「虚構」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 虚構とは

2021-05-17

anond:20210517215656

津波記憶がきついから頭の中で事実虚構を置き換えてる部分が多々あるんだろう

でもその程度は別にいいだろうに心の狭い奴だなあ

anond:20210517064135

しろお前みたいなヤツのほうがよほどわからん

全ては虚構だって言うなら正義ニキも正義の皮をかぶって他人を叩きたい虚構エンタメに見えるはず

https://anond.hatelabo.jp/20210324034110

正義冷や水射精ニキ、虚構以外の何かがこの世にあると思ってそう。言うて相手落としたいからかほぼ確定とか怪しい言葉使ってるけど、万一それ相手がムキになって裏付け出して来たら(万一もないと思うけど)自分言葉責任とれんの?逆張りの形で体のいい自分語り乗せてるだけにしか見えないよ。冷や水射精気持ちよかった?まぁ冷や水だと思ってるの自分だけで、周りから見たらマグマみたいなくっせえ自分汁なんだけど。

2021-05-12

青野くんに触りたいから死にたい

シャッターアイランドみたいな作品虚構だとわかっていても引きずり込まれ

自分どっちがどっちからなくなる

外国だとこういう手法は体系化されていそう

広告欄で見る漫画 足場デブ社員 コンビニ店員の入れ墨おじさん R18の姉と弟と男同士のやつ

anond:20210512100850

なんで虚構作品ばかり並べるのだろう

元増田冒険者勇者広告を見ているようだが俺のスマホには出現しない

俺がゴブリンではないか勇者が目の前に現れないのだろうか

2021-05-11

積み上げた虚構限界

そろそろ精神が保たない。

日記など書いている場合ではないし、書いたところで現状が変わるわけではないが、何か吐き出したい。

少しは気持ちを整理することができるだろうか。思いつくままに書いてみる。

就活がつらい。なんで多くの人がこれを突破しているのか。

周りの友達はつらいと言いながら結局内定をとっていく。うそつきめ。

いや、悪いのは結局自分なことは自分がよく知っている。

何もしない自分がどう考えても悪い。周りに当たっても仕方がない。真面目に就活していればこんなことにはならなかったんだよ、あほ。

就活しなきゃという気持ちはずっとあったが、結局出したのは2社だけ。それも締め切り当日。

面倒なことは先延ばしにし続ける悪い癖だ。だってゲームの方が楽しい。

今までそれでなんとかなってきたのがよくなかった。絶対にいつか破綻するのがわかっているのに、今まで上手く行き過ぎた。

最近徐々にエスカレートしている自分が嫌になる。

その片鱗を見せたのは大学受験だろう。センター試験を受けたあと、2次試験はもう受かるだろうと思って勉強する気が起きなかった。

直前期だというのに親に隠れてゲームをし、勉強などほとんどしなかった。結局は合格者最低点から3点ほど上で合格した。

受験直後は後悔したが、結局受かったのがよくなかった。ここらへんのダメージが少ないうちに矯正した方がよかった。

特に勉強のモチベもなかったし、大学の授業は聞いてもよくわからなかった。周りが優秀なのもよくない。劣等感を感じる。

単位は必要最低限の勉強で取ることになった。過去問と解答を覚えるだけ。何も身についていない。それでも単位は取れた。試験を終えたらすぐ忘れる。

まわりには要領が良いだのコスパがいいだの言われた。悪い気はしなかった。

やりたくないことは最小限の力で乗り切るに越したことはないと自分に言い聞かせ、何もできない自分をごまかした。

周りがみんなするからという理由だけで大学院受験をした。何もできない自分は過去問を見なければ単位が取れないように、

他の人がやっていることを見なければ事を為し得ないのだ。この時点で就活という手はなかった。

幸い内部進学ということもあって過去問があったし、情報交換もできた。しかし、モチベはない。

そもそも研究など向いていないのに周りに流されていくような場所ではない。ここで留年して就活するのもありか?

しかし他の人と違う道に逸れるのは怖い。自分は一人では何もできないのだから。

そもそも卒論はやる気が起きないし院試は受かっても地獄落ちても地獄。この時点でカウンセリングを受けた。役に立たなかった。

結局カウンセラーも他人事だから、とりあえず院試を頑張ればいいじゃんみたいなことを言っていた。

いや、そうなんだけども。悪いのは自分。でももっとどうしようもない気持ちを親身に受けてくれるもんだと思っていた。何か救いが欲しかった。

院試の勉強から逃げ続けていたが、結局3日だけやった。これまでの経験から、本当に最低限の勉強はした。

やりたくないと言いつつ、本当に何も勉強しないのは怖かった。少しは勉強したという免罪符の意味合いもあった。

受かった。受かってしまった。大学院への進学は嬉しくなかったが、他の人と違う道に逸れなかったことには安堵した。みじめな人生だ。

卒業論文は、それほど苦労しなかった。自分から研究することは気が進まなかったが、たまたま先輩と話し合いをしているうちに

テーマとアイディアをもらったのだ。与えられたレールに沿って進むだけでよかった。悪運が強い。

そうは言っても、結局は締め切りにギリギリ間に合うぐらいの時に取り掛かった。この癖をなんとか直したいと思うだけで、実行に移せない。ストレスが溜まるだけなのに。

見積もり通りに締め切りに間に合う経験が多過ぎた。この頃には直前徹夜は当たり前、締め切り数分前に終わるようなことが多くなっていた。

修士1年は比較的平和に終わった。なにせ修論を出すまでまだ1年残っているのだから。研究など何も進んでいない。ゲームしかしてない。

1年間誤魔化し続けたが、教授に申し訳なくなってくる。もっと厳しい教授の方が自分には合っていたかもしれない。

今までのあらゆるツケが回ってきた。

そもそも働きたくないのに就活をしなければいけない時点でモチベは最底辺。

コロナで人と会わないせいで他の人の就活情報が入ってこないのが致命的になり、ほとんど何もせずに今に至る。

唯一働いてもいいかと思える1社だけ選考が進んでいる。これに落ちたら何も当てがない。

自分の中では少し諦めがあり、また留年や休学が頭を過ぎっているが、最近親のプレッシャーが半端ない。

顔を合わすたびに就活について聞いてくる。最終的に上手くいく前提で、親身になって聞いてくる。つらい。もう心の限界だよ。

自分が今まで精神をすり減らして乗り切って来た人生を親は順当に進んできたと勘違いしている。

誤魔化し続けた自分も悪いが、俺はそんなに真っ当な人間じゃないんだよ。

周りが上手くいっている人ばかりなのもよくない。最初から身の丈にあった人生を歩んでいれば、こんなことにはならなかったかもしれない。

いや、それも言い訳か。

逃げの選択肢が欲しい。なのに周りには見当たらない。八方塞がり。こうやって自殺者は増えるんだろうな。

幸い自分は生まで諦めてはいない。ネットを開けば似たような人はたくさんいるし、自分よりひどい人も多くいる。

視界が開けるのだ。暗闇に光が差すのではなく、同じ暗闇を感じる人が他にもいる。それだけでも心の支えになる。

ただ、近くに理解者がいないのが、光が差さないのがつらいだけ。ただつらいだけ。つらい。

この程度で音をあげるようではうんぬんと言われるかもしれないが、心の生存バイアスだ。周りにはそういう勝者しかいない。

ここまで書いてふと気づいた。ずっと自分の絶望感を綴ってきたが、逃げの選択肢が許されない環境にあっても、

自分の中で逃げを肯定するのはどうか。

周りの影響を受けて自分自身も逃げに対する恐怖があったことから、他から逃げを与えられることを求めていたが、

自分自身で認めてしまえば少し気が楽になった。結局人生はなるようにしかならないといったところか。

もちろん周りからあまり良い印象はないだろうし、不利益もあるだろうが、八方塞がりな状況に比べればマシだ。

いや、しかしこの選択肢に甘えてはダメだな。自分の性格からして逃げがあると何もやらなくなってしまう。

それでもこうして考えてみた事で色々整理できてよかったのかな。

まとめるとこんな感じか。

「これまで誤魔化し続けた人生だったが、誤魔化しきれなさそうな局面で絶望を感じて勝手にしんどくなっていた。

ダメになった時のことを自分の中で認めることで少し気持ちが楽になる。

この気持ちならまだ取り掛かれるかもしれない。(やるべき)」

自分の性格がすぐ変われるとは思わないが、就活も結局は避けて通れなさそうなので、もう少しやってみるかという気持ちになった。

まあ今からだと遅すぎるが、やらないよりはいいな。

あとは修論が何も手についてないのはどうしよう......そもそも卒業できるんか?

もしここまで読んでくれた人がいたなら、勝手に気持ちを吐き出して勝手に納得する乱文になってしまって申し訳ない。

読み返してみると一瞬だが、書いてみたら2時間程経っていたので急な心境の変化は許して欲しい。

他に心の限界が近い人がいれば、気持ちを書き出すのもいいかもしれない。

私は少し楽になった。

2021-05-10

眠れない夜と、ダムタイプ「S/N」について

深夜に殴り書いた言葉を公開させてください。

--------

私は夢見る、私の性別がなくなることを。

女友達手作り料理を持ち寄って会った。母親に男かと揶揄されるたび居た堪れない気持ちになる、と話したらいつのまにか女性の生きづらさの話になって、社会で圧迫される自分自身のことについて話してた。

絵の中で無性別になれるようになったこと、裸を描けるようになったこと。それは昨年唐突に訪れた解放で、ふりでない、本当の意味での理解が訪れた瞬間だった。昔から友達に突然カミングアウトされたり、周りにいろんなセクシュアリティの人が増えて、そこに対して何も思わなかったけど、一方で私はどう考えてもシスヘテロで、ただ家族強制する性の価値観あんまり理解できなかった。

--

女の子らしさはガサツで割と男性的とされる趣味の多い私にはハードルの高い問題で、170cm近い体躯王子役を押し付けられまくった経験からLGBTなの?」「腐女子なの?」と言われることも多々あり、それが耐え難き苦痛に感じる私自身も嫌だった。

普通であることに安心する家族普通であることに怯えるわたし曖昧言葉には常に適度な距離感必要で、冷静さを欠いた議論には意味がない。そういう話をするたび、周りの“いい人”たちはみんな私のことを考えすぎだと言った。そんなに思い悩むから生きづらいのだと。

思考をやめる気はさらさらないが、一方で年々神経を蝕まれつつあるのも事実だった。精神科にかかったことはないし、これからもお世話になるつもりはないが、胃痛で薬を飲むという意味がわかるようになってしまった。自傷的に何度か手を出した煙草のせいだが、倦怠感で身体が動かなくなったりもした。腹痛で意識を失いかけた。神経症で人は死ぬんだと思った。

--

「S/N」を見たのは好きな人の影響だが、どうしてあの人を好きになったのかを思い出した。どうして彼じゃなきゃだめだったのかを。酷い時も、辛い時も沢山あったし、客観的に考えればこうした方がいい、とかもいっぱいある。ただ、それが重要なわけではなくて。愛の器官が母親の甘い束縛と重め(笑)の虐めで壊れて、他人から暴力罵詈雑言を崇拝の一形態だと感じるようになってしまったんだと思ってた。精神的に魘されないと安心できないのかと。でも違う。

--

わたしはきっと、何者にもなりたくなかったんだと思う。透明になりたいし、全てになりたい。もう殴られたくないよと強く願ったら17歳になる頃には殴られなくなったけど、真綿で締め付けられるような虚無が残ったからいつも首に縄をつけてぎりぎりで生きてる。側からはそう見えないはずだけど。好きなトラックメイカー音楽よりもいつか結婚した時の愛する人の方が大事だよ、と言っていて、すごく驚いた。私はずっと、天啓のような何かを信じることでしか、辛い過去を受け入れられずにいたから。いまもそうだし、そうでないといけないと思うの。

--

本当にばかばかしくて、ちょっと幼い話だけど。わたしは、好きな人わたしの目をじっと見て、「眼鏡でもかわいいよ」と言ってくれたその一言で22年近くの呪いが解けた人間である。でも、親の呪いがこんなに深くわたしの中にあるって知らなかった。

小さい頃から蝶よ花よと育てたられた私だけど、母は写真を撮るたびに眼鏡を外させた。かわいくないから外しなさい、と言った言葉はいつの間にか習慣になって、眼鏡さえ外せば最強なのだという行きすぎた自尊心すら生んだ。実際に眼鏡の有無で同一人物だと気付かれないことがあったのも遠因だろう。わたし眼鏡諸悪の根源にすることで耐えていた。

--

恋愛にもそんなに恵まれず、高校で軽い虐めに遭った際「わたしかわいいからでしょう?」と母の言葉確認をとったら、途端にキョトンとした顔をされ、その時から全てがわからなくなった。ルッキズムの最下層に突き落とされたような気分だった。

当時の私は髪のとかし方も知らず、見えている世界レイヤーが少なすぎたので、たしかに見目麗しくはなかったと思う。でも好きなバンドインストアイベントで憧れていたギタリストに前の女の子と明らかに異なる冷たい目を向けられたこととか、そういう体験が、私の不安を加速させた。何をやっても痩せなかったし、服屋の服は全部小さすぎて似合わなかった。最悪だった。

大学生になって古着にハマって、ようやくアメリカサイズの服を着ることでサイズ問題解決したけど、やはり可愛いという言葉が怖かった。私から一番遠いところにある気がした。

--

好きな人言葉は頭の先から足元まで響くような衝撃で、衒いのないトーンは私を惑わせた。本当に、本当に、誰に言われても嘘だろうと、嫌悪感しか抱かなかったその恐怖が、ようやく解放されたような気がしたのだ。それ以降は人の褒め言葉を、きちんと信じられるようになった。

まあ今もコンタクトはたまにしてるけど、選択肢眼鏡を含められるようになったのは、あの時好きな人が認めてくれたからだった。それだけで意味がある。私は体質的に目が乾きがちで、眼鏡ですら頭痛眩暈がすることがある。健康被害よりも強迫的なコンタクト依存から解放されたのは、本当に嬉しかった。

--

「S/N」を見た時に自覚した。わたしは他の人では満たされない渇きを、好きな人ならわかってもらえる気がしたのだと思う。ジェンダーの話はわたしも後追いだし、LGBT当事者でもなくて、フェミニズムに明るいわけでもない。どちらかと言うと旧体制的で、内心少し男根主義に傾いてるけど、でも、多様性を締め付けられる社会が本当に息苦しかった。私が可愛いものを好きなのはかなり異常者で、可愛くないことは罪だって、ずっと見えない誰かの声が聞こえて死にたかった。でもそれを人は幼いという。若気の至りだと。本当にそうだろうか?

好きな人に会う前から男性に恋をしても、きっと眺めるのが好きなだけだった。男性男性性は愛おしくはあるが恐怖で、私は母の教育方針もあって、結構性をタブー視してた。ちょっとフィクトセクシュアルの気もあるせいか虚構を覗き見ることだけが唯一許されてる気がして、それ以外は全部怖かった。そこがギリギリライン

--

それでもようやく付き合ってもいいかなという人に告白されて、焦りであっさり色んなことを済ませてしまったわけだけど、思ったより呆気なくて、何も感じなくて、その行為はいつの間にか虚無感に満ちた義務になった。心がない行動は演技で、いつも断れない自分も嫌だった。でも私というキャラクターが彼を承認した以上、そのキャラクターには責任を持たなければならない。告白承認する、他人人生を背負うとはそういうことだと思った。

そこには頭では納得していたけれど、ある時期から本当に、他人身体に触れられること、好意を抱かれることに恐怖を抱くようになった。何度か背筋が凍るほど嫌な思いをしたせいもあるだろう。私を世の中に貸し出すのが無理になって、人が信じられなかった。そしてどこかで、プツンと糸が切れた。

--

好きな人もその一人といえばそうだし、それは最悪の搾取の仕方ではあったけれど、あれよあれよと巻き込まれプライベート時間は、たぶん優しさであったように思う。私は余りにも臆病で、そして彼の傷は大きすぎたから、私たちは付き合うという選択を保留することにしたけれど、彼は私に好意を伝えてくれたし、たくさん泣いていた。

なんかもう、それだけでよかった。

セックス搾取じゃなくて優しさで、きっとお互いを信じ合うことで、小さな希望で、だから好きになってくれる人たちに怯えるのは私が間違ってるって思う。でも怖かった。

--

好きな人は、私が今まで誰にも話さずに来た、心の穴を知っていた。きっと直感的に。運命いたことを言うとキザだから言わないけど、彼は他の誰にもない魔法で、私を狂わせるけど、よく考えたらそれが無ければ痛くて痛くて生きてられなかったかもしれないし、また勉強が好きになれたからとか、恋心で作品が作れるからとかそんな現金理由よりも、なによりも私が感じていた性の不安とか、かわいいに怯える切実な揺らぎとか、そういう感情無理解でいなかったから。普通に属してるひとたちは…家族も含めて、気づいてなかったのだろう。私が泣くたびに宥められて惨めになる。好きな人だって適当な時あるけど、もしかしたら私のその不安を、あなたならわかってくれるんじゃないかと。

そういう、希望だったんだ。

--

私の部屋はいま彼がくれたお洋服とか、お揃いのものとか、ドローイング、筆跡で満ちている。ちょっとファナティックだと自分でも思う。

でもこれしかなかった。彼になりたかったというよりか、嘘でもいいから愛されてみたくて、その嘘を嘘で終わらせるのが本当に耐えられなくて、本人の知らないところでそれを実現させるために、彼を統合失調的に創造しようとしたのだ。なぜか告白されたり、結局関係性がよくわからなくなったりして、側からみればきっと軽い地獄なんだろうけど。毎日家でも学校でも暴力を振るわれたり表現手段を持たなかった頃よりは、全然幸福だよ。

わたしあなたが好き。

それそのものが救済なんだ。

私はセックスのない世界に行きたかった。それが思い出せたことだけでも、(私が生まれる前に作られた)この作品はとても、とても深い爪痕を私の身体に残したと思う。

2021-04-30

嘘をつくのは他人を騙すためじゃなく、自分が話したいように話すため

私が何の悪気も無く嘘をつくのは、事実が会話文を強く制約するからだ。

まり事実のふところの狭さが原因なのだ。私が悪いんじゃない。

私は事実事実のまま話そうとするのが苦手だ。

そういう場合自分がよく知りもしないのに、事実関係を延々と話さなくてはいけないことがある。

○○って●●だから■■じゃん。でも、▲▲は□□だし、結局○○は△△なんだよ…みたいな。

そんな時、自分としては、細い管の中を壁にガンガンぶつかりながら、なかなか前に進まないような気持ちになる。

結局、○○は△△だとだけ言いたいのに、その長々とした理路に、何を話してるのかだんだんからなくなってくる。

から、その理路を自分が話しやすい形に置き換えることがある。

○○は☆☆だから△△だよ、と事実でないこと(☆☆)を経由して、話を短くまとめたりする。

私のつく嘘はそういうものなのだ。理路の置換え時に、事実じゃないこと=嘘の場合があるというだけ。

まり、会話に嘘が混じるのは、会話の都合上たまたまなのだ別に、誰かを騙そうという目的じゃ決してない。

それはいわば、小説が語りやす物語形成して、その虚構的理路によって話を進めるのと同じようなものだ。

虚構なら、会話の自由度が許されるのだ。自分の語りたいルートで話すことが許されるのだ。

自分が話しやすい形は、事実とは全く別の形態存在している。

前者の通り話せないことには強い窮屈さを感じる。

それは目の前にゴールがあるのに、間に深い谷が横たわっていて遠回りを強いられるような感じだ。もどかしい

しかし、虚構なら空も飛べるので、その谷も飛び越えられる。そして、話は短くなって相手にもスマートに映る。

そして嘘であれば、そもそも間違いなんてもの存在しない。何でも自由にしゃべれる。

から私はホラ話をよくしてしまう。例えば、今回の話のように。

繰り返すが、私の嘘は他人を騙すためじゃなく、自分の話したいように話すためだ。

他人への危害じゃなく、自分の会話の自由度を確保するために嘘をつくだけなのだ

から、私の嘘には罪はなく、罪悪感も感じないというわけだ。

うそう、それに会話内容が嘘であれば、他人否定されても傷つかないという特典も付く。

これも大きい。他人否定ほど気分を暗くするものは無いのだから

弱者男性の居場所は「戦場」なのでは?

人間(というより男)の歴史戦争とは切っても切り離せないのは

実は俺ら平和ボケした日本人が忘れ去ってることでさ

 

人=男にはある意味戦争必要ライフサイクルの一つだったと思うんだよ

そうじゃなきゃ、こんなに暴力的社会生物はいない訳だし

(例えばミツバチなんかは、おなじ蜂同士で常にこんないがみ合ってないわけでね)

 

男の暴力性を発散させるのに、女子供はあまりにも無関係良心も痛む

フィクションもほんの十年ちょい嗜んでれば、それが虚構だと嫌でも向き合わなきゃならんくなる

ではどこで発散してたのかっつったら、結局「戦場」でしかなかったわけだよ

それこそフェミの言う通り、「男同士でケアする」場ってのは常に戦場だった

例えば敵側に優秀な将軍がいれば、それが理解につながったりしてさ(十字軍にとってのサラディンみたいな)

 

から、真面目に徴兵制を復活させるときが来てるんだと思う

戦争とまではいかなくとも、そういう非現実的暴力的世界が男(あるいは格差社会)には必要なんだわ

2021-04-29

ゴジラSPを6話まで見たけど、絶賛するような出来ではないでしょう

※完全にネガキャンなのでファンの方は見ない方がいいです。気分を害します。

6話まで見た。面白すぎる!!!!とかいツイートばっかでマジで信じられない。そんなに絶賛するものではないでしょう。1mm程度しか面白くない理由を書きなぐる。

1.全てが受け身

キャラ出来事も全てが受け身。何か起こりました、対応します、の繰り返し。これ自体は間違ってないけど、対応的を得ていないというかその場しのぎか対応過程永遠と描かれていて視聴者が何を楽しみにしたらいいのかイマイチ分かりにくい。全ては言い過ぎだったかも。とにかく話を動かしている感じが足りなさすぎる。キャラが話に動かされてる。動かされること自体は間違ってないけど、キャラが動かしたようにみせないとチープに見える。

2.軸がない

このアニメは一体どこに向かっているのか分からない。怪獣出ました。パニックです。新元素見つけたかも。解読してみよう。わかるよ、色んな要素がひとつにまとまるんだよね、そういうのが描きたいんだよね。でも着地のビジョンがあまりにも見えなさすぎる。着地してどうなんの?っていうネガティブな疑問しか出てこない。怪獣と戦うアニメなのか、SFとして未知を解明していくのか、まあ両方なんだろうけど、全く先が気にならない。ゴジラという題材だから見てるけどゴジラブランドじゃなかったら1000000%切ってる、よくこんなの通ったな。

3.ゴジラ存在感のなさ。題名どうした?

伝説だかなんかでゴジラ存在示唆されてたけど、ラドンやらなんやらの方が出ずっぱり、(たぶん)1話単語くらいしか出て来てない。6話でようやく全身が映って人間に視認されたけど、ゴジラって単語もなにもない。これなんのアニメシンゴジラも大概ゴジラ映ってなかったけど、ありえんゴジラ主役でゴジラ中心のストーリーだったのに、この作品6話もやってんのにゴジラ存在感まりにも薄すぎる。

4.一生前菜食わされてる気分

とは言え、視野を狭くして30分だけ切り取って見れば毎週見れるし、ミクロ面白さはある。ただ、先述した通りどこに向かってるのか分からいから見ていてストレスが溜まる。怪獣作品特有のメインが出てくる前の前座が一生続いてる。なまじちょっと面白くてゴジラブランドから見られてるだけ。作品としてここまでで面白いかと聞かれて面白いと言えるはずがない。

5.まとめ

これ面白いって言ってるのが本当に理解出来ない。人並みの感性は持っているつもりで、みんなが面白いというもの面白いと感じられてきたからこそ自分が一番戸惑ってる。いやこれ全然面白くないでしょ。って。これ褒めちゃダメでしょ。って。何でこんなに持ち上げられてるんだ!!!クソが!!!

蛇足

ミノメイちゃんダウンロードしたAI。作中キャラ設計製造したあれ。あれこそが「シンギュラリティ」だよね。いやだって人間と会話するだけじゃなくて視覚聴覚も触覚も人間と遜色ないレベルの知能じゃないですか。しか人間けが持つ虚構理解してるように見える。怪獣作品で見落とされてるけど、怪獣よりもよっぽどオーバーテクノロジーというか世紀の大発明というか、歴史上ぶっっちぎりの大発明ですよ。いやね考えてみてよ、睡眠不要24時間稼働可能機械媒体があれば無限に増殖が可能人間ですよ。やばいでしょ。とんでもない世界になるよ。AI支配されるとかそういうんじゃないけど、このAIが生まれる「前」と「後」で歴史分けられるもんね。紀元前みたいなもんだよ。まさにシンギュラリティじゃん。あ、そんなスーパー人工知能が生まれた年に怪獣が未知の新元素だかなんかをぶら下げてくるシンギュラリティゴジラSPは描こうとしていた……!?

しょうもな

2021-04-25

漫画結婚交際する女性が必ず美人の風潮が納得いかない

異世界でも異世界でなくてももれなくフツメン以上の女性だよね

仕事冒険成功しているか結婚場面はさらっと流される虚構はないのか

志村けんコロナで死んだの未だ納得できないが

志村あいつなら流行り病で死んだよ…」と描くと、死因の虚構性が高まって芸人らしい死に方だと思う

2021-04-21

anond:20210421055430

怒りが伝わってくる良い文章だ。

あれはクソ映画を見た2時間無駄だったというだけならまだいいんだけど、そうじゃなくて何十時間、何百時間も費やしてゲーム世界に没頭して楽しんだ僕らの人生のものを切って捨てたんだ。

ゲーム機のスタートボタンを押して、最初の一歩を踏み出し、ドキドキしながら自分判断で進む方向を決めて、ときには強敵にやられ、強くなるために努力し、多くの人と出会い、別れ、仲間とともに旅をする、そういったプレイヤーごとに異なる展開をするゲームに多くの時間を費やしたのは、間違いなく本物の自分人生の一部として経験したものだ。

本気でゲームに向き合ったこともないような映画屋風情が、「ゲームみたいな虚構よりリアル人生の方がすばらしいぜ。どう?こんなメタ展開誰も見たことないでしょ?」みたいな手垢のついた薄っぺらメッセージにして、けっこうなお金をかけてコンテンツを作っちゃったことが情けなくて、この世の地獄かと思った。

せめてドラクエ本編はもちろん、バーチャルリアリティゲーム特に「Virtual Virtual Reality」)くらいやって、さらコンピュータウイルスについてそれなりの知識を得てから映像しろと言いたい。

とにかくドラクエにもゲーム全般にもゲーム愛好家にも(3DCG以外の)コンピュータ技術にもまったく誠実に向き合っておらず、ただただ無駄映像を作っただけの映画

anond:20210420221339

素晴らしい

全て間違っている

この映画の何が糞なのかというと、途中までは良い感じで話が進んでいたのにもかかわらず

最後最後でそれを全て台無しにするという展開にしたところだ

実は仮想世界の話でしたという事実に落胆させられるということではない

物語の作り自体虚構でしたというものになっており、それがあなただけのドラクエのユアストーリーというオチにさせた

出てくるキャラクターはみんなただの作り物でしかない

パパスビアンカフローラゲマですら作り物でしかない

元がゲームからそれでいいだろうが、そういう世界観を楽しんだゲーム世代に対する横暴な対応

勇者特急マイトガイン二次元世界でしたというオチだったのはまだ作品内の事だから問題がない

ドラゴンクエストユアストーリーは違う。ドラクエ5を元に作られてそれが全て虚構だったという事実問題

全体を通してみると序盤中盤終盤までドラクエ5にそった物として作られている

しかし最終盤にそれが仮想世界お話でしたというオチ

ドラクエユーザーが何をされたのか分かりやすく言おう

メガンテ

そう、いきなりメガンテを食らったのだ

しか回避不可能絶対即死するメガンテ

作品中に宮里愛がいきなり出てきてメガンテをしてくると思えばどれだけのことか分かるだろう

そして製作者共は

しんでしまうとはなさけない!

などとほざくようなもの

ふざけるな金返せと思うに決まっているだろう

ネットフリックスで見た?

それなら安上がりだろう

しかし当時映画館で見た者はもっと高い金を出してみたのだ

なにせドラクエ5だ

メタルキングがうじゃうじゃわいて出てくるくらい期待しただろう

多分まさゆきのちずレベルテンションが上がってたはずだ

それがそんなオチ

そんなものを許せるはずがなかったのだ

お前はまだ考えが甘い

全て間違っている

当時の事も全て視野に入れて感想を書け

2021-04-19

anond:20210419173048

醜くとも、私が勝利する。

私は美しすぎる、しかし、たとえ、醜くとも、私は過去の私に勝利するだろう。

英霊エミヤ契約により英霊と成った。

あきらめなかっただけなんだ。勝てるとは思っていなかった。だが、時の果てまで衛宮士郎と戦い抜いてやろうと思っていただけなんだ。ひまだし。

だが、私は勝利する。同じ無限なら、より加速度の強い無限勝利する。私のほうが強い。ただそれだけのこと。やつには無限の1しかない。私にはゼロがある。

 

ゼロシールド 虚構の盾。ペンには虚構がお相手いたす。

ちなみに、現実の美しすぎる日本3位が話を作るのだが

 

それはまるで、銀の魔術みたいだった

2021-04-17

anond:20210415120015

辛かった気持ち別に違うくなくない?

それはまた別の話じゃん。

やっかいだと思う。

この二つを分ける説明必要になってくる。フィクションフィクションに注文をつけたらそれにはコンプラ要求されるのか? それとも虚構無罪なのか。

コンプラ無視BL作家を白ハゲ漫画キャラクターにして不幸な境遇にあう展開にしたら… 許されるだろうか。

読者には怒りの感想をあげる自由はある、とすると、非コンプラBLのものへの怒りの感想咎められなくなる。

現実人間関係だと名字しか知らない人が多いが、

アニメ物語世界だと、むしろ下の名前しか知らないキャラクターが多いか不思議だ。

虚構における人間関係の近さをこんなところでも感じ取れる。

2021-04-14

資本主義世界大戦終戦末期感

日本経済を捨てられないコロナウイルス対応とか、商業オリンピックの強行とか、競争力を失う日本経済とか、30年給料が上がんないのも、株価は維持されてるけど日銀がアホみたいに買い支えてる虚構価格なのも、シュリンクフレーションでコンビニの食い物がみみっちいのも、大学費用の高騰も、若手研究者が苦労ばかりで科学力の競争力が下がってるのも、政府主導でロクでもないものばかり作ってクオリティが低いのも、古い価値観と慣習に囚われてどうにも取り回しがきかない感じも、お金というものに囚われ過ぎて、お金絶対的ものって思いこんでしまっている所にどうも原因がある気がする。

昔の戦争天皇陛下絶対万歳だったけど、現在経済戦争お金絶対万歳主義、というかなんというか。

でも一次大戦後の東ドイツとかジンバブエみたいなハイパーインフレに近い事が、実は既に起きてる気がするなぁ。今回のは札束が舞い散るんじゃなくて、銀行や株取引所金額けがどんどん増えて収拾が付かない感じ。

どうなるんだろうね。

2021-04-09

anond:20210409102542

今回の彼女みたいに地道に草の根的に訴え続けるしかないんだよ

障害団体は金がないかアイドル美男子を使って宣伝するのは無理だし

聲の形みたいな虚構綺麗事ではないのだし美男美女宣伝はすべきでない

これをやったら一気に改善といった手法はないから「罵声」や「無意味」といった妨害があっても地道にやるしかない

2021-04-08

弱者から男性から辛いのではない

人間そもそも無意味で無価値なのだから生きていて辛いのは当たり前。

"幸せ"なるものは私達の脳と社会が生み出した麻薬である

"家族"も"収入"も"仕事"も"社会"も、全ては私達の作った虚構にすぎない。

辛さを訴える弱者男性よ、救いを求めるな。

君達は真実世界に生きている。

嘘に逃げるな。

自分世界無意味さに立ち向かえ。

2021-04-06

anond:20210406102608

現実人格の腐った貧乏人がハイスペ異性に愛されて一発逆転する方法など存在しないのだから

そういう虚構妄信して救われる以外に実際選択肢は無いしな~

人格の腐ったブスおばさんの生贄になってくれるハイスペイケメンなんてもの存在しないし、

ソーシャルゲームイケメンジャニーズなどの虚構でないと無理だよね~

anond:20210406102054

宗教は廃れているけど、ジャニーズK-POPイケメン推して貢いで熱狂してたり、馬娘とかソシャゲガチャ美少女に貢いで熱狂してたりする層ははっきりと存在するわけで、

虚構熱狂するっていうのは宗教代替と言えるんじゃないか

ソシャゲ美少女ガチャ回してるような層は70人の処女と寝てるのと同じようなもんでしょ既に

イケメンアイドル推してる女も選り取り見取りのイケメンに囲まれてんのよ既に

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん