「いい大学」を含む日記 RSS

はてなキーワード: いい大学とは

2018-05-23

日本就活のどこがおかしいのか、細かく指摘していく

日本就職活動無意味さに非常に呆れかえっている。

想像以上の非効率さを目の当たりにして、漠然と抱いていた「社会人への憧れ」が粉砕されてしまった。

特に大手企業対応には眼に余るものがあり、入社するつもりだった会社にも幻滅してしまった。

この様子だと入社後の扱いや会社の行く末も知れている。今は真剣に辞退を検討している。

僕が具体的にどういう所に就活の非合理・非効率を感じたのか、記憶が新しいうちに記録しておこうと思う。

マイページ

一社一社個別マイページ登録させられる。

個人情報一切合切を書き込む手間が毎回あり、それだけで一社あたり1020分ほど使わされる。

エントリーシートの締め切りもマイページに書いてある場合が多いので、まだ募集しているかどうかわからないのに登録するハメになる。

そのため登録してみたら実は募集が終わっていました、なんてこともしばしば。

それでいて選考通過のお知らせは電話でよこすのだから意味がない。マイページメールボックス使えよ。


エントリーシート

多くの場合面接ネタにするだけのものである

志望動機学生時代に力を入れたこと、などが鉄板

これの厄介なのは合計1000文字など平気で要求してくるところだ。

もちろん使いまわせるところは使い回すが、同じ「学生時代に力を入れたこと」でも400文字と800文字ならいちいち直さなければならない。

それを20社、30社と出すのだから学生負担は計り知れないものとなる。

無駄に力を入れてユニークな設問を入れてくる会社もある。その場合、また改めてゼロから400文字ひねり出さなくてはならない。

しっかり読み込まれているならまだしも、面接ときの「話のネタ」程度で終わるのがオチである

そのうえ、面接エントリーシートの内容について口頭で説明させることも多い。

御社を志望した理由は何ですか?」と抜かしてくる。

エントリーシートで400文字もの志望動機を書かせたのにも関わらず。

失礼としか言いようがない。

説明

地方学生であってもわざわざ東京説明会に参加しないとその後の選考を受けられない、という場合が多くある。

最近ネット説明会を導入する会社も増えているが、やはり基本的には説明会への参加を強要される。

このインターネット時代に何をやっているのか、開催する方もそれなりの負担があると思うのだが……。

webテスト

対策したもん勝ちである

学力を見たいのなら学歴判断すれば良いのである。もしテスト学力を見たいのであれば、対策のしようがない、自社製のテストを作るべきなのだ

その労力を企業が怠るために、学生はわざわざ本を買ってwebテストに備えるハメになる。

学力テストならまだましで、「精神疾患へのかかりにくさを測るテスト」というもの存在し、実際に大手企業が使っていた。

これがたとえば「がんになる可能テスト」だったらどうだったであろうか。疾患リスク採用候補者を絞るのは完全な差別である

社員仕事うつになった時、自己責任にするような会社なのだろう。

面接

一回あたり30分〜1時間面接複数回行う。

このような面接学生能力人格がわかるとは到底思えないのだが、ご丁寧に日程を分けて3度も4度も行うので交通費時間もかかる。

話す内容は学生時代アルバイトサークルなどでの仕事についてだ。

これは嘘をついたもん勝ちで、一部の本当の努力家か、その人たちの成果を横取りして話した人間突破することができる。

しか企業側もうまく嘘をつける人材が欲しいのかもしれない。そうであれば妥当選考か。

GD

グループディスカッション

協調性論理性など、チームで仕事をする際の能力を見ていると思われる。

これは会社タイプに合わせて対策を変えねばならない。

新卒採用HPの「求める人材」の欄に「協調性」とあれば余計な自己主張はしないのが吉。

たとえ納得できない論理が展開されていても、遠回しに否定するか反論を諦めるかしないといけません。それが会社で求められる能力です。

ちなみに僕はほぼ発言しなかったGDに通過しました。そんな選考やめちまえ。

内定

怒涛のオワハラの開始だ。

オワハラとは「就活終われハラスメント」、つまり内定を出した学生を囲い込むために就活を終わらせようとすること)

そもそも最終面接において、学生第一志望と宣言するかどうかで内定の有無を決めることからしてオワハラだと思うのだが、内定後はさらに酷いオワハラが繰り広げられる。

「他社選考の集中する日程に研修を入れる」「他社は辞退します!と言わせる」など、立場の差を利用してありったけの圧力をかけてくる。

僕はこれがトドメとなって第一志望の志望度がダダ下がりし、内定辞退を検討している。


その他

つらつら書き連ねてきたが、他にも書きたい「企業学生に対する失礼な行動」がたくさんある。

サイレントお祈り勝手に送りつけられるパンフレット圧迫面接などなど……。

大学学業について、「社会では役に立たない」から、とバカにしてくる企業もあったそうだ。

また、周りからプレッシャーにもすさまじいものがあった。

学校コネ入社できるんでしょ」「学歴がいいんだから、いい企業から内定がもらえて当然」「何のためにいい大学に入ったの」

このような心無い言葉に何度傷つけられたかからない。

親がバブル世代であり、就活に苦労しなかったこともあって、無理解や誤解には非常に苦しめられた。

加えて、卒研担当教官からの「早く就活おわらせて学業に専念してね」というプレッシャーも非常に苦しい。

就活が長引けば研究が終わらず、卒業できないリスクが待ち構えている。そうなれば入社がどうこうという話ではなくなってくるのだ。


結局、何が悪いのか

このような事態学生一方的我慢せざるを得ないのは、全て新卒一括採用のせいである。

周りの学生比較して内定が取れていないと焦り、追い詰められてとりあえず適当会社を受けて内定をとる。

入社後、その仕事がちっともやりたくなかったということに気がつく。

やりたくない仕事毎日残業までこなし、転職の余裕もなく、会社で消耗して精神を病んでしまう。

あるいは、自分に合わない業界就職活動をし、内定をもらえないまま夏を迎える。

間違いに気づいた時にはすでに遅く、新卒カードを失った就職浪人生ができあがっている。

翌年あらためて就職活動を行うも、就活に失敗した「劣等生」を採用する会社は少なく、学生の時には無かった苦労を強いられる。

これらは学生自己責任などではない。

新卒一括採用を行い、そこでレールを外れた人間は一生「レールの上」に戻れない。

そのような採用方法がなければ、自分のペースで就職活動を行い、じっくり会社吟味することができるはずなのだ


就職活動を通じて、僕は日本企業に本当に幻滅してしまった。

御社」の内定は辞退し、海外にでも行って働くのがいいのかもしれない。

しかし踏ん切りがつかないでいる。それは僕自身も、この就活を通じてすっかり価値観を染められてしまたからなんだと思う。

まさか就活うつ」を超えた先に「内定うつ」が待ち受けているとは思わなかった。このまま入社すれば「社畜うつ」が待ち受けているのだろう……。

2018-05-17

勉強はできたが仕事はできない理由ひとつ

学生のころは割と勉強ができて世間でいういい大学?に入ってそのまま大企業に入って10年くらい経った。

日々なんとか騙し騙しこなしているが、間違いなく自分が''仕事ができる"タイプでないことは認識している。

極度の面倒くさがりということが大きい。

仕事していると日々面倒くさいことの連続であるちょっと骨をおれば良くなることや、将来の商機につながることなど山のようあるが、めんどくさいな、と思ってしまい一歩踏み込んだ仕事をせず、最低限のことだけをこなして止めてしまう。

たがら自分のし仕事にはプラスαは決して生まれない。億劫さで色んな仕事を後回しにしてしま仕事も遅く、60点70点程度の仕事をなんだか遅くこなすだけの残念な人物になってしまっている。

そんな自分に嫌気がさすが、よくこんな自分受験は上手くいったなーとふと思った。

しかし思いかえせば学生の時の受験勉強は楽しくはないものの、めんどくさいものでも無かった。

取り敢えず机に向かって自分のペースで勉強さえし続けていれば割かし結果がでるものであった。そこには他者軋轢の調整や、高度なアウトプット必要とされるものではなかった。だからめんどくさがりでも、ある種の惰性で続けることが出来たんだと今更ながら気づいた。

そんな人他にもいないかな??

2018-05-09

anond:20180509152442

世界的な傾向ですね。

ハーバードを出てしばらく仕事をした後専業主婦になる人が多く、

オックスフォードケンブリッジなんて最たるものでしょう。

女にとっていい大学とは収入の良い夫と出会う場であるのです。

学歴褒めてもらいたい

会社学歴がいいと言われる大学はだいたい東大早慶上智MARCH

自分大学時代に濃い学びを得たし、勉強研究も楽しかったし、「いい大学出たんだね!」って言ってもらいたいんだけど、なかなか難しいな

都内国立理系大学院だからカタログスペック的にもそんなに悪くないんだけど

そっち系の分野での評価は高くても一般的知名度が低くて下に見られてる感があって嫌だな

あと高校が有名な難関校だから高校名出した途端見る目を変える人が一定数いるのも癪だな

こういうことモヤモヤ考えちゃう学歴気にしすぎな自分が嫌だな

あーあ

2018-05-01

マジで公務員になる奴って何考えてるん?

俺は大学中退して年齢的に高卒扱いの仕事もロクなのないし大卒仕事は受けれないしで詰んだから仕方なく公務員になったが。

そうでもなくストレートでわざわざ(それもめっちゃいい大学出て)公務員になる人は何考えてるんだろ。

実際地頭や人当たりの良さで俺より一周り以上優秀な人多くて、この人らもったいねーといつも思ってる。

底辺校出身田舎者が、東京に来て絶望した理由

これらの記事話題になっているので田舎出身の私の事をここに書いておこうと思う。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55353

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/55505

私は今年で30才を迎える正真正銘東北田舎底辺校出身都内勤務の人間である

私の両親は共に高卒父親土木業、母親スナックママという家庭に育った。

勉強しろと言われたことは人生で一度もなく、部活動アルバイトをして早めに社会勉強しろといって育てられ、中学生の時から新聞配達をはじめ、高校に入ってからコンビニスーパー引越し屋アルバイト等をしながらお小遣い自分で稼いでいた。

テスト赤点であっても宿題をやらなくても怒られることがなく、お小遣いが貰えなかったため自分アルバイトし、また勉強を疎かにしてバイトを増やしても怒られない家庭だったので、お小遣いが欲しかった私は勉強はまったくせずアルバイトに精を出し稼いだお金ゲームに費やして過ごした。

さらに遡ると小学校低学年の時に分数計算でつまづいていた私は家で父親宿題を見てもらおうとしたが「わからいからオレに聞かないで」と一蹴された事もあった。

さてそんな環境で育った私が高校三年生を迎えた時に進路について考える必要性がでてきた、周りの友人に話を聞くとだいたいが就職するか専門学校に進学すると言い、大学に進学すると答えるものクラスに1、2人くらいだったと思う。

私も友人同様、当時ハマっていた漫画ゲームの影響で車関連の専門学校に進学しようと思ったが家庭の環境がちょうど悪くなっていた時期でもあり進学するのが厳しかったため進学をせず、また就職するわけでもなく、アルバイトして貯めたお金東京上京フリーターになった。

そこで一番最初に知り合ったバイト仲間は予備校生だった。

私は当時、専門学校自分が就きたい職業専門性を磨くという場所でとても大切な場所だと思っていたのに対し、大学に行く意味というのが全くわからなかった。

大学に行っても中学のように相変わらず”将来役に立つとは思えない”5教科を勉強する場所と思っていたのだった。

そこで、そもそも大学に行く意味がわからない私が、その大学に入るために1年ないし2年かけて大学に入る勉強をするという予備校生出会ったのだから私にはとても衝撃的な出来事だった。

しかし、それからそのバイト先で出会うさまざま大学生と仲良くなるにつれ自分の考えがおしかった事に気づかされていく。

そのバイト先では東大生慶應生、早稲田生、明大生と、日本で上位に位置付けられる大学生達と出会い、仲良くなり、彼らの頭の良さ、教養の高さ、人間性、将来目指している(自分とはまるで縁のない)職業、育ちの良さを目の当たりにしてしまったのだった。

また彼らと話していて大学というのがどういう場所想像することができ、その中で私がショックだったのが、彼らには当たり前のように配られている弁護士官僚新卒大企業に入るというエントリーチケットを私は持っていないという事だった。

もちろん全員が夢叶うわけではないが、そもそも私は今のままではそのエントリーチケットすら持っておらず彼らとは全く別の人生を歩まないと行けないんだという事実にその時初めて気が付いたのであった。

そもそもそれまではそんな職業に就く人や、目指す人が自分と同い年にいるという事をまったく想像すらできなかったのだ。

医者弁護士は元より大企業で働くサラリーマンですらどこか異世界の話、自分とはまるで縁のないものと思っていたのだ。(プロ野球選手芸能人を思い浮かべればわかりやすいだろうか?)

彼らは小中高と勉強をしてきて、当たり前のように塾に通い、進学校入学し、予備校に入り模試を受け、入試を受けいい大学に入る。

これらが彼らの周りでは至極当たり前のことで、彼らにしてみれば私の方が異端児だったのだ。

その時19才の私は、例えるならレースをしていてスタート地点から1/3程度進んでから貴方が走っているのはコースではないのでコースを外れた地点まで戻ってレースに戻って下さいと言われているようなとても理不尽感覚に襲われた。(コースアウトしていたのであれば、コースを外れたその瞬間に教えてくれないとあまり先行者と差がつき過ぎて追いつく事ができないよと)

私の場合スタートした時点で明後日の方向に走ってしまたかスタート地点をグルグルと回っていたのだ。

そして世の中の仕組みを教えてくれなかった両親や生まれ育った田舎を恨むようになった。

誰も世の中のルールを教えてくれなかった、知ってさえいれば努力ができたはずだと涙する事もあった。

間はだいぶ端折るが、その後私は一念発起し世間一般ブラックと呼ばれるような待遇零細企業就職し、自分学費を捻出し国立の夜間大学へ通い、無事卒業し、転職をして最終的に東証一部に上場している業界大手企業に勤める事ができた。

私はまだ人生のやり直しが聞く時期に、たまたま運良くバイト先でそういった人たちと巡り会うことができ、気がつき、努力ができた為、今はそれなりに普通暮らしを送ることができているが、もしそういった気づきが今だになければ30才の今フリーターを続けていた可能性もある。

こんな経験をしてきたから思うのだが、

世の中には私が若かった頃と同じような境遇の人が沢山いて、そういう人たちに勉強してこなかった自分が悪いんじゃんと一蹴することは簡単だが、そもそも勉強の意義を知らない人は勉強するはずもなく、単に怠けて努力しない人とは違うということである

そして私は宝くじに当たったのと同じように運良く気がつくことができた為、そこから脱出できたのである

もし全員が生まれた瞬間に同じカードを配られていたとしたら、それをどう使おうが(または使わないか)は個人勝手だが、はなから配られたカードが違うのでは理不尽である

人生というのは往々にして理不尽ものだが、せめてその理不尽が少しでも縮まるのであればそういう世界の方がいいと私は思う。

田舎と都会の情報格差が少しでも縮まればいいなと私は思うのである

2018-04-22

どうして結婚したくなるのか?

こどもの頃、自分が居なきゃよかったと思うことが多々有り。性交渉子供を作るためだとは思っている。

からなのか、

どうして結婚したくなるのか?(本能ではないはず、利害関係ニーズの一致があるのか?)

どうして子供作りたくなるのか?(本能では性交渉したがってるだけなのに)

そこがわからない。

周囲の人間が当たり前のように結婚して、子供つくっていく。

本能なの?遺伝子に組み込まれてるの?

どういうふうにやるとか勉強しなくても自然結婚して子供つくれちゃうものなの?

今後一生一緒にいるであろう人間簡単に決められちゃうものなの?

その人信用できるの?財産半分持っていかれても平気なの?

勉強していい大学卒業してサラリーマンになって、みたいな当たり前の刷り込みから結婚したくなるの?

それとも、自然界でも動物つがい子供を育てたりするから、やっぱり本能なの?

どうして自分結婚したくならないの?

ずっと自分を変えてくれる何かを待って25になってしまった

25歳。子供の時に捉えていた25歳の像とはかけ離れてる自分が少し悲しい。

中3の3月、あと1か月頑張れば卒業できるところで精神的に耐えられず不登校になった。あと1か月が無理だった。頑張れなかった。後悔はない。

それと同時期に難病にかかった。余命何年とかそういう病気ではないが、完治することはない、と言われている病気。そのときは症状的にきつくなかったため、難病にかかったということは、そこまでショックだとは思っていなかった。不登校になったのは、病気にかかったからではない。ただ、表向きにはそれを理由にしたし、そうすることができたことは、「自分はいじめられて不登校になったわけではない」と自分自身で思いこむことができた。良いことではないけどある意味で救われた。


それから5年間引きこもった。このころから病気典型的な症状が出始め、体調の面でも精神的な面でもかなりハードな期間が続いた。手術は2回、入院は3回くらいした。

高校には行けなかったけれど、ただ家の中でゲームしたりネットしたり過ごす日々はそれなりに有意義だった。どこに住んでるかも知らない人たちと交流することは、学校に行っていない自分にとっては、とても楽しかった。

でもたまに「このまま引きこもったままでいいのか」、「このまま何も行動せずに、何もできないまま一生を終えるのか」って不安を覚えることがあった。そんなとき、それと同時に、まだ17とか18で、「俺は何かきっかけがあれば変われるんだ」みたいに漠然と思った。そう思える余地がこの年齢の自分にはあった。

その後なんとか普通の人だったら2浪してるという立ち位置大学入学した。

ただひたすらに勉強だけに取り組んだ。サークルも、部活も、友達との付き合いも、バイトも、全部やらなかった。それは、病気持ちの自分の体力は普通の人と比べてはるかに低いために、他の物事にも傾注してたら大学生活をやり通すことなんてできない、と思ったから。


しかし、就活をするという段になって、「このまま当たり前のように適当会社に入っていいのか」という思いに不意に襲われた。

よくある「いい大学に入って、いい会社に入って、結婚して」みたいなルートに、そこまで魅力を感じなかった。そもそも高校も行ってなくて、引きこもりになった自分は、そういったルートから最初から外れてるのだから、「自分がやりたいことをしたい」、「自分しかできないことをやりたい」と思ってしまった。

こんな考えはきっと子供で、みんなそういった気持ちには折り合いつけてそれぞれの会社に入っていくことは分かってる。分かってるけど、どうしても引っかかってしまった。だから大学ではあれだけ真面目に勉強してた自分が、就活ではまるで真剣に取り組めなかった。

でも、こんな生意気なことを言っている自分が「やりたいことは?」って聞かれたときに何も答えられなかった。やりたいことが分からなかった。自分しかできないことをしたいのに、それが何か分からなかった。

そういった思いを抱えたまま、就活をするという責任から逃れるために大学院に行くという手段をとった。

ただ、4年間酷使し続けた体への負担からか、院の試験の準備をするというときに体調が極端に悪化してしまった。院に入学どころか卒業さえ危ぶまれたので、1年病気療養するという形で浪人という選択肢をとった。一応卒業はできた。


そして今に至る。結局、体調は未だ安定しておらず、このまま院に入学してもまともに通えない可能性が高いので、さらにもう1年先送りをすることにした。

今25歳。 同じ年齢の人は社会人3,4年目かな。 「いつか、自分がやりたいことが分かる」、「いつか、自分を変えてくれる」、そんなことを思ってこの年まできてしまった。

17とか18のときは、まだやれると思えた。今、うだつの上がらない生活をしていても、まだやり直せるって。 ただ、この年になると焦る。


今はただ、一日一日少しずつできることをしていって、自分の体調を安定させて、そして院に行くことを考えている。

その先に「自分のやりたいことが分かる」ようになるのかは分からないけれど、この道がどこかに続くと信じるしかない。

2018-04-20

性欲が強くなければ資本主義社会では勝ち残れない

いろいろなセクハラ報道性犯罪を見てて、世の中の優秀な社会人や偉い人たちはとても性欲が強く、いい女のマンコに自分チンコぶち込みたいという欲求がとても強いんだろうなあと思った。

考えてみれば、いい大学に行くのもいい会社就職するのも、結局大金を手にするためであり、大金を手にしてどうするかといったら、それでいい女を得る権利を買うわけだ(愛人結婚相手として)。

人類はいずれ絶滅する存在であり、地球もやがて消えるだろう。理性的現代人はそんなことはとっくに理解している。そんな存在すること自体の虚しさがあるなかで、それでもなぜ働き、生きるのかといったら美人セックスしたいからなわけだ。

しかに彼ら優秀な社会人や偉い人たちのようにいい女のマンコに自分チンコぶち込みたいという欲求で動きつづけられる人間はいいだろう。30代になっても40代になっても50代になっても60代になっても70代になってもいい女のマンコに自分チンコぶち込みたいわけだ。彼らは死ぬまで走り続けるだろう。

しかし、三次元の女に魅力を感じないオタクはどうしたらいいのか。自分場合美人を見てオナニーをするのはいいが、美人セックスするのは(セックスできると仮定して)とてもめんどくさいので勘弁してもらいたい(ていうか童貞だし)。遠くから見てる分にはいいのだが、近づいて体に触れてマンコに自分勃起した(そもそも勃起するかわからない)チンコぶち込みたいという欲求を感じない。こういうオタク競争社会ではとても不利だ。要するにモチベーションが低い。世の中の成功者はとにかくいい女のマンコに自分チンコぶち込みたいという執念で頑張っている。彼らの欲望は果てしなく、とても強靭だ。彼らの努力はすさまじく、三次元を愛さなオタクにはとても勝てない競争になっている。

2018-04-17

生きづらさの話

ここ最近ずっと悩んでいて、頭の中がぐちゃぐちゃになっているので一度文章にしてみようと思いました。

最近ハタチになった大学三年生。実家暮らし。猫が好き。とある専門性の高い女子大に通ってて、バイト学内と学外でふたつかけもってる。人見知りで集団行動が苦手で、大学にはひとりも友達がいない。典型的な女オタクだけど、学部の特徴的にお仲間がいないのでなお友達ができず、ぼっち生活を二年間送ってきました。不登校になってから今日でちょうど一週間になります

事の発端は、新学期初日前夜に母から「つらいなら大学辞めてもいいんだよ」って言われたことだけど、それがなくてももしかしたら破綻してたかもしれない。私は小さい頃から学校というシステムが苦手で、十数年間毎日のように学校行きたくないって言ってたので(じゃあなんで大学進学したのっていうのは後述)。この春休みバイトに明け暮れ、学んでいる専門的な勉強を一切しなかったので、確かに新学期死ぬほど憂鬱だった。でも辞めるっていう選択肢は当時の私の中になくて、きっとまたなんとなーく、適当に、単位を取ることだけを考えて、寂しい大学生活を送るんだなって思ってた。だけどその母の言葉きっかけに、『学校行きたくない気持ちボロボロとこぼれてきてしまった。

から面倒くさいことが嫌いで、嫌なことはすぐに投げ出しちゃう意志の弱い人間だった。勉強運動も嫌い、やりたくない。「みんな頑張ってるんだからあなたも頑張りなさい」が嫌いだった。地頭と要領がよかったので高校はそこそこレベルの高いところに行けたけど、そこでも勉強しなかったので得意科目以外の成績はふつうに悪かった。でも、通っていた高校似非進学校である反面私のようなのが許してもらえるような場所で、友達先生も「しかたないなぁ」で流してくれた。だから学校は嫌いだったけど高校時代は楽しかったです。後にも先にもちゃん友達のいた学校生活はあの三年間しかない。サンキュー高校時代の友人たち、愛してるよ。

ただまぁ似非はい進学校でしたので、大学受験をしない子はほとんどいなかった。私も、高校卒業してすぐ就職っていうのは怖かったし、モラトリアムが欲しかったので大学進学を決めました。ただ勉強したくなかったので(今思うと怒られそう)、勉強しないでいい大学を考えた。のが今のところで、ずーっと続けていた習い事学問として学べる場所でした。家が近いし、身近に卒業生もいたので、そこ一本で落ちたら大学行かない!って気持ち受験。界隈では有名でそれなりにハードルが高かったはずなんだけど、なぜだか十月AOですんなり受かってしまった。拍子抜け。

もともとちゃんと参戦してたわけでもない受験戦争から早々に一抜けしてしまった十七歳私は、そりゃもう遊んだバイトして遊んでぽけーっとして。それでもまぁ習い事には行っていたけれど、オタク趣味が楽しすぎたのもあって、四月にはすっかり大学へのモチベーションを失ってしまってた。そんな状態入学して、周りには「ここにどうしても入りたかったんです!」って目をキラキラさせた綺麗な女の子たちがいて、授業は思ってた以上にキツくて、新しいことが何ひとつできなくて、友達がまったくできなくて、いろいろあって気づいたら引きこもっていました。これが第一不登校事件です。

その時はまぁなんとか復学(?)したんだけども、今また同じように部屋に引きこもっています。第二次不登校事件真っ最中です。

二年間、なんとかやってきました。友達いなくてもいいやって割り切って、集団を求められることの多い学部なのでそれはそれはしんどかったけれど(好きな人グループ組んで!が一番キツい)、ぼっちなりに誤魔化しながらやってきました。だけど急に限界がきてしまったみたい。寂しいもんは寂しいわ。

それと、今まで大好きだったはずの専攻を続けられる気がしなくなった。三年になって研究室に入って、同じ専攻のひとたちと作品を作らなきゃいけないんだけど、自分にできる気がしないんですね。体力とか技術とか、コツコツ積み重ねないとできないことなんだけど、最近の私はてんで努力をしていなかったので。自業自得なのはわかっています。でもなんだか心が離れてしまって、周りでキラキラ頑張っている子たちを見るのがしんどくて、激しい温度差を感じて、学校に行けなくなりました。座学がめんどいとか朝起きるのつらいとか卒業単位が超ギリギリとか他にも理由はあるけれど、大きいのはこのふたつだと思われます

行こうと思っても行けなくて、玄関までは行けるのにその先が踏み出せなくて、今はリビングにすら出られない。寝すぎて背中が痛いし泣きすぎて目が痛い。二重なのが自分の顔で唯一好きなとこなのに、瞼が腫れちゃって最高にブサイクなおめめになっちゃってる。ここ最近毎日アイメイクを涙で溶かしている。クレンジングいらず。

大学をやめようかな、と思いました。幸い親がとても理解のある人で、今まで投資してきたものを全てパーにしようとする私の行いを責めたりしないんです。兄弟もすごく真摯に私のことを考えてくれて、アドバイスをくれて。だけど私はいっこうに答えを出せなくて、家族迷惑をかけている。それがまたつらくて自己嫌悪して泣いてるんですけど一旦置いておきます

大学を辞めようかなって考えたとこです。昨日そう決めて、でも遺恨を残したまま辞めたくなくて、辞めたあとのことは何も決まってないけど明るい中退をしようって母と話しました。だけど帰宅した父に話をして、「だったら社会人としての責務を果たしなさい」って言われた瞬間、急に現実が襲ってきた。見えない未来が怖くなって、涙が止まらなくて、ぐちゃぐちゃになってそのまま部屋に閉じこもってしまった。

それと、泣きながら気づいたことがあって。大学を辞めよう、辞めたら楽になるって思っていたはずなのに、未練があったんです。それは十数年続けてきた、習い事から専門にした、大学で学んでいることでした。練習しなくなって久しいし、散々「もう嫌になってしまった」って言ってたのに、いざ辞めることを考えるとつらくてつらくてしかたなくて。諦めたくないって思ってしまって。うちの学校は三年と四年で作品を発表する場があるんだけど、そこに憧れた記憶が蘇ってしまって。冷めちゃったって思ってたのに、やりたくないって思ったはずなのに、結局私は捨てられないことに気づいてしまった。私という人間を形作るアイデンティティであったから。

自分や周りが思ってる以上に私はネガティブで、めちゃめちゃ自己評価が低い、らしい、です。しょっちゅう死にたくなるし自分必要とする人間はこの世にいないって思うし周りに迷惑しかかけない自分なんていなくなってしまえばいいのにって思う。正直イベント舞台ライブチケット取れてなかったら身投げしてた。オタクでよかった。だけど唯一、ずっと続けてきたそれは自信になっていた。んだと思います。ただネガティブな反面プライドが高いという面倒くさい性格の私は、思うようにそれをできない自分が許せなかった。できないならやめてしまえって考えた。でもそんな簡単にやめられないことにも気づいてしまった。うわっめんどくせぇ

だったら学校行けばいいじゃん、頑張ればいいじゃんって思いますよね、私も思う。だけどできないんです。今日も行こうと思ったけど、できなかった。バイトには行けたのに。頑張りたい、頑張ろうって思っても部屋から出られなかった。母が優しい言葉をかけてくれたのに何も言えなかった。申し訳なさすぎる。いい加減にしろって思ってるだろうなあ、私もいい加減にしたいです。

ほんっとうに生きづらいなって思います。今まったく未来が見えない。明日が見えない。しにたい。でもしねない。辞めたら楽になるって考えたけどそんなことなさそうだった。社会になんて出たくない。中退っていう経歴を持つのがこわい。でも学校にも行けない。なんでだろ。どうしたらいいんだろうね。

私はただ普通に生きたかった。普通に大学に行って、普通に友達がいて、普通に就職をして、普通にふつうに、ふつうってなんだろうね?世の中は普通に生きてる人たちで溢れているように見えるけど、どうやったらああなれるんだろう。めちゃめちゃ尊敬する。すごいなぁ。

だけど私が引きこもってる間に授業は先に進むし履修登録期間は今週中だし学費の納入期限は迫るし舞台チケットは当たるし推しイベの真っ最中から石砕かなきゃいけない。明日はどうすればいいんだろう。生きづらいのは誰のせいなんだろう。たぶん私のせいだなぁ。自己嫌悪はすすむばかりである

文章ぐちゃぐちゃですみません。読んでいただけたならありがとうございました。

anond:20180417001503

自分も若干あるコンテンツファンと付き合いがあるが、狂人レベル意見を垂れ流す人はいて、本当にギョっとする。ただ、ネットおかしなことを言うだけで、本人は勉強も出来ていい大学や何やらに入っている事もあって、ネット弁慶的なだけだったりする人もいるのが不思議

声優ちゃんが「(野球の)巨人応援してます」って言っただけで「巨カスファンはみんなクズ」とか言い出して、内心で思っているのは勝手だが、そんな事書いて本人に送るんじゃないよ!と慎みの無さに震えた。

バカなんじゃなくて、抑制が無くて、一回大きな失敗するまで思い知らないんだろう。

2018-04-14

郵便もそうだけど、日本人転職しないことが問題なのに気づいてないよね

給料低いとかいっても転職しないもんな日本人って

そのくせ労働運動もしないんだもん

経営者からしたらまじでイージーモードだよね

そんで世界通用しないわけよ

イージーモードクリアしたら世界ハードモードだもんな

河野太郎さんが研究者研究申請書類エクセルで糞フォーマットなの何とかしてくれって話もさ

あれもおかしな話だよね

書類一枚変えられないんだよ?

官僚研究者いい大学出てるのに

連中は書類一枚変えられなかったの

すごいよね 

誰かがルールを変えてくれるのを待ってるだけ

できることと言ったら愚痴ることだけ

2018-04-12

大学生で仲良くなった同級生から何かと贅沢だとか裕福だってよく言われるのがキツイ

からといってバイトしないし、ぬるま湯に浸かって大学を過ごすんだろうけど

裕福な家庭で育ったのに難関大学に行けなかったのが悪いんだろうか

教科書を先輩から貰うと言っている同級生を見ると裕福な自分がずるいような、でも引け目を感じながら生活するのも違う気がする

一応それなりに大学生活頑張ろうと思ってはいるけど、わかっているんだ。両親の生活を超えるような生活をすることはないと。

兄のようにもっといい大学行けたらよかったとも思う。

もやもやする

2018-04-11

F欄卒だけど2年目で年収550万超えた

貯金がもりもり貯まって嬉しい。

でも、会社の人、頭のいい大学卒がほとんどで

内心、コイツクソ馬鹿大学卒かよ〜!!って思われてないか毎日ビクビクしてるわ

2018-04-09

はてなIDTwitterID見比べて

ほー増田でこんな攻撃的なこと書いてる人がTwitterでは人当たりのいい大学生やってるんだねー、なんて楽しんでる

はてなTwitterで同じID使うなってこった

2018-04-05

国際信州学院大学情報偏差値評価口コミ)をまとめてみた

長野県私立大学の評判、偏差値口コミ情報をまとめてみました。

ここに掲載している国際信州学院大学の評判・偏差値制服部活などの情報は国際信州学院大学公式サイト口コミサイト等の情報をもとにまとめています

「評判や偏差値いい大学に入りたい。」「あの部活ができる大学に入りたい。」「あの大学可愛い子と付き合いたい。」など。

あなたが行きたい大学を選ぶ基準は様々です。

大学選びで困っている人の助けになり、自分にあった大学をしっかり選んでいただけるのではないかと思っております

今回は長野県にある大学の一つ、国際信州学院大学について紹介します!

基本情報

国際信州学院大学公式サイト

https://kokushin-u.jp/

国際信州学院大学所在地

長野県安曇野市三丁目長坂番地(安曇野キャンパス

国際信州学院大学偏差値

57

国際信州学院大学学部

国際コミュニケーション学部法学部理学部、国際観光学部

学部別の偏差値

■国際コミュニケーション学部 偏差値48

└国際文化学科

フランス語学科

└国際歴史文学

法学部 偏差値60

フランス法学

理学部 偏差値52

電子機械学科定員

フランス生物学

欧州分子生物学

■国際観光学部 偏差値68

└南仏観光学科

オセアニア観光学科

グローバルシステムイマジネーションデザイン学

観光経営学

アルプス山岳観光学科

南米史学

ポルトガル観光学科

日本観光学科

観光理学

国際信州学院大学部活サークル


大学公認サークル

書道部 フラダンス部 民謡研究部 水槽学部 信州りんご研究会 りんご栽培同好会 相撲部 乗馬サークル 餃子研究会 写真部 釣り部 ボルドーワイン愛飲会 和式便器根絶サークル 伝統菓子研究会 カバディ同好会 テコンドー同好会 ソフトテニス同好会 キンボール同好会 フランスパン愛好会 LoveLive!研究会 スマホアプリ愛好会 コンピューター同好会

大学非公認サークル

鉄道研究会 硬式野球部 混声合唱団 テロメアコサックヨシムラディアボロスコポオ同好会 ジャニヲタサークル インカレサークルCARP サッカーサークル 国信ねこ部 国際信州学院大学山吹千紘研究会  超自然研究会 DONKS国信大自治連合 剣道愛好会 東方サークル

国際信州学院大学サークルの評判

国際信州学院大学学校の規模の割にサークルが多いと思います

野球部活躍していると聞きます

日本大学では珍しいキンボール同好会もあります

国際信州学院大学へのアクセス


JR大糸線安曇追分駅下車、徒歩約30分

安曇追分からスクールバスも出ているようです。

国際信州学院大学の評判

国際信州学院大学の評判①

国内で一番フランス語教育に力を入れてる大学です。

ただの理学部ですが、普通に日本語と英語フランス語が話せます

信大に入ると留学生が多いから、自然と身につきます

国際信州学院大学の評判②

国際信州学院大学教員を昨年4月からしています

赴任して、海外から留学生が多いのにはビックリしました。

秋田にある有名な「国際教養大学」に似ている感じです。

当学にも寮があり、日本人と留学生が共同生活をおくっています

学食は、料理長上高地帝国ホテルシェフをした方とのことで、安くて美味しくて、ボリユーム満点です。私も朝7時半の朝食からまり、21時までやっている夕食まで、1日3食を食べています

大学生協では、図書CD,DVDなどが定価の2割引きで買えますが、図書館に行けば、だいたいそろっていますから趣味の本など以外は買ったことありません。

国際信州学院大学の評判③

とても雰囲気が良くていいと思います

フランス語を学んで世界へ羽ばたきたい!という夢を叶えてくれる環境がとても備わっています

その他にも色々な学部があるので公式サイトを参照にして見てみてください。


最後

いかがでしたでしょうか。

今回は国際信州学院大学の評判や偏差値などについてご紹介しました。

国際信州学院大学のほかに県内にも多くの大学存在します。

たくさんある大学から自分にあった大学を探すのは非常に難しいですよね。いろいろな大学の評判や偏差値などを調べ、比較して、本当に自分が行きたいと思う大学を見つけましょう!

ネット上の評判だけで決めるのではなく、実際に気になる大学に足を運んでみてください!

2018-03-30

anond:20180303003537

日本就職不可思議なところは、

就職前と後で健康診断の取扱の温度が全く違うところだな。

採用時には診断書の提出が要求できるのに、採用後だと本人以外は開封厳禁って意味分からんわ。



特にこれが本当に意味がわからない。

から日本ではまるで大学と同じ様に、

とにかく会社に入ることだけが目的化する。

いい大学に入る、いい会社に入ることだけに汲々として、

その大学会社でどのようにスキルを磨くかや自己実現を図るかは全く脇に追いやられる。

たか日本人が目指しているのは自己実現ではなく自己保身なのではないかと言いたくなるほどだ。

会社に入った後は途端に身分保全されるから日和見生き方に急激にチェンジする。

そこで断絶が起きるから共通認識のすり合わせなども絶望的だ。

正反対矛盾まみれというか矛盾の塊そのもののようなものが平気で存在してしまっているのが日本の不幸だ。

2018-03-19

めちゃくちゃ好きだけど

めちゃくちゃすきな人がいるんだけど、わたし4月から就職東京に行くから好きって言えない

ほんとに最近の今年1月趣味スノボを通じて知り合った。急に仲良くなって、2月からスノボ一緒に行ったり、飲んだりしてなんやかんや毎週会ってた。

誰にでもフレンドリーで男らしくて優しくてLINEはすごいマメでほんとによく笑う! 一緒にいてすごい楽しいLINE来るたび、にやける(笑)

誰にでも優しいかそもそもわたしのこと好きなのかよくわかんないのもあって好きって言えない

一番会ってたり一番連絡取ってるのはわたしだし、大変な作業があるんだけどそれ手伝ってくれる(みんなに彼氏でもないのにってびっくりされる)。けど、わたし女友達とも仲良いし 女子沢山の中に1人男子で入れる。わたし友達好きな人のことかわいいって言うのにちょっと嫉妬ちゃう(笑)

あーーー わたし就職なんで東京なんだろう

わたしがいま大学で住んでるところはわたし地元と違うから地元帰るたびに好きな人に会えるってわけではない。

みんなから東京行ったらもっといい人いるよって言われる(笑)

けど、いまはこの人とほんとに付き合いたいっていうか、一緒に生活して日常幸せとか辛いことを共有したいって思う。すなわち結婚したいに近いかも。絶対楽しいだろうな。 おならどこでもするのだけはやめて欲しいけど(笑)

大学のために東京行くとかだと期限がきまってるけど、就職からなぁ。 東京以外でも仕事なんてできるけど、技術職だからやっぱ東京が一番栄えてる。新卒で栄えてる場所での仕事を捨てるほど勇気もない。

2、3年で転職するだろうしいつかは東京以外の土地に行きそうだけど、そんな不確定な中好きなんて言えない

わたしは国公立大学行ってて、それが当たり前で生きてきたし、学歴厨まではいかないけど、いい大学出てそれなりの企業でそれなりの給料持ってる人と結婚しなきゃって思ってた。

けど、好きになった人は高卒だし、ブルーワーカーだし、正直見た目ヤンキーだしそんな人と付き合うのって、周りからどう見られるんだろうとも思う。ヤンキーとすごい気があうからあん学校友達いないけど(笑)

でも思い出すだけで幸せな気分になるよーーー

写真とかLINE見返して幸せ補充☺️😂

うから東京行くな。結婚しよ。とか言ってくれんかな

という妄想(笑)

別に養ってはいらないけど、それくらいの覚悟でカッコいいセリフくれたら、こっちで就職してしまうね(笑)

増田たちはこの気持ちどうしたらいいと思う?

2018-03-17

スマートドラッグを使わないと人生終了する

ネットフリックスドキュメンタリースマートドラッグについて取り上げられていた。

動画を観ていて昔のことを色々思い出したので書く。

ある日の授業中、先生NHK(?)の貧困格差ドキュメンタリーを見せてくれた。

いわゆる負け犬と言われている人たちを取材しているドキュメンタリーだった。

それを見終わった後、先生がこんなことを言っていた。

「なぁお前ら、こんな風になりたいか?こんな屑みたいな人生を送りたいか?皆に軽蔑され疎まれ人間になりたいのか?嫌だろ?成功するためならスマートドラッグを使うのはOKだ。卑怯?汚い?何甘いこと言ってんだ?人生は結果がすべてだ。成功したいなら手段を選ぶなよ」

そんな先生の影響もあり、クラスではスマートドラッグを飲んでから勉強するのが当たり前という価値観が広がっていた。

しろ使わない奴がバカ、将来負け犬確定のような扱いを受けていた。

次第にそれは学校受験生に広がっていき、最終的には、ほとんどの受験生が使ってたと思う。

僕もスマートドラッグのおかげなのかは分からないけど、第一志望の大学合格することができた。


僕は今でもスマートドラッグを使って人生のあらゆる場面で良い結果を出し続けている。いつかスマートドラッグ副作用か何かで僕自身が壊れるかもしれないという不安はあるが、そんなことを気にしていたら競争に負けてしまう。

一瞬でも気を緩めたら最底辺に叩き落される。成功という目的のためには手段を選んでいる場合じゃないんだよ。どんな手を使ってでも競争に勝たなきゃ。勝たなきゃゴミ、無価値なんだよ。


追記します。

僕はTrueFocusってやつを今も愛用しています。合う合わないがあるんで片っ端から試すといいと思います10代のころは複数スマートドラッグを状況に応じて使い分けていましたね。

僕の経歴なんてつまらないですよ。いい大学に入って良い企業就職しただけですよ。 

2018-03-15

東大卒だけど、特に病まない学生生活だった

https://anond.hatelabo.jp/20180314001059

自分東大卒だけど、学生生活中に特に病まなかったし、周囲にもほとんど病んでいる人はいなかった。

東大に入ったのに自信がなくなる」

みたいに書かれてるけど、東大に入るような人はハイレベル高校予備校環境経験してるので、上には上がいることをとっくに知っている。

ひょっとしたら田舎神童と呼ばれていたようなタイプの人は挫折するのかもしれないけど、それはごく一部の人かと。

学力がすべてみたいな人はそんなに多くなくて、大学受験が終わった解放感で遊びまくる人がけっこういる。

受験のころと比べたら周囲と競う理由もなくなるので、そんなに他人比較してどうこうとかなかった。

気が抜けてだらけた時間を送ってしまう人がけっこういたけど、それでも就職活動ではちゃんとした会社に決まる。

社会に出てからのほうが東大卒というレッテルを貼られてめんどくさい。

もちろんプラスに働くこともあるので、トータルで損はしないと思う。

人生目標にするほどいい大学でもないけど、個人的にはおすすめなのでぜひ。

2018-03-14

anond:20180314001059

平均で自分より上のレベル大学職場にいくと、東大でなくてもそう感じると思う。

ただ、私が背伸びして入った早稲田は、その点、気が楽だった。

賢いやつもいるし、アホとか、変わったやつも多く有象無象なので、その中で我が道を見つけようとする。勉強よりも個性を大切にする校風さらにそうさせる。考え方の尺度が多用だから勉強ができないことで落ちぶれる人は少ない。

といっても、学力では旧帝大には及ばないし、仕事しててもやっぱ特に東大生は平均的に賢いことが多いと感じるけど、仕事現場では、戦い方を間違えなければ対等に勝負できるくらいの地頭はある。

国家一種とかの旧来の組織エリート集団に属さない限り、学歴劣等感を感じることも少ないし、慶応に比べて圧倒的に人口が多く、さらに愛校心の高めの人間も多いので、同窓に助けられることも多い。

まー、早稲田でも、アホなコミュニティに属しちゃうと、元がよくても、4年かけてダメ人間なっちゃパターンがよくあるから、その辺を気をつければ、いい大学といえる。

ということを思ったので、本題と違うけど書いてみた。

底辺でも人生楽しい人は勝ち組だと思う

いい大学出て収入がどんなによくても毎日楽しくなかったり死にたい人がどれだけいるか

いいなぁ

2018-03-13

anond:20180307150402

数学は才能じゃなくて努力。何回も過去問やればバカでも何とかなる。とにかく試行回数が大切。

まだ高一じゃん。諦めるのは早いぞ。

京大自由だし面白いやつも多いし、いい大学。まだ「逃げ」ないで頑張って見ることをお勧めします。

ちなみに数学が好きで他の科目がだるいなら経済学部理系入試を目指してみては。

いつも学歴マウンティングしてくる岩崎さんへ

専門卒の私の方が高いお給料をもらえているのを知らない岩崎さん

せっかくいい大学をでたのにこんな専門卒の人間と同じことをしている岩崎さん

ああ、岩崎さん、嗚呼

2018-03-05

anond:20180305160940

それ毎年見るけど学生からバカにされてそうだよね

「まともな企業頭脳労働したい、土方介護外食運送は嫌だから仕方なく勉強していい大学入ったんだよ分かれよ」ってのが現実でしょ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん