「心因性」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心因性とは

2020-07-21

anond:20200721141645

増田共感する部分があったので。自分語りすまん。

自分もお勉強の成績は良かったのに、社会に出た途端役立たずの烙印を押された人間だ。

自分学生の時点で一時期不登校になったから、増田の方が社会適応力高そうな気がする。

それでも唯一の才能ともいえる学力のおかげで何とか大学卒業して、就職してさ。

別に都心に高級タワマン買うような超勝ち組になりたい訳じゃなかったのにさ。

この社会の一員として、自分にも出来ることがあるというほんの少しの確信を持ちたかっただけなのに、それすら叶わなかった。

それでも何とか置かれた環境にしがみついた結果、心因性の過労でぶっ倒れて入院鬱病、そして今は実家出戻りニート。一応療養中って名目にはなってるけど。

なんかいよいよ駄目な人間なっちゃったんだよな。働いてないとか以前の問題で。

常に脳の一部が壊死してるような感覚で、以前なら出来たことが全く出来ないんだよ。調子が悪い日は起き上がることもできないし。

不適応環境にしがみついた結果、日常生活を送ることすらままならなくなった。

いつか立ち直れる日が来るとしても、相当先になると思う。

その間にも貴重な時間は失われていく。毎日焦りだけが募って本当に辛い。

何が言いたいかというと、メンタルだけは守り抜いてくれ。両親の世間体とか関係ない。一度ぶっ壊れたらマジで立て直すの大変。自分は立て直せてないし、立ち直る未来も見えない。

手遅れにならないことを祈ってるよ。

2020-07-20

anond:20200720223124

多分そうだと思うけど責任は取れないので

心因性 発熱

でググって欲しいです

因みにその知人はわかりやすストレス溜まってそうな人です

anond:20200720220657

解熱剤が効かないなら心因性微熱可能性もある?

最近知人が同じようなケースで医者にそう診断されていた

2020-07-08

anond:20200708020204

遺伝性の体質

②痩せすぎとデブ(髪のトラブルが発生しやすくなる)

生活習慣(食・睡眠)と心因性ストレス

このどれかじゃないか

栄養失調からちょっと経ちました

anond:20191028220615

今は大学生4年生、研究室配属、内定は貰って研究いねーって気持ち毎日ベッドに寝転がっています

原因

多分あれは心因性によるものだったんだろうなーっていう感じです。

こんな時間にこんな場所に書き込んでいる時点でお分かりでしょうが、私はネット依存していますし、頭どこかおかしいです。

生活に潤いがなくて、生きる希望が見出せていなかった(見出せていない)んだと思います

一人暮らしを中断していたのをまた始めました。

研究への不安、友好関係の狭さによる寂しさ、昔から漠然とした塞ぎ込みetcで鬱っぽさがあります生活リズムも崩れていて、睡眠は取れていないです。今日は一日パジャマでベッドから出られませんでした。

食事は、体調が良くなりかけてきた頃はちゃんと食べられていましたが、最近はそこに気を回す余裕がなくて蔑ろになっています

今日はお米が炊けなかった+朝買い物に行こうと思っていたが気付いたらスーパーの閉まる時間になっていた、ということで親に持たされたカップ麺を1つだけ食べました。

体調

体重自体はここ1ヶ月の間で5キロくらい増えました。

が影響しています

睡眠が取れていない、栄養が偏っている、ので気分はあまり良くなくて、体力自体は全くないです。

最後に、その他

現状心が不安定なままで、食事が取れていなくて体調も良くなってはいないですが、一応生きていて、あの時ほど死にそうではないよっていう報告です。

ちなみに鬱診断は過去に貰っていますが、今は通院してないのでよくわかりません。

久々に増田記事を読んでいたら自分ちょっと前に書いてたなって思い出したので追記でした。

欲しいものリスト送っていただいた方、ありがとうございました。あれから野菜ジュースをたまに買うようになりました。フルグラは、牛乳がないと不味くて辛かったので今も残っています

野菜ジュース普通に美味しいのでオススメです。

2020-06-11

母とは元々不仲だった。宗教にハマってからは「娘嫌い」を正当化し始めた。なぜなら自分創造主と共にあるからである。だから自分の考えはなにもかも正しいのだ。

そんな私とは対照的に、「前世夫婦であった」弟はいだって愛されていた。

中学生くらいになるとそんな母のことを"普通じゃない人"なのだと気付いた。

それでもいつかは歩み寄れるかもしれないと期待していた時期もあったが、高校生になる頃には無駄だと知って諦めた。

私はなるべく家庭とは距離を置こう、成人して自立できるようになったら早くこの家から出ていこうと決めた。

物心ついて以来のほとんどの時間が憎しみや苦しさでいっぱいになっていることが、悔しくてたまらなかった。

距離を置き始めて数年経つと、それまでの母とは人が変わったかのように雑談を持ちかけてくることが増えた。

私のことを「嫌い」と言っていた母はもうそこにはおらず、「普通のお母さん」のようだった。

わたし心因性失声症を患い家で声が出にくくなっていた。

生憎しみを抱えて時々辛かったことがフラッシュバックして吐き気も動悸も涙も止まらなくて、こうして生きていかなきゃいけないんだと思い続けていたのに、どうしたらいいのか分からなくなった。

家庭外では、こういった家族関係に対する理解が浅い。

「それでも家族なんだから」という言葉をたくさんかけられてきた。

今、結婚を前提に交際している人がいる。

家族のこと」が自分問題だけでなくなろうとしている。

世間が言う「自分のために赦す」という言葉が、不意に目に入っただけでも心に焼き付いてしまう。

私は人生の半分以上を搾取された母をゆるすべきなのだろうか。

2020-06-01

HPVワクチン推進について思うこと

HPVワクチンの話では

報道されてる人たち全員が“ワクチンの”重い副作用が起こってるのではない。

HPVワクチン副作用だと言われてる人たち全員が本当にHPVワクチン副作用を患ってるわけではない

は言えても

HPVワクチン副作用が起こった人数は地球ゼロ人です

とは言えないはずだと私は考えている。

極限的に考えて、副作用が出てない集団と比べてほとんど0%の割合だとしてもそれは、統計的マクロ視点の話であって、個々人に視点を当てたミクロ視点の話ではない。つまり副作用ゼロ人ということとは結びつかない。

科学的に証明されてることというのは、

HPVワクチン副作用が起こった人数は地球ゼロ人という個を指したものではなくて、母集団から統計して、副作用はそれほど起こっていないはず

ということであると考える。

科学証明されなかったらその時点ではなかったこととするという体制をとっている。アイデア無限にそこらへんに転がってるからだ。於保方さん事件がわかりやすいが、発明の案を出した人ではなく、発明証明までできた人が評価される仕組みを現代科学界ではとっている。

まり、今科学証明されていることというのは、「HPVワクチン特有副作用がある」ことが証明できなかったという事実から副作用は(ほとんど)ないはず」という事実を導いたことであって、「副作用がなかった」証明をしたわけではない。背理法的な導き方だ。

言葉の揚げ足取るようで悪いが「HPVワクチン副作用が起こることはない」とまで完全に言い切ってしまっているのは非科学であると思う。

科学を盾にしてるのだから、様々な背景や前提を取っ払って必要な修飾まで捨てた文章を使わないで欲しい。とてもデリケート話題であるということを胸に刻んで言葉の端々まで気を使っていただきたい。

あと、副作用証明というのはわかりやすバイオマーカーがあるわけではなく、患者ワクチンを打った前後の状況(社会的背景も含めて)、ワクチンを打った時の反応などを総合的に加味して診断されているものであり、副作用と診断する体系的な指針があったとしてもかなり不確かさを含んでしまものであると言えよう。

100%それが正しいなんて言える段階まで医学進歩していないと思う。

ここまで何が言いたいのかというと、

マクロ視点的にHPVワクチンほとんどないと科学的に締められたのは間違ってるとは言えないだろう

・ただ、それはマクロな話であって、ミクロゼロ人だと言ってるわけではないか病院に行った全員が副作用被害者可能性はないとしても、目の前の患者個人100%副作用がないとまで断言できるものではないはずだ。

100%副作用がないと断言できない、つまり100%副作用があるとは誰も一患者に対して断言できないということは、万一副作用が(本当に)起こってしまっている人は極めて不利な立場に立たされてしまうのだけど、このことを認識してない推進派が多いと感じる。

まり、本当に副作用を受けた人は完全ゼロとは言えないはずなのに、副作用集団的にほとんどないという方針が打ち出されると、副作用を受けた人が副作用被害だと認定されて補償される可能性はゼロに近くなる。

そもそも、その方針が打ち出されなかったとしても補償を受けられるほどの証拠証明するのが難しいが、逆に証明を求めている側も補償が受けられない証明をしているわけではなく背理法的に導いているだけだ。

からワクチン補償ってかなり不確定だし、制度として現行あっても信用できるものじゃない。だから安心して受けられるっていうものじゃない。

もし、HPVワクチン接種を推し進めるなら、この完全に片側が不利な状況をきちんと把握した上で、自身の行動がマイノリティ無視しているがマジョリティにとっては利益になるものだという現実をきちんと認識して、活動してほしいと思う。

わたしは、この非対称性についてはどうしようもないと思っており、ただどうしようもないからといってそれを完全に無視されるのには怒りを覚える。

どうしようもないけど、統計的にはこっちの方が多くの人を救えるからということでワクチン摂取推し進めるのに反対はしないが、そのどうしようもなさと向き合おうとせず認識すらしないのはどうかと思う。(もしかして認識しながら公共の福祉のために黙ってる?それはある意味肝座ってるわ…)

被害者一言どうしようもないだけでは終わらせられないか自分たちのことを主張するのは当然だ。

わたしは思うのだが、HPVワクチン副作用だと言われてる人たちが副作用が原因でないというなら、その本当の原因をつきとめ症状を治してあげたら良いと思う。

その症状が、副作用副作用じゃないかに関わらず治療は適切にされるべきだ。ただ、これを適切にできる医者は、ほとんどいないだろう。これも副作用被害者が大きく声をあげる一因になっていると思う。

こういった人たちをきちんと救う方向へはま動かず、ワクチン推進を推し進めてたら副作用被害者(だと思っている)の人たちはそりゃ反対する。ガン無視と同じだものね。副作用被害ないっていうなら困ってる人たちが副作用被害でないならないなりに治療を受けられるような活動も並行しないと正直都合いいなと思う。

副作用被害者の一部の集団に新種の自己免疫疾患かもしれない結果が出ている。

まだまだ、医学進歩途中であり、すべてがわかっているわけではないはずだ。それをきちんと認識してほしい。(だからもちろんこの新種の自己免疫副作用由来かどうかも本当に体に悪影響を及ぼしてるかもなにもかもまだ断言できるものではないという前提である)

過去有名な自己免疫疾患である多発性硬化症や今は認められているその他の病気ヒステリー扱いされていた歴史があったことなどを踏まえて、今一度自分の行動を振り返ってほしい。

自分のわからないことを患者が悪いとしてなすりつけるのではなく、己の限界認識し、わからないことはわからないときちんと言ってほしい。

自分のわからないことを心因性などとさも原因が分かったように言うのではなく、現在自分のところでできる検査では原因が見つかりませんでしたとただ起こった事実だけを言えばいい。

科学基準と照らし合わせて患者心因性って診断つけてる人っているの?原因が見つからなかった→心因性っていう自分世界の全てをわかってます的飛躍的論理医者それなりにいない??

科学を盾にするのはいいが、盾にするならするなりに論理を通してください。大事な前提や修飾を省いたバズりやす文章で人を惹きつけるようなことはしないでください。









あとこれは個人的な意見だけどワクチンって体質的ワクチン無理な人除いて全員に受けさせることによって集団を守るってものだと思うから個人選択責任をそこにそんなに問わず、起こったリスクコストのうちだと精算できるくらいの仕組みでいてほしいと思います個人個人治療選択に関しては患者に多少の責任があっても、できるだけ多くの人が打った方が効果が出て更に進学や渡航の際に聞かれる類のもの個人責じゃないっしょー

医薬品のPL適用範囲難しいと思うけど

2020-05-05

飲み会なくなって安心してるけどこれがデフォになって耐久力もなくなったな

自粛自粛で好きじゃない飲み会が全部なくなってくれた影響で、今まで義務だと思って付き合ってた人間関係も面倒くさくて耐えられなくなってきた

「ない」状態が通常になってきて、もう「飲み会ある」状態が無理になってしまったな むりむり

職場歓送迎会などのオフィシャル飲みと同期飲みは、仕事だと思って参加してた

けど、同期らから「落ち着いたら飲もーね!」みたいな無邪気なラインもらって、あ、もう無理だなあって思ってしまって既読スルーしてしまった

ごめんなさ~い もうまともで良い人ぶるのやめま~~~~~す

悪い人たちじゃないけど、ただ同じ年に入社しただけであって話が全然合わなくて面白くないんだよな

1年くらい続いてる胃の不調、内科で胃薬変えてもらってやっと認められるようになったけど、これ心因性だったわ

2020-02-27

anond:20200227105220

https://www.obihiro-hosp.org/column/column0001/

ここに肺痛のこと詳しく書いてあるよ(病院サイト

①どのような痛みか

(刺すような痛み/鈍い痛み/圧迫されるような痛み/締め付けられるような痛み)

②どこが痛いか

(左胸部/前胸部/背部/首や肩に放散する/局所的)

③どのくらい持続するか

(瞬間的/数分間/数時間かそれ以上)

④どのようまるな時に痛むか

(動いた時/安静時/体位を変えた時/呼吸との関係/食事との関係

⑤その他の症状があるか

呼吸困難/発熱/冷汗/吐き気/嘔吐

心因性でも痛くなるらしいよ

2020-02-17

anond:20200217121523

心因性の症状」と聞いて「気のせいじゃない!本当に具合が悪いんだ!」と言ってる人みたいに見える。

この言及まんまのどアホで草草の草wwwwwww

益田ですまんwwwwwwwwwwwwww

anond:20200217121005

押し付けてるつもりはなかったんだけどそう見えるか。

結構認知バイアス強いタイプなんだな。

関係ないけど心因性って度合いにはよるけど脳内物質に影響出るから本当に具合悪くなるよ。

anond:20200217120834

「本当にそう思っている」ことは認知バイアスであることを否定しないが…。

心因性の症状」と聞いて「気のせいじゃない!本当に具合が悪いんだ!」と言ってる人みたいに見える。

2020-01-22

心因性病気に詳しい人に聞きたいんだけどさ

こっちが注意してるとどんどん魂抜けてくみたいな生気のない反応になったり、ついさっきめちゃくちゃデカミスしたのに、その後また同じ種類ミスするのって、なんか精神的な病気

話し合いしようにも、泣いて話にならないし、かといって1人になってからミスをしないように復習なりするのかと思えば、ぼーっとスマホ見てる。仕事中にね?

歳もアラサーなんだけどさ、こういう人ってどうしたら学ぶの?

2020-01-04

anond:20200104141759

続き

2019/09 D店 (通算5回目)

  • 嬢:D(25)
  • 時間:120分
  • 料金:58,000+入会金5,000

前回の登楼から一ヶ月以上経っても平気な辺り、自分とってセックスは必ずしも必要行為では無いのだなと思い知った頃。

当初、高級店を一通り回ってみるという志の低い目標があったこともあり、今回もまた別の店の候補写真雰囲気も、名前でぐぐった評判も良いので気になっていた。予約困難と紹介にわざわざ書かれてる点もポイント高い(事実かはさておき)。新規は当日予約のみなので出勤日と土曜日が重なったときに掛けてみたが電話にすら出て貰えない。6コール以上続くと不安になって自分から切ってしまうので、せめて出ては欲しいと思う。

有休を取り平日に挑むことで無事予約できたが、電話口でマット不可であることとタトゥーがあることを伝えられる。マットはともかくタトゥーは本物を見たことがないので良いとも悪いともわからないのが正直なところ。背中に立派な龍が踊ってても廬山昇龍覇とか言わないようにしよう、ぐらいの感想だ。

店に入るとすぐホテルフロントのような受付があり、支払いを済ませようとすると名刺を渡された。ソープで初めて貰った名刺まさか店員の、それもマネージャからとは。屋号とは別に真っ当そうな会社名がご親切にも書かれている。まさかソープ名刺交換なんてイベントがあるとは思わず名刺持ってきてません。持ってても渡したくないが。

待合室に案内されてドリンクを選んでお手拭きと茶菓子を貰う。この辺は大体共通らしい。すると今度は待合室に案内した店員から名刺を受け取ってしまった。担当営業らしい。まさかソープで二度も、それも嬢以外から名刺を貰うとは。これが高級店なのか…?事前アンケートを今更何の意味があるんだろうと思いつつ記入し説明を受けてると女性の好みとか嬢に望むことを聞かれたので割と素直に、過去何度かソープに行ったものの必ずしももう一度会いたいと思う程では無かったこと、好みを敢えてあげるなら不慣れなのでリードしてくれる人がよい、といったことを伝えた。

何度経験しても慣れることの無い、待たされる緊張感を味わっていると漸く呼ばれてエレベータでご対面。ぱっと見、特にイメージから外れる事も無く安心したがボディタッチの多さに驚いた。挨拶したら早々に手を握られ、エレベータを降りれば腕ごと抱きつくように歩き、ほぼ童貞には刺激が強すぎる。ソープってこんな感じだったっけ?

部屋はいつか見たような、入り口風呂側とベッド側の二手に分かれているタイプ新規客に対する定番ネタであろう「こういう店にはよく来るのか」的質問が出たのでまだ数回、むしろつい3ヶ月前まで童貞でしたと言うと「そうなの?初めがソープ可哀想…」と見事な直球を頂いた。妙な気を遣われるのも困るのでむしろ好感度高い。やや凛々しい印象のパネル写真と違い、穏やか・嫋やかな印象なので聞いてみると割と以前の写真らしい。写真美女、本物は美人、という感じがする。タトゥーについては嬢の方も物凄く気にしていたようだが、背面側で脱がなければ気付かないであろうぐらいのもの。よく考えなくても常時目に入るものではないし、見えてもさして気にもならないものだった。

話す間にも一枚一枚脱がされていき気が付いたら自分は裸に。前はここまで辿り着くのに30分は要したというのに10分も経っていない。手際が良いなんてものではなく、雰囲気があまり自然意識する間もないと言うべきか。

この後は適当フェラの後ベッドに移動なのかな、と適当に予想してると膝の上に乗られていきなりのキス。それもただのキスではなく、舌の感触を感じられるいつかぶりディープキスで感動してしまった。

このキスちょっと長めかな?と思ったのは多分1分経過したぐらい。

口の中に溜まった唾液って、ディープキスしながらだとどうやって飲めばいいんだっけ?と考えたのが多分3分経過したぐらい。

それを2回繰り返したので確実に5分は越えた後にようやく、唇が離れた。こんなに長い時間キスしたのなんて間違いなく人生初で、一息つきながら話したらすぐさま再度のキス

やや落ち着いてみると、ただ舌を絡ませるだけではなく吸う、舐める、啄むといった複合技術であることが分かった。恐る恐る自分も舌を伸ばし口内を探ってみると、歯並びの良さが舌先だけでもよく分かる。しかもそんな探り舌をきちんと掬い取って吸い付くとかどんな高等技術だろう。

キスしている間は自然とお互い背中に手を回し抱き締める形となる。最初こそ背中を撫でたり胸に手を回そうとしたり余計な気を回していたが10分近くもキスしているとただお互い抱き締めるだけが一番落ち着くことに気付く。そして嬢の背中に回した掌から体温を感じたとき自分はこんな温もりを今まで知らなかったことにショックを受けた。ここまで何度か身体を重ねたことはあっても、自分相手の体温を感じる余裕すら持っていなかった事実が哀しかった。

十分すぎるキスの後はそのまま今度はフェラへ。今までのどこかふわふわとした曖昧ものとは違い、しっかりと口や舌先の感触があった。しか感触があったからといってそれが快感かどうかは別問題なのが難しい。やはりまた長めで5分以上はあったと思う。

ベッドに移動し、今度は手だけでなく脚も絡めて文字通り全身で抱き締め合う形での長い長いキス。そしてまた長い長いフェラを挟んで騎乗位での挿入。久し振りだからかそういうものなのか、一際熱い感触がする。締め付ける感じではなく、中で刺激を得るような感じか。

そのまま動くのかと思いきや嬢が前に倒れてきてやはりまた舌を絡めたキスをしながらの動きになり、角度的に少々不安はあったものの無事射精

よかった、無事できた、と安心していちゃいちゃと抱き合ってるところで間髪入れず2回目のお誘いが来る。間に入浴挟むとか、インターバルってもっと開けるものなのではと思うものの、自信は無いが断る理由も無いのでまた長い長いキスフェラで復活を試みるも全てを出し尽くしたのか立ち上がらず。正確にはフェラでは立っても入れる段になると萎れるという。なのでやはりまた抱き合ってキスしてごろごろいちゃいちゃに。触りあってる内に手首を掴まれて指を中に入れてしまったけど、感触があるような無いような不思議感覚だった。自分には無い器官だけに難しいとしか言いようがない。

流石にここまで何度も何度も長くキスしていると、自分に合わせてくれていることぐらい察するので、嬢の方は果たして大丈夫なんだろうか、高級店とはいえここまでして貰って良いのだろうか、といったニュアンスのことを息継ぎのタイミングで聞いてみると、キスは心が籠もってしまうから誰とでもはしない、と。同じ台詞をきっと他の客全員に言ってるであろうことぐらい理解しているし、真に受けられるほど傲慢でも無いが、こういう言葉さらっと出てくるのは素直に凄いと思う。

時間一杯キスした後に洗体と入浴、上がって話したところで丁度良い時間に。

エレベータで別れたあと上がり部屋へ案内され。待合室で話した店員が近付いてきて事後アンケート感想ヒアリングらしい。こちらの反応だけでなく、求められている反応が何かも瞬時に理解対応してしまという観察眼と勘の良さから素人目にも相当なプロだというのはよくわかる。お世辞一つ言うにしても、身体の部位を指して具体的に感想を述べたりと接客所作の一つ一つが上手いと感じる。また終わった後でも雰囲気を壊さず、ひたすらいちゃいちゃに付き合ってくれるとか最高すぎる。全く非の打ち所が無い。

「つまり恋人プレイをたくさん楽しめたということですね」

店員の何気ないであうそ一言で驚いた。

は?恋人プレイ

言葉としては確かにいたことがある。しか自分からしてみれば、ソープ恋人プレイというのは全く意味の分からない趣向だった。嬢と恋人は別でしょ、常識的に考えて。なので恋人プレイという言葉を聞いたとき、なぜそこでその言葉が出てくるのか全く分からなかったし違和感しかなかった。もしかしてキスしたり抱き合ったりいちゃいちゃするのが恋人プレイなのだろうか?通常のお仕事プレイ範疇ではないものだったのか?

そもそも自分には恋人なんて居たことがない。自分が知らないだけで世間一般でいう「恋人プレイ」はああいものなのだろうか。つまり店員言葉違和感を覚えたのは「恋人いたことがないか恋人プレイを知らない」だけだったのか。最後最後まさかそんな哀しい事実に気付いてしまうなんて。

感想

キスって素晴らしいと思う反面、自分なんかにキスさせてしまって死ぬほど申し訳ない気持ちが湧いてくる。

申し訳ないのは本心だけど叶うことならまたしたいとも思ってしまう。恐らく事前アンケートや話した内容がきちんと嬢に伝わっていたのだと思うが、初回でこれほどサービス濃厚だと他の店、他の嬢にする意味が見当たらないまである。あと腕枕で腕が痺れるなんてフィクションだと思ってました。

2019/10 D店 (通算6回目)


別に月1回と決めているわけではないが、あまり間を開けずに行くのもどうなのかという謎の葛藤があって月が変わるのを待ってから予約を入れた。当然、前回と同じ嬢で、念には念を入れて有休を取り平日を選んだ。幾ばくかの緊張と同時に浮かれていたと思う。

約一ヶ月ぶりだったが一応覚えては貰えていたらしい。当然細かいところは曖昧なのか以前と同じような話をしてしまうことがあったがそこはご愛敬、無理もない。前回同様、話してる内にいつの間にやら脱がせてもらい、前回と同じかそれ以上に長い長いキス。相変わらず吸い付きが凄い。ベッドへ移動しフェラとこれまた前回と同じ流れで騎乗位でいざ挿入したところで異変が起きた。確かに立っていたのに、少し動けば容易に抜けてしまう程度に萎れている。

もう一度フェラで立たせて貰ってもやはり勃起を維持できない。ああ、やっぱりまた中折れか。最初は立っていたくせになんて身勝手なんだろう。やがてさらに悪いことに、フェラでも立たなくなってしまった。クンニもしてみたがやはり挿入できるほどの勃起には至れない。明らかに嬢が焦ってるのがわかってしまい、自分も焦るがこうなるとどれだけ焦っても勃起しないものはしない。

7月の時にできなかったのは平日の仕事帰りで疲れていたからだと自分を納得させていたが、いよいよ気付いてしまった。あれ以来、セックスができたのは初見の嬢とだけ。つまり自分はどうやら同じ嬢とは2回以上セックスができないらしい。初見とだけできるって本当に意味が分からないし、一度したら興味が薄れるということでむしろクズっぽい気がする。

以前は自分自身の戸惑いもあり虚無の時間を過ごしてしまったが、今回の嬢はやはり経験値の高いプロなのだと思う。また抱き締め合って本当に長い長い長いキスのお陰で救われた。前回同様、話す時間セックスしようとしていた時間以外は全てキスしていたと思う。

時間が来たところで洗体と入浴。今回はイソジン入りのコップを渡されてうがい付き。前は無かったけど、時間的にもこのあと何かをする訳では無いので単にエチケット的な意味なのだろう。衛生管理は大切。

上がり部屋は毎回案内してくれるらしく、ドリンクを注文して一休憩。事後アンケートはどうやら初回で入った嬢の場合に書くものらしい。

感想

やっぱりか、というのと何故なんだ、しかない。

(余談)

EDということは認めたくないがどう考えてもEDな気がするし、使う人は割とカジュアルに使うらしいので試してみることにした。

ED薬は口に入れるものだけに怪しい通販個人輸入系はちょっと怖い。何とかクリニックと称する病院の方がまだマシだろうと判断して、ぐぐって出てきたクリニックからGoogleクチコミ比較的信頼できそうな所に行くことにした。初めての場合無料相談の後に処方して貰えるらしい(無料相談」だから診断ではなく、初診料も掛からないというロジックだと思われる)。アンケート書かせて「心因性可能性もありますが、一度試してみるのもいいですね」と言うだけなのだからこりゃ相談だわと自分も思う。

自分には何がどのぐらいの量で効くのか、結局試してみないとわからないこともあり、まずはバイアグラの後発であるシルデナフィル錠50mgを1錠、シアリス錠と同一成分のザルティア錠5mgを4錠。ザルティア錠は1回2錠カウントとしたら、計3回分になる。これで3,000円程もするのだからいいお値段だと思う。

当然のように院内処方で、次回以降は相談や診断無しで処方して貰えるらしい。こう言っちゃ悪いが怪しさという点では輸入業者とそれほどの差は無い。何せ素人には相手が本物の医師であるかどうかなんて分かりようがないのだから

2019/11 D店 (通算7回目)


電動歯ブラシを買って、念入りに歯を磨く程度には緊張と期待が入り交じっていた。

予定の1時間半前にシルデナフィル錠50mgを1錠服用、30分程で顔に火照りと僅かな頭痛を感じ始め、何かしらの効果を実感する。添付されている案内冊子(http://www.yoshindo.jp/db/search/detail/?prod_id=678)に、「死に至る」「勃起機能を永続的に失う」といった小心者にはインパクトの強い文字が並んでいたためかなり緊張していたと思う。NSNNの店しか行ったことの無い自分がまず気にすべきは性病の方だろうに。

対面して直ぐさま身体を寄せて体温を伝えてくる所作、本当に見事だと思う。前回のように雑談しながら脱がせてくれるが、ここにきてようやく嬢から名前を呼ばれ、野良から認知客へのバージョンアップというものを実感した。長い長いキスの中で順調に勃起し、今日こそはという自信もどことなく湧いてくる。

そんな自信が、前回のようにベッドへ移動しキスの後にフェラして貰ったところで違和感へと変じた。以前のようにやや強めに吸い付き舌を這わせられているのに不思議感覚がない。逆に感覚が鋭敏になりすぎて、麻痺したのかも知れないような妙な感覚だった。妙な感覚があまりに続きすぎて、痛みのようにも感じ始めたところで止めて貰う。時計の針を見ると10分近くもフェラしていてくれたらしい。長めだとは思っていたけどこれはかなり長めなのでは。

満を持して騎乗位で入れて貰うも、フェラの時に感じてた感覚の無さをより強く感じた。確かにきちんと勃起しているし、挿入しても折れることはない。ずっとキスをしながら動いたり動かしたりと繰り返しているのに何故、射精に至るような快感がないのか。

セックス中にも関わらず無心の境地に至ると色々余計な事を考えてしまうようで、懸命にあげてくれる嬌声よりも会話での声を聞きたいと思ってしまう。決して演技臭いとかの悪い意味ではなく、ただ言葉を交わしたいのだと思う。だけどセックス中に、一体どんな言葉をかければ良いのかなんて自分が知るはずもなく。

嬢にばかり動かせて汗をかかせ、そのくせ射精もできないという罪悪感から起き上がりバックで挑んでみるが一度か二度のあってないような経験では早々に動き疲れてしまう。それならばと初めての正常位にしてみるも予想していた通り動き方が全く分からずまたもや早々に疲れてしまう。自分の頭の中での動きと実際の動きが全く合わない感じ、泳げない人の感覚もこんなものなんだろうか。

これで少しなりとも感じるものがあればまだしも、やはり快感はないので射精には至れない。副作用と思われる頭痛感覚はあるが、性器感覚だけはまるでそこが切り離されたかのようにない。本当に今勃起しているのは自分性器なんだろうか?

無意味勃起だけはまだ続いているので再び騎乗位で入れて貰うが、どうやらあまりに長い間挿入していると膣の中に何かを仕込んでいても乾いてしまうことに気付いた。ここまで来ると流石に申し訳なさが極まってきてもうイッたフリをして終わらせようかという考えが一瞬よぎってしまう。だけどそれは嬢に失礼なだけでなく、自分自身を許せなくなって二度と会えなくなってしまう。さっさと終わらせることも、乾いた状態で無理もさせたくもないなら諦めるしかなく、そっと抜いて抱き合ってキスをするぐらいのことは何とかできた。

自分の中では完全に終戦もののまだ勃起しているので嬢の方は手コキで続けてくれる。しかしそれでも射精には至らなかった。事後トークというよりは反省会。至れなかったこと、長い時間無理をさせてしまたことを詫びた。しかし逆に「何の役にも立てなくて」と詫びられてしまった。こう言われてしまうと死にたい。悪いのは全部自分の方なのに。

からは、強くし過ぎると痛いという人もいるからもしかしたらそれではないかと。ここで初めて、あの快感でも性感でもない感覚が痛みだということに気付いてしまった。言われてみれば、皮を引っ張られるような感覚でそれは痛みだったのかも知れない。

感想

薬を飲めば確かに勃起はする。精神的に完全に折れても勃起はする。するが、射精できるとは限らない。ちなみに中折れは一度起きたので感覚的に性的刺激を得られ続けていないと駄目らしい。

2019/12 D店 (通算8回目)


月1回の逢瀬も4回目ともなると遠距離恋愛か、何処かの童話のような気がしてくる。高い塔の姫に会いに行くあたり、正にラプンツェルなのでは。

今回はザルティア錠5mgを2錠服用。前回で副作用感覚が分かったこともあり、多少緊張は和らいだと思う。

対面と同時にやはりまた身体を寄せて手を繋いでくれる。4度目ともなるとパターン化したもので、やはり前回同様に雑談しながらこちらの服を脱がして長い長いキスを経てベッドへ。今回も時計の針を追っていると10分近いフェラだった。違いとしては口内の感覚がややあり、心なしか、舌触りが優しい感じがする。

騎乗位での挿入、熱い感覚も中を通る感覚もあるのに性感とは異なる感覚だと思う。互いにあまり激しく動かず、ややゆっくり目で動くことで何となく感じるものはあるのに射精に結びつく感覚には何故か至れない。無意識に排尿を我慢するような感覚に近い。

嬢の背中に汗を感じた辺りで起き上がり正常位に移ってみたが、疲れず腰を動かす感覚がわかってきたというのが唯一の収穫。残り時間的にお開きだろうというところで終戦ムード反省会となり、感想を伝え合った。今回は一番セックスらしいことをしていた気がするが、なぜ射精に至れないのか。

感想

これで3回の登楼連続射精できず、通算すると8回中4回になる。一体何をしに行ってるんだろうかと不意に思うことがある。薄々そんな気はしていたが自分には向いていない遊びなのではないか

童貞前後で変わること

以下はただの感想文です。

異性への抵抗感が薄れる

人の目を見て話せない、そもそも顔を見るのすら苦手、あたりを発症していると異性というだけで怪異のように見えてしまうが、近距離で話す経験は決して無駄ではないと思う。

自己肯定感回復

上手くいきさえすれば、人並みのことが人並みにできるという自信は付く。上手くいきさえすれば。

セックスできる人への嫌悪感が増す

殆ど逆恨みのようなものだが、世の中にはそれこそ息をするように気軽にセックスができてしまえる人達がいる事実が憎い。

セックスは物凄く難しい

AVオリンピック競技の記録映像か、曲芸団による興業であることをもっとアピールすべき。見よう見まねは無理。

2019-11-11

香害の話

id:RRD

化学物質過敏症は、もらいゲロと同じ機序だよ。もらいゲロ心因性からメンヘルの薬を飲んで治そうって話なら聞いてやるよ。

これマジ?

塩酸でオエってなるやつって心の問題だったの?

https://togetter.com/li/1428114

↑これのブクマブクマ?のコメント

2019-11-10

香害が心因性だとダメなの?

香害?の話を見ていると、原因を心因性という主張とそうじゃないという主張があるようだけど、どっちでもよくない?医者じゃないんだから

ブコメなんかを見てると、なんだか心因性の疾患を蔑視しているのかなぁという気がしてくる。どちらかというと、心因性ではない!って主張している方が。

少し前までDEOCOにキャッキャと喜んでいたのに。

化学物質過敏症(仮)もちだけどP&G社屋にガソリンまいて火つけていい?

・「香害」によりカフェ閉店に

https://togetter.com/li/1428114

「香害」と聞いて、化学物質過敏症(仮)でない人は以下のような感想を持つようだ。(ブコメより)

心因性身体症状」は面倒なんだよな。精神科心療内科で適切な治療を受ければ改善するんだけど「電磁波過敏症化学物質過敏症を専門にするクリニック」に行くと、多くの場合で症状が悪化してしまうのがつらい



「同時期に」という部分がポイント感染症でもないものが同時に発症するということは心因性である可能性が高く、だとするなら店を閉めざるを得ないのは仕方ない。うつ休職するようなものだ。ゆっくり休んでほしい



私は化学物質過敏症(仮)だ。

ぶっちゃけメカニズムはよく分からない。明確にいつ発症したのかも分からない。

おかしいと思ったのは、除菌消臭スプレー流行りだした頃。

自室で使うと、決まって頭痛喘息の発作が起こる。

この頃はまだそんなに支障は無かった。

ニオイに対して体が反応していると確信したのは、柔軟剤ブームの到来。

頭痛や咳からはじまって、めまい吐き気なんかも出る。

この症状は、アナフィラキシーショックのように酷い呼吸困難を伴ったり突然ぶっ倒れたりすることはない。

人工的で匂いの強いものは大抵ダメだが、特に某巨体オカマタレントが「本格消臭」とか言ってるやつが酷い。

これは何か。

なにか原因があるとすれば、一般的アレルギーと同じで免疫システム過剰反応、と見る

事もできるが、たぶんそれだけじゃない。

例えば、焼けた肉の匂いは食欲を増進する。

腐敗臭を嗅げば本能的にそれを嫌悪する。

そんな当たり前の反応の延長にあるのではないか、と考えている。

体に取り込まれ物質の特徴から特定の結果を脳が返しているだけ。

そうすると、心因性、という表現も間違いではないのかもしれない。

感情は脳が作り出したものからだ。

いまだに食物アレルギーを気の持ちようだと考える人がいる。

たばこの害だって大多数が悪いモノだと理解して、徹底的に隔離されるようになったのはここ最近のこと。

体が超絶に重かったり、なぜか朝起きれないとか、ずっと眠いとか文字が読めないとか

なんだかよくわからない症状で困ってる人たちの特集テレビで見たことがある。

脳を調べると、特定の部位で何かが起こっている・・・とか、確かそんな事を言っていた。

自分化学物質過敏症(仮)を発症していなかったら、

こういう人たちの事も「ただの怠慢」と軽く見ていたかもしれない。

でも今は違う。

そう遠くないうちに、化学物質過敏症(仮)のメカニズムが解明され、この(仮)がとれる時がやってくると思う。

たぶん急には変わらないけど、化学物質過敏症を持っている人、これから持つことになる人が

この辛さから解放される日が来ることを願う。

それと、俺が万が一"無敵の人"になったらマジで火付けるからな。

どこになるかは分からんが、やれたとしてどこか1社で終わりだろう。

覚悟してね。

2019-11-09

anond:20191109182635

というか自分で「正常な神経の働き」って強調してるじゃん。

質的な異常がなく心因性でもないというならいったい何なの。

患者に「あなたの症状は病気ではなく単なる錯覚ですよ」とでも言うのか(笑)

https://anond.hatelabo.jp/20191109180419

神経系」ってのは嗅神経の話をしているのであって心因性の話はしてないんだけどな。

それはまさに心因性説明されるものだろ

説明できるのならどうぞ説明されてください。

anond:20191109174727

心因性だ」と「気のせいだ」をあえて混同させる疑似科学信者のよくある語り口。

というかおまえの仮説どおりだとしたらそれはまさに心因性説明されるものだろ。

2019-10-31

子どもたちの死を知らされなかった母・土志田和枝さんの壮絶な4年と4ヶ月はここから始まる。

一ヶ月もの危篤状態を抜けると、敗血症などの感染症を防ぐため、硝酸銀の薬浴に漬かるという厳しい治療が始まった。壊死した皮膚をはがすにも衰弱のあまり麻酔は使えない。想像を絶する苦痛に耐えたのは、子どもたちに会うためになんとしても生きようとしていたからだったという。

皮膚移植が始まると今度は、繰り返される麻酔がのどを傷つけ呼吸困難におちいった。以降、のどを切開しカニューレという管が呼吸を助けることになる。移植で皮膚は伸縮性を失い、歩行もできなくなった。

42名からの皮膚提供を受け、車椅子一時帰宅もできるほどに回復した事故から1年3ヶ月後、家族から和枝さんに子どもの死が知らされた。

書籍には、窓口となった防衛庁施設局への恨みが増し、職員を大声で責め立てた事実も赤裸々につづられている。

子どもの死を知ってから心理的リハビリは、和枝さんの精神ますます混乱させ、ご主人とも離婚

退院時もカニューレのあるなしにかかわらず、深夜になると呼吸に苦しみ、幾度となく救急車を呼ぶが、しまいには心因性のものとされ救急車対応もなくなっていった。

病院の勧めでなかば強制的精神病院へ転院。和枝さんのショックは相当だったそうだが、退院してからの夢も語るようになった矢先、心因性呼吸困難31歳の生涯を閉じた。

2019-10-22

バイアグラを使ったら気持ちよかった話

もし悩んでる人がいれば、すぐに専門のクリニックに行くことをおすすめする。

プライバシーや性生活の話をするのが恥ずかしいと思いながら夜な夜な悶々としていたのがバカバカしい。サッポロ塩ラーメンもびっくりするほどあっさり薬を処方してもらえた。

その悶々と悩むこと、それが勃ちが悪くなる心因性原因なのだ

38歳、独身

ご多分に漏れず、勃ちと持ちが悪くなり、2週間ぐらいあれこれ悩んだ。

悩んだ末、意を決して新宿にあるクリニックに行った。誰も受付にいない、ベルで人を呼ぶタイプのクリニックだ。

問診票に記入した後、10分そこそこでその場で薬を出してくれた。

病院テンプレ通りの一方的説明しかせず、あれほど無味乾燥対面販売(いう名ばかり診察)は初めてだ。

深夜のコンビニ店員の無愛想の方がまだ人の血が通っていると思わせるほど、ここの医師テンプレ処方マシーンだ。

お試しでバイアグラジェネリック薬 2錠とシアリス 2錠を5000円で買った。

その日のうちに使うチャンスがあったので、早速バイアグラを飲んだ。

てっきり動悸や火照りの副作用があるかとおもいきや、表立った副作用はなく、安心した。

そして、服薬後、ギンギンになるかと思いきや、まったく無反応だった。

バイアグラですら反応しない程度までインポになったかと内心焦った。

そのまま迎えたベッドインタイム

バイアグラ飲んだのに元気ないなと思っていたが、ちょっとイジッてもらっただけで、ムクムク膨れて元気100%。

2回戦とか久しぶりに出来た。感動した。

もうバイアグラなしでは生きていけない不安が過ぎったが、使わなくても勃つし、イケるようになった。

無駄に悩んでいた時間は何だったのか、さっさと専門クリニックに凸撃すればよかった。

今ではその点では、精神衛生的な不健康から解放された。

さぁ、いますぐ君もイこう!

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん