「心理的」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 心理的とは

2019-04-19

怖い婆さん

二階に公立図書館が入ってる建物の一階のロビーで備え付けの新聞読んでたんだけど、脇にある行政施設の窓口(詳細は知らない)に婆さんが声をかけたのね。どうやら持っている図書カードの期限が切れてその更新がしたいんだけど、尋ねるたびに図書館が閉館していてそれが叶わず、一体図書館はいつやっているのか、ということを知りたいらしい。

窓口で対応したお姉さんは当たり前のようにここは図書館じゃないので、図書館で訊いてみてください。と対応したんだけど、なんと婆さんがここですごい剣幕でキレ始めた。曰く『同じ建物に入ってるんだから知っていて当然だろ』『それくらい答えるのが常識だろうが』と。言ってることが無茶苦茶なのだが、何をそんなに憤るのかというくらいキレる。お姉さんも気圧されながらも「いやそんな事言われても違う組織なので」と答えざるを得ないのだが、婆さんはキレ続ける。

多分、婆さんの頭の中では窓口が違えど同じ行政で、お役所なんだから別の組織であっても知っていて当然という理屈が成り立ってるんだと思う。窓口のお姉さんが図書館の開館の曜日がいつなのか知ってるのか分からないけど、仮に知っていたとしてもその窓口は行政として何かしらの機能を担うために存在する以上、無関係組織に関して答える義理はないし、そもそも今日図書館営業してるんだから直接尋ねればいいだろうという話なわけで。

まり理不尽だったし、なにより婆さんは相手行政関係人間で、しか若い女性(あくまで婆さんから見ればだけど)だから自分より立場が低いであろうことをいいことに居丈高な態度に出てることが傍からありありと見てとれて、極めて不快だった。

結局、窓口のお姉さんが図書館電話で伝えたのか図書館人間が降りてきて、婆さんに平身低頭謝る。そんな謝る必要ないのにと思ったのだけれど、最後にはロビー玄関口にお見送りまでしていた。それでも婆さんは窓口のお姉さんに対して腹の虫が収まらなかったのか、殆ど難癖のように『あなた勉強不足なのよ』と再び窓口の向こうに食って掛かり、最後は『口答えをするな』と捨て台詞を吐いて帰っていった。

その間3分くらいの出来事で、窓口のお姉さんにしても図書館人間にしても、ついでの観察していた俺にとっても本当に通り魔みたいな出来事だったんだけど、ずいぶんと嫌なものを目撃してしまった。ああまでに自分全面的正当性があると信じて疑わずに、相手立場の弱さを利用して責め立てるという行為醜悪、愚劣をまざまざと見せつけられたことはない。

窓口のお姉さんも心理的ダメージを負ったみたいに消沈していて、見ていていたたまれなかった。

この話にオチはないです。嫌なものを見たというだけ。

2019-04-17

anond:20190417062920

かにジャスピオンの国内での知名度は恐らく低い。

個人的印象だがジャスピオンはメタルヒーローシリーズの中でも特に知名度が低い部類だろう(日本国内では)。

からこそ海外(ブラジル)で人気が出たという現象は興味深いものである

日本で人気の作品海外でも人気だというのは、ある意味では当たり前のようにも思える。

心理的には「この作品日本の人気作品です」という前情報の影響もあるのかもしれない。

そういった意味でもジャスピオンは参考にならないだろうか?

2019-04-15

サブスクリプション問題解決ビジネス

通常、何かに悩んでいる奴というのはなにか問題にぶち当たっている。

けど、問題解決は、まずは挑むか逃げるかの2択のどちらか。挑む側でも手法はいくつかある。逃げるにしても後ろを振り向かずに面倒なやつから離れろ。あるいは心理的に立ち入らせるな。だ。

そうやって問題解決するのは望ましい。だけど、「ビジネス」としてやると、単発ものから後が続かない。

医者を思い浮かべればいいだろう。大概の風邪や腹痛なんかはちょっと医者かかったら治る、数ヶ月、それこそ数年かからないとかざらだろう。

だけど、月課金型にすれば商売を永続させることができる。

課金型にするにはどうするか?弱いまま、問題解決をする能力を持たせないまま。でも解決してもらえるという夢を見させることだ。

そこで生まれたのが、霊感商法自己啓発セミナー投資セミナー起業セミナー

すなわち、サブスクリプション問題解決ビジネス問題解決すると思える(問題解決しない)

故に宗教自己啓発が怪しいものだと取り扱われている、、、、、、。投資起業も怪しいが、どのみちあのあたりはできてないものをできてるという詐欺師と近い分野だしな、、、、。

2019-04-14

男女平等の5:5比率」の中にいない自分

東大祝辞を読んで、どう受け止めたらいいのか考えている兼業主婦です。

いや、東大祝辞はあまり関係ないのかも…ずっと感じていたことのメモ

まだまだ、男尊女卑があって、女性評価されない社会なんだろうなと思っています

医大不正なんて、ああやっぱりと。

その一方で、私のような「学歴」や「仕事」をそもそも選択しなかった「母親」という女は、どこの数にも入れて貰えていないなぁ…といつも感じています

父親家事育児分担するべき、という風潮ありがたいです。

夫はとてもよく(時に私より)家事しますし、育児などは子供かわいさで率先してやっています

兄も、弟も、結婚して子供が産まれて、驚くほど家庭に関わっています

きっと、昔よりずっと主婦や妻や母は、家事育児自分だけでやらなきゃいけない、という思い込みを無くせてきているのでは。

それでも、

それでも、やっぱり産むのは母親です。

10ヶ月の妊娠期間、自分身体自分のものでないような状態になります

つわりはじめマイナートラブル切迫流産心理的プレッシャー…、これは産む性として仕方のないことです。

そして産んでから1ヶ月はまともに動けず、そして一年かけて身体を正常な状態に戻していきます

そしてこの期間、仕事に専念できなかったり、仕事をやめたり、休んだり、重要立場から遠ざかったり…キャリアは止まります

夫は育休を取ってくれました。

しかし、産んだ本人の私も身体のために一年仕事から離れました。

二子が産まれます

私はまたつわり休み産休をとり、育休をとり、キャリアは止まります

私は、結婚出産願望があり進学を選びませんでした。

どちらか、を選ばなければいけないと思ったからです。

両方選ぶことももちろん可能でした。しかし以下のことを考えた結果でした。

大学大学院への希望もありました、研究がしたい、でも卒業して就職して、あっという間に高齢出産の35歳。

きっとその頃には仕事が楽しく忙しい、いや、仕事で苦しんで他のなにも手につかないかも。

そして、私は三人子供が欲しいと思っています

10ヶ月妊娠さらに1年休む…復職してしばらく働きまた妊娠

これを三回繰り返すことを思うと、院まで進めば高齢出産リスクになるだろうことや、休みながらの専門的な職業は難しいのではと思い、決断したことです。

現在職業も、妊娠トラブルでも休めるような、辞めるとしても誰でも代わりがいそうな事務を選びました。役職もありません。

多くのフェミニストたちは、進学率や、就職率、管理職比率の男女比を5:5にしたいと思っているのかもしれません。

でもそれは、私のような産む選択をした母親たちにも「進学するべき」「働くべき」「昇進するべき」と言っているようで、時々苦しくなります

産むという女特有選択をしたばっかりに、男女平等の足を引っ張っていると言われているようで。

産まない選択も、産む選択自由で、自己責任です。

キャリア出産どちらもこなす人もいます

高齢出産でも無事に産める人もいます

産んでから夫婦役割として話し合い、納得して専業主婦になる人もいます

産んでから復職したくて、夫が家事育児をして母親キャリアを積んでいく人もいます

でもやっぱり、産む人には妊娠期間と産後は×子供の数だけ、必ず年単位であります

自分で選んだのだから、これは仕方のないことです。

でも、できればその産む選択をした母親出産に専念し、身体を休めている間のことを、「女性差別されて進学や会社の中に入れなかった被差別者」としてカウントして欲しくないんです。

その学校のなか、その会社のなか、その職業のなかで男女比が偏っていたとして、女性が少ないことをみんな差別だと感じるのはごく自然だと思います

でも、社会構成員として、私たち母親も数えて入れてほしい。働いてないけど、進学してないけど、ここにいます

女性の半分が産まない選択をして進学やキャリアの道を突き進んで行っても、残りの半分の女性が産む選択をして、そこから自分下りることを許してほしい。

5:2.5:2.5であることも許してほしい。

祝辞で語られたような女性差別や、男女どちらでも性別による差別は本当になくなればいいと思っています

その人個人が望む道へ、選択へ進むことに、障害が少なくなればいい。

から文句をつけられることなく。

子供たちが育ったあと、私もまた学問や、専門的な仕事へ挑戦するかもしれません。

あるいは、三人目を産み、専業主婦になるかもしれません。

あるいは、体力がもうなくなりこのまま事務を続けて趣味などで余生を過ごすかもしれない。

ただ、いまは、子供たちを安全に産むことが望みです。その間も、「社会構成員としての数」に数えてもらえたら嬉しい。

勝手子供産んだくせにと言われる昨今、それでも私は産む選択しました。

子供たちの命と未来に、責任をもって。

重大な仕事だと、信じて選びました。

それでも、私という女を、進学させ働かせ昇進させなければ男女5:5を達成できないと言うなら、あんまりにもしんどいです。

しんどいです。

疲れちゃいます

走り書きでごめんなさい。

※※※※※※🙋

4/14

色々なコメントありがとうございます

勘違い…気のせい…そうなのかも知れませんね。私の気持ちのなかだけの問題なのかもしれません。

専業主婦勘違いされている方もいらっしゃいますが、兼業主婦です。

フルタイム残業なし定時勤務。負担少なめな毎日同じ書類事務

男性三人女性三人でやっています(半々ですね!)

第一子は女の子ですが、三人産んでもみんな大学へ行きたいと言っても叶えてあげられるように共働きです。

夫は家事育児もよくします(手伝ってくれる、ではなく自身責任のように)。

そういう意味で、夫は兼業主夫ですね。話し合い、経済的にも夫は管理職を目指すということで、今後は私が主に家事を担うでしょう。

女性けが育児家事選択できる、または押し付けられる、とは微塵も思いませんし、夫婦間でその割合は働き方や経済力を考えて家族ごと、自由に取り決めたら良いものだと思っています

男性が私のような選択をしてもいいはずです。

なので、「家事育児を私(母親)」という話は記事でもしませんでした、あくまでも産前産後の肉体的な、男性に半分分けられない部分の負担のことです。

育児のこと?と思われた方も多いかも知れませんが、もちろん夫婦二人で分けあっても育児は大変なものでしたが、産前から切迫流産入院産後も輸血、子宮復古不全などという肉体的な休息や回復期間のままならない身体…、その間仕事のことを気にしなくていいのは気が少し楽でした。

ご指摘の通り、夫や家族職場にも幸運にも恵まれて、私の望む選択の結果としてとてもよい環境だと思います

なので、進学や仕事に関する選択に恨みがあるとか、後悔があるということでは全くないのです。

ただ、もっと大変で不幸で、選択が上手くいかなかった人も、選べなかった人もいるのだから、好運なあなたは黙っていなさい、と口を塞がないで欲しい。

この世で最も不幸なただ一人だけが、望み求めることを許されるのでしょうか。

産んでもキャリアに戻れるような制度、とても大切だと思います

産みたい、それが仕事でも進みたい気持ちを妨げるものにならないように。

産んだあとに挑戦できる、学び直せる、専門的に働ける、そんな社会がいいなと思いますし、私の周囲にもそんな選択をした人もいます

私の母などは、40歳准看護師になりました。

しかし今の私個人はそこではなくて…

休んで止まっている空白のキャリアに、産む選択をせず休まなかった人に劣らない「補填」を求めているわけではいんです。

(もちろん、その補填必要とする方もいます出産リスクだけ、損だけだと思われるのはおかしい)

私の選択は、肉体的、精神的、時間的負担仕事に大きく割かない、10年かけて子どもを三人産み、その子供たちが進学の選択をしたいときに選ばせてあげられるだけ夫婦で働く、という選択でした。

この選択と、いまだ試行錯誤している家庭生活バランスとれてるぞ!とホッとしている産後自分、これが弱い弱い女性被害者の姿だと数えられたらとても、かなしい。

これが、被害者弱者です。恵まれた人は彼女たちを救ってあげなさい、ほら、と指差されたような。

そんな悲しい気持ちの、私の気持ちだけの、記録でした。

2019-04-10

窶れながら肥えていく

私の身体には確かにそれが起きている。

それを見ると死ぬ直前の祖父の姿が浮かぶ

痩せこけていく頬、それと反比例するようにたるんで広がっていく腹部。

自分の体を急速に襲い来る外見的変化が確かな老い兆候であることに安心すら覚える。

寝不足心理的負荷といった外部からストレスにより肉体が滅び始めているのではなく、誰にでも訪れるテロメア限界へと向かっているだけならば。

耐えられる。

まだ私はもう少しだけ耐えられる。

もう少しだけ耐えたら。

シゴトヲヤメタイ

2019-04-08

独り言つぶやく癖がある

30代男性。妻子あり。

独り言つぶやく癖がある。

激昂した感情漏れ出るではなく、感情の流れをそのまま垂れ流すでもない。ある定型にそった言葉がほぼ無意識にこぼれる。幼少の頃からそうだったのではなく、20代半ばにそのような癖ができた。

定型文の内容は有り体にいって情愛に関するものである

何某カナ的に誰それに会いたいであったり、誰それが好きだであったり、最も直接的なものだとセックスしたい、である

対象となる人物実在するかは問わない。むしろ実在しない場合の方が多いように思う。

この独り言がどのような心理的作用によって発せられているのか寡聞にして知らないが、独り言でなにかしら情愛の対象となっている人物に対してのその感情に偽りはないのだと思う。

まり俺は、神戸から転校してきたクラス委員長結婚したいし、ボクっ娘な真とキャッキャウフフしたいし、みくにゃんとにゃんにゃんしたいにゃあ!


今朝のことである

昨晩意図せずに早寝したせいか、珍しく誰よりも早く目が覚めた。

先週は任せっきりにしていた朝の家事今日は妻のぶんまでこなそうと思い、すぐにキッチンに向かった。6時前だった。

シンク食洗機も片付いていた。

朝食の支度をするにはまだ少し早い。

ダイニングに目をやると、麦茶ピッチャーダイニングテーブルに取り残されたままになっていた。まずは麦茶を作ることにした。

T-falに半分ほど注水してスイッチを入れてからピッチャーの底に澱んでいた麦茶シンクに流す。

じじじじじ、と電熱器が加熱される音が次第に水が沸騰する音にかき消されていく。

熱湯消毒は洗剤で洗う前にした方がよかっただろうか。

そんなことを考えながらピッチャーを洗う後ろで、ぽこぽこぽこと沸騰音が徐々にキッチンを満たしていく。


独り言環境ノイズが大きくかつ多くなればなるなるほどその存在を主張するがごとく大音量で発せられる。

「●●ちゃんセックスしたいにゃあ」

その時俺は一字一句わずこう言った(伏字部(●●)除く)


その刹那

「●●ちゃんて誰?」

T-falから溢れる沸騰音とシンクの水音を遮る声があった。妻だった。

ゲームキャラ……だけど」

間髪入れずに、半ばオートで答える。そんな俺を俯瞰している俺がいて、いつの間に分かれたかは知らないが、多分そっちが本物の俺だった。

数秒の間をおいて俺が重なり、同時に焦燥に似た何かが沸き上がってきた。

やっちまった? とうとうやっちまったな。いや何を? やってないぞ俺。いやヤりたくはあるのか。

キッチン脇を抜けてリビングに向かう妻の後を追いながら「恥ずかしいから聞き流してくれよー」と照れ隠しに笑う。

「知らんがな」と顔をこちらに向けずに妻は言い放つ。これ以上的確な受け答えはない、と思った。


そもそもである

「●●」とは誰なのか。

とっさにでた回答には往々ににして真実が含まれる。

健康アイドル姫カット貧乏お嬢様? 第5世界のイアルの子? FARGO教信者ICPOヨーヨー使い?

他に誰かいただろうか。それらのキャラクターと俺はセックスしたがっているのだろうか。

自問の答えは出ず、妻にはバツの悪いまま、慌ただしい朝の日常に呑まれていった。


そのとき俺は失念していたが、いたのである

いたというか自分で作り出していた。自分でハニーをセレクトしたカスタムメイドキャラクターを。

なぜそのキャラクターにその名がついたのか理由はわからない。

集合的無意識によるものかもしれないし、チュパカブラ様のご神託だったかもしれないし、或いはそれが世界選択だったのかもしれない。

ともかく、●●という名を持ったセックスしたいキャラクターは存在していたのである

自身への疑問は解消した。しかしこれをどう妻に説明しようか。既存キャラクターでも大概だというのに、自分クリエイトしたキャラクターである

ただでさえ性的に拗らせた感バリバリなのに、(控えめに言って)もっと面倒なヤツ扱いされはしないだろうか。

いやそれ以前に説明する機会は訪れるのだろうか。

まずもって俺は今日どんな顔をして「ただいま」と言えばいいのだろうか。

anond:20190407155237

わかる

それで、稼ぐようになってから金持ちがなぜ金を使わないかが分かった

保証が無いんだ

 

最低賃金とかああいうのってすごく心理的には支えになる

あそこから離れるほど、あるいは相場から離れるほど、地面との距離が長くなって落下が怖くなる

「こんなに稼げるのはおかしい」という感覚が強まる

2019-04-04

anond:20190404152553

通報したら何かと聞かれそうでめんどい

これは本当に心理的安全性観点でどうにかした方がいいと思う

2019-04-03

セルフレジ

よく利用するコンビニセルフレジが導入された。しかし誰も使わない。

空いている訳では無い。いつもレジは混んでいる。セルフレジは空いているのに、みんな次々とレジに並ぶ。誰もセルフレジを使おうとしない。

セルフレジが導入されてから結構たつけど、未だに自分以外の誰かが使っているのを見たことがないので、自分しか見えてないんじゃないかとすら思うようになってきた。怖い。(さすがに誰か使ってるとは思うけど)

多分、置いてる場所が悪いんじゃないかなって個人的に思ってる。出口の近くに置いてあるから、使おうとするとレジを横切ってかなきゃいけないんだよね。何となく心理的に使いにくいなって感じるのはわかる。置き場所変えたらもっと使う人増えるんじゃないかなあとモヤモヤする毎日

anond:20190330210755

おひさしぶりです。

「非常に蓋然性の低い推定」って書いたのは、「この増田マイノリティ男性差別するだろうという質問の形をとった事実無根の悪質なデマであり中傷ですので、速やかに発言を取り消してください」と全否定で書こうとしたところを、ちょっとキツいかなと思って譲った表現をしていました。

せっかく話をしてくれる人だから、敬意を表して、全否定はやめようと思って。でも、隙を作っただけみたいだから、こういうのはもうやめようと思います

のちに蓋然性の話をしてくれた別の方も、ごめんなさい。

それに、言葉尻を取って蓋然性の高さ低さというどうでもいい話に持って行くほど残念な相手だとも思っていませんでした。わかりやす指標が入るとそちらに注視して他が読めなくなることについては気をつけてください。

そして、こともあろうに「啓発」とか。それこそ、場所もやり方も相手も違います女性嫌悪から生じた予断を何も関係のない書き込みにぶつけて発散するのはやめましょう。何度も言いますがこの増田マイノリティ男性差別を少なくともこの書き込みではやっていません。

もちろん、実際に自分差別されたら、その差別書き込みに対してはきっちりコメントしていってください。相手が男でも女でもです。流言を垂れ流すより、自分正当性が認められることについて声を上げる方が精神にいいはずです。

理解してもらえないとは思うけど、もしあなたが生きづらさを抱えてるなら、たぶんあなたのせいじゃないし、女性のせいでもありません。

あとは、家父長制のことかな。まず家父長制の存在は認めてるんだなっていうのが意外でした。私の政治的立ち位置にどうのする義務はないとか言ってるから、別のことを言ってくるのかと思ってました。

存続に与する女性存在を指摘していたので、家父長制が文化制度として残存しているという前提は共有できているということですかね。(なお、あなた女性の家父長制支持者の存在について、心理的要因があると言いましたが、そうした心理は大抵構造によって形づくられます。また、心理的要因をセックスによる生得的なものとするのは、今はやっぱりセクシズムです。あなたが今のところセクシスなのは自分でもわかってると思うので、このあたりはあなたと私とは前提が共有できないんだなと思います。)

じゃああなた自身は家父長制の存続を望むのか、望まないのかが気になります

質問じゃないので、答えなくていいです。

積極的な存続を望むか、どうでもいい(消極的に存続を認めている)あたりなら、マイノリティ男性への差別は維持され続けるわけで、それを望んでる、あるいは仕方ないと許容しているんだから「啓発」の書き込みはいらないということになります

そもそもあなた男性マイノリティへの差別を止めたいのか、止めたくないのかみたいな問題もあります差別をやめようという人に、その人が抱えるであろう(これはあなたの予断でしかありませんが)差別存在を「啓発」しようするってことは、差別を止めたいか、そこまでいかなくてもましにしたいんですかね?

なら、家父長制の存在を認めながら家父長制の維持を望みはしないということになりますよね。

であれば、書き込む対象はやっぱり女性じゃ、ましてや差別発言をしていない増田じゃありません。

家父長制の存続を消極的にでも望んだままあなたの言う「啓発」も行うための論理があるとしたら、「あなた他者への差別心を自覚して、自分たちへの差別我慢しろ」ということかと思います

……が、これ、増田マイノリティ男性への差別につながる発言をしてないのでまったく意味不明ですし、この論理が通るなら、あなた我慢して黙ってなきゃいけません(マイノリティ男性当事者支援者なら)。

さらに、当事者支援者以外の立場でこれをやられると、それは権利獲得を目指して活動する当事者支援者への迷惑行為です。

自分立場すら筋の通った形で示せないまま、他人に難癖をつけるのはやめましょう。

反駁されたらその場しのぎの適当なことを言ってごまかすのもやめましょう。

では、さようなら

2019-03-28

[] #71-6「市長市長であるために」

「……分かりました。話を聞かせてください」

「では移動しながら説明しよう」

こうしてウサク指導の下、市長の本格的な選挙活動が始まった。

「箱いっぱいの票のため」

歌:ウサク 作詞:リチャード、マジでシャーマン 作曲ロボットバーターちゃうやん


襟を正せ 背筋を伸ばせ

やれること やっていこう

まずは

服を少し変えるのだ 見る人の目も変わるだろ

服装が違うだけでも イメージ変わる

色はワンポイント 明るめに

トレードマークをつけろ

己が着るのは制服じゃない

笠に着ろ 金があれば

声の高さが違うだけで 言葉が耳に残るだろ

抑揚を少し変えるだけ イメージ変わる

喋りは短く 簡潔に言え

要点だけ覚えてもらう

普段祭事で声を使い分け

低く (低く)

高く (高く)

脳に擦り付けてやれ

振る舞いを細かく固めれば イメージも形作るさ

やれることからやり続ければ 票も集まるさ




選挙において、重要なのは印象だ。握手はしっかりと、目を見て話せ。真摯気持ち相手の触覚と視覚に焼き付けるように」

とにかく少しでも良い印象を与えるために、ウサクの指導は一挙手一投足に及んだ。

から説明を聞いていてなるほどと思えるものもあれば、エビデンスがあるか怪しい心理的方法論もあった。

「何か学生時代にやっていたこととか、今でも趣味程度にやっていることはあるか?」

「昔、体操をかじっていたので、その名残で運動するくらいですかね」

「よし、演説パフォーマンスのためにいくつか技を練習しておけ」

「ええ? それって関係のない、タダの見世物じゃないですか」

貴様まさか坦々と喋っているだけで人々が自分を気にかけてくれると思っていないか? 皆に良い印象をもってもらうなら、それくらいのことはやれ」

「わ、分かりましたよ……はあ、まさか市長でいるためにこんなことするハメになるとは」

しか市長は少しでも票に繋がるのならばと、訝しげに思いながらも技術を吸収していった。

(#71-7へ続く)

2019-03-25

anond:20190321172542

徒歩数分はやったことある

ベストなのは家と職場の間にスーパーかせめてコンビニがあること。

わざわざ近くに住んでるのに家通りすぎたり反対方向に買い物行く面倒くささは心理的負担大きい。

anond:20190325100330

これがどこの掲示板に書かれてるか教えてほしい。

それか「日本人としてとても心が痛む、あなたの心と身体が癒されることを望んでいること」を伝えてほしい。

そして言葉の通じる弁護士を早急に雇うように書いてほしい。

日本では捜査が傷ついている被害者さらに傷つける方法しか取られないこと。

心理的負担のため訴えを取り下げる被害者もいることがあること。

切りつけたり骨を折るように殴られたりという暴力が無ければ、加害者の罪が軽くなることがあること。法律的なことが何もわからない人へは聞かなければ説明をしない。

権利を知らない人に説明はしない。

とても残念だけどそういう国なのだと、その上で何ができるかを考えなくてはいけないのだと、きっと書きこなないと、その人も周りの人も戦い方すらわからないと思う。

2019-03-24

ここ最近和装になる機会があって個人向け着付け師というのを手配した

この着付け師の人が40ぐらいの女性なんだけど理論的に格好良く見える見立て着付けをしてくれて

和装への心理的ハードルがだいぶ低くなった

この年で着物店に行くと店員さんも店主もすごい老齢で私からするとおじいちゃんおばあちゃん

まだ若いんだからってとにかく黄色寄りの赤い着物を勧めてくるわけ

鏡で見て黄色寄りの赤い着物自分に合ってるとは思えないんだけどなって何度思ったことか

そんで着付けるのに使う和装下着ってのがほんとこれ…って感じで気分が下がるようなダサさで…

ところがその着付け師さんはどういう場に着物を着ていきたいのかとか一通りインタビューしてくれて

パーソナルカラー診断したうえで肌と目の色に映える色の長着にしましょうって解説してくれるわけ

今まで黄色寄りの赤の地の和風の花が飛び散ってる着物ばっかりゴリ押しされてきてうんざりしてたけど

カッコいいシルバーグレーと黒のストライプ柄の着物アイボリー地にうっすら偏光色のメリーゴーランドの柄の帯とか

ピーコックブルー帯締めとか和装用のスリップドレスとか持ってきてくれてめっちゃ着物着たい欲を高めてくれる

求めてた着物はこれだよこれ!

2019-03-23

なんでちゃんとしなきゃいけないの?

「休んだね、はいちゃんとして!」



子供も親も誰もちゃんとする必要なくね?


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%8D%E3%81%B0%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F%E8%A6%AA%E5%AD%90

ろばを売りに行く親子って話あるじゃん

この親子はすごいちゃんとしてると思うんだよね。

周りの意見ちゃんと聞いて、効率を考え、親を大事にし、息子を大事にし、ロバも大事にする。ここまで会う人会う人に合わせて完璧にやれば周りの誰から見てもちゃんとした親子に見える。

でもそれしんどくない?

「周囲からちゃんとした親子として見られる」ようになる代わりに親子は疲弊するし、ロバは死んじゃう。

そうやってちゃんとすることを目標に生きてる人は多いけどよくみんな気が狂わずにやっていけるもんだ。

他人からちゃんとした親子に見えなくても、気にせず市場へロバを売りに行った方がよくない?

今だったらTwitterとかインスタとかはてブとかTVコメンテーターとか雑誌とかが親も、子も、ロバも、効率大事にしようとちゃんしたことをみんな言うじゃん。やっぱり「ちゃんとした子に育てなきゃ」「ちゃん大学まで卒業させなきゃ」「ちゃんとした親にならなきゃ」という圧が大きいよね。

他人から目線を気にした「ちゃんと育てる」「ちゃんとした親になる」といったちゃんとした目標は捨ててさ。目的を「子供と楽しく暮らす」でもいいと思うんだよね。そしたら「自分も5歳児や小学生に戻ったように一緒に遊ぶ」事ができる。自分が5歳児や小学生には戻れないけど子どもの前だったら戻れるし、町中でも変に思われない。子供のふるまいをしても変に思われないって結構楽しいメリットだし。


「なんで靴を履かないで遊んでるの?」って聞いたら明らかにニヤニヤしてこっちを舐めきった顔で何も答えないの。

それでちょっとイラッとして、



「靴はかないほうが転びにくかったり、足の刺激が気持ち良かったり、動きやすかったりするんだよね。お母さんもやってみたら楽しいよ。」と5歳児は言えないしね。35歳児でも「なんとなくこっちがいい」とかとっさにうまく説明できなくて黙るとかあるし。「ちゃんと靴を履かないから足が汚れる」「理由ちゃんと答えない」は捨てて、子どもがそれで楽しいなら別にいいじゃん。

夕方遅くなってきたし、「もう帰ろう」って言ったけど相変わらずニヤニヤ。

あれだよ、友人と一緒に居て気が大きくなって身内に舐めた態度取るやつ、明らかにそれ。

腹立って脱ぎっぱなしの靴持って公園出ていったら娘号泣



友達と一緒になって気が大きくなって「調子に乗る」のはよくわかる。

時間とこっちの都合で子ども振り回すのは別に構わないと思う。

でも腹が立ってるのは「舐めた態度」の方。

自分の子どもに「舐めた態度」という表現がもやっとする。

子ども敵対暴走族じゃないよね?

いつも「舐められないよう」他人からどう見られるかが基準?

で家帰ったら泥だらけ靴下でズカズカ上がり込むものからまたブチギレ。

号泣しながら靴下脱ぐ。



キレるんだったら、むしろ自分も靴のまま家に入る。

子どもとどっちが廊下を泥で汚せるか意地をはったら、いろいろ他の事も吹っ切れて楽しいよ。


靴履かせて「その泥だらけの靴下誰が洗うの?」って言ったら「自分で洗う」って。

今まで一度も洗ったこと無いくせに。

で夕飯の準備したり風呂入れたりしてふと洗濯機の中見ると水につけた痕跡さえない靴下

怒りでどうにかなりそうだったけどぐっと我慢してテレビを見ている娘に「何で靴下洗わなかったの?」って聞いた。

「んー。。。なんか、疲れちゃったから」

そうかあ、疲れちゃったかあ。私は疲れても朝食用意して仕事して買い物して掃除して夕飯作ってお風呂入れて洗濯干してってやってるけどね。




母親は1人でやるから疲れる。

子どもに1人でさせようとするからめんどくさがってやらない。

から掃除家事子どもと一緒にやる。

一緒に汚した廊下も一緒に掃除する。

仕事宿題もそうだけど、誰かと一緒に共同作業となると心理的負担が半分に減る。

子どもが役に立たなくてもお皿ふいたり、洗濯渡したりで分担するだけで充分。

あれだけ叱っても何にもこたえてないのかあと思ったら笑いながら泣いてた。

娘は「泣いてるの?笑ってるの?www」って笑ってた。



ここも「子供から見てちゃん大人らしく」しなくていいと思う。

相手が5歳児なら、こっちは4歳児になって駄々こねながら泣けばいい。

「なぜ廊下を汚してはいけないのか?」なんて理屈で叱っても5歳児にはわからない。

5歳児は汚れたまま寝ても、それを誰かにみっともないと見られても何も困らないのだから

でも大人ギャン泣きしながら

「汚れた廊下はいやだあああ」

「このままお父さんを迎えたくなあああい

「もう仕事疲れたああああああ」

洗濯したくなああああい

って理屈じゃなく自分感情言った方が伝わると思うんだよね。

同じ言語レベル子供相手愚痴ればいい。

まりにも疲れてたらよしよししてくれるし。

親が弱みを見せたり子どもを頼ったりした方が子供はどんどんしっかりする。

極端に言えば親がいない子供の方が大人びてるし、親がしっかりしてない(けど子供を愛して子供の自立性に甘える)ほど子供バランスとってしっかりしてくる。親がしっかりしてるほど子供は甘えることができてしまうからね。その意味でも無理して「ちゃんとした大人」を演じる必要はない。なのでなんでちゃんとしなきゃいけないの? と思う。


anond:20190320210053

2019-03-22

anond:20190320192125

最初から最後まで最強最強最強で

どんなピンチご都合主義とまで言えるパワーアップで乗り切る

敵が可愛そうになるくらい強い

一話構成から悩むシーンが無いのと

前年から続投するヒーローということで最初から最強クラスに強いのがさらパワーアップしてそこからもう二段階パワーアップする

宇宙に放り投げようが異次元に誘い込もうが心臓人間態の時に貫こうが周りの人間を操って心理的に追い詰めようが絶対に負けない折れない

2019-03-17

会社の人と合わないので自分性格を変えたい

会社の人と合わなすぎて辛い。

辛いけどここで頑張るしかないのでどう自分が変われば職場の人とストレス少なく過ごせるんだろう。

最初の頃は頑張ってたんだけど、だんだん社内キャバ嬢のような扱いを受けるので楽しくなくなってきた。

挙げ句の果てに「(仕事できないのを)愛嬌でなんとかしてる」とか悪口言われるし。仕事ができない私が悪いけど。

なので愛嬌を振りまくのをやめてみた。出来ないなりに仕事は頑張った。

そしたら「心理的に壁がある」「仲良くなれた気がしない」「愛嬌を振りまかないと上司評価されないよ?」「(別の同期)見習ってもう少し愛想良くしなよ」

などなどなどなど!!!!そんなこと言われても!!!うざ!!!

給料はそこそこなので転職は考えてないです。。

今日の化粧薄くない?」とか「今日の化粧濃くない?俺は薄い方がいい」とか

なんで男の人って大して面白くないのに自分が選べる立場だと思ってるんだろう。

はーうざ!おもんな!

女の人もオタサーの姫みたいなやつばっか!私に迷惑掛けない限りは全然いいけど!その代わり職場クラッシュはするな!

明日会社行きたくないけど行くしかないので震えてる。

2019-03-16

使い古されてるけど

なんのために生きてるのかわからん

必要とされなくても生きていていいんだろうけど、特に私でなくてもいいらしい。

自分があの場に居続ける意味がわからない。Googleのいう心理的安全性って日本企業に浸透してほしいけどしなさそう。

なんのために自分があの場にいるのかわからない。

2019-03-15

日記

どうするのがベストなのか。改めて妻のことを理解するのが難しい。結婚からわかってはいたことだが、子ども教育を考えるとルームメイトのような関係というのはどういう影響を及ぼすのだろう。

1 現状維持(最低限の会話のみとし、娘とは十分なコミュニケーションを取る)

2 離婚(親権自分が取ることが大前提)

3 嫌がられるのを気にせず娘の前だけでも話しかけ続ける。


1は遠からず父母の間で会話があまりないことに娘が気づく。自分の両親も特別仲睦まじいわけではなかったが自分との会話があるかどうかのほうが重要だったので、個人的には別にいいというかむしろ父が母に話してほしくなかったような覚えもあるくらいだ。父母に会話があるかは最重要ではない。

だが、ロールモデルとしては厳しいものがある。親のことを客観的に捉えられて自分で考えられるほど成熟する前に結婚でもした場合に困る可能性も。まぁ、相手によるか。


2は養育の実態自分が担えないなら婚姻継続することを前提に交渉することになる。親権という言葉より実態を死守する。妻と娘を二人きりにし続けるのは二人にとってマイナスしかないと確信している。気質が僕と似ているがゆえに娘は母親から拒絶されたように感じる可能性が高い。逆に妻は娘を持て余す。体罰というか暴力に発展する可能性もままある上に娘の能力は引き出されないままになる。義母とは衝突しつつも落とし所が見つかるだろう。義姉とはかなりうまくやれるはずだが向こうも子育てが忙しいから娘の身近な理解者にはなりえない。

自分が育てる場合時短勤務と養育費が鍵になる。娘にはちゃん対話できる相手必要だ。収入的にひとり親向けの手当は受け取れない。可能なら時短勤務より出勤退勤を1時間早めつつ、繁忙期にひとり親向けのヘルパーを依頼、スポットで両親及び姉を呼ぶ感じか。住宅ローン控除や保険所得の控除および還付は使い切ってるので控除額が増えても効果はない。

結婚後に築いた資産負債収入及び家事子育ての貢献度を勘案して分割し養育費相殺することになる。場合によっては家を売却するのもあり。相場を見れば手数料差し引いてもほぼプラマイゼロになるはず。

娘用の積立は引き続き問題ないが自分の老後資金および運用には影響が出る。年金についてはもともと扶養には入っていない。個人年金については割譲を求められる可能性はあるが、退職金を前もって運用しているので年齢的に分割の対象になるかは争えると思う。


3はコミュニケーションにならないこと前提に話を続けることになる。無視嫌悪感を帯びた表情に折れない精神力必要。まぁでも多分娘が割って入ってくる。また、話しかけているという事実が残るだけで共感できるようになる可能性は考えづらい。それに言葉を返すことが苦手な相手に話しかけ続けるというのも残酷な面がある。一方で違う意見を言えばまた不機嫌になる。無難話題といえば子供健康、今後の予定に関すること程度か。



よく見聞きする話として、子供のために仮面夫婦を続けるなんて子供のためになっていない、というものがあるが、まさか自分がその立場になるとは思っていなかった。心理的距離感物理的な距離が違いすぎて戸惑う。妻と娘の関係が良好と言えるなら仕事に逃げるなども可能だがこの関係こそが最大の問題で、今後さら悪化していく予感もある中ではそれも不可能だ。動くなら一気に決めたい。

2019-03-14

anond:20190314155612

生足→ストッキングタイツレギンス→長ズボン

って並べると、ストッキングタイツの間にすんごい心理的なへだたりがある気がしてる

自分場合だけど

2019-03-12

冗談を言える環境は貴重

冗談が通じない人

冗談を真に受けて行動する人

冗談を言ってもウケない

 

こういう状況があるとどんどんマジレスしかできなくなる

何言っても大丈夫空間って大事

あ、これが心理的安全性

2019-03-05

[] #70-5「パンジャム事変」

「ちょ、ちょっと待って!? 自分従業員ですよ。パンを盗める時間なんて無い!」

「でもアンタには、“アレ”があるだろう? ちょくちょく使ってるのを見たから知ってるんだよ」

オバチャン曰く、犯行推定時刻中は皆が目に見える場所にいたらしい。

犯人がこの中にいるにも関わらず、全員にアリバイがあるという状況。

大掛かりなトリックでも使えばアリバイは崩せるかもしれないが、パンを盗むためにそこまでやるとも思えない。

となると、もっと“手軽かつ特殊方法”が使われたと考えるべきだろう。

まりは“超能力である

そして、この従業員は『アポート』という、物体を瞬間移動させる力があった。

俺もこの従業員とは別件で関わったことがあるので、それが事実であることは知っている。

アポートをつかえば、アリバイを成立させつつパンを盗むことは可能かもしれない。

だが、この推理には一つ誤解がある。

俺は少し横槍を入れることにした。

「オバチャン、その従業員犯人と決め付けるのは気が早いと思うよ」

「え、何でだい?」

超能力は万能じゃないんだ……そうだろ?」

俺がそう言いながら目配せすると、従業員バツが悪そうに説明を始めた。

「信じてもらえるかは分かりませんが……自分アポートは『二つの生物位置を入れ替える』ことしかできないんです。そして、入れ替える対象は同じ大きさじゃなきゃダメだし、視界に両方収める必要もある」

そう、この従業員アポートは、無条件に何でも移動させられるようにはなっていない。

アリバイを成立させつつ、パンを盗めるような超能力ではないんだ。

「そんなの、自己申告じゃないか。信じられないよ」

「もちろん、この従業員が全て本当のことを言っている保証はない。だけど、超能力にリミッターがあるのは確かなんだ」

「え、何それ?」

何となくそんな気はしたが、オバチャンは超能力のことは知っていても“リミッター”の概念は知らなかったようだ。


超能力は人によって性質こそ様々だが、いずれも何らかの制限がついている。

例えば弟のクラスメートタオナケっていう超能力者がいて、そいつ裸眼で捉えた物質破壊することができる。

ただし、そのためには数秒間、対象を睨み続ける必要があるんだ。

自身身体より大きいものは壊せないし、生物不可能

更には体調によって成功確率が変動し、普段はせいぜい5回に1回といったところ。

これはタオナケが超能力者としてポンコツからではなく、身体メカニズムとしてリミッターがかかっているからだ。

超能力はそのままだと強すぎるので、リミッターがないと人という器は耐えられないのである

時を止めて自分だけ動くとか、人を生き返らせるといった規格外超能力存在し得ないのさ。

「……というわけでアポートには制約が多いので、誰にも気づかれないようパンを盗むのは常識的に考えて難しいかと」

「ええ~、ほんとにぃ~?」

義務教育で覚える話ですよ」

「それ言われると、弱っちゃうなあ……」


…………

「オバチャンの気のせいってことは? パンは本当に残っていなかったの?」

「しつこいねえ。さっきも皆で確認したろう」

その後も、皆であーだこーだ言い合うが、話は平行線のまま進まない。

何ら解決の糸口が見つからず、無為時間を浪費していく。

みんな疲弊するばかりであり、俺もこの状況にはかなり参っていた。

特に俺は、コッペパンを食べ損ねて未だ空腹だから尚更だ。

もちろん、俺は犯人じゃないことが確定しているから、このまま帰ってしまってもよかった。

帰りに適当な店でコッペパンを買ってもいいし、違うパンでも構わないとも思っている。

いっそのことジャンルが全く違う食べ物でも構わない。

このまま何食わぬ顔で何かを食べても、表面上は腹を満たせるだろう。

だが、『食べようと思っていたものが食べられなかったという体験』が問題なんだ。

そんな心理的負荷を抱えたままレポートに取り組める図太さは俺にはない。

この事件を明らかにしない限り、俺の心にはポッカリと穴が空いたままになる。

……まあ、とどのつまりは意固地になってるだけなんだが。

(#70-6へ続く)

2019-02-26

ぶつかってくる人@職場

今日久しぶりに仕事現場行ったらめっちゃぶつかってくる人(推定40代男性)がいてまじ萎え

ぶつかってくるっていうか、車幅感覚おかしくね!?って感じで、擦るようにしてぶつかってくる。うしろからぶつかってどかす、とか、追い抜きにこするみたいな感じ。

最初は、自分がよっぽど邪魔なところにたってんのかと思ってたけど、同じシチュでもクライアントとか年配の男性相手だとちゃんと避けんのね

ただトイレいくだけの階段の踊り場で、めっちゃアウトインアウトで攻めてこられたときはほんとびっくりしたわ。私が転んでたらどうするんすか。

ただただ目下の邪魔相手を避けたくないんですね。あなたアウター、通り過ぎる若手ほとんどにシュッシュ当たって、早く痛んでしまうんじゃない?


これで、私も実はクライアントでした〜〜〜のオチなら最高なんだけど、残念ながらあんたと同じ下請け会社ですわ

あ〜ハラタツ〜というか微妙に凹むわ〜

他にもぶつかられてる人見たけど、同じ会社の若手女性社員とかね、がんがんぶつかられてんのね。嫌になんないのかね。


かに似てると思ったらあれだわ、中学生の時にクラスにいたイケイケイキリ男子だわ。

暗めの男子とか女子相手だとガンガンにぶつかって歩くのね。

相手がおどろいて「え?」なり「あ、すいません(邪魔だったかな?)」の反応してもガン無視なやつね。存在ガン無視の、心理的安全性ゼロのやつね。

あ〜あ、やだやだ。

こんな人、誰からも愛されない寂しい人生なんだろうね。

娘がいたとしてもきっと気持ちわかんないんだろうね〜。好かれてなさそう。

顔に卑屈な心があらわれてたわ。などと思い溜飲を下げたつもりになって寝る。

は〜つかれた。こういう自分にとってとるにたらない相手を傷付けるオジサン、ほんと多いけどどうにかなんないかね。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん