「フルタイム」を含む日記 RSS

はてなキーワード: フルタイムとは

2019-05-21

働くこと

20代前半の女

10代後半くらいか精神的な病気になり療養していて3年くらいニート状態だった。

それから就労移行支援に通ったりしてようやく先月から障害者枠で働き出した。

割といい所でフルタイムではないけど、

職員の人もいい人で仕事内容も問題ない。

問題があるのは、もう明日の事を考えると辛くなり、この前は朝に涙が出てきてもう死にたくてどうしたらいいかからなくなること。

就労移行支援に通ったのは半年くらいで、その時はなんとか毎日通えたのだけど、仕事となると何故か拒否反応がでてくる。

原因がわからない。職場の人も良いのに、どうして。

毒親って言われたくないか子供産まない

夫が、子供ができたら嬉しいと言っていたけど、このまま出産したら毒親になる自信がある。

躾と虐待は違うのに」の増田のような躾を受けてきたし、

tsussxxx226 言葉善悪理解させる難しさ、面倒臭さ、価値観の違う子供と向き合い、時間をかけて理解させるコスト放棄して、暴力感覚的に抑え込む楽さに逃げてるだけなのに。それを「厳しい躾」と評価している。

zu-ra 犬や猫も暴力では躾できない。何も知らんやつが適当なこと言うな。躾とは、徹底した陽性強化と消極的な罰(タイムアウト等)で行う。インターネット時代は素晴らしいぞ。すぐに情報は手に入る。勉強しろ

今このような躾を行うのが虐待にあたり、ブコメのような説教を受けることも分かっている。

勉強したくない。情報を手に入れて、正しい育児方法習得する努力をしたくない。一切やりたくない。

「難しさ、面倒臭さ、価値観の違う子供と向き合い、時間をかけて理解させるコスト」を放棄したい。

「徹底した陽性強化と消極的な罰(タイムアウト等)」を絶対勉強したくないし、習得する努力をしたくない。

日々働くのも大変なのに育児の大変さまで追加で抱えたくない。

痛い思いをして産んで、勉強して、働きながら必死子供と向きあうコストをかけたくない。

意識高いのに疲れた正社員フルタイム残業で働きながら育児なんて、奴隷すぎる。過労死しそう。

仕事をしていく上での意識の高さへの反発はブコメでもそこそこあるけど、

育児については、親が面倒くさがること・コストをかけないことが絶対的な邪悪とされる。

実際、子供は産まれたくて生まれるのではなく、親に生まれさせられるものだし、

子供虐待のない環境で育てるようにするのは、勝手に産んだ親の義務だ。

共働きでないと教育費を捻出できないし、働くのは大変になるばかりで、標準的育児レベルも上がり、全部の負荷が上がっていく。

絶対に産みたくない。

絶対的な邪悪とされ、集団から説教される機会が増えるだけ。

そして必死で育てた子供自身も、子供のうちは毒親被害者だけど、成人したら「楽さに逃げるな」「コスト放棄するな」「勉強しろ」と説教を浴びせられるだけ。

磯野貴理子話題になっていたけど、それで離婚になるなら離婚でいいくら子供要らない。重すぎる荷物

2019-05-19

ウーバーイーツみたいなん

シェアリングエコノミーっての?

あれ大学生とか副業でやるみたいな「そういう選択肢もある」程度のうちはいいけど、そこらの企業がこぞってやるまで広まったら、ただコストダウンのための脱法労働になりそうだから、全体のことを考えると法律で縛っておいたほうがいいような気もする。

派遣パートアルバイトもみんなそうだった。フルタイムアルバイトがいないと成り立たないコンビニとか。派遣リーダーやってる工場とか。

そのうち実質ノルマ時間拘束有りの個人事業主契約とかでてくるぜ。一定配達数や時間をこなさないと単価が下がるシステムとかさ(沢山配達すれば金額アップ!みたいな言い方するだろう)。

保育園関連事業に就いての雑感

まだペーペー素人だけど。

保育園が足りない

ほんともう入れない

 3歳になって最初4月1日以降は幼稚園。これは誰でも入ることが出来る。

 生後3か月から3歳までは保育園。これがいわゆる待機児童問題戦場

 なぜ家で保育できないのか、といった事情役所ポイント化して各世帯比較して,高い方から入れる。

 両親フルタイム勤務とか母子家庭だとポイント高い。

 実際にはフルタイム以上で働く世帯もいるので普通の家庭はなかなか入れない。

 結局幼稚園になるまで一度も認可保育園に入れない世帯も。

 

認可外保育園ならどうか

 認可外保育園ポイント計算とか無いので,役所を通さず相談して,ワクが空いてりゃいつでも入れる。

 もちろん保育士の人数とか施設的な条件を満たしてないので不安感はある。

 でも自分の子供を預けた限りでは,問題なかった。

なぜ足りないのか

 保育士不足,だとされている。

 給料上げればいいんじゃね,と思うけど,それができない。

 A:国が決めた「この地域でこの規模なら人件費込みで何千万円」みたいな補助金

 B:市町村(つってもほぼ国が)が決めた保護者自己負担額。貧困層なら無料高所得者なら約10万円。これが上限。

保育園収入は,ざっくりこれだけ。これ以上は取れない。

国が決めた金額範囲しか回せない。ソビエトかよ。

から保育士確保のためにうちの園はよそより高く募集するぜ,みたいなことができない。

 ※おれの間違いだったら指摘してほしい。

給料を高くするなら別の経費を削るしかない。じゃあどの経費だよ。

園長だって見た感じ金持ちではないぞ。

こんな具合だから民間企業積極的に参入してワクを増やしていく環境ではない。

外国はどうやってんだ。

2019-05-18

若年シングルマザー保育園待機児童

生殖自由という巨大なテーマ関係から,正面切って議論すると吊るしあげられてしまうが,言わないといけない。

10代での出産はやめとけとしか言いようがない

高校在学中から卒業直後にかけて毎年のように出産して父親は速攻で消えた,

生活のため働く必要あるので保育園に入れたい



これが絶望的にヤバいということはもっと知られるべき。

まず就職活動物理的に厳しい。

子ども連れて面接とか行けるわけないだろ。

認可保育園に入れたいと思っても,そもそも保育園のワクが空いてないんだから詰む。

奇跡的にワクが空いても,就職活動という理由では90日間しか入れない。

この90日間で本採用にこぎつければ以後も在園できるが,できなきゃ退園。

生活保護でギリギリ生活を維持しつつ育児ストレスを受けつつ90日間で何度も面接してかなきゃならない。

厳しくてゲロ吐きそうだよな。俺ならムリだわ。

しか母親就労経験なんて無い。高校出たばっかりのなんもない人間だ。

選択余地はない。クソみたいな条件の仕事しか選べないことになる。

キラキラした1020代をとんでもない貧乏と過労で過ごすことになる。

もうほんと,10代での出産はクソみたいな事態になるからやめとけと

中学高校を通じて学校関係者も親も強く強く強く言わないと駄目だ。

なお,待機児童ってのは,こういうシングルマザー世帯夫婦フルタイム勤務で待機してる世帯もごっちゃで構成されている。

優先順位トントンだ。

国民感情的にはどうなんだろうな。

どうするんだ

俺は,保育園を大幅に増設して,どんなパターンの子供であれ無限に受け入れる路線でいいと思うよ。

公共部門が手厚く人間を育てりゃ世の中の不幸は大幅に減るだろうよ。

1.シングルマザー経済的に自立する可能性が一生ゼロのまま

2.高度な就労能力がある夫妻でも保育園に預けられないので働けない

国家主義者的には,こんなの社会の衰退につながるからまずいじゃない。

個人主義者,自由主義者的にも,おまえさんの自由が縛られてるんだからけしからんじゃない。

とにかく税金を突っ込むべきじゃないの?

ただし実父への求償は国がキッチリ行うべきだな。

2019-05-17

anond:20190517044434

両親フルタイムで働きながら赤子らの子育てしてる人たちはたしかにすごいと思う。超人の域。実家とか託児施設に預けられるのも資産だし。

でも時短で上がってる人たちが現実的には多いし、その皺寄せを食ってるのはその他社員なので子育て世代優遇されて当然論はモヤモヤする。

anond:20190516161908

結婚したら女は働くか働かないか子供産むか産まないか共働きするかしないかパートフルタイムか、離婚して親権とるかとらないか、全て決められるのに対して、男は一生フルタイムで働くのが当たり前、家事育児分担強制、小遣い制、離婚したら親権放棄が強いられるからメリットないんだよなあ

anond:20190516073418

五体満足で年間1000時間しか働いてないやつに人権なんかない

フルタイム共働き子育てしてる奴らはその倍働いた上で子育てをしている

2019-05-13

anond:20190513223657

例えで専業主婦なのが意味不明ですし、

フルタイム年収250~300の男なんて履いて捨てるほどいますよ。

婚活市場をみてないか下方婚したくないだけでは。

年収低い人とお見合いしたこと何度かあるけれど

家事できます、一緒に とは言っても

自分がメインで家事やりますとまで言う人はなかなかいないよね

同じようにフルタイム仕事しててなぜ女だから料理ができる前提なんだよ、とは毎回思う

その度に自分で食べるものを作る程度です(もやし炒め)と濁す

私が結婚して相手食事を共にするとしたら

平日の週2〜3は安い外食で待ち合わせて食事、平日の残りは自宅でごくごく簡単もの惣菜レトルト、作り置きなど)、土日は完全に個人任せ、可能なら週に一度くらいまともな食事作るイベントデーにする くらいのもんだ

anond:20190513150717

鬱は前やったんだよね

今回は自律神経失調症の診断だった(心身症が落ち着いたので今は治った感じなんだろうか?)

休んでるって言ったけどまあ辞めちゃったので無職

なんやかんや祝日はあるので日本人疲れ果ててんの鬱もあるんじゃねーかなと思う

自分休日寝込んで終わってて休んだ気がしなかったけど元気な奴は休みも遊びまわってリフレッシュしてまた元気に仕事こなしてんだよね

体力とかバイタリティーの差はあると思うんだけどなんかああいう人って休み方が上手いのかなと思った

残業したらその分の残業代はほしいけど残業したいわけではない(残業しなかったら当然残業代がないけどそれでいい)っていうの案外理解されない

バイトフルタイムでの募集が多いし、もっと働き方に選択肢がほしい

そもそもフルタイムに疑問があって週40時間っていうのは最低限じゃなくて最大値じゃないのかと思ったりもする

2019-05-12

無職専業主婦

4月から夫が昇進し帰宅時間が遅くなった。

肉体的にも、精神的にも追い詰められているのが、傍目でもよくわかる。

ゆえに、夫に文句と言うか、お願いができなくなった。

遅い夕食を食べるだけ食べ、自分の皿は洗わず風呂に入って寝るだけの生活の夫。

休日寝坊して、昼寝して、一人で出かけてリフレッシュするだけの夫。

大変だなと思う反面、夫の長時間労働は、確実に夫のキャリアと将来のお金に結びつくのに、私の家事育児負担はまったくキャリアいかされない現実に、軽く絶望している。

離婚時、お金の面だけを考えたら夫だけが確実に有利なこの状況。

自分も下の子幼稚園に入ったら働く予定(子供たちの教育費と老後の生活費のため)ではあるけれども、がっつり働きたい(例えパート非正規でもフルタイムで)私と自分のペースを乱されたくない夫とで、話も並行している。

悪阻流産仕事を辞めてしまたことは、今でも仕方がないと思っているけれども。

なんか釈然としない自分もいる。

働くことが是の世の中で。

能力のない者。体力のない者。のみならず、生産効率の悪い者、自分たちの気に入らない者、相性の良くない者、生理的に受け入れられない者は切り捨てられて当然、排除されて当然、な価値観の同居は、すごく矛盾しているように思えてならない。

2019-05-09

anond:20190508164047

楽してるといってもどうせフルタイム正社員しろパートしろ9時-17時大抵定時で帰れますとかだろう。副業出来るほどの暇さだろうか。

anond:20190508164047

フルタイムで働いてんのにガキの養育費も出せないような無能な男とはさっさと別れろ

妻に「もっと働け」なんてクズ言動

男女平等とかフェミとか最近話題だけどそれでも男女関係の中なら矜持ってもんがあるわ

元増田家事もせず家でだらっとしてるなら別だが

anond:20190508202742

フルタイムギチギチに働いて養育費結婚式代も出せないような旦那の方がクソ無能やん

土方かよ

NTT派遣社員として働いていましたがパソナに売られた

NTT派遣社員として働いていました。

派遣先NTTグループですが、派遣元(雇用主)もNTTグループ会社でした。

まりNTTグループ有期雇用雇用契約を結んで働いていました。(NTT契約社員?)

健康保険証もNTTグループのものでした。

当時、労働組合交渉の結果、NTT契約社員にも手当が出ることになるとニュースで見ました。

 NTTグループ社員数約24万1千人)は、NTT東日本西日本ドコモなどグループ主要各社の正社員支給している食事補助を廃止し、代わりにフルタイムで働く契約社員(約4万人)を対象に加えた手当を新設することを決めた。

https://www.asahi.com/articles/ASK3G5R5QK3GULFA02K.html


私も対象なのか?と思っていたところ、手当支給どころかパソナグループへの移籍となりました。

株式会社パソナ本社東京都千代田区代表取締役社長COO 佐藤 司、以下「パソナ」)は、日本電信電話株式会社(以下「NTT」)グループ人材サービス会社6社の株式取得および事業譲受に関する契約本日締結いたしました。

https://www.pasonagroup.co.jp/news/index112.html?itemid=2116&dispmid=798


出来レースだったと聞いています

https://anond.hatelabo.jp/20190508172705

2019-05-08

(追記あり)マンションのローンと維持費がびっくりするほど高い

うわぁぁぁぁぁやばい

新築マンションやべええええええ住宅ローンやばい管理費も高過ぎる…立地は気に入ってるし部屋の広さも気に入ってるのだが

子供ももうすぐ産まれるし

早く共働きにならないと大変なことになるわ

子供二人目なんか無理だと思う

(追記)

買ったのは高級感のある分譲マンションなのですが、良い家ですがうちには高過ぎたな。中古でもよかったかと今さらながら気づきました。

キツいよお。

物件の名義人である私の配偶者(一家大黒柱)がまだ若いのでこれから年収が上がる!!絶対!!役職つく!!(言霊)

私も出産後落ち着いたらフルタイムで働いて夫婦で老後資金教育費頑張って貯めます

中流階級住宅教育の両方に大金をかけることは両立できないですね。きょうだいの子育てに憧れは持っていたけれども一人っ子にしてその子お金をかけてあげよう…

住宅ローン完済したら老後は楽ができるからがんばる。

2019-05-07

私は薄情なんだろうか

人生何も楽しいことがないと嘆く旦那がウザくてしょうがない。

私はとても多趣味で、世の中に存在するありとあらゆる「趣味」と呼ばれるカテゴリ行為をだいたい一通り楽しんでしまう。

普段フルタイムで働いてるので就業後のお楽しみだが、ゴールデンウィークともなれば、普段出来ないような時間がかかる趣味や下調べが必要趣味趣味友達との交流で忙しく、家事ももちろんこなしつつ日中趣味時間たっぷり取ってリフレッシュした…はずだった。

なぜか、旦那がキレだすまでは。

掃除洗濯炊事全部完璧にこなして迎えているというのに、自分がいる時間スマホを弄ってるのが許せない。自分ゴールデンウィーク返上で働いてるのに休み満喫していていいですね…と嫌味不満の連続

上手く息抜きできてないのかな?とここ二日間は旦那と一緒にゆっくり過ごし、たまにはストレス発散にとカラオケに連れて行った。でもそこで、採点ゲームに対して点数が低すぎる、機械バカにされたとキレ始め、自分人生は何も楽しいことなんてない、そもそも自分を満足させてくれるコンテンツが少なすぎる、何やっても一緒、つまんない、楽しくないとすね始めて、私もさすがにイライラしてしまった。

旦那は、絵に描いたような無趣味人間だ。旅行も嫌い、外食も嫌い、アミューズメントの類はだいたい嫌い。好きなことは女と遊ぶことだけ。(結婚前はこんなことおくびにも出さずいきなり豹変した。デート我慢連続だったらしい)

私と常に一緒にいたい、一緒の趣味を共有したいと言うが、旅行カラオケ外食も全部全部文句しかわず、家ではおもに独身友達叩きと仕事愚痴いか自分無能かを嘆いては慰められたがってる究極のかまってちゃんだ。

なお、趣味は一回やってちょっとでも上手くいかないと恥ずかしくなってもう二度とやりたくなくなるらしい。プライドもクソ高い。

なぜ私が一緒にいるかというと、私はクソブス性格不良債権でこの旦那を逃したら一生一人物確定&生活の質を大幅に下げる以外は酒もギャンブルもやらなくて家事全般も好きな、仕事も真面目に行く特に悪いところがない旦那からという理由なのだが、今日はさすがにもう離婚の二文字が頭をよぎった。

こんなことで別れないだろうけど本当にどうしたらいいかからなくて今旦那と顔合わせたくなくてリビングでウダウダしてるんだけど明日旅行の予定(一人旅)なので早めに寝たい…どうしよう…と思ったのでここで愚痴を書いてスッキリ忘れようと思う。

こういう無趣味な人があっと驚く人生が変わるような体験ってなにかないのかなー。見つけてあげたい。

anond:20190507113101

もしかして専業主婦を完全な無職だと思ってる?

anond:20190507100200

記事にある専業主婦ってのは三号被保険者のことだ。

年収130万以下の被扶養者のことで、大体パートとかはしてるよ。

専業主婦としてのメリットが受けられるかどうかには103万の壁、130万の壁、150万の壁とか色々あるけど、専業主婦って言ってもパートくらいはしてるもんだよ。

日本女性就業率は世界13位でフィンランドアメリカフランスよりも高い。

先進国の中でもトップクラス

ただ他先進国に比べて家事育児を家庭でおこなっているかフルタイム仕事は難しいって話だ。

2019-05-06

勤めていると常に緊張感あるよね

妊婦専業主婦なんだけど、産んで一段落したら就活するつもり。

フルタイムで働く予定。

無職だと生活に緊張感がない。「明日仕事行かなきゃ」の感覚がない人間はとても楽だ。

会話をするのも身内か、私にサービスしてくれる側の他人(コンビニ店員さんや美容師さん)だけ

むちゃくちゃ楽だ。でも、自分で稼ぐお金がない。

次にこの楽な状態になるのは定年後の話なんだろう。

子なしの専業主婦が一番楽だと思う。出産予定なので新生児のお風呂の入れ方を調べただけで「何これすごくめんどくさい」と思った。赤ちゃん育てるって大変だ。子供が産まれたらきっと忙しい日々が始まるんだ。

2019-05-04

anond:20190504103513

学童なんかいくらでもあるが。

でも小1の壁小1の壁って騒いでるけど、あれの原因の半分は「子供が成長したこと」だから根本的にはどうしようもないんだよね。

保育園児は夜遅くまで保育園に閉じ込めても周りが皆そうだから疑問を持ちにくいし、文句も言わないし、文句言ったとしても園脱走したりはしない。

保育士に逆らったとしても所詮幼児からやる事はたかが知れている。

そして勉強せずに毎日遊んでるだけでも構わない。

でも小学生になると「世の中には学校が終わったらすぐ親のいる家に帰宅して自由友達と遊べる子が多数いる」事に気づいてしまうから

そうではない自分の状況に疑問と不満を持つ。

動力も上がるから学童に入れても脱走したりするし、指導員の手に負えないくらい反抗する子も出てくる。

本人がそうではなくても、そういう子にいじめられたりもする。

学童で下級生が上級生にいじめられると言うのはよくある話だし、上級生になれば指導員の目の届かない所でいじめをする知恵だってつく。

宿題毎日出るし、分からない事があってもその時にしっかり身につけないとどんどん分からなくなっていくが

児童数十人に対して1人のスタッフという普通学童でそこまでフォローするのは不可能だ。

から金のある親は金をかけて、なるべく民度が高く安全勉強フォローもしてくれる学童に入れたがるがそういう所は当然高い。

それにしたって親が家にいて子供常時監視できる状況と比べたら遥かにフォローは手薄になる。

シッターでも雇うなら別だが、それこそかなりの金がかかる。

勿論子供が大きくなればなるほどその傾向が大きくなっていく。

子供は(悪)知恵がついて教師学童指導員のいう事を素直に聞かなくなるし、勉強は難しくなっていく。

中学受験の為に母親仕事を辞める」ってのが多いのも結局はそのため。

大人監視しなきゃ大多数の小学生受験勉強なんかできないし、それを全て他人(塾や家庭教師)に頼んだら生半可な母親給料など全部吹っ飛ぶ。

24時間保育園を使って残業夜勤休日出勤も全部自由にやるエリートママ」の記事を見たことがあるが(医者とか高級官僚とかそういう人だった)

子供小学生になったらどうするのかと思ったな。

保育園児はそれで良くても小学生24時間学童に放り込むなんて無理だろ。

本人が疑問と不満を持つし、そんな親なら当然中学受験もさせる前提だろうに。

共働きをしやすくするための制度もっと整えるべき」と言うけど、ぶっちゃけ無理だろと思っている。

税金で、子供を一人一人十分に監視出来て受験勉強フォローできるだけの人員のいる24時間学童希望者全員入れるだけ整備しろと?無理に決まってんだろ。

その金や人的リソースあったらまず学校に回すだろうよ。

母親パートか、フルタイムでも9時5時残業無し責任も無しなマミトラック仕事なら何とかなるだろうが

両親両方が社畜として働くのを税金フォローするのは無理。

自腹でフォローサービス買うとしても、子供がそれにずっと疑問を持たず素直に従う可能性はかなり低い。

2019-05-02

ジェンダーロールに従った普通夫婦やれてるのは幸せなんだな

ということを、ネットでたくさんの不幸な夫婦や不幸な独身の話を読んだおかげで知ることができた。

普通に家庭を持てて普通に家のことを任せられる嫁がいるのは幸せことなんだなと教えてくれた増田まとめサイト感謝している。

ジェンダーロール」というのもネットで知った言葉だ。

普通の男らしさや女らしさの規範適応できずに苦しんでいる人が世の中にはたくさんいて、その不適応を本人や他人分析する時によく使われる言葉という印象だ。

子供が生まれたから母としての「ジェンダーロール」を押し付けられてキャリアを断念しなければならず理不尽だと言う女性は、これが自分の嫁だったらと思うとゾッとする。

結婚したせいで、子供を生んだせいで、仕事を続けられなかった」と恨み続ける妻・母と暮らすのは、夫にとって子供にとってどれほどの地獄だろう?

うちの嫁は新卒で入った会社で潰されて、もうフルタイムで働くのはコリゴリという人だ。

子供の頃から仕事責任押し付けられる損な性格で、社会人になっても押し付けられ続けて潰された。誰も助けてくれなかった」という繰り言を100回は聞いた。

「俺に関係無い終わったことの愚痴を俺に言うなよ。会社を辞めたのは俺と付き合い始める前の話だろうが」と以前の俺は冷淡に対応していたが、今は違う。

世間の少なからぬ妻がキャリアを諦めたことの恨みを夫に抱いていると知った今では、嫁が俺や子供とは関係無い理由キャリアを諦めてくれていて本当に運が良かった思う。

から「働いていたころは大変だったんだね。でも、もう大丈夫。君や子供たちが落ち着いて生活できるように俺が頑張って稼ぐから安心して」と余裕をもって慰められるようになった。

中高年になっても男として妻子を養える稼ぎを得るという「ジェンダーロール」を達成できずに結婚できないことからKKOなどと自虐している独身男性には同情する。

だって独身時代はさっぱりもてなかった。同年代の男よりも稼ぎは良い方だったので、言い訳できないほどにもてなかった。

たまたまキャリア絶望していた嫁と出会えて、その時に嫁の逃げ場所になれるだけの稼ぎがなければ今も独身KKO(金はあるがキモイオッサン)を自称して愚痴書き込みまくってたかもね。

そうならないでいられるのは運良く嫁と結婚できたおかげで、この嫁に逃げられたら次のチャンスは無いぞ、もっと嫁を大切にしないとな、と中高年独身者の嘆きはいつも俺を反省させてくれる。

他人の闘病記を読んで我が身が健康であることのありがたさを知るように、ある種の病人障害者とも呼ぶべきキャリアを断念した女性の恨み言やKKO自虐を読み続けることで、俺は自分の持っているもののありがたさを確認することができた。

anond:20190502153927

非正規雇用なんだろ。

時給1000円でフルタイム働いてやっと額面200万だからね。時給の安い地方なら200万以下とかザラでは。

2019-04-29

松浦大悟(@GOGOdai5)はトランス差別悪化について責任を果たすべき

このエントリーの要約

三橋順子氏は文春オンライン記事で、以下のように松浦氏批判した

 1.松浦氏トランス法案への懸念は、現実的根拠が一切示されていない(=松浦氏トランス当事者実態無視している)

 2.現実的根拠を示さないまま、トランスに対する不安を煽る発言をした

 3.その発言によって、ツイッターにおけるトランス差別悪化した

松浦大悟氏の発言を最大限好意的解釈すれば、彼は次のように反論したと考えられる

 1.思考実験として検討しただけで、現実的根拠の有無は関係ない

 2.あくま法案の条文があいまいであることを指摘しただけだ

 3.自分発言トランス差別ではない

松浦氏発言を最大限好意的解釈しても、なお松浦氏発言には以下の問題が残る

 1.「手術をしなければ、自分確信する性別として生きることができない」という状況が差別ではない、ということの理由説明していない

 2.トランス当事者実態をきちんと説明しないまま、議論を進めてしまった

 3.自身発言が、ツイッタートランス差別悪化の一因となった

もっと重要なのは、次の点である

 ・松浦氏は、自身発言トランス差別悪化させたことに対して責任を取っていない

●よって松浦氏

 1.自身発言トランス差別悪化させたことを自覚し、トランス差別への明確な反対を表明し続けるべきである。具体的には、

  a.トランス差別に反対するという立場を明確に発信し続ける

  b.トランス当事者実態を正しく理解し、正しい情報継続的に発信する

  c.トランス差別悪化させないように、自身の「懸念」をもっと的確に言語化する

 2.今後はトランスフォビアを悪化させない形で議論を深めることを目指すべきである

以上がこのエントリーの内容のすべてになります

三橋順子による批判記事と、松浦氏反論

三橋順子氏による記事なぜ2019年の日本で、トランスジェンダー女性たちが攻撃されているのか | 文春オンライン」のなかで、松浦大悟氏の発言ツイッター上のトランスジェンダー差別悪化させる一因となったことが指摘されました。

1月5日放送のAbema Newsみのもんたのよるバズ!」で元参議院議員松浦大悟氏がこう語りました。

「今、イギリスで大問題になってまして、(中略)手術をしなくても性別移行ができるようになっているのが、世界の潮流なんですね。それで性自認女性だとなれば男性器がついていようとも、更衣室、女性更衣室に入れなければいけないということになっているんですよ。それについてフェミニストの人たちが大反対してまして、『冗談じゃない』と、自分たちは性被害に遭っている人がいっぱいいて、恐怖を感じると。」

 この発言Twitter拡散されて、一気にトランス女性排除の炎が大きくなりました。

(※当該発言みのもんたのよるバズ!2019年1月5日 - YouTubeの57:36から確認できます

これに対して松浦大悟氏本人は次のようにツイートしました。

松浦大悟さんのツイート: "三橋順子氏に嘘を流されて困っています。トランスジェンダーはアンブレラタームであり、その中にはクロスドレッサーも含まれます。法律を作るときには瑕疵がないように全ての問題点を洗い出さなくてはなりません。法案作成過程では議論がなかった?穴を見つけられない事が立憲民主党の問題点なのです。… https://t.co/VYspZcZOTB"

以下では松浦氏反論がどの程度妥当か、確認していきます

●両者の「トランスジェンダー」の定義はいずれも正しい

まず議論を始めるために、「トランスジェンダー」という言葉定義確認しておきましょう。

三橋氏は記事のなかでトランスジェンダーの定義について以下のように述べています

トランスジェンダーの定義は「生まれた時に指定された性別と違う性別生活している人」です。

これに対して松浦氏は以下のように反論しています

トランスジェンダーはアンブレラターム(=包括的用語引用者注)であり、その中にはクロスドレッサーも含まれます

さて、どちらの「定義」が正しいのでしょうか? 実のところ、どちらの定義も間違いではありません。

Feminist Perspectives on Trans Issues (Stanford Encyclopedia of Philosophy) 確認してみますと、トランスジェンダーは「トランスセクシュアル、ドラァグ・クイーンキング、ある種のブッチレズビアン、(異性愛男性異性装者のような、いくつかの異なった種類の人々の集合を指す包括的用語umbrella term)として用いられる」と同時に、「トランスジェンダーという用語トランスジェンダリスト(出生時に割り当てられた以外の性別としてフルタイム生活しているが、ホルモンや手術などの治療を行なっていない人)と同じ意味で使われることもある」とされています

また、森山至貴『LGBTを読み解く』でも、包括的用語としての「(広義の)トランスジェンダー」と、「異性の服装をすること自体に重きを置くトランスヴェスタイトではないが、医学的な処置を望むトランスセクシュアルでもなく、自らの性自認にしたがって生きる経験やそのような人々のことを指す」用語としての「(狭義の)トランスジェンダー」という、2つの意味があると指摘されています(p.98-101)。

三橋氏の定義も、松浦氏定義も、いずれも間違いではない。このことを確認したうえで、議論を次に進めましょう。

現実トラブルが起きたという証拠はない

次に確認しておくべきことは、(1) 日本にもすでに性同一性障害への差別を解消するための法律があり、(2) それでも女湯や更衣室などをめぐるトラブルは生じていない、という点です。

これについては松浦大悟さんの「女湯に男性器のある人を入れないのは差別」論への疑問から引用しておきましょう。

そもそもトランスジェンダーの公衆浴場利用について同様の議論をしたいなら、「障害者差別解消法」(障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律 - 内閣府引用者注)を引っ張ってくる必要があります

2016年施行された障害者差別解消法における「障害者」の中には性同一性障害も含まれており、性同一性障害に該当する人はこの法律によってすでに守られている状況です。

それでも、障害者差別解消法のせいで男性器のあるトランスたちがどんどん女湯に入ってきてトラブルが増えたなんて事実はどこにもないはずです。

ここでもう一度、Abema Newsみのもんたのよるバズ!」での松浦氏発言確認しておきましょう。

「今、イギリスで大問題になってまして、(中略)手術をしなくても性別移行ができるようになっているのが、世界の潮流なんですね。それで性自認女性だとなれば男性器がついていようとも、更衣室、女性更衣室に入れなければいけないということになっているんですよ。それについてフェミニストの人たちが大反対してまして、『冗談じゃない』と、自分たちは性被害に遭っている人がいっぱいいて、恐怖を感じると。で、そういう人たちを出てけということを言ってるんだけど、これは差別にあたるわけです、そういう法律ができるとね」

注目するべきは、『イギリスフェミニストが大反対している』ということしか説明されていない、という点です。松浦氏は、『差別解消法によって、イギリス男性器のあるトランスたちがどんどん女湯に入ってきてトラブルが増えた』とは一言も言っていない。実際にトラブルが起きているかどうかには一切触れず、ただ単にフェミニストが反対しているということしか説明していないのです。これでは、イギリスで「大反対」しているフェミニストの主張が妥当なのかどうか、まったく分かりません。

まり松浦氏は、「手術なしで性別移行できるような法律が、実際に女性への被害をもたらしている」という証拠を何一つ提示していないのです。

この点で、松浦氏発言根拠薄弱であると言えるでしょう。

好意的解釈1.「あくま思考実験にすぎない」

ここで一旦、二人の対立を整理しましょう。

松浦氏は「正義正義バッティングした時のことを野党であるLGBT差別解消法は想定していないと指摘した」とツイートしていますhttps://twitter.com/gogodai5/status/1085414545814892544

これに対して三橋氏は、そもそも彼が言うような形で「正義正義バッティング」すること自体が「ありえない」と主張したわけです。

しかに、松浦氏は自らの懸念について、根拠をまったく示していません。

それでも、松浦氏発言好意的解釈すれば、以下のように捉えることができるかもしれません。

あくまで隙のない条文を作るための思考実験であり、現実的根拠の有無は関係ない』

もしも松浦氏がこのような立場を取るのであれば、三橋氏の批判回避することはできるかもしれません。

好意的解釈2.「あくま法律案の条文に含まれ問題を指摘しただけ」

もう一点、できるかぎり好意的解釈すれば、松浦氏立場は以下のようなものと言えるでしょう。

法律案の条文において、「トランスジェンダー」という用語が「広義のトランスジェンダー」を指すのか「狭義のトランスジェンダー」を指すのか」があいまいである。このようなあいまいな条文では、運用に際して問題が生じうる。私はその点を批判しただけだ』

あくま一般論ですが、法律の条文に多義的用語が含まれることは、あまり望ましいことではありません。

この一般論に則った発言として松浦氏発言解釈するならば、一般論に則っている部分に関してはある程度の妥当性がある、と言えるかもしれません。

好意的解釈3.「自分発言トランス差別ではない」

松浦氏は、「私はトランス女性が脅威だなどと発言していない」とツイートしています

https://twitter.com/gogodai5/status/1085414545814892544

自分発言トランス差別ではない、ということを言いたいのだと思います

しか松浦氏は「トランス女性シス女性へ加害する」とは言っていません。おそらくは「ペニスに対して恐怖をいだく女性特に暴力被害者)がいるのではないか」という「問題提起」だと考えられます

かに、「女性ペニス恐怖を抱くことの背景への配慮」もまた重要論点です。

しかし、「トランスフォビアの解消」も同じく重要論点であることを忘れてはいけません。

女性ペニス恐怖を抱くことの背景への配慮」と「トランスフォビアの解消」を区別したうえで、その両方を目指した議論をすることが必要となるはずです。

にもかかわらず、松浦氏はこの2つが必ず対立してしまうかのような前提で議論を進めています。この点に、「問題提起」としての不十分さが垣間見ます

(なおトランスフォビアと「男性身体」への恐怖というテーマについては、こちらの記事「女性専用スペース」とトランスフォビア - frrootsのtwitter補完メモに詳しく論じられていますので、関心のある方は一読ください)

好意的解釈すれば、松浦氏発言自体トランス差別ではない、と言えないこともないかもしれません。

それでも、不十分な「問題提起」によってトランスフォビアを煽ってしまった、という問題は依然として残るかと思います

松浦氏反論できていない論点

●「手術をしなければ、自分確信する性別として生きることができない」という状況が差別ではない、ということの理由説明していない

ここで忘れてはならないのは、「手術をしなければ、自分確信する性別として生きることができない」という状況は、極めて大きな問題がある、ということです。

特例法が求める性別適合手術は、当人の心身に多くの負担を与え、高い医学的侵襲性を伴う医療行為です。「強制断種」の点においても、性の健康権利理念から反するといえます。(石田仁『はじめて学ぶLGBT 基礎からトレンドまで』p.99)

言うまでもなく、手術を望む人が手術を受けられる、ということは重要です。しかし、手術を強制されるということは、このように「性の健康権利」を剥奪されるということです。誰もが持っているはずの当然の権利剥奪されている。この状況を「差別」と呼ばないのであれば、その根拠説明するべきでしょう。

●「現実的根拠がないまま、トランスへの不安を煽った」という批判反論していない

松浦氏は先行事例としてイギリス法制度を紹介し、「懸念」を提起しました。しかしそこで、「手術なしで性別移行できるような法律が、実際に女性への被害をもたらしている」という根拠はまったく提示されませんでした。この点で、松浦氏の「懸念」には、(1) 現実的根拠がなく、さらに (2) トランス当事者実態無視している、という問題があると言えるでしょう。

●「自身発言トランス差別悪化の一因となった」という批判反論していない

さら重要なのはこの点です。

松浦氏は、あくま法案問題点を指摘しただけだ、という反論はしていますしかし、「自身発言トランス差別悪化の一因となった」という点については何も述べていません。

もしも仮に松浦氏の「懸念」に根拠があったとしても、トランス差別に反対しなければならないことに変わりはありません。

かに議論を深めることは重要です。しかしその過程トランスへの差別が深まるとすれば、それは問題です(誇張ではなく、差別は人の命にかかわりますから)。そうである以上、トランスフォビアを悪化させない形での問題提起をするべきです。

結論

松浦氏は「トランスフォビアを悪化させない形での問題提起」に失敗した。

このことは否定しようのない事実でしょう。

(もちろん言うまでもなく、松浦氏発言以前にも、インターネット上にトランスフォビア言説は存在しました。しかし、松浦氏トランスフォビアにさらに火をつけてしまった、という点は批判されるべきでしょう)

このことについて、松浦氏責任を果たす必要があるはずです。

具体的には

 1.トランス差別への反対を明確に発信し続ける

 2.トランス当事者実態を正しく理解し、正しく発信する

 3.トランス差別悪化させないように、自身の「懸念」をもっと明確に言語化する

以上のことをするべきかと思います

松浦氏自己弁護ばかり繰り返さず、自分言葉引き起こし帰結としっかり向き合ってください。

曲がりなりにも「政治家であるならば、自身発言責任を持ってください。

最後一言

差別解消法について議論する目的は、実際に起こっている差別を解消することです。

もしも差別解消法について議論することが、差別悪化させてしまうとすれば、それはまったくの本末転倒です。

あくまでも目的差別解消であり、法律はその手段しかない。議論する際には、この前提を忘れないようにしていただきたいと思います

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん