「野良」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 野良とは

2022-06-20

[]

都会の方に引っ越したけどまじで鳥いね

ゴミあさるカラスくらいしかいね

ねこケンカの声もほぼきこえないし

虫の声なんかいわずもがな

そのかわりに24時間スーパー搬入音がうるさいけど

あと暴走族もどきっぽいマフラーうるせーバイクがうるさい

シジュウカラとかツバメの声きけないのさびしいな

ねこもなまのねこもうずいぶんみてないな

あ、とちゅうの市役所区役所?のそば野良がいてたまにみかけるか

まあさびしくなんかないけどね

しずかなのが一番

2022-06-10

ブコメ返信

id:kaionji 金持ってるおっさんが買うのだと思ってた

そういうオッサンもいるけど大半は平均以下年収くらいじゃないかなあ。

金持ってるオッサンリスクを金でコントロールする方が効率が良いため野良パパ活女子とかあんま会わないと思う。

会おうとする金持ちオッサンはやっぱり「普通じゃない」と思う。

id:otihateten3510 俺みたいにデートを楽しみたいパパはどこに該当する??色んな趣味の子と知り合えて面白いよ。

あなたは激レア枠の良いパパやな。健全を貫いてくれ。

id:Tamemaru ヘイトは置いといて、怖い兄ちゃんという後ろ盾無しで見知らぬ男とサシで会うのは確かに度胸あるよなあ。

ガチ素人女子風俗嬢をやたら見下してる傾向だぜ! 「自分はそこまで堕ちてない」的な。

から怖い兄ちゃん軽蔑してたりするぜ!

あと一応、女子側も「相手を選べる」からマジでキモいオッサンとかを弾けるのがメリットと思っているらしい。

総合的にはちゃん店舗在籍する方が低リスクで稼げると思うけどね。

どちらにせよ、見た目だけで固定客できるようなルックスの娘なんてほぼいないので、客に最低限愛想良く振舞えないと固定客できずに死ぬ

悪い噂はすぐ広まるし。

id:njsjn 増田は買う側なん???

記事に書いてあるでしょ。

俺はその時その時で良いセックス相手が欲しいので風俗嬢含め手広く探すタイプ

円光パパ活場合ガチに良い子(当然成人しており、見た目人間性特に問題なく、ちょっと小遣いが欲しいセックス好きな娘、みたいな感じ。こう書くとオッサンファンタジー半端ない実在する)をツモれるとリターンが大きい。

当然、そういう娘は激レアだが……。

anond:20220608095338

めちゃくちゃゲーム上手いと思ったやつがチートだった

LOL初めて3ヶ月 野良ボットレーン組んだサポがむちゃくちゃ上手かった

GODとかGreat!!と褒めまくったら LOL Script検索しろってメッセージが来た

スクリプトってなんだよってyoutube検索したらチートツールかよww

エペチートに疲れて LOLチート無いっていうから始めたのにどうなってんのよ

2022-06-08

anond:20220608095338

多さを測る方法わからんが多いというなら多いのだろう

それがどうだかは知らんし実際数量的にどうであろうが関係はないので、とくに問題はないだろう

あとパパ活というのはパトロン活動みたいなものが基礎になっているのではないか

売春目的最初からパパ活ということで探している両者は勘違いしていると思う

もとより売春行為が目的なら「大人関係」ないし「大人」または「関係」、旧名「割り切り」だろう

基本的にはデートをしてお金をやり取りするキャバクラ同伴・アフターの個人営業みたいなものパパ活ではないか

感情やら価値観やらは置いといて「関係」の話でいうとキモイとか問題が多いとかそういう話はぶっちゃけ聞かない

一番多いのは「ひやかし」「ドタキャン」あと交渉に入る以前に「説教」と聞く

20歳男子が毎月呼んでくれる50歳過ぎのおばちゃんとか、広い戸建てに一人と犬一匹で住んでる医者の家に定期で呼ばれる30歳とか

アパレル店の店長をしているという20歳過ぎの子はどうやらそのアパレル店の店長野良デリヘルみたいなことをしていて派遣されてきたっぽいとか

野良デリヘル店や休みの日のデリヘル嬢とも出会ったりする

合計100例くらいなので母数はあんまりないけれど、そう悲惨な話とかひどい出会いの話は聞かない

一人だけどうやら騙されて野良デリヘルをさせられてるっぽい家出娘みたいな子にはあったが、まあそういう日もあるだろうという事で話を聞いておわることもある

女子大生っぽい子がどうやら処女を捨てたくて形だけしたくて来たっぽい子もいた

こちらも都合のいいタイミングで都合のいいパートナー調達できればたすかるし、相手お金以外は求めてないので双方トラブルになったり問題や行き違いがあったことはない

キモいおっさんが汚いリュックを背負って臭いシャツのまま入っていくのを見るのは早朝の風俗店なのだがどうだろうか

すこし早く出勤すると通る繁華街日の出から営業している風俗店に入っていくのを時折みる

几帳面サラリーマンっぽいシャツスラックス、四角いリュックに動きやすい靴のおっさんは一人でホテルに入って行ったりするところを見る

それはおそらくデリヘルだろう

それぞれに求めているサービスがわかれていて、それらがかみ合うことは非常に少ないと思うが性欲旺盛おっさんのあつまりみたいなところで座談会したわけでもないので知らん

関係の待ち合わせはホテルから一定距離離れたあたりの角で待ち合わせが定番化しているところがあるようで、見ればわかる

そうおかしな格好の人間は男女ともに見かけない

何人かの定期とその子らが都合あわないとき野良と会ったりするおっさんから見ればこんな感じだが、なんか一番悪い例だけをとりあげて全体のイメージができてる気がしないでもない

実際ブラックボックスからそうなりがちなのだろう

とくに他人幸せや不幸をどうしようと考えてるわけではないので、自分はとりあえず円満ではあるのでどうでもよいことだけれども

とりあえず問題が発生してない関係経験者が話をして情報交換することでなにか改善ができるのではないか

風俗レポートみたいなのは営業以外の何の役にも立たないとおもうので、そういう話はいらんと思う

2022-06-04

anond:20220604175949

ワイも野良スク専だからまじで会ってるかもね。

明日はワンタイムイベントで会おう。

じゃあな

anond:20220604175745

フォーナイト面白いですよね。

野良スクよくやります

どこかで戦ってるかもしれませんね。

2022-06-01

anond:20220601114320

男が賃労働、女は家事って分業ってせいぜい数十年ぐらいしか成立してなかったんだし、大多数の人にとってそれが良かったっていうけど、本当にそれが良い人は今もそういう生き方するだろうし、できない人が多いってことはそもそも無理があったんだと思う。

それよりもっと昔はそもそも仕事にも家庭にもすごい多様性があったわけで、たとえば江戸時代農村ってのは男女関係なく野良仕事子供子供が面倒見てた。だいたいの庶民の家は狭くてものもなく食べ物も限られてる以上「家事」なんてものに今ほど労力もかからない。

金持ち家事育児女中乳母にアウトソースしてて奥さん仕事使用人の管理と同階級との社交、あとは文化活動

個人レベル生活って自由意志で決まってるんだから、一人ひとりが自分に会うライフスタイルを選んだ結果が今なんだよ。

変わった模様の猫。

昨日、旗振り当番で交差点に立っていたら、変わった模様の猫を見かけた。ベージュっぽい地に、後ろ足からしっぽにかけてと肩から頭にかけてだけ、薄く茶色の縞が入っている。遠目に見たから汚れとの区別がつかなかったが、もしかすると明るい茶色のぶちも混ざっていたかもしれない。身体つきが日本猫っぽくなく、シャム猫のようにスリムだった。

この辺にはまだらな模様の猫がとても多い。黒・白・茶の三色ミックスされているものの、「三毛猫」とは言わない、微妙な模様なのだ名前のある模様でいえば「サビ」「ムギワラ」で、その二種類の中間のような模様で様々なバリエーションがある。

そんな中でも昨日見た猫はかなり特殊なんじゃないかと思う。あんな模様の猫は他に見たことがない。

どこかで飼われているのか、野良なのか。猫は私が見ているのに気づいて、こっちをチラチラと警戒しながら狭い道路を渡って行った。

夕方、出勤時間が丁度帰宅ラッシュに重なってしまい、旗振りポイントを通り過ぎた所で渋滞にハマった。前をゆく車が、何故か次々追い越し禁止オレンジ色の線を大きくはみ出てつつ徐行で進んでいく。

そこには朝に見かけた猫が横たわっていた。道路は血にまみれていたが、猫の死体はまだ原形を保っていた。ベージュ色の背中が赤く染まっていたが、お尻の薄い縞模様からかにあの猫だとわかった。

夜遅く帰宅する時も同じ道を通ったが、猫の死体のようなものは見当たらなかった。誰かが片付けたのだろうか。

2022-05-31

マリー「パンがなければパンを作ればいいのに」

マリー「ないなら自分で作る、とても大切なことです」

 

貧乏人「そうして社内にメンテできない野良マクロがあふれるんじゃないんですか!?

2022-05-30

FPを信用できなくなっている

知人からFP相談サービスを紹介されて、とりあえず話聞くだけでも、無料だよということで、まあ1回もそういう相談とかやったことなかったし、タダなら経験としてありかなと思って、この前予約入れたの。

当日、都内喫茶店で初対面。休みの日で暑かったのにかっちりスーツ着てて、こっちはよれよれのパーカーだったから逆に申し訳なくなりつつ、歳が近かったのもあって、こういう仕事特有の気さくな感じの人だなぐらいに思った。最初は。

初めてだったから、とりあえずバランスシート組みますか?みたいな感じで進めて、とりあえず収入いくらで、支出が何にどうのとか、何の保険に入ってるとか埋めるところまでやってその日は終わり。

そこから具体的にどう見直ししていくか、みたいなのは次回また会ってやるんだけど、現段階でこの人に任せて大丈夫なんか?みたいな不安を感じてしまっているので書いとく。



まず、そのFPさんがIEを使っているのが見えちゃって、正直心のなかでびっくりした。そりゃまだ6月までサポートはあるけど、終了だの危ないだの言われてからもう何年も経ってるし、何より目の前の客の情報をそのブラウザから入力したりググったりするわけで、そこへのケアって普通にするものだと思っていたから。というか各個人というより情シスとかの領域かもしれない。いずれにせよ2022年に見るとは思わなかった。


あとキーボードタイプするときに両手の指1本ずつっていう。オカンかよ。すらすらブラインドタッチで打てるとか、そこまで求めてないけど、せめて1本指から卒業しないと、お客さんからパソコン慣れしてなさそうだな?PCスキル大丈夫なんかな?と思われるんじゃないかな。


極めつけはフリーWi-Fiに頑なに繋ごうとしないこと。今回待ち合わせた喫茶店が地下階にあって、携帯電波FPさんが持っていたポケットwifiみたいなやつも繋がりにくくて、ネットが使えなくて四苦八苦していたので、フリーWi-Fiあるみたいですけどって行ったら、「いえ、私はそういうのに繋がないと決めてるんです」って。

「繋ぐなと会社から言われてるんです」だったら百歩譲ってわかる(言い訳としてマシという意味で)けど、「繋がないようにしている」って何?野良wifi店舗wifi区別ついてないのかな?あなたパソコンにはF5のVPNが入っているように見えるけど、それが何のためにあるのか、理解してるのかな?してなさそうだな。



とまあ、こんな感じで、とにかくそのへんの知識が怪しいというのがもうムンムンで、こういうのがあるとどうにも頼りなさそうに見えてしまうという。まあみんながみんなこんな感じってわけじゃあないんだろうけど、今回はハズレだったんかなあという感じ。事あるごとに投資を勧めてきて、「私なら向こう20年で資産を1.5倍にできますよ」って言うのも胡散臭さに拍車をかけてるし、本当だったとしても、こういうことがあると真正から信用するのは難しい。

今回は色々飲み会で話すネタをもらったようなもんなので、話だけ聞いてきりの良いところで切り上げようかなと思ってる。

2022-05-27

シワ寄せが迫ってくる昨日から増田酢魔野良買うのキルクテッマ背がせ弱し(回文

おはようございます

今日は昨日ササッと午前中で終わらせてしまった分のシワ寄せというか、

私の仕事ちゃんとしてるんだけど、

余所から応援がってことで、

隣の会社部署のお手伝いにまた借り出されててあたふたするわ。

昨日周りにもお昼以降いませんからねって周知しておいたのに。

今日はパパッとでも仕事片付けてしまうわ。

朝ドラの暢子とイタリアンレストランオーナーとの

ペペロンチーノ対決の結果発表なので、

ストーリー上どうあがいても、

暢子がそこで終わりになっちゃうわけないんだけど、

気になるわー。

帰ってからのお楽しみね。

今日は後使えてるから今日はこの辺で。

うふふ。


今日朝ご飯

いつものタマサンドね。

タマサンドさえあれば頑張れる!と思って信じて頑張るわ。

デトックスウォーター

炭酸ウォーラーレモン果汁を追加して

手製レモンフレーバーよろしくよ。

もう事務所も空調入れだしたし、

だんだんと暑くなってきたか

水分補給はしっかりね!


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2022-05-25

FPS中心史観問題だんだんひどくなっている

eスポーツ弱者おっさんたちに説明しとくと

この前valorantというFPSゲーム日本ZETA DIVISIONが世界3位になったんだよ

それはめでたい事なんだけど

このことで界隈の反応が「eスポーツ小国の快挙」みたいなこと言ってて

から感じてはいたんだよね「あーこれ格ゲーとか入れないやつだな」ってね

いや、たしかFPSでいい成績は前は野良連合がシージで4位だから

3位はすごいんだけどさ、だったらeスポーツって言わずFPSとか5v5とか爆破って言えよとか思ったりするんだけど

あとEVOJapanなんかで3日で3万人動員しているというのも無視して

12000人の動員だったrageっていうvalorantのイベントを指して

日本eスポーツでこんなに人はいたことないよね~みたいなこと言ってるツイートとかあって

あの界隈はすげーねじ曲がった世界だなっておもった

2022-05-18

特許事務所の話でも書くか

有休だし世間での知財への関心が(一時的に)高まっているし、せっかくだし書いてみる。

ただ知財業界は案外狭く、ちょっとした事で身バレする可能性も孕んでるので、増田過去特許事務所で勤務していた者、ぐらいで済ませたい。

言うても匿名増田でそれを証明する方法もないので、怪文書やチラシぐらいに読んでくれればそれでよい。

 

一般論として話をしているので、例の代理人特許事務所がこうであるという意味では決してないのでご注意。

 

特許事務所ビジネス

知財権の出願権利化で出願人が支払う金額は多額になるが、それが全部弁理士の手元に残る訳ではなく、

出願人が支払う金額の中には、【特許庁に納める費用代理人手数料(+外国案件であれば現地代理人のフィー等)】が含まれる。

ざっくりというと、この「代理人手数料」が特許事務所としての主な収入になる。

資格を用いて独占業務である「出願人の代理」という専門的なサービス提供する対価であり、

慈善事業ではないので、これを頂かないことにはビジネスとして成立しない。

現在共通の料金表みたいなもの廃止されているので、『特許事務所 料金』とかでググっていろいろ見て欲しい。事務所によって幅がある。)

 

1件の特許商標が成立するライフタイムには、ざっくり言うと

【出願】⇒【特許庁との権利対応】⇒【登録】⇒【年金納付での維持】

(※成立までに情報提供や異議申立で第三者から妨害される事もあり、その対応も含む)

という流れがあり、それぞれの段階で代理人手数料成功謝金をクライアントからいただく。

また成立した権利更新維持業務は、定期的にお金が入ってくる大事領域であり、

特許事務所ビジネスは、フロービジネスでもあるがストックビジネスでもある。

訴訟ガンガン受任したりコンサルティング業務顧問契約を結んだりしてるとまた違うが、その点は今回は触れない)

 

そして特定クライアント案件を受任すると、企業としては関連する案件を同じところにお願いしようとするインセンティブが働くので

安定して経営している事務所は出願件数の多い大企業や、安定して仕事をくれる企業クライアントとして抱えていることが多い。

 

商標業務の実際

あくま個人の印象なので、「違う」という人はいくらでもいるだろうが、

商標業務のキツいところは、価格競争に晒されやすいというところだ。

 

特許事務所弁理士というのはまさしく専門性商売だ。

特許であれば化学機械電気電子通信…といった各分野の事業会社・アカデミア等で研究開発実務をやっていた人が転身することが多く、

意匠であれば美術デザイン系のバックグラウンドを持った人が適正があるとされる。

(現に、特許庁の意匠審査官は美大芸大工業デザイン学部から主に採用される)

 

一方で、商標場合は(ディスる意図はないが)今別炎上している中卒弁理士(本当かどうかは知らん)を自称する人のように

何か学問的なバックグラウンド必要かというと、必ずしもそうではない。

ちなみに、日本弁理士試験受験資格学歴要件は全くない。

https://www.jpaa.or.jp/patent-attorney/howto/

 

そのため「特定業界精通している」や「サブカルに強い」などの属性業界知識等で勝負はあるが、

基本的弁理士専門性によって差別化をすることが比較的難しく、

また手続難易度的に(質は別として)やろうと思えば出願人自身手続できないこともないので

十分なコネクションを持っている大手・中堅以外の、特に新興事務所では価格競争に走る者が増えているのが現状。

(もちろん、日本屈指の高難度の弁理士試験合格することで法律知識担保されているし、

 豊富業務経験・実績を積んでいる弁理士特許事務所に対しては当然ながら引き合いは多い)

 

加えて、商標業務案件1件あたりで頂けるフィーが特許に比べて全体的に少ない。

最近ネットHP検索広告から流入で新興事務所でも仕事を取りにいける環境があるが、

そういった事務所広告では「成果報酬制」や「格安」等の宣伝文句が目立つ。

ということは、特許より単価の低い商標利益を上げるには多くの案件をこなしていく必要があり、

皆さんがイメージするような一つ一つの案件をじっくり、といった対応は難しい環境にある。

 

もっとじっくり調べろよボケ」「ググった程度で判断してんじゃねえよカス」という意見もっともだが、

先行登録商標調査等もあり、周知性の判断根拠を探すだけにそれほど時間をかけている訳にもいかないし、

下記でも書くが本件は周知性がないと判断されてしまっても仕方ない事情もある。

(「識別力のない商標」など、拒絶理由で打てるものはあるとは思うけど…)

 

特許庁も代理人もみんな違う人間なので、森羅万象に詳しいことを要求するのは酷だし、

ある一定レベル以上のことに関しては出願人クライアント意見を信じるしかない部分もある。

そのために業界特有特殊事情などは「情報提供制度公告・異議申立制度」で汲み取る制度になっているのだから

 

結論:「ゆっくり茶番劇」の件に関しては、代理人特許庁を責めないでほしい。

   リリースを見る限りは通常の業務要求される注意を払って代理されていたと感じる。

 

おまけ:商標の周知性について

これも誤解が多く出回っているので、ここで併せて説明しておきたい。

 

周知性というのも、一般の皆さんがイメージしているレベルよりかなり高いレベルが求められる。

(例えば東京のお店が売ってる物の名前であったら、単一市町村内でも単一都道府県内だけでもなく、

 関東一円ぐらいで知れ渡っている必要があるイメージ

インターネット社会になってそういった部分の考え方が複雑にはなっているが、

いずれにしても1つのコンテンツコミュニティの中で有名であっただけでは十分に周知と言えるかというと苦しい。

 

また、実際に証明する際も、商品販売の実績やパンフレット配布数、広告宣伝実績、テレビ露出度

場合によっては需要者へのアンケート野良署名活動じゃなく、出願人が主張したい内容と合うように作成したもの)等も駆使して、

いかに幅広い需要者(消費者だけでなく取引者も含む)の間で幅広く認知されていたかを立証する(ただ、それでも認められない事が本当に多い…)ので、

数万件程度の検索ヒット数や関連動画再生数だけで周知性を主張することはほぼ不可能といえる。

 

『どれだけ検索でヒットしたり動画が回っていたとしても、結局限られた属性と人数しか知らないのであればそれは周知と呼べない』

と言えば何となくイメージ伝わるだろうか。

ネットでよくされる主張には、その「人数」「属性」の部分の主張が足りないと思われる)

2022-05-17

anond:20220511101515

配信って一日できて2時間くらいでしょ。たった2時間か数十時間野良ソロ行くってこと?そこまで腕があるならプロチーム入ってるでしょ。入ってない時点でお察し。それかチーターかな?

2022-05-15

FPSをする友達言動が恐い

普段面白い友人がFPS関連の話になるととたんに恐くなる

人の悪口とか言わない人だったのにTwitterでちょくちょく野良悪口を書くようになってた。内容も暴言を吐かれたとかじゃなくて、○○してほしいのにしないゴミ味方がいたみたいな

一緒にゲームしたときもこの場面でこれしない野良地雷だよとか言われたんだけど自分もそのゲーム内でやってたことで胸が痛くなった

自分もそんなに上手いわけではないけど、友人は味方に求める行動のレベルが高すぎる(たぶん本人的には最低限だと思ってる)上に思い通りに動かないと行動を全て指示してくる、みたいな感じで息苦しくなってしまった

別に友達辞めたいとかではないかゲーム誘われて断るのもな…って感じだけど本音を言うと一緒にやりたくない

もう自分がそのゲーム辞めるしかないんだろうか

2022-05-13

anond:20220513085041

たまにいる野良AVカップルで金儲けのためにセックス動画配信してる奴)とかはどうなるんやろ

別れて片方が消去して欲しいと依頼してきたら

多分明確な契約なんてないし、そうなった場合はどうなるんやろ

なお、野良AVなんてタダの設定やろって思ってたけど知り合いがそれを副業としてやっていると貯金通帳マネーフォワード)を見せながら飲みの席で言っていたのでモノホンも少しはいる模様

2022-05-11

anond:20220510161457

言っている意味がよくわからないんだけど。

配信中に野良ソロやって普通にダイヤ位行くよね。

2022-05-10

anond:20220510085925

まぁねwww野良とかVっぽい名前だと検索して粘着してくるヤツいるから、普段は女Vだけでパーティ組んでやってるわ

正直仲良しグループ作ってマイクラで鯖立ててコラボするのが一番良い。

女Vに男匂わせはデメリットしかない。

2022-05-06

必ずピンチが訪れる朝ドラ増田酢魔野良ドサあるれ図と緒が陳皮ズラ中(回文

おはようございます

ちむどんどん』のどっちの料理deショーの劇中劇

沖縄そば対決してたんだけど、

出汁のお鍋をひっくり返しちゃって

ピンチに!

そこで以前レストランかで食べた暢子のグルメノートが炸裂!

沖縄そばの麺をきっとナポリタンにしてピンチ奪回してライバル校のあのお嬢さんぎゃふんと言わせるのが今日の回だと思うけどまだ見てないわ。

たぶん、

相手の南校の料理部のお嬢様

ナポリタンを食べて悔しいけど負けね!って言うに決まってるし、

暢子がピンチの時にシークワーサー囓ったら強くなれる!って形式じゃない!

てーか!

てーかよ!もうシークワーサー囓っておいて負けたら話し的におかしくなるので、

もうこれは暢子がシークワーサー囓ったら強くなって勝てるフラグだわ。

あともう沖縄方言はよく分からないけど、

暢子がやけくそになって「やったるかいさー!」って言うのが笑っちゃう

明るい主人公朝ドラはこうでなくちゃ!って極みだわ。

おかえりモネモネちゃんは嫌いじゃないけどなんか重いのよね。

まあそれはともかく、

暢子がシークワーサー囓って「やったるかいさー!」って言ったら無敵フラグが立って敵を圧勝するのよ。

でもさ、

暢子たちの主人公チームが引き立つの

あの憎たらしい南高企業お嬢様役の人とかの

いわゆるプロレスで言うヒール役があってこそ、

主人公が引き立つのよね。

あの憎たらしさを画面越しでもむかつく感じで演じるって逆に凄いわ!

『おちょやん』のちよのお父さんのテルオのトータステンボスの忍びない方とかどちらでもないけど

トータス松本さんが演じていて、

あんカスな男いないっしょ!って演じきるのは役者さんはすごいなぁって思うのよ。

あいヒール役がいないと、

ただの仲良し倶楽部料理沖縄そば物語沖縄編になってしまいかねないじゃない。

あとあともしかしたら、

あの南高企業お嬢様東京編になったら

ものすごいストーリー最後まで一緒にいる良き仲間になるのも朝ドラあるあるなのかもしれないし、

一瞬だけ東京から沖縄に越してきた、

大泉洋さんの人気バラエティー番組おにぎりあたためますか』の出てる人のお父さん役の息子も

きっと東京編ではパーキーソンというかキーパーソンというか

重要人物になるはずなのよね。

あとにーにがお金騙されて持って行かれたのも

ナポリタンでうやむやになって

あの1000ドルどうなった?ってそこも気になるし、

わろてんか鈴木京香さんの役の人はアメリカに行ったままでそこの伏線なんも回収してないきっと書きたかったけど描ききれなかったところかもしれないわ。

アメリカ行って何してたのよ?ってあまりノータッチさ加減にそう思ったわ。

サザエさんとは違って、

毎回回の終わりで、

続きはどうなるの?ってハラハラキドキさせるのが朝ドラ醍醐味でもあるし、

暢子たちの料理部が出汁の鍋ひっくり返しちゃったところで、

しかもにーにたちの呼び込みも効いてか美味しい票をどんどん取り込んでいた矢先に

鍋ひっくり返すもんだから

絶対次回も見るっしょ!ってなっちゃうじゃん!

何も起こらない回の朝ドラもそれはそれでシュールだけど、

こうやって揺さぶられるのは久しいぶりだわ。

もうさ、

暢子シークワーサー囓っちゃったか

もうナポリタンで勝つに決まってんだけど、

どう打ち負かすかが見所よね。

南高のあのお嬢様ぎゃふんとぜひ言わせて欲しいわ。

そしてきびだんごで仲間にするように、

ナポリタン食べて改心させて欲しいところよ。

あ!でもあれよあれ、

歌子このお祭りで歌歌うんじゃなかったっけ?

うかうか沖縄そば食べてる場合じゃないんじゃね?って思いつつ、

とりあえず

どんなナポリタン技を繰り出すか大谷翔平選手二刀流より楽しみよ。

うふふ。


今日朝ご飯

喫茶店コロッケパン

月替わりでここの欄は変わるので5月になってみて初めて頼んでみたわ。

うーん、

コロッケパンね。

ほんのり香ばしくトーストで焼いた暖かいコッペパンコロッケを挟んであるの。

美味しいけど、

はいつも食べてるタマサンドの方が絶品だわ。

コロッケパンなら自分でも出来そうじゃない。

ってやったら絶対難しいんだろうけど、

まあ月1のお楽しみで話のネタになればいいってことよね。

デトックスウォーター

ルイボスティー水出しウォーラーね。

休日ゆっくりボーッとした時間を過ごせて何もない時間も大切なんだなって思ったので、

何もしないお休みもいいのよ。

こういう時こそ作り置いておくボトル荻窪なわけ!

分かるかしら。

水分補給はしっかりとね。


すいすいすいようび~

今日も頑張りましょう!

2022-05-04

リーナスLinuxを開発したというのは、どれほど「技術的に」すごい偉業だったのでしょうか?

生越 昌己

, 日本Linux協会で元会長 (2001~2002年)

回答日時: 2022年4月23日 · 執筆者は841件の回答を行い、180.3万回閲覧されています

なんか呼ばれてる気がした。

技術的に」はどうってことなものです。別の回答で私の書いた記事引用されているので、その辺の歴史的なことはそっちを読めばわかると思います。「やればできる」範囲のことです。実際、あの記事には書きませんでしたが、そのちょっと前くらいに私の知人(日本人)がフルスクラッチUNIX互換マイクロカーネルOSを独力で書いてます。これも彼に言わせれば、「教科書通りに実装しただけ」とのことです。なお、UNIXOS実装は、いくつか教科書が出ています。また、「NET2」という4.3BSDのフリー(ってことになっていた)な部分のコードも公開された後です。つまり、参考にするもの結構あったんです。

実はOSのものは、「技術的にすごい」必要はないです。もちろん、いろんな点で「技術的にすごい」ことをする必要性のあるところはありますが、「普通実装」であれば「教科書通りに実装しただけ」で作れます。「ぼくのかんがえたさいきょうのプロセスモデル」なんてもの必要ありませんし、「マイクロカーネル技術」なんてのも、あればあったでメリットありますが、なければなくても困りません。UNIXのその辺は普通人達が思っているよりもずっと単純で、実装もそんなに難しいものではありません。ですから特に「何かの互換品を作る」というのであれば、動かすだけであればそんなに大変ではありません。バランス感覚要求されて難しい部分は既に他人実装しているわけですし、「教科書」や「参考コードはいっぱいありましたから。

Linuxが凄かったのは、一つは「運」です。多くの人が求めているタイミングで、まがりなりにも動くものを出すことができた。これは多分最大最強の「すごいこと」です。

Linuxリリースするちょっと前に、AST(Andrew Tanenbaum

)はMinixの「次のバージョン」についての「やらないことリスト」を作っていました。野良で作られたMinix386を使っていた人達を始めとする「MinixもっとUNIXになって欲しいと思っている人達」は、それを見てガッカリしたものです(私も)。Minix実用品にしようとする流れに完全に背を向けた形で「教材としてのOS」に力点を置いたもので、ASTの立場を考えれば当然とは言え、いろいろ残念な思いをしました。Linuxリリースされたのは、そのショックから覚めやらぬ時期だったので、それを見た人達は、まさしく

キタ――(゚∀゚)――!!

と思ったものです。本当にグッドタイミングだった。

その次に凄かったのは、「それを実用品に持って行けた」ことです。「動く」ということと「実用品になる」ことの間には、とんでもなく深い「谷」があります。これを超えるのは、「運」も大事だし「技術」も不要じゃないんですが、それだけでできるものでもありません。そもそもLinus自身が「最初はそんなつもりはなかった」的なことを言ってますからね。それでもどこで気が変わったか、あの「隙だらけのカーネル」でも、なんとなく実用品として使えないことはない程度にはなっていた。

そして、「隙」も凄かった。Ver 0.01のカーネルなんて、本当に隙だらけ。たとえば、システムコールエントリテーブルがあるのですが、その先の「実装」部分には「未実装」ってコメントが1行書かれているだけなんて状態だったのです。これは結構後の版でもありました。でも、その「隙」ゆえに、多くの人に愛され、「俺が何とかしてやろう」と思わせる。当然意図したものじゃないにせよ、これがなかったら「今」はなかったかも知れない。

等々、いろんな「凄さ」はありますが、それは技術のものではありません。「凄さ」は別のところにあったのです。

独自に似たものを作ってた人達(私も含まれる)が、一斉に自分の作っているものを投げ出して協力しようと思うくらいには「凄く」また、「隙」があったんですから。「マイクロカーネルこそが」とか、まぁとりあえずマトモに他人の使える自前実装作ってから言ってよね。ちなみに当時の私はMach

をいろいろいじくってました。Ver 3.0になっていろいろいじれるようになってて、MS-DOSの上からbootする版を作った人がいたんで、「これでユーザ空間OS書けるじゃん」って。

そんなわけで、「ぼくのかんがえたさいきょうのOS」を作らなかったのが、Linusの偉かったところ。愚鈍に「どうにかこうにかUNIXとして使える程度のもの」をちゃんと作っていいタイミングリリースした。そこが全ての始まり

「毒にも薬にもならない昔話」とはこのことではないだろうか。

技術的にも思想的にも誰の参考にもならない。

老人ならせめて1行くらいは誰かの役に立つ言葉がにじみ出るものだが・・・

そういう生き方としてきたということだろう。

PCWatchの山田祥平さんに似た臭いを感じる。

2022-04-25

anond:20220425190629

猫ってめちゃくちゃ可愛くて癒されるのにあいつらは基本ずっと孤独に一人で暮らし毎日食事もありつけるかどうかわからなくて、寒さに震え、カラスなどに怯え、かんたんに病気になるし、野良だと長くても4年くらいしか生きれないという過酷な日々を過ごしてる

かわいそうな生き物だよ

2022-04-23

野党ってネーミングって不利だと思う

野の字が野良みたいで余所者っぽいし

野盗と音が同じなので無意識下ですこしだけ関連付けしてしま

2022-04-15

フェミニズムが傷を抱えた人間セラピーになることについて

前書き

現代日本フェミニズムは、傷ついた人間が慰め合うセラピー看板のような機能を持っていると言える。

弱者が慰め合える駆け込み寺、いわばフェミニス堂があること自体は良いことだ。

エンパワメントシスターフッドという自己肯定を重視した精神的な言葉最近人気なのもその一環かもしれないし、そこまで前向きな気持ちになれないからとにかく苦しみや怒りを吐き出させてくれという層だって駆け込み寺には居場所がある。

だが、「セラピーとしてのフェミニズム」と「学問言論としてのフェミニズム」が分離されていないために、言論としてのフェミニズム信頼度が著しく弱まっている。

セラピー面も学問言論面もひと固まりからフェミニストはメンヘラだとか、他人幸せを許せないだとか、ミサンドリストセックスヘイタージェンダークレーマーだとかの批判に繋がってしまっているのだろう。

私自身も精神疾患持ちなので、精神が弱っていることを批判する気はないのだが、セラピー的な語り合いと、学問的討論がごっちゃになっている状況は大いに問題視している。

追記:↑ここで私の精神疾患に言及したのは、私も議論の場で当事者性を武器として使おうという態度でよくなかった。反省する。)


本稿で主張するのは、「冷静な研究者としての立場」と「傷つき怒れる当事者としての立場」は、兼任すると問題が生まれるのでどちらか片方だけの立場に立つべきだ、ということだ。

たとえ学位免許を持っていても、冷静になれない話題については傷が治っていない当事者から理論議論を使いこなせる研究者ではなくあくまで苦しむ当事者個人として発言した方が良い。

本論前に、何がOKで何がNGかおおざっぱに切り分けておこう。

冷静なフェミニズム研究者が、「困った女性のための駆け込み寺やセラピーの場や、肯定しあえる関係必要だよね」という学問理論を組み立てる。
冷静なフェミニズム研究者もしくは心理医療専門家が、セラピーの場の最低限の安全が保たれるように監督をする。
セラピーに集まる傷ついた人たちが、フェミニズム用語理論武装したり、怨恨を吐き出したり、過激むちゃくちゃな主張をする。(なぜなら、セラピー的な場では、ひどい発言原則許されるべきだから。ただし、それをそのまま社会への要求として広めるべきではない)

×
まだ傷が深く残っていて冷静な振る舞いができない人間研究者としての発言力を得て、本来患者としてすべき主張を研究者立場でする。
×
傷の残っている研究者セラピー監督役をやり、セラピー患者同調してしま患者内面吐露検討・洗練せずそのまま社会にぶつける。
×
研究者同士でも肯定しあえないと傷が痛んで耐えられないので、アカデミックであるべき関係を仲良しグループにする。




本論

フェミニズムという看板のもとに、傷ついた人々が集い、辛さや怒りを語り合い共感あい心を癒そうとする様子は、当事者会に近い。

当事者自体は、様々な依存症障害事故被害者などについて行われており、有用セラピーと言っていい。

だが「セラピーとしてのフェミニズム」の問題は、当事者会で癒される患者と、当事者会を監督したり理論を語る研究者がかなり重なってしまってるということだ。

要するに、当事者として治療を受けるべき傷を抱えたままの人間が、セラピスト役もやってしまっているという問題が、「セラピーとしてのフェミニズム」にはある。

全てのフェミニストが病んでいると言っているわけではない。

だが、SNSのそこら中で行われている「セラピーとしてのフェミニズム当事者会の多さに比べて、監督できる冷静な研究者は全く足りていない。


普通当事者会やセラピーは、福祉医療心理専門家によって研究理論化がされ、社会に対して有用性が主張され、会の時にはその場にいて見守ったりもするはずだ。

傷ついた当事者たちの語りは、しばしば自己中心的だったり理屈が通ってなかったり乱暴だったりするが、それは回復必要な心の解放だ。

それがそのまま社会への要求として世の中に出されたりはしないので、当事者会で語ったことが間違ってるなんて責任を問われることもない。

客観的専門家当事者たちの感情吐露分析して理論化した上で、必要な部分は社会に訴えるようになっている。

から普通健全当事者セラピーは、傷ついている当事者が冷静さを求められたりはしないし、当事者ヤバいことを主張していても研究者評価が下がることもない。研究者監督しているか当事者同士の会話が先鋭化するエコーチェンバーも防げる。当事者要求研究者が整理したうえで一般社会に伝えるので、外部の一般人当事者過激すぎる主張を直に聞かされて悪感情を持つこともない。

全てが完全に徹底されているわけではないが、それでも、当事者セラピーで語り合う患者とそれを監督する研究者の間に線が引かれていることで、ある程度は弊害抑制ができている。

しかし、「セラピーとしてのフェミニズム」では、患者監督者、研究者区切り曖昧になりやすいので、普通当事者セラピーでは減らせる弊害がモロに発生しているのだろう。

たとえばフェミニストが「トーンポリシングはやめろ」と主張し、議論や説得において言い方ってのは大事だろと反論されるのをよく見るが、あれも、内輪の癒しセラピー的な感覚と対外交議論感覚がごちゃまぜになっているせいだ。

「私はいま苦しすぎて言葉を選んでいられないのでセラピー患者として気持ちをぶちまけてるんだからトーンポリシング(言い方警察)するな」、という話なら真っ当である

「私は冷静を保ち、言い方や内容にしっかり気を使うから議論として発言を真面目に聞いてくれ」、というのも真っ当である

だがそれを同時にやろうとする、「自分セラピー的に感情をぶちまけるが聴衆は真面目に聞いてくれ」というのは無法な要求だ。

せめて、セラピー監督する冷静な研究者に向かってぶちまけて、その研究者理屈の通らないところを補助し冷静な言い方に直して議論の場に持っていくという形にしなければいけない。

なのにフェミニズム議論では、何もかも一緒くたになりがちである


当事者研究者の分離は、簡単なことではないとは思う。

特に精神思想分野ではそうだ。

臨床心理士カウンセラー看護師助産師になりたがる人間はしばしば自分が精神不安定を抱えているというのは、統計はともかく実体験としてはよく聞く話である

博物学系でも、たとえば動物学者はだいたい動物好きで、心情的には動物保護したがるだろう。

だが、そこは資格団体ががんばってたり教育だったりで、臨床心理士精神保健福祉士はある程度の信用をしてもいいだろうとなっているし、動物学者も後先考えない動物愛護活動をする人は目立ってないわけだ。

しろ愛護派の過激な主張の角を取って一般社会的に可能動物保護のやり方を訴えたりしていて、それはまさに、感情的になりがちな当事者の語りを、研究者自分のところで一度止めて丸め社会に伝える、当事者会に対する医療福祉関係者の立場と近い。

から臨床心理士動物学者などの学問的信用はまあ保たれている。


ところがフェミニズムや一部社会学は、理論家や研究者が、傷ついた当事者と近かったり同一人物だったりするせいで、冷静な監督者のいないまま野良セラピー的な語りあいを続け、当事者の悲痛な心情吐露ではあるがそのまま社会要求するには妥当性に欠ける内容が研究者学問立場から主張されてしまっている。

フェミニストはメンヘラだとか他人幸せを許せないだとかミサンドリストセックスヘイターだとか言われてしまうのはこのせいだ。

それにもかかわらずフェミニズム大義名分世界中で力があり、フェミニストの要求の内容を精査して妥当性十分の時は応じますという態度は悪だと指弾されるのが、本当に良くない。

ここで断言しておくが、メンヘラも、他人幸せを許せない人も、ミサンドリストミソジニストも、セックスヘイターも、楽しく生きてよいし好きに発言してよい。当事者会で同病相憐れむのだって、傷ついた人間には大切だと思う。

過激思想トラウマは緩んだ方がいいとは思うが、それもあまりに大きな加害に繋がらないのであれば自由だ。

ただし、その好き勝手発言暴言あくまで傷つき冷静さを欠いた人の胡乱な言動として生暖かく聞き流されている方が、周囲にとっても当人にとってもよいはずだ。

弱者の声は社会から無視されるべきではないが、そのままで妥当性が低いので、客観的研究者が集積して適度に理論化と穏健化した上で世の中に訴えるべきだろう。

フェミニズムが、弱者に肩入れしようとするあまり病んだ当事者発言をそのまま重用したり、著名な研究者が「冷静さを保つために私の当事者としての感情一時的に抑えよう」という努力をおろそかにしているのは、誰にとっても不幸である

辛すぎて悲鳴を上げざるをえない当事者と、冷静で他者対話可能研究者弁別は、完璧でなくとも努力する価値がある。できたぶんだけ弊害が減るはずだ。




おまけの具体例 朝日新聞運営の『かがみよかがみ』について

一つ、わかりやすい事例を挙げる。

フェミニズムジェンダー学周辺で、セラピー機能学問言論機能が混在することの弊害を私がはっきり感じたのは、朝日新聞運営の『かがみよかがみ』である

読者投稿エッセイメインコンテンツとするWebサイトだ。

「私のコンプレックスを私のアドバンテージにする」とか「私は変わらない、社会を変える」とかをコンセプトにして、女性自己肯定感の爆上げを目指すメディアであることを謳い続けている。

18~29歳の女性からエッセイ募集して、編集部がチェックして載せている。著名人契約コラムニストの連載もある。

そして投稿者を「かがみすと」と呼び運営ボランティアを「ミラリスト」と呼んで連帯感を出し、若い女性同士で肯定しあえるコミュニティを作ることも意図しているようである。(かがみすとは今もしっかり使われているが、ミラリストTwitter検索してもほぼ出てこないので今も使われてるかは外部からは謎)

二年くらい前に数回燃えたが、扱っている内容の割にはてはで話題になる回数は少ない気がする。はてなとは読者層が違うのだろう。

上野千鶴子さんに質問「ベッドの上では男が求める女を演じてしまう」 | かがみよかがみ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/mirror.asahi.com/article/12881008

フェミニストでも、守られたい。フェミニストだから、守りたい | かがみよかがみ

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/mirror.asahi.com/article/13432941

これの上の記事に関わっていたコラムニスト(かがみすと)が、謝罪をしつつかがみよかがみを批判したnoteを全三回書いていたのだが、その第三回と、ここから辿れる記事類を読み、フェミニズムセラピー言論を区切らずやっている弊害はあるな、と強く感じた。

上野千鶴子座談会セックスワーカー差別炎上とかがみよかがみコミュニティ雰囲気について(下)|滝薫

https://note.com/hannnahkuku0819/n/n6514127ed85a

私はこれを読んだ時、伊藤編集長があらゆる批判に応じないのもわかる、といっそ清々しささえ覚える形で納得してしまった。「セーファープレイス」を構築しようとして、内部を守っているのではないかと思った。

(略)

『かがみよかがみ』を必要としている利用者はいる。それはわかっている。私も、エッセイ投稿した後の”共感”と”褒め合い”によって自信がついた一人であることは変えようがない事実である。その価値を認めていても、『かがみよかがみ』の未来に不穏さを感じてしまう。

『かがみよかがみ』が目指すのは、あくま女性自己肯定感の爆上げである。正しさではなく、自己肯定である

それも、明言はしていないが18~29歳の女性だけを狙っているだろう。

若い女性たちがエッセイで悩みを語り合い、書き手同士のSlackか何かでも褒め合い、お互いが何を言っても原則として批判しないし自虐もしない。まさに当事者会でありセラピーのやり方である

フェミニズムジェンダーなどの内容が多く扱われているが、それはあくま自己肯定感爆上げの道具なので、理論的な正しさを保とうとして心が苦しくなってしまうようなら、正しさを追求しなくてよい。

エッセイ投稿年齢制限も無い方が「正しい」のはわかってるだろうが、年上の説教エッセイ愚痴エッセイが載ってるサイトは鬱陶しくて気持ちよくなれないという若者本音を慮って、微妙理屈をつけて年齢制限をかけていると思われる。

投稿者をかがみすとと呼んで内輪感を作るのも、その繋がりで孤独が癒える人がいるかである。そういう内輪感にウエッとなる人もいるだろうが、そのタイプの人は他のどこかで癒されればよいというスタンスだろう。

伊藤あかり編集長モットーらしい「全ての人を満足させようと思ったら、一人も熱狂させられない」とも合致する態度だ。

傷ついた若い女性のために、正しさではなく自己肯定感爆上げを目的とした当事者セラピーの場があること自体は、良いと思う。

だがそれが、朝日新聞運営メディアとして広くネット広告され、上野千鶴子石川優実企画に呼び、ヒコロヒーなどの連載があり、エッセイ投稿者ジェンダー学やフェミニズムで多少の理論武装をして識者っぽい人もたまに言及するとなれば、そこはもう言論の場となってしまう。苦しい内面安心して吐き出せる、責任を負わなくていいし怒られもしないセラピーの場としては相応しくない。

なのに、そこが曖昧に混ざった立場で『かがみよかがみ』の文章は発表され続けている。

から『かがみよかがみ』の記事批判されたのである

そして、これは、インターネットにおける様々なフェミニズム活動についても近いことが言える。



まとめ

最後にもう一度まとめる。

傷ついた当事者同士が慰め合うセラピー看板としてのフェミニズムと、冷静さと客観性を保つ学問研究としてのフェミニズムは、分割しておく必要がある。

現在日本では、セラピーの場としてのフェミニズムと、学問としてのフェミニズムが、ごちゃごちゃ混ざっている。

心が乱れてフェミニズムセラピーを求める患者と、冷静であるべきフェミニズム研究者が、ある程度重なってしまっている。

この状況を解消しないと、世の中の幸せにはつながらないだろう。



追記。本稿は3か月ほど前に増田に投げたが無反応だったものの再投稿である。)

2022-04-07

anond:20220406103515

あれをみて元気がでるのではなく「バカで弱い女性未成年野良に放り出されているからまともな性教育保護をしなければ。ああまた家庭内・家庭外の仕事をふやされて鬱だなあ」と思うのがまともな社会人感覚なのですよ。その無意識のおしつけ・よりかかり・神格化という名の奴隷化への負担感を140字内に収まるようにちぢめたものが「気持ち悪い」です。

正直、スカートの長さやジャケットベスト未着用の時点でちょっと温度調整もできない感じの発達障害ありそうな子にみえます。こういった発達障害の子相手の思惑に気づきにくく性被害に疎いまま性的搾取されてしま問題はすでに発達に詳しい精神科医により何度も指摘されています

進学校教科書参考書が重いので全員リュック推奨で部活なくても10キロかついでる、それがまともな高校生です。

まあ、増田はいつまでもアダルトチルドレンなので高校生同級生目線でふわついて元気だしてればいいとおもいますよ。

増田日経支えてるわけでもなんでもないことだけはわきまえて、漫画買い支えるなりはご自由にどうぞ。

日経官公庁の発表さえまともに伝えられないおっさん媚び媚び紙なのはわかってるので(一時期の宇野こう一郎の女性がやたらに濡れて喘ぐエロ小説を載せてた夕刊フジと変わりないとおもいます)こうやって女子高生カワイイネとエサでも載せなきゃ就活生も騙せなくなってますよね。おっさん向けファンタジー広告おっさん向けファンタジー専門紙掲載するのはいことなんじゃないですかね。どうせ女性は読まないし。真に受けて電車日経よんで痴漢に至る人とかまさか男性さまには居ないでしょ?w

ナタリーおまえどっち陣営なんだ

庭に来る猫

食うに困ってる体型には見えないし、見るからに汚いわけでもないが、首輪らしいものも見えないから外飼いか野良かは知らない

ただ人の家を通り道にするだけならまだしも庭をトイレ扱いしてくるので腹が立つ

全般が嫌いなわけじゃないけど実害をもたらしてくる猫を好きにはなれないし、そういう猫の背後にいる身勝手人間もっとむかつく

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん