「デンマーク語」を含む日記 RSS

はてなキーワード: デンマーク語とは

2018-12-30

anond:20181229181037

英語話者に対する言語習得難易度

http://d.hatena.ne.jp/LM-7/20090919/1253362856

これを見るとスウェーデン語ノルウェー語デンマーク語は[カテゴリーⅠ: 英語と密接に関連する言語]で23-24週(575-600時間の授業)で習得できる。

ここにも書かれているように、スウェーデン語デンマーク語のもの簡単なのではなく、『英語と密接に関連する』からこそ早く習得できるわけだ。

逆に日本語は[カテゴリーⅢ: 英語ネイティブスピーカーにとって極めて困難な言語]で、英語ネイティブスピーカー習得するには2200時間程度必要だとされている。それは英語比較した時に日本語というもの文法発音などが極めて違いが大きい単語からだ。

となると、この2200時間という数字は「日本語ネイティブスピーカーが、英語習得するために必要時間」の目安であるとも考えられる。一方で、日本で、中学から高校の6年間で週4時間英語学習しても学習時間は840時間にすぎない。

2016-11-17

http://anond.hatelabo.jp/20161117045423

同音異義語排除

橋、端、箸、簡単区別可能

アクセント記号を付ける言語なら区別出来る。

どのくらいの言語記号を付けるのかよく知らないけど、付けるのは自由

文字多義性】

「生」は生物という意味もあれば、生き方という意味もある。「金」はゴールドという金属も指し示せば貨幣一般も指し示す。漢字連想性を高め、発想力や想像力を強化する。

これは漢語語源に従っているからで、逆に訓読みの日本語語源を覆い隠して見えなくすることが少なくない。

たとえば「代わる」「交わす」「返す」「帰る」の辺りは全て同じ語源だろうけど意識しないんじゃないかな。

無意識でも別にいかもしれないけど。

情報圧縮

停留所」ならたった3文字で「乗り物の乗降車する場所」を表現可能表音文字なら「ていりゅうじょ」で7文字もかかる。

文字数の点では確かにそうで、twitterなんかでは有利に働く。

しかし実際に書かれた文字を読む場合には、入り組んだ筆画を読みやすく表示するために一文字辺りの大きさが結構必要になる。

簡単なカナも漢字に合わせて大きく書く結果、紙の本1ページ辺りの情報量翻訳された英語の本に劣ることがある。

ハリー・ポッター比較しているのを見たことがある。

まあこれは日本語版台詞を膨らませてるだけの可能性もあるし、翻訳場合文字より言語性格問題ではある。

可視性の大幅な向上】

漢字なしでずっとひらがなローマ字が続く文章を読むことは苦痛である漢字ひらがなカタカナの融合は可視性を大幅に高める。

慣れの問題。かな漢字混じりだろうと古文を読むのは苦痛でしょ。

拾い読みとの親和性は高いとは思う。

【未知の概念に対する強さ】

表音文字のみで「ていりゅうじょ」と書いた場合、その単語知識がないと音や語感、表音記号だけではさっぱり分からない。まるで暗号のようにしか見えない問題がある。

しかし、「停留所」なら「停まる」「留まる」「所」という漢字1文字1文字が持つ意味から類推が容易である

これは新しい単語理解する、記憶する際に大きなアドバンテージになる。

日常ではそんなに新しい概念出会うことがないが、学問をする場合は常に新しい概念や知らない概念だらけである

これが意味のない音の連なりばかり(外国語直輸入のまま)であれば理解記憶苦痛になる。

記憶術としては役に立つけど学問をする時に字面意味理解するな、定義を調べろ。

外国語の輸入は翻訳技術の巧拙の問題であって漢字機能じゃない。

大体 social-ism社会-主義 なんだから字面情報量は同程度だぞ。

日本語学術用語同音異義語が多いのは同音異義語造語したやつが原因。

同音異義語があっても漢字のおかげで助かる、では逆。

漢字があるから安心して同音異義語造語を増やせる、というのが正しい。

その結果「だいがえ」とか「ばけがく」とか「かぎこうりゅう」とか読み替えるはめになるんだけどな。

漢字問題点、導入コストの高さ】

もちろん、漢字には漢字問題点もある。その最たるものは導入コストの圧倒的な高さ、つまり覚えるまでが大変という点だ。

大変だね。英語綴りを覚えるのも確かに大変だけど、大抵の言語綴り発音対応もっと良い。

英語匹敵する邪悪言語としてはデンマーク語アイルランド語が有名。

 
アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん