「自己決定」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 自己決定とは

2019-05-28

anond:20190528164741

自分下方婚せずに、結果として一生独身のまま生きることも「自己決定」結果として受け入れているわけじゃん。

2019-05-22

anond:20190522015914

まぁ自己決定力には欠けるし自己肯定感も皆無だけど結局何もしたくないなというのが全てだと思う

本当に自分からしたいと思うことがない

2019-05-20

anond:20190520150139

ポスト自由主義は、自己他者自由尊重する社会的公正を指向する思想体系のことをいう。性的な分野での自由を主張する近代自由主義(モダンリベラリズム)とは異なり、それが人々の自由をかえって阻害するという考え方が根底にある。現代において個人自由独立した選択実質的保障し、極度の恋愛的、性的は貧富差における個人社会的自由侵害する偏見差別などを防ぐためには、政府による制限や介入をなくしたりするのではなく、政府地域社会による積極的な介入も必要であるという考えに基づく。

「公正」とは、ジョン・ロールズによれば「立場入れ替え可能性の確保」を意味する。これは人々に「社会のどこに生まれても自分は耐えられるか」という反実仮想を迫るものであり、機会平等と最小不幸を主張する。ロールズ格差原理では、格差ないし不平等存在は、それをもたらす関係につく機会が平等に開かれており、かつ、それによって社会で最も不遇な人々の厚生が図られない限り、その存在は公正ではないものとされている。

よって、ポスト自由主義積極的自由に基づく自己決定を推奨し、国家による性の再配分または地域社会による相互扶助肯定する。すなわち、市場原理主義では経済的容姿的、コミュニケーション強者利益を最大化する一連の行為のために、少子化問題構造貧困介護問題などさまざまな弊害社会問題が生じ、それは近代自由主義の「意図に反して」人々の社会的自由をかえって阻害しているとし、近代自由主義修正する思想である


階級間の融和不可能対立中央集権的な統制を是認しない一方で、近代自由主義者のように自由競争が市場における「神の見えざる手」のように最大多数の最大幸福自動的に実現するとは信じず、政府によって、各人の社会的自己実現をさまたげ、市場社会における相互欲求最適化や調整のメカニズムを阻害する過度の集中や不公正などの要因を除去することが、まさしく「自由」の観点から言っても必要だと考える。

なかでも○○は「自由放任の論拠とされてきた形而上学は、これを一掃しようではないか。持てる者に永久権利を授ける契約など一つもない。利己心がつねに社会全体の利益になるように働くというのは本当ではない。各自別々に自分目的を促進するために行動している個々人は、たいてい自分自身の目的すら達成しえない状態にある」と述べ、アダム・スミスに由来する「見えざる手」に信頼する自由放任論からの脱却を求めるとともに、具体的には不完全婚姻均衡からの脱却のための人口政策が、政府によって実現されることを求めた。

2019-04-23

anond:20190423154333

あなたねえ自分医療職だから患者病気を治すのが当然、とかどうせ思い上がってるんだろうけど、いっぱしの大人が決めた人生自己決定赤の他人が口出ししようだなんておこがましいよ。

事故事件で若くして殺されたのなら本人や遺族の無念を思うと赤の他人だろうがさすがに悲しい気持ちにはなるけど、別にイケメンに生まれたのは本人の自由意志じゃないしそれで生き抜くべきだとか指図される筋合いはないでしょ。

2019-03-15

anond:20190314074420

お国のために、自分のために透析を中断したいという声に耳を傾けることなく、自らの利益のためだけに患者を縛り付けることがはたして人道的でしょうか。生きるべきではない、生きたくないいのちの声をタブーの一声でかき消してはなりません。”

 「お国のために」自己決定

2019-03-09

anond:20190309083247

みんなから「もう疲れたでしょやめよう」って言われたらやめないといけない気になるけど、

みんなから大丈夫だよもっといけるよ」って言われたらもっと生きてて良いのかなって気になれる。

弱い個人自己責任自己決定なんて同調圧力でどうとでも捻じ曲げることができるし、

仮に家族から「もう金ない。疲れた」とか言われた場合に、

「それでも私は生きたい!」って言えば決断したことになるのか

神様が生かしてくれるのか、具体的に金の調達やらを誰が世話するのかとか

もろもろ考えて「生きたいけどどうすればいいのかわかりませーんあしながおじさん助けて」は通るのか、とか。

2019-02-19

anond:20190219124415

政治活動意味を履き違えているからなのでは?

ゴシップ記事一喜一憂してるだけですし

自己決定すらも危うい人多いし

欧米が寛容とかは特にはないです anond:20190219112053

自己決定の考え方が広く浸透しているだけです

【それは貴方選択 (It’s your choice.) 】ってヤツ

貴方は、その店を使う選択も、使わない選択も、出来る。そして、その結果による、利益不利益貴方に帰すもの

ほーん、じゃあ、誰も彼もが自己決定キッチリ責任を持つ、マッチョ倫理観の高い連中ばかりかといえば、当然そんなことはなく、

日本人感覚じゃドン引くような、ユーチューバーツイート や いたずら で 溢れているし、

日本と同じように報復レビュークレームも入れるし、

だってぶっ放すし、強奪だってする

強いて言えば、倫理観の高いエリート割合が、日本よりも少し高いのかも知れないねくらい

倫理観の高めのエリート気持ち多め、それに倣おうとする国民気持ち多めだけど、それ以外は基本的ヒャッハーしている国がよろしいのか、

上も下もなんでもクレクレ言って自己決定の責を負わない、同調圧力で息苦しい代わりにヒャッハーしているヤツも少ない国がよろしいのか、

それは好みだと思われます

2019-01-08

anond:20190108091320

そもそもありのまま」なんて英語では言ってないからな

好きなようにやるとか自己決定の話なのでそこは翻訳のせいだよ

ありのーままでーはよく出来てるし言いたいことはわかるから誤訳とまではいいたくないけど

けどまあ日米の違いみたいなものが出ちゃってる

2018-12-27

この文も含め、自己決定力の弱い奴は、「それはあんたの中で決めてくれ、自分は知らないし、他人にいうべきことではない」と他人と接する事でより責め苦を感じ、選択の機会、判断コストを削られてる気がしてる。

2018-12-16

anond:20181216014358

自由のために思想否定するんだとただのアナーキストなっちゃうんだけど大丈夫なのか?

リベラル自己決定尊重する立場なんだから

男性的な生き方を生きると自分で決めた人は肯定しないとまずいんじゃないの

2018-12-06

スピリチュアルと分断

母がスピリチュアルにハマった。

典型的亭主関白精神DV込み)な父と過ごした30年間で溜まったストレスが爆発したようだ。


母は父から心が離れた。しかし非常にのびやかである

父は母に突き離された。今もまだ混乱のさなである

「30年やってこれたのだから、悪いながらもこの先も同じ調子で行けるでしょう」と言う人は多いだろう。

しかし心身ともに快い状態を知ってしまった人が元の悪い環境に戻れる訳がない。

無理してあと30年頑張るのがいいことなのか。(主に父が)寂しい思いをしてそれぞれの30年を生きるのがいいことなのか。

私は過去の母に同情するし、これからの父にも同情してしまう。どちらがいいなんて言うことはできない。

「こうなるべくしてなってしまった」とするしかない。

スピリチュアルきっかけでしかない。

なので、一方的スピリチュアルによる分断は悪であるとする言説には違和感を覚える。


偉そうな物言いになってしまうが、母がスピリチュアルに求めているものは私は既に持っていた。

自己決定する力だ。

観測範囲内でしかないが、スピリチュアルにハマる人は環境や人に流され混乱し、自分が分からなくなっている人ばかりだった。

スピリチュアルを見下している人は、恐らく取捨選択できる人だと思う。

五体満足であったり普通に友達がいたりと、人は自分が既に持っているものに対する価値になかなか気づけない。

既に手に入れているものを持っていない人に対して、哀れんだり、蔑んだりしてしまうのは、残念ながらやってしまいがちな感情の流れだと思う。


母が「宇宙がね〜」と話し始めたら、私は脳内シャットアウトしている。

今の母ははつらつとして楽しそうだ。

よかったねとは思うが、私はスピリチュアルのもの理解できない。

2018-11-11

ハードルは越えられなかったけど

かわいいのハードルを越えられない

この記事を書いたものです。

この記事の一ヶ月後、予定通り鼻の手術をした。

その後、目の手術をやり直し、歯を4本抜いて歯列矯正をやり直した。

顔も脂肪吸引してフェイスラインを整えた。


200万以上かけて、今の顔を手に入れた。


それでも顔がまるっきり変わったわけでは全くないし、

記事に書いた可愛いハードルを越えられたかはわからない。

私の顔を可愛いと言ってくれる人もいるけれど、ブスという人だっているだろう。


でも、私は今までよりすごく幸せだし自信を持って生きている。



所得や学歴より「自己決定」が幸福度を上げる 2万人を調査 | Research at Kobe

神戸大学研究で、「幸福感に与える影響力を比較したところ、

健康人間関係に次ぐ要因として、所得学歴よりも「自己決定」が強い影響を与える」との研究結果が示されている。

ここで言う「自己決定」は、進路(就職先、進学先)に関することらしいけれど、私は他の場合にも当てはまると思う。


私は、自分の顔を自分で決めた。


まれ持ったものにどうこう言われるのはとても悲しくなる。

でも自分で決定したことに関してだれかに何を言われても、「自分で決めたことだから」と強い気持ちでいられると思う。

少なくとも私はそうだった。

整形して、顔が変わったこと以上に、「自己決定」できたことがとても大きなものだったなと思う。



よく整形に関して「親にもらった体を傷つけるなんて」と言われる。

でもメスで入れた体への傷は大抵の箇所は治る。

けれど、容姿によって被ってきた心の傷は勝手には治らない。

誰かが癒してくれるわけでもない。

体へ傷をつけても、ハードルは越えられなかったけど、心の傷を自分で治してあげられてよかったと思っている

2018-11-06

大人だってろくな自己決定できないし責任取れないし判断力ない

ましてや子供をや。

特に性風俗なんてのは判断を誤った時のダメージは他の比じゃないし取り返しのつかないから、そりゃまあ子供が性を売るのは禁止されてもしゃーないわなと思う。だって判断力のない大人って子供の頃はもっと弱かったわけじゃん。そういうのがうようよいる。賢い子ばかり見てると人間は賢いと思うのかもしれないけど、大多数は賢くない。

anond:20181106132747

子供から、だ。

子供とは、自己決定能力を培う時間が不十分な存在定義する。

自己決定能力が未発達ゆえ、法的責任制限され、かつ権利制限される。

anond:20181106132747

一部の論者のコメントに対し苦言を呈するが、責任能力がないから性にも自己決定を認めないだなんて、被後見人である知的障害者はどうなるのか。

彼らの婚姻も認めないのか?

優生保護法精神のものではないか

知的障害者が性を売ることを誰にも止められないにも関わらず、子供に限ってのみ止めることができるとする理由は、責任能力の有無以外の点に求める必要がある。

2018-11-03

anond:20181102124156

そもそも燃やされる作者は女性なので、女が自己決定するなってのがこの手の人の本音なんだよね

2018-10-26

安田氏自己責任が及ぶ範囲を超えている

カタールの専門家「日本政府と緊密に連携 極秘で交渉」 | NHKニュース

カタールから身代金の支払いについて仄めかされているが、彼の解放の為に支払われた3億円がどの様な目的に使われるのか?を考えたときウマル安田氏(以下 ウマル)は黙って殺されておくべきだっただろう。ウマル家族や友人にとっては解放が喜ばしいことは人情として理解できるが、無関係な我々は、まず国際社会が建前では3億円の拠出禁止していた理由が、テロ組織活動制限することで多数の人命の保護にあったことを想起すべきだろう。ウマル解放に使われた3億円で、どう考えても一人よりも多くの人間死ぬ

自己責任】と呼ぶのは難しい

ウマル自己責任で行くから手も口も出すなと言った。自己責任とは自らの責任で損失をカバーできる場合に言う。自分の命をもってすら贖えない過失を、自己責任でどう償うというのか?

自己責任論】でもない

今回のケースは、貧困問題などで語られる自己責任論とは、一線を画す。貧困問題などで語られる自己責任拒絶反応が示されるのは、生来能力や、病気障害など本人の努力で不可避の理由でままならない人と、単純に本人の努力不足と怠惰性質によって貧困を招いているケースが混同されてしまうからだろう。私自身は、前者は社会全体で支えていくことが望ましいと考えているが、後者は見捨てるべきと考えてもいる。

少し、本旨からそれた。

ウマルのケースは、貧困問題で語られる自己責任論とは異なる。まず本人が、自らの責任で行動することを公言して政府による諌止を振り切っている事が第一理由であろう。意思さえあれば回避可能事態だった事は論ずるまでもなく明らかだ。怠惰ゆえに貧困に甘んじても、本人と家族以外は誰も困らない。その怠惰の結果は自己責任で取れるが、ウマル自己責任が招いた結果は彼と彼の家族の命では到底釣り合わあい程重いものになる。何百人が新たに殺されてしまうのだろうか?また、新たに何人の日本人が狙われてしまうだろうか?

愚行権範疇すら超えている

生命身体など自分の所有に帰するものは、他者への危害を引き起こさない限りで、たとえその決定の内容が理性的に見て愚行と見なされようとも、対応能力もつ成人の自己決定に委ねられるべきである、とする主張である

3億円があれば、何丁のAKライフル実弾何発を購入することが出来るだろうか。その弾でどれほどの人命が損なわれるだろうか?何人の子供が親を失うだろうか?処刑されていれば、愚行権行使したのだという事も出来よう。ウマルには、親を失う現地の子供たちに、親以上に価値のある何かを示せるつもりでいるのだろうか?だとしたら、傲慢極まる。

処刑されていれば

彼の身命を自らの責任で使い切ったとして、ウマルの行動を擁護することも出来た。日本政府が費やした費用や労力は、政府がその責任で行ったことだ。税金を使われたことは、頭にくるが問題ではない。彼の為にテロ組織に支払われた身代金3億円の作る罪を、現地の罪もない人々や国際社会が背負う事が問題なのだウマル自己責任能力は、数万人分の命よりも高いのか?どの面さげて生きて帰ってきたのか?と問いたい。

ウマルは蹴られるなど虐待は受けたと言うが、3億の価値がある命として扱われてきた事は健康状態を見ればわかる。テロ組織に殺される人々には、命に代価を支払うチャンスどころか神に祈る時間すら与えられない。

コメントで聞かれたので

Arturo_Ui 自分で「建前では…禁止していた」って書いちゃうから説得力全然ないんだけど // そんな増田がこの記事https://www.news-postseven.com/archives/20181018_784114.html)をどう論評するか、ぜひ聞いてみたいですね。

安保理 身代金の支払い拒否求める決議

建前として、公式には支払いを拒否する決議が行われている事を知らないわけですね。

記事についていえば、そこで夫人犯罪に巻き込まれ自身の命を失ったところで愚行権行使だし自己責任範疇だが、テロ組織誘拐されたのなら身代金を支払うことなく見捨てるべきだろう。何も変わらない。というか、条件が一致するものが乏しい無関係記事で揚げ足を取った気になれる頭の悪さは、はてサの悪癖の一つだなと改めて思ったよ。普通大人党派性ではなく合理性物事評価するんだよ。

2018-10-14

anond:20181014230743

まあそんな言い方をするやつは差別しかしてないということはさておき、確かに区別差別認定されうる定性的区別はない。

差別という考え方は人権思想立脚していて、人権思想人類文明の維持と発展のためにあるので、自己決定とか機会の平等とか幸福とかGDPとかが把握できるほど損なわれていれば差別認定していいんじゃないだろうか。

日本中世国家なので問題を提起すると「世論から見てそれはお前のお気持ち問題では…わが国家体制の維持に貢献しないのでは…」と言われがちだが、人権思想こそがフランス第一共和政に始まる近代国家を成立せしめた根幹であることは理解すべき。

女性女性らしい格好をするのは良くない。たとえ自己決定であっても。

人類をどの属性で切り取っても同じ分散になるまで均質な多様性が達成されない状態で、ある属性所属する人が、”その属性らしい”服装やふるまいをするのは、ステレオタイプの強化を招くので望ましくない。

さらにいえば、均質な多様性が達成されていたとしても、自己決定選択された服装やふるまいに属性内で偏りが生じれば、ステレオタイプ再生産につながる恐れがある。

服装を例にとれば、社会的規範が先にあってステレオタイプが生み出されたわけではなく、最初はみんな全裸属性差が無かったところから、毛皮を纏った段階で自然発生的に被服部位の男女差が生じ、長い年月をかけて現在のようなステレオタイプを生み出してきたという歴史がある。

真に多様性が認められる社会を達成するには、個々人が自分の好悪で選択をするのではなく、意識的バランスを取るように動く必要がある。

2018-10-13

キズナアイ人格はあるか?(キズナアイデーモン小暮と同じか?)

◯どうも脇見せ、ヘソ出し、胸強調で性的アピール、だけど顔やら声音幼女、という面妖なキャラクターである

キズナアイが歪んだ性的ファンタスムであることは、やはりなかなか否定し難いと見え、

そこで新たな論法として

キズナアイ人格を有する。人格を有するもの自己決定においてエロい服を

着ているのだからフェミニストであれ誰であれ文句をいう筋合いはない」

という論法批判回避しようとすることにオタク界隈ではなった模様である

以下ポストブックマーク参照

■ごくごく個人的な、キズナアイが巻き込まれ騒動のまとめhttps://anond.hatelabo.jp/20181012051234

人格存在については「キズナは言ってみればデーモン小暮と一緒でコスチュームキャラなんだ。デーモン小暮人格が認められると言えるのと同様の意味キズナアイにも人格があるんだ」ということらしい。

果たしてこの考えは正しいのだろうか?

コスチュームキャラだという論であるからして、デーモン小暮コスチュームを脱いだ本人(以下、小暮何某とする)に対応するものキズナアイにおいては、声を担当したりモーションを担当したりする俳優がそれにあたるものと考えられる。(オタク界隈では「中の人」というらしく以下、中の人と呼ぶ)。デーモン小暮を小暮何某と同一視し、人格ありと見なし得るように、キズナアイ中の人を同一視できるか。その両者を比較してみたい。

◯まず、キャラクター創造の側面を考えてみよう。

デーモン小暮というキャラクターは小暮何某が芸能活動上、デーモン小暮というキャラクター、つまり芸名ルックス、その他設定をつくり、本人がそれに成りきっており、デーモン小暮は本人の意思により100%コントロールされている。つまり小暮何某の人格による創造、そしてそれによる自己アピールデーモン小暮である

一方キズナアイについてはどうだろうか?

キズナアイというキャラクター運営会社運営しているものであり、そもそもキャラクターを作ってビジネスしようとの発案、キズナアイとの名称、外見、設定などは運営会社オタク向けマーケティング産物として創造したものであって、中の人意思による創案では全く無い。中の人創造性と無関係のところでキズナアイは成立している。むしろキズナアイ声音はどういうもの適当か?との運営会社の考えのもと、オーディション俳優を選んでキズナアイにあてがった訳で中の人というのはここではただの部品しかないとすら言える

この通り人格自己決定による自己アピールの側面においては両者は完全に違うものであると言えるだろう

◯次にやはり大きく人格の発露とみなせるキャラクターの行動発言はどうだろうか?

デーモン小暮が例えばワイドショーなどに呼ばれ、何かのニュースについてコメントを求められた場合、それについて意見を述べるのは100%小暮何某それ自身である。完全に同一物なのだから至極当然にそうである

一方キズナアイについては、運営会社運営しているキャラクターであるからして、その発言運営会社意図運営目的にそう台本運営会社が用意するだろう。中の人はそれに沿って演じることになる。つまり意見運営会社のものである。(念のため、演技であるだろうからアドリブの要素はおそらく入るだろうが、その場合運営会社の考える発言趣旨イメージ戦略その他会社コントロールしたいものから逸脱すればやり直しになるであろうことから中の人独自意見運営会社から検閲キズナアイ意見となることは有り得まい)

この違いは実はものすごく大きく、デーモンキズナ両者が仮に社会的不適切発言をした場合にそれは露わになる。デーモン場合不適切との責めは至極当然に同一人物である小暮何某本人に向けられ本人が社会的制裁を受けることになるが、キズナ場合中の人が責めを負うことはすでに述べた仕組みからして有り得ないだろう。通常の意味において、つまり知的精神的に障がいを負っている等の特殊事情を除けば、一般には人格というもの存在は、何かの責めをそこに帰責できるかということに大きく依るのではないだろうか。

◯以上、二点検討した通り、デーモン小暮人格がある、ということと同じ意味においてキズナアイ人格がある、ということは全く言い得ない。キズナアイ中の人は単にキズナアイ声音発音する部品に過ぎまい。

◯ここまで長々書いたのはごく常識的な話で常識人には、わかっとるわい、という話に過ぎないだろうが、オタク諸君の間ではそうではなく、キズナデーモン説が罷り通っているようなので、態々説明した次第である

2018-07-30

杉田議員LGBTに関する発言

いきなり本題から

議員が「LGBT生産性がない。よって彼らを優遇するな。」と言ったとする。

この裏は「生産性のある人は優遇されるべきである。」ということになる。

元来、「国が○○を優遇する」ということに対しては極めて慎重でなくてはならないはずだ。

(○○に”アーリア人”などと代入すればわかる)

誰かの優遇と誰かの冷遇は表裏であるし、国が人々をある状態積極的誘導することは良心の自由に対する緩やかな侵害であるからだ。

しかしその中で、「子供を産み育てる」ということは優遇されるべきこととして広く容認されている数少ない行為ひとつである

なぜなら、われわれは全員いつか老人になり誰かの子供に食わせてもらうことになるからだ。

いくら自己決定云々言ったって、誰かが子供を産み育てないと国が続かないからだ。

よって、LGBT優遇することに慎重であるべき、という議員の主張は正しいと思う。

同時に、彼らに対する排除や不当な不利益排除することも議員の務めである。そのことも忘れずに頑張っていただきたい。

2018-07-29

anond:20180729162057

愛とか自己決定意思がないと見なされがちな重度障害者でもちゃんとそれらの観念理解してる、愛も悪意も伝わってる

という福祉現場の知見が最近何度も報道されていた気がする

したがってその知見に基づけば彼らの結婚意志も(児童と異なり)法的に認定されるもの

2018-07-25

anond:20180725223148

ここらで自己決定力育てておかないとその後の人生詰む

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん