「家族の絆」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 家族の絆とは

2021-10-15

anond:20211014174702

そもそも女性は現状でも親と姓を別々にさせられてるわけだがつまり家族の絆意図的破壊されてるとでも??

2021-08-28

実際ゾンビ世界では家族大切に思うの?

ゾンビでもポストアポカリプスでもなんでもいいけど、家族の絆ってすごいじゃん。弟ぜったい守るマンとか。

ラスアスでも弟がゾンビになって自殺する兄(だったはず)が登場するし。

まぁ親から子への執着はわかるよ。でも子から親とか、兄弟間とかは実際そこまで執着ないとおもうんだよなーー。

俺まだ極限状態になったことないのでポストアポカリプス諸賢の方はおしえてください。

2021-08-12

菅義偉お盆帰省する意味はなんですか?」

私にこれお盆帰省について聞かれるわけですけども、実は私自身、27年前の母の実家への初めての帰省、5歳でしたけども、いまだに鮮明に記憶しています

 

それは例を挙げますと例えば精霊牛といわれたキュウリの馬とナスの牛。それを乗せる精霊舟っていうのがありました。

送り火灯籠精霊舟が流れていく川を食いついたように見ていました。非常に印象に残っています

また、底知れないご先祖さまの力というものを感じました、あの盆踊りも印象に残っています

そして何よりも私自身、記憶に残っていますのは、曾祖父墓参りです。広島空襲で命を落とした。迎え火を墓前で焚いて、その火を絶やさないように、提灯に明かりを灯して、先祖の霊を家まで導いて帰りました。

夕暮れ、ヒグラシの鳴き声、線香の匂い、その時のこと、すごく印象に残っています

迎え火の提灯を持ちながら、両親や祖父母や曾祖母と一緒に歩いた。数珠を握りしめた曾祖母が、なかなか墓前を離れようとしなかった。あの瞬間というのは私はずっと忘れることができなかったんです。

そうしたこと子供たちにもやはり見てほしい。

さらに当時、都会に住んでいた私は、田舎の全てが新鮮でした。そしてこのことを契機に、御先祖様を大切にする日本の文化にふれる、大きな契機になったと思います

こうした素晴らしい行事をぜひいまの子供や若者が見て、絆を伝えたい。

さらに親戚の集まり田舎祖父母と過ごす、こうしたものもしっかり私は大きな学習にもなるのではないかというふうに思います

家族の絆、そうした姿というものをぜひ見て欲しいというふうに思います

 

家族が新型コロナという大きな困難に立ち向かい一族が団結してこれを乗り越えるこ

とができた、そうしたこともやはり親から子供へ託したい、御先祖様へ伝えたい、そうした思いであます

2021-08-02

anond:20210802074451

家族の絆」なんかどうでもいい、女が嫌になったら夫も子供も捨てていい

どうせそう考えてる人らが主張してんのバレバレから白々しいんだよなあ

正直に言やあいいのに

夫婦別姓にするべきっていうけどさあ

夫婦を同姓にするのって集団帰属の証として衣服統一するような各地の人類普遍性行為なのでは?

それをやめたら家族の絆が壊れるっていう意見的外れじゃないと思うわ

以後それならあらゆるチームは全員名字を同じにしろみたいなクソレス禁止

2021-07-17

細田守の最新作見るか迷ってたけど、家族の絆が〜って感想見かけたからやめとこうかな…

女と家族を描くのやめたほうがいいんじゃない?と思うんだけどスポンサー意向なのかなあ。女と家族描くのに向いてないと思うんだけどな。

細田守作品に出てくる30代くらいの男とケモとショタあんなに魅力的なのに。もったいない

2021-07-03

俺って右翼なの?左翼なの?

右翼っぽい要素

・うっすらアンチフェミ

 ミソジニストのみなさんの女叩き記事、拗らせてるなあと思いつつもちょっと応援してしま

出羽守は嫌い

 いわゆる「欧米諸国が何かやらかしてるとちょっとうれしい

マイノリティをウザく感じる

 同性愛者、大変だろうけど、キモい異性愛者も大変だし、そこまで騒ぐかあ?みたいなことを思ってしまう パートナーシップ制度がないのは大変ですね 俺にはパートナーがいないが…

ナチスはいい点もあった派

 シンプルに、さすがにどんな政権だろうとやることなすこと完全にマイナスしかなかったってことはないだろ 総合して良かったってことはなくとも、部分部分をみてどこにもプラスがないってことはないのでは?

・反SDGs

 こんな社会持続させてどうすんだよ 滅ぼせ滅ぼせ 俺はあらゆる生命自然特に価値を感じないので、人間ドンドン好き勝手やって全部破壊していいと思う

・反ヴィーガン

 積極的罵倒しようとも思わないが、俺は動物いくら苦しんでもどうでもいいし、環境破壊はいくらすすんでもいいと思うので、食える限り肉は食うだろうな

左翼っぽい要素

皇室廃止主義者

 あれ人権侵害だし、シンプルキモいからやめたほうがいいだろ 君が代ダサいし暗い さくらさくらとかの方がまだマシ

ネトウヨは嫌い

 日本スゲー的な言説がボコボコにされていると嬉しい 

伝統家族観みたいなのは嫌い

 なーにが家族の絆じゃ、カス!という気持ちあり 夫婦別姓には反対する動機がない 積極的に賛成する動機もないが…

自民党には投票したくない

 たぶん次は共産党に入れる 政策とか何も知らないが、いちばん面白そうだから

オリンピックがムチャクチャになってほしい

 コロナからずっとそう思ってた ただこれ、政権がどうこうじゃなく、シンプルスポーツが嫌いって話な気もするな

2021-06-13

anond:20210613091521

それを言い出したら「正義は必ず勝つ」と言えば悪人被害に遭った人のセカンドレイプになるし、「家族の絆」を描けば家族を失った人へのセカンドレイプになるな。

人の善性や世界の美しさを描く創作物は全て許されない世界になりそう。

少年漫画とか絶滅するだろうな。

2021-06-06

今のジャンプえぐい

まぁ鬼滅と呪術廻戦くらいしかちゃんと見てないけどその家族の書き方に差がありすぎて(ほぼ)同時期によく連載されてたなって思う

鬼滅ではいろいろあってもやっぱ家族の絆は大事って書いている一方で呪術廻戦で毒親毒家庭なら皆殺しにしても良いって

10の子供を持つ親で、少しでも毒親自覚がある人は寝る時気をつけた方がいいと思う

2021-05-18

anond:20210518063647

うちの母親も似たような感じで笑ってしまった。やっぱ、こういう類の入口に【水からの伝言】あるよね。

 

増田ちゃん監視してて偉いよ。

そういうのにハマって素手トイレ掃除したりしてる程度は良かったけど時が経つにつれて悪化していった。

私が中学の時には【波動整体】にハマって、ある日我が家先生らしい中年男性がやってきて整体と称してアレコレ触ってカラダのこと変な質問してきたよ。

大人になってからは、祖父危篤帰郷したら病室で祖父の口元に母が変な装置を当てていた。

祖父遺品整理中に話を聞いたらその器具は100万円だった。癌が治るんだって祖父脳卒中で倒れたのにさ。家ひっくり返したらもう一台出てきた。200万。

買った先の営業マンLineやりとりを閲覧したら、パワーアップと称して2台に何か加えて+50万円だった。さらに遡ると手始めに水に入れると水が美味しくなる石を買っていた。20万円。

 

販売企業を調べたらXjapanのボーカルの人がハマった団体だった。謄本取ったらLineやり取りしてる相手名前ビジネスネームで、本名ネット検索したら裁判情報が1番に表示されてることがわかった。

お金以上に、祖父の死に際を汚した行為はまじで許せなかった。

 

うちの場合はそれが最後かな。

母親には、次に疑似科学やクソみたいな宗教にハマったら、母親ではなく相手先の担当者を殺すと言ってる。

車の後ろに繋いで市中を引きずり回した後に、ぶっ殺して街中のモニュメント全裸になったそいつを飾りつけるって伝えてる。

魂が浄化されたり水が美味しくなるのと、我が子が人殺しになるか選べと伝えている。

最初は母も信じてなかったので、祖父の死後にスグくそみたいなサプリメント売りに来たお姉さんを家に呼び入れたけど、同席した際に本当にやろうとした。

それからは母は疑似科学宗教じゃなくて私のことを信じてくれるようになったよ。どんなに疑似科学やクソ宗教で家庭がボロボロになっても、最後はやっぱり家族の絆だよね。 

2021-05-04

anond:20210422213855

インドを筆頭に、南アジア感染急上昇が続いている。

パキスタンネパールバングラデシュスリランカ

そのなかで、ベンガル株とも呼ばれる今のインド株の影響をもっとも直撃している可能性の高いバングラデシュの動向はやはり興味深い。


3月から4月上旬にかけ、インド感染拡大に連動するように、バングラデシュの第2波での新規感染者数は過去最高を簡単に塗り替えた。

バングラデシュインド関係は深い。バングラデシュにとってインド独立支援してくれた恩からの50年来の付き合い。

陸続きであり、政治経済的な関係が強い地域3月バングラデシュ独立記念日の行事にはインドのモディ首相が来訪し、さらなるワクチン供給約束したほどだ。

もっとインド感染拡大に伴い、現在バングラデシュワクチン接種は停滞してしまっている(それでも日本の7倍は接種済みだが)。

ワクチン工場供給国としてのインドの影響はかなり大きい。

しかし、にもかかわらずバングラデシュ感染状況は4月中旬を境に、現在にいたるまで新規感染者数は減少を続けている。

お酒を飲まない文化が効いているのか?とか、南アジアのなかでは肥満が少ないからか?エッセンシャルワーカーに率先してワクチンを打った戦略か?

それとも、実はまだインド株の影響を受けていない?

昨年の第1波のとき、よくささやかれたのは平均的なバングラデシュ人が持つ自然免疫の力。だからり患するのは富裕層が多いのだとか。

いろいろと考えるなかで、カースト社会階層の分断)も大きな要因なのかなと思い始めた。

そう思ったきっかけは、8割おじさん、西浦先生集団免疫落とし穴として3月に書いた以下の文章

マスコミが伝えない「集団免疫」の“本当の意味”…ワクチン接種で流行は収まるのか?(西浦 博) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

現実予防接種では、接種が行き渡りにくい層の方が固まって接触しつつ暮らしていることが多い。例えば、行政が決めた接種ルール上で予防接種が行き渡りにくい人(一例として在外邦人一時帰国者や不法滞在者など)へのケアができるかどうかは未だハッキリとはわからない。

また、何らかの理由で接種に反対する方が空間的に近しい地域に固まって住んで暮らす、という状態が起こる、という可能性もなくはない。

すると、地域レベルで接種が行き渡らない人たちが固まって残ることになり、その人たちの間で集団発生が続くことになる。様々な他の感染症の予防接種を見ていてもこれだけは避けがたいのである。こういった流行は、国全体で75%の接種をしても起こり続けることは忘れてはならない。


バングラデシュの人の流動性の高さが案外、重要なのかも。イスラム社会であるバングラデシュにはカースト存在しない。

接種優先順位に目立った差別があるとは思えない。

バングラデシュ政府公認風俗産業にいち早くワクチン接種が進められたくらいだ。これにはさすがに驚いたが。

バングラデシュ風俗はそれはそれで闇が深いのだが、感染対策に関する限り、政府合理的物事を考えていることがわかる。

バングラデシュは、近年、もはや最貧国とはとてもいえない経済的な急成長を遂げている国。

その成長の原動力になっているのは、超過密都市ダッカコックスバザールだ。

バングラデシュ産業構造都市集中型だ。

労働集約的な縫製産業都市に集中した人口1500万のダッカでは、徒歩で何千人もの工員が工場に通える人口密集度。

工場違法建て増しが横行し、6階建てを13階建てに増築を画策している途上で崩壊し、数千人の工場労働者が犠牲になった事故記憶に新しい。

そんな3密どころではない急速な都市化の進んだ、超過密状態都市で、コロナ蔓延しないわけがない。

そう思っていたら、案外そうでもなかったというのが昨年の第1波だった。

新規感染者数のピークは4千人足らず。人口1.6億の国。日本比較しても少ないといえる。

2月には新規感染者数は200人台まで落ちた。

しかし、3月に訪れた第2波では、4月初旬、7千人を超える数字に一気に急上昇。インドの拡大と同時期。

バングラデシュ政府ロックダウンなどの措置を講じたが、コントロールがもう効かなくなったかもしれないと思った矢先、

少しずつ減少に転じ始めて1日平均(7日間移動平均)2100人程度まで下がっている。

なぜなんだろう?

感染者が都市あぶり出されやすく、補足しやすい。都市の保健衛生は割と整備されている。

カースト存在せず、農村都市家族の絆で結ばれ、

社会的弱者に手が届きやす社会構造にあるのでは、というのは

案外、ちょっと心にとめて考え続けていい視点かも、と思っている。

もっとも、感染者数が減ったといってもまだ2千人(1日平均)。

もうちょっと様子を見ようと思う。



追記ブコメへの反応(それにしても皆さんのコメントはとても参考になった。どうも)

人口動態

ブコメで、人口ピラミッドに言及しているので、調べてみたところ

バングラデシュインドと似た構造だった。平均年齢でみると24歳(バングラデシュ)、25歳(インド)つまり若年層が多い。

インド

https://www.populationpyramid.net/ja/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89/2020/

バングラデシュ

https://www.populationpyramid.net/ja/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%87%E3%82%B7%E3%83%A5/2020/

何か大きな違いがあるだろうか。

逆にいうと、じゃあ高齢化が進んだ国の罹患率が高いかというとそうでもないのでよくわからない。

ワクチン忌避

イスラムワクチン接種への忌避はひょっとするとあるのかもしれない。

でも、情報ソースとして参照したロイター英語版のみワクチン接種状況の分析がある)

https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/countries-and-territories/bangladesh/

を見る限り、5月初旬時点、

Bangladesh has administered at least 8,625,350 doses of COVID vaccines so far. Assuming every person needs 2 doses, that’s enough to have vaccinated about 2.6% of the country’s population.

860万回は少ないとは言えないと思う。

検査数・陽性率

情報ソース

https://corona.gov.bd/

日本に比べて、検査数が少なすぎるということもない模様。

仕事上知りえたこからいうと、ホテル従業員はすでにワクチン接種済み(アストラゼネカ)、定期的なPCR検査という体制

公務員ワクチン接種も優先された模様。

ラマダン

ロックダウン中のラマダンというのは想像できないが、昼間は水も飲めず免疫力低下に寄与し、

かつロックダウンで夜の活動停止。とても可哀そうなことになっていると思う。

平素のラマダンは、日が暮れれば爆食い。茶で夜な夜な語り合う。ロックダウン中は集うことができずと思われる。

社会の分断

もちろん、これが運命を分けているのかも、というのは直感の域を出ないが、気に留めておきたい。

感染対策経験値

バングラデシュ場合、なんといっても金融を巻き込んだ組織力を持つNGO存在がでかい。古くは結核対策から住民へのエントリーポイントを熟知。もうちょっと調べてみたい。アフリカはわからない。

5月10日)

https://anond.hatelabo.jp/20210510133514

へつづく

2021-03-12

anond:20210312101928

横だが、

普通映画のことじゃない?

家族の絆なんて腐るほどあるし喪失回復も良くあるテーマだし。

そういう普通映画を斜に構えず良い話だなーと思えるようになっただろってことでは。

エヴァ普通映画にしちゃったことが罪深いというならその通りだと思う。

2021-03-11

anond:20210311201746

正確には「お前らもこういうのを楽しめるくらいものわかりは良くなっただろ?」かな。

ターゲット層は変わってないけど、そのターゲット層も大人になって家族を持ったりして、厨二な話、暗い話、謎を残すというか空白のある話じゃなくて、家族の絆や単純な喪失回復の話、綺麗に終わる話も受け入れられるようになったでしょと。

2021-03-04

選択夫婦別姓制度に対する(俺の)考え方

最初に言っておくが、俺は選択夫婦別姓制度を導入することについては、賛成の立場である

特に反対する理由が思い浮かばいかであるが(どうせ関係ないし…)、世間的、特に保守系の人々にはそうでもないらしい。

ここでは俺が夫婦別姓賛成に至った経緯・考え方を書き残しておこうと思う。




まず俺は、夫婦別姓を認めないのは、夫婦で別々の名字を名乗りたい人達への権利侵害である、と考えた。

俺は自分権利大事なので、他人権利も出来うる限り認めないと、というのが賛成の主な動機という訳だ。(さらオタクKKO非モテである俺が夫婦別姓に賛意を示すことで、その筋からの叩きが減るという寸法よ)

ただ、(今の状態は)権利侵害から(夫婦別姓は)当然認められるべき、という単純な話では当然ない。

極端な例をあげる。

俺が『盗みたい、殺したい、犯したい』という欲求を持っていたとする。それらの行為は俺の権利として認められるか?

もちろん認められるわけがない。何故かと言ったら諸説あると思うが、俺が考えるのは第一に、それらの行為がより重い他者権利侵害であるという点。そして俺に(限らないが)殺しの権利を与えた場合の、社会の損害や負担が全く釣り合わないから、の二点が大きいと思う。

要は、権利権利がぶつかる場合はより重い方の権利侵害を解消するように動けば良いし、権利を認めることで何らかの不利益が生じる場合権利侵害してまで守るべき益かを考えればいい。

この考えに基づいて、俺が今まで見聞きしたことのある夫婦別姓への反対意見が、夫婦別姓を認めないという権利侵害に見合うかどうか実際に突き合わせてみる。




夫婦別姓だと家族の絆が損なわれる

反対意見をググってもこれ系の意見しか出てこないの本当困る。

それはさておき、この意見に関しては別姓を認めることで生じる他の権利への侵害社会的な損害も非常に曖昧糢糊としており、論ずるのが難しい。

まあ強いて言えば、選択夫婦別姓家族が同じ名字であることで一体感を得たい人達権利を何も侵害するものではないから、敢えて認めないのは一方的権利侵害しかない。

よって夫婦別姓は認められるべきということで良いだろう。

夫婦別姓を認めると夫婦同姓に対する圧力が強まり最終的に同姓を選択出来なくなる

これは少し難しい。夫婦同姓を選択したいのに実質出来ないというのは、まさに権利侵害からだ。

ただ、その様な状況に陥るというのは確定した事実ではないし、陥るとしても夫婦別姓を認めることは要因のひとつしかない。(そもそも認めたら同姓を圧迫するほど別姓が支持されてるなら法で禁ずるのもどうかという気はする)

本当に権利侵害によってしか守られない権利なのかという点も検証されていないし、起こるかもわからない権利侵害に基づいて特定権利制限をするというのはやはり筋が通らないだろう。

よって夫婦別姓を認めない理由にはならない。

子供の姓をどうするのか混乱が起きる

夫婦どちらかの姓を名乗らせる。子供が大きくなったら好きな方を名乗って良いことにする。

夫婦別姓を認めることで初めて生じる問題の様に言われているが、現状だって夫婦はどちらかの姓を選ばねばならず、その時点で混乱が起きているはずである

それは各々の夫婦家族問題しかないだろう。

まして生まれるかもわからない子供のために親の権利制限しようというのは妥当ではない。




とりあえずこんなところかな。他に主だった反対意見があれば教えて欲しい。

選択夫婦別姓が何を解決してくれんの?

世間の男女不平等制度一つで解決すると思える理由わからん

女の賃金のが現状で低いのに。

夫婦どちらの姓を選んでもいいんですよ!」と言いながら9割以上がなんとなく夫の姓にせざるを得ない状況がダメなのであって、

別姓が選択肢に増えたところで価値観は何一つ変わらないじゃん。

家族の絆かいうのはアホらしいけどさ。

まず女性の姓にすることが男性の姓にすることと同格になる世間下地がないと制度があったところでマジで意味ないと思うんだけど。

同姓でも女性の姓を選ぶ人が増えること、旧姓仕事できること、事実婚保障を拡充すること。

そのレベル社会になってやっと「別姓選びたい人が選ぶだけ」って言える世界になると思う。

日本人の7割「選択夫婦別姓に賛成」自民党家族の絆壊れるッ!」

自民党選択肢やすのは嫌なのぉおおおおおおおお!!!強制的夫婦同姓じゃなきゃ嫌なのぉおおおおおおおおおおおおおお!!!

マジでこんな理由で反対しているという事実

2021-02-25

選択夫婦別姓を反対する人たちにだっていろんな意見があるのに、「あいつらは家族の絆を壊されたくないだけ」って悪く言うから議論が進まないんじゃないの。

2021-02-19

anond:20210219102458

そんなの家族の絆が断ち切られるからあかんやろ。

夫婦同姓派から叩かれる。

もし夫婦同姓派がこれを受け入れられるなら、夫婦別姓も受け入れられるはずだから

2021-02-12

マジでクソすぎる。私を可哀想と言ったお前もきっとそれ以上には可哀想だよ。人を可哀想とか決めつけても相手可哀想かなんで本人が決めることだから結局他人評価しか無くて私もそう思いたいのに。本当に身内に失礼なのはどっちだよ。私のこと散々言ってきて暴力も振るったくせになんで今更家族の絆とか求めてくるの?マジで意味からない。それで付き合って疲労した母の愚痴聞くのもまたクソだし兄弟愚痴もクソだし聞かないようにしたけどマジでクソのクソ。うんちっち。架空存在だったらよかったのに。こんなにキモくて私に害がある人間が身近にいるって現実ヤバすぎるよ、あーあ飯食えねえわ

2020-11-30

強制的夫婦新姓」こそが最適解

選択夫婦別姓論はどこまでいっても感情論しかない。選択夫婦別姓賛成派(以下、別姓派とする)、反対派(以下、同姓派とする)双方の主張はそれぞれ価値観の違いでしかないため、議論の土台が無い。議論の土台がないため、議論が進まず感情の殴り合いでしかなくなっている。見苦しい。そこで本増田では折衷案として強制的夫婦新姓を提案する。強制的夫婦新姓により同姓派の考える家族の絆伝統家族観は守られ、さらに別姓派が指摘する様々な問題解決するための議論きっかけが生まれる。

現状、同姓派と別姓派の争点は主に以下のものとなっている。

特に最初の2つに関しては完全にただの価値観の違いであり、まともな議論をすることは非常に難しい。後半2つに関しても同姓派から妥協案や指摘に対し別姓派は主たる主張を持っていない。

日本結婚戸籍システムは家父長制の流れを受け継いでおり、そこから男女差別的な部分を切り捨てていって今の形となっている。結婚をすると、夫婦は双方自分がもともと所属していた戸籍から抜けて新たな戸籍を一緒に作る。つまり戸籍=家族ともいえる。この際にこの戸籍=家族記号として姓を決める。本来この姓というのは家族記号であって個人記号ではない。一つの姓のもとに家族が集まるというのが現在日本家族の考え方である。つまり改姓によりアイデンティティ喪失するというのは日本家族観からしてそもそも間違いなのだ。別姓派はこれは120年しか続いていないので伝統ではないという主張をするが、120年も続いていたことを伝統でないと主張するのは少し無理がある。

これを踏まえた上で家族の絆と姓に関して議論をすることは無意味であることが分かる。家族の絆が無くなるか無くならないかという議論はどちらかが勝つことは不可能であるから議論する意味がないのだ。同姓派が家族の絆という時、先述した伝統家族観―同じ姓のもとに集まる者たちが(核)家族―のことを意味しているのであろう。

この家族観を維持したまま夫婦の片方だけに負担を強いない方法がある。それは強制的に新姓とすることだ。新たな戸籍=家族を作る際に全く新しい姓の生成を義務付けるといったものである。こうすれば夫婦どちらも改姓をせざるを得なくなり、名義変更コスト撤廃へと話が進んでいくことであろう。

そもそも名義変更に手間がかかるのは旧時代遺物しかない。なぜ自分の姓をキープすることで社会に合わせようとするのか。社会の方を新しくするべきではないのか。同姓派の主張するように通称利用可能法整備を進めれば最初はそれで十分ではないのか。結婚した人が全員改姓する社会になると名義変更コスト撤廃への動きはより活発になるだろう。選択夫婦別姓が実現したところで同姓にしたい人にはそのコストは残ったままなので幸せになる人は少ない。しか強制的夫婦同姓であれば皆が幸せになれる。どうだ。

2020-11-25

anond:20201123215327

名義変更にかかる金銭的・時間的コスト

名義変更にはコストがかかる。資産名義変更にかかる多大な手数料金銭コストと言えるし、クレジットカードや各種証明書等の名義変更にかかる時間や手間は時間的コストとも言える。

現状の戸籍制度では結婚時に(国際結婚でない限り)同氏にすることが要求される。法律的には夫妻どちらの氏でも良いのだが、現状として妻側が改氏をする例が96%を占めることから夫婦同氏を求める現状の戸籍制度女性負担を強いる制度であるとして批判され、主に女性社会進出観点から選択夫婦別姓推進運動の大きな動機となっている。

しかしだ、よく考えてみて欲しい。名義変更にかかるコスト結婚時の改姓にとどまらない。離婚時にも改氏をする人はいるし、性同一性障害等の理由家庭裁判所許可を得て改名する人もいる。氏名変更により生じる多大なコストそもそも氏名を個人識別子として用いる社会問題がある。金融機関が悪いし、証明書やその証明に氏名を用いる多数の機関が悪い。選択夫婦別姓派は左翼だと揶揄されることがよくあるが、自分の姓をキープすることでこれらのコスト回避しようというのは極めて現状社会に対し迎合的であり皮肉にも保守的であるとも言える。選択夫婦別姓が実現するのは結構だが、それだけでは問題解決しない。選択夫婦別姓が実現した後もこの社会コストとの戦いは続けていってほしい。

キャリアリセットされる問題

現状の氏名変更によりキャリアリセットされる問題が指摘されている。しかこちらに関しては通称使用対応できるのでわざわざ戸籍制度をいじる必要性はない。よって選択夫婦別姓要望の論拠としては弱い。

研究者の業績がゼロになるといった誤った考えを持っている人も多いようだ。研究者論文本名を使う必要性特に法的に定められてはおらず、科研費申請等も旧姓研究名で行うことができる。業績一覧が必要になる機会、たとえば就職などにおいては氏名が変わろうが自分の業績であれば業績リストに入れておけばきちんと評価される。氏名の変更は日本だけの問題ではなく世界中どこでも発生しており、対策も色々と講じられている。結婚したらいきなり業績がゼロになるというのは嘘である

伝統家族観 v.s. 多様な家族観

同姓維持派は選択夫婦別姓により別姓の家族が生まれると「家族の絆が弱まる」と主張している。この論はバカにされることが多いが、実は否定のしようがない。これを頭ごなしに否定すると自分の靴も撃つことになるのだ。「姓が違うから家族の絆は弱まらない」という主張はある人にとっては真でも、そうでない人達もいるわけで、この論自体否定をすることは傲慢であると言える。同姓の方が家族の絆が強まると考える人は同姓を選択すれば良いという意見もあるが、別姓が可能になると本当は同姓にしたいと思っていても別姓を選ぶという人も出てくるだろう。

子供の氏を考えると話はさらにややこしくなる。法務省答申では結婚時に子供がどちらの姓にするかを選択できるようにするという方式が考えられているが、世界を見渡すと実に色々なものがある。子供一人一人に別の姓を付けることが可能なところもある。これは一体どこまでやるつもりであろうか。進歩的な国では子供の姓をどちらにするかで揉めることも出るだろうし、兄弟の中で一人だけ違う姓にされ疎外感を感じる子供も出てくる。家族の絆が弱まる可能性があるというのは子供も含めてのことだと言える。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん