「性差」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 性差とは

2017-11-20

女性の体をモノ扱いするな」って言う人がいるけど

これって体と心のつながりを認めてるわけだよね?

だとしたら女体者が女らしく男体者が男らしくなるのは当然だと思うんだけど、上記の人はどの程度まで精神性差を認めてるんだろう?

友達から性欲向けられる

性欲向けられて嫌がってるっていうのは、

それってお互いのニーズが合わなかっただけだろ。

男の「とりあえずセックスしたいニーズ」と、「しっかり付き合ってる男じゃないとセックスしたくないニーズ」。

これは性差って問題が強いかいかんともしがたい。

でもセックスはしたいよね。

2017-11-19

anond:20171118110723

男は男だけが入会できる秘密結社フリーメイソンを作って社会を構築した。

女も男に頼らず女同士だけで協力しあって女が活躍できる社会を構築すれば良い。

男が女の邪魔をすると言うなら、女だけの秘密結社を作れば良い。

 

なぜ、努力もせずに文句だけを言うのか?口先だけで終わって実行が伴わないのか?怠慢で楽なことしかできないからか?

なぜ、女同士は結束できないのか?自分のことしか考えていないのではないか

 

男女に限らず、他人の良い点は称賛して見習い他人欠点反面教師として学びの材料にすれば、男も女も活躍できる。

性差以前の問題

2017-11-17

anond:20170804164547

理想中学生位の段階で老化については教えた方がいいよね。だって傷つく生徒いないじゃん?

これに関して言うと2000年前後位かな、高齢出産で亡くなった女性がいて、もちろんこれは悲しい事だけど旦那病院を訴えたケースがあった。

新聞各社で議論が沸く中で、女性団体から高齢女性出産するからと言って危険だというのはおかしい。それを可能にするのが医療のはず。女性蔑視につながる」ってクレームが入って、新聞社側が謝罪してた。あと35歳以上の初産を高齢出産とする、っていうルールもきえたんじゃなかったかな。フェミニズムがイケイケだった時代

その辺から高齢出産リスクは言われなくなった。

嫁さんに聞いてみても、高齢出産リスクなんて知らなかったって言ってる。

この辺、フェミニズムの減衰と共にまた言えるようになってきたようにも思う。

昔は性差を扱うのに非常に神経質になる必要があった(バカじゃなければ)今は若干カジュアルに言えるようになってきてる。

2017-11-15

anond:20171113151617

ほぼブーメランだけど、女性よりも男性のほうが思想公共性がある傾向なのは事実だよ。

女性のほうが社会運動にはまるけど、大抵の運動大義はあっても公共性はない(みんなのためではなく理想のため)。

あと女性のほうが育児介護接客などの奉仕的な活動に優れているけどこれも思想とは関係ないし。

男性は「みんな」のために頑張るのがちょっとだけ得意で、女性は「特定のだれか」のために頑張るのがちょっとだけ得意。ぐらいの性差だと思うけど。

2017-11-14

サイゼリアだったことに文句いうな!っていう話じゃない

サイゼリアが嫌だったらサイゼが嫌

嫌だったらどこがいいか提案して

 

って話でしょ。

そのくせ、「夫に何食べたい?って言ったら『何でもいい』っていうのが一番ムカつく!キーッ!」ってなるんだから正直性差とかじゃなくて人間日本人の性だわ

2017-11-11

anond:20171111193036

政策などで解決できる経済格差と、解決するとしたら

したくもない性転換手術しか方法がない性差の話を一緒にしちゃう馬鹿さったらないよね。

anond:20171111180022

男尊女卑がなぜ起こるのかは、生物学的な配偶システムが大きく関わってきます

動物社会には男尊女卑オットセイなど)、男女平等トキなど)、女尊男卑アンコウなど)のいずれのタイプ存在します。

なぜそうしたいろいろなタイプが生じるのかというと、♂と♀との間に繁殖適齢期までに生き残る数(これを生物学では「第三次性比」という)にあまり差が出ないタイプや大きな違いが生じるタイプ動物があり、少ない側の性に希少価値が生まれからです。

ではそもそも性別によって適齢期までに生き残る数に差が生まれるのかというと、少し専門的な話になります潜在的繁殖スピード性差が生じるからです。潜在的繁殖スピードが他方の性より遅いと、出産育児によって次の繁殖までにかかる時間が長くなり、配偶者獲得の場面であぶれにくくなります。逆に、他方の性は配偶者獲得の場面であぶれやすくなるので、配偶者獲得競争が生じやすくなります。そこで、大きく筋力の強い体を作って同性が繁殖するのを邪魔したり追い払ったりして配偶者を独占しやすくなるのです。しかしながら、大きく強い体を作るのにはそれなりのコストがかかるので、生存率が犠牲になります

例えば、トラは♂が♀より体重が1.5倍近くあり、テリトリーの広さで♂が♀の3倍ほどありますが、♂と♀とのテリトリーの広さの違いはそのまま生存率の違いによるものです。独立して自分テリトリーを獲得するときに同性同士で争って死んでしまうことが♂は♀と比べてはるかに多く、♂は♀と比べると壮年期までの生存率が1/3程度になります。つまり、♂の方が体が大きくて力も強く、支配できる土地が♀の3倍ほどもあり、♂のテリトリーには数頭の♀のテリトリーが重なる形になります。このため、生き残った♂一頭当たりの経済的資本繁殖機会は生き残った♀の3倍ほどもあるということになります

まり、生き残って次世代を生み出す年齢帯で♂♀一頭当たりの食糧獲得機会と繁殖機会に格差が生じる動物は、男尊女卑女尊男卑タイプといえます

ライオンなども同様で、繁殖適齢期まで生き残る確率は♀の方が高く、少数の♂が多数の♀を従えるという構造の群れを成します。

オットセイアシカなどはこの傾向が非常に強く、数頭の♂が数十頭から百頭もの♀を従えるハーレムを作り、配偶者獲得競争に敗れた(不戦敗も含む)十数頭のあぶれ♂がハーレムを奪うか、ボスが狩りに出かけたり睡眠に入った隙を狙って♀と交尾する機会をうかがうためにハーレムの周りを取り巻くという形態が生まれます

人間はトラやライオンほどではないにしても、♂の方が潜在的繁殖スピードは速く、構造的にやや男尊女卑になりやすタイプ動物だとは言えます

また、文化人類学見地からは、ジョージマードックによる無文字社会研究から結婚適齢期における男女比(生物学では第三次性比という)が1:1から大きくずれてしまうことが一夫多妻制や一妻多夫制といった複婚制ができる土壌となることを明らかになりました。

ヒトの一夫多妻社会は、無文字社会では狩猟戦争などで死亡率において男性の方が高いこと、女性は性成熟した15歳付近結婚する人が多く、男性社会的自立を確実なものにした25歳くらいで結婚する人が多く、婚姻年齢に差があるため、15~25歳の年齢帯で男性の死亡率が高いことが多い無文字社会では結婚適齢期の男女人口比で女性の方がはるかに多くなることが原因で形成されるとされています

ヒトの場合も、第三次性比が偏ることが配偶機会の性差をもたらす点で、他の動物基本的相違はありません。また、経済資本争奪戦も異性間より同性間で強くなる傾向があり、これに勝った少数の男性が多数の女性経済的にも支配し、敗れた多数の男性排除されることから経済面でも男女格差男性格差が顕著になる点も他の生物と同様です。

そして、富や繁殖機会の偏在は狩猟社会より農耕社会の方が顕著になりやすいです。こうして富や繁殖機会をより多く占めた男性権力をふるうようになり、男尊女卑社会形成されるのです。

また、文明化の恩恵によって男性の死亡率が下がり、結婚適齢期の男女人口比が1:1に近くなって性別による経済的利得と繁殖機会の不平等をもたらす生物学的基盤が失われても、一夫多妻婚姻制度男尊女卑文化社会制度として強く根付いてしまうと、なかなか解消されずに継続されてしまうことが多くなります

2017-11-10

anond:20171110113218

男尊女卑時代には、ごく一部の特殊な例を除いてすべての女は嫁になる以外の選択肢が無かった。

嫁になり、大黒柱である夫が気持ちよく働けるようにかしづくのが良しとされた時代。これがすべての女の義務だった。

女が外貨を稼ぐ場合は、男の稼ぎが足りない場合や稼げない場合や、家業(農家とか自営業とか)を支える無休労働者の一人としてという

あくまでも主体的ではなく、従属的、二次的な外部労働を期待されている。サブの存在だった。

もし、今は女尊男卑時代である、と言うのであれば、一部の特殊例を覗いてすべての男が、

女が稼げるのであれば、気持ちよく働けるようにかしづくのが当然であるし、

女の稼ぎが足りなければ、子供を育てながらでもパートに出たり野良仕事をしたり、しなくてはいけないわけだ。

実際は、男女ともに選択肢が増えて、性差による役割が均されつつある、というだけのこと。

anond:20171109232316

若い女性のいない職場ってことが良く分かった。

そしておそらく増田は久しぶりに入った新人女性で、いつまでたってもお茶くみをしないもんだから女性の先輩がやりだしたのを見て慌てて代わったが、なぜ自分がこんなことを……と思っている。

業務性差がないと思うなら、先輩女性お茶くみの達人だからお茶くみを任されているのだと解釈して、先輩に任せておれば良いものを。

2017-11-07

anond:20171106122055

すげえ分かる

レーダーチャートの項目が一個だけ飛び出してるから好きになれと言われても厳しい

ステータス全振りじゃなく他項目も平均値(そこそこ≒中の中〜下くらい)はやっば欲しいよ

でも美女と野獣カップルが成立しうる女は思考回路が全く違うんだと思う

これは性差から一生分かりあえないと思う

2017-10-30

フェミニスト辞書の改変をしなければならない理由と、それに相応しくない理由

http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/24/iwanami_a_23253606/

フェミニスト市民団体辞書フェミニズムフェミニストの項の解説について異議を唱え、それに呼応して検討が行われるとかなんとか。

言うまでもなく、もともとフェミニズム女性解放主義である。feminine-ismを直訳すれば女性主義なんだから解放主義でも柔らかくしたくらいだ。じゃあ一体何から解放するのかというと、これは近代以前の社会運営がほぼ全世界的に男性によるものだったという状況から解放だ。我々日本人にとっては、戦前参政権男性しか与えられなかったことなどが代表的だろう。少し話がずれるが、戦前参政権は当初性別と年齢に加え、当初は納税額も条件とされていた。納税額、つまり収入額(と直結するものでもないが、一応目安として)、イコール教養(と直結するものでも以下同文)である。つまり政治の話がある程度わかる人間にだけ参政権を与えたかったのだ(と私は推測している)。その理屈正当性を見出すかどうかはさておくとして(そっちに脱線すると戻ってこれなくなる)即ち、それまでの社会運営男性によってのみなされていたのだから女性にそんな能力が認められるはずがない。よって権利が与えられるわけはない。おそらく、どこの国でも似たような理由で、似たような状況があったものだと考えられる。

では翻って、現代においてはどうか。少なくとも先進国においては自明だと言っていいだろう。男女同権は少なくとも建前としては完全に定着した。つまりフェミニズム歴史的に見て、既に勝利を収めている。それも決定的な勝利をだ。実際その勝利によって男性にも少なから利益があったのだろうと思っている(そうでなければ勝利できなかっただろう)が、まあ細かいことはさておこう。

さて、ここでお気づきの方はお気づきだろうが、この方向性を維持し続けると(実現性はさておき)最終的には女権社会になる。なので、「性差別を排し平等を目指す」という方向に、少なくとも一部(おそらく主流派)はシフトしたがっているのだろう。おそらくはだいぶ前から

だがその場合、つまり性差男性偏重からゼロにすることにのみ注力した場合、「これまでの歴史において女性が被ってきた被害、損害」が補填されることはなく、完全に据え置かれることになる。これは何を意味するかというと、現実かつ現在女性を救うことはできない、ということだ。未来に生まれ女性をより良い環境に置くことはできる。過去女性名誉回復可能かもしれない。だが、今現在なうで苦しんでいる女性を救う(ために男性からリソースを奪い彼女たちに与える)ことは、思想的に不可能なのである。そしてフェミニズムを奉じることが出来るのは、現在生きている人間だけだ。

この二律背反が、いわゆるフェミニズム界隈の不可解かつ理不尽な動きの根底にある。基本的にこの手の一括りにされた集団の動きが矛盾しているようにみえるのは「根本的に同一人物ではないから」というのがお決まりパターンだが、これを一括りにしておかないと迷走する。かと言ってフェミニズムのものを破棄すると、また前近代社会体制に逆戻りするおそれがある(なにしろ自然条件ではだいたい男性社会運営するようになるものなのだ)。

これらを合わせて考えるに、個人的には、フェミニズムはいっそ完全に分裂するべきなのだろうと思う。そしてその場合、feminine-ismという字面継承するにふさわしいのは、今苦しんでいる女性を助ける、実にハタ迷惑な方の「フェミニスト」たちなのだろう、とも考えている。

2017-10-25

anond:20171025150826

ハンデ?

まぁ男性社会で生きていく上ではハンデか。

お前みたいな男にすら中出しされたら妊娠ちゃう欠陥品だもんな。

そう思いたかったらそう思えばいいんじゃない

ただ性差理由で過剰に権利を奪われ虐げられることと、ある程度平等だけど重要局面性差理由男性社会で勝ち抜けないは全く違うことだと思うけどな。

2017-10-24

anond:20171024022359

はーい

じゃあ私も一人一派のフェミニストとして言うけど

しか小池さんの味方はできないけど

性差による天井があるのでないかという主張をするのは自由なので

「敵」というほどではないなーと思いまーす

単純に思想的なものの考え方が合わないから支持しませーん

2017-10-23

性差役職比率について

人口比に対して女性労働者が少ないため、女性優遇措置が取られているらしい。現在女性の数を増やす過渡期である。それの橋掛りとして、女性活躍を推進するために女性だけを対象にした枠があって、女性って何でこんなに優遇されるんだろうと思っていたんだけど、こういう背景を見たら増やす意義はわかるし、将来的な格差是正という側面から大事ことなんだろうなとは思う。

少し不安に思っているのは、これが将来どういう比率になるのかということだ。優秀な役職椅子男性からして取りづらくなったというのは別にいいのだけど(その分椅子を取りたいならば頑張れば良いし、能のない奴が上につくよりはマシ)、将来的に世代ごとに見た時に、正しく1:1、あるいはそれに近い比率になっているのだろうか。営業とか企画とか女性比率比較的多いところはこれでもいいんだろいけど、私が属するような技術系の分野においては女性比率男性比率のそれより小さい。それにもかかわらず一律的に役職比率が1:1となったら「おかしいな?」と思ってしまうし、職業における男女比をそのまま役職比率に落とせたらいいんだけどな。

とりあえず、優秀な女性に負けないように自分は成果を残しつつ、頑張っていくのが近道だと思うので、制度文句を言わずに頑張りたいところだが…。

2017-10-21

神戸市ごろごろ神戸2「第23回 「母親」を半分引き受ける」

タイトル記事が人気だそうで。

http://www.city.kobe.lg.jp/information/public/online/gorogorokobe2/171018.html

はてブ的にはこういうところがいいと思うのかぁ...

ほんまでっかTVを見ていて、家事はどちらかがやった方が分担するよりも家庭が円満というのをやっていたのを思い出す。その理由は、お任せしていると感謝言葉しかないけれど、分担してやっていると自分と比べて口出しをしたくなるからだったと思う。「脳が壊れた」の著者 鈴木 大介氏が、相手必要ないと思っていることをお願いしてやってもらっているんだから家事してもらったら感謝しろ文句言うなというようなことを言っていたけれど、そういうものだと思う。

「妻が子育てする事によって出来なくなる事は自分もしない」からの、じゃあ妻が出来るようになれば自分も出来るのだから

幸福の共有ではなく、不幸の共有をしましょうということだよなぁ。

これもよく考えると善し悪しで、自分が出かけたいからとほとんど寝ていなくてもっと休みたい奥さんにも外出を促すとかなったら本末転倒だと思う。

ずっと疑問だったのだ。父親育児評価は0点が基本からの加点方式なのに対し、母親育児評価は100点が基本からの減点方式なのはなぜなんだろう。世の中は、母親に対して厳しい目を向けすぎなのではないだろうか

インターン学生そもそも会社即戦力としては期待していないし、楽しく会社生活を送ってもらえばいいのでちょっと何かできるとプラスになる加点方式でしょ。逆に、ある程度の年次がいった社員だと、戦力として使えないと困るので評価は減点方式だと思う。

この著者の周囲において、男性インターン学生みたいな立場なんだよ。男性育児勉強しに来てくれている人、お手伝いに来ている人で、ちょっとできるだけでもたくさん評価して伸ばしていこうとなっている。ただそれだけ。難しいことになってくると、「責任者(母親)を連れてこい。おまえで話にならない」という態度を露骨にとられる。

二言目には「ママはどうしたの?」と聞かれるとか、保護者をさす言葉が大抵「お母さん」とか「ママ」とか言われるのってみんな気にならないんだろうか。

私は性別的には父親であるが、役割的には半分は母親でありたい。子育てに関するよろこびもしんどさも、分け合えるものはすべて均等に分け合いたいと思うから

結局、性差から逃れられていない感じだと思うんだけれど、そんなにいいこと言っているのか?

父親母親もそれぞれキャラが違うんだから、違うキャラを生かして得意なことをやればいいんじゃない

誰かがやらないといけない役割を誰かがやってくれて、やってもらっている人はやってくれている人に感謝するというので自分はいいと思うんだけれどな。

2017-10-05

anond:20171003201918

オタクでも鞄に缶バッジ大量に付けたりゴスロリ着たり、やる人はやるのでは?

俺も男オタクの方が女オタクより隠していないという気はするけど、具体的にどの程度の性差が有るものだろうか。

2017-10-03

性差ってあるよねーと言う母

東京共働き、一人息子を育ててる。

実家鹿児島に帰ると息子を見て母がしょっちゅう男の子から力が強いねー、男の子からよく動くよねー、とか言った後に必ず毎回「本当に性差ってあるよねー、上野ナントカさん(?)が『性差なんてないんです!』とか言うけどやっぱりあれは嘘だよね」って言うんですよ。

これ、すげーウザいんだよね。

母が暗に何を言いたいかと言うと「生まれ持って性差がある以上男は仕事、女は家事育児でしょ!」なんです。いや、私の被害妄想ではなく。

鹿児島まれ鹿児島育ちの母はゴリゴリ男尊女卑に染まって生きてきた人で、義理姉(共働き)が親の世話をしないって、文句たらたらだけど自分の夫が指一本動かさないのに文句ひとつ言わないような人だからね。

そりゃ性差はあるだろうけど、じゃああなたは犬みたいに道端でおしっこするんですか?

本能的なものだけ首肯して人間としての文化や、こうあるべきだと言う様々な戦いの中で弱者が勝ち取ってきた道筋否定するのは愚かだよね。レイシストトランプみたいにさ。(ここで唐突トランプ貶し)

35才以上のおっさん別に幸せにならなくていいと思う。とりあえず働いてくださいな。男性って感情あるの?

35才以上のおっさん別に幸せにならなくていいと思う。とりあえず働いてくださいな。男性って感情あるの?

婚活中の女性は、年齢に関係なく、みんなで幸せになりたい。

れいり;婚活に進展なし(´・ω・`)‏ @reiri17991777 Jun 22

twitter見てたらこんなこと書いている女医がいた。

性差とか人権とか完全に無視してて酷すぎる。

すごい呪いとか怨念を感じるツイート過ぎて、読んだら気持ち悪くなった。

こういう考え方って一般的なんだろうか。

2017-09-20

男女平等を実現する為に必要なのはハードの改良ではないか

やれ女性差別だ、いや男性差別だって話題はてなでは連日のように盛り上がってる

そのブコメのやり取り見ながら、なるほど色んな考え方があるもんだなぁって思ってたんだけど、ふと思った

男女格差問題って人間の肉体的な、つまりハード面の格差に引き摺られてる面が大きいんじゃないかって

何をいまさらって人も多いだろうし、確かに当たり前の事ではあるんだけど忘れちゃいけない事だとも思うんだよ

で、こういうハード面の格差を克服できたら男女間のいろいろな問題って解決ちゃうんじゃなかろうか

極端な話、人類を全部サイボーグ化してその日の気分で性別を入れ替えられる様な世界なら生まれ持った性別による意識の差ってなくなっちゃうと思うんだよ

さすがに人類全部をサイボーグ化するのは無理だし、可能でもディストピア要素が強すぎるとは思うけど男女格差の解消って究極的にはこれだと思う

例えば筋力の差を普段着ている服がパワードスーツ化する事で男女間の筋力差が誤差の範囲になるようにしたり

男女間の思考共感力の差をサポートAI支援で補う事で同質に近づけたり

VRを用いて性別を入れ替える体験を得られる機会を増やしたり

人工子宮技術を発展させて出産性差を無くしたり

俺の脳みそだとこういうのしか思いつかないけど他にも色々アプローチの仕方はあると思う

肉体的な差が小さくなれば男女間の意識の差も小さくなる

そうなれば互いの事を理解やす共感も得られ易くなると思う

それはそれで新しい問題を生み出しそうな気はするけど、とりあえず男女平等という点ではかなり前進するんじゃないか

2017-09-16

anond:20170915153747

私もさっきレイトショーで見てきたところ。

時間美人を観る映画でもあったし、性差役割善悪個人がどう使うかの難しい映画でもあった。感想ほとんど同じ。すっきり復習できてよく眠れそう、ありがとう。(教育の意義のところだけひねくれてるように思うけど、たしかに隙はあった)

個人的には、彼女最後まで使う武器が、武器っていうか縄だっのが興味深かった。痛めつけもするけどつなぎ合わせたり引っ張り上げたりもする。事実は一つかもしれないけど、受け止め方によって善悪/信じる疑う/苦楽と二面性を持つ。あと、最後攻撃のシルエットが十字架だったことも、私にはわからない西洋キリスト文化コンテクストがあるのかな、なんて。

女性活躍する映画として面白さで言えば、ゴーストバスターズのが楽しかった。でも十分、見るに値する!映画だったよ。

2017-09-14

男にとっての射精と女にとっての愚痴吐きは同じものだと認識しておけ。

これを理解していないヤツが多いから言っておくけどな

どちらも

脳と身体構造性差があるのは致し方ないものだ。

愛情だのなんだの言う前にパートナーのこれを排出させておけ。

これをお互いだけで上手く受け止められる男女が長続きするんだ。


パートナー排出したくなったら、

嫌がらずに多少ガマンして排出の手伝いをしておけ。

多少義務感を伴うかもしれないが、

きちんと手伝っておけば長続きするから

愛とか恋とか気持ちが~とか抽象的な話に刷り替えるな。

生物として生きていく限り排出すべきもの存在するんだ、と認識しろ


男でも愚痴言う人いるし~とか

女でも性欲あるし~とか

人によって~とか

例外揚げ足取りのやつらの言葉無視しておけ。

基本的にこれを抑えておけば異性に対して腹もたたなくなるから

anond:20170914102150

ここからの流れの話。長い文章書くも、短い文章書くも人それぞれで性差によるものじゃないよねって事。

https://anond.hatelabo.jp/20170914090131

anond:20170901203346

女の文章は、古今東西その傾向強い。

読み手からすれば、心底どうでもいい書き手の卑近な事情を書きたがる。

「この映画を見たときの私は社会人三年目、仕事ばかりで五年続いた彼氏に振られたばかりで・・・

「この曲がヒットしていた頃は私は中学生、共に頑張った部活の先輩と夕暮れの帰り道で・・・

とかなる。

男だと、

「この映画は○○という映画世界観踏襲している。あのシーンは□□からオマージュ・・・

「この曲は○○ムーブメントの流れに乗って発表された。従来の□□らしくないコード進行・・・

とかなる。実に論理的だし、無駄がないのでスッと読める。

女の話があちこちに散らばりつまらないのも、評論家の大半が男なのも単純に性差による思考パターンの違いだろう。

もちろん例外も多分にある。前者のような男は結構居るし、後者のような女もアカデミックな場だとかなり居る。

あくまで全体的な傾向としての話だからな。これも女性蔑視になるんだろうな、はぁ。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん