「飢餓」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 飢餓とは

2019-04-17

anond:20190417082807

暴力性ってか批判される要素はいくつかある。

弱者救済を言いながら、特定弱者には「緩やかに滅べ」と言い放つそのダブスタ

女性」という特定の「弱者」(実際は違う)の救済を訴え男性にも負担を求めながら、

片や別の弱者については「平和に滅べ」と言い放つ。

ここに人権意識はあるのか?これはつまり女性人権を守るため、お前らは人権を捨てて滅べ」と言い放ってるのだが。

ここに暴力性がないといえるのか?

二次元コンテンツをすら殺しに来る同胞フェミ放置して何を言っているのか

もうおなじみの件ですね。

現実から排斥された弱者男性のよりどころたる「オタクコンテンツ」をも、フェミ攻撃する。徹底的に。

全年齢ライトノベル撤去要求したり、専門店にまで踏み込んできたり。(そもそも連中のいう「ゾーニング」が噴飯ものだが。)

本邦フェミの巨魁たる上野はこうした同胞の追撃に対して何を言ったか。何も言ってはいない。

ギャルゲに逃げ込んで平和に滅べ」といいつつ、その逃げ場所すらなくそうとしている。悪辣というほかない。


③「恋愛弱者」を「性的欲求」だけだと決め付けてる浅はかさ。

「ヌキながら、性犯罪を犯さず」などといってるが、これはつまり恋愛弱者要求性的ものだけ」という決め付けに他ならないだろう。

実際には恋愛には承認欲求等のほかの要素が大きく、コレは全く浅はかで、しか恋愛弱者馬鹿にしてる発言だ。

暴力的でないといえるのか?

④「性犯罪を犯さず、平和に滅びろ」という主張の一方的

性犯罪は悪だ。殺人も悪だ。

しかし、それをするまで追い詰めることに全くの責任はないのだろうか。

上野のこの言説は、恋愛弱者飢餓状態まで追い詰めておきながら、「自らに火の粉はかからない事が絶対」だという身勝手さがある。

恋愛弱者自己責任かどうか、増田でも連日連夜議論があるが、私は明確に「違う」という立場だ。ほぼ、環境要因100%だと思っている。

特定パーソナリティを許容できない」というわれわれの未熟さが恋愛弱者KKOとして増田では通っている)を生み出してるのだ。

その彼らの復讐を、「逆恨み」だとは私は思わない。われわれが受け入れられない未熟さのツケを一身に負わされているのだから

その彼らに対し、「平和に滅びろ」と言い放つその「平和」とは何か。自分だけの「平和」ではないか

飢餓に苦しむ恋愛弱者に「平和」などあるものか。全く、暴力的で一方的物言いであると言わざるを得ない。



納得したか

2019-04-11

anond:20190411071749

女性が完全に男性支配下に置かれると、強い男性女性資産として囲い始める。

強い男が女を囲い、男は女のために働く必要もないのでその日暮らしになり、大多数の弱い男はただただ収奪され飢餓に苦しむ。

2019-04-07

東大理IIIGoogleってどちらが入るのが難しいんだろう?

Googleには東大以上の学歴の人がゴロゴロいるかGoogleかな?

でも東大といえば一般人からしたら神レベルの全知全能の存在だし、Google社員がそれ以上となると神以上といわざるを得ない。

じゃあ界王神

凡人の悩みとか一瞬で答えが見えるんだろうな。

金がない→稼げばいいじゃん

他人が何を考えているのかわからない→手に取るようにわかるね

このあとどうなるかわからない→こうなる

プロジェクト炎上する→バグを作らずにスケジュール前倒しで作ればいいじゃん

逆にマイノリティ故の、一般人には理解し得ない悩みがあるんだろうね。

世の中バカばっか戦争飢餓をなくすことができなくて悲しいとか?

2019-04-05

anond:20190405212316

瀧ロス状態を作って、飢餓感を煽ってから

ピエール瀧復帰!』で高視聴率を煽るんだろ

コカインと同じだ

2019-03-24

デイズジャパンの「性暴力レイプ差別記事

daysjapan.net/days-japan4%E6%9C%88%E5%8F%B7%E7%9B%AE%E6%AC%A1/

とはいえ○○の隠蔽体質ホントますますひどい

daysjapan.net/days-japan2017%E5%B9%B410%E6%9C%88%E5%8F%B7%E3%80%80%E7%9B%AE%E6%AC%A1/

ごまかしと隠蔽 報告義務スルーの○○

daysjapan.net/bn/1505.html

多発する○○内性暴力

daysjapan.net/editor/bn/bn200608.html

暴力犠牲者レポートです

daysjapan.net/taishou/2015/third01.html

訓練中に○○からレイプされ、周囲の嫌がらせにも屈せずに告発した。○○には他にも4人の女性へのレイプが発覚

daysjapan.net/taishou/2016/special07.html

レイプされる人、奴隷として売られる人もいた。

www.daysjapan.net/about/index.html

デイズジャパンとは「差別、抑圧、飢餓男性女性に対する暴力」などに取り組む雑誌

×「に取り組む」 〇「を実行する」

2019-03-06

どろろ最新話の不満

デザイン一新するのはいいけど元のテイストは残して欲しかった、何でイタチハムエッグからあんな平凡顔に変更した。

憎めない悪党感が激減だ。

ねずみ男を平凡なおっさんにするようなセンスのない改悪だ。

あと最初もっとどろろ両親の武士家族を殺された憎しみをはっきり際立たせてほしかった、今後のどろろイタチ関係との対比としても大事だろう。

あと無惨感が大分と薄い、原作では戦と飢饉で多くの人が餓死して生きて餓鬼のようになった人々がその肉を食らう、父親も我を忘れ肉を喰らいたくなるが妻子に泣かれて耐えるからこそどろろの「地獄ってこんなとこかい?」「もっとマシなとこだ」が映えるのに、戦で死んだ兵隊死体から食料を集めるマイルド描写では薄味過ぎる。

牛車に乗った奥方からどろろへのほどこしの食べ物を「せっかくだがおかえししますぜ、人が餓死している時にうまいものを食ってるのはおまえさんたちさむらいだけだ」と突き返し殺される父親も、因果応報自分が殺した武士の生き残りに殺される展開になってる。

一番引っかかったのは母親が寺で粥を施してもらうシーンが、侍になったイタチから施してもらうシーンに変更になった事だ。

父親が極限の飢餓でも受けず死んだものを、貰いに行く母親にされていたのが嫌だった。

多分脚本家的に子供の為にプライドを捨てて、食べ物を食わせるためになりふり構わないのが親だろう的な気持ちがあったんだろうな。

2019-02-25

anond:20190225102959

6か月の半飢餓間中、各被験者の食物摂取量は1日あたり約1,560キロカロリーに減らされた。

一日1560kcalで精神変調をきたすのに一日1000kcalで生きてる人たちは凄いですね(棒

研究者は、飢餓期間の開始から経過した時間関数として各被験者体重を追跡した。各被験者について、体重時間プロットは、実験の開始前に特性が決定された予測減量曲線である特定の曲線を形成することが期待された。仮定された曲線は、ほとんどの被験者にとってかなり予測であることが判明した。被験者任意の週に自分カーブを外してしまった場合、次の週のカロリー摂取量は、パンジャガイモの量を変えて、カーブに戻すように調整された。しかし、必要な調整は通常は軽微であった

あとカロリー制限体重減少の関係がかなり予測的であったってなってるんだけど、むしろこれカロリー制限で痩せられることを支持する内容なのでは

anond:20190225103358

1つ目は「1919年に行われたワシントンでの飢餓実験

2つ目は「「ミネソタ飢餓実験」と呼ばれる1944年1945年実施された調査

ちゃんと読もうな、文盲^^

anond:20190225102230

1919年に行われたワシントンでの飢餓実験では、カロリー制限有効性を否定する結果が出ています

研究対象となった被験者は、1日1400~2100キロカロリー食事を摂ります

これは、通常の摂取カロリーより30%削減された食事なのですが、実験参加者の総エネルギー消費量も30%減少していたことが判明しました。

これは、摂取カロリーを減らしたことで、体がバランスを取ろうとして消費カロリーも抑えたため。

摂取カロリーが減った分だけ、体は消費カロリーも減らすよう勝手に調整しているのです。

また、「ミネソタ飢餓実験」と呼ばれる1944年1945年実施された調査では、

カロリー制限しすぎることの恐ろしさ」が判明しました。

第2次世界大戦後、何百万人も飢餓さらされたのですが、当時は飢餓状態人間生理活動にどう影響するかは未知の情報でした。

そこで、カロリー制限をしている時期と、回復期における状態理解する目的実験が行われました。

被験者は平均身長178センチ、平均体重69.3キロ健康で、平均的な体格の若い男性36人。

はじめの3カ月、ごく標準的食生活を送り、次の半年体重24%減を達成するよう摂取カロリーが調整されました。

カロリー制限中、男性たちの心身に変化が見られます

被験者たちは真夏7月だというのに寒がり、夜には2枚の毛布にくるまらないと眠れないほど震えだしたのです。

そして、安静時の代謝量を計測したところ、通常時と比べて40%も減少していたことが判明しました。

精神的にも悲惨な影響が見られました。被験者は、強烈に食べ物に魅せられるようになり、集中力を失い、

なんと大学中退する者まで現れたのです。その後の調査で、カロリー制限によって起こりうる数々のデメリットが次々と明らかになりました。

カロリー絞っても「やせられない」という逆説

https://article.auone.jp/detail/1/3/6/7_6_r_20190111_1547154003927377

anond:20190225101426

普通人間食品中の50%を吸収していて、栄養計算上でもそれで表示してる

飢餓状態になると70%を吸収するようになって、実際は表示カロリーよりも多くなってる

とか?

anond:20190225100817

ぐぐったけど飢餓状態で太るってかなり怪しい話みたいだな

食べてないのになぜか太るって状態なんだろ、これ

ありえるのかな

食べてないのに太る!を理解できない奴に試して欲しい

朝と昼を抜いて、夜を普通に食う生活を1年続けて欲しい。

そのくらいからジリジリからだが飢餓状態になって太り始める。

anond:20190225093350

いやいや、無から有を生み出してるわけじゃないだろ。

仮に1000kcalきっちり食べていたとして、代謝メチャクチャ悪いとか

体が飢餓状態に陥っていて脂肪(栄養)を異常に吸収しようとしているかのどちらかだ。

お腹いっぱい食べ続けたら本当に太るのかな?

不要栄養がある!ってことで痩せたりしない?

カロリー抑え続けると飢餓モードで太るっていうじゃん。

じゃぁ食べ続けたら痩せる

2019-02-17

私が勇気を出してヤリチンセックスした話

物心ついた頃から精神疾患名前がつくもののいくつかに乗っ取られ、それを必死でひた隠しにし、自分を騙し、なんとか生き延びてきた。

病気はすべて私の妄想が産んだ被害者意識で、なんらかのメリットがあるから治らないのだと頭で分かっていても、今でも発作的に昔のトラウマが蘇り、みるみるうちに身体支配されてしまう。

自分に嘘がある状態はとても不安定で、

自分理解できていないから、当然まわりのだれにも理解してもらえなかった。

自分を受け入れられないから、

他人に受け入れられるわけがないと思い込んでおり、

傷つくことが怖すぎるから

人との関わりが怖すぎて社会の中で生きられなかった。

誰も信じられないのに、承認欲求が暴れていた。

私は自分が嫌いだった。

そして他人も皆嫌いだった。

きっかけがあり、ヤリチンと知り合った。

またとないチャンスだと思い、勇気を出して自分から抱きついてセックスした。

まれてはじめて自分意思セックスした。

少しだけ、自分が好きになれた。

ヤリチンとは関係が続いた。

セックスだけでなく、長い時間をかけて、たくさんの話をした。

ヤリチンは日の当たる場所にいる人だった。

容姿端麗で、才能も資質も人とは違う、目を惹くものを持っていた。

光に虫が集まるように、彼のまわりにはいつも人が集まっていた。

女に囲まれるのは当たり前で、経験人数なんてとっくに数えることをやめていて、

彼女は5、6人いる状態が通常運転だったと。

しつこく聞いたら、ちゃんと答えてくれた。

ヤリチンは、まさに私が喉から手が出るほど欲しい「承認」を受け続けてきた人だった。

青春時代がすっぽり抜け落ち、恋愛コミュニケーションも失敗し続けた私は、ダイレクトコンプレックスを刺激され、嫉妬心がグラグラ煮えた。

これは彼の女性関係に対してではなく、彼自身に向けられた羨ましさだ。

「みんな君のことが好きだよ」と友達に言われていた、というエピソードを聞いた時、私は、劣等感からくる彼への憎しみで頭がおかしくなりそうになった。

こんな人生があったのか!と。出来れば知りたくなかったと思った。(今でもたまに思う。)

ただ驚いたのは、私たちは似ているところがあったということだ。

ヤリチン孤独そうに見えた。

一際目立ったり好かれたりすることで、

たくさんのひとの、勝手理想や期待を押し付けられてきたんだろうと思う。

それは等身大自分無視されていたということだ。

たくさんの人が彼に恋愛感情を抱いていたとしても、彼自身を守り安心感をくれるものではなかったのではないだろうか。

そして彼も、誰も幸せにしてこなかったのだろうと思った。

ヤリチンは心を閉ざしていた。

自分気持ちは伝わらないし、そんなことはどうでもいいと思って生きてきたようだった。

自分でない自分でいる状態を強いられ、求めるものと求められるものが食い違い続けるの状態は、とても不安定で、心が満たされないことだと思う。

それを不特定多数とのセックスで埋められるなら、私からたらこの上なく羨ましいのだけれど、本当は欲しいものが手に入らない飢餓感が続くだけだし、彼自身女性たちの気持ちを無碍にしたことを悔いており、幸せなことではないのだな、と自分を納得させるように考えた。

彼もまた、自分が嫌いだったのだろう。

私のように、他人を嫌う気持ちがあるのかはわからないけれど、人を信じることに恐怖心があるようには感じた。

真逆人生を歩んできた私たちは、少しお互いのことが理解できたように思えた。

正確には、私は傷つくことを恐れすぎて、時間が経つほどに自分劣等感を通してでしか彼を見られなくなり、彼の意図感情無視した。

彼はそのことを悲しんでいたのだろうけど、それも口に出さず、私に気を遣い、心を閉ざしたままだった。

私が弱さを振りかざしたせいで、自分だってつらい、という気持ち我慢させてしまたことには後悔がある。

ただ、ほんの少しの理解が生まれたことは、

私にとって、たしか自分がいる、という証だった。

すごく感謝したし、大げさに言うと、彼に対しては生まれてきてくれてありがとう、という気持ちが生まれ自然にそれを自分に対しても与えることができた。

損得勘定や条件のない関係性の中で、お互いが強く関心を持ち、認め受け入れられるという安心感は、

私が欲しいものだったし、今まで感じていた寂しさの正体を明確にした。

私は多分、体感として、承認を得た。

一緒にいるときは、お互いに影響を受けまくった。

私のようなタイプは人と自分感覚と同一視しがちで、他人思考侵食されていく自覚はあったが、

意外にも、信念を貫いているように見える彼もまた、受け取りやすい体質だった。

皆、不安で揺らいでいるのだな、と思った。

愛があるとかないとかどうでもいい。

相手ヤリチンなんだから、私なんてただ流れては消えていく、女の一人で構わないと、今では思う。

私には私の人生があり、これは私にとっての大切な出来事だ。

自分存在に気が付かせてくれた。

人として、女として生きていてもいいと、自分を認めることができた。

勇気を出して、自分から抱きついてセックスしたことのご褒美だ。

人生はうまくできていなくて、おもしろい。

物理的に離れることになり、会わなくなってようやく、自分いかセックスに溺れていたかに気づいた。

それが、承認されている感覚助長させ、必要とされている実感を何割増しにもさせていたということも、それにしがみついていたということも。

最近身体の繋がりがなくなったことへの不安感が、ようやく抜けた。

同時に、自分と彼との間に境界線を引くことができるようになり、自分比較せず彼の人生俯瞰的に考えられるようになり、気持ちがとても楽だ。

非モテ自己陶酔してる妄想話と言えばそうかもしんないけどw

実際相手がどう思っていたかなんて図りようがない。

私は私に必要体験をしただけで、

得られたものは私だけのものなのだから、それでいい。

2019-02-04

anond:20190204183336

明治時代江戸260年の蓄積があったし人材幕末教育受けてたから優秀だった

人口ボーナスもあったし

本当は人口ボーナスで強みだったのに戦争というかブラック従軍飢餓とか病気にして減らしてしまった

昭和頭あたりのエスブリッシュの劣化のせい

幸運が重なって持ち直してバブル恩恵まで受けたのに老害退職金バブル産の大量のバカを雇ったせいで30年経済が停滞して

人手不足なのに大学まで出た非正規が大量に生まれ少子化

人口ボーナスをつくづく無駄にする国

2019-02-02

夜食べると太る』をなるべくシンプル説明する

夜食べると太るのだ。でも、カロリー至上主義の人は、一日の総カロリー量が一定であればいつ食べようが変わらないと言う。様々な解説サイトはあるけれど、なるべく専門用語を用いず簡単に『なぜ夜食べると太るのか』を説明したいと思う。


1.肝臓脂肪を左右する

 まずはここが重要脂肪がつくと太って見えるわけだけど、その脂肪を貯めるのか分解するのかは肝臓にかかっている。

2.肝臓脂肪をどうするかは脳が決める

 当たり前だけど脳が決める。脳は糖を栄養とする。

血液中に糖があったら脳は安心して余っている糖を脂肪に変えるように肝臓命令する。

血液中に糖がなければ脳は心配して足りてない糖を脂肪筋肉から分解してでも作るのだと肝臓命令する。

3.脳の判断血糖値が決める

 血糖値血液中の糖の量。糖質を取ると血糖値が上がる。 血糖値は満腹だと高く飢餓だと低い 。

満腹状態血糖値が高い→脳は安心肝臓脂肪を貯蔵。

飢餓状態血糖値が低い→脳は心配肝臓脂肪を分解。

4.寝てる間は脳の命令が切り替わらない

 寝る直前の状態が目覚めるまで続く。

なので、

 寝る直前に満腹だと寝ている間の肝臓への命令が『脂肪を貯蔵せよ』となる。

 寝る直前に空腹だと寝ている間の肝臓への命令が『脂肪を分解せよ』となる。

5.まとめ

 以上から夜食べると大抵の場合脂肪貯蔵モードが朝まで続くので太ってしまう、ということが分かってもらえたと思う。正確に言えば夜食べると太るというよりも、『寝る時点での脳の命令脂肪を貯蔵するかどうか』というところに注目してほしい。

6.おまけ

 そういうわけで、糖質制限してると脳が『栄養足りないから分解しなきゃ』ってずっとなってて筋肉脂肪が分解され続けるので痩せる糖質制限するとすぐリバウンドすると言われるのは脂肪と一緒に筋肉が分解されて代謝が落ちるせいだな。

 あと、脂肪の分解云々の前にアルコール飲んでると肝臓は最優先でアルコールを分解するからアルコール大量に摂るといつまでたっても脂肪の分解に入らない。だからビール腹になるわけだな。だから糖質ゼロwwwとか言いながらストロングゼロを飲みまくるのは結局太るからな。



---

 いろいろ調べて回ってこういう理解になったのだけれど、異論などあれば教えてください。

2019-01-31

過激派ヴィーガン動物虐殺搾取だ命の差別だって言ってんの聞くと

植物も同じやんけって思うけどそういう感覚やっぱないのかな

ホロコーストに例えてる団体見たけど人間動物がそうなら立場違うだけで動物植物にも当て嵌まるんちゃうんかって思ってしまうけどな

よく痛覚とか感情とか脳の有無だとか並べるけどそれ自体優生学的っていうか生物として劣る要素の定義付けして収容所ブチ込んだナチスやんて思うけどそもそも植物は命ではないって認識なのかな

キリスト教における家畜的な感じで

命だなんて定義して擬人化動物と重ねなんてした日には食肉加工どころじゃない残虐さだもんなそりゃそうじゃなきゃ命の搾取反対掲げて野菜食えんか

フルーツなんて肥え太らせた妊婦の腹ちぎって食って胎児捨ててるようなもんだしベビーリーフなんて文字通り赤ん坊の手足引きちぎって食うみたいな話だし再生栽培とか言って怪我が治る度同じ場所を切り取って根菜は腸だしブロッコリー性器だしメープルシロップは傷つけて流れ出た血液集めて煮詰めたものだし美味しく食べるために水や栄養制限して飢餓状態にしてたり品種改良の接木なんて思う様にするため体ぶった切ってくっつけるみたいな話でそれをこいつらは痛覚も感情もないからいいんだよってやっててそうやって考えると動けず口きけないのをいい事に抵抗する機会も何も与えられず一方的搾取してるんだもんなあって少なくとも家畜家畜になった経緯のどこかの部分で動物が戦って負けたって出来事があったはずだけどそれもないもんなあい植物植物で頑張ってたのかもしれんけど

植物はいいんだって人は花が踏みつけられてかわいそうって思わないのかなスムージーも同じだしいいのかそれとも動物虐待は嫌だけど肉美味しいみたいな感覚なのかな

でもそれだと命は認めてる事になるから命に優先順位つけて差別してる事になるしやっぱり何とも思わんのかな

肉も野菜も食べるし環境の悪い家畜見たら結局食べるとしても人並みに引くし花が踏まれてたらかわいそうやんって思いながら抵抗無くジュース飲む身として動物として植物含めて命を搾取するのも感情移入の度合いで差別化するのも人の業ではまああるんだろうけどそこへの問題意識を全部食肉文化におっ被せて自分は罪が無いようにやるそっからアレなんちゃうんかなと思った

それユダヤが悪とやって本当はそうでもないのにそれで問題解決するかのようにやったナチスとやっぱ被るんちゃうて思っちゃったわ

2019-01-13

流産死産ほとんど男児なんだそうだ

まれてくるのは女児100に対して男児105でわずかに男児が多いが、胎児の段階では男児150に対して女児100。

Y染色体はX染色体より遺伝子の数が少なく障害が発現しやすいか流産死産男児に偏るらしい。

男児母体ストレス飢餓にも弱く、チェルノブイリ原発事故の7ヶ月後のみ極端に男児出産が減り女児割合が増えた。

と言うことはDV家庭や飢餓国は女児比率が増えるのだろうか。

2019-01-11

韓国妨害がなかった江戸時代日本が何も発展しなかったのは

飢餓で皆が生活のことだけで手いっぱいだったか

ゆとりがないと新しいことが生まれない

2018-12-23

anond:20181223225551

努力が全てを解決するなら飢餓貧困も世の中には存在しない。

KKO努力してないと思うのは生存バイアス

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん