「非正規雇用」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 非正規雇用とは

2021-05-16

大企業インターンに行ったらメンタルバキバキに折られた話

工学部修士課程の1年生は、夏に長期のインターンに参加するものらしい。

と周りの学生が言ってたので私もインターンに行くことにした。


世界シェア2位とかの大企業にいくつか出して、最初合格電話をくれたところに決めた。

1割も女子がいないのに3人採るなら1人は女子とか言いたがる感じなので、どこも倍率は死ぬほど低い。


30人のインターン生のうち10人が女子学生だった。

私を筆頭に機電系の女はブスで、化学系の女は可愛かった。集合写真見たら誰が化学系かわかるくらい如実に顔面格差があった。

顔で選べるほど女がいない機電系顔採用したい企業限界を見た。

20人の男子学生の全員が180cm以上で、169cmの先輩が学校推薦だったのにその企業に落ちたと言っていたのを思い出した。

かに社員デカい男ばっかりだった。


業務はこれといって目新しいこともなく、実験して解析して発表、みたいな研究室と変わらない感じだった。授業が無い代わりに時々会議がある。オフィスも広い研究室みたいだった。

社食学食より3割高く、学食ぐらい不味かった。

社員寮は洗濯機キッチン共用の監獄みたいな施設で、多分4畳半とかしかなかった。東向きの大きな窓に3級遮光のカーテン休日からと遅く起きることさえ許されない眩しさである。数週間でも辛いのに、ここに何年も住んでる人の気が知れない。


社員はとっても親切だった。

当然である学生お客様なんだから。いい評判を学校に持って帰って貰わねばならない。

私を押しつけられた部署の皆さんは、私が来たことで明らかに業務滞っているようだった。ざまあ。

食事もいっぱい奢ってもらった。私が可愛いからではない。技術インターンとはそういうものだ。


インターン生同士も仲が良い、というポーズを過剰に取る傾向にあった。

なぜなら評価基準になるからだ。

大人数の飲み会や遊びを企画した人間には加点が入り、誘われなかった人間は減点される。

まり気持ち悪さにドン引きしながら私も予定を埋めた。


社員からセクハラ、みたいなのもまあ当然のように存在していた。セクハラは良くないと意識して改善に努めた上で、無意識でそれセクハラやぞってことを平気でやっちゃう別に研究室でもそういう感じなので、この業界は当分はこの男子校のノリのような下品さと旧態依然とした男社会を維持し続けるんだろうなと思う。

ただ、親のコネインターンに来た学部3年の女子学生だけはそういうのにドン引きしてた。

すり減ってる彼女を見て可哀想になった。あー、私も研究室に配属されたばっかのときは摩耗してたな、って思いながら、彼女愚痴に頷き続けた。


非正規雇用差別みたいなの酷かった。

派遣契約社員の人は一段下に見られるし、工場作業員や社内の清掃員に関しては挨拶さえ返してもらえない。

非正規雇用には「正社員挨拶すること」を義務付けておき、正社員は一切その挨拶無視する。ヤバすぎる。

私はピュアガールなので社員に「なんで今無視したんですか?」って聞いたけど、社員が「なんでだろう…考えたこともなかった。」って言ったのでドン引きした。

インターン仲間にそれ愚痴ったけど誰にも共感してもらえなくて泣いた。


そういうことする人達なんだって目で社員を見始めた途端、彼らが飲食店店員などを人間扱いしてないことに気付いた。

総合職の同僚女性や私のことは人間扱いしてくれるけど、なんていうか契約社員やお給仕のお姉さんとかは女扱いっていうかメス扱いっていうか、とにかく人権のある存在じゃなくてそういう生き物としてしか見てない。

から彼女らに聞こえる場所容姿ジャッジの話ができる。

それを私には一切してこないってその線引きもキモかった。


嫌なことはされなかった。

気持ち悪いことはたくさんあった。

辛いことはなかった。

でも毎日電車飛び込みたい気持ちで出社していた。


何がそんなに嫌だったのかわからないが、とにかくそインターンを機に私の精神バキバキにへし折られた。

製造業全般への忌避感が半端なくて学校に行けなくなり結構長い間ベッドの上で天井を見るだけの生活をしてた。

今はまあ立って外を歩くに支障はないくらいになりはしたので就活してるけど、メーカー採用ページを見るだけで吐き気がする。


しかし吐きそうなテンション面接を受けても通るのが理系である

それぐらい製造業技術職は女子学生に飢えている。

逆に他の業種も受けたけど、死ぬ寸前みたいなヤバメンタル人間を雇ってくれる企業って全然ない。

結局製造業技術職やるしかなさそうで、本当に無理だけど、福利厚生だけは良いので鬱になってもちゃんと手当がでるのだけが希望だなと思う。

anond:20210516073342

解雇が強く規制され、高齢従業員を雇い続けている日本会社は、公平性に欠ける給与の分配を続けて競争力落とし、そのシワ寄せが若者に来てた結果が非正規雇用だよ。BIがあれば、解雇規制撤廃または緩和出来る。

2021-05-13

anond:20210513093109

勝手なんだと思う。男は強者になれば女も金も好きにできるけどそうなれるのはほんの一部、自分がそうなれなかったとき弱者を装うことで利益享受したい

でも女みたいに非正規雇用だったり、障がい者みたいになんらかの障害で苦しむみたいな本当の弱者にはなりたくない

彼らが欲しいのは五体満足で弱者享受してる利益であって、ペナルティじゃないか

からコミュ障だとか、女からいじめられてるとかそういうネタが必ずでてくる

弱者男性話題がでるとき女に関しては「女は男より能力が低くて弱い」という主張が出てくるのも特徴的

本当に女が強かったら自分が本当に弱者になってしまうからそれは嫌

弱者男性を語りながら、本当の弱者にはなりたくない

弱者男性って「男性よりも少し弱い存在」で会って本当の意味弱者じゃない

2021-05-11

anond:20210510184206

女性非正規雇用など低収入の職を選んだり、出産キャリア台無しにするのは自分収入を下げてる状態といえる。そうならないように女性に対して小さい頃から職業観教育必要だな。

自分はそうは思わないけど b:id:satovivi の論に従うとそうなる。

2021-05-10

anond:20210510145203

あくまで私個人は、「誰かに殺されているのではなく、自分寿命を縮めている状態」という表現差別ではないと考えている。

女性非正規雇用に就いている割合男性よりも高く、自分賃金を下げている状態

黒人大学進学率が白人よりも低く、自分低学歴を選んでいる状態

だったらド直球の差別だけどな。

統計的事実だとしても、その主体選択の結果に帰属するのは明らかにあかんやろ。

note特定の「誰か」ではなく、教育環境要因で「そういった選択をせざるを得ない」ことをもって「~されている」と表現しているんだろうが。

あえてなのか知らんが、文意誤読して見当違いの反論をしているように見える。

anond:20210510180925

女性非正規雇用者のほうが多いことを問題視してるんだが

それは正規雇用を目指してた場合のみの問題な。非正規で良い奴が非正規になっていても何の問題もない。

お前は女性就労者のうち非正規割合根拠にして企業採用しないせいだとか言っているが、

実際は非正規の中でも正規雇用希望割合が大した割合じゃないので、女性非正規雇用の割合が高いのは当然。

お前の根拠は間違ってる。

anond:20210510174426

いや、女性の方が非正規労働者数の母数が多いから棒グラフ側の数が多くなるのは当たり前だろ

お前は元々女性非正規労働者割合根拠にしてたけど?

この女性正規雇用希望者約140万人全員を正規雇用側に足しても非正規雇用割合男性並にならないだろ?

正規で働きたいって希望してねえんだろ元々

anond:20210510165618

いや、女性の方が割合低いけど。

ちゃんと見てね。

非正規雇用労働者のうち,現職の雇用形態についている主な理由が「正規職員従業員仕事がないから」とする者の人数及び割合

嫌々非正規やっているという割合男性に比べると女性全然低いですけど。

anond:20210510152002

月収にならすと格差が減るということは、結局、高額なボーナス支給される大企業正社員は男が多くて、中小企業非正規雇用などフルタイムで働いてもボーナスがない職場には女が多いってことになるよね。

先が見えない

非正規雇用福祉で働いて、ライター稼業を2つかけもちしながら博士論文を書いている42才。

趣味メイドカフェ映画アニメ読書

うーん、我ながら詰んでるわ…w

2021-05-08

クレジットカードってどうやって作るの

どのクレジットカードがいいの??

リボ払いダメ、は知ってる

ていうか楽天カードってクレジットカード??

非正規雇用の二十代でも作れるの??

anond:20210508032456

池江選手は平社員というより、超高給非正規雇用みたいなもんじゃないの?

所詮アスリート以上でも以下でもなくて、

スポンサーからすれば人の姿をしているけど単なる使い捨て広告であって、

から、上の決定に逆らったら、

「あ、嫌なら別にいいんだよw」

みたいな対応されて干されるだけなので、発言権あんまりないわけで、

そこに知らない他人から文句を言われるのも困るけど、

ただ、超高給ではあるだろうし、単に高給なだけでなくてオリンピック本来の?というか、

いわゆる誰もがカッコイイと思うヒーローという記号でもあると思うわけで、

そんなヒーローあんまり現実はね…、みたいに言われるのもショボいというか、

現実的にはその中間に感動すると思うんだよね

特に子供の頃は理解できなくても、大人になって思うのは、

その理想現実中間地点での葛藤とかもがきに他人からすれば感動さえすると思う

単なる綺麗事はもちろん響かないけど、単にリアリストというのも響かない

宮崎駿だったかが言ってたように、理想のないリアリストなんて意味がない、

リアリストを名乗りたいならまずは理想を持ってください、みたいな感じで、

それなりの高さの志とか、目標とか、

仮にサラリーマンだとしても、いつか家がほしいとか、独立したいとか、幸せな家庭がほしいぐらいはあるはずで、

そういうのまったくなく、

「いや、世の中的に働かなければいけないから働いてるんであって、俺は生きるために働いてるわけでもない。なんか上とか世間がやれって言ってるからやってるし、親が結婚しろと言うから結婚したし、そういうもんでしょ」

みたいなのは単なる思考停止しかないわけで、

仮にそういうふうなことを言う人がいたとしても、どこかうそぶいているというか、

心の中の葛藤さらけ出すのがみっともないとか思っているとか、そういう方が普通だと思うし、

まあ、なんだ…

俺はコロナもあって失職したレベルなので、白血病でも池江選手が羨ましいとも思ってしまうんだよ

競泳選手になっていれば美人の嫁だけでなく不倫三昧の人生が送れたのかもなあと思ってしまうんだよ

なんとか体調を改善して金を稼がねばなあ…

2021-05-06

真の問題たる雇用制度を語れない日本ワイドショーインターネット

日本インターネットで語られる弱者男性とかフェミニズムとか女性比率が〜等の話題ほとんど表面的な問題しか触っていない


例えば日本女性役員比率が低い問題は、

日本企業企業に対するメンバーシップ雇用採用しており、上層も下層も出世するか否かが会社への貢献に依存しており、専門的な学歴職歴評価しないから、ということが大きい


米国であれば、


そのため、


他にも弱者男性問題は、ここ30年で増加した非正規雇用正規雇用に対して給料が低い問題が大きいと思われるが、

これも「一度正社員レールから外れると給料が上がりづらい」メンバーシップ雇用問題点と言える

上層も下層も職務記述書(ジョブディスクリプション)に基づいて給料が決まる米国では非正規雇用正規雇用ギャップは小さい


じゃあ米国雇用制度を導入すればいいのか?といえば、それもデメリットがあって、

分かりやすいところだと「専門的な学歴」が事実上中世ギルドとして機能するので、大学院に行ける人間と行けない人間で大きな給料の差が発生する

米国だと上位1%と99%の差、日本だと上位10%と90%の差と言われる所以で、単純な比較は難しい


こういった前提を議論せず、「〇〇会社女性役員が1人もいない!オッサン思考だ!」みたいに言っても仕方ないわけ

そもそも女性ドル管理職がいないのは日本雇用制度問題があるのだから、その会社だけを叩いても意味がないのでは…とマトモな人間なら思う

でも感情で動いているから、目に見えるものだけを批判して気持ちよくなって満足している


結局ブクマカも本読まない・論理的議論をした経験がない・感情しかものを語れない人間が大多数なのだと思う

昼下がりのワイドショーを見て理解した気になっているおばさん・おじさんと同じ

弱者男性でも持ってる男の特権

生理がない、代わりに腹は弱い

体力がある、と周りから思われて実はそうでもない

美容代が掛からない、けどハゲ

結婚しろと言われない、できないと思われてる

就職や昇進に有利、ただし非正規雇用は除く

1人で行動しやすい、そもそも友人が居ない

弱者男性は「強いパパ」を直視すべき

フェミニズムにそうやってラベリングして憂さを晴らしても、弱者男性当事者のおかれてる立場や抱えてる課題は何も良くならないでしょ。

個人もつ色々な属性の複合的効果によって社会的な強さ/弱さの立場スタンドポイント)が決まるというインターセクショナリティ論は、フェミニズムの内側から出てきたものだよ。そもそもフェミの内部にも人種問題とか経済階級問題とかがあって、フェミニズム自身もそれと向き合う理論必要性があった。さまざまな権力関係のなかで相対的に他の男性女性より弱い立場にいる男性は当然いるし、そのことを否定するフェミニストはほぼいない。いるとしたら、それは背景となる理論裏付けを持たずに男性への憎悪を募らせたミサンドリストで、そういう人はフェミではないし、フェミ代表として語ってほしくもない。

多くのフェミニストは「弱者男性なんかいない」なんて思っていない。でも「男性は(学歴所得コミュニケーション能力身体属性容姿ではなく)『男性であること』自体によって、女性よりも相対的弱者だ」ということに同意するフェミニストもほとんどいないだろう。

構造的にみれば、我々が暮らしている社会はまだまだ男性優位だけど、とはいえ男女雇用均等法とか他のさまざまな社会的前進によって、過去に比べれば、平均的男性像を超える所得や実績を得るような女性も出てきやすくなった。

そのいっぽうで、1980年代後半から格差社会化の進行によって「一億総中流階層」という幻想は崩れ去り、男性内部の格差は広がっている。正規/非正規という雇用形態の違いは以前はきれい性別ごとに割り当てられていたけど、今は男性非正規雇用層、男性低所得者層が以前よりずっと拡大している。

そういう男性のなかで社会に対する被収奪感、「誰かに何かを奪われているか幸せになれない」という感情が生まれるのは当たり前のことだと思うけど、それを女性に向けるのは間違っている。それは女性非正規就労者の減小数男性非正規就労者の増加数を比べてみればわかる。「何か」を奪ったのは女性ではなくて資本主義だ。正規雇用人件費法定福利費社会保険料など労働コストの重さに耐えられない企業非正規雇用化を進めていったからだ。

そういう弱者男性がいること自体認識していても、それを救うことまでが自分のやるべき役目だと思ってるフェミニストは少数だ。フェミニストは何よりも男性-女性という軸における不均衡・不公正を是正することを意識してる。所得という観点弱者立場にある男性が、同様に経済弱者である女性連帯して社会福祉制度の拡充や最低賃金のアップを求めるなら、それを歓迎するフェミニスト達はいるだろうけど、それは女性境遇改善することに繋がる限りにおいてだ。フェミニストは弱者男性ママではない。みんな自分のことで忙しいのだ。

弱者男性論者は自分たちよりも相対的に強い立場にある「強者男性」との対立関係ちゃんと見据えるべきだ。自分が貧しいか弱者だと思ってる人の敵は労働から収奪してる高額所得者ほとんどは男性)だろうし、自分モテいか弱者だと思ってる人の敵は、自分に振り向かない女性じゃなくてモテてる男性だろう(女性に認められたいならまず自分女性を認めるべきで、女性を叩いたらどんどんモテから遠ざかるに決まってる)。強者男性と直接戦えないやつが、その恨みを女性にぶつけるのは虚しい。ママに泣きごとを言う前に、弱者男性は「強いパパ」を直視すべきだ。

anond:20210506081207

2021-05-05

場所や人脈によってバイアスすごく大きいよねっていう話

当たり前なんだけど

不動産の知り合いは不動産多いし

メディア関係の知り合いはメディア関係多いし

芸能関係の知り合いは芸能関係多いし

プログラマーの知り合いはプログラマー多いし

エステティシャンの知り合いはエステティシャン多いし

美容師の知り合いは美容師多いし

 

それで自分らの業態しか知らないとそれが基準なっちゃ

正社員が当たり前のところがあったり

非正規雇用が当たり前のところがあったり

独立してフリーランスになるのが当たり前なところがあったり

経営者になるのが当たり前な業界と、全然当たり前じゃない業界があったり

外国人が沢山いる業界全然居ない業界があったり

 

そういう少しずつのバイアスが積もり積もって、何か選択したときに似たような人が集まっちゃうみたいな現象がある

例えば同じ地域に似たような業種の人が集まるとか、似たような趣味の人が集まるとか

それで地域の色が出て、余計にその濃度を増していくみたいなことがある

形のない村みたいな

 

自分とぜんぜん違う村にうっかり足を踏み込むととんでもない別世界感があってすごい

しかもその村の人たちはそれが普通だと思っててビビる

でもだんだんそっちの方が普通で今までの自分特殊だったのではないかと思うようになってしま

それで統計を持ち出して自分のほうが多数派だと思って安心するんだけど

その村にとっては世間的に多数派なのかどうかは関係ないことだから特になにもできなくなる

 

例えば男女の平等セクハラボーダーラインとかも、村によってぜんぜん違う

ハグが当たり前の村もあれば、少しでも女性扱いしたらNGな村もある

美男美女の村と、ブサイクだらけの村では恋愛に関する価値観もぜんぜん違う

 

この国は法治国家だけど、法に反しない限りでは自由なので価値観多様化するし

多様化した上で村を形成する

ミクロで見ると非常に偏ったバイアスを持つ世界形成される

 

人は自分にとって居心地の良い村に属せば良いんだろうけど

色んな村に触れてると徐々に自分にとって居心地のいい村というモノ自体がよくわからなくなる

ちょっと疲れた

anond:20210505070735

正社員雇用を亡ぼしたら、企業文化が滅んで、企業のものが滅ぶよ

無期で福利厚生ちゃんとやって雇ってくれるから、長期の見通しが立ち、その会社の為に頑張るってなると思うんだな。

企業文化なんてwwwと思う人がいるかもしれないけれど、複数の人が働くとき自分たちが何のために働いているのかという意識を共有しておくのは大事よ。

複数の人がいると、それぞれが自律分散的に意思決定をしないといけないときがある。

その時によりどころとなるミッションなり行動指針なりがあれば、それに基づいて意思決定できる。

また、ほかの人になんでその決定をしたかも行動指針があれば説明やすい。

正社員でないひとにそれを求めることはできないよね。

情報セキュリティとかのようなソフトな力もそれぞれの社員教育しないと成り立たないけれど、非正規雇用だとそれも維持できないでしょ。

2021-05-04

anond:20210504213409

就業3か月もたない会社/業界であるというのがあるのだとは思うしそこはまことウンコだと思うが、

ぶっちゃけ正社員入社後に3か月で自己都合退職」なんて職歴作る可能性があるなら最初から非正規雇用扱いでいいよね

anond:20210504014236

容姿しか持ってない若い女からパパ活という形で若さ

能力しかない若いから非正規雇用という形で金銭

合法的収奪出来るんだから悪い話じゃないだろう

2021-05-03

anond:20210503094513

統計によると

男性の大半の自殺理由は「経済生活問題」で自殺者は「自営業者」「被雇用者」「無職」が大半を占める。

女性場合は「健康問題」を理由にした自殺が多く自殺者は「主婦である

結局、自殺するのは「働いてるかどうか?」ということだろう。健康問題は男女関係無く存在する。

自殺する人間ほとんどが働いていてその中で苦しんで死を選んでる。

男性雇用形態割合で言えば9割くらいが正社員で定年まで変わらない。

女性20代ピークにして年齢が上がるごとに正規雇用がどんどん減って非正規雇用割合が増えていく。

今後、女性社会進出が加速するにつれて女性上記のような理由自殺することが増えていくと思う。

ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん