「歯磨き」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 歯磨きとは

2021-05-09

マービスって歯磨き粉高すぎて使う気になれん

2021-05-08

キムタクが如くっていうのいい加減やめてほしい

木村拓哉担ではないよ※

JUDGEEYES死神遺言の続編、LOSTJUDGEMENT裁かれざる記憶が昨日公式発表された!

ジャッジアイズリマスター版の発表、公式LINEアカウントTwitterアカウント新規作成からフラグが立ちまくっていて、これは続編こないわけないと思ってた矢先・・・

カウントダウンが始まり狂喜乱舞

毎日少しずつ解禁される新規映像に胸を躍らせつつ、5月7日23時前に必ず間に合うように風呂歯磨きも済ませパソコンの前に待機していた。

おもらしを見てしまタイトルビジュアルを見てしまったのに全く興奮が収まらなかった。

そしてあのぐっと心をつかまれ裁判所でのシーンからの怒涛のティザートレーラー!!!

ストーリーだけでもぐっと引き込まれ、前作からキャラクター達が変わらない姿で活躍し、重厚雰囲気はまさにジャッジアイズの正統続編!

前作がかなり面白かったのにそれを超えてきそうだなと思わずにいられないほどに期待値が上がる!

木村拓哉インタビューやら中尾彬の続投やら、堀北真希旦那とか玉木宏とか興奮しっぱなしの状態で探索アクションや新しい戦闘スタイルの解禁を次々に見せられて各国のファンの心を代弁するかのような鋭い質問の数々・・・

放送時間は短かったけど密度が非常に高い素晴らしい番組で極めつけは9月24日世界同時発売・・・

興奮冷めやらぬまま掲示板やらツイッターやらを見あさり気が付けば深夜に。

ツイッタートレンドをふと見ると、私が苦手な「キムタクが如く」の文字がを発見してまだこんなこと言ってる人が多いのかと盛り上がった熱が少しだけ冷めた。

龍が如くシリーズ知名度は高い。

ジャッジシリーズ制作をしているのも龍が如くスタジオ。

龍が如く制作陣の方もたくさん関わってる。

モーションや町は龍が如くから流用している。

でも「キムタクが如く」ではないよね?

ディズニーバグライフを見て、「ムシ・ストーリー」っていう人いないよね?

スタジオジブリ思い出のマーニー見て「思い出のラピュタ」っていう人いないよね?

ジャッジアイズ龍が如くシリーズは別物であるという考えがどうして広まらないのか。

かにプレイしてたら龍が如くシリーズとの共通点を感じる瞬間は多い。

バカゲー要素とか、さっきも言ったけど街もまんまだし。

でもキムタクが如くではないよね?

龍が如くシリーズナンバリングが7まである上に、スピンオフ作品もたくさん出ているので正直新規ファンはとても入りづらい。

ジャッジアイズ2としなかったのも明らかに龍が如くシリーズとの差別化を図っているとしか思えない。

前章のあらすじを紹介する中尾彬ナレーションドラマチックかつスマートで、章のタイトルOPの砂の演出は「ヤクザゲー」ではないという印象を強めてくれた。

登場人物がしゃべったり状況を説明する文章に使われているフォントも「如くシリーズ」とは異なっていて丸みがありこちらもスマート

ゲームパッケージも「ゴリゴリ」感がないものの「木村拓哉」という大スターを前面に配置したスタイリッシュものになっている。

ストーリー展開も「拳で解決」ではなく仲間たちと知恵を絞ったり、誰かがだれかを冷静にさせたり、「なんとなく顔を出す」ものではなく因縁という必然性がありケリをつけるために必死にもがく姿が印象的だった。

これキムタクが如くではないよね?

ジャッジシリーズキムタクが如くというのって、「あのキムタク」をただの飛び道具として見てるのかとがっかりしてしまう。

ジャニーズタレントはやたらと不当な評価世間からさんざん受けていて、ファンフラット評価に飢えていることを知っているので悲しくなる。

自分キムタクを好きでも嫌いでもなかったけど、このゲームキムタクを好きになったのでキムタクが如くと言われるととても悔しい。

前作ではキムタクが動かせるというのが大きな話題になり、自分もそれで興味を持って購入した人間だけどこのゲームのいいところはちゃんゲームとして面白いところ。

キムタクきっかけで入ったのにこれを言っても説得力がないけどキムタク以外の部分の出来が良かったからこれだけ話題になって評判も良くて。

続編でもあのキムタクがこれをするのかwという目線で見られるおもしろシーンがあるので期待してるけど、それは一部にすぎなくてですね。

キムタクが〇〇に!というのは二の次ストーリーについて語りたくなってしまうのがジャッジアイズだったわけで。

ちゃんジャッジシリーズジャッジシリーズと言ってくれる人が増えてほしい。

コンビニ電子レンジに頭を突っ込んであっためてくれはキムタクじゃなくてもちゃん面白い。

キムタクスターであるからこその話題性とか抜く必要は全くないけど、キムタクキムタクジャッジシリーズに出てくるのは八神さん。

八神役ではあるけどキムタクのものではない。

キムタクが出るゲームジャッジシリーズだけかもしれないけど、キムタクはいろんな作品に出てる。

なぜキムタクはこんなに不当な評価なんだろう。

世代的にキムタク全盛期を知らないけど「何をやってもキムタク」という不評はよく目に入ってきてた。

でも八神戦闘ボイス、めちゃくちゃうまいじゃん。

気のないしゃべり方も、覇気のある声も感情吐露するシーンも全部うまいじゃん。

なぜこんなにうまいのにキムタクからという理由で聞きもせずプレイもせずへたくそだの一言で終わらせてしまうんだろう。

ていうかジャッジアイズ一章冒頭のシーンは新谷先生適当にあしらうというシーンなのに、そこだけ聞いて「棒読みでは」と思うひとは何も見ないほうがいいと思う。

そこまで意図をくみ取れないひとが創作物見ても楽しめないと思いますよ。

こんな愚痴を書いてるけど※したように木村拓哉ゴリゴリファンでもなんでもない。

ツイッター木村拓哉についてつぶやくと、かなりの確率で10個以上のいいねがつく。

木村はいかに日々不当な評価に胸を痛めているのかがわかる。

どれだけフラット評価に飢えているかわかる。

ジャニーズなら何でも叩いていい精神いい加減捨ててほしい。

時代遅れですよ。

4人組の続投も嬉しいし、東生存確認できた。

星野君とさおりさんはうまくいってるようだし源田先生も元気そう。

泉田検事真冬が出てこないのに不安を感じるけどどうなるんだろうとか。

はんぴんりゅうまんが出てきたけどやっぱりつながってない世界でよかったとか。

ソンヒさんに会えないかなとか

ファン意見をかなり汲み取って続編を作ってくれるのは本当にうれしいなとか

スケボーアクション早くやりてえなとか

今度は何股かけられるのかなとか

そういう雑念が入らない純粋な楽しみ!という気持ちだけを抱きたかった。

ていうか木村拓哉ファンキムタクって言わないみたいだし。いやでしょ。

正義」とは何かまた問われることになる作品で、題材も身近に感じられるデリケートものであったり。

これは如くじゃなくてジャッジシリーズ。楽しみすぎる。

2021-05-05

急に歯が痛くなって歯医者

虫歯か詰め物とれたか、と思って診てもらったが、どちらも痕跡無し

知覚過敏だろう、と言われたので知覚過敏用の歯磨き粉や歯磨きジェルを買ってきた

歯磨き粉は1日3回、痛みがなくなっても必ず磨けとある

中断するとまた痛みが出てくるのだそうだ

なんだそれ、この歯磨き粉でずっと毎日3回磨き続けなければいけないのか

知覚過敏はどうしたら治るんだ

2021-05-02

anond:20210502092633

歯医者に行ったら歯磨きは一日一回でいいって言われた(他国と比べて推奨される歯磨きの頻度が少ないから臭くなっちゃうのかもねという意味

言いつけを聞かずに食べたら磨くけど

2021-05-01

朝の用意の仕方

朝の5:50に起きて7:20に家を出たい。

その間にやることは

風呂入るかシャワー浴びて髭剃って頭洗う

・朝飯食べる

歯磨き

 

あなたなら可能だろうか。

書き出してみるとクソみたいに簡単っぽく見えるな。

でもなぜか俺はこれができなくてずっと悩んでいる。

いつも家を出る時間が7:50ぐらいになってしまう。

そしてジム行けなくなってしまう。

anond:20210501121912

あるあるwwwwwwwww

ミント味も歯磨き粉だと思うしwwwwwwwwww

ミント味好きな奴なんているのかねえwwwww

ねむれなくなっちゃった

歯磨きしてベッドの上片付けてトイレ行って〜って考えるだけで眠る気無くす……もう5月じゃん

2021-04-30

anond:20210429105649

前後の会話がわからいからなんとも

  

女「私筋力が無くて、歯磨きすると腕がいつも痛くなるんです」

増田「いつもですか?!電動歯ブラシに変えた方がいいですよ」

ならまあ増田のせいじゃないしその女は普通じゃないけど

女「身だしなみには気を使ってるんです」

増田「お綺麗ですもんね。ただひとつ、口が臭いので電動歯ブラシに変えた方がいいですよ」

とかなら増田が悪い

2021-04-27

母親性格が悪い上に不潔すぎる

・疲れを理由に髪の毛を洗うのは2日1回。臭いから洗ったほうがいいと言っても聞こうとしない。そのまま平気で外出するし、常識が不潔な昭和のままなのだろう。

・誰も見てないと思ってテレビを見ながら鼻くそをほじくりまくる。鼻かめば、と言っても身を隠して無視する。

ハンカチポケットに入れてて何度も鼻をかみまくる。昭和かよ。ティッシュを使って即捨てろや。

・口が臭い。おそらく親に正しい歯磨きを伝授してもらわず矯正されてない。言っても改善しようとしない。父親歯医者の定期健診に誘っても行ってないらしい。

ウォシュレットの後にウンコトイレの蓋に飛び散ってて掃除してない。親父のせいかと思ってたが母親のせいだった。


こいつは親父に拾われなければ未婚不潔ババアのままだったのだろう。

なんでこんなやつからまれなきゃいけなかったのか。

2021-04-20

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却

【闇】統合失調症患う(両親の主張)娘を10年以上監禁して凍死させた両親…“無罪主張”したが控訴棄却 [和三盆★]http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1618835198/

1和三盆 ★2021/04/19(月) 21:26:38.47ID:xJrn3QAW9

 プレハブ小屋に長女を10年以上監禁して凍死させた罪に問われた両親の控訴審で、大阪高裁懲役13年とした1審判決を支持して両親の控訴棄却しました。

 柿元泰孝被告(58)と妻・由加里被告(56)は、統合失調症を患っていた長女・愛里さん(当時33)をプレハブ小屋に10年以上監禁し、十分に食事を与えずに凍死させた保護責任者遺棄致死の罪などに問われていました。

 1審の大阪地裁は2人に懲役13年を言い渡しましたが、2人は判決を不服として控訴し、無罪を主張していました。

 4月19日の判決大阪高裁は、犯行について「行動の自由制限して尊厳を著しく損なうもの」とした上で、量刑についても「事案に相応で合理的もの」として、控訴棄却しました。

http://www.mbs.jp/news/sp/kansainews/20210419/GE00037911.shtml

過去ニュース

33歳長女、体重19キロ

起訴状によると、両被告は07年3月ごろから監視カメラや内側から解錠できない二重扉が設置された自宅内のプレハブの小部屋に愛里さんを監禁1712月ごろまでに急激にやせ衰えていたのに十分に食事を与えたり、医師の診察を受けさせたりせず、同月に凍死させたとされる。

 検察側は冒頭陳述で、愛里さんが12歳のころに不登校になり、それ以降、中学まで登校しなかったと説明。両被告は愛里さんに愛情を抱けず、一緒に生活したくないと考えて監禁し、粗雑な扱いをして死亡させたと主張した。小部屋の大きさは1.6平方メートルと畳1枚分程度で窓はなく、亡くなる直前の小部屋の温度1012度。食事は1日1回、水はチューブを通して与えていたと指摘。衣類を着せず、入浴や歯磨きもさせず、死亡後の解剖結果では愛里さんは身長145センチ体重が19キロで、歯はぼろぼろでいくつかは抜け落ち、ひざがまっすぐに伸びない状態だったと述べた。

http://www.asahi.com/amp/articles/ASN273G2KN27PTIL001.html

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん