「学位」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 学位とは

2018-04-21

法律に詳しくない法学博士別におかしなことではない

三浦瑠麗の件。

https://buzzap.jp/news/20180420-lullymiura-law-knowledge/

東京大学大学院法学政治学研究科 総合法政専攻博士課程を修了し、法学博士を取得しているものの、三浦瑠麗さんは農学部出身で自らの肩書きも「国際政治学者」。実は政治学が主分野で、法律についてさほど知識がないのかもしれません。

なんか「法学博士なのに法律知識がないの?」って言ってる人がそこそこいて、Buzzap! までその認識なのは流石にどうなの、って思ったのでちょっと書いてみる。

まず、日本大学の多くでは政治学法学部で教えられている早稲田大学明治大学には政治経済学部があるが、東京大学京都大学慶應義塾大学北海道大学名古屋大学、など有名どころの大学はたいてい法学部の中に政治学科あるいはそれに準ずるものを持っている。

まりそれらの大学政治学を専攻した人は、法学について詳しい知識がなくても「法学部卒」になる学位も「博士法学)」とかになる。そういうところは学部の内側で法学専攻と政治学専攻に分かれていると思うので、法学部に入学たからといって法律教育を受けているとは限らない。

なので、法学」の学位を持っている人が全て法律専門家とは限らない。ひょっとしたらアメリカ政治研究者かもしれないし、ドイツ近代史研究者かもしれない。あるいは政治哲学を講じているかもしれない。そういった人たちが日本実定法について一般人よりは多少詳しいよね程度の知識しか持っていなかったとして、それはまったく不思議ではない。

学部学位名称と専門分野がリンケージしないというのは割と多い。たとえば歴史学哲学心理学なんかは多くの大学では文学部で教えられている(社会学なんかもここに入るかな)。結果として、博士文学)」(ただし文学のことはよく知らない歴史学者)なんてものが量産される。文学知識がないのに「博士文学)」を名乗っているのは別に彼らの責任ではなく、日本大学学位授与のシステムがそうなっているんだとしか言いようがないし、三浦瑠麗の「博士法学)」も同じことだ。

もちろん、デタラメな法知識知ったかぶってひけらかすのは恥ずかしいことだし、著名人twitterでそんなことをやったら炎上するのはしごく当然であり、その点で三浦瑠麗擁護余地はまったくない。存分に恥をかくべきだ。

だが、法学博士なのに法律について無知なのか、というような責め方あるいはあげつらい方をするのはおかしい。東大政治学を専門に学んだ者の学位が「法学」になるのは彼女責任ではなく単にそういうシステムだというだけの話であり、政治学について多少なりとも学術書を読んだことのある者なら経験的に知っている知識のはずである。そのような責め方は許容することができない。

あと農学部卒なことをあげつらうと小熊英二に返ってくるぞ。彼も学部農学部出で修士から文系の院に入り、現在ではちゃんとその分野の学者として認知されている。学部まで理系として過ごしても、その後文転して良い業績を挙げているのなら何ら問題はないはずだ。もちろん学部教育というのは専門知のベースになるものであるから、「違う学部だったの? ああ、道理で……」みたいな事例が多々あることは否定しないが、三浦瑠麗憎しのあまり理系から文系に移ってきたという経歴を叩くなら反対する。似たような経歴を持つ別の学者のために。

なんというかもう、お前ら、流れ弾やめーや。

2018-04-15

anond:20180415002257

から学位がない人が人選する権利があるのかってそこをまともに反論してくれっていってるの。以上。

anond:20180415002325

学位のない教授とやらの方が歯ごたえあるの?

2018-04-14

anond:20180414231654

研究マインドがあるなら、主要大学にどれだけ学位のない教授いるか調べてみたら?

卒論レベル研究にはなるかもね。

anond:20180414233742

能力学位を同一視するその君の認識を疑うと言ってるわけ。

anond:20180414231654

自分天才かどうかじゃなく

選考に関わっている人間問題じゃないかな。

かに自分学位がないのに学位云々言うのはどうかと思う。

学位がない教授死ね

てめえが学位もってないくせに

学位がないからとかいって人の人生左右してんじゃねーよバーカ

おめえがまず博論書いてから偉そうなこと言えよボケ

学位がない教授は3年で契約更改しろよアホ

今すぐ辞職しろ

若手が死にそうなんだ

てめえ、ばーか

お前な、学位がないからとか業績がどうだとかいって

てめえが学位もってないくせに

学位がないからとかいって人の人生左右してんじゃねーよバーカ

おめえがまず博論書いてから偉そうなこと言えよボケ

学位がない教授は3年で契約更改しろよアホ

今すぐ辞職しろ

若手が死にそうなんだ

2018-04-11

https://anond.hatelabo.jp/20180411102505

「それ転職じゃなくて「転社」じゃないの?」

https://www.fhiroyuki.com/post-1290/


【 「転職」と「転社」を区別してほしい 】

https://school7.5ch.net/test/read.cgi/job/1204118065/



大学に入り直して学位取ってそれが未経験転職アピールポイントになるような社会だといいんだけど。

2018-04-06

anond:20180406090352

(日本IT系エンジニアとの前提で)

職業呼称としては文系だろうが高卒・中卒(せめて十分に結果を出しているなら)だろうが

エンジニアと呼んでいいのではないの?

ただし英語数学も実務に差支えないレベルではないとだめだろうけど。

理系学位を持ってないとエンジニアとは呼べない」という意見も出てくるが、

それは職業呼称としてのエンジニア工学学位としてのエンジニア

混同している単なるマウント

欧米諸国では「エンジニア」というと職業呼称というより

工学系の学位を持っていると解釈されるんだろうけどね。

2018-04-04

ホリエモンひろゆきが言いそうなこと

「あの放送大学ジジイババアがいくつ学位取ったとかいうの、いい加減美談にするのやめません?

 だって無駄でしょ? 単なる暇人自己満足じゃないですか。社会には何も還元されない」

2018-04-03

人体実験のはなし

戦時中人体実験論文学位を取った731部隊将校学位取り消しを求める記事を読んで、

凶悪犯罪死刑に相当する最低ラインを遥かに越える)を犯した人間は、

死刑ではなく人体実験素体になるという刑罰を設けるのはどうだろう、と考えた。

もちろん死刑を越える受刑者への恐ろしい人権侵害だとは分かっているが、

死んでも贖えないような罪を犯している人に対して、

人類の更なる医科学発展の礎になるという建設的な形で償ってもらうというというのは、

良いのではないか、と。

ただ、現行法の定める最大限の処罰レベルを引き上げる(死刑よりえげつないものにする)というのが、

他にどういう影響を及ぼすかの考えがあまりできておらず、

もしよろしければ批判的な意見をいただけると嬉しいです。

2018-03-28

本物と偽物の違いってなんだろう

妄想だけど

例えば俺は大学CS専攻だけど才能ないのが己でもわかるレベルの3流エンジニアだ。

どれくらい3流かというとRubyフレームワークは出来るけど未だにRubyが書けん、意味わからんレベル

しか正規教育を受けて学位ももらって資格も持っているから、ITエンジニアとしては「本物」になるんだろう

そして、あまり社会絶望感に焦って、貧乏人の底辺が一流大卒エリート偽装して某顔本で知り合った富裕層お嬢様と地上のもつれで殺人事件に発展した事件があったが

それをヒントに、人生一発逆転を狙ってあらゆる英語文献からアメリカ国防省サイトウィキリークス、怪しいロシアイスラエル海外軍事サイトを調べて

WWⅡから90年代くらいまでの、公開されている工作員諜報員教育マニュアルや訓練マニュアルを集めて自分翻訳して訓練をして(結局ITエンジニア英語サイトで漁るからこれくらいはできちゃうのだ)

同じようにSNSで一流私大卒のフリーランスITエンジニア偽装身分を作って、上級国民コミュニティに上手く潜り込み、世間出てないお嬢様と付き合うところまで行ったが、そのパパや周りの恋のさや当てをしてた男が怪しんで探偵雇って身分調査された結果、あまりにも完璧身分偽装をし過ぎて「これはただのチンピラ裏社会人間ではない、何らかの訓練を受けた本当に危ない人間じゃないのか」と勘違いされ、パパにチクられて公〇にマークされて24時間張り付かれて、転〇公〇で取っ捕まって、正直に洗いざらい話してなんとかわかってもらって23日後に釈放された際に

若いのに独学でそこまでやった努力は凄いと思うが、努力方向性おかしい」とお巡りさん説教された俺は、スパイだとかテロリストとしては本物なんだろうか、偽物なんだろうか。

妄想だけど世間定義が聞きたい。

念を押しておくけど妄想からな。

2018-03-26

anond:20180326232926

最近新人は怒るとすぐ辞めるから増田の用意してない、くらいだと、oh……、ってなるだけで怒りゃしないよ

あいいや、持ってきてね、ってなるだけだ。

まりプレッシャー感じないでいいからふつーに会社にいくといい

あのな、増田が思っている以上に、新入社員ってのはとんでもないのが多いぞ

書類用意してないなんてたいしたことないないw

会社も慣れてるから増田が思うほど気にしないよ

十年以上新卒の面倒を見ている俺が言う

大学中退して、親に迷惑かけた俺からしたら学位とって卒業したってだけでゴミ屑とは思わないけどね

親に顔向けが出来ない

大学卒業式で貰った学位記、家に置いといてもしょうがないので実家に郵送した。

さっき母親からメールが来て学位記を見て涙が出たとの事。

俺は親に迷惑しか掛けてない手の掛かるゴミみたいな息子だったから、その息子がようやく大学卒業して社会に出ると言う事で、感動とか色々あったんだろう。

世間一般では4/2から新社会人スタートだが、自分会社は少し違って一足早く明日入社する。

これから会社員として精一杯働き、そこそこ親孝行をしようと思う。




たがそれは叶わぬ夢だろう。

なぜなら俺はゴミクズからだ。

明日入社なのにも関わらず、社員登録表、住民票の控え、給与振込用口座の通帳、何一つ用意していない。口座に至っては開設すらしていない。10/1の内定式説明があって半年くらい時間があったのに何一つ用意していない。

こんなものはまず仕事ですらない。でもこんなことすら満足に出来ない俺は仕事もろくに出来ず怒られて嫌になって辞めるだろう。もしくはクビになるか。一ヶ月か二ヶ月か、まあ長くても三ヶ月で会社を去ると思われる。

そうして会社をクビになってノコノコ実家に帰ったら親はどう思うだろうか。特に、ようやく息子が社会に出て自分の手から離れ、学位記を見て涙するような母親はどういう反応をするだろうか。そう考えるとなんかもううつ病になりそうだ。これでは俺は親をぬか喜びさせただけのゴミクズである

とりあえず明日会社に行く自信がない。

行ったらまず怒られるだろう。半年猶予があるのに提出書類を何一つ用意していないんだから

そう考えると俺は明日の朝プレッシャーに押しつぶされてバックレるんじゃないかと思ってしまう。

しか初日からサボったらどうなるんだろう。完全に終わりだよな。2日目のほうが行きづらいし。

なんかもう嫌だ。 

2018-03-22

学歴というプライドを捨てろというアドバイス違和感を感じた。

科学系で博士まで学位を取った。けど、好きなことをやった結果取れたもんだしそういう意味学歴に対して全く執着がない。

なので職人系の仕事に興味を持ったとき研究職を辞めてそっちにいった。事務仕事もやったのだが、これがまぁできないこと。

どうも自分事務仕事が苦手で周りの人にかなり迷惑をかけた。

ほんと申し訳ないなーって毎日思ってたんだけど、ある時3つぐらい上の先輩に

「お前は学歴プライドありすぎるから事務仕事ができないんだよ。いか学歴プライドを捨てるかだよ、わかるか?」

と言われた。この時ほど、返答に困ったことはない。

寝耳に水というか、学歴プライドもつという発想すらなかったので返答にすごく困ったのだ。

なんで俺は学歴があるのにこんなことしなきゃいかんのだ、なんて微塵も思ったことはなくむしろどうやって先輩の様に仕事ができるか毎日考えてたぐらいだ。

から考えれば考えるほど的を得てないなぁと思うけど、本人がそう思うならそうとしか言いようがない。

今でもこの時の的確な返答がわからない。

2018-03-20

今日学位授与式なんだが

バッグって持っていかなくていいのか?

なんかクソどうでもいいことなのに不安で寝れなくなってる

普通に紙袋とか配られるよな?こっちが持っていく必要ないよな?

ググればググるほど卒業式には手ぶらで参加するのが普通みたいなこと書いてて焦る

普段手ぶらで行動しないから持っていったほうが安心するけど周り持ってなかったら浮くじゃん

正直卒業式めんどくさいししかたなく行ってやるって感じなのにこんなことで悩んでるのクソ腹立つな

教えてくれ

2018-03-04

なぜ日本会社学位取得を奨励しないのか

新卒採用においては学歴を重視し、採用後は実務と称してゴミみたいな資格をとらせるくせに、アカデミズムに金を出すメリット見出していない。

学閥の人脈と奴隷労働利益を上げられると思い込んでいる。

学歴とは階級しかない」「利益を上げることとは無関係だ」と高学歴採用された人でさえ思い込んでいる。

2018-02-28

anond:20180227230337

法律専門家でない私が件の判決の詳細を読んだ限りでは、人種で席を分けるのはダメ性別で分けるのはOKなのはなぜ?という疑問に到底応えられるものではなかったんだけど、解説できるならしてみてよ。それができないのに「専門家がそういってるから」で説き伏せようとするのは無理筋でしょ。

ザ・低学歴認識という感じでつらい。

まずあなた解説しても無駄です。自分で言っているようにあなたには専門知識がなく、またそれを処理する能力もないからです。

なぜか「私に解説できない方が悪い」と開き直ってますが、悪いのは学がないあなたです。判旨は十分に明快ですし、学部生でも難なく理解できるレベルです。あなたには学位レベル知識すらない。

別に学がないだけなら勝手にすればと思いますが、開き直って馬鹿にもわかるように解説しろと言い出すのは最悪です。

なぜ専門知識がないのに自分の方が正しいと思うのか、心底理解できない。

「私は医者じゃないけど、ゴホゴホするしこれは風邪に違いない。医者肺炎だと言っているが、肺炎ってなに?言ってることがよくわからない。つまり私の方が正しいのだ」

と言い換えればアホらしさが伝わるだろうか。

どうも法学は軽視されがちなのよね。

知識がないと、ゴホゴホする=つまり風邪だ!みたいな短絡的な思考しかできない。

属性で分けてる=つまり差別だ!とした元増田なんかその典型

「私は専門家じゃないから、私の認識の方が浅かったり足りないところがあるのかもしれないな、それはなんだろう?」的な思考を取れなければ、一生理解できないままですよ。

2018-02-25

anond:20180221203034

いい感じの学位あるならもうちょっと知恵を付けてくれ、お前以下のやつ部下に持ちたくないだろ

2018-02-21

新井紀子教授事件

これはもっと話題になるべきだと思う。

かなり大きなお金を取っている人だし、社会的制裁必要ではないのか。

以下、https://mywarstory.tokyo/academic-fraud/より引用

公式には新井紀子教授イリノイ大学博士課程を修了していない

イリノイ大学こちからtranscripts@illinois.eduに直接問い合わせてみたところ、以下の学位証明を送っていただきました。

新井紀子教授イリノイ大学では修士号しか取得していないようなので、公式には博士課程を修了していないようです。(ちなみに博士号は後に東工大で取得されたようです。)

たこちらは新井紀子教授の母校一橋大学におけるインタビューですが、先ほどと同様『博士課程修了』と公式とは異なるプロフィールが記されているのに加えて、『1987年に3年の修士課程を2年で修了』と、こちらもイリノイ大学には公式には認定されていないことを述べています

プロフィールを偽る人の言うことは信頼できるのか?

以前にも新井紀子教授について書きましたが、私は彼女に対して正しくない情報を流すことに悪気を感じない方という印象をより強くしました。

2018-02-19

anond:20180219031143

日本大学が甘すぎるんだよね。剽窃は非常に大きな罪っていうのを外国大学場合最初に叩き込まれる。

ワード以上同じ単語の羅列があればソフトにひっかかるから、って最初に言われたわ。

せめて同じ内容書くにも、4ワード繋げないようにするには言い換えたり内容理解したりする必要が出るから

そのくらいでひっかけるのは妥当だと思った。

論文剽窃なんて論外。同じ内容を引用するにも引用とわかるようにするか、色々とルールがある。

それも海外大学では普通に習ったけど、日本大学ではやらなかった。まぁ大学によるのかもしれない。

学位認定機関として甘いんだよね。日本大学教育は。

anond:20180218204936

業績については「研究者としての実績」に絞ってとりあげた。ただ文系若手研究者増田とは、「研究」の捉え方自体が随分違うようだな。

理系研究者を名乗るには必ず「まだ誰もやっていない新しいこと」を研究する必要がある。

文系でも同じですが。研究という営みの本質文系理系も変わらんでしょ。お作法がかけ離れているか相互理解が難しい局面があるだけで。一部の理系研究者の「お前ら文系研究とは何なのか正しく理解していないのかもしれないが~」みたいなナチュラル上から目線はほんと何なの?(あと、仮に百歩譲って理系文系で「研究」の本質がまるで違っていたとして、なんで問答無用理系の方が標準的であり正しいものなのだと思えるの?)

もちろん理系でもレビューや著書を書く人もいるが、それを皆がありがたく読むのはその人が最前線研究をしていることが前提だ。

いや、レビューオリジナル研究業績じゃないってのはその通りだけど、著書はオリジナル研究業績(でありうる)っしょ? 何度も言うけど三浦瑠麗論文や著書は読んでないので、どのくらいオリジナリティがあるのかは知らない。ただ文系では研究書は立派なオリジナル研究成果だ。博士論文書籍化なんてその典型。もちろん一般向けの本とかを書くひともいて、一般向けと専門向けの中間みたいなレーベル典型的には講談社選書メチエみたいなやつね。パンピー向けの概説書とガチオリジナル研究成果が混在してる)もあるから、そこにはグラデーションがあるわけだけど、著書がオリジナル研究成果じゃないというのは不当な言いがかりでは。

ひょっとして文系研究書とか見たことなくてどんなことが書いてあるかイメージ湧かない?(いや別に異分野の研究書を読んだことないのは悪いことじゃないけど、実物を知りもせずにイメージだけで語っていいんですかね、「理系」ってのはずいぶんと気楽なもんだ、と嫌味のひとつも言いたくなる)

理系から視線として、博論を除けば日本語レビュー啓蒙しか書いていない三浦瑠麗は「最先端研究者」とは見られない。

から、私そこは否定してないよね? 三浦瑠麗個人研究者としての資質をあげつらうならどうぞご自由に。私だって彼女政治学者として素晴らしいなんて微塵も思ってないし、私の知ってる(まっとうな)政治学者彼女学者として評価してる人なんて見たことない。でも和文は業績じゃないかのように扱うのはやめてね、っていうのが私の指摘の趣旨ですよ。彼女雑誌に書いた文章が全部レビューだってのは、ブコメでkyo_juさんが指摘したことであって、元増田最初和文しかない」ことを問題にしていたよね? そう言われたらそりゃ「和文でも立派な業績になりうる」と反論するに決まってるでしょ。「言語を問わずレビューしか書いてないなんて研究者はいえない!」という主張ならなんの異議もなかったよ。

いずれにせよテレビ研究者枠にはもっと実績積んでバリバリ研究している(あるいは過去にした)人を呼んだらどうかという話にはなる。

そこに関しても私はまったく否定してないよね。和文論文研究業績であり、また共著が研究業績としてカウントされないことは不当である、と言ったけど、三浦瑠麗の業績が学振PD東大講師、あるいはテレビ出演者にふさわしい立派なものである、とは一言も言ってない。あんなのを東大講師にするなら私の先輩たちに職を用意してやってくれよ、と思うし、テレビに出ずっぱりの「学者」がマトモな学者だった試しなんて滅多にないよね、とも思うけど、そんなの私や「文系」あるいは「政治学者」に言われても知らんわ。東大の人事は東大問題だし、テレビがロクに論文書いてない若手を連れてきて「社会学者」や「政治学者」としてチヤホヤするのはテレビ問題言論人として活動してる人を肩書だけ見て研究者と誤認するのは視聴者リテラシー問題でしょ。理系学位肩書がそういう怪しげなショーバイに一切利用されてないってんならともかく、現実には医学博士号を利用してニセ科学撒き散らしてるひととかいるよね。アカデミアが自由開放的性格を維持していく上では、アカデミアのハクを利用してそういうことをする人たちが出てくるのはどうしても避けられないんじゃね、って私は思うけど(まあ、アカデミアでは全然相手にされてませんよ、と表明する責務くらいはあるかもしれないけど、それはもう色んなひとがやってるよね)。

文系増田日本研究者日本語論文が読まれないことの解決策として日本語論文の良さを英語論文内の引用アピールするという案を提案しているが、理系から見たら不効率まりない。一つの研究分野に標準言語がいっぱいあったら世界中学者言語習得に苦労するだろう。

うんだから文系研究者が色んな外国語勉強してるのはそういう事情があるわけ。たとえば西洋古代史を研究するんなら、まあ英語に加えてフランス語ドイツ語研究文献を読めないと話にならんわなぁ。一つの研究分野に標準言語がいくつかあるのは文系だと割と普通で(古代中世に関する研究だと権威ある学術言語がいくつもあってどれかひとつに決められなかったりするし、複数国にまたがる地域や事例を対象にしている場合なんかは一意に定めることが不可能なのは流石にわかってくれるよね?)、その中で日本語地位が低いことをどう捉えるか、だよねぇ。

これに関して、日本語を諦めて別の言語で書くべきだ派と、日本語地位を高めていくべきだ派と、日本アカデミアを最優先に考える派(これが実のところ多数派だろうねえ)がいるんだなと私はぼんやり思ってる。私が見ている範囲では、現代日本文系研究者多様性は、アメリカイギリスほどじゃないにせよフランスドイツロシアとは肩を並べられる水準にあるんじゃないかな。日本史英文学からアフリカ人類学オセアニアの少数言語中央アジア歴史、とあちこちの分野に手を伸ばしていて、アメリカ人フランス人ドイツ人がそうできるように、自分たち言語でそれらの分野の最先端研究成果を手にすることができる。東アジア中央アジアからは、自国のことを研究するために日本に来て日本語博論を書いて自国教授になるひともいるんだよ。これは、欧米人が読めない・読もうとしないってだけで捨て去るには勿体無い環境だと私は思うけども。

もちろん、日本研究を専門としていない欧米人日本語をわざわざ読ませるのは難しいだろうけど、たとえば日本論文につけられた欧文要旨なら彼らは読めるし、和文で書いたもの翻訳して欧米人にも読めるようにしている研究者だっている。どうやら俺らには読めないがチェックすべき先行研究日本にはたくさんあるようだ、と彼らが認知すれば、いずれ彼らの側から、じゃあ日本語読めるやつに翻訳してもらおうとか、そういう話が出てくるかもしれないし、せめて「読んでないけどこういう先行研究があるらしい」と書かれるようになるかもしれない(これは重要なことだよ。「気づかれない」と「読まれない」はぜんぜん違うんだから。この辺はウンベルト・エーコが書いてたな)。地位向上って、そういう積み重ねの上に成り立つものだと思うんだよね。

こういうプロセスって、文系だけじゃなくて理系にもあるよね。たとえば、優れた魚類学の論文アメリカ人日本語翻訳してまで読みたがったとか、和文論文をチェックしなかったせいでアメリカ人が大損こいたとか(http://shinka3.exblog.jp/8059554/)。それに英語が標準言語になったのは、せいぜいがここ半世紀程度の流れにすぎない。その前はドイツ語とかフランス語とかロシア語とかも有力言語だったけど(たとえば、ちょっと前にサザエの新種記載がされたときは、18世紀フランス語の本が引用されてたよね→https://www.okayama-u.ac.jp/tp/release/release_id468.html)、英語頭角を現してきて残りの言語は標準言語とは見なされなくなっただけで、別にからずっと英語が標準言語だと決まっているわけじゃないし、今後もそうなるとは誰にもいえない(数十年したら欧米人中国語で作文するようになるかもね。そうなったら英文業績しかない人が「中文論文を書いてないなんて!」と馬鹿にされたりするのかな)。日本産動物種の研究だと英語論文和文論文引用されてるのもちょくちょく見るし(網羅的にたくさん読んでるわけじゃないので、私の錯覚だったらごめん)、標準言語統一されてないとダメだ! というのは近視眼的見方だと思うけどなぁ。

いくら書いても読まれないんじゃ意味がない、という元増田感覚はわかるんだよ。というかそれは文系研究者にとっても当然のことだと思う(そりゃ全員が意識高いわけじゃないけど、それは文理問わずだよね)。繰り返すけど最近の若手研究者には外国語積極的に発信しているひとが大勢いる。ただ、日本国民1億人が最先端研究成果を自分たち言語で読めて、どんな地域研究だって自分たち言語遂行できる、という環境が、無意味なこととは私は思えない。増田は、日本にまつわるテーマなら標準言語日本語でもいいんじゃないか、と言った(これは良い感覚だと思うので大事にしてほしい)。でもたとえば、ツキノワグマ研究ホッキョクグマやマレーグマの研究と繋がっているよね。日本史研究する上で西洋史探究されてきた研究モデル概念意味を持つことだってある。国文学だって世界文学の中に位置づけられる必要があるだろう。外国政治についてなんの情報もなしに、自国政治改革ができるだろうか? 外国の失敗や成功についてしっかり学ぶためのツール必要なんじゃないか? ジャーナリスト政治家欧州統合アフリカ経済アメリカ大統領選について勉強しようと思ったときに、日本EU研究者アフリカ研究者アメリカ政治研究者がみんな英語論文を書いていて、日本語にはあっさりした概説書しかない、というんじゃ、不便じゃないのかな。そういう意味で、日本語による研究発表は、世界で読まれていないのだとしても、社会貢献としての意義はけして小さくない、と私は信じてるよ。

2018-02-16

電話の取り次ぎで気になったこ

社内でいくつか部署を異動してきたんだけどさ、いちばん雰囲気よくなかった部署での話。

10人くらいの小さい部なんだけど、部長にあたるやつが言い合いに勝つことだけを目標として生きるバカだった。

そこでまず気になったのが電話の取り次ぎだ。基本的にみんな電話に出ねぇ。

仕方なくときどき電話取るんだけど、異動したての俺に掛かってくる電話なんてほとんどなくて取り次ぐために取るの。

学位餅の中堅正社員なんだけど、なんでこんな仕事してんだろうと思った。出ろよ後輩よー。

しかもさ、上も下も電話取り次ぐと嫌な顔するわけ。いや電話に出たくないのはわかるけど、まず取り次いでくれた俺に礼を言えよ。

パワハラ上司罵倒されることになれきった無能巣窟という感じだった。

なにが人にとって迷惑なのかとか、感謝すべきなのは誰かとか、憎むべきはなにかみたいなのを自分のアタマで考えるのをやめてたんだろうなー。

パワハラがいると人は考えることをやめるんだなーと思った。

anond:20180215150526

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん