「発音」を含む日記 RSS

はてなキーワード: 発音とは

2017-12-14

anond:20171214070034

エピソード:転生前の性は上野原だったが異世界ではあまりない発音だったので今の呼び名に落ち着いた

2017-12-10

日本公教育英語を教える目的理解してないやつが多い

発音ネイティブの生徒をクラス全員で大笑いするのが英語教師が授業でやりたいこと

入門者にエスがついてないとか完了形になってないと言ってこれまた白い目で見たり声に出してバカにするのも授業の目的

グラマーは黄門様の印籠であり学問世界で正しいのは真理ではなく上位者の言うことである

見えない鎖の存在を常に意識してその場の権威者忖度すべき奴隷立場を知らしめるのが英語教育目的

2017-12-08

英語発音を褒められるとむかつく

本当にわかってる人に褒められるのならいいけど、実際にはわかってなさそうな人がほとんど。

私が言ってる内容もどうせわかっないし、たとえ滅茶苦茶な発音で喋ってもこいつは気づかない。

こういう人たちの「うまい」は「それっぽく聞こえる」ってことでしかない。

かにしやがって。

2017-12-07

anond:20171207095426

全然関係ないけど、ウォーターって実際に発音聞くと「ウォラァー」だよね

ディトゥックスウォラァー

2017-12-04

外国語外来語は違う

https://anond.hatelabo.jp/20171202185559

イメージ」は英語ではない。外来語外国語語源とする日本語である

カタカナ表記された時点で日本語話者以外には通じなくなるんだから、これはもう日本語以外の何者でもない。

日本語なのだから、原語の発音がこうだからという理由よりも、日本語一般的ルールがそれに優先するのは当然。。

今後外国語から日本語に新たに言葉を輸入するときに、原語の発音尊重しよう、という主張であれば理解できなくはないが、

すでに日本語となっている言葉に対して発音おかしいとかいう主張をするのはおかしい。

2017-12-03

anond:20171203121652

ネィティスピーカーじゃ無いけどカタカナを使わない国の人はネイティブに寄った発音をするのでネィティブな発音を把握しておくと便利です。

というかもう英語なんて世界中で使われ過ぎて訛り入りまくりで正しい発音なんて崩壊してるから

発音がどうこう言ってるやつは黄色い猿をバカにしたいだけだよ

anond:20171202185559

カタカナ語発音がめちゃくちゃじゃないもののほうが少ない。

例えば、trouble これはトラブルって発音してるけど、トゥラヴォウだ。なんだ、語尾のブルって。

ぶっちゃけ帰国子女的に、無理やり発音変えて言わないといけないからすげー大変。そんな日本語って語彙が少ないのか、かわいそうだなっていつも思ってる。

anond:20171202185559

家族アメリカ人いるか発音については確かに気になる。

でもしょうがいかなというものあるし、使い方が元の意味と外れてなかったらいいんじゃないかなとも思う。

anond:20171202185559

可能範囲で元の発音に近づけることに意味あるって?

その、「元の発音」って何なの?

例えばUSのヒスパニック系に「ゴンザレス」という名前があるが、これは英語読みであって

元のスペイン語では「ゴンサーレス」てな感じになるんだが、英語に合わせるのが正しいのかい

シチズン

最近毛唐英語で会話していて失笑を買ったことが一つある。

それは、シチズン市民)という言葉を使ったときだった。

おいお前は何を言っているんだ?という表情で何度も聞き返される度に、シチズンだよシチズン!と連呼

なぜ通じないのか。。

やがて、神妙な表情で、ひょっとして、シチズンと言いたいのか?と返された。

そこで初めて気がついた。

そして、シチズンを恨んだ。

お前らの会社が長年やってきたCM。あれのせいだ。

これからシチズン発音してもらいたい。

あと、関係ないが、カレーの国の奴らにもついでに文句を言っておく。

お前らは死ぬほど変な発音していることを自覚して、もっとゆっくりしゃべれ!

2017-12-02

DQN の読み方


自分は「ディッキュン」って読んでるんだけど、どうしてもd*ckと同音になってしまう。

ネット民はどう発音されることを想定して、DQNって言葉を使ってるの。閲覧者にディックって発音させてなんとも思わないの。

「よくドン・キホーテにいる人」じゃ駄目なの。

imageイメージと読む/書くのはいい加減やめにしないか

image発音は/ˈɪmɪdʒ/ カタカナで書くならイミッジといった辺りだ

もちろん英語発音カタカナで正確に表すことはできない

できないが,それにしたって/ˈɪmɪdʒ/をイメージ乖離しすぎだ

このイメージ問題は,「lrがどっちもラ行」や「thがサ行になっちゃう」とは根本的に異なる部分がある

lrやthは純粋発音問題だ 原因は日本語にはそういう音がないからだ

翻って/ˈɪmɪdʒ/は日本語の音でそこそこ発音できる

にもかかわらず「イメージ」になったのはimageという綴りが原因だろう

-ageという語尾はいかにも/eɪdʒ/(エイジ/エージ)と読みそうだが,実際そうなるのは1音節age,stage,page等々とengageぐらいで,多くは/ɪdʒ/になる

ただでさえ例外的なうえにaを/ɪ/(イ)と読むのはかなり「不自然」なのでエージが定着したのだろう

-ageで終わる単語は多いので,イメージ問題も広範囲に波及する

ランゲージメッセージダメージパッケージ,アベレージ,コテージ,アドバンテージストレージマネージャー,……

特筆すべきはガベージコレクションのガベージ(garbage)だ

発音/ˈɡɑrbɪdʒ/から考えるとむしろガの方を伸ばすべきだが,ガーベージだとおさまりが悪いからかこのようになっている

一方-age語尾の(私の思想に基づく)「優等生」はキャリッジ(carriage)とマリッジ(marriage)だ

直前のiに引っ張られた結果と思うが,「キャリエージ」「マリエージ」となってもよさそうなのにイッジに落ち着いている

中間的なものとしてビレッジ(village),レバレッジ(leverage)というパターンもある

ガレージ(garage)はまた別の話でむしろマッサージの仲間だったりする

繰り返しになるが英語発音カタカナで正確に表すことはできないわけで,イミッジも十分/ˈɪmɪdʒ/からは「かけ離れて」いる

しか可能範囲で元の発音に近づけること,発音どうしの一対一対応を目指すことには一定意味があると考える

子供の時に

色んな発音を覚えるだけで語学学習がらくになるじゃね

Tychoってどう発音するの?

2017-11-28

◯ルトンのすべて

アルトン…銀座にあるギャラリー

イルトン…PCの自動ログインログオフを実現する技術

ウルトン…韓国俳優

エルトン…ジョン

オルトン…羽生にあるカフェ

 

カルトンレジの受け皿

キルトン…ゼルダ登場人物

クルトンサイコロ状のサクサクしたパン

ケルトン…スピーカー形式

コルトン…千葉にあるショッピングセンターブルゴーニュ地方にある特級ブドウ畑ブコメより)

 

サルトン…南アフリカワイナリー

シルトン…イングランドの元サッカー選手

スルトン…ヒドロキシスルホン酸の環状スルホン酸エステル

セルトン…発泡剤の分解を促進する尿素系助剤、作曲家、雨が極端に降らない地域、など該当多数

ソルトン…カリフォルニアにある湖の名前

 

タルトン…名古屋にあるパティスリー

チルトン…イギリスレーシングドライバー羊たちの沈黙登場人物ブコメより)

ツルトン…鶴橋で売られているルイ・ヴィトンの偽物

テルトン…埋蔵宝典発掘者

トルトン…山善から発売されているハンドフリーマッサージャー

 

ナルトン…焼津ゆるキャラ

ニルトン…柔術家

ヌルトン…該当なし(ハンドルネームとして稀に散見される)

ネルトンパーティー、紅鯨団(ブコメより)

ノルトン…電気回路に関する定理

 

ハルトン…厨房機器メーカー

ヒルトンセレブ

フルトン…傘メーカー目標気球をつけて航空機で回収するシステムブコメより)、蒸気船フラーモント号の発明者(ブコメより)

ヘルトン…元メジャーリーグ選手

ホルトン…フレンチホルンメーカー

 

マルトン…腕時計ブランド

ミルトン失楽園、消毒液(ブコメより)、カルピスみたいなやつ(ブコメより)、バナナボサノヴァドラマーブコメより)

ムルトン…韓国語水筒の意

メルトン…被服生地の種類、FF6の攻撃魔法ブコメより)

モルトン…ブラウン

 

ヤルトン…ネパールの祭り

ユルトン…南アメリカ大陸にある湖

ヨルトン…ポケモン(の登場人物ブコメより)

 

ワルトン…胃腸や鼻、目の表面といった粘膜などを覆っているどろっとした物質

ンルトン…該当なし

 

ガルトン…名古屋にあるレストラン

ギルトン…韓国英雄視されている人物

グルトン…レストラン屋号として各地に点在

ゲルトン…日の丸無線が製造したゲルラジオ

ゴルトン…イギリス遺伝学者

 

ザルトン…FF13LRに出てくる人物

ジルトン…豚汁

ズルトン…スキー用語

ゼルトン…釣具の一種

ゾルトン…ワージ

 

ダルトンインテリアメーカークロノトリガー登場人物ブコメより)、銀座の老舗バー(ブコメより)、イギリス俳優ブコメより)、分子量の単位、(ブコメより)実験機器メーカーブコメより)

ヂルトン…人名として稀に見られる

ヅルトン…該当なし

デルトン…ベーキングパウダーの種類、アメリカにある湖の名前ホテル名前、など

ドルトン…イギリス科学者

 

バルトン…名古屋にあるグリルバー

ビルトン…南部アフリカ発祥干し肉

ブルトンシュールレアリスム宣言四次元怪獣ブコメより)

ベルトン…日東工器から発売されている研磨機

ボルトンイギリス地名

 

――追記――

パルトン…パルロン!フランス語フランス一周

ピルトン…韓国語で筆箱の意

プルトン…ワンピースに出てくる古代兵器

ペルトン…衝動水車一種

ポルトン…ダンボール戦機ウォーズに出てくる仮想国家

 

――追記2――

ラルトン…バウンサー登場人物

リルトン…ペンシルバニア州都市

ルルトン…スペインにあるワイナリー

レルトン…イギリス都市

ロルトン…ロシアカップ麺ブランド

 

――追記3――

ヴァルトン…オペラ清教徒に出てくる登場人物

ヴィルトン…ベルギーにある都市

ヴルトン…ブルターニュソーセージの煮込み(ブコメより)

ヴェルトン…フランス都市

ヴォルトン…フランス社会学者

 

イェルトン…IKEA商品

イャルトン…該当なし

イュルトン…該当なし

イョルトン…該当なし

 

ウァルトン…水路測量書

ウォルトンイギリス作曲家

 

キェルトン…正真正銘の該当なし

キャルトン…金台紙

キュルトン…フランスにある城

キョルトン…相槌の向こう側へ

 

クァルトン…アヴィニョンピエタでお馴染みの画家

クォルトン…韓国地名

 

シェルトン…長尺マットレス工法一種

シャルトン…イギリス都市

シュルトン…アメリカ化粧品会社

ショルトン…AVのブランド18禁

 

スァルトン…該当なし

スォルトン…該当なし

 

チェルトン…アニモ

チャルトン…コロンビアホテル

チュルトン…マヤ文明における貯水池

チョルトン…韓国語で頑固の意

 

ツァルトン…ブラチスラヴァ-セレジ市街馬車鉄道の起点

ツォルトン…Your search - "ツォルトン" - did not match any documents.

 

ニェルトン…セラ寺の第8代座主

ニャルトン…ハンドルネーム散見される

ニュルトン…架空探偵

ニョルトン…該当なし

 

ヌァルトン…該当なし

ヌォルトン…該当なし

 

ヒェルトン…該当なし

ヒャルトン…ポケモンに出てくる伯爵

ヒュルトン…リモンスター

ヒョルトン…該当な(ry

 

ファルトン…スペインの甘い菓子パン

フィルトン…流出油処理剤

フェルトン…マルフォイ

フォルトン…大阪にあるケーキ

 

ミェルトン…シンガーズ・アンリミテッドメンバー

ミャルトン…該当(ry

ミュルトン…フランスレジスタンス運動活動家

ミョルトン…該(ry

 

ムァルトン…(ry

ムォルトン…(r

 

リェルトン…(

リャルトン……

リュルトン…フランスワイナリー

リョルトン………

 

ルァルトン…Your search - "ルァルトン" - did not match any documents.

ルォルトン…No results found for "ルォルトン"

 

ーー追記3.5ーー

クィルトン…サッカー選手

クェルトン…材木の種類

 

スィルトン…決定的なものなし

スェルトン…格闘家

 

ツィルトン…Your search - "ツィルトン" - did not match any documents.

ツェルトン…熊本にあるガソリンスタンド

 

ヌィルトン…該当なし

ヌェルトン…該当なし

 

ムィルトン…該当なし

ムェルトン…該当なし

 

リィルトン…該当なし

リェルトン…該当なし

 

――追記4――

ギャルトン…ロス・マクドナルド小説

ギュルトン…ギリシャ地名

ギョルトン…ホン・ギョルトン?

 

グァルトン…該当なし

グィルトン…織物・織り方の名前か?

グェルトン…該当なし

グォルトン…該当なし

 

ジャルトン…ハーバード大教授

ジェルトン…東南アジア産出の木材の種類

ジョルトン…メキシコ都市

 

ズァルトン…該当なし

ズィルトン…ウーって口を尖らせてズィルトン↑ って語尾を上げるとパリジャンっぽく発音できる

ズェルトン…該当なし

ズォルトン…該当なし

 

ーー追記5ーー

ヰルトン…自由劇場登場人物

ヱルトン…倫理学概論

 

ーー追記6ーー

ピェルトン…該当なし

ピャルトン…該当なし

ピュルトン…該当なし

ピョルトン…該当なし

 

プァルトン…該当なし

プィルトン…該当なし

プェルトン…ワイン生産者

プォルトン…該当なし

毛唐って「けとう」って読むんだな

「もうとう」って脳内発音してたわ。危なかった、使わなくてよかった。

イキった外人に「このもうとうが!」とか言って「もしかしてけとうって言いたいんですか?www」とか煽られたら

日本人としてもはや自殺するしか生きる道はなかったじゃん

発音

上司くしゃみが毎回爆発音みたいで本当に嫌だ。

口に手もあてないし。

カーンって遠慮なくくしゃみがする上司が本当に嫌だ。

自分も含め皆ビクってなってるからね。

本当にやめてほしい。

anond:20151120211249

綴りだけみるとそんな気がしてくるが

実際の発音を聞いてみると、ああどっちでもアリだなって思える

2017-11-26

anond:20171125214311

質的問題なのか、単なる怠慢なのか、センスがないのか、知能が足りないのか。

それがわからんと言ってるんだろ。


英語のL/Rの区別は聞き取れるようにならない限り、自分発音できるようにはならないんだろうな。

そうなると日本語の側音化構音なんかは原因不明だ。単なるクセがやめられないだけか。

2017-11-25

いつまでたっても発音おかしいやつ何なの?

英語のRとLの区別できないとか、BとVとか、Fとwhとか。

日本語でもサ行とかイ段おかしいとか。


煽りじゃなくてほんとになんでなの?

よく人が言ってるのを聞いて、

自分発音もちゃんと聞いて、

練習すれば直せるもんじゃないの?


舌小帯短縮症ならわかるけど、そうじゃないんでしょ?

子供ならまだしも大人になってもそのままとか、

何ならソレで悩んでますとか。


勉強できるやつでもずっとそのままとか、ほんと何なの?

意味わかんないんだけど。


結局、不器用練習不足とかその辺なの?

2017-11-23

ブロークンイングリッシュではダメ理由

なんかブロークンイングリッシュこそが国際語っていうこれ見たわー五年前に見たわーな記事ホッテントリに入っていたが、これは違う。しかちょっと考えればわかる

例えばラップミュージックとかってあるじゃん。あれってブロークンな黒人英語結構まれてるんだけど、これが外国人からすると何言ってんのか全くわかんないことがよくある。なんでかってそれはブロークンだから、ノンネイティブには認識できないんだよ。結局、通常の英語とブロークンな黒人英語、どちらも覚えなきゃいけない。他にも、例えばインド系のナマリ日本人にとっては何を言ってるかわからん……とかもよくある。逆に日本語なまりインド系の人には極めてわかりづらいと思う。アメリカ英語に聞きなれてたらイギリス英語ちょっと聴解力落ちるとかは経験者ないだろうか。国際語だからこそ、いっそう標準化される必要がある。標準に近づく努力をしてもどうしたってできない部分については見過ごしましょうってのが国際標準だよ。少なくとも文法アクセント位置が間違ってるのは話にならない。発音ちょっと変なくらいでやっと世界標準語だよ

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん