「カーブ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カーブとは

2018-01-13

ふとセルフフェラしたくなると

2日前から風呂上がりの柔軟を始める

しばらく前屈をすると足を首にかけたり出来るようになり、それをしばらく続けると棒を両膝と首に引っ掛けられるようになるので、修学旅行で買った木刀を引っ掛けそのままネットサーフィンなどする(多分危険なので真似しないでほしい。やるなら木刀などカーブのあるものオススメする)

前日は伸ばした舌が亀頭につくようになり、当日は先を多少吸えるようになる

終えると満足して柔軟を止めるのでまた硬い体に戻る

セルフフェラセルフフェラの間も柔軟を続けるか、毎日セルフフェラするかしてたら今頃すごいことになってたのかな、と思う

しかセルフフェラ欲やセルフごっくん欲というのは波があるので継続するのは難しい

理由としては、コトをする前と最中は大興奮なのだが、射精後は賢者タイムになるので出してしまった勢いで無理してごっくんすることになる。馬鹿馬鹿しいだろうがこれが案外苦痛なので明日もやろうとは思えなくなるのだ

飲精願望がある人に一番おすすめなやり方は、オナ禁などでめちゃくちゃムラムラしてる日に、まずチンポコを超綺麗にしてからゴムオナをし、数十分後再燃して2回戦をしてる最中に好きなタイミングで口に含み賢者タイムになる前に飲む

クソほど汚い話だけど深夜だからOKだと思う

2017-12-30

模様替えの未来が見えない

カーブ沿いに面した角部屋

棚上げマン馬鹿にされた

記憶も朧へ向かい行き遅れ

た砂がそこそこ丈夫なコン

クリから渦巻き道に沿い斜

めの配置を取る騒音の鳥の

声も聞こえず運び込んだ物

量の用途の定まらぬ物物の

はいはい仲良くできません

2017-12-26

スクラビングバブルの流せるトイレブラシありがとう

凄い……!!優れモノだ……!!!

シートに洗剤が染みてて、水につけると青くなるう~~!!!

ごしごしやって、裏の所もカーブのかかったスティックですいすいゴシゴシできる!!

ぽんってブラシをはずしてジャー

念のためスティック洗面所で水で流したけどそれもしなくていいのかなあ

どっちにしろすごいラクだし清潔だ

ありがとうスクラビングバブル

ありがとう……

2017-12-08

約束オナニー

「やだい!手術なんか受けないんだい!」

独特の消毒臭に混じって大きな金切り声が白い廊下に響いた。ここが病院であることを忘れるほどの元気な声、わたしは深くため息をついた。8歳になる我が息子は生まれつきの難病を抱えている。治療法もなく、担当医曰く10歳まで生きられれば奇跡らしい。それ以上延命できた例がないそうだ。助かる助からない以前の問題だ。

病気なんだからさないとダメよ、お外で遊べなくなるんだから

手術をしてもいくばくかの延命しかならない。儚い命をいくら繋ぎ止めるだけの手術。それだけのために息子の体にメスを入れ痛みを与えることになる。本心ではそんなことしないで欲しい、そう思ったが少しでも長生きして欲しいという思いもあった。

少しでもこの子笑顔を見ていたい。元気に叫ぶ姿を見ていたい。できることなら外を走り回る姿だって見たい、そう思った。もう、手術をしてもらうことしか選択肢はなかった。しかし、息子にとって手術は恐ろしいものらしく、頑としてこれを受け入れなかった。

「僕ね、病気じゃないよ。元気だよ。お外でも遊べるよ」

屈託のない笑顔でそう言う息子は元気そのもので、本当に病気じゃないかもしれない、そう思えるほどだった。けれども病魔は着実に息子の体を蝕んでいる。そう思えば思うほど涙を堪えることしかできなかった。それしかできない自分を心の底から情けないと思った。

この笑顔をいつまで見ることができるのだろうか。

苦痛に歪み、そのまま消えてしまうであろうこの笑顔、私には守ることのできないこの笑顔、正直言って私は迷っていた。このまま何もせず、ただ息子の笑顔が消えていくのをジッと待つべきか、それとも成功率が低く、成功したとしても気休め程度の延命しかならない手術を、そんな無意味ともいえる手術を息子に受けさせるべきなのか。どちらが親として正しい選択なのか……。いくら考えても答えが出なかった。

「やあやあ、俊夫君、体調はどうかな?」

主治医看護師を伴い、満面の笑みで病室に入ってきた。息子の余命が幾許もないこと、手術は困難を極めること、成功しても気休め程度にしかならないこと、それらを私に告げた時の深刻な表情がまるで幻であったかのような快活な笑顔だった。

「どうかな? 俊夫君。手術を受ける気になったかな?」

医師は俊夫の顔を覗き込んだ。すぐに俊夫が顔をそむける。

「手術なんて受けないよ! だって怖いもん。痛いのだって嫌だよ。手術を受けても受けなくても僕、死んじゃうんでしょ、知ってるよ。それなら受けない方がいい」

なんてことだろう。息子は自分の命が残り少ないことも、成功率が低いことも全て知っていた。もう先が長くないことを知りつつも、私たちを悲しませないよう精一杯の笑顔で振舞っていたのだ。息子の前では泣かないと決めていたのに大粒の涙が零れ落ちた。

辛いのは私たち夫婦だけじゃなかった。息子だってそれ以上に辛かったのだ。こんないい子を死なせてはいけない。こんないい子を失いたくない。もうどしたらいいのか分からなくなっていた。

病室に静寂が訪れた。その空気を破るかのように医師が切り出す。

今日はね、俊夫君に会わせたい人がいるんだ。俊夫君も良く知ってる人だよ」

医師はそう言うと、ドアを開けるよう看護師に促した。

ドアを開けると廊下の窓から漏れる西日が病室に入り込んできた。その眩い光を遮るかのように大きな人影が躍り出る。

「やあ、俊夫君、元気かな」

大柄の男性はそう言った。逆光で姿が見えなくとも優しい表情をしているであろう柔らかな声だった。

眩しさに目を細めていた俊夫がまじまじと影を見る。次第に顔が見えたのか目を見開いて驚きだした。

「すげー! スペルマズの松井選手だ!」

そこには、息子が大ファンプロオナニー選手スペルマズの松井選手が立っていた。ブラウン管越しに見るのとは違い、体も大きく、なにより漂うプロオナニー選手独特のイカ臭匂いが印象的な人だった。

「実は私、松井選手後援会会長をしてましてね、俊夫君が大ファンだということを伝えたら是非会ってみたいと言われたんですよ」

医師はまた笑顔を見せた。

「すげーすげー! お母さん、松井選手だよ! サインもらおうよ!」

まりの息子のはしゃぎっぷりに照れ笑いを浮かべた松井選手。息子が差し出したプロオナニーカードにも快くサインをしてくれた。サイン入りのカードを渡しながら松井選手が切り出す。ちゃんと俊夫の目線まで屈んで話してくれる姿が印象的だった。

「俊夫君、手術受けるのが怖いんだって?」

途端に俊夫の表情が曇る。

「違うのかな?」

俊夫が重い口を開く。

「うん、怖いよ……。だって体を切っちゃうんでしょ、それに成功しないって看護婦さんが言ってた。僕知ってるんだ。僕もうすぐ死んじゃうんだもん……」

また静寂が訪れた。松井選手さらに顔を近づけて言った。

「僕らプロオナニー選手はね、常に怪我との戦いなんだ。僕も俊夫君くらいの頃に酷使しすぎでペニス靭帯が裂傷してね、アメリカの有名な先生に手術してもらった。あの時は怖かったなあ」

「だよね、松井選手でも手術は怖いよね……」

俊夫が頷く。

「今でも怖いよ。ペニス爆弾を抱えてプレイしているようなものからオナニーボックスに立つたびに怖くなる。逃げ出したくなる。またあの痛みが再発するんじゃないかって」

「やっぱり……痛いのは怖いよ……」

俊夫はさらに俯く。松井選手は首を横に振りながら言った。

「でもね、それは違うんだ。痛いのは確かに怖い、手術だって怖い。でも本当に怖いのは、恐怖のあまり挑戦することを放棄する、そんな逃げ腰な自分になってしまうのが怖いんだ」

「逃げ腰な自分……!?

俊夫が顔を上げ、松井選手の顔を見つめる。

「ああ、そうだ。挑戦することを忘れ、嫌なことから逃げ出してしまう。それは確かに楽かもしれない、怖くないかもしれない。けれども、そこから一歩も進めなくなってしまうんだ。動けなくなってしまうんだ。痛みや手術なんかより僕はそっちのほうがずっと怖いな。あの時逃げなかったから今の自分があるわけだしね」

「そんなの良く分からないよ。やっぱり僕、手術するの怖いもん。一人で死んじゃうの怖いもん」

今度は俊夫が首を横に振った。

最愛の息子に「一人で死ぬのが怖い」とまで言わしめた自分の無力さを呪った。悔しかった。また大粒の涙が流れ落ちた。それに気づいたのか気づかなかったのか、松井選手こちらを一瞥した後、俊夫の両肩に手を置いてさらに続けた。

「じゃあこうしよう。今夜のナイターで僕がホームシャセイ打つことができたら俊夫君も手術を受ける。これでどうだい?」

松井選手はまっすぐ俊夫の瞳を見ていた。また俊夫は首を振った。

「無理だよ、松井選手は確かに2012年にシャセイ王のタイトルを取ったけど、最近じゃスタメンからも外れて、たまに代打で出てくる程度、今シーズンなんて一本も打ってないじゃないか。そんなの絶対に無理だよ」

「俊夫……! なんて失礼なことを!」

一歩前に出たわたし松井選手右手で制した。そして変わらず俊夫の瞳を見ながら続けた。

「無理だからこそ挑戦するんだ。僕の挑戦と君の挑戦、賭ける価値はあるんじゃないかな? それとも怖いかい?」

少しの沈黙の後、俊夫はゆっくりと首を縦に振った。

「……わかった。僕、松井選手が今夜ホームシャセイ打ったら手術を受けるよ、絶対受ける。約束するよ」

松井選手も深く頷いた。

「男と男の約束だ」

「俊夫……」

の子が手術を受ける気になってくれた。立ち止まらず、前に向かって歩く気になってくれた。

病室を出た松井選手見送り病院玄関で深々と頭を下げた。すると、松井選手は車に乗りながらこう言った。

「お母さん、プロオナニー世界では常に挑戦です。相手ピッチャーの放るエロネタがとても抜けないようなものでも必死で抜く、それでホームシャセイを狙うんです。俊夫君もそうだけど、お母さんにも挑戦する気概を忘れないで欲しい。大丈夫ですよ、今夜、僕は打ちますから

私の心を見透かされたかのようだった。成功率の低い手術に怯え、息子の笑顔を失うのを怖がっていた。ずっとずっとその場に立ち止まり、ただ漠然と病魔が進行していくのを見ていた。それじゃあダメなんだ、挑戦しなきゃいけない、俊夫だけじゃない、私だって。もう迷いはなくなっていた。

走り去る松井選手ポルシェのテールランプを見つめながら、私は何度何度も深々と頭を下げた。

その夜、特別に病室でテレビを観る事を許された。看護師がやってきていそいそとテレビのセッティングを始めていた。いよいよ、松井選手の挑戦、息子の挑戦、そして私の挑戦が始まるのだ。

試合は1-0の投手戦だった。松井選手所属するスペルマズは、今シーズン首位を独走するオナホールズの大型ルーキー投手完璧に抑え込まれていた。オナホールズの犠牲シャセイで1点が入ったのみ、スペルマズは負けていた。もちろん、松井選手スタメンから外れ、未だ出番がない。

「いやー、ちょっと今日は両投手状態が良いですね、白熱の投手戦様相を呈してきました。これはちょっとホームシャセイ打てないんじゃないかな」

解説者が白熱の投手戦にご満悦といった調子解説する。試合は9回裏、いよいよスペルマズ最後攻撃となった。

「お母さん、松井選手出てこないね

大丈夫松井選手ならきっとやってくれるわ」

そんな言葉も空しく2アウト、いよいよ最後バッターオナニーボックスに立った。もうダメだ、この投手なら抑えてしまうだろう、そして試合は終了、松井選手が出るまでもなくスペルマズは負けてしまう。

「あーっと、ボークですね、ボークです。山田投手エロネタを投げる前にチラッと見せてしまいました。見た感じフォークのような、40代熟女セミヌードですね、これは痛い、ボークです。打者は無条件に1塁まで進みます

奇跡が起こった。好投を続けていた山田投手ボーク、同点のランナー一塁へと出た。

「あー、ここで監督ますね、どうやら代打のようです。代打ですね、今ゆっくり主審にかけより代打を告げました、場内放送にご注目ください」

「6番、ライト田中に代わりまして、代打松井背番号69」

一斉に場内がどよめく。それと同時に病室でもどよめきが起こった。いつの間にか医師看護師だけでなく、他の入院患者までテレビに駆け寄り松井選手と息子の挑戦を見守っていた。

「ここで松井とは驚きですね。左投手山田に対して左曲がりの松井代打です。松井選手今シーズンはまだホームシャセイはありません。これは思い切った起用ですね。さあ、一打出れば逆転サヨナラ、注目の打席です。」

松井選手ゆっくりオナニーボックスに立つと、おもむろにズボンを脱ぎ始めた。そして血管を浮き立たせた逞しすぎる男根を誇らしげに素振りする。全盛期の松井選手独特のオナニースタイルだ。そそり立つ男根相手投手を威嚇しているかのように思えた。

「さあ、山田投手セットポジションから第一球を投げた!」

松井選手男根は空しく宙を舞った。

ストライク! 今のはスライダーですかね、女子プロレスラーヌードコラージュでしたね」

「今のはちょっと抜けないでしょう、厳しい球投げるなー」

ピンと張った糸が部屋中に縦横無尽に張り巡らされているかと思うほど緊迫した空気が病室に流れた。いつの間にか誰も声をあげなくなっていた。固唾を飲んで小さなブラウン管を見守っている。

「さあ、第二球を投げた! 空振り! ットライク!」

松井選手男根はまたも空しく虚空を切り裂いた。これでツーストライクだ。もう目を覆いたくなる気持ちだった。

解説の権藤さん、またスライダーですね。二球続けて女子プロコラ、これには松井、全く手が出ません」

スライダーが冴え渡ってますね」

「決め球は何できますかね」

「恐らく得意のカーブ、それもYAWARAちゃんのコラージュあたりでしょう」

テレビを観ていた誰もが息を呑む瞬間。いよいよ最後の球が放たれる時が来た。目を逸らしてはいけない。そう思った。わたしが逃げてる場合じゃない。

ピッチャー山田、振りかぶって第三球を投げた」

ドピュ!

「抜いた抜いた! これは大きい! グングン伸びているーーー!」

松井選手の抜いた白濁液は大きく漆黒の空に飛んでいった。まるで星空と一体化したかのように白い液滴がフワリフワリと宙を舞った。

ライトバック、必死にバック、それでも追いつかない。入ったー入ったー! ホームシャセーイ!」

「やはりYAWARAコラでしたね、それを見事に抜きました。あれはピッチャーを責められないですよ」

「渾身のYAWARAコラを抜き返した松井白濁液ライトスタンドに飛び込みました!」

「あーあ、最前列スペルマズファンがドロドロになっちゃってるな」

「いま、松井ゆっくりベースを回ります。たくましいですね、あれだけのホームシャセイの後にまだ勃起してますよ。そして今、ゆっくりホームイン! サヨナラです、サヨナラ2ランシャセイです!」

ワッと病室でも歓声が上がった。医師看護師入院患者も、まるで自分のことのように手を取り合って喜んでいた。

今日ヒーローインタビューは、見事な逆転サヨナラシャセイを打ちました松井選手です! どうでしたか最後の1球はカーブだったようですが」

そんな質問はお構いなしに、松井選手マイクを奪い、カメラに向かって呼びかけた。

「俊夫君、見たか! 約束は守ったぞ! 今度は君が約束を守る番だ!」

それをベッドの上で見ていた息子は、ふっと私のほうを見てこう言った。

「お母さん、僕、手術受けるよ、手術受けて病気を治して松井選手みたいなプロオナニー選手になるんだ!」

私はもう、涙で何も見えなかった。

「そうだね、頑張ろうね」

そう言うのが精一杯だった。

「よし、俊夫君も松井選手との約束を守ろう。そして完治したらオナニー練習だな!」

医師がそう言うと息子はニッコリと笑って

大丈夫オナニー練習ならいつもしてるよ! 看護師さんでいつも抜いてたんだから!」

ポークビッツのような男根差し出し、必死でしごいて見せたのだった。その手つきは素人とは思えず、また病人とも思えないほど逞しくて頼もしいものだった。

「こいつは頼もしいや! ははははは!」

いつまでもいつまでも、息子が喘ぐ声と共に医師看護師、そして私の笑い声が病室に響いていた。

―あれから10年、ブラウン管の向こうに我が息子の逞しい男根が映し出されている。そしてそのテレビの横には、あの日松井選手サインしてもらったプロオナニーカードに並んで、息子のプロオナニーカードが寄り添うように置かれている。

anond:20171207123143

そうか、S字カーブがかなりきつくなるタイプなのね

よくわかったありがとう

2017-12-07

anond:20171207101957

恐ろしい事に両立しちゃっているみたいなんですよ

多分重心が前にかかっていて、そうすると今度は後ろにバランス取るために腰が反って、でも猫背とか巻き肩もあるので、横から見るとS型カーブを描いてるんではなかろうか(これで重心後ろにしようとすると太もも前なのか腹筋なのかが足りなくてバランスを崩してしま状態です)

腰が反るから余計に腹は出るしケツがでかいって言われるし、猫背だと無い胸がさらになくなるし見た目も良くないし…ヨガピラティス骨盤矯正クラスに通っていた頃は少しは良かったはずなんですが…

骨盤のゆがみを直したりストレッチしたり筋力つけたり、やらねばならぬことが目白押しで途方に暮れてしま

2017-12-04

首都高増田走るときとる紙は出す魔を鵜子とゅ紙(回文

あのさ、

首都高って走り慣れてないから、

しかも空があんまり見えないから、

ぐるぐるカーブばっかり多いし、

ほんとどこ走ってるか

どの方向に走ってるか分からなくなっちゃうのよね。

アスファルトタイヤで切りつけるレヴェルでもないわ。

しか土地勘がない場所なら

どちらが正しい方向なのか

標識も両方の方面地名も分からないし、

なおさらなのよね。

ナビ無かったら私死ぬわ。

死なないけど。

うそ

あと噂の時速110キロで走れるところも通ったんだけど、

みんなめちゃめちゃ飛ばすわね。

スピード出すのはいいんだけど、

一番左側の80キロレーンとの速度差を比べると

なんか逆に危なっかしく思えちゃうわ。

これうまく行くのかしらね

この期に及んでたぶん110キロ以上出してるような気がするわ。

パータッチ以上よ。

110キロ以上出していいのはパーマンだけよ!

それだったらもう東名通っちゃうわって感じ。

安全に走ってほしいものだわ。


今日朝ご飯

崎陽軒シュウマイ弁当買ってきたかお土産に。

朝食べようと思ったけどこれはやっぱりお昼にするわ。

デトックスウォーター

実家に行ったら、

またみかんをどっさりもらってきたので

しばらくはみかんウォーラーが続きそうだわ。

早く食べ切っちゃおう。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2017-11-19

プロポーズしたい女性は3.2% くらいしかいないんじゃね?

横なんだけど、君の主張は現実との齟齬ありすぎじゃね?

anond:20171119103108

http://kekkon-ashita.weddingpark.co.jp/639/

既婚・婚約中の女性に対し『彼からの「プロポーズ待ち」状態ときプロポーズしてもらえるように何かアクションを起こした経験はありますか?(単一回答)』という質問をすると、「はい(53.8%)」、「いいえ(46.2%)」という結果になり、既婚・婚約である女性の2人に1人以上が、プロポーズアシストするアクションを起こした経験があることがわかりました。具体的なアクション内容として、「プロポーズしてくれるつもりはあるの?ときいた(30代前半)」というような、明確な言葉を伝える“ストレート(直球)型”と、「友達プロポーズのことや、結婚式に参列した話をしまくる(30代前半)」というような、遠回しに気持ちを伝える“カーブ変化球)型”の2種類のタイプがいることがわかりました。

これも『男性プロポーズさせる』という酷いものまりないものだねー。面倒くさいなー。ちな私は既婚者だけどプロポーズっぽいことはしませんでした。嫁さんは好きだし素敵だけど。でも「私でいいんですか?」みたいな確認のみだったなー。

プロポーズしたい女性は3.2%』

https://www.mwed.jp/manuals/529/

こっちだと『プロポーズされたい女性』は8割強程度いるよ?

ただ情弱なだけなの?

2017-10-30

今日多々良川

晴れ

涼しい

風強い

水位かなり低い

気持ちいいザ・秋晴れって感じ

水面がキラキラ光ってた

コサギ

川の真ん中、橋のすぐ下あたりにいた

甲羅干し亀9

川岸コンクリート階段1段目にいた

昨日のダーウィンがきたがサギ特集だったから楽しかった

住処を追われたサギが高速道路ICカーブぐるっと回る真ん中の木にコロニー作ってた

あとチュウサギあんまりいないらしいか自分がこれまでチュウサギだと思って報告してたのは多分全部コサギだったことがわかったのも衝撃だった

いつも 橋の上から肉眼で見るくらいだからものすごく近くからサギを見るのがすごく新鮮だった

とさかだけじゃなくて胸のあたりにも飾り羽?みたいなのがあったりした

エサも、くわえるんじゃなくてあのとがったくちばしでつきさすんだーとか、

かなり大きな魚も生きたまま丸のみにしてて飲み込んでる首の中で魚が暴れてるのがわかったりしてすごかった

クチバシの 端から魚の血が出てたりもしたし

昨日は全部見れてないけど録画したからまた後でゆっくり見る予定

2017-10-26

anond:20171026164717

 飲食店いじめがあったら、いじめられてる子に「大丈夫?」って話しかけるだけである程度は止まると思うんだよね。暴行まで行ってたら他の増田の言うように警察に連絡だけど。

 他には、自分がやったことだけど工事現場近くのカーブミラーがホコリで汚れてて危ないと思ったら掃除しに行くとか、親の家の木だけどお隣さん家にはみ出してて言っても切らないか自分で切るとか。まぁ後者自分の家の問題からちょっと違うか。

 でもそういう誰かを待つんじゃなくて自分ちょっと動けばいい問題って、実はそんなにないかもしれないけどもし見つけたらちょこっと片付けちゃえばいいと思うんだ。案外人が見てたりするしね(いい意味で)。

2017-10-19

トレーラー

って、ひっぱられる方の車だよね。

トレーラーにはねられるって、けっこうなカーブ内輪差で内側で轢かれたみたいなイメージがする。

たぶんひっぱる側にはねられたんだと思うけど、正しい名称トラクターにはねられたとかいうと、農業用のが高速道路走るんかいって思われそうだ。

トレーリーとか造語を使ってみたい。

高速道路で立ち往生した

その日は東北ロケがあり、取材班は私を含めて4名。

もちろん新幹線などセレブな乗り物には乗れないので社用車での移動だ。

20時ごろには撮り終えたが、宿をとるなど贅沢なことは言えないから日帰りである

ただ、この取材班免許を持っているのが2名しかいなかった。

行きは、運転10年超えの先輩が運転した。

先輩が「疲れた。寝たい」と言うので、帰りの運転手運転歴(正確には免許取得から)3ヶ月の同僚となった。

同僚にできることはないか聞く。「助手席で話し相手となって欲しい」と言われたので、助手席に乗車していた。

はじめは初心者運転心臓が慌ただしく鳴っていたが(免許を持っていないヤツが偉そうに申し訳ない)、慎重な安全運転をする人で、すっかり気が緩んでいた。

パン

爆発したような音が車の後方から聞こえてきたのは、東北高速道に乗って1時間ほど経ったころ。

何の音か分からずただただ驚いていた私たちなどお構いなしに、車は失速していく。

幸い走行車線(追い越し車線ではない方)を走っていたので、なんとか路肩に寄せた。

騒ぎで後ろに寝ていた先輩と撮影スタッフが起きた。

ワケを説明しようとしたところ、運転席を見て先輩が一言

「ガス欠じゃねーか」

普段から運転する人には信じられないと思う。しかし、初心者私たちは(うち一人は免許すら持っていない)運転に気を取られてしまい、ガソリンのランプが点灯していたことに気づかなかったのだ。

先輩の指示で、JAF電話する。JAFの方から

といわれた。

発煙筒はアクシデント生地点よりも50m以上後方に置くよう指示されていたので、ガードレール沿いに走って置いた。

やるべきことはすべておこなった。あとは、JAFを待つのである

東北道路、23時。外気温はマイナス1度。

日帰りの日中撮影だと思いコート1枚しか用意がなかった。寒さが染みる。

することがないので、ただ星を眺めていた。

その日は気温が低かったからか、星がきれいだった。

道の駅お土産として買った鮭とばを4人で貪りながら、救助を待った。

誰かの提案で、しりとりをすることになった。大人のしりとりは何かのしばりがないと延々と続く。そして、早々に飽きるのだ。

時計を見た。まだ15分程度しか経っていない。寒空の下もう45分待つのは、非常にしんどい。

発煙筒が消えてきた。

ハザードもガス欠だからか、光がかなり弱くなった。

カーブで止まってしまっている。発煙筒もない。ハザードの光も弱い。後ろから来る車にとって認識しにくい状況だ。

うつらうつら運転している人がいたら……あらゆるネガティブ想像が頭のなかにかぶ。無理やりかき消す。

そうこうしているうちに、黄色パトランプが見えた。高速道路の見回りをしている人たちだった。

我々の前で停車したので、ワケを話す。もしかして、助けてくれるかなと期待をしながら。

しかし、彼らにできることはないようだ。あと30分くらい、JAFを待つしかないという。

さり際、三角形の反射板を貸してくれたのはありがたかった。

鮭とばはもうなくなってしまった。冷たさのあまり手足の感覚がなくなる。震えが止まらない。

こんなことなら残っている原稿持ってくればよかったなどと考えていたときJAFが到着した。

神様かと思った。JAFの方々に後光が指していた。

無事、ガソリンをある程度いれてもらい、最寄りのSAまで同行いただいた。

SA自販機ホットコーヒーを買った。温かい飲み物が口から胃にながれる。自販機100円コーヒーがこんなにも旨い。

停車の原因はガス欠。完全に自業自得な話なのだが、もし誰かの役にたてば幸いである。

追記

思いのほか反響があって驚いている。

もう何年も前の話だが、いまだに増田免許を持っていないし普段車にも乗らないので、車の知識は皆無だと思ってください。

ハザードもガス欠だからか、光がかなり弱くなった。

これ、ガス欠関係ないのか。だんだん光が心もとなくなってったんだけど、あれ何だったんですか?教えて偉い人。

>破裂音

不完全燃焼したときの音と聞いたが、上記程度の知識しか持ってないから間違っている可能性が高い。

2017-10-13

インにおばちゃん2人

アウトにおばちゃん2人

どちらもおしゃべりに夢中

カーブにさしかかる

どちらも中に寄ってきた

俺はそこを通り抜けるしかなかった

おばちゃん達にはさまれ

文句を言われてしまった

俺が悪い

俺が違う道を選べばよかったのだ

2017-09-25

さっき曲がろうとしたバイク交差点中央でひとりでにコケ

ぶつかりそうな物も人も見当たらなかったし、スピード特に出していなかったので、純粋カーブに失敗しての自損事故だと思う

夜だしみんな疲れてるんだな

2017-09-22

今、二次創作界隈で起きていることをSSにした

今、二次創作界隈(主に女性向け)で起きていることについて、色々と思う事があるので個人主観SSしました。

稚拙な乱文ですが、何かしら伝われば嬉しいです。

ある車両痴漢事件が起きた。

朝の通勤ラッシュ時の混み合う車内での出来事だ。

悲鳴を上げた被害者女性は、痴漢男が胸を触ったと主張し、彼もそれを認めた。痴漢男の言い分はこうだ。

「さっきの急カーブバランスを崩してしまい、何処か捕まる所をと探したら目の前に女性の胸があった。触ってはいけないと分かっていたが、転びそうだったので気持ちに余裕がなく咄嗟判断を過った。こんな状況だし、わざとではないので女性も許してくれるだろうという甘えがあった」

勿論そんな言い訳女性が受け入れるわけがない。周囲の乗客も一緒になって口々に彼を責め立て、彼は

自分の行動は間違っていた。反省している。申し訳なかった」

謝罪をした。しかし、それでも周りは彼を許さなかった。

痴漢卑劣行為だ!」

「お前のような奴がいるから、俺たちが痴漢冤罪にビクビクしながら通勤するハメになるんだ!」

口々にそう叫び出し、やがて一人が痴漢男の胸ぐらを掴んだのをきっかけに殴る蹴るの暴行に発展した。

被害者女性は止めようとしたが、彼女の声は気が高ぶった乗客達の罵声にかき消されてしまった。

見兼ねた乗客の一人が

いくらなんでもやり過ぎですよ、次の駅で降りてもらって駅員さんにお任せしましょう」

と、割って入る。しかし、事態は収まらなかった。

痴漢を庇うなんて常識を疑う。さてはお前も痴漢なんだろう!?傍観している奴らも同罪だぞ!」

「そうだそうだ、痴漢を見て見ないふりをするお前らがいるから、痴漢がのさばるんだ。お前らも同罪だ!違うと言うなら声を出せ」

車内は大騒ぎになり、次の駅に電車が到着した時には既に痴漢男は息絶えていた。

たまたま同じ車両に乗り合わせていただけで巻き込まれ、大怪我を追う者も多かった。

しかし、痴漢男を殴り殺した正義感の強い乗客たちは

痴漢は死んだ!正義勝利だ!」

と、歓喜雄叫びをあげた。

それから数年。

朝の車内は空いていた。あの事件以来、電車通勤をやめる者が続出したからだ。

電車以外で通勤出来るサービスが次々と登場し、インターネット通信を利用して通勤せずに働く事のできる企業も増え始めている。

鉄道会社社長は頭を抱えた。

赤字経営が続いている。このままでは廃線するしかない」

2017-08-08

自分の姿

が映るものがあると、必ず見てしま

鏡、窓、車のボディ、カーブミラースマホの消灯画面…

ナルシストなんだろうけど、病的な感じもする

なんか、視線を感じるというか

こわい

たすけて

自分ADHDではないのかと疑った日

自動車学校に行かねばならぬとの事なので、30万払って入校した。

自分バイト代から10万も出しているので頑張らねばと思った。

…とは言ったものの、別に車に乗りたいわけでもないし取らなくて済むなら取らない方が良かった。

それはそれとして、予約とか入れて技能講習を始めた。

こっちはほぼ初見なのに「ハンドルの切り方が大きい」だの「左に寄せろ」だの「行く方向を見ろ」だの何だのと色々ドヤされる。

ひーひー言いながら4回ほど乗ったが、あまり上達しない。カーブも上手くハンドル切れないし、アクセルブレーキの調整も下手糞だ。

向こうもそれを感じたのか、同じような事ばかりやらせてきた。なんか色々言われたがやっぱり上手くならない。

そして4回目が終わり、車を降りる際に向こうが言ってきた。

「項目は進まなかったけど上手くなってるよ」

…進まなかったというか、進めなかったんだろ、それ。俺が下手糞なせいで。

ここで己の不甲斐なさを否応なしに突きつけられ、正直すごく凹んだ。

みんな始めは上手くできないとはよく言われるが、やはりこうして人並以下にできない事実を突きつけられるのは辛い。

そこで、ある疑念が頭をよぎった。

自分ADHDなのではないか?」と。

思えば昔から忘れ物が多く注意散漫であり、勉強にまともに集中できた試しがない。なんか僅かに人より勉強が出来たお陰でそこそこの大学に入れたものの、今でも暗記は人より出来ない。単語なんかも覚えたそばからすぐ忘れる。

そのくせ変なプライドが染みついているせいで「人より劣っている」という事実を受け入れられず、凹む。凹み続けて立ち直れない。

数年前に高校で味わったこの地獄に再び襲われている事に気付いた。

これを読んだ奴は大方「そりゃお前が出来ない事をADHDのせいにして逃げてんだろ」と思うはずだ。俺もそう思う。

でも、もうそれだけじゃ受け入れられなくなってきた。

「人より出来ない」「出来ない自分が許せない」

この地獄の輪から抜け出すためにも、俺はADHDという「理由」が欲しいんだと思う。いや、欲しい。

ADHDから上手く出来ない、そう言えば俺が弱いから、俺が情けないからって事じゃなくなる。

…実際高校の時心療内科に行ってもまともな診断すらされなかったので、ADHDではないのかもしれない、いやないのだろう。

それでも何処かに逃げ口を見つけたい。でないと一生抜け出せない。そう感じた昼間だった。

実際にADHDの方が読んだら殴られるような事しか書けなくて申し訳ないが、これが本心だ。

クソみたいな文章しか書けない自分にも嫌気が指す。

2017-07-19

EVO2017 グランドファイナル ときど vs Punk に見る e-sports 観戦の難しさ

筆者はニワカでEVOが会期中だったことも認識しておらず、そもそもEVOってなんだっけというレベルで、もっというなら今年はおろかここ数年来格ゲー大会動画視聴もしていない。

そんなニワカから見てもときど vs Punk はすごい試合だったと思うし、後追いだけど動画でみて熱くなった。しかし、初見ではこの試合がどういう文脈で行われており、試合中のどういうプレイがどう凄いのかがまったくわかっていなかった。

 

あの試合クライマックスは、ときど操る豪鬼瞬獄殺を決めた瞬間――ではなく、その直前の垂直跳び……から斬空も何も撃たずに下りてきて着地の寸前に飛びKを入れたその瞬間だろう。ニコ動コメント曰く「伏線回収」。そこからコンボにつなげてスタンを取り、豪鬼、ひいてはときどの代名詞である瞬獄殺フィニッシュ。一連の流れはあまりに美しくあまりに劇的で、文脈のうえではあそこでときどの優勝が決まったと言っていい。

 

しかし筆者はニコ動コメントを見るまでそこで何が起きていたのか理解していなかったし、残念ながら日本語実況もそこを掘り下げるのはわずかにしかしていなかった(英語実況も見たがリスニングができないのでどういう実況をしていたかからない)。

e-sports 観戦は難しい、と改めて思った。

 

これが体を動かすタイプスポーツであれば、ルールがわからないような素人でもスーパープレイがでればそれだとすぐにわかる。

K.ウッドが20奪三振した試合カーブの曲がりは驚異的だったし、マラドーナの5人抜きは伝説と称されるにふさわしく、ジノビリのパスはいだって変態的だ。これらはルール理解していなくても、コンテクストがさっぱりわからなくても凄いことだけは即座にわかる。

 

あるいは将棋囲碁といった知的スポーツ。これらの神の一手の凄みは素人には理解できないだろう。だが、説明する時間がある。何がどう凄くてどういう意味があるのかということをプロ棋士解説するための時間が。

 

e-sports は反応の勝負であると同時に知的勝負でもある。圧倒的なスピードの中で、計り知れない意図計算がこめられたプレイングがなされる。それを解説するにはあまり時間が少なく、事態は一瞬のうちに移り変わっていく。

 

瞬獄殺直前の垂直跳び。あれを理解するにはまずPunkが対戦相手の着地を圧倒的な反射速度で狩り続けたことを理解せねばならない。ニコ動では「着地警察だ!」のコメが飛び交っていたが、わずか2フレーム時間にして2/60秒のあいだ着地後に発生する硬直時間に打撃を入れ込み、Punkはそれを強力なダメージソースにしていた。それはときども例外ではなく、グランドファイナル序盤ではいいようにその餌食となり、Rを献上していた。

 

しかしここ一番のあの瞬間、ときどはPunkの着地狩りを逆に狙い撃ち、垂直飛びKをこのうえない形で決める。

それは「着地警察であるPunkへの絶対的な信頼がなせるワザだった。Punkなればこそ必ず前ダッシュ刹歩を入れてくる、着地を狩りにくる、その信頼が斬空ではなく超低空の飛びKをときどに選択させた。

 

そもそもときどは予選でPunkに負けてルーザーズに突き落とされた。さらに言えば斬空の着地を狩られて敗北したのだ。それをここ一番で狩り返したからこその「伏線回収」であり、あのシーンが劇的で、漫画みたいであり、心が震えるような凄まじい光景である理由だ。しかもそこからタンへ持ち込み――一瞬千撃。これ以上の決着があろうか? いやない。

 

しかしこの凄みがわかるのは、なにが起きているのかわかるのは残念ながらSFⅤのプレイヤーかそれに比肩するぐらいゲームシステムを熟知している視聴者だけだ。筆者のようなニワカや素人リアルタイム理解するのは不可能

 

EVO2017はそもそもPunkという新星にして決勝まで1セットも落とさずに勝ち上がった絶対強者に、古くから活躍するときどが挑むという構図がそもそも熱かった。ときどが予選でPunkに負けてルーザーズに落とされたこともそうだし、トップ8でPunkが板ザンやかずのこといった日本勢を蹴散らしていたこともコンテクストになった。そしてこれをここまで読んでいるひとには改めて説明するまでもないが、「I have Mago.」

 

EVO2017のSFⅤのグランドファイナルはあらゆる意味ですごかったし面白かったが、それを見る側の力が試されるとあらためておもったし、何も知らない素人e-sports に巻き込んでいくにはスーパープレイスーパープレイだと伝えていく解説や実況の力を高めていく必要があるんではないかなーと思った(し、そうなっていくことを期待する)。

 

最後になったけどときどさん、優勝ほんとうにおめでとう!

2017-07-15

https://anond.hatelabo.jp/20170714081051

レモンの日にレモンで買った珪藻土コースターをお尻のあせも対策として椅子に敷いてる、快適

ちょっとゴツゴツしてるけど、六角形なので5つ組み合わせるとそれなりにお尻のカーブフィットする

そのうち割れるとしても、ひと夏もてば十分

2017-07-09

炎上した「コック〜ん」は「おっさん妄想キモい」って話でしかない

お酒飲みながらしゃぶるのがうみゃあで」 サントリー「コックゥ~ん!」CMに「下品」「下ネタ」と批判相次ぎ公開中止へ

http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/07/news096.html

 

この記事ブコメを見ていると、なぜこのCM炎上したのか理解できていない人がいるようなので、ここに解説を書いておく。

まず、誤解している人がいるが、このCMは単にエロいからとか、下ネタから炎上したわけじゃない。

このCM燃えたのはそんな表層的な部分じゃなくて、シチュエーション構造のものだ。

このCM地方たまたま知り合った女性居酒屋で飲む、というものだ。

女性積極的に近づいてきて、甲斐甲斐しく料理を奨めたりする。これだけなら何ともないだろう。

だが、そこに「二人っきり」「彼氏と別れた」というフレーズを入れてきて、性的匂いを出してくる。そこへ性的語句と被せたフレーズを入れてくるのだから、これは「出張できた地方ワンチャンあるかも」というおっさんに都合のいい妄想を描いた映像しかなくなるのだ。

資生堂CMが以前燃えた。最近だと下心丸出しで女性LINEしてくるSNSおじさんが燃えている。

今はこういう「おっさん妄想」「おっさんの下心」は可燃性しかない。

「下心丸出しの妄想を外に出すな、気持ち悪い」ってわけだ。要は気持ち悪いのだ。それ以外にはない。

サントリーCMではさら女性が「え、一流企業」と言ったあと、しなを作ってカメラ目線になる。これは致命傷だ。

以前白人ナンパ師が「日本人なんてピカチュウと言っておけばヤレるぜw」と言って燃えたが、これと同じ構造だ。

地方女性なんてエリートサラリーマン東京からきたらイチコロだぜw」と言っているの一緒だ。

地方女性なんて有名な会社名出せば色目使ってくるだろw」っていう蔑視が含まれているのだ。

こうなったら「女をバカにするな」という反発がきて当然だ。

「そんなところまで読み込めない」という人は、それが鈍感なふりをしたマウンティングじゃなければ、それはあなた映像を読み取る力が弱いだけだ。

家じゃTVがついていて、外でもYouTubeInstagramを見る現代人は、写真映像から読み取る力に長けている、というただそれだけの話だ。

そして、女性は「ワンチャンあるかもオジさん」からアプローチリアルに受けているので、そんなもの助長するような映像を広く流さないでくれと言っているのだ。

そうなると「嫌なら見なきゃいい」という話には収まらない。「そういう価値観を広めるのはやめてくれ」という話なので、中止してくれ、という要求も出てくるのだ。

自分はぜんぜんエロいと思いませんでしたよ。あなた欲求不満なんですね」なんて嫌味を言うやつもいるだろう(現にブコメにいる)。一生言ってろ。今の時代はそういう価値観は可燃性があり、批判が集まるというだけだ。その現実は動かしようがない。

せいぜい自分無意識にその価値観を丸出しにして、炎上しないことだな。炎上したら会社に損害は出るし、最悪クビになることだってある。

「そんなのは間違っている」と思うかもしれない。でも、どんなにおかしくても、事故が多発するカーブにきたら、減速しないと危険だ。おかしいからといって減速せずに突っ込むのは対策でもなんでもない。死を招くだけだ。然るべき対策はしっかり減速して曲がったあとにやるしかない。

おっと、この場合の「死」は社会的な死って意味だよ。メタファーがわからない人には、ちゃんと文字にしとかないと通じないからな。

2017-06-25

ハチ六角形の巣を作っている、と考えてるやつが未だにいる件に関して

1、ハチは円の巣を作るが、円の平面充填的にやや六角形に近づく

まず初めに、基本的知識として、ハチは、円の巣を作りますビビったでしょ?「えっ六角形の最も材料が少なくてすむ強度の強いハニカム構造で作るんだよ!?」って思ったでしょ。

ところであなた土管を作ったとします。

どこに置きますか?地面の上に置くよね。2本目、3本目と置いて、一列に土管が並んだところで「そろそろ積み重ねていこうかな」と考えます

さて、土管の頂点に土管を置けるでしょうか…無理です。コロンと転がって、土管土管の間に落ち着くはず。

これを10100本の土管イメージしてください。

たがい違いに落ち着くでしょ?円ですもの

空中に土管を置くのが無理なのと同じように、ハチの巣穴も、当然すでに作られている巣穴のそばに作ります

壁が一面しかないところに作るより、L型の壁やV型の壁があるところに作ったほうが低コストだし早いよね。

あるいは、同じ形のコインを、なるべくしっくりくる形(動きにくい形)でたくさん並べてみてください。

落ち着くのは、たてよこビシッと並んだ形ではなく、半分ずつずれた、レンガの組み合わせのような形ですよね?

一見ハチが考えて並べたように見えますが、自然所作というか、まあ、箱の中にコインを並べて揺すって自分実験してみてね。

http://honey.3838.com/frombeefarm/vol_05.html

さらに、巣穴が段々になっていることも「落ち着きがいいところに落ち着くから」で説明できます

しろ、とがってる頂点同士が後ろ向きに合わさるわけがありませんけどね。

2、ハチの巣は蜜蝋でできており、柔らかいさらに中は空っぽではない。

ハチの分泌物であるロウワックス)や、花粉ゴミからハチの巣はできています

これ、できたときは柔らかい

さらに中にハチの子供とか、はちみつかいろいろ入ります。するとぎゅうぎゅう押し合う。

あなたの家にたくさんのトイレットペーパーの芯(中が空洞でふにゃっとしている筒状のもの)があったら、

それをヒモでしばってみてください。どうよ?

まずずれてたがい違いになる部分が出てくるはず(1で述べたように)。

そしてぶつかりあった頂点同士が、ふにゃっと潰れて点から線になるはず。

想像してほしいんだけど、筒の内側から力がかかっている状態のものがたくさんあったら、自然と接している面がカーブから、平面になると思わない?

3、人の目がおぎなう。あるいはハチの巣の写真はそれらしく撮りたい。

「いやハチ六角形の巣を作るんだよ!?」と思っているあなた、「ハチの巣」画像検索してみてください。

マジで巣穴の内側の形を見て。

丸い巣穴や、ぐにゃぐにゃの巣穴もあるでしょ。

それ六角形に見えるのは人の目の補完。大量に円があれば六角形に見える。

https://www.jw.org/ja/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/%E9%9B%91%E8%AA%8C/g201501/%E3%83%8F%E3%83%81%E3%81%AE%E5%B7%A3%E3%81%AE%E6%A7%8B%E9%80%A0/

皮肉なことに「ハチの巣は六角形!」という記事にある写真の巣穴は丸い…

え?あなた検索結果に出てくる画像は割と六角形の巣ばっかり?それはそうでしょうね…だってキレイなところだけ写真に撮ってあげてるんだから

4、そもそもミツバチハチの巣はヤラセ

「巣礎」とかでググれば出てきますが、最初から六角形がついたシートで養蜂家の皆さんハチを飼われてます

このシートがあるともちろん早く巣を作ることができるし、なにより完璧(笑)六角形のハチの巣になります

http://www.honey-is.jp/trivia/t105.html

みんな、ハチの巣って聞いてスズメバチの巣とか思い浮かぶでしょうか?

たぶんハチミツが取れるミツバチの巣を想像すると思うのですが…人間様のマッチポンプだったりしてね!

2017-06-17

エロ

しりってなんでこうもエロい気持ちでいっぱいにさせる丸みなのか。割れ目からカーブやばい。触るともちもちして柔らかいし。

おっぱいやばい。ベッドにトップレスで座ってるだけなのに、とんでもなくエロい。下乳のカーブ乳首の色とかかわいいエロいが混ざった変な感覚がする。丸いおっぱいの先がつんととんがってるのとか、頭が混乱する。

これ見せられて抵抗できる男がいるのか。

あっという間の人生だった

今思い出せる最初記憶幼稚園の時の記憶

あの頃は何をするにも全力でただ目の前の出来事のみを楽しんでいた。

幼稚園の送り迎えはおばあちゃんがしてくれていた。

やがて小学生になり少しずつ目の前の事以外にも目を向けられるようになったのはこの頃だろうか。

両親が共働きなので、平日の夕飯は殆どおばあちゃんが作ってくれた。

不味いなんて一度も思った事はない。

何もしないで目の前に並べられた夕飯をひたすら口に運んでいた。

そして、中学高校と進むにつれ次第に大変そうに母が考えた献立通りにご飯を作ってくれていたのを覚えている。

大学に進学すると共に状況し一人暮らしを始めた。

自分料理をするようになって初めてその大変さを知った。

やっとその時気がついたのである

あの時もっと夕飯を作る事手伝えばよかったと。

その思いを何処かで抱えつつ今日まで生きてきた。

自分の言うワガママも全て受け入れてくれていたおばあちゃん。

何をするにしてお節介だったおばあちゃん。

嫌だと思っていた時もあった、そうじゃなかった時もあった。

でも、そういうのも含めて全部思い出だ。

そして、いつまでもずっと元気で生きている世界が続くものだと何故か思っていた。

勿論そんな筈はなく、次第に弱っていく姿を見てなんとも言えない気持ちになった。

何れ自分もこうなってしまうのだろうか、両親もこうなってしまうのだろうかと考えてしまった。

こういう考えをしていつも思う、もっと優しく接してあげればよかったと。

いつも後悔してばかりだ。

あの時手伝えばよかった、そんなに怒る必要も無かったと。

昨日から地元に帰って、あの頃と変わらない場所に行った。

自転車に乗せてもらって、ガチャガチャやらせて貰った店。

その帰り道、後ろに乗りながら急なカーブにいつも危ないと思ってたこと。

そんな何気ない出来事が今では本当に大切な思い出だ。

そんなおばあちゃんの葬式今日に控えながらこの文章を書いている。

直接面と向かっては恥ずかしくて言えなかった。

ごめんなさい。

ほんとに今までありがとう

今頃何してんだろうなぁ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん