「癒着」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 癒着とは

2022-06-27

暮らしをよくするために選挙に行こう!みたいなこと言うやつ全員きら

さて、選挙が近づいてきてインターネッツ選挙大事だよバズがうるさい時期になってきましたね。

なんか特にここ数年、若者自分のために選挙行こう!とか、生活を良くするために選挙行かないと!とか、選挙行かないのに文句だけは~みたいなクソ説教死ぬほど聞く気がするのですが、

個人的党派性云々より選挙自体に何も期待していないので、その手のことを言っている人がいるとタレントでも知人でもア~・・・って思ってしまう。

この増田趣旨としては、選挙に行かない言い訳をしたいわけでも、政治選挙制度それ自体批判したいわけでもなく

上に書いたような「選挙に行こう!」みたいな発信への思うところを書いております

まり詳しいというわけでもないので間違いもあるかもしれない。納得できる論理で、じゃあ選挙に行ってみるか、と思わせてくれる反論がつくことも微妙に期待しております

以下、選挙行こうよ話でよく使われる文句と、それに対応して増田の思うこと、というかたちでお送りさせていただきます


若者層が投票結果への影響を増やす政治家も若者意識せざるを得ず、若者向けの公約政治家が増えてくる。

・ひととおり公約を読めばどの党も高齢者一辺倒ってわけでもないし、社会保障の皺寄せが若者に来るのは人口構成比にもよるものも当然あると思う

・そも高齢者自分に得だから選挙に行く、というわけでもなくて、時間があるから投票に行きやすいとか、地元候補者やその関係者との付き合いがあるとか、地域根付いた人間関係(互助世間体)が強いとかある。

人口構成比や細かい政治システム関係なく世界各国でも投票率は低下傾向があるし、世代間格差が開いているっぽい(軽くググった知識なので古い/誤解かもしれない)。ということは単に現代若者生活スタイル情報収集手段に現行選挙マッチしてないという事情も少なからずあると思う。

オンライン投票可能期間を伸ばせば若者投票率も多少上がるだろうけど、課題は多し。

・あと単純に因果が逆でも成立しない?そのロジックがアリなら、20代世帯に5万円配りますつって普段選挙に行かない若者票を荒稼ぎする政治家が先に出てきててもおかしくない、気がするのだけど…

さらにいうとこの論調危険なところは、本来なら富裕層/貧困層対立構造として問題視すべき部分まで世代問題すり替えてること。

民主主義として選挙に参加する権利放棄している。(=普通選挙平等選挙に対する冒涜だ/政治文句を言う資格も手放す)

政治参加方法選挙だけじゃない。ストライキデモパブリックコメントなど直接意思を表明できる手段は色々ある。なんなら政治文句を言う政治批判なんか、一番歴史が長い政治手段なんじゃなかろうか。

→そも無から選挙権が産まれるはずがなく、普通選挙権を獲得したのは批判政治運動だよね。

・昔は全員に投票権があったわけじゃない。

→これ本当に謎。昔はできなかったんだから今しないのはもったいない、なんてこと腐るほどあるでしょ。論点がぶれそうだから具体例は出さないけど。

選挙に参加する権利=恩恵を受ける権利社会を作っていく権利、というわけでもない。選挙権は、政治上の代理人を選ぶための1票を投じることができる権利以外の何物でもない。

個人的には投票しないと文句言えないのロジックも飲み込めてない。選挙制とか多数決に納得して投票をした人の方が文句言えないんじゃないの?と思うし、与党投票なんかしようものなら口をつぐむしかなくなるのじゃないか

・あとは、少なくとも民主主義の下に論じているのならば投票しない人への排他的な態度は正解ではないと思う

●1票の影響力だって云々、その他

・現状の選挙システム現実主義見方をするなら、1票の影響力は正直なところかなり小さいよね。

人口比率による世代間の票の格差があるので若者についてはさらに小さい。まずそこを認めてからなんじゃないの。

純粋公約を読んで判断して、という個人も当然少数ってわけじゃないと思うけど、業界として票田を持っているとかそういう大きい組織票の殴り合いもあるなか、自分の1票を重いと言い切るのはやっぱ無理あるような気がいたします。しかもみんな同じ党に入れるわけじゃないとなるとなおさら

公明党がなんで連立与党になってるかとか、なんで特定業界との癒着が発生してしまうのかを考えれば自民公明だよね。

・あと政治に正解はなく、世代とか右翼左翼だけじゃないその人々の立場価値観で最適解は変わってくるのに単純化(=投票すれば暮らしがよくなる)している風に見えることがとても引っかかっている。

若者が〜の例でいえば、高齢者向けの社会保障分が若者に回されれば社会全体ハッピーなの?という感じ。そんな単純でもないけど。

・これだけ書いておいて元も子もないことをいうと、選挙以外の方法政治が変わることを期待しているわけではなく、 政治憎しでも選挙憎しでもなくて、「若者選挙に行こう!」憎し、というのがニュアンスとして実感に近い

なので選挙に行く人は普通に偉いな〜と思って見てるし、行かない人はわかる〜って思って見てます

anond:20220627113230

建築設備業では過去癒着問題からかなり浄化されている、というブコメが興味深い。

IT業界ってまだまだ未整備なんだね・・・

2022-06-22

はてな民政権交代癒着防止のため。自民野党政権を渡せ!」

アメリカ民主党インフレの影響で選挙ボロ負けしそうになってるのは全力で抵抗しそう

anond:20220622171339

政治はうまくいかないのが前提

その状況下でも特定政治団体と企業富豪癒着してうまくいかない部分を大衆押し付けるか、

定期的に政権交代を繰り返して癒着しないようにしてうまくいかない部分を偏りなく国民全員で負担するか、

どう考えても後者のほうが国家としては発展するような気がするんだがな

大半の日本人は前者のほうが良いらしい

大企業勤務ならわからんでもないが、中小企業非正規労働者みたいなのが前者を支持する理由は全く分からん

anond:20220622135405

別にどこが担当しても大して変わりないが、特定政治団体企業癒着を防ぐためにコロコロ政権変えたほうがいいだろうってのが広まればいいんだけどね

とはいえコロコロ政権変えたほうが国は発展する」というデータ比較できる形であるわけじゃないかひろゆき見てるような層には届かなさそう

他国選挙活動見てても日本と同様に対立候補ネガキャンがメインな辺りそういう戦略的投票する層は殆どいないんだろうな

2022-06-20

杉並区長選で思ったこ

杉並区長は下記の立候補者インタビュー読んだら分かるように

区民(とくに女性若者)に対する上から目線を隠そうともしなかったし、

開発業者との癒着露骨で、いわゆる杉並っぽさがどんどん壊されていってたので、

住民の反感買って当然といえば当然だったと思う。

それにしては投票率が低いけども、逆に言えばこの低投票率で、有利なはずの現職が落ちるくらいに

嫌気が差されてたという。

(それはさておき、下記インタビュー区長選挙ならではの視点で各候補の考えとキャラクターあぶり出しており、

なかなかの力作かつ快作だと思った)

https://nishiogi.org/220619kuchointerviews/

ひるがえって、私の現在のすみかである某区の区長もやってることは杉並と似たような利益誘導政治なのに

つるむ相手外資とか財閥とかのキラキラ系だからか、代理店とがっちり組んでるからなのか、

批判など涼しい顔で受け流しつつ選挙圧勝してしまうので腹立たしい。

どうにかならんのか。はやく馬脚を表せばいい。

2022-06-15

日教組被害を受けた僕ら」の歴史的経緯

これとかもそうだが未だに日教組による教育被害が云々という言説がまだ見られるんだが。

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/twitter.com/sivaprod/status/1536206227939950592

 

この際ちょっとその言説の経緯をまとめておくよ。

この言説のキーマン小林よしのりなんだがそこに至るまでを説明しないといけない。

 

日教組批判が激しくなったのは1980年代後半から

日教組昭和22年に結成されて昭和30年代には組織率8割以上を誇って…というのはWikiとかで勉強してくれ。

右翼による日教組批判特に熾烈を極めるようになったのは1980年代の後半からなのである

街宣車大音量日教組日教組!と怒鳴っているので一般の人の日教組知名度はこの辺りで上がった。そもそもノンポリの人は学校先生組合なんて知らんもんである。但し右翼一般受けは悪かったので日教組評価は下がらなかった。

また日教組集会を開くと周囲に街宣車が多数集結して大音量軍歌を流し音圧を競うようになった。

すると近所の会社仕事が全くできない。電話どころか窓を閉めても耳を塞がないといけないような状態だ。

でも日教組知名度が低く、どこで集会をやってるかも判らないので右翼の評判が下がるだけだった。

 

こういう極端な抗議行動が流行した背景には当時の政治的社会的状況があった。

その一つは「デタント」で、もう一つは「任侠右翼の増加」である

ソ連敵性喪失

右翼が何と戦っていたかというと、その最大の敵はソ連だった。これは街宣右翼だけじゃなくて神道系の右翼統一教会も皆同じだ。

だが1985年ゴルバチョフ書記長就任するとどうにもならないほど疲弊したソ連改革政策ペレストロイカ推し進める。最初は大した変化はなかったが、チェルノブイリ原発事故以後は情報公開も進め、世界を巻き込みながら怒涛のように変化していく。

それによって西側ではゴルバチョフ歓迎ムードが高まり、要するに憎むべき敵性国家で無くなっていったのである

更にソ連共産党活動を停止し、遂にはソ連が無くなってしまった。

これは右翼陣営勝利のはずだが、困ったのは攻撃する敵を喪失してしまった事で、自分らのアイデンティティの根幹の喪失でもあった。鈴木邦男ソ連崩壊時に「これは僕らの問題だ」と語っている。アイデンティティ喪失に苦しむのか、敵の乗り換えをしてアイデンティティを保持するかという含みがある。結局鈴木は敵の乗り換えには乗らなかった。

 

また、街宣車での街宣はやりすぎて体制側に対策が出来てしまった。

まず憲法違反の疑いもある静穏保持法が施行されてしまったので外国公館などの特定箇所で大音量を出すと逮捕される。

またソ連大使館前の道路街宣車が近づくと全交通遮断される。言っておくがソ連大使館前の道は外苑東通りという都バスも走る幹線道路である。当時は街宣車のせいで道路遮断されたりそれで周囲が交通マヒしたり運行経路が決まっているバス20分以上立往生なんて事はザラだった。

 

こんな風に最大の敵であるソ連がやたら腰が低く物分かりが良くなった上にソ連大使館に街宣掛ける事も出来ない。

だとしたら残存敵性勢力である日教組に向かうしかない。

という事でこの時期に日教組悪質性が増加したのではなく、ソ連の変化とデタントの為に日教組批判が熾烈となったのである

 

任侠右翼参入増による右翼街宣車の大増加

まずそもそも右翼だが、元はヤクザとの明確な区切りは無かった。これは土建屋、鳶や水商売テキ屋も同じだった。

区切りを引いたのは警察である

戦後右翼は、例えば児玉誉士夫など体制癒着しそれは米国従順という事でもあった。

1960年代末に左翼学生運動が盛んになるとこれに対する体育会右翼学生組織されていった。新右翼と呼ばれる。

新右翼の特徴は反ソ反共ながらも反体制反米である事だった。これは当時の世相や全共闘運動に影響を受けている。

ここを境に右翼系の政治結社誕生して行く。そしてそれらは「街宣車軍歌を流し辻説法をする」というスタイル確立していく。

この街宣車は最初旧軍自衛隊国防色(カーキと灰色バトルシップグレイ)だったのが後述の事情威圧感の強い黒塗りになっていく。

よく「街宣右翼」とネットの一部で言われるが、1980年から右翼政治結社街宣車スタイルをみな踏襲しており、それ以外はないような状態だった。ヤクザっぽいがはじめの方の新右翼にはヤクザとの殊更の関係はない。

因みに日本会議中央の人士らはこういう街宣ではなく、就職しないで大学に残り学生運動を続けた人たちである

 

80年代になると校内暴力学校が荒れ、ツッパリ型不良が大増殖して暴走族も大増殖した。また暴走族右翼感染が進んだ。特攻服旭日旗暴走族の印となったのもこの頃だ。不良or大人への反抗=右翼ファッションだったのである

更に暴走族ヤクザ構成員リクルートの場になる。

こうして右翼≒不良≒ヤクザが緊密化したところで任侠右翼の街宣参入が増えたのだが、もっと大きい商機的な問題があった。

 

思想右翼の主な資金源というのは機関紙販売である。これは志を同じくする人からの購買もある。

が、もう一つのパターン不正思想的に看過できない行いをした法人へ抗議街宣をして、その手打ちとして機関紙の購買を取り付けるという方法がある。

ヤクザが参入する主目的後者の方で、民事介入暴力の支払い手段として機関紙購買を取り付ける為に政治結社を立ち上げるのである民事介入暴力というのは殴ったり蹴ったりじゃなくて、企業商業活動暴力団が威圧をもって参入する事だ。

企業恐喝街宣車を利用するのだ。国防色より威圧感がより強い黒塗りが主流になっていったのはこの為だ。

暴力手段行使されないようにみかじめ料として機関紙を購読する会社も多く、大変な出費になっていた。

 

因みに総会屋も同じことを70年代にやっており、機関紙/誌の執筆者編集者需要が高まり学生運動就職が困難になった学生運動家が多数その仕事に就いた。総会屋の多くは内容には口を出さなかったので社会不正糾弾する記事を書きまくり総合誌ブームが起きたが、80年代初頭の商法改正総会屋が潰されると大方廃刊

だが技能を身に付けた者は大手メディアフリーランスとして雇用された。リベラル/左翼ライターには総会屋の手先出身結構居たのである

 

こういう訳で街宣右翼業界は膨れ上がり、日教組集会8月9日反ソデーには黒塗りのハイデッキバスが大挙して集合し爆音軍歌を流すようになった。それまでのライトバンやタウンエーススピーカーつけてる貧乏右翼とは大違いだ。

ハイデッキ観光バスというのは6000万円以上する。それの座席を取っ払ってラウンジ型にしてシャンデリアやカラオケ自動車電話冷蔵庫バーカウンターをつけて車検を通したら1億を超える。それに自民党共産党のようなプロの街宣用スピーカーアンプを搭載して、北方領土の日にはフェリー陸路釧路とかの空港回送しておくのだ。組員は飛行機で向かってバスに乗り納沙布岬に向かって「露助この野郎」とかやって帰るんである

しか一社あたり3台とか6台とか持ってるのだ。沢山来すぎて根室渋滞になるほどだ。当時の任侠右翼の羽振りの良さが判るだろう。

 

ハリウッド映画でもジャパニーズヤクザ描写されていた頃で、特に企業活動への威圧的介入は警察問題視されていた。

そこで暴対法施行される事になる。これは大抵の暴力団を社会的に殺す大変大きな力がある法律だった。

伊丹十三ミンボーの女には暴力団が右翼街宣車企業恐喝に来るシーンがある。この映画暴対法施行直後に公開されたので同法施行で先を案じているヤクザを大いに怒らせる事になって伊丹ヤクザに襲撃されて重傷を負ってしまった。

余談だが、この時伊丹を襲撃した組は後にJR東本社前の土地を巡って殺人事件を起こした。JR東本社道路に面しておらず、また同社は本社付近建物を次々に押えているのだが、購入すれば都道と面して建築基準が大幅緩和されるその土地に手を付けなかった。それほどヤバい土地だったのだな。

 

ちょっと長くなったが、「えせ右翼在日朝鮮人右翼の評判を下げる為になりすましてる」とか噴飯物の事をいう人が多く居る界隈なので一応説明した。

えせ右翼とは一般には上記のように民事介入目的ヤクザ運営して構成員も被る政治結社の事だ。もっと硬い警察用語では「右翼標榜暴力団」という。

 

90年代右翼不遇の時代 

こうして

1.バブル的に増加した任侠右翼暴対法により急速縮小

2.ソ連消滅により敵を喪失

となってソ連勝利したはずなのに右翼/保守業界というのは停滞してシュリンクしてしまう事になる。

そして当業界では超直的なそれに代わって冷戦後政治リアリズムを中心に多様性がある論説が流行するようになった。産経新聞コラム「斜断機」が柔軟で面白くて単行本化されてしまうような時代だ。因みに吉本隆明の門下生が多く書いていた。

そんな中で反共反ソイデオロギー一本の人らには居場所が無い。ソ連無き後に残った残存敵性勢力日教組をひたすら叩きながら閉じた業界で腐っていたのである

当時は欧州もみな社民政権リベラル人気で冷戦後世界情勢にも楽観的だった時代だった。 

 

 

 

続き→https://anond.hatelabo.jp/20220615180755

会社経営して利益も出してる私が賃上げをしない理由

フェイクや数字のボカしを多少入れてるので注意。自分たちが今私みたいな中小企業経営者だったらどうするか想像しながら読んでほしい



私は年商数億・利益千万社員20~30人の中小企業経営してる。業態身バレのために言わないが原価のかかるもの販売してる。

昨今のインフレの話もあり賃上げ検討してるのだがどうしても踏み出せない。

その一番の理由人件費が完全に固定費から


利益というものは季節変動や原価率の変動によく振り回される。最近では月単位赤字に落ちる月もあった。


そんな中、日本では驚くほど人を辞めさせるのが大変だ。退職金を積んだとしても常に訴訟リスクがつきまとう。

正社員減給もかなり骨が折れる。

そのため社員人件費は一度積んだら下げられない、辞めさせられない。


私の会社では人手が必要な際は派遣業務委託を駆使するようにしてる。

販売戦略計画のようなレベルの高い業務にもプロフリーランス人材業務委託として活用してる。

これらのフリーランス人材半年以上ずっと業務を請け負ってくれてて社員とも仲が良く、社員と同等に扱われる。

さらにこれらのフリーランスは単価で月100万払ってる人もいるのだ。社員の月給に比べて明らかに高い。


なぜ私がこれらの業務委託派遣人材を高単価で活用してるかというと答えは単純で、いざとなったら切れるからだ。

我々の経営においては彼らは「変動費」なのである広告宣伝費のように市況に応じて調整弁として使えるのだ。




アメリカなどで給料が上がってる背景は絶対にこの点がある。アメリカでは即日レベル簡単に人を辞めさせられる。アメリカ大手金融大手ITが数千万円の給料を出せてる理由変動費に近い扱いができるからだ。


もし日本社員を辞めさせやすい法体制ならば私の会社でも社員フリーランスと同じ月給100万の水準をもっと出したいし出せると思う。

日本賃上げの答えは案外単純にこれだったりする。




「いつクビになるかわからないのは怖い」という意見はありえる。だが辞めさせるということは新たに人を雇うスピードも早くなる。回転率が上がる。

他社も同じ経営判断になっていくと、クビになった社員がまた仕事を見つけることはそこまで難しいことはないはずだ。

つどつど仲介料を取る人材市場もかなり巨大化しそういう経済効果もあるだろう。




なぜこの方向に社会が進まないのか?

私がこれを匿名増田で書いてる理由でもあるのだが、今の日本経営者立場で「人を辞めさせやすくしたい」と言うと必ず炎上うるからだ。そのため経団連人間たちも、パソナのように国にべったり癒着した人材企業ですらこれを実際に発言することは憚られる。


これは日本の多くの経営者がきっと頭の中ではわかってるが声に出せない日本救済のシナリオだ。

誰か権力を持った人間勇気を出してこの方向に向くように扇動すればきっと日本は救える。



追記

アメリカが人を辞めさせやすいという事を証明する法律はどこだと聞かれたので下記を読んで欲しい。

"随意雇用at-will 雇用英語 at-will employment, employment at will)とはアメリカ合衆国労働法英語版)の用語であり、期間の定めのない雇用契約は雇用者・被用者のどちらからでも・いつでも・いかなる理由でも・理由がなくても自由に解約できるという原則のことである[1]。この原則を employment-at-will doctrine日本語訳 随意雇用原則)と呼ぶ[2]。

随意雇用のもとでは、解雇および辞職は即時に行うことができ、手当金や予告は必要とされない[2]。"

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%8F%E6%84%8F%E9%9B%87%E7%94%A8#:~:text=%E9%9A%8F%E6%84%8F%E9%9B%87%E7%94%A8%E3%80%81at%2Dwill%20%E9%9B%87%E7%94%A8,%E5%8E%9F%E5%89%87%E3%81%AE%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82


追記2

賞与についてのコメントがたくさん来てるが、賞与はもちろん出してる。だがそこまで賞与額は高くなく業績が良かった年に多めに出してる程度。


社員家賃などの生活水準賞与込みでは考えない。ボーナスあくまボーナスでありベース給与ではない。これはサラリーマンなら当たり前だと思う。


賞与存在に甘んじてベース給与をおさえるパターンはあるがその状況は一サラリーマンにとってかなり不利だろ。


追記3

ブコメ増えてて驚いている。

・もう一度言うが賞与は多少出してるが、サラリーマンなら毎年賞与がある前提で生活水準を決めることはないだろ。

・毎年昇給も少ないがしている。できれば社員にはインフレ率を一定超える昇給してあげたい。だが売上は毎年変わるしITベンチャーのように急成長してる会社ではないか固定費増は避けようとしてしまう。

・私は別に優秀な経営者ではないから至らない点はたくさんある。私は中小企業、いや零細企業か、を細々と経営してるただの人だ。ブラック企業にならずに社員自分幸せで飯が食えるために努力してるだけだ。ただ世の中には私みたいな層がそれなりにいるとわかって欲しい。

アメリカを引き合いに出したが欧州労働法はそこまで詳しくない。ドイツなんかだと労組が異常に強いか労組経由での賃上げ圧力が強いという程度の知識しかない。ドイツでも労組の手が及ばない中小企業での賃上げ傾向がどうなってるのかは知らない。ブコメ欧州の話が多かったのでこれを機に勉強してみようと思う。ありがとう

2022-06-13

anond:20220613222542

維新自民に勝つのはむしろ最善の急務、メディア癒着政党と60年与党してる政党を変えないのは、市場競争がない独占市場と同じ、国民に対するサービスより自己保身に走って当然の自殺行為

一般政治家ってなんだ?資料を黒塗りで提出して質疑応答に分かりませんって言い続けることか?


つまんないとこってなんだ?あまりデタラメで白目

そんなつまんないことが政治の基本だと言うならこの国の知性が低すぎて民主主義ができてないということ

この国は終わりだぞ

anond:20220612081420

中抜き癒着企業へ流すことは否定せずに、こういうところを否定したがるんだもの日本文明はさっさと縄文時代あたりにまで退行してほしい。

2022-06-10

anond:20220610071136

増田も言ってるけどシンプル地域批判をしてるだけなのにいちいち悪魔化して出羽守とか名前つけて嫌いになるとか好きになるとかい次元で話してる方が意味からない

今○○に住んでるけど大阪家族がいる身としてカジノはやめてもらいたい、政治家メディア癒着しすぎだ、市民政治に興味を持つべき、って批判してるやつなんか腐るほどいるだろ

東京都田舎を比べたり

あれと同じやんけ

田舎に住んだことなければ、そうなんだーそういう文化観点があるんですねとしか思わない

田舎disする奴は嫌いになるとか思わないっすね

2022-06-06

明治政府ロシアの脅威に対して、北海道支配を固めるべく、

開拓使という官庁を作って、次々に官営事業を生んでいった。

しかし、北海道事業は当時の金額で1400万円もの巨額な予算官費から出したものの、多くがあまりうまくいかなかった。

から、それらの事業民間に払い下げることにしたが、財界人は誰も見向きもしない。

そこで、開拓使長官だった黒田清隆は、大阪経済復興させていた事業家、五代友厚相談した。

五代友厚はちょうど大阪商人たちと関西貿易社という会社を作ったばかりで、

北海道での貿易視野に入れていたので、それらの事業を引き受けることにした。

誰も見向きもしなかった事業なだけに、38万円という破格の安さで、諸事業関西貿易社に払い下げられた。

ところが、黒田清隆五代友厚は二人とも同郷の薩摩出身だったことが、問題となった。

薩長主導の政治に反発していた非薩長政治家たちが、「黒田五代が結びついて癒着している」ということを糾弾し始めたのである

それをマスコミ面白おかしく取り上げ、癒着疑惑は全国で話題となった。

これによって、五代友厚は方々から攻撃をされることになり、大阪商工会議所の初代会頭など重職を辞任しなければならなくなった。

この事件によって、五代友厚は心労が祟り、その数年後に病死してしまうことになる。

だが、五代友厚は無実であり、政争に巻き込まれたというだけである

これによって、払い下げが白紙となり、五代友厚の行動もかなり制限されたので、

この事件北海道の発展を遅れさせ、大阪の発展も止めたことになる。

ここまではわかる。

ネット社会になってからは、ますます炎上の頻度が多くなってきた。

何か問題があったという話題には、無関係国民がやたら文句を言う。

そういう非難の声は、実際にはいろんな流れを止めてしまう。

それが顕著だったのが近年の新型コロナウイルス騒動で、

マスク程度の予防で良かっただけなのに、多くの人が非難の声を上げたことで、

無意味緊急事態宣言を敷くどころか、それを長引かせる結果になってしまった。

結局は、自分たちの首を絞めることになってしまうのだ。

そうやって、たくさんの人民の声が、発展のための偉業を阻止する、円滑だった経済を止める、といったことは、歴史の常である

仕方のないことではあるのだが、せめて、

非難の声が大きくても、 自分だけはきちんと判断しよう」という意識が大切である

ここはぜんぜんわからん

せっかく前半がいい話だったのになんでこうなるんだ…

2022-05-31

スゴイいいこと思い付いたんだけど

太陽熱温水器太陽光発電より速やかに普及させた方がよくない?

太陽熱温水器太陽光発電より熱効率がいいし、

しろ太陽熱温水器の方を必須で普及させた方が、

一番エネルギー使うであろう給湯の分がほぼゼロになるんだし。

田舎ではちらほら見かけるんだけど、

都会には屋根かにくそ太陽熱温水器パネルが無いんだよね。

ちょっと冷静に考えたら太陽熱温水器圧勝なんだけどなぁ。

そりゃ今は蓄電池の性能が上がってきたとは言え、

通常使うお湯とか給湯を蓄電池で沸かしていたら一瞬でなくなるし、

なんでもっと太陽熱温水器流行らないんだろう?って不思議に思う。

政府太陽光発電パネルメーカーとの癒着なんかな?

わかんないけど。

でも冷静に考えたら一番効率が良いのは太陽熱温水器からな。

2022-05-22

日本は完全に途上国である

先進国って言ってくれるの、カンボジアとかパプアニューギニアくらいで、決して先進国ではない。

少なくとも日本人先進国民ではない。

その理由を以下に連ねる。

ビッグマック指数が低い。

物価安すぎ。

1人当たり名目GDP が完全に途上国と横並び

うそろそろ30位くらいまで落ちそう

物価が安いという理由観光客がやってくる

リタイア後は物価の安い日本悠々自適暮らしを。

物を買うときに性能で選ぶと日本製が選ばれることはない

made in Japan?やめとこ。

環境意識絶望的に低い

これ途上国というか、国民そもそも人間的に成熟してないこと意味している

政治家汚職がひどい

これどこの国もって言われるけど、汚職性質がまるで違う。日本の成長に微塵もつながらないところばかりに税金溶かしてばかりで、国のために使うけど、その中で癒着があるといった汚職とはまるで次元が違う。

TVメディア政治圧力に屈してプロパガンダ機関に成り下がっている

これぞthe途上国って感じ

いい大人精神論根性論を平気で口に出す。

科学的にも知能が低い人ほどその傾向が強いらしい。外界を知らない山奥の部族か何かかよ。

パスポート保持率が低い

円安貧乏人はさら海外いかなくなりそう。

国内経済を支えているのがIT企業とかではなく、旧時代より存在するような企業

てか有名なIT企業国内ゼロはてな、がんばる?

2022-05-21

日本途上国だなーと思うこと

ビッグマック指数が低い。

物価安すぎ。

1人当たり名目GDP が完全に途上国と横並び

うそろそろ30位くらいまで落ちそう

物価が安いという理由観光客がやってくる

リタイア後は物価の安い日本悠々自適暮らしを。

物を買うときに性能で選ぶと日本製が選ばれることはない

made in Japan?やめとこ。

環境意識絶望的に低い

これ途上国というか、国民そもそも人間的に成熟してないこと意味している

政治家汚職がひどい

これどこの国もって言われるけど、汚職性質がまるで違う。日本の成長に微塵もつながらないところばかりに税金溶かしてばかりで、国のために使うけど、その中で癒着があるといった汚職とはまるで次元が違う。

TVメディア政治圧力に屈してプロパガンダ機関に成り下がっている

これぞthe途上国って感じ

いい大人精神論根性論を平気で口に出す。

科学的にも知能が低い人ほどその傾向が強いらしい。外界を知らない山奥の部族か何かかよ。

パスポート保持率が低い

円安貧乏人はさら海外いかなくなりそう。

国内経済を支えているのがIT企業とかではなく、旧時代より存在するような企業

てか有名なIT企業国内ゼロはてな、がんばる?

2022-05-19

サイバースペース独立宣言

電脳空間独立宣言

原文:ジョン・ペリィ・バアロウ 訳:常盤蒹成 参考:斉藤秀三郎英和辞典

 汚物にまみれた産業界癒着した世界中政府に告げる。醜く肥え太り正常な判断力を失った貴様等忌むべき独活の大木どもよ、私は魂の新世界電脳空間から使者だ。やがて訪れる未来の為に言う、我々に干渉しないでくれたまえ。貴様等は我々にとって歓迎すべからざる存在だ。この電脳世界に集う我々に対して貴様等は統治する術など持ってはおるまい....

割愛したがそういう事なんだろう

2022-05-13


  石井志保子警官の服を着てパトカーで連れて行かれる夢を見た。また、太ももが既に切断されており、癒着しようとしている夢。

    そういうものを見せてくんな。

2022-05-11

在日韓国人差別はあるって言うけどさ

そりゃあらゆる差別はあるに決まってるんだよ

ルッキズムだってエイジズムだって弱者男性差別だってあるにはある

じゃあ、どんな差別があるかって言われたら、たいした差別はないだろと言わざるを得ない

韓国人であることでイジメられるよりも、日本人デブやブスのほうがよっぽど酷いイジメ受けてるわけじゃん

なんなら今話題パチンコなんて、韓国系パチンコ屋が警察癒着してたくさんの依存症を生み出してる極悪非道所業してる

これ日本企業外国でたくさんのギャンブル中毒者生み出してるってなったらとんでもない問題になると思うけどどういうわけで日本でまかり通ってるの?

もちろんネトウヨヘイトスピーチしたりしてるけど、それをひどいというなら欧米ネトウヨなんて数からしてもやってることももっと酷いよね

欧米に比べたらたいしたことないってのが実態でしょ

物事には優先順位があるんです

在日韓国人差別なんて国内うごいめいてる差別問題の中では全然下の方でしょ

anond:20220511154657

アメリカダメ警察モノは

警察が上から下までマフィア癒着してる

犯罪はもみ消す

治安維持に協力してくれそうな政治家事故に見せかけて暗殺される

民衆警察を信用しないで警察官を殺そうとするし

理想を持つ主人公に対して民衆警察マフィア全部敵みたいなエグいのやねん

anond:20220511141924

あれ法より仲間が大事っていう田舎マイルドヤンキー向けだから増田みたいな都会の高学歴には刺さらないんだよ

若い人は知らないと思うけど、ワンピースは連載開始当初は別にマイルドヤンキー向けとかではなかったんだよ。

そもそもマイルドヤンキーという言葉は無かったし、そういう概念社会的確立していたわけではなかった。

何十年も連載が続く中で社会の方にマイルドヤンキーという概念が発生して、その層とワンピースが少しずつ癒着していった感じ。

2022-05-09

anond:20220330232514

同じ状況だったけど

腸と別の内臓癒着してて引っ張られて出にくくなってたのがたまたま分かって癒着取ってもらったら治ったよ

2022-05-05

anond:20220505105727

まともな金融政策を打てないまま消費税導入と増税をしたのが悪手だった

更に連鎖倒産が発生したにも関わらず放置

リストラも数多くあり暗黒時代となった

パソナ問題だけじゃなく政府対応があまりに遅かった

談合天下りも無数に発生して癒着したクズ日本を陥れた

2022-04-26

外食で使う箸が大体割りばしなんだけど

割りばしばかりを見ると割りばし業界に何等か癒着でもあるのかしら

一風堂とかのラーメン屋に行くと専用のプラスチックしなのに対して

定食屋なんか頑なに割りばしを推してくるのは何故なんだぜ?

2022-04-21

アジャイルなんて結局政治ゲームしかない余計なもの

プログラマーはかつてアジャイルというのに傾倒していた。

ウォーターフォールモデルという硬直したパワーバランスですべてが決まっていく開発手法の最底辺使い捨て部品としてしか見られていなかった開発者たちにとって、美辞麗句が並べ立てられたアジャイルはさぞや美しいものに思えたことだろう。

今やウォーターフォールモデルなどというのは過去ロストテクノロジーしかなくなり、アジャイルという言葉しか見えなくなった。

そんなアジャイルという開発手法生産性の名のもとに政治力ベース物事が決められていくという形で力のない開発者たちにウォーターフォールよりも悲惨な形で牙を向くようになった。

アジャイルにおいて大事ものの一つにコミュニケーションがある。

コンセンサスベース物事が進んでいき、開発者たちにとって風通しの良い風土が作られるかと思ったら、単なる政治ゲーム世界になってしまった。

ルールなどは政治力によってエクストリーム改善の名のもとに形骸化していき、口の上手い人間によってその変更はYAGNIとなり、どう考えても不要設計は柔軟な保守可能にする良い設計だとされることになった。

やたらとアジャイル用語は飛び交うがそのままどこかに飛んでいく。

顧客たちによってタスク毎日のようにスコープが変わり、コンセンサスはいつの間にか小うるさい開発者のいないところで取られるようになった。

アジャイルによって政治力を身に着けた上層部は、開発者排除することはしない、コンセンサスに絡みたいならぜひどうぞ、ただし孤軍奮闘する羽目になるけどね、という構図を作り上げている。今のロシアみたいなもんだ。

アジャイル開発が夢見たものは一体何だったのか、結局狡猾なやつが政治力を身につけるかどうかのゲームしかなくなりもはや開発にとっての単なる害悪になった。

この原因の一つが大規模なチームへのアジャイルの導入というものだ。

アジャイル通用するチームの規模はどのくらいだろうか?

おそらく10人がいいところだ。

10人のチームを10個作って開発させるのであれば、チーム感のプログラム的な結合はとにかく疎でなくてはならないが、アジャイルになる前の癒着と言ってもいいレベルの結合は解決されないままに移行される、つまりアジャイルへの移行に対する投資はとことん削られるということであるが、癒着したままアジャイルになるので結局余計に泥沼な政治ゲーム舞台がそこに広がることになる。

そしていか政治的に有利に動けるか、が重要になっていく。

そして偉い人たちは対外的には我社はアジャイル開発を採用しているので高い生産性を誇っていますというのだ。

結局アジャイルとは何だったのかウォーターフォールの何がまずかったのか、ウォーターフォールぶっちゃけわるくない。周りで踊る奴らが権力闘争に明け暮れたのがまずかった。

アジャイルになって権力闘争に明け暮れていた奴らが今度は政治ゲームをはじめたが、ウォーターフォールなんかうんこだ、アジャイルこそ至高!と言ってアジャイルをやってると言ってはばからないしエコーチェンバーによってやってることの懐疑論はかき消されるがゆえにたちが悪い。

彼らは絶対に外に学ばない、第三者評価求めない。そんなのはアジャイルじゃない、うちには専門家がいる、だから十分なのだ無意識今日既得権益を守り続けている。

ボスアジャイルをやってるのになんで生産性が上がらないのだと文句を言う。

アジャイル統括部門リーダーは言う、アジャイル特に重要コミュニケーションが回っていません。もっと密にコミュニケーションを取りましょう。

その結果ミーティングは増え、作業前に書くドキュメントはより厚みを増す。

彼らが叡智を結集してアジャイル原則に立ち返るとこうなるらしい。

そしてアジャイルという名のウォーターフォール組織爆誕した。 

やってることはウォーターフォールなのに名前アジャイルからたちが悪い。

アジャイルの柔軟性を獲得したウォーターフォールなど単なる地獄だ。

そして増える病欠毎日のように退職者、配置変え、いきなりチームの半分が入れ替わる新入社員の追加。

下がる生産性、増えるバグ

そして彼らは今日もなんでアジャイルやってるのに生産性が上がらないのだと。首を傾げる。

2022-03-27

賃金の停滞は国民が望んだことだよ

なぜ日本では給料が上がらないのか?という話がよく飛び込んでくるんだけど、目にするたびに、お前らバカか?と怒りが湧いてくる。これは国民全体が望んだことだろうが。

田原総一朗ビートたけしが司会やっていた、1990-2000年代政治討論番組で何を言っていたか。見ていた人は思い出そうな。

日本人は終身雇用ぬるま湯に浸かっているので、国際競争に勝てない。

日本労働者給料は高すぎて国際競争に勝てない。

日本物価が高すぎて消費が伸びないし、国際競争に勝てない。

企業が業績悪くなったらリストラは当たり前。

公共事業無駄。徹底的に削減しろ。できないのは土建業利権政治家だから

公務員は多すぎるし、給料も高すぎる。削減できないのは官僚癒着している利権政治家だから

・徹底した経費(主に人件費)削減で安いサービス提供している民間企業素晴らしい。国や行政も見習うべき。

若者仕事を選り好みにしすぎ。終身雇用なんか当てにならない。これからベンチャー企業時代

以上のように2000年代まで、安定雇用を減らし、給料を下げるための政策を、みんなして全力で主張しており、その結果が現在わかりやすく出ているだけにすぎない。当時はテレビ政治に対する影響力が今以上にはるかに強く、こうした声を政治家も無視できなかったし、実際積極的呼応していた。国民も、そうした政治家や政党積極的投票した。

少なくとも40代以上の人は、こういう政治討論番組記憶しているはず。賃金の停滞は、メディア民意政治が一体となって進めてきたことで、その通りのみんなが望んだわかりやすい結果が出ているだけなのに、どうしていまさら「なぜ給料が上がらないのか」なんて話をしているんだろうか。少なくとも「賃下げの政治」が進められた時代に既に有権者だった40代は、きちんと記憶してなければダメだろう。

既にメディア発言力を持っていて上述の主張に賛同していた連中については、怒りしかない。竹中平蔵はもちろんだけど、田原総一朗ビートたけしも、テレビに出ていたら速攻で消す。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん