「立ち読み」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 立ち読みとは

2019-01-18

anond:20190118163929

俺も最近電子だわ。

というか考えてみればコンビニで買ってるやつ見たことねーな…

コンビニバイトしたことある人なら見たことあるのかもしれんけど

あれだけスペース取る必要があるほど売れるんだろうか。

普通雑誌なら立ち読み目的で来るやつがいから

そいつがついでに何か買ってくれれば良いだろうけど

成人向け雑誌テープ閉じられてるし。

anond:20190118090450

5000円なら鶴巻温泉格下げ

急行で行くことになるけど、平日なら問題ない

リラックスなら人のあまり居ない場所がいい

あと、住まいが何処かわからんが、可能な限り乗り換えとか少ない方が良い。乗り換え多いと、せっかくの気分がどんどん現実に切り替わる

ガチでやるなら、

が最高。案外近所で出来るぞ。もちろん本屋ゲーセン満喫オモチャ屋、御朱印集めにしたって良い

要は、時間無駄使いすれば良いんだよ。時間に追われちゃ駄目。そういう意味では家の近所でやるのが一番いい

2019-01-17

anond:20190117203202

オニャンコポンとか忘れられる気がしねーわ

コンビニ立ち読みしてた本に載ってただけなのに

[][] とうとうこの日が来てしまたか…。

この人、中国暗殺されないか心配です。

今の日本中国批判する本を書いたら、出版差し止め裁判どころか、中国からヒットマンが送り込まれてくるのでは?

(あるいは、アジア分断統治を進めるアメリカが、日本人に反中を煽るために、中国による暗殺と見せかけた偽装工作をするとか?)

とりあえず本屋立ち読みしてみるかw

 

"拙著日本のIT産業中国に盗まれている」 実名でハッキリと書きまくったせいか紀伊國屋先行販売も良好で増刷で三万部発行となりました。感謝です!

明日から全ての書店に並びます

裁判差し止めされる前にお早目にお求めください(・_・;… https://t.co/RnGEaiKi6n"

 

本書は、さらファーウェイをはじめとする中国企業の世界に張りめぐらされたスパイ網を暴き、ITへの無知が国を滅ぼす現状に警告をならすノンフィクション大作。

中国のやっているのは技術移転ではない。中国技術泥棒国家だ!

日本にはスパイ防止法がない、いまや中国技術盗掘の草刈り場だ。

トランプ対中貿易戦争開始でハイテク技術米国から盗めなくなった中国。これからの標的は日本だ。

 

中国サイバー軍とは、中国電子戦部隊

主に中国人民解放軍総参謀部第三部二局中国人民解放軍61398部隊(PLA Unit 61398)を指すとされる。

2014年存在を指摘された61398部隊上海市浦東新区高橋大同路208号にあり、2007年に完成した12階建てビル拠点を置く。

英語に堪能な要員数千人を抱えて活動している。

2019-01-11

オタク文化大衆化に少しだけがっかりした話

昭和生まれオタクだ。

私の学生時代オタクであることが周囲に知られることは社会的な死を意味した。私はオタクであることを隠して生きていた。

部屋でどハマりしている漫画を読み、多少同好の士と話す機会はあったものの、基本一人専門書籍を漁っていた。ひとつ漫画に対して熱は何年も続いた。当時ハマった漫画歴史物で調べようと思えばいくらでも調べられたため、専門書を読み漁った。高い本は買えず、書店でよく立ち読みをした。二、三時間立ち読みをしている私はきっと迷惑存在だっただろうに、見逃してくれた書店員さんには感謝しかない。

最近になってSNSを使ってオタク活動を始めた。同好の士と繋がっていくと中・高生とも話す機会が増えた。今までオタク趣味オープンに話す機会もなかったので純粋に嬉しかった。

しばらくして違和感を感じ始めた。その違和感の正体がなんとなく分かってきたので、このエントリーを書いている。好きなコンテンツを同じくする若年層と関わっても、しばらくすると彼らの愛好コンテンツは別のものになってしまうのだ。私が絵を投稿するたびに熱心に話しかけてくれた高校生ももう別のジャンルに夢中のようだ。彼らのプロフィールにはたくさんのコンテンツが書かれており、それにハマっている、とある。そのコンテンツほとんどの若年層のアカウント共通していることにも気が付いた。そして彼らは同じタイミングで同じことを一斉に投稿する。例としては、いわゆる"〇〇はいいぞ"などである

彼らはみな自分オタクだと自称しているのだが、果たしてそうだろうか?と段々と疑問を抱き始めた。アニメゲーム漫画を好めばオタクなのか、と言われればそれは違うのではないだろうか?彼らのうちのほとんどは、昔ならオタクが愛好していたコンテンツ流行の歌やテレビ番組と同じ感覚で消費しているだけではないのか。ただ単に普通の人が消費する、テレビや歌などの娯楽の選択肢の中に、昔オタクが好んだタイプコンテンツも紛れるようになった、それだけなのではないかという結論に至った。

若者がどうのこうのと言うつもりはない。私が一抹の寂しさを感じたのは、現代においてオタクコンテンツがこれほど大衆に受け入れられているのに、肝心のオタク自体はそのコンテンツ取り巻き楽しむ人々の中に入っていけない、という事実だ。一見たくさんの同好の士存在するように見える。しかしそのほとんどはオタクではなく、オタクコンテンツテレビ音楽と等しく選択肢として楽しんでいる人たちだったのだ。リア充で、自撮りSNSに上げたりできる人たちだった。オタク気質な人と普通の人の比率は今も昔も変わっていないのだ。これではオタクであることを隠して一人で楽しんでいた頃と本質的には変わらないんじゃないかと、思ってしまった。

結局のところ、オタクコンテンツがどれだけメジャーものになろうと、いやメジャーであればあるだけ、オタク気質な(掘り下げ型の)人間が少数派であり、孤立しがちであることを突きつけられるだけなのだコンテンツ一般化しただけでオタクが増えたわけではなかった。そして皆が皆自分オタクだと叫んでいる中、オタク気質同好の士を探すのも以前と変わらず難しい。オタク文化が大衆したことで、大手を振ってオタク気質人間考察だのなんだのできると考えていた私は時代について行けていない甘ちゃんだった。今のところ数万人はファンがいるであろうコンテンツ自分と似たようなタイプを2人だけ見かけている。

もしあなたオタク気質同好の士を友人に持っていたらそれは僥倖というものだ。彼/彼女を大切にしてあげてほしいと思う。

2019-01-08

https://anond.hatelabo.jp/20190108101738

自分で探すので速読勉強して標準的小説一冊を30分で読めるようになった

で、立ち読みで済むようになった

2019-01-04

えっちコンテンツは買うもの、って意識が無い

エロ動画エロ漫画でググると大量の違法コピーをまとめたサイトが出てくる。

これらは本来有料で売られているものなのに無料カンタンに観れてしまう。

購入がむちゃくちゃに恥ずかしいのもある。

購入の履歴がどこかに残る、カード決済したらカードの明細に書かれる、購入したコンテンツスマホパソコンの中に残る。こわい。こわいぞ。

でもこの間、意を決してエロ漫画を購入してみた。表紙とタイトル比較的おとなしく、ぱっと見でえっちコンテンツとはわかるまい。少しずつ還元していくのでゆるしてね…。

成人した今でも18禁の何かを見るのに背徳感がある。悪いことをしている気分になる。

基本的に成人向けコンテンツ男性のためのもの、という意識がある。コンビニブックオフエロ漫画を立ち読みする女性は見たことがない。ベッドの下からエロ本が出てきて慌てる女子高生の話も聞いたことが無い。

でもでも本屋女性向けエロコーナーって実は結構スペース広い!みんな秘めてるのだな。でも本当はエロに興味ありありなんだな…?

友達エロの話をしたことない。どんなオカズ使ってるの?とか死んでも言えない言わない言いたくない。

そういえば自分はいままでずっと男性向けのエロコンテンツを楽しんできてたんだけど、

女性向けも読むようになって男女の違いが色々あって面白かった。

女性向けは少女漫画の延長線っぽい。

自分は男向けも女向けもどっちも楽しいんだけど、男の人からしたらどうなんだろう?

ちんこ間違ってる!とかイケメンヨガってる顔の描写いらねえ!とか思うのかしら。

2019-01-01

anond:20190101181441

ワープロは形を変えて生き残ってるし、

書店立ち読み機能があってカフェ併設の流れがあるから蔦屋は生きてると思う(図書館進化したら負け)

雑誌は厳しいがwebメディアがそこまで発展するのかなあ

文庫本オーディブルってえの?音声読み上げが主流になる

2018-12-31

同人誌即売会で毎回思うんだけど

ガッツリ立ち読みする人って結局買わないことが多いと思うんだけど、

作者はどう思ってるんだろうこれ?

自分は売り子として手伝う側だからちょっと気になった程度だけど

作者は悲しいと思うんだよねこ

2018-12-25

anond:20181225211030

バブル時代出版社は、雑誌を出せば「広告収入」がばんばん入る仕組みだった。実売がそれほどでなくてもとにかく採算が取れたんだ。それでとにかくばんばん新創刊された。

で、バブル崩壊後の1990年代後半あたりからそのビジネスモデルは危うくなってくるわけだが、それに代わりうるビジネスモデルを確保できなかった

でも広告収入のため中味のない記事乱発ってWEBメディアでもさんざんやってるから人間進歩ねえな

***

ちな、おっさん世代現在48歳)の自分20代のころ(1990年代)に金出して買って読んでた雑誌って、アニメ誌じゃ『ニュータイプ』(スタッフのインタビュ記事とかが目当て)、週刊誌なら『SPA!』たまに『AERA』と『Newsweek』、ジャーナリズム系なら1995年に爆死廃刊した『マルコポーロ』、たまに、これも今はなき『諸君』あたりか。ネット普及以前には洋物エロ雑誌も金出して買ってた、週刊マンガ誌はほぼ立ち読みか、電車の網棚に捨ててある奴、たまに行く銭湯かに置いてある奴を読んでたな

2018-12-24

深夜のコンビニの前で電柱により掛かりながら、オジサン身体を左右にゆらしてる。

夜だから、色ははっきり分からないけど。黒っぽい服。

そのオジサンの目の前には明るい店内。

雑誌コーナーでは、OL風の女性立ち読みをしている。

  

そんな様子が左前方の横断歩道の先に見えた。

僕は、信号が青に変わったので、歩いた。

真っ直ぐ進んで横断歩道渡り、左を向いた。

コンビニ前のオジサンがいるところの後ろを通り過ぎる。

すると、どうも。

様子がおかしい。

オジサンズボンはいてなかった。というか、ズレてた?

ちょっと、ニヤニヤしてる??

意図的ってこと?

寒い格好で、店内の女性に見せつけてたんだ。

  

僕は戸惑った。

  

一応、警察に連絡した。

男性シンボルが出てたのですか?どんな状態でした?」などと聞かれた。

年末になると、変な人が湧いてくるのかな。。

この後で、取り調べ室に行って調書を書いて貰ったんだけど、ワードエクセル時代手書きだったので、ビックリした。思ったよりも時間がかかるモノですね。

2018-12-19

「剣姫、咲く」

素晴らしい。打ち切り漫画のお手本にすべき作品

決して面白くないわけでもないし、画力はむしろ高い方、だけど魅かれるものはないという立ち読み領域から脱しない総合評価

「打ち切るぞ」って編集から言われてるんだろうなあ、とヒシヒシと伝わるストーリーの詰め込み感。

オリジナリティあるキャラクターのはずなのにどこかで見たことある既視感

しかし、これは悪意あるレビューではなく初っ端から打ち切り感を出しつつも全4巻で綺麗に最終話を描き終えた称賛である

2時間映画を30分で作れと無茶を言われた監督が曲がりなりにも観賞に耐える作品を作りきったときの称賛に近い。

打ち切りを迫られている漫画家は参考にすべき。

2018-12-14

anond:20181214093955

パノプティコンってご存知?

学校は生徒同士で相互監視させるシステム

オンライン化なんかしたら昼間の街に小僧があふれて

万引きやら立ち読みやらで、単価の安いサービス業が回らなくなっちゃうよ

2018-12-10

消えゆくTSUTAYA

近頃TSUTAYAが次々と閉店している。

思えば、自分学生生活TSUTAYAと共にあった。

中学生の頃、実家CDラック眠る音楽だけでは物足りなくなっていた。そんな時、頼りになったのがTSUTAYAだった。少ない小遣いでもCDレンタルのお陰でたくさんの音楽聴くことができた。ネット楽曲ダウンロードするようになっても、アルバムを丸々聴きたいことの方が多く、その際に利用するのがTSUTAYAだった。


高校生の頃は、帰宅途中にTSUTAYAに立ち寄ってジャンプ立ち読みして、その流れで漫画を買ったりレンタルしたりするのが日常だった。過去の名作も、気になる最新刊も、TSUTAYA無くしては読めなかった。TSUTAYAが無ければ、自分はここまで漫画好きになっていなかった。


大学生になって親元を離れ、一人暮らしをするようになった頃も、TSUTAYAに立ち寄って映画を借りるのが楽しみだった。友人の家でB級映画を、退屈な夜に見逃した洋画を。マイナー作品でも取り揃えていたTSUTAYAが頼もしかった。


まず、大学に近く頻繁に利用していた学生街のTSUTAYAが閉店した。次に、電車で数駅先の、マイナーCDDVDも取り扱っていたTSUTAYAが閉店した。そして今度は、一人暮らしを始めて心細かった時に最初に利用した、思い出深いTSUTAYAが閉店する。

いずれは、人生で一番利用した実家の近所のTSUTAYAも閉店することになるのかもしれない。

さようなら、そしてありがとう

2018-11-21

anond:20181121172727

ジャンプハンターしか読まないから買うのがもったいなくて、立ち読みで済ませて、コミックがでたら買うという感じになってたけど、立ち読みでさっと読んで理解できる範囲を超えたかコミックでるまで待つことにした。

2018-11-15

anond:20181115195241

もし書店いってmeetsあったら立ち読みしてみたらどーかな。京阪神エルマガジン社雑誌で美味しいものものってる。

SAVVYって雑誌もあるけど女子向きでカフェパンばっかりだったので。

Amazonにもあるけどkindleになってないのかー

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=meets

エルマガのmeets

https://www.lmagazine.jp/meets/

2018-11-12

コンビニ雑誌立ち読み防止シールが貼られるようになった

ハンターしか読むのがないのに250円はらってジャンプ買ってる。

2018-10-30

本屋痴漢盗撮をされた話

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/www.bengo4.com/c_1009/n_8761/

渋谷ハロウィン痴漢問題に関してのブコメ

いい加減露出度の高い服を着てるのが悪いとか危ない場所に行く女がとか

自己防衛とかそういうの、目にするのがつらい できることならやめてほしい

いつか書こう書かなければと思ってずっとエネルギーなくて書けなかったけど、

10年程前に書店盗撮に遭ったときの話をしま


私は当時165センチ60キロの太めの20歳台はじめのどう見ても地味できれいではない女性で、

暗いグレーの膝上までのコートに膝丈のスカート、脹脛を覆うくらいの暗い茶のブーツを履いた地味なファッション

ある資格のための一次テストが終わってほっとして地方都市の大きな書店に久々に立ち寄って

マイクロプレゼンスゾウムシというゾウムシを精細に撮影した写真集立ち読みしていました

そのときごく近くの本棚に隠れながら張り付いて鋭い目つきでどこかを凝視している男性がいてぎょっとしましたが、

そのときは「万引き監視スタッフだろう」と思って驚きながらも気にせずにいました

他のフロアもまわりしばらく書店内をうろうろし、私は書籍を何冊か持って書店の端にあるベンチに座り、

どれを買おうか吟味し始めてしばらくすると、私が座っている正面の書架書架の間で

先ほどの鋭い目の男性がもう一人その場にいた男性に「撮ってるでしょ」と声をかけていて

そうするとその男性は突如火がついたように駆け出して私のいるベンチの方へ走って逃げてきました

「待て!」と言って万引き監視員と思われる男性はその逃げた男性に飛びかかり、

私のいるベンチに二人してものすごい勢いでつっこんできて転倒しました

ベンチは倒れ、辺りは取り押さえられた方の男性の口や鼻から出た血でいっぱいになっていて折れた歯が落ちていて、

私が驚いて立っていると女性書店員が私にそっと触れて「大丈夫ですか、あなたが撮られていたみたいです」と言って声をかけてきました

私は目の前の状況とまさか自分なんて撮られるわけがないということに驚いて言葉もありませんでしたが

そのまま事務所保護されて警察が来るのを複数書店員さんと共に待ちました


しばらくして犯人を取り押さえたスタッフ

(この人は万引きではなく盗撮監視スタッフで、そこで書店での盗撮はとても多いということを初めて知った)

が息を切らして戻ってきて、隙をついて逃げられた、と言いました

犯人スタッフを振り切って逃走したようでした カメラ書店ゴミ箱に捨ててありました

しばらくして警察複数人やってきて、現場検証と私への聞き取りを始めましたが

身長体重も年齢も職業書店にやってきた理由も何もかもを全部詳らかに言わなくてはなりませんでした

私が加害者でもないのに…というモヤモヤと今更物事を実感した恐怖と

また当時は美人でもない私が盗撮なんて、という気持ちもあってそういったことを話すのがすごくつらかった

そして極めつけに、犯人カメラで撮ったものを一枚一枚自分確認しなければならなかったのですが

これがとてもつらく気持ち悪く、今思い出しても本当に涙が出てきます

犯人は私の後ろや側面をフロアを跨いでずっとつけてきていて、順番に全身や膝の裏を何枚も何枚も執拗に撮っていて、

長い時間マークされていることがわかりました ベンチに座ってから写真が最も多く、

ズームで何枚も何枚も膝の間を撮っているのです 意地でも中を見てやろう、という感じがすごく怖かった

ただ私はきれいではない女の子だったけど当時も世の中では「女性自己防衛」が強く言われていましたので

膝をきちっと閉じて座っており、下着などは写っていませんでした

それで刑事(本当に踊る大捜査線刑事みたいないでたちだった)が「下着が写ってないので立件は難しいと思うんだよね~」

というような事を説明し出して、私としてはうそでしょ、という思いでした

こんなにも執拗に何十枚も追われて写されて、犯人カメラと言う物証もあるのに、

血まみれの捕り物劇まで見てしまってこれで犯罪として扱うことができない、と言うんです

下着写ってないんだから実質撮られてないだろ大げさな」って言う人もいるかもしれませんが、

犯人は逃げていて、しかも流血していて私のことを逆恨みしているかもしれない、と思うと

何らかの決着がつかないことにはとても恐ろしい事態でした 事実私はその後4か月ほど電車バスに乗れず、

犯人男性と同じような容姿男性を見れば犯人当人ではないかと思い

件の書店には今も足を踏み入れることができません 今も怖い どこかで会ってしまうのではないか


とにかくそときは連絡先を警察に託し、スタッフの方にはお礼を言って場を辞しましたが

事務所を出た途端大泣きしてしまいました スタッフの中には大げさなって思った人もいたでしょう でも恐ろしかった

父は連絡しても(あとで訊いたら「大したことはないと思った」と)迎えには来てくれず、

母が来てくれましたが帰りの電車が怖くてしかたなかった 犯人の姿と似た人を見てはビクついていた

犯人いるかもと思った 母が私を落ち着かせるために喫茶店に入って座らせてくれましたが、

そのとき母は「お前に隙があったから」「油断して歩いていたんでしょう」

自分美人になったつもりなの?」というようなことを言いました

隙がないか下着が写ってないのに!下着が写ってないから立件もできないのに!です

世間で言われる自己防衛が私を守り、しかしかつ私を傷つけるという皮肉な現状がありました

(母の内面化された性差別心もまた私も傷つけましたが、のちにその母もまた若い頃同じような目に

何度も合っていてその都度それを言われ続けたことがわかりこの価値観連鎖地獄だ、と思いました)

何とか家に帰りついてもよく眠れず、あの血が飛び散った瞬間のことを何度も何度も思い出しました

怒りと復讐心と恐怖で血眼になってネット検索をして犯人らしき人間掲示板に書き込んでいるのも見たけど

立件できないと言われた以上それを警察に報告することも間違いなのかと思いできず、一人でもやもやとそれを見ていた

翌日も部屋に閉じこもっていると、女性警官の方から電話が来て「犯人自首してきた」と告げられ

「直接会って謝りたいと言っている」と言われました「どうする?」と 選択肢なんてこういう場合あるんでしょうか

犯人自己満足のために謝罪を受け入れることも勿論できなければ会って自分の身を危険さらすこともできるわけがない、

私はすごく苦しかったけど社会的に見てそんな大したことではないから大騒ぎできない、とも思っていたか

性犯罪被害者のための悩みを打ち明ける場がある」とその女性警官に言われても

「他にもっと酷い目にあった人からすれば私なんて大したことされてない、つらいと言うことは悪い」

と思ったので大丈夫です、と電話の向こうの彼女に告げ、それですべて終わりました

犯人はただ厳重な注意を受け、以降何の詳細もその後もひとつも知らないままです


それから私は元気になりましたが、今でも当時の事を突然思い出したりして苦しくなります

あの血まみれの床と折れた歯の画面が頭の中から消えてくれない、

自己防衛を徹底していたために犯人がわかっていて裁かれないという皮肉

今回のような事件議論を目にするたびに悔しい想いとしてよみがえります

私の中で前述の体験が一番強烈だったために霞んでしまってはいます

10年くらい前の盗撮以前にも小学生高校生の間、社会人になってから書店や他の場所で何度か痴漢に遭っていて、

広い通路なのにわざと私の臀部に触れながら何度も通り過ぎて逃げても隣の100円ショップまで追いかけてくるおじさんやおじいさん、

書店以外でも道を訊いてきて親切に答えるとそのうち自らの自慢話をするなりホテルに行こう、と腕を掴んでくるおじさん、

普通に住宅街を歩いていて自慰を見せつけてきたり自分の履いたパンツだと言ってそれを無理矢理渡そうとする若い男性などがいました

いずれの時にも私はただ地味で太目で気の弱そうな制服姿やスーツ姿のきれいではないさえない女性でした

痴漢盗撮犯はただ狙いやすそうで反撃されなさそうな女性を狙っているだけで、

女性防犯意識露出や美醜にはひとつ関係がないのだ、ということを私はそれで身を持って知り、

今もそれは間違っていないと思っています 事実それから私は体を鍛え始めて当時よりずっと痩せ、

主張の強い恰好を心掛け、濃いメイクをしてぱっと見はきれいに見える程度くらいになり

付き合いで書店路上等よりももっと危険一般的に思われている繁華街等にも足を向けることもありますが、

以来それとわかる痴漢には遭遇していません 「触ったら殺す」を主張している強そうな女には気の弱い人間は近づかないのです

(気の弱くない相手には通用はしないでしょうが…)


最初に貼ったような場では集団の力や環境によってその閾値が低くなる、ということなのだと思います

どちらにせよ露出の高い恰好でもなんでもその女性身体はその女性のもので、好きな格好をすることはその人の権利で、

またどこを歩いていようとどこにいようと犯罪を行おうとする人間のいる限りそこに犯罪が発生するだけのことで、

場所もあまり関係がなく性犯罪(だけではない、犯罪に関してはすべて 被害者性別年齢に関わらず)において、

自分身体自分身体他人身体他人身体 どちらも誰にも自由にできない

痴漢盗撮問題に関して自己責任論に関係なく大事なのはそこだけだと私は思います


私は件の犯人のことを今も怖がり恨み続けてあの当人でなくとも次に痴漢盗撮に遭えばその犯人を殺してもいいよ、

自分に言い聞かせて電車に乗り書店に入り、日々を生きています しかしもちろん私は絶対犯人を殺しはしないでしょう

なぜなら私は理性のある人間という生きもので、合理性を持ってそれを間違いだし損だと判断できるので決してやらないのです

その決意だけが私は犯人とは違う、と自身に強く思わせてくれることによって私のお守りたり得ています

私は決して他人身体自由にしない、してもいいと思わないと言いたい

事件になったわけでもレイプされたわけでもないのに大げさだ、と思う人はやっぱりいるでしょうが

こうやって積み重なってきたひとつひとつのことで疲れてしまっている人たちがたくさんいるのは紛れもない事実です

その辛さや現状は一人一人違っていてそれは誰にも否定できないことです 私はそれを言いたいし、

そうやって苦しんでる人にあなたは間違ってないし、苦しまなくてもいいのだと言いたいです

今回のような記事についての反応を読んで苦しんでいる人がいたら、世間の言う自己責任論こそひどく無責任もの

あなたのことを何も知ってはいないし、知る気もない人の言葉から気にしないで(無理でしょうが)と言いたい


そしてこういった話のうえでそれでも被害者にも責任がある、とまだ言いたいと考えている人がもしいたら

女性だけでなく誰もがいつどんな犯罪被害に遭うかわからない世の中で、属性によって被害者の責を問うことは

いずれもしかして自分にも降りかかる事態なのかもしれない、と少しでも考えてもらえたらと思います

犯罪は(社会で考えるべき部分は別として)犯罪を行うそ人間個人の罪で、その性別を包括している側の属性の罪ではないのです

から被害者の側の属性やそれに付随する文化趣味のものが罪だとは責めないでほしい

もうすでに起こってしまたことに怒ったり苦しんでいる人を、さらに苦しめる言葉を見るのは辛いです

痴漢盗撮という行為について、ただそれを行使する個人問題とする世の中になってほしいと思います

正直この記事犯人の目に入ると思うと怖いと思って迷ったけど、

こんなふうに事件としても扱われない、人に相談してもお前が悪いと軽くあしらわれるような事態が未だ多くあると思うし

もういい加減自分のためにもどうしても書かなければならないと思ったので投稿しま

長くなりましたし論旨がブレているだろうと思いますが、以上です

2018-10-29

何で国語の授業って文学エッセイばかりなの?

契約書の読み方を学校で教えたら文学が消えますぞー日本が滅びますぞーとか言ってる人いるけど、ちょっとやそっと他の授業入れたぐらいじゃ押し出しきれないぐらいに今の国語教育って文学一色でしょ。

文学エッセイポエム1その他1 ぐらいの割合じゃない?

俺の曖昧記憶に過ぎないし、こんな増田のためにわざわざ国語教科書子供から借りたり立ち読みしてまで割合統計を取る気にもならないけどさ(ブログネタに困ってる人はちょっと調べてくれると皆喜ぶんじゃねーかな)

本当になんでここまで文学文学になっているのかが俺は不思議でならないよ。

国語力ってのはいろんな所で関係してくるわけで、それを教えるための手段アンバランスな物になっているのは非常によろしくない。

情緒的な表現抽象化について一度も学んだことがない人間を作れというわけではなくて、そういったことばかり学ばせて国語力は完璧だぜって世に送り出すのはどうなのかって話だ。

そこに極論を持ち出すような人間国語力は本当に不安だし、こんな奴ばかりになるんだから学校文学を教える量を減らして論理的国語力を鍛えやがれって方向に話を持ってきそうになるけど、それじゃ同じ穴の狢になるからここは大人対応をとって放置だ。

というわけで彼らの脳みそがどうなっているのかは置いといて、国語教育がなんでこんなに文学に偏っているのかについて我々は一度真剣に話し合うべきなんじゃないかってことだよ。

2018-10-23

anond:20180415183905

タダで読まれたことを単純に被害計算すんなよバカ

じゃあお前ブコフ立ち読み被害に入れろよっつー話だよ

2018-10-22

マジで臭い人ってどうやって人間関係保ってるの?

オフィス街なんだがコンビニとかで一定マジで臭いおっさんがいる。

加齢臭?汗臭?なんだか知らんが半端じゃない。

異常者ではなく一応スーツ着た普通サラリーマンだがヤバい激臭がする。

連れだって昼を買いにきたサラリーマンにはそういうのはおらず

雑誌コーナーで立ち読みしてるような奴にたまに激臭マンがいる。

あとだいたい小太り以上のデブ


いくらなんでもあの匂いを振りまきながら職場人間関係を保てるとは思えない。

強烈に臭い

上司がなんかいうべき臭さ。

あいうのってなんなんだろう。

さすがに女であんな風に臭い奴に遭遇したことはない。


毎日風呂に入ってない?

デオドラント的なことを一切してない?

太ってて人の何倍も汗っかき?

スーツYシャツクリーニングがおろそか?

多分そのどれかか複合技だと思う。


あいつらほんまなんなの?

オタクアイドルコンサート会場とかじゃなくて港区オフィス街ぞ?

なんであれで社会生活やれてるのかわからん、それぐらい臭い

清潔感とかそういうお気持ちクソワードじゃなくて鼻を通して脳を殴られる臭さ。

あれがそばにいたら仕事なんか出来ない。


なのでネットで聞きたいんだけど「同じ職場に激臭マンがいる」って人いる?

たまたま職場の全員匂いあんまり気にしないってことなのかな

ブックオフ臭いのは本なの?オタクなの?

狭い通路リュック背負って立ち読みしてるアホなの?

2018-10-18

anond:20181018230702

それ店員で、「立ち読みしてないで買えよ」というプレッシャーの声掛けではなくて?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん