「三次元」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 三次元とは

2018-12-15

腐が憎い

女性けが好き。

キャラが好き。

でも腐は苦手。

という人間(♀)視点の話。

この世の中、腐女子多すぎない?

原作の設定を無視したような二次創作がよく女性向け界隈で叩かれているけど「腐」ってその設定崩壊の最たるものじゃない?

そう思うんだけど、腐向けって女性向けジャンルの7割(当社比)くらい占めてるから本当に不思議

キャラ崩壊を嘆く腐女子ほど矛盾する存在ってある?

はいっても二次創作自由だし、腐向け否定するわけではない。ただ、私みたいな腐向けは苦手だけど女性向けは好きな人からするとどうしても腐向け存在が憎くて仕方ない。

嫌なら見なければ良いと言う人もいるだろうが、ジャンル過半数を占めているだけあって、腐向けを避けて生きていくことはまず無理。

避けようとしても量が量だけに目に入ってきてしまうし、そもそも女性向けジャンルだと腐向けメジャー界隈な余裕からか、住み分けをしていない腐女子があまりにも多い。

そして何よりも厄介なのが、母数が大きいだけあって「腐向けという部分にさえ目を瞑れば神」という作品がそこらへんに散らばっている点だ。そのジャンルが好きであればあるほど、萌え漏れなく得たいがために腐向けにも目を通してしまう。

かにそこから得られる萌えは大きい。大きいけど、腐向け要素さえ、腐向け要素さえなければ100%フルで楽しめたのに…と神作品を読むたびに思ってしまう。神作品を描いた神は何も悪くないから恨めない代わりに「腐」そのものを憎んでしまう。

もうただの一方的な恨みなんだけど、本当に腐が憎い。この世から消えてほしい。

腐向けが苦手な女オタク、あまりにも生きづらすぎる。

勝手ホモにされた推し原作通りあの子(♀)のことが好きな推しだったら私の方が解釈としては間違いなく正しいじゃん。間違いなく正しいだけに前者の腐視点蔓延ってるのが本当に悔しい。憎い。勝手推しホモにするな。キャラを壊すな。

「腐」をメジャー性癖だと勘違いするな。

とかこんなこと言ったら性差別反対!みたいな連中が湧いてきそうだけど、二次元三次元をごっちゃにさせないでね。っていうかこの記事書いてる私自身がバイなので差別もクソもないよ!

2018-12-10

anond:20181210213249

二次元男の娘定義もよくわかってないんだけどさ、三次元男の娘写真まとめたやつにどう見ても「女装(化粧)のうまいおっさん」としかコメントできないのも混じってるの見ると「男の娘とは…」って考えちゃうんだよね

女装(化粧)のうまいおっさん自体はなんかよく分からんけど凄いなって思うんだけど、なんか、娘って語が含まれからにはこう…こう…伝わってくれ…

先週の金曜日に、取引先の忘年会に呼ばれて行ったら「増田さんはぜったい〇〇さんと話が会うよ!」とか言われて、その会社の人を紹介されたけどやってきたのは、漫画かにでてくるステレオタイプオタク三次元にでてきたような人で、俺って他人からたらこういう分類に見られてるのか、と落胆した。

だいたい仕事中に、萌えアニメとかラノベの話とかしたことないし、実際見てないし「なんでだよ!」って感じだわ。

2018-12-08

二次元キャラに恋をし、声優を憎んだ話

彼との出会いゲームソフトショップだった。

何となく棚を眺めていたら、たまたま目についたソフト

帰宅後すぐにPCを立ち上げ、ゲーム公式サイトを開いた。どうやらこのゲーム恋愛ものらしい。主人公が様々なタイプ男性たちを攻略していくストーリーだ。お相手となる男性キャラクターたちに声を当てているのは実力も人気もある声優たち。声優に詳しくない自分でも名前を知っている人たちだ。たとえお話面白くなくとも、格好いい男性キャラクターたちの姿を眺め、彼らの口から発せられる格好いい声が聴ければ、それで充分楽しめるだろう。当時恋愛ゲームほとんどプレイしたことがなかったこともあり、興味本位で購入を決めた。

このときはまだ「彼」は幾人もいる攻略キャラクターのうちの一人にすぎなかった。

ゲームを始めて約30分後、彼は物語に登場した。公式サイトソフト解説書で説明されている通り、明るい性格キャラクターだ。主人公出会う場面では、主人公積極的に話しかけ、コミュニケーション能力の高さを遺憾なく発揮。かといって、押し付けがましいところはない。

それでも、正直好みではないと思った。容姿微妙担当声優も存じ上げない方で、イケボであるが好みの声質ではなかった。たとえ三次元にいても近づきたくないタイプの男だし、主人公と彼の恋愛にも興味がなかった。

その気持ちががらりと変わったのは、彼の個別ルートに入ってからだった。

恋愛ゲームに詳しくない方に説明すると、この手のゲームには共通ルートと呼ばれる序盤の全キャラクター共通ストーリーがある。共通ルート選択肢如何で中盤以降の個別ルートが確定する。私は公式サイトを見たときから攻略したいと思っていたキャラクターがおり、共通ルートでも主人公とそのキャラクターが会話する度萌え萌えていた。この人を手っ取り早く攻略するにはどうすればいいのか。ネット上で攻略情報を探した。すると、驚きの事実が判明。このキャラクターは初回プレイでは攻略できず、先に他のキャラクター攻略しないと個別ルートが開かないのだという。そのような仕様ならば、今やるべきことは早急に誰かを攻略することである

初回攻略可能キャラクターは限られていた。その中に彼はいた。彼ならシナリオ短めでさっくり終わりそうだ。彼から攻略することに決め、共通ルートでは彼寄りの選択肢を選んだ。

これ以上詳述するとゲームタイトル特定されそうなので具体的な内容は伏せるが、共通ルートを終えて個別ルートに入った直後、私は彼のことが理解できなかった。主人公も彼に良い感情を持っていなかったと思う。彼は何故こんなに最低な振る舞いをするのか。ゲーム製作者は何故彼にこんな設定を負わせたのか。主人公と彼は本当に恋愛できるのだろうか。ストーリーを読み進めながら、頭には疑問符が浮かぶばかりだった。

共通ルート同様、個別ルートでも彼の行動は最低であった。人の話を聞かない、プライド高い、人の話を聞かない(大事ことなので二回書く)。主人公イライラしていたし、画面前の私もイライラしていた。主人公が彼を捨てるバッドエンドが用意されているのも当然だ。こんな身勝手な男ついていけない。

それでも、主人公は彼を好きになった。身勝手な男が見せる寂しがり屋な一面に主人公は気付いたのだ。主人公が彼の側から離れようとすると、彼は寂しそうな素振りをしながら一緒にいたいと言う。甘えた声で彼は主人公を求めるのだ。そのなんと可愛らしいことか。決して強引に主人公を引き留めることはせず、主人公意思尊重しているところも健気だ。

「とりあえず終わらせよう」と思って彼のルートを始めたのに、いつしか「終わらせたくない。いつまでもプレイしていたい」と願うようになった。主人公が彼を好きになっていく過程を読み進めながら、私も彼に恋していった。

彼のハッピーエンドクリア後、主人公と彼が結ばれたことに感動しつつ、私は言いようのない寂寥感に襲われていた。彼はこのゲーム上にしか存在しない。ゲーム画面を閉じると、彼の人生はここで終わりなのだあんなに苦しんで頑張っていた彼の人生所詮画面の中の話である。彼が生きた証はゲームの中にしかない。

現実世界に彼は存在しないことが悲しく寂しかった。

彼が描かれた缶バッジを購入した。なんて素敵なのだろう。缶バッジという小さな物でも、彼の存在の証のように感じられた。さらに関連グッズを購入した。彼の存在さらに強く感じられた。

スタッフコメントを読み、キャストコメント聴く原画家シナリオライター、着色、声優、様々な人の才能が結集されて彼が誕生したことを知り感謝気持ちが湧いた。特に声優さんのコメントキャラクター愛に満ちたもので嬉しくなった。

当時の私は彼に本気で恋をしていた。理解されにくいと思うが、誰にも渡したくないと思うほどに彼が好きで好きでたまらなかった。彼が二次元上の存在であることも、彼には特定相手主人公)もいることも分かっていた。自分が彼と結ばれたいと思う(所謂女子思考)は持っておらず、彼と主人公恋愛を眺めながら、永遠片想いで構わないと思っていた。

ゲームに没頭し、グッズを集めた。精神的にも物理的にも彼でいっぱいに満たしたかった。いないけど、いるのだここに。

グッズを眺めながら、彼の声を聴く。私の中で彼の存在は確かなものになった。誰にも汚されない永遠偶像。この世界でただ一つ信じられるのは彼の存在だけだった。

それを揺るがしたのは彼の声を務める声優である。仮にAさんとしておく。

アニメゲームに疎いためAさんのお名前を知らなかったが、Aさんは人気声優であった。出演本数も多く、様々なキャラクターを演じられていた。彼と同じ声なのに、彼とは容姿性格もまったく異なるキャラクターがこの世界存在している。Aさんが他のキャラクターを演じている声を聴くと、否応なく彼は虚構存在であると思い知らされた。

彼の声は唯一無二ではないという当たり前のことが受け入れられなかった。

新作ゲームアニメキャストが発表されるとAさんの名前がある。

やめて、出ないで、そんなもの見たくない。

新作ゲームアニメツイッターアカウントブロックする。Aさんと共演した声優アカウントブロックする。見なかったことにすれば、存在しないも同然だ。

録画していたアニメもAさんが出演していると判明すると予約を取り消す。プレイしていた恋愛ゲームにAさんが出演していたので、最後までプレイできずに売ってしまった。

到底このゲームがAさんの代表作とは言えないことは頭では理解している。それでも、私にとってAさんと言えば彼なのである。Aさんにはずっと彼の声だけを担当してほしかった。

Aさんのアカウントブロックした。彼の声は彼固有のものではなく、Aさんの声であるという事実すら受け入れられなくなった。Aさんなんて嫌いだと思った。

Aさんのファンブロック。Aさんが出演したアニメ原作者出版社ブロック。Aさんと共演していない声優も把握していないだけで共演している可能性があるし今後共演するかもしれないかブロックニュースサイト新聞も、各種メディアも今後Aさんの活躍を報じるかもしれないかブロック。全部目に入れたくない。

何も受け入れられず、拒否することしかできない。

Aさんが彼以外のキャラクターを演じることが憎かった。

Aさんが彼以外のキャラクター代表作としていることが憎かった。

Aさんの華々しい出演歴の中で、何年も前に発売されたマイナー恋愛ゲームはちっぽけで、Aさんが彼のキャラクターを覚えているかも分からない。代表作について語るAさんが許せず、数年間Aさんに声を当ててもらっているキャラクターが羨ましかった。

Aさんに対して手紙を送ることも出演イベントも行かなかったので、私が知っているのはネット情報で見かけるAさんだ。Aさんに関する情報事実虚構か分からないが、どんな些細な情報でも心がざわついた。Aさんについて考えると胸が苦しくなった。二次元男性存在を揺るがす憎い奴なのに何故こんな熱い気持ちをAさんに抱いているのだろう。

ぐるぐる考えていたある日、Aさんの恋愛に関する情報を得た。ショックで寝込んだ。ベッドの中で涙が止まらなかった。ツイッターを開くと、「恋愛応援できるファンが本当のファン」というコメントが流れてくる。私はあんなにAさんを憎んでいたのだから、口が裂けてもファンとは言えないだろう。ファンではないか恋愛応援できないのだ。

しかし、一般的に考えると、嫌いな人が誰かと付き合い始めても「悲しい」「ショックだ」という感情は湧かないのではないか。何故Aさんの恋愛でここまで寝込んでいるのだろう。まるで失恋たかのようだ。そこまで考えて、私はAさんを憎むのと同じくらいの熱量でAさんを好きになっていたことに気が付いた。

思い返せば、このキャラクターを好きになったのもAさんの演技力によるところが大きい。あの凛々しい声と甘える声は忘れられるものではない。

キャストコメントで彼の魅力を語るAさんに好感を持っていたことも事実だ。「演じて楽しかったです」の言葉が好きだった。

幼稚な感情にすぎないけど、確かに好きだったのだ。認めてしまえば簡単ものだった。キャラクターに恋をした延長でAさんにも恋心を抱いていたのだ。

絶対に私のものにはならない人に恋して、思い悩み、絶対に私のものにはならない人に失恋したのだ。

泣きながら、Aさんの恋愛を言祝ぐツイッターアカウントブロックしていった。

キャラクター声優を同一視するなんておかしいよね、と言いながらブロックしていった。


あの嵐のような日々からしばらく経った。

今でも私は彼のことが好きだ。彼以上の二次元男性はこの先現れないことだろう。ゲームを立ち上げると、彼は変わらぬ笑顔を見せてくれる。

Aさんの情報を見るともやもやした感情を抱くが、さっと目を背けることはできるようになった。Aさん出演のアニメゲームも今後観ないだろうけれど、それでもAさんを憎むことはない。

恋することも憎むことも一人で始め、一人で終えることができる。誰も知らない自分一人の中で吹き荒れた感情の嵐の顛末をここに記したまでである

2018-12-05

三次元

オナニーを覚えた頃から二次元でばかり抜いてるから三次元オカズにすることが滅多にない。

今までの比率を平均するなら、二次元三次元=40:1ぐらいか

ここ2年程二次元しか抜いてなかったんだけど、一昨日本当に久しぶりに三次元で抜いたら

イった瞬間に得も言われぬ後味の悪さがあって、漠然と「三次元無理だな…」という感情が溢れた。

量も少ないし。

世の男性は、一般的には三次元女性を愛するのだろうけれど、

今まで三次元で意中の女性なんて出来たことがなかった。

恋愛というものがよくわからない。

生身の女性に劣情を抱くのが難しい。

彼氏彼女関係になっている人達を見て羨ましがる人がいるけれど、

二次元しか関心を持てない人間からしたら、何故羨ましくなるのかがよくわからない。

様々な娯楽がある現代、そんな関係になれるなんて良いことだな、微笑ましいな、程度に思うことはある。

同様に彼氏彼女を欲しがる人もよくわからない。

欲しいと思ったことがない。

20代半ば。50代ぐらいには、焦り始めているのだろうか。

2018-11-30

anond:20181130160037

それ言われるのって他がほぼ低スペックなんじゃないかなと思う。

から商品価値上げるためにそこ見せないようにしなさいって言われてんじゃないかと。

他のステータスの何処かが高スペックなら難所もカバーできる。

三次元推しより伴侶と子供を優先できるならいいよって正論だと思う…むしろできなかったら機能不全家族になるだろ…。

全国ツアーでずっと家にいないとか困るわ。

全通してたら回数を減らすとか必要で、嫌だったらやっぱり結婚したらあかんて。

anond:20181130155657

風呂に入れ」ならともかく「エロゲはやめろ」とか「三次元推しを捨てろ」とかは完全にオタク婚活アイデンティティ放棄してるじゃん。

オタク専門のお悩み相談室とかあったらいいのに。私は三次元オタクだけど二次三次わずガチ恋地雷逆カプとかオタク特有非オタには話しづらい悩みってたくさんあるし。

2018-11-23

Vtuber黎明期から見てて、自分Vtuberになろうと思って色々と準備してて、デビュー目前までやったが問題と疑問が発生したので、結果的デビューするのは辞めて今に至る。

問題の方は、割とありがちな資金面問題。だがこっちの問題シンプルな話なので取るに足りない。

重要なのは疑問の方だ。Vtuber側とファンリスナー)側の問題だ。

Vtube側に関しては、よく見ている人なら分かると思うが、生配信がメインで基本的雑談ゲームばかりで、Vtuberもとい「バーチャル」というスタイル環境を全く生かせてない問題

リスナー側に関してはモヤモヤを感じてて上手く言葉に出来なかったが、昨日のバーチャル蠱毒に対するファン側の反応でハッキリした。

Vtuber界隈がやろうとしている事、そしてファン側が求めていること、この両方において私が考えるVtuberの考えたが丸っきり違う。

オタク的な言い方になってしまうが、分かりやすい言い方をすると「解釈違い」だ。

1から10まで説明すると長くなるので出来るだけ短く言うが、Vtuber側に関しての違和感は今年の春前には覚えて、その現状におけるVtuber界隈の主流を気に入らないと思い

現在の主流を一切やらない方法で、バーチャルらしいVtuberをやろうと考えて冒頭の状態まで準備した。

だが、ファン側の反応を見ていると疑問を抱きストップがかかった。


昨日の件で分かったのは、「Vtuberファンは、Vtuberに対してバーチャル要素を求めている人がほぼ居ない」という事実だ。

この場合バーチャル要素とは、2D3Dかという話ではなく、そんな事は重要じゃない。どちらもどちらなりの魅力がある。

主軸がズレるので多くは語らないが、バーチャル蠱毒に関して私が思ったのは「こんな事バーチャルじゃないと出来ないじゃないか!」と気分が高揚した。

しかし、ファン側の反応は否定的意見が多く、こういう方向は求められてないんだなと明確に把握した。

かにバーチャル蠱毒問題点も多いが、バーチャルじゃなければ出来ない事だ。せめて賛否両論意見五分五分ならいいが、パッと見た限り否定的意見が8~9割。

恐らく、ファンが求めているものは、ねとらじニコ生流行った時から何も変わっていない。配信元とコンテンツの外見が変わっただけだ。

やる側が変わっても、見る側が変わらないんだから仕方ない。そして見る側が求める事をやると結局、過去コンテンツとやる事が一緒になるんだろう。

少なくともVtuber準備したのにも関わらず辞めてしまった事に関しては後悔してない。

しいていえば準備したキャラとか設定がVtuber専用にしちゃったから、他に流用出来ないから勿体無いなという事だろうか。

仮にデビューしたとしても、目立ちたくは無かったし、自分がやろうとしている事は主流に反することだから再生数三桁・チャンネル登録者も三桁もいかない予想は承知の上なのでその部分については別にいい。

ただ、Vtuber本人には冷めつつあるが、ファンに関してはもっと冷めた。

Vtuberに対してバーチャル要素を求めないファン」、一方「賛否両論はあっても、三次元という意味でもリアルという意味でも現実に縛られず、バーチャル世界じゃないと出来ない事を色々とやるべきだと考えている私」解釈違いだ。

これではVtuberになるのが馬鹿馬鹿しい、だからVtuberになるのは辞めた。

折角のVtuberなのに、ファンバーチャル要素を求めないというのであれば、やはりVtuber界隈は衰退するしかないんだろうな。

ファンコンテンツを潰すってこういう事なのかもしれないな。

2018-11-21

聖地化してほしくない

俺は劇中の空気を味わいにいってるだけで、オタク活動するために聖地に行ってない。

けど、今はどこも人気アニメ聖地とかしたら、そのアニメポスターを飾ったりしてオタクを取り込み町おこししようとする。

なんというか、その、二次元ポスターをみちゃうと、「あ、結局自分物語の中に入っていけないんだな」って感覚がフッと湧いてきて楽しめなくなる。

山登りもやめちゃった。

彼女達と同じ道を辿った気分を最初は味わってた。彼女達が見た光景を俺も見てるんだと思いこんでいた。いつしか、駅にポスターが貼られるようになって「二次元三次元の壁」を改めて感じて、山登りという、どうしても無言で黙々と考える趣味故に俺は結局視聴者しかない事が浮かんでは消え、浮かんでは消え…

2018-11-20

anond:20181120173003

清々しいまでのダブスタで草も生えない

己らが「セクハラ」なる不可視基準で男をぶん殴ってきたツケだろうが

草食系、「MGTOW」の件もそうだが、己らがコミュニケーションコストハードルを爆上げしといて何をガタガタ言える資格があるのか、と。

ペンスルールとかもそうだけど、最早一部の男は二次元等に安息を見つけて三次元の面倒っちい付き合いを敬遠するようになって来つつある。良かったな、「女性だけの街」が求められる日は近いぞ

2018-11-18

anond:20181118222100

関係ないけど、ネット三次元画像で一度だけ毛生えおっぱいたことある

男体じゃなくて女体で毛生えおっぱい

あれは固定ファン層つくなあ

2018-11-15

anond:20181115230747

三次元も大変なんですね…

皆それぞれに推しのことを想って荒ぶっているのがわかるので余計しんどいです。

anond:20181115230205

三次元も難しいのに二次元もかあ。

大変ですね。

でもみんなそれだけ自分推しへの感情に正直なんだろうなー。

2018-11-13

若者エロ本を買わないというが私はよく買う。

二次元三次元も買う。

データにはない、物としての所有感を満たしてくれるのは紙媒体だけだ。

エロ本が今後廃れていく一方なのはとても辛いことである

2018-11-07

なんとなく二次ロリではシコれるのに、三次ロリは無理なのがわかった

二次元ロリ男性欲情するように性的身体で描かれている。同人誌なら尚更。

三次元ロリ性的に出来ていない。

 

例えば、ロリといってもよつばと!のよつばに性的感情を抱いて抜けるわけがない。なぜなら、作者が性的に描いていないから。

でも、ロリコン向けと言われるロリキャラ性的記号としてのロリが描かれている。

これは言ってしまえば、ストリートファイターリュウ筋肉と同じで、リュウ筋肉は正しい構造としての筋肉より、強そうに見えるように記号として描いてある。

まり現在ロリコンと思われる自分は、漫画家イラストレーターによって作られた量産的な、そして似非であるロリコンなのだろう。

から一般人がいう「ロリコン」の定義はてなを浮かべてしまう。それは偽物で、人工的に作られた、記号消費モンスターからなのだ

本物の女児と性行為をしてしま人間とは違うというような考えよりかは、自分はただの不完全な模造品なのだ

2018-11-06

男にとっての性欲と可愛い恋愛感情

最善の相で解釈するのであれば、ネットフェミニズムを主張している人の中には本当に『男性にとっても女性にとっても共通する、性欲とは無関係可愛い概念』が存在すると信じている人がいるように思える。

だが正直なところそれは幻想しか無いと増田は思うのだ。

なぜそう思うかを語ろうとすると男にとっての可愛いと性欲と恋愛感情を真面目に語ることになったので、性欲についてフェミニストに語らないお前らキモオタや男共は卑怯だへの返答も兼ねて書いてみようと思う。

1.男にとっての性欲

男の性欲は割と即物的であり、結局のところ男にとって性的行為で直接的に一番気持ちが良いのは『射精することそのもの』だ。それはセックスだろうがオナニーだろうが関係ない。(これ以外の副次的な部分、社会的な部分や支配欲的なところは存在するが、直接的には射精第一である。)

しばしば言われる『ブスとセックスするのは辛い』『結婚してから嫁が劣化(←この言葉は好きではないが)したので夜の相手が辛い』ということはつまるところ、

勃起させ、射精するための労力>射精による快楽』という構図になってしまたから言われるだけにすぎない。

女の性欲はもう少し複雑である、ということになっているはずだが、その点は深くは追及しない。

2.男にとっての可愛い

一般的な男にとっての”可愛い”は2種類しかない。『愛らしいという意味での可愛い』と『恋愛対象として高評価という意味での可愛い』だ。

(本筋から外れるが、女性の言う”可愛い”の意味もっと多いことそのもの増田理解している。ただ増田も含め、女性の言う”可愛い”の全体像理解している男は滅多にいない。女性から可愛い”と言われて戸惑ったりする男が多いが、これは『俺にとっては意味不明な尺度による”可愛い”かもしれないと思うと疑心暗鬼になる』ことによるものだ)

前者の代表例は『子犬可愛い』『子猫可愛い』であり、人間女の子であっても、5歳の女の子が健気に頑張っている姿を可愛いと言っているならばこちらの意味だ。

後者代表例は『新垣結衣可愛い』であり、ある程度成長した女性に使っているならばこちらの意味だ。

ただ、人間女性に使っている場合、前者と後者グラデーション気味になることがある。増田場合、成人した女性であっても『金田朋子ちゃん可愛い』は前者の意味をある程度含んでいるし、逆に未成年でも『4年前の生田絵梨花(当時17歳可愛い』は後者意味を明確に含んでいる。デビューした当時のまいんちゃん福原遥:当時10歳)可愛い』は100%前者である岩本蓮加(14)なら…分からない。

3.男にとっての恋愛感情

そして男にとって ──女はどうなのか、というのはいまだに分からない── 恋愛感情の一部に性欲は必ず含まれていると言っても構わない。恋愛感情=性欲ではなく、恋愛感情には性欲以外の部分もあるが、性欲を含まない恋愛感情は(おそらく)存在しない。つまり性欲⊂恋愛感情 である(←数学記号文字コード的に大丈夫?)。生田絵梨花可愛いと言っている男は、多かれ少なかれ『生田絵梨花デートして、その後セックスしている自分』を想像している。ただ、そのことに自覚的であるかないか、それだけの違いでしか無い。

そして前述したように、三次元では幼い女の子がどこまで恋愛や性の対象になるかについてはある程度遠慮している部分もある。だが、二次元相手だとその”遠慮”も無くなり、オタクの男が『木之本さくらちゃん可愛い』『高町なのはさん可愛い』と言っている時にはある程度は性的意識もある場合が多い。同人誌を見れば明らかである

…そんなわけなので、『エロ無関係可愛い』は存在するかもしれないが、それは特に二次元場合極めて限定的である増田は思う。ただ一方で、『性的であるから『それ以外の部分を無視している』わけでもない、ということを主張しておきたい。

anond:20181106152018

電波男みたいに「恋愛を降りよう」ってムーブメントも一瞬あったけど

結局俺を相手にしない三次元の女はクソクソ言うだけで続かなかったしな

喪女みたいに二次元恋人と楽しみながら同性の友人と生きていく、って生き方はどうしても選べないらしい

オタクフェミニスト同類では

現実モテいかオタクアニメ漫画に逃げるんだろうと言われていた。

アニメ漫画二次元キャラのほうがいいか三次元に興味は無いというオタクがたくさんいた。

今、アニメ漫画表現に対してバッシングするフェミニストがいっぱいいる。

モテない女性逆恨みじゃないかと言われてる。

自分人生幸せじゃないことの原因をアニメ漫画に求めてる点では一緒な気がする。

と思ったけど、家庭を持ってもオタク趣味を続けたりバッシングしたりするのは男女問わず居るから、違うのかもしれない。

anond:20181106103033

さすがにオタクでも友達すらいないのは少数派だし

そういう人はそもそも人との接触ほとんどなく「二次元ばっかじゃなく三次元友達作りなよ」という言葉

他人から浴びせられることもないのでカウンター必要もないだけでは

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん