「規格外」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 規格外とは

2018-05-22

[] #56-1「斜向かい過去

家族のことについて、俺たちはどれだけ知っているだろう。

いや、“どれだけ知っているべきか”といった方が適切だろうか。

少なくとも俺は、家族からといって全てを知りたいとか、知って欲しいとは思わない。

から弟や、両親のことも俺は必要以上に詮索しないようにしている。

でも、その“必要以上に”っていう加減を、どうやって判断すればいいか

そこまでは深く考えていなかった。

それを実感したきっかけとなったのは、向かい引っ越してきた謎の住人。

今回は、その謎の住人と、俺たち家族との話だ。


時期は春と夏の中間くらい。

冷房にそろそろ頼るかどうか考えたり、と思ったら妙に冷える日もあったりで、どうにも面倒くさい頃だ。

いい加減ヒューマンテクノロジーで、大自然の気分屋っぷりを矯正できないものだろうか。

かいに誰か引っ越してきたとき、俺が考えていたのはそんなことだった。

だが、弟はというと、その住人について興味深々だ。

兄貴、見た? 向かい引っ越してきたヤツ、すっげえデカいんだよ。なんつーか、脱毛処理したビッグフットみたい」

なんでよりによってそんな例えなのかは知らないが、非実在動物を持ち出すとは随分な話だ。

だが、確かに、向かいに越してきた人の体格は並外れていた。

弟の友人にシロクロとかいうノッポがいるが、あいつがまだギリギリ人間レベルだとするならば、向かいの住人は規格外といわざるを得ない。

アメフト選手相撲レスラーを足して、2で割らなかったような、物理的に圧倒するほどの存在感を放った大男だ」

俺がそう例えると、弟は首を傾げた。

どうも例え話が下手なのは家系の特徴らしい。


かいの住人は、周りを遠ざけそうな見た目に反して人付き合いはよく、俺たちはすぐに見知った仲になった。

以降、俺たちは、その人を「ムカイさん」という安直名前で呼んでいる。

ちゃん本名があるはずなのだが、呼び名が定着しすぎて誰も覚えていない、知らない。

当のムカイさんが、まるで気にしなかったので尚更だった。

「なんだ、あの女の着ている服は。随分と浮ついた格好をしているな」

「ああ、いわゆる“童貞を殺す服”だよ」

「物騒だな……ということは、“処女を殺す服”もあるのか?」

「まあ、たぶん」

「ふん、いずれにしろこちらが逆に殺してやるが」

ムカイさんのほうが、かなり物騒だ。

これまで様々な場所転々としてきたらしく、どうにも文化には不慣れだった。

そんなムカイさんが、なぜ今回はこの町に越してきたかというと、意外にも必然的理由があった。

俺の叔母は冒険家をやっているのだが、ムカイさんとある地にて出会ったらしい。

その時、この街について話を聞かされて興味が湧いたようだ。

叔母さんは話をよく“盛るから、多分あることないこと吹き込まれたんだろうなあ。

俺はその話を聞いて、面白い出会いもあるもんだ位にしか思っていなかった。

「それで、お前たちの母とやらは、ああいった戦闘服を身に着けるのか?」

「いやあ、見たことないし、着ないと思うよ。というより俺たちも、母親のそういう側面は見たくねえ」

「ふん、なるほどな……」

だが、弟はそうじゃなかった。

ムカイさんは、まだ何かを隠している。

そう感じていたらしい。

(#56-2へ続く)

2018-05-15

anond:20180515162743

うーん、「母や妻」の(否定的な面も肯定的な面も)豊富な描かれ方に比べて、

規格外に強い女性」って言う例外か、「女の職場」って限定された場以外の

実際には豊富にあるべきところの女性表現が「薄い」って思う。

女性教師結構いいキャラあるかも。

あ、でも話が散乱して申し訳ないが、め組の大吾の忍足ミキは「規格外に強い女性」というか

現代的で洗練されたスーパーウーマン」なので、やっぱキャラの厚みの気はする。

2018-05-07

anond:20180503203550

響~小説家になる方法~

他人配慮するということがまったくできなずマトモな社会生活を送れそうにない主人公が、

同時に小説執筆に関しては規格外天才という作品

2018-04-29

虚しい就活

最近就活ますます苦しくなっている。

カスみたいなIT企業からES(エントリーシート)で落とされる始末だ。

そんなことを言うと、自己啓発本ビジネス書の読みすぎな人が「自己分析ができてないからだ」とか「真面目に就活をやっていないからだ」と言い出す。

自分会社に何か面倒なことを言った記憶もないし、内面資本論理に擦り合わせても正直どうにもならない。

ただ、就活悲惨な状況を目撃した。

小売企業説明会に参加した話だ。

割と多くの企業が水やらボールペンはくれるものだが、そこの企業企業紹介しかくれなかった。

粗末な部屋で説明会は行われた。

自分過酷だと感じざる得ない労働条件社員が告げる。

変形労働時間制、シフト制、年間休日も悲しいくらい少ないのである

それでいて給料は高くない。

不穏に感じたのは社員の「(労働系の)法律があるから大丈夫だ」とかい趣旨発言を聞いた時だった。

法律悪化すれば、大丈夫ではないのだろうか。

これで、一番悲しいと感じたのは労働条件ではない。

参加者容姿だ。

明らかに他の企業説明会よりも容姿が劣っている。

男にイケメンと言われるような存在は一人もいない。

自分も持病の薬の副作用故に172cmという低身長だ。

だが、他の参加者自分よりも背が低い。

一人だけ、自分よりも高い人間がいるがひどく太っていた。

誰も女と幸せ無償セックスしたことはなさそうだった。

女は悲惨だ。

普通レベル容姿の女までなら、男の性欲で割と恋愛には困らない。

しかし、ここでは規格外ばかりだった。

皆、容姿がひどく悪い。

もはや異性との性的ロマンスは遠くの彼方にあって永遠に届かないものだろう。

浅黒く、顔が四角くて大きく背が低い女やら様々だった。

本人たちは仕事を選んでここにきたのだろうか?

そんなことはないのではないかと推測してしまう。

彼らは容姿が醜い故にここに来ざる得なかったのではないか

無数に選択肢があるようでいて、本当は何も選択肢などない。

ただ、自分自身の容姿が醜いということをひどく知っているが故に自信がなく内定が取れそうな企業に向かったのではないだろうか。

自分は、そんな一人だった。

もう、夏まで就活をやって無理そうな雰囲気を醸し出し親に察させる方法を考えている。

正直、現状の経済力なら大学院に行くのも悪くない。

2018-04-14

なぜペジーのスパコン撤去されるのか

こちらのニュースに関して、なぜペジーのスパコン撤去されるのか疑問に思う人、あるいは政治的な働きかけを邪推する人もいるだろうから今のうちに書き留めておく。

http://blog.livedoor.jp/itsoku/archives/53313939.html

答えを先に書くと、運用コスパが悪いからだ。

公式発表では、スパコン本体の消費電力は1.35メガワットということになっているが、

http://www.jamstec.go.jp/j/about/press_release/20171114/

日経報道では全体で5メガワットとなっている。3倍の平木がある。

https://twitter.com/SatoshiMasutani/status/984702237019533313

その差は、冷却分の電力にあると考えてよい。

ペジーのスパコンはGreen500※で1位をとってはいものの、実際は、あの特殊な液浸冷却機構スパコン本体の倍の電力を消費しているということだ。

国内スパコン第一人者である松岡先生も以前おっしゃっていたが、液浸冷却の弱点の一つは冷却に多大な電力を要するため、DC全体で計測した際のPUEが悪化することだったりするそうだ。

ペジーのスパコンは冷却に規格外の電力を必要とし、ランニングコスト馬鹿にならないため撤去に至った、それ以外の理由はないと考えてよい。

※Green500は冷却電力を計測に含めないレギュレーションになっている。

2018-03-19

形の悪い野菜も売ってくれれば良い

では、その形の悪い野菜も、形の良い野菜と「同じ値段で」買ってくれますか?

形が悪いんだから、安く売るべきだし、農家側にもメリットがあるだろうという意見が多いと思う。

鉄腕ダッシュの0円食堂を見ていて思うのだが、農家の側からすると、規格外やはぶきを安く売ることによって、本来ちゃんとした野菜が売れなくなってしまったら大打撃である野菜作り自体が続けられなくなり、規格外ですら作れなくなってしまう。

かたや消費者としては、形の悪い野菜は、安ければ買う、あるいは、品切れの時など他に選択肢がなければ仕方なく買う、という程度だろう。値段が同じであれば、形の悪い野菜積極的に買う理由はないと思う。ましてや、自動機に入らなかったり、余計な手間がかかるのだから、同じ値段で買う人はいないだろう。

だけど、生産段階だけみれば、形の良い悪いによってかかる手間はそれほど変わらない。

形の良い野菜を作るために手間をかけることはもちろんあるが、その過程ではぶきが出てくることはあるし、出てくるはぶきは手間の差によって生まれものではない。だから規格外野菜を安く売る理由はない。

流通させるためには、さまざまな形に合わせるために余計な設備必要になり、形の悪い野菜はむしろ高価なものになってしまうだろう。

から「形の悪いものは安く買えるはず」という変な先入観は変えた方が良いと思う。

2018-03-18

anond:20180318160246

唐揚げ弁当の喩えで言うと、もともと売り物として値段が付かない規格外品ですかね…

2018-03-15

anond:20180315083717

やるほうにだって金がかかるし人も要る

そういうのはどこから捻出しているかというと、善意なんだよ

朝のニュースで両親共働きだからってタダ飯食ってる高校生見てむかついた

親が居ないわけじゃないのに

食費もらえよ

それかバイトしろ

もう大きいんだからちゃんお金を払って食べなさい

という気持ちになった

その店はセルフでご飯味噌汁よそう形式野菜規格外のものを安く仕入れていた

店のおじちゃん施設出身だった

 

言及くれた人に愚痴っても仕方ないのにな

どうにもイライラするぜ

すまねえ

2018-03-12

anond:20180312182149

不動産ってね、所有時点と売却時点と、売主と買主とで、変わるんが値段だけじゃなくて用途も変わる可能性もあるし

用途が変わるとまた値段が変わったりするし、極端な話をすれば、同じマンションでも向きや階数が変われば値段が変わるし、

もっと極端な話をすれば、相場から規格外な値段であっても、「どうしても欲しいんじゃー!」という人がいれば相場なんてあってないものになったり

事故物件、なんていう話もあったりする。なので「その世界の表や裏に詳しい」仲介する人がいる方が良いことも多い、というだけのこと。媒介者いなくても不動産取引はもちろんできるし。

簡単に言えば一点物のフィギュアとかと同じようなもんだと思っていいし、そういう、よーわからんものの割には、購入者はかなり市場から保護されているよ。

増田が腹を立てているのはいわゆる情報の非対称性問題で、商材が何であれそれは発生する。

コンビニ弁当外食の、全てのおかずの素性を暴きたいタイプ?少なくとも現行の法律現場運用でも、外食の素性以上には情報は開示されとると思う。

2018-03-05

高校時代の後輩と再会した話

偶然大学サークル高校時代の後輩と再会した。

高校時代、彼はいわゆるスクールカースト上位のキラキラ男子で、私はブスで厭世家スクールカースト規格外のやべーやつだった。(今と比べたら)ある程度の自信を持っていたから、あまり悩まず(今と比べたら、であって当時はだいぶ悩んでいるつもりだった)生きられたけど、今考えると本当にやばかった。高校卒業して4年近く経つけれど、未だに半分くらい記憶がなくて、たまにフラッシュバックしてとてつもない羞恥心に苛まれることがある。

今考えると、自分高校に馴染めないことを理解していて、どうにかして他人存在を認めてもらいたくて奇行に走っていたのだと思う。学校でペ〇ローションをぶちまけたり、男女問わずセクハラしたり、マジョリティに対する暴言を吐いたり。敢えて人が嫌がることをするつもりはなく、理性のリミッターをぶっ壊して脊髄反射でやりたいことだけやって生きていたのだと思う。練習が面倒になって高校部活は休部したまま卒業したし、授業も出たり出なかったりで適当にこなして、友達もあまり作らなかった。

高校卒業して、浪人して、大学生になって、留年もして、それなりに社会経験を積んだし、自分のことをそれなりに理解できるようになった。結局のところ他人に興味がなく、人付き合いが著しく苦手だったこと、それ故に自分は異質だと薄々感じていたこと、それを自覚することを恐れていたことがすべての原因だったのだと思う。気付いてしまえばなんだそんなことかと思えるのだが、自分はどの状態で安定なのかを探る8年間はとてもしんどかった。14歳の時に引きこもり不登校になって、15で諦め、16でリミッターをぶっ壊して18から軌道修正を始めて、もう22歳になってしまった。喪失感もなくはないが、20代前半で気付いてよかった、就活に入る前に気付けてよかったという安堵の気持ちの方が強い。普通の人はもうこの段階をこなしているのかと思うと本当に尊敬できる。

後輩がうちのサークルにいることは3ヶ月くらい前に知ったから私は心の準備ができていたけど、後輩はめちゃくちゃびっくりしたらしく、開口一番「え、まじで〇〇さんですか?え、同姓同名とかじゃなくて?」と言われた。二言目は「変わりましたね」だった。

そりゃそうだろう。眼鏡コンタクトにしたし、化粧だって覚えたし、ちゃん自分の体型に合う服を着るようになった。適度な露出必要なことを知った。それなりの処世術も、飲み会のノリもコールも身につけた。異性に舐められない接し方も知っている。自分精神状態すら把握できなかったあの頃とは違うに決まっている。

今まで培ったスキルを駆使してテンションを無理矢理上げて、嫌いな飲み会のノリで飲んで飲まされているところにそれだ。

駄目押しは「でも芯は変わってないですよね。」

泣くわ。

その日はあまり話せなかったので後日改めてご飯を食べたのだが、後輩自体はとても良い子で、ぶっ飛んでいた高校時代の私のことを理解できないなりに気に入っていたらしい。ほとんど話したことがなかったから知らなかった。また、自分真逆タイプ人間と話すことで自分を見つめ直せた。自信がない理由も分かったし、人に嫌われやす理由も分かった。

最近は割と自分に素直に生きられていると思う。必要以上に他人との関わりを持たないし、昔よりは好きな服を着られているし、鏡を見るのが憂鬱でないし、普通であろうとするために頑張らなくて済んでいる。自分を抑圧していないから変な反発もなく、少し変わった人だと思われている。それでいい。

人が好きではないけど、わざわざ嫌われることをしなくてもいいし、好かれる努力もしなくていい。進んで自己開示はしない。嫌いなことに気を遣ってストレスを溜めない。それでいいんじゃないかな。

2018-02-19

anond:20180219105727

スピード競技等のアスリートを評する際の獣って表現人間離れした〜・規格外の〜的な褒め言葉一種だと思います

容姿関係ないのでは

個人的には日本人離れした〜っていう表現には差別感あります

2018-01-05

anond:20180105115327

業務スーパーなら冷凍ブロッコリー500g150円ぐらいなのでそのへんで。

あと、店舗によるかも知れないけど、業務スーパー地元農家規格外野菜安値で卸してたりもする。100円ローソン店頭とか。

地元でそういう規格外野菜売ってる場所を見つけておくと命綱になる。

2017-12-20

パンティーにも国際標準規格を!

AV見てて思うわけよ。

パンティーが小さすぎるマイクロパンティーとか逆にパンティーがデカすぎるオバケパンティー、こんなの見たくないわけよ。

いやね、いくら顔が良くったって、脱いだらマイクロパンティーとかオバケパンティーが出てきた途端にムスコさんがこうべを垂れるわけよ。

そこで提案なわけですよ、パンティーの国際標準規格化

規格外パンティーはAVから除外するわけ。残念なパンティーとはサヨナラできるわけよ。

そうしなくてもムスコさん、大歓喜で嬉ションなわけよ。

乳首にも国際標準規格を!

AV見てて思うわけよ。

乳輪が小さすぎる豆乳首とか逆に乳輪がデカすぎるオバケ乳首、こんなの見たくないわけよ。

いやね、いくら顔が良くったって、脱いだら豆乳首とかオバケ乳首が出てきた途端にムスコさんがこうべを垂れるわけよ。

そこで提案なわけですよ、乳首国際標準規格化

規格外乳首AVから除外するわけ。残念な乳首とはサヨナラできるわけよ。

そしたらもうムスコさん、大歓喜で嬉ションなわけよ。

2017-11-11

賞味期限かい悪魔数字撤廃してほしい

スーパーで働いているんですけど、今日餃子を廃棄したんですよね。500個くらい。積み上げられたあのちっぽけだった餃子は、いまや横綱と同じくらいの大きさでした。襲われたら殺される。

調理室に入るやいなや目に飛び込んでくる餃子の群集に一瞬なにごとかって狼狽したんですけど、まあいうて賞味期限が切れたんだろうと推測したわけなんですよ。

で、なるほどね~とか思いながら餃子の裏に記載されてる賞味期限をみたら

賞味期限11月12日

明日じゃないの。いや流石にまだ食品として全く欠陥のない餃子ゴミ袋に詰め込むのは最高に気分が悪いというか、普通に勿体ないだろ。っと思いまして、これは店長が日を間違えてるな、あんないい年して大事大事商品ゴミ箱に入れようとするとはね、一体どれだけの損害が生まれるところだったかついでにお前もゴミ箱に入れてやろうか、と抗議しにいったわけなんですよ。

そしたら店長、ああそれねー、なんたらなんたらの規則賞味期限が一日前だともう店に並べられないんだよねー、僕ももったいないと思うんだけどねー。とおっしゃいまして。

えっーマジかよ店長独断じゃないの、規則規則ならしょうがない破ると怖いし!というかなんだその規則!!!賞味期限意味なしてないじゃん!!そもそも賞味期限意味もよくわからなくないですか?あれ過ぎてもいきなり毒の物質に変化するわけじゃないし、美味しく食べれるじゃん。誰だ賞味期限とか古くさいもの考えた野郎はお前をまずゴミ箱にぶちこんでやる

ということがありまして、タイトルに至ったわけであります。分かりましたか皆さん?

かいう事を考えながら、淡々餃子を袋からゴミ箱に移す作業をしていました。これ作ってる人がみたらすっげえショックだろうなあ。

餃子職人が買い物ついでに、私の餃子は売れてるアルか~?いっぱい売れてるといいアルな~!って精肉コーナー見に行ったら、精肉の人、自分餃子ひたすら捨ててんの、しかも真顔で。

うわあこれは落ちこむわ、というか普通に鬱になりそう。俺は一体なんてことをしてしまったんだ。こんな汚れ仕事をすることになるとは、嗚呼なんと功利主義世界だろうか。せめて無理矢理でも生で食べればよかった。これ生でもいけますね~!つって。顔を顰めながら。無理してる事くらい餃子職人にはわかる。でも、ほんの少しかもしれないが、その気遣いが温かい、心にしみる。餃子職人の目に少しだけ光が灯った。なんて。もうやだ平和世界に行きたい。廃棄ゼロの国とかないのかな。アンパンマン世界みたいな平和な国。

ああでもアンパンマン世界でも普通に廃棄とかしてたら嫌だな。

おにぎりマンが作ったおにぎりジャムおじさんが真顔で廃棄してる回。うわあヤダそんなの絶対見たくない。そして偶然にもその光景おにぎりマンが目撃してしまうみたいな鬼畜ストーリー

毎度のように襲来してくる雑菌共を殺菌した後、お約束通りにパン工場前でパーティをするアンパンマン一行。雑菌共から街を守った凱歌として食品提供する、アンパンマンワールドらしい振る舞いに町人たちはよだれが止まらない。最近ではバイキンマンが街に襲来するだけでパブロフの犬よろしく唾液が分泌されるようになってしまった者までいる。兎にも角にも、町人たちはこのパーティをとても楽しみにしているのだ。そしてそれは生産者にとっても同じことである。多くのバイヤーが集まるフェスなど、自分商品を売りこむ、絶好のチャンスといえるだろう。そんなわけで、生産者は皆自慢の商品を売り込み、町人はそれを笑顔でほおばる。幸せが具現化した会場を写しつつフェードアウトし、エンディングアンパンマン音頭に移るわけだが、今日は会場の中に一人浮かない顔の人物がいた。おにぎりマンである。彼のおにぎりが全く売れないのだ。この世界食べ物が売れない生産者は、その人物存在価値否定されたといっても過言ではない。通貨地位存在しないこの世界では、レゾンデートルこそが唯一の資産であり、生きるための自信であり、絶対条件なのだ。故に皆必死になって商品を売り込む、そうしなれば生きていくことができないから。

「何故売れないのだ?」おにぎりマンは呟く。確かに、かつ丼や天丼には魅力で勝てないだろう。奴ら自慢の丼ものは、見るもの全てを魅了する。艶のある衣に包まれた果てしない弾力想像させる海老咀嚼という行為をただただ崇拝することになるであろう、分厚い肉、これらに米を掛け合わせたものが、ただ梅を入れただけの素朴なおにぎりと競い合うはずがない。まさに規格外の化け物であるしかし、純粋コメの美味しさを求めるならば、確実にオニギリの方が勝っている。素朴ながらも、素材本来うまみを嚙みしめる事ができる料理はそう多くない。恐らくオニギリと食パンくらいであろう。一定ニーズはあるはずである所詮奴らの敷いている米など低価のインディカ米。こちとら厳選されたジャポニカ米、しんのすけよ。この戦い、負けるはずがない、そう思っていた。だのに、どうしてこんなー。

おにぎりマンは焦りで手元が震えていた。今やおにぎりすら握ることができない。嗚呼、手が冷たい。誰か買ってくれ、誰でもいい、誰か。

こんにちはおにぎりマン君」ハッと顔をあげる。そこに立っていたのはジャムおじさんだった。バイキン撃退から2時間最初の来客者だ。

「どうだい、調子の方は、」無邪気な笑顔で私に問いかけてきた。突発的に殴りそうになるものの、残された理性で己を制御した。この人は何も悪くないじゃないか、何をやっているんだ私は。

「どうしたんだ、体調が悪そうだが」私は反射的に売れていないことが悟られないように取り繕う。売れていないと周囲に認知されるのはまずい。戦闘で少し疲労した、たいしたことではないと伝えた。

「そうか、でも、それにしては酷く困憊してるじゃないか。みんな元気な君がみたいと思っているよ。まだまだ祭りはやっているんだし、ここでバテていたら勿体ないだろう。少し街で休んできたらどうだい」全く、この人には頭が上がらない。確かに今の状態ではまともな商売などできないだろう。それに商売は、売ることだけが全てじゃない。皆の笑顔が大切なのだ。危うく大切なものを失うところだった。焦っていてもどうしようもないし、少し休憩しよう。用を足してきたら、また元気に呼び込みをしよう。丼ものには劣るかもしれないが、私だけがつくり出せる笑顔をみんなに届けよう。

承した。休憩仕る。とジャムおじさんに別れを告げ、私は近くの茂みに入り込んだ。

それからほどなくして、おにぎりブースに戻ってきたおにぎりマンは驚嘆した。おにぎりが全て無くなっているのである。売れたのか?否、違う。米をたく釜や予備の米、ましてや商品を置く机すらなかった。おにぎりマン最初から存在しないかのようになっていたのであるおにぎりマンはひどく狼狽した。一体何があったのだ。どうすればいいのだ。そうだ、ジャムおじさんなら。あの方なら何か…。私は工場に向かって走り出していた。そして、窓から我が工場長存在を探し始めたその時、今世で最大の、自分の目を疑うような出来事に出くわしたのである

ジャムおじさんおにぎりを真顔で捨てていた。そしてあのおにぎりはまごうことなき私のおにぎり。私は一瞬何が起きているのか理解できなかった。私の頭が考える事を拒んだ。

一連の行為には無駄な動きが一切なく効率よく行われていた。そしてその行為感情すら感じさせない。手はおにぎりを廃棄していても心は別の事を考えている。もはや食べ物への敬意など一切なく唯々無機物を移動させる作業のようであった。この人は最初から全て知っていたのだ。私に休憩を提案したのは私をどかしておにぎりを廃棄するため。この人に、私は、私は。

おにぎりマンに残された選択肢は二つ、見なかったことにしてこの場を立ち去るか、腰に収めたその刀を使い今ここで切腹か、否、いっそのことジャムをこの手でー。

それから先の事はよく覚えていない。気がついた時にはすでに赤い私の手があった。周囲には廃棄されるおにぎりが血を吸いながら分散していた。これでは赤飯ではないか。だがこれでいい。これが勝どきというもの諸君。私は周囲に微笑み、おにぎりに囲まれながら腹部に刀をあてた。おにぎりとして生を受けたことを誇りに思いながら。

2017-10-24

スーツを試着しにユ○クロに行った。

オーダーメイドレベル自分にあったサイズが選べるという。

店舗で採寸し、ネットストアで注文する形式らしい。

店員さんに声をかけて聞いてみた。今セールやってるオーダーメイドスーツの採寸をお願いしたいんだけど、と。

店員のお兄さんは「あいにく当店は小型店舗でして」と試着用のジャケットがその店にはないことを説明してくれた。

そして手元のスマホスーツオーダーメイドを取り扱っている近場の大型店を調べてくれた。

どうもありがとう、じゃあ○○店に行ってみます、と話を切り上げようとすると

店員のお兄さんは

在庫があるかどうか、一応電話確認してから行った方がいいと思います!なかったら無駄足になってしまうし」

「ほんとうにすみません、よろしくお願いします」

と何度も頭を下げていた。

若くてかっこいい店員さんで、なんかちょっとラッキーなんて思いながらふと思った。

在庫がないかもしれないし確認しろ、って。それだけ 一般的に”ない”サイズって思われてたのか、もしかして

まあ太って規格外なのは事実なんだけどさ。。

2017-08-24

https://anond.hatelabo.jp/20170823232725

石川遼は若くして日本トップに立ったゴルファーで、アメリカだって今年はシード落としたけど

その前2年は賞金シード取ってたわけで全然箸にも棒にも掛からぬ成績ってわけじゃない。

比較される松山世界レベルでも規格外バケモノってだけで、石川も今でも日本ではトップクラスゴルファーだろう。

知名度がなきゃもうクビなっててもおかしくない斎藤と並べるのはさすがにかわいそうだ。

2017-06-30

そもそもLCCって

効率性重視で様々なサービス切り捨てることで、安価に最低限登場者を目的地まで連れて行く手段。言ってしまえば人をできるだけ物に近づけて輸送しているようなもん。


障害者障害者配慮されるのは当然だが、それは人を人として運ぶ交通手段の話であってな。


通常の飛行機でも規格外荷物が載せられないように、規格外人間LCCに乗せられないんじゃ


追記:当然これは不文律。誰も表立って言わないが、大体みんなそれを承知LCCを選んでいると思うのだが。

2017-06-18

ヒロアカ梅雨ちゃんの声がちがう

ヒロアカの蛙娘こと蛙吹梅雨ちゃんのアニメの声がちがう。

こんなモヤモヤするのは中学生の時以来だ。

オッサンになったのでこういうモヤモヤ卒業したのだと思っていたが、何の事はない思い入れの差だったのだ。

そしてオッサンから梅雨ちゃんの声をああいう風に処理するという理由もわかるキャラ付けとしてオーソドックス手法だ。

だがほかが規格外によくできているヒロアカにおいてオーソドックスは逆に浮くのだなと。

また他の声がよく合っているだけに非常に惜しく感じる。

声優責任ではないと思う。与えられた仕事演出完璧にこなしておられると思う。

ただただ演出とおれのセンスとの乖離という問題だ。

非常に口惜しい。

2017-05-31

日本人ってアクション系の映画ドラマ絶対向いてないよな。

クライシスって警察ドラマトレンドに上がっていたのでちょっとだけチェック。Twitterアップロードされていたアクションシーンを見てみたけれどグダグダアクションシーンを長回し撮影しただけのシーンだった。迫力は皆無。いつも通りの日本ドラマという印象だったがTwitterではかっこいいだとか日本アクションすごいと絶賛されていた。日本ドラマにしてはすごいという意味なのだろうか。それにしてもハードル下げ過ぎでは。

ヤフーニュースでも「過激アクションシーンが話題となった同ドラマでも特に規格外となるバトルシーンが展開」と大絶賛。見た限りでは過激な要素なんてなかったぞ。過激定義を一度調べてみてはどうか。今回の件で感じたのは日本人って本当にアクション系の作品制作するのが不得意で、受け手である視聴者ハードル下げ過ぎ。それと悪役を演じていたのが現役のプロレスラーだったのだが、アクション向いてないと思うぞ。アクションシーンはただのしょぼいプロレスだったし。

合理的無駄のないアクション世界標準になっているこの時代プロレスって...。

2017-05-15

http://anond.hatelabo.jp/20170515165611

小学生のころは学校勉強苦痛だったけど中学入試は充分に難しいと感じたし、

中高生の頃は進学校だったから授業は進むのが早かったし、

数学物理が得意だったので数学オリンピック物理オリンピック日本予選に参加してみたけれど充分難しくて予選落ちだったし、

大学受験東大レベルだと充分難しかったし、

適切なコミュニティにいこうと思えばそれなりに用意されてる気はする

中学入試簡単に感じる小学生東大入試簡単に感じる高校生規格外から難しいけど

あと天才小学生東大生を悩ませるこの話はおしろかった。

こんな機会が増えるといいと思う

http://nanaio.hatenablog.com/entry/2016/03/24/110406

2017-03-06

http://anond.hatelabo.jp/20170227235459

知的障害が混ざっている場合もあるけど、そうじゃない場合は、昔でいうと、ガキ大将とか変な奴とかヤンキーとかガリ勉とか、ノーベル賞取るような規格外なやつだと思ってる。

東大生が出てくるNHK見てるとやばいよなって思うこと多い。

あと増田で「ハイ論破」やってる奴とか。

人口で最低でも6%くらいはいるらしいから、学校なら先生がんばれば普通に社会へ送りこめるんだろうけど、アップアップだしな。

結局、最近は、小さいうちから障害者に仕立て上げて特殊支援学校とかへ送り込んでるけど、親は「特別支援」に期待しすぎて殺到してるらしい。

けど、勉強しなくていいらしいし、そうすると職業訓練中心で、社会に出ても作業所とか、NPOがらみのカフェとかで、年金受給ありきの低賃金の職しか付けないみたいよ。

なんか、可能性つぶしてるだけな気がするけど、今は親が率先して選択してるから、将来子供がすげー親恨むんだろうな・・・

2016-12-22

http://anond.hatelabo.jp/20161221235554

追記↓

ただ、だからと言って隠れていた才能が見つけやすくなったかというとそうとも思えないんだよな

有象無象カオス空間になった感じ

センスのいい動画はちまん何倍もの平々凡々な歌ってみた動画が溢れている

ボカロでも結局、ニコ動の中の流行りのスタイルみたいなものが出来て似たような曲で溢れていた

コミュニティが狭いぶんトレンドができていくのが速かった感じ

多様性はないぶん移り変わりが激しかったけれど

この前イカ天があった時代ライブハウス演奏してるミスチル映像見たんだよね

メジャーデビューする1、2年前の

面白いところもあったけどわざわざ聴きたくなるようなかんじではなかった

このバンドを数年かけて成長させていったコバタケってすごいんだなって改めて思った

宇多田ヒカルの「First Love」に関わった河野圭もそう

のちに秦基博の「ひとなつの経験」という曲を手がけるんだけど

これがなんとなく「DEEP RIVER」のころの宇多田ぽいんだよね

初期の宇多田らしさを形作っていたのはこの人なんだなって

ごく初期には多分鼻歌程度のデモテープにこの人や西平彰杉山晋一郎が肉付けしていくこともあったんじゃないかとすら思う

スピッツもやりたい放題に3枚アルバムを出したら行き詰まってしまって笹路正徳を頼った

規格外の才能にやりたい放題させるのもいいけど

多くの若いアーティストはとりあえず大人がお膳立てしてベースを作っていくことも必要なのかもしれない

http://anond.hatelabo.jp/20161221204555

2016-12-18

男が喪女を叩くコンテンツがない理由

女がモテない男とか、コミュ障とかを叩くコンテンツ定番だ。

婚活でこういう痛いヤツがいたとか、こんな変な告白をされたとか。

でもこの男女逆バージョンってあまり見かけない。

その理由をいくつか考えてみた。

1.実際に変な女が少ない

女は平均値に近い人が多いと言われる。

逆に男は上にも下にも振り切ってる人が多い。

から結果として規格外の女を叩くこともあまりなくなる。

2.政治的正しさ

男は基本強者で、女は弱者ということになっている。

から相手喪女でも叩いたら、それは弱い者いじめということになる。

かなり変な女でも笑いものにするのは気が咎めるかもしれない。

実際、女を笑い者にするコンテンツを作ってもあまり共感を呼ばないと予想できる。

3.受け入れる異性の幅の違い

女は産む性なので、かなりよりすぐった男しか受け入れない。

でも男は産ませる側で、かなり広い範囲の女を受け入れられる。

から見て「ナシ」となる女の数が少ないので、叩かれにくい。

4.体格の差

女は一般に男より肉体的に弱いので、

好きでもない男に好かれた場合、最悪の場合襲われるリスクを想定し、強く拒絶する。

男の場合、女に肉体的に襲われる危険想像しにくい。

から好きでもない女に好かれても、女ほど強い忌避感がないのかもしれない。

銃が使える欧米ではまた事情が違うのかもだけど。

今のところ思いつくのはこんな感じ。

他にも何か理由があるだろうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん