「ブランケット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ブランケットとは

2020-03-25

バーマスターにやり捨てされた話

数年前、約10年ぶりに地元に帰ってきて友達もいなくて寂しかった時

バーを1人飲み歩く遊びを覚えた

元々よく飲みには行く方だったけどいつも友人やパートナーと行っていたから初めは緊張した

でも一人行動に抵抗が無い方なのですぐに慣れてバー店員との他愛ない話がたまの楽しみになっていた

そんな時近くのバーを一軒紹介された

ちょっと雰囲気は妖しいけど良い店との事

行きつけの店は有名店なのでそのマスターの紹介ならと安心して行って見ることにした

かに内装ちょっとアングラ感があるけどいい店だった

いわゆる穴場、知る人ぞ知ると言う様な風で

近くの飲食店人達仕事終わりによく来たりオーセンティックではないけど落ち着ける店だった

そこの客層やマスター接客なども気に入った

飲み友達のような人もできた

地元に帰ってきてから孤独だったのでとても楽しかった

3か月ほど経った頃だったか

遅くまで飲んでいるとマスターが店の端のテレビで私の興味のあるジャンル映像を流してくれた

テレビの前で鑑賞してるとマスターもやってきて

どうやら閉店時間も過ぎてたようだが私の好きなお酒サービスしてくれた

なんだか家飲みみたいで楽しかった

ソファに横になって伸びていたらマスターが「起きたら全裸ですよ」と冗談を言ってきた

マスター全裸ですよ、腰ミノ付きで」と私も冗談で返した

(腰ミノは見てた映像関連のネタ

そのまま私は服を脱がされた

当時私は性交経験がとても少なくて

以前に付き合っていたパートナー1人だけだった

その上お互い淡白だったので行為も付き合い始めの数える程度だった

服を脱がされ始めてもまだ冗談なのかと思っていた

というかその日生理だった

今日生理ですよ」

これで手は止まるものだと思ったけどマスターは「別にいいですよ」と脱がすのをやめてくれなかった

近くにあったブランケット自分の体を隠してみても無駄だった


そのままセックスされた


その後一緒に店内で仮眠をとったかもしれない

しばらくして帰ってちょっと困惑していた

これはお付き合いするって事なのかな?

でも連絡先も知らないな.....

お店にはちょっと行きにくいけど

このまま行かなければこのまま終わってしま

はっきりさせたいと思ったのでその日もお店に行ってみた


店に入るとマスターちょっとギョッとした顔をした

ほとんど何も会話しなかったと思う


やり捨てするつもりだった事がなんとなく伝わってきた

でも私はそこで責め立てたりできるような性格じゃない

そもそも責める事ができる性格なら性交ももっとはっきり断れた


そしてそれからもその店には通い続けた

しろそれまで以上に通ってマスターとはセックスフレンドのようになった

から誘うことも多かった

誰も理解してくれないとは思うけど

ずっと私に手を出した説明をしてほしくて関係を続けた

会話なんてほとんど無かったけど

あの一回でやめていたら

ただのやり捨てになったか

男性経験ほとんどない私にとってそれを受け入れるより

セックスフレンド状態になってしまうほうがまだ希望があったか

もし、このまま恋愛関係になる事があれば、あれはやり捨てにはならないか

私はやり捨てされる程度の価値だと悲しまなくて済むから



メンヘラ化して

そのうちマスターから邪険に扱われるようになった

よく思い出せないけど

とても酷い事を言われてその日からお店に行かなくなった

精神的に余裕がなくなったのか仕事も辞めて数カ月バカンスに行った


帰ってきたらちょっと落ち着いたのでお土産をもってそのバーにまた行った

それからは一度、関係を持ったような記憶もあるけど

普通のお客さんとマスターというような感じで楽しんでいた

やっぱりいいお店だ

客が少ない時はちょっと沢山飲んだりした

個人経営で大変だろうけど長く続いてほしいなと思って

ここでお金を使いたいなと思った

でも以前みたいに閉店までは居ないようにした

先日ちょっと久しぶりに顔を出したら

他のお客さんにマスターが茶化されてた

結婚するらしい




店の客に手を出してやり捨てして結婚するんだなあと思った

しか被害者は多分私だけじゃなくて

何人か被害にあってるような横顔も見た気がする

なんとも言えない感情でどうすればいいかからない

法律なんてなければ

お酒ボトルで頭をかち割って

割れボトル性器をえぐり取って

口に詰めて全裸に剥いて道端に捨てたい

そんな想像毎日する


恋愛感情は多分無くて

でも何か悲しい

やり捨てされたのが確定したからなのかな

もう数年前の話なのに

最後まで客として見てくれなかったんだと思う

私がお店が長く存続してほしいと願っていても

純粋に金づるとしか見られて無かったんだろうな

私の望み通りに死んでもらうか

 

もしくはあの日やり捨てした事を謝ってほしい

そして彼女ができた話をして欲しかったし私も他のお客さんと同じ様に

他のお客さんと一緒にマスター結婚を祝ったり

普通のお客さんとしてずっと楽しくしたかった

なんで何も悪い事してないのに

何故私の楽しみを奪ったのかね

マスターが好きなお菓子差し入れた時も腹の中で笑ってたのかね

今月結婚だって他の客と話してるのが聞こえた

遠方でやる理由過去にやり捨てしてきた女性達に何かの形で報復されるのを避ける為かね

しばらくは仲間うちでパーティーをひらいたりするのかな

狭い田舎から違う店に行っても嫌でも噂は聞こえてくるだろうな

そのうち子供が産まれたりするんだろうか

またそういう噂も聞こえてくるんだろうな



結婚を知った日に違うバーで飲み直してたら

そこのマスター最近ホットアーティストの曲をかけてくれたのでテンションが上がった

その店には私をやり捨てしたマスター結婚相手も来たんだそう

その時もこの曲をかけたらしい

その結婚相手も私と全く同じ反応をしていたよと教えてくれた

とどめにえぐられた気分だ


謝罪を求めに行っても鼻であしらわれるんだろうな

ネットにでもばらまけばいいのかな

フェイスブックとか

もう私は身バレしても別にいいし

でもどうせ頭おかし統失扱いされて終わるのが関の山なんだろうな

で仲間うちで笑いの種にされるんだろう





そういう奴にはいずれ天罰が下るからとか言うけど

こういう奴ほど 憎まれっ子世に憚るてな感じな事も多いし



またやり捨てすんのかな

店で客の女の子漁るのかな

なんで何もしてないのに

やり捨てしたんだろう

2020-01-29

個人セラミックヒーターに革命

答えは後ろからだった!

今まで前から足元に当ててても全然暖かくならないか所詮このサイズだとこの程度が限界だよなって思ってたけど違ってた!

後ろから当てて、膝下をブランケットで包むようにするとめっちゃ暖かい

なんでもっと早く気付かなかったんだろ!これからももっと寒くなってもいいぞー!

2020-01-11

唐突に裸であることに気づく夢

プールですいすい泳いでいて「なんかいつもよりきもちいいな」って思ってたら裸、仕事しててブランケットはおってたらその下が裸、などなど定期的に理不尽全裸になってる夢を見る。

2020-01-10

こんな居酒屋がいやだ

今日行った横浜市内の某串焼き居酒屋

入店後すぐ、同行者との「寒かったね~」って会話を聞いて「寒かったですか?ブランケットをどうぞ!」と差し出してくれた(会話聞かないでほしい、キモい)

飲み物のオーダーをしたかったけどスタッフのひとがみんなつかまらなくて、しょうがいか~と思っていたらカウンターしから焼き場のおにいさんが「飲み物、ビンビールでよかったですか?」と(これも同行者との会話を聞いていて)オーダーをとってくれた(会話聞かないでほしい、キモい)

・二杯めの飲み物厨房のおばさんが完全に忘れてて「あっ!忘れてた」っていって持ってきた熱燗が劇的に熱い。おばさんも熱すぎて持てなくてタオル添えて持ってきた。(酒が出てくるのが遅い居酒屋は許さない)

・頼んでないのに「こちサービスです!」って自家製ザーサイを出された(なんでサービス意味わからんキモい)

メンチカツ頼んだらわざわざ紙袋に入れてあって、手つかみで食べれる肉屋スタイルで食べられる方法スタッフが教えてくれた。(めんどくさい。めんどくさい。)

・ご新規カップル客の女が「わ~!いいにおい!」っていいながら入店してきて、それを聞いた同行者が「お前もあのくらいかわいい反応をしたらいいのに」といってきた(メンチカツがめんどくせ~と思ったのがバレていたようだ。)

・そのいいにおい発言女が自分のバッグをカウンターに置いた(かばんを食事するテーブルに置くやつはだいきらいだ。ごはん置くところにかばんを置くな。だいきらいだ。)

・お会計で!って同行者が言って、勝手暖かいお茶を頼んだ(飲まないのにサービスからって頼むなよ)

・お会計の伝票がわたしに来た(なんでやねん!!!!お会計でってゆったの同行者やぞ!!!来たら払うやん、払うのわたしやん!!払ったけども!!!!)

こんな居酒屋はいやだ。

2019-12-15

災害帰宅困難になったら

無理に帰ろうとせずに、職場にとどまれってこの前のNHK東京直下地震特番で言ってた。

それで防災用の食料とペットボトルブランケットラジオを買って、職場の引き出しの中に入れておいた。

でも実際地震がおきて、夜に帰宅するのは危険から、明けるまで職場に待機しようってことになったら一人だけもぐもぐ食ってブランケットに包まるとかできないよな。

会社防災用品を用意してるって話も聞いたことないし、そんなん用意してる意識高い系は俺くらいだろうし。

みんな危機意識低くて、家庭が心配から歩いて帰ろうってなって、職場に待機ってのが俺一人だったら遠慮なく食えるけど。

2019-12-04

NHK東京直下型地震ドラマを見て

会社に置く用の、非常食ペットボトルブランケットポチった。

帰宅困難になったら無理に歩いて帰ろうとするなって。

群衆なだれ、こわ。

2019-11-28

anond:20191128155813

わかってるよー。

でもいるじゃん。可愛いブランケットだねとか言ってくる奴。めんどくさいんだ

皆がブランケット掛ける季節になれば比較的声掛けてこなくなるんだよ。

anond:20191128155558

ブランケット以外の事でも人の目を気にして不便してそうな増田だなあ

別に増田ブランケットかけてようが誰もなんも思わないよ

職場ブランケットを膝にかけるのが恥ずかしい

誰もみてないのに。

見た目に似合わず少女趣味な柄だなあとか思われたらとか、そんなに寒いか?大げさだなと思われたらとか

迷惑かけないなら人の目を一切気にせず堂々とやればいいのにね。

寒い。まだ我慢できるから掛けない。

2019-11-16

タライ 4thを見てあんスタを降りることを決意した話

昨晩、あんさんぶるスターズ!DREAM LIVE - 4th Tour "Prism Star!" -に参加してきた。

2次元を愛する女性ファンなら一度は名前を聞いたことがあるだろう巨大コンテンツあんスタ。

上記キャラクターが実際に存在するかのように造られた映像流れるバーチャルライブである。夏に別作品ライブにも参加していたが、彼らは“いる”のだと錯覚を覚えてしまクオリティである

私があんスタに出会ったのは約四年半前のことだった。当時高校生スマホに移行したばかりだった私は、多くのソシャゲに手を出していた。実際に長く続いたものは少なかったが、あんスタは続けられた側のアプリだった。

正直ゲームシステムには惹かれなかったが、今まで好きになった2次元キャラの中でも最推しかもしれないと感じられるキャラ出会ってしまったのである

それからはもう夢中だった。

途中に受験もあったが、引退はせずに続けていた。ポイボ☆5は確実に取り、推しランキングだったら走る。ストーリーも全部読んでCD書籍も購入する。あんスタは私の青春だった。

しかし、1年前くらいのことだっただろうか。

それまでも少しずつ抱えていたシナリオ運営対応へのモヤモヤ、一部キャラクターへの苦手意識などが爆発し、少しだけあんスタから離れたいと思ってしまった。

当初今まで生活の一部だったあんスタを休むことは辛かったが、そこは2次元あんスタ以外にも魅力的なジャンルはたくさんある。少しずつ、少しずつあんスタのいない生活に慣れていった。

つの間にか数ヶ月が経過していた。ここでようやく冒頭の話に戻る。

こう書くと特定は容易だろうが、今回のスタライにてようやく私の最推し所属するユニット箱推しユニットの2ユニットが出演すると発表があった。今までのスタライにも何度か参加したが、本当に楽しかった。私の推しはいライブをしてくれるんだろう、とずっとずっと楽しみに待っていた。

あんスタを休んでいるタイミングではあったが、推したちへの気持ちは変わっていなかったので絶対に行きたいと思った。

私自身は選考に落ちまくったが、友人(あんスタ現役)がチケットを確保してくれたので多少ガチユーザーへの申し訳無さは感じつつ、スタライ参戦が決まった。

今日見て最高だったらあんスタ戻ろうかな、新しい展開や音ゲーも始まるしね、なんてワクワクしながら会場に足を踏み入れた私を迎えたのは大量のフラスタだった。

推し宛のフラスタもたくさんあり、推しが愛されていることに安心した。自分でも不思議だが頭に浮かんできたのは「安心して推しを任せられる」なんて他人ごとみたいな内容だった。

また、周囲にはブランケット羽織り、痛バを所持したあんスタ現役のオタクがたくさんいた。

昨日私は大学の帰りにライブに行ったので、痛バは所持しておらず、申し訳程度に推しカラーの服を着てぬいぐるみを持っていった。

この時点で周りのオタク達との温度差を感じていた。

それが決定的になったのはライブが始まってからだった。

内容についてはこれからの公演もあるので伏せておくが、最初キャラナレから会場から歓声が上がり、湧いていた。私も「おおー」とは思ったもののそこまで大きな歓声を上げることができなかった。

振り返るとライブが始まってからも周囲のノリにそこまで対応できていなかったのだとわかる。追っていたから曲は全部知っていたし、どのユニットパフォーマンスも素直にすごいと思った。

特に推しが出てきたときは本当に嬉しかった。大好きな曲を歌ってくれた。動いていた。幸せだった。ずっと待ってたから。

でも、それでも、私が全力であんスタを愛していた時と同じ熱量で彼らを見ることはもう出来ないのだとわかった。

周りのオタクが羨ましかった。全力でスタライを楽しめていたから。

1年前距離を置きたいと思ったとき、既に私の心はあんスタから離れてしまったのだと思う。

それなら今回のことを一番の思い出にして完全に離れた方がいいのかな、なんて思ってしまった。でもこれは言い訳に過ぎなくてずっと完全に降りるきっかけを探していたのかもしれない。

数年前の私だったら昨日のライブも全力で楽しめていたと思う。それが本当に悔しい。

それでも、あんさんぶるスターズ!出会えて本当に幸せだった。

今までありがとうあんスタ。

2019-11-05

なんでこんなクソ寒いのにスカート履かないといけないんだタコ

脚が冷たいのよーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!

明日絶対ブランケット持っていって脚をぐるぐる巻きにするんだ!!!!!!!!!

2019-10-29

私と猫の生活

猫を3匹飼っている。それぞれ個性的で、性格も鳴き声も行動もだいぶ異なる可愛い奴らだ。この3匹でアイドルグループを組んだら売れると思うし、猫界のPerfumeとか呼ばれるようになるかもしれない。親バカだけど。

①黒白はちわれ

最年長の猫。唯一の雑種。私が小学生の頃からの付き合い。歳をとるうちに私にめちゃくちゃ懐くようになって、ここ数年毎日一緒に寝ている。入れないように部屋を閉めておくとジャンプで扉を開けてベッドに飛び乗ってくる猛者。

暖かい場所と私に撫でてもらうことが大好き。撫でるとすぐにごろごろ喉を鳴らし、私の首の上やお腹の上で寝ようとする。息苦しいので優しくどかすと不満げな感じでまた同じ場所に来る。しつこいけど可愛い

老猫なのによく1匹で廊下運動会を開催しており、ダダダダダ!!!!!!!ドドドドンンンンンドン!!!!!!!!みたいな音を響かせている。

目に入れても痛くないほど可愛い嘔吐をすることが多いため、3日に1度はその音で起こされるしベッドシーツを洗わなければいけないのでやばい

1年前遺伝性乳がんであることが発覚した。2回ほどの手術を経て今では元気に運動会ジャンプマンだ。できるだけ長生きして欲しい。

もふもふ茶色

大柄なメインクーン。母にめちゃくちゃ懐いており、反対に父のことはめちゃくちゃ嫌い。私のことはそこそこ好きなようだ。家の人間以外には絶対懐かないタイプ

死ぬほど天邪鬼で気分屋。一番猫らしい猫とも言う。機嫌が悪い時に触ると烈火のごとく怒りだしシャーが止まらないが(このせいで従兄弟から名前ではなく「シャーちゃん」と呼ばれている)、そこそこ機嫌がいい時に撫でるとごろごろ喉を鳴らしたり目を細めて微かに鳴いたりとめちゃくちゃ可愛い

夕方4時くらいから餌を欲しがりだすのだが、その時の様子がほかの猫より必死なため、妖怪えさほしがりというあだ名を付けられている。ちょっと枯れた感じの、あんまり可愛くない鳴き声でンァーオ!!!!ギャン!!とか言いながら足元にまとわりつくのが印象的。

運動神経が悪く、高いジャンプが出来ないため、私の二段ベッドに登ってこられない唯一の猫。寒い冬とかにベッドに乗せてやると満足そうにブランケットふみふみしている。可愛い

③白黒はちわれ

かなり太っている立ち耳スコティッシュフォールド。1匹目に比べると白い部分が多いため白黒、黒白で呼び分けられている。

犬みたいな性格の猫で、人恋しい!人間だいすき!ほかの猫とも遊びたい!僕だよー僕だよーねーねーみたいな自己顕示欲と構ってオーラがすごい奴。1匹目と2匹目はお互い不可侵だったのに、3匹目はがんがん他猫のプライベートスペースに突っ込んでいくためよく怒られている。

とても人懐っこい猫で、家の人間以外にもがんがん寄っていってこすって懐いてごろごろして~な我が家では初めてのタイプのすごい奴。でかい図体の全体重をかけて行われるこすりは強烈で、かなりの重量感がある。かわいい

かまってやるとすぐに喉を鳴らし、可愛い声でンミャァーオと鳴き、足元をくるくる回り、時には膝の間にむりむり入ってきて座ったりと、猫カフェで飼われていたらめちゃくちゃ人気者になったのでは?と感じさせるポテンシャルがある。まあうちの猫なんですけどね!!!!!どこにもあげないけどね!!!!!!

しかしすぐ懐くがすぐ飽きるため、かまって!かまって!とアピールしていた2分後には「じゃあもう僕行くんで.......」みたいな感じでふらっといなくなったりする。不思議

結論:猫のいる生活は最高!!!!!!!!!以上!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2019-09-13

Twitterで夫に自分への愚痴を書かれた

公開情報だったので、

(姻族だから一応)身内の恥をさらすのも何だけど、私側の言い分も書いておく。

・昨日の夜について

6月からテレビニュースを見るたびに、テレビに向かって文句を言うようになった。

主に対韓国ニュース流れるたびに煽りや罵りが続く。

仕事から帰って休む間もなく食事の支度をして食べはじめる頃にコレ。

罵りや怒りの矛先が自分に向かっていないのは分かっていても、それを耳にするのは辛い。

何度か「帰ってきて怒っているのを見るのは辛いからやめて」と言ったものの、

翌日にはまたニュースに向かって煽り罵る。

嫌になってくるとチャンネルを変えたり、テレビを切ったりしていた。

人が怒り煽り罵る姿は醜い。夫のそういった姿を見るのは嫌だった。

余談だが、私自身が韓国が好きとか韓国が正しいとか思ってはいない。

対韓感情はそれぞれで、夫の考え方を変えようとかは思っていないし口出しもしていない。

話は変わるが、2014年に私は体調を崩してめまいが止まらない。

平衡感覚の異常で、常に地面揺れているし、ナナメの地面にいる感じだ。

私が体調を崩してから週に一度鍼に通っていて、途中に食事をして帰りは10時頃になる。

昨日も鍼に行って帰って来たのは10時過ぎだった。

メールチェックを終えたあと、

夫が「帰ったらすぐお風呂に入りたい」と言っていたので、

夫はiPadネットを初めていたので、私がお湯に浸かりたかったのでお湯をため始めた。

明日のお弁当を作りはじめる。

もらった卵があって、悪くなってしまいそうだったので茹でて味玉にする。

作っておけばすぐ食べられるしお弁当にも使える。

茹でている最中に卵が割れしまった。ああ。

仕方がない。マヨネーズと和えて明日パンに挟んで食べよう。

卵をむいて液につけよう、キッチンペーパーも要る。

扉を開けてキッチンペーパーの在り処を見る。在庫がない。

夫が洗い物したときに使い切ったな…。

洗い物には使わないでと言ってあったリードまでなくなってて、

それも洗い物で使ったと言ったときにはさすがにイラッとした。

味玉はジップロックで仕込んだからいいのだけれど。

ああ、お風呂のお湯を溜めてたんだった。

もう溢れそうだったので慌ててお湯を止めた。

お湯溜まったけど夫は何をしているかと見に行ったら、

iPadツイッターをしていた。

ハングル名のアカウントに「文句があるなら国に帰れ」と書き込みをしている最中だった。

夫に嫌気がさした。

同時に、帰宅してから慌ただしく明日のお弁当を作ったり、お風呂をためたりしてた自分バカバカしくなった。

キレて豹変したと夫は書いているが、口汚く罵ったりなんてしていないし、泣いて暴れるなんてしていない。

怒る体力なんて残っていない。

「(何をしているかと思ったら、)韓国ヘイト書き込みか…」。

爆発って夫は書いてるけど、燃えるっていうより

スッと冷める感覚の方が近い。

余談だが、私は夫がツイッターをするのは賛成ではない。

詳しくは書かないが、趣味関係2ちゃんねるでの事件があり裁判までやっている。

要するに首を突っ込んで行く性格だ。

本人はある絵描きさんを守るために囮になったと言っている。

から夫がツイッターをはじめるときに、私はいい顔をしなかった。当たり前だ。実績がある。

でも趣味交流がしたい気持ちもよくわかるし、

夫もいい大人だ、何があっても本人の問題から、強くは止めなかった。

はじめるときに、「ネット上で何かあったときに、私は(あなたは何も悪くない)とは言えない」とだけは伝えておいた。

いろいろ首を突っ込んで行く性格から、いつか何かあってもおかしくないとは覚悟はしている。

なので私からすれば、

✕頼んでもいない味玉を作る際に卵が割れて、さらキッチンペーパーが無かったのにキレて夫に当たった 。

○延々と続く韓国ヘイト発言と、ツイッターでも煽りをしている夫に対して嫌気がさした。

このことを「育成過程トラウマを踏んだのが原因」だと思っているようだ。

正直、猫動画でも見てるんだったらこんなにはならなかったと思う。

・週末の般若の顔

生理が来ていて木曜日から調子が悪かった。今回は特に重い。

金曜日は夫が職場に連絡してくれて1日休んだ。夫は神かなと思った。

土曜日10時過ぎに起きて、食べて寝て、3時ごろに目が覚める。

ネットを見ているとマクドナルド月見バーガーが始まったと広告流れる

月見バーガー始まったって」と何気なく夫に言った。

眠くなったのでその後寝た。

次に起きたのは9時すぎだった。

起き抜けの私に夫が言ったのは

夫「やっと起きた。マック行くから準備して」

私「マック胃もたれするから食べないよ?」

夫「遅くに起きるからだ、もっと早く起きればよかったんだよ」

私「出かけたくない、家にいたい」

夫「いいから支度して」

あ、もうこれ聞かないパターンだとは察したものの、準備して出発。

昼の気温37度だったらしいけど長袖2枚着た。

車で5分ほどのところにあるマックまで来たけれど、

開店している雰囲気じゃない。ブラインド下りてるし。

やってないね…といいつつ通過。

だんだん悪くなってくる体調。

途中ファミリーマートが見えたので、

私「ファミリーマート調達して帰ろう?」

夫「いや、僕が月見バーガー食べたいから、近くにあるし」

私(心)『お前が食べたいんかい!!なら仕方ないわ!! 』

しかしどんどん悪くなる体調。

途中で

夫「たまには違う道も楽しいでしょう?」

私「体調がよければね」(余裕なし)

マックに着いたので入店

しかマック冷房が効いていて寒い。長袖2枚着てても寒い

体調不良ピーク。

夫「何食べる?」

私「適当に頼めばいいじゃん」(来る前に「胃もたれするから食べない」って言ったし食べるつもりなし)

 「車の鍵貸して」

私、その後車の中で仮死状態。帰りの車でも冷房つけてて、早く帰りたくて仕方がなかった。

から、自宅のベッドに入るまで「私そんなに悪いことしたかなあ」と連発していた。

そのままベッドでブランケットくるまって寝た。

ベーコンレタスバーガー月見バーガーポテトを一個ずつ買ってた。

翌日、夫の機嫌が悪い。

ダイニングの上にはマックの袋。

ポテト半分と月見バーガー。どうやら私が食べてないから不機嫌らしい。

夫「食べないの?」

私「は?僕が食べたいからって言ってあなたが買った月見バーガーじゃん?」

夫「いや、君の分だけど」

私「月見バーガー食べたかったんでしょ」

夫「は?」

私「1件目ダメだった後でファミリーマート調達して帰ろって言っても

  僕が月見バーガー食べたいからって右折したのあなたじゃん」

夫「は?そんなん認識してない」

そこから言った言わないの水掛け論になる。

私「出かける前にマックは食べられない、でかけたくないって言ったのは認識してないの?」

夫「それは…。(黙)昼に月見バーガーの話して食べたそうだったから。

  連れてって食べさせればいいと思った」

からすれば

「食べられないマクドナルドを買うために、出かけたくないのに出かけて、体調悪化して、

 さらに食べたくもない月見バーガーを食べていないのを責められた」でしかない。

普通の人でも、体調が悪い時にそんなことされたら怒る。般若にもなる。

実際の顔立ちは能面に近いけど。



子供について

結婚当時は子供はいつか、そのうちと思っていた。

まずは二人の生活を楽しみたかったのと、自分の基盤を固めたかった。

妊娠したら生活するにも圧倒的に女性側が不利になる。

産休育休に育児仕事。これだけ求められるのは確定。

自分は実親と不仲で、頼れる手はない。

年齢差のある結婚から自分仕事を辞めるとn年後に詰むのはわかりきっていた。

出来るだけ社会的に不利にならないように、仕事を辞めないでいいようにしたかった。

あと行為も嫌いだった。夫に嫌われないようにずっと演技していた。

痛みが2日は残る。

でもあまりに長いこと夜はなくて、さすがにこれは申し訳なかったなと思う。

その後めまい発症してしまい、子供どころではなくなってしまたか

まずは自分の体調を戻すことを優先にしたけれど。

話は変わるが、夫には弟がいる。私から見れば義理の弟。

結婚していて関東で働いている。

ある時、夫の実家義理の弟から電話が来た。

警察いるから迎えに来て欲しいと。

なぜ警察にいる?

義弟「妻とは不仲で、別の女性と付き合っているがこじれた。

   その女性と話をしようと会社の近くで待っていたら通報されたらしい。

   身元引き受け人が必要から迎えに来て欲しい」

姑「迎えに行く」

その後、姑が夫に関東に行くから駅まで送って欲しいと連絡をし、

夫がなんで?姑かくかくしかじか…と事態が発覚する。

夫「俺が行く」

私「いや、妻に迎えに来てもらえよ」(以前にも出身県まで来て浮気してたって夫言ってたじゃん)

結局新幹線の最終の時間に間に合わなかったため夫姑共に迎えにはいけず、

義理弟は妻に迎えに来てもらったと連絡が来た。

この時点私の中ではで夫・姑・義理弟にはイヤな感情しかなかった。

どうも義弟には女性に対する接近禁止令が出ていたらしい。

それなりに実績があったようだ。

後で聞いたのだが、義理からの連絡の翌日、

姑は義理弟のところに向かったらしい。

そして何をして警察任意同行されたのかを再現させたという。

まり接近禁止令が出ていてそれに基づいて警察任意同行されたのに、

同じことをもう一度やらせたのだ。

接近禁止令が出ているにも関わらず、姑は不倫相手女性会社の近く(もちろん禁止令の範囲内)で

再現させたということになる。

しかもそれを悪いことだと全く思っていないようだった。

「接近禁止令を再度破る幇助を姑はした、悪いとは思っていない」というのが私の認識である

全く別件だが、私自身もストーカー被害に遭ったことがある。

誰も助けてくれないし、ものすごく怖かった。

この時から私の中で姑は「ストーカー幇助をした、悪いとは思っていない」という認識になった。

気持ち悪い。姑とはもう付き合えない。私は泣いて夫に訴えた。

さすがに夫は理解を示して、姑とは最低限の付き合いでいい。

もし姑が義理弟を引き取ると言い出したら、姑宅には住まわせないし

住居を借りるにしても同じ町内には住まわせないと言った。

そこから私は姑とは本当に最低限の付き合いにしている。

冠婚葬祭親族が来た時ぐらい。

さて例の一件もすぎた後、一度だけ生理が2週間ほど遅れたことがあった。

もしかして、とも思った。

妊娠検査薬でもまだ反応のある時期ではないけれど、

生理が来ていないのは事実から伝えてはおいた方がいいと思った。

その時の夫の第一声は

「やった!これでおかん初孫の顔が見せれる!』だった。

私の「戸惑いはしたもののじんわりしたうれしさ」は急速にしぼんでいった。

ああ、この人にとって「私は親に初孫を見せるための道具」だったんだとショックだった。

この人は「私との子供がうれしい」んじゃなくて、

「親に初孫の顔を見せられるのが嬉しい」んだ。

私は親孝行するための道具にすぎなかったんだと。

その後は自分でも制御がきかなくなって

あんな女の孫なんて産みたくない!ストーカー幇助した女の孫なんて嫌だ!」

と言いながら自分お腹を叩いていた。

その後5日ほどで生理が無事に来た。

この件で、私のいつか子供がほしい欲は消え去った。

こどもができても姑に初孫の顔を見せるためで、

そのために自分子供を負うのは馬鹿げているとしか思えなかった。

時は過ぎ、めまいの症状もだいぶ治ってきて、

職場お姉様がたの、こどもの話を聞いていてようやく

やっと、子供のいる生活もいいなと思えるようになってきた。

今度は自分のためにほしくなった。

ももう遅かったらしい。こればかりは仕方がない。

・昨日の夜について

・週末の般若の顔

子どもについて

まだエピソードはあるが、

ここまでのことをしておいてなお、夫からみれば私は「裏表がある性格メンヘラ」らしい。

「成長過程で生じたトラウマに起因する怒り」と位置づけて

「実母に対する怒りを夫に重ねている」と認識しているのが

そうじゃない、わかっていないといわれる点だと思う。

からしてみれば、

怒りはあるが向ける方向を変えてはいない。

夫への怒りは夫に、姑への怒りは姑への対応関係にそれぞれ反映している。

義理弟、奴は知らん。私からみれば他人

トラウマトラウマと夫は言うが、本当にトラウマ?それ。

今回の文章自分で書いていて一番これはトラウマ踏んだなと思ったのが

義理弟の不倫相手へのストーカーと姑の反応の一件」だった。

ストーカーされたことない人はこれを聞いて受け入れるの?普通なの?ドン引きしないの?

実母への怒りを夫に向けてはいない、夫への怒りは夫に起因するものだ。

そして怒る、爆発すると言うが、怒るのも泣くのも体力が要る。

でもそこまでのエネルギーはもう無い。

どちらかというとスッと冷める感じで表情が冷たくなる、能面になるのが近いと思う。

Twitterで夫に自分への愚痴を書かれた

公開情報だったので、

(姻族だから一応)身内の恥をさらすのも何だけど、私側の言い分も書いておく。

・昨日の夜について

6月からテレビニュースを見るたびに、テレビに向かって文句を言うようになった。

主に対韓国ニュース流れるたびに煽りや罵りが続く。

仕事から帰って休む間もなく食事の支度をして食べはじめる頃にコレ。

罵りや怒りの矛先が自分に向かっていないのは分かっていても、それを耳にするのは辛い。

何度か「帰ってきて怒っているのを見るのは辛いからやめて」と言ったものの、

翌日にはまたニュースに向かって煽り罵る。

嫌になってくるとチャンネルを変えたり、テレビを切ったりしていた。

人が怒り煽り罵る姿は醜い。夫のそういった姿を見るのは嫌だった。

余談だが、私自身が韓国が好きとか韓国が正しいとか思ってはいない。

対韓感情はそれぞれで、夫の考え方を変えようとかは思っていないし口出しもしていない。

話は変わるが、2014年に私は体調を崩してめまいが止まらない。

平衡感覚の異常で、常に地面揺れているし、ナナメの地面にいる感じだ。

私が体調を崩してから週に一度鍼に通っていて、途中に食事をして帰りは10時頃になる。

昨日も鍼に行って帰って来たのは10時過ぎだった。

メールチェックを終えたあと、

夫が「帰ったらすぐお風呂に入りたい」と言っていたので、

夫はiPadネットを初めていたので、私がお湯に浸かりたかったのでお湯をため始めた。

明日のお弁当を作りはじめる。

もらった卵があって、悪くなってしまいそうだったので茹でて味玉にする。

作っておけばすぐ食べられるしお弁当にも使える。

茹でている最中に卵が割れしまった。ああ。

仕方がない。マヨネーズと和えて明日パンに挟んで食べよう。

卵をむいて液につけよう、キッチンペーパーも要る。

扉を開けてキッチンペーパーの在り処を見る。在庫がない。

夫が洗い物したときに使い切ったな…。

洗い物には使わないでと言ってあったリードまでなくなってて、

それも洗い物で使ったと言ったときにはさすがにイラッとした。

味玉はジップロックで仕込んだからいいのだけれど。

ああ、お風呂のお湯を溜めてたんだった。

もう溢れそうだったので慌ててお湯を止めた。

お湯溜まったけど夫は何をしているかと見に行ったら、

iPadツイッターをしていた。

ハングル名のアカウントに「文句があるなら国に帰れ」と書き込みをしている最中だった。

夫に嫌気がさした。

同時に、帰宅してから慌ただしく明日のお弁当を作ったり、お風呂をためたりしてた自分バカバカしくなった。

キレて豹変したと夫は書いているが、口汚く罵ったりなんてしていないし、泣いて暴れるなんてしていない。

怒る体力なんて残っていない。

「(何をしているかと思ったら、)韓国ヘイト書き込みか…」。

爆発って夫は書いてるけど、燃えるっていうより

スッと冷める感覚の方が近い。

余談だが、私は夫がツイッターをするのは賛成ではない。

詳しくは書かないが、趣味関係2ちゃんねるでの事件があり裁判までやっている。

要するに首を突っ込んで行く性格だ。

本人はある絵描きさんを守るために囮になったと言っている。

から夫がツイッターをはじめるときに、私はいい顔をしなかった。当たり前だ。実績がある。

でも趣味交流がしたい気持ちもよくわかるし、

夫もいい大人だ、何があっても本人の問題から、強くは止めなかった。

はじめるときに、「ネット上で何かあったときに、私は(あなたは何も悪くない)とは言えない」とだけは伝えておいた。

いろいろ首を突っ込んで行く性格から、いつか何かあってもおかしくないとは覚悟はしている。

なので私からすれば、

✕頼んでもいない味玉を作る際に卵が割れて、さらキッチンペーパーが無かったのにキレて夫に当たった 。

○延々と続く韓国ヘイト発言と、ツイッターでも煽りをしている夫に対して嫌気がさした。

このことを「育成過程トラウマを踏んだのが原因」だと思っているようだ。

正直、猫動画でも見てるんだったらこんなにはならなかったと思う。

・週末の般若の顔

生理が来ていて木曜日から調子が悪かった。今回は特に重い。

金曜日は夫が職場に連絡してくれて1日休んだ。夫は神かなと思った。

土曜日10時過ぎに起きて、食べて寝て、3時ごろに目が覚める。

ネットを見ているとマクドナルド月見バーガーが始まったと広告流れる

月見バーガー始まったって」と何気なく夫に言った。

眠くなったのでその後寝た。

次に起きたのは9時すぎだった。

起き抜けの私に夫が言ったのは

夫「やっと起きた。マック行くから準備して」

私「マック胃もたれするから食べないよ?」

夫「遅くに起きるからだ、もっと早く起きればよかったんだよ」

私「出かけたくない、家にいたい」

夫「いいから支度して」

あ、もうこれ聞かないパターンだとは察したものの、準備して出発。

昼の気温37度だったらしいけど長袖2枚着た。

車で5分ほどのところにあるマックまで来たけれど、

開店している雰囲気じゃない。ブラインド下りてるし。

やってないね…といいつつ通過。

だんだん悪くなってくる体調。

途中ファミリーマートが見えたので、

私「ファミリーマート調達して帰ろう?」

夫「いや、僕が月見バーガー食べたいから、近くにあるし」

私(心)『お前が食べたいんかい!!なら仕方ないわ!! 』

しかしどんどん悪くなる体調。

途中で

夫「たまには違う道も楽しいでしょう?」

私「体調がよければね」(余裕なし)

マックに着いたので入店

しかマック冷房が効いていて寒い。長袖2枚着てても寒い

体調不良ピーク。

夫「何食べる?」

私「適当に頼めばいいじゃん」(来る前に「胃もたれするから食べない」って言ったし食べるつもりなし)

 「車の鍵貸して」

私、その後車の中で仮死状態。帰りの車でも冷房つけてて、早く帰りたくて仕方がなかった。

から、自宅のベッドに入るまで「私そんなに悪いことしたかなあ」と連発していた。

そのままベッドでブランケットくるまって寝た。

ベーコンレタスバーガー月見バーガーポテトを一個ずつ買ってた。

翌日、夫の機嫌が悪い。

ダイニングの上にはマックの袋。

ポテト半分と月見バーガー。どうやら私が食べてないから不機嫌らしい。

夫「食べないの?」

私「は?僕が食べたいからって言ってあなたが買った月見バーガーじゃん?」

夫「いや、君の分だけど」

私「月見バーガー食べたかったんでしょ」

夫「は?」

私「1件目ダメだった後でファミリーマート調達して帰ろって言っても

  僕が月見バーガー食べたいからって右折したのあなたじゃん」

夫「は?そんなん認識してない」

そこから言った言わないの水掛け論になる。

私「出かける前にマックは食べられない、でかけたくないって言ったのは認識してないの?」

夫「それは…。(黙)昼に月見バーガーの話して食べたそうだったから。

  連れてって食べさせればいいと思った」

からすれば

「食べられないマクドナルドを買うために、出かけたくないのに出かけて、体調悪化して、

 さらに食べたくもない月見バーガーを食べていないのを責められた」でしかない。

普通の人でも、体調が悪い時にそんなことされたら怒る。般若にもなる。

実際の顔立ちは能面に近いけど。



子供について

結婚当時は子供はいつか、そのうちと思っていた。

まずは二人の生活を楽しみたかったのと、自分の基盤を固めたかった。

妊娠したら生活するにも圧倒的に女性側が不利になる。

産休育休に育児仕事。これだけ求められるのは確定。

自分は実親と不仲で、頼れる手はない。

年齢差のある結婚から自分仕事を辞めるとn年後に詰むのはわかりきっていた。

出来るだけ社会的に不利にならないように、仕事を辞めないでいいようにしたかった。

あと行為も嫌いだった。夫に嫌われないようにずっと演技していた。

痛みが2日は残る。

でもあまりに長いこと夜はなくて、さすがにこれは申し訳なかったなと思う。

その後めまい発症してしまい、子供どころではなくなってしまたか

まずは自分の体調を戻すことを優先にしたけれど。

話は変わるが、夫には弟がいる。私から見れば義理の弟。

結婚していて関東で働いている。

ある時、夫の実家義理の弟から電話が来た。

警察いるから迎えに来て欲しいと。

なぜ警察にいる?

義弟「妻とは不仲で、別の女性と付き合っているがこじれた。

   その女性と話をしようと会社の近くで待っていたら通報されたらしい。

   身元引き受け人が必要から迎えに来て欲しい」

姑「迎えに行く」

その後、姑が夫に関東に行くから駅まで送って欲しいと連絡をし、

夫がなんで?姑かくかくしかじか…と事態が発覚する。

夫「俺が行く」

私「いや、妻に迎えに来てもらえよ」(以前にも出身県まで来て浮気してたって夫言ってたじゃん)

結局新幹線の最終の時間に間に合わなかったため夫姑共に迎えにはいけず、

義理弟は妻に迎えに来てもらったと連絡が来た。

この時点私の中ではで夫・姑・義理弟にはイヤな感情しかなかった。

どうも義弟には女性に対する接近禁止令が出ていたらしい。

それなりに実績があったようだ。

後で聞いたのだが、義理からの連絡の翌日、

姑は義理弟のところに向かったらしい。

そして何をして警察任意同行されたのかを再現させたという。

まり接近禁止令が出ていてそれに基づいて警察任意同行されたのに、

同じことをもう一度やらせたのだ。

接近禁止令が出ているにも関わらず、姑は不倫相手女性会社の近く(もちろん禁止令の範囲内)で

再現させたということになる。

しかもそれを悪いことだと全く思っていないようだった。

「接近禁止令を再度破る幇助を姑はした、悪いとは思っていない」というのが私の認識である

全く別件だが、私自身もストーカー被害に遭ったことがある。

誰も助けてくれないし、ものすごく怖かった。

この時から私の中で姑は「ストーカー幇助をした、悪いとは思っていない」という認識になった。

気持ち悪い。姑とはもう付き合えない。私は泣いて夫に訴えた。

さすがに夫は理解を示して、姑とは最低限の付き合いでいい。

もし姑が義理弟を引き取ると言い出したら、姑宅には住まわせないし

住居を借りるにしても同じ町内には住まわせないと言った。

そこから私は姑とは本当に最低限の付き合いにしている。

冠婚葬祭親族が来た時ぐらい。

さて例の一件もすぎた後、一度だけ生理が2週間ほど遅れたことがあった。

もしかして、とも思った。

妊娠検査薬でもまだ反応のある時期ではないけれど、

生理が来ていないのは事実から伝えてはおいた方がいいと思った。

その時の夫の第一声は

「やった!これでおかん初孫の顔が見せれる!』だった。

私の「戸惑いはしたもののじんわりしたうれしさ」は急速にしぼんでいった。

ああ、この人にとって「私は親に初孫を見せるための道具」だったんだとショックだった。

この人は「私との子供がうれしい」んじゃなくて、

「親に初孫の顔を見せられるのが嬉しい」んだ。

私は親孝行するための道具にすぎなかったんだと。

その後は自分でも制御がきかなくなって

あんな女の孫なんて産みたくない!ストーカー幇助した女の孫なんて嫌だ!」

と言いながら自分お腹を叩いていた。

その後5日ほどで生理が無事に来た。

この件で、私のいつか子供がほしい欲は消え去った。

こどもができても姑に初孫の顔を見せるためで、

そのために自分子供を負うのは馬鹿げているとしか思えなかった。

時は過ぎ、めまいの症状もだいぶ治ってきて、

職場お姉様がたの、こどもの話を聞いていてようやく

やっと、子供のいる生活もいいなと思えるようになってきた。

今度は自分のためにほしくなった。

ももう遅かったらしい。こればかりは仕方がない。

・昨日の夜について

・週末の般若の顔

子どもについて

まだエピソードはあるが、

ここまでのことをしておいてなお、夫からみれば私は「裏表がある性格メンヘラ」らしい。

「成長過程で生じたトラウマに起因する怒り」と位置づけて

「実母に対する怒りを夫に重ねている」と認識しているのが

そうじゃない、わかっていないといわれる点だと思う。

からしてみれば、

怒りはあるが向ける方向を変えてはいない。

夫への怒りは夫に、姑への怒りは姑への対応関係にそれぞれ反映している。

義理弟、奴は知らん。私からみれば他人

トラウマトラウマと夫は言うが、本当にトラウマ?それ。

今回の文章自分で書いていて一番これはトラウマ踏んだなと思ったのが

義理弟の不倫相手へのストーカーと姑の反応の一件」だった。

ストーカーされたことない人はこれを聞いて受け入れるの?普通なの?ドン引きしないの?

実母への怒りを夫に向けてはいない、夫への怒りは夫に起因するものだ。

そして怒る、爆発すると言うが、怒るのも泣くのも体力が要る。

でもそこまでのエネルギーはもう無い。

どちらかというとスッと冷める感じで表情が冷たくなる、能面になるのが近いと思う。

2019-08-09

体調不良時の失禁/大失禁

から熱っぽくてぼうっとしてたら、上司に暇だし帰って安めと帰されたのが昼前。

帰りの電車で急に倦怠感が増し始め、家につくとネクタイベルトだけ取って横になった。

30分ほど前に目が覚めると、何だか気持ち悪いし悪臭がする。

ブランケットをまくると、大小垂れ流していた。

熱は下がったが、いまだに頭痛いし動悸するし惨めで泣けてくる。

というか、これはひょっとして病院に行ったほうがいいんだろうか

2019-06-20

会社ゾンビがいる疑惑

男性が多いせいか、外出する人が多いせいか、うちの会社は全体的に寒い

今日はまた一段と冷えており、ブランケットくるまっても指先がかじかむくらいだ。

幸か不幸か空調温度ブロックごとに自由に変えていい制度なので、ちょっと設定温度を上げさせてもらうことにした。

「25℃ 弱風」だと…?弊社にしては案外普通の設定温度だ。

首を傾げつつ26℃に設定し直したがまだ寒い。この寒さは業務に支障が出る、どうしよう。

冷房の風を感じるうちにはっと気付いた。これは隣のブロックから吹く風…!

隣のブロックの空調を見たら、やはり「20強風」に設定されていた。

みんな涼しい顔(寒くなさそうな顔)して仕事しているからわからなかった。

ふと、去年の夏に死んだばあちゃんのことを思い出した。具体的にはばあちゃんの御遺体をきれいにしてくれた人たちだ。

「くさっちゃうといけないので23℃以下で冷房かけ続けてくださいね~」と言っていた。

遺体に適切な気温は生身の人体より低いのだ。

生身の人間には寒すぎる冷房、快適に仕事する社員社員が生身の人間でなければすべて辻褄が合う。

うちの会社ではゾンビが働いているのだ。

2019-05-31

スマホテッカテカ

空いてる席のブランケット盗む

それがどうしたかのようなふてくされた態度

猫型ロボット

どんなもんだい僕

座席勝手に倒す

2019-04-26

ドルオタ女と結婚

アラサードルオタ女です。

オタク歴は15年超。小学生推し出会ってしまったのが運の尽き。

特に働き始めてお金自由ができた今、北海道から福岡まで、日本はとりあえず庭。

家に来た友達CDの山を見られて「タワレコバックヤードかよ」と言われる今日この頃



さてそんな私だが、なぜか周囲の予想を裏切って20代前半に結婚をした。

自分でも正直驚いた。

自分でいうのもなんだが、かなり仲は良かったし、良い感じっぽい夫婦だった。


しかしそんな結婚生活も約5年、実は昨年離婚した。

離婚理由オタクであることは全く関係がない。

しろ元夫は、私がオタクで楽しそうにしていることは嬉しそうだった。

別れを切り出したのはこちら。

結婚した当時と"悪い意味で"変わらない、元夫の頼りなさや、お互いの人生に対するイメージのずれが埋めきれなかった。

まあとはいえ恨みあって別れたわけでもなく、納得して、解散!というのが適した表現かな。




さて、そんな元夫とは、いまだにFacebookで繋がっているのだが、先日彼がタグ付けされた写真が流れてきた。

写真の表情をみて、ピンときた。(さすがに短い付き合いではないので)

あ、彼女できたんやな~と。

ちょっとした日常のシーンだったけど、そこに写る女性と元夫が恋人関係であることはわかったし、

コメント欄を開いて見たら、案の定周囲から「お似合い~♡」とコメント殺到していた。

幸せになってくれているのはいいことだ。

でもふと、相手女性名前に聞き覚えがあった。

記憶を掘り起こしてみると、結婚しているときから彼の口から名前をよく聞いていた、職場の同僚の人だった。

なぜ私がその人の名前ピンポイントに覚えていたか

それは、その彼女は、私に負けず劣らずのドルオタだったからだ。





お前、まさかの、2回連続ドルオタ女かよ。

なんだ。お前がアイドルなのか???




そこで気付いたのだ。元夫は、ドルオタがはまる要素が多いことを。

①顔がいい

顔がとりあえず爽やかでいわゆるイケメン

私のタイプではない(推しジャンルが違いすぎる)けど、普通に考えたらまあイケメン

②背が高い

178センチくらいあった。

筋肉はあるけどどちらかと言えば細身なのもアイドルっぽい体形と言える。

めっちゃ優しい

ギャグかと思うくらい優しい。

付き合う前に部屋が寒くて凍えてる私に無言でブランケットかけてくれた時に惚れた。

④割とキザ

真顔で「愛してるよ」ってめっちゃ言う。

たぶん毎日言われてた。

⑤夢を追っている

ちょっと変わった仕事をしていて、夢や未来を語ることが多い。

但し収入は超少ない。

でも「魂が燃える仕事をしたいんだ」とか言う。

それでついつい応援したくなる。





ドルオタ女というのは生来推し応援することで生きている。

好きな人の力になりたい、そんな一心経済を回す。

お水の世界に行く人も多いと思われるが、要は尽くし願望が異常な人が多いと思う。

元夫と付き合ってる時、結婚している時、

「彼のことは私が一番わかってる」

「私が支えていく」

とか思ってた。

それはまさに推しのためにCDを積み、ライブを全通する精神に近いものがある。


でもね、

ドルオタ女の皆さん。


その男推しじゃないから。



結婚リアルだ。

結婚生活だ。

好きだ惚れてるで満足して、尽くし続けるのにも限界がある。

私はおそらく世間一般女性より経済力もあるし馬力がある方だった。

それでもやっぱり、子供を持つことなんかを考えると、

このままの頼りない元夫とは進んでいけないと思った。


ときめきと支えたい欲はこれから推しに燃やして、

再婚するチャンスがあれば、今度はもっとちゃんとした人を選ぼうと思う。



彼と、2人目のドルオタ女の彼女が、どうか幸せになりますように。

2019-01-11

anond:20190111122050

あれ?最近電気毛布って言わなくなったの?ホットブランケット


とか思ったけど、普通に電気毛布やんけなんだこの書き込み

2018-12-19

秋のリラックマフェア 【キャンペーン期間】2018年9月25日(火)~12月17日(月)

http://www.lawson.co.jp/campaign/rilakkumafair/

コリラックマチャイロイコグマブランケット

先着数量限定50万枚

12月18日(火)24:00時点

残り235012枚

23万枚はあまりにも余りすぎ

次回「春のリラックマフェア」で使い回すのかな

2018-11-08

anond:20181108145646

夜行バスの利用経験がないのですね。

バストイレがついているか。途中の休憩地でのトイレになるのか。携帯トイレを持っていくのは現実的ではない。水分補給のための飲み物の飲み方がこれで変わってくる。

夜行バスで熟睡できない可能性がある。わずかな光でも眠れないならアイマスク睡眠導入剤もあるとよい。

ブランケットは備え付けである確認荷物が増えるがクッションがあると眠れる。エアークッションでもよいが慣れないとかえって眠れない。

どうしても眠れない場合、本やスマホなどは光が漏れるので不可。ラジオイヤホンを持っていこう。

2018-10-22

プリキュア抱き枕は「子ども向け」か

子どもが喜ぶ」と「子ども向け」はちょっと違うよと。

ブコメにも似たようなこと書いたけど、未就学児くらいの子どもなら(少なくともうちのは)ふたばの微エロ二次創作だってプリントアウトしてあげれば喜ぶし、この抱き枕だって買い与えればとても喜ぶとは思いますよ。

でもこれが「子ども向け」に作られてるかというと、絵のタッチの件はおいても「なんで集合ないの。なんで立ち絵じゃないの」って話になります

ブコメではブランケットパジャマが引き合いに出されてますが、検索してみてください。

子ども向けの商品では、エールは元気よくエトワールはかっこよく立っているものです(あーアンジェは……抱き枕のでも違和感いかも)。アムールマシェリペアでない製品とか、少なくとも自分は見たこと無いです。

※もう少し年齢層上の女児向けコンテンンツでは「パジャマパーティー」的な奴も見た気はしますが

まあ一番アレなのは子供向けの企画ならなんで「抱きぐるみ」がめっちゃ売れてるはぐたんがラインナップにないの、って話なんですけどね。

うちの子店頭ではぐたんのぬいぐるみサンプル見かけると必ず「ぎゅー」ってしますよ……。

なお、あの抱き枕自体には自分としては思うところはないです。大友的な実用性と幼児向けコンテンンツとしての最低限のラインが両立してる点では評価してもいいと思いますし。

ただまあ、流石に「子供向け」と言い張るのは苦しいと思います

2018-10-13

[] 【1】2018秋、ベトナムホーチミン

<< この旅行記の先頭へ


anond:20181013111225





Day 1



1日目 成田ベトナムの翼、タンソンニャット


羽田深夜便だった前2回の旅行と違い、今回は成田発で、昼出発。

しかもややメンタルに不調を抱えているとあって、余裕を持った出発を心掛けたかったが、時間勘違いして、ギリギリ成田エクスプレスに駆け込み、その上方向を間違えて折り返すという失態を演じてしまった。

南国ホーチミンに行く前に国内でもう汗ダクだ。

肝心な時には何かバタバタする傾向がある自分なので、「またやってしまったー」と思ったが、どうやらチェックインには間に合いそうで、成田エクスプレスの車窓から畑を眺めながら、「この旅行に行って何になるんだろう」と愚にもつかない事を考えた。

別に何が起こるわけではない。

ただ若いからずっとボンヤリあった心象風景、雨のベトナムで川を眺めながらお茶料理を食べる、その画をこの目で見て来るのだ。

メンタル不調なんて、ボンヤリするのに格好の舞台装置じゃないか


前回の香港旅行では、事前に広東語フレーズをいくつか覚えて行ったが、「話せるものの聞き取れない」という致命的な見落としがあり、結局中学校時台成績2の片言にもほどがある英語と、メモによる筆談で乗り切ることになった。

ベトナム語も広東語と同じ声調言語(音の高低と発音意味が決定する言語)であり、しかもその声調というのが「コブシを効かせるようにいちど下げて上げる」「波のようにうねって上げ下げして上げる」という難解極まるモノで、もう「ありがとう」「これください」「トイレはどこですか」以外のコミニュケーションは投げている。

今回も筆談翻訳機とGoogle mapが頼りだ。


今回搭乗したベトナム航空は、ベトナムフラッグシップのようで、エコノミークラスといえど、タイガーエア台湾香港エクスプレスとはモノが違う。もちろんTGATやHKEXが悪いって訳じゃないけど、地上職員日本語ができるし、機材も大型で安定していて、シートには枕やブランケットが用意され、機内食も出る。

さらに、シートにはモニターが設置されていて、映画その他も見られる。

海外に行くときはその地のポップカルチャーを予習して行きたいのだが(香港前に発見したアガサ・コンは最高だった)、ベトナムはまだYoutubeでの情報が少なく、これと言った映画アーティスト発見できずにいた。

そこでモニターポチポチやっていると、果たして良さげなベトナムアーティスト(多分)を発見したのだった。

ホアン・ティエン・ミン・トリ

英語詞の曲とベトナム語詞の曲が半々。音楽性はR&BEDMダブステップの様な強めじゃないムーディーなやつ)とジャズを掛け合わせた様な感じで、ジャスティン・ティンバーレイクを思わせる。

これでラップが入ってきたら完璧だ。

機内では検索できないので、あとで調べよう。

朝飲んだ安定剤が効いているのかな、憂鬱な気分が後退してきていい感じだ。


ややあって、海外旅行なら一度は聴いてみたい、「pork or fish rice ?」というフレーズと共に機内食サーブされた。

ベトナム航空会社なのに機内食和食が出るという不思議仕様でもっぱら噂のベトナム航空だ。

ここで「fish」と答えれば和食が出て来る事は間違いなく、折角の海外旅行しかも出発便の機内食和食というのもどうかという事で、「pork」と答えると、豚の唐揚げ煮物チャーハンぶっかけたようなご飯と、海鮮春雨サラダパンデザートが出てきた。

春雨の方はヤムウンセンとかそれに類するもので明確にアジア料理だが、ぶっかけご飯の方はなんだか分からない。

付け合わせが椎茸煮しめだったり、桜の形に型抜きされたニンジンである事も地味に混乱する。

味はというと、エコノミーでこれだけの物が食べられれば充分満足で、その後、暖かいコーヒーサービスがあったり至れり尽くせりだったのだが、あれはベトナム料理だったのだろうか。

カラトリーがまとめられた袋の底に、スパイスの小袋が入っており、「甘利香辛食品株式会社」と書いてあった。京都伏見会社であるという事だった。


機内食で腹を満たし、少し微睡む。

眼が覚めると機内は消灯されていた。

英語スポーツチャンネルを見ながら、「早くホテルで横になりたいな。でも何を楽しめるんだろう?テレビをつけても何言ってるか分かんないだろうし」という思いが浮かんで来る。

チャンネルでは、MTBアーティスト大木バランスボール建築物ワインディングロードなど様々な障害をキッカーにしてトリックをキメていた。インスピレーションを色々なものから受けて、驚くべきビデオやショーを生み出すらしい。

他の人から無意味に見えるもの価値見出して楽しみ、アートを生み出している。

意味不明に見えるけど羨ましい。

普段自分もそういうキャラなんだけど、ダメかもなぁと感じてしまう。

多分、朝飲んだ安定剤が切れる頃合いだ。

自律神経失調症で襲って来る不安無力感安定剤を飲んで感じる旅行への期待。

正常と狂気の境は曖昧だと思っていたが、こうして自分のものだと思っていたものが揺れ動くと、もっと根本的な、「自分」や「個性」というものが虚ろなものに思える。

深追いはしないでおこう。

しばらくして血糖値が安定すれば、少し収まって来るに違いないから。

今日はまだ頭痛は襲ってきてない。


「間も無く、当機はホーチミンに到着いたします。到着は19:30、ホーチミンの気温は38℃です。」

機内アナウンスに耳を疑った。

今年の異常熱波関東平野都市化が高気圧をブーストしており、バンコクより気温が高い、なんだったらユーラシア大陸で一番高いとさえ思っていたが、勝手思い込みだったようだ。飛行機を降りると湿った空気を感じる。日本人の歪んだプライドは常夏のホーチミンの湿った熱波が吹き飛ばししまった。


19:50、国際空港入国審査というのはどこか陰鬱雰囲気ものだが、イミグレーションを抜けてもタンソンニャット国際空港は静かだった。

思った以上に質素空港

香港国際空港羽田と比べると、まるで石垣空港みたいだ。

改めて旅程について説明しておくと、3泊5日というのは、帰国便がこのタンソンニャット国際空港 6:25発であり、ホテルのチェックアウトが当日では到底間に合わないので、前日にチェックアウトして空港で出発便をまつ、という事だ。

帰りはここで夜を明かすんだろうか。

そう思って建物を出て驚いた。

なんと半解放の広大なスペースに待合ベンチが設置されている。

軒を並べる飲食店、溢れる活気、びっくりするほどの騒がしさ。

タンソンニャット国際空港はこの半野外のスペースも含めての空港だった。

こんな空港日本ではまずない。

「ははは、スゲーな!」薬が抜けてるに決まってる時間帯だが自然に笑ってしまった。

たことがない光景だ。やっぱり先生の言う通り、この街に来て正解だった。


【2】2018秋、ベトナム、ホーチミン Day 1|ベトナムの名誉 へ >>

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん