「自己決定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己決定とは

2020-09-30

anond:20200930025652

苦労は不孝というかしないならしないほうがいいことなのだぞ、増田

 

なぜなら苦労は就業創造スキルを得る・解決能力を高めるのに微塵も役立たない

なのでしないで済むならしない方がよい

 

・・・が、勉強職業スキルを積みかせねるのは違う。就業創造スキルを得る・解決能力を高めるのに役立つ

なのでした方が良いし出来ることは苦労でも努力でもなく幸福だ。財産

 

みな、その自覚があるから

他人を羨み、妬み、それで憎しみに変えてるのが問題なんだよ。

なんてことにはならないのだよ、増田

すべて望んで自分自身で選んでやった自己決定なのだよ、増田

  

ただ、健康回復に困難を抱えていると『ただ生きているだけで辛い』が発生する

とっとこハム太郎な温室育ちでもだ

これは甘えでもなんでもないよ。見えない障害ってヤツだ

両足を骨折している人になんで自分の足で歩かないんですか?というのと同じで

心が傷つきやすい人になんで傷つくんですか?といっても仕方がない

anond:20200930023554

あらゆることが苦労で、あらゆることが不幸

なぜならイヤイヤやっていることだから、報いがあるべきだ

みんな苦労していなきゃおかしい、だって自分自身はこんなにくるしいのだから

あらゆるものが妬ましい

 

そう考える増田毒親育ちで健康回復力に問題があると思ってるよ

フツーは自分自身で望んで自分自身選択してという自己決定肯定も報いもいらんのじゃよ

 

でもこれは、物事の考え方とかチャレンジの有無の話ではなくて生得的な問題だと思っているよ

気合いとか努力かい幻想の話ではない

2020-09-27

anond:20200927154224

あとからきちんと話し合った方が良いのでは、あなたが全額を負担するのは明らかにおかしい、と思う部分が半分、

自分子供を産むか産まないか自己決定出来る世の中になったのは間違いなく良い事だな、と思う部分が半分

どちらにせよアフターピルはすぐに飲まないと避妊成功率が落ちていくし、すぐに産婦人科受診したのは正解ですね

2020-09-22

トランスジェンダーは考え方を変えるべき

J.K.ローリング出版した本が物議を醸して、あちらでは大炎上だそうであるが、この記事ではローリング自身の主張をどうにかして正当化しようとして失敗しているということが書いてあるようだ。しかし、私はこの混乱の方がトランスジェンダーを認めるより遥かに理解できる。

“ジェンダー移行を後悔する人が増えている”発言が与える大きな誤解 - フロントロウ -海外セレブ情報を発信

 

トランスジェンダーという概念はあまりにも不可解である

最近ではGID、要するに性同一性障害」という言い方は不適当だそうだ。障害じゃなくて、トランスジェンダー自身が主張する通りの性別なのだという。でも、正直、何を言っているのか私には理解出来ない。英国ではセルフID法と言って、性別移行要件としては一応は色々取り決めはあるものの、原則として本人がそう申請すれば、公的にその性別となる。日本では戸籍変更における性別変更では、まだ手術要件撤廃になっていない。でもそのうち撤廃になるだろうことは間違いはないだろう。だから世界的流れはもはやトランスジェンダーを認めるという流れでしかなく、疑問を述べたところで何も変わりはしないだろう。

でも、どう考えても納得できない。性別とは、生物学的に定まるものしかなく、自己主張で変更できるものであるはずがない。例えば、私は国籍を変更できても人種を変えることは絶対に出来ない。私は黄色人種でありアジア系でありジャパニーズである。年齢だって絶対に変更できないし、あたり前のことだが血縁関係も変更できない。なのにどうして性別けが変更できるのであろうか?

異性のように振る舞いたきゃすればいい

そんなの勝手にすればいいし、特殊事情でもない限り(ムスリムであるとか)、してはいけないという理由もない。よく「自身を異性だとしか思えない」という性別移行理由を聞くけど、そう思うのであれば自主的にその様に振る舞えばいいのである。これに関しては、広く一般の人がそうした人がいるという認知普遍的に持つことで、偏見を持たないようにはすべきではある。

専用スペースとかは?

常識で考えれや、という話。ペニス付き・なしで温浴施設に異性側に入ることは出来ない。更衣だってそんなことを権利レベルで認めたら揉め事になる。トイレだと、生物学女性なのに男性と見間違えられる見かけの女性ですらも揉めることがあるのだから原則公共の場所では多目的トイレを使え、であろう。これらはそもそも生物学性別区分で分けているのである

権利主張はやめるべき

問題はこれである。どうして自身生物学性別無視するのか。この権利主張こそが混乱を生み出しているのである。上で述べたけどトイレなど女性専用スペースに明らかに男性しか見えない人がいて、移行手術も受けていない生物学男性でもある人が、「私は女性であるから女子トイレに入る権利がある」と主張するのは意味不明しかない。生物学的な区分に基づいて専用区分があるのを、トランスジェンダーなるこれまでとは違った概念をそれに無理やり同調させるというような考え方はあり得ないと言わざるを得ない。生物学区分と、セルフID概念区分は全く別のものである

インターセックス(DIDs)ですらも

昔でいう半陰陽と呼ばれたような染色体異常(良くは知らないが)のような人で、陸上競技では有名なセメンヤ選手などのことである。この人たちが自身性別に違和を感じるということはほとんどないのだそうである。あったとしてもおそらくは、一般的な性別違和率と変わらないと思われる。このことから分かるのは、生物学的な性別的特徴の異常があっても、性別自己認識には異常をもたらさないということである

ブレンダと呼ばれた少年」の例

詳細な内容はすっかり忘れたが、ともかくある男の子で幼少の頃に何か事故があって、ペニス喪失し、ある研究者がその親に「女の子として育てればいいんじゃない?」と言って、その研究者は半ば人体実験のように扱ったのである。その研究者性別後天的に決定される(ジェンダーの初期的な考え方)と考えたらしい。ところが、そのブレンダと呼ばれた少年は、女の子として育てられたにもかかわらず、成長して自身性別がどう考えても男だとしか思えなかったというのである。この研究者はそのことを伏せて「性別後天的に決定される」のような発表をしたらしいが、本人に暴露されてしまい、スキャンダルとなった。この事例をトランスジェンダーの人は、「当然じゃん、自認こそ性別なんだから」と考えるらしいがそれは誤りである。何故ならば、ブレンダそもそも生物学的に男だからであるインターセックス同様に、自身性別をただ、正しく認識しているだけなのである

トランスジェンダーがあり得るとするならば、あくまでもそれは「障害」ではないのか。

以上の例からわかるのは、結局トランスジェンダーがほんとにあるとするならば、それは自己性別の「誤認」に他ならない、としか思えないということだ。今現時点でさえも、その医学的原因は全くの不明である。だが、未知の病は他にもたくさんある。それと同じだと捉えて何故いけないのか? 障害者というのは、健常者は通常こうであるというような曖昧ではあるが常識的な観念定義のようなものであり、そこから医学的な分類として逸脱していて、かつ社会的不都合のある人のことをいうのだと思う。しかしながら、手足が不自由であるとか、脳に障害があるとか、他にもたくさんあるけど、それら障害者はその障害治癒は別として、一生障害と付き合っていかねばならないし、障害があるのに「障害者ではない」と主張する人などいない筈である。なのに何故トランスジェンダー障害ではないというのだろうか? 障害者が障害のままで別に生きていっても良い社会なのに、トランスジェンダー障害でないと主張するのは何故なのだろうか?

トランスジェンダーは私達の苦しみを理解しろというが

これもよく聞く主張である。「私達トランスジェンダーは、なりたくてなったわけじゃない」のような主張である。だが、私だって自身性別になりたくてなったわけじゃない。そもそも性別自身意思では選択不可能ものである。私は性別違和こそ感じることはないが、異性になりたくて、自身の性が嫌だと思ったこはいくらでもある。どうしてこの性で生まれてきたのか、と思春期には悩んだものである。でも、そんな事悩んだって変えられないものしょうがないと諦めるしかない。なのに、どうしてトランスジェンダーは、そう主張しさえすれば性別を変更できるのか。これはほんとにそうらしくて、病院でも結局はその人自身の主張を信じるしかないのだそうだ。だから、ほんとにそうなの? と考える人がいても不思議はない。つまり変態犯罪者存在し得るということであるトランスジェンダーを認めてしまうことは、そうした変態犯罪者を許容しなければならなくなるし、実際に犯罪は起きている。

トランスジェンダーな人に言いたいのは

要するに、ローリングのような人がいるということを認めよ、に他ならない。トランスジェンダー差別せず、不当に扱わないが、男女区分生物学的なもの以外にはあり得ない、という人がいることを認めて欲しい。それは、どんな人も変更不可能人種や年齢と同じようなものなのである。確かに最初にも言ったように国際的な流れとして、もはやトランスジェンダー、性の自己決定を認める他はないだろう。でも、言わばそうした古い主張だって存在してもいいではないか。それをどうして「差別」と非難し、TERFとレッテルを貼って攻撃するのだろうか。私はそれはおかしいと思う。

2020-09-20

anond:20200919212538

性的アピール自己決定

  ⇒現実の女が主体的にやるのは良い

   男性向け創作の女キャラやらせるのは主体性が描かれていてもNG

   もちろん、女向け創作ヒロイン主体性が読み取れるからOK


セクハラ

  ⇒ラッキースケベや覗きなんて考えられないハラスメントNGに決まってる

   都合よく去勢され自己決定を奪われた妄想産物イケメン壁ドンするのはOK

   現実壁ドンとかマジ勘弁(ファンジャニタレにされるのがギリOK?)


駆け引き()

  ⇒女性が「イヤ」と言ってるのに無理やりやるのは強姦フェミニスト

   女性が「イヤ」と言ったから何もしないのは空気読めないヘタレ恋愛脳女)

   女性が「イヤ」と言っても強引にやって許されるのは去勢された女向け創作イケメン

     なんならレイプも許される

   女性が「イヤ」と言わない男向けハーレム創作マジキモ

     あんなの女じゃなくてセックスドールマジ冒涜

     なんの特徴もない男が惚れられるとかありえないし

     女向け創作イケメンはなんの特徴もないたぬき女に惚れる聖人だけどー


女を男みたいに活躍させる

  ⇒置き換えただけでそれは男

   ゆるキャンとかヤマノススメとか放課後ていぼう日誌とか中身おっさん

   BLの中身女なイケメンヤオイ穴を持つ架空存在からOK

2020-09-04

小児性愛異性愛についての問題提起」の顔をした女性蔑視

よっオラ小児性愛男性ジェンダー周りの話題は人並み以上に追っていると思ってる。

で、このエントリについて。

https://twitter.com/GimmeAQueerEye/status/1300207684960935938

小児性愛同性愛比較について。

小児性愛と同様に、異性愛も加害性を問われるべきではないかという意見

ブコメでは既にツッコミが入っていて「同性愛との比較被差別についてであって加害性についてではない」「論点をずらすな」と言われている。

その通りだと思う。

 

その上で。

気になったのは、続きのこツイート

ここについてはツッコミが少ない。

https://twitter.com/GimmeAQueerEye/status/1300219499145166850

https://twitter.com/GimmeAQueerEye/status/1300219500147609600

ツイート本文が読みにくいので変形すると、

社会的に、女性判断力は低く見積もられる。

から、次の問題が提起される。

現状、この問題意識されていない原因は、異性愛男性

からだ。

という主張だ。よく考えがまとまらないままツイートしたのだと信じたい。

 

まず前提として、性行為に関する正当な合意とは何かを確認する。

行為を行う人(異性愛であれば男女)それぞれが、

必要十分だ。

小児性愛場合子供には判断力がないため、正当な合意とは言えない。

ツイート主もここまでは同意すると思う。

 

で、ツイートについて。

ディーラー役職レイプの例は、いずれも、「女性の実際の判断力よりも、その社会的評価が不当に低い」という例だ。

女性判断力が「実際に」低いのではない。

社会的評価が不当に低いのだ。だから社会問題だ。

からといって、どうして、異性愛合意正当性疑問符がつくのだろう?

その女性合意している。

女性には十分な判断力がある(ありますよね?)。

可能性は低そうだが、単に「異性愛には実際には女性合意していない場合があるので、合意正当性が疑問だ」って言ってるのだろうか…?(一応この場合についても後述)

理解ができなかった。

 

邪推だが、このマサキチトセという方は、本心では、女性判断力は、「実際に」低いと考えているのではないか

であれば、「女性判断力子供と同様に低い。」「子供合意も、女性との合意も、両方が、一方的な加害になる。」という懸念理解できる。

というか、それ以外に理解できなかった。

だとすれば、これは、現代社会には受け入れられない女性蔑視そのものだと思う。

これはご自身のことではないですか?

  

ちなみに、合意が不十分なまま行われる性行為が不当なのは、「言うまでもなく当たり前のこと」だ。

対照的に、子供との性行為は、「どれだけ十分な合意があっても、法律上倫理上も一切アウト」だ。

大人の性行為は、同性愛であれ異性愛であれ、きちんと合意すればやっていい。

子供との性行為は、合意しても絶対にやってはいけない。

ここに小児性愛者の生きづらさがあることを理解してほしい。

雑に論点をずらすと、かえって、小児性愛者の生きづらさが理解されなくなってしまうように思う。

 

このマサキチトセという方に小児性愛者の擁護のつもりがあるのか知らないが、中途半端な主張はかえって迷惑だ。

2020-09-03

anond:20200903233636

小児性愛についてのツイート

流石にひどい。

仮に「大人が好きな子ども」であっても、自己決定能力を持たない児童との性行為違法だ。

これは「個人常識」を「他人に当てはめ」ているのではなく、既に成立している法律の話だ。

こんな認識人間社会にいるのは恐怖だ。

小児性愛擁護についての増田

流石にひどい。

仮に「法律」がどのようであろうとも、正しい認識とは別だ。

これは「法律」を「軽視し」ているのではなく、既に成立している認識妥当さを疑うという話だ。

こんな認識人間社会にいるのは恐怖だ。

https://twitter.com/YosukeSuzuki15/status/1300196742151905280?s=20

病気じゃないか治療法なんて無いと思いますよ。子どもが好きな大人がいれば大人が好きな子もも同じ割合存在しますよ。自分常識他人に当てはめる事は争いしか生まないと思います

小児性愛についてのツイート

流石にひどい。

仮に「大人が好きな子ども」であっても、自己決定能力を持たない児童との性行為違法だ。

これは「個人常識」を「他人に当てはめ」ているのではなく、既に成立している法律の話だ。

こんな認識人間社会にいるのは恐怖だ。

2020-09-02

anond:20200902112036

仮に子供が「あのおじさんが好き」と言っていても、「同級生の誰々と結婚したい」と言っていても、少なくともその時点では自己決定尊重できないし親が黙らせるしかないわけです

それと一緒では

anond:20200902083005

いやもうね、子供自己決定権とやらを都合のいい時だけ持ち上げるのやめませんかって、ただそれだけの話なんだよ

子供というのは制限能力者なんだから

権利制限されている一方で、責任から逃れ保護を受けられる仕組みがある

例えば子供大人恋愛法律やら条例やらで厳しく制限されているが、それは「子供大人恋愛(のようなこと)をしても、現実には能力立場の面で不利な子供搾取されてしまうから」という理屈に基づいている

たとえ子供自身YESと言っていようが、「その選択自体が悪い大人に騙された結果かもしれない」ので、子供自己決定尊重されないわけだ

もっと

だったらそんな未熟でバカなガキンチョが大人の作った世間ルッキズムに乗せられて、美容整形業界養分になるのはよろしいんですかねって、そう言いたくもなるだろう

2020-08-26

安楽死と御墨付き

自力自殺できる人が安楽死を認めろっていうのは御墨付きが欲しいのかな。

公に認められている死を選ぶんだという、自分以外のものにすこし責任を預けられる安心感

自殺は究極の自己決定みたいなもの

手段も時期も全て自分で決めなければならない「自由」に耐えられない、というような。

2020-08-10

anond:20200810203546

ツーブロック禁止とか髪染め禁止とか、本当に前時代的としかいえない校則があちこちに残っていてつらいよ。

性的なことはともかく、それ以外についてはもう少し子供自己決定能力を信用してあげることはできないのかな。

例えば麹町中学校という所は公立中学なんだけど、実験的な取り組みをやっていて、生徒を信用して校則ほとんど撤廃することになった。

それでも生徒が好き勝手して学校が荒れるということは全くなく、学力特に下がることはなかったらしい。

2020-08-09

anond:20200809111254

増田増田自身否定するのは他ならぬ、“自分自身意思 (単なる趣味)” ではないか、よくよく検討してみてください

単なる趣味ではないと確信に至ったのであれば、負の経験学習が原因になっている可能性について考えてみてください

俺の意思経験が入っている事は多少はあるだろう。でもそれはあまり本質的意味がないだろ。ネット発言すべてが数値に表さなければいけない訳じゃない。それに一体誰が主観客観を分離できるというんだ?

それに俺の経験を問うことに何の意味があるんだ?問題があるとしたら経験した人数の過多だろう。そしてその正当性はだれが決める?10人なら狂気か?100人なら正気か?俺一人でも俺にとっては70億の狂気だ。

人が何かに縋って生きているとしても、それ自体否定する権利はお前にも俺にもないんだよ。まぁ、縋っている物が衝突するならお互いで否定し合う事はあるかもしれないが。

そもそもこの問いかけはアンフェアだぜ。俺に言うならほかの奴にも言うべきだよ。お前はその問いかけを行う相手を選んでいないか?だとしたらその問いかけはお前の趣味じゃないのか?


そもそも、お前は何も捉えていないよ。脳の構造レイヤで話しているんじゃない。その表れ、社会レイヤで話してるんだ。お前がいくら言ってもすれ違いにしかならないよ。自転車マラソン競争しても意味がないだろ。俺は脳の話をしてるんじゃない。今の話をしてるんだよ。

から、お前が、承認や、自己否定自己決定といった社会の一切を否定したいならそれは構わないけど、俺にぶつけたって仕方のない話だ。

そもそも犬と猫も人間も、全部違うんだよ。動物に当てはまることが全部人間に当てはまる訳じゃない。現に俺たちは魚と違って水中で呼吸できないだろ。

線虫記憶遺伝できるからと言って、人間記憶遺伝できるとは限らないだろ。情報量も違うんだからな。

2020-08-08

anond:20200808135450

そうはならんでしょ

増田で見かけるルッキズムは単なるコンプレックスかつ趣味なのと同じく

フェミの括りが非常に雑い

けどブクマカTwitterトレンドのみを対象にしているフェミ(?)への指摘なら

概ね間違いでは無いなと最近思い始めました

 

彼・彼女らが唱えてるのは、女性優位主義 もしくは 女性可哀想主義 と言い換えても差し支えがない

 

ブクマカや140文字トレンド界隈の人たちに女性主体性とか自己というもの存在しないのだろう

哀れな女性たちはいつも自己決定ができない

 

たぶん、ヒトにおけるXX型とは違う概念なんだろうなって推測する

2020-07-30

anond:20200730125250

増田の中のフェミニストが謎ではあるが概ね同感

ブクマカや140文字界隈で見られる主張は

女性優位主義 もしくは 女性可哀想主義 と言い換えても差し支えがない

 

ブクマカや140文字界隈の人たちに女性主体性とか自己というもの存在しないのだろう

哀れな女性たちはいつも自己決定ができない

 

たぶん、ヒトにおけるXX型とは違う概念なんだろうなって推測する

2020-07-27

痴呆・寝たきりの老人を生かす意味

自分が老人になった時のことを考えよ

俺はボケたり寝たきりになったら殺して欲しいと思うからあんまり共感できないが、どうしても死にたくない人はいるだろうしこれにはあまり反論できない気もする でも選択肢として死があってもよくね?

家族感情

痴呆老人ってウザいだけじゃね?あと別に選択肢としてあるなら殺さなくてもいいわけだしいいのでは

強制に繋がる

正直そこまで死ねと思われる人間が生きる意味があまり見出せない 「生きるの楽しい!最高!でもみんな死ねと思ってるんだ…死ぬしかない…」とはならんやろ 惰性で生きるのを止めてくれてありがたいのでは? 俺も寝たきり老人になったら血迷って生きたさを感じるかもしれんけど、そんなもん感じた時点で死んでるようなもんだし背中を押されて死ねるなら良いんじゃないかと思う

アル中の人が酒飲みたい!っていうのを自己決定として尊重しないじゃん 死にかけの人間最後に生き汚くなるのって本当に自己決定か?

医師負担

これはわかる 

優生思想に繋がる

繋がるなら繋がればよくね?それが民主主義なのでは… というか老い平等だし話が違う気もする

コストがかかる

制度変更は大変そう、でもボケ老人を大量に抱え続けるコストと比べたら長い目でみてマシなのでは

弱者を殺してはならない

本人は意思表示不可能家族も正直死んで欲しいと思っていて回復の見込みなんかは一切ない、って状態で生かすメリットってマジでなんなんだ

2020-07-25

anond:20200725212519

ALSの件から派生してるのでツッコんでおくけど、24時間介護ALS患者精神正常でも自殺実行できないだろ。重病人だろうと延命拒否自己決定だが、積極的安楽死医師に過度な負担を背負わせるな自殺しろと思うけど。

2020-07-19

anond:20200719172615

何で他人お気持ち配慮しなきゃならんの?

それこそ自殺みたいな究極の自己決定をする段階で

2020-07-10

上野千鶴子不倫肯定一世代前の進歩的発想なのに、それがわかってない人いるんだね

上野千鶴子が叩かれてんのを「上野進歩的考え方なのに、世間は古いからついてこれないんだな」みたいに言ってる人いるけど、古いのは君とか上野千鶴子だろ。

婚姻制度や一夫一妻制や純潔主義意味を疑う、なんてのは数十年前には進歩的発想だったかもしれんけど、今はそんなとこもう通り過ぎてんだよ。

結婚しても他の相手欲情を抱くのは自然だの、結婚自由を失うデメリットもある契約であるだの、そんなのはもはや当然のことなの。

それでも結婚する人は「わかっててあえて結婚する人」。

自然に湧き出る浮気欲を我慢することも、自由を失うことも、その他結婚デメリットも、ふまえた上で結婚合意する人たちの行動になってんの、今のフェーズは。

結婚デメリットが気づかれてないから、婚姻関係を重んじる意味はなく、よって不倫も責めることじゃない」なんてのは、まーーーじで古い。ましてそれを進歩的と感じるのは輪をかけて古い。

昭和とか明治とかの時代なら、結婚人生勝手についてくるキャンセル不可の悪徳オプションだったから、その悪徳性を指摘するために、契約破りパフォーマンスをするのも意味があったかもしれないよ、しらんけど。

もも結婚ってのは任意選択オプションで、それを選ぶ人は望んで「我々は他の相手性的関係を結びません契約」を採用してんだからさあ、そこで古い契約破りパフォーマンスをしてオプションの信用性をぶっ壊されたらひたすら迷惑なんだよ。

色んな相手と遊び続けたい人は、結婚せずにやりまくるなり、ポリアモリー関係なり、結婚してもスワッピングサークルに参加するなりしてんだっつーの。

自分相手も遊び合う生き方はしっくりこないから、決まった相手とだけの関係をするという自由選択をした人を害しといて、自由大事にしておりますもないもんだ。逆、自由の抑圧者だよ。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/president.jp/articles/-/36855




2020/7/12/15:00追記

なぜか投稿から二日遅れでブクマつきだしたから、もう少し長く説明する(重要な追加情報はない)。

上野そもそも婚姻制度自体否定的なのは私でもわかる。

そして、人間なんて結婚しても不倫したくなるもんだしその方が自然だし自由尊重のためには正しいので、結婚自体しない方がいいと彼女は考えている。不倫しないのが信じられないというか、そもそも結婚することが信じられないという感覚だろう。

そういう立場はあの記事だけでもよく伝わる。

私が上野千鶴子を古いと批判しているのは、「それでも両者の合意結婚契約が結ばれたなら、二人も社会もそれを尊重するに相応しいだけの任意選択オプションへと、結婚契約はこの数十年で変わった」ってのを踏まえてない主張をしてることだ。


あの記事上野の話を私なりに整理して突っ込むと、こうだ。



大した違いじゃないと言われないよう、もう少し説明する。

結婚はいわば、「自由恋愛グループから脱退しました」というステッカー自分パートナーに貼りつける行為だ。

他にもたくさん効果があるが、あの記事のような恋愛不倫結婚話題の中では、そういう意味を持つ。

そして、多くの契約約束がそうであるように、この脱退ステッカーも、当事者や周囲が真面目に受け取ることで初めて意味を持つ。

尊重するに値しない、無視してもいいんじゃね、と煽られてそういう風潮になれば途端に無意味になる。

国と国が同盟を結んで第三国から戦争仕掛けられないよう牽制しても、「同盟関係名目上だけで結ぶもの」というのが常識になったら、遠慮なく攻められちゃうみたいに。

上野は、自由恋愛グループに居続けたい人も社会圧力結婚させられて脱退ステッカーを貼られまくってた古き時代を引きずってて、「そのステッカー邪魔でしょ、気にしなくてよくない?(そもそも貼らないのが最高だけど)」と煽っている。

現代では、自分たちで望み自己決定として脱退ステッカーを貼ってる人たちが結構いるのに、上野の主張はそういう人たちのステッカーまで無効化してしまう。

「望まぬ脱退ステッカー無効化するメリット」>「望んだ脱退ステッカーまで無効化するデメリット」だった頃の感覚のまんま。

不等号がイコールになったり逆転してるって気づいてないのか無視してんのか、いずれにせよ古い。

ステッカーを貼らないことをおススメするが、貼られたもの尊重すべき」って話にならないところがだめなんだよ。

上野自身自分主義に従って結婚しない人生をしてるし一貫してるじゃん」とか言う人もいるが、上野結婚してるかはどうでもよくて、上野煽り言説によって世論結婚を軽んじる様になれば、性的自由を失う代わりに性的安心を選んだ夫婦決断無意味になるだろって話。

結婚契約自由恋愛グループ脱退の意思表示をしたい夫婦には、させてやりなよ。それが自由尊重じゃないか


かつて、結婚という縄で強制的な拘束をするのが横行してた時代は縄を片っ端から切断して世界からくそうとするくらいがよかったのかもしれんけど、今は好事家同士が合意結婚というSMプレイを楽しむ時代になってんのにその人らの縄まで切ったらダメだろ。


あと、「古いとか新しいとかで物事判断するなよ」みたいな反応あるけどさ。

たとえば芸術作風だったら古いのも新しいのも好みの問題であり、売れる売れないはあってもどっちがダメとかじゃないよ。

でも上野千鶴子がやってるのは言論であり社会運動なのよ。

そーゆーのは、その時の社会の状況に応じた提言じゃないと、無駄どころか悪影響なわけ。

数十年前の人口爆発懸念されてた時代を引きずって、少子化現在人口抑制論とか語られたら困るだろ。

インフレ時代を引きずって、デフレなのにさら物価上昇をしようとされたら困るだろ。

社会病理を何とかするという風に捉えれば、古い言説を主張されるのは、数日前は風邪がキツくてお粥を食べるべきだったからって、一息ついて体力取り戻すべき時期なのに白粥ばっか出されるようなものなんですね。

2020-06-30

圧迫面接して、怒れない子は異性との交際を禁じたら?

異性との交際のあれこれで、「嫌われたくなくて言い出せませんでした」という子が多すぎ。

男女共に。

そもそもね、頼むのは悪くないわけ。断るのも良い。健全コミュニケーションだよ。

問題は断れない子ね。

いわゆるビッチと言う子のかなりの程度がこれでしょ。

いや良いのね、誘われるのが楽しい、するのが好きです。大変よござんす。

嫌だけどついていってしまいした。不安だけどさせてしまいました。多すぎ晋作。

自分被害者でござい、みたいな顔する子が多いけど、こういう子がコミュニケーション破壊してるわけですよ。

消極的な方も悪い。

恋愛自由化された以上、お互いに対等な関係積極的推し進めた方と同じだけ、消極的に受け入れた方に責任がある。

この当然の前提が、とくに消極的な子に全く共有されてない。

積極的な子はリスクを負ってる。嫌われるリスクはもちろん、そこに生まれ醜聞リスクも。

どんだけ慣れても、そこにリスクはあるしね。

消極的な子は、自分リスクを負うべきじゃないとたぶん本気で思ってる。自己決定じゃないんだと。

違うんだよ。自由である以上、常に選択を迫られる。それが自由コストなわけ。

常に選択を迫られることに耐えられない人は、自由は辛いだけでリスクばかり降ってくるようにしか感じないと思う。

権利は主張しないと失われる。債権だって主張しなかったら失われるじゃんね。自己決定権も主張しなかったら失われる。

ストレスのもとで主張ができないなら、ストレスがかかったら自己決定権はないも同然でしょ?

自分ものを決められない子に自由は難しいと思う。極力プライベート干渉を行わないように気を遣って生活するべきだと思う。

トラブル時に隷属する事しかできないのだから

2020-06-28

anond:20200628102521

中絶女性の権利、という主張は、胎児人間ではない、を含意しているとなぜ気づかないのか……

この増田ブコメ中絶死産暴行子どもをなくすのとなぜごっちゃにするのか…意味不明というか意味なさすぎ。この三つは全く違うし、そもそも中絶女性の権利なんだよ。そこから勉強してこい

ごっちゃにしてるのは、妊婦の腹を蹴るのは殺人未遂、とか言ってる側だろ。元増田は一貫してそこは区別してるよ。

仮に胎児人間だとするなら、女性中絶権利なんてあるわけないだろ。胎児人間っていうのは、つまり胎児には5歳児と同等の人権があるということだよ。母親自分の都合で5歳児を殺すことなんて自己決定として認められるわけないんだから、仮に胎児人間なら中絶も認められるわけがない。5歳児が殺された場合母親に殺されようが通りすがりの変質者に殺されようが殺人罪適用されて同列に扱われるんだから、仮に胎児人間なら女性自由意志で選んだ中絶手術もそのへんのおっさんに腹を蹴られるのも同じ行為として評価されないとおかしい。

仮に胎児人間だとするなら、家が貧しいからという理由で殺されてよい5歳児がいないのと同様に貧困による中絶が認められるべきじゃないし、仮に胎児人間だとするなら、父親犯罪者であるという理由で殺されてよい5歳児がいないのと同様に性的暴行を受けて妊娠した場合でも中絶が認められるべきじゃない。

逆に、胎児人間じゃなく母体の一部に過ぎないと考えるなら、美容室で髪を切るのと通りすがりの変質者に髪を切られるのは全然問題であるように、自由意志でクリニックに通って中絶するのとそのへんのおっさんに腹を蹴られて流産させられるのはまったく異なる話になる。前者は自己決定として尊重されるべきだけど、後者他人身体を傷つける悪質な犯罪なので厳罰に処されるべきだ。でも、それは人の命を脅かしたわけではないので殺人未遂に問うことはできない。

そのへんのおっさん妊婦の腹を蹴るのは殺人未遂だ、と主張する連中は、胎児人間だ、って主張してるんだろ? だったらその論理的帰結にも賛成しろよ。

そのへんのおっさん妊婦の腹を蹴るのは殺人未遂だけど中絶女性の権利、なんて言い草が通るわけないだろ。胎児人間なのか? 人間じゃないのか? どっちかにしろよ。

追記

中絶は許さないってどういうことなん?出産したら大きく体は不可逆的なダメージを負って、しばらく働けず、脳から分泌されるホルモンによって鬱になったりするんだよ。その準備ができていなかったら無理じゃない?

「もしも胎児人間であるなら、中絶は許されない」「もしも胎児人間ではないのなら、中絶女性の権利である」のどっちかを選びましょうって話やで。中絶が許されるって思ってるなら「胎児人間じゃない」って思ってるってことだよね? なら堂々とそう言えばいいんじゃね。

仮にレイプされて出来た子を産んだとして、母親が愛せず虐待に走る事があれば中絶されてた方が幸せだったって思うかもなぁ

私はプロチョイス派だけど、アメリカ中絶反対派はちゃんと望まぬ妊娠をした妊婦のための無料カウンセリングとか里親制度とか孤児院とか整備した上で中絶反対を叫んでるから尊敬できる。

レイプによる妊娠場合胎児レイプ魔の遺伝子が混じっているという当然の嫌悪感という要素も加わってくるので難しいと思います

仮に胎児人間だとするなら、性犯罪理由中絶を認めることは犯罪者の子供というだけで殺されるなんていう非人道的なことを認めることになっちゃうんだよねぇ。親が犯罪者であることを理由に殺されていい人間なんてこの世のどこにもいるわけがない。まあ胎児人間じゃないから親の素性がどうであれ中絶していいんだけど。

胎児人間なのはみんな知ってる。人権よりも殺した方が社会負担が軽いか殺人を許しているだけ。完璧法律なんてないのに、なぜ他人感情論馬鹿にするんだろうね。理論構成しないと気持ち悪いタイプなのかな

社会コストのために殺されてよい人がいるという鬼畜外道理論やばすぎでは。植松かよ。

めわどくせーな。出産が命がけなんだから決定権は妊婦にあるに決まってんだろ。産むと決めたら人間だよ。中絶すると決めたらみんな見てみぬふりをするんだよ。中絶なんてみんなつれーんだからな。分かれよ。

胎児人間かどうかが妊婦の一存で左右されるべきじゃないだろ。仮に胎児人間なら母親の一存で殺していいなんて馬鹿な話があるかよ。逆に胎児人間じゃないなら母親がどう思ってようが徹頭徹尾人間じゃない存在として扱われるべきだろ。

妊婦本人が胎児をどう思っているかという話なら別だけどね。たとえばペット犬猫を「家族の一員」と呼んでかわいがるのは自由だし、友達ペットを「家族の一員」として紹介してきたらまあ「こんにちは」と人間相手みたいに挨拶してみせるのも社交辞令だろう。でもその犬猫を殺しても殺人罪にはならない。

たまに「中絶女性の権利なんだから中絶殺人なわけがない」って意味不明理屈をみかける。合理的ですって顔してたら、周りはその合理性検討する。それは主張に賛成否定する以前の行為なんだけど、理解されない

因果が逆なんだよね。胎児人間ではなく、したがって中絶殺人ではないからこそ、女性自由にやっていい行為女性の権利となるのであって、女性の権利から殺人じゃない、っていうのはまるっきり転倒している。

胎児人格を認めると、お産に際し母体が死亡した場合胎児殺人に問う理屈から逃げられなくなったりして危険なんやけど。あるいは母体と子の関係だけでなく、父親義務も発生するぞと脅したらええんか?

胎児人間だと仮定した場合であっても、お産に際して母体が亡くなっても胎児には殺人故意がないので殺人にはならない(過失がないので過失致死にもならない)。当たり前だよなぁ? そもそも刑事責任年齢以下だから故意があっても刑事責任が問われることはないし。

胎児があるタイミングで突然肉の塊から人間に扱いが変わるの、どう考えても不自然だろ。中絶殺人だよ。

殺人未遂ってまさにブコメした人間だけど、これからまれて人として人生を歩むと想定されてる赤ちゃんが蹴られて死んだら殺人でしょ。中絶の話をもってこられたら、じゃあ中絶殺人、と思うけど、だから?って感じ

私が批判しているのは論理的一貫性の欠如なので、そういう一貫性を持った立場の人については、反対はするけど強く批判する気にはならないんだよな。胎児人間であるという前提条件からはそういう結論自動的に導かれるので、胎児人間だと思う人がそういう結論に到達するのは当然。もちろん私はその前提は間違ってると思うからその主張には反対するけどね。どう考えても胎児人間じゃないでしょ。自分身体の一部をどう扱おうが妊婦自由だよ。

不同意堕胎殺人並みに厳罰化されれば十分。罪名が殺人か、胎児が人かはどうでもよく、妊婦への暴行に対して社会が厳しいメッセージを送ることが本質。法は論理原則のためではなく、目的のために作られる。

胎児人間じゃない。母親にとって時に命より大切な所有物だ。母親中絶自由はある。誰かが壊せばその損害と肉体的精神被害から考えて殺人と同じくらい罪は重い。

こういう主張も、上の「中絶殺人」と同様、論理的破綻していないので問題ないと思う。ただ賛成はできない。現状でも不同意堕胎罪はそれなりに重いから。色んな罪を軽い順に列挙してみるとこんな感じになる。

過失致死罪:50万円以下の罰金

暴行罪:2年以下の懲役 or 30万円以下の罰金 or 拘留 or 科料

器物損壊罪:3年以下の懲役 or 30万円以下の罰金 or 科料

業務上過失致死罪:5年以下の懲役 or 5年以下の禁錮 or 100万円以下の罰金

動物愛護法違反愛護動物殺傷):5年以下の懲役 or 500万円以下の罰金 ←今月から厳罰

不同意堕胎罪:6ヶ月以上7年以下の懲役

傷害罪:15年以下の懲役 or 50万円以下の罰金

不同意堕胎致傷罪:6ヶ月以上15年以下の懲役

傷害致死罪:3年以上の有期懲役 ←不同意堕胎致死罪はこの罪に吸収

強制性交罪:5年以上の有期懲役

殺人罪死刑 or 無期懲役 or 5年以上の懲役

法定刑の上限だけだとそこまで重くないように見えるかもだけど、下限で見ると傷害罪より重い罪なんだよね。たとえば傷害罪有罪になっても罰金刑だけで済むこともありうるけど、仮に不同意堕胎罪で有罪になったら必ず懲役刑が科されることになるし(実刑になるかは別)、胎児以外の母体を傷つけたら一気に不同意堕胎致傷罪に跳ね上がるわけで。

ちなみに、こないだのhagex殺人事件懲役18年です。そう考えると不同意堕胎致傷罪の上限が懲役15年というのは妥当なところだと思うのだけどどうか。不同意堕胎罪単体は、まあ、このぐらいでいいんじゃないかな……これより重くするのはバランスを失しているように思う。でもこれは単なる私個人お気持ちから厳罰化を主張するのは別に論理的おかしいというわけではない。ご自由にどうぞ。

不注意で流産した女性を過失致死で裁くことを考えると22週以降の胎児の扱いも難しいのはわかった。今のところのバランスとしては不同意堕胎罪の罰則強化殺人未必の故意認定あたりか

ちなみに過失致死罪の法定刑は50万円以下の罰金からね。実はみんなが思ってるほど重い罪じゃない(まあ業務上とか自動車運転とかではない純粋な過失致死罪ってあんまり遭遇しないからなあ)。仮に赤の他人をうっかりミスで死なせたら罰金刑のほかに民事損害賠償請求されるから金銭負担もっと大きくなるんだけど、この場合は誰も請求してこないだろうし。

逆に不同意堕胎罪は言うほど軽いか? って感じがする。上限が懲役7年ってことは、器物損壊罪の倍以上で、犬や猫を殺した場合よりも重くて、傷害罪の半分でしょ? 人じゃないものを傷つける罪としては十分に重い刑だと思うんだけど。まあこのへんは個人感覚からもっと重くすべきという意見別におかしいわけじゃない。

あと未必の故意は一律にどうこう言えることじゃないか事件ごとに判断すべきで、外野が「未必の故意があっただろ!」って言うのはおかしいと思う。

単純な興味なんだけど、「胎児人間だけど、殺人手段中絶場合殺人罪にはならない。中絶手段は〜に限る。」ってルールを作っちゃえば言葉だけだと論理的には破綻してないと思うんだけど法学的には穴だらけなの?

anond:20200629022242

それを認めたら、「障害者人間だけど、殺人手段が薬殺による安楽死場合は」「ユダヤ人人間だけどガス室場合は」への歯止めがなくなるんだよなぁ……

人間を殺すことは原則として許されないというのが近代国家ルールなんだから、それに対する例外規定は最小限であるべきでしょ。

現状、国家による殺人として死刑戦争が認められてるけど、死刑は「死刑に値する犯罪を犯したと裁判で確定した」人に対して執行されるもので、戦争武器をとって向かってくる相手を殺すもの胎児犯罪者でもなければ武器を持っているわけでもないんだから死刑戦争と同列に正当化できるとは思えない。緊急避難も、仮に胎児人間だとするなら、中絶しなければ妊婦死ぬという局面に限ってのみ認められるべきという話になるだろうし。

素直に胎児人間じゃないってしといた方がマシじゃない?

胎児人間であり妊婦を殴った犯人殺人罪とするが、女性胎児を所有しているため殺害する権利を有すると考えれば筋は通っている。

所有物である人間は殺してよい理論実践してた人たちの像が今世界各地で引き倒されてるんだよなあ……

中絶というつらいことを減らすために、男にできることをしてよ。避妊だよ。

胎児人間じゃないので中絶女性自由派の私にそんなこと言われても。そもそも私は別に減らすべきとは思ってないし……個々の女性自由意志行使した結果なんだから別に減らそうとする必要はなくない?

ていうかなんで避妊が男だけの責任になってんの? 実際には避妊具をつけてないのにつけたと嘘をついたとか強姦したとかの場合を除いて、避妊セックスする両者が責任を持ってすべきことなんだから男女に平等責任があるでしょ。仮に男に避妊を拒まれたらセックスも拒めばいいんだよ。自由意志セックスしといて避妊は男だけの責任なんて通るわけないだろ。

胎児人間である母体の所有物では無い」は先進的・左派的な響きがあるけど「だから中絶殺人だし基本的ダメ」って保守的右派的な結論になってしまうの、茶化すみたいで恐縮だけど、正直ちょっと面白い

妊娠中絶絶対さなマン、たまに海外ニュースで見るだけだと「頭おかしい」って感じだけど、「胎児人間である」という前提を突き詰めたらこういう結論に至るしかないんだよね。反論する側も、なぜか望まぬ妊娠場合はとか言って話題を逸らしてるし。いや胎児人間じゃないって反論しろやアホか。

日本プロライフ矛盾してないとでも?胎児障害をもっている場合中絶許可する胎児条項70年代生長の家カトリック法制化しようとしたんだぞ?フェミ障害者団体が潰したけどな。

一貫性があるプロライフ派は尊敬できる」とは言ったけど、「すべてのプロライフ派は一貫性を持っている」とも「日本プロライフ派は一貫性がある」とも言ってないな。プロライフ派が矛盾した言行をしてるなら好きに叩けば。

何度も言うけど私はプロチョイス派だからね。筋の通ってない主張をする味方よりは筋の通った敵の方が尊敬できるとは言ったけど、プロライフ派を支持するとは一言も言ってないし、むしろ支持しないと明言してる。ここでは議論筋道の話をしてるんであって、半世紀前の派閥抗争の話にはこれっぽっちも興味ないんですわ。

私には胎児人間だなんて思えないかプロライフ派は支持できないし堕胎自由を支持するけど、同時に、胎児人間だという前提を支持するなら中絶全面禁止という結論になるほかないんだから第三者による胎児への危害殺人と主張しながら中絶権利を主張するやつは同じプロチョイス派であっても思考支離滅裂すぎるので軽蔑に値するとも思うよ。逆に、胎児人間から中絶禁止すべき、という主張はまったく賛同できないけど論理展開は正しいか尊敬すべき敵手だと思う。賛成反対と尊敬軽蔑の軸はまるっきり別なんだよなぁ。

民法721条では胎児でも加害者への請求権が認められてるのに触れないとこ見ると専門外の人なんだろうな。グレーゾーン故に解釈改憲とおなじく運用でカバーしているという単純な話。

元増田論破されてブコメ消したやつがまたデタラメぶっこいてるな。胎児が生まれ場合損害賠償請求権や相続権がまだ生まれてなかった頃にまで遡って適用される民事上の話と胎児に対する危害をどう考えるかという刑事上の話をごっちゃにしてんじゃねーよ。

2020-06-23

日本就活がくるしいのは、就活生そのものがアホだからだ。

なんで就活がくるしいのか

ご存知の方も多いと思うが、就活のくるしさの背景には新卒一括採用と、メンバーシップ雇用の2つがある。

企業は、一定期間の間に一括で採用しなければならない。学生はその期間内就職先を決めねばならない。

これが日本新卒採用の基本ルールであり、時間的リミットが明確なため、期間内卒業まで)に就職先が決まらなければそのままどの社会集団にも所属することな卒業することになる。

それでも既卒枠もあるし、20代後半までフリーターとして働いてから再度就職活動して立派にキャリアを積んで幸せな人も世の中には意外と多く存在している。だが大学生の大半にはその現実可視化されておらず、リミット内に就職先が決まらない=人生終了と思い込んでいる。

これは大部分が親の責任で、高度経済成長時代形成された「大卒企業戦士として1社に勤め上げる」というルートだけを「幸せ生き方」と思い込み子供にもその価値観刷り込み続けた結果だ。ちなみに1社で勤め上げるのは昭和世代でも3割程度で、残りの7割は実に様々な組織渡り歩く。日本だってほんとうは、実に多様な生き方をしている。

また新卒一括採用基本的に「業務入社してから割り振ります」というメンバーシップ雇用欧米などは「この業務がこなせる人を募集します」というジョブ雇用が基本だ。

メンバーシップ雇用場合採用時点ではジョブが明確ではないためポテンシャル採用となる。すると採用基準は「社風に合う価値観かどうか」と「自社で働く上で必要な基礎能力があるか」という、ジョブ雇用比較して曖昧になりがちな基準が重視される。さらに、求められる基礎能力組織によって大きく異なる。

就活生の視点では入社してからどんな仕事をするのかが明確ではないため、何をアピールしたらいいのかが一見してわかりづらくなる。そのため、就活生の多くは「性格のよさ」や「人格」をアピールしようとしてしまう。ここに悲劇の原因があって、ピュア就活生は人間性人格アピールしているつもりなので、選考に落ちるたびに人間性人格否定されているような気分になる。

このような思い込みはまともな就活本の一つでも読めば即座に解消されるたぐいのものだ。しか最初から人間性評価されると思いこんでいるため、採用選考プロトコルに合わせて適切に自分を伝えるテクニック存在することに思い至らないし、思い至ったとしてもそれは彼らの目には「ズル」に見える。それはアピールすべき「人間性」を傷つけることになるため敬遠してしまう。そうして毎年NNTの苦しみが生まれることになる。

そこに大手信仰企業ブランド信仰が加わると更に悲劇が起きる。たとえば、従業員規模5000人以上の企業に区切ると新卒有効求人倍率は景気の良し悪しにかかわらず一貫して0.3程度だ。

から大手信仰を植え付けられ、採用選考プロトコルを知らずに性格のよさをアピールし続ける就活生が、有効求人倍率0.3程度の超大手アタックし続けるとどうなるかは、想像に難くないだろう。

さらリクナビマイナビなどがそこに拍車をかける。彼らは課金している企業に「エントリー」という価値提供しなければならないため、就活生に対して大量にエントリーするよう煽る。バカ就活生たちは、何も考えずにとりあえず知っている企業エントリーする。「とりあえず知っている企業」がつまり求人倍率0.3の企業たちだ。

ただ、個人的にはメンバーシップ雇用学習意欲のない大半のアホな大学生には福音だと思っていて、まともな職能もないのにそこそこの初任給賞与担保されてホワイトカラーの仲間入りができるという大きなメリットをもたらしている。ジョブ雇用が基本の欧米欧米で、大学出たての職能のない人はインターンとして薄給奴隷さながらのハードワークを強いられ、一部社会問題化している。

就活のくるしさから抜けるためには

長くなってきたので短くまとめたい。

1. 大企業ブランドのある企業に入れば幸せ という思考停止をやめる

幸福度所属先の集団ブランドには大きく左右されない。「自分自分人生コントロールしている。自己決定できている」という感覚もっと幸福をもたらす。

大企業だのブランドだのと、一過性承認欲求に惑わされて進路を選ばないほうがいい。

2. 新卒採用は「性格のよさ」を競うものじゃなく、いか面接短期間で「こいつ使えるし、社員と気が合いそう」と確信してもらえるかだと知る。

そのためにはクソ短い面接のなかで的確に自分特性を伝える必要がある。その方法はすでに数多の就活本などで型化されているからそれを読め。

そこに書かれているのは嘘をつく方法でもないし、自分陽キャ偽装する方法でもない。そのままだと生臭すぎて他人には飲み込めない「あるがままの自分」を、面接プロトコルに合わせて加工し伝える方法だけだ。

2020-06-22

anond:20200622124810

救済で生計を立て、救済する自分アイデンティティだの自己肯定感だの持ってしまった人達は、そういう指摘を全力で否定するんだ。

キリストにとってキリスト業を取り上げられることは自分全否定される事になるから

学者専門家植松批判小学生みたいな命肯定論になり、医療者の末期患者対応自己決定を説得しての治療になり、弱者ビジネス矛盾過小評価され続けるんだな。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん