「アクセサリー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: アクセサリーとは

2019-05-23

救済夢が苦手

作中で無くなるキャラを生かす展開の夢小説

夢以外にもこの文化あるかもしれないけど自分は知らないから話を夢に限定しとくわ

からこういう文化あった

筆頭がル○ーシュと市○どっちも原作死ぬけど夢で救われがち

それはいいんよ

そのキャラが生きててくれなきゃ話が成り立たない展開だから

夢主の相手とか

今後の展開に大きく響くとか

だけどpixivに夢が溢れるようになった時から意味のない救済夢がちらっほらしてるのがいやなんだよ

いやね、生きててほしいのはわかるよわかる

でも一話でとりま助けちゃいましたーの前置きがあってその後そのキャラ出てこない…なぜ助けた?

夢主の箔付けアクセサリーに見えてしょーがない!

その程度の役付けでキャラ死ぬ覚悟がなかったことにされてるのってどうなん?

一部キャラを助けることで主人公や一部キャラの成長の機会奪ってるから

そも救済って言葉がいや

夢主が救済て言葉使ってるのどこから目線

夢読んでるくらいだし原作厨じゃないけど二次創作原作が神じゃない?

救済って言葉自体は良い方向のイメージあるけど原作以上に良い展開って思いながら救済使ってんの?

自分は使えないわ夢書きになってキャラ生かすとしても良いとこ改変止まりだし十中八九改悪

この世の救済夢全部が改悪とは言わないけど

お手軽に救済救済救済救済…夢はキャラを生かさなきゃいけないルールでもあるんか

2019-05-19

SC70 Inf.27

絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約

常任委員会 第17会合

2018年10月1~5日 ロザ・フトル、ソチロシア連邦

趣旨説明書

楽器と附属書II 注釈#15

Dalbergia spp.、 Guibourtia demeuseiGuibourtia pellegriniana、及びGuibourtia tessmannii (ブビンガ)に関する注釈#15は、ローズウッドとブビンガの附属書II記載が以下を対象としている旨を示しております

全部位及び派生物が含まれるが、以下は除く:

a)葉、花、花粉果実、及び種子

b)積荷当たりの重量が10kgまでの非商業輸出;

c)注釈#4の対象である Dalbergia cochinchinensis各部位と派生物;及び

d)注釈#6の対象である メキシコ原産の、及びメキシコから輸出されたDalbergia spp. の各部位と派生

楽器ローズウッド及びブビンガ

 楽器産業楽器製造業向け木材供給者は、ローズウッド及びブビンガの保全努力とともに、その生物学特性保護措置及び取引について、さら研究していくことを強く支持しております。これらの樹木を守ることが重要です。

 楽器を作るのに必要となるローズウッドやブビンガの量はとても限られたものです。例えば、ギターバイオリンビオラチェロダブルバスクラリネットピッコロオーボエフルートサキフォーン、そしてピアノで、ローズウッドやブビンガを使っているものは概ね、それらを実質10kgも含んでおりません。マリンバとごく少数のピアノ類ではもっと多く使われているかもしれませんが、それでも通常は楽器あたり30kgを超えることはないでしょう。バイオリン系のような特定楽器においては、ローズウッドの使用は極めて少量でありながらも重要ですが、それは、例えば調律糸巻などに最も適した素材だからです。楽器製造業小売業そしてミュージシャンは、生計のため、そして人類経験を高めるアートを作り出すために、楽器取引をよりどころにしております総体として、ローズウッドやブビンガの全世界取引のなかで楽器が占めている割合は、ボリュームで見れば極めて少ないのですが、発行される許可割合は顕著なものです。

 素材価格の高騰は、楽器製造業と関連事業者(例えばバイオリンアクセサリ製造業のような)の限界収益性をむしばみ、生計を脅かす恐れがあります楽器は使いづづけるものですし、小売業個人の両方で長期間にわたって売却されるものですが、強制され発行してもらう許可のための費用負担はその都度発生します。ミュージシャンにとって、特にオーケストラ合奏団にとって、楽器の移動や売却を制限されることは、生計芸術活動を脅かすものとなります

 楽器楽器部品商業的、非商業的な移動が明確かつ完全に除外されていないことで、取引に重大な影響が生じ、国際的文化活動は妨げられ、CITES管理当局に不必要なな負担をかけています締約国注釈#15を置き換えるか修正しないことには、音楽世界文化は、あの最高品質トーンを生み出す楽器を失うことになりましょう……相応の保全利益もないのにです。


ダルベルギアとブビンガのいかなる注釈にも必須の要素とは:

2018年9月時点の署名者:

American Federation of Musicians of the United States and Canada.

American Federation of Violin and Bow Makers.

Bundesverband der deutschen Musikinstrumentenhersteller e.V.

C.F. Martin & Co.®

Confederation of European Music Industries.

Dismamusica.

Fender Musical Instruments Corporation.

ForestBased Solutions, LLC.

French Musical Instrument Organisation.

International Association of Violin and Bow Makers.

International Federation of Musicians.

International Wood Products Association.

一般社団法人 全国楽協会

League of American Orchestras.

Madinter.

Music Industries Association.

National Association of Music Merchants.

Orchestras Canada.

Paul Reed Smith.

PEARLE*.

The Recording Academy.

Society of Music Merchants. The SOMM - Society of Music Merchants e. V.

Taylor Guitars.

2019-05-16

恋人ができない

24年生きてきた。

ただの一度も、男性といい雰囲気にならなかった。思い当たることが多すぎてわからない。容姿はすこぶる悪い。性格は温和で、きつい性格の人が苦手な、気の弱い人間だ。しかし外見が悪すぎるおかげで中(性格)まで知られることがない。身につける衣服アクセサリー髪型メイク、全て自分好みのもの統一して生きてきたら、「怖い」「近寄りづらい」と言われてしまった。

温和な性格ではあるが、人とろくに触れ合わなかった結果なのか捻くれているから、男ウケを良くするために外見を変えることにめちゃくちゃ抵抗がある。

よくテレビで「恋人いない歴どれぐらいですか〜?」「うーん…恥ずかしいんですけど、1年いないんですよ(笑)」みたいなの見るけど「ハアァ〜〜??????こちとら24年間いませんけど当然処女ですけどでも処女って童貞よりネタにならない触れちゃいけない感がキツいんですけど〜〜!!!!!!!!」ってなる なるよね?処女、いじったらダメみたいな風潮あるよね?

いっそ男だったらよかった。童貞はまだ「童貞〜?(笑)」って空気感で「や〜め〜ろ〜よ〜(笑)」とか出来たのに

てか恋人ってどうやって作るんだよ

2019-05-15

地道に作品作りを続けている人に聞きたいこと。

私は一時期、小さなギャラリーレンタルボックスによく行っていたのだが、そこでボックスを借りて作品を売ったり、作品展をやったりしている人たちが不思議で仕方なかった。その作品は、手作りアクセサリーだったり、写真だったり、手芸作品だったり、アートなのか何なのかよく分からない物体だったりした。ちょっと不便で入りにくいところにある小さなギャラリーで、その代わりギャラリー代がかなり安くて無審査だった。自分もお付き合いでギャラリーグループ展に参加したことはあるけれど、あくまでもワン・オブ・ゼムに過ぎず、自己満足でやっているという感じしかしなかった。

で、唐突だけど質問その1「儲かりますか?」

これはご本人達に聞くよりオーナーに聞いた方が早いのかも知れないけど、「お金のためにやってる」と言い切れるほど儲かる場所には見えなかった。一部の人作品クオリティはかなり高かったけれど、それならばもっと立地のいいところで、宣伝になるようにやらないと意味がない。あくまでも作るのが楽しいからやっているというなら止めないけど、これだけで生きていこうとするとかなり厳しいとお見受けした。それでも手作りアクセサリーなどで人気のある人は、他のレンタルボックスにも作品を出したり、デザインフェスタみたいな大規模イベント作品を売ったりしていた。ちょっとしたお小遣い程度にはなるのだろうか?

そして質問その2「作品を作り続けるモチベーションはどうやって維持してますか?」

これ。本当に不思議しょうがないのだ。私が行っていたところ以外でも、結構あちこちギャラリーで分かる人にしかからない作品をせっせと展示している人たちがいて、それなりに格の高いギャラリーではギャラリー代も相当かかるし、沢山の作品を事前に提出してギャラリー審査に通らないとそもそも展示できない。だいたいどの作品にも値段がついていて、買いたい人は買えるようになっているのだが、わざわざ買って帰って家に飾りたいと思えるものはそうそうない。もっとも私は著名な画家写真家の作品(複製を含む)であっても、同じものをずっと飾り続ける趣味がないのであまり参考にならないかも知れないけど。どっちかといえばカレンダーみたいに一ヶ月ごとに違う絵が見られるものの方が好きなのだ

それにしても、私は子ども時代手作りが大好きだった。折り紙ビーズ細工にはかなり熱中した。子ども時代…といっても高校生になっても続けていたし、当時はわりと高度(?)な作品も作っていた。折り紙だと連鶴(一枚の紙に切り目を入れて、何羽もつながった鶴を折る)やユニット折り紙(沢山のパーツを折って組み立て、さまざまな立体を作る)をやっていたし、ビーズではビーズフラワーなるものを作っていて、ビーズで花びらなどを作って花の形に整え、茎に刺繍糸を巻き付けてまとめて仕上げたものをコサージュにしたり、小さな花束にして人さまにプレゼントしたりしていた。

が、正直作る作業が楽しくてやっていただけで、作り終わった作品はどうでも良かった。人さまにあげたり売ったりするほどの出来でないものも多かったし、折り紙はかさばるわりにつぶれやすいので、運搬や保管が難しかった。でも今ならば、手作り作品ブログで発表したり、ハンドメイド作品販売サイトで売りに出したりすることができる。そんなにお金に執着しなければ値段を安く設定すれば良い。だが、自分モチベーションがすっかり下がってしまい、地道に作品作りに励むことができなくなってしまった。老眼になって細かい手元の作業苦痛になったとはいえ、だいたい定時に帰れる職場にいて、時間の余裕はあるはずなのに、何も作れない自分が情けない。ちなみにいまだに折り紙キレイな柄の包装紙などには目がなくてついつい購入してしまい、材料けが増えていく状況である。誰か私のやる気スイッチのありかを見つけてくれないだろうか。

2019-05-12

anond:20190512142643

30年前にウィンドウズのアクセサリーペイントをつかえば素人でもCGができるっていって説明書を売った出版社が今軒並み事業撤退しているのはなぜか

 

美的感覚を磨いたプロペイントでも美しいものをつくる

サルさんにどんな高い筆やソフトをもたせてもセンスがないので美しくならない

2019-05-10

人生で一番最初に、自分を嫌いだと思った時のこと

保育園先生から「宝物は何?」と聞かれた。

みんなから答えを聞いて、まとめたものが学級新聞みたいになるとのことだった(はず)。

わたしは、なんて言ったら格好良いんだろうと必死に考えて、ネックレスとかアクセサリーかなあ、と言った。

しばらくたって、掲示されたものを見てみたら「お母さん」とか「家族」とか答えている子がいた。

だってそうやって答えたかった。

私は質問についてきちんと考えなかったし、ネックレスなんて大事じゃないのに嘘をついたし(持ってすらいなかったかもしれない)、家族を喜ばせる機会を1つ失ってしまった。そう思ってすごく自分が嫌いになった思い出。

2019-05-08

フェミニストだけど『鬼滅の刃』の禰豆子がイラっとくる

少年青年マンガに多いんだけどさ、ああい自我を亡くした女性を連れて旅する話なんなん??????

ベルセルクキャスカとかもそうだけど。

どうせ主人公ヒーロー願望を満たしたいだけなんだろ。

しか女性は大体若くて可愛い

そんな「モノいわない若くて可愛い女を救う」という大層な目標を傍らに、本当は単に「俺が成功する道」を歩みたいだけなんだよな。

女性アクセサリーにもほどがある。

2019-05-07

anond:20190507121709

自身もそのリア充グループの上位ではなくて、キョロ充だったんじゃないかリア充の女に相手されなかったか大人しくて言うこと聞きそうな増田を捕まえたとか。増田性格考慮せずに、社交の場に無理矢理連れて行くあたり、増田のことを人格として認めず、自身アクセサリーとしてしか見てない。

2019-05-06

[]【5】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506094948




5일



5日目

釜山港へ帰るんだってばよ


明日帰国は早朝便だ。

ゆっくり眠れる保証もないので、充分な睡眠時間を取れるのは昨夜しかなかったが、やはり眠りは浅かった。

釜山で迎える2度目の朝、疲れが取れているかどうかは疑わしいが、今日は名所観光お土産購入、食べ残し釜山グルメなど、予定を詰め込んだので、直ぐに部屋を出た。

まず目指すのは、チャガルチの朝の名物になっているという、シンチャントーストだ。


地下鉄1番線に乗り、朝のチャガルチ駅に到着。

BIFF広場を通り抜け、裏の小売店街に向かう。

まだほとんどの店が開店前で、人もいるにはいるがほとんどは開店準備の搬入路地工事

本当にやってるのだろうか。

路地クルクル迷いながら進むと、まだ閉店してい暗い店が軒を連ねるなか、30㎡程の縦に細長い店の前でコック帽に白衣のオジさんが黙々と店先でトーストを焼いている。

釜山の朝の味、シンチャントーストの前では、そこだけ行列ができていた。

しばらく待って、トーストフルーツジュースを頼む。

卵とハムチーズが挟まれトーストは、洋食なのに滋味深かった。


シンチャントーストの御主人に支払いを済ました時に、残りのウォンが心許ない事に気付いた。

チャガルチから程近い南浦洞のヨンジン両替所に向かう。

南浦洞は西面と並ぶ釜山繁華街だが、土曜の朝9:30に開いてる店はほどんどなく、人もまばらだった。

午前の強い日差しの下を歩き、両替所に到着。

手元の3000円を両替する。

ナヨンの時は実は数えてなかったが、ここでの両替は少額なので数えやすい。空港より明らかにレートが良かった。


南浦から引き返し、港町釜山の顔が最も見える場所、チャガルチ市場に向かう。

広い市場では、いけすの中にカニエビなどがひしめき、山盛りに積まれサザエやホンビノスなどの貝類太刀魚などの魚、イカタコナマコに果てはエイまで、あらゆる海産物が並べられていた。

ここで海産物を買って、2階で調理してもらえるらしく、お母さんに声をかけられるが、既にトーストを食べていたので、固辞して、市場の棟の反対側に出る。

海が目の前だった。

海風にあたりながら、あたりを眺めていると、韓国語演歌らしきメロディーが流れてくる。そういう音楽韓国にあるかどうか分からないが、メロディーといい、コブシの利かせ方といい、どう聴いても演歌だ。

韓国であっても、港では演歌流れるものらしい。


室内市場の脇の青空市場を歩いて抜ける。

ここでもたくさんの海産物が売られていたが、端まで抜けると食事のできる店がある。

漁師港湾労働者、仲買人などはここで食事をとるのかも知れなかった。

歩きながら日本韓国意見の相違のある日本海の呼称問題について考える。

このチャガルチ市場を埋め尽くす豊富な海の幸を見ていると、韓国の人がこの海を「東海」と呼びたいのもわかる。

目前にある日々の漁場が「日本海」では、借り物で漁をしているみたいだ。

日本人として韓国人の主張の是非や正当性は一旦脇に置くが、ナショナリズムじゃなく、釜山市民生活者の実感として「ここは自分たちの海だ」とスッキリしたいという、その気持ち理解できる。



韓国青春グラフティ


市場を後にし、韓国旅行に当たって一番最初に決めた観光地、山間の民家をカラフルに彩った甘川文化村に向かう。

バスに乗るてもあったが、地図上では歩いて行けない距離とも思えなかったので、その足で向かった。


実際に歩いてみると、考えが甘い事に直ぐ気付いた。

市場に程近い有名観光地なのに、歩いて向かう人が殆どいないのもさもありなん、山道結構なのだ

「実際に過ごしている人を見れるのも良い」と無理やりポジティブにかんがえたが、やっと観光客で賑わう村の高台に着く頃には、脚の疲れがえらい事になっていた。


カラフル屋根を一望できるカフェでまず一休み。

甘いカフェラテが身に染みる。

デッキではカップルロマンチック風景をバックに写真を撮っていた。


糖分を補給した後は高台散策

辺りには、たくさんの国からやってきた観光客が写真を撮っていた。

実は釜山にきて見て気付いたのだが、この街で最もよく見かける外国人は「日本人」で、それ以外の外国人存在が薄かった。

しかし、ここでは中国台湾ベトナムヨーロッパから来た人など、多彩な国々の面々が並ぶ。

やはりというか、若い人、カップル10代の少女が多かった。

韓国民族衣装を身につけた3人組の少女、2人は明らかに韓国人ではない。

多分ベトナムタイの人だ。

韓国友達を頼ってやって来たのだろうか。

まりに似合っていたので、写真を取らせてもらう事にした。

ピンク黄色、水色のスカートが風に揺れていた。


村の坂道階段を行ったり来たりするうちに、「ギャラリー」の文字が。

興味をそそられて階段を上ると、登り終えてまだ続く坂道の上で、学生服少女が同じく学生服少年写真を撮っていた。

青春ドラマのような光景に関心して咄嗟に一枚。

ギャラリーは閉まっているらしく、腕章を付けた彼ら以外に周囲に誰もいない。

プライベートも極まる時間だろうが、輝く記憶を少しだけおすそ分けさせてもらった。



釜山餐丁・バタードーナツと血羊羹


たっぷり写真もとって満足したので、下山する。

さすがに歩いて降りる気力がなかったので、バスを使ったが、山道を下るバス運転が荒い。

座れてなかったら大変だった。


バスの最終停留所、チャガルチで降りて再び南浦洞へ。

チャガルチから南浦洞への道すがら、行く手から派手な太鼓鈴の音が聞こえてくる。

デモだろうか。

韓国社会はどうやらパレードが大好きで、到着2日目にも地下を歩きながら、実体こそ見なかったが、パレードの音を聞いた。

時節柄、ちょっと緊張する。

からやってきたのは、釜山の対岸、九州からの踊り手達だった。

彼ら自身は踊ってないので、既に演目を終わったのだろう、しばらく歩くと、今度は韓国民族衣装に身を包んだ踊り手達が舞っていた。

音は此処からだ。

そういえば、釜山であった日本人と少しだけ会話してみると、九州からの人が多かった。

岸の両岸では、それぞれの人々が交流している。


南浦洞では、韓国旅行で2番目に決めた目的ナッツ入りバタードーナツのシアホットクを買い求める。

生地を大量のバターで豪快に揚げ、横に挟みを入れポケット状にして、蜜とナッツを詰め込む。

形状は平たい円形だが、なぜか平たく潰した紙コップに入れて供される。

しょっぱくて甘い味は疲れた体に沁みた。

これも日本に持ってきたら流行るかも知れない。

でも、どうも日本に入ってくる韓国グルメは、1個流行るとそれ一色になっちゃうんだよなー。


さて、夕方前に一旦ホテルに戻るつもりだが、その前にここのロッテマートお土産を買う。

出発直前までなかなかイメージが湧かなかった韓国土産だが、同僚の勧め通り、インスタントラーメンにした。

韓国即席麺大国なのだ


ホテルに戻って、明日朝の空港に向かうタクシーの手配をして、すぐ出発。

海に突き出した岩場に建つ寺院、海東龍宮寺に向かう。

なんとか時間的に間に合いそうだ。

ここに訪れれば、今回の韓国旅行で行きたい観光地は大方回ることができる。


地下鉄を乗りついで向かうが、どうやらエネルギー切れで気力が切れてきた。

山道を歩き回ったのに、朝から食べたのがトーストドーナツだけじゃ足りないのも当たり前だ。

とにかく何か食べないとまずい。海雲台駅で降りると、バーガーキングに吸い寄せられるように入った。

異国の地で、何が出てくるか想像できる上に早いジャンクフードはいざとなると頼りになる。

バーガーキングカウンターの福々しいお姉さんは、言葉が怪しい日本人にも親切だった。


ちょっと迷ったが、海雲台から海東龍宮寺に向かうバスに乗車。

30分ほどの乗車で龍宮寺に到着した。

龍宮寺までの参道は曲りくねった階段なのだが、辺りは台湾九份もかくやと思わされる人出で、細くて急な階段を歩くのが怖い。

しかも疲れている所に再びの山道なので、なんとか転ばないように慎重に歩く。

距離がなかったのだけが救いで、やがて海を望む龍宮寺が姿を現した。

既に夕方だったので、だいぶ光が赤く、海の青さはちょっとくすんでいたが、それでもなかなかの絶景写真に収めることができた。


満足したので引き返してバスを待つ。

やってきたバスに乗り込んだが、ここで思わぬ苦労をする羽目になった。

椅子に座れず立ち乗りだったが、渋滞に巻き込まれバスがなかなか進まない。

その上、運転が荒い。

急発進、急ブレーキ、急ハンドル

外国バス運転は概ねこんなものだと思ってはいものの、いい加減ヨレてきている足腰には辛かった。

このワイルド運転にも韓国若者涼しい顔をして立っている。

どういう鍛え方をしているんだ、いや、これ自身が日々のワークアウトになっているのか。

ユラユラ揺れる自分も、友達恋人と事も無げに談笑する韓国男子も、真反対の意味で慣れというのは恐ろしいものだ。


渋滞に巻き込まれた結果、1時間強の乗車となったバスを降り、海雲台の駅から地下鉄に。

食べ残し最後ご当地グルメを目指す。


釜田の駅から程近い「カヤポヂャ ソンジクッパ」に入る。

釜山最後食事は、牛の地を羊羹状に固めたソンジが浮かぶソンジクッパだ。

「ソンジクッパ ジュセヨ」席に座る前に頼むと、やがてグツグツ煮えたソンジと牛もつ入りの赤いスープがやってきた。

ごはんを入れながら食べる。

パッと見、キワモノっぽく見えるソンジだが、動物の地を固めてスープの浮き身にするようは食習慣はアジアでは珍しいものではない。

台湾にも猪血糕や鴨血などがあるし、タイにも類似料理があるという。

四角く赤黒いソンジは、特に強い匂いもなく、レバーっぽい羊羹という感じで口に抵抗なくいただけた。

これで韓国旅行で事前に設定したタスクは全て果たすことができた。


ホテルに戻って、荷物の整理をする。

個人的旅行あるあるなのだが、なぜか海外旅行では額にして3000円前後の小さな落し物をすることが多い。

りある旅行であればあるほど、その傾向が出る。

今回もカメラレンズアクセサリーリング所在不明になった。

別に機能に致命的な影響が出るわけではないが、無くしたいわけでもない。

こういう時、何かの引き換えになったとでも考えるようにしているが、少しだけ残念だ。

荷物の整理をして、この旅行記を書いたら時間は0:36分。

3時間程仮眠をしようと思う。寝過ごさないといいが。


【6・了】2019 春、韓国、釜山・光州  6日目|ありがとう/カムサハムニダ へ >>

2019-05-04

自分だけは幸福になりたい

自分以外の奴が不幸になろうがどうでもいいと思ってる。

自分自分が大好きだし、自分以外の奴は全く大事じゃない。

周りの人が大切な人であるという演技はしているけど、本音では他人自分を輝かせるアクセサリーしかないと思ってる。

利用できるときは徹底的に利用して、利用価値がなくなったらさっさと切り捨てる。足かせになるような奴は自分人生に入らない。

自分さえ幸福になれればそれでいい。こうやって書いている間にも苦しんでいたり死にかけている奴が世界中に居るんだろうけどどうでもいい。

全く興味がない。自分は苦しくないし。不幸じゃないし。どうでもいい。

2019-04-30

OLが朝起きて20分で家を出る

可能です

可能です!

令和からギリギリまで寝ましょう!

GW中の準備

起床時の不安

精神科に行っておきましょう。眠くなりたいか眠くなりたくないかも伝えましょう。

生理前に起きられない

婦人科ピルをもらいましょう。自分生理周期を完璧に把握することで仕事の調整をしましょう。睡眠必要な時期は早めに帰り、寝るようにしましょう。

着替え

1. アイテム

きちんとみえて、洗濯機で洗えてアイロンがいらない服、つまりイッセイミヤケのプリーツプリーズを買いましょう。(追記: ググってビビった人、シンプルなやつもあるから安心して!普通ジャケットワンピーストップスパンツ、襟付きシャツもあるから!)下着靴下は、無印ユニクロで全く同じものを3-5セット買って、タイツタイツの箱、ヒートテックヒートテックの箱、靴下靴下の箱…と種類別にぶちこめる箱を買いましょう。

2. スタイリング

完璧な、一番いいスタイリングを3-5種類作りましょう。(※いつも同じ服を着ていることは恥ではありません。いつも完璧スタイリングだということは、いつもおしゃれだということです。今日スタイリング微妙だな、という日がないんです。)

3. 気温

朝出発する時間の30分前に、その日の気温をアラートしてくれるよう、スマホを設定してください。

メイク

1. アイテム

するのも落とすのも簡単もの、つまりキャンメイクの、マシュマロフィニッシュパウダーシークレットビューティーパウダーを買いましょう。髪が長ければ、ポニーテールに刺すだけでおしゃれしてる風に見えるアクセサリー最近あるので、それを買っておきましょう。

2. 眉毛

眉毛の形を確認しておきましょう。多少剃りすぎてもまだあと一週間あるので怖くありません。眉毛黄金比ぐぐると出てくるので参考にしてください。仕事が始まると全てを忘れるので、完璧眉毛状態を左右反対に写真に撮って、鏡台に貼っておきましょう。ペンシル、パウダーリキッド、どれが自分にとって一番楽かを見定めておきましょう。

朝ごはん

お好きなゼリー定期購入してください。

出発時間2時間半前

二度寝のために目覚ましを鳴らします。不安感が強ければ抗不安薬を、起きられそうになければカフェイン摂取して二度寝します。

出発時間30分前

もう一度目覚ましを鳴らします。気温のアラートを見て、タイツの有無やヒートテックの有無などを考えます。考えられなければここを見よ。

天気・気温から洋服を選ぶ | ぷりんときっず

ウトウトしながら10分後に起床する覚悟を決めてください。

出発時間20分前

起床!トイレ歯磨きピルを飲みますスマホで15分のアラームをかけます音楽をかけたかったらかけましょう。

着替え

決められたスタイリングのうち乾いているやつと靴下適当にとりタイツヒートテック必要ならそれもとり、何も考えずに着替えましょう。

メイク

洗顔化粧水乳液日焼け止めまで頑張りましょう。顔に染み込ませているうちに髪をまとめましょう。疲れて見えないように上の方でまとめられるといいです。ただのポニーテールでいいので、買っておいたおしゃれアイテムを刺して、ヘアゴムを隠しましょう。急いでいるのでファンデーションとかはもういいです。マシュマロフィニッシュパウダーを全体にパフパフします。シークレットビューティーパウダーハイライトを入れるところにパフパフすると綺麗になりますチークまでできたらえらいです。眉毛はお手本通りに描きましょう。眉毛が最難関なのでこれさえクリアすればもうすぐです!あとは適当口紅を塗りましょう。アイライナーやマスカラタイマーが鳴るまで、時間が余った時だけで大丈夫です。

出発時間5分前

タイマーが鳴ったら捨てるゴミをまとめて、GO!

ゼリー電車で飲みましょう。

帰ったら

クレンジングなしで大丈夫です!とにかく機械的シャワーを浴びましょう。

洗濯物がたまると辛いので、その日の洗濯物だけ済ませて、寝ましょう!

明日も頑張りましょうね!

2019-04-28

anond:20190428155725

なんで怒ってるかっていうと「交換のときに箱とか全部処分して」っていわれたか

箱とかアクセサリーとかインストーラCD(ついてた)結局資源ゴミかよ!

このライトニングじゃないコードは何ゴミなんだよ!!!

家電リサイクルコーナーに入れてやるわ!

2019-04-26

漫画でよく見る豆粒みたいな発信機

体に埋め込んだり、アクセサリーになったりしてるけどどこで売ってんの?

あーいうのでスマホから位置情報わかるやつほしいんだけど実在する?

増田とかはてなのひとIT詳しいんだから教えて

2019-04-22

プレゼントをしすぎる男

増田さん、その時計良いですね。超かっこいいです!」

今日増田はその取り巻きの男たちから洒落アクセサリーを褒められている。

俳優としてのキャリアを積み上げてきた増田は、お茶の間での知名度が高いだけに留まらず、業界内でも評判の高い偉丈夫だ。

昔は少しヤンチャをしていたという経歴もあって、少しチャラチャラした若手俳優から兄貴と呼ばれて親しまれている。そんな兄貴毎日のように子分・弟分達を連れ立って飲みに行ったり遊びに行ったりしているが、ここ数年は異常なほどに周囲の人々から褒められるようになった。

そして、もはや当たり前の光景となったその褒めるやり取りは決まって同じような結末を迎えるのである

「褒めてくれてありがとな。せっかくだからこれお前にやるよ。」

兄貴風を吹かせるためだろうか。それとも単に気前が良いのだろうか。

既に業界では常識となっているが、増田自身アクセサリーなどを褒められるとそれがどれ程高額なものであっても褒めてくれた人にプレゼントしてしまうのである

最初の頃こそ、より年次のいった先輩俳優や周囲の友人から窘められたり、

プレゼントといっても、最近渡しすぎではないか。」

心配されたりもしていたが、誰が何と言ってもプレゼント癖は治らず、ついには金目の物をタカるためではないかと噂されてしまうようなハイエナのような若手連中が常に周囲を徘徊するまでになってしまった。

-----

「そんな増田さんは、業界内でも有名なプレゼント魔とのことですが。」

とある映画宣伝としてのインタビューの場において、これまたお茶の間での知名度が高い女子アナウンサーからそう問われた増田は、少しはにかんでこう答えた。

「初めの頃は単純に善意だったんですがね。褒められたらそれをプレゼントする、ということを繰り返しているうちに、今回だけプレゼントしないのもどうなんだろうとか考えるようになってしまいまして。今では少しでも褒められると無条件にあげてしまうんですよ。もはや呪いの類ですね。今日もこのインタビューの前にそこのカメラマンネクタイピンをプレゼントしてしまいました。」

インタビュアー視線を向けられて恥ずかしそうに顔を背けるカメラマンは、ネクタイピンなんて普段使わないような格好をしており、このあとオンラインオークションなどで転売することが目に見えているような男であった。

それを見透かしたのか、若干の軽蔑眼差しを顕にした女子アナウンサーは、慌てて表情を正して増田に向き直す。

そして意を決したように深呼吸をしたあとに増田に向かって問いかけた。

増田さんといえば、都内の立派な一戸建て最近購入されたことでも話題ですね。なんでも歴史を紐解くと元は外国からいらした要人の方が住んでいた由緒正しいお宅なんだとか。私みたいな庶民では手が届かないような金額で購入されたとワイドショーでは騒ぎ立てていましたよね。羨ましいです。私もぜひ一度住んでみたいです。」

スタジオに居る全員が何も言葉を発することのできない、数秒の沈黙の間。

エアコンけがうごうと音を立てている。

その沈黙を破ったのは増田であった。

「いい家ですよ。あなたプレゼントしましょう。」

-----

インタビューのあともいくつかの仕事をこなした増田は、急遽マネージャーに手配させたホテルへと向かっていた。

今日疲れたが、いい仕事をできたと思う。」

声には出さなものの、充実感に溢れた表情がそう語っている。

ホテル前にタクシーを止める。

元々は家に帰るつもりであったため荷物ほとんど無く、タクシーから降りるのも一瞬である

さて、着替えなどはどう調達しようかと若干思考を巡らせながら、ホテルチェックインを行うためにカウンターへと足を向ける。

そのときだった。

増田に気づいたファンと思われる男が駆け寄ってきたのだった。

増田さん!」

突然知らない人物から声をかけられても動じないところはさすが増田である

一般的俳優タレントであれば、周囲の目が集まることを気に病みながら舌打ちでもするところだろう。

増田はにこやかな表情を作り、握手体制で初めて会うファンを出迎える。

「僕、増田さんのファンなんです。こんなところで出会えるなんて。握手をお願いします!」

初めから握手に応じる心づもりであった増田は当然のように握手に応じ、濁流のごとく話し続けるファンの声に耳を傾ける。

デビューから観ています!とはいっても最近オンデマンドサービスで観たんですが。」

「今度も大作に出るんですよね!絶対に見に行きます!」

まさか同じホテル増田さんが泊まってるなんて、夢のようです。今夜お部屋に遊びに行ってもいいですか?」

増田さんの生き方に、僕は憧れているんです」

増田の表情が瞬く間に変わっていく。笑顔は消え、無表情に近い。

自分勝手に喋っていた男も流石にその変貌には気づき、何か不味いことを言ってしまったのではないかと表情を曇らせる。

「僕の生き方が、羨ましいんだね?」

噛みしめるように問いかける増田

表情筋の配置こそニュートラルで、無表情という表現がピッタリだが、目だけは奥の方で笑っているようだ。

答えに窮している男の手を改めて強く握り返した増田は、ゆっくりと告げた。

「それでは、君に僕の生き方を譲ろう。次は君の番だ。頑張ってくれたまえ。」

呪いは、伝搬していくのである

2019-04-04

メンサ会員の半数以上が無職理由

普通の高IQの人は受けないから。

社会不適合者が集まってくるわけです。

アクセサリー目的の人は場違いなんですよね。

https://anond.hatelabo.jp/20190404002258

メンサは高IQ社会不適合者の互助会

であって、声優アクセサリーではないのだが?

2019-03-31

買取価格を知ってむなしくなる

母が「もう使わないから」と言ってアクセサリー処分している。

若いころに予算を決めて少しずつ買っていたらしい。

買取結果はいくらだったか聞いたら、ビックリするぐらい安い。

地金の価格を見ても、そのレート通りには買い取ってもらえてない。

どうしてだろうか? と思ったら、小さいからだった。

すぐに売れるモノであればこの値段、重さが〇〇g以上ならこの値段、石はゼロ査定トルコ石? なにそれだった。

ダイヤモンドも小さいのがたくさんついててもダメ、大きいのがないと値段がつかないそうだ。

そのお店をネットで調べると、けっこう有名店だった。レートを見ると、なるほどなーと思う。

円/1g トップレート*1 重量品レート*2 通常レート

K24 6,000 4,570 3,676

K18 4,500 3,354 2,268

* 1 再販可能ジュエリー適用するレートです。

* 2 1点で50gを超える貴金属適用するレートです。

いやー、買い叩いてるなーと思う通常レート。理屈は分かる。再利用にもお金がかかるよねって。

でもさ、本当に買い叩きだよね。糞な店で売る方が悪いとかメルカリ使えとか言われそうだけどさ。

けっきょく、どこで売っても軽くて小さい金・プラチナアクセサリーは買い叩かれるよね。程度の差だよね。

買取専門店がアホほど増えてるのは、こーいうことかと思ったし、同じ18金であってもこんなに差が出るんだと驚く。

売った側はそこそこ満足しているのも、なんだかなーとも思う。

オシャレで買って楽しんで、最後お金ちょっと戻ってきた、それで良いと。

売る側の気持ちも、買う側の理屈も分かる。でもモヤモヤする。

2019-03-19

流行のアウトとセーフ

ちょっと前は小花柄のワンピースをきた若い子がゴロゴロいたけど、今日は全く見なかった。

みんなあのワンピ、どうしたんだろう?

ショップお姉さんたちが着てたのは、Tシャツの肩をデロッと出してレースタンクトップを出すお洋服

あれ、、、お洒落なの?

わず残留孤児」という言葉を思い出したわ。

サイズの合わない服を着て、下着(シュミーズ)が見えてる女の子ってさ、、、

しかもシュミーズがベージュだったりするから、白い下着が黄ばんでるように見えるし。

もう、誰か止めたげて。

必然性のないファッションは好きでない。

衿抜きシャツも、ふつうシャツの衿を抜くのはいいけど、そういうデザインはなんかダサく感じたんだよな(着こなしは同じなのに)

上着の肩を抜いて半分脱げかかった状態闊歩する女子たちを見ると、「いっそ脱げや!」と叱りそうになった。

昭和の女なので。

しかもそういう女の子に限って、どや顔歩いてるんだよな。

洒落でしょ、とばかりに。

いや、ダサいから

大人流行を取り入れるとしたらやっぱり小物になっちゃう。

服はベーシック自分定番

これを小物で今年の味付けをする。

小物ならお金もかからないし、収納場所もとらなくて◎。

今年はやっぱりクリア素材が気になる。

すでにPVCのバックは古着屋でゲット済み。

次にねらってたのはクリア素材のアクセサリー

日焼け止め宣伝森星さんが美しくてキラキラ輝くピアスが眩しくって。

で、ゲットしました。

スリコイン(笑)

300円でも、流行はいつも抑えてるし、

かわいいものが多くて大好き。

滴型の大きなクリアビジュー今季一目惚れ

派手かと思ったけど、ショートへアとのバランスはばっちり。

黒髪で重たく見えがち(かつ地黒)な私を

明るく見せてくれる。

かわいい服に合わせるのも良いけど、デニムシャツに黒スキニーというボーイッシュスタイルさらっと合わせたい。

足下はヒールだな。

キラキラ光ってすごくきれい

地味な私も光を集めてくれるかな♪

2019-03-12

anond:20190312115714

私は「記念に残るものが欲しい。アクセサリーかに憧れてた」って言って買ってもらったよ。

まぁお互いに1万程度のプレゼントのやり取りしてたかプラマイゼロだけどね。

恋人に言えないこと

この歳になると小綺麗な女の人はみんな高価なバッグとかアクセサリーしてることに気づいた

別に自分で買えばいいんだけど

きっと自分で買ってる人だってたくさんいるんだけど

恋人からそういうものをもらってみたい

若い頃はそんな、頭の悪い方のキラキラ女子みたいな思考は持ってなかったのに

なんだか、3000円くらいの帽子100均のしば犬クリアファイルもらって喜んでるのもむなしくなってきた

金かけてくれって気持ち自分からまれると思わなかった

年をとって女の卑しい部分が出てきてしまって、自己嫌悪がすごい

恋人結構お金がある

女友達と数人で海外旅行かにもいってる

私とは、レンタカー借りてちょっと遠出する程度

贅沢なことなんてしなくていいよ、なんて笑ってた

でも、百貨店で買った高いチョコと2万くらいのカバンのお返しが、1000円しないクッキーだったり

それでも心底喜んでた

そんなこんなで仲良く5年経った

でも急に、最近、むなしい

自分の卑しさにも反吐がでる

こんなこと、ここじゃないといえない

2019-03-03

ホワイトデーが楽しみすぎる

ホワイトデーが楽しみだ。

まれて初めて、「本命」を渡せるタイミング彼氏がいた。

バレンタインデーには勿論チョコレート。なんてことない顔をして、こっちの方が安上がりなんだよって言いながら、手作りのやつを渡した。本当は5回は1人で練習したやつだ。

そして3月になり、ついにホワイトデーがやってくる。「本命」を渡したことがないから、当然「本命」をもらったこともなくて、一体何が起こるのか楽しみでならない。

やっぱりお菓子かな。小さくて可愛いマカロンとか、笑いながら2人で食べるのかな。俺マカロンの旨さ未だに分かんねえよ、とか照れながら言うのかな。

アクセサリー可能性も高い。それなら私はイヤリングがいいな。そうしたら、次に会うときは私、ちゃんと髪を縛って行くから

手作りをするような人ではないけど、もし手作りならどんなものでも嬉しい。スマホレシピにらめっこして作ったんでしょう。人に渡せる形になるまで結構時間がかかるでしょう。経験者だからわかるの。

あなたらしい、突拍子もないものでもいい。ガッカリするようなつまらないものでもいい。きっと私は2週間くらい引き摺るし、検索履歴が誰にも見せられないくらいぐちゃぐちゃになるけど、きっと一生忘れないんだろうな。

忘れてしまっててもいい。それなら初めてのケンカをしようよ。

2019-02-22

トロフィーワイフってなんでマイナスイメージなん?

女はトロフィーアクセサリー扱いされることは忌み嫌うくせに、外見レベルの向上(自動的トロフィーアクセサリーとしての価値も上がる)に余念がなく、その変化に気付かれないことに不平不満を述べるというのはいささか自分勝手であると感ぜざるを得ない。

表現のしかたや程度の差こそあれ、男は誰でも「トロフィー」「アクセサリー」を手にしたいものなのだよ。

手にした自分価値ある相手を、どこまでも誇りたいものなのだよ。

そんな男の本質を女は理解しなければならない。

「女をわかっていない」などと憤る女ほどな。

それは媚びることでもなんでもなく、上手に生き抜くための女の知恵であり知性である

そしてそのような知性的な女こそ、男どもが最も好むタイプなのだ

こんなにも価値のあるトロフィーワイフってすばらしいと思うのだが、どうも多くの人はマイナス意味で用いているようだ。

単にトロフィーを手にすることができた男が、トロフィーとしてまんまと社会的地位経済力に溢れた男をつかまえられた女が、妬ましくて創り出しただけなのではないかという気さえしてくる。

解せぬ。

2019-02-10

メガネオプションが好き

風俗に行った時のメガネオプションが好きで可能ならほぼ必ずつける

というのも、風俗だと衣装はお店から支給であるから個性が出にくい。そして盗難防止のためアクセサリー類は基本つけられない。そもそも脱ぐからまり気合を入れたものをつけないのもある。

そこでメガネオプションをつけると高確率で「身につけたい」と思ったものを選ぶ。これまでの経験上「赤のアンダーリム」「黒のスクエア」「黒のウィンストン」「茶色ボストン」「ノーリム」など。

メガネの形からだいたいの文脈がわかる。「キツめS演じたい」「俳優のようにオシャレに」「あの歌手みたいなサブカルちっくに」などなどなど。楽しい

あと筋肉のつき方から食生活学生時代部活動を当てたり、こちらもやっぱり肉つきに個性が出るので、つどつど観ていて飽きない。

同じような楽しみ方をする諸兄がいれば賛同して欲しい。

2019-02-09

anond:20190209111441

なんでわらかんのだ

例えばクリスマスシーズンアクセサリー売り場の近くに精力剤置いてあったら「ついでに買っとくか」って気になる人がいてもおかしくないでしょ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん