「背伸び」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 背伸びとは

2018-02-25

上司読書に目覚めた

「本を読む者にしか手に入れられない物がある!」と齢50にもなって声高に叫ばれても。

上司との会話中、最近読んだ本に触れつつ話を進めていると、「お!お前も本を読むようになったか!」 「そんな本を読んでいるなんて背伸びしてるな!若者らしくてよろしい!」などのお言葉

面倒だから「そうなんですー」と適当に流したが、こちとら普段から読書習慣があるのです。

自己啓発本ばかり経費で買い揃えてご満悦なあんたに背伸びだ何だと言われたくないのです(自己啓発本が悪いわけではない、念の為)。

2018-02-22

就活を始めた君へ:「受かる方法しか」書いてない就活本は今すぐ捨てろ

「受かる方法しか」教えようとしないアドバイザーも同様に今すぐ捨てたほうがいい。

君たちの目的は「自分希望に少しでも沿う職場」に入ることだったはずだ。

その目的達成において面接を「内定を取るためだけにやる」のは全くもってナンセンスだ。

面接相手会社が「自分希望職場であるか」を確認するための作業でもある事を忘れてはならない。

たとえば君が「サービス残業をさせるような会社で働きたくない」と思っているなら絶対にソレを質問するべきだ。

サービス残業をさせない会社であればその質問気持ちよく答えてくれるだろうし、させるような会社ならその度合いに応じたはぐらかしかたをするだろう。

君が「根性論を振り回す会社には入りたくない」という思いを持っていて、それを面接でぶつけた結果としてお説教が始まるようなら、君はその会社にはたとえ受かっても絶対に入るべきではないのだ。

「受かるためだけ」の面接対策をするのは、それこそ「親の敵がその会社で働いているか暗殺するための下準備としてその会社に入るしかない」ぐらいの状況でなければやらない方がいい。

君が面接で嘘を付いたり、聞きたいことを聞かなかったり、無理に自分を偽ったりするのならば、それを「その組織に入ってから退職するまでの間ずっと続けていけるか」を考えるべきだ。

あくま腰掛けで5年程度いるつもりであるならその5年間その嘘を突き通せるか、定年までいるつもりなら40年間ずっとそれを我慢できるかを考えてから自分を偽るべきだ。

でもどこかしら受からなきゃ始まらないじゃんというのはそのとおりだ。

ではその時、どれをどれぐらい妥協したらどの程度受かりやすくなりそうなのかは何によって知ればいいのだろうか?

その答えは、今まで面接自分がしてきた数々の受け答えに対する相手の答えの中に隠れているはずだ。

正直に受け答えをしなければ、自分妥協すべき物の正しいコストパフォーマンス永遠に見えてこない。

なぜなら、業者仕事の傾向、そして君自身資質によってそれらは全く持って変化するからだ。

君が自分に正直に就活を続けていれば、適当就活本が全ての業界を十把一絡げにして雑に語った文章よりも、よっぽど信頼できる情報がこれでもかと蓄積されていくことだろう。

そして、君が何かしら自分を偽るたびに、そうして手に入るはずだった情報の入手機会は失われる。

それで面接に落ちれば手元に残るのはただのお祈りメールだけだ。

何の成果も得られない就活を続けるか、少しずつ情報を手に入れて軌道修正をしていける就活をするか、どちらがいいかは明白だろう。

最後に、これは本当に大切なことなので是非覚えて帰って欲しい。

面接をする側からしても、「嘘をついたり」「背伸びをしたり」「勢いで押し切ろうとしている人間」よりも、「ズケズケした物言いでも」「自分の主張をハッキリ述べてくれる人間」の方が「印象がいい」のだ。

なぜなら一緒に働く人間として「その場しのぎの嘘をつく癖がある」「とりあえず目先目先で誤魔化せればいい」「相手の顔色を伺ってはすぐ言葉を飲み込む」といった特徴のある人間は、「信用できない危険人物」となりやすいのだ。

その場しのぎをしないといけない状況や、とっさに言葉を飲み込むべき状況は仕事では多々ある。

しかし、それを身内に対してすら高頻度でやってくる人間は厄介なことこのうえない。

それならまだそういった事が一切できない人間の方がずっとずっと扱いやすいし、仲間として信用できる。

将来の仲間に対して平気でウソを付くような人間、虚勢を張ってばかりで自分の正体を隠してばかりいる人間、そういった人間と「一緒に働きたい」と思うだろうか?

それをもう一度よく考えて欲しい

2018-02-20

anond:20180220083448

中学生背伸びして聞き始める

これなら今の子オードリーとかじゃない?

anond:20180220082914

中学生背伸びして聞き始める時の定番ってことじゃないの。

それと朝昼は学生だと聞けない。

2018-02-15

anond:20180215165820

背伸びして3万の寿司食っただけでしょ?

毎日3万の寿司食う生活レベルなら萎縮しないだろうよ

2018-02-09

まあ高校生とか大学生くらいの年齢の人が背伸びしてる感じの書き込み増えたなあと思う

2018-02-06

anond:20180206020316

そのデートイメージって、モテないやつが付き合う前の背伸びしたデートだろ。

格好つけて雰囲気良くして口説くためのデート

おしゃれなフレンチイタリアンばっかり行ってたら、金なくなるし飽きるわ。

付き合ったら、ファミレスだろうが吉野家だろうが鳥貴族だろうが家でコンビニ飯だろうが、2人でいるだけで楽しいんだよ。

基本的に付き合って1ヶ月もしたら、家にいる時はダラダラ過ごすかセックス、出かけるのは飯食いに行くか、たまーに遠出する時、って感じになる。

2018-02-05

anond:20180204232159

山田悠介とも滝沢カレンとも違う、しかしどこを読んでも何かがおかし不思議日本語

ウィキペ芸能関係記事でよく見る「背伸びしすぎ文体」の一種かな。

もって回った言い回し文章を飾り立てると論旨がボヤける。文章の迫力は足し算で出すんじゃなくて、表現を煮詰め、ことばを選び抜くことで出すんだ。削って削って削るんだ。

2018-02-03

窓際族

29歳なんだが、窓際族やってる。

日中ネット見てる。

最近キンドル漫画とか読みながら。

流石にネトゲはできない。

朝9時に出勤して、ボーっと漫画やらネットやらして、17時に帰る。

  

特に何が書けるって話でもないけど。

仕事マッタクやってなくても、頭はおかしくなってきている。

最近は、家では瞬間的に叫んだり。

  

スキルでも身につけろよってことになるんだが、そういうやる気はとうに失った。

一応、3月でこの職場さよならになり、晴れてニート

一応、大学受験するんだけど、受かるかどうか微妙

大学に受からなかった場合、どうするのか。浪人しながら、週2くらいのバイトはするのかな。

  

大学に入れたら、理数系の勉強したいな。

18歳のころは、教養フランス語ちょっと背伸びした数学やったけど、もう何も覚えてないし。

本気でプログラミングとか数学とか物理とかやりたいな。

でも、受かるかどうか微妙

  

はぁ。大学行きたいなあ。

2018-02-02

高校の頃、隣の家の家族のところに女子大生が移り住んできた。正しくは大学院生なんだけど。その夫婦の姪にあたる人で、院生になったのをきっかけに、より学校に近いそこへやってきたとのことだった。当時うちの母とお隣の奥さんは一緒に今でいうホームパーティみたいなものをやるくらいすごく仲がよくて、当然のように俺にも紹介されて挨拶した。高3の春だった。

しばらくして、受験生なのに全く勉強しない俺を不安に思った母親が「塾へ行こう」とパンフレットもって切り出してきた。家では全く勉強しないでゲーム三昧だったけど、学校ではそれなりに真面目に授業を受けていたので成績はまあまあ良くて、だから大学学力に見合った難しすぎないところに行こうと思っていて、塾なんてまったくやる気がしない。ずっと拒否っていたら、またしばらくして母が隣の家の女子大生を連れてきた。「バイト探してるっていうから、この子家庭教師してもらうことにした」ふざけんなと思ったが、もう家に上がっている彼女を追い返すわけにもいかいかと思いしぶしぶ勉強を見てもらうことにした。自分の部屋は汚すぎて入れられなくて、その日はリビング数学課題を見てもらった覚えがある。結局そのまま家庭教師として勉強を見てもらうことになった。

その人はすごく頭がいい上、人をその気にさせるのがすごくうまい人で、調子に乗った俺は家でもきちんと受験勉強をするようになった。成績も少しずつ上がり始めて、当時の志望校では少し目標が低いんじゃない?と担任にも言われるようになった。話も面白くて、週2回の彼女の来訪を心待ちにするようになり、模試でいい評価を取ると即メールした。

そんなこんなで、彼女を好きだと思うようになるのに時間はかからなかった。よくある話だ、高校生が少し年上の大学生に恋をする。(院生だけど)あまり読んだことないけど少女漫画の設定そのまんまみたいな状況すぎて、いやちょっと勘違いしちゃってるだけだろ、と必死にその気持ちに抗ってみたりしたけれど、もう会ってしまうとそういうの全部どうでもよくなって、少しでも成績上げて喜ばせたいと思ってしまうから秋ぐらいにはもう諦めた。

そしてその人が通っていた難関大学志望校を変えた。両親も担任も、そして彼女も喜んで応援してくれた。一層勉強に身が入り、必死勉強した。


次の春、晴れて俺は彼女の後輩になることができた。学部は違ったが、ものすごく嬉しかったし、ようやく同じ土俵に立てた気がした。当然そんなわけはないんだけど。向こうはその大学内でも屈指の偏差値を誇る理系学部院生で(院生から学部おかしいか)俺は文系比較偏差値が低い方だ。

それでも毎日なんとなく嬉しくて、タイミングがあった時は一緒に登下校したり、学食で一緒に飯食ったりした。夏休みに入る少し手前、初めて二人で出かけた。向こうはどう思っていたかしらないけれど、デートのつもりで誘ったか約束をしてからその日までずっとそわそわし通しだった。親にバレるのが嫌でわざわざ駅で待ち合わせて、彼女が行きたいと言っていた水族館に行って食事をして、お互い家に帰ってからメール告白した。「ちょっと表出て」って喧嘩吹っ掛けられるみたいな返信が返ってきて、それからマンションエントランスで話して、付き合うことになった。


それから彼女卒業するまでは本当に楽しかったし、俺も彼女に見合う大人の男になろうと必死だった。プレゼント背伸びして、百貨店に売ってるようないいアクセサリーを用意したり、デートでもなるべくお金出させたくなくて、少ないバイト代を精一杯はたいて奢ったりした。結局最終的に割り勘くらいになるように向こうに調整されていたけど。喧嘩しても大人ぶって先に折れて謝った。嫌われたくなかったというのもある。

冬が過ぎ、また春がきて、彼女就職して隣の家を出ていった。移り住んだアパートはうちから1時間近くかかるところだった。

学生の頃に比べると、格段に会える日が少なくなってしまい、些細なことでの喧嘩が増えていった。それでも最初の1年くらいは、彼女の家に泊まりに行って手料理を振舞ったり振舞われたり、ちょっと遠くへ旅行へ行ったり、何とかその壁を乗り越えようとがんばった。どうしてもその人を手放したくなかったから。大人な振りをして、ずっと背伸びし続けていた。

それがダメになったのは付き合って1年と少し経った頃、俺が大学2年の冬だった。

箱根に泊まり旅行にいって、旅館で夕食を食べているときだった。もうほとんど覚えていないような些細なことで、ふっと怒りがこみあげて、その勢いのまま机を殴りつけて怒鳴ってしまった。言った瞬間にすぐ我に返った。しまったと思った時には彼女は萎縮しきった顔で「ずっとそうやって我慢させてた?」と問いかけてきた。何も返せなくて、その日はもう会話もなくなって、朝起きたら彼女はいなくなっていて、携帯には「別れよう」というメールがきていた。

本当に大好きで大切な人だったのに、ずっとずっと彼女に見合う「大人な男」になりたくてなりきれなかった。悔しいのと情けないのと喪失感とごちゃごちゃになりながら一人で帰って、それからしばらく大学にもいかず家に引きこもってずっとオンゲをしていた。無心でレベル上げしていてもすぐに彼女のことがちらついた。もうしんどくてたまらなかった。

それでも時間は過ぎて行って、大学の成績通知を見ていい加減家を出なければと思った。単位結構取り落としていた。それからまた大学バイトゲームの繰り返しを毎日毎日やって、気づけば就活生と言われる年になった。

就職フェアみたいなやつに同期と出向き、彼女就職した会社ブースを見つけた。彼女がいないことを確認して(そもそも研究職だからいるわけないんだけど)説明を聞いてそのままエントリーした。運よく選考が進み、そして内定を勝ち得た。

そこで流石に一度我に返った。こんなストーカーじみたことして、どう考えてもおかしいしやばいそもそも入社してもし社内ですれ違ったりしたらなんて声を掛けたらいいんだ。もう一度会いたいとは思うけれど、向こうはもう俺のこと忘れてほかに相手いるかもしれないし、年齢的に結婚している可能性もなくもない。内定はあともう1社あった。期限は迫ってくる。悩みに悩んで俺は彼女に連絡を取ることにした。我ながらどうしてそうなったと今にして思うのだが、その時は考えすぎて頭が完全に煮詰まっていた。

電話番号は幸い変わっていなかった。電話で全部話した。まだ忘れられないこと、まだ好きなこと、それから同じ会社を受けて内定が出たこと、今行こうかどうしようか悩んでいること。付き合っていた頃の俺とは全然違って、本当に情けなかった。いや、付き合っていた頃だって決してちゃんと決まっていなかったかもしれないけど、それでも精一杯ずっと物分かりが良くて包容力があって大人な俺を演じ続けていたから、それはもうキャラ違うレベルだったと思う。彼女は静かに全部聞いた後、「うちはまあまあ大手だし、労働環境も悪くないから来るなとは言わないけれど、もう一社とよく比較して考えて」と言ったあと、「私のことは気にしないで」と言った。

突き放された気がした。それが余計悔しくて、勢いで「わかった。じゃあそっちの会社に行く」と即答した。するといつかみたいに「ちょっと表出て」と言われた。もしかしているのかと思って慌てて家の外に出たが、だれもいない。「どういうこと?」と聞いたら「そのまま駅まで行って、〇〇駅まで来て。私も今家出た」と言って電話を切られた。マジかよ。時間はすでに22時過ぎだった。〇〇駅は彼女の最寄り駅じゃなくて、うちと彼女の家の中間あたりで、付き合っていた頃よく一緒に飯に行ったところだった。こんなに長い30分があっただろうか。走って駅までいって、電車に乗っている間も落ち着かなくて、ずっと立ったままだった。電車から飛び降りて改札を出て、きょろきょろしながら電話しようとしたら、同じく携帯を片手に小走りで改札を抜けようとする彼女と目があった。


そんな彼女明日結婚します。

anond:20180202103055

横田やけど、年収600で子がいて住宅ローン7万円以上だったら、あー背伸びしすぎやねと思う

2018-01-28

僕にもチュッパチャプスがかっこいいと思ってた時期がありました。

あれは中学のころ、なんかの漫画を読んでチュッパチャプスを咥えてるのがすごーくかっこよく見えて真似てる時期があり、なぜかっこよかったかは覚えてませんが、たばこが吸えない年齢なのであれが子どもなりの大人への背伸びだったのかもしれません。

彼氏ができた!

結婚を前提にお付き合いしてくださいと言ってくれた。

ちょっと恥ずかしくて、焦ってしまって

「それは、OKです。」と、変な返事をしてしまった。

一緒に居ると穏やかにしあわせを感じられて、

辛い時は寄り添って話を聞いてくれる。

私は何も与えられないけど、いつも「ありがとう」と言ってくれる。

これから意見が衝突してしまうこともあるだろうけど、

この人にならしっかり意見を伝えられると思うし、

何かしらの解決策が生まれていくと思う。

まり背伸びしすぎない感じがとても良い。

私の病気理解を示してくれているのも嬉しい。

明日は私の家で「匿名ラジオ」を一緒に聞いて意見を交わす約束をした。

楽しみだ!

2018-01-25

anond:20180125235726

知っても割り切れんから、忘れたまえ

欠点を取り繕って、背伸びしてもねぇ

2018-01-22

[]意識高い系 ≒ イキリ社会人

イキリという言葉最近広まってきているが

これは粋がるという意味とほぼ同じだ

シソーラス類語辞典を見ると、なんとなく雰囲気はわかる

https://thesaurus.weblio.jp/content/%E3%82%A4%E3%82%AD%E3%81%8C%E3%82%8B

尊大な態度で振舞うこと 意気がる ・ イキがる ・ イキる ・ 偉ぶる ・ 傲慢振る舞う ・ 態度をでかくする ・ 偉そうにする ・ 偉そうに振る舞う ・ 大上段に構える ・ 居丈高に振舞う ・ 高圧的に振舞う ・ 威圧的に振舞う ・ 態度を大きくする ・ 尊大な態度で接する ・ 先輩風を吹かせる ・ ふんぞり返る ・ 大きな顔をする ・ 傲慢な態度をとる ・ 威張る ・ 強そうに振舞う ・ いばる ・ いばりくさる ・ 思い上がる ・ 威勢を誇示する ・ 存在感を誇示する ・ 威を張る ・ 幅をきかせる ・ 勢威を張る ・ 威勢を張る ・ 役人風を吹かす ・ 肩をそびやかす ・ 威張りちらす ・ 横柄に振る舞う ・ 横柄に構える ・ 威張り散らす ・ 大上段に振りかぶる ・ 大上段に振りかざす ・ 威圧的な態度をとる ・ 居丈高な態度をとる ・ 尊大に構える ・ そっくり返る

得意になり態度が横柄になるさま 天狗になる ・ 調子に乗る ・ イキがる ・ 浮つく ・ イキる ・ 調子にのる ・ 調子こく ・ 有頂天になる ・ いい気になる ・ 横柄になる

本来劣っているにもかかわらず、それ以上の実力があるように装うさま 弱さを認めない ・ 強がる ・ イキがる ・ 肩肘を張る ・ 背伸びをする

 

で、ふと思ったけど、意識高い系って要は「粋がっている」ってことだよね

対象社会人場合は「イキリ社会人」といえるのではないか

 

しろ「イキリ」が「意識高い系」をより汎用性高くした言葉かもしれない

・短い

・イキっている、と動詞可能

・イキリ◯◯と頭に付けられる

2018-01-19

自己評価他人評価があってない女は事故物件

外見も能力も大したことないのに、やけに自分は優れていると思っている女

優れているから同年代かには目もくれず、自分を包み込んでくれそうな高スペな年上とかに惚れる

でも、年上から見たら大して優れている訳でも無い女が背伸びしているだけだから適当関係に(不倫セフレ

そして婚期を逃し、無駄に過ごした時間自尊心に箔を付けていく

こういう女が増えてきている気がする。なんか同年代~年下をすぐに見下す未婚ババア

2018-01-15

好きな人がいるんだ

好きな人がいる。

1年くらい前から自分引っ越しちゃってなかなか会えないままここまで来ちゃった。

なんか意味わかんないタイミング握手求めてきておもしろいなーとか思い出したりして。

背伸びして頭撫でられたり。

いっぱい褒めてくれたり。

全部うれしかったなー。

でもさー、向こうは別に私のこと好きじゃないんだよなーとか思ったりしてさあ。会おうって言っても会えないし。予定合わないし。合わなさすぎるし。1回だけ向こうが近くに来てたから会ったけどね。ちょっとだけ。けっこう無理やりだったような。

メンヘラみたいだな笑

どうしたらいいんだろう。

そもそもどうなりたいんだろう。

やっぱり、付き合いたいよね。うん。

告白かあ。嫌な思い出しかないんだよねー笑

そもそも会えなかったら、告白かすらできないし。まあ、LINEでするとかもあるけど、うーん。

どうしたらよろこんでくれるかなーなんて考えたりしてるときが楽しかったなー。

もはやこのまま会わないままの方が物語として完成するような気がして、それもまあ悪くないかな。

会いたいな。

2018-01-12

三十路ヘタレ

画像を見ると居たたまれなくなる

三十路なのに童貞なのかって

自分は三十はゆうに越した大人。だけどセックスなんてここの所していない。

三十路乱交に憧れてクラブに出入りする話とか、背伸びしすぎて門前払いされる話だとか、ファンタジーじゃなくてリアリティのある話ないかな。

2018-01-11

男嫌いが酷くなっていく

元々小さかった頃は今より男の人が嫌だった。あの頃はアトピーがあって、それを男の子からかわれてたからかもしれない。男の人の声の音楽は好きになれなかったし、クラスメイト男の子歌声さえ嫌だった。

少女漫画が好きだった。いつも主人公女の子マスコット的にかわいい女の子を好きになった。恋に憧れていた。

好きな男の子はいた。不器用だけど優しい男の子。彼の背伸びが可笑しくて、でもその滑稽さは自分も近い気がして、勝手に親近感を抱いていた。だけど後にその子に虐められてその子のことが好きだなんて思えなくなった。ちなみにその子高校中退してから行方知れずだ。なんて子を好きだったんだろう。

中学で、その好きだった子を嫌いになってから男の子と関わらない時期を過ごして、高校では恋愛を絡めないただの友人である男の子が増えた。男の人の歌声も、好きな人は好きになってきた。サカナクションとか、聞いてて心地よくて好き。未だにあんまりきじゃないことはあるけれど。

そんなとき、しゃべったことが1回しかないご近所の大学生メール告白された。本当に少ししか知らない人。しか告白に返事しあぐねていると、彼氏面をされるようになった。気持ち悪い、とあのとき感じてしまった。未だにあの感情がどこかに残っている気がする。はっきり断りをいれて、もやもやを抱えたまま、その人を避けるようになった。

高校では色恋沙汰なく、友人として男子と関わった。この頃には私の胸はかなり成長していて、父親にブラの話とかをされるのがいやになってくる思春期

少し潔癖な母親は、幼い頃から私に呪いをかけていた。「怖い人がいっぱいいる」「女の子なんだから」「力じゃ絶対に叶わないんだから」。それに加わる、告白とか一連のことで、すっかり私は自分女性として、性的に見られることが怖くなってきていたらしい。

高校友達の一人に告白された。高校で仲良かった友人の一人だから、好きになれるんじゃないかと思っていた。本当は少しだけ、少女漫画に憧れているのだ。でもだめだった。抱き締めたいと言われて嫌だと断った。どこを好きになったの?と聞いてて、胸の話をされそうだと気づいたとき嫌悪感が走った。2ヶ月だけ付き合って別れた。我ながら酷い奴だと思った。

大学に入った。ほぼ男子理系の科で、私はそこそこ友人を作った。彼氏を振ってしまったあとだったから、もうしばらく恋愛に絡みたくない、と思っていた。

クリスマスに、同級生の一人に二人で過ごしたいと言われた。瞬間、途端にああ、どうせ私は女の子としてみられているんだ、と、男の子にとって恋愛候補しかないのかも、と思ってしまった。上手く言えないけど、初めから恋がしたいから近づかれることが嫌だった。私が選ばれる理由なんて、容姿は良くないし胸ぐらいなもんだ。性格?ここに入り浸ってる時点で察してほしい。そんな目で診られるのもうんざりしてしまった。

そこからだ。本気で男性と関わりたくなくなって来てしまった。SNSで数年繋がっていた、ちょこちょこよくわからないリプを送ってくるおじさんをブロックした。数回ご飯に行ったお兄さんに、またご飯に行こうと言われて断った。

オナニーの報告をTwitterでする男性を見ると嫌悪感がわくようになってきた。シコいって言葉男性が使っているのが気持ち悪く感じた。

重症だ。どうしよう。

どうしようかなぁ。

2018-01-10

anond:20180110154720

今時の子供だと、小生意気そうな態度に背伸びをした服装な子が多い感じがするが、

そういう服を着たいと言えば、あまり露出していなければ良いし

背伸びをした服装露出している、と言う発想がいかにもおっさんっぽい。

おっさん向けエロ画像JK(と言う設定)でも思いうかべてるんだろうか。

露出した服なんて流行ってないよね。

娘がもった疑問

うちの娘は今度中学生になる。

半年ほど前からニュースに興味を持ち、いろんな事を聞いてくるようになった。

最近では、貴乃花問題正月にあった朝生ウーマンの村本の発言年金制度などに首をかしげている。

小難しいことを考えるようになったんだなぁと思った反面で成長したことに喜ばしく感じている。

今時の子供だと、小生意気そうな態度に背伸びをした服装な子が多い感じがするが、うちはそうでもない。

そういう服を着たいと言えば、あまり露出していなければ良いし、出来るだけのびのび育ってほしいと思っている。

とても真面目な子か…というと、そうでもないが、家事も手伝うし良い子だ。親ばか申し訳ない。

本題だが、娘が上記のような問題首をかしげているのは親の私としても普通に見える。

まず、貴乃花問題について娘がこう口にした。

「怪我をしたのだから救急車警察最初に連絡するのが何で悪いことなの?」

相撲協会最初に連絡してこなかったという報道相撲協会の言い分に対して疑問を持ったらしい。

まぁ、おかしくはない疑問だ。一般的な考えではないだろうか。

次に、ウーマンラッシュアワーの村本の言葉についてこう言ってきた。

自分大事な人が殺される時に自分が殺されるのを選ぶのは変じゃないかな。自分が殺された後に大事な人が殺されないって保証はないのに」

これもおかしくはない疑問だ。確かに自分が殺された後に誰が大事な人を守るのだろうかという話になる。

年金問題についても、こういう疑問だった。

「老後の為に貯金みたいなのが年金なんだよね、なんで税金でとられちゃうの?普段税金はとられているんじゃないの?」と言ってきたり

年金がもらえる年齢もどんどん上がっていっちゃったら途中で死んだ人のお金は国のものなの?」

「もらった年金生活不自由なくできるものなの?」

年金が一番小難しい内容の疑問ばかりだった…。


こういった事に疑問を持つという事は良いと思う。勉強になるし、良い経験になるだろう。

しかし、これらの疑問を見て思ったのは、今の若い子たちが悲観する内容しかないなぁ…と思うことだ。

相撲問題一般常識で考えれば救急車警察最初だろう。

ウーマン村本の話も先を考えていればたどり着く疑問だ。

年金別に税金を取っておいて積み立てたお年金から税金は取られるのはおかしい、

給付する年齢はもっと引き上げる、差っ引かれ終わった年金生活がまともにできるのかという疑問はもっともだ。

それら全てには理由があるにしても、素朴に感じる疑問としてはもっともだなぁと思う。

悲観という言葉おかしいかは別として、若者未来を…という話であると悲観したくなる気持ちは分かる。

娘はもう少し時間が経ったら、もっと考え込んでしまうのではないかなと感じた。

娘が将来どんな風になるかは分からないが、未来のある子どもに何か残せるようにと考えている。

今もいろんな思いが日々飛び交っている社会だが、もう少し若い人たちに明るい社会にしてあげたいね

久々に休みをもらったおっさんでした。

追記

相変わらず性格の悪い増田ばっかりだね…。

もう少しマシな言及でもされると思ったら関係ないものばっかりだとは…。

2018-01-08

anond:20180108195424

冬休み中、どう見ても背伸びした10代ぐらいの投稿が増えてたので

ここもそれなりに新陳代謝は有るんだなと思ったよ

まあ黒人差別毎日騒いでる人はほとんどが同じ人な気がする

センター5日前

(親目線)

受験生本人もすごく頑張っている(と思う)。

でも、センターの出来次第で二次前期でどこを受けるか決めると思う。

今のところ

第一志望 自宅通学可能 でもものすごく背伸びポジションなのでワンチャンなぐらい

第二   自宅外 偏差値的にはちょうど良いぐらい

滑り止め 自宅通学可能 偏差値的にはおつりが来るし就職ものすごく安定してるのが最大の魅力

住むところとか、みんな早めに押さえているんだろうか

親がこっそり動いてるの?

周辺の学生会館とかもうとっくに満室なのだろうなあ

2018-01-06

学生時代には気づかなかったけど

女子高生って、ほーんっとかわいいのな

制服とか着てるのって、あれはコスプレだもんな

身体つきとかが大人っぽくなってくるんだけど、話すとやっぱ子供っぽいなとか思うもんな

化粧とかしないで、すっぴんかわいいのは、あの時ぐらいまでかね

いや、してる子はしてるんだけど、笑っちゃうようなわかりやすいお化粧で、背伸びしてるのがわかるのもかわいい

なんか知らんけど、得体の知れない透明感とキラキラ感は、大学生になると失われるな

なんなんだろうな

男を知ると変わるのかな

あー、もっと早く気付くべきだったか

適当に過ごすのは勿体無かったな

と、思った三連休初日

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん