「客観性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 客観性とは

2019-04-20

anond:20190420173709

その視点自体客観性による。

普通選挙とか男女雇用機会均等法は、フェミニズムが正しいと思う。

ただし、「文科省証言」によって、「医学部合格のしやすさ」なる根拠不明統計を以て、強者に対して配慮しろ、というのは間違っているし、それは学問ではない。

ていうかあの数字って2018年だけのものなんだよ?(ハフポストの謎記事http://rochejacmonmo.hatenablog.com/entry/2018/08/12/021856

しか合格やすさってたぶん、男子合格者数/学力に対する女子合格者数/学力で出すんだけど(だから文科省の「男女の学力差はない」という表現必要だった。男女に学力差があれば、別に1.00を超えるのは当たり前になる。)、これがなあ…どうやってその文科省の人は受験者の学力を調べたんですかねぇ…?それが学問なんですかねぇ…?

「男女に学力差はない」っていう「仮説」は、当然(政治的に)正しいから、提出されるのは当然だと思うよ。でもそれを研究する?どうやって?研究して結果男性の方が論理的空間把握力が高く、女性の方が情緒的だ、という結果を東大入試に反映させるの?社会的弱者との面接グループワークでも取り入れてみる?

anond:20190420164949

二者間の意思疎通の確認が取れないから、2つの主観どちらにも属さな客観性必要だと思うんだが…相対的しか正しさを記述できない、って意味なら同意なんだが。

相対性がある=複数性があるというわけではないと思う。

ともかく、2つ以上あるってのはうーん、ってなる。一つの学問系の中で「棄却」したけど「別の体系では正しいか可能性は残る」なんてされる方もする方もなんだかなぁって感じ。まあここら辺言いすぎると超高重力下での量子力学が~とかの不明性に入りうるから私の頭ではあまりしたくないけど。でも人知観測できるかわからないってのと、意図的観測地点をずらして結果が違うけど両方別物で正しいってのは差が激しすぎると思う。

anond:20190420164533

お前は何か勘違いしてるけど、仮説を出すってのが科学根本的な営みなの。

もちろん誰が見ても間違ってて無意味な仮説なら意味無いし、客観性があって検証済みならそれに越したことはないが。

主観がないと仮説を作ることもできないってのが分かってないでしょ。

anond:20190420153817

質的研究自体への疑問は「あたりまえだから」とかい理由却下されるというもはや共産主義的な社会学部

もうこれだめだろ。

流石に読解力がなさ過ぎる。質的研究と量的研究客観性科学性が異なるっていう文脈だし、それは社会科学分野では当たり前のことだよ。

なんでこんなもの学問になってるの?芸能人研究学問なの?

文化人類学研究対象として松崎しげるの黒さを出すようなものを疑わないってちょっと学問としての姿勢が狂いすぎている。

anond:20190420152930

流石に読解力がなさ過ぎる。質的研究と量的研究客観性科学性が異なるっていう文脈だし、それは社会科学分野では当たり前のことだよ。

質的研究は全部クソって言うなら理屈としては分からんでもないが、フェミニズムどうこうの話ではない。

anond:20190420151503

いやフェミニズム自体ダメだろ。

かいてあるリンクの筆頭に早稲田講義してる熱田敬子さんって人の講義シラバスから引用するけど、

授業概要  質的研究を行なう際には、「客観性」、「科学性」に対する量的調査研究自然科学モデル研究と異なる立場について理解し、研究自身無意識の前提、社会的立場(とそれが及ぼす調査への影響)などを常に問いなおさねばならない。

客観的でも科学的でもない学問

そんなのないんだよね。それ自体フェミニストが気付き始めてるんだよね。でもやめないんだよね。

ダメだろそれ。

2019-04-14

anond:20190414115117

そういった意見がでるのは当たり前という前提を踏まえて、できるかできないかは別で、有るか無いかで、無いなら作ろうって話しなんだが。

人が人を評価、あるいは裁くってのは、どう考えたって客観性保証できてないなだろ?

2019-04-12

anond:20190411221341

言葉とは違い絶対的抽象概念から仕方ない。

それを無理に言語化したことによる齟齬だ。

から本当のことを言ってしまえば、本質をわかっていれば表記表現自由

ただそれを共有するための恣意的手法に過ぎない。

でも物事本質を確かめるために客観性が求められている以上は、仕方ないともいえる。

これ以上の客観性と、抽象概念についてを考えれば哲学領域に。

まあようするに、この疑問に絶対的な答えこそないのは絶対的

言葉ってそんなもん。

anond:20190412142906

主観しかないというのは私に限らずあなたやほかの人も同様ですし

あなた客観性があるとは思わないのでそれなら私は納得しないというだけですね

自分なりの指標

日記というほどでもない備忘録

何か書ける時/書けない時って、あくまわたし個人的パラメータが壊れてる時だと思った。

まず気持ち問題として、書きたい⇔書きたくない

次に気分は置いて技能的に、書ける⇔書けない

そして締め切りという客観性自分モチベで、書く必要がある⇔書く必要はない

の三つのパラメータ

この三つのパラメータにどういう相関関係があるのか文系わたしにはイマイチ説明ができないが、相互関係してると思う。

小説漫画イラスト…なんでもいいけど、何かしら書いてる人なら「気分的にめっちゃ書きたいけどなんか筆が乗らない日」とか「特に書きたいものはないけどなんとなく筆が乗る日」とか感覚的にあるんじゃないかなって思う。

そしてこのパラメータの噛み合いが悪い時に創作鬱を起こす。ここ数日わたしはそうだった。

あと先述の三つとは別にアイディア面でも「いいアイディアがぽんぽん浮かぶけどうまく形にできない日⇔全然何も浮かばないけどコツコツ単調な作業を進めるとすごく集中できる日」ってあると思う。わたしはある。

とにかく、ここ数日悩んでたことがこのパラメータ理論(というにはあまりにも粗末だけど)で解決した。すっきり。

2019-04-08

anond:20190407215418

根本は、サンケイも、アサヒも、ジエイタイ組織を守りたいとか、自分の主張をしたいだけなんだな。。文民主義って言っても客観性がないとね。

2019-03-24

anond:20190324102925

何故か日本後進国扱いしたい反日はてサ多すぎ問題

先進国後進国相対的に分けられない病w 

日本にも色々問題が山積みだけど、相対的には今の所先進国なのにねぇ。サヨクには客観性がないのだろうか。

2019-03-10

女性観点だと恋愛アプローチにおいていきなりの告白は論外にして愚策の極みで、友人知関係にて関係を深めてからって話だったよな

このこととパートナー足りうるまともな男は一握りであとは総じてゴミって話と

合わせて考えるとまともな男って婚活市場に回ってくる前に普段の交友関係で全部押さえられてんじゃないの?

その婚活市場から降りてる男も多いとなるとさ

市場に残ってるのなけなしの客観性すらない煮詰め倒したクソなんじゃないの?

オタク文法に詳しくない女性たちに見せて判断を仰ぐくらいの配慮

cleome088cleome088 オタクは笑うかもだけど実はわりと本当に男性女性感覚処理は違うので、本当にお色気目的でなければ、オタク文法に詳しくない女性たちに見せて判断を仰ぐくらいの配慮公的ものだったら必要だと思う。

2019/03/10 リンク Add Starmatchy233mojo_nobu

笑うって言うよりヤバさに震え上がるよ。

こんなコメントが人気1位のはてなってほんとヤバいコミュニティなんだなって。


1.「無垢な瞳が真理を見通す」という信仰

から感じてたけど

左派人達って「世の中には自明の正しさがあり、それはバイアスのない無垢の瞳には一目瞭然」みたいな信仰あるよね。

あるでしょ?

この間の女子中学生騙りも、左派以外の人には「そもそも何で中学生を騙るのが有利だと思った?」って疑問が生じる。

そこで左派以外には左派が何をしたいのか測りかねる部分があった。


でもこの左派ユニコーン信仰みたいなのに気付けてれば不思議は何もない。

政治社会のことは政治社会に染まっていない中学生に聞けばピタッと真理を啓示してくれる。

アニメイラストのことはオタクコンテンツに興味のない女性に聞けばピタッと真理を啓示してくれる。

こういう意味不明信仰が彼らにはある。

ポルポトイズムにも通じるけど。

(まあ根本的に、自分達と意見の違う主体性を持つ存在が嫌いなんだろうね。)


2.ニセ科学的な何かのオンパレード

もう一度冒頭のコメントに戻ろう

オタクは笑うかもだけど実はわりと本当に男性女性感覚処理は違うので、

何これニセ科学

感覚処理は違う」が具体的に何を言ってるのかもわからないし、根拠も当然のようにゼロ

これに突っ込めないのはオタクかそうでないか以前の問題ヤバいと思うんだけど。

本当にお色気目的でなければ、オタク文法に詳しくない女性たちに見せて判断を仰ぐくらいの配慮公的ものだったら必要だと思う。

なんで「無垢女性たち」をそこまで信頼できる?

女性たちって言っても多様だし、君達の期待した結果にならないかもよ。

その時にその結果は受け入れられないんだろうに。

「曇りのない若者の声を聞け」って言っておいて若者自民支持者が多いとわかった途端

「よくわかってないんだから投票行かないでくれ」って言い出した森監督みたいに。

公的もの判断基準”がそんなんでいいのか。


それが自分の話ならどう感じるか考えてみなよ。

自分仕事でも生活でも、「バイアスのない無知な完全門外漢評価・判定してもらいます」で納得できる?

出来ないでしょうに。

イスラム教徒に対して「教えに全く興味ない門外漢意見ではヒジャブ礼拝はナシ”が大勢だったので社会で認めません」て処理できる?

出来ないでしょうに。

でもオタク相手だとわざとそういう暴論を振り回して、そこに快感を覚えるんでしょう。

差別意識だと思うけどねえそういうの。



3.そもそも元のツイートだって滅茶苦茶なんだけど



これがアニメを語って欲しくない」なんてオーソリティヅラをするほどの識者に見えるの?

議論ガバガバだし絵も下手だし、アニメファンとしても雑魚雑魚しか見えないんだけど。

普通アニメ調の絵と萌え絵は一線を画してるし、それを区別できない人にアニメを語って欲しくない。

そもそも普通アニメ調の絵」も「萌え絵」も定義ガバガバ過ぎて何を指してるのかわからないしさ。

よくいる思考ぼんやりした人が恣意的議論の為に作り出すガバ言葉しかないじゃん。

間違い無く言えるのは「客観的に引ける一線など存在しない」ということ。

自分お気持ち客観性との区別をつけような。

人類はこの区別が本当にニガテだから。ニガテさに自覚ない人間が「自明の正しさ」を標榜して人に押し付けから


4.まとめ

自分はあの自衛隊ポスターアニメ、心のそこからごみだと思ってるしキャラも絵もキモいとも思う。

けど「だから規制すべき物。感覚でわかる。」なんて言わない。

気持ちではなく理性で物事を決めたいから。


あのアニメの絵柄と「普通アニメ調の絵」の絵柄に客観的一線を引くのも不可能だと思ってる。


追記

daydollarbotch 真実とか無垢関係なく、「オタ界隈から見るとセーフでも非オタ(の一部)が見るとアウトな表現」というのはあり得るわけで、事前に非オタに見せて炎上リスクを減らすのはアリでは。必ずしも女性である必要はないが

からすごくぼんやりした「現実的対処」としてならそういうのもわかるけどね

っていうか自分オタクだけど「面倒にならなさそうなライン」ぐらいわかるよ

そんなんわからないオタクは少なくともポスターの図案決めるようなとこにはいないと思うけど

彼等は話題性お気持ちラインかいいろはっきり決まってない諸条件勘案して限界を攻めてるだけなんじゃない?

あんたのidアイコン気に入った

かっこいい

2019-02-28

女性を消費するって言葉の氾濫

本来被害を受けた当事者への共感を伴った義憤によって分母を大きくする事で加害側への責任サイズを正当にしそこに個人に納まらない社会においての蔑視観念の影響が認められるなら啓発としての批判的働きも含めというような概念で本当は消費できない存在をそのように扱うことへの糾弾皮肉意味合いを持った言葉なのに今では性的な消費という言葉拡大解釈させて女性という概念への被害を叫ぶ事で属する自身をも直接的被害者としてカウントさせ正当化させるための単なる利己的なツールと化してもきているようで辟易する

加害者責任制裁を求めるのも当事者である被害を受けた女性によりも集塊した個々の怒りに対して望むような傾向が見られるし主観の域を出ない個人感想主語を"女性"とすり替え同調を誘う事での自己正当化また溜飲を下げるための手段非難のための免罪符としても使い勝手良く氾濫してしまって意味性としてはむしろ正当性が削がれていっているように思うしそこに危うさも覚える

その言葉は多くを包含する女性という概念の下で主観的なものに左右される消費への定義を振るうものであるのに消費という単語が持つ即物的客観性を含んだ印象のためにさもそこに共通する絶対的基準存在するかのような錯覚を起こさせ個々に主観を反映させたそれを自身正当性担保としたならそこに齟齬や違和は当然生まれるし実際見ていると女性間でさえ性的価値観の差や意識差においてその寛容さ奔放さを自身との相違でもって本来は違って当然で双方が尊重し合うべきものであるあくま相対的ものしかないそれを性の消費へ加担しおもねるものだというような非難へ繋げていて(エマワトソントップレス写真問題が分かりやすい)それは女性選択できる性的自由度の幅を狭めるようなもの全体主義的というかほんとどうなってんのというきもちになる

それは加害者としてファンタジー現実区別がつかない人間だけでなくそ性的対象にも原因を求める痴漢自衛論的な発想でそんなものでも"被害を受ける女性性"を盾にすれば正当性を伴ったあまりに大きすぎる分母の代弁者として振る舞えるそんな客観的正当性を欠くような類の安易な乱用が許されるガバガバな現状はともすればそのまま安易女性性が消費できるものだと定義認識されかねずそれはいわゆる二次元キャラクターなんかに対して更に顕著で代弁し得る被害者がいない分自身がその対象を受け入れられない不快に感じたそれを消費されているとして被害を主張し嫌悪不快感の赴くまま狭く特殊世界性的意図や人によってはポジティブ性的さと捉える類のまた場合によってはそんな意図自体から無いようなものにまでその責任を取らせるため拳を振り上げ本来は絵や漫画に限らず性的なまたは偏った視点による都合のいい理想像としてそのために用意されたもの次いでそれらへの一方的性的視点現実女性は全くの別物で前者に後者を反映させる事はあってもその逆は原則的に無いとすべきところをむしろ進んで混同を招くかのようにそこに消費できる女性性が存在しているまたその性的な偏った視点が消費され得る現実女性性を含むものとするそれこそ現実に生きる女性への冒涜でそれは特殊嗜好やそこへ向けた性的娯楽表現社会における女性男性定義するような性的玩具女性性を認め性的な消費だと言うような話でその辺の誰かが言ったおっぱいエロいって発言が胸を象徴としての性的な興味の個人的な発露なのかフェティシズムとしての限定的性的嗜好によるものなのか対象ポジティブ性的魅力の客観的優位性を語るものなのかそれとも女性性的な消費物としてしか捉えていない事での無意識発言かなんて場合によっては当人にも分からないのに性的さや性的な魅力へ惹かれるそれ自体を消費だとするそれは傲慢以外何なんだという話でもの区別がつかないのかと思う

私はそれこそそんな身勝手に"女性が消費される"なんて言葉が使い回されるそれに"女性という概念が利用され消費されている"という気持ちになる(皮肉

いや実際性的ものに限らずそんな類の感情にまで体よく使えるそれこそ消費という言葉の現状へ思う事でもある

言葉自体を使う事被害を訴える事共感や怒りそれ自体社会の在り様を問う事疑問を持つ事嫌悪感や不快感その苛立ちをどうにかしたいという気持ち許容しかねる性的価値観被害者がいなくても"女の子"とされるものの後ろにいる人間への非難めいた感情やその影響への懸念やそれを示す事それが問題なんでも悪いわけでもなくそれが本当に正当性のあるものかそのマイナス感情自分帰結するものではないかその対象個人的なものかまた属するグループの特徴か社会に反映され得るもの社会を反映したものかを考える必要を欠かせたまま通用させてしまいかねないその責任感の無さから軽率さでお手軽にやってしまえるそこが言葉の持つ重さに対してあまりにもに思えるしそれが招く扱う内容や巻き込むものの影響のサイズを考えればそんな程度に扱えるものではないはずなのにと考えてしま

個人的にはそれが気に入らないもの非難排除する印籠または虎の威を借る狐的使われ方だとしてかわいさややわらかさみたいなものを弱さだと前提として定義してその上で"弱い女性"を理想化している事での消費という捉え方での使われ方が無意識男性性への優位的価値基準に基づく無責任さを見るようで本当に恣意的独善的できらいだし理想像偏重さへの抗議の意としてそれが言われる事もあってでもそれは他を貶めて相対的に優位さを確保するやり方でその度そんな事に問答無用で総意として私が女性という性で巻き込まれまた使い方如何でその責任まで勝手に負わされることになるその不当で理不尽ガバガバさがほんとうにほんとうにきらい

そしてきらいだけどそれは個人意見でそれに異を唱え打ち捨てたいと思う人もいるように本来性別のようにグループにおける総意とは"個人的に""私は"の集約であって集約されるという過程飛ばし個人主観で代弁できるようなものじゃなくするべきでもなくまた次いでその中に見られるあくま問題解決への手段である問題提起とその周知を自尊心を満たすための個人目的としてとやってそのためにと短絡的に対象を大きくとり優生学的に貶し相対的また絶対的優越に浸りそれを自己肯定感へ繋げ反芻するその姿は痴漢や他の性的被害に対して女性への蔑視思想でもって心無い人間によって見られるようなそれでもあり持ち出す内容やその是非倫理性は違っていてもそれ以前に同じ事をしているというその影響は個人でなく"女性"の代弁としてやるには確実にあってそうしてしまう事で女性言葉"としての説得力が失われていき実際そういう観念でもって本当に総意の力が必要とされている場でもその説得力の有無をこちらへ突き付けるような人間が少なからずいるその事も恐ろしいしその必要な人のための必要な場のためにも代弁者とするなら個人的な部分をこえたところでの危機意識は持つべものだと思う

個人として何を思うのもどんな価値観を持つのもそれを発表するのも基本自由ではあるけど少なくとも女性というだけでなく大きな枠で多くを巻き込む事になる上で代表として語るならその自覚はあるのかそれがどこから来たものかそこに客観性が含まれるか主観とは区別できているか自論であるなら自身でそうだと理解しているかそれを示せているかひとつくらい考えて使うべきだと思う

本当にひとつでも十分なのにと思う

というような事を消費という言葉を見る度思って胸焼けを起こすので文字に起こした

提言とかでさえない

おしまい

2019-02-27

おっぱぶでの経験から自分の期待とおっぱい関係について記しておこう。

おっぱぶに行こうとするときは、男性なら大抵おっぱいに関心があり、期待で胸を膨らませているだろう。人によっては息子も。

そうしておっぱぶに行く。指名あるいはフリーで入り女の子が登場する。この瞬間に、この後の40分のやる気のなさが決まったり金返せと言いたくなる場合もあるが、そうした不運を除くと、更に一段階胸や息子が膨らんでいるだろう。

その後女の子との会話でますます高まる期待を感じつつ、いよいよおっぱいが目の前に現れる。明るい空間であろうが、暗がりのサービスタイムであろうがこれは必ずだ。

おっぱい自分が待ち望んでいた対象物だ。おっぱぶで8千円払おうと思えるのはその空間や酒や女性とのコミュニケーション価値を感じるからではない。そこでしか経験できないもの、つまり揉めるおっぱいの視界への出現に価値を感じるからである。(もっと社会からおっぱいには価値があると思わされているのがその理由かもしれない)

そのため、客観的には、対象物を見た瞬間素晴らしい感情になることが予想できる。満足度をy軸においたグラフで、そこまで順調に一次関数的に右肩上がりを続けてきた半直線が、指数関数的に一気に傾きが大きくなり垂直線に近づくかのように。それが8千円の目的だと外野からは思えるからだ。そして本人がある程度客観性を備えているなら、本人もそう思うだろう。

ところがそうはいかないのだ。おっばいを実際に見る。すると、そこで例の半直線の傾きはゼロになってしまう。目的は実は見ることだけなのだ。その後、こんなはずじゃないと、再び満足しようと、おっぱいに手を伸ばし揉んだところでもうあの頃の期待の大きさは戻らない。理不尽で悲しい。

なぜこんなことを書いたかというと、今、懲りずにおっぱいに過剰な期待を持ってしまたことが分かったからだ。

思うに射精も同じだろう。この現象に、結婚墓場だと言われている現状も併せて鑑みると、男性の性欲は理不尽をもたらしがちだと思う。

anond:20190226235331

キモいという概念主観であると言い切ることができれば話は楽なのですが残念ながら現実はそうではありません

例えばゴキブリ気持ち悪いというのはその人の主観ですが

ゴキブリキモいキモくないかなどといった論争が起こるようなことはありません

それは社会的に共有されているキモさであり一定客観性あるいは普遍性があると見做されている考え方であるからです

同様にキモい人間というのは社会存在しているのです

それがキモくて金のないおっさん差別することを肯定する日本社会の現状なのです

2019-02-16

anond:20190213110914

がっかり意味は以前も今も変わっていない。

増田言葉ニュアンス理解していなかっただけ。

自分が正しい、と思い込んでいるため、

自分勘違いしていたことを「言葉が変わった」、

ということにしたいだけ。

こういう増田みたいな人は

言葉を厳密に捉えることができないため、

自分の考えに対する客観性に欠けており、

理論的に考えることができない。

確実に数学ができないタイプ

2019-02-15

anond:20190215005351

自分を疑うことから客観性は生まれるんだよ。君はそんなこと考えたことないだろうが

2019-02-07

anond:20190207122318

たことない

稀に操作してる時に視界に入ることあるけどイラッとする

アレに自称じゃない学術界またよりの人間が数名はいるかと思うと

自身謙虚さに感動してしまうわ

反知性ガー言うてもキミらが率先してやってることやんって思います

まぁ匿名のおふざけなんでTwitterで暴れている方々に比べたら何億倍もマシやけども

ここで言う反知性・・・実証性や客観性を軽視もしくは無視して、自分が欲するように世界理解する態度。結論を出すのは容易ではない事象、更には自身が専門としない分野に対して安易に断言をする

2019-02-05

anond:20190205203801

野沢さんは演じるときキャラが降りてくるタイプらしいが本当の一流はそういうことはやらない

キャラが降りてきたらそれはシャーマンであり魔術の領域

演技というのは身体表現であり役者客観性を持って自分身体声優場合は声)をストイックコントロールしなければならない

テンプレ萌え声の若手女性声優の方がプロフェッショナルといえる

キャラが降りてくる系の演技をしている役者というのは演技が大味なんだよ

表現意図だとかそれに含まれ哲学だとかそういったものがないか意識的に深い芝居ができない

からキャラが降りてくる系の人は当たり外れがあって大外しすることも多い

まあ役者としては三流ですな

2019-01-31

anond:20190131005158

本人の書いた本が教科書っていうのは確かに客観性がないよな

大学って教授個人の考えを学ぶものっていう側面があるしそれはそれで仕方ないと思うけど

2019-01-29

美女と野獣へのルッキズム批判だとか

映画チラ見して当時の物申すみたいな勢いの美醜周りへの批判とか思い出して色々考えたから覚書き

その当時の批判の主流は心の美醜が見た目に繋がるような表現違和感があるみたいなのでそこに繋がる感じで野獣が王子に戻ったラストに心云々言っといて結局それかよ、美男美女かよだとか野獣の方がかっこいいしとか野獣のままでハッピーエンドでいいじゃん的なのが付いて回っててその時はあんまよくわかねえというか最初の以外はそれ批判以前のただの感想やんけ!(感想自由)ってなってて(最初違和感にも違和感があったけどそのままにやってた)それで今改めて考えたのはそもそも美醜で人間判断してた王子ベルという美しくはあるけどそれに囚われない知性ある女性と心で惹かれ合い醜い心の象徴とするその野獣の姿で愛を成就しなんてざっくり内容からし物語としての教訓は見た目で判断する事の愚かさ真の愛はそこに囚われない(ロマンチック)って事だろうしベルの美しさはディズニーにおいてのプリンセスヒロインに課せられるメタ的なルッキズム価値観によるものでも当然あるけれどそれは美女と野獣という作品への批判としては的が外れているように思うしむしろこの作品においては美醜を扱う上でベルが美しいとされ知性や冒険心と並び持つとする事でこそその中からベル自身が何を選び大切にするかの選択意味を持ち生きてくるように思うから王子の美しさと共に決して物語必然性のない美貌ではなく魔女のそれにしてもまさにルッキズム的な王子に対する皮肉としてで解ければそこを否定する事になる呪いを与えてるとこからもむしろルッキズムを悪としているようにしか見えなくて批判で言われてた違和感への違和感の正体はそこへの漠然とした何でこの話でそんな事思うんや…というやつだったんだと思う

それはガストンに顕著で元々アニメヒーロー的な外見でハンサムという設定ではあったけど見ようにはそうでもないキャラクターデザインだったガストンに実写でルークエヴァンスがあてられた事で美しい見た目に美しい心が宿るというようなルッキズム否定するキャラクターとして野獣との対比もよりはっきりとなってそのハンサムさはベルや野獣の心を引き立てる装置としてやっぱり皮肉的に使われたわけだから作品としてルッキズムに則るのならそれこそシンデレラ最初アニメ作品うごとにそうでなくなっている)のようにガストンルッキズム的美醜観において醜いか善い人間であるべきで敢えてそうしていないのはそれがメッセージの一旦であるという証拠でもあると思う(すごいぞガストン

じゃあ何でそんな批判を思うのかとも考えて単純に物語としてじゃなく表現の部分部分に気を取られちゃう形になっちゃったのかなっていうのと後はそういう発想それ自体が単なる美醜じゃなく絶対的客観的な美がカーストのように存在するというようなルッキズム的前提でもって無意識にでも恣意的になされているのじゃないかって事で冒頭で野獣のかっこよさを示す事を批判以前の感想としたのは王子という美しい存在に対する醜いとされる野獣という構図の上で野獣の見目を讃えて"美"であるとする事だけではただの作中における美醜の定義への抗議またはむしろ逆に作品ルッキズムであるという批判内容を否定する(野獣を客観的に美しいとするのは作中の醜いという定義は外見を指すものではないもしくはキャラクター主観を越えるものではないとする事で作品として見た目に心を比例させているという批判は当て嵌まらなくなるように思う)もので美を是とするルッキズムであるという前提に立った批判として体を為してないのではないのかと思ったからだけどもでもそれが野獣をかっこいいとする価値観ルッキズム的な本来の(あるとしている)美醜観に沿うものではないのでそこ自体への反発の提示批判の一旦になるのだという発想の元されたと考えれば批判としてはそこの意味に限るなら理解できるしまた野獣の姿を醜いと定義するそれこそをルッキズム的だという意味でのまずそこから違和感であるならとも思うけど批判とやってそこに客観性を持ち出すのであれば野獣をルッキズム的美醜観による被害者であるとするのはその見た目を作品内での単なる主観文化的役割としてでなくルッキズム的な定義によって作品を越えたとこで醜いとやっているわけで本来ルッキズム的美醜と美醜はイコールではなく真理として絶対的な美を定義するものでもないのに作品内での美醜についての価値観を語るのにわざわざそれを作品へ持ち込み批判材料としたのはその当人がそこにルッキズム基準における美醜を見たからに違いなく美女と野獣はルッキズム価値観において野獣を醜いものとしている、という批判はそういう事ではないのかという話で

それらは全部今回自分で当時を思っての単なる仮定であるんだけどそんな批判を挙げたのと同じ層からその後シェイプオブウォーター美女と野獣のアンチテーゼだとする意見が出て(監督否定してた)明らかにそれが"彼"をルッキズム弱者とする前提の上で敢えて美しさと定義しているとやって監督がただ美しいと思うものを美しいと描いているというようなルッキズムとはまさに反対にある主観的美醜観という視点が丸々端から欠如した美しいものをそう描く作品とそうでないものを美しいとする価値観で描く対比の構図と捉えたものだった事を思うとあながち間違いでもないように見えるし(客観的な美しさを定義するとしているルッキズムに美しさは一概には定義できず個人的宗教的文化的ものであるという主観的美醜観で対するのならアンチテーゼとし得るけどそういう論理での批判自分は見かけなかった)美女と野獣のラストを美醜に重点を置き"結局それかよ"と受け取るのも"見目の美しさは心の美しさに比例する"と判断するその過程でその醜さを作品における主観的な域のものでないとするまたそれを見出すのに野獣という存在が含む要素やその世界での立ち位置でなく外見のみに焦点を絞るその視点も(実際フランス版では王子の外見的な美醜より傲慢さが醜さの象徴としてフィーチャーされている)見た目が重要だとするルッキズム価値観に左右されてのものにも思えるし王子の姿にしても野獣の姿から解放作品で醜い心を象徴すると定義されている以上心の変化を客観的証明するためのもの言うなれば愛の象徴であって(野獣の姿はベルに真の愛が満たされていない事を示す)外見なんて関係ないのならそれこそ望まれものであるはずなのにそこを否定するのは"王子の美しさ"という見た目に囚われその他の要素より重要視している事に他ならないのだしそれはまさにルッキズム価値観に則ってまずわざわざ美醜を選り分けてそこからそれらを"美しいもの""醜いもの"という絶対的な前提において肯定否定する事がルッキズム批判になるというような無意識ルッキズムというかそれは言うなら

美しいかいかなんて誰が決めたの?ルッキズムなんて!見た目で判断とか最悪!

というのに次いでの

○○ちゃんだって素敵なのにね!

という言い様で○○ちゃんと○○ちゃん普通にかわいいと思う人間美的感覚ルッキズム基準でそうでないぞと正面から否定カースト内の位置を告げるみたいなものでシェイプオブウォーターにおけるそれは

××くん○○ちゃんのこと好きなの?見た目じゃなく中身で見るんだね!いい事だよ!

もしくは

××くん"には"○○ちゃんかわいいんだね!素晴らしいことだよ!

というようなやつでその上で自分は美醜で人を判断しない公平な人間だと主張するような話でそれは批判として果たしてというかルッキズムへの批判のためにはルッキズム価値観においての美醜を踏襲しなきゃいけないというパラドックスを思ってなのか(そんな必要には特にない)それこそ考えれば考えるほど違和感でいっぱいになるという話で

要はルッキズムとか言ってないでふたりとも愛を見つけてその証に野獣は呪いがとけてハッピーエンド万々歳やんけ!でいいと思ったという話

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん