「海の底」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 海の底とは

2022-07-24

anond:20220722102558

調べた

・エデン    :旧約聖書理想郷。今のチグリス・ユーフラテス川付近

シャングリラ :チベットの山奥

アルカディア :ギリシャの牧草地帯

ラピュータ  :空飛ぶ小島

ザナドゥ   :モンゴルの夏の都

シャンバラ  :理想仏教国。中央アジア

ニライカナイ :海の底あるいは海の果て。鹿児島奄美

・エルドラード :南米にある黄金

アヴァロン  :イギリス架空の島。りんごが有名

桃源郷    :仙境。俗世を離れた所。中国湖南省雲南省あたり

大きく分けて3つだな

2022-07-10

はーもう就活したくない。海の底に行きたい。日の当たらない蛸の庭。

2022-05-02

他人の不幸が面白い

プロポーズ直前の幸せカップルとか、親のコネ取締役やってるボンボンがいきなり海の底に沈められたと知った時、「気の毒に」と思う前に「ザマァ」と思ってしまった自分の心の醜さよ。

2022-04-07

海の底で物言わぬ✋(👁️👅👁️)🤚になりたい

クンニ✋(👁️👅👁️)🤚せい!

2022-03-23

anond:20220323223306

…せめて、せめて生まれ変わる事が出来るのなら、いいえ、お父さんは、生まれ変わっても、もう人間にはなりたくありません。人間なんて嫌だ。牛か馬の方がいい。いや、牛や馬なら、また人間に酷い目に合わされる。いっその事、だーれも知らない深ーい深ーい海の底。そうだ貝がいい。深い海の底だったら兵隊に取られる事もない。深い海の底なら戦争もない、兵隊もない。どうしても生まれ変わらなければ、いけないなら、私は貝になりたい…。

私はROMになりたい、かな?

2022-02-03

海の底で物言わぬ

クンニ✋(👁👅👁)🤚せいになりたい

2022-02-01

石原さんは政治家としてはよくわからなかったが、

文学者文芸者としては超一流だった。都知事の会見での回答なども文学者っぽかった。

そういう点では宮崎駿監督も同じ匂いを感じる。絵描き映像監督政治家で違うけども、根本文学者だと思う。

文学新聞メディアの中心でなくなった以上、こういう人はもう現れないだろうなあ。

石原慎太郎氏、自作を語る『わが人生の時の時』、死の影と生の充実

2019.2.21 10:12 ライフ 学術アート

ときさし石原慎太郎インタビュー

「こんなにいろいろ体験した物書きはいない。ある意味、ぜいたくな人生だと思うよ」と話す石原慎太郎さん(酒巻俊介撮影

DSC_3468『わが人生の時の時』

小説集や文庫に収められた『わが人生の時の時』

 政界引退して4年余りが過ぎた石原慎太郎さん(86)はサッカーヨットダイビングに、とさまざまなスポーツに熱中してきた。そんな“肉体派作家身体感性が鮮やかに結晶したのが、平成が始まって間もなく刊行された自伝的掌編集『わが人生の時の時』(平成2年)。かけがえのない時の断片を乾いた筆致でつづった40の掌編は死と隣り合わせにある生の輝きを静かにうたいあげる。(聞き手 海老沢類)

 この本は不思議きっかけでね、大江健三郎のおかげなんですよ。テレビ局の依頼で反核運動が盛んだった西ドイツ(当時)に取材に行ったら、同じ目的で来ていた大江と会った。ベルリンの壁の前で僕は覚えたてのスキューバダイビングの話を彼にしたんです。この本に書いたオキノエラブウナギという猛毒をもった不思議ウミヘビと遭遇した体験を語って「海の底全然違う宇宙で、いろんな発見があるんだ」と。大江はやけに感心して「石原さん、そういう話、絶対書きとめておいた方がいいですよ」と言う。

 思えば、僕は他の作家にはない体験をしてきたし、いろんな人と出会って面白い話も聞いてきた。人生を記録として残そうとしたんです。書きながら人生を感じ直したよね、強烈に。

 《収録された40編の多くが海での体験談。知人の遭難自身の大けが、巨大な生物との遭遇などが回想される。弟の俳優裕次郎さんとの別れや霊の存在示唆するような不思議出来事戦時日常も描かれる》

 僕は肉体派からね。肉体を使った行為というのはその裏側に必ず死の影がある。スキューバダイビングでも随分怖い目に遭ったし、遭難にも立ち合った。避けようもない落雷ヨットの甲板上で目にする「落雷」という一編があるけれど、あのときコンパスクルクル回るのが気持ち悪かったね。

 ただ僕はね、恐怖は人間が味わう一番の感動だと思う。恐怖が通り過ぎた後には安息があるし、たった今過ぎていった凝縮された時間の充実をも感じる。死とのコントラストの中での生の味わいは深いですよ。死は人間にとって最後の未知だから興味がある。この掌編群はいわば、いつ死ぬのかな、という緊張の中でとらえた生と死のフラグメント(断片)なんです。

 戦時体験も書きました。横須賀から出航する前、家族最後の別れをする将校の姿とかね。僕らをかわいがって膝の上に乗せて頭をなでてくれた青年将校が死んでいく。その妻が葬式で何も入っていない骨壺を抱いている…。戦争不条理残酷さは僕の中に鬱積して、国家への愛着、そしてアメリカに対する反発となった。盛田昭夫さん(ソニー会長)との共著『「NO」と言える日本』(元年)もそういうもの潜在意識にあって書いたんです。

 《26年、衆議院議員最後政界引退。精力的に執筆を続け、田中角栄元首相の生涯を一人称でつづった『天才』(28年)は大ベストセラーに。現在文芸誌に小説を連載する》

 随分危ないこともやってきたと思うけれど、僕はそれはそれでとてもエンジョイしてきた。自分をつき動かすのは結局、人生に対する好奇心なんだよね。

 ライフワークが一つあってね。仏教徒から法華経現代語に訳そうと思っている。法華経は非常に哲学的で、存在時間について深く考えさせる。今は道半ばだけれど死ぬまでに完成したい。

 やっぱり小説が一番面白いよ。政治家同士のだまし合いなんか、最も薄っぺらいね。僕は作家だしヨットマンですよ、ずっと。でも時化(しけ)たレースではさすがにもう乗れないな。

 『わが人生の時の時』 文芸誌「新潮」の平成元年10、11月号に掲載。翌2年に新潮から単行本刊行され、後に文庫化された。『石原太郎文学』(全10巻、文芸春秋)の第8巻に、エッセー『わが人生の時の会話』とともに収められている。

 〈いしはら・しんたろう〉昭和7年、神戸市まれ一橋大在学中の30年に「太陽の季節」でデビューし、翌年に同作で芥川賞。『化石の森』で芸術選奨文部大臣賞、『生還』で平林たい子文学賞。43年に参議院議員当選。後に衆議院に移り環境庁長官、運輸相などを歴任平成11年から24年まで東京都知事を務めた。

https://www.sankei.com/life/amp/190221/lif1902210022-a.html

2022-01-22

[]東京裁判にてC級戦犯として死刑になった清水豊松が死後異世界に転生したものリトル・マーメイドセバスチャンだってマ?

アリエル よく聞いてくれ

 人間世界は最低だよ

 海の底生活こそ

 どこよりも楽しいんだから——」

2021-12-10

浦島は異世界に戻ったけどやっぱり現代で暮らすことになった件

浜辺を練り歩く男がいた。その名は浦島太郎

はいつもこの浜辺をパトロールしていた。

しか今日の浜辺は様子がおかしい。浜辺の一部から客が逃げているようだった。

浦島は一人の客を捕まえて理由を尋ねる。

「早く逃げろ怪物だ!」

怪物?何を言ってるんだ。そう思った浦島は遊泳客の進言を無視して、彼らが逃げてきた方向に進んでいった。

浦島が進むとそこには、対抗2メートとるはあろうかと言う巨大な亀の怪物がいた。

その異様な光景に我を忘れていた浦島だったが、ハッとすると、遊泳客たちを避難させ始めた。

「こっちに逃げてください!」

人々は言うことを聞かず、見物人のように棒立ちになっているだけだった。

浦島が困っていると、今度は空に大きな火の玉が現れた。そしてそれはだんだんこちらに向かってくるではないか! 浦島は大声で叫ぶ。

「こっちです!」

すると皆慌てて逃げ始めてくれた。

なんとか危機を脱した浦島と怪物の戦いが始まった。

大きな体を持つ怪物に対し、浦島の攻撃は全く効いていないように思える。だがそんな時、浦島にはある作戦があったのだ。

今の浦島の状態海パン一丁である。つまり上半身なのだ。そのため浦島の必殺技を使うことが出来るかもしれないと思ったのだ。

「くらえ必殺!竜宮城破り!!」

その言葉と共に浦島は砂浜で飛び上がり、両手を振り上げ、手刀を作りながら空中へ舞った。

そのまま勢いよく落ちてくる。

生身の人間から繰り出されたとは思えない強烈な衝撃を放つと、怪物の首元に手刀を打ち込んだ。

見事首を切り落とすことに成功したようだ。

怪物断末魔の声すらあげることなく、倒れ込んでしまった。

しばらくすると体が消えていき、後には美しい女性が横たわっていた。彼女は息をしているようだ。

大丈夫ですか?」

はい……」

浦島は彼女を抱き抱え、友人が経営している海の家に運ぶことにした。

数分後彼女が目を覚ました。

「ここはどこなのでしょうか」

「ここは海の家ですよ。海岸で倒れていたので連れてきちゃいました」

ありがとうございます。私は乙姫と言いますあなた様のお名前はなんとおっしゃるんですか?」

「俺は浦島太郎って言います。それでさっきのことなんだけど……」

浦島は先程の出来事について話し始めた。

すると乙姫と名乗る女性は驚きの声をあげる。

「まぁ!私を助けてくださり本当にありがとうございました!お礼と言っては何なのですが、なんでも一つだけ願い事を叶えましょう!」

願えることならこのままずっとここに居たい……。でもきっとみんな心配してるだろうしな。そうだ……

「それじゃあ俺を元の世界に戻してくれませんか?」

何を隠そうこの男、浦島太郎は実は異世界人であったのだ。その能力は装備が貧弱であればあるほど強くなるという強烈な特殊能力である

そのため浦島は洋服を着ると一般人ほどの力になってしまう。

その力を生かすために普段から裸に近い状態生活することにある、ライフセーバーの職に就くことは、運命づけられていたのかもしれなかった。

浦島はこの世界に来て馴染むように頑張ってはいたが、やはり望郷の念は拭えないのであった。

一方乙姫も驚いたような顔をする。

「そうだったんですね。分かりました。ではあなたを元いた場所に送り届けることにしましょう。私の鱗をお持ちください。それが通行証になります

「いいのか?こんな貴重なもの貰っちゃっても」

乙姫は懐からギターピックのようなキラキラと光る破片を取り出すと、浦島に渡した。

はい、この鱗を使えばあなた故郷に帰ることができますよ。また会えたらその時はゆっくりと話しをしましょう。いつでも歓迎しますよ」

浦島は乙姫に別れを告げると、元の場所に戻っていった。

浜辺に戻ると遊泳客たちは既におらず、友人の幸太郎が出迎えてくれた。

「遅いぞ浦島、何やってたんや!」

「悪いなちょっとトラブルがあって遅れたわ」

浦島は自分の正体を明かし、元の世界に戻れることを伝えた。

「そうなんか!まさかお前が異世界人やったとはなー!」

浦島が元の世界でのことを少し話すと、幸太郎は納得してくれたようだ。

「ああ、だから俺はもう帰らなくちゃならない、今まで世話になったな!」

「おう!こっちこそ助かったわ!元気でな!」

こうして浦島は元の世界に戻ることになった。

竜の鱗を握りしめ念じるとそこから大量の光が溢れ出し、視界が見えなくなった。

そして数秒後再び目を開けると、そこは見慣れぬ地獄であった。

空は暗雲に遮られ、地面は赤黒く染まっている。

目の前には化け物どもが跋扈していた。

突然のことに呆然としている浦島であったが、ハッとすると、すぐに浜辺へ向かって走り出した。

だが途中で足を止めてしまった。

うそだろ……」

浦島がたどり着いた時には、浜辺は血に染まりきっていたのだ。

「おい!誰かいいか!」

浦島が呼びかけても返事はない。

くそ!俺は元の世界に戻ってきたんじゃなかったのか!」

浦島は自分が騙されたことを悟った。

だが、まだ希望はある。

浦島は急いで竜の鱗を取り出し、自分の体に押し付けた。

すると鱗は輝きだし、浦島の体を包み込む。そして彼の体は変化していった。

先程以上にどんどん筋肉が発達していく、人間限界を越えた圧倒的な肉体美を誇るものとなった。

しかし、彼はそれを気に留めることなく、海パン一丁で化け物共に立ち向かっていく。

その勢いのまま、あっという間に辺りの敵をなぎ倒してしまった。

その後も浦島は敵を倒しながら進んで行った。途中何度も窮地に陥ったが、その度に海パンの防御力が上昇し、乗り越えてきた。

しばらく進むと、大きな城が見えた。どうやらそこが敵の本丸らしい。

浦島が門の前に立つと、声が聞こえてくる。

「我が名は玉手箱也。貴様は何者なりや?」

「俺は浦島太郎海の底から来たものだ!」

「そうか、我に喧嘩を売りに来たということか。ならば相手をしてやろう。出てこい!百鬼夜行!!」

すると、城の上空から数え切れないほどの妖怪たちが降ってきた。

「これなら勝てるはずだ!くらえ必殺!竜宮城破り!」

浦島は全力の手刀を放った。

すると、妖怪たちの首が次々と落ちていき、瞬く間に全滅させることができたようだ。

「ばかな!この俺が負けるだと!?ありえない!ありえん!許さんぞぉおお!!!

最後のあがきだろうか、玉手箱と名乗る男が飛びかかってきた。

「これで終わりだぁあああ!」

浦島は渾身の力を込めて、男に拳を叩き込んだ。

男はグシャリという音とともに地面に叩きつけられ動かなくなる。

決着がついた。

「俺の勝ちみたいだな」

浦島はそういうと、玉手箱の持っていた宝を手に取った。

その瞬間眩い光に包まれ、視界は真っ白になっていった。

次に浦島が目を覚ました時、そこは病室であった。

「ここはどこなんだ?」

病院よ、あんたが浜辺で倒れてたのを友達の人が見つけてくれたの」

「そうだったのか……」

「でも良かったわ!目が覚めて」

「ああ、心配かけたな」

浦島の目の前にいるのは、この世界での最愛の人。そしてこの世界でも唯一の家族である母、沙羅であった。

こうして浦島太郎は元の世界に戻った。

だが、彼はこの世界に来て得たものも大きいと感じていた。

そしてこの日、浦島は決意した。

もう二度とこの大切な人達を悲しませまいと……。

2021-10-26

日経サイン2021年 12月号』の表紙と目次

ノーベル賞決定 真鍋淑朗氏ら 気候モデル温暖化予測

物理学賞 乱雑さに潜む法則を解明
生理学医学温度受容体と触覚受容体発見
化学金属を使わずに不斉合成

特集 新型コロナ 次の良薬は

パンデミックを見越した2000年代から研究が、新型コロナ中和抗体薬実現に繋がった。

将来の変異ウイルスにも効果
強力な抗体デザインする

藤田自己組織化で作るナノ空間

創刊50周年企画 進化を続ける分子の精密合成

目的の形が最も安定になるようなパーツを設計すれば、分子は自ら汲み上がる。

ネットワーク相転移の数理

理科学 大規模なつながりは突然に ネットワーク相転移を語る数理

様々なネットワークの振る舞いを明らかにする「パーコレーション理論」を解説

神経科学 感覚警官は脳のどこでうまれるのか 電気刺激で意識を探る

意識的な感覚警官は皮質よりも深い脳領域からまれてくるようだ。

宇宙物理学 宇宙膨張の歴史を明かす銀河地図

宇宙史の110億年をカバーする数約万個の銀河地図が公開された。

気候変動 熱くなる極北のるつぼ スヴァールバル諸島からの報告

永久凍土がゆるんで建物道路崩壊、一歩では新たな経済発展可能性も。

持続可能性 賢い農法で地球を救う

温暖化食料問題解決につながる新しい農業手法提案されている。

BOOK REVIEW 特集

自然史の楽しみ

地球進化46億年の物語』『人類進化 大図鑑』『鳥類学者 無謀にも恐竜を語る』『ピーグル世界周航記』『バッタを倒しにアフリカへ』

エビデンスをめぐって

健康医療情報の見極め方・向き合い方』『RCT大全』『マンガエビデンスでわかるプラセボ効果』『新医療経済学』『「健康から生活まもる

人と社会自然をつなぐ化学

『脳はこうして学ぶ——学習神経科学教育未来』『リスク心理学——危機対応から心の本質理解する』『NEO HUMAN ネオヒューマン究極の自由を得る未来』『つながり過ぎた世界の先に』

連載 森山一道の読書日記

沈没船博士海の底歴史の謎を追う』『「木」から辿る人類史』『発明は改造する、人類を。』『極端豪雨はなぜ毎年のように発生するのか』

2021-10-12

雷に打たれたことが無いだろうか

空に浮かんでいる灰褐色の雲から放たれる雷光を見たことが無いだろうか。貫かれるそれは人の体に赤くグロテスクな模様を作り、地を伝う。

土の中の窒素化学反応を作り、稲を育て、人がそれを食べる。

生と死の循環の中に、無意味な人の死は果たして電気羊の夢を見るのだろうか。

アンドロイド電気で動き、人も電気で動く。その中に繊細な違いを見つけ指摘することが、人々の為になるとは思えない。

例えば看護師のような、正常な人として生きるのに必要な、エッセンシャルが含まれてない事を指摘する人は多い。

厚生労働省文章にも記載されている。

赤木ファイルチキンレースに負けて海の底に沈んだのも、その海が雷によって撃たれたのも。

死んだ魚が浮かび上がる様に、死んだ顔の人間今日労働する。

2021-10-07

anond:20211007123338

未知やリスクはあらゆるところに存在する。

自分たちの頭の中で起こっていることや、海の底にどんな生態系があるのか、宇宙からどんなものが降り注いでいるか、完全に知ることはできない。

たとえばギャンブルゲームガチャもそう。一定確率で当たる。当たらないかもしれない。当たることを期待してプレイする。リスクメリットを天秤に乗せて、リスクある行動を取っている。

ワクチン100%安全性は、きっと分からない。またはずっと未来に分かる。分かるまで打たないという判断もあり得る。それが生存に関わる場合もある。これはどちらも陰謀とは言えない。選択ということになる。

2021-09-25

毎日毎日僕らは鉄板の上で焼かれてイヤになっちゃうよ

ある朝、僕は店のおじさんと

喧嘩して

海に

投げ込んだのさ

初めて落とした海の底

とっても気持ちが良いもんだ

平成5年まれだけどこの後の歌詞が知らなくてぐぐったらそもそも俺の知ってる歌詞と違くて困惑してる

海に逃げ込む話だったのか……

2021-09-05

最近テレビ浦島太郎

むかしむかし、ある村に、心のやさしい浦島太郎という若者がいました。浦島さんは、NSC東京27期生です。

浦島さんが海辺を通りかかると子どもたちが大きなカメを捕まえていました。(※:専門家指導の下、安全方法で行っています

そばによって見てみると、子どもたちがみんなでカメいじめています。(※)

「おやおや、かわいそうに、逃がしておやりよ」

「いやだよ。おらたち新人ADが、演者が来る前にやっと捕まえたんだもの。どうしようと、おらたちの勝手だろ」

見るとカメは涙をハラハラとこぼしながら、浦島さんを見つめています

これはバズる。浦島さんはお金を取り出すと、子どもたちに差し出して言いました。

「それでは、このお金をあげるから、おじさんにカメを売っておくれ」

「うん、それならいいよ。この金でYouTubeを使って一儲けしよう」

 こうして浦島さんは、子どもたちからカメを受け取ると、

大丈夫かい? もう、捕まるんじゃないよ」

と、カメをそっと、海の中へ逃がしてやりました。その様子は番組公式Twitterでそこそこバズりました。



 さて、それから二、三日たったある日の事(※この間の未公開映像番組公式ブログで随時更新中!)、

浦島さんが海に出かけて魚を釣っていると、

・・・浦島さん、・・・浦島さん」

と、誰かが呼ぶ声がします。

「おや? 誰が呼んでいるのだろう?」

わたしですよ」

(このあと衝撃の人物が登場!続きはCMのあと!)



 すると海の上に、ひょっこりとカメが頭を出して言いました。

「このあいだは助けていただいて、ありがとうございました」

「ああ、あの時(※2)のカメさん」(※2:2021/8/29放送回)

はい、おかげで命が助かりました。ところで浦島さんは、竜宮へ行った事がありますか?」

「竜宮? さあ? 竜宮って、どこにあるんだい?」

海の底です」

「えっ? 海の底へなんか、行けるのかい?」

はいわたしがお連れしましょう。さあ、背中へ乗ってください」

カメは浦島さんを背中に乗せて、海の中をずんずんともぐっていきました。

取材協力:ダイビングスクール マレア東京店)

海の中にはまっ青な光が差し込み、コンブがユラユラとゆれ、赤やピンクサンゴの林がどこまでも続いています

「わあ、きれいだな。番組オリジナルカレンダー9月の写真はコレで決まり!」

浦島さんがウットリしていると、やがて立派なご殿へ着きました。

「着きましたよ。このご殿が竜宮です。さあ、こちらへ」

繋ぎコメントもしっかりしてる。さすが人気施設テレビようわかっとるやん)と浦島は思いながら、

カメに案内されるまま進んでいくと、この竜宮の主人の美しい乙姫さまが、色とりどりの魚たちと一緒に浦島さんを出迎えてくれました。

「ようこそ、浦島さん。わたしは、この竜宮の主人の乙姫です。このあいだはカメを助けてくださって、ありがとうございます

お礼に、竜宮をご案内します。どうぞ、ゆっくりしていってくださいね

浦島さんは、竜宮の広間ヘ案内されました。すかさず、照明さんと音声さんが準備を始めます

浦島さんが用意された席に座り、養生テープでバミられた位置椅子をセットすると、魚たちが次から次へと素晴らしいごちそうを運んできます

この料理のセットメニューは、来週1週間に限り「アド街を見た」でお会計5%オフになります

ふんわりと気持ちのよい音楽が流れて、タイヒラメクラゲたちの、それは見事な踊りが続きます

ここはまるで、天国のようです。そして、

「もう一日、いてください。もう一日、いてください。空待ちさえしてもらえればもっといい画が撮れるんです」

と、乙姫さまに言われるまま竜宮で過ごすうちに、三年の月日がたってしまいました。

長期ロケ吉本の安い芸人にとって貴重な食い扶持だから、という面もありました。



ある時、浦島さんは、はっと思い出しました。

(家族や友だちは、どうしているだろう?同期はもう冠番組を持っているのもいるだろう)

そこで浦島さんは、乙姫さまに言いました。

乙姫さま、今までありがとうございます。ですが、もうそろそろケツカッチンなので家へ帰らせていただきます

「帰られるのですか? よろしければ、このままここで暮しては」

「いいえ、わたしの帰りを待つ者もおりますので。

それに、テレビに出てるからとはいえ漫才をおろそかにすると他の芸人からの風当たりも気になります

 すると乙姫さまは、さびしそうに言いました。

・・・そうですか。それはおなごりおしいです。では、おみやげ玉手箱差し上げましょう」

(『玉手箱』その衝撃の中身とは!?リモコンのdボタンを押してあなたも回答!)



玉手箱?」

はい。この中には、浦島さんが竜宮で過ごされた『時』が入っております

これを開けずに持っている限り、浦島さんは年を取りません。

ずーっと、今の若い姿のままでいられます

ですが一度開けてしまうと、今までの『時』が戻ってしまますので、決して開けてはなりませんよ」

はい、わかりました。ありがとうございます

乙姫さまと別れた浦島さんは、上島さんならあの場で即開封しただろうかと思いながら、またカメに送られて地上へ帰りました。



地上にもどった浦島さんは、まわりを見回してびっくり。

「おや? わずか三年で、業界もずいぶんと様子が変わったな」

かにここは浦島さんが釣りをしていた場所ですが、何だか様子が違います。いま、そこにはFischer'sしかいませんでした。

浦島さんの家はどこにも見あたりませんし、出会う人も知らない人ばかりです。

わたしの家は、どうなったのだろう? みんなはどこかへ、引っ越したのだろうか? 

…あの、すみません。浦島の家を知りませんか?」

浦島さんが携帯YouTubeを見ていた一人の老人に尋ねてみると、老人は少し首をかしげて言いました。

「浦島? …ああ、確か浦島という人なら七百年ほど前に昼の帯番組へ出たきりで、帰らないそうですよ」

「えっ!?

老人の話しを聞いて、浦島さんはびっくり。竜宮業界の三年は、この世の七百年にあたるのでしょうか?

家族も友だちも宮迫さんも、みんな死んでしまったのか…」

がっくりと肩を落とした浦島さんは、ふと、持っていた玉手箱を見つめました。

「そう言えば、乙姫さまは言っていたな。この玉手箱を開けると、『時』が戻ってしまうと。

もしかしてこれを開けると、自分暮らしていた時に戻るのでは」

そう思った浦島さんは、もはや炎上でもいいからバズりたいと思い、開けてはいけないと言われていた玉手箱を開けてしまいました。

(このあと衝撃の展開!スタジオみちょぱ驚愕真相まであと[30]秒!)



クモクモク…。

すると中から、まっ白のけむりが出てきました。なんとか画映えするように、わざと顔に思いきりかかる形で位置を調整します。

「おおっ、これは」

けむりの中に、竜宮や美しい乙姫さまの姿がうつりました。そして楽しかった竜宮での三年が、次から次へとうつし出されます

「ああ、わたしは、竜宮へ戻ってきたんだ」

浦島さんは、喜びました。でも玉手箱から出てきたけむりは次第に薄れていき、その場に残ったのは髪の毛もひげもまっ白の、

ヨポヨポのおじいさんになった浦島さんだったのです。


「このオチはもう新喜劇くらいでしかウケんのよ!」と、スタジオノブが言いました。


おしまい

(※撮影緊急事態宣言発令前に行われたものです。)

(※本日放送内容をもう一度ご覧になりたい方は、民放公式配信サービスTVerから!)



底本:浦島太郎 <福娘童話集  きょうの日本昔話> http://hukumusume.com/douwa/pc/jap/07/01.htm

2021-08-21

anond:20210821215114

わしも殺生が嫌いやけ、ドラム缶に押し込んでから生コン流し込んで海の底に沈めちょるが執行猶予くらいつけてもらえるかのう

2021-08-16

戦場に行って行方不明になった人たち、今もアジアとか太平洋の島のどこかで白骨化してるのか。空軍パイロット海の底に眠ってるのだろう。

2021-08-13

ワイ「漫画村みたいなサイトどこ?」

ガイジA「山頂を目指せ」

ガイジB「海の底にある」

ガイジC「猫の跡を追え」

ガイジD 「星の軌道を読め」

意地でも教える気無いのね

2021-07-18

anond:20210718064258

698 :風と木の名無しさん2009/04/29(水) 04:54:06 ID:V+U82c+w0

つーかここに書いてる時点で695は認定されるような場違い場所

認定されるような浮く発言して当てられちゃったわけよね

それをさも笑えることと思ってる辺り非常識な腐の世界に片足つっこんでます

699 :風と木の名無しさん2009/04/29(水) 06:27:25 ID:W+CFxQWgO

698

695は「クラピカが良い」なんていう腐でなくても言うであろうご普通発言をしたのに

何故か腐認定をされた不条理について書いてるんじゃん。

何のスレで書いたか知らないけど、漫画とかキャラとかを語るスレで書いたなら

浮く筈はない言葉じゃないか

私はそういう話だと思って695を読んだけどな。

700 :風と木の名無しさん2009/04/29(水) 20:11:39 ID:qS4D34IC0

698

699

いや、まとめサイトでそういう風なの見ただけ~

あれはアルファルファだったと思う

701 :風と木の名無しさん2009/04/30(木) 10:58:32 ID:7Qu5HKoF0

690

今日テク

証明できないことをうまく使って、

「本当に腐女子かどうかは限らない、男かも知れない!」と言い張ろう。

証明できないんだからいくらでも食い下がれる。

どうせ女の子を叩く奴なんか、キモヲタ童貞しかいないんだから

最終的には「お前らだからモテないんだぜ?腐女子おっぱい見せたら勃起するんだろだぜ?」で逃げ切ろう。

702 :風と木の名無しさん2009/04/30(木) 16:22:28 ID:S0tORKdcO

701

とっととしね

703 :風と木の名無しさん2009/04/30(木) 18:22:47 ID:zk+xSOVVO

腐女子の言う処世術って、仲良しテクじゃなくて私は悪くないテクだね。

704 :風と木の名無しさん2009/04/30(木) 18:26:29 ID:zk+xSOVVO

700

会話の流れによるわ。

A「お前らの好きな男性有名人って誰?」

B「クラピカが良い」

A「腐女子きめぇ

とか。

705 :風と木の名無しさん2009/04/30(木) 18:56:05 ID:Hof/0ox50

詳細がわからんのに言い合っても不毛

700は見たというサイトURLを持ってくるべき

持ってこないのなら妄想捏造乙でいい

706 :風と木の名無しさん2009/05/01(金) 01:23:55 ID:znA2B3uL0

705

そう思って探したんだけど、なかなか見つかんなくてさ~

結構前だから古い記事だと思うんだけど

クラピカ過剰反応で腐認定的な感じだったんだけど

そもそもどんなスレタイかも覚えてないという orz

707 :風と木の名無しさん2009/05/01(金) 01:40:28 ID:znA2B3uL0

705

あったー!クラピカとは書いてなかった!

私の思い込みでしたw

アルファルファhttp://alfalfa.livedoor.biz/archives/51194698.html

63 マロン名無しさん :2007/12/14(金) 16:02:01 ID:gHCcndIM

指きったりしてハンデを受けることで能力UPは斬新だな

69 マロン名無しさん :2007/12/14(金) 22:40:54 ID:???

63

ハンタ死ね

腐女子マロンに来るな

708 :風と木の名無しさん2009/05/01(金) 04:22:17 ID:70ajtTiD0

よく言われる腐女子の特徴「思い込みが激しい」

当たってる…

709 :風と木の名無しさん2009/05/01(金) 11:43:44 ID:cVMfayC20

妄想力はすごいのに想像力は無いという

腐女子も肝男タも外出てこないでください

710 :風と木の名無しさん2009/05/02(土) 02:55:36 ID:FfKW/GuE0

随分前に見た記事だったしさ~

かにクラピカと黒桃太郎って全然違うけど・・・

冨樫つながりって事で許してよ

711 :風と木の名無しさん2009/05/02(土) 11:17:19 ID:PgfYG50u0

今日の仲良しテク

あやふや記憶で論争を巻き起こし

結局「間違いでした~」とグダグダにしてスレを止める

都合の悪いスレはこれで全部止めちゃおう!

713 :風と木の名無しさん2009/05/02(土) 18:09:44 ID:wSIPCzFDO

腐女子過剰反応するのは腐女子だけ!だからつっかかってくるおまえも腐女子だろ!

みたいな決めつけは違うと思うし、じゃあつっかからせるような発言はするなと言いたい

714 :風と木の名無しさん2009/05/02(土) 18:48:33 ID:xoFcvg3M0

一般スレで腐妄想垂れ流して

注意されても反発したり無視して延々続ける腐ってなんなの

頭逝っちゃってんの?

715 :風と木の名無しさん2009/05/03(日) 06:35:46 ID:dFF22f9x0

ネットに対してはしゃぎすぎの傾向は腐女子全般にあるとオモ717 :風と木の名無しさん2009/05/08(金) 23:22:02 ID:U2Td3zaf0

800 : スミレ(東海):2009/05/08(金) 05:37:34.07 ID:3wMGCjWW

児童ポルノ以前にレイプをあつかった作品には反対だね

実際レイプされた被害者がこのような作品存在知ったらどうだ?

人権侵害してると言えよう。これ規制するのによくね?

表現の自由だなんだのやりすぎだし創作人権はなくてもこれなら

802ジロボウエンゴサク(千葉県):2009/05/08(金) 05:39:11.69 ID:dQsEe9O3

800

そんなこと言ったら、強盗に入られた家族の心情を考えてルパン放送できない

804 : トキワヒメハギミツバアケビ(山形県):2009/05/08(金) 05:39:32.25 ID:0UHiQyCR

800

おまえは殺人被害にあった遺族に配慮してこの世から殺人ネタに扱った創作物を

一掃する運動でも始めるといいよ

718 :風と木の名無しさん2009/05/09(土) 10:56:12 ID:8kClFPR30

このスレ「他の板での腐女子 敵作りテク」だね

719 :風と木の名無しさん2009/05/09(土) 11:22:54 ID:pnEx00HOO

結論:この板以外書き込むな

720 :風と木の名無しさん2009/05/09(土) 11:27:36 ID:C/21njBQO

とにかくガ板の腐女子スレを見て欲しい

腐女子彼女がいるが~、妹が腐女子だが~等の書き込みがどれだけバレバレで痛いかわかってほしい

721 :風と木の名無しさん2009/05/09(土) 17:40:58 ID:9IuXArr4O

1

腐ったレスをしない

        完

722 :風と木の名無しさん2009/05/09(土) 17:54:24 ID:XQH6ixV90

265

7 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2008/06/19(木) 00:44:25 ID:43boHdOj0

下手になりきるとむしろバレるし、相手にとっても不快なんだよね。

普通に男言葉言葉意識せず、標準語で話せばいいこと

8 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2008/06/19(木) 00:47:32 ID:biO+cRbe0

そこの空気さえ読めればバレないと思うがね

9 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2008/06/19(木) 00:51:00 ID:TE4LBE0B0

空気を読むためにも絶対10レスは読むべきだよね。

たまに検索してすぐに書いちゃって撃沈している仲間を見かける

10 名前:風と木の名無しさん[sage] 投稿日:2008/06/19(木) 05:17:01 ID:TcqfJmUw0

情報収集ならロムでいいわけじゃんw

言い方変えてもそこんとこが同じならアウトだって

最初期に連続してFAとも言うべきことが書き込まれているのに、

グズグズと700以上スレを消費するのが腐クオリティ

723 :風と木の名無しさん2009/05/10(日) 15:49:28 ID:2ElAUzC50

まだやってたのか

えっと…ケーブルで首吊って死ね

724 :風と木の名無しさん2009/05/12(火) 13:31:03 ID:qgswXT2U0

ケーブルで首吊るとか、妙に古い2ちゃんネタをいまだに使うのも腐女子の特徴

一度覚えたことが更新されない傾向がある

なんでなんだか

725 :風と木の名無しさん2009/05/12(火) 14:59:42 ID:eO1UmZKAO

うそ

漏れ(笑)とか藻前(笑)とかも使う奴いるから笑える

726 :風と木の名無しさん2009/05/12(火) 21:36:57 ID:f139Nj3IO

何に対しも熱中し海の底までハマるから

727 :風と木の名無しさん2009/05/12(火) 23:58:49 ID:yovb0KFi0

その手の2chスラングってコミュ能力低い人程好むね

728 :風と木の名無しさん2009/05/13(水) 09:42:42 ID:CZxGOrXV0

801ものって、腐女子以外から見ればどれも同じにしか見えないスーパーマンネリな

もんだから本来的に変化を好まない傾向の女が集まってるのかね

てか、女ってそもそも、昼メロとかイケメン恋愛ドラマとか内容も展開も意外性が無く

変化の乏しいものをなぜか好むよね

729 :風と木の名無しさん2009/05/13(水) 19:30:53 ID:oXCTfqjR0

要するに好きなキャラが絡んでりゃなんでもいいんだろ

730 :風と木の名無しさん2009/05/15(金) 01:59:41 ID:lbAZ6gaRO

そういや痛い言動の多い腐女子日記とか見ると、そいつがハマってる漫画で超展開があっても感想とか書かない奴が多いな

妄想の中で変質して原型をとどめてないキャラの話ばかりしてる

731 :風と木の名無しさん2009/05/15(金) 04:07:21 ID:WsYLu89O0

もう(キャラ名)は(別キャラ名)と○○しちゃえばいいと思うよ!みたいのが多すぎて気持ち悪すぎるよな

腐女子独特の痛い言い回しはどうにかならんのか

732 :風と木の名無しさん2009/05/15(金) 10:40:29 ID:CPG2rPiF0

自分的にアニメキャラのカプがキモ過ぎる理由キャラレイプからだと気が付いた

実際のキャラ設定無視しまくって喜んでる腐がキモイのはそのせいか

733 :風と木の名無しさん2009/05/15(金) 12:51:40 ID:XJOasFif0

今日テク

もし腐臭をかぎ取られたら、別な板でさわごう。

お仲間が男言葉で援護してくれるはず。

そしてその板の人は味方になってくれるよ!

597 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2009/05/14(木) 23:25:47 ID:583illw7

行き過ぎた腐女子叩き

只のネタ普通雑談でも、レスの中に男の名前が二人分以上出てると

すぐに腐だ!腐だ!出ていけ氏ね!ぐらい過敏な奴が時々いて困る

どんなにまったり流れてる時でも、止めてでもかみつく

かにどこででも腐の話をしてる腐は迷惑だろう

でも腐を憎むあまり何でもかんでも腐に繋げすぎてる奴がいる

しかもそういう奴に限って自分たちはどこででもエロ動画AVの話を始めたりするからありえねー

ただの同族嫌悪に堕ちてどうするんだろう

大体、ほとんどのやつは結局何かをオカズにしてるんだから他人オカズが気に入らないなんて理由でそこまで憎んでも仕方ないと思うんだけど

600 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2009/05/15(金) 00:59:36 ID:G2i8gZ0o

597

腐叩きは別に良いとしても

キモヲタの叩かれなさっぷりは北朝鮮の様で怖いな。

スレ画像交換しまくるキモヲタには一切何の注意もしないし。

603 おさかなくわえた名無しさん sage New! 2009/05/15(金) 02:40:56 ID:sRnmOD32

597

そういった反応をしてる時点で自分も腐のような見方なっちゃってるん

だが、あの人達はその自覚がないらしい。

601

特撮オタだが、特板もすげーぞ。まあ、2ちゃん含めネット上くらいし

かオタが強く出れる場所ってないからね…。

744 :風と木の名無しさん2009/05/25(月) 17:31:54 ID:4EIK24EZ0

いまあちこち叩かれてる腐女子は、どっちかと言うと中年以上の腐女子

ほうが多いと思う。携帯が急激に普及したせいじゃないかな?

しろ年齢若そうな腐女子のほうがまだ分別あるような気がする。

見た中で最高齢は62歳っていう携帯腐女子がいた。

人世リタイアしてヒマらしくて、あまりに話のズレたレスを一日に70件以上(w)

連投してて、ID検索さらされてた。

どっか頭のたががはずれたような中年腐女子をここ二三年よく見かける。

745 :風と木の名無しさん2009/05/26(火) 10:53:50 ID:hSzRGJ/00

今日テク

とにかく、自分のいる層以外に矛先を向ける

746 :風と木の名無しさん2009/05/26(火) 14:02:36 ID:iVWR9vf+0

「私じゃない!私は全然悪くない!悪いのは全部他の人!」

足りない頭でバレバレな話を捏造してまで自分だけは常に正当化したいんだよね

そこが他板でウザがられてる一つの要因なのに748 :風と木の名無しさん2009/05/27(水) 10:58:44 ID:JucZ4y0M0

悪いのはチュプ

悪いのは中高生

悪いのは高齢腐女子高齢自分より年上)

悪いのはネカマ

悪いのは腐を装った嫌腐

悪くないのは私だけ

749 :風と木の名無しさん2009/06/08(月) 21:11:07 ID:k76U3Pm90

まり世の中全部が敵なわけだw

750 :風と木の名無しさん2009/06/25(木) 01:17:18 ID:997theYm0

ROMってて欲しい情報が出てこないとき

さりげなく関連した話題を出す。

80%の確率目的と違う話題になってしまうが

20%くらい欲しい情報のヒントが出る。

しつこくレスをつけずに間を置いてまた関連したキーワードで誘う。

早く情報がほしいのを我慢して、時間をかければ

絶対大丈夫

751 :風と木の名無しさん2009/06/25(木) 16:24:28 ID:87KaUI0b0

801板でいう「欲しい情報」って何よwww

752 :風と木の名無しさん2009/07/03(金) 08:44:36 ID:xlyl4jUz0

シャアで好き放題やってる腐女子の躾って誰がやってんの?

いい加減もう限界なんだけど

ここの仲良しテクとやらを伝授してやってくれよ

753 :風と木の名無しさん2009/07/03(金) 10:59:14 ID:yJLHryk5O

752

こんな所に同胞がいたとはな

シャアの腐は異常すぎる

妄想ばかりでネタになっておらず、あげくに板内で腐女子同士いがみ合いを始めるし

○○腐が~とか、罪のなすり合いがうざい

754 :風と木の名無しさん2009/07/03(金) 12:35:48 ID:VBuEFyoI0

他板に行くな。ここにすっこんでろ。

って言われても文句言われないよな。

755 :風と木の名無しさん2009/07/03(金) 12:36:18 ID:VBuEFyoI0

言われないんじゃなかった。言えない、だ。

756 :風と木の名無しさん2009/07/03(金) 20:31:30 ID:AIV0QPdi0

あれやってんの腐女子じゃなくてアンチから

757 :風と木の名無しさん2009/07/04(土) 11:14:12 ID:Iam/ZD9x0

今日の仲良しテク

・都合の悪い事は全部アンチのせいにする

758 :風と木の名無しさん2009/07/04(土) 15:11:24 ID:17G3vpMDO

752

躾なんて誰もやってないし、そもそもそんなの出来るわけがない。

どんだけ注意したって収まらないうえに荒れるだけだから

放っておくしか手はないと思いますが。

759 :風と木の名無しさん2009/07/04(土) 19:34:24 ID:Mb2kmvyG0

・仕方ないと言って諦める

762 :風と木の名無しさん2009/07/05(日) 09:45:17 ID:RJWq3K5T0

ほとんど腐女子がいない場合→気にするほどではない状態。様子見推奨。

やや腐女子が目立つ場合→ここで下手に注意喚起すると無駄な争いを誘発する。各自スルー対応すべし。

腐女子暴走で板が荒廃してきた・・・→放っておくしか手はないと思いますが。

763 :風と木の名無しさん2009/07/05(日) 09:50:52 ID:GPg71UUiO

これが腐女子処世術

世間一般から嫌われるのも頷ける

764 :風と木の名無しさん2009/07/05(日) 20:27:05 ID:Wgp/8MYe0

様子見とかスルーとか放っておくとか

言ってること全部同じ

765 :風と木の名無しさん2009/07/05(日) 21:45:44 ID:qY93Rz/X0

過剰反応して普通の人を腐女子認定しては本末転倒。ここはグっと我慢

766 :風と木の名無しさん2009/07/06(月) 02:55:08 ID:iHgM4DN9O

過剰反応

全年齢板にホモカプ総合スレとかふざけた物建ててる連中を嫌がって過剰反応

何処まで他人我慢要求する気だ?

それで社会生活成り立ってんのか腐女子って?

767 :風と木の名無しさん2009/07/06(月) 23:21:05 ID:s2IhEjYt0

まあ腐男子かもしれないし

768 :風と木の名無しさん2009/07/07(火) 14:24:52 ID:mXlb8Xg10

ネット上の「腐男子」の9割9分は腐女子のなりきり架空生物だろ

たとえ存在したとして、どんだけ数の少ないものに全責任なすり付けるつもり?

結局腐女子は「悪いのはアタシ以外」「アタシは絶対悪くない」なんだな

だって嫌うわそんな女

769 :風と木の名無しさん2009/07/07(火) 17:19:28 ID:kYEyeO64O

768

同意

本当にいくつスレ不快なことを書き込み、乗っ取ったら気が済むんだか

何回もこれやられて限界

コメ書き込みたかったら801板で、一般の板では自重したコメ

これが最善じゃないの?

こっちもも801板にはこないか

777 :風と木の名無しさん2009/07/13(月) 06:52:19 ID:H65bCAOq0

腐女子が仲良くしたら何か困ることでもあるのかな

この人たちは

778 :風と木の名無しさん2009/07/13(月) 09:09:30 ID:RuCfIG9RO

仲良くできてから言えよ

他に迷惑かけすぎ

からこうなってるんだよ

779 :風と木の名無しさん2009/07/13(月) 13:15:55 ID:9cfqfAtx0

ゴキブリ(´・ω・`)仲良くしたい・・・

ゴキブリ文句ばっか言ってないで俺と仲良く共存できる方法でも考えたら?」

ゴキブリ「俺が仲良くしたら何か困る事でもあるのかな」

…とでも書けば今の俺の気持ちがわかるだろうか

2021-03-22

赤い部屋

異常な興奮を求めて集った、七人のしかつめらしい男が(私もその中の一人だった)態々わざわざ其為そのためにしつらえた「赤い部屋」の、緋色ひいろの天鵞絨びろうどで張った深い肘掛椅子に凭もたれ込んで、今晩の話手が何事か怪異物語を話し出すのを、今か今かと待構まちかまえていた。

 七人の真中には、これも緋色の天鵞絨で覆おおわれた一つの大きな円卓子まるテーブルの上に、古風な彫刻のある燭台しょくだいにさされた、三挺さんちょうの太い蝋燭ろうそくがユラユラと幽かすかに揺れながら燃えていた。

 部屋の四周には、窓や入口のドアさえ残さないで、天井から床まで、真紅まっかな重々しい垂絹たれぎぬが豊かな襞ひだを作って懸けられていた。ロマンチック蝋燭の光が、その静脈から流れ出したばかりの血の様にも、ドス黒い色をした垂絹の表に、我々七人の異様に大きな影法師かげぼうしを投げていた。そして、その影法師は、蝋燭の焔につれて、幾つかの巨大な昆虫でもあるかの様に、垂絹の襞の曲線の上を、伸びたり縮んだりしながら這い歩いていた。

 いつもながらその部屋は、私を、丁度とほうもなく大きな生物心臓の中に坐ってでもいる様な気持にした。私にはその心臓が、大きさに相応したのろさを以もって、ドキンドキンと脈うつ音さえ感じられる様に思えた。

 誰も物を云わなかった。私は蝋燭をすかして、向側に腰掛け人達の赤黒く見える影の多い顔を、何ということなしに見つめていた。それらの顔は、不思議にも、お能の面の様に無表情に微動さえしないかと思われた。

 やがて、今晩の話手と定められた新入会員のT氏は、腰掛けたままで、じっと蝋燭の火を見つめながら、次の様に話し始めた。私は、陰影の加減で骸骨の様に見える彼の顎が、物を云う度にガクガクと物淋しく合わさる様子を、奇怪なからくり仕掛けの生人形でも見る様な気持で眺めていた。

 私は、自分では確かに正気の積りでいますし、人も亦またその様に取扱って呉くれていますけれど、真実まったく正気なのかどうか分りません。狂人かも知れません。それ程でないとしても、何かの精神病者という様なものかも知れません。兎とに角かく、私という人間は、不思議な程この世の中がつまらないのです。生きているという事が、もうもう退屈で退屈で仕様がないのです。

 初めの間うちは、でも、人並みに色々の道楽に耽ふけった時代もありましたけれど、それが何一つ私の生れつきの退屈を慰なぐさめては呉れないで、却かえって、もうこれで世の中の面白いことというものはお仕舞なのか、なあんだつまらないという失望ばかりが残るのでした。で、段々、私は何かをやるのが臆劫おっくうになって来ました。例えば、これこれの遊びは面白い、きっとお前を有頂天にして呉れるだろうという様な話を聞かされますと、おお、そんなものがあったのか、では早速やって見ようと乗気になる代りに、まず頭の中でその面白さを色々と想像して見るのです。そして、さんざん想像を廻めぐらした結果は、いつも「なあに大したことはない」とみくびって了しまうのです。

 そんな風で、一時私は文字通り何もしないで、ただ飯を食ったり、起きたり、寝たりするばかりの日を暮していました。そして、頭の中丈だけで色々な空想を廻らしては、これもつまらない、あれも退屈だと、片端かたはしからけなしつけながら、死ぬよりも辛い、それでいて人目には此上このうえもなく安易生活を送っていました。

 これが、私がその日その日のパンに追われる様な境遇だったら、まだよかったのでしょう。仮令たとえ強いられた労働しろ兎に角何かすることがあれば幸福です。それとも又、私が飛切りの大金持ででもあったら、もっとよかったかも知れません。私はきっと、その大金の力で、歴史上の暴君達がやった様なすばらしい贅沢ぜいたくや、血腥ちなまぐさい遊戯や、その他様々の楽しみに耽ふけることが出来たでありましょうが、勿論それもかなわぬ願いだとしますと、私はもう、あのお伽噺とぎばなしにある物臭太郎の様に、一層死んで了った方がましな程、淋しくものういその日その日を、ただじっとして暮す他はないのでした。

 こんな風に申上げますと、皆さんはきっと「そうだろう、そうだろう、併し世の中の事柄に退屈し切っている点では我々だって決してお前にひけを取りはしないのだ。だからこんなクラブを作って何とかして異常な興奮を求めようとしているのではないか。お前もよくよく退屈なればこそ、今、我々の仲間へ入って来たのであろう。それはもう、お前の退屈していることは、今更ら聞かなくてもよく分っているのだ」とおっしゃるに相違ありません。ほんとうにそうです。私は何もくどくどと退屈の説明をする必要はないのでした。そして、あなた方が、そんな風に退屈がどんなものだかをよく知っていらっしゃると思えばこそ、私は今夜この席に列して、私の変てこな身の上話をお話しようと決心したのでした。

 私はこの階下のレストランへはしょっちゅう出入でいりしていまして、自然ここにいらっしゃる御主人とも御心安く、大分以前からこの「赤い部屋」の会のことを聞知っていたばかりでなく、一再いっさいならず入会することを勧められてさえいました。それにも拘かかわらず、そんな話には一も二もなく飛びつき相そうな退屈屋の私が、今日まで入会しなかったのは、私が、失礼な申分かも知れませんけれど、皆さんなどとは比べものにならぬ程退屈し切っていたからです。退屈し過ぎていたからです。

 犯罪探偵遊戯ですか、降霊術こうれいじゅつ其他そのたの心霊上の様々の実験ですか、Obscene Picture の活動写真や実演やその他のセンジュアル遊戯ですか、刑務所や、瘋癲病院や、解剖学教室などの参観ですか、まだそういうものに幾らかでも興味を持ち得うるあなた方は幸福です。私は、皆さんが死刑執行のすき見を企てていられると聞いた時でさえ、少しも驚きはしませんでした。といいますのは、私は御主からそのお話のあった頃には、もうそういうありふれた刺戟しげきには飽き飽きしていたばかりでなく、ある世にもすばらしい遊戯、といっては少し空恐しい気がしますけれど、私にとっては遊戯といってもよい一つの事柄発見して、その楽しみに夢中になっていたからです。

 その遊戯というのは、突然申上げますと、皆さんはびっくりなさるかも知れませんが……、人殺しなんです。ほんとうの殺人なんです。しかも、私はその遊戯発見してから今日までに百人に近い男や女や子供の命を、ただ退屈をまぎらす目的の為ばかりに、奪って来たのです。あなた方は、では、私が今その恐ろしい罪悪を悔悟かいごして、懺悔ざんげ話をしようとしているかと早合点なさるかも知れませんが、ところが、決してそうではないのです。私は少しも悔悟なぞしてはいません。犯した罪を恐れてもいません。それどころか、ああ何ということでしょう。私は近頃になってその人殺しという血腥い刺戟にすら、もう飽きあきして了ったのです。そして、今度は他人ではなくて自分自身を殺す様な事柄に、あの阿片アヘン喫煙に耽り始めたのです。流石さすがにこれ丈けは、そんな私にも命は惜しかったと見えまして、我慢我慢をして来たのですけれど、人殺しさえあきはてては、もう自殺でも目論もくろむ外には、刺戟の求め様がないではありませんか。私はやがて程なく、阿片の毒の為に命をとられて了うでしょう。そう思いますと、せめて筋路の通った話の出来る間に、私は誰れかに私のやって来た事を打開けて置き度いのです。それには、この「赤い部屋」の方々が一番ふさわしくはないでしょうか。

 そういう訳で、私は実は皆さんのお仲間入りがし度い為ではなくて、ただ私のこの変な身の上話を聞いて貰い度いばかりに、会員の一人に加えて頂いたのです。そして、幸いにも新入会の者は必ず最初の晩に、何か会の主旨に副そう様なお話をしなければならぬ定きめになっていましたのでこうして今晩その私の望みを果す機会をとらえることが出来た次第なのです。

 それは今からざっと三年計ばかり以前のことでした。その頃は今も申上げました様に、あらゆる刺戟に飽きはてて何の生甲斐もなく、丁度一匹の退屈という名前を持った動物ででもある様に、ノラリクラリと日を暮していたのですが、その年の春、といってもまだ寒い時分でしたから多分二月の終りか三月の始め頃だったのでしょう、ある夜、私は一つの妙な出来事にぶつかったのです。私が百人もの命をとる様になったのは、実にその晩の出来事動機を為なしたのでした。

 どこかで夜更しをした私は、もう一時頃でしたろうか。少し酔っぱらっていたと思います寒い夜なのにブラブラと俥くるまにも乗らないで家路を辿っていました。もう一つ横町を曲ると一町ばかりで私の家だという、その横町何気なくヒョイと曲りますと、出会であいがしらに一人の男が、何か狼狽している様子で慌ててこちらへやって来るのにバッタリぶつかりました。私も驚きましたが男は一層驚いたと見えて暫く黙って衝つっ立っていましたが、おぼろげな街燈の光で私の姿を認めるといきなり「この辺に医者はないか」と尋ねるではありませんか。よく訊きいて見ますと、その男自動車運転手で、今そこで一人の老人を(こんな夜中に一人でうろついていた所を見ると多分浮浪の徒だったのでしょう)轢倒ひきたおして大怪我をさせたというのです。なる程見れば、すぐ二三間向うに一台の自動車が停っていて、その側そばに人らしいものが倒れてウーウーと幽かすかにうめいています交番といっても大分遠方ですし、それに負傷者の苦しみがひどいので、運転手は何はさて置き先ず医者を探そうとしたのに相違ありません。

 私はその辺の地理は、自宅の近所のことですから医院所在などもよく弁わきまえていましたので早速こう教えてやりました。

「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈の点ついた家がある。M医院というのだ。そこへ行って叩き起したらいいだろう」

 すると運転手はすぐ様助手に手伝わせて、負傷者をそのM医院の方へ運んで行きました。私は彼等の後ろ姿が闇の中に消えるまで、それを見送っていましたが、こんなことに係合っていてもつまらないと思いましたので、やがて家に帰って、――私は独り者なんです。――婆ばあやの敷しいて呉れた床とこへ這入はいって、酔っていたからでしょう、いつになくすぐに眠入ねいって了いました。

 実際何でもない事です。若もし私がその儘ままその事件を忘れて了いさえしたら、それっ限きりの話だったのです。ところが、翌日眼を醒さました時、私は前夜の一寸ちょっとした出来事をまだ覚えていました。そしてあの怪我人は助かったかしらなどと、要もないことまで考え始めたものです。すると、私はふと変なことに気がつきました。

「ヤ、俺は大変な間違いをして了ったぞ」

 私はびっくりしました。いくら酒に酔っていたとは云いえ、決して正気を失っていた訳ではないのに、私としたことが、何と思ってあの怪我人をM医院などへ担ぎ込ませたのでしょう。

「ここを左の方へ二町ばかり行くと左側に赤い軒燈の点いた家がある……」

 というその時の言葉もすっかり覚えています。なぜその代りに、

「ここを右の方へ一町ばかり行くとK病院という外科専門の医者がある」

 と云わなかったのでしょう。私の教えたMというのは評判の藪やぶ医者で、しか外科の方は出来るかどうかさえ疑わしかった程なのです。ところがMとは反対の方角でMよりはもっと近い所に、立派に設備の整ったKという外科病院があるではありませんか。無論私はそれをよく知っていた筈はずなのです。知っていたのに何故間違ったことを教えたか。その時の不思議心理状態は、今になってもまだよく分りませんが、恐らく胴忘どうわすれとでも云うのでしょうか。

 私は少し気懸りになって来たものですから、婆やにそれとなく近所の噂などを探らせて見ますと、どうやら怪我人はM医院の診察室で死んだ鹽梅あんばいなのです。どこの医者でもそんな怪我人なんか担ぎ込まれるのは厭いやがるものです。まして夜半の一時というのですから、無理もありませんがM医院はいくら戸を叩いても、何のかんのと云って却々なかなか開けて呉れなかったらしいのです。さんざん暇ひまどらせた挙句やっと怪我人を担ぎ込んだ時分には、もう余程手遅れになっていたに相違ありません。でも、その時若しM医院の主が「私は専門医でないから、近所のK病院の方へつれて行け」とでも、指図をしたなら、或あるいは怪我人は助っていたのかも知れませんが、何という無茶なことでしょう。彼は自からその難しい患者を処理しようとしたらしいのです。そしてしくじったのです、何んでも噂によりますとM氏はうろたえて了って、不当に長い間怪我人をいじくりまわしていたとかいうことです。

 私はそれを聞いて、何だかこう変な気持になって了いました。

 この場合可哀相な老人を殺したものは果して何人なんぴとでしょうか。自動車運転手とM医師ともに、夫々それぞれ責任のあることは云うまでもありません。そしてそこに法律上処罰があるとすれば、それは恐らく運転手の過失に対して行われるのでしょうが事実上最も重大な責任者はこの私だったのではありますいか。若しその際私がM医院でなくてK病院を教えてやったとすれば、少しのへまもなく怪我人は助かったのかも知れないのです。運転手は単に怪我をさせたばかりです。殺した訳ではないのです。M医師は医術上の技倆が劣っていた為にしくじったのですから、これもあながちとがめる所はありません。よし又彼に責を負うべき点があったとしても、その元はと云えば私が不適当なM医院を教えたのが悪いのです。つまり、その時の私の指図次第によって、老人を生かすことも殺すことも出来た訳なのです。それは怪我をさせたのは如何にも運転手でしょう。けれど殺したのはこの私だったのではありますいか

 これは私の指図が全く偶然の過失だったと考えた場合ですが、若しそれが過失ではなくて、その老人を殺してやろうという私の故意から出たものだったとしたら、一体どういうことになるのでしょう。いうまでもありません。私は事実上殺人罪を犯したものではありませんか。併しか法律は仮令運転手を罰することはあっても、事実上殺人である私というものに対しては、恐らく疑いをかけさえしないでしょう。なぜといって、私と死んだ老人とはまるきり関係のない事がよく分っているのですから。そして仮令疑いをかけられたとしても、私はただ外科医院のあることなど忘れていたと答えさえすればよいではありませんか。それは全然心の中の問題なのです。

 皆さん。皆さんは嘗かつてこういう殺人法について考えられたことがおありでしょうか。私はこの自動車事件で始めてそこへ気がついたのですが、考えて見ますと、この世の中は何という険難至極けんのんしごくな場所なのでしょう。いつ私の様な男が、何の理由もなく故意に間違った医者を教えたりして、そうでなければ取止めることが出来た命を、不当に失って了う様な目に合うか分ったものではないのです。

 これはその後私が実際やって見て成功したことなのですが、田舎のお婆さんが電車線路を横切ろうと、まさに線路に片足をかけた時に、無論そこには電車ばかりでなく自動車自転車や馬車や人力車などが織る様に行違っているのですから、そのお婆さんの頭は十分混乱しているに相違ありません。その片足をかけた刹那に、急行電車か何かが疾風しっぷうの様にやって来てお婆さんから二三間の所まで迫ったと仮定します。その際、お婆さんがそれに気附かないでそのまま線路を横切って了えば何のことはないのですが、誰かが大きな声で「お婆さん危いッ」と怒鳴りでもしようものなら、忽たちまち慌てて了って、そのままつき切ろうか、一度後へ引返そうかと、暫しばらくまごつくに相違ありません。そして、若しその電車が、余り間近い為に急停車も出来なかったとしますと、「お婆さん危いッ」というたった一言が、そのお婆さんに大怪我をさせ、悪くすれば命までも取って了わないとは限りません。先きも申上げました通り、私はある時この方法で一人の田舎者をまんまと殺して了ったことがありますよ。

(T氏はここで一寸言葉を切って、気味悪く笑った)

 この場合危いッ」と声をかけた私は明かに殺人者です。併し誰が私の殺意を疑いましょう。何の恨うらみもない見ず知らずの人間を、ただ殺人の興味の為ばかりに、殺そうとしている男があろうなどと想像する人がありましょうか。それに「危いッ」という注意の言葉は、どんな風に解釈して見たって、好意から出たものしか考えられないのです。表面上では、死者から感謝されこそすれ決して恨まれ理由がないのです。皆さん、何と安全至極な殺人法ではありませんか。

 世の中の人は、悪事は必ず法律に触れ相当の処罰を受けるものだと信じて、愚にも安心し切っています。誰にしたって法律人殺しを見逃そうなどとは想像もしないのです。ところがどうでしょう。今申上げました二つの実例から類推出来る様な少しも法律に触れる気遣いのない殺人法が考えて見ればいくらもあるではありませんか。私はこの事に気附いた時、世の中というものの恐ろしさに戦慄するよりも、そういう罪悪の余地を残して置いて呉れた造物主の余裕を此上もなく愉快に思いました。ほんとうに私はこの発見に狂喜しました。何とすばらしいではありませんか。この方法によりさえすれば、大正の聖代せいだいにこの私丈けは、謂わば斬捨て御免ごめんも同様なのです。

 そこで私はこの種の人殺しによって、あの死に相な退屈をまぎらすことを思いつきました。絶対法律に触れない人殺し、どんなシャーロック・ホームズだって見破ることの出来ない人殺し、ああ何という申分のない眠け醒しでしょう。以来私は三年の間というもの、人を殺す楽しみに耽って、いつの間にかさしもの退屈をすっかり忘れはてていました。皆さん笑ってはいけません。私は戦国時代の豪傑の様に、あの百人斬りを、無論文字通り斬る訳ではありませんけれど、百人の命をとるまでは決して中途でこの殺人を止めないことを、私自身に誓ったのです。

 今から三月ばかり前です、私は丁度九十九人だけ済ませました。そして、あと一人になった時先にも申上げました通り私はその人殺しにも、もう飽きあきしてしまったのですが、それは兎も角、ではその九十九人をどんな風にして殺したか。勿論九十九人のどの人にも少しだって恨みがあった訳ではなく、ただ人知れぬ方法とその結果に興味を持ってやった仕事ですから、私は一度も同じやり方を繰返す様なことはしませんでした。一人殺したあとでは、今度はどんな新工夫でやっつけようかと、それを考えるのが又一つの楽しみだったのです。

 併し、この席で、私のやった九十九の異った殺人法を悉ことごとく御話する暇もありませんし、それに、今夜私がここへ参りましたのは、そんな個々の殺人方法告白する為ではなくて、そうした極悪非道の罪悪を犯してまで、退屈を免れ様とした、そして又、遂にはその罪悪にすら飽きはてて、今度はこの私自身を亡ぼそうとしている、世の常ならぬ私の心持をお話して皆さんの御判断を仰ぎたい為なのですから、その殺人方以については、ほんの二三の実例を申上げるに止めて置き度いと存じます

 この方法発見して間もなくのことでしたが、こんなこともありました。私の近所に一人の按摩あんまがいまして、それが不具などによくあるひどい強情者でした。他人が深切しんせつから色々注意などしてやりますと、却ってそれを逆にとって、目が見えないと思って人を馬鹿にするなそれ位のことはちゃんと俺にだって分っているわいという調子で、必ず相手言葉にさからたことをやるのです。どうして並み並みの強情さではないのです。

 ある日のことでした。私がある大通りを歩いていますと、向うからその強情者の按摩がやって来るのに出逢いました。彼は生意気にも、杖つえを肩に担いで鼻唄を歌いながらヒョッコリヒョッコリと歩いています。丁度その町には昨日から下水工事が始まっていて、往来の片側には深い穴が掘ってありましたが、彼は盲人のことで片側往来止めの立札など見えませんから、何の気もつかず、その穴のすぐ側を呑気そうに歩いているのです。

 それを見ますと、私はふと一つの妙案を思いつきました。そこで、

「やあN君」と按摩の名を呼びかけ、(よく療治を頼んでお互に知り合っていたのです)

「ソラ危いぞ、左へ寄った、左へ寄った」

 と怒鳴りました。それを態わざと少し冗談らしい調子でやったのです。というのは、こういえば、彼は日頃の性質から、きっとからかわれたのだと邪推して、左へはよらないで態と右へ寄るに相違ないと考えたからです。案あんの定じょう彼は、

「エヘヘヘ……。御冗談ばっかり」

 などと声色こわいろめいた口返答をしながら、矢庭やにわに反対の右の方へ二足三足寄ったものですから、忽ち下水工事の穴の中へ片足を踏み込んで、アッという間に一丈もあるその底へと落ち込んで了いました。私はさも驚いた風を装うて穴の縁へ駈けより、

「うまく行ったかしら」と覗いて見ましたが彼はうち所でも悪かったのか、穴の底にぐったりと横よこたわって、穴のまわりに突出ている鋭い石でついたのでしょう。一分刈りの頭に、赤黒い血がタラタラと流れているのです。それから、舌でも噛切ったと見えて、口や鼻からも同じ様に出血しています。顔色はもう蒼白で、唸り声を出す元気さえありません。

 こうして、この按摩は、でもそれから一週間ばかりは虫の息で生きていましたが、遂に絶命して了ったのです。私の計画は見事に成功しました。誰が私を疑いましょう。私はこの按摩を日頃贔屓ひいきにしてよく呼んでいた位で、決して殺人動機になる様な恨みがあった訳ではなく、それに、表面上は右に陥穽おとしあなのあるのを避けさせようとして、「左へよれ、左へよれ」と教えてやった訳なのですから、私の好意を認める人はあっても、その親切らしい言葉の裏に恐るべき殺意がこめられていたと想像する人があろう筈はないのです。

 ああ、何という恐しくも楽しい遊戯だったのでしょう。巧妙なトリックを考え出した時の、恐らく芸術家のそれにも匹敵する、歓喜、そのトリックを実行する時のワクワクした緊張、そして、目的を果した時の云い知れぬ満足、それに又、私の犠牲になった男や女が、殺人者が目の前にいるとも知らず血みどろになって狂い廻る断末魔だんまつまの光景ありさま、最初の間、それらが、どんなにまあ私を有頂天にして呉れたことでしょう。

 ある時はこんな事もありました。それは夏のどんよりと曇った日のことでしたが、私はある郊外文化村とでもいうのでしょう。十軒余りの西洋館がまばらに立並んだ所を歩いていました。そして、丁度その中でも一番立派なコンクリート造りの西洋館の裏手を通りかかった時です。ふと妙なものが私の目に止りました。といいますのは、その時私の鼻先をかすめて勢よく飛んで行った一匹の雀が、その家の屋根から地面へ引張ってあった太い針金に一寸とまると、いきなりはね返された様に下へ落ちて来て、そのまま死んで了ったのです。

 変なこともあるものだと思ってよく見ますと、その針金というのは、西洋館の尖った Permalink | 記事への反応(0) | 22:33

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん