「コクピット」を含む日記 RSS

はてなキーワード: コクピットとは

2020-04-01

anond:20200401100539

見ただけで発狂する存在と戦うためにカメラで捉えた敵の姿を抽象化した画像に変換してコクピットに映すシステムを使っているが

それでも主人公は戦い中で敵のことだんだん把握してしまって狂気に陥っていくガンダム

みたいなのが見たい

2020-03-02

anond:20200302152314

しかモビルスーツつっこまして

エンジン(核だろ)を暴走させて自爆するのが最強だったはず

からあれ、ビームサーベルコクピットそば制御系をつぶしあってるんじゃなかったっけ?

2020-01-23

たっくん

そこでバットふっちゃだめ

そこはエヴァコクピット

2019-11-20

マクロスの嫌いなところ

メカの顔がかっこ悪い

VF-1で言うならヒロイックなS型は良いけど、1つ目のA、バイザーのJ、=なDとかかっこ悪い。でも、「コレが分からないとかね~」とか空気出して玄人感出してくる

それを言ったらダグラムボトムズは?とか言われそうだが、ダグラムヘリっぽくてかっこいいし顔というより危険コクピットボトムズ戦車ターレットレンズついてるようなもの。なにより、この2作品にはVF-1Sみたいな逃げ道が無い

マクロス2に至っては主人公機は報道用でガウォークまりメタルサイレーンは1つ目。プラスや7以降は主人公機は最初からカッコいい顔にしている。でもダサ顔機は存在し続けている

そういうどっち着かずな癖にガンダムよりリアルですよ~って顔しているマクロスが嫌い。一度でもVF-1Sみたいなヒロイックな顔のバルキリーを出さな作品作ってみろよ

2019-09-10

[]自然位置キーボードを置くと、ちんこ邪魔である

机について

自然な高さにキーボードを配置すると、ちんこが天板に当たり邪魔である

ちんこが当たらないようにすると、腕の位置が高くなる

真ん中になにもない、ロボットコクピットのような机が必要である

2019-09-03

[]2019年9月2日月曜日増田

時間記事文字数文字数平均文字数中央値
00457236160.846
01328704272.046.5
023013023434.161.5
0329172959.637
0437272173.541
05101748174.841
0624211388.044.5
07353886111.063
0845324772.242
09118862673.131
101581143972.434
111901395973.528.5
122461691568.833
13120721960.233
14122895573.435
152131878688.238
16110836176.036
171621607899.237.5
18177953253.931
191341292796.533
20112602953.827.5
211411277190.643
2213414711109.839.5
231321104383.735
1日255622175886.835

本日の急増単語 ()内の数字単語が含まれ記事

コクピット(8), メンディー(4), 大阪芸大(4), 自罰(12), 猛虎(3), Vive(4), 芸大(8), 加速度(12), 安楽椅子(3), 遠心力(3), ぽよ(7), 日本大学(4), 週刊ポスト(3), レイテンシ(3), キッズ(9), 回転(14), G(22), ペイ(7), 学級(6), 飢え(6), 散らす(6), VR(15), エゴ(6), 田舎者(5), 居酒屋(10), 加速(9), チーズ(8), 会計(7), 女子高生(11), 夏休み(9), バイク(6), 強要(14), 指(15), エンジニア(20), お気持ち(22), IT(17), ワイ(83), アウト(14), 聞け(13), 増税(11), ウソ(9)

頻出トラックバック先 ()内の数字は被トラックバック件数

■結局のところ、みんなは何Pay使ってるの? /20190902065447(14), ■ /20190901193143(14), ■ /20190902140814(14), ■ガンダムコックピットで /20190831165412(13), ■京都造形芸術大学京都芸術大学と改称する気だそう /20190902125312(12), ■ /20190901124112(12), ■もうダメだよバーチャルyoutuber /20190902115544(8), ■女性漫画家の描く漫画 /20190902152349(8), ■デレステアイドル恋愛感情を抱かれるのが苦手(一部のアイドルを /20190604160036(8), ■バカを見て度し難いって言いたいよな /20190902090947(8), ■エンジニアって結局英語どれくらいできればいいの? /20190901010633(7), ■小説漫画の、期限が決まってるとき台詞を教えてくれ /20190902101647(6), ■お前ら金玉どうやって洗ってる? /20190901214348(6), ■LINE、やってないんだよね /20190902013444(6), ■男の娘風俗で掘られて射精して来ました。 /20190902021340(6), ■ /20190902145804(6), ■ /20190902113047(5), ■料理研究家DQN居酒屋の件 /20190902114014(5), ■10000時間で何でもプロになれる、っていうけど。 /20190902092534(5), ■anond20190901222614 /20190902084643(5), ■チーズおかきを高校球児にたとえると /20190902010604(5), ■あなたにとって信頼できるメディアとは? /20190902142155(5), ■ /20190902234509(5), ■増税まで1ヵ月切っちゃったぞ!💸 /20190902150940(5), ■はてブだけ時間が止まってるよな /20190901144715(5), ■モビルスーツで何が好きだい? /20190902162547(5), ■ウイグル弾圧告発漫画 /20190902171758(5), ■ /20190902182152(5), ■ディストピア飯屋って儲かるかな /20190902104255(5)

増田合計ブックマーク数 ()内の数字は1日の増減

6568963(2208)

2019-09-02

anond:20190902215624

回転とスプリングとあと熱変換とかでカバーや!

要は急な機動を少しでもリニアにすりゃええだけや。未来コクピットはそれくらいちゃんと出来るように設計されてる。角度とかが。

anond:20190902215224

せや。だから、例えば宇宙空間で0Gの状態から加速する際に、コクピットを垂直方向に90度傾かせて加速すれば地球で立ってる感覚でずっと加速出来るんやで。

anond:20190902201359

急加減速をなんかフィードバック機構とかで殺してたら多分継続的コクピットとか機体に負荷は掛かってるんだろうが、そこはパイロットの体力とのアレよ。

コウ・ウラキとかはそこなんとかする為に薬打ってたりするじゃん。そういうことよ。

anond:20190902201400

いんや? 考え方は作用反作用と全く一緒だぜ。五点倒置なりで衝撃を逃せば無傷で高いところから着地可能なように、急加速する機体にはコクピット自体をきりもみ回転させたりして加速度相殺すりゃGは殺せる筈だぜ。

そも、大体のSF作品だとG関連でそういう説明付いてるだろ。

anond:20190831165412

ガンダムooティエレン採用してたぞHMDコクピット

想像の通り誰が誰だかわかんなくてアニメ演出としては下策だったよ

anond:20190902155651

しらんけど、コクピットと装甲の間に可動式のばねとかがあって1G未満の衝撃位なら殺せてるんだろ。おかもちバイクシステムだよ。

実際VRコクピット座って操縦するゲームとかやった印象

【実機に導入するメリット

・空中にメニュー出せるのめっちゃ便利

複数情報を出して周りに浮かせておくと超捗る

デメリット

HMDが重い。勢いよく振り向くと首ゴキってなる。

(実戦で使うにはスキー用ゴーグルくらいのサイズ必須

・手元が見えない。何か落としたりしたら、もう拾えない。

(半透明モニタMRでいいのでは?)

・激しい動きや振動で外れる。

戦闘の衝撃でゴーグル割れそう。

(万一の事態のために全天球スクリーンを用意すべき……最初からそれでいいのでは?)

【私の意見

全天球スクリーンに周りの映像インターフェイス投影し、

かい情報パイロットの半透明ゴーグルヘルメットMRハンドジェスチャーで表示させるのがいいと思う。

参考までに君の手持ちのMHD、VRヘッドセットVRゴーグルを教えてはもらえないだろうか?

ノーマルViveとトラッカー3点。ベースステーションはまだ2つ。オーディオストラップ無し。

anond:20190831165412

anond:20190902151345

ゴーグルなら破損してもゴーグルだけ交換すれば再出撃できる

全天モニターはすぐに交換できるサイズじゃないでしょ

コクピット分解になるから半日はかかる

2019-07-08

2.5次元舞台マジで無理

テニプリ忍たま乱太郎から増えてきた2.5次元舞台が無理

例えば弱虫ペダルハンドルだけ持ってレース再現。いや、無理だってレース再現出来てないよ。せめてテニプリみたいにボール以外はなんとかしようよ

ガンダム00コクピットのみ。いやいや、プーさんのハニーハントしか見えないよ。想像とか無理

演劇は机や椅子が何にでもなるものだが、流石に限界がある。その他の要素も含めて完璧じゃないと机も椅子もそのままだ

2.5次元は演じている役者はともかくその周りは真面目なのと安易なのが入り乱れているので地雷率が高い。自分もいくつか踏んだので当分の間は2.5次元は止める

もちろんそれ以上に酷いのは下北沢他にいくらでもあるんだけど、何というか2.5次元の酷いのは極上の材料と新鮮な食材を余すこと無く使ったジャイアンシチューからダメージもそれだけ多い

2019-06-18

anond:20190618154904

ゲイン 「俺は出て行くが…、来るかい?」

囚人 「いや…」

ゲインシベリア鉄道に、警察権はないんだぜ。冬至祭りも始まり、ミイヤの踊りだって始まる頃なんだろ?」

ゲイナー 「?!」

ゲイン 「不平不満はあっても、自分からは何もしない。それがドームポリスピープルの習性だもんな。ん?いいのかい?」

ゲイナー 「僕、ここにいる人間じゃありませんから

ゲイン 「俺はゲインだ」

ゲイナー 「僕、ゲイナーです!」

ピープル 「ミイヤの踊りが始まるわぁ」

ゲインエクソダス、するかい?」

ゲイナーはいゲインさん!!」

「出ていくが、来るかい?」と「エクソダス、するかい?」が対応してるわけだな。

アナ 「初めてのコクピットで、キングゲイナーを操ったのですから。お前には感心しました。エクソダス、出来ますよね?」

ゲイナー 「えぇ?!」

ゲイン 「さすが姫様。少々お待ちください。俺のガチコの運転をしてくれるか?」

ゲイナー請負人って何のことです?」

ガウリ 「ゲイン・ビジョウは今回のエクソダスデザインをやってくれたんだ」

ゲイナー 「騙しましたね!」

ゲイン 「あぁ?」

ゲイナー 「無実の罪で捕まってたんじゃないんですか?!」

ゲイン 「ミイヤ・ラウジンと一緒にヤーパンに行ってみたくはないのか?」

ゲイナー 「僕はエクソダスってのが、大っ嫌いなんだ!えぇい!ぐっ・・・、うわあぁ!あああぁ。ううぅ、がっ!」

やはりゲインが(本当の)エクソダスをするとは認識していない。

2019-05-19

一応、クルマ安全性についての相談

最近ブレーキアクセルの踏み間違え事故世間は大騒ぎである

そもそもクルマは無条件で運転させることは到底不可能な程度に危険ものであり、免許を設けることでなんとか社会で受容できるレベル事故率を下げてきたという、歴史的事実を痛感させられる。


そんなクルマ世界だが、公道を走るクルマとは別次元危険なのはレーシングカー世界である

特にフォーミュラカーあるいはオープンホイールと呼ばれる競技専用車は、割と最近まで文字通りドライバーの血で染まった歴史だった。

たとえば1970年代F1なんて、

という有様で、参戦ドライバー25人中、毎年平均して2人が亡くなるという、職業としてみた場合もはやブラックなんてレベルじゃない状態で、それこそ命よりも大事な何かがある人か、それくらいしか能力適性がない可哀想な人以外には、とてもオススメ出来なかった。


そんな時期から気がつけば半世紀近く経ち、現在ではかなり死亡リスクは軽減された。

特にF1については1981年に初めてカーボンモノコック製の車体が登場してからの進展はめざましく、死亡事故も数年~十数年に一度くらいに激減した。

しかし、依然として危険はある。しかフォーミュラカーアイデンティティというか、本質的危険性が未だに解決されていない。


ちなみにフォーミュラカー定義は大雑把に言うと

  1. コクピット露出している
  2. タイヤ露出している

以上の点を満たす、舗装されたコース専用の競技車両ということになる。

というか、これに当てはまらないものフォーミュラカーではないと言い切れるくらい、本質的な部分だ。

そして、この点が依然として重大事故のリスクとなっている現実がある。

すなわち、それぞれ

  1. ドライバーの頭部を守るものヘルメット以外存在しないので、衝突時の危険はもちろん、飛来物に当たるだけで重大な受傷事故に直結する
  2. 走行中、後続車の前輪が先行車の後輪に接触するだけで、後続車が宙を舞う大事故に直結する

このうちコクピット危険性については、最近Haloと呼ばれる、コクピットを環状にバーで囲む防護装置(バーチタンもしくは鉄製)の装着が義務付けられる流れになっており、これでかなり解決しそうである

しろ過去には、自身クラッシュで飛んだ破片が頭に刺さって亡くなったアイルトン・セナや、更には宙を舞ったマシンが真っ逆さまのままガードレールの真上に落ち、ドライバーガードレールに切り裂かれて真っ二つになったとか、ガードレール真下マシンが潜り込み、ガードレールによって文字通り首を刎ねられたとか、インディカーでは宙を飛んだマシンコクピットから金網に突っ込みドライバーもみじおろしになった事例もあるのだ。

どれも頭部を防護する仕組みが車両側にあれば…と思わずにいられない。


というわけで、残るは「タイヤ露出しているため、後続車の前輪が先行車の後輪に接触するだけでマシンが宙を舞う」問題だ。

というか上述の例だけでなくかなりの数の死亡事故が、オープンコクピット危険性にオープンホイール本質的特性が合わさったケースだったりする。

もちろんそこはプロドライバーレーシングカートの時代からタイヤ同士の接触危険性を叩き込まれて育ってきた事もあってか、ドライバーの工夫によって滅多に起きない事例である

しかしひとたび起きれば、入門カテゴリレーシングカートでさえ死亡事故の原因になるのだ。

これ、物理特性絶対回避できないのだろうか。

何か防ぐ手立てがあるのか、とても気になる。

2019-02-26

anond:20190226094032

ザ・コクピットで作者は松本零次で特攻に使ったのは零戦ではなく桜花で突っ込んだのは味方の基地ではなく米軍空母ガンビア・ベイだな。

2019-01-27

anond:20190127134426

コクピットトイレが備え付けられていて乗りながら排泄するやつなら知ってる。

2019-01-17

anond:20190117133920

最終回ではフルパワーで撃って自分でぶっ壊してたぞ頭部

てか、コクピット近くからビーム出るマジンガーの方がヤバい

2018-11-16

anond:20181116190554

鯉のぼり系は確かに低圧タービンの軸上にコクピットありそうな形してるな

軸じゃねーや周だ

2018-10-10

anond:20181010174452

正面から精密な射撃プロペラに当てて反射させ、その回転力を吸収した弾丸コクピットを撃ち抜く、というネタを昔考えてそっとじ

2018-07-04

バトルメックのテクノロジー(後半)


原文:

 https://bg.battletech.com/universe/battlemech-technology/

兵装 WEAPONS

 バトルメックが装備できる武装は幅広い。メック搭載の核融合から事実上いつまででもエネルギー供給を受けることができるエネルギー兵器弾薬の補充を必要としない。このため一般的なバトルメックは、荷電粒子兵器もしくはレーザー兵器を主武装として搭載している。加えて、多くは短距離ミサイルや長距離ミサイルの発射システムを持っている。その他、連射型オートキャノンやマシンガンを搭載しているメックも多く、これらは対歩兵、対航空機、対メック戦闘に用いられる。兵器の各分類に関する概観は下記のとおりである

オートキャノン Autocannons

 オートキャノンは高速で連射が可能自動装填兵器であり、高性能炸薬を詰めた徹甲弾の奔流を吐き出す。「通常型」オートキャノンは徹甲弾、フレシェット弾、焼夷弾狙撃弾などの各種弾薬使用可能である。加えて、機能を追加した3種の改良型オートキャノン(LB-Xオートキャノン、ロータリー・オートキャノン、ウルトラオートキャノン)が存在する。オートキャノンの弾薬は、致命的な損傷を受けたりオーバーヒートによる自動発火が発生した際にメックの内部で誘爆を起こす可能性がある。

火炎放射器 Flamers

 メック搭載型の典型的火炎放射器は、核融合炉の発する熱を利用して短射程ながら強力な爆炎を作り出す。発熱が大きいわりに与えるダメージが小さいため、メックに搭載されることはまれであるが、焼夷兵器として有効場合もある。

ガウスライフル Gauss Rifles

 ガウスウライフルはライフル砲身の中に設置された磁石の列によって、標的に向けて弾体を加速する。動作必要な電力は莫大だが、発熱が非常に少ない上、発射時の弾速は他の通常兵器の二倍に達する。ヘビーガウスライフル、通常型ガウスライフル、軽量型ガウスライフルの3種がある。オートキャノンとは異なりガウスライフル弾薬は誘爆しないが、ガウスライフル自体ダメージを受けると爆発する。

ハチェット Hatchet

 中心領域製バトルメックの中には、装甲を切断するための劣化ウランの刃を備えたハチェット(手斧)を装備している機種がある。ハチェットはメックに固定され、標的にダメージを与えるにはターゲットに振り下ろさねばならない。ハチェットの変形としてソード(剣)がある。

レーザー Lasers

 レーザーは狭い範囲に莫大な熱量を集中することで標的にダメージを与える。バトルメック搭載の各種レーザーは射程と威力対応してマイクロレーザー、小型レーザー、中型レーザー、大型レーザーのいずれかに分類される。このほか、射程延長型レーザー、ヘビーレーザーパルスレーザーがある。レーザーダメージを受けても爆発することがなく弾薬不要だが、大量の熱を発する。

マシンガン Machine Guns

 バトルメックが装備することはまれだが、マシンガン機関銃機関砲)は高速で連射することが可能なので、素晴らしい対人兵器となる。マシンガンにはライトマシンガンとヘビーマシンガンがある。

ミサイルランチャー Missile Launchers

 ミサイルランチャーミサイル発射装置)は推進力と誘導装置を持つ弾体を発射し、標的にダメージを与える。非常に多くの種類があり、長距離ミサイルに始まって中距離ミサイル、短距離ミサイルさらにはクランの改良型戦術ミサイルシステムや〈ストリーク〉短距離ミサイルなどの各種改良型ミサイルまで様々である。その上、「通常型」長距離ミサイルランチャーであっても無数の派生型弾頭を使用できる。たとえばフレア型、分裂型、焼夷型、半誘導型、それに〈サンダー地雷散布ミサイルなどである。オートキャノン同様、ミサイルランチャー弾薬ダメージを受けたりメックが過剰に加熱すると誘爆を起こす可能性がある。

荷電粒子砲(PPC) Particle Projector Cannons (PPC)

 PPCは要するに磁気加速装置であり、高エネルギー陽子もしくはイオンの矢を撃ち出して衝撃と高熱によるダメージを与える。各種PPCはバトルメックが装備可能兵器のうちでは最強クラスだ。PPCには通常型PPCと射程延長型PPC存在する。

その他の装備 Other Equipment

 装甲と兵器に加えて、メックは広範な各種システムを装備可能である。多くは武器の正確性を向上させる電子システムや各種防御手段提供するものだが、各種の防御的機能を持つ純粋機械的システムもいくつか存在する。

アクティブプローブ Active Probe

 動力を切ったユニット偽装されたユニットであっても標準レベル電子戦装備一式より遠距離から探知・識別することができるため、アクティブプローブはあらゆる偵察部隊にとって有効な追加装備となる。

アンチミサイルシステム(AMS) Anti-Missile System

 アンチミサイルシステム(AMS)は連射可能な定点防御用マシンガンである。飛来するミサイルを追跡し、迎撃し、破壊することができる。きわめて効果的ではあるものの、大量の弾薬を消費するのが最大の弱点である

対人攻撃ポッド Anti-Personnel Pods

 対人攻撃ポッド(Aポッド)は要するに指向性地雷である。設置するのはバトルメック脚部の膝から下であり、そこは敵歩兵が繊細な駆動装置に爆発物を仕掛けようとする場合には必ず攻撃せねばならない部位である

アルテミスⅣ〉射撃管制システム Artemis IV Fire Control System

 〈アルテミスⅣ〉射撃管制システムは、通常型ミサイルランチャーによる射撃の正確さを向上させる。

C3コンピューター C3 Computer

 指揮/統制/通信Command/Control/Communications、すなわちC3)コンピューターは中心領域特有システムである複数の機体ーー最大12機ーーが照準データを共有することを可能とし、これによって射撃の精確さは大幅に向上する。このシステムには重大な欠点があり、それは「主要マスターコンピューター群」が破壊もしくはダメージを受けたり、敵の電子対抗手段干渉をうけたりすることで、ネットワーク構成部品が「消えて」しま可能性があることである。改良型のC3コンピューターでは「マスターコンピューター群」が失われることによるネットワーク消失という問題はなくなっているが、合計6ユニットまでしか接続できない。

弾薬収納運搬装備(CASE) Cellular Ammunition Storage Equipment (CASE)

 CASEは機体内部の弾薬誘爆による被害を軽減するダメージコントロール技術である。CASEによって防護された部位に格納された弾薬が誘爆した場合、CASEは特殊設計の外鈑と装甲を通じて爆圧を逃がす作りになっているため、爆発力のほとんどをコクピットエンジンなどバトルメックにとって致命的な部分から逸らすことができる。

CMスイート電子対抗措置装備一式) ECM Suite

 〈ガーディアン〉ECMスイートは広い帯域にわたってジャミングおよび電子対抗措置を行なう装置であり、敵の長距離探査・監視装置の効力を低下させる。

人工筋肉加速信号回路(MASC) Myomer Accelerator Signal Circuitry (MASC)

 MASCはバトルメックに短時間だけ爆発的なスピードを与えるが、繊細な脚部駆動装置を損なう危険もある。MASCの作用は脚部マイアマー(人工筋肉)への信号を増幅し、通常可能なよりも高速で収縮・弛緩を行なわせるというもので、これによってスピードは上がるが、使用時間が伸びると駆動装置と人工筋肉への負荷によって破滅的な事故が発生する可能性がある。

〈ナーク〉ミサイル・ビーコン Narc Missile Beacon

 〈ナーク〉ミサイル・ビーコンは大改造を施したミサイルランチャーであり、「ポッド」と呼ばれる特殊ミサイルを発射する。ポッド磁気を帯びた弾頭とその後ろに搭載される強力なホーミング・ビーコンで構成される。このミサイルは標的に命中すると、〈ナーク〉の信号を受信できる味方のミサイルシステムすべてに向けて追尾信号を発する。〈アルテミスⅣ〉ミサイルシステムと同様に、〈ナーク〉のポッドによって命中するミサイルの数が増える可能性がある。改良型の〈ナーク〉発射装置は通常型よりも射程が増大しているのみならず、以下の特殊ミサイルを発射することもできる。すなわち追尾型、爆裂弾頭型、ECM型、〈ヘイワイヤ〉および〈ネメシスミサイルである

TAG(タグ/照準確定機) Target Acquisition Gear (TAG)

 照準確定装備は観測機によって用いられ、〈アローⅣ〉ミサイル投射システムが発射するホーミングミサイルのため、もしくは長距離ミサイルランチャーが発射する半誘導タイプのLRMによる攻撃のために、標的を指定する。氏族もTAGの軽量化バージョンを用いており、これは軽量ではあるがより短射程である

照準コンピューター Targeting Computer

 氏族は様々なミサイル兵器用の特殊照準システムに加えて先進的な照準システムを開発しており、中心領域でこれに比肩するものが現れたのは最近のことである。照準コンピューターは以下の種類の直射兵器パフォーマンスを向上させる。すなわちレーザーPPCガウスライフル、オートキャノンである

三重強化筋肉 Triple-Strength Myomer

 中心領域科学者特殊タイプマイアマー(人口筋肉)を開発した。これはメックがオーバーヒートした時に極めて強い力を出す。この技術氏族のバトルメックでは使用できない。

※前半はこちら→ https://anond.hatelabo.jp/20180704014245

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん