「ヤラセ」を含む日記 RSS

はてなキーワード: ヤラセとは

2018-10-01

よく知らない事に口出ししない

#محمد_الدرة というハッシュタグがある。ここから見れる↓

https://twitter.com/hashtag/%D9%85%D8%AD%D9%85%D8%AF_%D8%A7%D9%84%D8%AF%D8%B1%D8%A9

このタグ人名だ。カタカナにするとムハンマド・アル・ドゥラ。

このムハンマドさんは18年前、イスラエル兵によって射殺されたとされる、当時12歳だったパレスチナ人少年である

以下はその時の動画だ。

https://twitter.com/ArabicBest/status/1046353821092466688

今日がその命日なので、アラビア語圏ではこのハッシュタグが今特に人気のようだ。

自分はこの事件を知らなかったので、Googleで調べた。

真っ先に出たのは、これがパレスチナ人によるヤラセではないかという話だ。検索結果の上位3件がそうだった。

https://www.google.com.au/search?q=%E3%83%A0%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%A9

壁に打たれた弾痕が怪しい、フランス裁判ではヤラセという見解が出ている、などが理由として挙げられている。

これを見て、俺はツイッターに、

「#محمد_الدرة って初めて知った。でも調べたらヤラセという話もあるみたいね。何が正しいのやら。」

などとツイートしようとして、すんでの所でハッとした。

なんつー馬鹿ツイートだ。

多くの人が嘆き憤っている事件を、無関係土地にいる俺が5分で調べた知識でもってハッシュタグまで付けて広めて良い事じゃない。

弾痕?あんな荒い画像でそこまで断定できるか?そんなものはこの18年間で幾度となく議論されているんじゃないのか。

フランス裁判イスラエルと国交がある国の裁判なんて出来レースじゃないのか。

考えれば考えるほど、ヤラセという意見はいくらでも疑問の余地が浮かぶ

もちろん今の自分知識では、本当にヤラセである可能性も否定できない。

でもだからといって、「それが本当にヤラセだったとして」という予防線を張って口出しすることにどんな意味があるのか。

無知人間が識者気取りして、自分の拙い知識披露したいだけじゃないか

自信を持って主張できないことを、物知り顔で主張することのバカさ加減は、ちんこに輪ゴムをぐるぐる巻きにして壊死しかけたあの頃以上だ。

2018-09-30

anond:20180930001510

しろヤラセそうな雰囲気を散々出して引っ張ってなかなかやらせないのが奴らのテクだって

キモいおっさんドヤ顔で言ってた。

2018-07-16

anond:20180716123851

そんな「演出なのでヤラセ捏造ではありません」みたいなこと言った新聞があるの?マジで?

2018-07-15

anond:20180715101016

詳細聞いたのはおれなんだけど、なんか一連の流れがヤラセくさいなぁ

2018-06-21

体育会系嫌い

体育会系嫌いって言う人のことが苦手

非科学的で命に関わるような事ヤラセがちってのは分かるけど、だからって何もかも合理化させるのが正しいとは思えない

2018-06-08

陰謀論に右も左もないんだな。

いや~左翼にも陰謀論を真顔で信じるヤツいるんだな。

共産党には(他の社会運動の多くも)若い人手が不足しているから、組織防衛面を見極めずに表に出してしまうのが現状。その隙を衝いて、公安が謀略でそういう人間を送り込んで信用失墜を狙うところまで今後はあり得る。

http://b.hatena.ne.jp/entry/365533456/comment/kyo_ju

TBS上層部在日朝鮮人が食い込んでいる可能性がある」とか妄想開陳しているネトウヨレベルじゃねーか。

追記

http://b.hatena.ne.jp/entry/s/mainichi.jp/senkyo/articles/20180608/k00/00m/040/076000c

池田ちかこ候補陣営へのネガキャンのためのやらせじゃね、これ。

http://b.hatena.ne.jp/entry/365507424/comment/kyo_ju

いやいやいやいや

だったら自民不祥事が起きても野党によるネガキャンヤラセも同時に疑わなきゃだめだろ。

大丈夫コイツ

anond:20180608125705

プロレスプロレス批判について詳しくないから自信がないけど。

プロレスヤラセだとかショーだと言っている人は、

プロレスは本物の喧嘩じゃなくてショーだ」と言いたいのではなくて、

プロレススポーツじゃなくてショーだ」と言いたいんじゃないかな?

ボクシングのようなスポーツになっていないというところが言いたいところなのでは?

2018-04-19

恋愛押し出し過ぎると相手が逃げて空振りに終わる

がっついてる人は、相手から見たら獲物を狙う獣に見える=醜さ丸出しで拒否したくなりますね?

コメントより)

mas*****

 

この番組一般人が主役やからヤラセ感がなくて楽しく見れるよな。

 

自分は運良く結婚できたけど

若い頃は今日の小柄ちゃんみたいに押すしかできなくてよくチャンス逃してたか(笑)結末が予想できた。

 

随分振られて生きてきた経験から思うのは

押すよりはひくのが上手な人の方がモテると思うしいい人に巡り合う可能性が高いと思う。

 

食べ過ぎたらもういいってなるのと一緒で

恋愛相手に手の内を見せ過ぎたらお腹いっぱいになられると思う。

あんな短時間なら尚更引き出しを全部開けるのは早すぎると思う。

美味しい料理も少し物足りないくらいの方がもっと食べたいと思う様に恋愛も少し物足りないくらいでひくのが効果的やと思う。

 

ただ物足りないと思わせるだけの魅力がないと無意味から日々外見も中身も磨かないとアカンやろけど。

 

本当に恋愛は奥が深いし楽しいもんやと思う。

2018-04-18

AbemaTVに過度な期待寄せすぎじゃない?

AbemaTVって地上波コンテンツ横流しプラットフォームアイドル番組配信プラットフォームとしては優秀だけど、肝いりAbemaTVオリジナル番組クオリティマジでやばいぞ。世紀末だ。

たぶん製作陣が30代中盤〜か、90年代00年代美徳する「テレビじゃできない!」コンテンツが多くて、結果CSもどきエロ番組か、ネトウヨパヨク品質ニュース番組ヤラセショー番組しか作れない。

地上波テレビだって全ての番組が高品質とは言わない。けどAbemaTVのクソみたいな番組ラインナップ前提に巷じゃAbemaTVを「テレビ未来」「ネット時代のなんたら〜」とか言って盛り立ててる訳じゃん。温度差すごい感じんだけど。これがテレビクオリティなら若者のテレビ離れだって進んで当然だし、苦労話としての赤字経営しょうがないよ。

2018-03-29

anond:20180329130832

なんか「うちのサイト面白くなってるぅ」とか言ってキラキラ女子SNS流しそう(もちろんヤラセだろうけど)

2018-03-25

YouTube再生回数を稼ぐ方法

再生回数正義

これはYouTube基本法則である

奴隷解放正義

これは世界基本法則である

したがって

再生回数奴隷解放

しか奴隷がいなれば奴隷解放することは出来ない。

そこが問題である

都合のいいことに、今の日本には外国人研修生という奴隷がいる。

この奴隷解放する様子を動画にするならば世界から絶賛を浴び、何億という再生回数が稼げるであろう。

なあに、自分のところで使っている奴隷ヤラセ解放すればいい。奴隷を使い続けるよりその方が稼げる。

2018-03-05

anond:20180305195721

最近増田は釣った釣られたのヤラセ合いが加速しすぎてダチョウ倶楽部みたいになってきてる問題の最たるもの

2018-02-27

anond:20180225200423

なんか全然良いとか羨ましいとか思えなかった、ただただいけすかない 彼氏呼び方が「彼氏さん」の女にいいやつはいない あと初セックスときは動揺の連続ってのとあと怖いってのと痛いってのとで、この増田みたいな幸せー♡みたいな感想はなんかヤラセくさい

2018-02-25

バカ時間停止AVの9割はヤラセ」アホ「1割はマジなのかよw」

99.999割ヤラセに決まってるだろ

ネタにしてもつまんねーぞ

2018-02-12

anond:20180212130114

どこの国も愛国ポルノ大人気だし愛国ポルノ自体は良いんだけど

番組の作りがクッソヤラセぽいんだよなぁ

AVで言うと時を止めるシリーズばっかりみたいな

ヤラセにしてもガチナンパものみたいなリアリティあるやつにして欲しい

2018-02-10

地裁の傍聴に行ってきた

検察警察とか被告被告人とかよくわかってないし、知識教養なしで書いてるからわかってる人が読むとイライラする日記になってそう。すまん。

平日に時間があったので前々から気になってはいた傍聴に行ってきた。

事前にネットで軽く下調べした。

高裁以降は「地裁の続き」の話になる。地裁の「新件」のもの事件の話を最初からするのでわかりやす

地裁の作りや傍聴の流れは趣味の人や専門家などの個人ブログなどで予習ができる

地裁によっては公式ホームページに傍聴ガイドがある

という感じ。

午後は13時からと聞いていたので、12:45ぐらいに着いたのだけれど、開廷表と言う「今日スケジュール」を見たら、刑事事件は実際は13:30くらいから始まりだすようだった。民事も傍聴できるみたいだったけど、ほとんど5分くらいしか枠がないやつだったり、そうじゃなくてもなんとなく傍聴者ほかに居るのかなって思って行きづらかったのでスルー

「新件」は1事件50分が基本のようで、ただ授業の時間割表と異なり、興味のある複数事件を同日にハシゴしたくても、効率よく繋がるとは限らず、間が40〜90分程度開くことが多くなりそうだ。

道路交通法違反窃盗の2つの新件に行った。

開始時間の5分前くらいに傍聴席に着席する人が多そうだった。柵の内側の関係者10分前くらい。傍聴席に入るドアや関係者席に入るドアに、目線の高さに小さい扉付きののぞき窓(外から中の様子が観れる)があるのが面白かった。

傍聴者は、常連っぽい私服の中高年のオッサン(失礼だがギャンブルとか好きそうな感じ)が各数人、被告被害者関係者っぽいスーツリーマンが各数人、ひそひそきゃっきゃした女子大生二人組、修学旅行か課外授業かの中学生(私服だったか小学生か?)など。

道路交通法の方は、「ごく普通一般人が、安易気持ち違反行為をしたら大事故になり、免許も取り消され、ついに今日被告人と呼ばれて裁判に…」みたいな感じだった。

こんなこと本当にあるんだなぁと思った。被告人はわざとじゃなさそうだったけれど、しらじらしいくらいに最後まで「被告人は○○してください」の呼びかけに気づかず、えっ自分呼ばれました? みたいなもたつきがあった(毎回、弁護士さんが背後から小声で呼びかけてジェスチャーしてやっと動いた。)

検察が手元の紙を見ながらすごい早口で「したがってこの行為は○○法○条および○条に該当し被告人行為は極めて悪質かつ重大と考えられます。」みたいなことをまくしたてるのがドラマっぽ〜いと思った。無駄に長い定例文だからあんなに早口になるんだろうな。

あの日はなんでそんなことしちゃったんですか? と、弁護士裁判官検察(警察?)から質問があって、被告人が青い顔でしどろもどろに答えるのを、素人ながらにそれ誤魔化して嘘ついてるだろって感じだったけど、裁判官検察も、ねちっこく問い詰めたりは全然しないで、いや、それはないだろ…と内心思ってそうな間がちょっとあるだけでスルーしてたのが正直意外だった。悪い奴をバッシングして叩きのめす・いじめるんでなくて、どうすればよかった? これからはどう改めればいい? を、皆で考えましょうね、被告人はそれこそを心に刻もうね、みたいな。もしかたらこ裁判は傍聴に中学生(小学生?)が沢山いたから、そういう傾向がひときわ強かったのかもしれないけど、(性質としても悪巧みじゃなくて事故だし)、自分思い込みに気付かされた。

あと、弁護士から被告への質問は、ヤラセというか、打ち合わせ済みなんだろうけど、被告弁護士誘導と違うことを答えちゃってそうな場面がいくつかあって、緊張するんだろうなぁ素人っぽいなあ(?)とハラハラした。なんなら検察側も、しおらしく反省してもうこんなことは二度と起こしませんそのためにはこういう風にします、という言葉を言わせようとしているんだけど、なかなか被告がそれに乗らなくて、聞かれてもないことをペチャクチャ喋っちゃって、見ていて大変に歯がゆかったです。被告人事故は辛く思ってやらかし認識はあれど、道交法違反の方の、自分犯罪を犯したんだって意識あんま無さそうだったな…。

求刑って最後最後に言われるものなんだね。最初かと思っていた。この裁判求刑の直後くらいに判決があって閉廷だった。道交法の初犯テンプレ事件だったからかな。

判決では執行猶予について、小学生素人被告意識してか、裁判官から丁寧な説明があった。牢屋の中じゃなく社会の中にいながらの更生期間ということらしい。意識したことがなかったので勉強になった。

2件目は窃盗被告の両サイドを制服警官が挟んでいて、おおおーと思った。

開廷表からは罪名の「窃盗」と被告の氏名しかからないんだけど、最初検察警察から、詳しい説明があった。スーパー万引き常習犯被告はもともと警備員マークされていて、ある日、酒とツマミ万引きして店から出た瞬間に警備員に肩を叩かれ、カバンを捨てて逃走。監視カメラ映像と、カバンの中の私物から後日警察が来て逮捕窃盗公務執行妨害前科があるし、犯行は前回の裁判が終わった直後で執行猶予中。とのこと。

途端に傍聴常連っぽい人が何人か「なーんだ万引きかぁ」という感じでぞろぞろ離席したのが面白かった。

さっきの道交法といろいろ対照的だった。席もなんか左右逆だったし。さっきのは検察側が3人いたけど今度は1人。かわり?に、被告側に制服警官。下世話な話だけど、被告の身なりもホームレスみたいなヒゲ伸び放題のくたびれた初老で、弁護士が若くて化粧濃いめのお姉様で、検察スポーツやってそうなアゴヒゲ青年で、キャラ濃かった。

ちなみに裁判官は2件ともなんかお医者さんっぽかった。熱が出たのは何時頃ですか?とかここ押すと痛いですか?みたいな感じで、スーパーに行ったとき手持ちの現金はいくらでしたか?とか訊いていた。インフルエンザは陰性でしたみたいな感じでアナタ執行猶予は何年ですと言った。

窃盗の方も、なんでそんなことしたんですか? 同じ過ちを繰り返さないためにはどうすれば? を詰めていく流れはだいたい同じ。被告淡々と、とつとつと反省の思いを挟みながら適切に答えていった。慣れている。進行もスムーズ。ただしこちらは、嘘っぽくねそれ?という供述はつぶさに突っ込まれたいた。ただし被告の受け答えも短く適切。面接で受かるやつ。突っ込みに対しても予習済みだったのかなという感じでそれっぽく言い訳できていた。判決は数週間後の後日だった。

全体として、まあなんていうか、下世話な楽しさがあった。他人の本物の人生の、やばいことになってる部分を切り抜いて生で見ているわけで。ネット炎上とか小町とかコピペブログの胸糞悪かったりスカッとしたりの話を見ちゃうタイプ面白さがあって、楽しいし刺激的だけど、悪趣味な楽しさだなとちょっと後ろめたい。

社会勉強になったなぁという気持ちもある。一回見といて良かったなという感じ。今回の二件とも、そういうことがあると知っていながらも、関わりはなかったので、「本当にこういうことってあるんだ…」と体験できたのは、漠然経験値積んだというか、実績解除したぜ感がある。

本当にこんなことあるんだといえば、今回は2件とも、被告プロフィールがわりといかにもそういうことしそうな感じというか世間的な偏見通りだったのが印象的。被告の生い立ちだ家族仕事だって裁判の場で言われちゃうのも個人的にはコレつらいなと思ったし、聞いて正直、あ〜ぽいわ〜と思ったし。偏見で決めつけるのはよくないと今でも思ってるけど、偏見存在するだけのことはあるもんなんだなあと。

またいくかは微妙。平日に暇になったらタダで楽しめる…とも思うけど、時間割が当日朝現地でしかからないし。組織的プロ犯罪とか裁判員裁判みたいな重大なものならまた違った印象があるかもしれない。裁判員裁判は事前に日程がわかるけど傍聴は抽選制(当日朝抽選券配布)なので行けるかどうか一長一短。

2018-01-17

センター試験会場で大学職員バイブ動く

受験生は「集中力がそがれた」として再試験希望したが、大学側は「受験生に動揺は見られなかった」として、再試験実施しないとしている。

時間停止系がヤラセだと知った今では、バイブで感じないのもやっぱりなーとしか思えない

2018-01-16

インスタグラムがたのし

当方さえないオッサンだけど、適当メールアドレスインスタグラムID取って、女子大生っぽいアカウント作って閲覧してるのが最近楽しい

身内だけフォローするタイプの小さいアカウントはなかなかフォロー許可してくれないから、フォロワーが300〜500人くらいのオープン女子大生が狙い目。特に楽しいのが「ストーリー(24時間経ったら消える動画デコって投稿できる機能)」ってやつ。他のSNSならスタンプで顔隠したりしちゃうようなリテラシーめの子でも平気で顔出ししてはしゃいでるから、すごく見応えあるんだよね。

夏になったらプールや海の水着動画も見られるし、彼氏との記念日動画なんかもなかなか味がある。ヤラセ企画モノじゃない女子大生リアルを覗けてすごくいい。

向こうもまさかオッサンに見られてるとは思わないだろうなあと思うと尚更愉快。

普通インターネット女子大生なんて8割がオッサンだろうけど、こればっかりは本物よ。

ちなみに自分自身ストーリー写真はアップしない。不自然写真上げて勘付かれても面倒だし、インスタ持ってるけど0投稿で閲覧するだけ〜なんて人リアルでもけっこうあるからね。

インスタグラム、おススメです。

2018-01-11

時間を動かすとそれまでの刺激が一気に襲ってくるタイプとそうじゃないタイプの違いは何だろう。

時間停止装置の違い?どっちかはヤラセ

2018-01-06

エンタメ」と「やり過ぎ」の狭間

所謂プロレス」を芸人がやるケースでも

頭悪い人や子供なんかは本当だと勘違いしてしまうケースが有り、度々問題になる

 

いや実際の所芸人もやり過ぎる人が居るので、本当にプロレスなのかどうかは定かではない

視聴者も「これはプロレスだ」と100%わかっているわけではないはずだ

しろそういった「どうせヤラセだという安心感と、若干の恐怖」がいい塩梅エンターテイメントになっているのだと思う

心霊番組とか、手品超常現象番組なんかもそうだ

「きっと嘘だけど、ひょっとしたら」というのが楽しさになる

これは不思議もので、例えばイジメ自体嫌悪を覚える人でも、イジメの「振り」は楽しめたりする

ホラーが大嫌いな人でも、「ホラーもどき」は楽しめたりする

結局ウソであるなら人間だいたいのことが楽しめてしま

 

しかしそれが分からない人も一定割合で居る

エンターテイメント歴史とは、そういう人たちとの戦いの歴史でもあると思う

 

もちろん「分からない人」が常に悪いというわけではない

ボーダーラインというのは人によって違うんだ

悪ふざけが過ぎる人に嫌悪感を覚えるのと同じで、人によっては皆が楽しめるライン嫌悪感を覚えるんだ

かと言ってその人のボーダーに合わせたら何もできなくなってしま

彼らの存在はそれだけで場を白けさせる

芸人や楽しませる側はたまったもんじゃない

 

こういうのはゲーム創作なんかでも起きている

ゲーム創作に影響される人、現実区別がつかない人は一定割合居る

ゲーム業界ではどうにかそういうのを回避しようとゾーニングが行われている

しかしそれは年齡という最低限の観点しかない

個人ボーダーラインや、現実虚構区別が付くかは加味されていない

 

これから先のエンターテイメントが生き残るには、彼らを制御しなければならないのかもしれない

彼らは「嫌悪」し「区別がつかない」ので、義憤かられて突撃してくる

最近は、彼らの見つからないマイナー場所エンタメを発達させる手法が上手く行っていたが

うそろそろそれも難しいのかもしれない

情報SNS簡単拡散され、簡単にそれを海外メディアが取り上げる

彼らは確かにマイノリティではあるが、炎上してしまうと突撃者の数はとんでもなくなってしま

より強い仕組みのゾーニング必要なのだと思う(手段はまるで思い浮かばないが)

 

また、制御しなければならないのは楽しむ側にも居る

嫌悪」はしないが「区別がついていない」人が、真似をしてしまうから

そちらも同じように制御しなければ、いずれ彼ら側に世界ノーマライズされてしまうかもしれない

エンタメ自由と、互いの共存のために、上手い方法必要だと思う

アーカイブ ヘルプ
ログイン ユーザー登録
ようこそ ゲスト さん