「中華料理」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 中華料理とは

2018-05-23

白米が無限に食べられるおかず選手権 ベスト10発表会場

皆様、お足元の悪い中、「白米が無限に食べられるおかず選手権 ベスト10発表会」にご参加いただきありがとうございます

大会増田独断偏見でできておりまして、一時期は中華料理の多さを考えて部門分けをすると増田が発表するなど、皆様の記憶に新しい事かと思いますが、無事、開催し、発表することができますことに大変感謝いたします。

早速ですが、発表に映らせていただきます

実況は増田解説増田でお送りさせていただきます

10位:餃子(3208ポイント

9位:青菜炒め(3582ポイント

8位:鮭の塩焼き(4570ポイント

7位:カレー(8732ポイント

6位:目玉焼き(8992ポイント

5位:唐揚げ(11523ポイント

4位:レバニラ炒め(14857ポイント

 

ますは第10から第4位までをご覧いただきましたが、解説増田さん、どうでしょうか。

やはり中華料理が多くなってしまますよね。中華料理は旨味と脂質が多分に含まれており、それに掛け合わされる形で白米の糖を引き立てるのでしょう。

前回3位のカレーが7位にまで落ちているのはなぜでしょうか?

多分、増田の舌がカレーよりも美味しいものを見つけたのでしょう。前回2位のレバニラ炒めが下がっていますが、これは去年の健康診断尿酸値が高いことを指摘されてプリン体を避けていますね。本当は食べたいんですが、我慢しているといったところでしょうか。

続きまして、ベスト3位の発表です。

 

3位:麻婆豆腐(29870ポイント

 

前回王者麻婆豆腐がなんと3位です。これは一波乱ありそうですね。

一時期、行きつけの中華ランチ麻婆丼ばかり食べていましたもんね。最近ではあのお店の味の決め手が花椒だったことを理解して、あのお店に近づけるため努力しておりましたが、3位になってしましました。

 

2位:野菜炒め(37451ポイント

 

ここで、野菜炒め。前回5位だったものの、胃腸調子を考えて野菜炒めを頼む頻度が増えたのが原因でしょうか。

それもあるでしょうが増田は以前の健康診断尿酸値が高いことを気にしていましたので、前回2位のレバニラ炒めにプリン体が多いということで野菜炒めにしたのでしょう。

やはり増田の食べる物の頻度はかなり重要な事が伺いしれますね。

では、ついに、第一位の発表です。

 

ドラムロール

 

1位:さば味噌煮(58926ポイント

圧倒的でした。前回圏外だったさば味噌煮がなんとまさか第一位

健康に気を使って青魚をとるようにしているわけですが、さば味噌煮は手間が掛かる分、定食屋などで食べたい一品でしょう。

現在鯖缶味噌味もあって手軽にとれていますね。でもやはり、いつもいく定食屋のさば味噌煮が最高でしょう。

2018-05-11

 ご褒美

昨日は、やっとこさ粗大ごみ案件解決したので、

自分へのご褒美ということで外食飲酒)することに

決めた。

 いきつけの中華料理店

いつも立ち寄っているお店が臨時休業ということで

ガッカリ😞したけど、気を取り直して中華料理

に向かった。

 愚鈍選択

体のことを考えるなら、ニラレバ炒めとかと酒を

組み合わせるべきだと思うが、金をケチって、

ラーメンにしてしまった。アホだなワイ。

匿名ダイアリー生活保護の食費分が30Kしか

ないので、高カロリーで安い菓子パンとか

食いまくるしか選択肢がないよねぇとかい

話が盛り上がっていた。ちょうどあれと同様の

状況だよな。ナマポでもないのに、誤った選択しか

できないってメンヘル案件だよな。

昔なんかの雑誌で、病院に通院しなければならないほど

酷くないメンヘル人間ってのは結構いて、

人生の要所要所で誤った道を選んでしまうことが

ある。だからカウンセリングちゃんと定期的に

うけて、そういう過ちを須らく回避すべしという

主張だった。なるほどそうかもね?

  うまそなメニュー発見!!!!!!!!!

あそこの店にラインアップされてる鶏肉香辛料炒め

うまそうだ!!写真がグッド。

しかし1K¥近くする。1Kくらいでガタガタビビるほど

貧乏でもないので、注文すればよいのだ。

しかしなぜかしら逡巡してしまう。貧乏性だ。

2018-05-10

anond:20180510102541

自分は楽しもうとしてる

例えばモコズキッチンみたりしてもこみち君みたいな料理つくりたい!ってなろうとする

アレンジ加えてみようとか、外食した時のあれ、美味しかったけど自分で作れないかな?ってなって試行錯誤する

まぁ、楽しむのには時間がいるっていうのは同意

普段自分焼き魚と米と野菜サラダみたいな感じだし

ただ、土曜日とか日曜日になると朝市でてやっすい野菜適当に買ってどういうふうに料理するがいいかクックパッドとかみてる時間楽しい

それで平日でもカンタンにできそうだなって思うものは平日にも取り入れてる

今だとトマトと卵の炒めものだな 中華料理正式名前があったはずなんだけど、忘れた

2018-05-09

中華丼ヤングコーンを入れることを義務付けるべき

今日昼飯に中華料理屋のランチ食べたんだけど、有ろう事か中華丼なのにヤングコーンが入ってなかったのよ。

後輩に「おまえのヤングコーン入ってる?」って聞いたら怪訝な顔されて「いや、入ってないですけど」と答えられた。

流石にこれはおかしいだろと店員を呼んだんだけど「知りません」「具については指定できません」と言われたっきり。

食べログに「中華丼ヤングコーンが入ってないのはおかしいと思う」と3.5点をつけた。

もう二度と利用しない。

2018-05-07

夕飯食べたのに外から中華料理かなにか作ってるようなラー油っぽい匂いが漂ってきて腹減ってきた

2018-05-02

子どもを産んで失ったもの、あるいは初夏の四条烏丸

最近四条烏丸をうろつく夢をみた。

地下鉄の駅を出て路地を入り、大丸の裏にある紅茶がおいしいカフェを外から眺める。中華料理屋のメニューを眺め、錦市場に足を踏み入れ、適宜左折して京都で一番おいしいケーキ屋さんに入る。そういう夢。

学生の時分に何度も歩いたコースから、夢からさめても鮮明に思い出せる。あの頃私はいつも新規開拓を目論んでさまよっては結局あの店に通っていた。タルト生地ナッツとを噛み砕く感触もまだ感じられそうだ。

こっちに引っ越しから数年来、その界隈からは足が遠のいていたのでとても懐かしい。夢にみてから、あの街並みを、そこに差し込む日差しを思い返しては眩しく思う。

しかし再訪できるのはずっと後のことだろう。なぜならうちには乳児いるからだ。少し前に私が産んだ小さな赤ん坊彼女がふにゃふにゃと頼りないうちは、500kmを移動した後よさげカフェを探してあてどなく散歩するなんてのは難しいだろう。

それに今はあまりそうしたいとも思わない。子連れで移動が面倒だとか、家族が預かってくれないだろうとか、そういうことではない。

もっと根本的に、行きたいという気持ちが起きないのだ。

はいま、温かいものに浸っているような恍惚の中で生きている。

それは授乳によって分泌されたプロラクチンオキシトシンをそう解釈しているかなのだろうけど、脳を直撃される側としてはなかなか悪くない感じだ。人間という動物はよくできている。

かように問答無用幸福感に押し流されているためか、あまり新規性の開拓ということにうまみを感じない。新しいものに触れるとわしゃわしゃ出るのはドーパミンだけど、今はそのあたりが優勢でないのだろう。

産前から理屈としてはそのことを聞いていたので、そうなる前にと急いで色々なことをしておいてよかった。具体的には少しでも行きたい企画展があれば行っておいたり、一度やってみたいと思っていた読書会主催をしたりなんかだ。

産後は新しいことに踏み出すハードルが高くなるし、新雪足跡をつけるみたいにやっといてよかったと思う。産後の手数も増えるし。

産前にもっていた、外へ外へと自分駆動させるものはなくしてしまった。まあ、それでもいいんじゃないかと思う自分がいる。

日々ふくふくとかわいくなっていく我が娘。先週くらいから笑うようになってきて、そのかわいさはもはや暴力的である。笑おうと思って笑ってるわけではない、単に顔が笑顔を形作るだけの生理的微笑ではあるのだが、その破壊力はすさまじい。父母祖父祖母を次々と陥落させてゆく。

追記

娘の寝顔を見ながらふと、この日々を懐かしく思い返す時がくるのだろうなという確信が訪れた。

日々重たくなる娘を夫と代わる代わるだっこしながらきゃあきゃあ騒がしく過ごした夢をみて、その頃のことを大きくなった娘に繰り返し話してはうんざりさせてやろう。今からそれが楽しみだ。

2018-04-28

子供の頃、板門店って中華料理屋の名前だと思ってた。店って書いてあるし。

2018-04-24

anond:20180424104905

イタリア料理郷土料理から郷土色を出そうとしてるんじゃないかな。

あとバジルチーズトマト

フランス料理宮廷料理から国旗を押し出す感じではない。

中華料理場合料理歴史に対してむしろ国旗のほうが新しすぎるのが問題では。

ドイツ料理ドイツ料理って何があるんだ?

ビールとヴルストとザワークラウト

なんでイタリア料理屋って緑白赤?

サイゼリアなんかそうだし、街で見かけるイタリア料理屋も緑白赤を使ってるのが多い気がする。そういえば艦これイタリアローマ、リベッチオもそうだな。

フランス料理屋は別に青白赤って感じはないよね?ヴィ・ド・フランスくらいだけどこれは別にフランス料理屋というわけでもないし。

あれ?でもインド料理屋はサフラン、白、緑ってイメージあるな。ドイツ料理はは別に黒赤金というイメージはないかな?

中華料理別に赤黄というイメージはないな。

料理国旗の結びつきってどんな感じなんだろね?

2018-04-06

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1214475

中華料理を振る舞われた事はないけど、やけに大きなお皿に盛ったヨーグルトを出された事ならある。

数種類のベリーとかフルーツが色々入ってて美味しかった。

呼ばれたお部屋はタワマンの一室で、こんな広い所普通一人で住むのだろうか?奥さん外出中とかなのかなあ、途中で奥さん帰宅して鉢合わせしたら嫌だなあと、とても落ち着かなかったが、お客さん本人はいい人だった。

お菓子飲み物をくれるお客さんは結構いたが、皆きまって「変なもの入ってないか大丈夫だよ、いやじゃなければどうぞ」と、おずおずと出してくれたものだった。

2018-04-05

地方だけど東京のおいしいラーメン食べたい

東京ラーメン専門店とんこつラーメンを食べたとき稲妻が落ちた気分だった。うまい。あまりにもうまいしか普段地方に住んでいて、なかなか東京はいけない。うまいラーメンを食べたい……家で作るしかないのかなあ。近くには冷凍ラーメンのほうがまだ上手いわっていう中華料理しかない

anond:20180405130957

その中華料理屋は当たりだったけど、その後は外れを引いてるだけだと思う。

そろそろきっと当たりを引けるはず。1万円出さなくてもその辺ちゃんとやってくれるところもあるよ。

でも行かないとわからないんだよなー。

魚に火を通しすぎ問題

中華料理屋で魚を蒸した料理を食べたんだけど半生程度の火の通り具合で非常に美味しかった。

それ以来魚屋に尋ねて刺身でも食べられるほどに鮮度のいい魚を購入して半生程度の火入れ焼き魚、煮魚にして食べている。非常に美味しい。

ただ居酒屋料亭とか和食ではそうはいかないんだよね。たいていステーキでいうウェルダンビアンキュイばっかり。和食世界の掟なんだろうか?と思うくらいそればっかり。生で食べれる魚は刺身提供するからなのかな?

1人1万円超えは余裕みたいは高級料亭に行ったことが無いから巡り合えていないだけかもしれないけど。

2018-04-04

東京ってラーメンうまいのな

地元県庁所在地ではあるが、テーブルクロス油シミがついてるような中華料理屋のラーメン中華そばしかたべられない。渋谷でテキトーに入ったラーメン屋のラーメンがうますぎてビビった。なんなのあれは。あんなもん好きなときに食えるとか羨ましすぎ……

2018-04-03

おばちゃんイケメンと言われる

anond:20180403133758

自分場合はおばちゃんイケメンと言われる。弁当屋のおばちゃんとか、中華料理屋では大盛りサービスしてくれる(大食いではないが残すわけにいかず大変だったりする)。あとは義母の知り合いとかかな。

先日はおばちゃんと言っては失礼な妙齢の既婚女性が、妻に対して「かっこいい旦那さんでうらやましい」と言っていた。

なお、若い女性にはあまりもてはやされない。まぁでもときどきストーカーレベルアプローチしてくる子もいるから恵まれてる方かもな。

2018-04-02

iQOSはいい。

久しぶりに中華料理屋で牛丼食べてたんだけど、

たまたま隣にいた2人の男性客が食後にタバコを吸い始めたのね。

やだなぁ・・・と思っていたのだけど、煙がほとんど漂ってこないので、

よくみたら、2人ともiQOSだった。

iQOSには特有の臭さがあるらしいけど、紙巻きタバコよりずっとマシだと思ったよ。

2018-03-24

これって俺が悪いのか?

とある中華料理屋に行って五目かた焼きそばを注文したら出てきたのが普通の五目焼きそばだったのよね。

でも持ってきたバイト女の子が「五目かた焼きそばです」とハッキリ言ってたし所々堅い部分があったからこの店ではこれが五目かた焼きそばなのかなあ、と思って食べてたら他の客にどっからどう見てもかた焼きそばが出てきてその客も「違いますよ」と言ってたからここでようやく間違われたって確信したのよ。

なんか気まずいと思いつつも会計してレジのおばちゃんに「なんかおかしいと思ったんですよね」と言ったら「違うとわかってたら違うと言ってください!!」って怒られたわけ。

バイトの子が「五目かた焼きそばです」と言ってたのにまさか実際は別の商品が出てくるとは思わないよ。

怒られてしまってすごく気分が沈んでるんだけどなんか納得いかないな。

2018-03-23

2018香港深圳広州の旅 Day.0-1





Day.0


出発前


3月人生で2度目の自分計画した海外旅行に行くことにした。

行き先は香港

以前、ここで台湾への旅行記を書いた。

今回も書きながらの旅行としたい。

きっと長くなる。気が向いた人が読んでくれると嬉しい。

あと、誤植は多分沢山あるけど、気にしないで欲しい。

読みすすめる内に、理由何となくかると思う。


さて、なぜ香港に決めたのかというと、昨年の台湾旅行自分としてはとても良く、「意外と一人でも海外に行けるものだな」と思ったのと、台湾で現地の料理を食べたことで、香港大陸の人はどんなものを食べているのか興味を持ったこと、そしてこの界隈で話題になっている、2次元バーコード決済をこの目で見て見たかたからだ。

また、自信を持ったとはいえ、語学の怪しい自分にとって、台湾の次に行きやす海外はどこかとなった時、香港韓国くらいしかなさそうだ、というのもあった。

ただ、今回は、現地ガイドが入出国に付き合ってくれた台湾と違い、全くの1人となる。

ハードルは1段、いや2段くらいは上がったと思う。

ルート出国香港深圳香港広州香港帰国

旅行には達成目標を定めて1個1個クリアして行くタイプだけど、目標のいくつかは低めに設定した。

まずは出国して、空港からホテルにたどり着き、英語広東語チェックインすることからだ。


今回の出発便も前回と同じ様に羽田発の早朝便。

旅行になるといつもそうなのだが、夜の移動や待機時間眠ることができなくて、こういう時に定刻まで眠れる人が羨ましいと思う。


はいえじっとしているのも辛いので、現地で言葉が通じなかった時のために、メモ帳イラストを描いたり、簡単広東語のおさらいをしたりした。

広東語に関しては本を買ったり、3ヶ月間、広州香港の人のYouTubeを見たり、香港ポップスMVを見たりしたが、聞き取れるまでに至らなかった。

同じ発音でも発する声の高さで意味が変わる広東語は、単純に「話す、聞く」というフィジカルな部分がとても難しい。

翻訳アプリ広東語を話して翻訳させるという手段練習したが、どれくらい通じるものか。

広州出身レイちゃんYouTubeで教えてくれた「片思い相手を呼び出して告白する時のシークエンス」を使う機会はなさそうだ。


ところで、深夜の羽田空港国際ターミナルで周囲を見渡すと、共に出発を待つ人達がやけに若い

そうか、3月卒業旅行シーズンか。

ベンチの向こうでは、大学生と思しき男子の一団がUNOらしきゲームをやっている。

時間の潰し方に若さを感じるなー。





Day.1


上晝・晏晝


機内に日本語が飛び交ったせいか、やや弛緩した気分で香港国際空港に到着したのは現地時間11:15分頃。


香港は南国なのでやはり少し蒸し暑い

長い長い入国審査の列に一瞬うんざりしたが、審査員は列を誘導して次々と人を通して行く。

さすが世界でも有数に人が行き交う空港だけあって、手際がいい。


さて、ここ空港で、まず3つの問答をこなさなくてはいけない。

1.「日帰りで深圳にいき、翌日広州に行くために必要ものはあるか」

2.「香港ドルに両替してほしい」

3.「オクトパスカードが欲しい」


入国審査の体格の良いにいちゃんに緊張しながらたずねる。

「我想去深圳一日遊、下個聽日、想去廣州。要乜嘢?」

「◯×◯×◯×…」

しまった、ちょっと懸念していたけど、「決まり文句は話せるのものの、聞き取れない」というのは思った以上に深刻だぞ。

なまじ話せるだけに、向こうもちゃんとした広東語で返してくる。

かなりビビったものの、いかつい面相と違って親切なにいちゃんは、「乜嘢?」と聴き返してくれて、「日本人ビザはいらない」と笑顔で答えてくれた。


しかし次の両替はもう少しハードルが高く、言っていることを聞き取ってもらえなかった。

「港幣」という単語でなんとかクリア英語の方がまだマシだったかもしれない。


オクトパスカードの購入も一悶着あり、「我想買八達通」と言うと、「いくつかの選択肢があるが何が欲しいのか」と多分言っているであろうことを聞かれ、当然答えられないので、お互い困り顔で天を仰ぐという有様。

「weit here」指さされた列に並び、列に従ってたどり着いたカウンターでなんとか購入することができた。

ちょっと凹むが、一応やりたいことは1つひとつクリアしているのであり、60点くらいのクオリティであると納得するしかいかぁ。

それにしても腹が減った。

香港時間12:00。

昼の時間だ。


一瞬、マクドナルドで済まそうと思った昼食だが、空港散策すると、チャーハンとか、カレー煮込み的な何かなど、いかにも香港っぽいものを出している店があったので、せっかくなのでそこにする。


「loast goose,milk tea」何より食券売りのお姉ちゃんが怖かったので、無理をせず英語で注文する。

食券を渡してしばらくするとおばちゃんが叫んだ。

「ンーロッパーツァッ」「あ、5687番か、俺だ」数字の読み方勉強しといて良かった。


香り米の上に乗ったガチョウのモモ肉はアッサリしていた。

やはり南洋中華料理台湾と似ていて、全体的にあっさりしているらしい。

でも全部食べたら丁度いいような味付け。

また日本に戻って塩味のキツさにびっくりするんだろうな。


下晝


空港からエアポートエクスプレス香港駅へ。

地下の無印良品には日本語パッケージ商品が並んでいて驚く。

ローカライズされてないんだな。


香港からMTRを乗り継ぎ、ホテルのある尖沙咀へ。

オクトパスカードを買っているので移動が楽。

やはり海外旅行では交通系のICカードは強い味方だ。

日本気候に合わせてきたので、香港の蒸し暑さに少し参りながら、尖沙咀駅に降り立ち、地上に出ると、その光景に圧倒されてしまった。

香港は狭くて人が多い。

しかしこの尖沙咀のごった返しぶりときた日には。

人の多さもその人種も、行き交うスピードエネルギー尋常ではないカオスだ。

平日の昼でこの有様だと、旧正月のようなイベントにどうなるのか想像もできない。

この異常なくらいエネルギッシュな街で暮らすというのはどういうことなのだろうか。

蒸し暑さと人のエネルギーに当てられて少し疲れてきた。

ホテルチェックインして一休みしたい。


尖沙咀ちょっとだけ外れにあるホテルが今回の宿だったが、実際見てみると思った以上に大きくて驚いた。もう少しアットホームホテルじゃないか勝手に思っていたので、少しビビる。

さてここで次の目標、「英語広東語チェックインする」だが、レセプションの小柄なお姉さんに広東語がまったく通じない。

それでもカタコ英語チェックインはできたが、「日本語できる人いますか」さえ通じず、ちょっと凹みつつモチモチャやってると、50代くらいの女性に声をかけられた。

「何かお困りですか」日本語だ。

英語部のリーと言います。何かお困りでしたら、お伝えください。」

助かった。

これでシャワーの使い方がわからなくても、失敗して鍵を部屋の中に忘れて閉めてしまってもなんとかなる。

もちろんそんなことがなければ一番だが。


尖沙咀がどんなところかと問われれば「新宿銀座青山道頓堀を配分がどうとか考えずにグチャっと混ぜて、そのまま沖縄に放り込んだような場所」だ。

ヴィトンの斜向かいに怪しいインド系人達がたむろする巨大な雑居ビルがあり、そのあいだのヤシの木が植えられた大通りを2階建のバスが怖いくらいのスピードで次々と疾走する。

件の怪しい雑居ビル重慶大厦で両替をしながら「こんな暑いところでこのエネルギーで生きていて疲れないのだろうか」と思った。


それにしても尖沙咀はいままでちょっと記憶にないくらい騒がしい街だ。

まりの勢いに耐えかねて、中環に向かう。

中環からのんびり歩いて上環に向かいお茶でも物色しようか。

地下は幾分か落ち着いていて、ちょっと札幌の街を思い出す。

ガイドブックによると中環から上環にかけては、ややゆったりしたエリアらしい。


途中、MTRを乗り継ぎ、地上に出る。

どこがだよ、ここも騒がしいじゃねーか。

ちょっとへんな笑いが出てきた。香港すげーな。

お茶を買いに行くまで元気が持つだろうか。

エネルギー補給ついでにタスクをこなそう。

鴛鴦茶とパイナップルパン軽食をとる」

メロンパンとの違いが気になっていたパイナップルパンは、クッキー生地をつかっているもののふんわりした食感で、甘さ控えめな代わりにバターががっつり挟まっている。

やはり南洋中華料理は甘さや塩味は優しいが、油は惜しみなくねじ込んでくる。

鴛鴦茶は東京で飲んだものより、コーヒーの風味が強かった。

ちなみに「ビンサッ(アイスで)」と頼んだが、ホットで出てきた。やはり広東語が怪しい。


挨晩・夜晩


台湾香港では飲まれているお茶が違う。ここ香港でもお茶を買うことにした。

比較リーズナブルにお茶が買えるという、事前に調べたお茶屋さんに向かう。


件の店は庶民的と紹介されてた割りには綺麗な店構えで、「意外とお高いかもしれないかゆっくり選ぼう」と思ったら、入るやいなや「どのお茶を選ぶの?」とお店の女士。

まりの出足の速さに面食らってすっかり飲まれしまいそうになる。

「あ、ちょっと見るから」と止めて一旦ははなれたけど、3分もしないうちに「どれにする?」圧倒的なスピード感だ。

「じゃあ普洱と白牡丹・・・」初めからある程度決めてなかったら飲まれ鉄観音とか買ってたと思う。

入店から決済まで、あまりスピードに高かったのか安かったのかさえも判然としない。

マジでこの街スピード感は異常だ。


路地裏でやっと見つけた静かなバーで、アジア風のサテ風味の麺とビールで夕食をとって、ホテルに戻ることにした。

香港の人はよく食べるというが、なんとなくわかった。

とにかく食べないと、この街スピードエネルギーについていけない。

街には日本ユニクロロゴそっくりの「メイソウ」がある。

中身は雑貨屋さんで何をパクったのか判然としないが、そんなことを気にしていてはこの街では置いていかれる。

街中に沢山ある両替の店の多くはレート的にはボッタクリであるというが、店もお客もやましい空気微塵もない。

中環駅のホームでなぜかウェディングドレスを着た女性を見たけど、この街なら何でもありだ。

ホテルに戻る道すがら、漢方茶のカフェで、女性がボーッとしていた。

きっと明日に備えて充電しているのだろう。

食べて、稼いで、友達と騒いで、恋をする。

この街は、人間欲望の明るさを全力で肯定して前に進む空気に満ちている。


2018香港・深圳・広州の旅 Day.2|深圳へ >>

2018-03-18

anond:20180317104259

とある中華料理屋行ったら、ラーメンものすごく不味くて、

周り見たらみんな残してた。

「これ醤油なのか?」といった味だった。

多少の不味さは我慢して食べちゃう俺が、半分も行かず食べるのやめた。

不味いってそういうのじゃね?

2018-03-15

昼食時の杏仁豆腐

れいる?

いるんだろうな、好きな人はきっと。

あれがなくちゃダメだ、とかあれがついてるからこのセットを選んだって人が。

仕事柄か大抵昼は外食で、行くのは中華料理定食とかロードサイド焼肉屋とかそんなもんでめちゃくちゃ良い店になんていきゃしない。

ラーメンでも炒飯でも中華丼でもそこそこ喰えて腹が膨れれば良いわってな具合でさ。

仕事の合間の休憩も兼ねてるし、たまたま入った店が思ったより美味しいなとか、あんまりだったなとかそんな小さい事に一喜一憂する小市民ですよ。

ただ俺が行くような台湾とか中国からやってきて同じ食材とか看板とか使ってる系の中華料理屋はかなり多くの店でデザートに杏仁豆腐がついてきやがる。

喰えないんだ俺は、匂いも食感もきらいなんだ。

から残すんだけどそれも気悪いでしょ?

初めからつけてくれるなって言えばいいんだけど、注文時は何食うかに意識行ってて忘れてしまうのよ。

で、申し訳ないなと思いながら残すんだ、あれ。

欲しい人だけ頼めばいいんだよなぁ、サービスならテイクフリーにしてさ。ダメか?場所も取るし?

けど残すより喜ぶ人だけに提供した方が良くないか?面倒かもしれんけど。

似たようなので炒飯について来るスープな、味があんだかないんだかわからないタイプとか醤油ラーメンスープそのままのタイプとか色々あるけどな、あれはとても好きだから今後もやめないで欲しい。

わがままでごめんよ。

冷やし中華食いてー!

暖かくなってきたのもあるのか無性に冷やし中華が食べたい。

俺の実家の近くに、おばちゃん一人がやってる中華料理屋があるんだけど、そこの冷やし中華が絶品。

透明の透き通った皿に、黄金の麺。醤油レモンベースのタレ。

そこにのるのはきゅうりチャーシューと卵とトマト

そしてこの店だけなのかわからないけど、揚げたカシューナッツ

東海圏なので当然マヨネーズ。そして、カラシ

高校は昼で終わった時、ここによって600円出して食わせてもらってさ。

おばちゃんは俺が「この揚げてある豆おいしい」っていったから揚げカシューナッツをいつも多めにサービスしてくれる。

かに真夏に食うからうまいんだけど、こうやって寒さが晴れてきた時、ふと食べたくなるんだよね、冷やし中華

あー、久しぶりにくいてーな、おばちゃん冷やし中華

2018-03-06

蕎麦屋カツ丼が買ってしまう的な

ラーメン屋チャーハンセット > 中華料理屋のチャーハンラーメンセット

蕎麦屋の丼ものセット > 定食屋の丼ものそばセット

うどん屋の寿司セット > 寿司屋のうどんセット

麺屋、不当に強くね?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん