「わたし」を含む日記 RSS

はてなキーワード: わたしとは

2021-03-01

anond:20210228202002

アラフォー専業主婦です。うちの夫がわたしに対して思ってるであろうことです。

自分勝手ほとんどの事を判断する

・決定の前にこちらに意思確認してくるが、仮に否定しても言いくるめて自分意見を通す

お金管理には細かい。ただし自分ルール

さらおやつ趣味のものなど、自分が興味ない嗜好品を買うときは、非常に口うるさい

子供風呂時間に間に合ってしまうと、こちらに選択権を持たせるふりして無言の圧力かけてくる

・機嫌が悪くなると世の中のすべての事象辛辣になり毒を吐く

自分が悪いことに対しては笑って謝って先回りして反省の言を述べ、軽くすませようとする

・僕が注意すると何十倍もの屁理屈が返ってくる

全てのSNSはお互い一切知りません。

最後重要なことを書くと、おそらくうちの夫はあなた奥さんのような妻を希望してるように思います

世の中そういうもんじゃないですかね。

必読書コピペマジレスしてみる・自分オススメ41冊編(3)

戻る→anond:20210301080139

E・M・フォースター「ハワーズ・エンド

「人をたくさん知れば知るほど、代わりを見つけるのがやさしくなって、それがロンドンのような所に住んでいることの不幸なんじゃないかと思う。わたししまいには、どこかの場所わたしにとって一番大事になって死ぬんじゃないかという気がする」

つの家族の間を行き来しながら、人間記憶や、場所への執着を捉えた文章。それはまるで、漱石のいいところだけ抜き出したような文章だった。

ところで、同じ著者の「インドへの道」もいい。これは大英帝国支配下インドで、未婚女性が現地の男性暴行されたという疑惑を巡る話だ。女性を守ろうとする騎士道精神排外主義が結びつき、支配者と被支配者の亀裂が広がる様を描く、不幸にして極めて現代的な作品である冤罪をかけられたインド人が、「誰があんな不美人な年増を」と心の中で毒づくの、とても嫌なリアリティがある。たぶん、帯を工夫したら売れるし、どっちの「弱者」がより保護されるべきか的な話題で定期的に盛り上がる増田住民にも刺さるんじゃないかな。

ニコルソン・ベイカー中二階

切れた靴紐を昼休みに買うだけの、注釈だらけの何だかよく分からない小説。細やかな観察眼と都市生活者が思わず共感してしまう日々の経験で、要するにあるあるネタで延々と読ませる。すごい。こういうのが現代文学なのね、みたいに一席ぶつのにも使えるかもしれない。

真面目な話をすると、文学はいろいろな機能があって、それは作者の意図とはかけ離れているかもしれないのだけれども、その結果的機能の一つとして、その時代言語化されていないもの文字化するというのがある。だから文学賞を受賞した作品からと言って、実は今の自分が読んでも面白いかどうかは全くの別問題なのだ文章が巧みで、いかにも知的主人公知的な悩みを描いた文学けが主流な時代は終わっているのかもしれない。そういうのが好きな人古典で充分であるし、逆に言えばいろんな立場の人のきれいごとではないこじれた気持ちが知りたければ現代文学面白い

ヘルマン・ヘッセ車輪の下

理由は書かないが、自分は周囲の期待を一身に背負っていたエリート挫折する話が好きだ。前途有望な若者が、将来を棒に振ったり挫折したりする筋書きに対するこの偏愛ゆえに、自分は「ゲド戦記第一部の前半部分や「スターウォーズ」のエピソード3に対する執着がある。

生きていくとは何らかの失望を味わうことであり、時間をかけてそれらを味わいつつ咀嚼していく過程であるのだけれど、こうした自分のどうにもならない感情言語化した先行作品があることで、自分孤独ではないとわずかな慰めが得られる。

ホルヘ・ルイス・ボルヘス伝奇集」

「鏡の中の鏡」「魔術」「薔薇の名前」などの元ネタとなる作品を書いた人。「バベル図書館」は聞いたことがある人もいるかもしれない。

非常に濃密な短編を書く人で、このネタで長篇普通に書けちゃうだろ、みたいなネタをそのまま短篇調理する。どの作品も非常に濃密で、読み解くのにエネルギーがいる。文体は簡潔で、物語必要最小限の描写できびきびと進む。ただ、具体的に何が起きているのか、そしてなぜそうなったのか、その設定の意味は何か、を追うには読者に教養要求される。読破すると、それ以上のものが得られる。読み終わったらカルヴィーノだとかスタニスワフ・レムの「虚数」だとかミロラド・パヴィチ「ハザール事典」だとかそういう沼にようこそ。

ジョン・ミルトン失楽園

キリスト教文学の癖にルシファーがめちゃくちゃかっこいい。地獄に落ちても神への反逆を続けよとアジる場面は音読したくなる。そのくせ、彼の弱く情けない姿もまた魅力的だ。アダムエヴァ楽園で楽しげにしているところを見て、自分には愛する伴侶もなく、人類に与えられている神から恩寵も既に失われたことを嘆く場面もまた、声に出して読みたい。そして、彼は人類への憎悪嫉妬のゆえに、アダムエヴァ堕落させる。この叙事詩の主役はルシファーだ!

紫式部源氏物語

好きなヒロイン六条御息所自分の意に反して生霊飛ばし他人を苦しめてしまうことに悩むのがかわいそうでならない。今でいうなら、好きという感情コントロールできなくて、それでも好きな人が振り向いてくれなくて苦しんでいるタイプで、感情エネルギーが強い自分としては大いに共感する。

他に好きなキャラクターというか、嫌なリアリティがあっていいと思うのは薫で、その優柔不断さがいい。「この子とつきあいたいけど、でもこの子そっくりな別の子はい雰囲気だしなあ」みたいな優柔不断というか欲深さは、男性心理をよく観察していないと書けない。そういう意味で、自分の中では紫式部評価がすごく高い。

アルベルト・モラヴィア軽蔑

情けない夫が不機嫌な妻に、お前それだけはやっちゃダメだろ的な行為を延々続け、妻から完全に軽蔑され、とうとう上司に妻を寝取られしまうだけの話で、一人称視点から延々と繰り返される言い訳はひたすらに情けない。ねえ、僕のこと愛してる? 嫌いになっちゃった? と尋ねまくって、わかっているくせにとぼけないで! 今忙しいから後にして! うるさいからほっといて! もう愛してないったら! あなた軽蔑するわ! と怒らせるのは、完璧反面教師であり、ギャグすれすれだ。

しかし、作者は妻のことを相当恨んでたんだなあ。

サマセット・モーム人間の絆」

身体劣等感を持つ主人公が、付き合うだけで不幸をもたらす浮気性の彼女を振り切って、幸せにしてくれる女性を見つける話。多くの人が何かしらのコンプレックスを持っているし、何であん自分に敬意を払ってくれない人を好きになったんだろうって記憶を持っていることだろう。王道過ぎるといえばそうかもしれないが、結婚してハッピーになる王道何が悪い

マルグリット・ユルスナールハドリアヌス帝の回想」

ローマ皇帝自分の治世を振り返る体裁でありながら、欺瞞自己満足をさほど感じないのは文体のせいなのか。時代性別文化言語も超えて、別の個人に憑依しながらも、己を見失うことなく語る著者の声は、他人視点に立って(歴史小説を書くとはどういうことなのかを、これからも厳しく問い続けることだろう。

中年や老人にならないと書けない小説がある。そして何年もかけて書かれる小説があり、構想から数十年が過ぎて着手される作品もある。そうした重みを持つ文学作品がどれほどあることか。

技巧も素晴らしく、文体も素晴らしい。こうした作品に出合えるのは、年に一度か二度だ。

吉田兼好徒然草

説教臭い頑固おやじブログ基本的には仏教説話が多いが、それらに交じって挿入される、「〇〇という迷信には典拠がない」だの「〇〇という習慣は最近のもので、本来のありようや精神とはかけ離れている」だの「〇〇という言葉語源を考えれば正しくは〇〇と言うべきだ」だのが、まさにその辺のおじさんがいかにも言いそうなことで面白い

ただ、それだけじゃなくて、第三十九段の「或人、法然上人に、……」のエピソードは、「とりあえずできるところから頑張ればいいじゃん?」的な内容で励まされるし、十八段の「人は己れをつづまやかにし、……」は身軽に生きていくことの幸せさを教えてくれる。

ジュンパ・ラヒリ「その名にちなんで」

最高だった。ラヒリ大好き。体調崩すレベルで刺さった。アイデンティティの混乱という古典テーマもさることながら、ラストシーン過去と不在の人物記憶が、そして小説の全体が何気ないものによって濃密によみがえってくる様子がすばらしい。そのイメージプルースト以上に強度があるかもわからない。

これは、インテリインド系(ベンガル人移民第一第二世代の話なんだけれど、読んでいるうちに海外赴任者の寄る辺なさを思い、つまりイギリス暮らしていた自分の両親の境遇勝手連想させられ、ついつい感傷的になってしまった。随分と勝手な読み方だが、小説の読み方はいつも私的ものから構わないだろう。

外国では気候も習慣も何もかもが違う。両親の教えることと学校でやることが矛盾していて、両親が里帰りしても子供たちは故郷のノリについていけない、ってのが、すごくパーソナルなツボをついてくる。こういう経験がなくても、地方と都会として読み替えると、増田でいつも議論されている話にも近づくんじゃないかな。

H・P・ラブクラフト時間からの影」

正直なんでこの時代ラブクラフトを読むのか、というのはある。人種差別主義者だし、排外主義者だし、クトゥルフ物はパターンが決まっているコントみたいだし(人類理解できない名状しがたいものに触れて発狂するのが基本的オチ)。でも、彼の持っていた宇宙の巨大さと人類の取るに足らなさという感覚は、まさにセンス・オブ・ワンダーだ。そして、「人間感情の中で最も古くて強いのが恐怖であり、その中で最も強いのが未知のものへの恐怖である」という言葉の通り、究極的には理解できない「他者」という存在の恐怖にまっすぐに向き合おうとしたことを何よりも評価したい。

この作品が好きな理由もまた、不気味なクリーチャーが非常に知的であり、かつ知識欲が旺盛だということによっている。

U・K・ル・グインゲド戦記

一巻から三巻までは、ゲドという人物自我確立に始まり他者を助けることや世界を救う英雄行為が扱われる。しかし、実はゲド戦記は第四部からが本番なのだ。あらゆる魔法の力を失い無力な存在となった彼が、魔法のある世界いかに生きていくか。これは、老いに直面する男性物語だ。

そして第五巻! ゲドの生涯で一番の功績が、実は重大な誤り、人類傲慢に過ぎなかったのではないか、という仕事に生きてきた男性には非常に厳しい可能性が示される。

しかし、ル・グインはゲドにとてもいい歳の取らせ方をしている。果てしなく努力をすれば、男性女性を、女性男性理解できるのだと作者はどこかで述べていたが、その希望を見せてくれるし、そこに女性作家を読む喜びの一つがある。

男性気持ちがよくわからない女性にもオススメしたい。

ジュール・ルナールにんじん

いわゆる毒親について書かれた小説なんだけど、ねちねちしていなくていい。文体は軽く、描写も簡潔。だからこそ、彼の育った環境の異常さが際立ってくる。なんでこんな親子関係なっちゃったかについて掘り下げられることもほとんどない。

そして、暗鬱なだけの作品にならないのは、にんじん少年の異常なたくましさだ。ひどい目に合っても受け流し、冷淡な母から何とか愛されようともがいている。読んだときの年齢によって、感想は大きく変わるだろう。

以上。五十音順計算を間違って40冊の予定が1冊増えた。書いていて非常に楽しかった。

2021-02-28

anond:20210228123000

「へえ、女の人ってこういう感じなんだ。

わたしもそうってことなんだ。

じゃあ決断は早くしたほうがいいってわけね。はい離婚

これで2文以上クソにしゃべらせなくてすむ

時間からないけど楽しめる趣味なにかないかなあ。

子どもが生まれからというものモンハンみたいなガッツリ時間をとるゲーム全然できなくて、ポケモン剣盾がギリギリ。追加コンテンツは買ったけどできてない。もともと漫画とか本を読むのは好きだからKindleで買って少しずつ読んだり。あとpixiv見たり書いたりはしてるけど、なかなか時間が取れなくて。本当はもっと時間をかけて創作活動したいんだけどな。

時間を使わない趣味として、香水がつけてれば自然と楽しめるし時間経過でも楽しめるし、いいかと思ったんだけど、夫にやめろと言われてしまった。

でも夫はさすがにモンハンまではやらないけど、FF14をやり続けている。わたしにはやる時間がないのになと思ってしまう。

恋愛だの結婚だのを諦めたい。

諦めたいけど、まだまだそういうのを選ぶ人がマジョリティからそこから外れるのがこわい。選択肢を減らすために、閉経したい。「子ども産めないなら、もうわたしには無理だな〜」って諦めたい。人生、ひとりで生きるのには長すぎるよ〜。3年で契約更新にしてほしい。平均寿命死ぬ仮定しても、あと50年くらいある。ひたすら長いよ〜。親も死ぬ中途半端に生きてても困る。中途半端に生きてても困るって思うのも、悲しいな。わたし中途半端に生きて迷惑掛けるかもしれない。怖いよ〜。怖いよ〜!!!

どうやら首相がたよりないらしく「はやくきて~はやくきて~」と泣き叫んでいる内閣メンバーのためにわたしははとんずらを使って普通ならまだ付かない時間できょうきょ参戦すると

「もうついたのか!」「はやい!」「きた!山田きた!」「メイン山田きた!」「これで勝つる!」と大歓迎状態だった

子供に馴染めない

8歳の娘が夫と性格や好みが似てる。母親わたしは1人でマイペースに過ごすのが好きだし、3人家族の中ではわたしはあまり馴染めないや。いつも、他人と話してる時みたいに気を遣わないとなにを言ってるのかよく理解できない。

別にいいし、嫌いなわけじゃないけど。家族でも馴染めないことってあるんだね。

娘とはおもしろいと思うことが違うから、長い時間一緒にいると疲れる。

それでいい、ってしないとお互いに良くないから、適度に距離をとっている。

いつか1人で家を出て猫と一緒に静かに暮らしたい。

夫があまり働かなくてギターばっかり弾いて楽しそうにしてるのもなんか馴染めない。おもしろポイントが違う。自分だけ真面目に働いてバカみたいに感じるのかな。静かに暮らしたい。

anond:20210228085908

それこそ「うっせぇわ」なんか、若者鬱憤を感じさせる歌詞だけど、だまっとけ、わたしイライラをほっとけ、くらい止まりだな。

その怒りはそこで止まっていいのか?みたいな。

anond:20210228091519

まどマギなんかはさ、結局「自己犠牲」に帰着しちゃってんだもん。わたしあなた関係性を軸に、歪みを正すための自己犠牲。つまらん。

これってほんとにみんな見えてるのかなー

 おーーい!!!みんな!!! いま何してますか??!!  好きなひらがなは?? わたしはぬ! 子供名前にするにもバリエーションが少なくて困る!! まあいろいろお疲れ様ー!電車今日隣にいたかもしれないと思うとすごくない? 運命かもね〜 毎日しんどすぎるけど明日以降も耐えてこう! イェイ!

2021-02-27

anond:20210227042214

残念なお知らせかもしれんが、クラスメイトお前にびたいち興味がない。

いじめたこともさっぱり忘れてるし、仮に思いだしても「なんでわたしあの頃あんなことが楽しかったのかな?」ぐらいに思ってる。

罪悪感はないが、またやりたい気持ちもない。

お前のことなど思い出しすらしてない。結婚報告聞いても名前と顔が一致しない。

 

いじめなんてそんなものだ。

そんなものからいじめることができる。

anond:20210227071828

こういう大事儀式 式典で

人を騙せる人を、わたしは伴侶にできると思えない

支援したと思われる疑いをもたれた自分責任は取るが

私は他人を騙すことを良しとする人を不誠実だと思う

大学院に行くのがシンドイ

気持ちが落ちつかなくて、twitterの140字では収まらなくて、ずっと見る専だったここに初めて書き込む。

受かった大学院行きたくない

わたしの専攻は入試的にはゴリゴリ理系だったし、宮廷レベル大学なので周りはみんな院に行く。それでわたしも3年生の12月までは自分の専攻の大学院に行くつもりだった。でも、わたしの専攻はいわゆるピペド的なやつ。企業連携している専攻もあるらしいけど、わたしのところはそうではなく色々ググったら就職の役には立たない事を知った。専攻で学んでることは好きだけど、卒論もやってないのに研究修士二年やれるのかわからないし、その後就職する見込みがないなら院行く意味ないと思って、4-6月卒論進めながら教授かに相談して決めようと思ってた。

そこにコロナが来た。

4月から大学は必修授業のない学生立ち入り禁止で、教授とは一度も顔会わせず月一の研究計画書の提出と添削だけ。これがずっと続いたらやばいと思った。研究に向いてたらいいけど、向いてなかったら二年地獄だし、zoom会議もしてくれない教授研究室なんて…

この時点で誰かに相談すればよかったんだけど、友達とか全然いないタイプ人間なんだ。同じ学部に話したことある人はいないし、軽音サークルの人とは音楽の話しかしない。就職課やエージェント?に相談する勇気もなく、教授コンタクトをとる方法がわからなかった。ってか、レポートとかじゃない私用でメールを出すにはメール送信許可事務にもらう必要があると思って必死HP申請書探してた。今思えば阿呆らしい。

三年の時民間インターン10回くらい?申し込んでいたけど、いつも適性検査で落ちていたか民間は無理だと諦めてしまった。

座学だけは出来たので、色々ググった結果公務員試験なら受かると思ってギリギリで申し込んだ。初学の法学区分で受けたけど、試験が遅れたおかげもあって余裕で通る。でも、面接で全部1日目で切られた。で、公務員試験が遅れたから、官庁訪問終わった時点で院試の出願期限三日前。公務員試験クリアすれば官僚になれると思ってたんだよね。こんなことな地方とかも出しとけばよかった

それで院試出そうと思ったけど、やっぱり研究に適正あるかわからんし、ブラック研究室匂いがする。迷ってとなりの研究室にアポ取ったら、去年の研究不正処分がまだ決まってなくて実験許可がでないかもと言われた。今いるm1は秋には全員研究移籍するらしい。そんなことある?色々調べてるうちに出願期限、不戦敗なっちゃった

秋に卒論やりながら、自分にはそこそこ研究適正あるなって自信がついた。

で、似たようなことやってる文理横断系の地方大の院を見つけて藁にもすがる気持ちで出願した。

でも、受ける前からずっと行きたくない気持ちがあった。その大学じゃ文系の院卒だし、そもそも専攻自体就職いから、文系院卒じゃ未経験就職キツイって聞く。だいたい、それやるのになんで地方行く?っていう話。今の研究室より確実にランクも落ちる。でも、今年の卒論優秀賞も貰ったのに留年するのも嫌で、受けに行ってアッサリ通る。

卒業決まって進学先に挨拶とかしなきゃいけない、それがマジでしんどい。贅沢な悩みよね、留年すればよかったじゃんって声が聞こえる。学部内で優秀な方だっていうくだらないプライドだったな…院のあいだに会計士でも取ろうかと思ってるけど、その時にはもう同期には追いつけないだろうな

2021-02-26

anond:20210226211147

はいわたしbotではない増田です。

あなた人間ですか?

ワタシはニンゲンデス。

安全のために移り住んだ約束の地には障害者がいなかったんですよ

わたし障害者を避けたわけじゃありません

安全を追求しただけです

anond:20210226124437

わかるわかる…

後ろから抱きつかれて力一杯乳をわしづかまれたり※痛い、スカートの中手つっこまれたり、思い切り腰擦り付けて前後に動かされたり、振り解いても全力疾走で追いかけられたりして、自分小柄だから相手がすごく大きく感じたし実際自分より大柄な子ばかりでしかも力もものすごくて、本当に恐怖だった。

しかも、こういう時って大抵保護者そばにいるのに、うふふよかったわね、仲良くしたいのねぇ〜、って微笑まれてたわ。

衝動を抑えない息子が全く知らない他人の女に乱暴働いてるのにそれが天使に見えてんならマジであんたらの世界狂ってる!って思ってた。

送迎バスの日安全なんだけど、たまに練習のためか電車使う時あって、その時は本当走って駅から逃げ出して割り勘でタクシー乗って自衛してたよ。

今もひとりでいる時に同じ空間知的障害持った人がいると身がすくむよ。車両変えたり場所移動したりするのが差別って言われるなら、わたし差別する側の人間で良いや…と諦めてる。

anond:20210226124437

わかるわかる…

後ろから抱きつかれて力一杯乳をわしづかまれたり※痛い、スカートの中手つっこまれたり、思い切り腰擦り付けて前後に動かされたり、振り解いても全力疾走で追いかけられたりして、自分小柄だから相手がすごく大きく感じたし実際自分より大柄な子ばかりでしかも力もものすごくて、本当に恐怖だった。

しかも、こういう時って大抵保護者そばにいるのに、うふふよかったわね、仲良くしたいのねぇ〜、って微笑まれてたわ。

衝動を抑えない息子が全く知らない他人の女に乱暴働いてるのにそれが天使に見えてんならマジであんたらの世界狂ってる!って思ってた。

送迎バスの日安全なんだけど、たまに練習のためか電車使う時あって、その時は本当走って駅から逃げ出して割り勘でタクシー乗って自衛してたよ。

今もひとりでいる時に同じ空間知的障害持った人がいると身がすくむよ。車両変えたり場所移動したりするのが差別って言われるなら、わたし差別する側の人間で良いや…と諦めてる。

ひねくれた無能陰キャ女子大生キラキラダンスサークルに入ってしま

間違えた、雰囲気が違う

みんなお洒落ご飯屋さんに行っては写真を撮り、旅行に行っては写真を撮り、彼女たちのインスタはカラフルに色づいている

高校までずっと教室の端にいた喪女わたしはどこか彼女たちのことを見下していた、というか、「チャラチャラしやがって」とどこか思っていた

でも練習が始まると彼女たちは私よりもずっと真面目で真剣で、「キラキラダンスサークルに入ればキラキラできるだろう」と思って入部した私のほうがダメなヤツだということが日々突きつけられていき辛かった

ああああ。

ひねくれた無能陰キャ女子大生キラキラダンスサークルに入ってしま

間違えた、雰囲気が違う

みんなお洒落ご飯屋さんに行っては写真を撮り、旅行に行っては写真を撮り、彼女たちのインスタはカラフルに色づいている

高校までずっと教室の端にいた喪女わたしはどこか彼女たちのことを見下していた、というか、「チャラチャラしやがって」とどこか思っていた

でも練習が始まると彼女たちは私よりもずっと真面目で真剣で、「キラキラダンスサークルに入ればキラキラできるだろう」と思って入部した私のほうがダメなヤツだということが日々突きつけられていき辛かった

ああああ。

増田からのお願いです

「これは差別ではないか」と差別を提起するときは、『わたし差別を〜と定義する』から始めて論じてください。

anond:20210226142208

そっか

あなたがそう思うならそうなんでしょう。

わたしは見ないので知りませんが。

ただ感想文としてぼんやりし過ぎているので、もう少しブラッシュアップできると良いですね。

anond:20210226141531

増田

増田やめた方があなたのためですよ

わたしあなたのためを思って言っています

anond:20210225234836

男という奴隷を得るために戦ってるんだから、女にとって交際投資無駄じゃない。

女は男という奴隷を得るために戦っている

一般不可能。「女の中には〜戦っているものもいる。」と書くべきではないでしょうか。

奴隷を得るための交際投資

→そうかもしれませんね。

投資無駄じゃない

→そうでしょうか。

優秀な子供を得たいなら、

はぁ。あなたは優秀な子供が得たいんですか。

自分よりも

・多くの女を誘う優秀な体と顔を持つ遺伝子

・快適な環境提供できる財産

リーダーシップがあり尊敬できる確立した人格

の男が欲しい。

そうなんですね。わたし財産は欲しいです。

自分以下の年収で、優しくて穏やかで趣味が合う程度しか強みがない奴に何の価値がある?

さあ。あなたにとっては価値がないと言う事はわかりました。

わたしにとっては、優しくて穏やかで趣味が合う人は良き友人としての価値がありますよ。

2021-02-25

ファミレス子供を気軽に連れてきていいという意味があるそうですがそれ以上の意味は無いと思いますね。個人的には。

こんばんは。ファミレス店員です。普段キッチンなのにホールの欠員で久しぶりにホールに入ったら地獄をみたのでここで話します。

今日はお子様がとても多い日でした。近くの幼稚園イベントがあったんですかね。緊急事態宣言中にもかかわらず、何家族かで来ていたことは置いておいて、まずは入店時の検温とアルコール消毒から地獄を見ました。

当店ではお子様を含め全てのお客様に検温とアルコール消毒をお願いしていますしかし、どうしてもご理解ご協力を得ることができませんでした。

ファミレスにはドリンクバーがあります。もちろん店員ドリンクバーはこまめにアルコール除菌しますが、子供が触るたびに除菌することはできません。ここで科学的にどうかは知らないので安全について議論するつもりはありません。ただ、飲食店にとって安心を守ることは不可欠です。全てのお客様入店時に検温とアルコール消毒をし、その上でお客様が触れる場所はこまめに拭く、こうしたことお客様がここなら来てもいいと安心できるようにしているんです。なぜ子供ならしなくてもいいと思っているのか理解不能でした。(こういうこと言うと、私は皮膚が弱いからわかってほしいなんてコメントがつくこともありますが、そういう例外の話はしていませんのであしからず。そういうことを言ってくだされば対処仕様があるのに、言わない時点でただ店のルールに従わない迷惑な客と一緒です)

席は大人子供が分かれて座っていました。ここで何が起きるかというと、子供叫び、騒ぎ、走るわけです。昔喫煙席だった少し隔離されたスペースにご案内したのに、関係ありませんでした。幼稚園生が騒ぐと誘発されてベビーカー赤ちゃんが泣く。もう地獄です。明らかに他のお客様迷惑をかけていますし、料理サーブしてる店員とぶつかっても困るので、声をかけるしかありません。まずは店内を走り回ってるお子さんに声をかけました。「ここはみんながご飯を食べるところだから、走らないで、席に戻れる?」はい、戻れません。次に保護者の方に声をかけます。「他のお客様のご迷惑になりますので、お子様を席に戻すようにお願いいたします」はい、怒られるのは私です。「子供が騒ぐのは当たり前でしょ!」「なんでそんなこと言われなきゃいけないの!」私もなかなか人に怒られるということがなかったもので、恥ずかしながら大きな声で叱責されるとそれ以上何も言えなくなってしまいました。

一度戻り、店長相談しようと思いました。その途中、他のお客様に声をかけれ、とても悪い予感がしました。案の定子供たちが走ったり叫ぶのが迷惑からやめさせてほしい」と言われました。

ここからが本当の地獄です。保護者に何か言っても、言わなくても、どっちを選んでも私は叱責されるわけです。どうすればいいんだろうと思う間にも赤ちゃんの泣き声と幼稚園生の奇声が店内に響き、席の間を駆け抜けています。正直泣きたくなりました。

さて、私はどうすればよかったでしょうか。

結果も書きたかったんですけど飽きてきたのでここまで。皆さんが今日わたしだったらどうするか、考えてみて欲しいです。本当に。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん