「つまみ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: つまみとは

2019-05-22

ドラマだけをみるってのができないんだけど、みんなはなにしてる?

ついごはん食べながらとかなにかつまみながら見しまうんだけど、太るしやめたい

2019-05-12

anond:20190511173955

なんで? アンケートときで真の「幸福度」が図れるとおもってるほうがおかしくないですか? 

だって不幸な女との交際を欲しがらないんだから無理にでも幸福になっておくのも一つの処世術でしょ

ネットによくある「メンヘラ女は地雷」言説が典型的

結婚して母親になったら次は「泣いてないで強くならないと夫が、子供がかわいそう」言説。

強くなれ賢くなれ一人でもできるできる

ってどこまででも要求されピーターの法則家庭内出世をさせられる

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87

それらを内面化し「自由に不幸がってはいけないのだ」と学習させられた女は

「悩みがあって幸せでなくてももっと不幸な人を仮定してそれよりは幸せなふりをするよう強制」される。

 

その状態理解してるくせに一面的アンケートとやらをうまいことつまみぐいしてるのがそのツイッターアカウントですよ

一方で今は「男だから泣くな強くなれ」なんてことは軍国主義じゃあるまいしと否定されるから自由に不幸がれる。

今の世の中、男のほうが誰はばからず不幸がれていいですねとしか

 

きりとってんのはどっちだろうね

2019-05-11

つくづく自分は酒飲みではないと思う

酒は好きだが、それは酔うことが好きなだけで、酒の味が好きなわけではない。

つまみがなければ飲めないし、塩だけで飲むなど真似できない。

ただ、いくら飲んでも「酔っている自分」をどう見られてるか客観的に観察する癖だけはなくならない。

それを無くしたいほど飲んで見たこともあったが、ドラマみたいに暴れることも記憶をなくすこともなかった。

俺にとって酒ってなんだろう?

2019-05-07

二次創作とは声のデカ大手に気に入られた者が勝つ

二次創作してる分際で声がでかいオタクは何様だよって話だけど事実そうなのだ

拡散力のある声のデカ大手に好まれなければ自分作品は数あるオタク二次創作の中に埋もれていってしまう 勿論輝く才能を持っている人はそれだけで注目されるだろうけど全ての人間がそうではない

ここから自分語りになるが私も大手に気に入られて作品拡散されて一時舞い上がっていた それでと段々自分が書きたいものと違っていると感じ始めたことと、その大手趣味方向性と異なり始めたのでブロ解で縁を切った が、その後はそこそこにいたフォロワーはポツポツ減り始めて作品のビューワー数も落ちていった 結局自分は有名どころの○○さんの推している人だからという付加価値しかなかったんだと酷く落ち込んだが自分なんかその程度だったんだと落ち込んだけど冷静にもなれた そして今年私は二次創作界隈から足を洗う

この世界には中学生から十年ほど浸っていたが昔に比べて横繋がりが重視されているように感じることが増えた コミケなどの即売会は基本サークルの仲間と来てサークルの仲間と帰るようなものだったが最近は会場前の挨拶回転寿司に始まり終了後の大規模アフターなどオフでの関わりが積極的に行われている 内輪ノリと言えば昔からあったがその内輪の規模が大きくなっているのだ 例えるなら中高生グループ活動するテンションがそのまま二次創作オタクの中で行われているのだ 何度か参加したが初めて会うような大勢人達食事をしてもあまり楽しくなかった 正直公共の場オタクトークをし散らかすことに抵抗があったので酒やつまみを飲みくらいながら高速・オタク・語りをするオタク達には少しだけ引いた それでも根はい人達だと思って最後までいた

ここまで書きたいことを思い付くままに書いたせいでまとまりのない文章になってしまったがここまで読んでくれた人にはお礼を申し上げる これはただオタク・横繋がりに辟易して大手と縁を切ったらその囲いにもブロックされ界隈を撤退するはめになったつまらない二次創作オタク独白である 二次創作オタクなんて出版社に見逃してもらってる分際で他人の褌で相撲を取りながら一丁前に産みの苦しみ面をするヤバい奴等(全ての二次創作オタクがそうとは限らない)なのだがもしそんな世界に足を突っ込みたいと思ったら大手に気に入られることをおすすめする

高速・オタク・語り、終わり

煮卵作りたい

一人暮らし始めて一ヶ月、つまみ煮卵つくりたいと思ってるんだけど

調べたら醤油使うパターンめんつゆ使うパターンがあって悩む

めんつゆのほうが楽そうだけど使い切れずに捨てちゃいそうだし…

でも砂糖なんてもっと使う機会無さそうだし…

涙が変に出てきた。

私はよく忘れ物や落し物をする。昔からよく携帯弁当箱を忘れたり落としてきたりしては親や友達に叱られていた。

それでも忘れたり落としていたものは必ず戻ってくる。ん?あ、いや、そうじゃない。必ずじゃなくて戻ってくることが多かった。だった。

なんで多かった、と過去形なのかはこれから説明というか少し話すと。

最近私は財布を落としたか忘れたかはたまたどこかに置いてきてしまった。

四月の後半にどこかにやってしまった財布は未だに謎のままだった。電車バスで落としたか、それとも盗まれたか

私は財布を無くした。

大事ものがいくつか入った財布は、警察電話しておいたから見つかったら届くはず。なのに見つからない。今までならもう見つかってもおかしくないのに。

胃が痛い。辛い。

なんというか油断大敵。

私は学生時代から変わらず、今も物を無くしている。

こういうのって治るんでしょうかね。

書いてる今も涙が止まらない。

自分では注意しているつもりなのにらなんもできてない。

よくボーっとするからケガもする。

この間は足をくじいて、指を刃物で傷つけて。これは心の病気なんでしょうかね。

なんかよくわからないし、すごい涙は出てくるし。

私はGPSがないとダメなんですかね。

まるで子供みたいですね。もう大人なのに。荷物1つに1GPSってか。これはお金がかかる。でもここまでしないと出来ないぐらいもう自分ヤバイのかもしれない。

財布1つで私は今すごい泣いています

大事な財布なんです。

とりあえず、見つまみかったらもう泣かなくなるかな。とかなんとか考えながら寝ます

もしここまで私のぐちゃぐちゃした文を読んでくれた人がいたら、ありがとうございます。もし読んでいやな気持ちになったらごめんなさい。

それじゃ、またいつか。物を無くしたりするのには気をつけて。

2019-05-06

[]【4】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506092812




4일



4日目

強者韓国」と「弱者韓国


チェックインした当日に見つけられなかったアメニティは、不注意で見落としていただけで、実は室内の革のバッグに収納されていた。

芸術の都らしく、こういったところもオシャレだ。

遅めに起きたが、チェックアウトが12:00なのでまだ余裕がある。

散歩と軽い朝食ついでにロッテマートお土産インスタント麺を買う。

緑豊かな光州の午前の空気気持ちよかった。


広いとは言えない韓国地域対立意識が強く、特にこの光州の人達は他の地域の人々から嫌われているらしい。

曰く「手先が器用で芸術の才能がある。日本人に似ており、社交的でソツがないが、計算高く、最後には裏切る」

近世新羅百済高麗対立からともいわれているし、朴正煕時代選挙戦の影響とも言われている。

観光ちょっと撫でただけ、その上言葉不自由なので、深いところは全く分からないが、顔つきは日本人に似ている人が多いし、ソフトムードの人が多いなとは感じた。

韓国社会に深くコミットすれば、違う印象も持つのかもしれないし、逆にそれが偏見だと感じるのかもしれない。


ホテルをチェックアウトし、地下鉄バスセンターに向かう。

しばらくすると中高生の一団が賑やかに乗り込んで来た。

男同士で楽しそうに談笑していたが、やがてオバちゃんの一団が乗り込んでくると、座っていた一人が席を譲る。

青年は非常に自然に席を譲ったが、オバちゃん日本だったらまだ席を譲られるほどの歳ではない。

歳上を大事にする韓国社会の一面を見た気がした。


バスセンターに到着して、釜山への切符を買い求める。

しばらく待つと釜山行きのバスがやって来た。

光州を出発したバスは東に向かい、窓の外の景色は再び緑豊かな山道となった。

バスの車内では、民主化運動に参加し、5.18の時には予備で拘束されたという現職の文大統領について調べる。

5.18民主化運動の地を訪れた後、テキストを読んで感じることは、韓国社会には「強者韓国」と「弱者韓国」の2つがあり、彼のアイデンティティが一貫して「弱者の味方」であるということだ。

日本韓国双方の財閥日韓間の慰安婦合意否定的なのも、「弱者韓国」にとっては日本や旧日本統治時代の流れをくむ財閥は「開発独裁主義弱者を顧みなかった強者」であり、そこで立ち上がってくる彼の願いが「強者に虐げられた弱者を救う」事だからだろう。

大統領権力集中にも否定的で、権限の縮小や任期の変更も主張しているというし、地域対立の解消も目指しているという。

上手くいけば、韓国行政の積弊である大統領悲劇的な破滅歴史に終止符がうたれ、光州の人達への差別意識も和らぐかも知れない。

うまくいかなければ、諸外国に振り回され、経済を停滞させ、反動韓国社会の分断をさらに進めるかも知れない。

果たして彼を待っているのは、改革英雄未来か、理想主義者蹉跌か。


実際に地域を訪れて、テキストの背景の感覚が色彩を帯びて見えてくることもある。

日本人にとってメジャー観光地とは言えない光州だが、是非訪れて見たほうがいいと思う。



釜山


3時間半の乗車ののち、バスは最終目的地に到着したようだった。

乗客がどんどん降りていく。

釣られて降りたのだが、2日前に乗った場所全然違う。

しまった、周りの動きに合わせて降りてしまったが、実は釜山に着く前に降りちゃったかな?」

さっぱり分からないので、チケットカウンターに行って、お姉さんに状況を説明した。

「I'm going go to Busan, but I had mistakes. I had put down bus.

Do you mind teach me How to go to Busan?」

お姉さんはキョトンとして下を指差して答えた。

「Busan.」

西部バスターミナルとのあまりの違いに驚いたが、自分が降りたのは釜山北部郊外総合バスターミナルらしい。

比較的街中にあって小綺麗な西部バスターミナルと違って、総合バスターミナルは山間にあり、設備も古め。

駅前ではオバちゃん路上で芹を売っていた。

ともあれ、釜山市内であれば地下鉄で市の中心部アクセスできる。

駅前東横インに再びチェックインしよう。



デブは歌が上手い・世界真実


釜山駅に着き、東横インチェックイン

東横イン日本語が通じるので、ホテルの免税の手順や、空港の早朝便に間に合うようなタクシーの手配など複雑なコミニュケーションを取ることができた。

これで不安はかなり減った。

夕食を食べに行こう。

目指すは若者の街、西面にある「ソンジョン3代クッパ」だ。


地下鉄に揺られ、西面駅で降りる。

地上に出るとすごい活気だ、夜の西面は若者でごった返している。

そうか、そう言えば今日は金曜の夜だ。

ネルギッシュな街を歩いていると、ゲーセンがあった。

韓国E-Sports強国である。入ってみよう。

対戦筐体を見ると、鉄拳では対戦が繰り広げられていた。

日本では下火になりつつあるゲーセンだが、韓国では若者の娯楽として健在だった。


西面のメインストリートの反対側、飲食店街を歩くと「ソンジョン3代クッパ」は見つかった。

中に入って人差し指を立てると、にこやかに迎えられる。

韓国語で聞いてくるオバちゃんに「テジクッパ ジュセヨ」と伝えると、すぐにお盆に乗せられた一式がやって来た。

豚肉入りのスープご飯小皿薬味を混ぜて、自由に取れるキムチつまみながら食う。

名店の名物だけに間違いなく美味かった。

美味くて一気に食ったために、詳細な味の分析は忘れた。

そしてキムチは光州のものほど辛くない。

やっぱアレは特別辛かった。


一気に食い終わって、会計を済ますと、レジのおじさんがアメちゃんを勧めてくれた。

釜山韓国大阪と言われるらしいが、こんなところもなんだか似ている。


22:00を過ぎた西面はまだ若者でごった返している。

というか、この時間からが本番という感じだった。

黒いマスクをした10代の若者からワンレンパットのお姉さん(マジでいる。しか結構いる)、恋人たち、果ては迷彩服青年兵まで、ありとあらゆる若者エネルギーで通りは充満している。

日本10代の特に少女韓国カルチャーが人気な訳が少しわかった。

センスというより、このエネルギーの量だ。

韓国社会では、まだ若者存在感が大きく、ユースカルチャーを駆動しているエネルギー絶対量が多い。

その様は、日本で例えるなら、バブル末期に似ている。

そのさきにあるものを少し思いながら西面の街を歩く。

メインストリート入り口では、2人組デュオストリートライブをしていた。

白いイケメン風と黒い恰幅のいい兄ちゃん

2人とも上手いのだが、太っているほうがより歌が上手かった。

デブは歌が上手い」のも万国共通なのかも知れない。


【5】2019 春、韓国、釜山・光州  5日目|釜山港へ帰るんだってばよ へ >>

[]【3】2019 春、韓国釜山・光州

<< この旅行記の先頭へ


anond:20190506091403




3일



3日目

5月、1980 - 2019


日本でいうところの令和2日目。

光州の朝は晴天だ。

香港で見た夢は習近平麻生太郎が出てくるというぶっ飛んだものだったが、光州で見たのは同僚に「韓国旅行どうでした?」と聞かれて「良かったよ」と答えるという現実的ものだった。

今の所、インプレッションは上々だ。

今日はまず光州で起き、映画タクシー運転手」のテーマにもなった民主化運動記念碑が立つ、5.18記念公園に向かう。


オシャレだが簡素hotel stay 53では朝食もない。

行きすがら何か食べようと、街を歩くが、朝9:30の光州では空いている店もまばら。歩いている人も多くない。

やっぱりノンビリした街だなぁ。


見かけたカフェ今日最初の客として入る。

10代-20代前半の女の子レジにいた。

コーヒーチョコレートケーキを注文。

札を渡すと、彼女ちょっとレジ前でモタついた。

韓国ではキャッシュカードやT-money、普及中のバーコード決済でキャッシュレスが進んでいるという。

若い子は現金の扱いに慣れてないのかもしれなかった。


カフェを出て、5.18記念公園に向かう。

光州の街は人口で言えばちょうど京都市と同じくらいなのだが、緑が多さと人口密度の薄さを考えると、札幌市の印象に近い。

釜山で少し感じた大気汚染も、ここではあまり感じない。


しばらく歩くと公園に到着した。

民主化運動聖地というが、緑豊かな市民の憩いの場という感じで、丘状の公園の中腹にある人場では、設置された宙に浮いて足踏みをするタイプ運動器具でオバちゃん健康づくりに励んでいた。

予想外に日常的で平和光景に少し驚いたが、公園グルリと一周すると、3人の男性が宙に手を伸ばす民主化運動モニュメント出会った。

筋骨隆々としていて、さすがにちょっと理想化されてるんじゃないかと思ったが、その自由を求めて闘う表情には迫力があった。

モニュメントの裏に地下に進む階段があったので、降りてみる。

中に入って一瞬目を見張った。

地下の空間には一面にハングル名前が書かれていた。

この闘争で亡くなった人か。

平和光景の地下に、この日常を目指して亡くなった人たちの記憶が眠っている。


さすがに空腹になったので、近くの店に入ってソルロンタンで昼食をとる。

食べようとするとオバちゃんが丁寧に塩と胡椒を取ってくれる。

そうか、自分で味を調整するタイプか。

オバちゃんの指摘は優しく控えめな感じだった。

ネルギッシュな印象のある韓国人だが、光州の人はどこか柔和な感じがする。

8000ウォンを支払い、歩いて行けそうなカラフル集落、「青春発散村」に向かった。


20分ほど歩くと、川沿いの坂道カラフル集落が出現した。「青春発散村」だ。

坂道に張り付くような民家がカラフルペンアートで彩られている。

光州は民主化運動聖地であると同時に芸術の街でもある。

らしいと言えばらしいのだが、パステルカラーの家々ではどう見ても普通に生活が営まれており、どでかい少年コンクリ像のすぐそばの家から小学生程の少年が飛び出してくる。

学習塾か何かだろうか?

生活の場をカラフルに塗ってしまう行動力はスゲーなと思う。

メルヘン大盛りの集落少年時代を過ごしたあの子達は、どういう記憶でこの日々を振り返るのだろう。


路線番号518


当初の予定には無かったが、時間的に間に合いそうだったので、光州事件犠牲者眠る5.18民主墓地に向かう。

郊外、というか山の上なので、バスで行くしかない。

外国の市内バスは何が何だかからないのだが、このバスに限っては間違いようがない。多数の路線の中でただ1つの3桁ナンバーズバリ518なのだ


しばらく待ってやってきたバスに乗って市街を離れ山道を行く。

45分ほどの乗車で、バスは5.18民主墓地に到着した。

緑豊かな山の上に、モニュメントが建っている。

天を衝く槍のようなその下に、民主化に立ち上がって倒れた人々が眠る墓があった。

墓に近づくと、それぞれに小さな遺影が添えられている。

実際に顔がわかると、心に迫るものがあった。


しばらく墓地を見た後、構内の写真館に向かう。

民主化運動歴史写真があるのかと思ったが、全く違った。

仄暗い空間を見渡す限りの壁一面に、額に入った遺影が並べられていた。


下山バスに乗りながら、夕食について考える。

歩いたし、衝撃も受けたので腹も減っている。

コーヒーでも飲みながら友達SNSで話そうかと思ったが、夜に早い光州のこと、急がないとまた行きたい店が閉まってしまう。

バスを降りてすぐに光州松汀駅に向かった。

光州最後の夕食は、全羅南道名物トッカルビだ。


途中、T-moneyカードチャージしよう思ったが上手くいかない。

呼び出しボタンを押すとオバちゃんが現れた。

携帯翻訳でなんとか状況を伝えると、韓国語で説明してくる。

身振りぶりで行き先を示すと、切符の買い方や乗るべきホームまで教えてくれた。

相手が何語だろうと自国言葉で臆せず押し切るのは、万国共通のオバちゃんフォームなのかもしれなかった。

俺は一体この旅行記で何回「オバちゃん」というワードを書いたのだろう。


オーダーストップ前にたどり着いた「ビッゴウル トッカルビ」

トッカルビとはハンバーグ風の焼肉料理だ。

店に入っても日本メニューなどは無かったので、壁のハングルを指差して注文、相手はもちろんオバちゃんだ。

やがて、10皿ほどの小皿おかずと、牛モツ煮込みスープ、山盛りの青菜がやって来た。

すごい光景だが、まだメインのトッカルビは来てない。

やがて焼きたてのトッカルビがやって来た。

小皿キムチなどをつまみながら、トッカルビを青菜に包んで食う。

トッカルビは肉の味なのか、一緒に練りこんだ調味料の味なのか、少し甘い。

いい意味で見た目通りの味がする。

そしてキムチは辛い。

全羅南道キムチは辛いと聞いていたが、辛さのアタック力が日本で売られているキムチとは違うし、もっとシンプルな味がする。

韓国からしたら、日本キムチは辛くない上にしつこく感じるだろう。

テーブルに乗せられた料理は一瞬圧倒されそうな量だったが、空腹のためか、ついでに頼んだビール作用かどんどん食い進めることができた。

食の都といわれる光州、これだけ食えば上出来だ。

夜が明ければ再び高速バスに乗り、釜山に戻る。


【4】2019 春、韓国、釜山・光州  4日目|「強者の韓国」と「弱者の韓国」 へ >>

2019-05-02

ローソンで買える12%チューハイを是非試してほしい

今ならメルペイでただでもらえるぞ

メルカリアプリインストールしてしばらくたつと利用してみませんかってコードが贈られてきてそれ入力すると300Pもらえる

さらにしばらく立つと利用してみませんかってさらに2日限定の300pもらえる

これで600円分の買い物がどのスマホでもローソンでできる

ローソンではサンガリアアルコール度数12%の500mlチューハイが160円で買える

つまみと一緒に買っても十分ただで買える

12%はすごいぞ

9%ストロングと比べても人生の辛さを更に忘れさせてくれる

もう俺が無職ニート童貞ことなんて思い出せない

みんなもぜひとも試してほしい

2019-05-01

Reiwa 00001

毎日、どうやったらやめられるのだろう、と思いながらビールを飲んでいる。

朝起きた瞬間には、今夜は飲まないで済んじゃうんじゃないか、今の気持ちは飲まない方向性だゼーットワイエーックス叫んでみろ、なんて思うのだが、日中晩飯献立を考え出すと、そのテーブルにいつものビールが並んでいる映像が頭に浮かぶ

昨日、風呂に入っている時、まず、こんな事を思いついた。

断酒、と言う時間をどこかで手に入れられるのではないか

俺も今連休なのだが、この休みはどこにも行く予定がない。

9連休だ。

この9連休中、毎晩のビールを買いに行く以外の外出をほとんどしていない。

連休はどこかへコモッテ、自分を酒から隔離するいいチャンスじゃないか

この連休はもう無理としても、お盆年末年始には行けるんじゃないか

時々聞く寺とかの宿坊、って言うのかな、半修行みたいな奴って言うか、あれどうだ。

もしくは、いわゆる心療内科的な所への入院としては。

ただ、断酒目的として、と言うと、なんと言うかそれらの施設本来目的馬鹿にしている気がする。

だが自宅で、寝るまで、ただビールを飲まない、と言う選択は難しい。

それが出来るならとっくにやっている。

と言うとこまで考えて、

んじゃぁ、断酒目的としたそういう施設での時間を、俺が提供すると言うのはどうだい、と思い至った。

はいつも金が欲しい。

もちろん有料だ。

当たり前だろう。

俺はこんなにも酒をやめたいのだが、やめられない。

一説によると、合法物質の中でもアルコール依存性が高レベルであると言う。

国はこれに税金をかけ続けるし、そして民はそれでも飲む。

TVはいつも酒のCMを流すし、視聴者さらに飲みたくなる。

酒を飲むのは大人として当たり前、仕事時間中でない限り、大人の歓談の席では酒も出る、って言う風潮はずっと昔からある。

でもさぁ、飲酒ってそんなに必要か、って思う。

料理に使う料理酒は必要だと思う、肉とか美味しく焼ける。

でも、俺一人で飲んでるこのビール、これ俺の体を何らかの形で悪くするだけなんじゃないか

俺の体が美味しくなるでもなく、誰も俺の体を解体して食おうとは思っていないし、残念ながら俺を舐めたりしゃぶったりするわけでもない。

最近は飲んでる瞬間も、美味い、とは思えなくなってきた。

逆に、おそらくだけど、

毎晩ビールを飲み続けている俺は、多分ちょっと臭いのだろうと思う。

アルコールは体内でアセトアルデヒド→水と酸に分解されて体外へ排出されるらしいのだが、その過程が追いつかなくなるとアセトのまま血中に溶け込むのだとか。

そうすると、甘ったるいにおいが体から出るそうな。

アルコールの分解能力は人によるのだろうが、あまり体や体力に自信がある方ではない。

どちらかと言えば、まぁ貧弱な方に入る。

分解能の高さは体力とも関わりあうだろうし、だからね。

それに最近何だか体のあちこち違和感を感じるようになってきた。

一つは舌ベロの違和感

鏡で見てもよく分からないのだが、時折何だか大きな出来物を感じることがある。

もう一つは胃の周辺の内臓の何か。

肝臓膵臓、胆嚢、脾臓、知らん知らん、よく分からん、でも何か良くない何かがあるような気がしてしまう。

あとあれだな、毎晩のビール金も減る。

毎晩ビールを買いに行くのはスーパーだったりコンビニだったりするのだが、ビールだけとはならない。

ビールつまみつまみ最近ポテチを1袋必ず買う。

すると少なくとも600円台〜になる。

単純計算だが、¥600 x 365日=¥219,000

マジかよ。

1ヶ月分の給料なってまうやん。

薄給の俺がバレたやん。

何、ビールやめたら1ヶ月給料増えるのと同じ事って事になるの事の事?

これもうやめる確定やん、確定通り越して規定やし規定でも生いわ、権利権利

ビールやめる権利発動しよ。

2019-04-29

anond:20190429193239

やたらとおいしそうだけど!

お願いですから、葉物野菜を食べてほしいです。カット野菜サラダとかスーパーで買うのでもいいので。

あるいは、ピクルスとか、枝豆とか。

枝豆

続いて、ビールつまみ枝豆はどうか。たいていの場合、「茹でる」という調理選択することになるが……。

枝豆は茹でると、ビタミンCが5割近く流れ出てしまます。あまりよくない調理法ですね。オススメなのは『蒸し焼き』です。

蒸し焼きにした場合ビタミンCの残存率は、茹でた場合に比べはるかに高い。ビタミンB群など水溶性ビタミンミネラルもそのまま保持することができます

しかも蒸し焼きは、茹でた場合より味が凝縮しておいしい。塩で軽く揉んで、ふたをしたフライパンで5分ほど弱火にかければいいだけ。時短にもなり、いいことずくめです」(前出・赤石氏)

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/53651  より

2019-04-22

anond:20190422125244

許されるなら白ごはんだけ頼んで紅生姜だけ載せてショウガ丼にして食いたいくらいだし、実際牛丼頼んでアタマの部分だけをつまみビールを飲み、残った白ごはん紅生姜を乗せて茶漬けにして食う、って食い方はモーニング連載のマンガでも紹介されたりもしたが、ショウガだけ食うのは無理だな。

2019-04-16

だらしない人間電子書籍を買え

電子書籍めちゃくちゃ良い。

最初はやっぱり本棚に本を並べたいとか、紙をめくりたいとか思ってたけどどうでもよくなった。それくらい良い。

何が良いってもうほんとにいつでも読める。読もうと思った瞬間読める。

もはや紙の本をリビングから自室の本棚まで取りに行くのが億劫になった。

紙を濡らす心配がないからお風呂でも読める。というか汚れ全般気にしなくていいので、ポテチつまみながらでも読める。

あと片手でスマホが持てれば読めるので、どんな体勢でも読める。歯磨きしながら読めるし、横向きに寝ても読める。

暗くても読める。本読みながら寝落ちして、一晩中電気が付けっぱなしということがなくなった。

当たり前だけど本棚いらないのも良い。

どんだけ読み散らかしても部屋が汚れない。

2019-04-15

anond:20190415084222

「君の」女は男にかしづいて、大学なんぞにも行けないでも子供を産めや。みたいな夢物語のほうを捨てたほうがいいんじゃないですかね?

はっきり言って誰にも相手にされないよ。古臭い戦前思想で終わり。ましてやネトウヨ大好きの戦争の話と相まってもう鼻つまみ者。

世間のためにお前死ねやみたいなのが新自由主義だけどさ。上が弱くて逃げそうな奴を見かけたらへらへらして懐柔しようというのはまああるが、下もへらへらしつつ無視するだけだ。

2019-04-09

anond:20190409184854

コース頼んでパスタ食べたところ

今の目下の課題つまみに見えるオリーブピーナツを食べていいかどうかだ

パン無限にお代わりがくるシステムだろうか

いつも通勤途中で気になってたオシャレなお店に入ってみた

言ってもまあ洋食屋さんでしょ、と思ったら

上着を預かりますといわれ ちょっと驚き

席に通されてオリーブ?のつまみが出て でもお冷が来ないことに違和感を感じ

メニューがよく分からなくて面食らい

頭も気持ちも使って良い感じ

2019-04-04

anond:20190403210718

肉はそれっぽく切っておく。(コッペパンみたいな形状)

ボールか何かに

砂糖:1掴み けっこう入れる

醤油砂糖をとかしてもドロッとしてる程度

塩:スプーン半分くらい

五香粉:1つまみ

芝麻醤スプーン1杯くらい

玫瑰露酒:スプーン1杯くらい ないだろうから焼酎でも酒でもいい

腐乳スプーン1杯くらい ないだろうからまあ入れなくてもいい

食紅(赤)はいれても入れなくてもいい。

↑ をよく混ぜる。肉を半日つける。(冷蔵庫)

オーブンか魚焼きで焼く。アルミホイル敷け。じゃないと後で掃除が大変だぞ。煮るな焼くんだぞ。

周りはちょっと焦げたくらいでいい。結構焦げたらその部分削ればいい。

本当は水あめを酢で溶いて刷毛で塗りながら焼くんだけど、面倒だろうからやらんでもいい。

本格広東っ"ぽい"チャーシュウのできあがり。本当はバラより脂の少ない肩とかの方がおいしいけどね。


と、まぁこの案は採用されないだろう。

2019-03-26

釣り銭の小銭の取り出し方

買い物をしたときレジ係が、小銭をつまむようにして取る人が多くて気になる。

自分が昔レジ打ちのバイトをしてたときは、左手を手前に添えて右手人差し指中指を滑らせるように左手に落とすのが正しいと思っていたし、習わなくてもそうやって取り出すようデザインされてるのだと自然に気づいていた。

最近レジはどこに行っても、小銭の山からつまみ上げて左手に乗せたり、取りすぎた小銭をボトボトと落としているような人がほとんど。

こういうのって習わないのかな?すごく気になるし、もしかして現代では失われたテクニックなんだろうか。

2019-03-21

本日午後の予定

昼食後、行きつけのドラッグストアーへ行き酒とつまみを購入

帰宅後、酒飲みながら盾なりあがりナルコス見る

夕食後、酒飲みながら動画配信を見る

寝る

予定とは言えない予定だがこんなものだろう

2019-03-20

おっさんエッセイどうせ叩かれる

時計の針は1710

タイムカードを切って役職者のデスクの前を

上司目線を合わせないように俯いてサーッと通り過ぎる。

目が合えば嫌味の一つや二つ言われるに違いない、やれ今日は早いじゃないか。何か予定はあるのか 笑?

うるさい 黙れ、 こっちは仕事してやってんだ

残業で稼がないといけないほど、お金に困っちゃねーんだよ ボケ

こちとら独身貴族、お前はせいぜい家族のために頑張りな適材適所ばーか

と思いながら私は逃げるように会社を後にする。

ずーっと退屈だ、大体のことに興味が持てないし

今更何かを始める体力も気力もない。

冷めた日常を押し流すように

強めのアルコールを喉に流し込めば

帰って寝るまでの数時間は気がまぎれる

そしてまた 現実を突きつけられる日々

仕事最中に見せた 年の離れた

後輩の冷ややかな目

を思い出すと憂鬱になる。

鳴り響く 換気扇の音 機械モーターが唸りをあげる

休みの間だけ消灯された薄暗い工場の中で

一人、スマホ時間を潰す。

最低限の会話と最低限の仕事をこなして

終わりを告げるチャイムが鳴れば帰路につく。

毎日 こんな感じ 季節関係なく

それにしてもただ年を取った

気づけば今日40歳、節目の年。

考えたくもないが、まぎれもないおっさんだ。

今日自分誕生日特別な日だし…

意味のわからない事を理由にして

(体調不良)

この日も上司に定時で上がることを告げた。

仮病の素振りとは裏腹に

正直、気分が高揚していた

帰宅途中、コンビニで缶ビールつまみ

買い、さらテンションが舞い上がっていく。

アパートの扉を勢いよく開け、ダッシュ

リビングへと向かう。

買ってきた夕食をテーブルに広げてテレビリモコンの電源ボタンを押した。

映し出されるスタジアム解説者が背番号選手名前を何度も正確に読み上げている。

サッカー日本代表親善試合

誰にも言ってないが最近の楽しみがこれだ

サッカーについてそこまで詳しいわけでもないし

経験者でもないが、日本人パスの精度が悪い、シュート意識が低い、フィジカルが弱いなどネットで覚えたワードを並べて偉そうに批評したりする。ただボールを目で追うことしかできないのに点が決まれば独りで雄叫びをあげてガッツポーズ

お酒が進む進む。今夜は最高だ。

試合が終わり興奮冷めやまぬうちにサッカーゲームで追い討ち。

ゲーム中ふと、我に帰る、画面は一時停止で止まったままだ

なにやってんだろ。 とてつもなく、

くだらなく思えてくる。静寂と不安に押しつぶされそうになる。酔ったのか。最近涙もろい。

そんな時はアダルト動画で気を紛らわして早めに寝る

そう思い、ブックマークしてあるエロサイト開いてむき出しのティッシュ箱を近くに手繰り寄せる

しばらくページを眺めるが

違うなぁ、何か違う、何かこうなんとなく虚しい

涙がぽろぽろと零れ落ちる

泣いても 仕方がないのはわかっているが

こんな年にまでもなって、いつまでも同じことを繰り返している自分が情けない。

こんなはずじゃなかったなぁという思いが

込み上げて涙が次から次へと溢れて止まらない。 30で始めた1人暮らし、35には結婚してこのアパート住んでいない予定だった。

4年前に新車で買った車。当時彼女はいなかったが将来父親になって家族旅行もいけるよう大きめの車にした。馬鹿みたいだ。

顔を洗うために洗面台に向かう鏡に写る、表情が幼いおっさん どうしようもないおっさん

奇声を上げ 哀しみを振り払う。

疲れては果てて、感情を抑えきれなくなり

睡眠薬を手にとって、アルコールで流し込んだ。

横になって体を震わせた。

意識が遠のく。やり直したいなぁ。

まれ変わりたいなぁ。

そんな感情けが頭のなかをぐわんぐわん回っていた。

しばらくして

隣の部屋に置いてあった携帯の着信音が珍しく鳴っていることに気づいた。

のそのそと音のなる方に近づき、なんなら出る前に切れてほしい思いながら

液晶に映し出された名前をみて一瞬戸惑う。

今週スキーでも行かない?

また昔みたいに県外に泊まりで。

おう、久しぶり…いいねスキー……

反射的に面倒という文字が浮かんだ。

断る予定もないので二つ返事でOK電話を切った

めんどくさい

思えば相手要求に対してつい良い顔をしてしまうのが昔からの癖だ。

翌日

久しぶりの運動の為になまった体に鞭を入れようと地元フィットネスクラブに向かった。

土曜の昼過ぎと言うこともあり、閑散としている

トレーニングルームに入ると、おばさん二人と

鏡の前で、20代後半らしき女性ストレッチをしているのが見えた。

自分もとりあえずランニングマシーンの電源を入れ軽くジョギングするくらいのペースで走る。

鏡ごしに視界に入る女性ヨガか、太極拳かよくわからないがとにかく気になって悶々とする。

顔に出ないように心がけるが、むっつり顔になっているのが自分でもわかる。

下心を振り払うようにマシンスピードを上げた。

30分くらい走っただろうか、顔と背中に汗が滴っているのが分かる。鏡に映る自分はいつもより爽やかに見えて

この際ストレッチをしている女性に声でもかけてやろうか!と考えた。

「おつかれさまです!! 体柔らかいですね!」

「どうも!綺麗だしスタイルいいね!」

「よかったら一緒に走りませんか?」

適切な言葉が見つからない。

女性こちから声をかけるなんて今まで経験が無いに等しい。

つのまにかおばさん達もいなくなって

トレーニングルームには自分とその女性だけだ。

あと一回り若ければチャンスだったかもしれない。

こっちに向かってくる男性が目にとまる。

目で追う男性は真っ直ぐ女性に「おつかれ」と声をかけた。

女性笑顔で「おつかれ」と返す。

私はすぐにマシンを降りて気付れないように二人の様子を伺った。

すぐに二人が親密な関係なのが見て取れた。

危ない危ない

その男性の体つきはがっしりとしていて

まるでスーパーマンのようにきらきらと輝いていた。お似合いなのだ

そう悟ったら一気に恥ずかしくなった。

着替えてジムを出てそのまま

側に隣接している公園のベンチに腰掛けた。

ベンチに座る自分の後ろ姿を想像したら

また涙で視界がぼやけてきた。

どのくらい時間が経とうが構いやしない。

予定も何もない土曜の昼過ぎに汗だくのおじさんがただ独り、意味もなく命を消費している。

人としてこの世に生まれ 私は何を残せているだろうか?

自分社会にとってどのような存在なのか

鬱陶しかったり役に立たなければ

強者から沙汰されるこれが資本主義

運命なのだろうか。

目立たず大人しく弱々しく

誰にも見つからないように

生きてきたのに、存在自体が認識できなくなって今じゃまるで透明人間のようじゃないか

行き交う人はすり抜けるように私のことなど見てはいない。それは自分が望んだことでもあるが

一方で人から賞賛されたい 認められたい

そんな気持ちも心の片隅に顔を出している

これからどんな事をして、何を食べてどんな生活を送れば 世間からいいねを貰えるのか分からない

承認欲求がどうこうとか言われるが

案外自分と同じ悩みを抱えているの人も多いか

しれんな。

なんだか前にも同じこと考えた気がする

疲れたしもう帰ろう、

間接照明が照らすダイニングキッチンの隅に小さく丸くなり、ぼんやりと薄暗い部屋を眺める。

俯いて視線スマホに落とし

出てきた検索欄に「女性と話す方法」と入力したページを無表情で黙々とスクロールしていく、

あれこれ考えたがスナックキャバクラは下心が

丸見えだし気が引ける

その点ガールズバーなら洒落てる気がするし

何より健全だと思ったからだ。

今度行ってみよう。

また一言も会話せず同じような金曜日が訪れた

孤独感や焦燥感不安目眩吐き気が増した気がしたがなんとか踏ん張った。

上司に「今日は体調が悪いんで定時で上がらせて下さい」と告げ会社を後にする。

誰かたすけて

2019-03-19

anond:20190319121235

元増田です。

まずそうに食べられるのは嫌いな物位ですね…食べるのは大好きだけど実は好き嫌いがまぁまぁあって、嫌いなものもおいしく食べられれば…という悔しい気持ちと、好物をより愛せる!!という気持ち毎日生きています運動では追い付きそうにありませんが、大事ですよね。階段とか心掛けたい。

お酒は…つまみがおいしいのが憎いよね。せめて塩分控えめのナッツとか、小魚かにしようか…でもチーズとか食べたいよぅ。ダイエットは本当に自制心が試されます

anond:20190319115025

増田さんほんと美味しそうに食べてるんだろうね。不味そうに食べる人と一緒に居るより、美味しそうに食べる人と一緒にメシ食ったほうがいいから、この先もたぶん、同じことは起きると思う。解決策としては不味そうにたべることだけど、できないよね?だとしたらこっそり運動するくらいしか思いつかない。

あとウイスキー焼酎蒸留酒なのでつまみを除外すればそれほど糖質はないから太らない、はず。

anond:20190319100012

映画マニアじゃなきゃ音響スクリーンの違いで観に行くか?

最低限の設備と清潔さで良いんだよ。ポップコーン自販機で良いし、飲み物もしょぼくていい。ショッピングモール併設ならそっちに任せちゃえ

だいたい1800円のレベルなら、上映中スマホいじるやつはつまみ出し、上映開始10分後は入場禁止くらいの徹底をして欲しい

なんか今のサービスって離陸後の飛行機に後からセスナで追いついて乗せてあげてるレベル

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん