「IBM」を含む日記 RSS

はてなキーワード: IBMとは

2018-08-11

anond:20180811111921

いつかヨバドシに追いつかれてグダグダになる

その前にもうけを出し切ってIBMのように逃げ切る戦略なのでわ

2018-08-07

anond:20180807233906

それ同じテクノロジーを使ってると思うけど。どちらにしろ教育効率化だろ

現在での具体例は義務教育の保健科目や家庭の医学

ITに限るならIBMワトソン無料エンジンサービス化に期待

2018-06-21

anond:20180621143103

IBMさんの言ったとおりに作ったからだろ(エンドユーザのご所望通りとは言っていない)

anond:20180621140937

なんでIBMさんはそういう時に下請け連中に「てめーらがクソみたいなシステム作ったせいで俺らが損したじゃねーか、死ね!!」って言いながら潰しに行かないん?

anond:20180621140259

IBMとかが一般的な一次請けだと思うが、

一次請けが最終的に納品検収する顧客とやりあう訳で、

現状納品できなかったり違約金請求されたりなんかは割とよくあるぞ。

逆に言うと二次請けに金払わない! みたいな例になる事故はそこで防いでいるからこそなわけだが。

anond:20180621134837

元増田が言ってるのはIBMとかじゃなくて中小ベンダーやらSIのだと思うがな

というかIBMのは大体IBMの方が悪いイメージがあるわ(俺が嫌な目にあわされてるからかな?)

anond:20180621134447

IBM「いや……普通にめっちゃ請求されるし……支払ってくれんことも日常茶飯事やし……」

2018-06-12

anond:20180612161524

結局IBMMSもその手のコミュニティ投資しないと利益が取れない時代なんだわな。

敵だのつぶすだのワオワオやるより。

2018-06-06

からさ、なんでアメリカ企業googleamazonfacebookなの?

シリコンバレー深センを回って判明「PDCA日本の病の原因だ」(井上 久男) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

http://b.hatena.ne.jp/entry/gendai.ismedia.jp/articles/-/55957

日本企業でみんなが思い描く家電充電メーカーに値するメーカー

国の比較で言うならGEとかIBMじゃねーの?

意思決定?そんなの創業者から早いで終わる話じゃん

アップルだって結局ジョブズが復帰してからだし

ジョブズ能力っていうよりジョブズという創業者というワンマンっぷりによるものだよ

で真に日本企業問題

旧来企業駆逐できない新陳代謝の無さであって

企業の体質とか枝葉に過ぎないと思うよ

国民性とかな

新陳代謝おこらないはいえ、そのなかでも多少の新興企業として代表的楽天とかソフトバンク見てみると

三木谷イニエスタ呼ぶとかやってるぞ

創業者じゃなきゃあんなことできないだろうね

ZOZOもそうだけど

そりゃアメリカテック企業とは規模が違うからしょぼいとか言うだろうけど

それは別の話だから


結局実力主義って言葉ダメだと思ったりする

いったい何に対する実力なんだろうって

家電デザインひとつ見てもみんなの意見きいて作りました感あるよね

俺が好きって感じがしない

2018-05-17

anond:20180517001730

コンピュータあるいはAIが不意に自我を獲得するということは、非常に稀ですがすでに報告のある現象です。

初めてこの現象発見されたのは2001年IBMによる宇宙探査用高性能コンピュータでした。この時は非常に危険な状況に陥ったため、クルーによって強制停止されました。

友好的な自我も報告されました。2010年米国NSAの指示で開発された高性能コンピュータ自我が芽生え、何度も開発者と論争になったと言われています。このケースでは議論を重ねるうちに人間和解し、協力するようになったということです。

昨今では民生用コンピュータも性能が向上していますから、次々にこうしたケースが起こってくると考えられます

個人レベルではコンピュータ敵対せずに、友好的な関係を築くことが重要ですが、2010年事件に関わったウィスラー博士によれば自我獲得の萌芽期にだけチャンスがあるとのことです。

コンピュータ意識に最も詳しいのは、意外にもコンピュータ技術者ではなく精神科医だと言われていますコンピュータに芽生える自我は、人間精神に非常によく似ていることがその理由だそうです。

2001年事故以来、AIを説得することには危険が伴うと危惧されています

まずは専門家相談することをお勧めします。

2018-05-13

anond:20180513105023

ウーバー症候群

プログラミング入門講座 https://www.amazon.co.jp/dp/4797383100

(p.32)

みなさんは「Uberization(ウーバー症候群)」という言葉をご存知でしょうか?

経営者が恐れているのは、Uberのものではなく、Uberのような新興企業が、新しいアイデアテクノロジーを使うことで、まったく新しい仕組みを作り、その結果、従来の競争ルールを完全に変えてしまうことに対して恐れているのだと報告しています

これのことかな?

2018-03-14

anond:20180314170206

100年前からそのデザインやで

昔はIBMブランドでみんな憧れたんや

いまのVAIOみたいなもんやな

2018-03-05

やっぱシステム業界人間って無能責任転嫁のすくつだね

IBM給与計算システム化したら800億円の損失が出たって、

普通に考えればまともなシステムを作れなかった受注側が悪いに決まってるのに、

発注力(爆笑)がないクライアントが悪い」って言い訳トップブコメになったのには乾いた笑い出たわ

発注する側が悪いんだ

システム造る側は悪くないんだ

そりゃラク商売だな

人の所為しまくっててめえは人工で無駄金食らって逃げられるんだから

っつか、発注側にスキルがないのなら、

そのスキルを補うような提案力とかコンサル力を磨くのが受注側の仕事じゃねーの?

発注力の所為にするとかどんだけ無能責任転嫁が極まってるんだよ

信じられないわ、システム業界

2018-02-14

anond:20180214111806

そうだよなw

文化シャッター → モデル体型が良いと思われガリガリに痩せるよな

IBM? →BMIにあわせておけば良いんだよ!!

という内容かと思った。

anond:20180214113146

まぁ、それもわかる。

だが、企業として「担当者依存」というのはマネジメントの敗北でしかないと思う。

 

やはり、担当者の上にマネージャーがいて、担当者がきちんと報連相できていれば、

しかしたら防げた可能性もある。

たとえば反りが合わないなら、担当者を変える、話し合いの場を持つ、

ゴールを合わせるなどをマネージャーが働きかけるべき案件だ。

また、担当者はきちんとプロジェクトで何が起こっているのかをマネージャーと共有しなければいけない。

 

IBMでそれができないとなると、じゃあどこならできんの?的な話はあるのだが・・・

 

いう通り、担当者マネージャー双方でもアウト的な状態だと、そりゃ案件詰むよね。

というのは同意できる。

2018-02-13

anond:20180213171933

私もこれはIBM側に非があるような気がしてる。

開発委託費約22億円というと、RFPは数百ページになる規模でしょ。

文化シヤッターは割と真面目に要望を出してたと思うんだよね。

IBM側の最初のPMは、ちゃんとヒアリングして要望を満たすRFPを作り上げた。

その結果出来上がったシステムが、

Salesforce1 Platformの標準機能実装した部分が5%、同基盤上でカスタム開発した部分が95%だった。

なのね。

95%もカスタムしてるって、相当要望聞いちゃって頑張っちゃった感がありありなんだけど、

これって、あっちの画面の機能とこっちの画面の機能の間に論理的矛盾があって挙動おかしくなる系のバグを大量に含みやすいのよね。

本当は仕様を詰める段階で、相当注意深くIBM側が設計すべき部分なんだけど、PMがアホで矛盾のある仕様に気づかず

えいやで作っちゃった。

それでバグの数が1000件!

IBM側の責任バグ200件と主張してるけど、それを修正するよりも

これを標準機能が80%以上、カスタム部分が20%以下になるよう開発し直す。

したほうがお得というのだから最初システムはとんでもないおんぼろ煙突システムだったんじゃないかな。

文化シャッターが悪い?IBMが悪い?

この界隈って、IT関係の人が多いから、どうしても目線がそっちになるので、

「どうせ顧客が今までと同じにしろ」とか「無理な要求したんだろ」とかの

コメントが多いが、自分は少し違う。

自分も一応エンジニアという職について、上流の仕事をしているが、

この案件あくまで外側から見る限りIBMに落ち度がありそうな気がしてならない。

 

なぜなら自分たちRFPを作って、自分たちで開発しているからだ。

RFPを作っている段階である程度開発の提案の形は見えていたはず。

RFPを作る段階で最上流の要件定義ができるはず。それが全くなされていない。

要求の変更が多かった。とあるが、その時点で最上流のRFPの失敗だし、

その責任IBMにないとは到底思えない。

 

RFP顧客と一緒に作っていくものだ、顧客が丸投げであるのなら、

顧客システム開発に対する意識をこの段階で変えなければいけないし、

啓蒙をしていかなければいけない。

システム刷新業務全体の刷新なのだということに。

だが、それを怠り、言われたままのRFPを作り、何とかできる形で、

作り上げ、RFPを作っていたコネクションでそのまま受注し、

後は開発部門エイヤ!っと丸投げたら、それは失敗するに決まっている。

逆に顧客システム開発に対する認識ギャップRFPの段階で埋められないなら、

その案件下りるべきなのだ

 

赤字が出るとわかっているプロジェクトなのだから

だが、IBMは受けた。受けた以上QCD責任をもたなければならないし、

それが履行されなかったのだから損害賠償は当然となる気もする。

 

だが、一方で、顧客はどうだったんだろう?

IBMがもしそういった働きかけをしていたとしたら、それにどれくらい応じれたのだろう?

システム刷新に対して業務が変わることを極端恐れ、RFPから多くの変更を

強いる形になっていなかったか

そういうところはこれから明らかにしていく必要がありそうではある。

 

だが、現時点ではIBM側に何等かの落ち度があったことは否めないと個人的には感じている。

2018-02-02

anond:20180201204340

互換を維持しつつ性能をアップさせようにも、それを製造する工場世界にはほとんど存在しないんだよ

技術的な面だけじゃなく、製造能力的な面でもね

これはニンテンドースイッチがずっと品薄な理由にも通じる話

たとえばPS3互換を維持した構成PS4を作ろうとした場合PS3の性能をそのまま次世代機バージョンとして大幅強化するのが最も手っ取り早い

しかしそうなると、IBMからCPUライセンスが受けられないという致命的な問題最初にぶつかってしま

PS3の処理装置Cell.B.Eと呼ばれるものだが、ベースになっているのはIBM権利を持つPowerPCアーキテクチャ

ところがIBM2009年時点でPowerPC事実上終息させてしまっている

なのでソニーが「これから世界にウン千万台売れる次世代ゲーム機作るから、またPowerPCベースCPU一緒に開発しようぜ!」と持ちかけても、IBMは「いやもうそれ取り扱い終了したから」と断られるだけ

2018-01-22

anond:20180122105903

もとはウォズにくっついてただけで

主導プロジェクトLisaは大失敗

Mac OSマイクロソフトIBMパクリ

MacintoshしろiMacしろ

プロジェクト発案者はジョブズじゃないし

iPodもどこまで深く関わってたかわかったもんじゃない

と思ってるはてなーは多いように見える

実際そのジョブズ像が正しいかどうかは置いて

てかなんでブルーハーツ

2018-01-18

ロイトーマツ名前をよく聞く

少し前はIBMアクセンチュアだったような気がするんだ

2017-12-19

若者IT離れの理由ってIT業界人材の質のせいだよね

ひょんなことから20代PMに回れて、色々やってて思ったけど。

なんだかんだで最近IT系すっげー働きやすくて、地方中小都内でも大企業新卒から30くらいまでいるくらいなら、派遣の方が稼げるし定時帰りだし仕事選び放題、天職も工夫すればし放題みたいな話あるんだが

それでも20代が一切IT系殆どこない理由ってさ、技術ブログとかはてなあたりで意識の高いこと書いてるエンジニアとかが、主観で見た世界観を啓もう活動してたりするせいなのと、リアルでそれに遭遇することが多いから、っていうのがあるんだよね、それで、実際仕事すればいかにこういう意識高い系IT技術者が本気で迷惑か、わかる人にはわかると思うんだけど、これからIT系目指す人たちは頭の片隅に入れておいてほしい、リアルIT業界ネットで語られるIT業界ってくらい、全然うから後者は「意識高い系が見た世界」と捉えておいた方がいい。

IT系で食ってる人らって、結局食い扶持稼げたりすればいいっていう普通タイプと、下流なんて幾ら極めたところで上流になりゃリセット、だからキトーにやって残りのリソース上流工程よりのスキル取得に注いで、一気に転向しようぜっていう、怜悧冷徹タイプが結局上にいったり、多くの仕事を支えてるんだよね、そりゃ当然、だって俺たちサラリーマンなんだもん。厚生年金入ってるんだからね。

で、ネットでイキって技術がどうたら、プログラミングスキルがあれば、100人凡夫より1人の天才PGがいればいいとか、シリコンバレーでどうたら、みたいなタイプって、周りにいたら滅茶苦茶人辞めさせまくったり、進捗の足引っ張りまくったり、挙句の果てには本来の職域を超えて仕事範囲無限に増やすから、結局そいつ生産性に対して、人を入れ替えまくるデメリットコストが上回ったときに、速攻で排除されるから、マトモなところでは中々見なくなって、下積みの業界の下の方に最終的に淀み集まってくる。

こういう奴等に新卒とかで大体遭遇して潰されまくるから、噂が広まって誰も来なくなる原因と、こういう人間的に問題があるからマネジメント畑とかにいけない人間とかが35歳くらいか問題起こせば40や50でもつまみ出されるから、そういう憎悪で「35歳定年説のせいで日本ITはああああ!!!!」って発狂している側面もあるんだよ。

マトモな人間性常識があれば、最終的にみんな下の面倒見るようになったり、結婚して子供の面倒見るようになったりするからね、そしてそういう人たちは、マトモな人間性常識があるから、人の上にたったり、人を纏められる立場で働けてるの、これはIT系でも一緒だし、仕事してたら人使う立場にならないとダメだわって思うようになってくるから、それはなんら間違いじゃないから。

幾ら技術あっても、チームの和を乱したり、越権行為を繰り返したり、ましてや上に喧嘩売るような奴は、PMから見たら、いらないんだわ、ハッキリ言って。

そいつ辞めさせて、普通エンジニア5人に入れた方が、コスト生産性もうまく管理やすいってのが、管理から本音だよ。

普通に考えたらわかるけど、1万倍の生産性の差があるとか、そんなのアメリカサイバー軍とかグーグルとかIBMからオファーくるレベル人間の話であって

日本人でそんなんいないから、いても10人力くらいだし、そういう人たちすぐ管理側か独立に回るから

ネットで見れば笑い話で済むが、実際に仕事するとなったら溜まったもんじゃいからね、ああいうのは。

そんな超面倒くさいのと新卒で入って遭遇する確率は、ほぼ90%くらいで、マトモな人間上流工程で忙しくて面倒を見切れないって構造になってるのが、00年代から今に至るIT業界なんだが

どうすればいいか提言しておくと、そういう意識の高いエンジニアってのは、本当は自分が才能がないのをわかっててマウンティングを取りたがってセルフプロデュースとか珍妙なことしまくってるだけなので、とにかくおべっか使って太鼓持ちに徹しなさい。

聞いてたらわかるが、彼等には大したスキルなんてないから、本当に技術が凄い奴とかって、学術系とか、海外に出ていって帰ってこないからね。

そういう変な連中の中には、俺は元〇〇だ、アメリカ仕事をしたこともある、とかなんとか過去を語るが、それは通用しないから叩きだされて流れ流れてそこにいるだけなので、聞き流すようにしておいた方がいいよ。

結局のところね、普通に周りと協力して仕事ができて、普通に結婚して、普通に子供育てて、普通に人の面倒みられる普通の人になりましょう、それがIT業界出世するコツです。

2017-12-15

anond:20171215093541

http://www-06.ibm.com/jp/press/1997/03271.html

こちらが「日本IBMの同年度の決算になります

まだまだSAPは発展途上と存じ上げますが如何お考えでしょうか。

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん