「カバン」を含む日記 RSS

はてなキーワード: カバンとは

2018-06-19

地震で死を覚悟してからやったこ

もっとかい地震体験された方にはあほかと思われるかもしれないが、それでも昨日の揺れはやばかった。

朝出かける準備をしてた時で、立ってられないほど揺れて棚からぼこぼこ物は落ちるし完全にオワタと思った。

揺れが収まりちょっと落ち着いたら死ぬわけにはいかんという気持ちと、もし今死んでも納得できるように色々やったのでちょっとまとめておく。

会社は休む

普段はあまりブラックとは思ってなかったが、なんとしても来い系のことを言われたので行けないと言った。

ひたすら来い来い言われるので一週間休むつって移行連絡は無視してる。

クビになっても知らん、そんな会社ならやめても良いし死んだらなんにもならん。

防災バッグ作り

まずは死ぬわけにはいかない。

東北熊本の例を見てもこれから更にやばい地震が来ることは多いにありえる。

カバンパンとかお菓子とか軽くてカロリーあるものと水、便利らしいサランラップちょっとした着替え、タオル、充電したバッテリーくるくるして充電できるやつ、トランプ文庫本一冊、スリッパ、鎮痛剤やアレルギーの薬、あたりを入れて枕元に置いた。

とりあえず身動きが取れなくなったり、避難所生活に困らないように、あまり重くならないようにと色々考えながら荷造りするのはなかなか楽しい

もっと色々持っていきたいかなと思ったが、家にある自分が買ったものでもリスク犯してまで持っていきたいと思うようなものは意外となかった。

夏だから防寒的なことはいらないし軽くすんだ。

あと、家族や連絡とりたい人の電話番号メモした紙。

今週ずっと雨っぽいのでバッグの中でゴミ袋で覆ってる。

避難訓練

布団の足元に靴を置いて、カバン位置も何度も確認

蒸し暑いエアコンつけて閉めきってたら開かなくなるかもしれないし、窓とドアは開けている。

マンション非常階段位置や、高さも再確認

テーブルの下に隠れる動きも何度も練習した。

・やりのこしたこと

しかしたら本当に死ぬかもしれない。

やりのこしは嫌だし、色々やっておくことで冷静さを保てる。

まず家族や知人に生存確認

ずっと会ってなかったじいちゃんばあちゃんや、別れた恋人にも連絡してしまった。

別れた恋人不安だったようで、またちょっとだけ寄り添えた感が味わえてほっとした。

それから気持ち落ち着け意味と、もう一回見ておきたいということで好きな映画や本を見直す時間

もう何度も見てるものから落ち着くし、やっぱええなあまだ死ぬわけにはいかねえという活力が湧いてくる。

睡眠

ずっと余震が続いてたし、夜も寝れないだろうと思ってゴロゴロしながら寝れる時に寝た。

案の定夜にでかめ地震が何度もあって、ぐっすり眠るのはどっちにしても無理だったと思う。

データクラウドに移行

写真とか動画とか自炊した本とか、ローカルにあるものは全部クラウドにアップした。

もし家がぶっ壊れても喪失感からぎりぎり耐えるためにやっておいた。

インタビュー練習

避難所や街でテレビインタビューされた時の練習もした。

うっかりするとネットフリー素材化してしまうので、パワーワードは避けて原稿を作り、淀みなく言えるように唱えてみた。

ここまでやるとかなり自己満足感があり、今はかなり冷静でいつでも来いや状態だ。

インタビューに答えるためになんとしても生き残らなくちゃいけない。

大阪の人、ちょっとぎすぎすした空気もあるけど頑張ろうね。

2018-06-16

使いやすい筆記具がない

学生時代はよくシャーペンを使っていたが、芯が折れたり、替え芯を補充するときに手が汚れるのが嫌で、というか、紙に書いた時点で、触ると手が汚れる紙が出来上がるのも嫌で、とにかくシャーペンが嫌いだったので、許される範囲で徐々にボールペンを使うようになった。

それでも消しゴム必要な場面はゼロにはならず、最近鉛筆を使っていた。シャーペンに比べれば、筆記時に芯が折れたり、ペン先がぶれたりするトラブルが少ないから。でも、鉛筆を長く使ってみて気づいたのは、鉛筆は、長い間カバンの中で持ち歩いたり、あるいは机から落としたりするうちに、中の芯がどんどん折れて行き、削るとボロボロ崩れて行くような状態になってしまうということだ。

そういうわけで、使いやすい筆記具がない。

多分品質のいいシャーペン品質の良い鉛筆を買えば解決する問題なのだろうけど、鉛筆がそうだったように、長期にわたって使ってみて初めてわかる短所というのがあるので、高い買い物をして失敗するのは怖い。

anond:20180615234828

普通に歩ける靴でもかかとがペタンとたためる靴があるから長靴はいて靴はカバン

リュックはザックカバー

2018-06-12

朝食を5口で

朝日新聞

シンガポールテレビ局クルー首脳会談が始まったことを同僚からの連絡で確認すると、カバンから菓子パンを取り出して朝食。男性リポーターチョコパンを5口で食べていました。

どーでもええやろ!

2018-06-11

anond:20180611212059

カバンを持ってナタを防げるように頑張ろう

場合によってはカバンに刺さって武器なくして助かるかもしれない

2018-06-10

Twitterに「殺す」と書いて凍結されたけど心は未だ凍結されない

彼は8割方人間が詰まった山手線車内でそう言った。夕焼けが眩しく、移動中のサラリーマンも、僕らみたいな学生も、各々が干渉を拒み本や耳奥の音楽に逃げていた時に呟いた。

彼が降りる新宿駅に着く一瞬前に。

僕が語彙力の無さからインターネットの隙間に放り込んでしまうように、山手線の端の車両のそのまた端で呟いた。

「……そりゃ…そうだよな」

やめとけ、とか、ウケる、とか、軽く受け流すことはできたはずだけど、僕は妙に感心した。共感した。そりゃそうなんだ。インターネットの一サービス治安を守るためにルールをつくって罰を実行しても、なにも消されるわけじゃない。溜飲が下がるなんてことはありえない。僕たちは不器用で、真面目で、自分が憎らしいという当たり前の性質を持っている。時折手を伸ばした時にできるささくれに痛いと感じることも当たり前だ。

インターネットはつながるためにやっているわけじゃない。現実自分を消すためにやっている。「死にたい」というのはちゃんと訳せば「幸せになりたいけどそれがかなわないから痛みもなくここから消えていなくなってしまいたい」であり決して「手首を切りたい」とか「葬式をしたい」ということじゃない。ただいなくなりたい。そのためにインターネットに別の人格を預けるのは緩慢に自殺するようなものなのだろうか。自分ではない、誰かがいるかいないかからない場所で、めっぽう暗く、簡素言葉を落としたい。ただそれだけだった。

Twitterに『殺す』と書いて凍結されたけど心は未だ凍結されない」

そう言った彼は、山手線からつまみ出されるのだろうか。耳に届きギョッとした顔を見せた数人は彼を異常者だと思っているのだろうか。

僕は彼を諌めもせず、電車に載ったままで行き先を少し過ぎるまでボーッと、新幹線事件情報スマホで見ていた。

彼は夕焼けの色をする、もっと人間が詰まった中央線に予定通り乗り換えるだろう。そして明日も予定通り学校に来る。カバンに何が入っているか僕は知らない。

彼氏(夫)が風俗に行くこと

彼氏や夫が風俗に行くことってどうやったら割り切れるんだろう


プロポーズされて結婚直前、同棲中の彼氏通勤カバンの中からつのわからんボロボロ風俗ポイントカードが出てきたんですよ。

(ちなみにポイントは1つしか溜まってなかった)

そういうのは仕方ないものだって知識としてはあったけど、かなり動揺して、考えれば考えるほど悲しくて。

問いただしてみたら、昔会社の人の付き合いで数回行ったことがあること、自発的には行ったことがないこと、私と付き合いだしてからは行ってないこと、これからも行く気はないこと、などを言われて、何度も謝られた。

1年程度の短い付き合いなら迷わず別れてたけど、もうここまで来てるしなぁって思って、発覚してとても悲しかたことと、今後行ったら別れるという約束をして終了。



でもさ~一度行った奴は何度でも行くでしょそういうところ~~~



私はかわいくないし、細くて胸もないし、正直逆の立場だったら、この先一生私しか抱けないとなるとかなり悲惨だと思う。

それに浮気されるよりはお金を払う割り切った関係のほうがマシであることもわかる。

考えれば考えるほど風俗合理的である

はいえ頭でわかってても心が付いていかない。彼氏(この先夫かもしれない)が綺麗で若くて胸がおおきい女の子を夢中で抱いているのを想像すると悲しくて涙が出そうになるし、男だけそうやって性的楽しいことたくさんあるのもずるいって思ちゃう。(女性向け風俗に行けばいいのかな?それって彼氏を傷つけることになる?)

彼氏は優しい人だから、たぶん今後は尻尾をつかませないようにしてくれるとは思うけど、それだけに私は今後いつでも、あー最近はいつ行ったんだろうなーとか、あってもなくても疑ってしまうんじゃないかって思って辛い。

新幹線事件への言及で、

以前から警察官路上での職務質問ちょっとカバンの中見せて」にやたらと反発してた連中が、自分被害にあうかもと想像が及んでくると、途端に「手荷物検査必要だろ」ってなってるのは草生える

2018-06-09

死のうとしたけど

私には無縁だと思っていた。毎日それなりに楽しくて、嫌なことや悩むことはあるけれど、良い人や友達がいて満ち足りた生活を過ごしたと思う。

20代も半ばになったが、去年くらいからふつふつと沸いてくる希死念慮がある。理由はわからないけど、高い誰でも入れるビルを探したり、ロープを常備したり。

今も水商売を続けているが、酒の量が増えて酩酊することも増えた。去年の冬にお店は暇で、私以外誰もいない店内でマフラーを電飾に引っ掛けて首を釣ろうとしたが、電飾がとれて未遂に終わった。後日、お店が終わってから飲みに行き、ワインを3本開けて酩酊して、男とカラオケセックスしたけれど、その先が覚えていないが、高いビル屋上に立っていた。怖くて飛び降りれなかった。カバンも何もかも無くした。そのあとはナンパされた男の家へ行って泊まった。その時はなんとなく独りになりたくなかったんだと思う。

昨日はお店の営業中何となく全てが嫌になって、ドレスを着たまま何も持たずに近くのビル屋上へ登ったけど、怖くなってやめた。なぜだか涙が止まらないけど、何が嫌でこんなことしているのかが自分でもわからないし、何故涙が出るのかもわからない。トチ狂った私はそのまま自転車を盗んで友達の家に行った。友達の家も高いマンションで、屋上へ登ろうとした私に友達が付いて着て、私の心中がバレて心配かけてはいけないなと思って眺めが素敵だねって誤魔化したけど、墓地だった。友達は何も言わないで、私に寄り添ってくれたから救われた。次の日、お店へカバンを取りに行き関係者謝罪した。なぜかみんな優しかった。

近頃わかったことは、私は友達が数人いるがいつも私は聞き手だ。お客様へも喋らせるし、上司へも後輩へも。私のこと、あんまりよく知らないんじゃないかな?と思った。みんな私に興味がなくて、私といることが楽しいだけで、私がテンション低いとつまらないと、エンターテイメント性を強要されることが多い。友達だったり大人になってから出会う人を繋ぎ止めるものなんて利害関係の一致でしかなく、私の利はどこへ?と思う私はヒロインを夢見たゴミ虫だ。

から逃げ出した時に会いに行った友達は、私の話を聞いてくれるし、しんどい時も楽しい時も応えてくれる。その友達は、少し前まであることで懲役中だった。辛かった話は私に一切しない。服役したことも私に隠していたし、色んな人に聞いてやっと知り合い伝いに事実を知った。手紙を出そうかとも考えたけど、彼女気持ちを優先して知らないふりをした。久しぶりに再会した彼女はケロッとしていて、サラッと事実に触れて私の気分は晴れた。彼女太陽みたいな人だと思った。

それで私が自殺しようと思ったのは、きっと孤独からきているんだと感じた。誰にも弱みを見せない友達と、誰にも弱みを見せたくない私。私は近々彼女に私が自殺しようとしたことと、彼女が私を救ってくれたことを話すつもりだ。彼女も悩んでいるだろうし、辛いこと私が聞いてあげたいと思っていること伝えようと思う。弱いところを、未熟なところを、舐め合ってでも良い。今日死んでしまうより、大好きな友達ランチをしたり旅行に行ったりしたいなと思えた。

ありがとう

2018-06-04

ここもちろぐ

生産性志向SEが、IT業界での奮闘記や仕事生活で学んだことをはきだします。

 2018-05-15

みずほ銀行炎上プロジェクト支援に行ってきた話|問題

プロジェクト

gizeh-2272008_640

こんにちは。もちです。本日は、みずほ銀行プロジェクトで2か月限定支援に行った時のことを話したいと思います

あの頃は、ちょうどポケモンGOリリースされた時期でした。 プロジェクトのお昼休みに、わくわくしながらアプリを立ち上げて、メンバーの方と遊んだものです。

そんな次期システムが、いよいよ、2018年6月9日から徐々に移行開始されるそうです。

みずほ銀、9日からシステム移行 「世界最大級プロジェクト」 ATMネットバンク臨時休止日 (1/2)

みずほ銀行みずほ信託銀行は、入出金や口座管理などを担う勘定系システム統合した次期システムへの移行作業を9日から始める。4000億円超の資金を投じて進めてきた世界最大級プロジェクトが、最後のヤマ場を迎える。

www.itmedia.co.jp www.itmedia.co.jp

www.itmedia.co.jp

移行が発表されてから、「あの頃が懐かしい」と感じたため、せっかく浮かんだいろいろな想いを残そうと思って記事しました。

記事では問題点のみ扱い、

▼次記事で学んだことを記載します。

ここもちろぐ

ここもちろぐ

id:cocoamocchi

みずほ銀行炎上プロジェクト支援に行ってきた話|まなび編

みずほ銀行プロジェクトで2か月限定支援に行った時の話、まなび編です。 ▼前記事問題編はコチラ www.cocoamocchi.com 古参メンバー仕事を奪う デキる古参メンバーはとにかく忙しいです!! 新規参入者でもやり方さえ一度知れば、できそうな仕事もありそうだということで、積極的仕事を奪いにいきました。 たとえば…

2018-05-17 22:53

www.cocoamocchi.com

職場的に嫌だったこ

毎朝エレベータに長蛇の列

人気アトラクションかな?と思わせるほどの大行列タイミングが悪いと10分以上待たされました。

現場10Fくらいの階層だったので、階段も諦めました。。

スマホは鍵付きロッカーで集中管理

テストフェーズがちょうど一個上の段階に進んだためか、チーム内のスマホは鍵付きロッカーでしっかりと管理されるようになりました。

カバンも窓際に追いやられ、セキュリティ面が厳重でした。

荷物取りに行くだけで時間がかかりました。

インターネットが使えない

security-265130_640 これが一番厄介でした!!!

新入社員であれば、まずはググり力を鍛えろ!と先輩に教わるも方もいるのではないでしょうか。

わたしみたいなIT業界で働く方々は特にインターネットで調べまくる生き物です!

なのに使えないので厄介でした。

・・・はいっても、わたし場合は、こっそり休憩スペースにスマホを持ち出して調べてました。

他には、書籍にもお世話になりました。

ここで 「ネットが当たり前だと思うな、腕を磨こう」という教訓を得ました。

ありがとう執筆者の方々。

改めて書籍を生み出す方々に感謝です。

印刷用紙が真っ赤で読みづらすぎ

持ち出し抑止のために、プリンタ用紙が赤くなっておりました。

(特に持ち物チェックがあるわけではないので、悪意のある人なら持ち出せたかと思います。)

印刷してみるとまあ~わかりづらい。 気持ち的にもなんか落ち着かない。

でも一定の効果はきっとあったのだろう。。

残業前提の雰囲気

ただでさえ生産性の低い環境なのに、働き方もやっぱり残業ばかりされている方だらけでした。

特に既存メンバー古参者は大量に仕事を抱えているので、いつもヘトヘトです。

他の人へのレビューも、当然荒い。

また最終退館者名簿を見ると、お客さまサイドも負けずと毎日23時台まで残っているようでした。

※ちなみに

ごめんなさい、わたしは最長でも21時には帰りました!寝不足すぎると生産性ダダ下がり逆効果なので苦笑。

単体開発 バグ改修

私の場合、残念ながら新規開発部分は残ってなく、仕様取り込みやバグ改修をちょこっとやったくらいです。

開発ではなく、ほとんど仕様整理やJP1いじっている時間が多かったです。

命名規則がつらい

短い単語アルファベット1文字表現する文化があったため、それらをつなげて作成されるDBテーブル名やカラム名新規参入者にとってはしぬほど分かり辛かったです。

銀行システムなのに単体テストが荒い

1箇所の修正で5個もケースはないし、誰も見ないのではないかなというくらい、ゆるふわテスト結果が置いてあったりと、とてもじゃないけどもお金を扱うシステムだとは思いませんでした。

これ、結合テスト以降、バグ爆発するのでは?という印象だった。

今度、どなたか生き残った戦士に聞いてみたい。

構成管理がずたぼろ

the-1865639_640

ファイルサーバジャングル

階層がとにかく深く、無秩序に置かれた何千のフォルダ群はまさにジャングル

既存古参メンバーであったとしても、過去単体テスト仕様書の在り処を探すだけで10分以上かかっていました。

IDEなど開発に使用するツールも、各チーム持っている情報が異なっていて、結局、既存メンバーの持っているものを丸ごとコピーして使ってました。

テスト環境へのプログラム配置申請が3日ほどかかる

個々の期限がタイトにも関わらず、申請日時を厳守しなければならないのはつらかったです。

この申請は、数チームで1つのエクセルファイルにまとめて申請します。

プログラムファイル1つ1つのパス記載していくのですが、 誰かが1ファイル既述を誤るだけで、

申請した全チームのスケジュールが3日遅れます

どこぞやのチームのせいで2連続申請ミスされたこともあり、こちらとしてはたまったものではありませんでした。

しかしたら、誰かが休みたいがために、わざとミスしてるのではと疑いたくなるくらい大変でした。

まあ、とはいっても緊急リリースみたいな1~2日でできる裏技も時に使うことができたため、そこまでではなかったのかもしれません。

プロジェクトマネジメント

child-waving-goodbye-595429_640

メンバーが急に離脱する

うちの会社だけかもしれないけど、メンバー離脱が、作業指示を出しているチームリーダーまでなかなか届かない印象でした。

「来週からこの作業お願いするね」と言っていた矢先に、彼らがいなくなることを知らされる。

リーダーは大変です。多大なる無駄です。

作業工数ほとんど見積もられていない

これは、どこの炎上プロジェクトもですが、各タスクの期限だけ決まっていて、工数考慮されていない事案です。

この事案は仕方ない場面もありますので、メンバー側がリーダープロマネに少々寄り添って、自分仕事を考えていればOKです。

親切なプロジェクトじゃないのは分かっていることなので、他責にせず、ざっくりと工数を伝え、助けていきましょう。

新規参入者の実力が怪しい

少し言語知っている程度(for、if文はできるけど・・)で意思疎通の難しいプログラマー国籍わず、たくさんおりました。

猫の手も借りたいくらい忙しいプロジェクトだったので、自分主体的仕事を考え、動き、古参メンバーを助ける必要があります

しかし、

古参メンバーに何から何まですべて聞く

進捗が良くないことをごまかす

理解できていない部分をごまかす

よく分からないけど、なにかやばい

など、この中のどれか1つ該当ではなく、複数持ちのプロジェクトキラーが何人かいました。

特に進捗ごまかす人はひどかった。

他の人も急に想定外残業フォローをしなければならなくなるし、本人は無駄に悩み続ける時間増えるし、誰も幸せにならない感じでした。

まとめ

炎上プロジェクトには人的問題がつきものです。

特に銀行プロジェクトは、生産性の低い現場やずたぼろな構成管理など、環境問題も多いことがわかりました。

同時に他責にせず、主体的に行動すれば、新規参入者でもそれなりに活躍できることもわかりました。

しかし、わたし場合、2か月限定が配属前から決まっていたこともあり、

心までしんどくならずになんとか戦えたことが大きいかもしれません。

正直、炎上案件には参画したくない笑。

もし炎上案件出会っても、 心や身体をやられるようなことがあれば即刻辞退をおすすめします。

残業による残業という負のスパイラルが、もし嫌なら、早く抜け出すほうがこれから人生豊かです!

断言できます!!

一時的な損はあるかもしれませんが、長い人生においてそんなもの一瞬です。 ではでは、良き人生を!

2018-06-03

あれは鬱だったんだろうな

今でもたまに思い出す。

心の整理のために綴る。

=====

大学入学を機に一人暮らしを始めた。

ある年の12月31日、近所のお寺さんの年越しのお手伝いをしてから1月1日の朝の電車に乗って実家に帰ることを予定していた。

両親にもそう伝えていた。

年越しの手伝いだったので深夜の2時ごろ自分の家に帰ってきた。

手伝ってくれたお礼としてお菓子をもらっていた。

昼頃には実家に着きたいと考えていたので、逆算して朝6時には家を出なければいけなかった。

これはもう寝れないなと考えた。

そしてまだ帰省の準備もしていなかった、すぐに手を付けた。

ノートパソコンを持ち運ぶための、カバンが見つからなかった。

残っていた仕事をするために、パソコン絶対必要だった。

家中を引っ掻き回した。絶対にそんなとこから見つかるわけないとこまで引っ掻き回していた。

捜索のためというより、アレは物に当たっていただけなんだと思う。

パソコンを、ただ実家に持っていきたいだけなのに、なんでこんな目に遭わなきゃいけないんだろうと考えてたことを覚えてる。

もちろん家中がぐちゃぐちゃになった。

深夜とかどうでもいいくらいめちゃくちゃに泣き騒いでたと思う。

途中でカバンが置いてる場所にも気が付いたけど、それで落ち着けたはずもなかった。

とにかく片付けをしなきゃいけないし、でも帰省の準備もしなきゃいけない、深夜まで働いていたかシャワーも浴びたい。

そんな色々なことを考えていたかどうかは覚えていないけど、でも気づいたら放心状態になっていた。

散らかったままの部屋で、なんかもう全部めんどうになって、布団を被って寝た。

実家には帰らなかった。

1月1日の昼頃に、母から連絡がきた。

このあたりはあんまり覚えていないけど、

後で、心配させるようなことを言ってしまった自分の迂闊さには気付いた。

母が家に来ると言った。

来ないでほしかった、理由はいろいろあった。

こんな状態を見られて、母が心配しないわけがないと分かっていた。

来ないでと伝えることすら甘えてるみたいで嫌だった。

母は結局家に来た。

部屋の片付けはぜんぜん出来てなくて、ぐちゃぐちゃのままだった。

心配してもらいたいみたいで嫌だった。

母はやっぱり心配そうな顔をしていた。

なんで?って言われたし、どうしたの?って聞かれたし、いつから?って呟いていたのを聞いた。

全部に答えるのが億劫だったし、私はとにかくずっと泣いたり鼻水を出したりしていた。

そんな私の姿を見て、母も泣いてた。

やっぱりなって思った。

から来ないでっていったじゃん!!って、心の中でめちゃくちゃキレてた。

何しに来たの?ってめっちゃ聞いた気がする。

心配たから来たって言われた、それでも何で?って思った。

それから、おもむろに私の部屋を掃除しだした。

鼻すすりながら。

何しに来たの?って聞いた。

母さんは私の部屋の掃除をしに来たの?って聞いた。

心配されるって分かっていて、母を迎え入れた自分が嫌だった。

今でも嫌だと思う。

どうしたの?って聞かれて嫌だった。

どうしたのかどうかなんて、自分が知りたい。

色んなことが積み重なってこうなってるんだと思うけど、説明がぜんぶ面倒だったし、それを全部説明してもどうにもならないのは分かってた。

母は私の救世主ではなかった。

自分でもそれは分かっていたはずなのに、心配させるようなことを言ってしまった自分が嫌だった。

心配させたくてこんなふうになった訳ではなかった。

母は少しの間だけ滞在していたと思う。あんまり覚えていない。

時間が経って少しだけ私も動けるようになってたと思う。あんまり覚えていない。

レンタルしていたDVDを一緒に見た気がする。

母の帰り際をよく覚えている。

人生でも、あれほどに「寂しい!」と思ったことはない。

頭の中で、ずっと大声で寂しい!寂しい!寂しい!という声が鳴っていた。

気が緩んでしまったら、すぐにでも泣き叫んでしまいそうな衝動だった。

けど母にも仕事がある。

私は結局寂しいとは言えなかった。行かないでとも言えなかった。

かわりに私は近くのバス停まで母を見送って、来てくれてありがとうみたいなことを伝えたと思う。

部屋に戻って、シンクに残った母が使ったコップを見て、また泣いたことを覚えている。

この日のことを覚えいている。

結局、私は一番に信頼する母にすら素直に何も言えないんだと痛切に思い知った。

自分のそういった性質をわかってるつもりが、分かってなかった。

この日のことを今でもたまに思い出して、泣きそうになる。

---

その日こそピークだったが、それ以前にもずっと前兆はあった。

私はレジ打ちのバイトをしていたのだが、人手が足りず希望時間よりも少し早い時間シフトに入ることが増えていた。

学校研究に費やす必要のある時間を削り、バイトに足を運ぶ日々が続いていた。

そんな生活なのでもちろん、学校研究がままならなくなってきた。

教授には「バイトが忙しくて」と(今考えるとあんまりな)言い訳をしていたが、「バイトも大変だろうけど、研究ちゃんとしようね」と言われた。

温厚な教授にそのように言われて、さすがにマズイと思ってバイトを辞めることを考え始めた。

一度母に相談して、「辞めるのはやめたら?」と答えられた、

そうかあと思っていた。

1ヶ月の収入が無くなるのは確かにキツイ

でも、そうだね、辞めていいんじゃない?って言葉が欲しかったんだと思う。

バイト先の店長に、来月のシフトは少し減らしてくださいと伝えた。

学校研究が大変になってきたので、と理由も伝えた。

3~4日後のシフトの時に、「シフトは調整したけど、そういうことはもっと早く伝えてね」って言われた。

なぜかその言葉にめちゃくちゃ悲しくなったことを覚えている。

大学教授からも、店長からもどちらからも封じられたような感覚があった。

ある日レジ打ちのバイト中、商品の袋詰の途中でお客様から「袋2つにまとめてくれます?」と注文された。

ミニ鉢のようなものだったことを覚えている。

10個くらいあって、ミニ鉢の他にも普通商品もあった。

で、全然うまく袋に詰められない。

ウンウン唸って、最終的にすごい適当に詰めた気がする。

すみませんって謝りながら、会計をした。

そのお客様笑顔のままで袋を手にとって去っていった。

そんなんでいいのかよ、じゃあいちいち面倒な注文つけんなよ、って薄暗い気持ちがワッと湧いたことを覚えている。

めちゃくちゃに涙が浮かんだ。

でも、バイト中だし、なんなら今会計中のお客様は全く無関係だし、ぐるぐる考えれば考える程、手が震えていった。

さっきのお客様から3人目くらいのお客様会計の途中で、急に

急に全部めちゃくちゃな気分になって、その場にしゃがみ込んでしまった。

もう気付いたら涙が止まらなくて、前も見えないし、立ち上がれもしない。

パートさんが社員さんを呼んでくれた。

でも「これでやっとバイトを辞められるな」って冷静に考えてる自分もいた。

バックヤード社員さんと話をして、バイトを辞めたい意思を伝えた。

別の日に、店長と話す機会ももらった。

「なにか、悩みでもあるんじゃない?」と心配言葉をもらった。

何もありません、と答えたらきっともっと心配されると分かった。

いいえ、とにかく研究が忙しくて。と答えた。

12月の末にレジ打ちのバイトは辞めることができた。

バイト先の先輩後輩、社員さんもパートさんも本当にみんな良い人だった。

ただただ私の心の問題だったと思ってる。

あんなに良い職場を離れたのは、すこし勿体なかった気が少ししている。

---

本当に先に辞めるべきはこっちのバイトだった。

レジ打ちのバイトの他に、もう一つバイトをしていた。

先輩から紹介された。

自分研究を活かせるような業種だと思って、快く受けた。

いつかレジ打ちのバイトを辞めて、こっちのバイトに専念できるようになったらいいなと思ったのだ。

(紹介された時期、「なんかうつっぽいな」という気持ちがあったので、なにか新しいことを始めて気を紛らわそうという思惑もあった気がする)

在宅でできるらしいし、きっと気軽にできる気がすると思っていた。

このバイトが最悪手だった。

もうあんまり詳しいことは説明がたいへん面倒になるくらい、今でもよく分からない職場だった。

簡単説明すると、デザイン会社で、デザインを手伝う仕事だった。

最初面接と聞いて、学校で話すのだろうと思っていたら車で隣の職場まで見学?することになった。

履歴書などの提出もなく、契約書を交わしたりもしなかった。

私は一体どのように雇われてるのか、まったく宙ぶらりんのままで、気付いたらたぶん私は働くことになっていた。

デザインの現場はそういうものなのかなと思って、とくに何も口出しはしなかった。

(今でもよく分かってないが、そういうものなんだろうか。

だとしたらすごく不安業界だなと思う。)

ある工場ロゴを作って欲しい、と言われた。

何もかも、今でも納得がいっていない。

何に従えばよかったのか今でも分からない。

なにも分からなくて、ただただ疲労した。

在宅なので自分で働いた時間計算して、作業報告書を送った。

時給、800円くらいだったと思う。(これも聞かされてなかった)

ぜんぜんお金にならない。

あなた勉強にもなると思うから

なにが勉強だよ、ふざけやがってと今は怒ることができる。

もう遅いけど。

1月1日に母が来たあとのこと、自分でもこれはだめなやつだと自覚し始めて、この仕事ちゃんと辞めようと決意した。

たぶん1月中旬頃、電話メールで辞める旨を伝えた。

契約書も交わしていないのだし、気軽に辞めてやった。

上司からLINEが来たが、今でも未読状態だ。

---

あれは鬱だったんだろうな、と思う。

私はあの頃、「鬱にでもなってしまいたい」とよく考えていた。

病気と診断されてしまえば、楽になる気がした。

精神科に言って、鬱ですよって診断書を貰えれば、なんか全部解決するんじゃないかなって思っていた。

ちなみに結局のところ、精神科心療内科には行けなかった。

近所の病院は人気で予約して1週間から3週間くらい期間が必要だったからだ。

基本的に昼間は元気に動けていた。

でも夜になると急に泣き出したりしていた。

たまに昼間も元気が出なくなって、布団をずっと被るだけの日があた。

寝て起きて泣いて寝てを繰り返す日があった。

あれは鬱だったんだろうな。

ずっと頭にモヤがかかっているような感覚がある。

集中力があった頃を思い出せなくなっている。

たぶん病気にかかっていたんだと思う。

もう元には戻れないんだと思う。

今、バイトは全部辞めて、お金が無いなりに楽しく過ごしている。

それでもたまに、色々なことを思い出して動けなくなる。

中学高校にあった悲しいことまで思い出す、あれももしかしたら、鬱だったのかもしれない。

私はこれと、一生付き合わなければならないのかもしれない。

2018-06-02

ホテルに着くと部屋を散らかしたくなる

たまにビジネスホテルに泊まると、一泊二日でまたすぐに片付けなければならないのに、部屋を散らかしたくなる。散らかすのは着替えや買ってきた食べ物や水(未開封の真空パック入りの食べ物ペットボトルなど部屋が汚れないもの)、脱いだ服、体を拭いたタオル、持ってきたカバンなど。注意深く自分を観察していると、散らかさないともったいないと思っていることがわかった。せっかく家事をしなくていい、寝る時間自由に決めていいのだから普段家族暮らしていてできない)思う存分自由を味わおう!っていうモチベーションが働いてるっぽい。家事が嫌だなあという気持ちとか、きちんとした人間になるのは面倒だなあという気持ちをつかの間、出張先のビジネスホテルで開放していたようだ。精神科医行ったほうがいいのかなこれ。

2018-05-31

anond:20180531181053

リュックじゃなくても硬いカバン持って突撃してくる奴ハゲろって思ってる。

2018-05-30

電車の中で化粧する女って例外なくカバンの中が汚いよな。

2018-05-29

鍵を無くして

夜遅く酔っ払いから連絡「鍵を無くしたか玄関開けてくれ。」

玄関の鍵を開けたら酒臭い息をして「鍵がない」を連呼してカバンをぶちまけるも出てこない。

うそう、鍵は服のポケットしまう人でしょ。

服のポケットも調べてたけどやっぱり無い。

で、どうするのかと思ったら歯を磨いてる、そして風呂に入って寝てた。

あれっ、鍵を探しに行かないの?落とし物届けに行かないの?

翌朝聞いてみると、朝会社に着いた段階で鍵が無いのに気がついたけど仕事があるのでそのままにして、夜も約束が有ったのでそのまま飲みに行ったって。

駅が怪しいのでこれから途中で聞いてくるって、それ昨日にやってよ、できれば朝か昼間に、せめて帰り道で。

行動がおかしいことを理詰めで指摘すると必ず逆切れして怒鳴ってくるのでもう何も言わないでただ眺めるようにしてる。

前頭葉麻痺してそうな酔っぱらい思考回路はよくわからない。

誰しも他人のことはわからない、自分のことも理解してもらえるわけではない、とはわかってるけどやるせない。

2018-05-28

食べやす納豆がほしい

パックの納豆フィルムとかタレの袋とかゴミが多くて食べにくい。

カバンからサッと取り出して片手で食べられるような納豆がほしい。

ソイジョイなんかは原料が大豆なんだから納豆にも応用できるはずだ。

ソイジョイ納豆味に期待したい。

2018-05-27

宗教勧誘を受けた話

先日,都内某所で宗教勧誘を受けていた.

勧誘を受けている途中から頭が痛くなってきたので記憶曖昧.なので会話の順番がおかしくなっていたり書いた言葉が実際に行った言葉と正確に合っているかは全く保証できない.

勧誘してきた団体仏教日蓮宗の一派らしい.(信者数一番手例のアレではないが)有名な団体らしく,団体名でググれば色々脅迫まがいの勧誘を受けたとかそういう話がいっぱいヒットする.

今後書く文章では,会話とモノローグが入り混じっているが,実際に口頭でされた発言カギカッコをつけ,モノローグは全て平文で書くことにする.

出会い

勧誘人間出会ったのは大学学園祭である.ボーッと突っ立っていたらスーツを着た男性二人組に声を書けられた.

学園祭で何をしているんですか? ここの大学の人なんですか?」ぐらいの質問からまり,初対面の人間がよくやるような雑談をした.

会話としては向こうが私に質問することが多く,私が向こうの素性を聞いてもあまりハッキリとは答えてくれない.この時点で怪しいというか色々とヘタだなと思った.

数分話した後,LINEを交換しませんか? と言われ,そこらへんのクソつまらないサークル勧誘よりは楽しめそうだったのでLINEを交換した.

友達登録したアカウントに出てきたアカウント名はアルファベット文字(ここではHとする.)だった.怪しさ満点じゃない? 本名はどこ行ったんだよ.

数分後に「**と申します.よろしくお願いします!」みたいなLINEが飛んできた.その名前アカウント名にしろよと思いつつ,既読無視をした.

お誘い

数日後,またHからLINEが飛んできた.「今週一緒にご飯でもどうですか? また色々お話ししたいと思いました.」本当に? 僕は基本的にずっと無表情でお前と会話してたぞ.

この時点でLINEブロックしてもよかった(ていうかもっと早い段階でブロックしていたら僕の大事な時間はドブに捨てられることはなかった)のだが,ここでムラムラ面白半分にこいつと話をしてみようという気持ちが湧いてきた.多分マルチ宗教勧誘だが,そういうのに真面目に勧誘を受けたことがなかった故の好奇心である

自分Twitterでこれまでの成り行きは全て自分フォロワー晒してきていたので,この時点でこいつと会うべきかアンケートを取ることにした.普段アンケートを取るときは1票ぐらいしか入らないのだが,今回は13票も入り,内10人が「会うべき」と回答してくれた.会いに行くしかない.

適当な返事をして,約束を取り付けた.待ち合わせ場所池袋から少し離れた辺鄙な駅になった.池袋は人が多く,ここだったら人が少なくて長く話をしやすいということ.ほとんど初対面の人間に長時間話をしましょうって言ってくるの何なの? ナンパされた時に「君と4時間ぐらい話をしたいかご飯を食べに行こう」とか言われたら絶対に嫌だろ.最初デートは手短にしろって今時の恋愛指南書には書いてあるんだぞ.

無限勧誘地獄になったら嫌だなと思い,夕方からバイトがあるから15時には帰るという嘘をついた.その後友達から16時からパンを焼くから遊びに来てくれというお誘いが来たので,嘘からでた誠になった.

当日

気乗りしなさすぎて寝坊した.だいたい昼飯を食べに行く約束なのに11時集合はおかしいだろ.この時点でHのLINEブロックしてしまえばよかったのかもしれないが,フォロワーに会いに行くと宣言してしまったので,重い足取りで池袋に向かった.

集合場所には30分遅れで着いた.着くという連絡を相手に入れずにサイレント到着したら,相手には気付かれなかった.勧誘なら人の顔は覚えろ.

逆の出口から出て来たフリをして相手と合流した.予想はしていたが,なんかもう一人来ていた.今日友達も来ている,という紹介をされた.こいつをここからKと呼ぶことにする.

Kとは初対面だったので学園祭でHとしたような会話をしながら歩いていた.ファミレスに行くのかなと思ったら,入ったのは某ハンバーガーチェーンだった.ファーストフードかよ.長く会話をしたいんだったらもうちょっと落ち着くような場所を選べよ.

席について,注文をしに行く.実は少し詐欺師なら僕の気をよくするために昼飯でも奢ってくれるんじゃないかと思って期待していたのだが,そんなことはなかった.詐欺師のくせにケチ臭いなと思っていた.

勧誘

席に座ってハンバーガーが届いてから雑談は続いた.席に座って気づいたけど,お前らのスーツはヨレヨレだし,その安そうなカバンは合成皮があちこち剥がれてボロボロじゃんか.詐欺師ならもっとちゃんと稼げよな,と思いながら受け答えをしていた.この時点ではマルチ勧誘だと思っていたのは事実

雑談といっても僕に対する質問が中心だった.大学受験の話とか,学科での生活はどうか,将来の目標はあるか,英語は話せるかとか.今思えばこれは話題がかなり相手の思惑に誘導できるように選ばれている.この時点で真面目に受け答えしても面白くないと思ったので,別に大学受験で苦労はしなかったし,入れそうな大学に入った.英語別に人並みには扱えるだろうみたいな,相手からしたらプライドの高い鼻につく人間に見えるような受け答えをした.

急変

僕が自堕落で,やりたくないことはほとんどできないみたいな話をしたら相手がここぞとばかりに仕掛けて来た.「生命力ってご存知ですか?」質問漠然としすぎだろ.知らねえよ.

「例えば社会に出て,やりたくないがやらなければいけないことはいっぱいあります.それを投げ出したりイヤイヤやるのが生命力が低い状態で,自分のためだと思って一生懸命やれるのが生命力の高い人です.」この時点でこの説明生命力定義なのか特徴の一つを説明しているのかがわからなくなって混乱し始めた.

生命力を上げたいと思いませんか?」「別に.」「でも上げた方がいいんじゃないですか? そのほうが絶対得じゃないですか.」「そうとも限らないのでは?」「生命力を上げる方法があるんですけど,ご存知ですか?」「知りません.」ていうか別に生命力を上げたいと思わない人間に聞くなよ.人に欲望を刷り込むな.

「それは南無妙法蓮華経と唱えることなんです.」ここで僕のマルチ勧誘だという予想が外れたことに気づいて驚いた.今時の宗教勧誘は安物のスーツでやるんだな.

南無妙法蓮華経ってご存知ですよね? この言葉最初に唱えた人が誰がご存知ですか?」「親鸞では?」「日蓮上人です.」親鸞だろ? 誰だよ日蓮上人って.

鎌倉時代に全国のお寺にある資料を全て読み上げ,そしてこの世を救う念仏南無妙法蓮華経しかないと気づいたんです.」へぇー.本当かな?

人間最上幸福とは成仏にあると教えています成仏をすれば死後の永遠の無上の幸福が得られ,成仏をしなければ無間地獄に苛まれます.」証明反証もできない,そんな言説は科学人間にとっては全くの無駄言葉遊びなんですが.「人間遺体はご覧になったことありますか? 成仏した遺体は柔和な表情をし,白くなり,柔らかく,軽いのです.反対に,成仏できなかった人は,遺体が黒くなり,硬く,重くなります.」「黒人はどうなるんですか? 成仏たかの判定ができないのでは?」「黒人も,実は白くなるんです.」そんなことはねえだろ.したり顔がムカつく.「日本人でも肌が黒い方おられますよね? そういう人でも白くなるんですよ.」黒人の黒さって日本人日焼けしたとかそういうレベルじゃなくない?

南無妙法蓮華経を正しく唱えれば,成仏もできるし,生命力も上がるんですが,正しく行う必要があります.間違っていたら効果が全く無い.正しい南無妙法蓮華経私たち施設に来ていただければ肌で感じていただけると思います.ここから15分ぐらいなので,行きませんか?」宗教理性的ものではないし,こういったスピリチュアル体験本質だろうと思うのでさっきの発言別にそんな間違った態度ではない.

「行きません.」「なんでですか?」「興味がないので」「なんで興味がないんですか? 興味がないフリをしているんじゃないんですか?」

罵倒

「興味はないし,行きたくないもの行きたくないので」「でも将来それだと絶対苦労しますよ? やりたくないことをやらなきゃいけない時が必ずくるんです.」お前との会話とかね.もう散々やってきたよ.

生命力を上げるとそういうことができるようになるんですよ.さら生命力が上がると,みんなが味方してくれる.一つの発言を取っても,発言した人によって受ける印象が違いますよね? 生命力が高い人は好印象を与え,低い人は悪い印象を与えるんですよ.生命力が高いとみんなが味方になるから絶対幸せになれる.幸せになりたいと思いませんか?」「いいえ」「本当ですか? 幸せになりたいけど今までなれなかったから諦めているんじゃないんですか?」惜しい! もう少し洞察が鋭ければ僕がただの逆張りバカだということに気づけたかもね.

「でもこのままだとあなた絶対人間関係で苦労しますよ.社会に出ると苦手な人間と関わらないといけない時がくるんですよ」「まあそうかもしれないですね」「今までどうして来たんですか?」「別に.そんなに人と関わってないですよ.人間嫌いですし.」「は? え? 人間が嫌いなんですか?」「ええ.ゴキブリが出たら嫌でしょ? そんなもんですよ.」こいつらとの会話で唯一言った本音.心を閉ざした相手本音を吐き出してしまったので,こいつらのトークスキルは並大抵ではない.

「それは本当に将来苦労すると思いますよ.他の人よりも苦労すると思います.」「まあ別にいいですよ」「よくないでしょ.生命力を上げたら,絶対他の人とももっとうまく行くようになりますよ.」

脅し?

「なんでこんなことあなたに言ってるかって,このままだと日本という国が危ないんですよ.日蓮上人南無妙法蓮華経を唱えなければ異常犯罪が増え,異常気象があって,他国侵略があって国が滅ぶとピッタリ予言しているんですよ.だって今,おかし犯罪が増えているでしょう? 中国の脅威も増しているし.台湾の次は沖縄ですよ.九条なんて空しいだけです.」

ここら辺でだいぶつまんなくなってきてあくびが抑えきれなくなっていた.「ねえ聞いてる? なにその人の話を聞いてるのか聞いてないのかわからない態度」みたいな言葉が何回か投げられ,その度罵倒フェイズに戻っていった.

無限ループを抜け出したくなってきたので,僕も嘘をつくことにした.「あー僕イスラムを信じているので」クルアーンを眺めたことがある程度の知識しかない.

「え,え,本当? いつから?」「大学入ってからですね」「お祈りとかしてるの?」「いや僕そこまでちゃんとやってないですよ」「でもこの世に神がいないって証明されたの知ってるよね?」「あんなの言葉遊びでしょ.」

「でも神とかい存在しないものを信じてるからキリストイスラム戦争ばっかしてるんですよ.イスラムとか戦争しかしてないでしょ?」よくそんな事が言えるな.「仏教戦争しているでしょ.スリランカとか」「あれは正しい仏法をしていないからですよ.」なかなか喧嘩を売るのが得意だな.

「仏様がこの世で正しい仏法が行われるよう世界誘導しているんですよ.だから我々の団体には加入者が多く,日本全国で200万人近くいるんです.」お前さっきは神なんていないって言ったくせに仏様の存在は信じてるのな.「なんで興味のなさそうなあなたに長々とこんな話をしているかって,これは国の問題でもありますし,このままあなたが帰ったらあなた無間地獄に堕ちることが目に見えているからですよ.」はあ.別に僕は元から地獄行きだよ.

その後

結局そのまま荷物を持ってファーストフードから出た.一番怖かったのがそのまま拉致されてしまうことだったが,そんなことはなかった.一応尾行にも気をつけていたが,多分そんなことはされていない.

正直彼らのトークスキルを侮っていた.定量的に測れない「生命力」とやらを売りつけにくるが,怪しいところはスピリチュアルパワーで乗り切ってくるので思ったよりそんな矛盾するような話はしてこない.(彼らによると南無妙法蓮華経でガンもなくなるらしい) 正直もっと頭の弱い連中だと思っていた.

話のネタ的には老人がこういう勧誘にコロッと行ってしまいそうで怖い.防衛策は,少しでも怪しいと思ったら論破しようとしたりせずに問答無用で帰ることぐらいしかいかもしれない.宗教勧誘対峙する時はまともに取り合ってはいけない.彼らもまともに取り合う人間に対しては対抗策をちゃんと練っている.

2018-05-23

カバン師のヤマ

山口容疑者は、これまでにもスリで10回逮捕されていて、カバンの中の財布を抜き取る手口から捜査員の間で「カバン師のヤマ」と呼ばれていたという。

調べに対し、山口容疑者は「カバンの中の財布が浮いて見えたので盗んでしまった」などと容疑を認めているという

2018-05-22

anond:20180522141943

強盗に襲われてるところを助けに入ってきた男が、「俺が助けてやったのだからその金を寄越せ」ってカバンに手を突っ込んで来たら、農民だろうが王女だろうが問答無用顔面鈍器で殴り飛ばすわ。

2018-05-19

青年会議所 (JC) のタバコの話

記事になっていて、いまだにこんなことをやっていたのかと呆れる反面、あいつらが反省して変わることなど無いんだろうなと思った。

https://www.huffingtonpost.jp/2018/05/18/judoukituen-jc_a_23437470/

俺は昔、ある温泉地域ホテルに務めていた。社長JCOBで、ロータリークラブや他の団体にも入っていて、それらの団体会議だとか講演会だとかを開くたび、そのホテルがよく使われていた。

その中でもJC会議がある日 (たいてい週末) は酷かった。ホテル共用部分基本的禁煙だが、ロビー一角喫煙スペースがあり、そこでだけは吸える仕組みだ。連中は会議が中断する度に大挙して押し寄せて喫煙室を占領するのだ。

喫煙スペースはガラス張りなので、ロビーにいる他のお客様からよく見える。週末だというのに、真っ黒のスーツを着た小太りの30代達が喫煙スペースにひしめき合ってる光景は異常だ。あまりに人数が多すぎてカバン持ちのような下っ端連中は入れず、ホテルの裏、路上、隣のホテルの前などで吸う。苦情を受けるのは我々だ。

喫煙スペースが狭すぎるんじゃないかと思われるかもしれないが、他の団体ではそんなことはない。結婚式だとか、交通安全関連の講習会だとか、医者の集まりとか、奴らと同世代くらいの同窓会などではあんなことにはならない。他の団体に比べて喫煙者率が異常に高すぎるのだ。

想像してみてほしい。一般お客様が、観光を終えてホテルに到着され、これから温泉に入ろうと楽しみにされているときあん光景をご覧になってどう思われることか。それに会議が再開するたび、山盛りになった灰皿や、下っ端連中が汚した路上スタッフ掃除して回っていることを、奴らは知っていたのだろうか。

タバコ以外にも、懇親会で料理ほとんど丸々残したり、温泉に酒を持ち込んで汚したり、コンパニオンを泣かせたり、まあやることなすこと全てが幼稚だった。最初は俺が務めていたそのホテルけが特別ひどかったのかと思ったが、ネットで探してみると全国どこでも似たようなものらしく、全国的ダメ集団なのだと分かった。

さてまあ、そんなわけで入社から3年ほどで順調にJCのことが嫌いになった頃、突然社長に呼び出されて「JCに入会しろ」と言われた。何の冗談かと思った。

承諾する気は最初からゼロだったが、話を聞くだけ聞いてみた。現役会員からまれて、会社から1人社員を入会させると約束してしまったらしい。それで俺に「入会しろ年会費会社で払うから」と言ってきたのだ。そこで俺は質問した。

「それは会社としての命令ですか。年会費以外の費用会社で全て負担してくださるんですか。会の活動に参加する時間は全て業務時間と見なして、代休残業代休日出勤手当を頂けるんですか」

社長は言った。あくま個人活動だ。年会費以外は出せないし、活動仕事が終わってから、もしくは休日しろ。そんなのは当たり前の話だろう。お前に成長して欲しいから薦めてるんだ。お前は勉強必要だ。この機会を活かして学べ。必ず役に立つ。

お断りします

しばらくして時季外れの配置転換命令が出て、採用された際の約束と全く違っていたので俺は頭にきて自己都合で退職した。まあその話はもう済んだし、転職して大正解だったのでどうでも良い。

この一連の話は数年前の話で、それから時間はだいぶ過ぎたというのに、まだ相変わらず似たようなことをやっているんだと知って呆れた。社会を変革する前に、まず自分を変革してみろよ。禁煙できないばかりか、迷惑かけずに吸うくらいのこともできず、何が世界平和だ。バーカバーカ。

2018-05-18

ものをなくした報告をtwitterでするのやめて欲しい

学校でサイフがなくなったときの嫌な感じと同じ。

「なくなっちゃったよー」とかいいながら全員のこと疑ってるんでしょって思ってしまう。

あいときって自分絶対犯人じゃないってわかってるのに、実は記憶がないだけで自分犯人なんじゃないかって思えてきてしまうのが不思議でならない。

他人カバンに入れられてたらどうしようとか、かと言って突然カバン確認し始めたら自分だけ疑いから逃れようとしてむしろ怪しく思われてしまうなじゃないかってなったりして何もできなくなってしまう。

とにかく色々なことを考えすぎてものすごくストレスになる。

自分管理が甘くてなくしたかまれたかしたんだから、わざわざ人に言わず自分だけで解決しろよ。

そういうことを発言することで周りがどういう風に感じるかわからない人間から発言してるってのはわかった上で、本当にやめろと言いたい。

しかもそういう人間に限ってものをよくなくすのは何なんだろうね。胸糞悪い。

2018-05-16

大学で生徒に自分政治的持論をまくしたててるあのジジイが小さいカバン持って電車に乗って帰宅する様を見たとき、なんか哀愁を感じたな

2018-05-15

anond:20180515153052

百歩譲って棚の前じゃなかったら許すが、椅子の前のつり革に掴まってるなら持ってるカバンを棚の上に上げれば解決なんだよ

みんな譲り合ってスペースを確保してるのに、妥協する奴が許せない

そういう奴に限ってギューギュー相手を押しながら我関せずみたいな顔でスマホを弄ってるんだ

2018-05-14

anond:20180514142156

ありがとうちょっとやってみるわ

追加で質問だけれどもその定位置はざっくりでもええの?

紙類は机」「カバン入口」みたいな感じ?

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん