「早川」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 早川とは

2024-02-26

   どこにでもある理容業で、 店舗名は、髪飾り、であるが、 昭和60年頃に、岡田泉という高齢者がやっていて、平成22年頃、クレヨンしんちゃんの作者の臼井義人が自殺するなどの

   中で

     富美山旭化成の後ろにある橋から飛び降り自殺しているのが発見された。 現在では、相当前から息子と思われる違うおっさんがやっている

  当時は、岡田泉だけではなく、 河原の木で首を吊っていたというのもあったが、最近全然ない。

         

         前田町子

         岡田

         早川ハル

         

    は、昭和の富美山の3大巨頭。

2024-02-25

    早川傳三郎という人は、昭和55年にバス運転手をしていた人です。その頃はひっそりとしたつまらない家に住んでいたし、昭和55年頃の妻のハルミさんというもの

    どうだったかからない。昔は貧乏な人で世間から取るに足らないと思われていた土地の人である。富美山では、北団地公民館の30年史というものがあります

     平成8年から16年の間は記録していなかったので資料が欠損しているので有名なものです。時々、女性が集まって踊る、その程度の内容が毎年のように繰り返されてきた。

    それ以外は区費の徴収とかそういうことだけで終わる広報である。富美山集会は、平成23年11月11日まではまだ具体的にやっていたという記録があります最近

    ひとつも分かりません。何も資料がないからです。ハルミさんは、平成23年頃は、用事があって外に行くだけのような老人でした。早川修二とはその息子で、2階の左の部屋に住

    んでいる。行政建築課に就職したが、平成22年頃は、朝になると自転車に乗り、ぼーっとした様子で市役所まで行って帰ってきているというのを見ている。

    地番は83-235で、かの有名な縣人の土地地番は、83-233である。町子とハルミといえばその辺でまだ生きているということで有名な二大巨頭であるが、町子が、

    この辺は空き家ばかりである豪語する。

   早川傳三郎

     ハル

     修二

     敏郎

2024-02-24

早川傳三郎

   もういないということで、他に住んでいる人は、ポストに修二と書いている。それ以外は忘れた。4人くらいの氏名が書いている。

   傳三郎はもう死んでいるからいるようにみせようと思ってもいないわけである

    このようにもう他界していてこの世にいない人がベランダ警察がいるようにみせているのが流行っている。消防次長がやっているかもしれない。

 見せておかないと何をされるか分からいから見せる。

    既に他界した本人がいるようにみせる。 しかし、富美山の散髪屋のおばあさんは、 平成21年~23年の間に、橋から落ちて自殺したので、それをみせるところまではいかない。

  見せる装置がない。 クレヨンしんちゃんの作者が自殺したのと同じようなものである

    若さを追求するための犯罪なら当然のようにしゃかりきになってやる。しかし、勉強等、年を取ることは絶対にやらない。哲学的にいったらそれだけのことである

2024-02-23

   早川伝三郎本人は平成22年に死んだけど、本人が座って新聞を読んでいた部屋に、別の伝三郎がいるという趣旨不明なクソデザインなら昨日あっただろ

2024-02-20

anond:20240219164729

ソノラマといえばDだけど、あれもファンタジーというより伝奇からねえ

 

早川FT1979年創刊で、ドラゴンランス戦記の翻訳1987年

どっちかというとファンタジー好きは海外作品を読んでたと思う

 

ラノベ黎明期メインストリームは、やはりスぺオペと少女小説が支えたと思うよ

そこに徳間ノベルズなんかの伝奇物の流れが入っていた感じ

2024-02-13

    R6.2.12  21時、  富美山83-233を訪問。91歳の老人が目を真っ赤にしている。明日デイサービスに行くということのほか、内容のある話はなし。

               北団地の公民館パンフレットはないかというともう捨てたというだけで発見できない。

               髪飾りの橋から飛んだ老人はいつ頃かの質問に対しても、10年昔になるというだけで具体的な反応はなし。

               早川伝三郎はどうかという質問に、もうずっと昔になくなったわ、というだけの情報で、何も有益なことはしゃべらない。

               縣人の部屋をみるが、ゴミで散らかっている。右の部屋は廃屋になっている。

               老人によると、××に仕事に行っていると言っていたが、内容は聞き取れなかった。

               2階、左の部屋、 昭和37年1月19日生まれということが確認できる書類発見したがそれ以外は不明

               晴生が昭和31年生まれで67歳だから、62歳。 

2024-01-19

2023年出来事

2023-11-30

聖書を読み込んでいる奴より

早川SFを読み込んでいる奴の方を、俺は信用する。

2023-11-09

anond:20231109101350

ベタ王道ええんやで。小田原城、行っとき

小峯御鐘ノ台大堀

dpzでも記事になってるというか、小田原オススメスポットはこの記事めばええんちゃう?みたいな。

  >小田原にはトリックアートみたいな不思議景色がある~地元の人頼りの旅in神奈川県小田原市~ :: デイリーポータルZhttps://dailyportalz.jp/kiji/170915200663

堀秀政墓所

石垣山一夜城ちょっと遠いのだけど、行くなら坂の途中の堀秀政墓所にも寄るのをオススメ景色バツグンによいし、墓所の脇のオバケのような樹木も味わい深い。

八幡山古郭

小田原城の模擬天守がよく見える

御幸の浜

明治天皇皇后が立ち寄った海岸。まあ、そういうの抜きにしても、海を見るのは一年中いつだってええものやないの。

酒匂川

まれ河川敷に鹿がいる。

大久保忠世・忠隣の親子が酒匂川の土手を整備し、小田原合戦で荒廃した土地を見事に復興させた。

のちに酒匂川富士山の宝永噴火で大量の火山灰で土砂が堆積して水害が頻発するようになった。

幕府災害処理の痕跡があちこちに残っている。

総世寺

自慢のイチモツポロリして「ちんちんぶらぶら総世寺」と言えば彼女爆笑まちがいなし。

小田原合戦の際に豊臣秀次本陣があった。

近くに古墳群がある。

一号墳の主は百塚の王の異名を持ち、古墳から足柄平野を一望できる。

周辺は古墳以外には畑しかない。

小田原漁港早川漁港

dpzでも取り上げられている。なぜかGoogleマップでは早川港になっている。

ちょうちん型の灯台面白い

相模湾日本三大深湾のひとつで、多種多様な魚が生息している。

これからの季節はアンコウ鍋なんかがいいのでは。

しか島津斉彬参勤交代江戸に向かうとき小田原アンコウ鍋をつついていたはず。

2023-11-02

最近趣味書店巡り

そして早川文庫の棚をチェックすることに嵌まっている。

早川文庫の中で確認するのは、もちろん海外SFだ。

所感としては、少し前にテッド・チャン『息吹』の文庫版が出たため、これを目立つ位置に並べる書店が多い。

ただたまに『幼年期の終わり』『われはロボット』『月は無慈悲な夜の女王』等を並べて置いている書店を見つけては「おっ」と感心し、コードウェイナー・スミスの横にエヴァ解説本なんかが置いてあるのを見て一人ほくそ笑む。

そしてルーディ・ラッカーが棚に並んでいるのを見つけると、その日は何だか幸運な気がするのだ。

2023-07-30

https://anond.hatelabo.jp/20230730193649

  宮崎地裁延岡支部で4年間も大暴れしたか規制されているのか?宮崎地裁延岡支部時代の4年間に書いたもので、何か読む価値のあるものがあれば、見られるところに貼付せよ。

   また、お前の前任者として、早川怜奈裁判官などが、男の裁判官とふんぞり返っていた時代や、宮島文国がへばりついていた時代もあったと思うが、それについてはどうか。

2023-05-29

ジャンプ漫画における黒髪直毛男枠の元祖ってどこなんだろう

チェンソーマンだと早川ハイキューだと影山、BLEACHなら石田Dグレマンなら神田みたいに黒髪サラサラさせてる二枚目の男ってジャンプ漫画主人公パにいがちだけど、あれを最初にやったのってどの漫画なんだろう?

スラムダンク流川より前にもきっといるよね?

2023-04-01

上野千鶴子結婚していた。一緒に暮らすという。二人はこの日が結婚記念日だと知った。よく分からない結婚生活に戸惑う上野だったが、この日が入籍記念日であることに気づいてまた一変更した。彼女親友早川花嫁姿を見ていたのだと気がついたのである。ずっと見ていてやっと、やっと気づいたのだ。ここで、初めて上野松坂間の恋愛について語ることができる。過去恋愛体験から当然の帰結として、この物語は結末で描かれることになっている。ところが、青山

Anond AI作成

2023-01-23

早川史哉(アルビレックス新潟)、急性白血病から復帰してたのね

吉井怜もだが、めでたい!

2023-01-14

[]【来週の注目材料】YCC再修正撤廃に向けた期待強まる=日銀金融政策決定会合

【来週の注目材料】YCC再修正撤廃に向けた期待強まる=日銀金融政策決定会合

 17・18日に2023年最初日銀金融政策決定会合が開催されます。今回は経済・物価情勢の展望(日銀展望レポート)が公表される回にあたっています(1、4、7、10月会合公表)。

 前回12月会合では、大方の無風予想に対して、YCC(長短金利操作)の修正を行いました。長期金利(10国債利回り)について、0%の誘導目標を維持しつつ、変動許容幅を従来のプラスマイナス0.25%から0.5%に拡大したものです。マイナスに振れることは現状では想定しにくいため、0.5%までの上昇を容認した事実上の利上げである市場は捉え、一気に円高が進みました。2013年に始まった異次元緩和さらには2016年に始まったYCCの転換点という見方が広がっています。一方日銀12月会合対応は利上げではないと否定しています債券市場での利回りは長期に向かった上昇する中、指値オペなどにより0.25%に抑えられていた10年ところでいったん下がり、その後さらに上昇する形となっており、イールドカーブ(利回り曲線)は窪みのあるいびつな形をしていました。こうした歪みを解消し、市場機能改善を図るためのものという説明になっています

 しかし、歪み自体は解消されていません。10国債利回り1月に入って0.5%で張り付く場面が目立ち、利回り曲線は10年ところで窪みを作っています。また10国債利回りは13日に入って0.5%を超えて上昇しています。0.5%で無制限指値オペ実施しながら0.5%を超えるというかなり厳しい状況といえます(指値オペ対象とならない補完供給オペで借り入れた国債などの影響)。

 12月会合後、1月会合での再調整を見込む動きが見られましたが、6日に通信社複数関係者から情報として、12月に決定したYCC修正の影響と効果を見極めるため、現段階でさらなる修正を急ぐ必要はないとの記事報道。前回会合後も黒田総裁がYCC修正の決定は引き締めではなく、緩和を継続との姿勢を崩していなかったこともあり、再修正期待が後退する場面が見られました。

 しか12日朝に読売新聞日銀17,18日の会合で大規模緩和に伴う副作用点検すると報じました。昨年末政策終了後も市場金利に歪みがあるためと点検理由説明しています国債購入量の調整などで市場のゆがみを是正できるかを見極まる、必要場合は追加の政策修正を行うとしています

 市場では追加の修正として長期金利の変動許容幅を0.75%や1.00%にさらに拡大するという見方や、YCCを撤廃するとの見方が出ています。0.5%を超える利回り上昇が見られた13日の動きも、こうした市場の予想に基づいたものとなっています。ただ、例えば0.75%に再拡大した場合でも、日本物価動向、海外との金利差などから0.75%に張り付く形で歪みが起きる可能性があります。一方いきなり撤回した場合は、これまでの緩和継続姿勢は何だったのかという批判が広がりそうです。

 元日関係者などの間でも意見が分かれており、早川理事(東京財団政策研究所主席研究員)は12日に今回の会合で追加的な修正に動く可能性は低いと発言していますが、同日、門間元理事(みずほリサーチテクノロジーズ エグゼクティブエコノミスト)は、1月会合日銀はYCCの撤廃検討するのではないかとしています

 金融機関などのエコノミスト意見も分かれていますシティグループ証券日銀1月会合でYCCを撤廃するとの予想を13日付で発表。三菱UFJモルガンスタンレー証券は同日、4-6月のYCC終了が依然メインシナリオながら、タイミング1月会合に前倒しされる可能性を無視できなくなったとしていますBNPパリバ証券は0.75%への拡大では市場攻撃さらされ、さらなる拡大を余儀なくされるため、上限を1%に拡大すると予想、みずほ証券国内金融機関の準備が整っていないとして、いきなりの解除は避けるべきとしています

 黒田総裁は次期総裁の下での日銀執行体制に向けて、金融政策正常化道筋を付けるという意向があるとの思惑もあり、来週の日銀金融政策決定会合でどのような対応がとられるのか、相当に注目を集めています

 市場の期待に反し、黒田総裁がこれまでの緩和策維持を強調し、何もせずとなった場合は一気の円売りもありそう。0.75%へのYCC再修正となった場合は、かなり微妙な反応が見込まれ、1.0%への修正もしくは撤廃となった場合は円買いが見込まれるところです。

 なお、今回の会合公表される展望レポートでは、2022年度の物価見通しを前回の前年度比2.9%から3%台に、23年度、24年度はそれぞれ1.6%からインフレターゲットである2%近辺に上方修正してくると見込まれます。予想通り足元の年度の物価見通しが3%を超えるとなると、2014年10月レポート以来となります。この時は消費税増税の影響でした。今回は原材料価格上昇が要因として、持続的な物価安定目標は実現できていないという見方を示すと見られます。ただ、こうした物価見通しの上方修正と、来年からターゲット近くへの物価上昇見通しは、YCC修正撤廃を後押しするものとの期待があります

https://fx.minkabu.jp/news/248985

2022-12-11

anond:20221211204340

イケメン早川アキのことが大好きなあまり

主人公デンジを捨て石にしようとした姫野という女キャラを嫌ってたのは女読者が中心で

チェンソーマン信者の男オタクは姫野を擁護してたよね

2022-12-06

早川note

archive.phに入ってたのを読んだ

あれ取り下げに至ったの「あの文章がトンチキ」じゃなくて「トンチキなクレームが多すぎた」から

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん