「ポーランド」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ポーランドとは

2021-05-05

ポーランドコロナ禍で強豪国の出場辞退が相次いだために、参加標準記録も出せない日本女子400mリレーチームが東京五輪枠「出場枠」を獲得

 なんだこれ。

https://kojitaken.hatenablog.com/entry/2021/05/04/121615

日本人選手だけで行う五輪が見えてきた

2021-05-01

anond:20210430222051

日本ゲームより海外ゲームのほうが面白い→だから日本ゲームはもう駄目だ」という問題認識自体がもうむちゃくちゃなんだな。世界地図たことあるのか?という

日本」と「海外日本以外のすべての国)」という比較なんだから、そりゃ後者が勝つに決まってる

国別で見たら、アメリカダントツ(これはどのエンターテイメントでもそうだから当然の結果)すぎるだけで、そこに差をつけて日本イギリスカナダあたりのグループがある。いまだ日本ゲーム開発強豪国と言える。その下にフランスポーランド中国グループがあって、その下にそのほかの国々が並ぶ(これは具体的には2020年のTGAで各賞を受賞したりノミネートされてるゲームをチェックした)

2021-04-27

anond:20210427165845

海外が豊かになったというのなら、実際渡航してみればいいと思いますよ。

びっくりなのはロシアだったね。(トロリーバス撤去できないくらい、今は整理されてなくなってしまったが)

アメリカは豊かだといわれているが、実際には日本と変わらない。

中国は激変した。

東南アジア諸国ミャンマーのような馬鹿はほったらかしにしてインドネシアを中心に急激に変わる。

変わってほしくない白人必死に「GDP!」って連呼しているだけ。

ひどい少子化でがったがたのポーランドもあるというのに。


日本経済的には貧しくなっていないが、トップ層の知能は貧しくなった可能性はある。

それは否定できない。

東大問題東京芸大問題も易しくなってる。

大人簡単に手を差し伸べるようになった。

そうしちゃうと、優秀でも何でもないのに錯覚する子供が出てくる。

このような価値観の変化は無視できない。日本をひずめているのは、急激な社会構造の変化である

2021-04-26

anond:20210426131412

スウェーデンイタリアニュージーランドポーランドといった国々では、PISAテスト(15歳を対象とした国際学習度到達調査)の読解力部門女子男子はるかに上回り、1学年から1学年半も先を行っているという結果が出た――これでは同い年の男女を同じクラスで教えるのは困難だろう。

ジェンダーギャップ指数上位国だらけで草

やっぱそういう国は男女平等に熱心なわけじゃなくて、単に男性がだらしなく、女性が頑張らないと社会が成立しない国だってことだね

anond:20210411115527

アメリカはいま、感情面で大人になっていない男性や自立できない男性が増えていて、「マンチャイルド」や「ムードル(マンプードル)」といった新語も登場したという。

その原因をジンバルドーは、テクノロジーインターネットゲームオンラインポルノ)とドラッグ違法薬物と向精神薬)に求めているのだが、それ以前に、アメリカでは(というか世界的に)男子教育から脱落しつつある。

アメリカにおいては、女子小学校から大学まで、すべての学年で男子より成績がよい。13歳と14歳中学生)で作文や読解が熟達レベルに達している男子は4分の1にも満たないが、女子は41%が作文で、34%が読解で達している。2011年には男子生徒のSAT大学進学適性試験)の成績は過去40年で最低だった。また、学校が渡す成績表の最低点の70%を男子生徒が占めていた。

OECD調査によると、先進国のすべてで男子女子より成績が悪く、落第する生徒も多く、卒論試験合格率も低い。スウェーデンイタリアニュージーランドポーランドといった国々では、PISAテスト(15歳を対象とした国際学習度到達調査)の読解力部門女子男子はるかに上回り、1学年から1学年半も先を行っているという結果が出た――これでは同い年の男女を同じクラスで教えるのは困難だろう。

カナダオーストラリアでは、すでに大卒者の60%が女性だ。イングランドでは大学入学申込者は女子4人に対し男子は3人以下、ウェールズスコットランドでは、女子の申し込みが男子より40%も上回り、恵まれない家庭ではこのギャップがよりいっそう大きくなっている。

https://diamond.jp/articles/-/143137

先進国では「負債男子」が問題になっているんだよ。

2021-04-20

日本語で学ぶポーランド語

「これじゃんか」

これはポーランドで通じる

koleżanka

「女の友達」っていう意味なっちゃうけどね


用例:

moja koleżanka

もや これじゃんか

(私の友達

2021-04-04

COVID19 国別死亡率ランキング

順位国名死者数人口
(10万人)
死者数
(10万人あたり)
1ジブラルタル940.3276.5
2チェコ26,867106.9251.4
3サンマリノ840.3247.1
4ハンガリー21,50496.9222.0
5モンテネグロ1,3036.3207.5
6ボスニア・ヘルツェゴビナ6,76333.0204.9
7ベルギー23,130115.4200.5
8スロベニア4,06820.8195.7
9ブルガリア13,50770.0193.0
10イギリス126,826675.3187.8
11北マケドニア3,90520.8187.5
12イタリア110,704605.5182.8
13スロバキア9,94854.6182.3
14アメリカ554,7793290.7168.6
15ポルトガル16,875102.3165.0
16スペイン75,698467.4162.0
17ペルー52,625325.1161.9
18メキシコ204,0111275.8159.9
19ブラジル330,1932110.5156.5
20アンドラ1170.8151.9
21リヒテンシュタイン560.4147.4
22フランス95,677651.3146.9
23クロアチア6,02541.3145.9
24ポーランド54,737378.9144.5
25パナマ6,13142.5144.4
26スウェーデン13,498100.4134.5
27リトアニア3,60227.6130.5
28コロンビア63,932503.4127.0
29モルドバ5,09240.4125.9
30アルゼンチン56,106447.8125.3
31チリ23,524189.5124.1
32ルーマニア23,973193.7123.8
33ルクセンブルク7506.2121.8
34アルメニア3,57529.6120.9
35スイス10,35185.9120.5
36ボリビア12,316115.1107.0
37オーストリア9,43489.6105.3
38ラトビア1,92319.1100.8
39エクアドル16,929173.797.4
40オランダ16,606171.097.1
41アイルランド4,71548.896.6
42ジョージア3,80440.095.2
43レバノン6,37968.693.0
44ドイツ77,010835.292.2
45南アフリカ52,954585.690.4
46マルタ3974.490.2
47ベリーズ3173.981.3
48ウクライナ35,729439.981.2
49アルバ861.181.1
50ギリシャ8,302104.779.3
51アルバニア2,25628.878.3
52チュニジア8,931117.076.4
53イラン62,999829.176.0
54モナコ290.474.4
55イスラエル6,23685.273.2
56ヨルダン7,130101.070.6
57エストニア93113.370.2
58ロシア98,3631458.767.4
59蘭領セント・マーチン島270.464.3
60セルビア5,42287.761.8
61パラグアイ4,34470.561.7
62カナダ23,038374.161.6
63マヨット1622.760.9
64コスタリカ2,95750.558.6
65エスティ66811.558.2
66パレスチナ2,68149.853.8
67フランス領ポリネシア1412.850.5
68チャンネル諸島861.750.0
69バハマ1883.948.3
70ホンジュラス4,63397.547.5
71タークス・カイコス諸島170.444.7
72グアドループ1774.044.3
73デンマーク2,42857.742.1
74リビア2,68467.839.6
75グアテマラ6,884175.839.2
76トルコ32,078834.338.4
77イラク14,430393.136.7
78ウォリス・フトゥナ諸島40.136.4
79アゼルバイジャン3,648100.536.3
80マン島290.934.1
81オマーン1,68149.833.8
82セントルシア611.833.3
83フランス領ギアナ962.933.0
84バーレーン53116.432.4
85クウェート1,33942.131.8
86仏領セント・マーチン島120.431.6
87エルサルバドル2,02164.531.3
88ドミニカ共和国3,341107.431.1
89カーボヴェルデ1715.531.1
90ウルグアイ1,07134.630.9
91スリナム1775.830.5
92ガイアナ2377.830.3
93アンティグア・バーブーダ281.028.9
94キュラソー441.627.0
95ボツワナ59123.025.7
96セーシェル241.024.5
97モロッコ8,842364.724.2
98ベラルーシ2,27694.524.1
99キルギス1,50264.223.4
100キプロス26112.021.8
101ナミビア53325.021.4
102ジャマイカ61329.520.8
103モントセラト10.120.0
104サウジアラビア6,690342.719.5
105バミューダ120.619.0
106カザフスタン3,240185.517.5
107コモロ1468.517.2
108サントメ・プリンシペ352.216.3
109アラブ首長国連邦1,50497.715.4
110フィンランド84655.315.3
111インドネシア41,2422706.315.2
112バルバドス432.915.0
113レソト31521.314.8
114マルティニーク543.814.4
115レユニオン1158.912.9
116モルディブ675.312.6
117ノルウェー67353.812.5
118フィリピン13,4231081.212.4
119エジプト12,1231003.912.1
120インド164,62313664.212.0
121カタール30128.310.6
122ネパール3,032286.110.6
123ジンバブエ1,524146.510.4
124トリニダード・トバゴ14514.010.4
125サン・バルテルミー島10.110.0
126モーリタニア44945.39.9
127セントビンセント・グレナディーン101.19.0
128アイスランド293.48.6
129シリア1,299170.77.6
130赤道ギニア10313.67.6
131ジブチ729.77.4
132日本9,2361268.67.3
133アルジェリア3,102430.57.2
134ガンビア16623.57.1
135パキスタン14,7782165.76.8
136ザンビア1,215178.66.8
137アフガニスタン2,496380.46.6
138セネガル1,063163.06.5
139マラウイ1,120186.36.0
140ミャンマー3,206540.55.9
141ベネズエラ1,647285.25.8
142バングラデシュ9,2131630.55.7
143ガボン11921.75.5
144スーダン2,063428.14.8
145ケニア2,206525.74.2
146マレーシア1,286319.54.0
147キューバ431113.33.8
148オーストラリア909252.03.6
149ソマリア537154.43.5
150韓国1,744512.33.4
151ギニアビサウ6519.23.4
152英領ヴァージン諸島10.33.3
153カメルーン851258.83.3
154イエメン932291.63.2
155ケイマン諸島20.73.1
156香港20574.42.8
157ニカラグア17865.52.7
158スリランカ575213.22.7
159エチオピア2,9361120.82.6
160モザンビーク782303.72.6
161コンゴ共和国13553.82.5
162ルワンダ311126.32.5
163ガーナ744304.22.4
164ハイチ252112.62.2
165フェロー諸島10.52.0
166マリ391196.62.0
167ウズベキスタン630329.81.9
168リベリア8549.41.7
169アンゴラ540318.31.7
170マダガスカル449269.71.7
171中央アフリカ7247.51.5
172トーゴ11080.81.4
173チャド164159.51.0
174ナイジェリア2,0582009.61.0
175南スーダン112110.61.0
176シエラレオネ7978.11.0
177ギニア129127.71.0
178コートジボワール252257.21.0
179タジキスタン9093.21.0
180モーリシャス1212.70.9
181グレナダ11.10.9
182コンゴ民主共和国745867.90.9
183ニジェール188233.10.8
184ベナン93118.00.8
185ウガンダ335442.70.8
186ブルキナファソ150203.20.7
187ブルネイ34.30.7
188パプアニューギニア6087.80.7
189ニュージーランド2647.80.5
190シンガポール3058.00.5
191中国4,63614337.80.3
192モンゴル1032.30.3
193エリトリア1035.00.3
194フィジー28.90.2
195タイ95696.30.1
196ブータン17.60.1
197カンボジア19164.90.1
198ブルンジ6115.30.1
199台湾10237.70.0
200ベトナム35964.60.0
201タンザニア21580.10.0
202ラオス071.70.0
203東ティモール012.90.0
204ソロモン諸島06.70.0
205マカオ06.40.0
206バヌアツ03.00.0
207ニューカレドニア02.80.0
208サモア02.00.0
209ミクロネシア連邦01.10.0
210ドミニカ00.70.0
211マーシャル諸島00.60.0
212グリーンランド00.60.0
213セントクリストファー・ネイビス00.50.0
214アンギラ00.20.0
215セントヘレナ00.10.0
216サンピエール島・ミクロン島00.10.0
217フォークランド諸島00.00.0
218バチカン00.00.0

死者数には「新型コロナウイルス 世界感染者数・感染マップNHK特設サイト」の4/3データを用いた

https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/world-data/

人口には「世界人口 国別ランキング・推移(国連) - Global Note」を用いた

https://www.globalnote.jp/post-1555.html

死亡率を10万分率としたため、人口10万に満たない国では実際の死者数よりも大きい数字になってしまっている点に注意

2021-03-28

anond:20210328194551

区別、だよ。

ちゃん東京人中学受験でつぶれることなどなく、親が子供勉強の面倒を見てたら、何の問題もないのよ。

ところが、田舎地方は本は読まないし、東京の連中も上は下がってるからね。

日本はこのままだと、ポーランドイタリアみたいに最上位層が海外脱出して終わりだろうね。

2021-03-18

anond:20210318135316

植物を煮出したもの」の名前はほぼどの言語でも「茶」から派生した言葉になってしまっている。

今のところ自分が知ってる限りでは、南米マテ茶(マテ)だけが、茶とは独立した言葉

という増田が何年か前にあった

追記

雑に書いたもの結構ブクマついててびびってる。

ちょっと調べた。

漢字で書くとどっちも「茶」になってしまうけど、「茶」の読みに主に2系統あって、陸路インド中近東に広まった広東語の「ちゃ」と海路東南アジアヨーロッパに広まった閩南語の「てー」があるそうな。

でもこの「ちゃ」と「てー」も元は同じものなんじゃないの?

日本語だと茶は「さ」と読むこともあるけど、これは唐音らしい。

呉音では「だ」、漢音では「た」または「さ」になるとのこと。

全然関係ないけど、唐音って唐での読み方じゃなくて宋の時代の読み方らしい。まじかよwwww

唐の時代の読み方は漢音の方。お前、漢と関係ないのかよ。まあ今でも漢字っていうし、そういうノリなんだな。そういや、Chinaも秦だもんな(Chinaは秦Chin女性形なんだって)。

呉音六朝の呉と関連付けられるけど、どうも漢音に対して地方言葉を蔑んだ呼称っぽい。呉音かわいい読み方が多くて好きよ。マ行とナ行が多め。

から独立した言葉としてtisaneとカヴァがあるって指摘がブコメにあった。さんきゅー

あとビルマ語のlakphakというのも

あと、これも読んだ https://sencha-note.com/miang-tea/

いや、モン族・苗族の「tsuaツア」「taタ」は絶対茶と同じだろ

ミャンマーの「ラペ」(Lahpet、Lepet)ってのはビルマ語のlakphakと同じっぽいねラーとも

ポーランドベラルーシリトアニアのherbata(ヘルバタ)、гарбата(ハルバタ)、arbata (アルバタ)はどう見てもharb teaそのまんまで(正確にはharb of teaかもしれんが)、『「tea系統」に入れることができると思います』ってレベルじゃないんですが。

ネイティブアメリカンのオジブウェー語では「aniibiishaaboo」(アニービーシャーブー)とのこと。他文化との交流が少ないところだと結構ありそう。

タイにはミアン(ミエン)と呼ばれる食べる醗酵茶があるとのこと。茶葉の加工品ではあるが、飲料ではないので茶とは別物では?ミャンマーのラペと同じっぽい。ということは、ラペも飲み物ではない?

ところで、チャノキ緑茶紅茶もみんな同じチャノキという植物(種)なんだみたいな説明がよくなされるが、この点には疑問がある。

いまのところ地域変種 varietyということになっているが、

日本でよく知られている茶の木は葉っぱは5~6cmで自生しても5mくらいの高木であるが、アッサム種だと葉は20~30cmほど高さは15mにもなるという。これくらい違いがあると別種だと考えるのが普通ではないだろうか。

参考文献にあった、これらが面白い

https://tsukuba.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=4499&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1 ダウンロードになるので注意

https://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/bitstream/2433/54824/1/KJ00000132295.pdf

茶の「醗酵」についても言いたいことがあるので、時間があったら書く

2021-03-17

アイヌ問題

例えばポーランドねずっち的な人がいて言葉遊びゲームの中でポーランド語で日本と犬がなんかの言葉としてかかってたとしても俺はなんとも思わんなぁ

いや勿論日本人は犬だ!とか侮辱が込められてたらまだしも明らかにそういう文脈じゃなかったわけじゃん

まあ何が差別自体が何をされたかというより歴史で決まるんだろうけど

ポリコレ棒振りかざすのはそら気持ちいいよなぁって

2021-02-25

anond:20210224131814

社会の「高知能化」が進んでいると少子化する。

これは実は違う。

日本ポーランドは「高知能」といえるだろうか?

私にはとてもそうとは思えない。

けれども少子化だよね。

どうして?

答えは「誰でもできることを占有すると少子化する」んだね。

氷河期世代だって大卒は2割しかいないが、これは絞りすぎたためであって、本当はもっとたくさん行けたはずだというのは聞いたことがあるだろう。

私の目から見ても絞りすぎているように感じた。

でも、絞られた。

そうなると、少子化する。

当たり前である

日本人は、これに気が付かなかったのである

2021-02-14

格差再生産は日本ではなく、別の国で行われている。

ここ20年以上、アメリカ大学進学率はとまったまま。

中国うなぎのぼり

韓国はここ5年止まってきた。

日本うなぎのぼり

ポーランドはもう止まっている。

さて問題格差再生産が最もきついのはどこ?

2021-02-10

anond:20210210142005

2000年以降に無視できなくなった作曲家たち。

ドイツ

ヨハネス・クライドラー

ベンヤミン・ショイアー

オーストリア

ヨハネス・マリア・シュタウト

オーストラリア

アンソニー・パテラス

フランス

ブリス・ポゼ

パスカル・デュサパン(今年の来日が予定されている)

ハンガリー

チアス・ヴェツル

セルビア

ミリジャ・ジョルジュビッチ

トルコ

ミタテーカン・エカル

イングランド

レベッカサンダース (ドイツ移住)

リチャード・エアーズ (オランダ移住)

サム・ヘイデゥン

ロシア

ミトリ・クリャンツキー

ウラジーミル・ゴルリンスキー

アンナロマシュコーヴァ

中国

チェン・ムシェン(上海

香港

キャン・シェンイン

フィンランド

マグヌス・リンドべり

トミ・ライサネン

スウェーデン

アンズガ・ベステ

ノルウェー

マヤ・ラトシ

デンマーク

シモン・ステン・アナーセン

ルーマニア

ディアナ・ロタル

チリ

ミゲル・ファーリアス

キプロス

マリオス・ヨアンノー・エリア

ベネズエラ

ミルトゥル・エスカローナ・ミジャレス

ブラジル

フェリペ・ラー

イタリア

ロルェンツォ・トロイアーニ

アンドレア・ポルテ

マレーシア

チョン・キーヨン

イー・カー・ホエ

タズル・イザン・タジュディン

タイ

シラセート・パンチュラアンポー

タジキスタン

ファンギス・ヌルッラ

カナダ

クリス・ポールハーマン

カンボジア

チナリー・ウン

アルゼンチン

シルビアフォーミナ

ノラ・エルザ・ポンテ

エドゥアルドムギヤンスキー

アイルランド

イヴィッド・フェネッシー

ジェニファー・ウォルシュ

スコットランド

ジェイムズ・ディロン

ウェールズ

リチャード・バーレット

ポーランド

マルチン・スタンチック

ギリシャ

ニコラス・ツォルチス

リナ・トニア

スペイン

ベルナト・ヴィヴァンコス

マニュエル・マルチネスブルゴス

カタルーニャ

エクトル・パッラ

ポルトガル

ルイス・アントゥネス・ペナ

スイス

ミヒャエル・ペルツェル

ルクセンブルク

クロード・レンナース

ベルギー

ヴィクトルキーシン

シュテファンプリンス

オランダ

アアルトシュウトロートマン

イラン

デルマシャキー

コソボ

ドリノール・ジムベリ

ウズベキスタン

ドミトリー・ヤノフ=ヤノフスキー

カザフスタン

ジャミラ・ジャジルベコヴァ

ウクライナ

アンナ・コルスン

アゼルバイジャン

アヤーズ・ガンバーリ

リトアニア

ヴィキンタス・バルタカ

ラミンタ・セルシュニテ

リカルダス・カベリ

ラトビア

アンドリス・ジェニティ

エストニア

へレーナ・トゥルヴェ

韓国

シム・クンス

台湾

ホープリー

ニュージーランド

ジョン・クロフト

キューバ

ホルヘ・エ・ロペス

スリランカ

ニルマーリ・フェン

anond:20210210142005

§1900年代中盤以降(第一次大戦終了によってロマン主義印象主義が古くなった時代に真価を発揮した作曲家たち)

適当に追加しとくね。1950年以降に無視できなくなった作曲家たち。

イタリア

マンゾーニ

アンザーギ

ドナトーニ

ノーノ

デル

ペンニーシ

トンニ

グァッチェロ(お父さんのほうだよ)

東ドイツ

パウルハインツ・ディートリヒ

ゲオルク・カッツァー

シュテッフェン・シュライエルマッヒャー

西ドイツ

シュトックハウゼン

ラッヘンマン

W・リー

オーストリア

イネ

ベアート・フラー

フランス

ブーレーズ

ミュライユ

アナ

バラ

デュティ

メシアン

ゲゼック

ハンガリー

クルターグ

リゲティ

チェコ

カレル・フサ

イングランド

ファーニホウ

フィニッシー

バートウィッスル

ソ連

ティチェン

フレンニコフ

スロニムスキー

アレクサンドル・チャイコフスキー

シチェドリン

デニソフ

ユーラシア全般

グバイドゥーリナ

ニート

ウストヴォリスカ

ハチャトリアン

中国

タン・ドゥン

チェン・イ

日本

武満徹

北朝鮮

パイク・ビョン・ドン

ユンイサン

韓国

ナム・ジュン・パイク

カン・ス・キ

チン・ウン・スク

アメリカ

ケージ

ハリソン

ブラント

グラス (交響曲を量産する前)

シュリー (電子メディアに乗り換えて以後)

ライク

カナダ

シェーファー

ポーランド

ルトスワフスキ

ペンレツ

シャローネク

スウェーデン

ハンブレーウス

ペッタション

ベルギー

イヴァールツ

オランダ

トン・デ・レウ

アントワーヌ・ボイガー

インドネシア

パウル・グダマ・スギ

ベトナム

グエン・ツェン・ダオ

台湾

パン・ファオロ

スイス

クラウスフーバー

アルバニア

トマ・シマ

南アフリカ

ケヴィン・ヴォランス

マルタ

チャールズ・カミリエーリ

スコットランド

ロナルド・スチーブンソン

P・M・ディヴィス

スペイン

トマスマルコ

ルイス・デ・パブ

ポルトガル

エマニュエル・ヌネス

フィンランド

カイヤサーリアホ

プエルトリコ

ロベルト・シエラ

メキシコ

チャベス

ナンロウ

カリージョ

ブラジル

ジョシー・デ・オリベイラ

ギリシャ

クセナキス

トラブロス

ロゴテーティ

ブルガリア

スパッソフ

トルコ

サイグン

インド

ザンデープ・バグティ

クラレンス・バーロ

ノルウェー

エック

タイ

ナロングリット・ダーマブト

アルゼンチン

ナステラ

カタルーニャ

モンポウ

ブラジル

カマルゴ・グアルニエリ

クロアチア

ミルコ・ケレメン

クラシックガイド増田) を見やすくしたよ。

 anond:20210210062305 (クラシックガイド) を見やすくしたよ。

 はてな記法で、分類表示した。テキストは変えていません。

 

   §1600年代前半

イタリア

ドイツ

 

   §1600年代後半

イタリア

おフランス

ドイツ

イギリス

 

   §1700年代前半

イタリア

フランス

ドイツ

イギリス

以上1600~1750年が「バロック音楽」の時代

 

   §1700年代後半

古典派音楽」の時代

イタリア

フランス

  • ゴセック  (日本では「ガヴォット」だけが有名)

ドイツ

オーストリア

 

   §1800年代前半  (晩期古典から初期ロマン派

イタリア

オーストリア

ドイツ

 

   §1800年代中盤  (盛期ロマン派

ドイツ

イタリア

フランス

ポーランドフランス

ハンガリー

ロシア

 

   §1800年代後半

イタリア

オーストリア

ドイツ

フランス

チェコ

ロシア

北欧

 

   §1800年代終盤から1900年代初頭  (後期ロマン派印象派音楽

イタリア

オーストリア

ドイツ

フランス

チェコ

ポーランド

ロシア

イギリス

北欧

 

   §1900年代中盤以降  (第一次大戦終了によってロマン主義印象主義が古くなった時代に真価を発揮した作曲家たち)

ドイツ

オーストリア

フランス

いわゆる「6人組」の時代現在でも有名なのは

現代音楽私的により重要なのは

ハンガリー

チェコ

イギリス

ソ連

間違いだらけのクラシック音楽史の表を修正してみた

https://b.hatena.ne.jp/entry/s/togetter.com/li/1664833

↑このブコメ賞賛されている表がかなりデタラメなので修正してみた。

とりあえず同じように1600年代から始めます。「オケゲムマショーパレストリーナジョスカン・デ・プレがないぞ」とかい意見もあるようですが、それはもっと以前だから書いていないだけです。

作曲家の「生まれた年」ではなく「主に活躍した時代」で書きます。これに文句を言っている方もおられるようですが、何故かと言うと例えば生まれは1600年代終盤だけれど音楽家として活躍し世に認められたのは1700年代になってから、といったような例があるからです。

「あれは記憶だけで描いてるから素晴らしい」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、これも資料などは参照せず、ほぼ脳内情報だけで書いております

1600年代前半

イタリア

モンテヴェルディ(みんな知ってる「私を死なせて」)、カッチーニ(「アヴェ・マリア」が有名だが実はソ連音楽学者ヴァヴィロフの贋作。真作で有名なのはアマリッリ」)

ドイツ

シュッツ(「ドイツ音楽の父」として有名)、シャインシャイト(以上3名は「ドイツ三大S」として有名)

1600年代後半

イタリア

コレッリ(「ラ・フォリア」が有名)

おフランス

リュリバロックフランスオペラ第一人者

ドイツ

パッヘルバル(「カノン」だけが有名)

イギリス

パーセルオペラ「ディドーとエネアス」が有名)

1700年代前半

イタリア

ヴィヴァルディ(「四季」の人)、アルビノーニ(「アルビノーニアダージョ」が有名だが贋作。真作で一般に有名な曲は無い)、ペルゴレージ(「スターバト・マーテル」が有名)

フランス

クープランチェンバロ曲で有名)、ラモー音楽理論とオペラ

ドイツ

バッハ名曲多数)、ヘンデル日本では「音楽の母」などと呼ばれたが女性ではない。「メサイア」「オンブラ・マイ・フ」「水上の音楽」など)、テレマン(「食卓音楽」で有名)

イギリス

ヘンデル帰化

以上1600~1750年が「バロック音楽」の時代欧州における「絶対王政」の時代とほぼ重なるという見解があります

1700年代後半

古典派音楽」の時代啓蒙思想によって理性が重視され、それが音楽に影響を及ぼした時代です。

イタリア

チマローザオペラ秘密結婚」)、パイジェッロ(「うつろな心」)、ボッケリーニ(「女ハイドン」の異名を持つが男性)、サリエリオペラ巨匠

フランス

ゴセック(日本では「ガヴォット」だけが有名)

ドイツ

グルックオペラオルフェオとエウリディーチェ」)

オーストリア

モーツァルトハイドン兄弟

1800年代序盤(晩期古典から初期ロマン派

音楽における「ロマン主義」は文学絵画よりも遅れて1800年代になってから現れます。この時期は古典派音楽からロマン派音楽への過渡期です。

イタリア

ロッシーニオペラウィリアム・テル」「セビリアの理髪師」など)、ベッリーニオペラノルマ」など)、ドニゼッティオペラ愛の妙薬」など)

ドイツ

ベートーヴェンヴェーバーオペラ魔弾の射手」など)

オーストリア

シューベルト未完成交響曲 D 579、歌曲集「冬の旅」など)

1800年代中盤(盛期ロマン派

音楽におけるロマン主義成熟し花開いた時代

ドイツ

メンデルスゾーンシューマン世代的にはワーグナーもここに入る(この時期はオペラ「リエンツィ」「タンホイザー」「ローエングリン」など)

イタリア

ヴェルディ前期(オペラマクベス」「リゴレット」)

フランス

ベルリオーズ幻想交響曲

ポーランドフランス

ショパン

ハンガリー

リスト(本人はハンガリー人を自認したが実際はドイツオーストリア人で本来ハンガリー民族要素は無いのでドイツオーストリア音楽として捉えるのが正しい)

ロシア

グリンカオペラルスランとリュドミラ」)、ダルゴムイシスキーオペラ「石の客」)

1800年代後半

1848年革命の失敗により、ヨーロッパ音楽雰囲気も暗くなって参ります

イタリア

ヴェルディ後期(オペラ椿姫」「アイーダ」「オテロ」「ファルスタッフ」など)

オーストリア

ブルックナー交響曲では4番と7番、8番が有名だが初心者に聞きやすいのはむしろ1番と6番だと思う)

ドイツ

ブラームスブルッフヴァイオリン協奏曲第1番が有名)、ワーグナー後期(楽劇トリスタンとイゾルデ」「ニーベルングの指環」「ニュルンベルクのマイスタージンガー」)

フランス

オッフェンバックオペレッタ天国と地獄」など。実はドイツ人)、グノー(オペラファウスト」)マスネ(オペラタイス」など。「タイス瞑想曲」)、サン=サーンス長生きしたので今年没後100年)、フランクバッハ対位法ベートーヴェンの劇的構成ワーグナー和声を融合した究極の交響曲作曲したが実はベルギー人)、フォーレ(「レクイエム」「幻想水平線」)

チェコ

スメタナ連作交響詩「我が祖国」その中の一曲が「モルダウ」)、ドヴォジャーク(「新世界交響曲」e-moll op.95 など)

ロシア

ボロディンオペライーゴリ公」、交響詩中央アジアの草原にて」、交響曲第2番など)、バラキレフ東洋幻想曲「イスラメイ」)、ムソルグスキーオペラボリス・ゴドノフ」、ピアノ組曲展覧会の絵」)、リムスキー=コルサコフ(交響組曲「シェヘラザード」など)、チーコフスキーバレエ白鳥の湖」、交響曲第6番「悲愴」など)

北欧

グリーグピアノ協奏曲、劇判音楽ペール・ギュント」、ピアノ曲「抒情小品集」、歌曲最後の春」など)

1800年代終盤から1900年代初頭(後期ロマン派印象派音楽

イタリア

プッチーニオペラトスカ(星は光りぬ)」「蝶々夫人(ある晴れた日に)」「トゥーランドット(誰も寝てはいかん)」など)、マスカーニ(オペラカヴァレリア・ルスティカーナ」映画ゴッドファーザー PART III」のあれ)、レスピーギ交響詩ローマの松」などローマ三部作

オーストリア

マーラー11曲の交響曲歌曲)、ヴォルフドイツ歌曲の頂点として非常に有名)

ドイツ

リヒャルト・シュトラウス交響詩ツァラトストラはかく語りき」〈映画2001年宇宙の旅」のあれ〉オペラサロメ」〈裸踊りで有名〉「薔薇の騎士」〈少女漫画オペラ〉)、レーガー(変奏曲と室内楽の達人。歌曲も秀逸)

フランス

ダンディ(「フランス山人の歌による交響曲」は初音ミクが歌った冨田勲の「イーハトーヴ交響曲」の元ネタ)、ショーソン(「詩曲」、フランクの影響を受けた1曲だけの交響曲など)、ドビュッシーオペラペレアスとメリザンド」、交響詩「海」など)、ラヴェルバレエ音楽「ダフニスクロエ」、ピアノ協奏曲ト長調など)

チェコ

フェルステル、ヤナーチェクオペラ利口な女狐の物語」、村上春樹のせいで何故か有名になった「シンフォニエッタ」)、スーク(アスラエル交響曲などが有名)

ポーランド

シマノフスキ(「スターバト・マーテル」など)

ロシア

グラズノフロシア浪漫交響曲集大成した作曲家として有名)、ラフマニノフ無伴奏合唱曲「晩祷」で非常に有名)、スクリャービン神智学に陶酔した交響曲第4番「エクスタシー」と、「神秘和音」を駆使した妄想ピアノソナタで非常に有名)

イギリス

エルガー(「威風堂々」が有名だが真の傑作は交響曲第2番)、ディーリアス(「春始めての郭公を聴いて」は英語圏では誰もが知る名曲)、ヴォーン・ウィリアムズ(「田園交響曲(3番)」と「南極交響曲(7番)」が有名だが5番も捨て難い)

北欧

シベリウスニールセン交響曲第4番「不滅」が有名)

1900年代中盤以降(第一次大戦終了によってロマン主義印象主義が古くなった時代に真価を発揮した作曲家たち)

ドイツ

ヒンデミットオペラ画家マティス」と、その音楽をまとめた交響曲が有名)

オーストリア

シェーンベルク(無調音楽12音楽創始者。彼が最初12音楽による楽曲を完成したのが1921年なので今年はシェーンベルク12音楽100周年。まず聴くばきは「ピアノ協奏曲」「ヴァイオリン協奏曲」「弦楽四重奏曲第3番、第4番」)、ベルク(無調音楽12音楽調性音楽的要素を取り入れて聴きやすくした人。オペラヴォツェック」「ルル」、器楽曲では「ヴァイオリン協奏曲」が有名)、ヴェーベルン12音楽の究極として有名)。以上の3人は「シン・ヴィーン楽派」として20世紀音楽を語る上で非常に重要です。

フランス

いわゆる「6人組」の時代現在でも有名なのはプーランクミヨーオネゲル交響曲第2番と第3番はカラヤン盤もあるので聴いて下さい。このほかオラトリオ火刑台上のジャンヌ・ダルク」も泣けます。実はスイス人)。現代音楽史的により重要なのはメシアン(「トゥーランガリラ交響曲」「世の終わりのための四重奏曲」「彼方の閃光オペラアッシジの聖フランチェスコ」などが非常に有名)。

ハンガリー

バルトーク、コダーイ

チェコ

マルチヌーなど

イギリス

ブリテン(とりあえず「戦争レクイエム」は聴いておくべき)

ソ連

プロコフィエフ大人は「ピーターと狼」みたいなガキ向けの曲は聴かず「交響曲第2番」の暴力的激しさにヒャッハーしましょう)、ハチャトリアン(「剣の舞」とかいう曲は子供の頃運動会で聴いたでしょうから、そんなものより「交響曲第2番」でファシストとの激しい戦いを体感しましょう)、ショスタコーヴィチ世間一般では交響曲第5番が知られていますが、高く評価されているのは4番、8番、10番、14番など偶数番号の交響曲です。真髄はオペラ弦楽四重奏曲です)

20世紀後半以降は省略。

2021-02-03

ポーランドボール好きな奴って発達障害持ってそう

政治要素でお人形遊びしてる所が

ショーン君さぁ……

とある増田経由でこのtogetterまとめにたどり着いたが。これはひどい

山口一男(シカゴ大学社会学教授) vs 女子大生起業家 https://togetter.com/li/1659464

本来最初の2ツイートで終わった話。

山口先生の解析では山口(2008)で“男女の所得格差男性に比べ女性非正規雇用が多いことが一因ではあるが、より大きな原因は正規雇用者中の男女格差で、特に女性管理職昇進率が男性に比べ著しく低いことが要因だ”ということが示され、さら山口(2014ab)で勤続年数・就業時間・年齢・学歴職場の種類だけでは男女の管理職割合/所得格差説明しきれない(これらの項目が全て同じだったとしてもまだ大きな男女格差が残る)ことが示された(※1,2)。

まりショーン君の「山口一男氏を始めとして、多くの研究から所得の男女格差女性が辞めたり時短にした結果によって生じているもので、そうしなければ女性所得男性並みであることが分かっておりますので、女性も自信をもって主たる家計支持者になって大丈夫ですよ。」は間違い。

しろ何で山口先生名前出したん?たぶん読んでないでしょ君。それで本人から訂正されるって一番恥ずかしいやつぅ。

……とまあ本来はここで終わり。あるいは、少し後退して「賃金の男女格差の要因の一部には女性が辞めたり時短にすることが含まれうる」と主張を弱めるか。はたまた「貴方論文/解析は間違っている」と文献を挙げるか自分研究結果を出すか。

しかショーン君は別の道を選んだ。

※1:就業時間管理職割合関係因果が両方向(長く労働する社員管理職になりやすい/管理職になると労働時間が長くなる)だが、前者だけを考慮している。そのため、就業時間の実際の説明力は解析結果よりもっと弱い。

※2:平均の就業時間ではなく、就業時間区分に分けてその割合で解析している。理由としては平均値だとあまり男女差は無いが、区分分けすると“長時間労働者”区分割合で男女差が大きくなるため。平均差より区分分けして解析した方が労働時間説明力が高くなる。山口(2014a)では具体的に述べてはいないが山口(2014b)では週当たり平均労働時間の男女差は約4時間だが区分分けすると労働時間50時間以上の区分女性割合男性3分の1になる。

恐ろしく速い論点ずらし。俺じゃなきゃ見逃しちゃうね。

ここからショーン君は鮮やかな論点ずらしを見せる。「男女格差女性が辞めたり時短にした結果」という自分の発端のツイートとそれへの指摘は無視して、別の話を始める。

まあショーン君も実際に解析結果見て「あ、ヤベ」って思ったんだろうなあ。他の人の研究でも女の時短とか離職は数あるファクターの一つに過ぎないし。

『「男女格差女性が辞めたり時短にした結果」ではありませんよ。要素の一つにすぎません』に反論しようがない。

でも凄いよショーン君は。まるで最初からそう言ってたみたいに論点ずらすんだもん。ネット論客かくあるべし、みたいな?尊敬はしないけど。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

まずファクト確認として、

1) 日本でも同じ勤続年数・職位・職階であれば所得の男女差はない

2) 日本所得の男女差はa.勤続年数・職位・職階分布の違いとb.職種分布の違いで説明できる

というのが基本かと思います

うんうん。まあもう少し言えば補正後も男女差は残るし、職階分布の男女差の説明変数の一つが勤続年数なんだけど、まあ細かいことはいいんだよ。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

山口先生と私が違っているのはそのファクト解釈です。山口先生は例えば《意思決定ラインの登用には男性が優先されていると考えられ》とここに男女差別があるのだという解釈になっています。ですが、この解釈には直接的なエビデンスがありません。

うん?差別?突然出てきたが何の話だ。実際に解析結果では「係長課長部長という意思決定ラインの登用には男性が優先されている」し、少なくとも引用元では山口先生はそれを差別と呼んでいないぞ。

事務職コースみたいな、女性が多く(というか実質女性向け職)かつ賃金昇給が低く抑えられている企業コース制度のことは間接差別だと言ってるけど。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

2020年管理職30%目標など企業努力しており、その中で問題になってくるのが「女性に昇進を打診しても断られる」「管理職候補だった女性寿退社してしまう」という問題です。女性の昇進意欲については山口先生の間接的データ解釈とは別に直接的エビデンス存在します。

うぅん!?“昇進意欲”なるもの唐突に出てきた。え?女の時短や離職で賃金格差が生じてるんじゃなかったの?

しれっと別の話始めないでよショーン君。たぶん山口先生も混乱したでよ。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

例えば、『多様な選択可能にする学びに関する調査報告書』(gender.go.jp/research/kenky…)では女性の昇進意欲は男性のそれの半分です。パーソルの調査rc.persol-group.co.jp/research/activ…)でも同様の結果で、日本女性アジアの中でも管理職昇進意欲が最低で、男女のオッズ比も最も大きい。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

女性に昇進を打診したのに断られる」という企業困惑は実際そうでしょう。引用から図表を持ってくるとこのようになります

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

この問題日本に限った話ではなく、例えばスーザン・ピンカーが「なぜ女は昇進を拒むのか」(hanmoto.com/bd/isbn/978415…)という本を書いていたりしますが、この本の主張はともあれ多かれ少なかれ「女性に昇進を断られる」という問題現実的な話ではあります

いやしれっと進めないでよね。それに女は昇進意欲が小さいんじゃい!と連呼されてもさ、それが職階分布の男女差をどれくらい説明できるのかなんも言ってないじゃん?(※3)

いやはややっぱりすり替えうまい。女は昇進意欲が小さいというエビデンスを、それによって職階分布の男女差ひいては男女の賃金格差が生じているというエビデンスに誤認させてる。

山口先生がただ結果を述べているだけなのを「男女差別があるのだという解釈」ということにして信頼を毀損しようとする。

やりますねえ!

※3:たしか昇進・労働意欲の影響を調べた解析もあった気がする。あ、これだ馬&乾(2016)。これだと係長への昇進は意欲で一部説明可能だが課長以上はできないって結果。ちなみにこの調査では、管理職割合については属性格差(人的資本の男女差)より評価格差(人的資本評価における男女格差。例えば同じ人的資本を持つ男女では男性の方がより評価されるなど)の影響の方が大きく、男女の職階差は差別的扱いに由来するもの結論付けている。馬ら(2017)でも昇進意欲の影響を見てるがこちらはもっと説明力が少ない。

アクロバティック!

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

次に、寿退社の話です。スローター仕事と家庭は両立できない?」とその種になっているコラム"Why Women Still Can’t Have It All"(theatlantic.com/magazine/archi…)やサンドバーグ「Lean In」では夫選びの重要性が説かれます。妻の出世に協力的な夫でないと出世は難しいと言う話です。

こらまたアクロバティックな方向転換。なぜに夫選びの話に?

43歳でFacebookCOO(その前はGoogle、さらにその前は米財務省首席佐官、その前はetc.)のスーパーウーマンシェリル・サンドバーグが「女のリーダーなすぎ!女だからって仕事辞めなくていいよ!子育て仕事も両立できるし、バリバリ働けばキャリアだって男に負けない!頑張れ頑張れできるできる!!」と抜かすLean In (悪意的要約)と、それに「いや無理だし」と返しているアン・マリー・スローターを同じ意図引用するってどういう脳みそだ。ほんとに読んだん?

夫選びに限定したって、サンドバーグは「理解のある夫くんが居れば無問題」、スローターは「夫は重要だけど、それだけじゃ無理」と言っている。

ちなみにショーン君の引用しているアン・マリー・スローターの文は日本語訳があるので置いとくよ。→https://courrier.jp/news/archives/77602/

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

最近共働き志向の中では「出世に伴う転勤・引っ越しについてくる配偶者か否か」という問題で表出しやすくなっています先生研究者ですからポストを得るのに引っ越し必要であり、現実的引っ越しについてくる配偶者か別居を選ぶかしか選択肢がないのはご存じでしょう。

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

ただし、引っ越しについてくる夫を選ぶ女性が極めて少ないのは、中野円佳「育休世代ジレンマ」(kobunsha.com/shelf/book/isb…)4章2「なぜ夫選びに失敗するのか?」や、

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

あるいは有名どころで上野千鶴子インタビュー(toyokeizai.net/articles/-/224…)にもそれは表れています他人白河桃子『「専業主夫」になりたい男たち』も同じ旨が書かれます

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

女性結婚相手選びで所得を重視するのは婚活産業少子化関連の調査から明瞭で、言ってしまえば女性自分出世邪魔になる夫を選んでしまうのですが、ここを変えようとしてもプライバシーへの干渉になるので、現実問題としてはここが非常に大きなボトルネックになっています

まだまだ続くよ夫選びの話。ええい印象論はいい。エビデンスを出せエビデンスを。

って言うか最初に言ってた寿退社の話はどうなった。転勤・引っ越し寿退社に何の関係があるんじゃ。

ちなみに山口(2014a)は制約は多いながらも「既婚および子供の有る女性/男性は、そうでない場合より昇進し難い/易い」という解析結果をだしている。あとさっき引用した馬&乾(2016)では結婚女性の昇進に影響なし、男性プラス

しか解釈は容易ではない(※4)。「夫が足引っ張るせいで妻が出世できない」のエビデンスには全く足りない。

あとこのツイートからわかるのはショーン君の「女が悪いフィルター」の強さかな

出世邪魔になる夫」の問題じゃなくて『「出世邪魔になる夫」を選ぶ女』の問題って言うんだぜ。賭けてもいいが、ショーン君ならDV被害DV男を選ぶ女の問題って言ってくれるはず。

※4:パターン単純化しても↓である

①/② 結婚男性/女性(の昇進)にプラス/マイナス効果を生じる

③/④ 独身男性/女性(の昇進)にマイナス/プラス効果を生じる

⑤/⑥ 昇進が男性/女性結婚プラス/マイナス効果を生じる

⑦/⑧ 結婚男性/女性(の昇進)に影響がない

①~⑥は全部同時に成立しうるし、①③⑤は⑦と、②④⑥は⑧と、⑦は⑧と排他である

さらプラス/マイナスが具体的に何によってもたらされるかも考えねばならない。超複雑!

後方宙返り3回ひねり

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

最後専門職の話。これは、実は「ジェンダーギャップ指数が良好な国ほど女性STEM系進学率が低くなる」現象があり、Gender-Equality Paradoxという名前他国でも問題提起されています(eprints.leedsbeckett.ac.uk/id/eprint/4753…)。

問題提起?されたなあ確かに。その論文Stoet&Geary (2018)の信頼性についてだがね。

発端はこの論文に興味を持った他の研究者がデータから結果の再現を試みるも失敗したこと。よく見たらデータ自体も合わない(例えばポーランド女性STEM学位取得率は43%だが、論文中では27%くらいになってる)ことが判明。著者らに問い合わせたんだ。

すると――聞いて驚け!――この論文の著者らはMethodsにも書いていない、非公開の独自計算方法を用いて数値を算出していたのだと。

でまあ指摘を受けた著者は論文の大幅な――元論文の1割以上、1,113語にも及ぶ――修正をしている(Stoet&Geary, 2020)。

その訂正の多さもさることながら、元論文では言い切っていたところを「傾向(propensity)」という弱い表現差し替えてる。つまり非公開の手法データいじって主張を誇張してたわけだ元論文は。

ぶっちゃけ個人的にはアウトもアウトな話だと思うんだけど、皆さんどう思う?

さらにそれを指摘した学者らの出したRichardson et al. (2020)では、国の数や男女平等指標等が変わるだけで男女平等STEM分野の男女格差の相関は消えることが示された(=Stoet&Geary (2018)に再現性なし)。Richardsonら曰く「複数指標手法を試して結果の一貫性確認すべき。自説に合う結果が出たやつだけ使うのはダメ」とのこと。

おっと、引用元解説を長々しすぎた。Gender-Equality Paradox云々は置いといて、ショーン君が言いたいことは分かるよ。「女の選好のせい。女が悪い」でしょう?

良い手だが、それは結局ファクターの一つを提示したに過ぎない。それの説明力や、それがどの程度社会的形成されたものであるのかが重要だ。

ちなみに山口先生の解析では、男女の専攻の選好は理工学部を除き、男女の職業分を説明しない。その理工学部にしても最大推定で約50%しか男女の職業分離を減少させない(※5)。

勘違いしないでほしいが、男女の選好の違いは男女のSTEM分野ないしより広い範囲職業選択において重要ファクター一つであることは間違いない。

論点はそれがどれくらい生物学的(対処不能)でどれくらい社会的(対処可能)であるかということだ。極端な主張の人達――100%生物学的 or 100%社会的――もいるがね。

※5:

男女の大学の選好の違いの多くは、男女の職業分離を説明しないが、例外理工学部女性の増大で、もし理工学部女性割合男性と同等になり、かつ彼女たちの職業分布男性理工学部卒の職業分布と同じになるという2条件が満たされるなら、タイプ1型(※6)の専門職割合の男女格差が最大の推定でほぼ半減すると期待できる。

(山口,2016より引用)

※6: タイプ2専門職教育・養育、医療健康看護社会福祉分野の専門職から医師歯科医師大学教授(教員)を除いたもの

タイプ1専門職医師歯科医師大学教授(教員)およびタイプ2に含まれない専門職

女子大生起業家@DM解放中🇨🇳🇯🇵🇺🇸 @SeanKy_

山口先生問題提起に対して

1) 元々出世意欲が低く打診しても断られる

2) 夫選びの指向寿退社が多くなる

3) 進学段階でSTEM専門職パスを選ばない

という問題があり、ここに手を入れたくても女性自由意志に反したり、プライベート干渉する必要あり難しくなるのです。

まるで“山口先生が知らない問題であるかのような口ぶりだが、2)と3)は山口先生の解析で男女の賃金格差の主因足りえないことが示されている(個別でも組み合わせても)。山口先生研究で(たぶん)扱っていない1)についても要因の一つたり得るがエビデンスは少ない。

1) → 出世意欲の男女差では賃金/管理職割合格差説明しきれない(調査も少ない)。

2) → 勤続年数が同じ(寿退社しない)でも格差は残る。また夫選びは勤続年数に影響を与えるファクターたり得るが、勤続年数そのもの

2021-01-22

anond:20210121145730

キノコ煮好きならビゴスおすすめ。 ポーランドあたりの料理で、要するにキャベツと肉とキノコの煮込み。 見た目は地味だけどじんわり旨い。

2021-01-10

オーケストラ音楽は逸脱が少ない分、中学生でも難なく聞けてしまう。

ヴィトルト・ルトスワフスキ交響曲第3番を聴いたのは確か中学1年の時だった。

田舎に住んでもNHKテレビくらいは見ることができた。当時、中学1年に限り、昨日の学習内容を書きなさいと言うのがあり、見たテレビ番組の内容を書くことになったからだ。

最初一柳慧の「ピアノ協奏曲第2番 冬の肖像」、その次が西村朗の「2台のピアノ管弦楽のためのヘテロフォニー」、その次が湯浅譲二の「啓かれた時」、最後にヴィトルト・ルトスワフスキの「交響曲第3番」だった。

ポーランド現代作曲家なんて誰も知らない。当然ad-lib動律なんてのも知らない。

中学1年のバカ男子でも、沈黙の使い方が卓抜なことくらいはわかった。

この曲はウゴウゴルーガの「がんばれまさおくん」でも使われたことがある。

彼の没後、あのような楽譜の書き方は急に流行らなくなり、厳密にパラメータ指定するのが良しとされていった。

けれども、彼が個人的につかみ取った技法が鮮烈なのは間違いない。オンリーワンじゃないと面白くないという私の生地は、このころから培われていった。

録音は多いが、まともに演奏されているディスクはすごく少ない。Youtubeに上がっている物も、考えられないくらい間違っている演奏がある。

世界初演の衝撃を超える演奏は、まだ現れていないのではないかとさえ思う。それだけ若い指揮者がだめになったということの証明なのだが、名曲ほどみんな間違えるのである

事故が怖いという理由からルトスワフスキ交響曲第3番は日本コンサートホール演目から消えた。

2021-01-04

ファンタジー王家名字=国名になったのっていつから

俺が初めて見たのはテイルズオブジアビスだったんだけど。

幻想水滸伝まで遡るとハイランド王家名字ブライト全然違う。

そもそも王家名字=国名になったのってなにが由来だ?

実際のヨーロッパどころか、日本ですら王家=国名だったりしない。

天皇家名字日本だし、規模を小さくして藩だってほとんど藩名≠藩主名前だろ。

徳川家が治めてた藩だって水戸とか紀州とかだし、外様だって伊達米沢藩島津薩摩藩前田加賀藩全然違うだろ。

ヨーロッパだとイングランドプランタジネット家とか、フランスだとメロヴィングとかカロリング家とか?オーストリアハプスブルグ家、プロイセンホーエンツォレルン家だっけ?

今調べたらカスティーリャ王国スペイン)がヒメノ家、スウェーデングスタフ・アドルフがヴァーサ家だった。

でもブルゴーニュ公国がブルゴーニュ家っぽい?

もっと古い時代だと、イングランドウェセックス王国アルフレッド大王ウェセックス家っぽい。

一方ボヘミア王国オタカル一世はプシェミスル家だった。

案外王家名字=国名の国もあるのか。

ポーランドはどうだろうと思ったらウィキペディアに乗ってる一番古いのがピャスト家だった。

更に遡って王政のころのローマ王家は…と思ったら王政なのに王家世襲じゃないらしい。なんじゃそりゃ。

なんとなく、王家名字=国名なのはゲルマン風習のような気がするぞ。族長名前一族名前→国の名前族長の子孫もそれを名字にする)って感じじゃないのか。

(ただの思いつきです)

でもザクセン人は由来がサックス(斧)だったはずだし、フランク人はフリーが由来(諸説あり)だったから、名字=国名とならないことも多かったんじゃないか

(すべてただの想像です)

誰か詳しい人おせーて。

2020-12-06

若者日本オワコンだっていうけどさ・・・

 今の日本人特に若い人が「日本オワコンだ。早く日本から脱出しなくては」みたいな意見を聞くたびにもやもやする。

海外の何がそんなに良くて、海外にいったらなぜ成功できるのか。またそいつらのいう「海外」とはどこなのか?

自分はこれまで外国人と多く触れ合ってきた人間だ。そのため、海外事情普通の日本人よりは知っている方だ。

外国人と話していると日本ほどいい国はないと言ってもらえる。にもかかわらず日本から脱出したいという日本人はたくさんいる。自分にはその理由がさっぱり分からない。

1、そもそも海外の何がいいのか。

 一口海外がいい と言っているが、海外といったて世界には240以上の国と地域がある。一応自分国旗マニアから、そのすべての国について程度の差はあれある程度知っている。そのうえで、たいていの日本人日本で住んだ方がいいと思っている。

理由としては、まず基本的にどこの国でも自国民が優先される。基本的にはその国出身のやつが過ごしやすいように国はできている。

日本に住んでいる外国人たちの置かれている状況は大変だ。外国人というだけで、入居が拒否されることもあれば、外国人という色眼鏡で見られる。

それは日本だけだろ とかいうやつがいるが、とんでもない。外国人自国民を全く同じように扱う国などない。

生活保護のような制度絶対にその国の国民の方が優先だ。

また、日本より治安が良い国もあまりない。経済が安定している国だってないし、警察政府が腐敗している国なんてゴロゴロある。

多くのやつが”海外”とやらに夢を見すぎではないか

2、海外生活していけるあてはあるのか?

 海外で暮らすには当たり前だが、収入のあてがないといけない。しかし、日本人英語が話せるのはせいぜい2%ほどだというデータがある。

日本オワコンと言っている人達の中で英語が話せるやつは果たしてどれくらいいるのだろうか。ましてや、スペイン語フランス語などを話せる人はさらに少ないだろう。物価が安い国にいけば大丈夫という人もいるが、物価が安い国は後進国が多い。アフリカウガンダなどに行けば日本人はたいてい金持ちだろうが、かなり不便な生活を強いられるだろう。

また、戦前ブラジルキューバにわたった日本人たちがどのような生活を強いられたのか知っていたらこんなことは言えないはずだ。

3、海外とはどこを指すのか。

 海外脱出しなくては とネットでよく聞くが、具体的な国名を聞いたことがない。また、どこの都市に住むかに至っては皆無だ。

日本移住する場合日本に住む!と言ったって離島に住むのと、沖縄に住むのと、東京に住むのでは話が違うだろう。海外脱出組はどうも”海外”という場所に行くらしい。

4、日本オワコンだという否定のものが間違い。

 日本は十分に成功している。これだから日本は、海外と比べてここがダメだ~ みたいな人に出くわしたことがある。

自分はとっさにそれはどこの国を指すのか?と聞いたが出てこなかった。南アフリカと比べてどうなのか?チュニジアとは?イタリアポーランドとは?

ジャマイカは? と聞いた。結局そいつはたいした根拠もなく言っていただけだった。

総合的に公平な目で審査したランキングの方がはるかに信頼できるだろう。

5、なぜまだ日本にいるのか?

 そんなに海外がいいなら、とっとと日本から出ていけばいい。なぜいつまでもいるのか?金がない? 海外に行けばすぐ仕事が見つかるんだろう?

そっちで探せばいいじゃないか

2020-11-29

anond:20201129024715

洗礼移民の記録が戸籍みたいに残ってるの興味深いね

他にはBorn in Hungary と出るMichael Cihi氏がいるみたいだけど、

ポーランドに多い姓20,000で見ると

skiで終わる姓が大半のようだ。

ww1の時に連合軍としてアメリカに渡った時に英語風に綴りを変えたとか、ミススペルしたとか、元々珍しい姓だったとか考えられるかも。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん