「ヌー」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヌーとは

2018-06-15

セクハラ犯罪の違い

カトリーヌドヌーブが代表するフレンチフェミニズム書簡にはこうもあります

女性はかわいそうな存在、守られるべき子供のような存在というこのビクトリア朝的考え」──彼女たちが容認を拒んでいるのはそうした女性像だ。

それは宗教的原理主義者や反動主義者がよしとする女性像でもある。

 

フレンチフェミニズム書簡では、

レイプ犯罪だが、誰かを口説くことは、たとえそれがしつこかったり不器用であったりしても、犯罪ではない。そして男性紳士的にふるまうのは、男尊女卑的な攻撃ではない」

とあります

 

フェミニズム女性の扱い方に変容や派閥があって、フェミニズムですら一枚岩でないか結構ややこしいんですよね。

 

anond:20180615030217

2018-05-07

ハメンジャー

☆印は実在するタイトル

2018-04-19

anond:20180419152801

それは一世代古いんじゃないかな。

#metoo運動に対してドゥヌーブがセクハラ告発に細けーこと言うなとか言って物議を醸していたが、あれはドゥヌー世代が、女性への貞淑さの押しつけから性的解放を戦ってきた世代からというのがある。

今のリベラルはそういう地点をすでに通り越してる。

2018-04-09

anond:20180409020952

元増田の言う愛とは差別すること、特定の人を特別扱いすること

それでいて元増田無意識理想とする愛とは無差別に扱うこと

ヴィンランドサガのクヌート王と同じ悩みだ

2018-02-18

anond:20180217205024

ニホンザルデマントイド

ロバにパイライト

ゴリラレースアゲート

グロヌールビー

ジャイアントパンダカルサイト

テングザルにユークレー

モルモットにアメトリン

オオアリクイにオブシディア

チンパンジーレースアゲート

コウノトリアンバー

ムササビにカルサイト

ノウサギクリスタル

タテガミオオカミマリー・ガーネット

ニホンイノシシにアンモライト

アカギツネダイヤモンド

アジアゾウにデンドリティック・アゲート

ジャイアントパンダシェル

キンシコウインディライトブルートルマリン

トラにキャッツアイ

ホッキョクグマオニキス

フタコブラクダにメラナイト

ミツオアルマジロにターコイズ

スナネズミカルサイト

ゴリラサファイア

アナコにパール

キンシコウモルガナイト

イリエワニサンストーン

シロオリックスにアンモライト

コツメカワウソマラカイト

ツキノワグマブラッドストーンヘリオトロープ

クリップスプリンガーゾイサイト

ワタボウシタマリンオパール

ニホンイノシシジャスパー

チーターにアンモライト

モルモットマリー・ガーネット

シロサイにカルセドニー

オオアリクイムーンストーン

デグーロードクロサイ

ダチョウにルベライト

ニホンイノシシにパパラチアサファイア

アイアイアパタイト

ゴールデンターキンフローライト

バンドウイルカタイガーズアイ

アフリカゾウラリマーブルーペクトライト

トウホクノウサギにクリソベリル

ベネットアカクビワラビーにアズライト

フラミンゴカルサイト

トウホクノウサギにメラナイト

コアララブラドライト

ドールホークスアイ

フェレットスギライト

ジャイアントパンダにルチル

トウホクノウサギガーネット

モルモットアンバー

ホンドテンアンバー

フェネックアンバー

イリエワニにヘソナイト

アカタマリンにアベンチュリン

オランウータンにサーペンティ

チンチララリマーブルーペクトライト

チュウベイバクアマナイト

アジアゾウクンツァイト

スナネズミにクリソコラ

オオタカペリドット

ツバメグロッシュラー

ブチハイエナルビー

アルダブラゾウガメにファイヤーアゲート

クズリコーラル

シロサイにアメシスト

ホッキョクグマにアンデシン

フェネックスフェーン

カリフォルニアアシカにアンモライト

アイアイモルガナイト

ムササビにキャッツアイ

サバンナシマウマコーラル

フェレットオーロラオーラ

アカタマリンにメラナイト

キンシコウパイロープ

アフリカスイギュウにパール

ヒョウにルチル

オランウータンにヘソナイト

トナカイにアズライト

アジアゾウクンツァイト

アカハナグマにブラッドストーンヘリオトロープ

フタコブラクダパイライト

アナグマスフェーン

キンシコウブラッドストーンヘリオトロープ

ゴールデンハムスターにカルセドニー

オオアリクイにツリーアゲート

チュウベイバクウォーターメロン

シロテナガザルにメラナイト

リラプルームアゲート

オオカンガルーにツァボライト

オウサマペンギンアルマンディン

ゴールデンハムスターにアレキサンドライト

オウサマペンギンシェル

ヤクシマザルにジェード

ダチョウレインボーガーネット

コビトカバパイライト

ホンドテンにツリーアゲート

2018-02-13

anond:20180213144044

よし、やってみるか!

ジタンヌー

は1件っぽい気がする.... !

2018-02-12

anond:20180212163320

ヌートンかオモコロか忘れたけどそれで読んだのはそんな感じじゃなかったな

2018-01-31

今回のグラミーで更に洋楽離れが加速しそう

暴露本朗読は本当に残念だった。

しかもスヌープが参加してるなんて。アメリカラッパー限界が見えちゃった。

2018-01-29

差別燃えないが「○は差別ではない」は燃える最近ネット社会

はあちゅうだって、ドヌーだってそうだったような。

ネットはもはや万人の万人に対する差別自然状態2.0であり、僕たちはとびかうネット言葉の上の侮蔑も慣れきってしまっている。

逆に、君も私もきっとつぶやくたびに誰かを誤爆して傷つけているのだろう、なんてのは当たり前に持っている感覚ではないだろうか。

人は生きてるだけで差別をするのだ、みたいな仏教めいた諦念。南無阿弥陀仏の代わりに「にゃあ」と唱え続けてインスタ界へ解脱するしかない。

そんな中で、私のやっていることは差別ではない、と言い出す人への反発が強くなっていないだろうか。

例えば僕は童貞であるが、童貞disなんて見かけても、まあ道のセミの死骸ぐらいの不愉快さもなく流していくだろう。

しかしながら、童貞dis差別ではないとかいわれてしまうとそこは別だ。

自分だけ差別者であることから逃れようとしたな、せめて人殺しの顔をしてもらおうと。

それこそ、アンチフェミ戦略なんて一貫して「お前らも差別しているだろう」である

「俺らは差別していない」なんて戦い方はあまりみない。

お前らも俺らと同じ畜生なんだ面を剥げ、と。

まあ、この世は地獄だよ

2018-01-17

MeTooセクハラ問題を巡る 性の解放 VS 純潔教育 の対決

俺は日本モザイク規制に反対するという一心で、欧米で「性の解放」を勝ち取った人たちとその歴史尊敬するし、ドヌーヴが「一部で#MeToo清教徒に利用されて性の解放理想としてきたフランスが壊れる」と言うのなら、その主張に賛同する。

2018-01-15

#metoo運動警鐘を鳴らしたドヌーブ氏が謝罪したらしい

彼女最初に出した宣言の訳文を読んでみても、性犯罪や意に沿わぬ誘いは否定されるべきである、という前提の上で、男は女に言い寄る権利があると書いてあった。

それがどういう経緯があってか、欧米では性犯罪者擁護している」という論調批判されたらしい。

この時点で、ドヌーブ氏が批判される合理性は無いし、氏を批判している側の方がおかしいことは明らかだ。

ここからは私の持論になるのだが、ドヌーブ氏が今回理不尽批判されたのは、それ以外の理由があるのではないかと思っている。

私はドヌーブ氏の経歴を調べてみたが、17歳で女優デビューし、フランス芸能界における大女優として大成した、まさにフランス代表する美人とも言える。

ヌーブ氏の経歴については、検索するといくらでも調べることができるので、皆さんでも各自で知ってみてほしい。

御歳74になる大女優であり、男女関係に関する様々な経験や目撃を体験されているのだろうし、その人物言葉から非常に重みもある。

しかし、フランス代表する国民的な美人であり大女優であるヌーブ氏が「男性嫌悪をあおる女権運動は認めない」と発言たことについて、琴線に触れた人も多かったのではないか

「それはフランス一の美人であるあなたから言えることなんだ」

美人あなたがそのことを言ったとしても、多くの国民は嫌みだと受け取るだけではないか

「大女優シンデレラストーリーを上ってきたあなたには、怖いものが何もないからそう言えるのだ」

正直言って、私自身もこれを感じた。成功者であるヌーブ氏がそれを言ったとしても、あまり説得力がないなと。

2018-01-14

anond:20180114001756

これ、ドヌーヴへの反論という形だけど、ドヌーヴを支持する男への反論にもなってるね。

それも「男性は豚じゃない! 男性を野獣扱いするのはやめましょう!」って男性を持ち上げる風な言い方をして、

持ち上げられた側はどうしても「いや持ち上げないでください」って言いづらいから黙って聞いてしまうところに

「もちろん、豚じゃないんだからちゃんと人間らしく規律正しく己を制御できますよね」って要求押し付けてくるかなり卑怯論法してるな。

たとえるなら、まず昇進させて褒めて、それから「本当、あなたほどの人はその地位が正しい場所ですよ。ですからその地位に見合った義務責任を果たしますよね? 果たせますよね?」って迫ってくる感じ。

律しがたい欲求を抱えてる奴の辛さを考えずに義務責任を求められるくらいなら、豚ですブヒブヒ~! 豚だから難しいことわかんねえしメシと女よこせブヒ~!って言いたくなるわ。

そう考えると、「キモくて金のないおっさん」って言葉は、露悪的で自虐的表現にすることで「自分定義できる自由な男」みたいなお美しい表現にほだされず、「そんな美しい存在になれねえ奴のこと話してんだよ!」って最初から伝えられるのがイイね。

2018-01-13

ヌーヴに賛成でも教師の生徒への求婚に懲戒自然と思って当たり前

http://b.hatena.ne.jp/entry/www.mbs.jp/news/sp/kansai/20180112/00000068.shtml

 

62歳既婚教師が生徒に恋心を抱いて猛アタックをかけていたことが学校にばれ、減給懲戒処分となったニュースに対して、ドヌーヴの「口説く自由」を持ち出して皮肉を言うコメントがみられる。

口説く自由」を認めるなら、この教師の行動も女子生徒は認めなければならなくなる、と言うのだ。

 

単純に62歳が18歳に恋して口説いてもいいか、に答えるならば、答えはイエスだ。口説いてもいい。ただし多くの国では未成年と付き合うには本人以上に保護者同意が法的に必要になるが。

次に教師が生徒に恋をして口説いてもいいか、になると、人間としては自由だが、職務上は許されない、となる。なので本気で口説きたいなら卒業してから、となる。

そして、この教師口説き方は問題か、と言われれば、問題があった。朝日新聞記事によれば、教師から口説かれた生徒は、その話を断った、とある。生徒が断った後も、教師からアプローチは続いたという。これドヌーヴの「口説く自由」「うざがられる自由」を超えている。

 

最後に、この「口説く自由」を超えた迷惑に対して、懲戒内容は妥当か、という点がくる。今回は免職ではなく減給である。重すぎることなく、かといって訓戒や注意だけのような軽すぎるものでもなく、表に出ている情報に対する懲戒処分としてちょうどいいものではないか、と個人的には思う。これが懲戒免職が出されたとなると、「報道には出なかった性的な酷い嫌がらせもあったのでは」と類推することになる。

 

ヌーヴの文章が出てくる背景には、「その#MeTooに対してはあまりに罰がひどすぎないか」という私刑の行きすぎ感がある。軽口まがいの性的呼びかけ、挨拶に便乗したキスやボディタッチなどに対して、凶悪性犯罪と同等に扱い、告発を受けた者が仕事を失う、過去の栄光が失われるなどすることは妥当なのか、という罪と罰バランス感覚に対する問題提起である

今回の62歳のケースは、「口説く自由」と「自由行使で発生した迷惑に対する社会の罰」とのバランスが取れてるから良しとするというのが、私の考えである

「ドヌーヴは強い女性日本フェミは女を家父長制に守られる弱者にしたいだけ!」に対して思うこと

そもそもフランス(というか欧米)と日本は女の置かれてる立場男尊女卑の形も違うんだよ

欧米根付いた男尊女卑は「女はお姫様扱いして守ってやる。その代わり俺らの言うことを聞けよ」

からそれに反発した、「女に自由を!男の保護はいらない!強い女性になろう!」がフェミニズムとなる

日本男尊女卑は「とにかく男のために尽くせ」

から女が強くなろうと頑張るほど、男がそれに甘えて悪化する形になる

食事の取り分けなんか典型的

日本では「取り分けは女性がするものフランスでは「女性プリンセスからそんなことしなくていい。男性に任せろ」

女性に優しくしろ」と日本人男性フランス説教を受けた記事話題になったこともあった

日本女性に「家父長制に守られ」ていた歴史などないに等しい

日本にレディがいないからレディファースト根付かない」のコピペがあるけど、改変版?のイギリス女子学生の反応は実は正しくて、「マイフェアレディ」がまさにその「女はとにかくレディ扱いしてやるのがいい(そしたらレディらしくなる)」だったろ。

日本デート代割り勘に対しての海外の反応サイトを見てみろ、「やっぱり男が払うべき」って反応が多い。

http://www.all-nationz.com/archives/1032058731.html

割り勘も増えてるらしいけど、それでも初デートは男が払ったりしてる。

エマワトソンが「女がデート代をおごってもいい」って言って物議をかもしたのも最近のこと

日本人は「とにかく欧米では男女平等が進んでるから割り勘当たり前だろ」と思うけど、欧米結構臨機応変で、先述の「女を大事にするべき」という精神の元フェミニズムも発展してきたし、男性フェミニストの数も日本よりずっと多い。今日本で物議をかもしてる男性保育士だって欧米には(韓国にも)いないらしい。徴兵制だって男性だけってところがほとんど。「北欧フェミは女も戦争に行けるようにしたぞ!」というが、裏を返せば北欧でもそれまで男だけ戦争に行くのも当たり前だった。

駒崎某の言ってた「日本アニメは守られるお姫様が多い」は実は間違いで、むしろ逆。むしろ欧米の方がその手のは多くて、日本は「強い二次元美少女最高!弱い女は甘えてる!」となっているほどだ。

https://anond.hatelabo.jp/20180113112231

え? 冒頭からレイプ犯罪」であり「権力を乱用する男性のいる職場において、女性に対する性的暴力が法的に認識されるようになりました。それは必然」と書かれてますが?

これをMetoo運動それ自体否定と捉えるのは誤読だと考えます

そも、ドヌーヴらの意見告発自体否定するものでないのならば、口説く権利擁護にならないのだから、やはり彼女らは告発自体否定しようとしており、それはMetoo否定となるために、肯定しない。

というのがあなた意見であるのならばこれは大変驚愕に値する事です、つまりあなたは口説くことが罪になる社会理想社会だと思っておられるということなのですから

その様に、口説く事とセクハラ混同して粛清しようとする言説が蔓延していることへの問題提起としてドヌーヴらが立ち上がったのだということがご理解いただけていないようだ。

そうした粛正主義的態度は女性解放どころかむしろ時代的な差別構造をひっくり返して再生産しているだけであり、ハラスメント解決には資さないという主張であることが。

大体、素朴に考えて口説く権利が認められない社会ってどんな社会なんですか、どう考えてもディストピアじゃないですか。

カジュアルに誘いカジュアルに断れる社会

改めて書くがそこに出てくるグラドルの人の告白では、別に枕営業する人を否定しているわけではない。あくまで「私にとって枕営業まがいの行為は嫌なことであり意味がなかった。嫌なことはしなくていいから嫌だったらノーと言おう」というメッセージだけ。

からメリットを感じてセクシャル行為を受け入れてる人はそのままでいい。

 

今、過去のことについて告発してる人の多くは、「メリットの有無にかかわらず受け入れなければいけない空気だった」「受け入れても嫌なこと以上にメリットはなかった」というケースであり、そういう人たちの実体験の声を集めることで「嫌なことは受け入れなくてもいい空気」「メリットなければ誰からの誘いでも断れる空気」を社会は作ろうとしている。

 

理想なのは上下立場関係なくカジュアルに誘うことができ、カジュアルに断ることができる環境だろう。このケースに「ハラスメント」は入り込む余地はない。これが、「断ったのに粘着して不利益しかけてきた」「誘っただけなのに粘着して不利益となることをしかけてきた」となれば、お互いに「嫌なこと」となって問題に発展する。

  

上司「二人で飯食いに行こう、おごるよ」

部下「はい食事だけなら」

上司「この後の予定どう?」

部下「それは無理です」

上司「そうか残念、じゃあまた仕事で」

 

こんなあっさりとした関係で終わればハラスメントになんかなるはずはない。

ヌーヴの言う「口説く自由」を謳歌するには、対等となる「断る自由」が保障されていることをもっと知らしめなくてはならず、それが今世界的な運動となっていること。

 

anond:20180111175142

anond:20180113110737

横だけど告発自体否定しないとドヌーヴの言うことは成立しないと思う。事後に告発されるならやっぱり口説けないわけで。

https://anond.hatelabo.jp/20180111175142

あの、さっぱりよくわからないのですが、

あなたのおっしゃる「ドヌーヴの全訳のブコメで#MeTooを貶してるような人たち」というのはどこに存在するんですか?

おかしいなと思って一つ一つ全訳のブコメゆっくり読み直して見たのですが、杳として見つかりません。

言うまでもないですが、ドヌーヴたちのそもそも意見でもそのようにセクハラ被害告発自体否定している箇所は一行もありません。

見当たるのは、勝手にドヌーヴとそのシンパ被害告発自体を萎縮させようとしている、などという誇大妄想に捕らわれ、

自立したフランス女性の口車には乗らないぞ!と、よくわからない空中戦に躍起になっている人ばかりです。



私がおかしいんでしょうか?どうかおっしゃるところの「ドヌーヴの全訳のブコメで#MeTooを貶してるような人たち」と言うのを具体的に提示してください。

anond:20180111175142

まず最初に、異性間でのトラブルが発端で、社会的に不当な扱いを受けるなんてことは、あってはならないことだと思うし、そういうことがあれば声を上げて訴えていいと思ってる。

そういう意味では #MeToo 運動本来意味で良い方向に活用されるのを願ってる。

はいえ、いまの #MeToo 運動ちょっとそれ違うんじゃないか?と思われる訴えがあったり。

単に社会的制裁目的とした書き込みとも取られるものや、さらにはこの運動を利用した売名などもあるので、なんだかなぁと思っている。

>ドヌーヴの全訳のブコメで#MeTooを貶してるような人たちが勘違いしてるのがこれなんだけど、#MeToo運動は今まで「ノー」と言えずにハラスメントを受け続けてきた人が今になってやっと「ノー」と言い始めたという現象であって、それに伴い「『ノー』と言っていいんだよ」「『ノー』と言っても不利益を起こさせないよ」という人権を守る運動に発展したわけで。

それは分かる。

から嫌なことがあったら、わざわざネットで全世界晒す前に、まずは本人に対して『ノー』と言えということでしょ。

物事には順序があるわけで、その順序を全てをすっ飛ばして、各種SNS晒しものにして相手社会から抹殺するってのは、正しいこととは言えないんじゃないかな。

本人にノーって言って良いんだから、まずは本人に嫌だと言え。

それでも収まらなかったり、職場で不当な扱いを受けたなら、まずは社内のそれなりの部署相談しろと。

それでもどうにもならなければ、労働基準局に行けと。

それでも改善しないなら、#MeToo でもなんでもすればいい。

片思いには失敗はつきものから、求愛するにしても、間違った方法だったり、相手が嫌がる方法になったりする。

相手に好かれていると勘違いして、いらないボディタッチをするかもしれない。

相手が喜んでいると思ってしていた事が、実は壮大な勘違いで #MeToo され、それが元で社会的地位を失うとなったら、怖くて社内恋愛なんかできなくなる。

#MeToo 運動結構なことだけども、何年にも遡って過去の過ちをほじくり返され、こんな嫌なことをされました!ってSNS晒して、社会的立場を貶めても、

それはたんなる自己満足しかならないんじゃないかと思うんだよ。

anond:20180111072916

『[翻訳] ドヌーヴ「女性口説く権利」 全訳』を掲載された方が、"la liberté d'importuner"を「ウザがられる自由」とお訳しになったのはなかなかの技だと思うのですが、惜しいことに、この全訳はかなりの数の誤訳を含み、その結果、多くの箇所で、原文の文意を正しく伝えていません。

 以下、大急ぎで、主だった誤訳箇所を列挙し、元記事http://www.lemonde.fr/idees/article/2018/01/09/nous-defendons-une-liberte-d-importuner-indispensable-a-la-liberte-sexuelle_5239134_3232.html)の正確な読み取りに基づく改訳を提案しておきます。「✖」で誤訳箇所を示します。「⇒」でその部分について、正確であろう訳文の例をを示します。ご検討ください。

✖そのことがマッチョ侵害行為保証することにはならない。

⇒また、女性に対する慇懃な振る舞いを女性を傷つける男性優位の態度と見なすのは間違いです。

✖正しく意識されるようになった。

意識されるようになったのは正統なことだ。

プロフェッショナルのせかいにおける性暴力だ。

職業生活の中での性暴力だ。

✖いわゆる普遍の名の下で、

⇒誰にとっても善いのはこういうことだと勝手に決めて、

✖実際、報道メディアソーシャルネット上で、#metooが巻き起こしたのは密告と、個人個人に抗弁の余地や弁護の余地を与えることなく、性暴力加害者と同じ俎上糾弾することだった。

事実、#metooを通して、報道メディアソーシャルネット上に密告と公の場での告発キャンペーンが発生した。犠牲になったのは、性暴力加害者たちとまったく同じ俎上に乗せられ、抗弁の余地も弁明の余地も与えられない人びとだった。

✖「豚野郎」たちを屠殺場へ送り込むこの熱狂だが、女性が自立することを手助けるには程遠かった。 実際には性の自由の敵、宗教的過激主義、最悪の反動主義者に利益をもたらすことになってしまった。この反動主義者は、実質的にはヴィクトリア朝モラルのもとで、女性を「別扱いな」存在とみなし、女性保護することを求めながら大人の顔をした子供とみなすのだ。

⇒「豚野郎」どもを屠殺場へ送り込もうとするこの熱病は、女性自律的になるのをいささかも助けない。それどころか、実際にこの熱病から利益を得るのは、性の自由の敵たち、宗教的過激主義者たち、最悪の反動家たち、そして、実体論的な善概念とそれにともなうヴィクトリア朝風のモラルの名において女性一種「別扱いの」存在と、大人の顔をしていながら子供のように庇護されることを求める存在と見なす人びとなのである

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性差別」で

ミケランジェロ・アントニオーニ映画欲望』を「女性蔑視」で

✖「女性として振舞うことのトラウマに苦しんでいる」ことを

⇒「女性登場人物たちが被ったトラウマ」を

✖「スイスで提出されている法案

⇒「スウェーデンで提出されている法案

✖「やりりたいこととやりたくないことに」

⇒「してもいいと思うことと、するのはいやだと思うことに」

中指を立てる自由

⇒人の気分を害する自由

彼女給与男性平等に支払われるように注意しているべきだ。しかし、地下鉄痴漢にあっても、それが犯罪からといって、トラウマを植え付けられたと感じる必要はない。

彼女彼女給与男性平等に支払われるように注意することができる。しかし、地下鉄痴漢にあっても、痴漢行為犯罪と見なされるからといって、一生涯続くトラウマを植え付けられたとは感じないでいることもできる。

✖評判だおれだったとさえ考えてもいい。

さらには、大した出来事ではなかったと考えることさえできる。

女性としての私たちは、自分たちが、力の乱用を超えて、男性たちとセクシャリティへの憎しみという顔をもったフェミニストになることを認めない。

私たち女性として、権力濫用告発することを超えて男性たちとセクシャリティへの憎しみとして表れるフェミニズムに強い違和感を覚える。

✖ウザがられる自由無しでは上手く働かないと私たちは考える。

⇒ウザがられる自由が男たちの側にあってこそ意味を持つと私たちは考える。

✖そして私たちは、このウザがられる自由にどう応えていくかを知らなければならない。性的な獲物の役割に閉じこもる以外のやり方でだ。

⇒そして私たちは、このウザがられる自由に対して、獲物の役割に閉じこもる以外のやり方で対応する能力を持っていなくてはいけない。

子供を持つことを選んだ人々のために、

私たちのうちで子供を持つことを選んだ者について言えば、

✖娘たちが気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなどなく、自分人生を精一杯生きるために十分教育されて自覚を持つことが適切だと考えている。

自分の娘たちが、〔性について〕気後れさせられたり罪の意識を感じさせられたりすることなく、人生をのびのびと生きるのに十分なだけの知識を得て意識的になるように育てることこそ適切だと考えている。

✖たとえそれが辛く、生涯残る傷を残すものだったとしても、身体を傷つけられる事故にあった女性尊厳を傷つけられないし、傷つけられるべきでもない。

女性身体に関与するアクシデントは、必ずしもその女性尊厳を傷つけるわけではなく、ときにきわめて辛いものであっても、そのアクシデント理由に当該女性を終身犠牲者のように考えるのは必ずしも適切なことではない。

以上。

2018-01-12

anond:20180112142150

なんでババア限定なのかわからんけどキモカネのおっさんとおばさんは今以上に死ぬよ。イケメンとかヤリチンかわいい子総取りになることは間違いない。イケメンイケメンヤリチン以外誰も得しない。ドヌーだって歴史に残る美人女優だしな。ノンと言われるキモカネおっさんことなんか考えちゃいねえよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん