「良心」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 良心とは

2019-03-19

8万以上入った財布落とした

よりによってなんで生活費引き落とした直後に財布を落としたのか

しか品川駅の改札に入ったまでは確実に手元にあったから、むしろどこで落としたのか一切見当がつかない

唯一考えられるのは金網の上に荷物置いた時にその拍子で外に財布が飛び出したぐらいなんだけど、普通そんな落とし方するか???

しかも赤だから普通気づくだろアホかよアホですあ〜〜〜死にてえ

気づいたのは高田馬場から西武線に変えようとした時 まさか8万入ってる財布無くすとは思わないじゃん

キャッシュカードも入ってるから引き落としすらできないし

財布見つけてくれた人が良心に従ってそのまま駅員さんに届けてくれたらいいけど

でも財布中身見て8万入ってたら欲しくなるよな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

中身ちょろまかしてもいいかなって思っちゃうよな〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

それは私の生活費で〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜す死んでくれ〜〜〜〜〜〜〜

せめてもうキャッシュカードSUICAだけは無事でいてくれ 現金は死んだ もういない

財布だけでもいいから帰ってきてくれでもちょろまかした奴は末代まで呪い殺す

あー明日から生活どうしよう

anond:20190319175554

横だけど、むしろブスの方が犯罪に狙われやすくない?

わざとボロっちい自転車狙って泥棒するやつがいるみたいなもんんで。

同じ犯罪でも良心が痛まないようにする小悪党の方が世の中の大半だろ。

anond:20190319005241

ちなみにおれの行ったことのある渋谷?のTOHOシネマズは極端に音が大きいということはありませんでしたので、その辺やや良心的なのかもしれません

2019-03-18

朝ノ瑠璃よ、牡丹きぃのことを覚えているか

朝ノ瑠璃よ、あなた牡丹きぃ騒動の時、一目散に声を上げましたね。

揉めた運営に対しての怒り、いや、ファンに対しての愛を感じる怒りだったのを覚えています

ファン目線に立った、素晴らしいVTuberだと思っていました。

だが、身内がこんなことになったが瞬間、あなたは平謝りし、妹の朝ノ光を無かったことにしました。

曲がりなりにも「妹」である彼女を、あなたは切り捨てた、この事実は何をしてもねじ曲げられるものではありません。

あなたは今、自分ファンに胸を張って前に出れますか。

VTuber、いや、一人間としての良心はないのですか。

あなた良心が問われています

周りが優しくとも、事実は変わらずそこにあることを忘れないでください。

anond:20190318162303

「安い」だと「安かろう悪かろう」も含まれるやん

良心的な価格」なら「内容が良質である割に安い」と言う意味だと取れる

良心的な価格」とは何か?

食べログレビューかにも割りと出てくる気がする、この表現良心的な価格」。

「安かった」「高かった」ばかり書くのは下品だという見栄を張る気持ちと、それについて絶対に書きたいという欲求がせめぎあってその表現になるんだと思うが。別に「安い」でいいんじゃないか?と思うし、結局、そこに注目しているのだから、そこを恥と感じるのなら書かなければいいのに…と思う。

トータル幾らだったか?とか書いておいてくれれば、それが高いかいかこちらで判断するから感想だけ書いてくれればいいですよ。

2019-03-11

anond:20190311164006

全体が全体攻撃をしてくるんだから、全体攻撃で返す他あるまい?

フェミの中でフェミの悪行を止める「良心的なフェミ」が居たのかね?

一緒になって殴ってくる奴しかいないじゃないか

2019-03-07

自分カルマを削らない恋愛テクニックとは

婚活服装ありのままの私を受け入れてほしいというのは私を偽り他人を騙すということは良心にもとるという問題であり、急激な変化は受け入れられないが徐々に変化するということは受け入れられるという話だと感じた。

人間関係というのは確かに関わりあって徐々に変容していくものではある。そこに無理が入ると最終型にも無理が出るという考え方は一つの考えだろう。

それにつけてもソウルメイトの欲しさよ。

anond:20190307160156

で?君は何が問題だと思ってる?

俺は野党議員のこういう発言象徴される、ノーリスペクト姿勢ダメだと思ってる

anond:20190307114347

一国の首相に対し「安倍総理の知性は小学2年生以下、良心幼稚園児以下だろう。」って...

恐るべきは、左翼からこの暴言をいさめる発言が出てこないってこと

anond:20190307114028

品がなさすぎる左翼の例


なお、国会議員

どうしてこれで支持者が増えると思うのだろうか...

2019-03-02

コンビニ問題

時短営業試験的に行うって馬鹿じゃないの?って思うんだが。

そもそも7時から23時までが元のスタイルだろ。

それを試験的とか試験もクソもねーよって話。

忙しい所はしかたねーよ。そりゃ人員やすしかねーし、24時間もやむを得ねえ。

人員やすのも金がかかる。それこそ自分ブランドネーム守るために負担して補強の手伝いしてやれよって思うわ。

それなのに売上からガツと金取っていった挙げ句に店動かさないとペナ発生するからなって威圧すんのは違うだろ。

上下げたくないなら、協力してやりゃいいだろ。

セブンは図に乗り過ぎなんだよ。

弁当上げ底スパゲッティ上げ底サラダ野菜減って萎びてるし、プレミア云々いって値段ばかり上げて、ホントプレミアレベル商品かよっていったら全然

その辺のコンビニレベル薬局にすら劣ってるじゃねーか。

コンビニで比べたってファミマローソンに劣ってるレベルだぞ。

ファミマ見ろよ、上げ底してねーよ。

なんで弁当に二重上げ底してんだよ。

セブンは一度潰れかけていいよ。

7時23時で営業してた時は良心的だったよ。

買い物もしやすかった。

今は見る影も無え。

2019-02-28

ファーウェイが伸びたのは世界貧乏になったせい

良心があればファーウェイスマホなんて買わないんだけど。

金がなけりゃ買っちゃうよね。

資本主義という失敗社会のせいで富がごく一部に集まりすぎて

世界全体が貧困になり、モラルが低下し、安物やパクリ商品蔓延し、人類は衰退した。

2019-02-27

anond:20190227092202

Dr.マンハッタンが認めた唯一の人間だと思うし、良くも悪くも自分良心に忠実だったし、ヒーローではあった

クソ野郎のオジマンディアスと結局女取ったEDナイトオウル2世とは違う

2019-02-25

anond:20190224233411

"You must speak beautiful english as a black man."を直訳すると「あなた黒人として美しい英語を話さなくてはいけません。(話しなさい)」あたりなんだけど、普通は「黒人らしく」とか「黒人なんだから」といったニュアンスになる。

から、もちょっと意訳ぎみにすると、「あんたなあ、黒人なら黒人らしくキレイ英語を話せよ」といった感じかな。

明らかに黒人でない人にこれを言うと、相手はおちょくられたと感じるだろう。それもアメリカではセンシティブ人種問題でおちょくられたとなると、気分を悪くする人が殆どだと思う。(真面目で良心的な人なら「人種の件でそういう風にふざけるのは良くないことだ」と感じるだろうし。)

その上、自分英語の訛りをおちょくられたとなると、まあ、決して気分は良くないだろう。(だからキレていいというものでもないが)

DVDの本篇始まる前の広告

配信は48時間以内に見切らなきゃいけないのが心理的負担で、

比較的近くにレンタル店があるのもあって、

DVDをまだ借りてるのだが、

流石にいい加減嫌になってきた。


本篇始まる前のあの広告である

そもそもスキップできないようにしてあるのが意地悪だし、

でも確かに、できるようになってたら意味がないんだろうな。


だけど映画館みたいに10分くらいで終わるならともかく、

平気で30分くらい長々と何本も何本も流れ続けるし、

自分記憶では最長なんと1時間くらいトレイラーが延々と流れていたものもあった。

(その時はとある事情ちょっと時間を確かめてみたのだけれど)


こんなもん馬鹿正直に観ている人がいるわけはない。

当然ほとんどの人はスキップの次善策として早送りでしのいでいるわけだけど、

それでも広告効果はあるってことなんだろうか。

測定データあるのかね?

まあ、一定の効果があるのなら、選挙カー名前連呼みたいなもんで、実利をとってやめるにやめられないのも、わからなくはない。

ただ、作ってる人達もいざ自分ユーザーになって観てる時は「うぜーなー」と思って飛ばしてるはずなんだよね。


結局これだと配信に人はどんどん流れていくわけだけど、配信元とDVD制作元って同じ?

だったら痛くも痒くもないのか。状況は改善されないんだろうなあ。

自分フィジカルの皿にもある程度のシェア残ってほしいんだけど。でも毎回あのウザさを味わい続けるなら、消えてもらってもいいかな。


ちなみにAVというかエロDVDは、広告や新作情報は冒頭で強制的押し付けられるがましさはなく、巻末にまとめられていたり、メニューから「興味ある人だけどうぞ」みたいに選べる非常に良心的な作りになっている。

個人的観測だと、このやり方の方がむしろ、「そうか、だったらどれどれ」とチェックしにいくモチベーションが湧きやすいようだ。

エロ業界の方がよっぽどユーザーフレンドリーというこの国の真実を、もうちょっと人は知っておくべきではないだろうか。

2019-02-13

プログラミングスクール情弱ビジネス

ついにエンジニアとは関係ない趣味Twitterアカウント

プログラミングスクールに通うとか言い出す子が出てきた

ちなみに彼女バンド活動しながらフリーターやってる

正直「やめた方がいいよ」って言いたいけど

本人がやりたいって思ってるなら他人がどうこう言うのは違うから何も言えないけど

それでもプログラミングスクールが乱立してそれに通ってる人みてるとつらいよね

どれくらいひどいかっていうとHTMLCSS覚えればフリーランスになれると思ってるようで

さらに「差別化」でデザインWordPressマスターすればかなり稼げるらしい

たぶんそのスクール簡単LP制作を教えてできた気にさせてるんだろうね

良心的なところはRails簡単アプリを作らせるみたいだけど

それでも基本的なところも理解させないでやっぱりできた気にだけさせるんだろうね

教えてる人も一線で働いてる人は講師にはならないだろうからレベル低いだろうし

そんな状態だとフリーランスどころか何とか就職しても現場についていけるのは

たぶん10人に1人いればってかんじだろうね

経験的に職業訓練あがりの人はできない人多かったし)

知らない人からしたらちゃんとしたカリキュラムなのか判断できないし

普通エンジニアはそういうプログラミングスクールレビューとかしないか

こういう情弱ビジネスがのさばっていくんだよ

この記事が巡り巡って彼女の目に入ればいいなと思いながら

2019-02-12

沖縄ヘルパー制度って知ってる?介護の話じゃないよ。

最近新しい奴隷制度ができたとかで盛り上がっているけど、沖縄にはヘルパー制度っていう奴隷制度があるんだよ。

主に民宿で行われていて、大学生と病んでる子が狙われやす

家あり飯あり自由ありそれでいてお小遣いももらえる、極楽さぁといって目をつけた客を勧誘する。

しかし、現実は違う、私がみたのはベニヤで囲われた部屋のフローリングの上に布団がひかれているだけ。エアコンすらない。

しかロビーの隣なので、チェックインとチェックアウトお願いするさぁといわれ、会計を間違うと、お小遣いから引いとくさぁ、そのお小遣いも月5万円程度。

(新しい奴隷制度より良心である

チェックインが終わればほぼ寝る時間、朝早くからチェックアウト、昼まで清掃。自由時間(飯込み)16時からチェックイン

プライバシープライベート金もほぼほぼない。

休日宿泊客がいない日のみ。夏は無しだね。

ホテル住み込みバイトの方がいいよ。

それでも、沖縄サイコ~と雄たけびを上げる若者が耐えない。

2019-02-11

ぶっこみジャパニーズ文化的盗用

そのなんだ。

ぶっこみジャパニーズという悪趣味番組がある。

ニセの日本文化を本物の日本人が行って成敗すると言う番組だ。

番組前半で外国のSUSHIをさんさんバカにした後、正統派寿司職人マスクかぶって寿司技術凄さを見せつけるって、本当に悪趣味番組なんだけれど。

寿司なんて自由に食わせてやればいいじゃないか

サーモンマヨネーズかけようが、ウォッカぶっかけて燃やそうが、それはその国でローカライズした結果なんだから

日本だってカレーラーメンインド人中国人に吊るし上げられたら目も当てられない。

だけど、あの番組世界から見たらまだ良心的だったのかもしれない。

本物の寿司技術を教えてあげるという趣旨で、まだ「お前らは盗人だから廃業しろ」とは言わない。

現実もっとひどかった。

Cultural Appropriation(文化的盗用)の概念は、もう食べ物にまで及んでる。

米国人寿司修行をしたり、和食の店を出したりするだけで、リベラルから批難されるリスクを負うようになった。

アメリカ人ミュージシャンが指に感じの入れ墨をしただけで、文化的盗用だとの批難を浴びる。

和食に感動した欧米人日本和食料亭の門を叩いて弟子入りし、「いつか自分の国に和食を広めたい」など心温まる話だと思う。

しかし今や不道徳欲望として扱われる。

そこには当事者日本人意向などは入り込む余地すらない。

今の海外リベラルに比べれば、ぶっこみジャパニーズ寿司職人企画は、実はとっても良心的だったことがわかる。

どうしてこうなっちゃったかなあ。

2019-02-10

とあるオンライサロンをやめた話

ちなみにイケハヤとかはあちゅうではないし、ホリエモンとか落合とかでもない。

もっと良心的なオンライサロンだった。

ファッション系のオンラインサロン。わかる人にはわかると思う。

月5000円。まあ普通高いと思うよね。

だってこれ、ある意味友達代でしょ。

でもちょうど自分環境を変えたいという気持ちはあった。

新しい出会いから何か変わるかもという期待もあった。

サロン内では会員が優先的に買えるオリジナルの服とかあって、確かにかっこよく思えて何着か買ったりした。

またサロン主だけじゃなくメンバー動画配信して、こういう服買っちゃいました、とかおバカ放送したりとか、それなりに盛り上がってもいた。メンバーだけで勉強会を開いたりして意識も高かった。

自分積極的に参加しようと思って書き込みしたり、オンサロ内の歓迎会とかセミナーかにも参加した。

勉強会は参加してみてそれほど高いレベルではないかなと思ったけど、

歓迎会でいわゆるインフルエンサーっぽい人もいて、その人に話を聞けたのは確かに勉強になった。

あと、メンバーサロン内でサービス始めて会員内でお金稼ぐ事も推奨されてた。

それで会員内でお金が回る経済圏ができればいいねなんて事も言ってた。

でもだんだん違和感が募ってきた。

とりあえず個人的ファッションに対してそこまで深くハマりきれなかった。

コスパよく見栄えが良くなれば、くらいでよかったけど目立つメンバーの大半はやっぱりブランドガンガン買ってるし、それを見て引いてしま自分がいた。

あと、サロン内で優先販売してる服を見ると、確かに良いなと思って欲しくなってしまうんだけど

月5000円の会費+興味を持って買い出した服代+ラボ内で優先販売される服…と買っていくと

最初は熱に浮かされたようになっていた自分だんだん冷静になってきた。

そんなに恵まれ給料でもないし。

人生を変えよう、自分サービスを初めて稼ごう!なんて雰囲気もあったけど、

ファッションにそこまで熱意がない自分には、サービスとか副業を起こす意欲もなかった。

それでさらメンバーが始めたサービスまで付き合ってたら、とてもじゃないけど金も意欲も持たないと思った。

同じ興味を持った人たちが集い、いろんなカッコいい服についての情報が飛び交い、常に購買意欲を掻き立てさせられる環境。稼ごうとする側とただ受身でいる側がいるとお金の流れは当然一方的になる。別にサロン主がひどい搾取をしているわけじゃないとは思うけど、ここにいると消耗するな、と思った。だから抜けることにした。

繰り返し書くけど、このサロン搾取してひどい、と書きたいわけじゃない。

でもオンラインサロンという構造は危ないな、と思う。

ファンに会費を払わせる事で逆に所属意識を高めさせ、閉じられたコミュニティの中の同質的空気の中でさらお金を払わせる流れがある。悪どくやろうとすればそれこそカルト的な集団にできてしまう仕組みがある。

良心的なこのオンサロですら消耗したんだからちょっとこういう形態商売とこれから付き合うのは無理だなと思う。

居眠りされて受験失敗した人がいる

誤字ではない。

居眠り「した」のではなく「されて」受験に落ちた人がいる。この理不尽さを誰かに吐き出したく、殴り書きさせて頂く。

身分はぼかして書くが、とある国立大学大学院における選考会議の様子を把握できる者だとだけ言っておこう。

言うまでもなく選考過程を漏らすのは御法度であるフェイクも多々入れるが、多めに見てほしい。



詳細を記す前に、まず大学院選考方法説明する。といっても甚だ単純で、基準基本的に「教授が忙しい間を縫って面倒みてやってもいい論文が書ける学生判断たか」の一点に尽きる。こう書くと随分いい加減に思えるかもしれないが、基本的研究というのはプロ同士であっても「こんなの研究と認めたらこの分野崩壊するわ!」とか平気で批評しあう世界なので、ましてやペーペー学生研究価値あるかな真剣議論しても満場一致の答えなどでない。よって、直接面倒を見て博士論文指導をする教授に一任されるのである。無論、ある程度外国語技能や専門分野の知識のチェックはされるが、レベルの高い大学ほど論文が全てという傾向は強い。何か国語話せようが知識が凄かろうがあまり関係なく、教授に「この研究自分、ひいては業界の役に立つ」と思わせるのが肝要である。当然、コネによる入学担当教授暴走を防ぐ為に「副査」と呼ばれる、一緒に論文をチェックする人もいるが、副査は指摘すべき点がない場合はまあ無難な点数を出す。担当教授(主査)と違って、専門分野ではないか評価が難しいし専門家が採るといってる者を落とす理由がないからだ。よっぽどのことがない限り、主査が入れる気があるかどうかで可否が決まる。

特に、この大学絶対博士号をとらせる大学(学生向けのキャッチコピーではない。国がそういう事業の一環として認定し、補助金も多く出している)である博士課程というのは卒業すれば博士号がでるわけではなく、むしろ在学中にとれない人の方が多く、所謂満期退学」になりその後何年も経ってから博士号をとるのがスタンダードなのは有名な話だが、この大学殆どの生徒にとらせるべく指導するというわけだ。これが何を意味するか。めんどくさいのだ。博士号とらせなきゃいけないからといって、基準が緩くなったりはしない。日本ではなかなか貰えない博士号を、確実に取らせなければ怠慢と言われるのである。当然、教授負担は大きく、できれば採りたくないとさえ考える人も多い。そのうえ、この大学は方々から国にスカウトされてきた研究者が教授になっており、それぞれ現役で研究に励んでいる。というか、研究所に大学がくっついているという状態なので、教授はそれぞれ優秀故に「自分研究者」という意識が強く、彼らにとって学生指導副業である職人丁稚奉公みたいな関係、というと分かりやすいかもしれない。本来自分研究だけでお金を貰える人が、そんなにできるなら学生も見てよといわれるわけである。当然給料はいいし研究費もたんまり貰えるが、まあやりたくない。大学側も研究でも成果を出してほしいので、毎年わずかな生徒しか入れず、教授たちはそれぞれ数年に一人担当すればいい方だ。つまり、採ったら最後責任が重いし採らなくてもそんなに怒られない。故に、プライドが高く研究意欲のある教授がと重い腰をあげた時点で合格というわけだ。だいたいこんな風にして合否は決まる。

長くなってすまない。本題に入ろう。

居眠りしていたのは主査(実際に面倒を見る予定の人)ではなく、副査(担当しないが論文チェックはする人)だった。

長々と書いた通り、この大学学生を採るというのはめんどくさい。しかし、おとされた学生幸運にも主査合格点を出された。何人かいる副査も無難合格点、人によっては少し高めの合格点をつけたりもして、問題なく入れるはずだった。しかし、一人の副査が、法外に低い点数をつけたのである理由は定かではない。何故なら、点数を発表した会議でその教授爆睡しいたかである

これがもし、何がおかしいという顔で鎮座していたならあるいは、合格を出した主査姿勢を問い直す必要もあったかもしれない。

自分が採るわけでもない生徒にとんでもない低い点数をつけた、まではもしかしたら研究へのこだわりであったかもしれない。いくら自分が面倒を見なくても、こんな学生を入れては国立研究機関の名が廃る、とかそういう信念のもとの行動だったのかもしれない。主査教授メンツに泥を塗ったと嫌われても、他の教授非常識な奴と白い目を向けられても、研究レベルの低い生徒を入れるわけにはいかない。ありえない行為に騒然となる会議室で、それでも己の信念に基づいて何が合格に足らないのかを雄弁に語ろう。そういう覚悟純粋さ故の頑固さがこのような事態を招いたのかもしれない。もしそうだったなら、研究所内での自分立場など顧みない、人間関係など研究においては関係ない、そういう研究者としての誇りある人物だといえるのではないだろうか・

しかし、そんな一抹の擁護可能性を吹き飛ばす爆睡一般企業なら上司から爆弾を落とされるレベルの、爆睡ヤバいと思った隣の席の教授に、つついても声をかけても、起きないと確信される、爆睡。一切の説明責任拒否する、爆睡

それこそ、悪夢のような選考会議

採る予定だった学生を予想外に落とされ愕然とする主査ドン引きする他の教授、眠り続ける副査。




それをもって、学生未来は断たれたのであった。

まりにあまり顛末に、良心的な教授の間では「あれは狸寝入りだったのではないか」説まで出始めた。「本当は私情で落としたので、何故こんな点数をつけたのかと追及されるのを逃れる為に、あんなことをしたのではないか」「学生論文の出来に嫉妬し、しかし無理に難癖をつけるのはプライドが許さず、苦肉の策だったのではないか」「本当は気が小さい人で、主査メンツを潰すのがしのびなかったのではないか」という憶測が飛び交ったが、定かではない。個人的には、そんな深い事情はなく、なんか気に入らなかったからじゃないかと思う。学生

気の毒だが、寝てた人の点数でも考慮せざるを得ないのが、寝てた人を怒れないのが、寝てた人でも教授になれちゃうのが、国立研究である。一例だけで申し訳ないが、国費をかけて研究者を増やそう!という研究所でこういうことが起こり得るのが今の研究者の現実の一端である

どうなる日本アカデミー。そしてテクノロジー

2019-02-08

恵方巻食べたらうんに見放された

事の発端は2月2日。この日と次の日はお休みである

時間もあることから、近所で有名なしょっぱいラーメン屋まぜそばを食べたこから始まる。

追い飯が50円という良心的なお店なのだが、水がセルフサービスなので、水などいらん、このしょっぱさと戦えと言われているように思う。

で、水なしでたいらげるも追い飯が出てこず、ただただしょっぱいだけのまぜそばをたいらげることとなる。

大人対応笑顔で店を後にし、パチンコへ。

パチはver99を基本に打つ。特に単発あたりが連続している台を狙うのだが、座る台座る台大外れ。

こういう時は水分補給がおろそかになる。

手持ちの軍資金が少なくなったこともありver297の地獄少女を座ったら、速攻であたり、しか連チャン赤字解消、3000円の黒字でその日を終える。晩飯コンビニおにぎりで済すます

翌日気分が良く、節分だけど絶対恵方巻食わねーぜと心に決め、またパチンコに勤しむ。例によってver99を打つが全然だめ。

前日、大ハマリした台たちは、その後爆裂したようでなんとも虚しい感じがする。

また、水分補給をせぬまま、台を渡り歩く。最後に座ったミリオンアーサーでお宝ゲット。二日間で7000円の勝利である

これに気を良くしてしまい、スーパー恵方巻きを買ってしまう。なんという意志の弱さ。

極上恵方巻というのがあったので、俺様にぴったりじゃないかとまるごと一本、え、とんかつ巻きもあるの、じゃーハーフで。

え、何これ、サーモンがはみ出てるじゃん、すげーということで海鮮巻もハーフで購入。

人は小さな額でゆとりが出たと思ったら、おかしな行動をするもんだ。

そして水を買い忘れたので、むしゃむしゃとひたすらかぶりつく。口の中に乾きを感じながらも、え~い、ままよと食い尽くす。

翌日は、仕事仕事場ではかなり水分補給をする。一日3リットル目標である

この日はめずらしくお昼にお弁当を買う。まだ、気持ちが大きいままだ。

そして、夜は友達たこ焼き屋。お好み焼きがまだあるということで、頼むと、今日はこれで終わりだからたこ焼きもサービスでくれた。

捨てるわけには行かないのでたらふく食う。

翌朝お腹がはっている事に気がついたので、朝と昼を抜くことにする。そういやお通じないなぁと気にするがよくある事なのでスルー。夜は吉野家で特盛ガッツリ

その晩、突如として腹痛に見舞われる。

はじめは原因がわからずもがき苦しむが、そういやあの恵方巻が外に出てない、

こりゃー便秘だ。

この瞬間、うんに見放されたことに気がつく。

その後もうんに見放されたまま、今に至る。

この歳になって、はじめて、便秘で苦しむ人の辛さがわかった。

ブクマをもらうには

すぐに思い付くのは誤情報を書くことだよね。親切な人がブコメで指摘してくれる。その時に上から目線で書くとさらにもらえるかな。

間違ってる

嘘を書くな

釣り

などのコメントもらえる。

感情を込めて書くといいと思う。情報の真偽はすぐにわかるけど感情の真偽はわからいから、記事釣り感が薄められる。涙を流してる人に「その感情フェイクだ」と言える人はなかなかいない。そんなこと言ったら良心を疑われるからね。ブクマカ良心的な人たちだからそこをうまく考えながらブクマをもらいたいね

anond:20190207004137

児童相談所 拉致 静岡市」などと検索すれば、当事者(親)が発信する記事を閲覧することができる。Twitter実名発信すら行っている。

彼らの主張と、裁判所認定事実とを対比しながら読めば、恐ろしさが伝わってくると思われる。

-----

損害賠償請求事件

東京地方裁判所平成21年(ワ)第25349号

平成25年8月29日民事第44部判決

口頭弁論終結日 平成25年4月25日

       判   決

(第1,第2 省略)

第3 争点に対する判断

1 認定事実

 前提事実に加え,後掲の証拠及び弁論の全趣旨によれば,以下の事実が認められる。

(1)本件小学校入学前後の経緯

ア 原告Q1は,原告Q2及びQ9との同居を始めた平成19年2月頃,Q9が時間を守らないこと,嘘をつくことを矯正させる必要があると考えて,原告Q2との間でQ9へのしつけの方法について話合い,その結果として,原告らは,Q9が小学校入学した同年4月頃から,Q9が上記の点について原告らの口頭での指導を守らなかった場合には体罰を与えることとした。

 原告らの体罰は,当初は頭を軽く叩く程度であり,その後顔を平手打ちするようになり,同年6月頃からは,Q9に木製の子ども用バットを持ってこさせて,臀部をバットで叩くことなどがあった。

(甲4,75,原告Q1本人)

イ(ア)Q9の所属するクラス担任であるQ12教諭は,平成19年4月頃,Q9の顔に痣があったこから,その痣について聞いたところ,Q9は,タンスの角にぶつけたと述べた。Q12教諭は,その後,Q9の顔の別の位置に痣があることを発見した。

 Q12教諭は,同年5月下旬頃,Q9が忘れ物をして登校してきたため,どうしたら忘れ物をしないようにできるか尋ねたところ,Q9は泣き出して,自分学校の支度をしていることのほか,原告Q1は殴るので恐いこと,原告Q2はQ9を守ってくれなくなり,原告Q1と一緒に怒ってばかりいるが,以前はそうではなかったことなどを述べた。そこで,Q12教諭は,Q9に対し,先生はいつも君の味方であり,先生が守ってあげるなどと述べた。

 原告らは,同月31日,本件小学校担任教諭保護者との間での連絡帳に,Q9から先生が守ってあげるという発言があったと聞いたが,その発言真意確認を求める旨の記載をした。

(イ)本件小学校のQ13教頭は,同年6月5日,原告ら宅を訪れ,原告らと面談した。その際,Q13教頭は,虐待の疑いがある場合についても適切な対応をとる必要がある旨述べ,原告らは,今までQ9はしつけを行われずに育ってきており,Q9を良くするのは今しかないこと,しつけの方針として,悪いことをしたら殴ること,虐待を疑っていることは理解していることなどを述べ,Q12教諭上記(ア)の発言について,Q12教諭からの直接の謝罪要求した。これを受け,Q13教頭は,一旦本件小学校に戻り,Q12教諭と共に再度原告ら宅を訪れ,Q12教諭上記(ア)の発言について,誤解を招く発言であったとして謝罪した。

 Q9は,同日以降,Q12教諭に対し,先生が来てくれてから殴られなくなったと述べた。

(ウ)Q9は,同年6月29日,右大腿部,右肩に赤色の跡があり,Q12教諭が,Q9がプールに入る際にその跡について聞いたところ,Q9は,原告Q2から叩かれたと述べた。

 また,Q9は,同年7月2日,右目の下部に痣があり,Q12教諭からその痣について聞かれたところ,原告Q2に殴られたと述べたが,Q13教頭からその痣について聞かれた際には,Q9は転んで怪我をしたと述べた。そこで,同日,Q13教頭原告ら宅に架電したところ,原告Q2は,Q9が2日続けて許せない嘘をついたこから原告Q2が殴った,私も人間から感情的になると述べた。

 原告Q1は,同月3日,本件小学校架電し,Q13教頭に対し,原告らは冷静にQ9をしかっていること,同じ状況であれば原告Q1であっても殴っているはずであり,原告Q2も同じ方針であることなどを述べた。これに対し,Q13教頭は,殴らないで育てることをまず考えるべきであるなどと述べた。

(エ)Q12教諭は,同月4日,原告から,本件小学校教育方針等についての意見記載された手紙が送付されたため,同日午後3時頃,原告ら宅を訪問した。その際,原告ら及びQ12教諭居間にいて会話をしていたところ,原告Q2は,一旦居間を離れてQ9の部屋に行き,Q9を叩き,居間に戻ってきた際に,「今私,Q9のこと,叩きましたから,守って下さい。叩きました。嘘ついたから。」などと述べた。

 その後,本件小学校のQ14校長教務主任及び生徒指導主任原告ら宅を訪れ,原告Q1から学校で行う教育と家庭で行う教育区別をしたガイドラインを示してほしいという要望があったため,Q14校長ガイドラインを示す旨述べて,同日午後8時30分頃にQ14校長らは原告ら宅を離れた。

(甲11,17,18,乙ろ2の12,乙ろ15,証人Q13)

(2)本件一時保護に関する経緯

ア Q14校長は,同月6日,静岡市教育委員会に対し,前記(1)イの経緯を報告した。静岡市教育委員会は,同月10日,静岡市α区の要保護児童対策地域協議会児童福祉法25条の2参照)の定例実務者会議において,Q9を要保護児童として提示し,Q13教頭が前記(1)イの経緯をまとめた報告書(乙ろ2の12の1ないし6丁)を提出した。上記会議に出席した静岡市児童相談所の所員は,同日,本件小学校に対し,Q9は保護を要する児童であるため,今後Q9に痣等があった場合には児童相談所に通告するように指示した。

イ Q9は,同月13日の登校の際,左顎及び左目下部に痣があり,Q14校長がその痣について聞いたところ,Q9は,嘘をついたことを原告Q1に怒られて殴られたと述べた。そこで,同日「Q14校長は,静岡市児童相談所架電してQ9について通告した。また,同日のプールの授業の際,Q9の大腿部及び背中に痣があることが確認された。

 静岡市児童相談所は,同日,上記通告を受け,子ども虐待対応の手引き(平成19年1月23日付け雇児総発第0123003号厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課長通知。乙ろ2の10)及び静岡県中央児童相談所作成家族支援ガイドブック(乙ろ2の11)に基づき,上記アの会議に参加していた所員等による緊急受理会議を開催し,Q9に行うべき支援及び援助の内容を判断するための虐待処遇アセスメント指標(乙ろ2の6)で判定をしたところ,虐待の程度は,5段階の上から2番目(打撲,広範囲の軽外傷等)であり,調査格付は,生命を脅かす(又は高い可能性がある。)状態として,直ちに立入調査を行うこととなる「R-1」と判定された。また,静岡市児童相談所のQ15主任主事ケースワーカー)等の所員3名が,本件小学校に立入調査をして,Q9の顔から足にかけて痣があることを確認し,Q9に聞き取りをしたところ,Q9は,原告からは,Q9が時間を守らないという理由毎日殴られること,原告Q2の方が多く殴ること,原告Q1からおもちゃバットでいろいろなところを殴られ,原告Q1から殴られた際に血が出たことがあることなどを述べた。静岡市児童相談所は,上記立入調査をした所員からの報告を受け,上記虐待処遇アセスメント指標及び所員の合議に基づき判定をしたところ,Q9の支援・援助格付は,直ちに一時保護必要となる「AA」と判定された。

 静岡市児童相談所長は,Q9に痣があり,Q9も原告から殴られていることを認めたこと,本件小学校から家庭訪問をした後も原告から虐待継続していることが確認できたことに基づき,Q9を一時保護し(本件一時保護),その後に原告ら宅に架電し,原告らに対して本件一時保護したことを告げた。

 Q9は,同日,静岡市静岡病院のQ16医師の診断を受けたが,同医師作成診断書には,「全身に打撲によると思われる皮下出血を認める」として,〔1〕両下眼瞼,〔2〕左顎部,〔3〕右肩甲骨上,〔4〕左大腿背側,〔5〕右下腿膝下部前面及び〔6〕両殿部について,「いずれも鈍器,または靴による打撲跡と考えられる」,「上記外傷について全治一週間と診断する」との記載がある。

 静岡市児童相談所は,同日,静岡県中央児童相談所の一時保護施設にQ9の一時保護委託した。

(甲11,乙ろ2の4ないし6・12,乙ろ15,16,乙は3の1・2,証人Q17,証人Q13)

(3)本件一時保護開始後の経緯

ア 原告らと静岡市児童相談所は,本件一時保護が開始された平成19年7月13日以降,電話等でやり取りをしたが,次のとおり,原告らは,Q9に対する体罰虐待ではなく,親である原告らの意思無視して本件一時保護継続することは不当であるとの意見を繰り返し述べた。

 原告Q1は,同月20日,静岡市児童相談所のQ15主任主事との電話で,虐待はしていない旨述べ,暴行肯定されると考えているかとの質問に対して「ええ,肯定されますよ。当たり前じゃないですか」「一時的感情だとかそんなことで虐待を繰り返してきているわけじゃないんだ」,「責任ある体罰っていうのだってあるんだ」などと述べ,静岡市児童相談所のQ18統括主幹との電話で,同月27日,「Q9をおたくらに任せますけど,やつが20歳ぐらいになったときにまともな,私らが考えているような大人になってなかったら,抹殺しますんで。おたくらも含めてよ。」,同月30日,「子どもがこう,おれらの考えてたとおりに教育できなくなったときに,おまえらどういう責任とる。とらなかったときは,おまえ,リンチしてもいいか」,同年8月1日,「根本からお前らの育て方とか教育論が間違ってるのに,何で間違ってる奴らと俺らが話し合わなきゃいけないんだよ。」などと述べた。また,原告Q2は,同年7月23日,Q18統括主幹との電話で,「私達は少なくとも体罰体罰だって考えてるんですね。私の思う虐待と言うのは自分憂さ晴らしですね。」,「体罰っていうのは暴力とは違う」などと述べた。

 静岡市児童相談所のQ19主任主事心理士)及びQ15主任主事は,同月20日から同年8月31日まで,一時保護施設を訪れてQ9と面談,行動観察,心理テスト等を行った。Q9は,同月8日以降の面接で,原告らと会いたくなく,施設から帰りたくない旨訴えた。Q19主任主事は,Q9について,同年9月20日開催の静岡市健康福祉審議会児童福祉専門分科会児童処遇審査部会に「現段階では,本児の家庭に対する拒否感が強く,両親と距離を置き,守られた環境下で,本児の話に耳を傾け,個別には母性的で受容的な対応が望まれる。」,「これまでの養育環境により本児の情緒面での成長が阻害されてきた結果が示されており,今後,両親の養育態度に改善が望めないようであれば,家庭との分離はやむを得ず,児童養護施設への入所が適当であると考える。」との心理診断の結果を提出した。同部会では,Q9の入所措置承認を求める申立てを行うことに異議は出なかった。

 静岡市児童相談所のQ20所長は,上記原告らの発言心理診断の結果及び上記部会の結果を踏まえ,原告らによる暴力継続される可能性が高く,Q9も帰宅拒否していることから児童養護施設への入所が適当であるとして,同年9月25日,入所措置承認を求める申立て(本件申立て)をした。

(甲11,14,乙ろ7の1ないし7)

イ 原告らは,同年9月28日,静岡市児童相談所を訪れ,Q20所長,Q17参事平成20年4月1日に静岡市児童相談所長となった。以下「Q17」という。)等の所員と面談した。この面談の際,Q20所長らは,本件一時保護の経緯や,Q9については児童虐待防止法2条1号所定の暴行が行われたもの判断していると説明したが,原告らは,「体罰虐待はこれ別物ですから」,「しつけの段階で,あざができるほどたたかなきゃいけなかった」などと述べてQ9の返還を求め,静岡市児童相談所はこれに応じなかった。

(甲9,10,乙ろ7の10)

ウ Q20所長ら及び原告Q1は,本件承認審判及び本件勧告がされた後である平成19年12月21日,静岡市児童相談所面談した。原告Q1は,本件承認審判の「二度と虐待に該当するような体罰をさせない」という文言から虐待に及ばない体罰については容認されたもの解釈している,体罰主体にしない努力はするが,目的によっては必要なこともあるなどと述べたのに対し,Q20所長は,しつけ自体否定するわけではないが,体罰を伴うしつけは子ども心理的な影響があり好ましくない,本件勧告を受けて,静岡市児童相談所から原告らに対する指導方法について年明けに提案する旨述べた。また,原告Q1が,原告らがQ9の通学している安西小学校に面会等を申入れることは問題となるか確認したのに対し,Q20所長は,今の状態だと問題となる旨述べた。

 静岡市児童相談所は,平成20年1月頃,上記提案として,Q9と原告らの家族統合に向けた「ご両親への支援プログラム」(以下「支援プログラム」という。)を作成した。支援プログラムでは,〔1〕目標は,「Q9君が安心して生活できるような家庭づくり。」であり,〔2〕方法として,原告らが静岡市児童相談所を訪れ、概ね1か月に1回2時間程度を目安に面接実施し,面接以外にも課題の提出をお願いすることがあること,〔3〕2月から3月頃にQ9の気持ち確認し,写真ビデオレターなどを通した親子交流を始めること,〔4〕Q9が原告らに会いたいという気持ち確認し,5月から6月に児童相談所内で原告らとQ9との面会を実施し,6月から7月初旬に親子での外出を実施すること,〔5〕面会・外出時の親子の様子,Q9からの外泊希望確認し,児童相談所所員による家庭訪問実施した後,7月初めに家庭への外泊を開始すること,〔6〕外泊が繰り返される中で,良好な親子関係が認められ,引取り後の支援のあり方について共通理解が得られれば,家庭引取りとなることが記載されている。

 Q20所長ら及び原告Q1は,同年1月11日,静岡市児童相談所面談した。静岡市児童相談所のQ21心理士支援プログラムについて説明するなどしたところ,原告Q1は,支援プログラムは本件勧告無視したものである原告らは体罰をしているのであって虐待暴力ではない,一時保護自体間違っている,おれは日常生活の中で普通にやっていく中で必要であれば絶対体罰は使う,まずはQ9を帰してもらいたいなどと述べた。そこで,Q20所長は,再度提案をする旨述べた。 

 Q20所長ら及び原告Q1は,同月24日,静岡市児童相談所面談した。Q17が,本件勧告に基づいてQ9を帰宅させるためには,虐待に該当するような体罰はしないことが条件になる旨述べたところ,原告Q1は,裁判所原告らが虐待をしていないと認めており,Q9をすぐに返してもらった上で静岡市児童相談所による指導を受けるというのが原告らとして譲歩案の全てである静岡市児童相談所原告らの意見を聞かずに一方的な主張をしているなどと述べた。

(甲9,10,乙ろ5の2,乙ろ7の11・12)

エ Q9は,平成19年12月31日,静岡ホームで転倒して頭を打ち,CT検査をしたが,脳に異常は認められず,頭部挫傷と診断された。

 静岡市児童相談所は,原告らに対し,上記転倒事故を通知せず,原告らは,平成20年3月7日に静岡市個人情報保護条例に基づき開示を受けた文書により,上記転倒事故の発生を認識した。

(乙ろ1)

オ 原告Q2は,同年2月1日,静岡市児童相談所に対し,Q9の毎日の詳しい言動や様子を報告しない理由等の回答を求める質問状を送付した。また,原告らは,同月8日,静岡市児童相談所を訪れ,本件抗告棄却決定に対して特別抗告申し立てた旨伝えるとともに,親権行使するとして,Q9の毎日の一時保護施設及び小学校での言動を報告することを求めた。さらに,原告Q1は,一時保護期間の7か月でQ9の身長が2.4センチメートル体重が1キログラムしか増えていないという理由で,Q9への精神安定剤等の投与を疑

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん