「下の人」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 下の人とは

2018-01-19

結婚しようが子供独立して配偶者が先に死ねば当然行く末は孤独死になるんだが、

結婚すれば孤独死しないと思ってる人は子供が一生出て行かないor配偶者が先に死なない前提なんだろうか。

誰でもいいといいつつ結婚と言ったら女の方がずっと年下で決まってるだろ、な人なんだろうか。

それなら年齢差で自分が先に死ぬ可能性が高いと考えるのは分かるが、25~30歳の人よりずっと年下の人10代?)はまだ結婚なんか考えないと思うんだが。

かと言って40になったら30の女と結婚すればいいやーと言われても困るけど。

それとも配偶者には期待してなくて、子供が一生出て行かないと思ってる人だろうか。

将来は長男夫婦と同居して嫁に介護させるのが当たり前と思ってる世代だろうか。今の6,70代くらいでも最早それは当たり前ではないと思うんだが。

或いはごく狭い田舎に住んでいて、子供独立したとしても近所に住んでちょくちょく実家に顔出すだろうと思ってるんだろうか。

子供が遠い都会に出ていく、と言う発想はないんだろうか。

逆に東京在住で子供大人になろうが結婚しようが東京を一生出ていく訳がないと思ってるんだろうか。

こっちの方がリアリティあるか?でも大人になっても中年になっても実家に入り浸る子供ってどんだけいるのかな。

子供が娘で子持ちだったら実家の近くに住んで子育て手伝って貰うってのはありがちだが、その場合でも大抵共働きから仕事辞めてまで介護なんかしないだろうし。

つーかそもそも孤独死するには入院必要病気や要介護になる前に自宅でぽっくり死なないとならないんだが。

実際は身寄りがいない独居老人でも、病院なり施設に入ったまま死ぬケースの方が圧倒的に多そう。

anond:20180119005701

俺もワーキングメモリめだからね!

(他のスコアが高めなので、学歴や経歴はまあまあ良いんだけど)

苦労は分かるよ!

日本平均値を求めすぎる傾向が年々増してるよ!

こんなの意図を汲み取って機敏に動く下の人間が欲しい背景なんだよね!

コミュニケーション連呼してる連中なんかがまさにそれ!

から語学を磨いてあなたの得意分野をグローバルに展開しよう!

大事なことは質より試行回数だよ!

2018-01-16

底辺医学科4年生によるCBTの勉強法

大学医学科4年生が受けることになるCBTの個人的所感

および成績別の勉強法について書いていきます

CBTという試験不安だ、という人の助けになれば幸いです。

なぜ書こうと思ったか

というのも、「CBT 勉強法」などの検索ワードで出てくる諸々のサイトの内容では問題があると思ったからです。

現時点で出てくるサイトほとんど、「CBTの個人的勉強法」と銘打っているものたちですが、

実際は自分の成績がなかなか良かったことをドヤりたい連中が書いてることが、底辺から見させてもらえば丸わかりなんですね。

「数か月前から○○をやりました」「直前まで試験があって不十分なまま試験へ」「結果は80数%、多少不満が残る」

などなどなど。効率よくやってまあまあ上手くいったわ~。

ドヤってます。そして参考になりません。

そもそも成績がいい人はCBTに落ちないので。

落ちる訳のない人が落ちる訳のない勉強をして普通に受かった。それだけの話。

自分正真正銘底辺勢。

なんせCBT留年しましたんで。

先に申し上げておきますが。CBT留年は非常に危険です。

1、2年生の時の教養科目や3、4年生の専門科目で落第して留年するよりも危険です。

なぜならば、CBTは留年して再度勉強しても落ちる可能性が高いからです。

理由は単純でして、まず1年間やることがありません。堕落しようと思えばどこまででも堕落できてしまます

加えて当人は「なぜ落ちたのか」がわからないままに時間けが過ぎていくことになります

大学内の科の単位でしたら、一度留年した時点で、大学教員側もサポートしてくれます

先生方は悪人ではありませんから自力では受かることが出来なかった子は拾おうとしてくれます

ただし、助けを求めれば、ですけども。

とにかく、自分から行動すれば何とかなります

ところがCBTは国が問題策定しているテストです。

大学内に、言うなれば専門家」は存在しません。

先生方との面談でも、結局のところ、「勉強頑張って」というメッセージを送られるだけです。

実際それが正しくて、勉強さえすれば受かります

ただCBTに落ちる連中(自分含む)はどう勉強すればいいのかわからないというのが実際でして。

そういう人のためにどう勉強すべきか書こうと思います

1、現時点でクラス内で成績上位10%内にいる人

なぜこの記事を読んでいるんでしょうか?

その成績であるのに不安不安しょうがないのでしたらむしろ病院へ行きましょう。

あとしいて言うなら公衆衛生社会分野を勉強しましょう。

常識が足りていない可能性があります

2、現時点でクラス内成績上位50%内にいる人

あなたはもう受かっています

今までの勉強法で何の問題もありません。

おそらくいろんな人からQB(もしくはこあかり)をやろうと言われてると思います

言われた通りQBをやれば受かります

3、現時点でクラス内成績下位50%内にいる人

落ちる可能性があります

特に、今までサークル内の情報過去問等で定期試験パスしてきた人は討ち取られる可能性がやや高いです。

4、現時点でクラス内成績下位10%以下の人

まず落ちます

友人や先輩からの「まあ何とかなるよ」という言葉無視しましょう。

本当に落ちます危機感を持った方がいいです。

この記事あなた方のために書いています

1、2の人

ブラウザバックしてQBをやりましょう。

3の人

友人や先輩方に言われる通りです。

QBをやりましょう。そしてわからなかったことは病気が見えるや自分に合った参考書を用いて調べる。

基本的勉強を繰り返していけば問題はないです。

4の人

まずスマホたたき割りましょう。

スマホを手元に置いた状態勉強できる人種は成績下位10%にいません。

スマホが手元にない状態勉強できる環境を作りましょう。

自分スマホを家に置いた状態図書館大学学習室へ行って勉強していました。

そしてQBをやりましょう。

3と一緒じゃないか、と思われるかもしれませんが違います

QBだけ」をやるようにしましょう。

クラス成績下位10%にいる人は、現時点で持っている知識の量が他とは比べ物にならないくらい少ないです。

例えば大動脈から直接分岐する動脈3本言えますか?

アホみたいな問題ですけども、おそらく自信を持って言える人はこのランクはいないでしょう。

一度QBのVol1,2,3をやってみればわかると思いますが、8割方分かりません。(社会分野や公衆衛生常識問題なので例外です)

ここまで記事を読んでくださった1,2に該当する方は「自分もそうだったぞ」と思われるかもしれませんが、少し意味が違います

1,2の方は「答えがわからない」んです。4の人は「何を言ってるのかわからない」んです。

1,2の人であれば、出題された疾患に関する参考書を開けば、「ああ忘れてた。覚えとこ」となるんです。

4の人は違います。「へーこんな疾患あるんだ」となるんです。

ここからです。一から説明しないとアカレベルなんです。

で、改めてQBの解答解説を見てください。

1,2の人ならQB解説で納得がいきます

疾患そのものは知ってるからです。今まで知らなかった知識を埋めるか忘れてた知識を埋めることで充足できるからです。

4の人にはQBの解答解説では不十分です。

参考書を開いて疾患そのもの最初から学ぶところからやらないと知識としてまず定着しません。

何もわからねえ!となっていろんな参考書問題集に手を出すと最悪で、全然点数が上がらないままに本番を迎えることになります

QBのみをやりましょう。そしてQB問題はほぼ完ぺきにするようにしましょう。

オススメ勉強法は出題された各疾患をノートにまとめることです。というかやってください。

やらないと点数が上がらないです。

他のサイトでよく言われている、「QBの一周」というのは、少し表現に不足があります

QB問題参考書を用いてまとめつつ一周」です。問題ざっと読んで当たった外れたしてるだけでは勉強になりません。

故にQBオンラインもほぼ役に立ちません。少なくとも4のクラスの人には。

しかし、逆を言えば、ノートにまとめる。これだけで充分です。

どうしてもそれだけでは心配ならば、QB問題集最初にある、CBTの出題範囲となるコアカリキュラムを見てください。

そこに載っている疾患や指定された内容をさらノートにまとめましょう。

それをやれば、QBの内容でほぼ必修疾患は網羅されているということに気付くと思います

QBを信じよ・・・

加えて、ここが非常に重要なのですが、QBVol1の基礎医学の分野、真面目にやりましょう。

方々のサイトが、「点数に繋がりづらいのでほどほどに」などと書いてありますが違います

基礎医学分野は絶対にやった方がいいです。

基礎医学分野の点数が上がりづらいとみなが口々に言うのは、難問の中に、膨大な知識量を要求される問題が混じっているからです。

そもそも知識がまるでない4の人には、得点を稼げる猶予があります

ノートに一通りまとめれば点が取れるようになる問題が残っているはずです。

1,2年の間にろくすっぽ勉強してこなかったはずですから

基礎医学分野を7割から8割9割まで取れるように勉強するのは非常に大変です。

しかし、4のクラスの人はそもそも5割取れるか怪しいレベル

5割を7割にすることはそれほど無茶な学習をしなくても可能です。

更に、CBTは臨床分野が重要とは言われていますが、一部の臨床分野は基礎医学知識があって初めて理解が出来ます

臨床分野だけをひたすらやっても忘れます理解できないので。

そんなわけで基礎分野はきっちりやりましょう。ここが結果を左右します。本当に。

企業から販売されているCBT向けの映像講座について

見る価値はあります。が、複数回見る必要はありません。

一度真面目に見ることが大事です。

各科を大まかにまとめるのが目的講義ですので、詳細な部分は説明されません。

しかし、必須となる疾患の大まかな病態理解するのには非常に役に立ちます

身振り手振りを用いて疾患を説明してもらうのはかなり理解に役立ちます

しかし、「この疾患はこんな感じ~」というのがわかっても、「○○と○○を覚えろ」と指定された言葉意味はありません。

それよりはるかに膨大な知識要求されるので。

結局は冊子(QB)を用いて勉強するほかありません。

しかし、全くイメージの湧かない疾患を大まかにはいえ一発で理解できるのは非常に有用です。

一回見ましょう。それで充分です。

4の人向け結論

1、スマホをたたき割る。

半ば冗談、半ば本気で言ってます。隙あらばスマホを触る生活から離れましょう。

無論人によっては誘惑のものスマホでない場合もあるでしょう。とにかくそから離れましょう。そうしてようやくスタートです。

2、講義を見る

相性が悪いと判断した場合はやらないのも手です。

また、すでに試験が直前に迫っている場合絶対飛ばしましょう。直接点数に繋がる勉強ではないので。

付け焼刃でもいいから点数がほしい。そういう状況の際はやらない方がいいです。

3、QBを用いて勉強。わからない疾患や用語ノートにまとめる

これが全てです。1,2はこれのための下準備です。

以上です。たったこれだけです。QB参考書を用いて詳細を調べながら勉強すること。これに尽きます

これを時間が許す限り試験ギリギリまでやりましょう。

3のクラスの人も同様です。

個人的に非常に有用だった参考書

病気が見えるシリーズ

QBを用いるんですから当然使いましょう。ページ指定までしてくれています危機感を感じているなら今すぐ買いそろえましょう。

人体の正常構造機能

とんでもない名著です。様々な基礎医学分野の事項が必要十分に書かれています

標準なんちゃらのように詳しく書かれ過ぎてて意味が分からなくなっていることもありません。

CBT試験用として容量が絶妙なんですね。これ一冊で基礎はほぼカバーできます

何を買えばいいかからない場合はこれを買いましょう。

最後に、CBTは各大学合格基準がまちまちです。

自分大学は現時点で70%を合格点としていました。

国家試験合格率を上げようという大学全体の流れからして、これからは各大学合格ボーダーインフレがどんどん進んでいくでしょう。

ただ、勝手保障しますが、上記した勉強法で75%は取れます。(80%と言いたいところですが、多分勉強法の相性もあると思うのでちょっと謙遜

その間は自分の書いた勉強法通用するはずです。

2018-01-09

成人式行ってないんだよね。早生まれ成人式の日はまだ19歳だったのね。

普通にバイトも入れてて店長が「増田君、成人式じゃないの?増田ちゃんと同い年でしょ?」って言われたけど

「俺、早生まれなんで行かないっす」って言ったら周りも色々察してくれて何も言わなくなって

役所から来てたみたいだけど上京してて、親から連絡来たけど同じ理由で行かないって言ったら突っ込まれなかった。

成人式後の同窓会の誘いもあったけど成人式行かないか地元帰らないって言ったらみんな納得してくれた。

で、成人式当日バイトして帰宅後に仲良かった奴から電話きて

「なんで成人式同窓会も出なかったの?疎遠になって行きづらかったのか?」

「俺、成人式じゃないし。同窓会だけで帰るのは面倒だし。お前の誕生日は俺より後じゃん。来年だろ?」

「は?マジで言ってんの?」

っていうやりとりで真実を知った。

1学年下の人成人式するの仲良くないし嫌だなって思っててさ。電話してくれたやつと行こうかなって思ってたんだよね。

部活同じだったやつとか皆誘ってくれたけど、ちゃんと教えてくれよ!成人式に特例があるって知らないじゃん。

ってか成人じゃねーじゃん。まぁ別にいいけどさ。もうずいぶん前の話だし。

みんな察してくれたんだなー。優しいなぁ。

2018-01-07

それでも、なんだかんだ成人式って行ったほうがよくない?という話

副題:イケてない人間成人式をどう迎えたらよいのか?

大学の同期が成人式をむかえる前に書こうと思っていたが、結局こんな時間になってしまった。

この時間になって成人式ねーうん・・・みたいに思ってネット見てる人間が見ればそれでいいや。

成人式に行かない人って、いったいどんな理由があるんでしょうかね」というのは、改めて考えてみるとこれがいまいちよく分からない。

あるいは自分がなんだかんだ言って結局行った方の人だからなのかもしれないが、行くのを結局決めたのは前日の夜になって「ああやっぱ行こうかな、一応準備だけしておいて寝坊したらあきらめるか」といった具合でいたら当日きっちり目が覚めたので、ええホントに行くの俺?みたいな思いを抱きながら行ったという有様だったので、その辺のところ行くまではかなり割れていたのだが、実際行った後になってああやっぱ行ってよかったなとなるような強い価値観の変化があったので、そのあたりのことがいまいちよく思い出せないし、結局行かない側の人ではなくなったので、行かない側の人としての物言いをしなくなったからだと思う。

というのも、その成人式人生三回目のセンター試験の一週間前だったし。

その頃の自分に何があったかというと、まあなんだかよくわからないことになっていた。少し本題とずれるので、結論だけ見たい人は読み飛ばして構わない。

単にシンプル物言いで表したり表されたりしたくないだけなのかもしれないが、一年目も二年目も、センター利用で受かった大学にそれぞれ親に入学金と半期の学費それから半期の休学費用をハタかせておきながら大学受験をおかわりしていたかである

結局一度目はもっと高いランク大学に行きてえと抜かす自己肯定感の欠如と、それでいて自分の有様をよくわかっていないが生きる上では大切な若者特有の貴重な熱意を、18,9年生きててそれだけしか身に付けなかったんかとばかりの崇高な偏差値という単線指標に振り向けて、それさえ達成できればこれまでも中高大と一度たりと第一志望というものに受かったことのない過去自分の救済になると信じて突っ走ったものの、大元問題が何一つ解決されてないがゆえに何一つ解決するはずもなく、終盤完全に行動の伴わない支離滅裂メンヘラという訳の分からない人になりながら本試は全て落とし、所属するが故の苦い部分から解放されもはや生きてるだけで自己肯定感補填できる依存先と化していた元の大学と、唯一受かった1ランク上の、しか受験が終わった後になってどうやら自分本来大学でやりたいと思っていたものと違うらしいということが分かった大学のどちらにすればいいか迷っていると口にし親父を激怒させて終わった。

二度目のほうはもはや凄惨と言う他はなく、元の問題、つまり自己肯定感の欠如であるとか偏差値以外の指標を実のところ持ち合わせておらず、大学受験というそういうことの最後の振り分けが終わった後でじゃあ自分が何をすればいいのかがわからない、自分に好きなことややりたいことがあるんだかないんだかわからない、ましてそいつを新しく見つけ出すこともできちゃいないし、前の大学の専門や多分野性は楽しかったし、自分のやりたいことのような気もしていたがそいつ自分でかなぐり捨ててしまった。そうこうしているうちに時間は過ぎ、周囲にいる一つ年下の人間はめいめいにそれを見出したり、あるいはそうでなくても仲間を見出していく。新しい人間を迎えるムードチャネルは閉じていき、ただ一人、コミュニケーションに長けているわけでもなく、まして19になって未だ携帯電話さえ持ったことのない現代人にあるまじき自分人間関係からも完全に弾かれたまま過ぎゆくただ時間に溺れ流されていた。前期の単位は夏前に再受験が決まって期末を受ける必要もなくなっていた前の大学のさえ下回り、初めてのバイトもクビになり、夏が終わるころには高校のころ深刻であった鬱状態が完全に再発状態となり、対人恐怖に加えて社会恐怖に陥り、狭いキャンパスの狭い学科で知っている人間と会うのも、知らない人間がそれぞれ彼らなりの為すべきことや適応見出しているさまを目にするのも耐えられず、大学は来てもまともに講義に出ることもなく普段人の来ない大学非常階段で横になりながら、人の話し声や足音におびえ、ただ一日中耐えぬ眠気と抗うつ薬副作用からくる体調不良でくたばっていた。

そのような状況を見かねてか、というより、自身家族学生相談室もお手上げ状態と化しており、少時に発達障害でかかっていた大学病院心理士やら全落ちした中学受験時代予備校先生にまで話に乗ってもらい、しまいに温情で元の大学に戻るなり、また別のところに入りなおすなり、リセットの機会を与えてもらったというのが11月、という有様であった。

というような具合だったので、高校を出てから二年間の間で、自分人生高校を出るまでは同期で同い年の(自分の周囲にいた)人間が辿っていたそれからは大いに逸脱していた。

二度目の大学の同い年の同期とも、ましてや歳の違う同期からも逸れていた。少なくとも、当時の自身にとってはそうだった。

もとは転勤族で住んでいる地元にそれほど愛着があるわけでもなく、昔から付き合いのある人間もいない。親類ですら、精神物理的に最も長い付き合いがあり、肉親としての付き合いらしさを覚えはじめていた爺さんは最初大学受験の途中で突然死した。ましてや住んでいるところの人間など、地理的なり関係性的になり分断が続いたので、初めて親しいらしき人間関係が三年を超えたのは、電車で一時間高校を出てからのことである

↑以上読み飛ばし

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

↓読み飛ばし

そんなわけで当時の自分は、血縁地縁または精神的な人間関係という側面において、また学年や同期など社会的地位としての側面において、そして以前より自分が持っていたイメージ(と現状との乖離)という三つの面において、一般的な「20歳」という存在から離れていた。(すくなくとも、当時はそう自覚していた)

はい成人式ハガキというものは、本人のそうした事情自意識とは全く関係なく、ただいつ生まれてどこに住んでいたかということ以外何一つ問わず、だれの元にも届くものである

ハガキが届いた時点で、すでに自分人生が同年代の多くの人間が歩んでいるのと同じような人生など望むべくもないと思ってはいても(事実そうだとしても)、である

これは生まれ20年の1月を迎えるまでの経緯がどんなに平凡であろうが特殊であろうがおそらく同じことだが、成人式というものは、義務教育を終えた人間に来る、「ただ同じ年(度)に生まれたというだけで世間から全く同じ扱いを受ける」最後の機会だろう。ひょっとしたら最後ではないかもしれないが、少なくとも当分同い年というくくりではこれほどの等しさと無差別性を持った体験をする機会はないだろう。たとえ義務教育をどっかでドロップアウトしようが、義務教育後に社会に出ようが、小中高のどっから私立なり特殊学び舎に通っていようが、あるいはそういうことのなかろうがである

分かりやすいので義務教育を例にとってはいるが、それ以外であっても人間この国で20年も生きていれば意識しようがしまいがなんがしか本人なりの本人しか持たない(あるいは似たような人しか持たない)部分というものが出てくるものだし、そんなことはないと思っていてもそう思えること自体がそうである

これは多分行く前はあんまり分かりにくいことだと思うが、ともかく成人式というのはそういうもの可視化してくれるこの上ない機会だと思うんすよね。

自分が変わっていようが、あるいは変わっていなかろうが、それがどう変わっていて、どう変わっていないのか。会場に集まった普段どこに住んでたんだみたいな70年代珍走団の生き残りみたいな連中やら、無数にいるスーツトレンチコート羽織った黒い大群やら、量産型みたいな晴れ着の女やら、(ときキンキラキンの)紋付袴決めた男達やら、そこにいる連中すべてがまぎれもなく自分と同い年という光景は、少なくとも成人式以外にあるまいと。自分が前日にやっぱ行ってみようかなってなったのは、そういう風な光景って実際どんななんでしょってのを見てみたかったのが一つある。これ考えても実際に見てみないと絶対からないぞと。少なくとも、行ったことは何かの話のタネになるが、行かなかったら何にもならない。あとでやっぱ行けばよかった、がシミのように残ると思った。

成人式ハガキをなくしたのならなくしたと言えば現地で何とかなるし、着ていくものがないならまぁ少しでもちゃんとしてそうな格好をしていけばよいだろうし、そういう成人式だってあってもよいだろう。別に地元友達がいなかろうが、それはそれで自分にとっての成人式はそういうもので、そっから見える光景というものがあるだろう。ひょっとしたら、意外な出会いというものがあるかもしれない。俺の場合は誰一人知り合いとすれ違うこともなかったが、それはそれで面白かった。久しぶりにでも会いたくないやつがいたとしても、そいつと会うのはその日が最後だ。遅刻したって別に会場に入れてくれないということはないし、まあ既に終わってても贈答品くらいは貰えるだろう。

いずれにしても、成人式に行くことによっぽどの、それこそ生命危機が伴いでもしない限り、積極的に行かない理由をひりだすことはないんじゃないか

仮に生命危機があっても相手少年法適用外だ。別に贈答品目当てだってよかろう。地方によっては金券まであるらしいし。ぶっちゃけ、ほかの自治体のでも潜ってる人はいるし、そういう手もあるだろう。

成人式という上に述べたような場で何が起こるか、あるいは自分にとっての成人式がどういう場で、どういう体験をしたかってのは、これまでの自分を同じ年齢の違う人間という物差しで照らし合わせて改めて見直すことができるいい機会になりうると思うし、あるいはこれから自分がどうするかを決める上で一つの観点を得られる機会となることもあるだろう。

俺の成人式の話をすると、その日の朝は普段より早く起きて、普段予備校に行く格好のまま家を出て、最寄り駅のトイレカバンに忍ばせたスーツと革靴(最初大学入学祝い)に着替えて行った。

贈答品は会場に一番近いマクドナルドクーポンなのは事前情報で知っていたので、特に期待はない(要らねえけどなんかムカついたから二枚使った)。

日本で最も規模のでかい成人式ひとつなので、夥しい人間がいた。その中で明らかに事前の期待を裏切ってよかったこと・面白かったことが3つと、クソだったことについて書いて終わろう。

まず前座で良かった点、開式の国歌市歌斉唱。これは完全に盲点だった。いや、人生であれだけの人数で国歌市歌斉唱するという機会は以前もなく、おそらく今後もそうないだろう。規模は地元によって変わるところなので一般化はできないが、大勢国歌だとか市歌だとかをまともに歌ってみるというのは、歌というもの(または斉唱)が持つ効果について体感することができたし、本人の政治的スタンスによって様々に見方があるものだと思う。

クソだったのは、少しは面白い話するかとほんのちょっぴり期待していた林文子(市長)が死ぬほどつまらない話しかしなかったこと。マジで役に立たねえ話しねえ。1行で要約すると

携帯電話が普及して直接コミュニケーションをとれる機会が私たち世代より減ったと思うので密接な人間関係を築けるよう頑張りしょう。」

いやもっと役に立つ話しろとは期待が高すぎたかもしれんがせめてなんかそれについて掘り下げた話はできないのかよなんだそのお手本みたいなお年寄りのお手本トーク・・・というもの。これはこれで、ある種の貴重な機会かもしれない。毎年使いまわしてる可能性があるから横浜市民は要チェックだ。

輪をかけてクソだったのがその次の新成人スピーチ。まあ新成人代表なんぞに選ばれてスピーチを打つやつはまず間違いなく模範的成人みたいなやつかそれに類するものだと思っていたのだが(それ以前のスポーツ選手みたいなのの紹介とかもそうで)、そいつの語り口が聞いていて気に食わなかった。正直後のインパクトで話してた内容をあまり詳しく覚えてないのだが、まあ今はボランティアかいろいろやってます系の大学生自分人生を語るというものだったんだが、その途中で(当人人生実態としてどうであれ)妙に「こいつスピーチの話術として落としをやっているな?」というところがなんか聞いていてイラついてくるのである。「いじめられもしました」の言い方が湿っぽいんだよなんか。でもお前いい人に囲まれててよかったねいい人生だねと市長スピーチに続いて半ば来たことを後悔し始めたのだが、ここからがとてもよかった。

乱入である

これは行く前と行った後で最も価値観が変わったこである。かねてから成人式乱入というものはまぁおよそまともなものではないと思っていたが、しかしその場ばかり、その場の自分にとっては違った。

むかし怪獣特撮怪獣が町を破壊するシーンで喝采があがったとかいう話が少し分かった気がした。

成人式というのは、その主役は新成人である。そこにいる、会場に座っている全ての人間が主役である。彼らの社会的日向日陰此方彼方近郊遠方、全てを問わずしかし彼らのものであり、選ばれた新成人と、一世一代の晴れ舞台乱入を試み壇上へ駆け上がった名も知らぬ煌びやかな和装姿の彼と、私と、あるいはすれ違うこともないがしかしそこにいるはずの知人どもとの間に、いったい何の違いがあるというのか。誰が彼と彼らと分かちうる権利を持ちうるのかと。成人式とは、生きてきたこと、為してきたことの如何を問わず万人がそこにいる場ではないのかと。

ひとり私は拍手し、心の中で喝采をした。壱萬の大群と自ら選んだわけでもない代表者という構図の中に包まれていた会場を破戒し、否、そうではない、と示した彼の姿に。

そのように見出した彼の姿に心打たれ、ある種の感謝と、自らの肯定を覚えたからだ。彼の行動によって、万人の場としての当市成人式は成立をなしえたのだから

最後に。これは来ていちばんよかったと思えた光景なのだが、式が終わって駅に行くまでが死ぬほど混んでいたので見物感覚で大回りして駅の空いてるほうに向かっている途中、まあいかにもあまり中学休み時間窓際で話してそうな感じのイケていなさそうな感じの風貌のダウンジャケットの男二人が、しかし久しぶりに会ったと思わしき感じで、いかにも久しぶりにやるその頃の二人のやり取りという感じで楽しげに歩いている、その光景を後ろから見ているときだった。

こういう成人式も、あるのだと思った。

2018-01-06

おっさん行司若い行司セクハラだってウゲーーーー

でも男性が受けるセクハラも取り上げられるようになって本当に良かったと思う。しかもドドドド保守巣窟みたいな相撲業界からだよ。例の暴力事件に続けたいスキャンダルってことだろうけど、それでもやっぱり表に出ないよりは出たほうがいい

スケート高橋大輔が、女性大臣かなんかにキスされてる写真がすっぱ抜かれたときも、ウゲーーーーと思った。キモすぎる

高橋大輔くらいの子が息子の年齢って程年取ってないけど、もし自分の子どもだったらと思うとゾッとする

というかね、年上で権力のある年長者が、年下で地位下の人間に、立場を利用して酷いこと言ったり好き勝手扱うって構図がもう既にキモいんだよ

男女どちらにしても、セクハラパワハラもとにかく駆逐されてほしい

2018-01-05

人を呪うことでエネルギーを得てる同僚は仕事辞めて欲しい

いない?

アイディアを潰したり、仕事プロセス文句言ったり、上司や部下の人間性を否定することで自分を動かすエネルギーを得てるやつ

学生の頃から集団の1割くらいこのタイプだった

あいつらはダメだ、俺は違う

人を殴らないと自分立場正当化出来ないって言うの?

正直、そいつらの負のエネルギーでどれだけ全体の生産性ブレーキかけてるか

そいつ呪詛吐き出しタイムや処理にどんだけ労力使われてるか本人はさっぱり自覚してないらしい

文句があるならちゃんとプロセス踏んで主張したら良いんだけど、絶対それはしないんだよ

多分、周りに変わられたら困るんだと思う

お前らと違う俺ってことで世界観が崩れるから

お前がいなかったらどんだけ仕事スムーズに進むか

本当に辞めて欲しい

2018-01-04

あいさつができない

なんだろう。した方がいいと思うんだけどできない。10回に2回くらいしか挨拶成功しないからかな。だいたい届かなくて1日くらい引きずっちゃう。悲しくて。でも大人なら機械のようにあいさつするのが正義なんだろうな。「おけましておめでとうございます」も待ちの姿勢の方が失礼じゃないのかなと思ったらどうやら目下の人が言う習慣になってるのね。知らなかった。

たぶん無視されるのが怖いんだろうな。無視されるくらいならしない方がいいという結論に至るんだわ。だからこそ自分挨拶された時は100拾うようにするけど。無視さえなければいくらでも挨拶するのにな。目を見たらいいんだろうか。こんなことで悩む大人なんていないんだろうな。

井上達夫、だったらお前は何なんだ?

右もリベラルカスなら、お前もカスのお膳立てしてるだけだろう。

お前みたいな知識人が一番のガンでありネトウヨ下の人間性だよお前は。

いい気になるなよアホ。

お前が無自覚愚民論を語ってることくらいいい加減気づけよ。

2017-12-30

anond:20171230161920

賢明

上の人がスピリチュアルだった時のショックったらない

行きつけ占い師社運賭けてる(俺が話したのは社長より下の人だけど)とか言われた日にゃ

占い師のご機嫌次第で俺もどうなるか分からん恐怖

2017-12-22

anond:20171222005043

セクハラするおっさんにとって「(年下の女性でも)機嫌を損ねたらやばい相手」の分かりやすい例が上司の娘なんだと思う

本当は全ての人間に対して、無駄に傷つけないように気を使わなきゃいけないのに

 

でもそういう人って、下の人間は蔑ろにされるのが当然すぎてまさか傷つくとも思ってなかったりするのかも

自分も昔パワハラ気味のことで傷ついた経験があっても、「あの頃は俺も道理分からんガキだった」みたいな思い出になっちゃった

 

もちろん上司の娘でも言うべきことは言うべきなので、過剰にそこをビビる人には良い喩えではないんだろうけど

まあでも上下意識って下を軽んじるのと上を恐れるのとセットだから、この喩えが必要な人に対しては効果があり過ぎるんだろうね、きっと

2017-12-20

はあちゅうさんの件に関して思ったこ

インターネット上で不特定多数童貞バカにしていたことは,自分の方が立場が上である人間立場下の人間を利用して性的搾取してたことに比べれば無視できるくらいに大したことじゃない.

前者は別に無視すればすむだけだし,はあちゅうさんが何を言ったところで自分生活が良くなったり悪くなったりするわけじゃないからね.

どちらが悪いといえば比べるまでもなく岸さんの方が圧倒的に悪いと思うし,今回に関しては昔の言動は置いてはあちゅうさんの味方をすべきだと思う.

思うんだけど,それと同じくらい「先陣切るのがよりによってお前?」とも思うんだよ.


自分身の回りだと,結構割合で「はあちゅうが言うな」って立場の人が多いんだ.

自分みたいなギリギリ社会人やってるような人間からすれば,自分被害を受けたわけでもないのに今回の件で彼らと一々議論したくないから「あーそうですよねー」で終わってしまうんだよ.

ただでさえ社会人やるので疲れてるのに,これ以上議論で疲労したくないし,人間関係だって波風立つしさ.

社会成功しているリベラルの人たちは,身の回りにそんな奴らがいる人間なんか知らない,とでも言うのかもしれないけど.


過去に何かやらかした人は被害告発できないって社会健全でないってのは分かるよ.

だけど,#Metooみたいな社会運動に参加しようとする最初の数人,ほんとに最初の数人くらい,もっと味方しやすい人が出てきてくれないかなぁ.

2017-12-19

結局ハラスメントをやめさせられるのは強制力しか無いんだな

今回の岸氏は強大な権力者で、何をしてもお咎めなしの状況だったからこそセクハラを繰り返していたのだろう

はあちゅう自身も、童貞いくらいじめてもやり返してこない弱者からこそ今までずっと嘲笑することができた

彼女以外の女性や非童貞の多くにとってもそうだから社会一般的に童貞はいくら攻撃しても構わないという扱いになっているのだろう

しかはあちゅう氏の読みは甘く、匿名ネット上では弱者である童貞も上位カーストの人々と同様に発言権があったため炎上させられてしま

結果として、氏は(某氏の言うようにヘイポー謝罪のようで心のこもっていないものではあるが)謝罪に追い込まれることになった

これはすごく意味のあることだと思う

心の中でどう思っているにせよ、今後童貞ヘイト的な言動ネット上では控えるだろう

岸氏もはあちゅう氏も同じで、ハラスメントというのは相手が嫌がっていることを面白がって行うもの

道徳の授業のように「こういうことすると相手は嫌がりますよ」と伝えても「わかってるよ、だからやってるんじゃん」としかならない

セクハラ親父には「自分の娘にも同じことできますか?」と言うより「上司の娘にも同じことできますか?」と言う方が有効だと聞いたこともある

自身強者ハラスメントを受け、苦しみを十分熟知しているはずのはあちゅう氏が自分より下の人間にはハラスメントを行なったこ

そんな彼女炎上させられて嫌々ながら謝罪を行ったこ

これは道徳でなく罰でしかハラスメント解決は成し得ないという立派な証拠ではないだろうか

今回の件で「ミソジニー童貞どもに#MeTooを台無しにされた!」と憤っている世の女性の方々は、ハラスメント解決のために刑事罰化の運動をした方がいいんじゃないかと思う

(線引きの難しい問題ではあるけれど…)

コンプレックス産業

だってよ。twitter自称20代病み垢が言ってたよ。

ヒエラルキー商売道具として使う。それが儲かるんだと。

童貞がカッコ悪いもの、細い体を持つ女性が美しい、デブハゲチビは醜い。それらはコンプレックス産業という名のもと商売道具に使われたもの

個人名すら挙げていないのに童貞は云々という文字だけを見て発狂しているようでは、コンプレックス産業の餌食になっていると言っても過言ではない。

階層をつけて目下の人間を蔑むことは人間欲求だろうが、残念ながら今は商売道具に使われている。

君たちが最も嫌った、人を舐めたような金の稼ぎ方だ。乗せられているのを恥ずかしいと思わないのか?

2017-12-18

anond:20171217175424

おお。似たような状況下の人が!

一晩過ぎてみると、キャバクラ風俗との比較で考えると出せない金額ではないよなーと。

比較対象ではないのかもしれんが)

2017-12-15

はてな利用者層って上級国民なんでしょ?

半分くらいは上級国民だと思う。

デートファミレスに行くのがありえないって話で、賛同してる人けっこういたけど、年収300万以下の人間は洒落レストランなんか行かないし。

2017-12-04

anond:20171204202335

遺伝法則では世代毎に数字でどのくらいなのか出せるじゃないですか

それを知りたいんです

大雑把でもいい

例えば、100万分の1とかいレベルなら遺伝子異常と言っていい確率だけど

3分の1とかならもっとハーフやクオーターそれ以下の人ブロンド青目の人がいないとおかし

ハーフやクオーターの芸能人って腐る程いますけど、ブロンド青目って一人もいないんで多分1000分の1とかよりは小さい確率なのは間違いないと思うんですけどね

2017-11-27

https://anond.hatelabo.jp/20171125210549

偏差値意味がわかってなさそう。

たぶんIQが80以下の人だと思う。

偏差値40以下の大学生だけどIQ140以上なので、

こういう容量悪そうな文章を読むのは時間無駄すぎてやめたくなる。

2017-11-26

[]

288 名前番組の途中ですがアフィサイトへの転載禁止です (ワッチョイ 27f9-pksM)[age] 投稿日:2017/11/23(木) 22:03:27.18 ID:lRqIt6H40

最近漫画家薄っぺら

知識経験もないか世界物語も構築できない

漫画家自身日常的な身の回りのことしか描けない

例えば、エリア88死生観攻殻の最新科学なんかを作品に落とし込めるような漫画家は皆無

コピペしたような「ミナサーン、コロシアテクダサーイ」みたいな糞漫画ばかり

はっきり言って、自分より下の人間の作品から得られるものは何もない

時間無駄

大友克洋正論日本漫画家はどうでもいいことをダラダラと描き過ぎ」 [399576827]

https://leia.5ch.net/test/read.cgi/poverty/1511433154/

2017-11-25

anond:20171125210812

60以下の大学をなくせとは言ってない。

60以下の人足切りしろとも一切書いていない。

60以上の受け皿「も」作ってほしいといっているだけ。

anond:20171125210549

偏差値意味わかってるか?

偏差値60以下の人間を足切りするような試験を作っても誰も来なくなるだけだと思うぞ

地方創生かいう前に、地方各県に偏差値を60以上の大学作ってください

地方創生とか、都会と地方学歴格差とか、地方高齢化…とか言うなら、

都道府県に満遍なく、偏差値60程度の大学を作ってください。

受け皿がないから、そこそこ優秀な若者流出してしまう。

そしてそのまま戻ってこない。

私の地元いちばんいい大学で、偏差値52~54程度の国立大学。(医学部の続)

高校卒業してから地元で学びたくても、偏差値60を超えるような大学がなく

せっかく地元で育った優秀な人材が都会に流出

卒業後に戻ってきてもせいぜい1~2割程度。

県はUターン事業一生懸命だけど、

そこに予算やすなら初めから若者流出しないようにしましょうよ?

東大に行くくらい優秀なオーバースペック人材に戻ってきてくれと言う話ではなくて、

一度都会に出た方が経験がつめるとかそういうのはさておき、

そこそこ、そつなくできる層だけど、地元にいることを望んでるという人まで、

地元自分レベルにあうところがなくて、進学で県外に行かざるを得ず、

都会と往復しながらの学業就活の両立しにくさで、結果、都会に就職

と言うケースになったのを、

必死に取り戻そうとしたって、時すでに遅しでしょうよ?

立派な白い墓標(おっきい美術館とか図書館)とか作るお金があるなら、

優秀な若者の居場所である、まともな大学作ってくださいよ!!!

大学新設の予算まではとれないなら、せめて

現在大学ハイレベル部門を作るとか、

ブランド私大の分校を招致する方法もあるでしょうに。

偏差値52以下の人しかいないとわかってる地元にわざわざ帰って

できない人たちと一緒に仕事をしなきゃいけないと思うのもげんなりするので

帰りたいと思えません!!

いろんな問題解決したいなら、優秀な人が定着するように、

もうちょっと地方大学偏差値を上げてください!!

以上!

低学歴高学歴の世界の溝

https://anond.hatelabo.jp/20130809115823

[教育]地方都市で、低学歴高学歴の世界が交わるとき

http://d.hatena.ne.jp/potato_gnocchi/20130809/p1

2017-11-16

若者は最適解を求める

今の若者は何事もスマートフォンを用いて最適解を求める傾向にあると感じる。

間違えたくないし、答えがほしいのだ。

ある日、大学の正門に向かって歩いていると同じような格好の女に連続して遭遇した。

皆、肌は白く塗り、髪は茶色で、長いコートを着ている。

靴は分厚いブーツで嵩増ししたりしている。

何か自己表現を行いたいというよりは、醜く見られたくないという意思が強いと感じた。

同じような格好をした自分仕事押し付ける同じゼミの女は、自分は避けるがイケメンには笑顔だ。

特定対象に絞ってセックスアピールもしたいとも思っていそうだ。

就職活動で皆が同じようなメイクと格好をするのも、そういうことなのだろう。

よく、性差別云々を騒ぐ人がいるが個人的には容姿差別のほうが遥かに大きい。

例え女だろうが、女である状態においては最適解が存在するからだ。

これをやれば間違いがないし、幸福を得ることが出来るというのが容姿が平均以上なら少なくとも若いうちはある。

性的視線云々騒ぐ輩がいるが、容姿が醜いほうがもっと辛い。

容姿差別というのは、最適な解答が見つからない事が多い。

とりわけ平均よりも遥かに下の人間は男女問わずに、最適解がない。

諦めるなんていう投了はあっても、上手くやる方法なんか見つからない。

どうすればいいのかわからなくなっていそうだ。

そして、自分も分からない。

2017-11-15

底辺人間はどうすれば平均になれるのか

ある日、大学の校門を皆の流れから逆らって出ようとしていた。

自分は授業が1限しかなかったし、寒かったから早くバスに乗りたかった。

その時、通り過ぎる女子大生の多くが同じ格好をしているように見えた。

顔を白く塗り、髪は茶色に染め、長いコートを着る。

靴は分厚いブーツを履いて身長を伸ばしたりと色々だ。

彼女たちから自己表現というものを感じなかった。

いか無難に、おかしく見えずに、平均的で、そしてセックスアピールも出来るかということを考えているように感じた。

彼女たちは自己ではなく、最適解を求めているようだ。

「お前が何もわからないだけ」と言われたら、そうかもしれない

ただ、就職活動で皆が同じような格好になっている様子に近いと感じた。

別に個性を欲していないことに対して、文句をいうつもりもない。

ただ、自分残酷さを感じる。

一番悲惨なのは個性を捨てたいのに、捨てられない人間が一番苦しいということを証明しているようだ。

それは別に偏差値でいう上の存在ではない。

上は別にどうにでもなる。

そうではなくて、下の存在である

平均的になりたくて個性が欲しいとは微塵も思わないのに、醜さがどうにもならなかったであろう人間はどうすればいいのか。

どうすればいいのか。

女というのは男を作ろうと思えば平均までなら簡単に出来るが、底辺に近いと無残な目に遭う。

彼女たちに性差別を訴えたところで、容姿差別のほうが深刻だと考えそうだ。

平均が平均以上になる技術はあっても、平均以下の人間が中間に属することが出来る方法がない。

平均以下、それも底辺に近い人間はどうすれば平均になれるのか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん