「自動化」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自動化とは

2021-06-16

大規模ガチ農家が考えるアグリテック

もう少し先にしようと持っていたけど、

「大規模ガチ農家」という単語が読んでくれたみんなの頭の中にあるうちに書いておこうと思う。

僕が出している結論は、

アグリテックスマート農業はどこかで一旦頓挫ブームが去る、

今は第一ブームといったところというイメージ

なぜ頓挫するのか、その理由経済経営ソフトハードの4方向から説明する。


経済面:農産物必要以上に生産してはいけない現在産業構造

農産物差別化が難しい上に、価格弾力性が低い。

価格弾力性というのは馴染みがない言葉という人もいると思うので、少し長くなるが解説したい。

あなたは今夜の夕食にロールキャベツを食べたいとしよう。

爪楊枝を抜いて、ナイフロールキャベツを切るとジュワッと肉汁が出る。

トマト味、コンソメ味、中華味など味付けは悩むところだ。

さて、少しはロールキャベツの口になってきただろうか。

スーパーキャベツを買いに行く。

ちょっとキャベツが高くて、半玉150円、1玉300円、高い。

・・・しかあなたの口はすでに完璧ロールキャベツの口になってしまっているので、

ちょっと高くても1玉買おう。

ハーフカットでは完璧ロールキャベツにならない。

そこに僕が登場して、キャベツをどうかもう一つ買ってくれないかとお願いする。

いくらなら買ってくれるだろうか。

300円ではないよね?もうロールキャベツには十分だし、むしろ余っている。

200円?いや、そんなにキャベツがあっても仕方ない。野菜室に1玉半も鎮座されては困る。

150円?いやー安い時は100円くらいじゃん?

120円?うーん、1玉300円なのだから、まぁ買ってもいいだろうか?

もう十分だと思っている人に、余分に食べ物を売るのは難しい。

なぜなら、人は食べる量に限界がある上に、腐らせずに保管できる期間も限られるため今売らなければならないからだ。

また、年収200万の人が一玉300円のキャベツを買ったら、年収1000万の人は一玉1500円のキャベツを買ってくれるか。

そんなことはない。キャベツ所詮キャベツだ。

もういらないという人に食べ物を売ろうとすると暴落する。

ちょっと足りないと暴騰する。弾力性が低い=硬いものは、少しの衝撃がそのまま伝わり大きく弾かれてしまう。

価格弾力性とはそういうイメージだ。

ではどうやって価格を維持するか。できるだけ需給バランスを保つことだ。

しかし、植物の生育は天気に左右されるからコントロールすることはできない。

低温・日照不足で収穫量が減れば価格が上がる。

ちょっと想定より気温が高ければバラける予定のものが一斉に収穫をむかえてしまう。

では、国内需要カバーできないのなら、輸出という選択肢はあるだろうか?

残念ながらそれも難しい。

日本には長期輸送ノウハウも加工施設もない。国土が狭く細長く各地に産地があるため、生鮮流通が前提だからだ。

結局、どれだけ作っても利益が出ないので機械代が払えなくなってしまう。

悲しいかな、農家暴落を規模拡大で解決しようとする傾向がある。それはますます状況を悪化させる。

経営面:その問題解決に値するか。

そもそも農家センサーに頼らずとも、大体の生育と病害の予測はできる。

から予防防除している。

精密であっても仕方がない、残り2割の問題解決するのには全体の8割のリソースを使うと言われる。

それでは解決してもコストに見合わないし、わからないという余地がなければ完全に油断する。

そうね、原発事故絶対起きないか対策しなくていいみたいな感じか。

さらに全く予期しないことはAIだろうと予測できない。

どうやって畑のセンサー海外から飛来する虫なんかを予測できるのか。

そして露地栽培センサーで把握して何かできるのか。

すでに分かることや解決不能問題ををセンサーで把握し直すのは研究としては有用だが、

産業では車輪の再発明かただの無駄に過ぎない。

ソフト面:法律責任経営者は判断と決定する責務があるし、その権利を手放すわけにはいかない。

責任問題について、農機具ではなく、もっと一般的もので考えてみよう。

完全自動運転自動車がついに販売されたとしよう。

運転席に座って目的地を言えば、自動でそこまで連れて行ってくれる。とても便利だ。

仮に値段が通常の車と比べて少しくらい上という程度であれば、間違いなくこちらを買うだろう。

しかし、法律が現行のままであったとして、例えばこの車がちょっとしたエラー

横断歩道を横断中の歩行者をはねて死亡させてしまったとする。

現行法では、この責任運転手が取ることになり、

刑事罰が課され、被害者への補償もしなければならない。

保険はあっても、前を見ていないあなたには重過失がある。

あなたはこの車に安心して運転を任せることはできるだろうか。

絶対そんなことはできない。

同じように考えてもらいたい。

経営者は事業責任を負う。ビジネス上の責任とは、まず金だ。

法に違反刑事罰を受ける場合のぞきほとんど金を払うことで解決される。

機械AIが誤った判断をして失敗しても、野菜販売がうまくいかなくても、

経営者は従業員に決まった金を払わないといけない。

稼げていないのであれば自腹だ。責任を痛感するだけの仕事ではない。

どこの誰かもわからない農家でもない人が考えてプログラムしたもの

あるいは、全然気候や土が違う地域データまで含めて統計処理されたものに、

そしてそれに対する結果責任は持たないと言っているものに、自分運命を委ねたいか

半分でいいから損害を保証するという企業が出てくるだろうか。

僕は嫌だ。責任をとる以上、自分判断しなければならない。

水田の水管理自動化され、田んぼいかなくてもよくなる?そんなことはない。

管理しているのは水位だけではないし、いかなければわからないことはたくさんある。

カメラなんかでは分からないことが多い。

電子化された新聞が見づらいのは一覧性がないからだ。

紙の新聞が見やすいのは、パッと見て目につく情報というものがあるからだ。

田んぼにいけばパッとわかるのに、カメラでは色々な角度から見なければ分からないものがある。

それって何?って言われれば、雰囲気と答えるしかない。

病気が出そうな雰囲気、虫がいそうな雰囲気、それは気温、湿度、土の湿り具合、光量、植物の元気さなどで構成される何か、だ。

そういうもの田んぼに見に行っているのだ。

ハード面:そもそもコンピューターものを動かすのが苦手だ。

そもそも機械コンピューターは全く異なるものだ。

言葉定義としてこれが適切とは思わないが、

イメージとしては機械は油圧・電力などでものを動かし、

コンピューター情報を処理するものだ。AI進歩よりも、機械制御進化必要だ。

AIビッグデータ農業でそんなもの収集されてないけど)で、

人間並み、あるいはそれ以上に色々な判断ができるようになったと仮定する。

例えば、トマトの色を識別して、収穫適期を完璧に見分けられるようになったとしよう。

で、どうやって収穫すんの?

printf("これは収穫適期です")ではすまないのだ。

仮に、収穫機械が開発され、100台導入したとしよう。

で、今度は誰がそれメンテすんの?

人間は寝れば回復するが、機械は徐々に金属疲労をため、回復することはなく必ず壊れる。

農家機械屋ではない。ある程度は直せても、限度がある。

植物工場のような管理された環境であれば、かなり機械を長持ちさせることはできるだろう。

しかしそれはそれでコストがかかりすぎる。

太陽光エネルギーは(電気的や化学的にエネルギーに変換する前のただの光の状態であれば)

土地代で年間6000円/10aを払うだけで購入できるのだ。勝手に雨も降る。

多少供給量にムラはあるが、当然だが植物はその中で生きてきた。最高の収量を求めなければ何の問題もない。

工場の上に太陽光パネルをのせて発電して工場内部でLEDで育てる?冗談にもほどがある。

植物工場は、人間宇宙進出するために必要技術だと思う。本気でそう思う。

から地球上で、少なくとも自然豊かな日本では事業としてやる必要はない。

●お願い

2つお願いしたい。

1つ目、最後にもう一本投稿したいと考えている。

僕にはわかりやす説明する能力はあっても長期的にみんなを楽しませる能力はない。

から次が最後だ。トピック特に決めてないので、ブコメトラバで書いてほしい話題、知りたいことがあれば教えてほしい。

なぜこのような文章を書くのか。

農業にはお金必要からだ。

自身の話ではなく、国家予算の話だ。

農業インフラが大切だ。田んぼには水路があり、土手があり、中は水平で、

水の出し入れが自由にできなくてはならないが、設備老朽化も進んでいる。

しか農家数は減少してしまうので、農家の力だけではもうインフラの維持はできない。

そして農家数減少で政策基盤も貧弱になってしまう。

これは僕らの世代で今、初めて発生しようとしている問題だ。

殆どの人が農家だった時代には、説明する必要もなく田舎は守られていたし、自分たちで守ることができた

ももうそうじゃない、農業について多くの人に理解してもらい税金を配分してもらわなければ、日本農業は維持されない。

から農業世界の中から見た情報オープンにすることで、みんなに色々考えてもらいたい。

考えるには情報必要不可欠だから面白がって読んでもらえるのが一番ありがたい。

もう1つは、これだけの意見表明をしながら匿名であることを許してもらいたいということだ。

僕が地域を明かさないことで、誰かわからないことで、

みんなが自分故郷、今住んでいる地域問題と考えてもらえると思うんだ。

これでブックマークが伸びなかったらそれはそれ。

また適当面白そうな話題検討するよ。

2021-06-15

anond:20210615162417

から中国世界に先駆けて自動化とか進めて、働かないでも食べられる社会づくりしてるんだろ。

しろ年金社会保障費を労働者からのアガリだけで負担している日本の方が先にくたばるだろう。

2021-06-14

(私の住んでいる近くにある)実家家庭菜園をやっている。

肥料やりや整枝等は私がやっていて、潅水(水やりのことだ)と収穫は親に任せている。

なんでも自動化/機械化/省力化したがる私で、ふと思い立って潅水もチューブを用い、蛇口をひねるだけでできるようにしようかと思った。

しかし、あまり外に出ない親なので、運動のためにもジョウロ等でやってもらうことにした。

2021-06-11

足太いですか?の画像収集自動化した

日々集まる女の子の生足。

おおむね10から20代前半まで。

生足を集めてたんだけとつかれてきた。

自動化できるんじゃね?

と思ってがんばったらできた。

日本雇用形態ってDXと絶望的に相性悪いよな

ジョブ雇用なら自分の持っている業務自分責任範囲効率化できれば仕事の成果として評価対象にもなるし

効率化の影響は解雇されるまでずっと自分継続して存在し続ける。

日本の大半の雇用形態はジョブ雇用ではなく、人に割り当てられる仕事コロコロ変わるメンバーシップ雇用から

今持っている仕事効率化を目指すメリットジョブ雇用場合に比べて薄い。

どうせ転属になったらまた仕事覚えなおしだし、下手に自分責任範囲勝手効率化をすると引継ぎが面倒だ。

Excelのまともな使い方すら碌に覚えようとしない人に自動化ツールの使い方教えるなんて無理ゲーにも程がある。

じゃあ、目先の小銭のために将来の面倒を抱えず、今の非効率なままで業務した方がいい、となってしまう。

国内では人間の頭数が減っていく時代差し掛かっている以上、業務効率化は急務だが、それを為せる組織はあまり多くないだろうな。

2021-06-06

成田空港での水際対策が際どすぎた

1週間ほど前に、アメリカから帰国した時の話を書きます

まず、機内で色々と書類を渡されました。日本入国後2週間は隔離すると誓う宣誓書と、チェックシートみたいなもの。後で判明しますが、このチェックシートスタンプラリーをやるので絶対に無くしてはいけないようです。

飛行機から降りる際、まずは国際線乗り継ぎ便の人が優先的に降機しました。勝手がわからないので、ひょっとしたら全身防護服の検疫官たちが搭乗してくるのではと、ヒヤヒヤしましたが、そんなことはなく、順々に日本入国組も飛行機を降りました。

動く歩道が真ん中にある、空港おなじみの長い連絡路を歩いて移動するのですが、最初に出迎えてくれるのは、椅子です。通路の両脇をソーシャルディスタンシングを絶妙に守って配置された椅子たちは、背もたれの裏に番号札が設置されていて、どうやらここに座って次の指示を待つということは想像できます。それにしてもすごい数の椅子で、そんなに待つの不安になりましたが、さいわい私の場合飛行機を降りたのが早く、5番の番号札を振られた椅子に着席しました。

しばらくすると、航空会社グランドスタッフと思われる方々が、書類チェックに回ってきます。宣誓書のサインのチェック。着陸72時間以内のPCR検査結果が記載された厚労省指定証明書チェックシート必要項目記入などなど。ここで宣誓書の2ページ目の署名を忘れていたことを指摘されました。さすがジャパニーズ品質の目検…

ここで目の前で今まで流暢に日本語を話していた女性の濃緑のパスポートが目に入り、在日コリアンの方と知り、いろいろな人がいろいろな事情日本に戻ってきているのだなと…

「お姉さん、僕もこのアプリたちをダウンロードする必要があるの?」

耳慣れたアメリカ人の英語が私の後ろの椅子から聞こえてきました。白と水色の横縞のポロシャツの裾をくたびれたジーパン突っ込み、靴はもちろんスニーカーという、ザ・アメリカンな格好をした黒人男性。どうやらアプリ追跡が嫌なようです。そりゃ私たちだって嫌ですよ。でもルールから守りましょうね…と思っていたところ、通路を挟んだ反対側の椅子に座っていたもう1人のアメリカ人がこう言いました。

「いや、僕ら大使館スタッフは、このアプリダウンロードはしなくて良いはずだ。確認してくれますか?」

こちらの男性はえんじ色のワイシャツに黒いスラックスとピッカピカの黒靴。おまけに黒いフェドラ帽ときます。お前本当に大使館スタッフかよ、大道芸人じゃないのと思いましたが、マニュアルに明記されてないであろう質問を訊かれた航空会社スタッフ女性は、慌てて謝り、上司確認すべく、ついたての奥に消えました。

別の航空会社スタッフの方が、私の前に座っていた女性のもとに、袋を持ってきました。どうやら機内での忘れ物のようです。「本当にすみませんありがとうございます…」そりゃこれだけイレギュラー入国プロセスだもん。忘れ物ひとつくらいしますよね…

するとさっきのスタッフの方が戻ってきて、大使館関係者アメリカふたりに、アプリダウンロードをしなくて良い旨を伝えました。え?ええええ???いわゆる外交官特権ってやつ?もちろんアメリカふたりは大喜びです。

外交官特権のない我々は、再度書類検査を受けるべく、居心地の悪い簡易椅子から立ち上がり、検疫官たちが待つブースに向かいます。ここでPCR検査の陰性証明書などをチェックされ、先程のチェックシートに「証明書あり」の赤いスタンプが押されました。なんか前進した気分です。次のスタンプラリー地点に向かう途中、別の経路を指したサインが目に入ります

米国軍関係者米国外交官・オリンピック関係者

え、待ってください。米国外交官と軍関係者はなんとなくわかります。でも何オリンピック関係者って。これ多分、今から始まる面倒な隔離とかアプリによる位置確認とかしないでいいやつですよね。オリンピック関係者もしなくていいの?オリンピックまだ始まってすらいないじゃないですか。どういうこと…

頭をよぎる疑問の数々を一旦置いておいて、自分が確実に入国できるために、唾液採取に向かいます。梅干とレモンの絵を見ながら、全力で唾液を絞り出し、ろうとから試験管に流し込みます自分の唾ながら、まじでキモい…この汚物を検疫官に渡します。ここで「30分以内に飲食をした方は申し出てください」というサインが目に入り、これ申告すると待たされるのかな、だったらたとえ飲み食いした直後でも誰も申告しないだろうな、などと思いながら、経路を辿ります。見慣れたはずの成田空港ターミナル内が、数ある仕切りとパーティションポールのせいで、迷路状態

今度はアプリダウンロード状態確認です。検疫官の前で、iPhoneにOverseas Entrants Locator(悪名高き追跡アプリ)とMySOS(ビデオ電話アプリ)が入っていることを確認されます。MySOSに関しては、次のステップ登録確認するから、まだ登録しないでくれと念を押されます。ここで位置情報の共有などのiPhoneの設定もチェックされた気がしますが、よく覚えてません。

そして20メートルくらい歩いたところで、またチェック。今度はMySOSの登録画面で、正しいパスポート番号を記入したか確認し、検疫官の前で登録ボタンを押します。これでちゃん隔離しているか電話確認できる、というわけです。

もうさすがにチェックはないかな、PCR検査の結果を待つだけかなと思いましたが、もう一度別の検疫官の前で座らさられ、最後書類チェックがあります。ここで確認されたのは、私のメアドでした。検閲官が、手元のiPadからテストメール送信するのですが、検疫官も初老の方で、目が悪いのか、最初メアドを読み間違い、パニックに。結局、"i"の小文字を一つ多く空目していたとのことで、無事確認メールがきました。確認メール送信元がGmailであるあたりに、本プロセスの付け焼き刃感が滲み出ていました。ここで「済」の赤いスタンプチェックシートに押されます。何が済んだのか、いまだによくわかっていません。

この初老の検疫官は男性だったのですが、ここに来て、私の対応をしてくださった他のスタッフ全てが女性であることに気づきました。そしておそらく3割ほどは、外国人女性おっさんテレビに出て「水際対策を頑張っている、だからオリンピック大丈夫だ!」とのたまってらっしゃいますが、実際その水際対策も、オリンピック関係者は素通りっぽいし、必死に回しているのは殆ど女性というわけです。それもおそらく非正規雇用の。

話が逸れました。最後QRコード確認があります。このQRコードは、厚労省が作ったウェブサイト個人情報を記入するともらえるのですが、私の場合、搭乗前に終えており、スクショをとってあったので、比較スムーズでした。断っておきますが、ここでの確認は、QRコードを持っている、ということだけです。適当QRコードを見せても通りそうなザルチェックでした。

そして43-44番ゲートに行きます。ここで、先程のQRコードスキャンするわけです。搭乗券の確認もここでやる必要があるので、無くさないようにしてください。ここで先ほど前の席に座っていた在日コリアン女性と再会します。私の場合関東圏、しかも自宅待機予定なので、割とあっさり終わりましたが、彼女は途中東地方を経由して、西の方に行く予定らしく、途中泊まるホテルの詳細など、いろいろと確認されてました。オリンピック関係者隔離しなくて良いのにね。

諸々の確認を終え、自分座席番号をもらい、PCR検査の結果を待ちます。待っている入国(予定)者の席はしっかりと2m離れているのですが、43-44番ゲートカウンターの裏の検疫官はそうはいきません。プラスチック遮断パネルの裏で、常に15人くらいの検疫官がひしめいてました。他人の「密」は不幸の味…というやつでしょうか。いやいや、検疫官の方には本当に頭が下がります

番号をもらった後、PCR検査の結果を指定座席で待つのですが、私の席から、先ほどのふたりアメリカ人が目に入りました。どうやらPCR検査を受けなくてはいけないのは、彼らも同じようです。まあ当たり前…ですよね。そしてぼーっと待っている間に、例のチェックシートSkype IDWhatsAppに使っている電話番号の記入を求められたにも関わらず、それらに関して何も確認されなかったことを気づきました。あれはなんだったのでしょうか。

30分ほど待った後、自分の番号が呼ばれ、38番ゲートに向かいます検査結果は無事陰性。ワクチンも受けていて、72時間前に検査もしていて、ここで陽性だったら再検査を求めたいレベルです。渡された葉書サイズピンク色の紙には陰性である旨が書いてあります。これを入国審査直前にしれっと立っている最後の検疫官に見せる必要があるとのこと。もうこれで終わりかと思いきや、最後に宣誓書(覚えてますか?)の提出をする必要があったのでした。これをやったのち、晴れてコロナ検疫は終了です。

ここまでざっと2時間くらいでした。おそらく相当速い方だと思います

私自身、水際対策を強化することは反対ではないです。でもどうせやるのであるなら、システム自動化して、チェックに必要人員を減らした方がリスクが減ると感じましたし、なぜか米国政府・軍関係者と、オリンピック関係者特別扱いされるところに、今の日本コロナ対策の最悪の特徴である一貫性の欠如」が表れていると感じました。

隔離生活が暇すぎて、長々と書いてしまいました。これからは、全ての入国者に3日間以上の強制隔離をするとのことなので、今回こそ一貫性を持って、全員ホテルに72時間ぶちこんでもらえると信じています

2021-06-04

Pythonを学んで一か月が経った

前にhttps://anond.hatelabo.jp/20210526121840を書いた増田ですが、Pythonを学んで1ヶ月が経ちました。

最近はPySimpleGUIを使いGUIアプリを作りつつ、更に自分業務を色々と自動化しました。

ついつい自分の書いたコードを見返しながら、そこからコピペして作ったりばかりで

なかなか自分記憶を引っ張ってコードを書くことが出来ていません。

最近Djangoの講座動画を見ながら、休みの日にちょこちょこコードを書いています

こういうのを学べば学ぶほど、サービスアプリを安定稼働させているエンジニアの方々への感謝畏敬の念ばかり浮かんできます

オチ特にありませんが、これからゆっくりやっていきたいと思います

2021-06-02

anond:20210602223351

あとは労働集約型の経営しかしたことない人は、

人間の頭数以外に投資するという意味わからんことが多いのかもなあ

自動化=悪みたいなことを考える人も相当数いる

一例としてExcelマクロ作ったらズルだと怒られるような話ね

2021-06-01

最低賃金が上がったら確実に起こる変革

外国人パートタイム労働者が多くいる現場ってあるよね。コンビニ飲食店あたり。こういう業界って特に労働コストいかに下げるかに興味があるところがほとんどなはず。

なのでもし最低賃金が上がり、こういう労働者を安く雇えなくなるぞ、ってなったら、少なから自動化が進む。最終的には完全無人化を目指すことになるだろう。

これって結構チャンスなんじゃないかなと。今まではやる意味がなかったAI革命必要に迫られて起こる可能性を秘めていると思うんだ。機械が人の労働を奪う、みたいなことを暗い未来みたく言うひといるけど、逆に今はひとがやらんでいいことが、ひとのコストが上がらないために進んでない感じがする。働かなくていい世界こねえかなあ。

2021-05-31

同僚の亀井って若造と共有で使ってるdockerコンテナにbaba-ni-mail.pyという名前スクリプトが常時起動してるんだが、中身を見たら、亀井の使うユーザーへのログイン状態が定時を過ぎていたときに、「おいババア今日残業で遅れっから」と自動送信するものだった。最近の若者はそんなもんまで自動化すんのか。

2021-05-30

anond:20210524183328

そんなPHPの二の舞になりそうなPythonがなんで流行ってるんだよって話だ

機械学習自動化なんてRubyでもできるでしょ。というかRubyでやった方がマシじゃん

なのに誰もアピールしない

広まってくれないと立場の弱い底辺プログラマRubyを使うのが難しいこともあるんよ

2021-05-28

いか会社の日々の業務ボトルネックであるところを改善しつつ

なにを自動化すれば楽になるかってところと常に考えて考えて突き詰めて業務改善

空いた時間増田を書くってスゴく生産性高くね?

ソニーテレビ工場自動化 23年度めどコスト7割減

これが成功したら、名実ともに工場における人件費問題雲散霧消し、

チャイナリスクを避けられる。

もちろん安い人件費で働いてくれた過去中国人労働者には感謝の念を忘れてはいけないが、

国の体制としていつまでも永久進化しない民度の国とは、

物理的に縁を切るというのがこれから世界の流れになると思う。

理想中華製品国内で閉じ込めてもらって、輸出禁止にしてもらうことだと思う。

https://ceron.jp/url/www.nikkei.com/article/DGXZQODZ2831A0Y0A221C2000000/

2021-05-27

anond:20210527100955

CUIバッチ処理という自動化ができて便利なんだ。

GUIインタラクティブ処理が主であって、バッチ処理も出来なくはないけど?レベルなんだ。

この二つは使い方が異なる機能なんだ。

anond:20210527142129

対話のものが色々あるって話ではなくて、対話無しのコマンドを組み合わせて自動化するのが簡単ってことでは?

業務用のネットワーク機器の設定は CLI のみで、対話無しの設定コマンドの羅列がデフォだよ?

anond:20210527102454

そういうとこはTeamsのListsとかSharepointリストつかってFlow自動化したりしてるな

2021-05-26

anond:20210526083319

PCの利点の一つは、コーディングすれば当該の作業などを自動化できることだと思うので、頭が良くなるかどうかはわからないけど生産性は上がる場合がある。

2021-05-24

機械学習ブームは本当に役に立つものが出てくるのか

結局、GoogleNVIDIAしか得しないのでは

Google場合、自社で抱えている大量のデータ活用方法するという目的がある。

データを集めたはいいが、それが使えなければ保存にお金がかかってしまう。


もう1つの目的は、膨大な計算機リソースを多くの人が必要と信じさせる必要がある。

Googleとしては、より多くのデータ計算リソースをかければ精度が上がる、と信じてもらえば稼ぐ機会が得られる。

国や企業研究開発費で稼ぐビジネスモデルだ。


またGoogleが抜かれないための布石でもある。

どれだけ計算機リソースをかけたかで性能勝負がつくゲームの中にいる間はGoogle地位は予想しやすい。

世界のどこかでGoogleを脅かすような大量の計算機を容易しようとすると察知することができる。

数人の天才Google社外にいたとしても、ワークステーションレベルで結果が出ない、という状況が続く方がGoogleにとって都合がいい。


Googleとしては、世間機械学習に注目してくれている限り、本当にハイインパクトな自社でやっているPJから目をそむけることができる。

今の機械学習の状況は、色んなデータセットが出てきているがベンチマーク競争しているところから産業に結び付けられてない。

多くのプロジェクトだと機械学習だけで予算を食ってしまうような状況だろう。

日本などは国家レベル意思決定でも振り回されてしまっている。


ベンチマークでの競争の中にいると、収益しにくい。

より性能が良い新しいのが出来てすぐ陳腐化してしまうし、ソフトで常にアップデートできるというが、その更新費用馬鹿にならない。


そして何より産業応用先がないのだ。

分類しようにもコンビニ100円均一にある商品全て認識して分類できるわけでもなく、もっと大雑把な分類しかできてない。

分類できる数を増やそうという研究もあるが、そもそも1円でもコストを下げようという分野には全然向いていない。


自動運転車くらい価格が高く、何十万か上乗せでもやっていける商品か、金融くらいしかない。


NVIDIAは手広くやっていて、リスク回避してる。

汎用品だから安心して買うというのもあるのだと思う。


アメリカの一部の企業が儲かるゲームに乗り続けている感

AIで多くの人が想像するようなことは機械学習の延長上にはない。

ブーム初期ならそれでも良かっただろうが、もう数年経っている。


人件費を抑えたい、自動化したいなど、ビジネス要求は色々あるだろうが、目的にあってないのに、なぜか乗り遅れないようにと多くの人が思わされる。

2021-05-20

Ruby言語息してる?

って思われてるよ

機械学習といえばPython自動化にも便利だとあっちこっちでよくわかってねーような奴まで騒ぐもんだからプログラミング初心者が不幸にもPythonなんかを使っているのをTwitterなどで見かける

Rubyの開発陣が美しい設計高速化にこだわるのはいいけど広めてくれんかね? 頼むわ

次のDHHみたいな神が現れないと過去言語になってしま

2021-05-19

anond:20210519230209

仕事を取られるとか、そこまで深く考えてない気がする。

自動化のために小難しいことを覚えないといけないなら、いままでどおり手作業のほうがいいとかその程度だと思われ。

システムリプレイスで、現場の声をよく聞いてくれって言われるけど「これをこうしたら効率よくなります」みたいな意見100%でてこない。

「(操作性を)なるだけ今までと同じにしてください。変えないでください」これが最優先事項。

2021-05-17

技術進歩物質的な貧困がなくなったらどうなるんだろうな

3Dプリンターによって建築に関わるコストが超低コストになって低所得者でも3LDKくらい余裕で住めるようになって、

物流ドローン配送などにより都会と田舎格差もほぼなくなる。

食糧生産自動化効率化が進んで誰でも栄養豊富で美味しい料理を好きなだけ食べられるようになって、

娯楽もサブスク無料コンテンツが今より豊富になって無料楽しいコンテンツだけでも消化しようにも全く追いつけないような感じに。

良質な教育コンテンツアクセスなども容易になって、少なくとも『教育機会の不平等』みたいなのも今よりは是正される。


そんな物質的な貧困がなくなった未来世界でも相対的貧困みたいな概念ってあるのかな。

その場合、モノやカネではなく人との関わりや属するコミュニティが貧弱な社会的孤立した弱者男性みたいな人間けが苦しみ続ける世界になりそう。

2021-05-14

anond:20210513094519

これと近い話かもしれないけど、「怠け者だから」という理由物事自動化するというエンジニアを見ることがあるが、あれほんと嫌い。

そういう仕組みづくりは脳みそを使ってるわけで、全然怠けてる訳じゃないよ。

自動化できそうなことを発見して、それを実践する。

これのどこが怠惰か。

でもそれをアイツらは怠けって言うんでしょ?

なんか自虐表現使って謙遜してるつもりか知らんけど、お前の適当謙遜他人パッシブ攻撃すんのやめろよと思う。

コンビニ自動レジに思うこと

今までははいくらになります、言っていわれたあとで店員さんにお金を手渡しするプロセスがあった。

だけど今はレジ打ち後に駅前のきっぷのようにお金を入れて店員は突っ立っている。

結局ゆくゆくは全自動化してゆく流れだという話なんだけど、そこにあった目線を合わせる行為がない。

例えば店員さんにお金を渡すときちらとでも顔は目に入るし、そうでないときでも手はみてしまう。

このときになんとなくこの店員さんはこんなひとなのか、がさつなのか丁寧なのかという感覚がある程度想起される。

少なくとも感じるものゼロではない

ところが、自動支払は商品レジ提示して向こうが適当機械をいじったらもううつむいてる。

こちらも想像するところも感じ入るところもない。

まさに今こうしてPCスマホに向き合ってる気分。

本来行為は値切りであったり、娘さん元気にしてるなんて会話が発生したり、今日は新鮮な魚が入ったよという呼び声があって、それ自体コミュニティだった。

今の商行為殆どコミュニティではないことは約一世紀過ぎてるから仕方ないにしても、商から人間を切り離す行為なんじゃないかと思ってしまった。

その行く突き先は資産管理、つまりビットコインなんかの仮想通貨

そこに人が全くおらず、金と商品けが回る世界

みんながめんどくさくなるので、むしろ宅配業者と話すなんてこともない。

実際自分宅配業者とは話さない。自分気持ち悪く感じるし、宅配のひとも迷惑だろうから

この世界観はカードを使ってるひとからしたら当たり前だったんだろう。

しかカードとはまた別次元の、ひとを介さな世界が出来上がろうとしている。

大衆大衆のためのコミュニティスペースを持つ場はどんどんなくなってる。

個人的に、全ての人間がテレワーカーになればいい、程度に考えていたものの、そうした光景が消えること自体にはもの寂しさがある。

ラーメン皇帝って自動化できないのか?

お店の人は仕込みに専念して美味しいスープだけに特化して、

麺茹でる、湯切り調味料入れる、スープ注ぐ、麺入れるって

これってほとんど機械化できそうじゃない?

現に湯切りマシンはあるんだし、

頼んでからお客さんに出てくるところまでは自動化して、

お店の人は仕込みやスープ作りに専念できるから

昼間の接客時間も仕込みのことを考えれるからめっちゃ集中できるんじゃない?

意外とラーメン屋さんってぜんぜん自動化されてないよね

2021-05-13

コロナワクチン接種の予約システムがひどい

はてなのみんなは想像ついてると思うけど、コロナワクチンの接種予約に関するシステムは相当ヒドい。

幸いこの国家プロジェクトに参加できるのは日本で6社~8社くらいしかないということなので、私の知っているものはその1つにすぎない。

まず前提としてコロナワクチンは2回接種する必要がある。

しかし予約受付システムはそのようなことはほとんど考えられていない。

単純に電話予約を受け付けたらオペレーター個人情報と接種会場と日時を登録する。それだけだ。Excelかよ。

予約の変更やキャンセルはできるようになっているが、それが1回目の予約なのか2回目の予約なのか画面には表示されない。

問題となるのが1回目と2回目の間は2週間空けなければならないという点だ。

みんながちゃんルールを守るとは限らない。

1回電話を切って、再び電話して2回目の予約を入れる人もいる。

そのときに1回目の予約日が分からないのでデタラメな予約をしてしまう人がいるのだ。

管理者権限で入れば見れるらしいのだが一般権限では見れないという。なぜだ。

そしてオペレーターには、まとめて2回目の予約もしてもらうように市民アナウンスするよう指示が出ているが、2回目も含めて予約してくれる人はほとんどいないらしい。

さて、そんな状況で自治体からシステムの導入を請け負っている地方SIerから上記説明と共に我が社に緊急支援要請がきた。

現在このシステムの隙間を埋めるための処理を人力でやっているが、あまりに膨大な数のためこのままでは担当者が死んでしまうことは見えている。

それを一発逆転するようなツールをいますぐ作って欲しいと会社に乗り込んできた。

念のため確認したが、このksシステムを改造することはできない。が、なんとかしてほしいという。

とにかく時間がないし、この依頼を拒否する権利は君ちには無い、と言わんばかりの気迫であった。

そもそもこの予約受付システムは本当に実在するのか?

というか担当者が使い方を間違えているだけなのではないか

そんな疑問は頭に浮かんだが、SIer様にそんなことを言うのは失礼なので言わなかった。

仕方ないのでWindows自動操作するツール自作ツールを組み合わせて多少自動化させてみたが、はたしてこれで解決するのだろうか。

全国で戦っている各種担当者に幸あれ。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん