「合戦」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 合戦とは

2017-07-25

https://anond.hatelabo.jp/20170725095947

竹槍で国盗り合戦して雇用創出するしかないな

中世国家らしくてちょうどいいだろ

2017-07-22

https://anond.hatelabo.jp/20170722213029

フレーム覚えたり確率計算したりしないと読み合いの意味がわかんないからな。究極的には混合戦ナッシュ均衡になるはずだけどゲーマーはそこまで至ってないので優越感は持てる。

2017-07-19

https://anond.hatelabo.jp/20170719191631

https://togetter.com/li/1131177

そういう調子クソリプ合戦大喜利?)、

このまとめを思い浮かべたな。

しかここの別の記事でなんか言われてたやつだった気がするけど。

まさにそんなかんじのクソリプが延々と繰り広げられて地獄だった。

それをまとめたのが対して伸びてないあたり

これぐらい日常茶飯事なんだっていうツイッターランド地獄さを感じる。

2017-07-16

https://anond.hatelabo.jp/20170716001113

えー……政治関連なんてカラースターで殴り合ってるじゃん

アレ一番最悪な状況だと思うけどなあ

全然フェアじゃないしカラースター合戦とか興醒めだわ

2017-07-12

からかい上手の高木さん』がつまらない理由

http://natalie.mu/comic/news/240412

アニメ化おめでとうございます


でも個人的はいまいちで、ちょっとまらないんです。

絵も好みだし何故つまらなくおもうか考えたんですけど、たぶん、

男性向けの「やっかい女の子のショー」なのに所詮男性が描いてるからです。

それってババ抜きを1人でやってるようなつまらなさがある。


同じ趣向(やっかい女の子のショー)の漫画って

古見さんは、コミュ症です。』とか『今日のユイコさん』とか色々あるんですが

みんなやっかいさがほんとうにチョロくて、わかりやすくて、コントローラボーで、つまらんのす。

私も男なので、同じ男が妄想した女の子像のやっかいさなんて全部わかっちゃうし見え透いちゃうんですよ。



逆に世の中には「見え透いてて男の都合に完全マッチした少女」の造形合戦と言う世界もあって(もっとアッパー系のラブコメとかエロ漫画とかに多い)

そういうのはそれとして楽しめるし別に不満ないんですけど

でも「やっかい少女ものにはちゃんとしたやっかいさが欲しい。

もう少し真剣勝負不安感とかストレスが欲しい。

全部はわからないブラックボックス感とか。

それで「男とは別の感性がある少女」とか「不安のある関係」を描いてくれるのはやっぱり女性作家なんですよね。

から女性感性をうまく自制心や人柄でコントロールしてエンタメとして出してくれる作家は最強。


(自らも男性でありながら男性読者の想像を絶する少女が出せる作家が居たら、

 姉や彼女女友達が沢山居てその人達を虚心坦懐に物凄く真摯に観察と取材をした人か、

 もしくは彼女いない歴=年齢でものすごい濃度の独自妄想を積み重ねてきた人かのどっちかだと思う。)


高木さんてわざわざ1回未来編やって

高木さんと主人公がゴールインする結末まで確定させたんですよね。

あれは読者へのサービスで、実際高木さんファンはきちんと確定させた未来安心感のある関係を望んでるんだと思う。

男性である作者と男性である読者の心や欲求が通じ合ってて、あれはい世界だと感じる。


ただ自分場合

そうじゃないものを望んでしまうんだよな。

そしてだいたい「そうじゃないもの」を出してくれるのは女性作家で。

(たとえば『富士山さんは思春期』も作者が「多分あの2人は別れますよね」とか言ってたそうで。)


からだんだん妖怪少女漫画男になってきてしまった。

男性目線でやっかい少女(ではないけど)を見てる漫画として

ジョージ朝倉の『夫婦サファリ』のニチカちゃんとか最高です。

ダンスール』のヒロインの都ちゃんの中学生にして湿気をまとっていく感じ(無闇なガチ欝とかではないのに)とかもすごいっす。


まあ人が楽しんでる高木さんとかに文句言ってないで

こうやって自分にあう漫画を探せばいいだけなんですよね。

失礼しました。


追記

nao0990 未来のあれは連載終了後に放り込むべきだったとは思う。

「読者をからかう」というネタを思いついて描きたい衝動制御できなくなったんだろうなと踏んでる。

いやいやおことばですがそれは違うと思いますよ!

高木さんの作者とファンは同じ感性人達で、作者とファンの心が通じ合う良い輪が出来ていて、

あれはファンが期待するとおりのサービスをしたんだと思う。


まりあ世界は私のニーズとは逆の、不安感とかストレスとかのない世界であって、

作者は改めてそれを請合った、品質保証したということだと思います

から終了後に放り込むべきとかは間違いかと。

2017-07-07

ヘイトが溜まる

SNSもはても自分の気に入らない奴のぶっ叩き合戦ばかり。意見が違うだけなのになんでそんなに人を叩けるのか。そんなんばっかでストレス溜まる。世界が終わって俺だけになりますように。そんな七夕の夜。

男のほうが自殺者が多いから男のほうがつらいとか性被害あいやすい女のほうがつらいとかデータ出しあってこっちのほうがつらい合戦ってなるのもうやめたほうがいいよな……

悲しくなる

2017-07-06

性欲に対する考え方が性別によって違いすぎて規制議論って議論にならないで感情論に終始するよね

それなのにいつまでも議論(というか言いっぱなしの呪詛合戦)をしてる奴らって頭おかしいのかな

2017-07-04

ネット趣味を語り合うのは難しい

あるジャンルについて話したいと思っても

無駄に捻くれて語るのが流行りなネット界隈だと

 

興味ない人にはこんなのクズだよとか、~だから価値だよと閉ざされ

 

自称詳しい勢からは俺の方が詳しい合戦

無知な奴には価値が解らんだろうなと偉そうな場にさせられる

 

うまくいえないけどそうじゃないんだ

2017-07-01

エアコン合戦の時期がやってまいりました

徐々に蒸し暑くなってきて、職場での女子社員男子社員エアコン合戦の時期がやってまいりました。

デスクの配置によって変わるんですが、確かに風が直撃するような場所だと寒い

が、ここで言いたいのはそんなことではなく、暑さ寒さはあくまでも主観的ものだということ。

以前、真夏にひどい風邪をひいた。体温がみるみる上がり40度を軽く超えた。

真夏に気温高いのにそんな体温上がって、さぞ暑かったでしょう。と思いきや全くの逆。

40度を超えたとたんにガタガタと震えがくるくらい寒くなってきた。汗一滴もかかないの、マジで

真夏の真昼間から熱湯風呂に入ってしまうくらい寒い

病院で熱さましを貰って39度くらいに戻ってくると、汗が出てきてじっとりと暑さを感じるようになった。感動したよあの瞬間は。

なのでエアコン抜きで過ごしたい人は、体温をなんとか40度以上に保ちましょう。

2017-06-28

うろ覚え猿蟹合戦

むかし猿と蟹がいました。

蟹は雑草の草刈のお礼として塩おにぎりをもらいました。

猿は無職だったのでだらだらと過ごしていました。

そこに塩おにぎりでご機嫌の蟹が通りかかったので、空腹の猿はたまたま手に持っていた柿の種と塩おにぎりを交換しようと言いました。

おにぎりは食べたらおしまいだが、柿の種は植えて育てれば沢山食べれると。

蟹はそれはいいと言って種をもらいました。

猿は馬鹿な奴めと蟹を笑い、塩おにぎりを食べ寝ました。

それから8年後。

柿の木は身を収穫出来るまで大きくなりました。

しかし蟹はご覧の通りの姿なので木に登ることができません。

そこにたまたま通りかかった猿に蟹はお願いしました。

猿は驚きました。こいつあの時の種を植えていたのかと。

見ると確かに柿木は立派に育っていました。

こいつはいいや。

猿は快諾したフリをして木に登り、柿の実を食べ始めました。

猿が一向にこちらに実をよこさないので、蟹は講義しました。

しかし猿は、

「これでも食いな!」

「ぎゃぁぁぁ!」

まだ青い柿を蟹に向かって投げました。

蟹は死にました。


「許せないウス!」

復讐だビー!」

「こらしめるクリ!」

天誅だモー!」

話を聞いた蟹の友達

臼、ハチ、栗、牛は猿に仕返しすることを決めました。

蟹が生前猿の為に用意したご馳走があると猿に伝えると、早速ノコノコとやってきました。

「ごめんよっと」

猿が引き戸を開け中に入った瞬間に、上から臼が落ちてきました。

臼の下は真っ赤に染まりました。

ハチ、栗、牛の出番はありませんでした。

こうして猿も死に、家の裏手の墓地に猿と蟹は一緒に葬られました。

めでたしめでたし

2017-06-27

インスタントコーヒーの内蓋論争ここに勃発

職場ではコーヒーインスタント)と紅茶お菓子とかが飲み放題食べ放題

紅茶は1パックになっているわけだけど、インスタントコーヒーは1瓶で提供される

新しいインスタントコーヒーを開けるのが喜びで、使い切りギリギリになるといつも社員同士の牽制合戦がはじまる

そこで勝ち残った者が次のインスタントコーヒーの内蓋を開けるんだけど、正直気に入らない開け方の奴がいる!!

なんで内蓋を全部取らずに少しだけ穴開けるの?

全部取れよ!!と思いつつ、敗者には全ての内蓋を取ることは許されていないから1瓶使い終わるまで悶々として過ごす。

どうでもいいけど少しだけ開けた穴に、カップの湯気で少し湿ったスプーンを強引に入れる奴はエロい奴だと思ってる。

穴が広がるだろ!!おぉん?!

2017-06-23

https://anond.hatelabo.jp/20170623122744

79

『立派なものはないんです。それでは、そういう農民たちは、応仁の乱で何を

しているのでしょうね。それじっくり見つめてもらうために、先日1枚の絵

を見て”普通合戦比較して変だなぁと思うこと”を探してもらいました。

”変だなぁ”と思ったことを発表してもらいましょう。』

「敵との殺しあいではなく、家のようなものを壊している。」

「刀を使っていない、鎧をつけていない、屋敷のものを盗んでいる。」

「障子や木材などを持って逃げている。」

普通合戦なら殺しあうが、この合戦ものを壊したり盗んだりする合戦

と思った。」

『確かに、身軽な姿で障子や木材を奪っています。続いて、この場面にふさわ

しい題名タイトルを発表してもらいましょう。』

生徒は、「急げ、足軽解体屋の足軽くん。盗賊兵士足軽集団のかっぱら

い。家財どろぼう。足軽たちの屋敷荒らし。とりこわし。ぶちこわし」など、

次々と発表する。ここまでで、足軽が略奪行為をしていることはどの生徒にも

理解されてくる。

 そこを見計らって、教科書には、「応仁の乱市街戦が中心だったので、軽装

歩兵である足軽活躍した」と書いてあるが、なぜ略奪行為活躍したと書

いてあるのか、問いかけてみる。数人、指名してみても首をふるか、沈黙のみ。

そこで、『真如堂縁起絵巻』のなかの「陣地をつくっている場面」の絵を資料

して配布し、「何をしているか」と問いかけ、しばし見させる。

「陣地みたいなものをつくっている。」

『そうなんです。略奪してきた障子や木材使用して陣地をつくっているので

す。戦争は、いつもいつも刀を交えた合戦をしているばかりではありません。

陣地をつくったり、食料の補給をしたりすることもあるのです。守護大名は、

多数の農民を動員してこうした労働従事させていたのです。こういう仕事

農業で鍛えた体力がものをいいます。そこで、足軽ならではの仕事に注目し

活躍としたのでしょう。』

2017-06-21

30近くなのにいまだに幼馴染五人組で集まってる

毎週(たまーに誰か用事でいないときもあるけど)、でかい家の友達の家に男5人くらいで集まって遊んでる

というか遊んでる、なんて大層なもんじゃない

自然に集まって だらだらしてる

全員でボードゲームTRPG,対戦/協力ゲームをやることもあれば

集まるだけ集まって各自ソシャゲとか漫画読んでることもある

皆でアニメ映画みたりもしてる

高校生かよ俺らは

30手前だぞ

夜はお酒お菓子食いながらゲームアニメ、時には仕事の話する

全員学歴も職も違うので、給料とか休みに差があるけどそれで盛り上がったりもする(ブラックかよ!みたいな)

プライドもクソもねーから仕事辞めたいとか5000兆円欲しいとかそんなんばっかりだ

仕事が全員違うので自慢合戦にもならない ボーナス多いぜ!いえー!くらいの話しかならない

というか一人に至ってはニートだし

正直すごい楽しい

俺の仕事の活力だし、生きる意味に近い


でも、いずれ五人組の誰かが結婚とかしたらこういうこともできなくなるのかと思う

そう考えるととても怖い

俺にとってこの集まり人生の半分くらいで

これがなくなったらたぶん生きる価値は半分になる

やだな まだ死にたくねーな


と思ったけど全員キモオタからそれはないな

キモオタでよかったと心から思う

キモオタ最高

2017-06-17

コレって昔のスパイ戦でやってたロボトミー手術の現代版?

北朝鮮から解放された米国人大学生オットーワームビア氏の治療に当たっている医師団は15日、同氏に深刻な脳損傷が見られ、「反応がない覚醒状態」にあると述べた。

ワームビア氏(22)は1年5カ月間拘束されていたが、13日に昏睡(こんすい)状態帰国

記者会見したシンシナティ大学メディカルセンター医師は、ワームビア氏の容体は安定しているが「言語理解している様子はなく、言葉による指示に反応しない」と説明。ただ自発呼吸はできているという。

https://jp.reuters.com/article/otto-warmbier-northkorea-idJPKBN1970AO

その昔、アメリカソ連スパイ合戦をしていた頃、スパイだということが分かると大脳前頭葉破壊して敵国に送り返してていたという。

今回の大学生見せしめで、脳に損傷を与えて送り返したのだろう。

北朝鮮怖い

2017-06-16

https://anond.hatelabo.jp/20170616170930

ウヨサヨ合戦で劣勢な鬱憤を何故かオタクにぶつけてくるといういつものアレ

そうやってサヨクへのヘイトチャージしておいて

オタクから激しくひっぱたかれるとうろたえて被害者ヅラするんだよね

https://anond.hatelabo.jp/20170616124644

金持ちがなぜ金持ちたらしめているのかというとシステム面について絶対的理解支配運用ができるからであって

今の人間がどんな天才でも赤子に見えるAIからしたらクソ雑魚ナメクジレベルになる

それが強いAIが引き起こすシンギュラリティ本質

失業者が増えるならその失業者支配階級まで入るから世界が変わる

弱いAI将棋解析でさえ人間は既に無理ゲー

 

今までは猿同士で優劣合戦してたけど

完成されたAIは完全に宇宙人、完全に神

神>>その他(天才支配階級含む)

チェーンソーVS木こり

AIチェーンソー木こりが現支配階級人間たち

チェーンソーは誰でも使える

チェーンソー支配階級けが使えるものとして保持するというのは有り得ない

チェーンソーの開発は民間でもやってるからそんな情報を秘匿し続けるのは無理

ちょっと便利な道具」っていう認識から失業者がとか独占がとか言われるけど全く違う

新しい種族を作るみたいなもの

2017-06-10

重要ヤフーショッピングの教材を無料差し上げます

n91whprs97pszh7@marketplace.amazon.co.jp

件名:【重要ヤフーショッピングの教材を無料差し上げます

はじめまして

お忙しいところ突然のメッセージすみません

私に『1分だけ』時間を下さい。

必ず得をするお話しがあります

あなたヤフーショッピングという市場をご存知ですか?

もし知らない、まだ取り組んでいないという事であれば億単位の損失を出している事になります

ヤフーショッピングは年々成長を続ける巨大市場しかも『完全無料』で出店可能

知らない間にヤフーショッピング長者が続出しています

そんなヤフーショッピングの専門書を今だけ期間限定無料差し上げます

定数に達し次第終了となりますので早めにお受け取りください。

http://yps-yahooshopping.com/

重要なお知らせですので必ずご覧ください。

http://yps-yahooshopping.com/

もしあなたが、

・いまの売上に不満を感じている

ライバルの多さにウンザリ

・既に販売する商品を持っている

リスクをかけずに販路拡大をして売上を伸ばしたい

・安売り合戦から脱出して高い利益率を確保したい

これらに該当するのでしたら必見の価値があります

著者の山下さんは、月商879万円を稼ぐYahooショッピングプロです。

今まで多くの方をYahooショッピングで稼げるように指導してきました。

極秘ノウハウをまとめた方法を『期間限定』で公開します。

http://yps-yahooshopping.com/

あなたにとって月商879万円が少ないのでしたらあまり価値はないかもしれません。

しかし、そうでないのであればこの情報は非常に稀少性が高いものかと思います

なぜならYahooショッピングについてほとんど情報が流れていないからです。

完全無料で出店可能

・年々市場規模が拡大し続けている

月商1000万円クラスも十分可能

大きな利益を得るかどうかは『知っているか』『知らないか』の差だけです。

正しいノウハウを得れば、誰でも簡単に取り組む事ができ、売上においても大きく稼ぐ事が出来る市場です。

上位セラーの多くは既にYahooショッピングに出店しています

やっている事がもはや常識です。

しかし実際はほとんど誰も新規参入してこないのでブルーオーシャン状態なのです。

せどり

欧米輸入

中国輸入

国内転売

・自社ブランド

どの手法においてもYahooショッピングでの販売可能です。

Amazonより高く売る事ができ、販売手数料も低いので利益率は飛躍的に向上します。

このビッグウェーブに乗らない手はありません。

ポイントは『今ある在庫』を販売するという事です。

わざわざ新たに商品を用意する必要はないのです。

「一体どういうこと?」

その全貌は『ヤフーショッピング大百科』で公開しています

期間限定、定数に達し次第受付終了です。

http://yps-yahooshopping.com/

配信解除はコチラ

https://goo.gl/3fn1qX

2017-06-09

http://anond.hatelabo.jp/20170609081042

東大学生が「油断ならない人間議論において必ず定義合戦を始めるような気がする」みたいに言っていたのを見た気がする

東大生ですらそんな当たり前のことに「気付く」有様なんだから結構高いハードルなのかもな

2017-06-08

http://anond.hatelabo.jp/20170608135216

スターが多い人のコメント批判している程、めちゃくちゃな事は言ってないと思うよ。提案っぽく書かれているから「余計なお世話だ!」ってMacファンが言うのは仕方ないと思うけど、そんなに極端に事実に反した事を書いている訳でもないし。

デスクトップマシンですら自分メモリ増設もさせないっていう作りも含めて、ios開発でもやってなきゃ、個人的に率先して欲しいマシンじゃない。好きな人が買う分には構わないけど。

Unixライクなのが欲しければバーチャルマシン上でLinuxでも動かせばいいと思うし。WinいらなきゃLinux単独で入れたっていい。

Windowsメリット否定しながら、MacでもWindowsも動くのがウリなのは本当に寂しい。ブートキャンプは使いづらいし、Parallels等ならバーチャルマシンで条件は一緒。リソース合戦ならWindowsマシンに軍配が上がる。

2017-06-07

http://anond.hatelabo.jp/20170607102756

そういう極論合戦はもういいから。

大人になると白黒つけるのが大変な事例のほうが増えてくるんだよ。

2017-06-05

はてなのまあまあ革新的なところってさぁ

女と男

多数派と少数派でコミュニティが分断されてないところだよな

 

何気なしに眺めてても、女の愚痴や男の憤懣が目について

誰が、何に対して怒っているのかよくわかる

 

2chガルちゃんだとサイト理念からして分断されてて、互いの状況なんて誰も分からん

トゥギャッターシステム的な失敗からコテハン存在と卵アイコンが暴れ回ってるだけの無意味場所

ツイッター同族同士で固まるだけ、

なんか事件が起きたら、ファンネル総動員して国盗り合戦ふっかけるという議論も糞も無い状況

インスタはリア充がウェイするだけ

フェイスブック廃墟

結局、ここでしか両者の意見純粋に戦わせることなんてできないんだわ

続・山川出版日本史の何がすごいのか、さっぱり分からない

http://anond.hatelabo.jp/20170604204919

これの続き。(文字数制限にひっかかったので分割します)

  

三省堂日本史B 改訂版』(日B 015)

1183(寿永2)年、義仲軍は京都に入り、食糧不足もあって狼藉を続けた。京都にとどまった後白河法皇後鳥羽天皇即位させ、寿永二年の宣旨頼朝東国での支配権を認めるとともに、義仲軍の乱暴ぶりを口実にして頼朝上京要請するなど、政治力の強化につとめた。しかし、頼朝東国支配を固めるために鎌倉を動かず、かわりに弟の範頼・義経上京し、1184(元暦元)年、二人は義仲を打ち破った。

義仲が京都乱暴狼藉を働いたという記述があるのは、意外にもこの教科書だけでした。

兵糧不足のまま進撃して首都占領しても、どうせ軍規が乱れて略奪しまくるぞというのは、日中戦争における南京事件南京大虐殺)のことを言いたいのかなと思いましたが、それは深読みのしすぎかもしれませんね。どうなんでしょう?

  

また、これは下記の引用部分になりますが、頼朝が初めて上京したタイミングがいつだったかを明記しているのは、この教科書だけだと思います

(この点はとりわけ山川の『詳説日本史』が最悪です。頼朝西国での平家追討の仕事をすべて弟の範頼・義経らにやらせ自分はその間ずっと鎌倉にひきこもって地盤を固めていたという基本的事項すらも把握できない書き方がされているんです。)

頼朝挙兵以来、北条氏三浦氏などの東国武士たちと主従関係を結んで、彼らを御家人として組織した。そして1180(治承4)年、御家人の統率と軍事警察担当する侍所を設けて、有力御家人和田義盛別当長官)に据えた。さらに1184(元暦元)年、一般政務をつかさどる公文所(のち政所)と問注所を開設し、実務に優れた下級官人らを側近にして職務を分担させるなど、支配機構の整備を進めた。

頼朝後白河法皇要請を受け、範頼と義経平家追討を命じ、1185(文治元)年、長門壇ノ浦平氏を滅亡させた。後白河法皇頼朝権力拡大を恐れて義経を重用し、頼朝の追討を命じたが失敗した。逆に頼朝は、親鎌倉派の公卿九条兼実藤原兼実)らを朝廷重要政務担当する議奏につかせ、反鎌倉派の貴族追放し、義経の捜索を名目に国ごとに地頭を置くことを認めさせた。さらに1189(文治5)年、頼朝義経をかくまったことを口実に藤原秀衡の子の泰衡を攻め、奥州藤原氏を滅ぼした。こうして頼朝東国西国の多数の武士御家人として組織しながら、主に東国支配確立していった。

1190(建久元)年、頼朝挙兵後はじめて京都に入り、右近大将に任命され、後白河法皇没後の1192(建久3)年には、法皇の反対で就任できなかった征夷大将軍に任命され、名実ともに鎌倉幕府が成立した。」

当然ながら『詳説日本史』にも、侍所政所問注所地頭というキーワードは出てきますしかし、治承・寿永の乱とは別項に記述されているため、時系列が分かりづらくなっています

それに比べて、この教科書歴史の流れの中にキーワードを配置しています。だから時系列に即してこれらの言葉意味理解することができるはずです。

  

結びが「名実ともに鎌倉幕府が成立した」という記述になっているのも、味わい深いです。

鎌倉幕府の成立が何年かという論争を垣間見ることができます名目的には1192年に幕府が成立したと言えるが、実質的にはそれ以前から幕府政治機構ができあがっていたというニュアンスを含ませているのでしょう。

  

  

  

あとは、上記引用中の「義経の捜索を名目に国ごとに地頭を置くことを認めさせた」という記述が最高にクールです。

一般には1185年、義経の捜索を名目にして守護地頭が設置されたとされていますし、国ごとに置かれた役職地頭ではなく守護だと暗記している人が多いんじゃないでしょうか?

例えば山川の『詳説日本史』はそうなっています。それによると、頼朝は1185年に「諸国には守護を、荘園公領には地頭を任命する権利」を獲得したとされています守護は「おもに東国出身の有力御家人から選ばれて「原則として各国に一人ずつ」任命され、「大犯三箇条などの職務を任とし」て国内御家人を指揮統率し、とくに東国では在庁官人支配することで「地方行政官としての役割も果たし」ました。いっぽう、地頭は「御家人のなかから任命され、任務年貢徴収・納入と土地官吏および治安維持」です。「頼朝は主人として御家人に対し、おもに地頭に任命することによって先祖伝来の所領の支配保障したり(本領安堵)、新たな領地を与えたりした(新恩給与)」わけですが、このことが御恩と奉公関係となって封建制度の基礎となりました。

  

ところが、三省堂の『日本史B 改訂版』(日B 015)によると、ここの説明がこれとまったく異なります。私が先に引用した項では、1185年の出来事として守護の設置には言及せず、地頭の設置だけが記述されていますしかもその"地頭"は国ごとに置かれたものだとされているのです。

私は最初にこれを読んだとき、わけがからなくて混乱しました。それでがんばって自力で調べてみて(独学なので苦労したナァ)ようやく理解できたのですが、1185年の文治の勅許守護地頭が置かれたとする『吾妻鏡』の記述には疑いがあり、実はこれがかつて学者の間でも論争になったテーマだったらしいのです。

1960年石母田正が新説を発表したのですが、おおざっぱに言うと、新説では、この時点で置かれたもの守護地頭ではなく、地頭(国地頭)だったとしています。それはわれわれが普通一般に知っている地頭(荘郷地頭)とは異なり、一国を統括する強大な権限を持つ存在です。この国地頭はすぐに廃止され消滅しましたが、守護前身となりました。

三省堂教科書は、次項でそのことが説明されています頼朝がはじめは国ごとに"地頭"を派遣して荘園国衙領のいずれからも兵糧米を徴収させていたこと、そのやり方がひどすぎたから反発を招いて、以後は"地頭"に代わるものとして守護を置いた、という記述になっています。またこれに続いて、頼朝は「荘郷地頭と呼ばれる地頭を任命し」、平氏没官領や謀反人の所領跡で「年貢公事徴収治安維持に当たらせた」としています

このように、三省堂教科書では、「国地頭」と「荘郷地頭」をはっきりと区別しているのです。

  

実教出版もこの新説を採用していますこちらも合わせて読んでおくと、国地頭のことが大変よく分かります東京出版は本文の記述が旧説に拠っていますけど、欄外では国地頭が惣追捕使とならび、守護前身として存在していた話をちょこっと説明しています。これらの教科書は「国地頭」論争の成果を取り入れており、学問的に誠実だと思います

それに対して山川の『詳説日本史』は旧説を採用し、1185年に守護地頭の設置が認められたとする断定的な記述になっています。これが他の教科書とのあいだに無用矛盾を生じさせているのです。私と同じようにこの点につまづいて、困惑してしまった高校生が少なからずいるんじゃないでしょうか。

  

なお、山川参考書『詳説日本史研究』にもこの新説の紹介はありません。同社『日本史B用語集』には「国地頭」という用語掲載されていて、そこでは一応説明がされているんですが、あたかも国地頭が荘郷地頭前身だったと思わせるような記述です。

地頭(じとう)⑪:1185年、頼朝要請後白河法皇諸国公領荘園地頭を設置することを認めた。当初は1国単位荘園公領支配する国地頭を設置したが、まもなく平家一族の所領として没収された平家没官領と謀反人跡地に限定した荘郷地頭となった。しかし、公家寺社の強い反対で、一時縮小、承久の乱後に全国化した。任務土地管理年貢・兵糧米の徴収治安維持など。

地頭⑤ 荘郷地頭

  

山川出版日本史B用語集』より

ですが三省堂実教出版東京書籍教科書によると、国地頭はむしろ守護へと発展的解消を遂げたという記述なんですから、『日本史B用語集』のこの説明とはやはり若干の矛盾が生じています

「国地頭」を教科書に載せている上記の主要3社の文脈に従うなら、この用語独立の項目として取り扱うか、せめて「地頭」の項目じゃなく「守護」の項目にいれて取り扱うべきじゃないでしょうか。

  

(追記 これはインターネット上の情報なので私は未確認ですが、現在は『詳説日本史』にも国地頭掲載されているそうです。近年改訂されたんでしょうか。

予防線として言っておくと、私は高校日本史Bを履修しなかったし、大学歴史学勉強したわけではありません。高校時代文転して受験するかと生半可に考えていて(結局やめたけどね)、興味本位教科書を読んでみただけの素人です。

さいしょの方でも書いたとおり最新版教科書を持ってません。はてブでバズっていてびっくりしましたが、このエントリ専門家レベルのものとして受けとるのは、恥ずかしいのでやめてください。

再追記。id:HRYKtbykさん、確認をしてくださり感謝。)

  

  

  

(追記2

複数教科書を読み比べすることで、『詳説日本史』を読むだけでは見えないポイントが浮かび上がってきます

『詳説日本史』では、前九年合戦後三年合戦のところで、「これらの戦いを通じて源氏東国武士団との主従関係を強め、武家棟梁としての地位を固めていった」とあります。これが後の頼朝挙兵につながるわけですが、それは時代を経てからのことだから教科書のページが離れすぎていて、この関連が把握しづらくなっています

ここで例えば山川出版社新日本史B 改訂版』(日B 018)のような他の教科書と読み比べてみると、『詳説日本史』がこの簡潔な一文を通して伝えたかったことを理解することができるのです。(上述参照)

  

つぎは例えば、貫高制・石高制を見てみましょう。

『詳説日本史』によると、戦国大名性格は次のように説明されています戦国大名は「新たに征服した土地などで検地をしばしばおこなっ」て、それにより「農民に対する直接支配」を強化しました。そして国人地侍を取り込むため、貫高制を導入しました。これは戦国大名が彼らを「貫高という基準統一的に把握」して軍役を課す制度でした。それでここからすこし時代下り、別のページで豊臣秀吉太閤検地説明しています太閤検地により石高制が確立しました。それは「荘園制のもとで一つの土地に何人もの権利が重なりあっていた状態を整理」し、「一地一作人」を原則とするものです。農民は「自分田畑所有権を法的に認められることになった」わけです。

このような記述だけでも表層的な理解はできると思いますが、実教出版日本史B 新訂版』(日B 014)は、貫高制について「荘園の複雑な土地制度は貫高に組み込まれ大名統一的な国内政治を推進」するものとしています。『詳説日本史』ではせいぜい石高制と荘園制の関係しかからないでしょうが、本書はこのように貫高制と荘園制の関係を明示しているのです。

この視点を最もわかりやす記述しているのが、三省堂日本史B 改訂版』(日B 015)です。本書は貫高制、石高制、荘園制の全部を一つの項目に入れて記述しています。それによると、秀吉太閤検地を行い、「戦国大名の貫高制にかわって、それを発展させて全国に広げた石高制」を導入、その結果「荘園制を完全に崩壊させ」ました。このポイントを把握しておけば、中世から近世への社会の変化を、土地一元的支配確立荘園制の衰退・消滅という視点で見ることができます。本書の特徴は、貫高制・石高制をともにこの視点から語っていることと、しかもそれが荘園制を「完全に崩壊させ」たと言い切っていることです。

ちなみに、東京書籍日本史B』(日B 004)では、石高制を「近世封建制体制原理」と書いています。これがまったく新しい制度であることを強調しつつ、近世という言葉を使ってその射程を江戸時代にまで広げているのです。)

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん