「表現の自由」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 表現の自由とは

2017-11-24

anond:20171124025325

え?だってエロ以外の表現政治的圧力がかけられたりする件に関しては、きれいスルーしてんじゃんエロ規制反対派の人々

揶揄じゃなくて事実なんだよ

その事実すら知らないで「表現の自由」とか言ってんの笑えるじゃん

anond:20171124025325

表現の自由戦士ってのもあかんわな

それ言ったらお前らなんか闘士なわけで

エロの話でしか表現の自由問題視しない!って揶揄

エロいもの規制の足がかりとして最適なんだからエロが真っ先に問題になるのは当たり前だし

そもそもそういうことを言い出すと

差別反対のくせにあの差別とこの差別とその差別と…etcetcに反対してない!ダブスタだ!」

みたいな難癖もまかり通ってしまうよね

そもそもエロいものを守ろうとすることを無意識に他のものより下等だと決めつけてませんか

2017-11-23

anond:20171123233822

右寄り表現の自由聖戦士

この時だけ左翼の仲間面するのなんで?

君ら体制側やん、喜べや

ミニストップの件で騒いでる方々は、それに気づいたなら悔い改めてね

ま、憲法学基本的なことさえおさえてなさそうな方々なので、実務的な方面からツッコミしません。

ただ言うまでもないことですが「表現の自由」は一義的には憲法学が取り扱う問題なので、興味があるならせめて基本書くらい読むべきだということは心にとどめておいてほしいです。

で、精確なツッコミはさておき、あえて界隈の方々が抱いてそうな素朴な構図に沿って一言だけ。

人権って重要でしょう?

少し前に、「『弱者を救えば最終的には貴方も救われる』は本当か」という記事がありました。

https://anond.hatelabo.jp/20171023212011

ここで云々されているテーゼ自体浅薄問題をこの文脈に回収して事足れりとするのは非常によろしくないと思いますが、ともあれ今回の件を自省すれば「弱者」(なるもの)を「救う」ことの意義が見えるのではないでしょうか。

大方の人間は、「弱者」の側面、すなわち弱みを持っているものです。しかし、その弱みは人によってさまざま。比喩的表現すると、100人いれば100の弱みがあるのです。そうすると、ある人にとっては、自身の持つ1以外の99の弱みは関係のないものということになりますが、だからと言ってこれらに対して冷淡な態度をとるのであれば、自己の1の弱みへの配慮を主張することの正統性が維持しがたくなるのです。それゆえ、「弱者を救えば最終的には貴方も救われる」かどうかという見地からでさえ、一見自らと関係のなさそうな「弱者」を救うことには意義があるのです。

くりかえしますが、これはあえて界隈の方々にも理解やすい素朴な構図に沿ってひとつ観点から説明を加えたものです。しかしまあ、人権理論根本として謳われる個人尊厳憲法13条)を理解する助けにはなると思います。なので、今回の件で表現の自由重要性に思いが至ったという方は、これを機に人権一般について考えを深めてみてください。もしも「人権ガー」などと人権擁護する主張を揶揄たことがある方は、よく己を顧みてくださいね




https://anond.hatelabo.jp/20171122003439

anond:20171123191529

いやー、体育の時間ブルマがなくなってるからな。

アラサー漫画家体操着ブルマは、リアルでみてないらしいし。

表現の自由を求めた結果なのだろうな。

anond:20171123203958

ゲーム業界だと

コンシューマセックス描写のあるもの任天堂ソニー共に出す事自体禁止(箱はどうだったか忘れた。多分駄目だったと思うが)で

PCゲーもほんの少しでもセックス描写があれば全て18禁扱いで隔離販売、と厳しいが

それで表現の自由侵害どうこうとか言う奴いないよね。

何で出版業界あんなにユルユルなのにそれでも文句言う奴が多いのか。

anond:20171123173220

表現の自由戦士フェミがギャーギャー言うせいで消えたんだ、とすり替えてるからなあ

単に電子に負けただけなのに

考えてみれば誰に何言われずとも端からエロ本置いてないコンビニなんて山ほどあるんだし、ゴリゴリ数字主義で売るものを決めてるコンビニでそうなってるんだから

物理エロ本を守るためには税金から補助金出して貰う文化財ルート目指さないともはや駄目なんだろうな。資本主義社会の中でどうしようもなく「弱い」存在なんだろう

吹きあがってる人たちに「最後物理エロ本買ったのはいつ?」って聞くとたぶん黙る

ほんとうに表現の自由を守りたいなら表現の自由武器にして論戦するよりも黙ってたくさん金を出せ。それ以上でも以下でもないんだろう。物理エロ本限定しなくとも。

anond:20171122213737

誰も得しないというかコンビニにとってはデメリットの方が大きいのが実情。

成年誌そもそも売れない・万引き率が高い・客層が悪化する・返本処理に手間がかかる等々、むしろコンビニ側としては取り扱いたくない商品筆頭で、千葉市の一件以前から全国的成年誌スペースは縮小傾向にあった。

千葉市要請したのは「千葉市内のコンビニで、市が費用負担したうえでのカバーかけ」であったのに対し、実現したのは「全国のイオングループでの成年誌取扱停止」。千葉市長ひとりでどうこうできる範疇じゃない。

どうも「イオン成年誌を売りたくて仕方がなかったのに、行政圧力をかけて無理矢理やめさせた」構図にしたい人が多いみたいだが、実情は逆だろう。

イオンは以前から成年誌の取扱をやめたかったが、出版業界との兼ね合いや表現の自由戦士炎上させられる等々懸念事項もあって踏み切れなかった。

そんな中千葉市の取り組みを知り、それに乗っかる形をとった。

ほかのコンビニチェーンにカバーかけを断られ成果を上げられずにいた熊谷市長に地場企業として恩を売り、

出版業界には体のいい言い訳を手に入れ、

表現の自由戦士ヘイトは自社でなく千葉市に向けられる。イオン担当者は非常に優秀だね。

戦士諸君の言い分に従うと、当のイオン経営層が成年誌を売りたがっていなくても、店頭成年誌を並べ続けなければならないらしい。大多数は買いもしないのに。

本当に何と戦っているのかわからない。

たかが1コンビニ販売戦略の転換を、表現の自由云々にこじつけて無理やり炎上させるの

迷惑過ぎるだろ

オムツなーい!で騒いでた主婦層と同じ穴の貉

売れなくともボランティアエロ本を置けというのか?

 

もしエロ本がこれまでのようにコンスタントに売れてりゃ

イオンみたいながめつい企業

買いもしないラディフェミクレームなんて無視してただろうよ

 

コンビニインフラから社会的意義があるってんなら

尚更、他の社会規範に属する人間に(形だけでも)譲歩するべきなのに

やってるのはどれだけ煽情的男尊女卑的な表紙を作れるかのチキンレース

 

性教育ガー? エロ本ソムリエの俺に言わせれば、

いまだに外に出せば避妊できるとか

女の絶頂が一瞬で終わると思ってる、初等教育も受けて無さそうな作家だらけだぞ

 

恥を知ろう

anond:20171122203401

非実在青少年が何たらとか言うのが話題になった時(10年くらい前だっけか?)

ちゃんと成年マークをつけた上で、しかるべきエロ専門書店18禁暖簾の先でしか販売されない商品を作ってる人たちによる

増田と同じような意見を何度か見た記憶がある。

「成年マークついてないかエロじゃないもん、一般書籍と並べて売って何が悪いの?表現の自由だもん」と開き直る大量の人間の声でほぼかき消されてたけど。

あれから何一つ進歩してないんだな、エロ業界は。

所であの騒ぎの時に「規制が厳しくなったら日本漫画文化死ぬ!」とか言ってた人達

結局規制は厳しくなったけど、とりあえずまだ死ぬ気配はないねえ。

AV出演強要問題」と関連する女優東京大学駒場祭に出演する件につ

個人的にまとめる意味も兼ねて、表題について書きます

私は

ある大学学園祭実行委員をしています業務としてはいわゆる「広報」を担当していて、他大の学園祭もいろいろウォッチしています。(で、今回の話を見つけて、なんとなく調べてます

今回の本筋とは関係ないですが、学生だった時以来一度も学園祭に行ってない、みたいな人は早稲田祭でも五月祭でも、どっかの大きな学園祭にもう一度行ってみるといいですよ。単に「来場者」としてまわる学園祭めっちゃ面白いはずです。

今回の事実関係について把握するための前提知識

学園祭主体的に関わったことのある人でないと分からない、ビミョウな関係性についての知識です。

前提知識1:東京大学広告研究会(以下、広研)は東京大学駒場祭(以下、駒場祭)において、「ミスミスターコンテスト(以下、ミスコン)」を主催している。

これは学園祭全体でみたらイレギュラーな状況です。ふつうミスコン主催している大学祭実行委員会東京大学駒場祭においては「駒場祭委員会」)は駒場祭ミスコン運営に関与していません。つまり駒場祭委員会にとって、形式は違えど、「ミスコン」というイベントは「サークルでやる牛串の模擬店」と形式上同様のはずです。(「参加団体」と「実行委員会」の関係、って言えば伝わるでしょうか。)

これを勘違いしてこの問題について論じることはいささか問題です。(百田尚樹氏が実行委員会招聘により講演会実施しようとした今年の一橋大学KODAIRA祭の事例と今回の問題は明らかに性質が異なります。)

前提知識2:東京大学駒場祭は、学生主体運営されている。

歴史がある程度長い学園祭ならありふれたことですが、駒場祭も、徹底して学生の手のみによって運営されています。(駒場祭は今年で第68回目だそうです。68年前の大学空気感、というものを考えれば、なんとなく理由は分かりそうです。ましてや東大ですし。)

学生主体学園祭では、大学当局(多くは「学生課」「学生支援課」などの部署)は、施設などの使用などの限定的な部分でしか関与しないことが通例です。

これについても、少し社会的認識と実際の状況の異なる場面です。おそらく駒場祭委員会にも「顧問」などは存在しないでしょう。

で、今回の事実関係

事象1:広研が、元SKEAV女優三上悠亜氏をミスコンに出演することを発表する。

これは、広研が自らのTwitterアカウント公表したものです。(https://twitter.com/utadvc_2017/status/931897374364000257)

駒場祭委員会の対学生ウェブサイト(調べれば出てきますが、学内向けと思われるため、リンク掲載は控えます。)にある資料を読む限り、「学生でないもの」の出演については駒場祭委員会への申請必要であり、したがって、駒場祭委員会はこの事実について公表の前に知っていたと考えられます

事象2:それに対して、Twitter上で一部のアカウントが強い非難を表明する。

これは、三上悠亜氏が所属する事務所代表である青木亮氏が、いわゆる「AV出演強要問題略式起訴されているため、当該女優駒場祭への出演は、青木氏の被害女性たちへの配慮を欠いた行動である、と主張するものでした。「AV出演強要問題については、論争的な部分も含めて、インターネット上に多くの資料存在しているので言及しません。(「社会問題である」と主張している人間一定数いる、ということだけ注意しておきます。)

事象3:非難を表明したアカウントのうち、1名が、駒場祭委員会および東京大学当局に問い合わせを行う

AV出演強要問題についてのウェブサイトAVメモ管理人であるKAZE氏(https://twitter.com/yap00s)が、公開リプライ上で広研および駒場祭委員会に対して当該問題についての説明を求めました。広研駒場祭委員会ともに返答しなかったため、ついで、東京大学当局に問い合わせをした旨、同アカウントにて報告しています。(こちらについても返答はなかったようです。)

ここでの不明点は、広研駒場祭委員会に対してKAZE氏が電話等での連絡を試みたか、ですが、これに関しては、以降の行動等を踏まえると「あった」と考えるのが自然だと思います

ここから問題

なぜ駒場祭委員会AV女優の出演を許可したのか

AV女優の出演、ということ自体一般的には非常に過激出来事で、AV強要問題との関連がなくても嫌悪感を持つ方はたくさんいると思います

しかし、色々考えれば、許可する理由はわかります駒場祭委員会の対学生資料を参照してみます

前項で言及した、「『学生でないもの』の出演についての申請」は、資料中で「外部団体連行申請」と称されています。この申請にあたっての注意をよく読めば、この申請を参加団体に行わせている理由は主に「企業等の営利活動により学生自主性が損なわれないようにする」ことにあるようです。

したがって、同申請許可または不許可は、それにもとづいて行われると考えられます

(同様の規制自体は多くの学園祭存在します。企業からの協賛金などの額について報告させたり、講演会資料を提出させたり、と方法大学によって様々ですが。)

と、すると、「当該女優社会的問題のある人物と深く関係しており、その人物社会に出るべきでないのに、学園祭により活動の場を得てしまう」ということは申請の不許可事由になりえなかったのではないでしょうか。

学生主体学園祭」においては、実行委員会学生行為に対して規制をかける行為は非常に慎重に行われるのが通例です。これは、学園祭自体の存立過程が、非常に政治的色彩を帯びており、その過程で「表現の自由」というものが最も尊重されたことによります

(「AV女優から招聘を許さない」というのは別方向から見れば、「表現の自由」や「職業差別」上の問題になってしまます。)

なぜ大学当局は反応しないのか

学生主体学園祭」において、学生実行委員会の間の関係性が緊張している以上に、実行委員会大学当局の間の関係は非常に複雑です。かつて、学園祭実行委員会大学自治の先鋒として大学当局対立する立場でした。現在でもそうした立場を貫いている実行委員会はないでしょうが、かつてそうであったことは今なお重要ファクターです。

当局担当者は、安全上の問題がある場合などを除いて、実行委員会が決定した事項に介入することが、(駒場祭においても)ないはずです。

実行委員会大学当局は、今からでも出演を止めるべきなのか

広研がどうするべきかはとりあえず置いておきます

実行委員会大学当局は、今からでも出演を止めるべきなのか。これは非常に微妙問題でしょう。まず、略式起訴された代表雇用されているとはいえ、当該女優犯罪を犯しているわけではありません。加えて、この出演が「広研学生による、企画自由行使である」という認識が共有されてしまっていることが予想されますが、そうした認識のもとでは、出演を止めるのは妥当でない、と判断したくなります

一方、この一連の事象が「駒場祭AV女優を呼んだ」「東大AV女優を呼んだ」と解釈される場合、それは駒場祭東大問題になってしまい、これは規制妥当、ということになります

この解釈は、実行委員をやっている人からすえば「主語をでかくとりすぎ」で、「広研AV女優を呼んだ」と解釈するべきだと思いますが、社会一般認識とはズレています

学園祭という場所提供してしまっている以上、当局実行委員会も、少なくとも無関係はいられないはずです。

色々と意見を聞いてみたいです

私の大学学園祭でも今後このような事態が起こらないとも限らないし、増田なら賢そうなコメントがもらえそうなので、意見を聞いてみたいです。

どうでしょう

2017-11-22

anond:20171122213737

エロ表現の自由十字軍に何言っても無駄

 

 

三次ロリLOですらタブー視してたはずなのに

和月すら擁護しだすからもうアイツらに正義も糞も無い

anond:20171122003439

そもそも大前提として、千葉市長が求めたのはゾーニングであって販売規制じゃない。

千葉市長:「エロ本の表紙が子供の目に入るのまずいから表紙隠してよ」

ミニストップ:「んじゃいっそ売るの止めるね。千葉市内の店舗だけじゃなくて全国で止めるね。ついでにミニストップだけじゃなくてイオングループ店舗全部で止めるね」

千葉市長:「(別にそこまで求めてないけどまあいいか)」

ってな経緯だろ。

んじゃどうすれば良かったというのか。

千葉市長が表紙を隠せと言い出したのが悪い」→ゾーニング論まで否定するのは規制反対派の中でも極端過ぎるが

イオングループが取り扱い中止したのが悪い」→イオンが何売ろうがイオン勝手だろ

で終わる話だが。

まさか千葉市長が「販売停止まで求めてない!それは表現の自由に反するから売るのは続けなさい!」と命令しろ、とでも?

その方がよっぽどイオン営業自由侵害していて大問題だが?

そもそもイオンがそんなのに従う義理もないけど。

エロ本ではない、一般向けの本だ」と言うのは無理筋でむしろ危険

現役零細エロ漫画家です。商業同人ともにやってます

イオングループの件は、(元々取扱量もシェアも少ないとはいえ)雑誌販売販路縮小からの売上減少に繋がるため、

個人的には売って欲しいという思いがある一方、

anond:20171122003439ミニストップの件の重大さがわかってる?』

などに見られる論法に、危険だなぁと思っています

トラバした匿名ダイアリー内で言及されているように、コンビニで売られている雑誌は成年向けマーク(成人向けマーク)がついておわず

そもそもコンビニで成年向けマーク付きの雑誌は(原則)売れません。

そうしたこから、「成年向けマークがついてないか一般向けであるエロ本でない、だから規制するのはおかしい」のようなことを言う人が、

こうした問題のように、各小売店ネット通販サイトなどの販路で、販売がとりやめられた時にも現れてきました。

しかしそれは、世論理解を得にくい上に、我々が表現活動を続ける上で、自らの首を絞めかねない無理筋な論です。

そもそも成年向けマークは、国家国務大臣や法などが、基準をもって認定し、

このマークをもって、成年向けだ、このマークがないもの一般向けだ、としたものではないのです。

(そういうマーク国家が直接認定するのはディストピア感満載なので、まともな民主主義社会では絶対やるべきではありませんから

これらのマークは、国家権力等による介入を最小限に防ぐという点でも、

あくまで決めるのは出版社発行者であり、出版社発行者等の自己申告による自主規制マークとなっています

同人活動などがわかりやすいですが、同人誌につく成年向けマークも、作者が自主判断したり、

印刷所がこの表現なら成年向けマーク入れてないと印刷してあげれないよ、などとしているに過ぎませんよね?

さて、こうした自主規制の成年向けマークですが、仮に、エロ満載ではあるけどれど、その本の出版社印刷所)や作者が成年向けマークをつけなかったら、

小売店ネット販売サイトは、それを必ずエロ本じゃない一般向けとして扱わないといけないのでしょうか?

もう少し具体的な話をしていきましょう。

先に書いたように、成年向けマークがあるもの区分陳列するように促され、コンビニでは原則売れないことになりました。

この時、雑誌の売上の中で大きな位置を占めるコンビニでの販売継続させようと、

出版社側などは、事実上エロ本なのに、「成年向けマークをつけない=これは成年向けエロ雑誌でないですよ、一般向けですよ」として、

コンビニでも売れるように、一種方便を用いてしまいました。

この「成年マークがある本」と、「コンビニの成人向けコーナーに売られている成年マークなしの本」に、

エロ本であるかないかという大きな差異、たとえばいわゆる「エロ本」と青年誌くらいのたいへん大きな差異があるとまだマシだったのですが、

「成年マークがある本」と、「コンビニの成人向けコーナーに売られている成年マークなしの本」とでは、一般人が思い描く「エロ本」としては、大差はありません。

じゃあこの成年向けマークをつけるつけないの差がどこにあるかと言うと、(血縁関係のある)近親相姦NGとか、そういう曖昧な面もある基準だったりします。

女子高生との直接の表現とか、近親相姦とか、獣姦強姦みたいな過激に映りがちな表現

そういう(各社によって微妙に違いがある)ある種の設定やシチュが、

成年マークをつけてないだけのエロ本にはない(あるいは控えめにしたりしている)のです。

まり、中身は社会普通に思い描かれるガッツリとした「エロ本」となっています

写真週刊誌ゴシップ誌の一部にヌードグラビアがある、とか

少年誌、あるいは青年誌あたりで時折プチ炎上する、一部に乳首がちらっと出てる、パンツ見えすぎだ、エロいコマがある、とかのレベルでなく、

エロこそが本編であり、大部分のページをエロシーンが占め、ズッコンバッコン、グッチュグチュ、フェラも結合も成人向けマークがあるものと同様、思いっきりやってるような雑誌です。

みなさんも試しに成年向けマーク(成人向け雑誌と書かれた黄色マークや、18という数字に斜線が入ったりしているマーク)がついてるマンガ雑誌と、

「成年向けマークがついてないがコンビニの成人向けコーナーに置かれている雑誌等」を買って読み比べて見てください。

例えば、快楽天と、コミックホットミルクと、コミックメガストアアルファと、コミックLOというマンガ雑誌がありますが、

快楽天コミックホットミルクは成年向けマークをつけず、コンビニでも売られてもいます

一方、コミックメガストアアルファLOは成年向けマークをつけており、今は基本的大手コンビニなどでは売られていません。

さて、これらを読み比べて、コミックメガストアアルファLOエロ本だけど、

快楽天コミックホットミルクエロ本じゃないよね、一般向け雑誌だよね、子どもさんにどんどん売ってもいいよね、って言えるでしょうか?

世論社会理解を得られるのでしょうか?

快楽天掲載されたマンガが、まとまって単行本になったときに「成年向けマーク」をつけて売られることからも、

こうした自主規制運用が、エロ雑誌コンビニで売りたいがためだけの抜け道に利用されていることもわかるでしょう。


実のところ、近年、都条例などで度々やり玉にあげられているのも(非実在で盛り上がったときも)、

こうした成人向けマークをつけていない雑誌単行本だったりしており、

自主規制してます配慮してます」「ちゃんとレーティングしてます」と言いつつ、こうした、成年マークを付けずに全編エロみたいなものが売られている実態なので、

我々描き手や出版社が「配慮してますよ」と言っても、その説得力を自ら弱めてしまっいる現状があり、

表現規制派がつけこんでくる格好の材料を与え、世論社会理解を得にくい原因にもなっているのです。

実際、東京都場合は、成年向けマークをつけている本はそもそも健全図書審査対象原則としてなっていません。

健全図書審査されているのは、成年マークをつけず「一般向けですよ」との体裁なのに中身が成年向けじゃないか…と、東京都委員らが判断した本が、毎年20から30冊程度、不健全図書認定されています

猥褻警察恣意的判断しているように、僕達の業界も、ガバガバの成年マーク運用で、エロ本エロ本じゃないか恣意的判断している面があるのです。

中堅、中には大手出版社などが、自主規制形骸化し、売らんがために成年向けマークもつけずにがっつりエロエロの本を大手販路に載せて、

そうした度に問題が起こって、規制への動きが芽吹いてしまう…、

このことは、エロ本エロ本として成年向けマークをつけ、社会住み分けて売ろうとしている零細な身としては非常に悔しいのです。

表現規制でまず真っ先に割を食うのは、大手よりも僕らのような零細のほうですから

ところで、勘違いしないで頂きたいのですが、

僕は、青少年健全育成条例等、各種表現規制の糞っぷりや、そもそも成年向け商品なのに性器修正されているという先進国にあるまじき日本の糞っぷり自体は、昔から間違ってると思っています

からこそ僕は、これは「エロ本です、成年向けです、だからコンビニでも売りませんし、未成年にも売りません」として、

成年向けマークをつけ、社会の成員としてそれぞれ住み分けをした上で、

自由表現活動と、現行の法令を守った上で、よりよい法や条例運用に向けた改正活動をしたいと思っているのです。

それなのに、成年向けマークをつけて「エロ本はちゃんと自主規制してますから」という体裁を取りつつ、

一方で成年向けマークをつけない事実上エロ本を作って売上欲しさにチキンレースを繰り広げ、

「これはエロ本でなく一般向けだから小売店撤去おかしいから。」という成年マーク運用と主張をやっていれば、

出版社らに自主規制させても意味いね自己申告・自主規制でなく、国家自治体が成年向けマーク認定基準団体作って取り締まるしかいね」などのように、さらなる規制を招き、表現の自由を弱めかねません。

トラバ先の増田さんは、盛んに恣意的という言葉を使っていますが、

雑誌の内容が成年向けマーク付きの雑誌ほとんど変わらず、単行本化されると成年向けマークがつく「コンビニ売りの成年向けマークなしの雑誌」があるという事実

この成年向けマーク恣意的運用問題については一切触れておりません。

こうした成年向けマーク恣意的運用は、青少年健全育成条例恣意的運用と不健全図書指定にも、ますますお墨付きを与えてしまうでしょう。

ラジカルな、すべての表現物が完全に自由で、公共性の高い場だろうがなんだろうが、どんなものでも陳列し売っていい世界というのは、

(ある種の人々には)理想的気持ちいかもしれませんが、

現実社会では、0か100かでなく、理想論は実現し難く、どこかで妥協し折り合いを付け、社会の成員として現行の法令の中で生きていかなければなりません。

出版社さんはちゃんと成年向けマークしか自己申告でいいですよ)を付けてくださいね、ということでなんとかなった両者の妥協点を、

成年向けマークがないかエロ本じゃないし、みたいな欺瞞に満ちた出版社同士のチキンレースを続けていれば、

頑なな規制派と穏健な規制派を切り離し、穏健な規制派だった人を徐々に味方にしたり好意的中立に引き込むことは困難になっていくでしょうし、

規制派と規制反対派のどちらにも強く立場を置かない中間に属する大多数の人らの理解を得にくくなるでしょう。

その結果、そうした有権者をバックにした政治行政も動かしてしまます


なお、この問題は、こうした何がエロ本か、というような問題と、

小売店などの事業者が自らの裁量でどういう商品を扱うかという観点も大きいことには留意すべきです。

任天堂エロゲー出すのを許さないし、Steamにも独自基準はあるし、ある書店がうちはエロ本おかないんだ、というポリシーもあるでしょうね。

子ども向け、ファミリー向け、高齢者向け、どこに軸足を置くかという企業イメージもあるでしょう。

出版社作家が成年向けじゃないと決めたら、それを売る小売店や各事業者は、必ず成年向けじゃなく一般向けとして扱わないとならない、

売り場を確保してずっと売り続けないとならない、それに反したら、表現の自由侵害しているのだ!と思うのならば、

表現の自由趣旨を誤解しています


近い将来か遠い未来か、いつかコンビニで売れることになる落とし所を探るためにも

特に表紙についてだけでも、早急に何らかのアイデアを皆で捻り出していけるといいのですが…。

表現の自由戦士はすぐBL規制されるぞと言えば女を脅せると思ってるけど、

そもそもBL好きの女自体が少数派だし最初からコンビニに売ってない(規制ではなく単に売れないから)し

イオンの中の本屋で取り扱わないのが許せん!なんて腐女子もまずいないだろうになあ

つーかBLゾーニングするなと言ってる腐女子自体相当レアでは

anond:20171122165838

表現の自由戦士批判千葉市長に押し付け

大多数の人からは「イオン良くやった」と称賛を受けられる

イオン超美味しい状況だよね

そもそもエロ表現の自由一丁目一番地ってのは

強権的な政権はまずエログロから規制するからそうなったら気をつけるようにっていう意味

こいつらエロだけ守る話にすり替えてくるから

anond:20171122163332

あー、なるほど。納得した。表現の自由関係ないっすね。

エロ本専門店または子供が見れないところでしか売れない!にしよう。

anond:20171122162324

なにかの講演とか展示会がネトウヨの抗議で中止になったら、展示会場の判断から問題なしとか言われないで表現の自由観点から問題視されるよな。

anond:20171122161922

普通表現物に関してなら、むしろ多少規制があった方が工夫されて良いものができると思うけどねぇ

表現の自由は何でも描いていいという意味ではない

人を傷つけたり、社会的に悪影響をもたらす表現にはそれなりの規制がかかるのは当然の事

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん