりと、学費免除でもいいぞ。このあたりも少子化の原因だからな。

anond:20200530173412

そう。本当は最優先にすべきなのは少子高齢化対策で、特に少子化対策ではあるんだよな。

国にとっては子供というのは期待値プラスの将来の納税者であって、将来のための種籾を食って生きてしまってきたことが最大の問題

2020-05-29

俺の考えた最強の少子化対策

少子化じゃなくて少子高齢化問題なんだから、70以降は医療費倍に取ってナチュラルに死んで貰えばいいんじゃね?ホスピスは推進。

だめ?

2020-05-24

恋愛リアリティーショーは、少子化対策に役に立つので無くならないよ。

最近若いカップルがデキコンしてたやろが。

死ぬ命もあれば、生まれる命もある。それがリアリティーショーや。

2020-05-21

僕の予想していた21世紀社会

まず食料を無料化する。

タワー型の立体農業都市部に作り、再生エネルギーによって野菜を作る。

そして同じように魚や昆虫飼育たんぱく質を確保する。

国民に毎月最低限の食料を無料支給する。

もちろん、お金があれば好きな食べ物を購入してよい。

 

ベーシックインカムを導入する。

毎月全国民文化的最低限度のお金支給する。

もちろん貯金してもいいし、今まで通り働いて稼いで趣味に使ってもいい。

ここまでで働かずして食料が手に入り、住処を得ることができる。

 

教育無償化

大学まで子供教育を総て国が負担する。

これで子供の数が家庭の経済状況の圧迫になりづらくなる。

少子化対策最大のネックである経済力というハードルを1つ消すことができる。

 

こうして社会から労働義務はなくなる。

死ぬまでブラック企業に言いなりになるようなことはなくなるし、

クビをチラつかされる不利な交渉も無くなる。

 

そうすると働かなくなるのではないか、と思われるだろう。

安心してほしい。

ベーシックインカム無料食料だけでは贅沢ができないのだ。

好きな趣味勉強、交友関係を遊びたいのなら働かざるを得なくなる。

どれだけ労働せずに生きれるといっても人間は暇には勝てない。

贅沢を知った僕たちは必ず労働に帰っていく。

しかし今度の労働と違うのは生存競争のための労働ではなく、

楽しく生きるために稼ぐ労働になる。

決して暗いものではないはずだ。

新たな仕事に挑戦する機会も倍増するだろう。

 

端的にいうと資本家マフィアに捕まり続ける今の地球文化ほどつまらないものはないし、

そろそろ古典的資本主義社会から脱却し、この世のパラダイスを作ろうではないか

エリート椅子を降りることで損をすると思うかもしれないが、

もし実現したらあらゆる人間芸術や持てる才能を発揮する時代が到来するはずだ。

今よりも遥かに楽しい日々が待ってるはずなんだ。

 

PSローマ地下資源豊富な国を引き合いに出すけど僕の言う条件と全然違うじゃん。

 

ローマ

食料に加えて娯楽まで提供したローマ

しかローマ奴隷まで使ってたでしょ。

娯楽は自分調達しろという話と違う例を持ち出さないでほしい。

ベーシックインカムだけじゃ1月に1冊しか本が買えないんじゃ死んでしまうから結局働かざるを得ない。

 

地下資源産出国

これは国自体外資を得ることで贅沢するシステムじゃん。

僕の21世紀では完全循環型都市から何か資源を外に売ることで得る富じゃない。

そういった完結した世界の中でそれでも娯楽を、プラスアルファを、消費したいなら、働けという世界が僕の21世紀なんですよ。

 

まだ現実存在していないので現実に例がないんです。

なぜかというと社会主義の中に資本主義部分的に取り入れた全自動化再生都市はまだこの世に存在してないからです。

もう少し21世紀の遊び心を取り戻してください。

2020-05-11

anond:20200511230553

とはいえ実効性のある少子化対策には

・女に高等教育を施さな

高等教育されていない移民を大量に受け入れる

この2つしかないわけだよ

それはやりたくないか実効性のない綺麗事ばっかりやってきたわけ

男女平等とか言い出した時点で既に人類は滅びの道を歩んでるの

anond:20200511192543

フランスは非常に進んでいて、男性女性がセットで選挙立候補する仕組みを作り、女性議員を増やした。

同性婚正式制度にしたし、少子化対策でも着実に成果を上げているよ。

言論の自由も大切にしている。

2020-05-09

anond:20200509134600

から妊娠可能性より美貌のほうが重要だろうが

性欲に妊娠可能性や少子化対策を関連付けて権威付けすんなカス共って趣旨だわ

2020-05-06

文化支援だ、医療支援だ、教育格差是正だ、

財政出動だ、なんだと言うやつは

人口ピラミッドを真面目に見て10年後、20年後どうなるか考えたうえで今どうするべきか真剣に考えてほしい。

厚労省が謎のスローガンとして掲げる ”世界に誇るコロナ低死亡率” なんてものはこんな国が本当に誇っていいと思ってるのか?

他国をみてみろよ。コロナ非常事態便乗コラボ老いぼれ在庫処分キャンペーンをやってる最中なのに(マジで)、世界一の老人大国がいつものマヌケな半人前人道国家のノリでイモ引いて世界一の大量在庫処分できずにご破産コースに向かってるんだぞ。ジャップ株式会社破産したらついでにおまえら従業員資産差し押さえだ。

山梨の女なんて叩いてるときじゃないんだよ。

お国のために死んだら英霊になれる国なんだろ?なあ、はやく戦地で散ってもらう流れにもっていこうよ。

MMT少子化対策就職氷河期救済、ベーシックインカムなんてもの人口ピラミッド再構築の目処がつかないと出来るわけないんだよ

霞が関の連中も本音は黙ってるけど分かりきったことなんだ。だから不作為を重ねるムーブなんだ。

どうせおまえら馬鹿からコロナがあと半年も続けば自ずとそういう空気になってくんだろうな。

遅すぎるよ。

2020-05-01

anond:20200501094313

女子大生の格付序列は、いまだに聖心・青学上智慶応医学科>東大だしなあ。

女子本人もそれを受け入れてしまっているし。

学力容姿、財力ともに兼ね備えたトップクラス女子東大ではなくて慶応上智に行く。

おばさんがいくら金切り声を上げても18才時点の女子が闘う姿勢にはならないんだから仕方がない。

妊娠中絶少子化対策有効だとしても女性自己決定権が優先されるように、理系研究者の男女比是正よりも女子受験生自己決定権が優先されるべきだろう。

これを社会構造をせいにしたって解決策は見えてこない。

女性共感してもらえればよくて、合理的解決を求めているのではないということか。

2020-04-22

毎月10万くれたらもっと頑張るよ

いまは正直働きたくねえし大学出たら自殺しようと思ってる 首吊りちょっと試した感じいけなくもなさそうな手応えだったし

でも月10万くれるんなら話は違う

「働かないと生きていけないから働く」生活と「働かなくても生きていけるけど働く」のってかなーり違うじゃないですか

人間自由、いつだってやめられる!(やめたらまともに生活できなくなるが…)」っていう社会構造から俺は死にたいと思うわけ 

実際にいつだってやめられるんなら仕事に対する心構えもずいぶん気軽なものになるし、なんつうかこう文化的で豊かな気持ちで生きられると思うんだな

仕送りもらってる大学生がバイトを苦に自殺するかって話(するかもしれんけど)

頼むッ月10万円くれッ それなら俺は死なないぞ

社会を呪うのをやめてむしろ感謝さえして頑張って働く 彼女に「僕はこんな世界子供を産み出したくない(キリッ」みたいな幼稚なことを言って困らせるのもやめる 少子化対策に貢献してやる

から BIをくれ………………

2020-04-20

コロナウイルス増長させる、「人間嫌い」に対する社会的容認

以前からセクハラ線引き問題を筆頭にして「他人と関わるリスク」は認識されていたが、コロナウイルス存在により、それは物理的にも正当化されることになった。

その結果、危機感にも煽られて、他人感染源迷惑税金泥棒ワガママだといった妄想意識は、正当なリスク認識とぐちゃぐちゃになったまま、行動で示されるようになった。

例えば、電車車内でのマスク無しの咳に対する叱責なんかは、感染するリスク権威者とした社会的ミルグラム実験に、そういう意識をこっそり載せたようなものだろう。

https://okuranagaimo.blogspot.com/2020/04/blog-post_18.html?m=1

ところで、上記ブログコロナウイルス後の世界について書かれたものだが、各論に基底として在るものの、そこに明示されていない事項は、「人間嫌い」に対する社会的容認が進むということではないのだろうか。

テレワークの話なんかはまさにその通りであるし、ナショナリズムの拡大も、人間から組織へのシフトと考えればそうなるだろう。政府のやることにつべこべ言うな!という意見も、まさにその現れだろう。

こういった、自分以外の人間は汚らわしいという意識は、政治経済よりも根源的である人間関係の在り方をも変えてしまうだろう。あんなに親しい家族でさえ、ウイルスを持ち込むリスクになるのだから

インフルエンザの頃から子供学校でもらってきた、といった例があったが、これが致死傷になるのであれば、まず家族を持つことに躊躇いが生じる。一人暮らしスタイルは優位性を持つだろう。

その結果、少子化対策には国民理解が得られなくなる。そして、まさに濃厚接触である生殖行為も、個人的行為のまま遠ざけられていく。その結果、人間においても人工受精が進むだろう。

「平常に帰る」ことはない、それが一番大きく現れる分野は、まさに自分他人人間関係においてだと思ったので、とりあえず急いで書いてみることにした。

2020-04-15

反対

出産時100万円支給を 自民少子化対策

https://www.jiji.com/jc/article?k=2020041400734&g=soc

これは反対。

出産したくでもできない・できなかった女性が傷つく。

国家が「出産=望ましいもの」という価値観正当化する面でも問題がある。

2020-04-10

anond:20200404142511

あんな、ええか、近代以前から昭和の前半ごろまで

ほとんどの世帯農家とか個人商店とかの「家業」だったか

元増田みたいに自分ちの近所の風景見ながら昼飯を食って

家族と一緒に家事をする方が普通だったんや、多数派だったんや

つか、人類ほとんどそっちの方がずっと歴史が長いんや

どこの農家漁民仕事しながら子どもの面倒見てたんや

近代少子化なんてのは職住分離でそれができなくなったのが原因

リモートワーク推進こそ少子化対策に絶対効果ある

厚生労働省はその事実に早く気づけよ

2020-04-07

anond:20200407133917

そもそも少子化問題解決に本当に必要なのって予算じゃなくて意欲じゃん

結婚子育てに対する意欲の低さや優先順位の低さこそが問題なんであって、それをどうにかする方法なんて結局のところ精神論根性論ぐらいしかない

こんなこと言ってる自分自身そうだ

からって今更洗脳じみたことができるわけもない

できることと言えば「もっとお金があったら子供考えるんだけどな~」という、本当に実在するかどうかも定かでない何かに向かって飴を投げつけることぐらいだ

少子化対策なんて最初から無駄とわかってる負け戦でしかないの

2020-03-31

anond:20200331071423

女の自由に任せたら人口再生産が成り立たないっつーなら、そもそもなんのために少子化対策なんかやってんだろうって話になるわな

2020-03-28

anond:20200328222928

少子化対策は未婚者を結婚させるより、今もう子供がいる夫婦に次の子供を促す方が効果的らしいよ

2020-03-08

日本少子化対策はこれで解決する

男女雇用機会均等法廃止

小学校中学高校女子学生家庭科の履修時間男子の3倍にする

女子学生の保育、介護ボランティア義務

女子4年制大学の進学率を低下させる

■成績優秀な女子学生のみ教育学部看護学部など特性に合わせた学部、もしくは女子大へ

事務公務員大手企業総合職原則男性

女子就職先は派遣一般職サービス業、保育介護看護など

■25歳までの結婚を推奨し、20歳になれば自動的結婚相談所に登録され、定期的にお見合いマッチング

■26歳から独身女性独身

配偶者控除扶養控除の控除額拡大

子どもの人数に合わせて人数が多いほど減税

教育は国公立大まで完全無償化

学校給食無料所得制限なし)

■塾や習い事で使える教育クーポン配布

離婚後は共同親権、面会義務

2020-02-29

anond:20200229125206

その連中が過去に何を言ったのか提示しないとおまえが単なるデマゴーグになるだけだが、

仮にそうだとしてもダブスタではないだろ。

子育て支援要望する目的純粋少子化対策だけなら元増田に賛成するだろうが、

そうではなく子育てをしたいか支援してくれと思っている人もいる。

2020-02-27

anond:20200227090024

結局、セックス気持ちいから、知性が低いほど子作りに励んでしまう。

そのおかげで、大抵の哺乳類少子化対策をしなくてもちゃんと子孫が残るようになってる。

2020-02-24

14年前に安倍総理約束してくれたこ

平成18年9月29日

私は、特定団体個人のための政治を行うつもりは一切ありません。

(略)

私が目指すこの国のかたちは、活力とチャンスと優しさに満ちあふれ、自律精神大事にする、世界に開かれた、「美しい国日本」であります。この「美しい国」の姿を、私は次のように考えます

 1つ目は、文化伝統自然歴史を大切にする国であります

 2つ目は、自由社会を基本とし、規律を知る、凛とした国であります

 3つ目は、未来へ向かって成長するエネルギーを持ち続ける国であります

 4つ目は、世界に信頼され、尊敬され、愛される、リーダーシップのある国であります

(略)

我が国は、昨年初めて、総人口が減少に転じていく人口減少社会を迎え、合計特殊出生率も1.25と、過去最低の水準になりました。

直近の出生数は昨年を上回っていますが、第2次ベビーブーム世代がまだ30歳代である、残り5年程度のうちに、速やかに手を打たなければなりません。

内閣の総力をあげて少子化対策に取り組み、「子育てフレンドリー社会」を構築します。

(略)

 

戦前、戦中生まれの鍛えられた世代国民国家のために貢献したいとの熱意あふれる若い人たちとともに、

日本を、世界の人々が憧れと尊敬を抱き、子どもたちの世代が自信と誇りを持てる「美しい国日本」とするため、

私は、先頭に立って、全身全霊を傾けて挑戦していく覚悟であります

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん