「イデオロギー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: イデオロギーとは

2018-07-19

福島原発事故とき反原発派が恐怖を煽るために「奇形障害児が生まれるぞ!」っておどろおどろしいカリカチュアを掲げてデモ行進してて、家族に先天性の障害を持った人のいる自分はそれ見てすっっごく不愉快気持ちになったんだよね。

お前らのイデオロギーを主張するために、今現に生きている障害者の方たちが尊厳を傷つけられ、無闇に貶められていい理由なんてないでしょ?って。

発達障害うんぬんの話流れててふとあの頃の嫌な気持ちを思い出してしまったよ。いいや。読み流して。

anond:20180719172236

いやその国の「道徳」やイデオロギーに魅力を感じる人々が外からやってくるというのも立派な「維持・増産」であって、その意味ではアメリカは今でも世界最強だよ。

anond:20180719171840

頭脳労働をお忘れか?

肉体労働を避け、楽な労働女性に独占させるのは明らかにイデオロギーによるものだろう

anond:20180719171501

男性がメインで担っていた職業が衰退して

女性がメインで担う職業需要が増してる、ってのは先進国共通だね。日本も勿論そう。

男性メインの職業肉体労働機械化出来るけど

女性メインの職業感情労働機械化しにくいからな。

男性の職が減ったのも、女性社会進出が進んだのも、根本的にはそれ故であって

別にイデオロギーによるものじゃないんだよな。

2018-07-18

anond:20180718013950

横だけど、面白かった。こんな文章増田で読めるのは嬉しい。

 

レスは追っていないんだけど、元増田

はいっても正直なところ、西洋音楽を基にした音楽を、日本的ものとして認めたくないという気持ちもある。

日本の長い歴史から見れば、西洋音楽が入ってきたのはつい最近のことだし、つい最近入ってきただけの音楽価値観社会的支配的になってしまうのは、なんかおかしい。

西洋音楽を取り入れた日本音楽」であれば、それは過去からの発展とみなすことができるけど、

日本音楽を取り入れた西洋音楽」は、過去からの断絶のように感じられてします。

和声進行を基にした音楽」というのはやっぱり西洋音楽である、というふうになってしまうわけです。

https://anond.hatelabo.jp/20180708114227

 

いや、僕は個人的には、演歌日本の伝統ではないと思ってるんですけど、それは個人主観的価値観なんですよ。

僕はナショナリストなので、日本の伝統はかっこいいものであってほしいし、個人的演歌がかっこいい音楽だとは思えないので、演歌日本の伝統ではないとみなしたい、という「個人の感想」です。

から演歌日本の伝統だと思う人がいても、特に問題がない、はずです。単なる好みの違いでしかない。

https://anond.hatelabo.jp/20180714150641

 

というレスが、目をひいた。

 

これは、近代的自我モダニズム私小説問題だと考えたんだけど、違うか?

 ・元増田私小説家的な立場近代的自我モダニズム自明さを持てない。ゆえに自分日本に拠り所となるかっこよさを探すのを止められない(無いのは知っているが)

 ・増田モダニスト哲学科学など、広く使われる手続きにのっとって、我々の限界を探求しつつ知を構造化するしかない。(拠り所の無さを受け入れて)

って感じで対立している感じ。

見当違いのことを言っていたら、以下スルーしてくれ。

 

俺は、元増田立場に近いところにいると感じる。一方、その立場が無理なのは理解している。なれるなら増田立場に移行するのが理想だ。

から増田がなぜモダニスト立場に立てるのかを聞きたい。言い換えると、音楽において自分の基盤を探りたい欲求を止め、なぜ哲学科学方法で済ませられるのか、を知りたい。

 

日本にいると、幼い頃から身近に学者官僚芸術家がいないと、モダニズム自明ものとみなすのはまだ難しいと考えている。でも、意思の力でそれを引き受けられる人がいたなら、その意見が聞きたいのだ。

 

蛇足だが、もう少しこっちの立場を補足すると

日本的なかっこよさを探してしまう感じ」は、「幽霊に取り憑かれている」や「神経症」と言ってもいいかもしれない。

レヴィ=ストロースは、未開社会にもそれぞれ高度な構造を持った文明があるとしたが、日本開国前に持っていた構造の中にあった、かっこよさの幽霊がまだ潜んでいて、日本人の頭の中に巣食っていると言っても良い。そして幽霊が復活する期待を捨てられない(あるいは、幽霊が復活する可能性に賭け、下部構造を変えようとイデオロギー工作を頑張る)

 

下部構造が変わったから、共同幻想も変わりつつあり、その過程にいるだけ、と言い切れればいんだけどな。

除霊方法が聞きたいんだ。

2018-07-15

anond:20180713202349

「俺たちは正統で正しいスポーツなんだ! 認めろ!」と抜かす割には

 

FPSじゃイスラムトコンアジア人テロリスト扱い、政治性丸出しで一国のイデオロギーに左右されるわ

女はビキニアーマーみたいなの着せてMODで性玩具にするわ

気まぐれなパッチバグ地獄になるわ

株主収益次第でpay to winになるわ

選手ツイッターヘイトまみれ、試合中にもファック言いまくるわ

 

正直ね、一ゲーマーから見ても

スポーツとしてはあまりにお粗末な出来だと思う

 

これでサッカーみたいな一大イベントになってみろよ

世界各地でフーリガン社会問題になるわ

2018-07-08

anond:20180708191401

生活レベルはまだ80年代かに比べると良いのかもしれないが、やっぱり社会の長期的な見通しが悪いのが精神に大きく影響している様に見える。

昔は貧乏でも良くなると思たけど、そこも無いし、残りの何らかのイデオロギー依存してしまうってことだな。

2018-07-07

基本的死刑は不可逆で懲役なら可逆っていうのは左翼イデオロギーが入り込んだフィクションプロパガンダによるもの

近代社会法曹界のものが左寄りの原理で成り立ってるっていうことを表わしていると思います

懲役から冤罪証明して釈放されて人生一発逆転なんて全然現実的じゃないですよ

現実問題10年、20隔離されていて社会ことなんて何もわからないヨボヨボの人間がその後どうやって成功するんだよっていう

ショーシャンクの空にとかの見過ぎでしょ

anond:20180707115605

結局、単なる保守なんだよね、男が女を助けねばならぬというイデオロギーというのは

そこにまるっと回帰しようという人らが言うなら、もちろん個人的には支持できないけど、とりあえず主張としては一貫してる

けど普段男や男社会にブーブー文句言ってる輩が言っちゃダメに決まってんだろう

社会メリットだけはしれっと享受しようという魂胆が気に食わねえわ

2018-07-05

私がマルクスさんを嫌いな理由

もともと文章以外の方法イデオロギーを発信することに好感を持てないのだけど、その作品自体クオリティ(たとえば漫画ならば絵の上手さとか)が高ければ、評価に値する部分もあると思う。

そこで、マルクスさん。

あの絵、一体なんですか?あまりに下手すぎて内容云々以前に人をバカにしているとしか思えないし、なにより上達したいという意志すら感じない。クオリティとかそれ以前の問題ではないか

まあ本人的には上手く描けているつもりなのかもしれない。では、アレを評価している人たちは一体なんなんだ。下手なのが逆に良いよねって感じなのか。

私はあまりに質が低すぎる作品からは内容を汲み取ろうという気にもなれないのだが、困ったことにマルクスさん的には「自分漫画の内容が分からない人はダメ人間」らしいのだ。作品の質を高める努力をしようとすらしない人間に、ダメ人間烙印を押されてしまう。気分が悪いから見ないようにしてるのに、ふと開いたネットニュースマルクスさんの漫画が載っている。相変わらず酷い絵のままで。これが私がマルクスさんを嫌いな理由、だと思う。

2018-06-30

scpが分裂してrcpが生まれたらしいけど

TPO弁えないイデオロギーガイジってどこにでも沸くね

2018-06-28

ネットリンチという幻想

探せばどこかで「ネットリンチ」としか形容しようのないゲス行為をしている集団がいるだろう.これはほとんど確実である.

しか低能先生が主張していた「ネットリンチ」は幻想にすぎない.それは存在しない.

「たくさんの人が一人をいじめてる!ひどい!」って主張だが,実際は馬鹿馬鹿発言したことに対して,憤ったリスナーが個々に反論しているに過ぎない.

そりゃ過激罵倒する連中も沢山いるだろ.

だがインターネットで何かを主張するということは,全人類(大げさ表現)に対してその妄言を垂れ流しているという事だ.お前のその妄言相手をムカつかせる糞発言であれば,それは全人類(大げさ表現)に唾吐いてる事になるんだぞ.その覚悟自覚もないなら黙ってろ.

それがリンチとして成立するには,被害者逃げられない状態にする必要がある.被害者に味方する者に見つからない必要がある.

インターネットはそのどちらも満たしていない.

Twitterで叩かれたらTwitter辞めりゃいい.垢削除して逃走する奴は沢山いる.はてなだって同様だろ.まともな奴なら総叩きされるされる前に逃げ出すことが可能だ.

もっとまともな奴なら自分妄言反省して謝罪し,総叩き状態を解消することができるぞ.それでも低能先生みたいな粘着に延々Disられ続けることはあるかもしれない.知れないが,それはリンチではないだろ?

インターネットオープン世界だ.大抵のところは敷居がない.特にはてな界隈はネトウヨはてサも,Hagex低能先生も,馬鹿も利巧も,差別主義者も,反差別主義者も,変態も,ド変態も,あらゆるイデオロギーのいろんな奴が跋扈している.

それが明らかに卑怯スクラムならそれを糾弾する連中が必ず沸いてくる.オープン世界なら必ずそうなる.

カウンターせずにいられない連中も多いから,お前が絶対的に間違っていても,擁護してくれる同類は必ず現れる.

からオープンインターネット世界ではネットリンチなんて妄想級の幻想だ.

それはどこかにある.だがそれはここではない.身内意識の強い閉鎖的なコミュニティで,外から傍観することができないところだ.

2018-06-27

安倍内閣を支持してる人に質問

Q1. 安倍内閣って、モリカケ疑惑文書改ざん高プロデータねつ造首相のダラダラ答弁、ご飯論法、とかまあいろいろ問題指摘されてると思うんだけど、安倍さんを支持してる人はこの辺の一連の話は別に問題ではないと思ってるの?それともある程度問題だとは思ってるの?

Q2. Q1で問題だと思ってる人は、なぜそれでも安倍内閣を支持してるの?例えばアベノミクスみたいな、何かしらの政策積極的に支持しているから?それとも野党よりマシみたいな消極的理由

---

個人的には、安倍内閣を支持してる人の多くは一連の話を多少は問題だと認識しているものの、それでも野党よりはマシという消極的支持なのではないかと思っている。そしてこの「野党よりマシ」という発想の根源はイデオロギーの違いによるもので、現行の野党リベラル的な価値観を持ち続ける限りいくら頑張っても乗り越えられないものではないか、とも。要するに、リベラル野党リベラル方面いくら頑張っても、そもそも保守的思想の人には響かなかったり、むしろ逆効果だったりするのでは、ということだ。

リベラル野党を支持できないなら、保守の人たちは自分達の力で今の腐った政権をなんとかしてほしい。しか現実には、自民党以外の保守を掲げる政党自民党以上に頭がおかしい連中ばかり。はてブではよく賢いふりをして「日本にはまともなリベラル存在しない」みたいなコメントを見かけるが、保守の方がよっぽどまともなのがいないではないか保守政治家でまともに議論できそうなのは石破茂氏くらいだろう。そんな石破氏もきっと総裁選で負けるんだろうし、本当にこの国はクソだという気持ちになる。

人によって考え方が違うので政策賛否両論あるのは仕方ないが、最低限の道理を通してまともに議論できる人間政治をやってくれ。頼む。

地方移住って言葉に騙された

18歳まで3大都市圏で生まれ育ち、大学進学で北陸駅弁大学に来た。就職では、時は地方創生時代なりと思い、大学のある街の中小企業新卒入社。 もうすぐ3ヶ月になる。 しかし、そんな熱き使命感とは裏腹に、土日はずっと一人だし、息抜きYouTubeだけ。 大学彼女とも疎遠になり、別れた。 ラインメッセージをくれるのは企業アカウントばかり。 何の為に生きているかも分からない。 社会的な使命があると思い、いざ地方に残ったけど、結局は自分が損するばかりで誰の得にもなってない。 田舎田舎の考えがあるように、都会には都会の考え方がある。 それは冷戦時代イデオロギーのように雪解けはあっても、和解して共存しあう事は決してない。 俺は20代の貴重な時間を、FAX配りと電話当番と自社製品カタログを眺めるだけに費やすのだろうか? こんな糞みたいな田舎価値観の合わない人たちと過ごして行くのだろうか?

最近、気がつくと髪の毛に白髪も混じっている。 ただ闇雲に時間だけは過ぎて行く。 悩んでいるけど、誰にも相談出来ない。 これが大人になるということか? 大人とはこんなに暗い生活を送るものなのか?

anond:20180627121320

無敵の人」が共産主義と違うのは、

特定イデオロギーに拠らないところ。

他人から承認されない」などの「不遇」そのものが条件なので、共産主義よりも弾切れしにくい。

社会がどういう形であれ、弱者を生み出せばそこに生まれる。


そして、「無敵の人」は命すら軽く見てる。

職業テロリストにはない、ある意味強みだよ。

anond:20180627103921

国家の定めた資格を持ち、法に則って裁く裁判官判例と、

イデオロギーに染まった個人私刑を一緒にするとは笑わせんな

2018-06-25

anond:20180625180220

ネットの力とやらをやたら過大視している人か

ネットいなごにしろ、それが「特定イデオロギーを持ったごく僅かな人々」ではないか問題になるんだけどねえ。

どんなにネトウヨが騒いでも韓流ドラマだの音楽だのがテレビで取り上げられるのは

ネトウヨは「特定イデオロギーを持ったごく僅かな人々」でしかなく現実への影響は少ない&

韓流普通に売れて儲かるコンテンツからネトウヨスルーして売り続けた方が利益が出るから

でも幸色のワンルームはそうならなかったのは、批判しているのはネトウヨのような「特定イデオロギーを持ったごく僅かな人々」ではなく

現実でも影響力がある程度の多数の人々」とみなされて、

その批判無視するデメリット幸色のワンルームを放映する事によって生まれ利益よりも大きい、とテレビ局側が判断しただけの話。

anond:20180625174256

特定イデオロギーを持ったごく僅かな人々が」「激しいバッシングをしたから」「中止に追い込まれた」

って見方こそ特定イデオロギーなんだよなー

批判する人が多く」「その批判は真っ当なものであり、放映するには相応しくないとテレビ局判断したので中止した」

と考えないのが謎過ぎる。

ドラマに対する批判なんてしょっちゅう起こってるんだよ。

例えば最近だとブラックペアンのCRC描写とかな。でもこれは批判されてもそのまま放映し続ける事を選んでる。

不特定多数適当ネットで言った事ではなく、「日本臨床薬理学会」と言う一定政治力がある団体ちゃんとした意見書を提出しても、だ。

特定イデオロギーを持ったごく僅かな人々」によるネット上の批判が、日本臨床薬理学会という団体による正当な手続きを経た抗議よりも

テレビ局圧力をかける効果があると思ってんのか?

すげーな特定イデオロギーを持ったごく僅かな人々。

anond:20180625143848

記事には「作品が“世間にどう受け取られるか”を熟考することも重要とあるが、「幸色」を放送中止に至らしめた“世間”とは、決して“世間一般”のことなどではなく、特定イデオロギーをもった少数の人々にすぎない。

何故「特定イデオロギーもっと少数の人々」だと断言出来るの?

この手の話だと、必ず「反対しているのはごく少数だけ!」と言いたがる人が出て来るけどその根拠が謎だ。

世の何割が賛成して何割が反対した、というソースでもあるの?

それに反対する人が賛成する人より少数だとしても、企業側がそれは無視出来るほどの数ではないと判断すれば中止にするというのは妥当だよね。

例えば3割くらいが反対しているとして、その3割を敵に回してまで放映するほどの内容ではない、と判断すれば中止になるだろうさ。

どうせ視聴率なんて一桁だろうし、その一桁の全員が面白いと思うわけでもないのに、視聴者の3割に嫌われて一桁を取るのは割に合わない。

幸色のワンルーム』について、弁護士太田啓子氏の記事に思うこと

幸色のワンルーム』(以下、「幸色」)放送中止騒動について、弁護士太田啓子氏の記事を読んで思ったこと。

この日記は、以下の記事を読んでの感想である。筆者が、他所での議論ほとんど追えていないことについては、ご容赦願いたい。

幸色のワンルーム放送中止批判の嵐……弁護士太田啓子氏が「誘拐肯定」の意味を語る

http://www.cyzowoman.com/2018/06/post_190588_1.html

以下では、当該記事の内容について適宜要約し、筆者なりの疑問点を整理していく。

【元記事の要約①】「幸色」放送中止への批判として、『ルパン三世』や『名探偵コナン』は放送中止にならないのに、なぜ「幸色」だけが、というものがある。この批判に対して、太田氏は、現実における殺人犯誘拐犯の認知の違いを説明することで応答している。すなわち、殺人犯自身行為殺人である認識している一方で、誘拐犯はその限りではない、という。また、この認識の違いは、これらの犯罪行為を受け止める側の人々の認識の違いと並行している。

→<①への疑問>太田の応答は、“現実における殺人犯自己行為殺人である認識しており、それを受け止める側の人々もそうなのだから殺人にまつわる番組放送したところで問題はない」というものであり、確かにルパン」や「コナン」が放送中止にならない理由説明しようとはしている(内容の是非は置いておいて)。しかし、この議論から導き出せるのは、せいぜい“誘拐テーマ殺人よりも注意して放送すべきである”程度のところまでであり、副題の「なぜ殺人OKで、誘拐NGなのか」はミスリーディングである

【元記事の要約②】太田氏いわく、『幸色のワンルーム』は、加害者一部の人事件に抱いたであろう妄想作品にしたものであり、「実在被害者に対する中傷のものだと思う」という。

→<②への疑問>言いがかりに過ぎない。

【元記事の要約③】太田氏は、ドラマ公式SNSの“盗撮ハッシュタグ”に触れた後、「公共電波に乗せるのは、表現者社会的責任を伴い、おかし社会規範を作ることに寄与することは、やはりやってはいけないと考えます」と述べる。

→<③への疑問>“盗撮ハッシュタグ”に眉を顰める気持ち、そして“公共電波に乗る表現には社会的責任が伴う”、という点には同意できる。ただ、もっと議論されるべきは、“「幸色」の表現者が十分な社会的責任果たしていない、と言えるのかどうか”という点である問題は、瑕疵の有無ではなく、その大きさなである太田氏の記事では、この点についてあたか自明のことであるかのようにほとんど触れられておらず(太田氏が、別の場所議論しておられるのであれば、申し訳ない)、実際問題、この点についてほとんど議論がなされないまま放送中止が早々に決定されてしまった。

【元記事の要約④】誘拐被害者は「助けを求めなかったからといって、誘拐犯と一緒にいることを望んでいたということではあり得ない」。しかし、今の日本社会では「女性被害を訴える声を歪曲して捉える空気が強すぎる。このような空気社会の中で、『女児誘拐したが実はその女児はその「誘拐」を喜んでいた』という言説を肯定的に描くことは、女児誘拐についてのそのような歪んだ認知肯定し強化することにならないでしょうか。」

→<④への疑問>まず、「助けを求めなかったからといって、誘拐犯と一緒にいることを望んでいたということではあり得ない」についてだが、“必ずしもあり得ない”という意味なら同意できるが、“絶対にあり得ない”という前提であるならば、疑問である。“人間が何を望んでいて何を望んでいないかはっきりとひとつに決定できる”という素朴すぎる人間観は置いておいて、実際のところ、実親から虐待から逃れるための緊急の避難が、結果として誘拐事件というかたちをとってしまうケースはままあるように思われるからである(筆者は、それを肯定している訳ではない)。ただ、「誘拐犯と一緒にいることを望んでいたということではあり得ない(というのが常識になるべきだ)」という太田氏の見解は、客観的事実認識というよりはむしろ弁護士としての倫理を加味したものであるように思われるし、そのこと自体に対しては、筆者は敬意を表する。次に、「女児誘拐についてのそのような歪んだ認知肯定し強化することにならないでしょうか」であるが、これに対しては、“それは本当なのか、本当ならどれほどのものなのか”“それは果たして放送中止に足る理由なのか”という二つの疑問が浮かぶ。前者の疑問は、そのままの意味で、「幸色」の放送によって“歪んだ認知の強化”が本当に起こるのか、起こるとしてそれはどれほどの強化なのか(微々たるものではないか)、という疑問である。また、後者の“それは果たして放送中止に足る理由なのか”という疑問は、もし「幸色」によって引き起こされる“強化”が微々たるものであるならば、それは「幸色」の表現者が果たすべき社会的責任範疇を超えているのではないか、という疑問であるそもそも社会というのは、何かひとつドラマによって大きく変わったりするようなものではないだろう。もしそういうことがあったとすれば、それは社会のなかで変化への準備が潜在的に進んでおり、作品最後の一押しになったということにすぎない。そうだとすれば、個々の表現に過敏に反応する態度は、社会本質的領域から目を背けた盲目的な“水際作戦”であり、また作品への“責任押し付け”になりかねないようにも思われる。

【元記事の要約⑤】表現の自由は「公共空間で何をやってもいい権利ではない」。『表現の自由への弾圧』という批判的外れであり、太田氏は、公共空間のあり方や、社会規範の作り方の話をしているのだという。

→<⑤への疑問>表現の自由は「公共空間で何をやってもいい権利ではない」、という点については同意であるしかし、繰り返しになるが、もっと大事論点は“「幸色」は本当に許されない表現なのか”ということであり、元記事では、その点について一方的議論しかなされていないように見える。放送中止批判している人々も、太田氏と同様に、「公共空間のあり方や、社会規範の作り方の話をしている」ことは明白であり、「『表現の自由への弾圧』という批判的外れ」という応答は、それこそ的外れ揚げ足取りではないか

【筆者の意見とまとめ】

 「幸色」放送中止騒動について、筆者が問題視しているのは、公的権力による弾圧ではなく、むしろ私的検閲>と呼べるようなものである公的検閲によって作品発禁になった、という過程ではなく(すなわち、行為主体の種類の問題ではなく)、あるイデオロギーによって「幸色」が放送中止に至った、という実際的な結果に注目しなくてはならない。元記事には「作品が“世間にどう受け取られるか”を熟考することも重要とあるが、「幸色」を放送中止に至らしめた“世間”とは、決して“世間一般”のことなどではなく、特定イデオロギーをもった少数の人々にすぎない。少数の人々から批判テレビ局が過敏に反応し、“本当に許されない表現なのか”を議論する機会が十分に設けられないまま、放送中止の決定が下される。“事実上は”の次元では、特定イデオロギーによる“世間”を無視した検閲が行われているのである。それが果たして公共空間のあり方」として正しいのだろうか?

 ここまで筆者は、「幸色」の表現瑕疵はそれほどまでに大きいのだろうか、という疑問を発してきたが、一方で、「幸色」の表現にはプラスの面もたくさん存在するだろう。生きづらさを抱える少女少年希望を与える(例えそれが幻想にすぎないとしても)ことはもちろんのこと、適切にテロップを入れるなどすれば、虐待問題への啓発にもつながる。そんな大きなことを言わなくても、普段何気なく接してる表現いかに我々の人生を豊かにしているか、考えるまでもないだろう。表現瑕疵ばかり取り立てるのではなく、“望ましい表現”か“許されない表現”かの二分法に訴えるのでもなく、光る部分にも目を向けていくべきではないだろうか。“100%良いもの表現)”というのは、それが人間の営みにおいてほとんど存在しないということもあって、薬にも毒にもならない(ただ筆者は、そんな“何の役にも立たない”ような表現にも、発表の機会が与えらるよう願いたい)。

 「幸色」は、本当に“許されない表現”だったのだろうか。そして、<私的検閲>が事実機能している現在の状況は、果たして公共空間公共表現の場として、望ましいものであると言えるのだろうか。

2018-06-20

震源地高槻立憲民主党の辻元議員選挙区

日常生活のあらゆる物事政治イデオロギーに結び付けるのなら、いくらでもできるということ。

この論理なら「サヨク有権者の多い大阪北東部を見捨てろ」という考えも成り立つ。

そんな考えは認められないのだから安易政治イデオロギーに結び付けるのは止めた方がいい。

anond:20180619135301

考えたら古今東西

あらゆる論議が「おせっかい」の延長線上にあるんだよな

 

教徒や異なるイデオロギーには「改宗した方がいいよ?こっち来なさい」って諭して

違う民族集団には「僕たちと同じ価値観共有しようよ?」

女性男性には「異性に媚びた方がうまくいくよ?」

 

っていうのが過激化するとイスラム原理主義

国家神道みたいなキチ連中が生まれてくる

まり小姑やおばはんってのはそういう連中のミニサイズ

当然不快感覚えるわな

2018-06-19

コロンビア戦日本勝利について

サッカーにたいして興味が無いくせに

ダメ日本ダメ組織ダメ老害

そういう自分イデオロギーに都合のいい挿話として

日本代表の負けを祈っていた陰キャはてなのみなさん

お気持ちお察ししま(笑)

現場で戦う選手たちにはあなた達の呪詛言葉は届かなかったようで残念ですね(笑)

いやわかります

これからいかにこの勝利意味がないかというエントリブクマし星をつけるんでしょ

液晶画面に向かって呪いをかける作業がんばってください

でもその行為選手たちの流した汗一滴にすらかなわないことでしょう

いつだって時代を切り開いていくのは最先端で戦う人たちでした

お前らじゃねぇんだよバーーーーーーーカ

2018-06-18

anond:20180618123014

からそこは考え方、というか立場の違いだよ

日本人(正確には日本というイデオロギーのある人)は沖縄日本だと思ってるから

そこにいる人もってことで日本人全体として被害者を扱う

でも沖縄の人は日本じゃないという立場日本で起こったことで自分たち被害者がいないかを考える

日本人普通アメリカで起こった事故邦人に〜とか言うのと同じように

2018-06-15

anond:20180615113413

歴史上の人物のこれまで考えられていたのとは違う側面が見えましたって記事

こんなわけのわからん反応しかできないって脳髄までしょうもないイデオロギー闘争に侵されてるんだなはてなー

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん