「フルタイム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フルタイムとは

2017-12-16

anond:20171216233322

最低時給で働いた場合給与健康文化的生活可能な額になってるはず(フルタイム換算)

そうじゃないなら最低時給の設定額が憲法違反

anond:20171216004910

>イキイキママだのなんだの育児負担母親に集中してる日本親権だけ父親平等しろとかよく言えるな

それは女が男に自分以上の経済力甲斐性を求めているからだろう。自分以上の経済力を男に求める以上は、女が育児家事を男以上に負担するのは当然の話だ。フルタイム総合職で働くことのできない、男を専業主夫として養えないカス女がでかいツラをするな寄生虫

母子家庭貧困に陥りやすいのは出産で嫁さんが減給失業負担をおい、父親の大半が離婚したら子供貧困になっても構わないと月数万も払わず無視するからだぞ

だったら、親権のほぼ全ては父親に行かないとおかしいよね?

>子持ち父親職場迷惑と言われるくらい育児参加してから言えや

その前に、男が女に自分以上の経済力甲斐性を求めることができる社会になる方が先だよ。仕事の出来ない女の人格否定されるくらいの価値観社会になってからの話だね。

2017-12-15

anond:20171215132920

うちの会社はわりと産休・育休関係制度が充実してるから子供ができてもフルタイム仕事続ける人が多いよ。ただ、代わりの人を配置してもらえないタイミング産休・育休に突入されると同僚がとばっちり食らいまくるし、部署によって忙しいところとそうでないところの差が激しいから、忙しい部署共稼ぎしながら育児してる人たちって好き好んで茨の道を歩いているようにしか見えない。大きい会社福利厚生がしっかりしているところでこれだから中小企業とか自営だとかなり厳しいのではないかと…。どちらかの実家が近くにあるとか育児で困ったときに頼れる環境があればいいけど、たとえそういう状況であっても私は育児のために自分時間お金を使うのはイヤ。

anond:20171215115127

っていうか結婚前は一人前に働いてても結婚したら女は専業主婦パート勤めになって、家事育児を中心に生きるっていうやり方がダメなんだと思う。夫側がメインで生活費稼ぎ続けられる状況ならいいけど、リストラに遭ったり、離婚したりしたときに破たんするから。でもどうせ家事育児やらなきゃいけないならフルタイムで働きたくないという気持ちは分かる。

anond:20171215101049

有利なのは主に育ててる方だから

共働きで嫁さんにフルタイム勤務してもらって、時短勤務を担当したり子供急病時の急な早退や休み負担したり

専業でパートしながら育てたりしたら夫側も取りやすくなると思う

2017-12-14

anond:20171214164122

共働きなのに幼稚園と思ってる人に言われても…

あ、パート幼稚園入ってる人は多いよね。

長保育充実してる園も増えてるから、そういう園はフルタイムも多いよね。

でもそういう園は名門じゃないけどね。

2017-12-13

anond:20171213212945

奴隷にならなくて済む経済力が手に入ったなら賢い女は自ら奴隷を選ばないよな

親の介護抜きでも今だって家事出産育児フルタイムワークで奴隷みたいなもんだろ

非婚化なるわ

フルタイムシッターを完全自費で雇えるくらいの給料がなければ子供なんか作るなってことでしょ。そら子供も減るわな。

anond:20171213111204

週5フルタイムでも月25万~30万くらいが相場っぽいけどそれで給料全部吹っ飛んじゃうの?

2017-12-12

anond:20171212191141

医療費控除額の合算、健康保険無料遺産相続etc

直接的な金銭面での得だけでなく社会的ステータスも上がる有形無形のメリットがある

例えば既婚者しか出世しない場合がある(これもおかしいが)

うちの会社家族手当は相手フルタイムでも貰える

そもそもメリット皆無なら同性婚も要らねえしお前も結婚かい制度悪用しなくても良かったよな?

anond:20171212190423

税制優遇?手当?

本気で言ってる?

だとしたらその根拠を出してもらえませんか?

共働き夫婦子供なしでフルタイム勤務の場合、税率は独身場合と変わらないはずなんですがいつ所得税法が変更になったんでしょうか?

扶養外れるフルタイム勤務だと配偶者がいても一切税制優遇もないですし、家族手当などありませんよ。

扶養内の配偶者がいれば家族手当が出たり税制優遇はあります

妻側の会社にもないですし、夫側の会社にもありません。

家族のみ利用可能な社宅制度はありますが、社宅は利用しておりませんので関係ないですね。

anond:20171212185942

お前がどんな会社に勤めているか知らんが、相手フルタイムだろうが何だろうが無条件で配偶者がいると手当が出たり税制優遇される

(明らかにおかしいので見直しの動きがある)

(俺もさっさとこんな糞制度は全部撤廃して子あり夫婦に集中投資しろと思っている)

ちゃんと返上してるなら偉いが知りもしないなら知らないままに恩恵を受けている可能性がとても高い

その金は税金で賄われるし、当然ながら一番割を食うのは単身世帯

汚い金を自覚して汚く生きるか、さもなくばさっさと離婚しろ 社会の癌め

anond:20171212185628

よくわからん結婚たことにより何かしら経済的メリットを受けてないのだが

フルタイムで働いているか配偶者控除もないし

私が結婚たことにより何か頂いたものはないよ

悪用というからには何かしらの利益他者からもらっているんですよね(そして他者に損を負担してもらっている)?

なんですか?

結婚祝い金、みたいなやつ国からもらったっけな?

貰った記憶は全くないぞ

もしかして申請したら出産一時金みたいに30万ぽーんと貰えたりしたの?!

だとしたら損したぜー!申請してねぇ!

2017-12-11

anond:20171211211532

「働く=フルタイムで働く」なんて定義はないんだよ

こんな所で話題に出す以上、自分勝手定義で話を進める事はもとより自分定義理解しないからといって相手を罵るのは厳に慎むべきである

生活保護就労は両立しうる、以上

anond:20171211195603

最低賃金×8時間×20日×12月働けたら生活保護受給できないだろうけどさ

フルタイムでなくても働いてる人はいるんだよ

そういう人たちは収入面での受給要件は満たせるよ

「これ、すごいッスよ」とイケメンバイトは言った

私は40代地方の小さな会社システムエンジニアをしている。

就職氷河期だったため就職は厳しいと言われていたが、

小学生の頃にあった第一パソコンブームに引っかかってたおかげで、

プログラムはまぁまぁできたのが強かった。

なんだかんだで今では部長である

はいえ、ニッチ領域に食い込んでいるおかげでなんとか生きながらえている程度の会社である

社員数は20名もいない状態から部長といっても名ばかりで年齢相応の肩書きが付いただけだ。

私には専業主婦の妻と三人の子供がいる。

妻のたっての希望で35年ローンでマイホームを購入したはいものの、

来年、上の子中学に進学するのもあって家計が厳しい。

子供大学に進学するとなったら、学資保険のためのローンが必要だろう。

名ばかりだろうが管理職管理職

残業しても残業代は付かない状態なので、

時間頑張ったところで給料があがるわけでもない。

残業していた時間休日コンビニバイトに充てることにした。

コンビニで私に業務を教えてくれることになったのは、

フリーターをやっているという20歳の軽そうだがイケメン男の子だった。

会社ではそれなりに仕事ができる扱いを受けていた私だが、

コンビニバイト仕事はきつかった。

できの悪いオッサンという誰もが避けたい人間にも係らず、

バイト先のイケメンは優しく根気良く一緒に仕事をしてくれていた。

レジだけでなく、品出し、掃除があるぐらいまでは想定内だった。

(品出しにはテクニックがあるのだというのは、

 コンビニ店長ブログで知っていた)

しかし、公共料金宅急便の受付、

店頭受取サービスとなってくるとキャパを超えた。

何が入っているのか知らないが、

箱だけでかくて異様に軽いAmazonダンボールには、

虚無でも詰まっているのだろうかと思ったものだ。

満身創痍マイホームに帰り着くのは毎日午前1時過ぎである

体力としては厳しいのに仕事と寝るしかない生活我慢できず、

家に帰れば、ビールを飲みながらアマゾンプライムビデオを見る日々となった。

ただ、この歳で睡眠時間を削るのは精神的にくるらしい。

だんだん会社でもコンビニでもイライラしている時間が多くなっていった。

そんなのとき、気にして声を掛けてくれたのもイケメンバイトだった。

フルタイム仕事してコンビニバイトまでなんて、俺なら耐えられないッスよ」

ホント尊敬するッス」

最近イライラしてるみたいですけど、ストレス溜まってるんじゃないッスか?」

ストレスなんて散らすしかないッス」

「これ、すごいッスよ」

気遣いのできるイケメン…彼が教えてくれたのは、ストロングゼロ

これは本当に凄かった。

飲んでいる間はストレスが消えていくのだ。

まあ、他の大抵のものも一緒に消えていくのだが。

ビールだった晩酌ストロングゼロに切り替わったのは必然だった。

酒量も増えていった。

今も片手にストロングゼロを持ちながらこれを書いている。

俺には何もない。

いや、むしろこの宇宙に偏在しているのかもしれない。

まり何でも持っているということだ。

世の中の真実だって知っている。

バナナの実はバナナの皮より小さい。

俺は宇宙だ。

anond:20171211100922

ロスジェネだけど知り合いの大多数は普通に正社員になったし、

フリーターになったのも本人がそれを望んでいる(趣味やりたいか定職つかなかったとか、いずれ彼氏結婚して主婦になるつもりの女とか)か

病気フルタイム無理とかの景気関係ないケースしかいないけど

んでそのフリーターたちも男は大抵その後正社員になってる(そりゃ一流企業は無理だけどね)

別に学歴としてはエリートでも何でもない(高卒もいる)が

しろ、女なら分かるけど

男で望んでも正社員になれなかったってどんだけ無能なのか、それとも正社員の口あったけど一流企業じゃないから嫌だとか選り好みしてたのか、としか思えない

年収400万くらい稼いでみたかった

400万とするのはバイトだと360万くらい残業とか?がんばればいけるからという世間知らずな指標です。

最近氷河期世代エントリがよくあがっているので自分記事を書いてみたくなった。

自分はよく考えれば正社員という雇用形態に届かないでここまできた。現35歳

初めての入社?が最初アルバイトで後で正規雇用あるかもみたいな雇われ方。

そこで偉い人にお前は二年くらいは無理かもねみたいな言われ方されて3ヶ月たたずに名指しであいつのせいで鬱になったからやめると辞めた。

次に工場で働いたが体を故障して2ヶ月で辞めた。年の近いキモオタいたけど仲間に入れてもらえなくてつまらなくてがんばろうと思えなかった。

次の職場ではなぜか10年未満くらい続いたが短時間バイトだったのでここで働いていても未来は無いと思って現在に至る。

まずフルタイムで働けよと言われそうな案件チャレンジしてないじゃないかと言われそうだ。その通りだ。

働きたい職種?やってみたい仕事バイトだったんだ。

よくわからない会社営業かに応募するのって理解できない。

ハローワークとかでの募集名と(グループ会社名前)と実際の店舗名前違ってたりするじゃん。皆あんなよくわからない偽者会社名前仕事内容とか推測して応募してんの?

自分が知っている(応募する)のってイオンとかで出展してるようなとこばっかなんだけど。あと知ってるビルとか。

よくわからないずくしのところに応募(例えば他の県とか上京とか)ってよくわからん

営業っていうのもよくわからん

事務営業接客業以外の仕事があるのかもよくわからん

400万くらいもらってる人ってどんな感じで何してるの?

スーツ着てる仕事の女の人って皆営業生保銀行員なの?

2017-12-03

社会人を辞めてフルタイム大学院生になる選択肢 -大学院入学編-

最初に著者の経歴を書くと、

学部卒業後、SIerで2年弱勤務→某大学院修士課程進学

という流れで、現在修士1年です。ストレートで来ている人とは、2年ほどの差はあります

今回は、社会人にとっては特にイメージしにくい『大学院入試突破するにはどうしたら良いか?』

というテーマについて書こうと思います

大学院生活とか就活については、また別なタイミングで意欲が湧いたら書きます

MBA等の社会人向け大学院は当記事対応していません。ご了承ください。

1.社会人合格するための入試形態概説

一般入試という手が真っ先に上がりますが、時間がとれない社会人には相性が悪いです。

まずは社会人入試での受験検討すべきです。

しかし、社会人入試といっておきながら、通常の学部生と全く同じ受験科目の場合もあるので、

そこの確認はすべきです。

ちなみに、働き始めてから数年であれば学部時代の成績を元に推薦入試を受けるという抜け道もあるので、

募集要項を見つつ検討してみて下さい(社会人で推薦入試で入ったのは私だけでした・・・)。

推薦入試で受けると社会人で課されている小論文すらなくなる大学院もあるので、格段に入りやすくなります

という訳で、オススメ順は

推薦入試社会人入試一般入試

となります。推薦入試を受けれそうになかったら社会人入試合格を目指しましょう。 

ちなみに、どのレベル大学院を受ければ良いか?という話ですが

大学院入試の倍率で見て1倍を下回って入れば、合格基準に達していれば全入ですので

現在学力とは関係なく頑張れば入れます

目安としては中堅国立MARCH以下は全入のところが多いです。

しかし、心理学etc大学院ネームバリューによらず倍率が高いので、

倍率はちゃんと確認した方が良いです。

それらよりネームバリューで上の大学は、ペーパー試験考慮する必要があり、

相応の学力必要になります


2.入りたい研究室に必ず相談しよう

先ほど述べたように、大学院入試はかなり門戸が広いので社会人経験を持ち合わせていれば

学部入試に比べれば入試自体はかなり楽です。

ただし、より注意すべきことは、『受け入れ先の研究室に枠が存在するか?』という

問題です。受け入れ先の指導教官(=教授)にOKを貰えないと、いくらペーパーで点数がとれても、

口述試験で落とされます

試験的に大丈夫そうな専攻×自分の興味のある研究室という2つの視点で調べ、

大学に願書を提出する数カ月前に、研究室に一度会えないかアポイントをとるべきです。

何故直接会うことを薦めるかというと、受け入れ先の指導教官に直接会った時に

入試合格するためにするべきこと(ペーパー含め)も教えてもらえるからです。


以上の2つに注意すれば、入試問題なく合格できるでしょう。

ですが、入学してから思うのは、本当に研究が好きでないと大学院生にはならない方が良いです。

学歴目当てで受験すると、貴重な2年間を棒に振るのでオススメしません。

私が入学してから思っていることとしては、学部時代よりも勉強意欲の高い方が多く設備が整っているという点で、

入学して本当に良かったと思っています

2017-11-28

朝弱い私の半生【追記あり】

朝に弱過ぎる私の半生について語りたい。

幼稚園時代

朝に弱い傾向は覚えてないが、この頃から超面倒臭がり屋。

確か、年長くらいまで母に着替えさせてもらっていたと思う。

母に、「こんな年になってお母さんに着替えさせてもらってるのなんてあなたくらいよ」と言われるけど、平均的な園児の平均的な着替えのスピードなどは分からない。

小学校時代

基本的に間に合わない、起きれない。

小学1年生頃くらいまではまだちゃんと登校班に間に合うように行っていた気がするが、学校が好きではない事もあり、徐々に「登校」に燃え尽きていく。小学6年生になる頃には、半分以上登校班に間に合わなかった。そういう時は、1人で走って学校へ行った。夏休みの朝のラジオ体操は、2回くらいしか行ったことがない。毎日行っていたという人がいるが、私とは全く別の種の人間だと思う。

中学校時代

ギリギリ登校。遅刻をする人がクラスメイトから悪口言われているのを見て、頑張って登校するが、やはりギリギリ。早く起きれないから、女子で仲良く登校しているグループに入れなかった。

無理やり身体を起こして、半分寝ぼけたような顔で学校に来るから、よく笑われた。髪とかも、ボサボサでみっともない事が多かったと思う。体力がなくて部活は辞めてしまった。夏休み冬休み部活練習も、行く気になれなかった。中3になり、受験で塾に行くが、せっかく授業料払っているのに疲れて寝てしまう。勉強したいのに、身体がついていかない。ここら辺から学校に行けないことが増えて行く。遅刻も増える。このあたりでうつ病っぽくなってしまった。志望校には受かったものの、おそらくこの時期に大きく心と身体を損ねてしまったと思う。

高校時代

眠い。授業に全く集中できなくなった。登校は、良くてギリギリでほぼ毎日遅刻。遅刻する自分が嫌で、遅刻する事に何か言われるのも嫌で、自己嫌悪もひどくなっていくし、登校日数すら危うい。学校生活に支障を来していたので、この頃から心療内科に通う。夜眠れる薬をもらったが、効きすぎて翌日さらに眠かったり、元気を出す薬も効きすぎて躁転したりした。本で発達障害のことを読んで、私はADHDではないか医者に言ってみたら、やはりADHDだった。しかし、当時はリタリン規制されてしまった時期で、ADHDの私の症状に処方する薬はなかった。

死にそうになりながら、受験シーズンがきて、やはり塾に通う。先延ばし傾向の強い自分は、塾に行かなければ勉強しないと思った。しかし、やはり言われたことをできない。夏期講習も、参加して勉強したいのに、起きれない。勉強のできる男子が、私のことを批判して、本当に辛かった。詳しくは書かないが、彼の言動は何年もトラウマになり、私を苦しめた。結局学校自体の成績も悪く、偏差値も伸びず、私は浪人してしまった。

浪人時代

再び、眠い。勉強しようにも、様々なトラウマが蘇る。しかし、週2で予備校に通っていたものの、週5回毎朝起きて、学校に通うという習慣がなくなったのは良かった。予備校は夕方だったから。元々面倒くさがりな私が浪人で勉強するわけもなく、よくネットをやっていたので、家族から批判された。しかし、座ることさえ苦痛になった私が、せめて熱中できるのが、ネットと本だった。

英語の音読はとりあえずやっていたが、私が早稲田慶応マーチにも受からないことは明らかだった。そもそも、この状態では社会人にとしてやっていけるかさえ危うい。「社会人になったら大変だよ」「社会に出たらそんな事は許されない」みんな言う。今でさえ大変なのに、これからもっと大変なのか。私は、本を読んだり、知識を頭に入れることが好きだ。だから大学には行きたい。しかし、その先、働いたとしても、上手くいかないのではないか

いつでもベットと本があった浪人生活。こんな風に、生きていけたらなあ。

昔は大学卒業して無職で家にいる女性は「家事手伝い」と呼ばれ、それなりにいたらしいが、今の世の中だとそれでは「ニート」だし、聞こえも悪い。家族も私の将来を心配するだろう。

もう一つ、大学卒業後「家でゆっくりする」生活を手に入れるとしたら、それは専業主婦になることだ。そして当時、婚活、という言葉が流行り始めた。結婚できない女性が増えているらしい。そして、奥さんが専業主婦できるくらいの年収の男性も減っているらしい。ならば、早いうちに準備しなければ。稼げて、かつ、生涯を共にしてもいいと思えるほど愛せる人など、きっと何年かに一度しか会えない。私は、こんな私をバカにし、理解しない家族や、嫌な思い出のつまった家を早く出たい。新しい家族が欲しい。幸い、私はまだ若く、容姿も良い。私の最大の武器

志望校は、早稲田慶応も受けたが、もちろん撃沈し、あとは男ウケの良さそうな女子大を受けて、その中の一つに合格する。この頃から婚活意識して志望校を選んでいた。(本当は高学歴学校に受かるのが一番良い。優秀な男にたくさん出会えるから。)

大学時代

受かった女子大は家から遠く、やはり朝がキツかった。2限より前の授業に遅刻せずにいけたことなんて、数えるほどしかないと思う。お嬢様で育ちの良い女子大生たちは、ほとんど授業をサボらず、皆真面目だった。服も髪もメイクも、本当にみんな綺麗。その中で遅刻しがちで、寝ぼけた顔で大学に行くのが嫌だった。相変わらず、どうしようもなく朝が苦手だった。もう、遅刻することとか、何か色々言われるのが嫌で、大学ではほとんど友達を作らなかった。

サークルには入った。音楽が好きなので、軽音サークルボーカルギターをやった。先輩になってくると、バンドを組んで、バンドリーダーという立場にもなった。歌とギターが上手くなりたくて色々頑張ったこと、人前で大きな声で歌ったこと、ギターソロができるようになったことは自分の中で大きなプラス経験になった。ここで、念願の優秀な彼氏もできた。男子校育ちでモサかったので、そこは私が磨いた。彼氏にもメンタル的に支えてもらい、いろんな事に挑戦するようになった。飲食店バイトギターを習う。ボランティア読書会浪人してしまったが、やはり大学には行って本当に良かったと思った。

就活

大学3年生の終わり、就活の時期がやってくる。ここでまた、私の朝の弱さと先延ばし傾向が炸裂した。

まず、ESが書けない。面倒くさい。要領の良い人は、「一応受けとく」レベルの会社でも、さーっと書いてさっと出す。私は、書けない。やりたくない。夜、書こうと思ってPC開いたは良いものの、書きたくなさすぎて朝になる。会社説明会は4割くらい遅刻。自己嫌悪で自信がなくなり、また受からなくなる、できなくなる。

結婚の話もちょくちょく出ていた彼氏は、やはり私が就職しない、というのは嫌らしい。旦那の親から見ても、優秀な息子の彼女が就職できず無職というのは、今の時代恥ずかしいのではないか。優秀な彼氏にふさわしい妻になる彼女として、どうしてもどこかに内定をもらい、就職しなくてはいけない。

自分が、社会に対して何ができるのか。今まで、私が褒められた事を思い出す。私は容姿が良く、友達は少ないものの、コミュ力には問題ない。元気で礼儀正しいと言われたこともある。ブラック低賃金と名高いが、販売職で明るく物を売ることならばできるのではないか椅子に座ることが苦手だから事務職視野に入れなかった。

確かに、彼氏もこの世の中、彼女が一度も社会人経験なく専業主婦になる、というのも不安だろう。ある程度社会を知ってから結婚した方が良さそうだ。

最後の方は一ヶ月に一回、会社を受けるというペースで、私はなんとか販売職に内定をもらった。

販売職時代

数年前炎上したブログに、「社会底辺の人とは関わってはいけません」https://ameblo.jp/akky-0829/entry-12188216276.htmlというのがあったけど、販売職はまさにこういう世界だった。いや、このブログはさすがに極端すぎるけど、残念ながら、大方賛同できてしまう。私はここで、巷で噂される「若くて可愛い子に嫉妬して悪口を言うおばさん」を初めてみた。一日中、イライラしている大人を初めて見た。それでも、人が足りないからと言う理由で彼らは雇われているのである。私は遅番が多く、昼から出勤が多かったから、朝の弱さは軽減された。しかし、基本的ギリギリ出勤ではあった。基本、先輩よりも遅く来た。出勤が昼とはいえ、30分も早く売り場にいることが生理的に無理だった。ある日、私の評価をつける人が、「店の準備」の評価項目にCをつけた。毎日商品の埃を払ってフロスなどを熱心にかけているのに、なぜここがCなのか。上司に聞いてみると、ギリギリ出勤だからだと言う。おいおい、そういう準備も、規定就業時間の中に入っているんじゃないのか。ギリギリでも、時間内に来てるんだから、せめてBでしょ。会社に、強く不審感を抱いた。

一方で、私は働く楽しさも感じていた。私は、よく売れる販売員となったからだ。それは、私の容姿愛嬌コミュ力のおかげだ。また、商品提案のための勉強も進んでした。そして、若い私は男性社員からも気に入られた。しかしそこがまた、先輩から気に入られなかった要因でもあった。いじりとしても、先輩からキツイ言動が増えた。その頃からまた、私は心療内科に通うようになった。当初の予定通り、専業主婦になって辞めればよかったが、人手不足の中、辞めて良いものかわからなくなっていた。まだ若い私は、色々なことが経験不足で、判断がつかなかった。

色々あって、ああ、もう、キツイなと思った時、退職を考えた。このころあたりに、結婚した。職場に行くのもキツくなったときに、休職し、傷病手当をもらって辞めた。旦那に養われながら、傷病手当をもらいながら、ゆっくり休むことにした。この頃、ストレスでガリガリになっていたが、念願の専業主婦になる夢がやっと叶った。

専業主婦時代

本を読む。RPGのゲームをする。ジムに行って、身体を鍛える。ギターを弾く。散歩する。

ささやかな、やりたいことを色々やった。この頃あった友人に、「なんか綺麗になったね」と言われた。

しかし、念願の専業主婦になったにも関わらず、私の中にはある思いがあった。

「このまま、20代半ばにして専業主婦で過ごしていて良いものか」

他の同年代はみんな働いている。そして、私はどうも、仕事ができない方じゃない。子供を産んだら、子育て中心の人生だ。それで良いのか。私は、働けばお金になるのに。

そこで、転職活動を始めた。しかし、職歴販売職のみ20代半ば既婚、いつ妊娠するか分からない私はなかなか良い職に受からない。しかもここでまた朝弱いが発動、面接もしばしば遅刻してしまう。

やっぱり私はダメなのかな。

そう思った矢先、親戚の保険のおばちゃんに声を掛けられた。正直、保険営業に良いイメージはなかったので断った。しかし、給料も販売よりずっとよく、女性が働きやすい環境で、福利厚生もしっかりしているという。とりあえず、面接だけは受けてみないか。そう言われ、とりあえずで受けに行くと、トントン拍子で面接が進み、あっさり合格。保険営業には抵抗があったが、他に受けた企業よりは条件が非常によかったため、挑戦してみることにした。

保険屋時代

最初は、毎日16時帰りで研修をした。保険についての授業を受ける。保険を売るための試験に受かったら(みんな受かる)いよいよ営業活動である

相変わらずのギリギリ出勤だが、このころ、やっと安定して朝9時の出勤時間に間に合うようになる。20代も後半に差し掛かり、やっと。

しかし、本格的に営業が始まると、やはり体力的にキツかった。荷物も重い。大抵の保険屋の女の人は、バッグを二つ持っている。一つは財布やポーチなどを入れるバッグ、一つは資料お客様の提案書など、書類を入れるバッグだ。自分が保険屋になると、他の保険屋が分かるようになる。保険屋さんって、いっぱいいるんだなあ。

1週間のうち1日は、出勤だけして、疲れて何もできない日があった。そう言う時は、カフェ図書館時間を潰して、適当報告書を書いて一日が終わった。情けないけど、この一日があったから、私は今まで続けられたと思っている。

数字の方だが、私は順調な方であった。しかし、その順調な数字も、多少無理して働いた結果であった。週1日は休む日を作っているとはいえ、疲労でキツイ日も多かった。それでも、1年は続けようと思った。保険営業でやっていけたら、他のこと何でもできるような気がした。自信がつくと思った。確かに1年は、私は頑張った。しかし、段々とまた、身体が弱っていった。風邪を引きやすくなったり、頭痛や腹痛も増えた。

私は愛嬌保険を売っていたと思う。愛嬌で近づき、仲良くなり、アポをとり、上司が提案する。しかし保険知識があるかと言われると、あんまりだ。形が見えない商品は、イメージしづらく、正直あんまり興味が持てない。飛び込みも、営業先の企業で知らない人を呼び止め名前と生年月日聞くのもキツくなってきた。

この仕事を続けて2年。同じ時期に入った同僚が半分以下になる中、私はよく頑張ったと思う。

今月、私は上司退職したいと申し出た。

最近は会社も休みがちになってしまい、今日も会社を休んでこの増田を書いていた。

私が今、会社を休みがちになってしまったのは、朝弱いにも関わらず、無理矢理にでも9時に出勤し続ける生活をして、また壊れかけてしまったのだろうなと思っている。

はいだって、他の人とは違うと言うコンプレックスに苛まされていた。普通になりたい、普通になりたいともがき続けた。一日中、寝っ転がって本を読むような生活だってしたかった。でも、誰かの役にも立ちたかった。いろんな思いがグルグル回って、色々やり続けた。

私は今、27歳。昔よりは色々落ち着いて、大人になった。自分のこともよく分かった。

ひとつ、これはもう辞めようと思ったことがある。それは、週5のフルタイム労働だ。体力的にキツイし、学校でも、会社でも、週5で何かして良い結果を残したものはない。幸い、旦那高収入から基本的には週5でフルタイムで働くことはなさそうだ。しかし、人生何があるか分からいから、お金を稼ぐ手段は手に入れたいと思っている。

いや、それにしても、私は生きてきた。思うに、色々やっていれば、人の能力は年々高まって行くものらしい。朝9時出勤も、ずいぶんできるようになったし、寝つきの悪さもかなり改善した。仕事終わりにササっと美味しい手料理を作り上げた日など、旦那からはあまりの変わりように「お前は誰だ」と言われたものだ。

欠点があっても何とか色々頑張ろうとがむしゃらに生きた結果、今があるのだと思う。

誰がこの増田を読んでいるかからないけど、読んでくれた人、ありがとう


【追記】

書いた当初、自分としては力作に関わらずあんまり反応がなかったので、残念な気持ちになっていたのですが、昨日夜見たら色々反応があって嬉しかったです。

反応をいただくのは何でも嬉しいですが、「読んでよかった」「人の半生は面白い」「頑張ったね」などの言葉は特に嬉しかったです。

ありがとうございます普通の人が普通にやっている事が私にはとても辛く、例えできたとしても世間では「当たり前」ですから、自分が頑張っていることが認められていない気がしていたのです。本当に、ありがとうございます

元増田が能力が高い、勝ち組、若くて容姿の良い女はイージーモードだと言う声について

まずは、ご意見ありがとうございます

あの記事は、また会社を休みがちになってしまい内面的にもグダグダになり、誰かに自分がADHDであり、朝が弱く、辛い人生を送ってきたと言うことを誰かに急に吐き出したくなり、衝動的に書いてしまったものです。

匿名ダイアリーからこそ、自分は実は発達障害で〜などと秘密にしていることも話せるように、「私は若くて容姿が良い」など、現実世界ではちょっと言えないようなことも吐き出すことができます。普段人に言えないようなことがかけるからこそ、魂の叫びのような記事を読めるのも、増田醍醐味だと思います

知り合いには誰にも見せない日記から、私の良いところも、悪いところも正直に書きました。日本謙遜する文化から、はっきりと「私は容姿が良い」などかくと、自慢に聞こえてしまったかもしれませんが、私の人生を語る上で、これは重要ファクターでした。

正直、私は発達障害者にしては恵まれている方だと思います。しかし、これはあくまで「発達障害の中では」と言う話であり、やはり人一倍辛い人生を送ってきました。

この記事コメントにも死にたい、とありましたが、死にたい、と思って死ねる人なんてほぼいないと思うのです。私は小学校低学年の時から死にたかったですが、結局、人間苦しくてもよっぽどのことがあっても死ねないのです。死ねなかったら、生きるしかないじゃないですか。それも、なるべく苦しくないように。

から、私は自分が持っているものを、最大限使おうと思いました。その事実を書きました。

自慢したかったのではなくて、「そうやって生きてきた」と言いたかったのです。

あと、ちなみにイージーモードではありません。

美人からと言って何でも許される訳じゃないんです。

それに、遅刻はするわ色々ミスするわなのに、「可愛いから」もしくは「イケメンから」という理由でモテてたり、かわいがられる同性の同僚がいたら、ちょっと嫌じゃないですか?なんか悪口言いたくなりませんか?私だって、そんな人が周りにいたら、少し黒い感情が湧きます容姿の良さが仇となることもあるのです。

・そこまで朝弱いのは起立性調節障害や低血圧では

血圧は十代のころから低めでしたが、目立って低い訳ではありませんでした。

大人になって、疲れやすいと言うことで甲状腺の病気を疑い、検査したりしたのですが、結果は到って健康でした。正直、体のどこも悪くないのです。

しろ今の会社の上司が、女性営業職10年と言うことでかなりバリバリ働く人なのですが、健康診断の数値で低血圧で引っかかっています。しかし、普通にバリバリ働いています。本人曰く「気合い」だそうです。体の色々な数値よりも、結局「気」と言いますか、生命エネルギーのようなものの方が大事そうです。私には、それが足りないようにも思います

起立性調節障害については確かに、十代の頃、親が調べてくれればよかったな。。。肝心の母は私が朝全然起きれないことを母の母(つまりおばあちゃん)に愚痴ってた。。。私が発達障害な事もあんまり認められない感じだったし。父母共に優等生だった故か。もう過ぎた事だけど、書いてて悲しくなってきたわ。もうフルタイムでは働かないって決めたから、もう治療する気もないけど、子供の時に親がもっと色々やってくれればと言う思いは確かにある。学校が辛くても、せめて家庭だけでも私を受け入れてくれたら。子供の時の記憶は、悲しい事ばかりです。

・朝の時間を守ることを以上に重要視するせいで道を踏み外す人が結構いると思う

私もそう思いますそもそも人には色々リズムがある訳で、全員朝9時出勤と言うのも無理があると言うのも同意です。遅刻する人に対する嫌悪も、「自分は周りに合わせてこの時間に来ているのにお前はゆっくりしやがって」という嫉妬なのかもしれません。

あと、大学の授業でやったのですが、日本人はとても均等性を重視するのだそうです。なので、その観点からも、遅刻をする人は「均等を乱す」ため、好かれないのもしれません。

・朝起きれないのは自己肯定感の低さが原因だった

自己肯定感が低いと、全てにおいてレベルが下がりますよね・・・私も、旦那暮らしから急速に成長したように思います。これから私はしばらく子供も作らず好きに生きる予定ですが、それは自分の自己肯定感を上げるために、必要な期間であるように思います

・小規模な会社なら増田の働けるところがあるかも

そうですね・・しかし、周りの人たちに聞きますと、大企業より中小企業の方がブラックなところが多いようで、就職先として探すのは尻込みしてしまいますコメントをくれた方は人を雇う立場なんてすごいですね。何かのご縁があり、あなたのように寛容な人の元で何かしら活躍できればそれはとても素晴らしいことだと思います

anond:20171128092232

自分の周りのエリートOL友はみんな口そろえてお嫁さん欲しいって言うよ

これ口だけだからね。

現実はどうかというと、フルタイム共稼ぎのパワーカップルすら保育に出す金をケチろうとする。

女の仕事安値をつけているのは女だよ。

結婚経済合理性があるけど、子供はない

結婚して一緒に住んで、二人ともフルタイムで働いて収入を得、家事もそれなりに分担すれば金銭的にも時間的にも余裕ができる。たいていは片方が金銭収入ちょっと多い代わりにもう片方が家事ちょっと多くやって折り合いを付けたりするんだろう。

でも子供が出来たらそうはいかない。金銭収入は男の方に、家事育児労働は女の方に偏り、互いにヘイトが溜まり始めるし、収入時間も減る代わりに支出ストレスは増える。子供が生まれたことによる幸福度の上昇は、子供が生まれたことによる幸福度の下降をリカバリできない。

少子化ってどうやっても止まらないんだよ。

2017-11-26

貧乏・子持ち・共働きだけど、結構幸せに暮らせるものだよ。

親になると、自分の好きにできないことが増えてくる。

まるで子どもがいると不幸せになるように聞こえるかもしれないが、子どもへの愛情が深く感じられる精神状態健康な人ならば、それはあまり苦ではない。

子ども幸せに生きていける環境を整えることで、毎日スッキリと生きていける。それがいちばん幸せから

うちは共働きで、お互いアラサーなのに給与手取り18万ちょいで世帯収入年収で600万いかいかもしれないジリ貧層。

ふたりともフルタイムだけど、ファミサポさんやら駆使して保育園の迎えに行ってもらったり、ギリギリだけどなんとかやってる。

子どもは0歳の頃から預けていたせいで、外の環境に慣れて、まだ2歳前だが場所見知りや人見知りをせずに誰にでも打ち解けられるコミュ力を身に着けた。場所見知り・人見知り期間が短かった。病児保育も慣れていて、初対面の人があやしてもニコニコうから驚かれる。


お互い忙しいけど子供とのスキンシップめっちゃ大事にしてる。本当に頬ずりしたり、3人で抱きしめたりしてる。その時は子どもも本当に幸せそうで、なんだかんだいつも寂しいのかな、と思うとちょっと胸が痛い。

でも、ファミサポさんや保育園の子もの笑顔我が家で見るものと同じで安心する。保育園に行くときも楽しそうだ。

かにきついし大変。子どもストレスを感じる部分もあるかもしれない。でも、それは将来のためだ。

お金持ちならいろいろできるけど、うちはそうじゃない。だから貧乏なりに頑張りたい。

の子どもが大人になった時に、1歳の頃のお前にどれだけ助けられたか、しっかりお礼を行って子どもを進学させてやりたい。


家族皆で稼いだお金だ。お前も小さい頃、頑張ったから溜まったんだ。これで胸を張って進学してね」

って言いたい。それだけのために生きていきたいって思う。


貧乏からまりお金をかけた遊びとかできないけど、公園ではしゃぐだけでも結構楽しい

毎日家族といる時間幸せだし、妻と子どものために一生懸命ヒイヒイ言っているのはそこまでイヤじゃない。

子どもが育てられない!」「こんな日本じゃ少子化待ったなし!」とかい意見を見かける。貧乏子持ちだけどあんまり共感できない。

手段は本気で探せばなんとかなる。これは国に声をあげるよりもずいぶん簡単結構いろいろある。都会と田舎じゃ違うのかもしれないけど。


議会子どもを連れ込む話があった。俺と妻は職場から子どもを連れてきていいよ!どうぞ☆」と言われても、全く嬉しくないよねって話した。なぜなら、子ども職場にいても子ども職員ストレスが溜まるからだ。幸せが何もない。単に子どもがかわいそう。

保育園でおもいっきり遊んでもらった方が幸せだろう。

託児所ならたしかに助かるけど「絶対必要」と言われるとそうでもない。保育園ほど遊ばせられるところならいいけど。

それと同じくらい、普通に保育園が増えたら良いなって思うし、保育園のお迎え時間をもう少し夜遅くまで大丈夫にしてほしいなって思う。


お互いの帰りが22時くらいになる日も多いけど、なんとかベビーシッターは頼まなくて済んでいる。ベビーシッターは最終手段だ。

もちろん1日丸々だと高すぎるので、保育園に迎えに行ってもらうパターンね。そうすれば、そこまで高額ではない。

しろ子どもを持ってから、めちゃめちゃ国に助けられていることを実感する。税金意味をこんなに感じることはなかった。ありがとう日本ありがとう税金

かに3人も4人もポンポンはムリ。でも1人〜2人なら、僕らのようなジリ貧層でも何とかなりそう。ただ確かにシングルマザーはツライかもしれない。経済的に。


ひ、ひとまず、もうちょっと稼げるように頑張ります

今日ブラジル産鶏肉を煮込んだ「チキントマト煮」でも食べて、飢えをしのぎます

保活こわい

まだ妊娠中だけど保活こわい。

いま夫婦ともに正社員フルタイム共働きなんだけど、失敗したら最悪無職とかやばすぎ。

認可保育園落ちた時のために無認可を検討して、それでもだめだったらどうするの?退職するの?

子持ちで両親遠方だと正社員再就職はかなり厳しいから、保活失敗したら将来的に家計に数千万円のダメージ出る可能性あるんだけどこれは自己責任なの?

子ども養わなきゃいけないし、将来子ども希望するなら私立大学に進学もさせてやりたいから働き続けたいけど、子どもが小さなうちに保活失敗したらそんな人生設計も崩れるの?

保活こわい。

2017-11-25

アラフォーバツイチ子持ちで無職の姉の面倒をみろと親に言われたんだ

気持ちの整理のために書く。両親に姉の面倒を見てくれと言われた。やっぱりこれっておかしいよね?

姉は専門学校卒業してからフリーターを何年か続け、できちゃった婚で30歳ちょい前くらいに結婚した。

旦那さんも非正規で働いていたし当時は両親も結婚出産に反対だった。でも姉は頑なに産みたいと言って出産

そのあと旦那さん(今では元旦那さん)も定職に就いてなんとかやってたみたいだけど数年後に浮気して離婚段取りになった。当時は浮気されて姉可哀想と思ってたけど、姉も旦那の金を服とか自分のやりたいことにつぎ込んでいたみたいだ。元旦那さんも姉に働くように言ってたらしいけど「子どものためには母親は家にいたほうがいいから働かない」と言って断っていた。

自分浮気された被害者からと言って慰謝料請求したけど元旦那スズメの涙くらいしか金銭的余裕がなくて、わずかに毎月養育費をもらうことに決まった。でも姉は納得いかないと言って浮気被害慰謝料をもらうってまだ言ってる。慰謝料を貰えるまで離婚しないとだいぶ揉めていた。

そうしてズルズルと生活続けて元旦那は家から出て行って、姉と小学生の娘と二人で暮らすようになった。

普通そこで生活のために働くとかなるだろうに姉は30代半ばすぎるまで正社員であったことが一度もなくフルタイムで働いたこともないか仕事がないと嘆いて愚痴って過ごすようになった。働いてくれと周りが言っても「そんなプレッシャーをかけないで。そうやって責めるから余計に働けなくなるんだ」と被害的に振る舞うだけだった。

そんな姉を見兼ねて孫の為にと両親は金銭支援をするようになった。姉と子ども収入もなく、元旦那養育費と両親の支援3:7くらいのバランスで暮らすようになり、両親の老後の貯蓄を切り崩しながら姉は自由自適暮らしていた。

私はそういう環境が嫌で一人暮らしをして自分経済的に自立できるようにした。実家は生まれながらの地元で友人も多くいて恋しい場所ではあったけど、とにかく依存してだらけた言い訳ばかりの生活を送る姉と、そんな姉を断ち切れない両親をみるのが嫌で離れようと思った。

姉はどこで聞いたんだか心療内科に行って自分気持ちが落ち込むし働けないしうつ病だと思うとか言ってたけど、医者特に診断書を出さなかったし。「多少はうつ病になりやす性格があるかもしれませんね」という医者の小言を盾に「私が働けないのはうつ病になりやす性格から!周りが色々言うと本気でうつ病になる」と言って聞かない。というか子ども育てるために働けや。業種とかえり好みしてる場合じゃないだろっていつも思ってた。そろそろ子ども小学高学年になるのに働かず家にいる母親ってなんだよって。

昨日は出張帰りでお土産渡すがてら夜ご飯を食べようと思って実家に帰ったんだけど、母から「もう貯蓄がほとんどなくて、現状の生活はなんとかなるんだけど...何かあったときは姉たちのことをよろしく」と言われてショックで言葉も出なかったんだ。

これからどうしたらいいんだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん